JP2001113298A - ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置 - Google Patents

ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置

Info

Publication number
JP2001113298A
JP2001113298A JP29864499A JP29864499A JP2001113298A JP 2001113298 A JP2001113298 A JP 2001113298A JP 29864499 A JP29864499 A JP 29864499A JP 29864499 A JP29864499 A JP 29864499A JP 2001113298 A JP2001113298 A JP 2001113298A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
treated water
ozone
treatment
landfill
treating leachate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP29864499A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4147703B2 (ja
Inventor
Kazuichi Isaka
Yutaka Okuno
Hiroyuki Yamada
和一 井坂
裕 奥野
裕之 山田
Original Assignee
Hitachi Plant Eng & Constr Co Ltd
日立プラント建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Plant Eng & Constr Co Ltd, 日立プラント建設株式会社 filed Critical Hitachi Plant Eng & Constr Co Ltd
Priority to JP29864499A priority Critical patent/JP4147703B2/ja
Publication of JP2001113298A publication Critical patent/JP2001113298A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4147703B2 publication Critical patent/JP4147703B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的に
処理した処理水に残存するCOD成分、色度成分、微粒
子を効率よく除去すること。 【解決手段】 ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学
的な処理装置12で処理した処理水に凝集剤注入手段1
4から凝集剤を添加した後、加圧ポンプで加圧し、この
加圧した処理水にオゾン発生機20からのオゾンを溶解
させ、この処理水を大気下に解放して浮上分離槽30で
処理を行い、次いでこの処理水をUV酸化部50に送っ
て紫外線を照射する。また、必要に応じて前記一連の処
理を行った後、生物活性炭処理塔54に通水して仕上げ
処理をする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はごみ埋立地浸出水の
処理方法及びその装置に係り、特にごみ埋立地から浸出
する浸出水を生物学的に処理した処理水をさらに高度に
処理するための処理方法及びその装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のごみ埋立地浸出水の処理方法とし
ては、BOD成分を除去するための生物学的処理を行っ
た後、この処理水に残存しているCOD成分、色度成
分、微粒子を除去するために凝集沈殿、砂濾過、活性炭
吸着、オゾン酸化など各種の物理化学的処理を組み合わ
せて処理する方法が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記物
理化学的処理の組み合わせは、処理工程が多くなり、装
置の設置スペースが大きくなるという欠点がある。ま
た、活性炭吸着処理を実施する場合には負荷が高いため
に再生頻度が多くなりランニングコストが嵩むという問
題点がある。活性炭の再生頻度を低減するために、活性
炭吸着処理の前段で紫外線の照射と酸化剤を併用した促
進酸化処理を行い難分解性の有機物を予め除去すること
が考えられるが、残存するCOD、色度成分が紫外線の
透過を妨げ、生成したOHラジカルを消費するため、難
分解性有機物の分解率が低下するという問題がある。
【0004】本発明の目的は、前記従来技術の欠点を解
消し、ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的に処理
した処理水に残存するCOD成分、色度成分、微粒子を
効率よく除去することができ、難分解性有機物の分解率
が高いごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置を提供
することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明に係るごみ埋立地
浸出水の処理方法は、ごみ埋立地から浸出する浸出水を
生物学的に処理した処理水に凝集剤を添加した後に加圧
し、この加圧した処理水にオゾンを溶解させ、この処理
水を大気下に解放して浮上分離処理を行い、次いでこの
処理水に紫外線を照射することを特徴とする。
【0006】また、本発明に係るごみ埋立地浸出水の処
理方法は、前記一連の処理を行った後、生物活性炭処理
を行うことを特徴とする。
【0007】また、本発明に係るごみ埋立地浸出水の処
理装置は、ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的に
処理した処理水に凝集剤を注入する凝集剤注入手段と、
引き続きこの処理水を加圧する加圧ポンプと、加圧され
た処理水を貯留する圧力槽と、この圧力槽内の処理水に
オゾンを注入するオゾン注入手段と、オゾンを溶解した
圧力槽内の処理水を大気下に解放して浮上分離処理する
浮上分離槽と、この浮上分離槽からの処理水に紫外線を
照射する紫外線ランプとを具備したことを特徴とする。
【0008】なお、本明細書において、オゾンという用
