JP2001117516A - 面発光ディスプレーパネル - Google Patents

面発光ディスプレーパネル

Info

Publication number
JP2001117516A
JP2001117516A JP29397699A JP29397699A JP2001117516A JP 2001117516 A JP2001117516 A JP 2001117516A JP 29397699 A JP29397699 A JP 29397699A JP 29397699 A JP29397699 A JP 29397699A JP 2001117516 A JP2001117516 A JP 2001117516A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
surface
light
frame
display panel
sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP29397699A
Other languages
English (en)
Inventor
Masashi Saito
Kiyoshi Sato
清志 佐藤
正志 斎藤
Original Assignee
Ichiyosha:Kk
株式会社一陽社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G02OPTICS
    • G02BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
    • G02B6/00Light guides
    • G02B6/0001Light guides specially adapted for lighting devices or systems
    • G02B6/0011Light guides specially adapted for lighting devices or systems the light guides being planar or of plate-like form
    • G02B6/0081Mechanical or electrical aspects of the light guide and light source in the lighting device peculiar to the adaptation to planar light guides, e.g. concerning packaging
    • G02B6/0086Positioning aspects

Abstract

(57)【要約】 【課題】 エッジライト方式を利用して、風景、人物な
どの画像を背面から均一に光照射し、画像の美術的価値
をそこなうことなく、鮮明に浮き出させるとともに、所
望に応じ随時画像を簡単に変換しうる面発光ディスプレ
ーパネルを提供する。 【解決手段】 面発光体(6)とその上に配置した画像
担持透光シートとを、その三側面に添設した断面逆L字
型頂端を有する枠体をもって固定し、一側面の枠体を開
閉可能とした構造に構成したエッジライト方式の面発光
ディスプレーパネルであって、前記三側面の枠体(8,
10)の頂端下面と面発光体(6)上面との間に嵌合溝
(12,14)を形成し、上記画像担持透光シートを透
明シート製ホルダーに挟持し、その嵌合溝(12,1
4)に着脱自在に取り付ける。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、風景、人物像など
の画像を背後から光照射して鮮明に浮き出させるディス
プレーパネル、さらに詳しくいえば、いわゆるエッジラ
イト方式による面発光システムにおいて、画像を任意に
変換しうるパネル構造とすることにより、時期、場所に
応じて、適宜選択された画像を装着可能とした面発光デ
ィスプレーパネルに関するものである。

【0002】

【従来の技術】これまで、絵画や写真などを装着した額
縁やパネルを室内装飾用壁掛けとしたり、あるいは宣伝
用看板として用いることは行われている。しかしなが
ら、これらの額縁やパネルを視覚的に強調するには、せ
いぜい前面に光を投射して明るくする程度の手段がある
だけで、その効果は限られている。他方、広告用フィル
ムの背面から光を照射して、広告用フィルムに描かれた
画像を浮き出させる背面照射式の広告パネルも知られて
いる。しかしながら、この方法は、蛍光灯のような線状
光源を複数個配置した光源が用いられているため、面輝
度にばらつきを生じ、風景画や人物画のような芸術的作
品に対しては、その審美的な効果が十分に発揮できない
という欠点がある。

【0003】ところで、最近エッジライト方式による液
晶バックライト用面発光システムが開発され、均一な輝
度の面光源が得られることから、これを画像の背面から
光を照射するための面光源として用いることが試みられ
ている。このエッジライト方式の面発光システムは公知
であり(特開平3−118594号公報)、透明材料か
らなる導光板の一側面又は対向二側面から、例えば蛍光
灯のような線状光源を投射し、導光板の一方の表面から
光を透過させて面発光させるもので、入光面から遠ざか
る位置において生じる輝度の低下に基づく明るさの不均
一を、導光板の一方の面に特殊印刷方式によるグラデー
ションの乱反射層を設けることにより補正している。し
かしながら、従来のエッジライト方式の面発光システム
を利用した画像のバックライト照射装置は、発光体に特
定の画像が固定しているため、画面を変えるには、装置
全体を取り換えなければならないという不便があった。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】本発明は、いわゆるエ
ッジライト方式を利用して、風景、人物などの画像を背
面から均一に光照射し、画像の美術的価値をそこなうこ
となく、鮮明に浮き出させるとともに、所望に応じ随時
画像を簡単に変換しうる面発光ディスプレーパネルを提
供することを目的としてなされたものである。