語はオゾン自体を意味する場合とオゾン含有ガスを意味
する場合と両者を含んで意味する場合とがあり、文意に
沿って任意に解釈し得るものとする。
【0009】
【発明の実施の形態】図1は本発明の実施の形態を示す
装置系統図である。ごみ埋立地浸出水は流路10から活
性汚泥法などの生物学的な処理装置12に流入し、ここ
でBOD成分の大半が除去されるが、生物学的に分解す
ることが困難なCOD成分、色度成分、微粒子が処理水
中に残存している。そこで、この処理水にまず凝集剤注
入手段14から適量の凝集剤を注入する。
【0010】次いで、この処理水を加圧ポンプ16によ
って0.3〜0.5MPa程度に昇圧した後、この加圧された
処理水を圧力槽18に貯留する。圧力槽18では前記注
入した凝集剤の作用によって処理水中の微粒子が凝集し
てフロックを形成する。また、圧力槽18にはオゾン発
生機20で発生したオゾンが圧縮機22によって注入さ
れる。加圧下の処理水に注入されたオゾンはヘンリーの
法則に従った相当な濃度で処理水に溶解し、溶解しきれ
なかった余剰のオゾンは解放弁24を介して圧力槽18
外に排出される。
【0011】オゾンを溶解した処理水は、減圧弁26を
備えた管路28から、浮上分離槽30に供給され、大気
下に解放される。このため、加圧下で前記処理水に溶解
していたオゾンが微細な気泡として無数に析出する。こ
の気泡が成長合体し浮上する過程で処理水中の微粒子や
前記凝集剤の添加によって形成されたフロックが気泡に
吸着され、浮上分離槽30の水面にスカムとして浮上す
る。
【0012】浮上分離槽30の水面上にはスカム掻き寄
せ機32が配設されており、前記浮上したスカムを掻き
寄せて、スカム受け34に掻き出す。スカム受け34に
一旦貯留されたスカムは適宜な手段で浮上分離槽30外
に排出される。
【0013】また、前記オゾンの気泡に吸着されなかっ
た比較的大きなフロックや、比重の大きな粒子は浮上分
離槽30の底面に汚泥として沈殿する。浮上分離槽30
の底面には汚泥掻き寄せ機38が配設されており、前記
沈殿した汚泥を汚泥受け40に掻き出す。汚泥受け40
に一旦貯留された汚泥は適宜な手段で浮上分離槽30外
に排出される。
【0014】浮上分離槽30の上部は有蓋構造とされ、
水面と蓋41とに囲まれた空間がオゾンの溜り部42と
される。この溜り部42内のオゾンは管路44から排出
され、オゾン分解器46で分解、無害化された後、大気
に放出される。
【0015】上記の浮上分離処理を受けることによっ
て、処理水中の粒子やフロックが効率よく除去され、処
理水は清澄化される。また、前記溶解したオゾンの酸化
作用によって、処理水中のCOD成分や色度成分の大部
分が酸化分解する。
【0016】浮上分離槽30の後段は仕切り48を介し
て、UV酸化部50とされ、このUV酸化部50には紫
外線ランプ52が配設されている。前記浮上分離処理を
受けた処理水はオゾンを飽和状態に溶解しており、か
つ、微細なオゾンの気泡を多数含んだ状態でこのUV酸
化部50に流入し、前記紫外線ランプ52によって紫外
線の照射を受ける。前記したように前段の浮上処理の工
程で、処理水中の懸濁粒子、フロック及び色度成分が除
去されているので、これらの粒子や成分による紫外線透
過の妨害を回避できる。
【0017】オゾンの存在下で紫外線を照射することに
よってOHラジカルが活発に生成する。このOHラジカ
ルが強力な酸化力を発揮するので、処理水中に残存して
いるダイオキシンなどの難分解性の有機物が分解除去さ
れる。なお、UV酸化部50の上部は前記浮上分離槽3
0のオゾンの溜り部42と連通しており、UV酸化部5
0で発生した分解ガスや余剰のオゾンは、前記管路44
から排出される。
【0018】UV酸化部50を経た処理水は十分に処理
されており、通常はこのまま放流可能である。しかし、
より一層処理を確実にするために必要に応じて最終段で
生物活性炭塔54に通水する。前段の一連の工程によっ
て処理水中に残存しているCOD成分等が極めて低いの
で、生物活性炭塔54での負荷は小さい。このため、通
常は活性炭に付着、増殖した微生物の作用によって残存
するCOD成分をほぼ完全に除去するバッファ的な仕上
げ効果を発揮する。したがって、生物活性炭塔54での
活性炭の再生頻度を著しく低減することができる。
【0019】上記本発明の実施の形態によれば、ごみ埋
立地から浸出する浸出水を生物学的に処理した処理水に
残存するCOD成分、色度成分、微粒子を効率よく除去
することができ、難分解性有機物の分解率が高いごみ埋
立地浸出水の処理方法及びその装置を実現することがで
きる。また、仕上用に活性炭処理を実施する場合にも再
生頻度が著しく少なくできる。また、装置構成がシンプ
ルであり、装置の設置スペースを小さくすることができ
る。
【0020】前記実施例では、浮上分離槽30とUV酸
化部50とが一体化されている形態を示したが、これら
は分離してもよい。また、生物活性炭塔54は必要に応
じて設ければよく、必須の処理工程ではない。
【0021】
【発明の効果】本発明によれば、シンプルな装置構成で
ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的に処理した処
理水に残存するCOD成分、色度成分、微粒子を効率よ
く除去することができ、難分解性有機物の分解率が高い
ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置を実現するこ
とができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態を示す装置系統図である。
【符号の説明】
10……生物学的な処理装置 14……凝集剤注入手段 16……加圧ポンプ 18……圧力槽 20……オゾン発生機 26……減圧弁 30……浮上分離槽 32……スカム掻き寄せ機 46……オゾン分解器 50……UV酸化部 52……紫外線ランプ 54……生物活性炭塔
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) C02F 9/00 502 C02F 9/00 502R 502Z 503 503C 503G 1/32 1/32 1/78 1/78 Fターム(参考) 4D037 AA11 AB01 AB02 AB05 AB14 BA04 BA06 BA18 BB07 CA01 CA07 CA08 CA12 4D050 AA12 AB03 AB07 AB19 BB02 BC02 BC09 BC10 BD02 BD06 CA04 CA06 CA16 CA17