【0005】

【課題を解決するための手段】本発明者らは、画面を簡
単に変換することができ、しかも画像が鮮明かつ均一に
浮き出される面発光ディスプレーパネルを開発するため
に鋭意研究を重ねた結果、面発光ディスプレーパネルを
エッジライト方式で構成するとともに、画像の取り付け
を、ホルダーを用いた嵌合方式とすることにより、その
目的を達成しうることを見出し、この知見に基づいて本
発明をなすに至った。

【0006】すなわち、本発明は、面発光体(6)とそ
の上に配置した画像担持透光シート(15)とを、その
三側面に添設した断面逆L字型頂端を有する枠体をもっ
て固定し、一側面の枠体(11)を開閉可能とした構造
に構成したエッジライト方式の面発光ディスプレーパネ
ルであって、前記三側面の枠体(8,9,10)の頂端
下面と面発光体(6)上面との間に嵌合溝(12,1
3,14)を形成し、上記画像担持透光シート(15)
を透明シート製ホルダー(16)に挟持し、その嵌合溝
(12,13,14)に着脱自在に取り付けたことを特
徴とする面発光ディスプレーパネルを提供するものであ
る。

【0007】

【発明の実施の形態】次に添付図面にしたがって、本発
明を詳細に説明する。図1は本発明で用いる面発光体の
1例における各部材を示す斜視図、図2はその断面図で
あって、この面発光体は、導光板1とその一方の面に積
層された拡散シート3と反対側の面に積層された反射シ
ート4とからなっている。導光板1の一方の面、すなわ
ち反射シート4が積層されている面は、特殊印刷方式又
はエッチング方式により乱反射面2に形成されている。
この導光板と拡散シート、導光板と反射シートとの積層
は、接着剤による接着、高周波による溶着、重ね合わせ
て機械的に固定する方法などによって行われる。

【0008】導光板1としては、ポリエチレン、ポリプ
ロピレン、ポリ塩化ビニルのような透明プラスチックか
らなる樹脂板が用いられるが、透光性が優れている点で
アクリル樹脂、例えばポリメタアクリル酸メチル板、メ
タクリル酸メチルとメタクリル酸との共重合体などの板
を用いるのが好ましい。この導光板の厚さは、通常2〜
20mm、好ましくは5〜10mmの範囲である。この
導光板1の一方の面には、グラデーションを付したドッ
トパターンが印刷又はエッチングされ、乱反射面2が形
成されている。このドットパターンは、面発光体として
作用させるために、導光板の一側面又は対向二側面か
ら、線状光源により光が投射されたときに面輝度が均一
になるようにグラデーションが付されている。

【0009】次に、この乱反射面2に積層される反射シ
ート4は、導光板を経由して伝達される光を面垂直方向
に反射する作用を行うもので、ポリエステル樹脂、ポリ
カーボネート樹脂、アクリル樹脂のような透明樹脂から
なっている。この反射シート4の厚さは、通常50〜2
50μm、好ましくは75〜200μm範囲である。ま
た、導光板1の反射シート4とは反対の面に積層される
拡散シート3は、導光板1を介して伝達され、反射シー
ト4により反射された光を、導光板表面から垂直方向に
放射する役割を果すもので、ポリエステル樹脂、ポリカ
ーボネート樹脂、アクリル樹脂のような透明樹脂からな
っている。この拡散シート3の厚さは、通常50〜35
0μm、好ましくは100〜200μmである。この面
発光体6は、これを発光させる場合、その周縁部分から
照射光が漏洩し、内側部分との間に輝度の差を生じる結
果、画面が不均一になるので、周縁部分に、光吸収性枠
5を配置するのが好ましい。この光吸収性枠5は、灰色
ないし黒色の着色を反射シート3の周縁部分に印刷する
か、あるいは別に設けた灰色ないし黒色の枠体を反射シ
ート3に重ね合わせることにより設けられる。

【0010】本発明における面発光体6は、上記のよう
に構成された導光板積層体の一側面又は対向二側面に配
置された線状光源7,7′、例えば管状蛍光灯を有して
いる。図3はその配置を示す平面図であり、(イ)は一
側面の場合、(ロ)は二側面の場合を示す。図4は本発
明の面発光ディスプレーパネルの構造を示す斜視図であ
って、このものは前記のように構成された面発光体6と
その三側面に添設され、固定されている枠体8,9,1
0及び一側面に開閉可能に取り付けられている枠体11
を備えている。この図において、三側面の枠体8,9,
10は面発光体6と強固に嵌着されるか、あるいは接着
されて固定されている。一側面、好ましくは線状光源が
配置されていない一側面の枠体11は、面発光体6の側
面から離脱しうるように開閉可能に取り付けられてい
る。この取り付け方法は、容易に取りはずし可能に単に
嵌合していてもよいし、蝶番等の開閉手段を用いて上下
又は左右に回転しうるように取り付けてもよい。

【0011】図5は、単に嵌合しただけの枠体11を取
りはずし、面発光体6の一側面を露出した状態を示す斜
視図である。図中の12,14は後述の透明シート製ホ
ルダーを嵌入するための面発光体6の上面と枠体8,1
0の頂端との間に設けた嵌合溝である。枠体9にも同様
の嵌合溝13が設けられているが、これは図示されてい
ない。この嵌合溝12,13,14の寸法、すなわち
幅、深さは、使用される透明シート製ホルダーの寸法に
依存するが、通常、幅が0.5〜2mm、深さが2〜5
mmである。

【0012】次に図6は、所望の画像担持透光シート1
5、例えば絵画、写真などを挟入し保持するための透明
シート製ホルダー16であって、これはポリエチレン、
ポリプロピレン、ポリエステル、ポリカーボネート、ポ
リ塩化ビニルなどの透明なプラスチックで作られてい
る。このものは、1枚のシートを縦二つ折り又は横二つ
折りとして作成するのが好ましいが、所望ならば2枚の
シートをその一辺又は二辺で接着して作成してもよい。
また、1枚のシートのT側縁を開放し、三側縁を内側に
折り曲げて保持部を形成したものでもよい。

【0013】本発明の面発光ディスプレーパネルにおい
ては、所望に応じ透明シート製ホルダーの表面にさらに
透明被覆板を配設する構造にすることもできるし、それ
らの上にさらに帯電防止板を配置することもできるが、
透明被覆板又は前記の透明シート製ホルダーに帯電防止
性を付与し、帯電防止板を兼用させるのが有利である。
この際、帯電防止性の付与は、通常プラスチックに慣用
されている帯電防止剤、例えば第四級アンモニウム化合
物やピリジン誘導体のような陽イオン界面活性剤、オレ
フィン硫酸エステルやアルキルベンゼンスルホン酸エス
テルのような陰イオン界面活性剤、多価アルコール部分
脂肪酸エステルや脂肪アルコール又は脂肪酸エステルの
エチレンオキシド付加物のような非イオン界面活性剤、
ベタイン型カルボン酸誘導体やイミダゾリン誘導体のよ
うな両性界面活性剤を添加することによって行われる
が、そのほか導電体と接触させてアースとする、紫外
線、X線のような放射線を照射する、透明被覆板や透明
シート製ホルダーの形成材料として帯電性を有するプラ
スチックを用いるなどによって行うこともできる。

【0014】また、本発明の面発光ディスプレーパネル
においては、画像の劣化防止及び鮮明度の向上のため
に、面発光体又は透明シート製ホルダーあるいはその両
方に紫外線吸収層を設けるのが好ましい。この紫外線吸
収層は、面発光体に設ける場合は、それを構成する導光
板の乱反射面2に、また透明シート製ホルダーに設ける
場合には、そのホルダーを構成するシートの上表面にそ
れぞれ紫外線吸収剤を含有する塗布液をコーティング
し、乾燥して、厚さ0.05〜0.2mmの塗膜を形成
させることによって行われる。この際の紫外線吸収剤と
しては、ベンゾフェノン系、サリチレート系、ベンゾト
リアゾール系、アクリロニトリル系又は金属錯塩系のプ
ラスチックの紫外線防止剤として慣用されているものを
用いることができるが、特に含フッ素系のものが好適で
ある。

【0015】

【発明の効果】本発明の面発光ディスプレーパネルは、
バックライト方式により、鮮明に浮き出た絵画や写真を
壁掛けや看板として用いることができるので、いちだん
と優れた審美的効果を得ることができる上に、必要に応
じパネル自体を変えることなく、随時その絵画や写真の
みを簡単に交換しうるという利点がある。

【図面の簡単な説明】

【図1】 面発光体の1例における各部材を示す斜視
図。

【図2】 図1の断面図。

【図3】 導光板積層体の一側面(イ)又は対向二側面
(ロ)に配置された線状光源を有する面発光体の配置を
示す平面図。

【図4】 面発光ディスプレーパネルの構造を示す斜視
図。

【図5】 嵌合しただけの枠体を取りはずし、面発光体
の一側面を露出した状態を示す斜視図。

【図6】 画像担持透光シートを挟入し保持するための
透明シート製ホルダー。

【符号の説明】

1 導光板 2 乱反射面 3 拡散シート 4 反射シート 5 光吸収性枠 6 面発光体 7,7′線状光源 8,9,10,11 枠体 12,13,14 嵌合溝 15 画像担持透光シート 16 透明シート製ホルダー

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 面発光体とその上に配置した画像担持透
    光シートとを、その三側面に添設した断面逆L字型頂端
    を有する枠体をもって固定し、一側面の枠体を開閉可能
    とした構造に構成したエッジライト方式の面発光ディス
    プレーパネルであって、前記三側面の枠体の頂端下面と
    面発光体上面との間に嵌合溝を形成し、上記画像担持透
    光シートを透明シート製ホルダーに挟持し、その嵌合溝
    に着脱自在に取り付けたことを特徴とする面発光ディス
    プレーパネル。
  2. 【請求項2】 面発光体が、片面に乱反射面を形成した
    導光板、その乱反射面に積層した反射シート及び反射面
    とは反対の面に積層した拡散シートからなる請求項1記
    載の面発光ディスプレーパネル。
  3. 【請求項3】 面発光体又は透明シート製ホルダーある
    いはその両方に紫外線吸収層を設けた請求項1又は2記
    載の面発光ディスプレーパネル。
  4. 【請求項4】 面発光体周縁部分に光吸収性枠を設ける
    請求項1、2又は3記載の面発光ディスプレーパネル。
JP29397699A 1999-10-15 1999-10-15 面発光ディスプレーパネル Pending JP2001117516A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29397699A JP2001117516A (ja) 1999-10-15 1999-10-15 面発光ディスプレーパネル

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29397699A JP2001117516A (ja) 1999-10-15 1999-10-15 面発光ディスプレーパネル
US09679529 US6474825B1 (en) 1999-10-15 2000-10-06 Planar light-emitting display panel
DE2000604150 DE60004150D1 (de) 1999-10-15 2000-10-11 Flachlicht-ausstrahlende Anzeigetafel
EP20000308924 EP1092918B1 (en) 1999-10-15 2000-10-11 Planar light-emitting display panel
US10128407 US20020126470A1 (en) 1999-10-15 2002-04-24 Planar light-emitting display panel

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001117516A true true JP2001117516A (ja) 2001-04-27

Family

ID=17801642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29397699A Pending JP2001117516A (ja) 1999-10-15 1999-10-15 面発光ディスプレーパネル

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6474825B1 (ja)
EP (1) EP1092918B1 (ja)
JP (1) JP2001117516A (ja)
DE (1) DE60004150D1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006030305A (ja) * 2004-07-12 2006-02-02 Kinoene International:Kk 全天候型電飾パネル装置
US7520812B2 (en) 2002-11-20 2009-04-21 Aruze Corporation Gaming machine
JP2015142708A (ja) * 2013-12-27 2015-08-06 株式会社ゲートウェイアーチ 額縁

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100617026B1 (ko) * 2000-12-07 2006-08-29 엘지.필립스 엘시디 주식회사 평판형 형광램프
EP1467336A3 (en) * 2003-04-09 2005-01-26 Powergraphic Displays Limited Display
DE10318159A1 (de) * 2003-04-17 2004-11-25 Dorma Gmbh + Co. Kg Karusselltür
US20050168968A1 (en) * 2004-01-30 2005-08-04 Tang-Pung Lin Case for a backlight module (I)
US20060146539A1 (en) * 2005-01-05 2006-07-06 Allen Weng Direct backlight module for flat panel monitor
US8681071B2 (en) * 2005-07-20 2014-03-25 Daniel Deutsch Lighted multiple panel display
CN101469844B (zh) 2007-12-27 2011-11-09 富士迈半导体精密工业(上海)有限公司 照明装置
DE102011000702A1 (de) * 2011-02-14 2012-08-16 Hella Kgaa Hueck & Co. Rollfeldverkehrszeichen
CN103140003A (zh) * 2011-11-22 2013-06-05 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 具有防静电装置的电子装置
GB201406422D0 (en) * 2014-04-09 2014-05-21 Barker Allister Illuminated Signs

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA1310186C (en) * 1988-03-31 1992-11-17 Frederick Dimmick Display sign
US5283673A (en) 1989-09-30 1994-02-01 Kabushiki Kaisha Meitaku Shisutemu Surface luminous source panel with areas having different reflector speck densities
JP2620981B2 (ja) 1989-09-30 1997-06-18 株式会社 明拓システム 液晶バックライト用エッジライトパネル
US5390436A (en) * 1990-09-20 1995-02-21 Illumination Research Group, Inc. Display system
US5138783A (en) * 1990-12-21 1992-08-18 Ken Forsse Artwork system utilizing liquid crystal gate shutters for controlling the illumination and transmission of light through transparent panels
FR2678758B1 (fr) 1991-07-02 1993-10-22 Aupem Caisson lumineux a eclairage lateral et film diffusant.
JPH05142535A (ja) * 1991-08-29 1993-06-11 Meitaku Syst:Kk エツジライトパネルの入射光供給装置
DE69333439D1 (de) 1992-07-13 2004-04-08 Seiko Epson Corp Flächenhafte Beleuchtungsvorrichtung und Flüssigkristallanzeige
US5365411A (en) * 1993-01-06 1994-11-15 Kaufel Group Ltd. Exit signs with LED illumination
US5546687A (en) * 1995-02-27 1996-08-20 Iorfida; Paul Apparatus for displaying an illuminated image including light intensifier and method therefor
EP1306610B1 (en) 1995-11-06 2006-05-03 Seiko Epson Corporation Lighting apparatus, liquid crystal display system using it and electronic equipment using the liquid crystal display system
JP3250173B2 (ja) * 1996-07-23 2002-01-28 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション 液晶用バックライト装置
JPH10112214A (ja) * 1996-10-04 1998-04-28 Enplas Corp サイドライト型面光源装置
JP3543910B2 (ja) * 1996-10-11 2004-07-21 株式会社エンプラス サイドライト型面光源装置及び表示装置
KR200164723Y1 (ko) * 1999-07-16 2000-02-15 기길웅 조명간판

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7520812B2 (en) 2002-11-20 2009-04-21 Aruze Corporation Gaming machine
JP2006030305A (ja) * 2004-07-12 2006-02-02 Kinoene International:Kk 全天候型電飾パネル装置
JP4649138B2 (ja) * 2004-07-12 2011-03-09 株式会社キノエネインターナショナル 全天候型電飾パネル装置
JP2015142708A (ja) * 2013-12-27 2015-08-06 株式会社ゲートウェイアーチ 額縁

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1092918B1 (en) 2003-07-30 grant
DE60004150D1 (de) 2003-09-04 grant
US6474825B1 (en) 2002-11-05 grant
EP1092918A1 (en) 2001-04-18 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6543163B1 (en) Mirror display
US6024462A (en) High efficiency high intensity backlighting of graphic displays
US6212805B1 (en) Panel with light permeable images
US20010021110A1 (en) Reflector, method for the production of reflector, and internal-lighting display device
US6240664B1 (en) Illuminated sign and sign plate therefor
US20070124970A1 (en) Transversely-illuminated display
US3972593A (en) Louvered echelon lens
US5676444A (en) Neon light box
US20020159246A1 (en) Illuminated display system
JPH08146207A (ja) 光拡散シート
JPH05173134A (ja) 調光シート
JP2005309093A (ja) 電飾看板および面状光源
JPH08254617A (ja) 面発光装置
US5899012A (en) Framed artwork display
US5810465A (en) Infinity mirror display
JPH06186432A (ja) 面発光装置
JPH07159607A (ja) 光制御シート及びこれを備えた面状発光装置
US20060268554A1 (en) Perforated multi-layer optical film luminaire
US6612055B2 (en) Sign panel using ambient or artificial light
JP2007241234A (ja) ディスプレイ装置
JP2001043720A (ja) 面光源装置及び表示装置
WO1996011798A1 (en) Image display apparatus with holes for opposite side viewing
EP0195234A2 (en) An ornamental body
JP2003123526A (ja) 面光源の均一化装置
GB2149657A (en) Improved illuminated display

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20031218