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的
    に処理した処理水に凝集剤を添加した後に加圧し、この
    加圧した処理水にオゾンを溶解させ、この処理水を大気
    下に解放して浮上分離処理を行い、次いでこの処理水に
    紫外線を照射することを特徴とするごみ埋立地浸出水の
    処理方法。
  2. 【請求項2】前記一連の処理を行った後、生物活性炭処
    理を行うことを特徴とする請求項1に記載のごみ埋立地
    浸出水の処理方法。
  3. 【請求項3】ごみ埋立地から浸出する浸出水を生物学的
    に処理した処理水に凝集剤を注入する凝集剤注入手段
    と、引き続きこの処理水を加圧する加圧ポンプと、加圧
    された処理水を貯留する圧力槽と、この圧力槽内の処理
    水にオゾンを注入するオゾン注入手段と、オゾンを溶解
    した圧力槽内の処理水を大気下に解放して浮上分離処理
    する浮上分離槽と、この浮上分離槽からの処理水に紫外
    線を照射する紫外線ランプとを具備したことを特徴とす
    るごみ埋立地浸出水の処理装置。
JP29864499A 1999-10-20 1999-10-20 ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置 Expired - Fee Related JP4147703B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29864499A JP4147703B2 (ja) 1999-10-20 1999-10-20 ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29864499A JP4147703B2 (ja) 1999-10-20 1999-10-20 ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001113298A true JP2001113298A (ja) 2001-04-24
JP4147703B2 JP4147703B2 (ja) 2008-09-10

Family

ID=17862413

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29864499A Expired - Fee Related JP4147703B2 (ja) 1999-10-20 1999-10-20 ごみ埋立地浸出水の処理方法及びその装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4147703B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20020088538A (ko) * 2001-05-18 2002-11-29 주식회사 한국오존텍 자외선 및 오존을 이용한 수처리 장치 및 수처리 방법
WO2010028467A1 (pt) * 2008-09-09 2010-03-18 Whirpool S.A. Máquina de lavar apresentando um dispositivo de alvejamento e esterilização da água, e processo de beneficiamento de água
CN102086075B (zh) * 2009-12-08 2013-02-20 北京机电院高技术股份有限公司 一种垃圾渗滤液深度处理工艺方法
CN103043859A (zh) * 2012-12-24 2013-04-17 中国市政工程华北设计研究总院 一种垃圾渗沥液处理方法
CN104671565A (zh) * 2015-01-19 2015-06-03 浙江博世华环保科技有限公司 一种工业垃圾填埋场渗滤液的处理方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20020088538A (ko) * 2001-05-18 2002-11-29 주식회사 한국오존텍 자외선 및 오존을 이용한 수처리 장치 및 수처리 방법
WO2010028467A1 (pt) * 2008-09-09 2010-03-18 Whirpool S.A. Máquina de lavar apresentando um dispositivo de alvejamento e esterilização da água, e processo de beneficiamento de água
CN102086075B (zh) * 2009-12-08 2013-02-20 北京机电院高技术股份有限公司 一种垃圾渗滤液深度处理工艺方法
CN103043859A (zh) * 2012-12-24 2013-04-17 中国市政工程华北设计研究总院 一种垃圾渗沥液处理方法
CN104671565A (zh) * 2015-01-19 2015-06-03 浙江博世华环保科技有限公司 一种工业垃圾填埋场渗滤液的处理方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4147703B2 (ja) 2008-09-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI317349B (ja)
KR101320327B1 (ko) 수처리 방법과, 수처리 장치
KR100472628B1 (ko) 고효율 수처리장치 및 고효율 수처리방법
JP2732536B2 (ja) 二段廃水処理
JP2007509740A (ja) 酸化および膜濾過により水性廃液を精製する装置および方法
US8858805B2 (en) Method and device for removal of ammonia and related contaminants from water
US9315405B2 (en) Treatment of produced water
JP3440313B2 (ja) 汚染水の処理方法とその装置
JP2013071057A (ja) 水処理装置
JP2003200198A (ja) 汚泥処理方法及び装置
KR101186922B1 (ko) 오존반응 가압부상장치와 생물 활성탄 여과지를 이용한 정수처리장치
JP3969114B2 (ja) 有機ハロゲン化合物の分解方法、及び分解装置。
JP5865166B2 (ja) 油類及び/又は揮発性有機化合物含有水の浄化方法及び浄化装置
KR100906742B1 (ko) 초음파전해 침전조와 복합상향여과막 분리조를 포함하는 구성의 오,폐수 처리방법 및 그 장치
JP2005329374A (ja) 水処理装置
JP2014097472A (ja) 有機性廃水の処理方法及び処理装置
JP2003275796A (ja) スラッジ前処理装置及び膜分離生物反応槽を利用したスラッジ処理方法及び装置
JP6198029B2 (ja) 排水処理システム及び排水処理方法
JP2009262122A (ja) 水処理装置
JP2005058854A (ja) 廃水処理方法及び装置
JP2003245662A (ja) 廃水処理システム
JPH05228480A (ja) 生物難分解性物質の処理装置
JP2001191097A (ja) 排水処理方法
JP3526081B2 (ja) 有機性汚水の処理方法及び装置
JPH04244295A (en) Apparatus for treating various waste waters

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050310

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080603

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080616

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110704

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120704

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120704

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130704

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees