JP2001111944A - Optical disk, optical disk recording and reproducing device and optical disk recording and reproducing method - Google Patents

Optical disk, optical disk recording and reproducing device and optical disk recording and reproducing method

Info

Publication number
JP2001111944A
JP2001111944A JP2000239876A JP2000239876A JP2001111944A JP 2001111944 A JP2001111944 A JP 2001111944A JP 2000239876 A JP2000239876 A JP 2000239876A JP 2000239876 A JP2000239876 A JP 2000239876A JP 2001111944 A JP2001111944 A JP 2001111944A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
entry point
time
number
recorded
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000239876A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3128220B1 (en
Inventor
Kaoru Murase
Tomoyuki Okada
Noriko Sugimoto
Kazuhiro Tsuga
智之 岡田
紀子 杉本
薫 村瀬
一宏 津賀
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP6276099 priority Critical
Priority to JP11-62760 priority
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2000239876A priority patent/JP3128220B1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3128220B1 publication Critical patent/JP3128220B1/en
Publication of JP2001111944A publication Critical patent/JP2001111944A/en
Application status is Active legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical disk recording and reproducing device that can attain reproduction at an optional jump point. SOLUTION: The optical disk recording and reproducing device realizes utilization of random access performance unique to optical disks by providing reproduction points to its management information.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、読み書き可能な光ディスクと、その記録再生装置、記録再生方法に関する。 The present invention relates includes a disc readable and writable, the recording and reproducing apparatus, a recording and reproducing method. 中でも動画像データおよび静止画データおよびオーディオデータを含むマルチメディアデータが記録された光ディスクと、その記録再生装置、記録再生方法に関する。 Of these the optical disk multimedia data is recorded, including the moving image data and still image data and audio data, the recording and reproducing apparatus, a recording and reproducing method.

【0002】 [0002]

【従来の技術】650MB程度が上限であった書き換え型光ディスクの分野で数GBの容量を有する相変化型ディスクDVD−RAMが出現した。 A phase change type disc DVD-RAM having a capacity of several GB has appeared in the field of the Related Art Rewritable optical discs approximately 650MB was the upper limit. また、ディジタルA The digital A
Vデータの符号化規格であるMPEG(MPEG2)の実用化とあいまってDVD−RAMは、コンピュータ用途だけでなくAVにおける記録・再生メディアとして期待されている。 DVD-RAM in practical use as Aima' of a coding standard of V data MPEG (MPEG2) is expected as recording and reproducing media in the AV as well computer applications. つまり従来の代表的なAV記録メディアである磁気テープに代わるメディアとして普及が予測される。 That penetration is predicted as a media in place of the magnetic tape which is a typical conventional AV recording media.

【0003】(DVD−RAMの説明)近年、書き換え可能な光ディスクの高密度化が進みコンピュータデータやオーディオデータの記録に留まらず、画像データの記録が可能となりつつある。 [0003] (DVD-RAM Description) Recently, not only the recording density has progressed computer data and audio data of a rewritable optical disk, is becoming possible image data recording.

【0004】例えば、光ディスクの信号記録面には、従来から凸凹上のガイド溝が形成されている。 [0004] For example, the signal recording surface of the optical disc, unevenness on the guide grooves are formed conventionally.

【0005】従来は凸または凹にのみ信号を記録していたが、ランド・グループ記録法により凸凹両方に信号を記録することが可能となった。 Conventionally had recorded signals only on the convex or concave, but it has become possible to record signals on both uneven by the land group recording. これにより約2倍の記録密度向上が実現した(例えば特開平8−7282参照)。 Thus about twice the recording density has been achieved (see, for example, JP-A-8-7282).

【0006】また、記録密度を向上させるために有効なCLV方式(線速度一定記録)の制御を簡易化し実用化を容易とするゾーンCLV方式なども考案、実用化されている(例えば特開平7−93873)。 Further, devised such simplified zone CLV method that facilitates practical control of valid CLV method (constant linear velocity recording) in order to improve the recording density, it has been put to practical use (e.g., JP-A-7 -93,873).

【0007】これらの大容量化を目指す光ディスクを用いて如何に画像データを含むAVデータを記録し、従来のAV機器を大きく超える性能や新たな機能を実現するかが今後の大きな課題である。 [0007] Using an optical disc aimed at these large capacity and how recording AV data including image data, or to realize the conventional greatly exceed AV equipment performance and new functions is a major issue for the future.

【0008】このような大容量で書き換え可能な光ディスクの出現により、AVの記録・再生も従来のテープに代わり光ディスクが主体となることが考えられる。 [0008] With the advent of rewritable optical disk in such a large volume, AV recording and reproduction of even place optical disk is considered to be a principal to conventional tape. テープからディスクへの記録メディアの移行はAV機器の機能・性能面で様々な影響を与えるものである。 Migration of the recording media from tape to disk is intended to provide a variety of effects in the functions and performance aspects of the AV equipment.

【0009】ディスクへの移行において最大の特徴はランダムアクセス性能の大幅な向上である。 [0009] The biggest feature in the transition to disk is a significant improvement in random access performance. 仮にテープをランダムアクセスする場合、一巻きの巻き戻しに通常数分オーダーの時間が必要である。 If the case of random access to tape, it usually requires time for the number of orders unwinding of one turn. これは光ディスクメディアにおけるシーク時間(数10ms以下)に比べて桁違いに遅い。 This order of magnitude slower than the seek time of the optical disc medium (the number of 10ms or less). 従ってテープは実用上ランダムアクセス装置になり得ない。 Thus the tape can not be practically random access device.

【0010】このようなランダムアクセス性能によって、従来のテープでは不可能であったAVデータの分散記録が光ディスクでは可能となった。 [0010] Such random access performance, distributed recording of AV data which was not possible with conventional tape becomes possible in optical disks.

【0011】図38は、DVD記録装置のドライブ装置のブロック図である。 [0011] FIG. 38 is a block diagram of the drive device of DVD recording device. 図中の11はディスクのデータを読み出す光ピックアップ、12はECC(error The optical pickup 11 for reading data of a disk in the drawing, 12 is ECC (error
correcting code)処理部、13はトラックバッファ、14はトラックバッファへの入出力を切り替えるスイッチ、15はエンコーダ部、16はデコーダ部、17はディスクの拡大図である。 Correcting code) processor, 13 track buffer, the switch 14 for switching the input and output to and from the track buffer, 15 is an encoder unit, 16 decoder unit, 17 is an enlarged view of the disk.

【0012】17に示す様に、DVD−RAMディスクには、1セクタ=2KBを最小単位としてデータが記録される。 [0012] As shown in 17, the DVD-RAM disc, data is recorded one sector = 2KB as a minimum unit. また、16セクタ=1ECCブロックとして、 Further, as the 16 sectors = one ECC block,
ECC処理部12でエラー訂正処理が施される。 Error correction processing is performed by the ECC processing section 12.

【0013】13に示すトラックバッファは、DVD− [0013] The track buffer shown in 13, DVD-
RAMディスクにAVデータをより効率良く記録するため、AVデータを可変ビットレートで記録するためのバッファである。 To more efficiently record AV data on the RAM disk is a buffer for recording AV data at a variable bit rate. DVD−RAMへの読み書きレート(図中Va)が固定レートであるのに対して、AVデータはその内容(ビデオであれば画像)の持つ複雑さに応じてビットレート(図中Vb)が変化するため、このビットレートの差を吸収するためのバッファである。 To the read-write to the DVD-RAM rate (in the figure Va) that is a fixed-rate, AV data bit rate (in the figure Vb) is changed depending on the complexity possessed by the content (if the video image) to a buffer for absorbing the difference in the bit rate. 例えば、 For example,
ビデオCDの様にAVデータを固定ビットレートとした場合は必要がなくなる。 If it is a fixed bit rate of AV data as a video CD is not necessary.

【0014】このトラックバッファ13を更に有効利用すると、ディスク上にAVデータを離散配置することが可能になる。 [0014] With further effective use of this track buffer 13, it is possible to discretely place the AV data on the disk. 図39を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 39.

【0015】図39(a)は、ディスク上のアドレス空間を示す図である。 [0015] Figure 39 (a) is a diagram showing address space on the disc. 図39(a)に示す様にAVデータが[a1,a2]の連続領域と[a3,a4]の連続領域に分かれて記録されている場合、a2からa3へシークを行っている間、トラックバッファに蓄積してあるデータをデコーダ部へ供給することでAVデータの連続再生が可能になる。 If Figure 39 (a) AV data as shown in is recorded is divided into contiguous regions of the continuous region and [a3, a4] of [a1, a2], while performing a seek from a2 to a3, trucks the data that have been accumulated in the buffer becomes continuous playback of the AV data by supplying to the decoder unit. この時の状態を示すのが図39(b) Indicate the state at this time Figure 39 (b)
である。 It is.

【0016】a1から読み出しを開始したAVデータは、時刻t1からトラックバッファへの入力且つトラックバッファからの出力が開始され、トラックバッファへの入力レート(Va)とトラックバッファからの出力レート(Vb)のレート差(Va−Vb)の分だけトラックバッファへはデータが蓄積されていく。 [0016] AV data starts reading from a1, the output from the input and the track buffer from time t1 to the track buffer is started, the input rate to the track buffer (Va) and the output rate from the track buffer (Vb) It accumulates the data into the amount corresponding track buffer of the rate difference (Va-Vb). この状態がa This state is a
2(時刻t2)まで継続する。 Up to 2 (time t2) to continue. この間にトラックバッファに蓄積されたデータ量をB(t2)とすると、a3を読み出し開始できる時刻t3までの間、トラックバッファに蓄積されているB(t2)を消費してデコーダへ供給しつづけられれば良い。 If during this time the amount of data accumulated in the track buffer and B (t2), between times t3 can start reading the a3, which is continuously supplied to the decoder consumes B a (t2) accumulated in the track buffer if may.

【0017】言い方を変えれば、シーク前に読み出すデータ量([a1,a2])が一定量以上確保されていれば、シークが発生した場合でも、AVデータの連続供給が可能である。 If changing the [0017] words, if the amount of data read before the seek ([a1, a2]) is long as it is ensured over a certain amount, even if the seek is generated, it is possible to continuously supply AV data.

【0018】尚、本例では、DVD−RAMからデータを読み出す、即ち再生の場合の例を説明したが、DVD [0018] It should be noted that, in this example, data is read from the DVD-RAM, ie, a description has been given of an example of a case of playback, DVD
−RAMへのデータの書き込み、即ち録画の場合も同様に考えることができる。 Writing data to -RAM, i.e. in the case of recording can be considered as well.

【0019】上述したように、DVD−RAMでは一定量以上のデータが連続記録さえされていればディスク上にAVデータを分散記録しても連続再生/録画が可能である。 [0019] As described above, if the data of the predetermined amount or more in DVD-RAM is even continuous recording be dispersed recording AV data on the disk is continuous playback / recording.

【0020】(MPEGの説明)次にAVデータについて説明をする。 [0020] (Description of MPEG) Next, the AV data will be described.

【0021】先にも述べたが、DVD−RAMに記録するAVデータはMPEG(ISO/IEC13818) [0021] Although mentioned earlier, AV data is MPEG to be recorded on DVD-RAM (ISO / IEC13818)
と呼ばれる国際標準規格を使用する。 To use the international standard called.

【0022】数GBの大容量を有するDVD−RAMであっても、非圧縮のディジタルAVデータをそのまま記録するには十分な容量をもっているとは言えない。 [0022] Even DVD-RAM having a large capacity of several GB, it can not be said that the digital AV data uncompressed To directly recorded has a sufficient capacity. そこで、AVデータを圧縮して記録する方法が必要になる。 Therefore, it is necessary a method for compressing and recording AV data.
AVデータの圧縮方式としてはMPEG(ISO/IE The compression method of the AV data MPEG (ISO / IE
C13818)が世の中に広く普及している。 C13818) have been widely used in the world. 近年のL In recent years the L
SI技術の進歩によって、MPEGコーデック(伸長/ Advances in SI technology, MPEG codec (extension /
圧縮LSI)が実用化してきた。 Compression LSI) has been put into practical use. これによってDVD記録装置でのMPEG伸長/圧縮が可能となってきた。 This has become possible to MPEG expansion / compression in the DVD recorder.

【0023】MPEGは高効率なデータ圧縮を実現するために、主に次の2つの特徴を有している。 [0023] MPEG, in order to realize highly efficient data compression, mainly has the following two features.

【0024】一つ目は、動画像データの圧縮において、 [0024] The first is, in the compression of the moving image data,
従来から行われていた空間周波数特性を用いた圧縮方式の他に、フレーム間での時間相関特性を用いた圧縮方式を取り入れたことである。 Other compression method using a spatial frequency characteristic which has been conventionally performed, is to incorporate a compression method using correlation between frames. MPEGでは、各フレーム(MPEGではピクチャとも呼ぶ)をIピクチャ(フレーム内符号化ピクチャ)、Pピクチャ(フレーム内符号化と過去からの参照関係を使用したピクチャ)、Bピクチャ(フレーム内符号化と過去および未来からの参照関係を使用したピクチャ)の3種類に分類してデータ圧縮を行う。 In MPEG, each frame (also referred to as MPEG in picture) of I-picture (intra-frame coded picture), P picture (picture using a reference relationship from intraframe coding and past), and B-picture (intraframe coded classified into three types of pictures) using a reference relationship from past and future perform data compression.

【0025】図40はI,P,Bピクチャの関係を示す図である。 FIG. 40 is a diagram showing I, P, the relationship between the B-picture. 図40に示すように、Pピクチャは過去で一番近いIまたはPピクチャを参照し、Bピクチャは過去および未来の一番近いIまたはPピクチャを夫々参照している。 As shown in FIG. 40, P-picture refers to the closest I or P picture in the past, B picture refers respectively closest I or P picture of the past and future. また、図40に示すようにBピクチャが未来のIまたはPピクチャを参照するため、各ピクチャの表示順(display order)と圧縮されたデータでの順番(cording order)とが一致しない現象が生じる。 Moreover, since the B-picture, as shown in FIG. 40 refers to the future I or P picture, resulting phenomenon that order and (cording order) does not match with data compressed with each picture in the display order (display order) .

【0026】MPEGの二つ目の特徴は、画像の複雑さに応じた動的な符号量割り当てをピクチャ単位で行える点である。 [0026] The second feature of MPEG is that perform dynamic code amount allocation depending on the complexity of the image in units of pictures. MPEGのデコーダは入力バッファを備え、 MPEG decoder includes an input buffer,
このデコーダバッファに予めデータを蓄積する事で、圧縮の難しい複雑な画像に対して大量の符号量を割り当てることが可能になっている。 This By preliminarily storing the data in the decoder buffer, it becomes possible to allocate a large amount of code amount to the difficult complex image compression.

【0027】DVD−RAMで使用するオーディオデータは、データ圧縮を行うMPEGオーディオ、ドルビー(登録商標)ディジタル(AC−3)と非圧縮のLPC The audio data used in DVD-RAM is, MPEG audio for carrying out data compression, Dolby Digital LPC of (AC-3) and the non-compressed
Mの3種類から選択して使用できる。 It can be used to select from three types of M. ドルビーディジタルとLPCMはビットレート固定であるが、MPEGオーディオはビデオストリーム程大きくはないが、オーディオフレーム単位で数種類のサイズから選択することができる。 Although Dolby Digital and LPCM are fixed bit rate, MPEG audio is not large enough video stream can be selected from several sizes in units of audio frames.

【0028】この様なAVデータはMPEGシステムと呼ばれる方式で一本のストリームに多重化される。 [0028] Such AV data are multiplexed into a single stream by a method called MPEG system. 図4 Figure 4
1はMPEGシステムの構成を示す図である。 1 is a diagram showing the configuration of the MPEG system. 41はパックヘッダ、42はパケットヘッダ、43はペイロードである。 41 pack header, 42 is a packet header, 43 is a payload. MPEGシステムはパック、パケットと呼ばれる階層構造を持っている。 MPEG system has a hierarchical structure called pack, a packet. パケットはパケットヘッダ4 Packets packet header 4
2とペイロード43とから構成される。 Consisting of 2 and a payload 43. AVデータは夫々先頭から適当なサイズ毎に分割されペイロード43に格納される。 AV data is divided from the respective top every appropriate size are stored in the payload 43. パケットヘッダ42はペイロード43に格納してあるAVデータの情報として、格納してあるデータを識別するためのID(stream ID)と90 Packet header 42 as information of the AV data stored in the payload 43, ID for identifying the data stored with (stream ID) 90
kHzの精度で表記したペイロード中に含まれているデータのデコード時刻DTS(Decoding Tim Decoding time of the data contained in the payload was expressed in kHz precision DTS (Decoding Tim
e Stamp)および表示時刻PTS(Presen e Stamp) and display time PTS (Presen
tation Time Stamp)(オーディオデータのようにデコードと表示が同時に行われる場合はD tation Time Stamp) (when the display and the decoding are performed at the same time as the audio data D
TSを省略する)が記録される。 Omitted TS) is recorded. パックは複数のパケットを取りまとめた単位である。 Pack is a unit that has compiled a plurality of packets. DVD−RAMの場合は、1パケット毎に1パックとして使用するため、パックは、パックヘッダ41とパケット(パケットヘッダ4 The the case of a DVD-RAM, for use as a one pack per packet, pack, pack header 41 and packet (packet header 4
2およびペイロード43)から構成される。 2 and a payload 43). パックヘッダには、このパック内のデータがデコーダバッファに入力される時刻を27MHzの精度で表記したSCR(S The pack header, SCR data in this pack is expressed a time to be input to the decoder buffer at 27MHz precision (S
ystem Clock Reference)が記録される。 ystem Clock Reference) is recorded.

【0029】この様なMPEGシステムストリームをD [0029] such a MPEG system stream D
VD−RAMでは、1パックを1セクタ(=2048 The VD-RAM, 1 pack one sector (= 2048
B)として記録する。 B) it is recorded as.

【0030】次に、上述したMPEGシステムストリームをデコードするデコーダについて説明する。 Next, a description will be given of a decoder for decoding the MPEG system stream as described above. 図42はMPEGシステムデコーダのデコーダモデル(P−ST Figure 42 is a decoder model for MPEG system decoder (P-ST
D)である。 A D). 51はデコーダ内の規準時刻となるSTC 51 STC as a reference time in the decoder
(System TimeClock)、52はシステムストリームのデコード、即ち多重化を解くデマルチプレクサ、53はビデオデコーダの入力バッファ、54はビデオデコーダ、55は前述したI、PピクチャとBピクチャの間で生じるデータ順と表示順の違いを吸収するためにI、Pピクチャを一時的に格納するリオーダバッファ、56はリオーダバッファにあるI、PピクチャとBピクチャの出力順を調整するスイッチ、57はオーディオデコーダの入力バッファ、58はオーディオデコーダである。 (System TimeClock), 52 is the system stream decoding, i.e. demultiplexer solving multiplexing, 53 denotes an input buffer of a video decoder, a video decoder 54, 55 above-mentioned I, data order caused between the P and B pictures and I in order to absorb the differences in the display order, reorder buffer for temporarily storing the P-picture, 56 a switch for adjusting the output order of a certain I, P and B pictures in the reorder buffer, 57 denotes an input of the audio decoder buffer, 58 is an audio decoder.

【0031】この様なMPEGシステムデコーダは、前述したMPEGシステムストリームを次の様に処理していく。 [0031] Such MPEG system decoder, continue to process the MPEG system stream described above in the following manner. STC51の時刻とパックヘッダに記述されているSCRが一致した時に、デマルチプレクサ52は当該パックを入力する。 When the SCR is described matches the time and pack header of STC 51, the demultiplexer 52 inputs the pack. デマルチプレクサ52は、パケットヘッダ中のストリームIDを解読し、ペイロードのデータを夫々のストリーム毎のデコーダバッファに転送する。 The demultiplexer 52 decodes the stream ID in the packet header, and transfers the data of the payload to the decoder buffer for each respective stream. また、パケットヘッダ中のPTSおよびDTSを取り出す。 Further, take out the PTS and DTS in the packet header. ビデオデコーダ54は、STC51の時刻とD Video decoder 54, the time of STC51 and D
TSが一致した時刻にビデオバッファ53からピクチャデータを取り出しデコード処理を行い、I、Pピクチャはリオーダバッファ55に格納し、Bピクチャはそのまま表示出力する。 TS decodes a take-out picture data from the video buffer 53 to match and time, stored I, P picture in the reorder buffer 55, B-picture is directly displayed output. スイッチ56は、ビデオデコーダ54 Switch 56, video decoder 54
がデコードしているピクチャがI、Pピクチャの場合、 If picture but is decoding I, P picture,
リオーダバッファ55側へ傾けてリオーダバッファ55 Reorder buffer 55 is tilted to the reorder buffer 55 side
内の前IまたはPピクチャを出力し、Bピクチャの場合、ビデオデコーダ54側へ傾けておく。 Outputs previous I or P-picture of the inner, when the B picture, previously inclined to the video decoder 54 side. オーディオデコーダ58は、ビデオデコーダ54同様に、STC51 Audio decoder 58, video decoder 54 Similarly, STC 51
の時刻とPTS(オーディオの場合DTSはない)が一致した時刻にオーディオバッファ57から1オーディオフレーム分のデータを取り出しデコードする。 (For audio DTS is not) time and PTS decodes removed one audio frame of data from the audio buffer 57 to the matched time.

【0032】次に、MPEGシステムストリームの多重化方法について図43を用いて説明する。 A description will now be given with reference to FIG. 43 for multiplexing method of the MPEG system stream. 図43(a) Figure 43 (a)
はビデオフレーム、図43(b)はビデオバッファ、図43(c)はMPEGシステムストリーム、図43 Video frame, FIG. 43 (b) is a video buffer, FIG. 43 (c) is an MPEG system stream, Fig. 43
(d)はオーディオデータを夫々示している。 (D) shows each of the audio data. 横軸は各図に共通した時間軸を示していて、各図とも同一時間軸上に描かれている。 The horizontal axis is shows a common time axis in each figure is drawn on the same time axis in each figure. また、ビデオバッファの状態においては、縦軸はバッファ占有量(ビデオバッファのデータ蓄積量)を示し、図中の太線はバッファ占有量の時間的遷移を示している。 In the state of the video buffer, the vertical axis represents buffer occupancy (amount of data stored in the video buffer), a thick line in the figure shows the temporal transition of the buffer occupancy. また、太線の傾きはビデオのビットレートに相当し、一定のレートでデータがバッファに入力されていることを示している。 Further, the thick line of the slope is equivalent to the bit rate of the video data at a constant rate indicates that it is input to the buffer. また、一定間隔でバッファ占有量が削減されているのは、データがデコードされた事を示している。 Also, the buffer occupancy is reduced at regular intervals, which indicates that the data has been decoded. また、斜め点線と時間軸の交点はビデオフレームのビデオバッファへのデータ転送開始時刻を示している。 Further, the intersection of the oblique dotted line and the time axis indicates the data transfer start time of the video buffer of a video frame.

【0033】以降、ビデオデータ中の複雑な画像Aを例に説明する。 The following describes a complex image A in the video data as an example. 図43(b)で示すように画像Aは大量の符号量を必要とするため、画像Aのデコード時刻よりも図中の時刻t1からビデオバッファへのデータ転送を開始しなければならない。 Because the image A as shown in Figure 43 (b) which requires a large amount of codes, it must start the data transfer to the video buffer from the time t1 in FIG than decoding time of the image A. (データ入力開始時刻t1からデコードまでの時間をvbv_delayと呼ぶ)その結果、AVデータとしては網掛けされたビデオパックの位置(時刻)で多重化される。 (Referred to from the data input start time t1 and vbv_delay time to decode) Consequently, the AV data are multiplexed at the position of the shaded video pack (time). これに対して、ビデオの様にダイナミックな符号量制御を必要としないオーディオデータの転送はデコード時刻より特別に早める必要はないので、デコード時刻の少し前で多重化されるのが一般的である。 In contrast, the transfer of the audio data which does not require dynamic coding amount control as video there is no need to advance from the special decoding time, it is common that are multiplexed slightly before the decoding time . 従って、同じ時刻に再生されるビデオデータとオーディオデータでは、ビデオデータが先行している状態で多重化が行われる。 Thus, the video data and audio data to be reproduced at the same time, multiplexing in a state in which the video data is ahead is made. 尚、MPEGではバッファ内にデータを蓄積できる時間が限定されていて、静止画データを除く全てのデータはバッファに入力されてから1秒以内にバッファからデコーダへ出力されなければならないように規定されている。 The time capable of storing data in MPEG the buffer is not limited, all data except still-image data is defined so as not to be outputted from the buffer within one second after being input to the buffer to the decoder ing. そのため、ビデオデータとオーディオデータの多重化でのずれは最大で1秒(厳密に言えばビデオデータのリオーダの分だけ更にずれることがある)である。 Therefore, displacement in the multiplexed video data and audio data is one second at the maximum (strictly minute reorder of the video data only may be further shifted speaking).

【0034】尚、本例では、ビデオがオーディオに対して先行するとしたが、理屈の上では、オーディオがビデオに対して先行することも可能ではある。 [0034] In the present embodiment, although the video precedes the audio, in theory, there is also possible that the audio precedes the video. ビデオデータに圧縮率の高い簡単な画像を用意し、オーディオデータを不必要に早く転送を行った場合は、このようなデータを意図的に作ることは可能である。 Providing a high simple image compression ratio in the video data, if performed unnecessarily quickly transfer audio data, it is possible to make such data intentionally. しかしながらMPE However, MPE
Gの制約により先行できるのは最大でも1秒までである。 Can preceded by G constraint is up to 1 second at the maximum.

【0035】(ビデオCDの説明)次に再生飛び込み点の概念を持つビデオCDついて説明する。 [0035] (Description of the video CD) will now be described with the video CD with the concept of regeneration dive point.

【0036】ビデオCDは、1993年に公開された規格であり、翌年の1994年にはプレーバックコントロール機能等を盛り込んだVer2.0の規格が公開されている。 The video CD is a standard that has been published in 1993, Ver2.0 standard that incorporates a play back control function, and the like have been published in the following year of 1994. ビデオCDでは、MPEG1で圧縮した動画像を最大74分収録することが可能であり、その他にも、 In the video CD, it is possible to record up to 74 minutes a moving image compressed by MPEG1, Besides,
高精細静止画(704×480ドット)を最大2000 Up to a high-definition still images (704 × 480 dots) 2000
枚収録することも可能である。 It is also possible to single recording. また、プレイバックコントロール機能で簡単なメニューを作成し、目的に応じて必要な部分だけを表示したり、ユーザの選択によって表示内容をコントロールすることが可能である。 It also creates a simple menu playback control function to view only the portion necessary depending on the purpose, it is possible to control the display contents by the user's selection.

【0037】ビデオCDは、エントリポイントとしてディスクに絶対アドレスを記録することができる。 The video CD, it is possible to record the absolute address on the disk as an entry point. エントリポイントとは、再生経路における飛び込み再生が可能な場所である。 The entry point is available location skip playback in the playback path. エントリポイントは、アドレス情報や時刻情報を使用することで実現が可能であり、エントリポイントを利用することで、再生経路の中でエントリポイントに達すると、記録されている絶対アドレスへとジャンプし、飛び込み再生を行うといった再生装置の動作ができる。 The entry point is capable of realizing by using the address information and time information, by using the entry point, it reaches the entry point in the playback path, and jumps to the absolute address recorded, it is the operation of the reproducing apparatus such as performing interrupt playback.

【0038】しかしながら、ビデオCDではストリームに対して、1対1で対応したエントリポイントしか持つことができないため、複数の経路毎に独立した飛び込み点を利用することができない。 [0038] However, the stream in the video CD, it is not possible to have only entry point corresponding on a one-to-one, can not be utilized independent jump points for each of the plurality of paths.

【0039】また、ビデオCDは追記不可能なメディアであるため、ユーザが自由にエントリポイントを作成・ [0039] In addition, since the video CD is a recordable non-media, create a user is free to entry point
削除することができない。 Can not be deleted. このため、ユーザが論理的意味を持って再生経路やエントリポイントを作成することはできず、ディスクのランダムアクセス性を活かしきることはできない。 Therefore, the user is not able to create a reproduction path or the entry point have a logical meaning, can not be as possible utilizing the random accessibility of the disk.

【0040】(ディジタルVTRの説明)次にディジタルVTR、特に最近普及が著しいDVC(Digita [0040] (Description of digital VTR) then the digital VTR, especially recently spread remarkably DVC (Digita
l Video Cassette Tape Rec l Video Cassette Tape Rec
order)について説明する。 order) will be described.

【0041】DVCは、1994年に公開された規格であり、画像圧縮信号処理にDCT(Descret C The DVC is a standard that was published in 1994, image compression signal processing to DCT (Descret C
onsine Transform)とVLC(Var onsine Transform) and VLC (Var
iable Length Cording)を採用しており、19〜30Mb/sでの記録・再生を実現している。 iable Length Cording) has adopted, is to realize the recording and reproduction at 19~30Mb / s.

【0042】また、DVCでは、映像データと共にサブコードデータとして、テープ始端の記録開始フレームからの記録時間を表すトラック番号(Title Tim Further, the DVC, as sub-code data together with the video data, the track number representing the recording time from the recording start frame of the tape start end (Title Tim
eCode)、記録時の年月日を表すタイムコード(R eCode), time code that represents the date at the time of recording (R
ec Date)、記録時の時分秒を表すタイムコード(Rec Time)を記録することができる。 ec a Date), it is possible to record a time code representing the hour, minute during recording (Rec Time). したがって、タイムコードの不連続点を検出することで、それらをエントリポイントとして利用することが可能である。 Therefore, by detecting the discontinuity points of the time code, it is possible to use them as entry points.

【0043】しかしながら、コンピュータのような管理情報を持てないため、任意の時刻を自由にエントリポイントとして設定し再生を行うことができないという欠点を有している。 [0043] However, since not have a management information such as a computer, it has the disadvantage that it can not be reproduced is set as a free entry point any time.

【0044】また、DVCはテープメディアであるため、ランダムアクセス性能が乏しく、複数の再生経路を持つことができない。 [0044] In addition, DVC is because it is a tape media, random access performance is poor, can not have a plurality of reproduction paths.

【0045】DVCのようなメディアで、複数の再生経路や任意のエントリポイントを保持するためには、再生装置にそれらのデータを記録するためのメモリが必要であり、また、異なる再生装置間では、その情報を利用することができない。 [0045] In the media, such as DVC, to hold a plurality of reproduction routes and any entry point, it is necessary to memory for recording the data to the reproducing apparatus, and in different reproducing apparatus , it is not possible to use the information.

【0046】DVD−RAMの登場は、DVCにおけるランダムアクセス性能の問題を解決し、またビデオCD The advent of DVD-RAM is to solve the problem of random access performance in the DVC, also video CD
における複数の経路ごとにエントリポイントを自由に扱えるという新しい民生用AV機器の可能性を意味している。 It means the possibility of a new consumer AV equipment that freely handle entry points for each of the plurality of paths in.

【0047】 [0047]

【発明が解決しようとする課題】本発明は上記従来技術において説明した次世代AV記録メディアとして期待されるDVD−RAMの性能を最大限に引き出す上で支障となる以下の課題を解決し、書き換え可能な大容量光ディスクDVD−RAMの最大且つ本命の用途であるDV SUMMARY OF THE INVENTION It is an object of the present invention is to solve the following problems to be trouble on to maximize the performance of the DVD-RAM is expected as a next-generation AV recording medium described in the prior art, rewriting possible large-capacity optical disc DVD-RAM of the largest and is a favorite of applications DV
D記録装置を実現するものである。 It realizes the D recorder.

【0048】DVD記録装置で複数の再生経路において飛び込み点の記録および飛び込み点を利用した再生を行う場合の最大の課題は、テープメディアではできなかった、ディスク独自のランダムアクセス性を得るために、 The biggest challenge in the case of performing reproduction using the recording and dive point plunge point at a plurality of reproduction paths in DVD recorder could not be in tape media, in order to obtain a disk unique random accessibility,
いかにして個別の飛び込み点を設定するかである。 It is how to set up a separate dive point how to.

【0049】 [0049]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、本発明に係る発明は、以下の内容を有する。 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION The invention according to the present invention has the following contents.

【0050】請求項1にあっては、映像ストリームで構成されるプログラムストリームと、該プログラムストリームを管理するオリジナルプログラム管理情報と、動画再生時刻と動画格納アドレスとを変換する時刻−アドレス変換テーブル(TMAPI)と、静止画番号と静止画格納アドレスとを変換する番号−アドレス変換テーブル(S_VOB Entries)とを有し、該オリジナルプログラム管理情報は、該プログラムストリームが動画である場合には、該プログラムストリームの開始時刻を特定する開始時刻情報(C_V_S_PTM)と、該プログラムストリームの終了時刻を特定する終了時刻情報(C_V_E_PTM)と、該プログラムストリーム内に設定されたエントリポイント情報として、再生される該プログラムスト [0050] In the Claim 1, the time to convert the program stream composed of video streams, the original program management information for managing the program stream, a video reproduction time and video storage address - the address conversion table ( and TMAPI), still picture number and the still image storage address and number to convert - has an address translation table (S_VOB Entries), said original program management information, when the program stream is moving picture, said program the start time information specifying the start time of the stream (C_V_S_PTM), and end time information specifying the end time of the program stream (C_V_E_PTM), as the entry point information set into the program stream, the program to be reproduced strike リーム内の動画の時刻を表す動画再生時刻情報(EP_PTM)とを含み、該プログラムストリームが静止画である場合には、該プログラムストリームの再生が開始される静止画の番号を特定する開始番号情報(S_S_VOB_ENTN)と、該プログラムストリームの再生が終了する静止画の番号を特定する終了番号情報(E_S_VOB_ENTN)と、該プログラムストリーム内に設定されたエントリポイント情報として、再生される該プログラムストリーム内の静止画の番号を示す静止画番号情報(S_VOB_ENTN)とを含むことを特徴とする光ディスクである。 And a stream in the moving video reproduction time information indicating the time of (EP_PTM), when the program stream is a still image, start number information specifying the still picture number reproduction of the program stream is started and (S_S_VOB_ENTN), and ending number information for specifying the still picture number reproduction of the program stream ends (E_S_VOB_ENTN), as the entry point information set into the program stream, still in the program stream reproduced an optical disk, characterized in that it comprises a still picture number information indicating a picture number (S_VOB_ENTN).

【0051】これにより、プログラムストリーム自身にエントリポイント情報を含ませる必要がない。 [0051] Thus, there is no need to include the entry point information in the program stream itself. さらに、 further,
プログラムストリームが動画である場合、上記エントリポイント情報は時刻情報(EP_PTM)であるので、 If the program stream is moving, since the entry point information is time information (EP_PTM),
再生経路の始点からどこまで進んだ点であるかを特定することができる。 It is possible to identify whether a point advanced from the start point of the reproduction path to anywhere. またプログラムストリームが静止画である場合、上記エントリポイント情報は、静止画の番号を示す静止画番号情報(S_VOB_ENTN)であり、静止画枚数を表しているので、再生経路の始点からどこまで進んだ点であるかを特定することができる。 Also when the program stream is a still image, the entry point information is still image number information indicating the number of still pictures (S_VOB_ENTN), since it represents a still image number, a point advanced from the start point of the playback path far whether it can be identified.

【0052】請求項2にあっては、上記プログラムストリームが動画である場合、該プログラムストリームの少なくとも部分区間を再生するためのプレイリスト管理情報をさらに有し、該プレイリスト管理情報は、該部分区間の開始時刻を特定する区分開始時刻情報と、該部分区間の終了時刻を特定する区分終了時刻情報と、該部分区間内に任意に設定されたプレイリストエントリポイントに関するエントリポイント情報として、再生される該部分区間内の動画の時刻を示す動画再生時刻情報と、を含むことを特徴とする請求項1記載の光ディスクである。 [0052] In the second aspect, when the program stream is moving, has further a playlist management information for reproducing at least a part section of the program stream, the playlist management information, partial a division start time information specifying the start time of the section, the division end time information specifying the end time of the partial section, as the entry point information about the playlist entry point set arbitrarily partial in section, is reproduced and video reproduction time information indicating the video time of the moiety within the interval that is an optical disk according to claim 1, characterized in that it comprises a.

【0053】プログラムストリームの開始時刻から終了時刻までの第1の再生経路で特定されるプログラムストリームと、区分開始時刻から区分終了時刻までの第2の再生経路で特定されるプログラムストリームの区分とが重複していても、第1の再生経路と、第2の再生経路とにおいて、個別にエントリポイント情報を設定することができる。 [0053] and the program stream from the start time of the program stream specified by the first reproduction path of the end time, and the classification of the program stream specified by the second reproduction path from segment start time to segment end time even overlapping, can be a first reproduction path, the second reproduction path, sets the entry point information separately. したがって、第1の再生経路で設定したエントリポイントは、第2の再生経路では作用しない。 Thus, entry points set by the first reproduction path does not act in the second reproduction path.

【0054】請求項3にあっては、上記プログラムストリームが静止画である場合、該プログラムストリームの連続した1以上の静止画の部分区間を再生するためのプレイリスト管理情報をさらに有し、該プレイリスト管理情報は、該部分区間の静止画の開始番号を特定する区分開始番号情報と、該部分区間の静止画の終了番号を特定する区分終了番号情報と、該部分区間の静止画に任意に設定されたプレイリストエントリポイントに関するエントリポイント情報として、再生される該部分区間内の静止画の番号を示す静止画番号情報とを含むことを特徴とする請求項1記載の光ディスクである。 [0054] In the third aspect, when the program stream is a still image, further comprising a play list management information for reproducing the successive one or more still picture subinterval of said program stream, the playlist management information, and the classification start number information for identifying a still image of the starting number of the partial section, and the division end number information for identifying a still image of the end number of the partial section, any still image of the partial section as the entry point information about the set playlist entry point, an optical disk according to claim 1, characterized in that it comprises a still picture number information indicating a still picture number in partial section to be reproduced.

【0055】請求項4にあっては、上記エントリポイント情報は、上記エントリポイントにおける動画または静止画の内容を示すテキスト(PRM_TXTI)をさらに含む、請求項1記載の光ディスクである。 [0055] In the fourth aspect, the entry point information, the further includes text (PRM_TXTI) showing the contents of a moving image or a still image in the entry point, an optical disk according to claim 1, wherein.

【0056】テキスト情報により、アクセスしたいポイントの内容を簡単に表示することができる。 [0056] The text information, it is possible to easily view the contents of the point that you want to access.

【0057】請求項5にあっては、上記動画再生時刻情報のサイズは、上記静止画番号情報のサイズよりも大きい、請求項1記載の光ディスクである。 [0057] According to claim 5, the size of the video reproduction time information is greater than the size of the still picture number information, an optical disc of claim 1, wherein.

【0058】請求項6にあっては、該動画の映像ストリームは、再生時間に基づいて単位化された映像オブジェクトユニットを複数有し、上記時刻−アドレス変換テーブルは、上記動画再生時刻と前記映像オブジェクトユニットのデータサイズとの対応関係を規定する、請求項1 [0058] In the sixth aspect, the video stream of the video includes a plurality of unitized video object unit on the basis of the reproduction time, the time - the address conversion table, wherein the aforementioned moving picture reproduction time video defining a correspondence relationship between the data size of the object unit, according to claim 1
記載の光ディスク。 Optical disk described.

【0059】請求項7にあっては、該静止画の映像ストリームは、静止画を複数有し、上記番号−アドレス変換テーブルは、複数の静止画の各々の該静止画番号とデータサイズとの対応関係を規定する、請求項1記載の光ディスクである。 [0059] In the seventh aspect, the video stream of the still image includes a plurality of still images, the number - address conversion table, a plurality of each of the still image and the still picture number and data size defining a correspondence relationship, an optical disk according to claim 1, wherein.

【0060】請求項8にあっては、請求項1記載の光ディスクを再生する光ディスク再生装置であって、光ディスクからエントリポイント情報を読み出し、保持する保持手段(7802)と、プログラムストリームをデコードし、該プログラムストリームの再生中のアドレス情報を生成するデコーダ(7806)と、該アドレス情報を、該プログラムストリームのポイント情報に変換する変換手段(7802)と、該ポイント情報に一番近いエントリポイント情報を選択する手段(7802)と、選択したエントリポイント情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用してアドレス情報に変換する変換手段(7802) [0060] According to claim 8, there is provided an optical disk reproducing apparatus for reproducing an optical disc according to claim 1, reads the entry point information from the optical disc, the holding means for holding the (7802) decodes the program stream, a decoder (7806) for generating an address information during playback of said program stream, the address information, and converting means for converting the point information of the program stream (7802), the closest entry point information to the point information and means for selecting (7802), the selected entry point information, the time - the address conversion table or the number - converting means for converting the address information by using the address conversion table (7802)
と、変換したアドレス情報に基づく位置までジャンプするドライブ手段(7808)とを有し、該デコーダは、 When, and a drive means for jumping (7808) to a position based on the translated address information, said decoder,
ジャンプした位置からデコードし、再生することを特徴とする光ディスク再生装置。 Decoded from the jump position, the optical disk reproducing apparatus, characterized in that play.

【0061】請求項9にあっては、上記ポイント情報は、プログラムストリームが動画である場合、時刻情報であることを特徴とする請求項8記載の光ディスク再生装置である。 [0061] According to claim 9, the point information, when the program stream is moving, an optical disk reproducing apparatus according to claim 8, characterized in that the time information.

【0062】請求項10にあっては、上記ポイント情報は、プログラムストリームが静止画である場合、静止画番号情報であることを特徴とする請求項8記載の光ディスク再生装置である。 [0062] According to claim 10, the point information, when the program stream is a still image, an optical disk reproducing apparatus according to claim 8, wherein a still picture number information.

【0063】請求項11にあっては、上記エントリポイント情報は、さらにテキスト情報を含み、上記デコーダは該テキスト情報を再生することを特徴とする請求項8 [0063] In the claim 11, the entry point information further includes text information, according to claim 8 said decoder, characterized in that for reproducing the text information
記載の光ディスク再生装置である。 An optical disk reproducing apparatus according.

【0064】請求項12にあっては、請求項1記載の光ディスクを再生する光ディスク再生方法であって、光ディスクからエントリポイント情報を読み出し、保持し、 [0064] According to claim 12, there is provided an optical disk reproducing method for reproducing an optical disc according to claim 1, reads the entry point information from the optical disc, and held,
プログラムストリームをデコードし、該プログラムストリームの再生中のアドレス情報を生成し、該アドレス情報を、該プログラムストリームのポイント情報に変換し、該ポイント情報に一番近いエントリポイント情報を選択し、選択したエントリポイント情報を、上記時刻− Decoding the program stream to generate address information during playback of said program stream, the address information is converted into the point information of the program stream, select the nearest entry point information to the point information, the selected the entry point information, the time -
アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用してアドレス情報に変換し、変換したアドレス情報に基づく位置までジャンプし、ジャンプした位置からデコードし、再生することを特徴とする光ディスク再生方法である。 Address conversion table or the number - is converted into address information by using the address conversion table, jumps to the position based on the translated address information, is decoded from the jump position is the optical disc reproducing method characterized by play .

【0065】請求項13にあっては、請求項1記載の光ディスクに情報を記録する光ディスク記録装置であって、エントリポイント情報の入力を受けるインターフェース(7801)と、エントリポイント情報を受けた時点におけるアドレス情報を生成する手段(7804、7 [0065] In the claim 13, at the time an optical disc recording apparatus for recording information on an optical disk according to claim 1, an interface (7801) for receiving an input of entry point information, which has received the entry point information It means for generating an address information (7804,7
806)と、該アドレス情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用して該プログラムストリームのエントリポイント情報に変換する変換手段(7802)と、該エントリポイント情報を一時的に保持する保持手段(7802)と、保持したエントリポイント情報を、光ディスクに記録するドライブ手段(7808)とを有することを特徴とする光ディスク記録装置である。 And 806), the address information, the time - the address conversion table or the number - the converting means by using an address conversion table to convert the entry point information of the program stream (7802), temporarily the entry point information and holding means (7802) for holding the, the held entry point information, an optical disk recording apparatus characterized by having a drive means (7808) to be recorded on the optical disc.

【0066】請求項14にあっては、上記エントリポイント情報は、プログラムストリームが動画である場合、 [0066] In the claim 14, the entry point information, when the program stream is moving,
時刻情報(EP_PTM)であることを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置である。 An optical disk recording apparatus according to claim 13, wherein the time is information (EP_PTM).

【0067】請求項15にあっては、上記エントリポイント情報は、プログラムストリームが静止画である場合、静止画番号情報(S_VOB_ENTN)であることを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置である。 [0067] In the claim 15, the entry point information, when the program stream is a still image, it is an optical disc recording apparatus according to claim 13, wherein a still picture number information (S_VOB_ENTN) .

【0068】請求項16にあっては、上記エントリポイント情報は、さらにテキスト情報(PRM_TXTI) [0068] In the claim 16, the entry point information further text information (PRM_TXTI)
を含み、上記保持手段は該テキスト情報を生成し、保持することを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置である。 Wherein the said retaining means to generate the text information, an optical disk recording apparatus according to claim 13, wherein the holding.

【0069】請求項17にあっては、請求項1記載の光ディスクに情報を記録する光ディスク記録方法であって、エントリポイント情報の入力を受け、エントリポイント情報を受けた時点におけるアドレス情報を生成し、 [0069] In the claim 17, there is provided an optical disk recording method for recording information on an optical disk according to claim 1, receives the entry point information, it generates an address information at the time of receiving the entry point information ,
該アドレス情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用して該プログラムストリームのエントリポイント情報に変換し、該エントリポイント情報を一時的に保持し、保持したエントリポイント情報を、光ディスクに記録することを特徴とする光ディスク記録方法である。 The address information, the time - a by using the address conversion table converts the entry point information of the program stream, temporarily holding the entry point information, the held entry point information - the address conversion table or the number , an optical disk recording method characterized by recording on the optical disk.

【0070】 [0070]

【発明の実施の形態】本発明の一実施の形態であるDV DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION in an embodiment of the present invention DV
D記録装置とDVD−RAMを用いて本発明の詳細を説明する。 The details of the present invention will be described with reference to D recorder and DVD-RAM.

【0071】(DVD−RAM上の論理構成)まずDV [0071] (logical configuration on the DVD-RAM) First DV
D−RAM上の論理構成について図1を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 1, the logical structure of the D-RAM. 図1は、ディスク上の物理セクタアドレスと、ファイルシステムを通して見えるディスク上のデータ構成を示している。 Figure 1 shows a physical sector address on the disk, the data structure on the disk visible through a file system.

【0072】物理セクタアドレスの先頭部分にはリードイン領域がありサーボを安定させるために必要な規準信号や他のメディアとの識別信号などが記録されている。 [0072] The head portion of the physical sector address such as an identification signal of the reference signal and other media required to stabilize the servo has lead-in area is recorded.
リードイン領域に続いてデータ領域が存在する。 Following the lead-in area and data area is present. この部分に論理的に有効なデータが記録される。 Logically valid data is recorded in this portion. 最後にリードアウト領域がありリードイン領域と同様な規準信号などが記録される。 Etc. Finally there are lead-out area similar reference signal and the lead-in area is recorded.

【0073】データ領域の先頭にはボリューム情報と呼ばれるファイルシステム用の管理情報が記録される。 [0073] at the beginning of the data area management information for the file system, called the volume information is recorded. ファイルシステムについては本特許の内容と直接関係がないので省略する。 It omitted because there is no direct relationship with the content of the present patent for the file system.

【0074】ファイルシステムを通すことで、図1に示す様にディスク内のデータがディレクトリやファイルとして扱うことが可能になる。 [0074] By passing the file system, the data in the disk as shown in FIG. 1 can be handled as directories and files.

【0075】DVD記録装置が扱う全てのデータは、図1に示す様にROOTディレクトリ直下のDVD_RT [0075] all of the data to the DVD recording apparatus is handled, DVD_RT immediately below the ROOT directory as shown in Figure 1
AVディレクトリ下に置かれる。 It is placed under AV directory.

【0076】DVD記録装置が扱うファイルは大きく3 [0076] The file is large 3 DVD handled by the recording apparatus
種類に区別され、1つの管理情報ファイルと複数(少なくとも1つ)のAVファイル、1つの管理情報ファイルのコピーである。 Be distinguished in types, AV files one management information file and a plurality (at least one), is a copy of one management information file.

【0077】AVファイルは、動画を記録するRTR_ [0077] AV file records the video RTR_
MOVIE. MOVIE. VROファイルと、静止画および静止画と同時に録音した音声データを記録するRTR_STIL And VRO files, RTR_STIL recording audio data recorded at the same time as the still image and the still image
L. L. VROファイルと、音声データのみを記録するVR And VRO files, VR to record only the audio data
_AUDIO. _AUDIO. VROファイルが記録される。 VRO file is recorded.

【0078】図2は、動画を記録したRTR_MOVI [0078] FIG. 2, RTR_MOVI recorded a video
E. E. VROファイルの構成図である。 It is a block diagram of a VRO file. 図2に示すように、RTR_MOVIE. As shown in FIG. 2, RTR_MOVIE. VROファイルには、MPE The VRO file, MPE
GのプログラムストリームであるM_VOB(Movi Is a program stream G M_VOB (Movi
e Video Object)が録画順に配置される。 e Video Object) is arranged in the order of video recording.

【0079】また、M_VOBは、ビデオの再生時間を基準に0.4秒から1.0秒を一単位としたVOBU [0079] Further, M_VOB is, VOBU to 1.0 seconds 0.4 seconds based on the playback time of the video and as one unit
(Video Object Unit)から構成されている。 And a (Video Object Unit).

【0080】VOBUは、V_PCK(ビデオパック)、A_PCK(オーディオパック)と、SP_PC [0080] VOBU is, the V_PCK (video pack), A_PCK (audio pack), SP_PC
K(サブピクチャパック)から構成され、各パックは2 Consists K (sub-picture packs), each pack is 2
KB単位で構成されている。 It is configured in KB.

【0081】また、VOBU内のビデオデータは、少なくとも1つ以上のGOP(Group of Pict [0081] The video data in VOBU comprises at least one or more GOP (Group of Pict
ures)から構成されている。 Is constructed from ures). GOPとは、MPEG The GOP, MPEG
ビデオのデコード単位であり、Iピクチャを先頭として、複数のP、Bピクチャから構成されている。 A decoding unit of the video, as a leading I picture is composed a plurality of P, from B-picture.

【0082】図3は、静止画および音声データを記録したRTR_STILL. [0082] Figure 3, RTR_STILL which records still images and audio data. VROファイルの構成図である。 It is a block diagram of a VRO file. 図3に示すように、RTR_STILL. As shown in FIG. 3, RTR_STILL. VROファイルには、静止画用のMPEGプログラムストリームであるS_VOB(StillPicture Vid The VRO file, an MPEG program stream for still picture S_VOB (StillPicture Vid
eo Object)が録画順に配置される。 eo Object) is arranged in the order of video recording.

【0083】M_VOBとの大きな違いは、動画データの代わりに静止画データが記録されている他に、動画データと音声データが互いに多重化されているのではなく、静止画データ(Video part)の後に、音声データ(Audio part)が続いて記録されていることである。 [0083] major difference between M_VOB, in addition to still image data is recorded instead of the moving image data, rather than moving image data and audio data are multiplexed together, still picture data (Video part) later, the audio data (audio part) is that is subsequently recorded.

【0084】また、S_VOBは、1つのVOBUから構成され、VOBUは、V_PCK、A_PCKおよびSP_PCKから構成されている。 [0084] Further, S_VOB is constituted by one VOBU, VOBU is V_PCK, and a A_PCK and SP_PCK.

【0085】VR_AUDIO. [0085] VR_AUDIO. VROには、MPEG The VRO, MPEG
プログラムストリームの音声のデータ(Audio p Audio data of the program stream (Audio p
art)のみで構成されている。 art) only are composed of. (AVデータと管理情報)次に、図4を用いて前述したM_VOBおよびS_VOBと、管理情報との関係について説明する。 (AV data and Management Information) Next, the M_VOB and S_VOB described above, the relationship between the management information will be described with reference to FIG.

【0086】既に説明した通り、AVデータは動画像用のM_VOBと静止画像用のS_VOBの2種類が存在する。 [0086] As already described, AV data there are two types of S_VOB for M_VOB a still image for a moving image. M_VOBは、個々のM_VOB毎に管理情報M M_VOB is, management information for each individual of M_VOB M
_VOBIが存在し、M_VOBIには対応するM_V _VOBI is present, corresponding to the M_VOBI M_V
OBの属性情報が記録される。 Attribute information of the OB is recorded. S_VOBの場合は、個々のS_VOB毎に管理を行うと、管理情報量が増大するため、複数のS_VOBを一塊としたグループS_V For S_VOB, Doing managed for each individual S_VOB, for managing information amount increases, the group was more S_VOB and lump S_V
OG毎に管理情報S_VOGIが存在する。 There is a management information S_VOGI every OG. S_VOG S_VOG
Iは、対応するS_VOBグループの属性情報が記録される。 I, the attribute information of the corresponding S_VOB group is recorded.

【0087】ここで重要なのは、MPEGストリームのデータでは、時間とデータ量の間には線形性がないことである。 [0087] The key here is the data of an MPEG stream, that there is no linearity between a time and data volume. 先に延べたように、MPEGストリームでは、 As mentioned above, in the MPEG stream,
高効率な圧縮を実現するために、時間相関特性を用いた圧縮方法や、VBRと呼ばれる、可変長符号方法を用いた圧縮が行われているため、時間とデータ量、即ちアドレス情報とが一意に対応しない。 To achieve high efficiency compression, and compression method using a time correlation characteristic, called VBR, because the compression using a variable length code method being carried out, time and amount of data, that is, the address information uniquely It does not correspond to.

【0088】そこで、M_VOBIでは、時間とアドレスを変換するためのフィルタ(TMAP)を有し、S_ [0088] Therefore, in M_VOBI, it has a filter (TMAP) for converting time and address, S_
VOGIでは、グループ内での静止画番号とアドレスを変換するためのフィルタ(S_VOB Entrie In VOGI, filter for converting a still picture number and an address in the group (S_VOB Entrie
s)を有している。 It has a s).

【0089】次に、再生経路の管理情報について説明する。 [0089] Next, the management information will be described in the playback path.

【0090】再生経路は、M_VOB、S_VOGの部分区間または全区間を示すセルのシーケンス(PGC) [0090] reproduction path, M_VOB, cells showing the partial sections or entire sections of the S_VOG sequence (PGC)
として規定される。 It is defined as.

【0091】この再生経路は、ディスク内の全AVデータを参照するオリジナルPGCと、ディスク内のAVデータの中からユーザが好みのものを選び、再生順序を定義したユーザ定義PGC(複数定義することが可能)の2種類が存在する。 [0091] The reproduction path, and the original PGC referring to all AV data in the disk, the user from the AV data in the disk is to select the ones of the preference, to the user-defined PGC (more definition defining the playback order there are two types of possible).

【0092】前者のオリジナルPGCは、プログラムセット(Program Set)とも呼ばれ、間に、複数のセルを論理的に束ねたプログラム(Progra [0092] The former original PGC is also called a Program Set (Program Set), while, program bundling a plurality of cells logically (Progra
m)と呼ばれる層を有している。 It has a layer called m).

【0093】後者のユーザ定義PGCは、プレイリスト(Play List)とも呼ばれ、オリジナルPGC [0093] The latter of user-defined PGC is also referred to as a play list (Play List), original PGC
と異なり、間にはProgramを有していない。 Unlike, in between it does not have the Program. (管理情報ファイル)次に図5から図55を用いて管理情報ファイル”RTR.IFO”(”VR_MANG (Management Information File) Next, the management with reference to FIG. 55 from FIG. 5 information file "RTR.IFO" ( "VR_MANG
R. R. IFO”と表示される場合もある。)の中身について説明する。 「RTR_VMG」(図5) VR_MANGR. If you see IFO "is also there.) Contents will be described." RTR_VMG "(FIG. 5) VR_MANGR. IFOファイル内は、RTR_VM IFO file is, RTR_VM
G(リアルタイム記録ビデオ管理)と呼ばれる管理情報が記録されている。 Management information called a G (real time recording video management) are recorded. このRTR_VMGは、RTR_V This RTR_VMG is, RTR_V
MGI、M_AVFIT、S_AVFIT、ORG_P MGI, M_AVFIT, S_AVFIT, ORG_P
GCI、UD_PGCIT、TXTDT_MG、MNF GCI, UD_PGCIT, TXTDT_MG, MNF
ITの7つのテーブルから構成されている。 And a IT seven tables.

【0094】次に、各テーブルの詳細を説明する。 [0094] Next, a detailed description will be given of each table. 「RTR_VMGI」(図6) RTR_VMGI(リアルタイム記録ビデオ管理情報) "RTR_VMGI" (FIG. 6) RTR_VMGI (real-time recording video management information)
は、VMGI_MATとPL_SRPTから構成されている。 It is made up of VMGI_MAT and PL_SRPT. 「VMGI_MAT」(図6) VMGI_MAT(ビデオ管理情報管理テーブル)は、 "VMGI_MAT" (FIG. 6) VMGI_MAT (video management information management table) is,
ディスク全体に関する情報として、以下の情報が記録されている。 As information about the entire disc, the following information is recorded. 再生装置および記録装置は、最初にVMGI Reproducing apparatus and a recording apparatus, first VMGI
_MATを読み取り、ディスクの大まかな構成情報を得ることが可能である。 Reads _MAT, it is possible to obtain a rough configuration information of the disc.

【0095】VMG_ID(ビデオ管理識別子) このディスクに、ビデオレコーディングデータが記録されていることを示す識別子”DVD_RTAV_VMG [0095] VMG_ID (video management identifier) ​​in this disk, identifier indicates that the video recording data is recorded "DVD_RTAV_VMG
0”が記録されている。 0 "is recorded.

【0096】 RTR_VMG_EA(RTR_VMG終了アドレス) RTR_VMGの終了アドレスが記録されている。 [0096] RTR_VMG_EA (RTR_VMG end address) end address of RTR_VMG are recorded.

【0097】 VMGI_EA(VMGI終了アドレス) VMGIの終了アドレスが記録されている。 [0097] VMGI_EA (VMGI end address) end address of the VMGI is recorded.

【0098】VERN(バージョン番号) このビデオレコーディングデータの記録フォーマットのバージョン番号が図7のフォーマットに従い記録されている。 [0098] VERN (version number) version number of the recording format of the video recording data is recorded in accordance with the format shown in FIG. 7.

【0099】TM_ZONE(タイムゾーン) このディスク内に記録されている全日時情報が使用するタイムゾーンが記録されている。 [0099] TM_ZONE (time zone) time zone in which all date and time information that is recorded in the disk to be used is recorded. TM_ZONEは図7 TM_ZONE Figure 7
に示す通り、日時情報の基準を、ユニバーサル時刻であるグリニッジ標準時を用いているか、地域毎の標準時を用いているかを示すTZ_TY(タイムゾーンタイプ) As shown in the reference of the date and time information, either by using the Greenwich Mean Time is a universal time, TZ_TY that indicates whether the use of a standard time of each region (time zone type)
と、グリニッジ標準時との時差を記録するTZ_OFF If, TZ_OFF to record the difference between Greenwich Mean Time
SET(タイムゾーンオフセット)から構成されている。 And a SET (time zone offset).

【0100】STILL_TM(スティル時間) 音無し静止画を表示する際の静止時間長が記録されている。 [0100] STILL_TM still time length of time to display the (still time) sound without a still picture is recorded.

【0101】CHRS(プライマリテキスト用キャラクタセットコード) 後述するプライマリテキスト用のキャラクタセットコードが記録されている。 [0101] CHRS (character set code for a primary text) character set code for a primary text, which will be described later, are recorded.

【0102】RSM_MRKI(レジュームマーカ管理情報) 最後に再生を停止した映像の時刻情報が記録されている。 [0102] RSM_MRKI time information (resume marker management information) Finally, the video stopped playing is recorded.

【0103】DISC_REP_PICTI(ディスク代表静止画管理情報) このディスクを代表する静止画の時刻情報が記録されている。 [0103] DISC_REP_PICTI (disc representative still image management information) time information of the still image representative of this disc is recorded.

【0104】 DISC_REP_NM(ディスク代表名) このディスクを代表する文字列が記録されている。 [0104] DISC_REP_NM (disc representative name) string that represents this disc is recorded.

【0105】 M_AVFIT_SA(M_AVFIT開始アドレス) M_AVFITの開始アドレスが記録されている。 [0105] M_AVFIT_SA (M_AVFIT start address) M_AVFIT start address of is recorded. M_ M_
AVFITにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to AVFIT, it performs a seek up to this start address.

【0106】 S_AVFIT_SA(S_AVFIT開始アドレス) S_AVFITの開始アドレスが記録されている。 [0106] S_AVFIT_SA (S_AVFIT start address) S_AVFIT start address of is recorded. S_ S_
AVFITにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to AVFIT, it performs a seek up to this start address.

【0107】ORG_PGCI_SA(ORG_PGC [0107] ORG_PGCI_SA (ORG_PGC
I開始アドレス) ORG_PGCIの開始アドレスが記録されている。 Start address of the I start address) ORG_PGCI are recorded. O
RG_PGCIにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to RG_PGCI, it performs a seek up to this start address.

【0108】UD_PGCIT_SA(UD_PGCI [0108] UD_PGCIT_SA (UD_PGCI
T開始アドレス) UD_PGCITの開始アドレスが記録されている。 T start address) start address of UD_PGCIT are recorded. U
D_PGCITにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to D_PGCIT, it performs a seek up to this start address.

【0109】TXTDT_MG_SA(TXTDT_M [0109] TXTDT_MG_SA (TXTDT_M
G開始アドレス) TXTDT_MGの開始アドレスが記録されている。 Start address of the G start address) TXTDT_MG is recorded. T
XTDT_MGにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to XTDT_MG, it performs a seek up to this start address.

【0110】 MNFIT_SA(MNFIT開始アドレス) MNFITの開始アドレスが記録されている。 [0110] MNFIT_SA (MNFIT start address) MNFIT start address of is recorded. MNFI MNFI
Tにアクセスを行う場合、この開始アドレスまでシークを行う。 When performing access to the T, it performs a seek up to this start address. 「PL_SRPT」(図8) PL_SRPT(プレイリストサーチポインタテーブル)は、PL_SRPTIとn個のPL_SRPから構成されるテーブルである。 "PL_SRPT" (Figure 8) PL_SRPT (play list search pointer table) is a table consisting of PL_SRPTI and n-number of PL_SRP.

【0111】「PL_SRPTI」(図8) PL_SRPTI(プレイリストサーチポインタテーブル情報)には、PL_SRPにアクセスするための以下の情報が記録されている。 [0111] "PL_SRPTI" (Figure 8) PL_SRPTI (play list search pointer table information), the following information for access to PL_SRP are recorded.

【0112】 PL_SRP_Ns(PL_SRP数) PL_SRPの数が記録されている。 [0112] PL_SRP_Ns (PL_SRP number) number of PL_SRP are recorded.

【0113】 PL_SRPT_EA(PL_SRPT終了アドレス) このPL_SRPTの終了アドレスが記録されている。 [0113] PL_SRPT_EA (PL_SRPT end address) end address of this PL_SRPT is recorded.

【0114】「PL_SRP」(図8) また、PL_SRP(プレイリストサーチポインタ)には、このプレイリストの実データであるユーザ定義PG [0114] "PL_SRP" (Figure 8) In addition, the PL_SRP (play list search pointer), user-defined PG is the actual data of the play list
Cにアクセスするための以下の情報が記録されている。 The following information for accessing C are recorded.

【0115】PL_TY(プレイリストタイプ) このプレイリストのタイプを識別する値として、以下の何れかが図9に示される記述フォーマットに従い記録されている。 [0115] PL_TY as (play list type) value that identifies the type of the play list, either of the following is recorded in accordance with the description format shown in FIG.

【0116】 0000b : 動画のみ 0001b : 静止画のみ 0010b : 動画、静止画混在 PGCN(PGC番号) このプレイリストに対応するPGCの番号が記録されている。 [0116] 0000b: video only 0001b: only still pictures 0010b: video, still images mixed PGCN (PGC number) PGC of the number corresponding to the play list is recorded. PGC番号は、後述するUD_PGCIT内でのPGC情報の記録順である。 PGC number indicates the recording order of PGC information in the UD_PGCIT described below. PL_CREATE_TM(プレイリスト記録日時) このプレイリストを作成した日時情報が図9に示される記述フォーマットに従い記録されている。 PL_CREATE_TM (play list recording date) date and time information that created the play list is recorded in accordance with the description format shown in FIG.

【0117】 PRM_TXTI(プライマリテキスト情報) このプレイリストの内容を示すテキスト情報が記録されている。 [0117] PRM_TXTI (primary text information) text information indicative of the contents of the play list is recorded. 例えば、テレビ番組を録画した場合は、番組名が記録される。 For example, if you record a TV program, the program name is recorded. また、このプライマリテキスト情報は、 In addition, this primary text information,
アスキーコード用のフィールドと、前述したCHRSで指定されるキャラクタコードセット用のフィールドから構成される。 A field for the ASCII code, and a field for the character code set specified by CHRS described above.

【0118】 IT_TXT_SRPN(IT_TXT_SRP番号) 前述したプライマリテキストに加えて、このプレイリストの内容を示す情報がIT_TXTとしてオプション記録されている場合、TXTDT_MG内に記録されるI [0118] IT_TXT_SRPN (IT_TXT_SRP number) in addition to the primary text noted above, if the information indicative of the contents of the play list is optional recorded as IT_TXT, I recorded in TXTDT_MG
T_TXTへのリンク情報として、IT_TXT_SR As link information to T_TXT, IT_TXT_SR
Pの番号が記録されている。 P number of has been recorded. IT_TXT_SRP番号は、後述するTXTDT_MG内での記録順である。 IT_TXT_SRP number is the recording order in TXTDT_MG which will be described later.

【0119】 THM_PTRI(サムネイルポインタ情報) このプレイリストを代表するサムネイル情報を記述する。 [0119] THM_PTRI (thumbnail pointer information) that describes the thumbnail information that represents this playlist. 「THM_PTRI」(図8) THM_PTRIは、サムネイルの位置を示す以下の情報が記録されている。 "THM_PTRI" (Fig. 8) THM_PTRI the following information indicating the position of the thumbnail are recorded.

【0120】CN(セル番号) サムネイルを含んでいるセル番号が記録されている。 [0120] CN (cell number) cell number containing the thumbnail are recorded. セル番号は、このプレイリストが対応するUD_PGCI Cell number, UD_PGCI that the play list is the corresponding
内のセル情報の記録順である。 Which is a recording order of the cell information of the internal.

【0121】THM_PT(サムネイルポイント) 前述したCNが示すセルが動画セルの場合は、図10に示すPTM記述フォーマットに従いサムネイルとして用いるビデオフレームの表示時刻が記録されている。 [0121] If THM_PT (thumbnail points) cells indicated CN described above is a moving cell, the display time of the video frame used as the thumbnail in accordance with PTM description format shown in FIG. 10 is recorded. PT PT
Mは、MPEGプログラムストリーム中に記述されているタイムスタンプの基準時間に従い付与されている。 M is granted in accordance with the reference time of the time stamp written in the MPEG program stream.

【0122】また、前述したCNが示すセルが静止画セルの場合は、図11に示すS_VOB_ENTN記述フォーマットに従いサムネイルとして用いる静止画像の静止画VOBエントリ番号が記録されている。 [0122] Also, if the cell indicated by the CN as described above is a still picture cell, the still picture VOB entry number of the still image used as the thumbnail in accordance S_VOB_ENTN description format shown in FIG. 11 is recorded. 静止画VO Still image VO
Bエントリ番号は、このセルが示す静止画VOBグループ内での静止画VOBエントリの記録順である。 B entry number indicates the recording order of the still picture VOB entry in a still picture VOB group indicated by this cell. 「M_AVFIT」(図12) M_AVFIT(動画AVファイル情報テーブル)は、 "M_AVFIT" (FIG. 12) M_AVFIT (movie AV file information table) is
動画AVファイル”RTR_MOVIE.VRO”に対応する管理情報が記録され、M_AVFITI、M_V Management information corresponding to the moving picture AV file "RTR_MOVIE.VRO" is recorded, M_AVFITI, M_V
OB_STI、M_AVFIから構成されている。 OB_STI, and it is configured from M_AVFI. 「M_AVFITI」(図12) M_AVFITI(動画AVファイル情報テーブル情報)は、M_VOB_STI、M_AVFIにアクセスするために必要な以下の情報が記録されている。 "M_AVFITI" (FIG. 12) M_AVFITI (movie AV file information table information), M_VOB_STI, the following information required to access the M_AVFI are recorded.

【0123】 M_AVFI_Ns(動画AVファイル情報数) 後続するAVFI情報のフィールド数を示し、”0”の場合は、AVFIが存在しないことを示し、”1”の場合は、AVFIが存在することを示している。 [0123] M_AVFI_Ns (number movie AV file information) indicates the number of fields succeeding AVFI information, when it is "0", it indicates that the AVFI is not present, and when it is "1", indicates that AVFI is present ing. また、A In addition, A
VFIの有無は、動画用AVファイルである、RTR_ The presence or absence of VFI is an AV file for a moving image, RTR_
MOVIE. MOVIE. VROの有無にも対応している。 Also it corresponds to the presence or absence of VRO.

【0124】 M_VOB_STI_Ns(M_VOB_STI数) 後続するM_VOB_STIのフィールド数を示している。 [0124] M_VOB_STI_Ns (M_VOB_STI number) indicates the number of fields succeeding M_VOB_STI.

【0125】 M_AVFIT_EA(M_AVFIT終了アドレス) M_AVFITの終了アドレスが記録されている。 [0125] M_AVFIT_EA (M_AVFIT end address) end address of M_AVFIT are recorded. 「M_VOB_STI」(図12) M_VOB_STI(動画VOBストリーム情報)は、 "M_VOB_STI" (FIG. 12) M_VOB_STI (Video VOB stream information),
動画VOBのストリーム情報として、以下の情報が記録されている。 As the stream information of movie VOB, the following information is recorded.

【0126】V_ATR(ビデオ属性) 以下に記すビデオ属性情報が図13のフォーマットに従い、記録されている。 [0126] V_ATR video attribute information referred to in (video attributes) or less in accordance with a format shown in FIG. 13, has been recorded.

【0127】 Video compression mode ビデオ圧縮モードを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0127] Any one of the following values ​​for identifying the Video compression mode video compression mode is recorded.

【0128】 00b : MPEG−1 01b : MPEG−2 TV system テレビシステムを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0128] 00b: MPEG-1 01b: one of the following values ​​for identifying the MPEG-2 TV system television system is recorded.

【0129】 00b : 525/60(NTSC) 01b : 625/50(PAL) Aspect ratio 解像度比を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0129] 00b: 525/60 (NTSC) 01b: 625/50 (PAL) one of the following values ​​for identifying the Aspect ratio resolution ratio is recorded.

【0130】 00b : 4x3 01b : 16x9 line21_switch_1 フィールド1用クローズドキャプションデータがビデオストリーム中に記録されているかを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0130] 00b: 4x3 01b: 16x9 line21_switch_1 field 1 for closed caption data is one of the following values ​​for identifying whether the recorded in the video stream is recorded.

【0131】 1b : 記録されている 0b : 記録されていない line21_switch_2 フィールド2用クローズドキャプションデータがビデオストリーム中に記録されているかを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0131] 1b: 0b is recorded: Any of the following values ​​closed caption data for line21_switch_2 Field 2 is not recorded to identify whether the recorded in the video stream is recorded.

【0132】 1b : 記録されている 0b : 記録されていない Video resolution ビデオ解像度を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0132] 1b: 0b is recorded: one of the following values ​​for identifying the Video resolution video resolution that is not recorded are recorded.

【0133】 000b : 720x480(NTSC)、720x576(PAL) 001b : 702x480(NTSC)、702x576(PAL) 010b : 352x480(NTSC)、352x576(PAL) 011b : 352x240(NTSC)、352x288(PAL) 100b : 544x480(NTSC)、544x576(PAL) 101b : 480x480(NTSC)、480x576(PAL) AST_Ns(オーディオストリーム数) 対応するVOBに記録されているオーディオストリーム数が記録されている。 [0133] 000b: 720x480 (NTSC), 720x576 (PAL) 001b: 702x480 (NTSC), 702x576 (PAL) 010b: 352x480 (NTSC), 352x576 (PAL) 011b: 352x240 (NTSC), 352x288 (PAL) 100b: 544x480 (NTSC), 544x576 (PAL) 101b: 480x480 (NTSC), 480x576 (PAL) AST_Ns (number of audio streams) corresponding number of audio streams recorded in the VOB is recorded.

【0134】 SPST_Ns(サブピクチャストリーム数) 対応するVOBに記録されているサブピクチャストリーム数が記録されている。 [0134] SPST_Ns (sub-picture stream number) corresponding number of sub-picture streams recorded in the VOB to is recorded.

【0135】 A_ATR0(オーディオストリーム0属性) オーディオストリーム0に対応する以下のオーディオ属性情報が、図13のフォーマットに従い記録されている。 [0135] A_ATR0 following audio attribute information corresponding to the (audio stream 0 attributes) audio stream 0 is recorded in accordance with a format shown in FIG 13.

【0136】Audio coding mode オーディオの圧縮方式を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0136] Any one of the following values ​​for identifying the compression method Audio coding mode audio is recorded.

【0137】 000b : ドルビーAC−3 001b : 拡張ストリーム無しMPEGオーディオ 010b : 拡張ストリーム付きMPEGオーディオ 011b : リニアPCM Application Flag アプリケーション情報を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0137] 000b: Dolby AC-3 001b: Extended Stream No MPEG audio 010b: extended stream with MPEG audio 011b: any of the following values ​​for identifying the linear PCM Application Flag application information is recorded.

【0138】 00b : 非該当 01b : オーディオチャンネル数混在 10b : 補助音声付き Quantization/DRC MPEGオーディオ使用時は、DRC(ダイナミックレンジ制御)情報の有無を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0138] 00b: Not applicable 01b: audio channel number Mixed 10b: when the auxiliary audio with Quantization / DRC MPEG audio use, any of the following values ​​for identifying the presence of DRC (Dynamic Range Control) information is recorded .

【0139】 00b : DRCデータはMPEGストリームに含まれていない 01b : DRCデータはMPEGストリームに含まれている また、LPCMオーディオ使用時は、Quantiza [0139] 00b: DRC data are not included in the MPEG stream 01b: The DRC data are included in the MPEG stream, when the LPCM audio use, Quantiza
tionを識別する以下の値が記録されている。 The following values ​​for identifying the tion is recorded.

【0140】00b : 16ビット fs サンプリング周波数を識別する以下の値が記録されている。 [0140] 00b: 16 the following values ​​for identifying a bit fs sampling frequency is recorded.

【0141】00b : 48kHz Number of Audio channels オーディオチャンネル数を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0141] 00b: 48kHz Number of Audio channels any of the following values ​​for identifying the number of audio channels are recorded.

【0142】 0000b : 1チャンネル(モノラル) 0001b : 2チャンネル(ステレオ) 0010b : 3チャンネル 0011b : 4チャンネル 0100b : 5チャンネル 0101b : 6チャンネル 0110b : 7チャンネル 0111b : 8チャンネル 1001b : 2チャンネル(デュアルモノラル) Bitrate ビットレートを識別する以下の何れかの値が記録されている。 [0142] 0000b: 1 channel (monaural) 0001b: 2-channel (stereo) 0010b: 3-channel 0011b: 4 channel 0100b: 5 channel 0101b: 6 channel 0110b: 7 channel 0111b: 8 channel 1001b: 2-channel (dual monaural) Bitrate one of the following values ​​for identifying a bit rate is recorded.

【0143】 0000 0001b : 64kbps 0000 0010b : 89kbps 0000 0011b : 96kbps 0000 0100b : 112kbps 0000 0101b : 128kbps 0000 0110b : 160kbps 0000 0111b : 192kbps 0000 1000b : 224kbps 0000 1001b : 256kbps 0000 1010b : 320kbps 0000 1011b : 384kbps 0000 1100b : 448kbps 0000 1101b : 768kbps 0000 1110b : 1536kbps ここで、重要なのは、対応するオーディオストリームが拡張ストリーム付きのMPEGオーディオストリームの場合、拡張ストリームを除く基本ストリームのビ [0143] 0000 0001b: 64kbps 0000 0010b: 89kbps 0000 0011b: 96kbps 0000 0100b: 112kbps 0000 0101b: 128kbps 0000 0110b: 160kbps 0000 0111b: 192kbps 0000 1000b: 224kbps 0000 1001b: 256kbps 0000 1010b: 320kbps 0000 1011b: 384kbps 0000 1100b: 448kbps 0000 1101b: 768kbps 0000 1110b: 1536kbps where Importantly, if the corresponding audio stream with extended stream MPEG audio stream, bi elementary streams except the extended stream トレートのみを記録することである。 Trait is to record only. なぜなら拡張ストリームは、可変長符号方式を用いた圧縮を行うため、上記したような固定のビットレートでは表現ができないためである。 Because enhancement stream for performing compression using the variable length coding method, a fixed bit rate as described above is because it can not express.

【0144】 A_ATR1(オーディオストリーム1属性) オーディオストリーム1に対応する以下のオーディオ属性情報が、図13のフォーマットに従い記録されている。 [0144] A_ATR1 following audio attribute information corresponding to the (audio stream 1 attributes) audio stream 1 is recorded in accordance with a format shown in FIG 13. 個々のフィールドは、前述したA_ATR0と同一である。 Individual fields are the same as A_ATR0 described above.

【0145】 SP_PLT(サブピクチャカラーパレット) サブピクチャ用のカラーパレット情報が図14のフォーマットに従い記録されている。 [0145] SP_PLT (Sub-picture Color Palette) Color palette information for a sub-picture is recorded in accordance with the format of FIG. 14. 「M_AVFI」(図15) M_AVFI(動画AVファイル情報)は動画VOBにアクセスするために必要な情報、M_AVFI_GI、 "M_AVFI" (FIG. 15) M_AVFI (movie AV file information) information necessary for accessing the video VOB, M_AVFI_GI,
M_VOBI_SRP、M_VOBIから構成されている。 M_VOBI_SRP, and is configured from M_VOBI. 「M_AVFI_GI」(図15) M_AVFI_GI(動画AVファイル情報一般情報) "M_AVFI_GI" (FIG. 15) M_AVFI_GI (motion picture AV file information general information)
には、M_VOBI_SRP_Nsが記録されている。 The, M_VOBI_SRP_Ns is recorded.

【0146】M_VOBI_SRP_Ns(動画VOB [0146] M_VOBI_SRP_Ns (Video VOB
情報サーチポインタ数) M_VOBI_SRPの数が記録されている。 The number of information search the number of pointer) M_VOBI_SRP are recorded. 「M_VOBI_SRP」(図15) M_VOBI_SRP(動画VOB情報サーチポインタ)には、各M_VOBIへアクセスするためのアドレス情報が記録されている。 To "M_VOBI_SRP" (FIG. 15) M_VOBI_SRP (movie VOB information search pointer), the address information for accessing each M_VOBI is recorded.

【0147】M_VOBI_SA(動画VOB情報開始アドレス) M_VOBIの開始アドレスが記録され、当該VOB情報へのアクセスを行う場合は、ここで示されるアドレスへシークを行えば良い。 [0147] M_VOBI_SA (Video VOB information start address) M_VOBI start address is recorded, in the case of access to the VOB information may be performed the seek to the address indicated here. 「M_VOBI」(図16) M_VOBI(動画VOB情報)は、動画VOBの管理情報、M_VOB_GI、SMLI、AGAPI、TM "M_VOBI" (FIG. 16) M_VOBI (Video VOB information), video VOB management information, M_VOB_GI, SMLI, AGAPI, TM
API、CP_MNGIから構成されている。 API, and is configured from CP_MNGI. 「M_VOB_GI」(図16) M_VOB_GI(動画VOB一般情報)には、動画V "M_VOB_GI" (FIG. 16) M_VOB_GI (Video VOB general information), videos V
OBの一般情報として以下の情報が記録されている。 The following information is recorded as common information OB.

【0148】VOB_TY(VOBタイプ) VOBの属性情報が図17に示すフォーマットに従い記録されている。 [0148] VOB_TY (VOB Type) attribute information of VOB is recorded in accordance with the format shown in FIG. 17.

【0149】TEこのVOBの状態を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0149] TE any of the following values ​​for identifying the status of the VOB is recorded therein.

【0150】 0b : 通常状態 1b : 一時消去状態 A0_STATUS オーディオストリーム0の状態を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0150] 0b: Normal status 1b: any of the following values ​​for identifying the status of the temporary erase state A0_STATUS audio stream 0 is recorded.

【0151】 00b : オリジナル状態 01b : 書き換え済み状態 A1_STATUS オーディオストリーム1の状態を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0151] 00b: Original status 01b: one of the following values ​​for identifying the status of a rewrite status A1_STATUS audio stream 1 is recorded.

【0152】 00b : オリジナル状態 01b : 書き換え済み状態 10b : アフレコ用ダミー状態 11b : アフレコ済み状態 SML_FLG このVOBが直前のVOBとシームレス再生されるかを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0152] 00b: Original status 01b: a rewrite state 10b: dubbing dummy state 11b: either dubbing already state SML_FLG following values ​​for identifying whether the VOB is seamlessly reproduced and the immediately preceding VOB is recorded .

【0153】 0b : シームレス再生不可 1b : シームレス再生可 A0_GAP_LOC オーディオストリーム0内のオーディオ再生ギャップの有無と、オーディオ再生ギャップ区間が多重化されているVOBUを示す以下の値の何れかが記録されている。 [0153] 0b: seamless reproduction not 1b: and whether the audio reproduction gap of seamless playable A0_GAP_LOC audio stream 0, one of the following values ​​indicating the VOBU that audio reproduction gap section are multiplexed is recorded .

【0154】 00b : オーディオ再生ギャップ無し 01b : 先頭VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 10b : 第2VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 11b : 第3VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 A1_GAP_LOC オーディオストリーム1内のオーディオ再生ギャップの有無と、オーディオ再生ギャップ区間が多重化されているVOBUを示す以下の値の何れかが記録されている。 [0154] 00b: audio reproduction gap without 01b: beginning VOBU to the audio reproduction gap is multiplexed 10b: multiplexing the audio reproduction gap to a 2VOBU 11b: audio reproduction gap to a 3VOBU audio playback of the multiplexed A1_GAP_LOC audio stream 1 and the presence or absence of the gap, one of the following values ​​indicating the VOBU that audio reproduction gap section are multiplexed is recorded.

【0155】 00b : オーディオ再生ギャップ無し 01b : 先頭VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 10b : 第2VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 11b : 第3VOBUにオーディオ再生ギャップが多重化 VOB_REC_TM(VOB記録日時) このVOBを記録した日時が図9に示したPL_CRE [0155] 00b: audio reproduction gap without 01b: beginning VOBU to the audio reproduction gap is multiplexed 10b: first 2VOBU the audio reproduction gap is multiplexed 11b: first 3VOBU the audio reproduction gap is multiplexed VOB_REC_TM (VOB recording date) The VOB PL_CRE the recorded date and time as shown in FIG. 9
ATE_TMと同じフォーマットで記録されている。 It is recorded in the same format as ATE_TM. ここで重要なのは、記録日時とはVOB先頭の表示ビデオフレームの記録日時を示していることであり、編集や部分消去によって、VOB先頭ビデオフレームが代わった場合、このVOB_REC_TMも修正しなければならないことである。 What is important here is that the recording date is to indicate the recording time of VOB beginning of display video frames, the editing and partial erase, when instead the VOB beginning video frame, that this VOB_REC_TM must also be modified it is. また、カムコーダで良く見られるようにVOBの再生と同期して記録日時を表示したい場合は、VOB_REC_TMにVOB内での経過時刻を加算することで求めることが可能である。 Also, if you want to display the recording date and time synchronization with the VOB reproduction as seen often in the camcorder it may be obtained by adding the elapsed time in the VOB to VOB_REC_TM.

【0156】VOB_REC_TM_SUB(VOB記録日時差分情報) VOBへの編集や部分消去によって、VOB先頭ビデオフレームが代わった場合に修正されるVOB_REC_ [0156] by VOB_REC_TM_SUB edit or partial erasure of the (VOB recording date and time difference information) VOB, VOB_REC_ to be modified when the VOB head video frame is replaced
TMの誤差を吸収するためのフィールドである。 It is a field for absorbing the error of TM. VOB VOB
_REC_TMは図9に示す通り、年月日時分秒までの情報しか持ち合わせないため、フレームやフィールド精度での編集または消去を行った場合に、VOB_REC Since _REC_TM is the only ready information to hour, minute and second time as, the date shown in FIG. 9, when performing editing or deletion of a frame or field precision, VOB_REC
_TMだけでは、充分な記録精度が出せないため、このフィールドを使用して端数を記録する。 _TM alone, since a sufficient recording accuracy is not put out, and records a fraction using this field.

【0157】 M_VOB_STIN(M_VOB_STI番号) このVOBの対応するM_VOB_STI番号が記録されている。 [0157] M_VOB_STIN (M_VOB_STI number) corresponding M_VOB_STI number of the VOB is recorded. ここで示されるM_VOB_STI番号は、 M_VOB_STI number shown here,
前述したM_VOB_STIテーブル内での記録順である。 A recording order in the M_VOB_STI table above.

【0158】 VOB_V_S_PTM(VOBビデオ開始PTM) このVOBの表示開始時刻をストリーム中のタイムスタンプと同一基準時間で記録する。 [0158] VOB_V_S_PTM (VOB video start PTM) records the display start time of the VOB in the time stamp and the same reference time in the stream.

【0159】 VOB_V_E_PTM(VOBビデオ終了PTM) このVOBの表示終了時刻をストリーム中のタイムスタンプと同一基準時間で記録する。 [0159] VOB_V_E_PTM (VOB video end PTM) to record the display end time of the VOB in the time stamp and the same reference time in the stream. ここで注意するのは、 Here to note is,
ストリーム中のタイムスタンプは当該フレームの表示開始時刻を示しているが、VOB_V_E_PTMでは、 Timestamp in the stream indicates the display start time of the frame, but in VOB_V_E_PTM,
表示終了時刻、即ち、表示開始時刻に当該フレームの表示期間を加算した時刻が記録される。 Display end time, i.e., time obtained by adding the display period of the frame to the display start time is recorded. 「SMLI」(図16) SMLI(シームレス情報)には、直前のVOBとシームレス再生する場合に必要となる以下の情報が記録されている。 To "SMLI" (Fig. 16) SMLI (seamless information), the following information required to reproduce the immediately preceding VOB seamless is recorded. また、このフィールドは、前述したSML_F Moreover, this field is described above SML_F
LGに”1b”が記録されている場合のみ存在する。 The LG "1b" is present only when it is recorded.

【0160】 VOB_FIRST_SCR(VOB先頭SCR) 当該VOB最初のパックのSCRが記録される。 [0160] VOB_FIRST_SCR (VOB top SCR) SCR of the VOB first pack is recorded.

【0161】PREV_VOB_LAST_SCR(前VOB最終SCR) 前VOB最後のパックのSCRが記録される。 [0161] PREV_VOB_LAST_SCR (before VOB Last SCR) before VOB of the last of the pack SCR is recorded. 「AGAPI」(図16) AGAPI(オーディオギャップ情報)には、オーディオ再生ギャップをデコーダで処理するために必要な以下の情報が記録されている。 The "AGAPI" (Fig. 16) AGAPI (audio gap information), the following information required to process the audio reproduction gap in the decoder is recorded. また、このフィールドは、前述したA0_GAP_LOCまたはA1_GAP_LO Moreover, this field, A0_GAP_LOC or A1_GAP_LO described above
C何れかに”00b”以外の値が記録されている場合に存在する。 C value other than "00b" to any is present if recorded.

【0162】VOB_A_STP_PTM(VOBオーディオストップPTM) オーディオ再生ギャップ、即ち、デコーダがオーディオ再生を一時的に停止する時刻が、ストリーム中のタイムスタンプと同一基準時間で記録されている。 [0162] VOB_A_STP_PTM (VOB audio stop PTM) audio reproduction gap, that is, the time that the decoder temporarily stops audio reproduction is recorded with a time stamp and the same reference time in the stream.

【0163】VOB_A_GAP_LEN(VOBオーディオギャップ長) オーディオ再生ギャップの時間長が90kHzの精度で記録されている。 [0163] VOB_A_GAP_LEN (VOB audio gap length) audio playback time length of the gap has been recorded with an accuracy of 90kHz. 「TMAPI」(図18) TMAPI(タイムマップ情報)は、TMAP_GI、 "TMAPI" (FIG. 18) TMAPI (time map information), TMAP_GI,
TM_ENT、VOBU_ENTから構成されている。 TM_ENT, and is configured from VOBU_ENT. 「TMAP_GI」(図18) TMAP_GI(TMAP一般情報)は、TM_ENT "TMAP_GI" (FIG. 18) TMAP_GI (TMAP general information), TM_ENT
_Ns、VOBU_ENT_Ns、TM_OFS、AD _Ns, VOBU_ENT_Ns, TM_OFS, AD
R_OFSから構成され、夫々のフィールドは以下の通りである。 It consists R_OFS, field each is as follows.

【0164】TM_ENT_Ns(TM_ENT数) 後述するTM_ENTのフィールド数が記録されている。 [0164] TM_ENT_Ns (TM_ENT number) number field described later TM_ENT is recorded.

【0165】 VOBU_ENT_Ns(VOBU_ENT数) 後述するVOBU_ENTのフィールド数が記録されている。 [0165] VOBU_ENT_Ns (VOBU_ENT number) number field described later VOBU_ENT is recorded.

【0166】TM_OFS(タイムオフセット) タイムマップのオフセット値がビデオフィールド精度で記録されている。 [0166] TM_OFS offset value (time offset) time map is recorded in the video field precision.

【0167】 ADR_OFS(アドレスオフセット) 当該VOB先頭のAVファイル内でのオフセット値が記録されている。 [0167] offset value in ADR_OFS (address offset) within the VOB beginning of the AV file is recorded. 「TM_ENT」(図18) TM_ENT(タイムエントリ)は、一定間隔TMU毎のアクセスポイント情報として以下のフィールドから構成されている。 "TM_ENT" (FIG. 18) TM_ENT (time entry) is composed of the following fields as access point information for each constant interval TMU. TMUはNTSCの場合、600ビデオフィールド(NTSC)、PALの場合、500ビデオフィールドである。 TMU For NTSC, 600 video fields (NTSC), the case of PAL, 500 video fields.

【0168】 VOBU_ENTN(VOBU_ENT番号) このTM_ENTが示す時刻(N番目のTM_ENTの場合、TMUx(N−1)+TM_OFS)を含むVO [0168] VOBU_ENTN (VOBU_ENT number) (for N-th TM_ENT, TMUx (N-1) + TM_OFS) time indicated by this TM_ENT VO including
BUのエントリ番号が記録されている。 BU of the entry number is recorded.

【0169】TM_DIFF(時間差) このTM_ENTが示す時刻と前述したVOBU_EN [0169] TM_DIFF (time difference) VOBU_EN described above and the time indicated by the TM_ENT
TNが示すVOBUの表示開始時刻の差が記録されている。 TN is the difference between the display start time of VOBU indicated is recorded.

【0170】VOBU_ADR(VOBUアドレス) 前述したVOBU_ENTNが示すVOBUのVOB内での先頭アドレスが記録されている。 [0170] VOBU_ADR (VOBU Address) start address in the VOB of the VOBU indicated by the VOBU_ENTN described above is recorded. 「VOBU_ENT」(図19) VOBU_ENT(VOBUエントリ)には、対応するVOBUの以下の構成情報が図19に示すフォーマットで記録されている。 To "VOBU_ENT" (FIG. 19) VOBU_ENT (VOBU Entry), the following configuration information for the corresponding VOBU is recorded in the format shown in FIG. 19. 以降のフィールドを順に加算することで、所望のVOBUへアクセスするために必要な時刻、アドレス情報を得ることが可能である。 By adding the following fields in sequence, it is possible to obtain a time required to access the desired VOBU, the address information.

【0171】1STREF_SZ VOBU先頭パックから、VOBU内先頭Iピクチャの最終データを含むパックまでのパック数が記録されている。 [0171] From 1STREF_SZ VOBU head pack, the number of packs to the pack containing the last data of the VOBU in the head I-picture is recorded.

【0172】VOBU_PB_TM このVOBUの再生時間長が記録されている。 [0172] VOBU_PB_TM playback time length of the VOBU is recorded.

【0173】VOBU_SZ このVOBUのデータ量が記録されている。 [0173] VOBU_SZ amount of data of this VOBU is recorded. 「S_AVFIT」(図20) S_AVFIT(静止画AVファイル情報テーブル) "S_AVFIT" (FIG. 20) S_AVFIT (still image AV file information table)
は、静止画AVファイル”RTR_STILL.VR Is, still picture AV file "RTR_STILL.VR
O”に対応する管理情報が記録され、S_AVFIT Management information corresponding to O "is recorded, S_AVFIT
I、S_VOB_STI、S_AVFIから構成されている。 I, S_VOB_STI, are constructed from S_AVFI. 「S_AVFITI」(図20) S_AVFITI(静止画AVファイル情報テーブル情報)は、S_VOB_STI、S_AVFI、S_AA "S_AVFITI" (FIG. 20) S_AVFITI (still picture AV file information table information), S_VOB_STI, S_AVFI, S_AA
_STI(図21)、S_AAFI(図21)にアクセスするために必要な以下の情報が記録されている。 _STI (Figure 21), S_AAFI following information required to access (Figure 21) is recorded.

【0174】 S_AVFI_Ns(静止画AVファイル情報数) S_AVFI数として、”0”または”1”が記録されている。 [0174] As S_AVFI_Ns (still picture AV file number information) S_AVFI number, "0" or "1" is recorded. この値は、静止画AVファイル数、即ち、RT This value is, still picture AV file number, that is, RT
R_STILL. R_STILL. VROファイルの有無にも対応している。 Also it corresponds to the presence or absence of the VRO file.

【0175】S_VOB_STI_Ns(静止画VOB [0175] S_VOB_STI_Ns (still picture VOB
ストリーム情報数) 後述するS_VOB_STI数が記録されている。 Number stream information) S_VOB_STI number to be described later is recorded.

【0176】S_AVFI_EA(静止画AVファイル情報終了アドレス) S_AVFIの終了アドレスが記録されている。 [0176] S_AVFI_EA (still image AV file information end address) end address of S_AVFI are recorded. 「S_VOB_STI」(図20) S_VOB_STI(静止画VOBストリーム情報) "S_VOB_STI" (FIG. 20) S_VOB_STI (still picture VOB stream information)
は、静止画VOBのストリーム情報として、以下の情報が記録されている。 As stream information of the still picture VOB, the following information is recorded.

【0177】V_ATR(ビデオ属性) ビデオ属性情報として、Video compress [0177] V_ATR as (video attribute) video attribute information, Video compress
ion mode、TV system、Aspect ion mode, TV system, Aspect
ratio、Video resolutionが記録されている。 ratio, Video resolution is recorded. 個々のフィールドは前述したM_VOB M_VOB the individual fields mentioned above
_STIでのV_ATRと同一である。 Is the same as the V_ATR in _STI.

【0178】OA_ATR(オーディオストリーム属性) オーディオストリーム属性情報として、Audio c [0178] As OA_ATR (audio stream attributes) audio stream attribute information, Audio c
oding mode、Application Fl oding mode, Application Fl
ag、Quantization/DRC、fs、Nu ag, Quantization / DRC, fs, Nu
mber of Audio channelsが記録されている。 mber of Audio channels are recorded. 個々のフィールドは前述したM_VOB_ M_VOB_ the individual fields mentioned above
STIでのA_ATR0と同一である。 Is the same as the A_ATR0 in STI.

【0179】SP_PLT(サブピクチャカラーパレット) サブピクチャ用のカラーパレット情報が記録されている。 [0179] SP_PLT (Sub-picture Color Palette) Color palette information for a sub-picture is recorded. 記録フォーマットは、前述したM_VOB_STI Recording format, the above-mentioned M_VOB_STI
でのSP_PLTと同一である。 Is the same as the SP_PLT in. 「S_AVFI」(図24) S_AVFI(静止画AVファイル情報)は、静止画V "S_AVFI" (FIG. 24) S_AVFI (still image AV file information), still images V
OGにアクセスするために必要な情報、S_AVFI_ Information needed to access the OG, S_AVFI_
GI、S_VOGI_SRP、S_VOGIから構成される。 GI, S_VOGI_SRP, consists of S_VOGI. 「S_AVFI_GI」(図24) S_AVFI_GI(静止画AVファイル情報一般情報)には、S_VOGI_SRP_Nsが記録されている。 "S_AVFI_GI" (FIG. 24) S_AVFI_GI (still picture AV file information general information), S_VOGI_SRP_Ns is recorded.

【0180】S_VOGI_SRP_Ns(静止画VO [0180] S_VOGI_SRP_Ns (still image VO
Bグループサーチポインタ数) 後述するS_VOGI_SRPのフィールド数が記録されている。 B group search number pointer) number of fields described later S_VOGI_SRP is recorded. 「S_VOGI_SRP」(図24) S_VOGI_SRP(静止画VOBグループ情報サーチポインタには、S_VOGI_SAが記録されている。 To "S_VOGI_SRP" (FIG. 24) S_VOGI_SRP (still picture VOB group information search pointer, S_VOGI_SA is recorded.

【0181】S_VOGI_SA(静止画VOBグループ情報開始アドレス)には、このS_VOGIの開始アドレスが記録されている。 [0181] The S_VOGI_SA (still picture VOB group information start address), the start address of this S_VOGI is recorded. 「S_VOGI」(図24) S_VOGI(静止画VOBグループ情報)は、静止画VOBの管理情報、S_VOG_GI、S_VOB_E "S_VOGI" (FIG. 24) S_VOGI (still picture VOB group information), still picture VOB management information, S_VOG_GI, S_VOB_E
NT、CP_MNGIから構成されている。 NT, and it is configured from CP_MNGI. 「S_VOG_GI」(図24) S_VOG_GI(静止画VOBグループ一般情報)には、静止画VOBグループの一般情報として以下の情報が記録されている。 "S_VOG_GI" (FIG. 24) S_VOG_GI (still picture VOB group general information), the following information as the general information of a still picture VOB group is recorded.

【0182】S_VOB_Ns(静止画VOB数) 静止画VOBグループ内の静止画VOB数が記録されている。 [0182] S_VOB_Ns (number of still picture VOB) still picture VOB number in the still picture VOB group is recorded.

【0183】 S_VOB_STIN(S_VOB_STI番号) 静止画VOBのストリーム情報が記録されているS_V [0183] S_VOB_STIN (S_VOB_STI number) S_V the stream information of the still picture VOB is recorded
OB_STI番号が記録されている。 OB_STI number is recorded. S_VOB_ST S_VOB_ST
I番号は、前述したS_VOB_STIテーブル内での記録順である。 I number is the recording order in S_VOB_STI table above.

【0184】FIRST_VOB_REC_TM(先頭VOB録画日時) この静止画VOBグループ内の先頭静止画VOBの録画日時情報が記録されている。 [0184] FIRST_VOB_REC_TM (top VOB recording date and time) recording date and time information of the first still picture VOB in the still picture VOB group is recorded.

【0185】LAST_VOB_REC_TM(最終V [0185] LAST_VOB_REC_TM (final V
OB録画日時) この静止画VOBグループ内の最終静止画VOBの録画日時情報が記録されている。 OB recording date) recording date and time information of the last still picture VOB in the still picture VOB group is recorded.

【0186】S_VOB_SA(静止画VOBグループ開始アドレス) RTR_STILL. [0186] S_VOB_SA (still picture VOB group start address) RTR_STILL. VROファイル内での静止画VO Still image VO in the VRO file
Bグループの開始アドレスが記録されている。 Start address of the B group is recorded. 「S_VOB_ENT」(図25) S_VOB_ENT(静止画VOBエントリ)は、静止画VOBグループ内の個々の静止画VOBに対応し、音声の有無で以下のタイプAとタイプBに分けられる。 "S_VOB_ENT" (FIG. 25) S_VOB_ENT (still picture VOB entry) corresponds to each still picture VOB in the still picture VOB group is divided into the following types A and B in the presence or absence of speech. 「S_VOB_ENT(Type A)」(図25) タイプAは、S_VOB_ENT_TY、V_PART "S_VOB_ENT (Type A)" (Figure 25) type A, S_VOB_ENT_TY, V_PART
_SZから構成され、個々のフィールドは以下の通りである。 It consists _SZ, the individual fields are as follows.

【0187】S_VOB_ENT_TY(静止画VOB [0187] S_VOB_ENT_TY (still picture VOB
エントリタイプ) この静止画VOBのタイプ情報が図26に示すフォーマットで記録されている。 Entry Type) type information of the still picture VOB is recorded in a format shown in FIG. 26.

【0188】MAP_TY タイプAまたはタイプBを識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0188] Any one of the following values ​​for identifying the MAP_TY type A or B is recorded.

【0189】 00b : タイプA 01b : タイプB TE この静止画VOBの状態を識別する以下の値の何れかが記録されている。 [0189] 00b: Type A 01b: Type B TE any of the following values ​​for identifying the status of the still picture VOB is recorded therein.

【0190】 0b : 通常状態 1b : 一時消去状態 SPST_Ns この静止画VOB内のサブピクチャストリーム数が記録されている。 [0190] 0b: Normal status 1b: temporary delete state SPST_Ns sub-picture stream number in the still picture VOB is recorded therein.

【0191】 V_PART_SZ(ビデオパートサイズ) この静止画VOBのデータ量が記録されている。 [0191] V_PART_SZ (video part size) amount of data of the still picture VOB is recorded. 「S_VOB_ENT(Type B)」(図25) タイプBは、S_VOB_ENT_TY、V_PART "S_VOB_ENT (Type B)" (Fig. 25) Type B, S_VOB_ENT_TY, V_PART
_SZ、の他に、A_PART_SZ、A_PB_TM _SZ, in addition to, A_PART_SZ, A_PB_TM
を有していて、個々のフィールドは以下の通りである。 The have, the individual fields are as follows.

【0192】S_VOB_ENT_TY(静止画VOB [0192] S_VOB_ENT_TY (still picture VOB
エントリタイプ) この静止画VOBのタイプ情報が記録されている。 Entry Type) type information of the still picture VOB is recorded therein. 個々のフィールドは、前述したタイプAと同一である。 Individual fields are the same as type A described above.

【0193】 V_PART_SZ(ビデオパートサイズ) この静止画VOB中のビデオパートのデータ量が記録されている。 [0193] V_PART_SZ (video part size) amount of data in the video part in the still picture VOB is recorded.

【0194】 A_PART_SZ(オーディオパートサイズ) この静止画VOB中のオーディオパートのデータ量が記録されている。 [0194] A_PART_SZ (audio part size) data amount of the audio part in the still picture VOB is recorded.

【0195】A_PB_TM(オーディオ再生時間) この静止画VOB中のオーディオパートの再生時間長が記録されている。 [0195] A_PB_TM (audio playback time) playback time length of the audio part in the still picture VOB is recorded. 「S_AAFI」(図27) S_AAFI(静止画追加音声ファイル情報)は、S_ "S_AAFI" (FIG. 27) S_AAFI (still picture additional audio file information), S_
AAFI_GI、S_AAGI_SRP,S_AAGI AAFI_GI, S_AAGI_SRP, S_AAGI
から構成される。 It consists of. 「S_AAFI_GI」(図27) S_AAFI_GI(静止画追加音声ファイル情報一般情報)には、静止画追加音声ファイル情報の一般情報として以下の情報が記録されている。 "S_AAFI_GI" (FIG. 27) S_AAFI_GI (still picture additional audio file information general information), the following information as the general information of still picture additional audio file information is recorded.

【0196】S_AAGI_SRP_Ns(静止画追加音声グループ情報数) 静止画追加音声ファイル情報内のS_AAGI_SRP [0196] S_AAGI_SRP_Ns (still picture additional audio group information number) S_AAGI_SRP in the still picture additional audio file information
数が記録されている。 The number is recorded. 「S_AAGI_SRP」(図27) S_AAGI_SRP(静止画追加音声グループ情報サーチポインタ)には、静止画追加音声グループ情報のサーチポインタとして以下の情報が記録されている。 To "S_AAGI_SRP" (FIG. 27) S_AAGI_SRP (still picture additional audio group information search pointer), the following information as a search pointer of the still picture additional audio group information is recorded.

【0197】S_AAGI_SA(静止画追加音声グループ情報開始アドレス) 静止画追加音声ファイル情報内のS_AAGI_SAの開始アドレスが記録されている。 [0197] S_AAGI_SA (still picture additional audio group information start address) start address of S_AAGI_SA of still picture additional audio file information is recorded. 「S_AAGI」(図28) S_AAGI(静止画追加音声グループ情報)は、S_ "S_AAGI" (FIG. 28) S_AAGI (still picture additional audio group information), S_
AAG_GI、AA_ENTから構成される。 AAG_GI, consists of AA_ENT. 「S_AAG_GI」(図28) S_AAG_GI(静止画追加音声グループ一般情報) "S_AAG_GI" (FIG. 28) S_AAG_GI (still picture additional audio group general information)
には、静止画追加音声グループの一般情報として以下の情報が記録されている。 The following information as a general information of a still picture additional audio group is recorded.

【0198】AA_ENT_Ns 静止画追加音声グループ内のAA_ENT数が記録されている。 [0198] AA_ENT_Ns AA_ENT number of still images in an additional audio group is recorded.

【0199】S_AA_STIN(図21、図28) 静止画追加音声グループ内のS_AA_STI番号が記録されている。 [0199] S_AA_STIN (Figure 21, Figure 28) S_AA_STI number in the still image added audio group is recorded.

【0200】S_AAG_SA 静止画追加音声グループ内のS_AAGの開始アドレスが記録されている。 [0200] S_AAG_SA start address of S_AAG of a still image in an additional audio group is recorded. 「AA_ENT」(図28) AA_ENT(追加音声エントリ)には、追加音声のエントリとして以下の情報が記録されている。 To "AA_ENT" (FIG. 28) AA_ENT (additional sound entry), the following information as an entry in additional sound is recorded.

【0201】AA_TY(図29) 個々の追加音声のタイプが記録されている。 [0201] AA_TY (Figure 29) type of each additional voice has been recorded.

【0202】AA_PART_SZ 個々の追加音声のサイズが記録されている。 [0202] AA_PART_SZ size of each additional voice has been recorded.

【0203】AA_PART_PB_TM 個々の追加音声の再生時間が記録されている。 [0203] AA_PART_PB_TM playback time of each additional voice has been recorded. 「UD_PGCIT」(図30) UD_PGCIT(ユーザ定義PGC情報テーブル) "UD_PGCIT" (FIG. 30) UD_PGCIT (User-Defined PGC Information Table)
は、UD_PGCITI、UD_PGCI_SRP、U It is, UD_PGCITI, UD_PGCI_SRP, U
D_PGCIから構成される。 It consists of D_PGCI. 「UD_PGCITI」(図30) UD_PGCITI(ユーザ定義PGC情報テーブル情報)はユーザ定義PGC情報テーブルを構成する以下の情報が記録されている。 "UD_PGCITI" (FIG. 30) UD_PGCITI (User-Defined PGC Information Table Information) has the following information constituting the user-defined PGC information table is recorded.

【0204】UD_PGCI_SRP_Ns(ユーザ定義PGC情報サーチポインタ数) UD_PGCI_SRP数が記録されている。 [0204] UD_PGCI_SRP_Ns (user-defined PGC information search number pointer) UD_PGCI_SRP number is recorded.

【0205】UD_PGCIT_EA(ユーザ定義PG [0205] UD_PGCIT_EA (user-defined PG
C情報テーブル終了アドレス) UD_PGCITの終了アドレスが記録されている。 C information table end address) end address of UD_PGCIT is recorded. 「UD_PGCI_SRP」(図30) UD_PGCI_SRP(ユーザ定義PGC情報サーチポインタ)には、UD_PGCI_SAが記録されている。 "UD_PGCI_SRP" (FIG. 30) UD_PGCI_SRP (User-Defined PGC information search pointers) are, UD_PGCI_SA is recorded.

【0206】UD_PGCI_SA(ユーザ定義PGC [0206] UD_PGCI_SA (user-defined PGC
情報開始アドレス) UD_PGCI_SAには、UD_PGCIの開始アドレスが記録され、このPGCIにアクセスする場合は、 The information start address) UD_PGCI_SA, the start address of UD_PGCI is recorded when accessing this PGCI, the
記録されているアドレスまでシークをすれば良い。 Until that is recorded in the address may be a seek. 「UD_PGCI」(図30) UD_PGCI(ユーザ定義PGC情報)の詳細は、後述するPGCIで説明する。 Details of the "UD_PGCI" (FIG. 30) UD_PGCI (User-Defined PGC Information) will be described in the following PGCI. 「ORG_PGCI」(図5) ORG_PGCI(オリジナルPGC情報)の詳細は、 For more information on "ORG_PGCI" (FIG. 5) ORG_PGCI (original PGC information),
後述するPGCIで説明する。 It is described in the following PGCI. 「TXTDT_MG」(図31) TXTDT_MG(テキストデータ管理)は、TXTD "TXTDT_MG" (FIG. 31) TXTDT_MG (text data management) is, TXTD
TI、IT_TXT_SRP、IT_TXTから構成される。 TI, IT_TXT_SRP, consists of IT_TXT. 個々のフィールドは以下の通りである。 Individual fields are as follows. 「TXTDTI」(図31) TXTDTI(テキストデータ情報)は、CHRS、I "TXTDTI" (FIG. 31) TXTDTI (text data information), CHRS, I
T_TXT_SRP_Ns、TXTDT_MG_EAから構成される。 T_TXT_SRP_Ns, consists of TXTDT_MG_EA.

【0207】CHRS(キャラクタセットコード) IT_TXTで使用するキャラクタセットコードが記録されている。 [0207] CHRS character set code used in (character set code) IT_TXT is recorded.

【0208】IT_TXT_SRP_Ns(IT_TX [0208] IT_TXT_SRP_Ns (IT_TX
Tサーチポインタ数) IT_TXT_SRP数が記録されている。 T search number pointer) IT_TXT_SRP number is recorded.

【0209】TXTDT_MG_EA(テキストデータ管理終了アドレス) TXTDT_MGの終了アドレスが記録されている。 [0209] TXTDT_MG_EA (text data management end address) end address of TXTDT_MG are recorded. 「IT_TXT_SRP」(図31) IT_TXT_SRP(IT_TXTサーチポインタ) "IT_TXT_SRP" (FIG. 31) IT_TXT_SRP (IT_TXT search pointer)
には、対応するIT_TXTへのアクセス情報として以下のものが記録されている。 It would include the following: as the access information to the corresponding IT_TXT is recorded.

【0210】 IT_TXT_SA(IT_TXT開始アドレス) IT_TXTの開始アドレスが記録されている。 [0210] IT_TXT_SA (IT_TXT start address) IT_TXT start address of is recorded. このI This I
T_TXTにアクセスする場合は、このアドレスまでシークすれば良い。 If you want to access the T_TXT, it is sufficient to seek up to this address.

【0211】 IT_TXT_SZ(IT_TXTサイズ) IT_TXTのデータサイズが記録されている。 [0211] The data size of IT_TXT_SZ (IT_TXT size) IT_TXT are recorded. このI This I
T_TXTを読み出したい場合は、このサイズだけデータを読み出せば良い。 If you want to read the T_TXT may be read out the data only this size. 「IT_TXT」(図31) IT_TXTは、IDCD(識別コード)とIDCDに対応するTXT(テキスト)とTMCD(終了コード) "IT_TXT" (Fig. 31) IT_TXT is, IDCD TXT corresponding to (the identification code) and IDCD (text) and TMCD (termination code)
を1セットとした、複数または一つのセットから構成される。 It was one set composed of a plurality or one set. IDCDに対応するTXTが無い場合は、省略してIDCDとTMCDを1セットとしても良い。 If there is no TXT corresponding to the IDCD, it may be used as one set IDCD and TMCD omitted. また、 Also,
IDCDは以下の通り規定されている。 IDCD are defined as follows.

【0212】ジャンルコード 30h : 映画 31h : 音楽 32h : ドラマ 33h : アニメーション 34h : スポーツ 35h : ドキュメンタリ 36h : ニュース 37h : 天気 38h : 教育 39h : 趣味 3Ah : エンターテイメント 3Bh : 芸術(演劇、オペラ) 3Ch : ショッピング 入力ソースコード 60h : 放送局 61h : カムコーダ 62h : 写真 63h : メモ 64h : その他 「PGCI」(図32) PGCI(PGC情報)は、ORG_PGCI、UD_ [0212] genre code 30h: movie 31h: Music 32h: drama 33h: animation 34h: Sports 35h: documentary 36h: news 37h: weather 38h: Education 39h: hobby 3Ah: entertainment 3Bh: arts (theater, opera) 3Ch: Shopping input source code 60h: broadcasting station 61h: camcorder 62h: photo 63h: Note 64h: other "PGCI" (FIG. 32) PGCI (PGC information), ORG_PGCI, UD_
PGCIに共通のデータ構造を有し、PGC_GI、P Have a common data structure PGCI, PGC_GI, P
GI、CI_SRP、CIから構成されている。 GI, CI_SRP, and a CI. 「PGC_GI」(図32) PGC_GI(PGC一般情報)は、PGC一般の情報として、PG_NsとCI_SRP_Nsから構成されている。 "PGC_GI" (Fig. 32) PGC_GI (PGC general information) as information of PGC general, and a PG_Ns and CI_SRP_Ns. 個々のフィールドは以下の通りである。 Individual fields are as follows.

【0213】PG_Ns(プログラム数) このPGC内のプログラム数が記録されている。 [0213] PG_Ns (number of programs) the number of programs in the PGC is recorded. ユーザ定義PGCの場合、プログラムを持てないため、このフィールドは”0”が記録される。 For user-defined PGC, because not have a program, this field is "0" is recorded.

【0214】CI_SRP_Ns(CI_SRP数) 後述するCI_SRPの数が記録されている。 [0214] CI_SRP_Ns (CI_SRP number) the number of which will be described later CI_SRP are recorded. 「PGI」(図32) PGI(プログラム情報)は、PG_TY、C_Ns、 "PGI" (FIG. 32) PGI (program information), PG_TY, C_Ns,
PRM_TXTI、IT_TXT_SRPN、THM_ PRM_TXTI, IT_TXT_SRPN, THM_
PTRIから構成されている。 And a PTRI. 個々のフィールドは以下の通りである。 Individual fields are as follows.

【0215】PG_TY(プログラムタイプ) このプログラムの状態を示す以下の情報が、図33に示すフォーマットを用いて記録されている。 [0215] PG_TY (program type) following the information indicating the status of this program is recorded using the format shown in FIG. 33.

【0216】Protect(プロテクト) 0b: 通常状態 1b: プロテクト状態 C_Ns(セル数) このプログラム内のセル数が記述されている。 [0216] Protect (protect) 0b: normal state 1b: (cell number) protected state C_Ns number of cells in this program is described.

【0217】 PRM_TXTI(プライマリテキスト情報) このプログラムの内容を示すテキスト情報が記録されている。 [0217] PRM_TXTI (primary text information) text information indicative of the contents of this program is recorded. 詳細は、前述したPL_SRPTと同一である。 The details are the same as PL_SRPT described above.

【0218】 IT_TXT_SRPN(IT_TXT_SRP番号) 前述したプライマリテキストに加えて、このプログラムの内容を示す情報をIT_TXTとしてオプション記録されている場合、このフィールドにTXTDT_MG内に記録されているIT_TXT_SRPの番号が記録されている。 [0218] IT_TXT_SRPN addition to (IT_TXT_SRP number) primary text described above, the information indicative of the contents of the program if it is optional recorded as IT_TXT, in this field to the number of the IT_TXT_SRP recorded in the TXTDT_MG is recorded there.

【0219】 THM_PTRI(サムネイルポインタ情報) このプログラムを代表するサムネイル情報が記述されている。 [0219] THM_PTRI (thumbnail pointer information) thumbnail information representative of this program is described. THM_PTRIの詳細は、前述したPL_SR For more information on THM_PTRI, the above-mentioned PL_SR
PTのTHM_PTRIと同一である。 Is the same as the THM_PTRI of PT. 「CI_SRP」(図32) CI_SRP(セル情報サーチポインタ)は、このセル情報へアクセスするためのアドレス情報が記録されている。 "CI_SRP" (FIG. 32) CI_SRP (cell information search pointer), the address information for accessing the cell information is recorded.

【0220】CI_SA(セル情報開始アドレス) このセル情報の開始アドレスが記録されている。 [0220] CI_SA (cell information start address) start address of the cell information is recorded. このセルへアクセスする場合は、このアドレスまでシークすれば良い。 If you want to access to this cell, it is sufficient to seek up to this address. 「CI」(図32) CI(セル情報)は、動画用のM_CIと静止画用のS "CI" (Fig. 32) CI (cell information) is, S for M_CI and still image for a moving
_CIに分類される。 It is classified as _CI. 「M_CI」(図34) M_CI(動画セル情報)は、M_C_GI、M_C_ "M_CI" (Fig. 34) M_CI (movie cell information) is, M_C_GI, M_C_
EPIから構成される。 Consisting of EPI. 「M_C_GI」(図34) M_C_GI(動画セル一般情報)は、セルを構成する以下の基本情報を有している。 "M_C_GI" (Fig. 34) M_C_GI (movie cell general information) has the following basic information constituting a cell.

【0221】C_TY(セルタイプ) 動画セル、静止画セルを識別するための以下の情報が図35に示すフォーマットで記録されている。 [0221] C_TY (cell type) video cells, the following information for identifying a still picture cell are recorded in the format shown in FIG. 35.

【0222】C_TY1 000b : 動画セル 001b : 静止画セル M_VOBI_SRPN(動画VOB情報サーチポインタ番号) このセルが対応する動画VOB情報のサーチポインタ番号が記録されている。 [0222] C_TY1 000b: movie cell 001b: still picture cell M_VOBI_SRPN (movie VOB information search pointer number) search pointer number of movie VOB information to which this cell corresponds is recorded. このセルが対応するストリームデータへアクセスする場合、まずこのフィールドが指す動画VOB情報サーチポインタ番号へアクセスをする。 If the cell to access the corresponding stream data, the access to the first moving picture VOB information search pointer number to which this field points.

【0223】 C_EPI_Ns(セルエントリポイント情報数) このセル内に存在するエントリポイントの数が記録されている。 [0223] C_EPI_Ns (number cell entry point information) Number of entry points present in this cell is recorded.

【0224】エントリポイントとは、再生経路における飛び込み再生が可能な場所である。 [0224] The entry point is, is a place that can jump reproduction in the reproduction path. エントリポイントを利用することで、再生経路の中でエントリポイントに達すると、記録されている絶対アドレスへとジャンプし、 By using an entry point, you reach the entry point in the playback path, and jumps to the absolute address recorded,
飛び込み再生を行うといった再生動作を行うことができる。 It is possible to perform the playback operation, such as performing a jump playback. また、本におけるしおりのように、ストリームの任意の場所に設定することができるので、再生を中断した後に再び特定の場所から再生を行うことが可能である。 Further, as the bookmark in this, it is possible to set anywhere in the stream, it is possible to reproduce again from a specific location after interrupting playback.

【0225】 C_V_S_PTM(セルビデオ開始時刻) このセルの再生開始時刻が図10に示すフォーマットで記録されている。 [0225] C_V_S_PTM (cell video start time) playback start time of this cell is recorded in the format shown in FIG. 10.

【0226】 C_V_E_PTM(セルビデオ終了時刻) このセルの再生終了時刻が図10に示すフォーマットで記録されている。 [0226] C_V_E_PTM (cell video end time) playback end time of this cell is recorded in the format shown in FIG. 10. C_V_S_PTMとC_V_E_P C_V_S_PTM and C_V_E_P
TMを用いて、このセルが対応するVOB内でのセルの有効区間が指定されている。 Using TM, the cell is valid interval of the cells in the corresponding VOB is specified. 「M_C_EPI」(図36) M_C_EPI(動画セルエントリポイント情報)は、 "M_C_EPI" (Fig. 36) M_C_EPI (movie cell entry point information)
プライマリテキストの有無でタイプAとタイプBに分類される。 It is classified as type A and type B in the presence or absence of the primary text. 「M_C_EPI(タイプA)」(図36) M_C_EPI(タイプA)は、エントリポイントを示す以下の情報から構成されている。 "M_C_EPI (Type A)" (FIG. 36) M_C_EPI (Type A) is composed of the following information indicating an entry point.

【0227】 EP_TY(エントリポイントタイプ) このエントリポイントのタイプを識別する以下の情報が図37に示すフォーマットに従い記録されている。 [0227] EP_TY (entry point type) The following information for identifying the type of this entry point is recorded in accordance with a format shown in FIG. 37.

【0228】EP_TY1 00b : タイプA 01b : タイプB EP_PTM(エントリポイント時刻) エントリポイントが置かれている時刻が図10に示すフォーマットに従い記録されている。 [0228] EP_TY1 00b: Type A 01b: time Type B EP_PTM (entry point time) entry point is located is recorded in accordance with the format shown in FIG. 10. 「M_C_EPI(タイプB)」(図36) M_C_EPI(タイプB)は、タイプAが有するEP "M_C_EPI (Type B)" (Fig. 36) M_C_EPI (Type B) is, EP with the type A
_TY、EP_PTMの他に、以下に記すPRM_TX _TY, in addition to the EP_PTM, PRM_TX referred to below
TIを有している。 Has a TI.

【0229】 PRM_TXTI(プライマリテキスト情報) このエントリポイントが示す場所の内容を示すテキスト情報が記録されている。 [0229] PRM_TXTI (primary text information) text information indicating the contents of the location indicated by the entry point is recorded. 詳細は、前述したPL_SRP For more information, the above-mentioned PL_SRP
Tと同一である。 Is the same as the T. 「S_CI」(図34) S_CI(静止画セル情報)は、S_C_GI、S_C "S_CI" (Fig. 34) S_CI (still picture cell information), S_C_GI, S_C
_EPIから構成される。 It consists of _EPI. 「S_C_GI」(図34) S_C_GI(静止画セル一般情報)は、セルを構成する以下の基本情報を有している。 "S_C_GI" (FIG. 34) S_C_GI (still picture cell general information) has the following basic information constituting a cell.

【0230】C_TY(セルタイプ) 動画セル、静止画セルを識別するための情報が記録されている。 [0230] C_TY (cell type) video cells, information for identifying a still picture cell are recorded. 詳細は、前述した動画セルの通りである。 The details are as video cell described above.

【0231】S_VOGI_SRPN(静止画VOBグループ情報サーチポインタ番号) このセルが対応する静止画VOBグループ情報のサーチポインタ番号が記録されている。 [0231] S_VOGI_SRPN (still picture VOB group information search pointer number) search pointer number of still picture VOB group information to which this cell corresponds to is recorded. このセルが対応するストリームデータへアクセスする場合、まずこのフィールドが指す静止画VOBグループ情報サーチポインタ番号へアクセスをする。 If the cell to access the corresponding stream data, first access the still picture VOB group information search pointer number to which this field points.

【0232】 C_EPI_Ns(セルエントリポイント情報数) このセル内に存在するエントリポイントの数が記録されている。 [0232] C_EPI_Ns (number cell entry point information) Number of entry points present in this cell is recorded.

【0233】 S_S_VOB_ENTN(開始静止画VOB番号) このセルの再生開始静止画VOB番号が図11に示すフォーマットで記録されている。 [0233] S_S_VOB_ENTN (starting still picture VOB number) reproducing start still picture VOB number of this cell is recorded in the format shown in FIG. 11. 静止画VOB番号は、前述したS_VOGI_SRPNが示すS_VOG内での順番である。 Still picture VOB number is the order in the S_VOG indicated S_VOGI_SRPN described above.

【0234】 E_S_VOB_ENTN(終了静止画VOB番号) このセルの再生終了静止画VOB番号が図11に示すフォーマットで記録されている。 [0234] E_S_VOB_ENTN (End still picture VOB number) reproduction end still picture VOB number of this cell is recorded in the format shown in FIG. 11. 静止画VOB番号は、前述したS_VOGI_SRPNが示すS_VOG内での順番である。 Still picture VOB number is the order in the S_VOG indicated S_VOGI_SRPN described above. なお、S_S_VOB_ENTNとE_S It should be noted, S_S_VOB_ENTN and E_S
_VOB_ENTNを用いて、このセルが対応するS_ Using _VOB_ENTN, this cell corresponding S_
VOG内でのセルの有効区間が指定されている。 Valid interval of the cells in the VOG is specified. 「S_C_EPI」(図36) S_C_EPI(静止画セルエントリポイント情報) "S_C_EPI" (FIG. 36) S_C_EPI (still image cell entry point information)
は、プライマリテキストの有無でタイプAとタイプBに分類される。 It is classified as Type A and Type B in the presence of primary text. 「S_C_EPI(タイプA)」(図36) S_C_EPI(タイプA)は、エントリポイントを示す以下の情報から構成されている。 "S_C_EPI (Type A)" (FIG. 36) S_C_EPI (Type A) is composed of the following information indicating an entry point.

【0235】EP_TY(エントリポイントタイプ) このエントリポイントのタイプを識別する以下の情報が図37に示すフォーマットに従い記録されている。 [0235] EP_TY (entry point type) The following information for identifying the type of this entry point is recorded in accordance with a format shown in FIG. 37.

【0236】EP_TY1 00b : タイプA 01b : タイプB S_VOB_ENTN(静止画VOBエントリ番号) エントリポイントが置かれている静止画番号が図11に示すフォーマットに従い記録されている。 [0236] EP_TY1 00b: Type A 01b: Type B S_VOB_ENTN still image number (still picture VOB entry number) the entry point is put is recorded in accordance with the format shown in FIG. 11. 「S_C_EPI(タイプB)」(図36) S_C_EPI(タイプB)は、タイプAが有するEP "S_C_EPI (Type B)" (Fig. 36) S_C_EPI (Type B) is, EP with the type A
_TY、S_VOB_ENTNの他に、以下に記すPR _TY, in addition to the S_VOB_ENTN, PR referred to below
M_TXTIを有している。 Has a M_TXTI.

【0237】 PRM_TXTI(プライマリテキスト情報) このエントリポイントが示す場所の内容を示すテキスト情報が記録されている。 [0237] PRM_TXTI (primary text information) text information indicating the contents of the location indicated by the entry point is recorded. 詳細は、前述したPL_SRP For more information, the above-mentioned PL_SRP
Tと同一である。 Is the same as the T.

【0238】(エントリポイントと管理情報)次に、図44を用いてエントリポイントと、管理情報との関係について説明する。 [0238] (entry point and Management Information) Next, the entry point, the relationship between the management information will be described with reference to FIG. 44.

【0239】既に説明した通り、AVデータには動画像用のM_VOBと静止画像用のS_VOBの2種類が存在する。 [0239] As already described, the AV data there are two types of S_VOB for M_VOB a still image for a moving image.

【0240】M_VOBは、個々のM_VOB毎に管理情報M_VOBIが存在し、M_VOBIには対応するM_VOBの属性情報が記録される。 [0240] M_VOB, there are management information M_VOBI for each individual M_VOB, the M_VOBI attribute information of the corresponding M_VOB is recorded.

【0241】S_VOBの場合は、個々のS_VOG毎に管理を行うと、管理情報量が増大するため、複数のS [0241] For S_VOB, Doing managed for each individual S_VOG, for managing information amount increases, a plurality of S
_VOBを一塊としたグループS_VOG毎に管理情報S_VOGIが存在する。 There is a management information S_VOGI in each group S_VOG was a lump the _VOB. S_VOGIは、対応するS S_VOGI the corresponding S
_VOBグループの属性情報が記録される。 Attribute information of _VOB group is recorded.

【0242】エントリポイントは、個々のM_VOBに対応する動画セルに対して複数個設定することができ、 [0242] The entry point may be set plurality on the moving cell corresponding to each M_VOB,
M_C_EPI(動画セルエントリポイント情報)は、 M_C_EPI (video cell entry point information),
M_CIに記録される。 It is recorded in the M_CI. 既に説明したように、M_C_ As already explained, M_C_
EPI(動画セルエントリポイント情報)は、プライマリテキストの有無でタイプAとタイプBに分類される。 EPI (video cell entry point information) is classified into types A and B in the presence of primary text.
タイプAの場合は、エントリポイントタイプ(EP_T In the case of type A, the entry point type (EP_T
Y)と共に、エントリポイントが置かれているエントリポイント時刻(EP_PTM)が記録されている。 With Y), the entry point time entry point is located (EP_PTM) is recorded. タイプBの場合は、タイプAで記録されている情報に加え、 For type B, in addition to the information recorded in the type A,
エントリポイントが示す場所の内容を示すテキスト情報(PRM_TXT)が記録される。 Text information indicating the contents of the location indicated by the entry point (PRM_TXT) is recorded.

【0243】記録されたエントリポイント時刻(EP_ [0243] recorded entry point time (EP_
PTM)は、M_VOBIの有している時刻とアドレスを変換するためのフィルタ(TMAP)を使用し、エントリポイントが置かれている時刻をM_VOBのアドレスに変換することができる。 PTM) may be converted using a filter (TMAP) for converting time and address have the M_VOBI, the time at which the entry point is located to the address of M_VOB. TMAPには、時刻に対応するVOBUのサイズと再生時間に関する情報が記録されており、これらの情報を利用して対応するM_VOB The TMAP, time and information is recorded on the size and playback time of the corresponding VOBU to the corresponding uses these information M_VOB
のアドレスを算出することができる。 It is possible to calculate the address.

【0244】TMAPを利用して時刻をアドレスに変換する詳細は、特開平11−155130(ヨーロッパ特許0 903 [0244] The details of converting the time using the TMAP to address, JP-A-11-155130 (European Patent 0 903
738 A2)号明細書に開示されており、その内容は、本願明細書の内容の一部を構成するものとする。 738 A2) No. is disclosed in the specification, the contents of which constitutes a part of the contents of this specification.

【0245】S_VOBの場合は、個々のS_VOBに対応する静止画セルに対して複数個のエントリポイントを設定することができ、S_C_EPI(静止画セルエントリポイント情報)はS_CIに記録される。 [0245] For S_VOB can set a plurality of entry points with respect to the still picture cell corresponding to an individual S_VOB, S_C_EPI (still picture cell entry point information) is recorded in S_CI. 既に説明したように、S_C_EPI(静止画セルエントリポイント情報)は、プライマリテキストの有無でタイプA As already explained, S_C_EPI (still picture cell entry point information), type A in the presence of primary text
とタイプBに分類される。 It is classified as type B and. タイプAの場合は、エントリポイントタイプ(EP_TY)と共に、静止画VOB番号(S_VOB_ENTN)が記録されている。 For type A, with the entry point type (EP_TY), still picture VOB number (S_VOB_ENTN) is recorded. タイプBの場合は、タイプAで記録されている情報に加え、エントリポイントが示す場所の内容を示すテキスト情報(PRM_TXT)が記録される。 For type B, in addition to the information recorded in the type A, the text information indicating the contents of the location indicated by the entry point (PRM_TXT) is recorded.

【0246】記録された静止画VOB番号(S_VOB [0246] recorded still picture VOB number (S_VOB
_ENTN)は、S_VOBIの有している静止画VO _ENTN) a still image VO having a S_VOBI
Bグループ内での静止画番号とアドレスを変換するためのフィルタ(S_VOB Entries)を使用し、 Using the filter (S_VOB Entries) for converting a still picture number and an address in the B group,
エントリポイントが置かれている時刻をS_VOBのアドレスに変換することができる。 The time at which the entry point is located can be converted to the address of the S_VOB. S_VOB Entr S_VOB Entr
iesには、Video Partサイズが記録されており、この情報を利用して対応する静止画VOBグループに含まれるVideo Partのアドレスを算出することができる。 The ies, Video Part Size and is recorded, it is possible to calculate the address of the Video Part included in the still picture VOB group corresponding use this information.

【0247】また、図45に示すように複数の再生経路(例えばプレイリスト#1、プレイリスト#2で示されるユーザ定義PGC)が存在する場合においても、個々の動画セル、もしくは静止画セルに対して複数個のエントリポイントを設定することができる。 [0247] Further, a plurality of reproduction paths, as shown in FIG. 45 even when (e.g. play list # 1, user-defined PGC indicated by the play list # 2) exists, individual video cell, or the still picture cell it is possible to set a plurality of entry points for.

【0248】個々のM_VOBに対応する動画セルに対して、複数個のエントリポイントを設定する場合、M_ [0248] For moving the cell corresponding to each M_VOB, when setting a plurality of entry points, M_
C_EPI(動画セルエントリポイント)がM_CIに記録される。 C_EPI (video cell entry point) is recorded in M_CI.

【0249】個々のS_VOBに対応する静止画セルに対して、複数個のエントリポイントを設定する場合、S [0249] the still picture cell corresponding to an individual S_VOB, when setting a plurality of entry points, S
_C_EPI(静止画セルエントリポイント)がS_C _C_EPI (still image cell entry point) is S_C
Iに記録される。 It is recorded in I.

【0250】すなわち、図45において、プログラムセットと書かれている部分は、オリジナルプログラム情報(ORG_PGCI)に対応し、プログラム#1は、図34のORG_PGCIのPGI#1に対応する。 [0250] That is, in FIG. 45, the portion that reads program set corresponds to the original program information (ORG_PGCI), program # 1 corresponds to PGI # 1 of ORG_PGCI in FIG. 34. また、プレイリスト#1は、図34のUD_PGCIのP In addition, the play list # 1, P of UD_PGCI of FIG. 34
GI#1に対応する。 Corresponding to the GI # 1. さらに、図45において黒三角形は、エントリポイントの位置を示しており、M_Cel Further, the black triangles in FIG. 45 shows the position of the entry point, M_Cel
lのブロックに付された黒三角形は、図34のM_C_ Black triangles attached to the block of l is, M_C_ of 34
EPI#1、#2等に対応し、S_Cellのブロックに付された黒三角形は、図34のS_C_EPI#1、 EPI # 1, # corresponds to 2 or the like, the black triangles attached to blocks of S_Cell is, S_C_EPI # 1 in FIG. 34,
#2等に対応する。 # Corresponding to 2, and the like. M_Cellには、動画ビデオオブジェクト情報M_VOBIのどの位置からどの位置までを再生するかを示す位置情報が含まれている。 The M_Cell, includes position information indicating whether to play to which position the position of a moving video object information M_VOBI throat. また、S In addition, S
_Cellには、静止画ビデオオブジェクト情報S_V The _Cell, still picture video object information S_V
OBIのどの静止画を再生するかの情報が含まれている。 OBI of information to play the throat of the still images are included. オリジナルプログラム情報(ORG_PGCI)にあっては、録画された通りのプログラムストリームが録画された順番に従って再生されるようにプログラムがセットされる。 In the original program information (ORG_PGCI), the program is set so that the program stream recorded as is reproduced in accordance with the recorded order. プレイリスト#1、#2にはユーザによって編集された区分および順番に従って再生が行われる。 Playlist # 1, is reproduced in accordance with the classification and the order in which they are edited by the user is performed in # 2.
このように、同じプログラムストリームであっても、オリジナルのプログラム#1、プレイリスト#1、プレイリスト#2においては再生される時刻、すなわちプレゼンテーションタイムが異なることもある。 Thus, even in the same program stream, the original program # 1, playlist # 1, the playlist # 2 is also time to be reproduced, namely the presentation time different. このように同じプログラムストリームであっても、ユーザの設定により再生順番を入れ替えたり、区分的に削除することができる。 Even with such the same program stream, or swap the reproduction order by a user's setting, it is possible to remove piecewise. すなわち、再生経路を複数設定することが可能である。 That is, it is possible to set a plurality of reproduction paths. また、オリジナルのプログラム#1のあるM_V In addition, M_V with the original program # 1
OBに対して設定したエントリポイント(第1エントリポイントと言う)は、オリジナルの管理情報(ORG_ (Referred to as a first entry point) entry point set for OB, the original management information (ORG_
PGCI)で管理される一方、プレイリスト#1で同じM_VOBに対して設定したエントリポイント(第2エントリポイントと言う)は、プレイリスト#1の管理情報(UD_PGCI)で管理される。 While managed by PGCI), referred to as a play list # 1 in the entry points set for the same M_VOB (second entry point) is managed by the management information of the playlist # 1 (UD_PGCI). 従って、プログラム#1に基づいて再生されるときには、第1エントリポイントのみが有効に作用し、第2エントリポイントは作用しない。 Therefore, when it is played on the basis of the program # 1, only the first entry point works effectively, the second entry point does not act. また、プレイリスト#1に基づいて再生されるときには、第2エントリポイントのみが有効に作用し、第1エントリポイントは作用しない。 Further, when it is played on the basis of the play list # 1, only the second entry point acts effectively, the first entry point does not act. このように、 in this way,
図45の黒三角形で示すように、再生経路毎に独立してエントリポイントを設定することが可能である。 As shown by black triangles in FIG. 45, it is possible to set an entry point independently for each reproduction path.

【0251】このように、複数の再生経路毎に付随する情報を持たせることにより、DVCのようなテープメディアやビデオCDのようなROMメディアでは実現できなかった、論理的意味を持つ複数の再生経路に対して独立したエントリポイントを設定することが可能となった。 [0251] Thus, by providing the information associated with each of the plurality of reproduction paths, it can not be realized in the ROM media, such as tape media and video CD as a DVC, a plurality of reproduction with logical meaning it has become possible to set an entry point to separate with respect to the path.

【0252】また、エントリポイントの内容を示すテキストの有無を示す情報(EP_TY)や、エントリポイントの設定対象(動画セルもしくは静止画セル)を示す情報をDVD再生装置が利用することで、従来のテープメディアやROMメディアでは実現できなかった、ユーザ毎に意味の異なるエントリポイントを明示的にユーザに提示することが可能となった。 [0252] Further, information indicating the presence or absence of (EP_TY) and text indicating the content of an entry point, the information indicating the setting target (moving cell or still picture cell) entry point that DVD reproducing apparatus is utilized, the conventional could not be realized in the tape media and ROM media, it has become possible to present explicitly user different entry points meaningful for each user.

【0253】図45を用いて本発明に関係する管理情報と実際のプログラムストリームデータについて説明する。 [0253] The actual program stream data and management information pertaining described present invention with reference to FIG. 45.

【0254】図45の横の列L1は、プログラムチェイン情報PGCIが示され、左側のブロックであるプログラムセットには、記録されたものがそのまま再生されるのに必要なオリジナルプログラムチェイン情報ORG_ [0254] horizontal row L1 in FIG. 45 is shown the program chain information PGCI, the program sets a left block, the original program chain information necessary to that recorded is reproduced as it ORG_
PGCIが示され、右側のブロックであるプレイリスト#1、プレイリスト#2にはユーザにより編集されたものが、編集に従って再生されるのに必要なユーザディファインドプログラム情報UD_PGCIが示されている。 PGCI is shown, playlist # 1 is a right block, which is the playlist # 2 is edited by the user, the user differentiation India program information UD_PGCI is shown that needs to be reproduced in accordance with the editing. ORG_PGCIの管理情報については、図5、図32、図34に階層構造が示されている。 For management information ORG_PGCI, 5, 32, the hierarchical structure is shown in Figure 34. また、UD_ In addition, UD_
PGCIの管理情報については、図5、図30、図3 For management information PGCI, 5, 30, 3
2、図34に階層構造が示されている。 2, the hierarchical structure is shown in Figure 34. 図5において、 In FIG. 5,
UD_PGCIT(user defined program chain inform UD_PGCIT (user defined program chain inform
ation table)となっているのは、UD_PGCIが複数存在し得るので、まず、UD_PGCIのテーブルであるUD_PGCITを設け、そのテーブルから個別のU Has become a ation table), because UD_PGCI can be plurality of, first, providing a UD_PGCIT a UD_PGCI table, the individual from the table U
D_PGCIを選出するように展開されている。 It has been deployed to elect a D_PGCI.

【0255】図45において、2番目の横の列L2は、 [0255] In FIG. 45, column L2 of the second horizontally,
静止画像用の管理情報S_VOGI(Still Video Objec Management information for still image S_VOGI (Still Video Objec
t Group Information)と、動画像用の管理情報M_VO And t Group Information), management information M_VO of the moving image
BIが示されている。 BI is shown. 光ディスクには最高999個の管理情報M_VOBIを作成することが出来る。 It is possible to create the best 999 of the management information M_VOBI to the optical disc. M_VOB M_VOB
Iの管理情報については、図5、図15、図16に階層構造が示されている。 For management information I, 5, 15, the hierarchical structure is shown in Figure 16.

【0256】L1のプログラムチェイン情報PGCIにあるCellが、L2の動画像用の管理情報M_VOB [0256] Cell in program chain information PGCI of L1 is, management information M_VOB for moving image L2
Iのいずれと関連があるのかは、次に説明する管理情報により知ることができる。 Any and whether there is a related I can be known by the management information will be described.

【0257】図5のS1→図32のS2→S4(C_N [0257] Figure 5 of S1 → Figure 32 S2 → S4 (C_N
sは、プログラム内に含まれるセルの数を示す。 s indicates the number of cells included in the program. プログラムに含まれるセルの数を、先頭のプログラムから順番に累積すると目的のプログラムに含まれるセルの番号が求まる。 The number of cells included in the program, the order number of cells included in target program when accumulated is determined from the beginning of the program. 求まったセルの番号がセルサーチポインタCI Number cell of Motoma' cell search pointer CI
_SRP#nとして、利用される。 As _SRP # n, it is used. )→S5→S6→S ) → S5 → S6 → S
7(セルサーチポインタに基づきセルのアドレスを求める。)→S8(目的のセル情報の番号が求まる。)→図34のS9(動画セル情報M_CI)→S10(動画セル一般情報M_CGI)→S11(動画VOB情報サーチポイント番号M_VOBI_SRPN)→図5のS1 7 (Request address of the cell based on the cell search pointer.) → S8 (obtained numbered cell information purposes.) → S9 (movie cell information M_CI) of FIG. 34 → S10 (movie cell general information M_CGI) → S11 ( video VOB information search point number M_VOBI_SRPN) → S1 in FIG. 5
2(AVファイル情報テーブル)→図15のS13→S 2 (AV file information table) → Figure 15 S13 → S
14→S15(ここでS11で特定された動画VOB情報サーチポインタにアクセス)→S16→S17(ここで動画VOB情報のスタートアドレスを特定)→S18 14 → S15 (specifying the start address where movie VOB information) (where specified in S11 the moving VOB information search pointer access) → S16 → S17 → S18
→S19。 → S19. (図49のステップ#495に対応)図18 (Corresponding to step # 495 in FIG. 49) FIG. 18
の動画VOB情報M_VOBIから更にS20のTMA Furthermore S20 of TMA from video VOB information M_VOBI
Pや、S21のTMAP_GIを用い、動画のスタートプレゼンテーションタイム(VOB_V_S_PTM) P and, using the TMAP_GI of S21, the video of the start presentation time (VOB_V_S_PTM)
を知ることができる。 It is possible to know the.

【0258】(DVD記録装置の構成)次に、図46を用いてDVD記録装置の構成について説明する。 [0258] (Configuration of a DVD recorder) Next, the configuration of the DVD recorder with reference to FIG 46.

【0259】図中、7801はユーザへの表示およびユーザからの要求を受け付けるユーザインターフェース部、7802は全体の管理および制御を司るシステム制御部、7803はADコンバータをはじめとする映像および音声を入力する入力部、7804はエンコーダ部、 [0259] In the figure, 7801 is a user interface for receiving a request from the display and user to user, 7802 system control unit which performs overall management and control, 7803 inputs the video and audio, including AD converter input unit, 7804 an encoder unit,
7805は映像および音声を出力する出力部、7806 7805 output unit for outputting video and audio, 7806
はMPEGストリームをデコードするデコーダ部、78 Decoder, 78 for decoding the MPEG stream
07はトラックバッファ、7808はドライブである。 07 track buffer, the 7808 is the drive.

【0260】(DVD記録装置の動作)次に、エントリポイントを用いた飛び込み再生動作の手順について説明する。 [0260] (DVD operation of the recording apparatus) Next, a procedure of skip playback operation using the entry points will be described.

【0261】ユーザインタフェース部7801は、ユーザからのエントリポイントによる飛び込み再生要求を受け付けると、システム制御部7802に対し、エントリポイント再生の実行を要求し、次のステップで動作が行われる。 [0261] The user interface unit 7801, upon receiving the interrupt playback request by the entry point from the user, to the system controller 7802 requests the execution of the entry point playback operation is performed in the next step.

【0262】動画再生の場合: (1)システム制御部7802は、光ディスクが再生装置に装着されれば、エントリポイント情報を含む管理情報を、光ディスクから読み取り、保持する。 [0262] For video reproduction: (1) The system control section 7802, if the optical disk is inserted into the playback apparatus, the management information including the entry point information, read from the optical disc, holds.

【0263】(2)システム制御部7802は、現在再生位置を示すアドレス情報をデコーダ部7806から読み取る。 [0263] (2) The system control unit 7802 reads the address information indicating the current playback position from the decoder 7806.

【0264】(3)システム制御部7802は、アドレス情報をその再生経路における時刻情報T0(広い意味でポイント情報)に変換する。 [0264] (3) The system control unit 7802 converts the address information into (point information in a broad sense) time information T0 in the playback path.

【0265】(4)システム制御部7802は、変換して得られた時刻情報T0を、管理情報内のエントリポイント情報集である時刻リスト(図30のM_C_EPI [0265] (4) The system control section 7802, the time information T0 obtained by converting the time list (in FIG. 30 is an entry point information collection in the management information M_C_EPI
#1、#2、…#nに記録されている時刻EP_PTM # 1, # 2, the time has ... been recorded in the # n EP_PTM
(図36)と比較し、前方向に再生中は、時刻情報T0 Compared with (FIG. 36), before being reproduced in a direction, the time information T0
より大きく、かつT0に一番近い時刻をエントリポイントの時刻リストの中から選択する。 Larger and selects the closest time to T0 from the time the list of entry points. なお、逆方向に再生中は、時刻情報T0より小さく、かつT0に一番近い時刻をエントリポイントの時刻リストの中から選択する。 Incidentally, during playback in the reverse direction is less than the time information T0, and selects the closest time to T0 from the time the list of entry points.

【0266】(5)システム制御部7802は、時刻リストから選択された時刻を、アドレス情報に変換する。 [0266] (5) The system control section 7802, by the time the selected from the time list, and converts the address information.

【0267】(6)システム制御部7802は、ドライブ7808に対し、現在の再生位置から、変換されたアドレス情報に基づく位置までジャンプを要求する。 [0267] (6) The system control unit 7802, to the drive 7808, requesting a jump from the current playback position, to a position based on the converted address information.

【0268】(7)システム制御部7802は、デコーダ部7806に対し、ジャンプされた新たな位置からのデコードおよび出力を要求する。 [0268] (7) The system control section 7802, with respect to a decoder unit 7806, and requests the decoding and output from jump has been a new position.

【0269】静止画再生の場合: (1)システム制御部7802は、光ディスクが再生装置に装着されれば、エントリポイント情報を含む管理情報を、光ディスクから読み取り、保持する。 [0269] When the still image playback: (1) The system control section 7802, if the optical disk is inserted into the playback apparatus, the management information including the entry point information, read from the optical disc, holds.

【0270】(2)システム制御部7802は、現在再生位置を示すアドレス情報をデコーダ部7806から読み取る。 [0270] (2) The system control unit 7802 reads the address information indicating the current playback position from the decoder 7806.

【0271】(3)システム制御部7802は、アドレス情報をそのプログラムストリームにおけるポイント情報である静止画枚数情報S0に変換する。 [0271] (3) The system control unit 7802 converts the address information into a still image number information S0 is the point information in the program stream. 静止画枚数情報S0は、現在再生している静止画が、再生経路において何枚目の静止画であるかを表す。 Still image number information S0 is the still image currently being reproduced, indicating how many th still picture in the reproduction path.

【0272】(4)システム制御部7802は、変換して得られた静止画枚数情報S0を、管理情報内のエントリポイント情報である静止画枚数リスト(図30のS_ [0272] (4) The system control unit 7802, a still image number information S0 obtained by converting, entry point information is a still image number list in the management information (S_ in Fig. 30
C_EPI#1、#2、…#nに記録されている静止画番号S_VOB_ENTN(図36)と比較し、前方向に再生中は、静止画枚数情報S0より大きく、かつS0 C_EPI # 1, # 2, ... compared to the recorded still-picture number S_VOB_ENTN to # n (FIG. 36), before being reproduced in a direction, greater than the still image number information S0, and S0
に一番近い静止画番号をエントリポイントの静止画枚数リストの中から選択する。 To select the nearest still image number from the still image number list of entry point to. なお、逆方向に再生中は、静止画枚数情報S0より小さく、かつS0に一番近い静止画番号をエントリポイントの静止画枚数リストの中から選択する。 Incidentally, during playback in the reverse direction is less than the still image number information S0, and selects the closest still picture number in S0 from the still image number list of entry points.

【0273】(5)システム制御部7802は、静止画枚数リストから選択された静止画番号を、アドレス情報に変換する。 [0273] (5) The system control unit 7802, the selected still image number from the still image number list, and converts the address information.

【0274】(6)システム制御部7802は、ドライブ7808に対し、現在の再生位置から、変換されたアドレス情報に基づく位置までジャンプを要求する。 [0274] (6) The system control unit 7802, to the drive 7808, requesting a jump from the current playback position, to a position based on the converted address information.

【0275】(7)システム制御部7802は、デコーダ部7806に対し、ジャンプされた新たな位置からのデコードおよび出力を要求する。 [0275] (7) The system control section 7802, with respect to a decoder unit 7806, and requests the decoding and output from jump has been a new position.

【0276】図47および図48、49を用いてエントリポイントを用いた再生におけるシステム制御部780 [0276] The system control unit 780 in the reproduction using the entry point with reference to FIGS. 47 and 48, 49
2のエントリポイントをVOBのアドレスに変換する動作手順について説明する。 Operation procedure of converting the second entry points to VOB address is described.

【0277】システム制御部7802がエントリポイントを設定するためには、エントリポイント番号とともに、PGC番号、Cell番号の情報が必要である(図49#492)。 [0277] To the system control unit 7802 sets an entry point, as well as the entry point number requires knowledge of the PGC number, Cell number (Figure 49 # 492).

【0278】システム制御部7802は、ユーザがユーザインターフェース部7801を介して指定したCel [0278] The system control unit 7802, Cel designated by the user via the user interface unit 7801
lのセル情報から、指定されたエントリポイントを含むCellが動画セル(M_Cell)であるか静止画セル(S_Cell)であるか判断を行う(図49#49 From the cell information of l, Cell makes a determination whether a still picture cell or a moving cell (M_Cell) (S_Cell) containing the specified entry point (Fig. 49 # 49
3)。 3).

【0279】動画セル(M_Cell)にあるエントリポイントからの再生が指定された場合、システム制御部7802は、M_VOBIの有している時刻とアドレスを変換するためのフィルタ(TMAP)を使用し、エントリポイントが置かれている時刻をM_VOBのアドレスに変換する(図47)。 [0279] When the reproduction from the entry point in the video cell (M_Cell) is specified, the system control unit 7802, using a filter (TMAP) for converting time and address have the M_VOBI, entry converting the time point is located to the address of M_VOB (Figure 47).

【0280】図49を用いて時刻を動画VOBのアドレスに変換する手順について説明する。 [0280] Procedure described for converting time into video VOB address with reference to FIG. 49.

【0281】指定されたエントリポイントから求められたM_C_EPI(動画セルエントリポイント情報)には、図36に示すフォーマットでEP_PTM(エントリポイント時刻)が記録されており、このエントリポイント時刻を読む(#494)。 [0281] The obtained from the specified entry point M_C_EPI (movie cell entry point information), EP_PTM in the format shown in FIG. 36 (entry point time) are recorded, read the entry point time (# 494 ).

【0282】次に、システム制御部7802は、Cel [0282] Next, the system control unit 7802, Cel
l番号で指定されたM_CI(動画セル情報)から対応するM_VOBI_SRPN(動画VOB情報サーチポインタ番号)を検索し、このセルが対応する動画VOB Video VOB to find the corresponding M_VOBI_SRPN (movie VOB information search pointer number) from M_CI specified by l number (video cell information), this cell corresponds
情報のサーチポインタ番号を特定する(#495)。 To identify the search pointer number of information (# 495).

【0283】続いて、システム制御部7802は、M_ [0283] Subsequently, the system control unit 7802, M_
VOBI_SRPNから対応するM_VOBIを求め、 Determine the corresponding M_VOBI from VOBI_SRPN,
M_VOBIにあるTMAPを使用し、#494で特定したEP_PTMをM_VOB内における特定位置のアドレスを求める。 Using the TMAP in the M_VOBI, the EP_PTM identified in # 494 obtains the address of a specific location within M_VOB. (#496)。 (# 496).

【0284】求められたアドレスまでアクセスし、その位置から再生を開始する(#500)。 [0284] access to the address found, to start playback from that position (# 500). これにより、エントリポイントからの再生が可能となる。 As a result, it is possible to play from the entry point.

【0285】静止画セル(S_Cell)にあるエントリポイントからの再生が指定された場合、DVD記録装置は、S_VOBIの有しているグループ内での静止画番号とアドレスを変換するためのフィルタ(S_VOB [0285] When the reproduction from the entry point in the still picture cell (S_Cell) is specified, DVD recording apparatus, a filter for converting a still picture number and an address in the group which has the S_VOBI (S_VOB
Entries)を使用し、エントリポイントが置かれている時刻をS_VOBのアドレスに変換する(図4 Using the Entries), converts the time at which the entry point is located at the address of S_VOB (Fig 4
8)。 8).

【0286】図49を用いて時刻を静止画VOBのアドレスに変換する手順について説明する。 [0286] Procedure described for converting the time into the address of the still picture VOB with reference to FIG. 49.

【0287】エントリポイントから求められたS_C_ [0287] obtained from the entry point S_C_
EPI(静止画セルエントリポイント情報)には、図3 The EPI (still picture cell entry point information), FIG. 3
6に示すファーマットでS_VOB_ENTN(静止画VOBエントリ番号)が記録されており、このエントリポイント番号を読む(#497)。 S_VOB_ENTN in fur mat shown in 6 (still picture VOB entry number) is recorded, read this entry point number (# 497).

【0288】次に、システム制御部7802は、Cel [0288] Next, the system control unit 7802, Cel
l番号で指定されたS_CI(静止画セル情報)から対応するS_VOGI_SRPN(静止画VOBグループ情報サーチポインタ番号)を検索し、このセルが対応する静止画VOBグループ情報のサーチポインタ番号を特定する(#498)。 Find the corresponding S_VOGI_SRPN (still picture VOB group information search pointer number) from S_CI specified by l number (still picture cell information), specifying the search pointer number of still picture VOB group information to which this cell corresponds to (# 498).

【0289】続いて、システム制御部7802は、S_ [0289] Subsequently, the system control unit 7802, S_
VOGI_SRPNに対応するS_VOB Entri Corresponding to the VOGI_SRPN S_VOB Entri
esを求め、#497で特定したS_VOB_ENTN Seek es, it was identified in # 497 S_VOB_ENTN
までのV_PART_SZ(ビデオパートサイズ)を計算し、エントリポイントがおかれている時刻を静止画V The V_PART_SZ (video part size) to calculate, still images V the time at which the entry point is placed
OBのアドレスに変換する(#499)。 Converting the address of the OB (# 499).

【0290】上述と同様に、求められたアドレスまでアクセスし、その位置から再生を開始する(#500)。 [0290] Similar to the above, access to the address obtained, to start playback from that position (# 500).
これにより、エントリポイントからの再生が可能となる。 As a result, it is possible to play from the entry point.

【0291】このように、エントリポイント情報をアドレス情報に変換することにより、DVD記録装置は、エントリポイントを用いた飛び込み点からの再生が可能になる。 [0291] By converting this manner, the entry point information to address information, DVD recording apparatus, it is possible to reproduce from a dive point using an entry point.

【0292】図46において、システム制御部は、ドライブ7808に対し、ディスクからの変換したアドレス情報に基づいたストリームの読み取り開始を要求すると共に、デコーダ部7806に対し、ストリームのデコードおよび出力を要求する。 [0292] In FIG. 46, the system control unit, to the drive 7808, the request to start reading of a stream based on the converted address information from the disk, to a decoder unit 7806, and requests the decoding and output streams .

【0293】ドライブ7808は、DVD−RAMよりストリームを読み取り、トラックバッファ7807へストリームを出力する。 [0293] drive 7808, read the stream from the DVD-RAM, and outputs the stream to the track buffer 7807.

【0294】デコーダ部7806は、トラックバッファよりストリームを読み取り、デコードを行い、出力部7 [0294] The decoder unit 7806 reads a stream from the track buffer, decodes the output section 7
805へ出力する。 To output to 805.

【0295】出力部7805は、デコードされた映像および音声をモニタ画面やスピーカに出力する。 [0295] The output section 7805 outputs video and audio decoded on a monitor screen and a speaker.

【0296】次に、図50を用いて、音なし静止画を含む再生経路における飛び込み再生について説明する。 [0296] Next, with reference to FIG. 50, described interrupt playback in the playback path and a sound without still image.

【0297】音声なし静止画には、再生時間が規定されていないため(表示時間はSTILL_TMもしくはユーザの操作による)、あるエントリポイントが常に同じ時刻(プレゼンテーションタイム)を示しているとは限らない。 [0297] to voice without a still image, because the playing time has not been specified (by the display time is STILL_TM or user of the operation), not necessarily an entry point is always indicate the same time (presentation time). 従って、図50において、再生開始時刻として“00:07:50”を指定した場合でも、常に“A” Thus, in FIG. 50, even if you specify "00:07:50" as the playback start time, always "A"
という画像が表示されるとは限らず、STILL_TM Not necessarily the image is displayed that, STILL_TM
の値の変化によっては“B”という画像が表示されてしまう場合がある。 Of a change in value in some cases it is displayed images of "B".

【0298】一方、エントリポイントはセルに含まれているため、再生経路の再生時間に影響を受けることはない。 [0298] On the other hand, since the entry point is included in the cell, it is not affected by the playback time of the playback path. 従って、STILL_TMやユーザ操作によって、 Therefore, by STILL_TM and user operation,
指定のエントリポイントを含むセル以外の再生時間や再生終了時刻が変化した場合であっても、常に同じ飛び込み点より再生を行うことが可能となる。 Even if the playback time and playback end time other than the cell containing the specified entry point has changed, it is possible to always perform playback from the same jump points.

【0299】次に、図46、図51および図52を用いてエントリポイントを利用した高速サーチ(エントリスキップ)について説明する。 [0299] Next, FIG. 46, a high-speed search using the (entries skipped) describing an entry point with reference to FIGS. 51 and 52.

【0300】図46におけるシステム制御部7802 [0300] The system control unit in FIG. 46 7802
は、ストリームの再生中に、高速サーチ(例えばCMカットなど)を行う場合、現在再生中の時刻とエントリポイントの置かれている時刻を比較し、現在の時刻から先の時刻にあたる最も近いエントリポイントを検索する。 Is the stream is playing, when performing high-speed search (e.g. CM cutting, etc.), compares the time are placed with the time and the entry point of the currently reproduced, the closest entry point corresponding to the previous time from the current time Search for.
システム制御部7802は、検索結果のエントリポイントをVOBのアドレスに変換し、ドライブ7808に対し、ディスクからの変換したアドレス情報に基づいたストリームの読み取り開始を要求すると共に、デコーダ部7806に対し、ストリームのデコードおよび出力を要求する。 The system control unit 7802, results for an entry point into a VOB address, to the drive 7808, the request to start reading of a stream based on the converted address information from the disk, to a decoder unit 7806, stream requesting the decoding and output.

【0301】ドライブ7808は、DVD−RAMよりストリームを読み取り、トラックバッファ7807へストリームを出力する。 [0301] drive 7808, read the stream from the DVD-RAM, and outputs the stream to the track buffer 7807.

【0302】デコーダ部7806は、トラックバッファよりストリームを読み取り、デコードを行い、出力部7 [0302] The decoder unit 7806 reads a stream from the track buffer, decodes the output section 7
805へ出力する。 To output to 805.

【0303】出力部7805は、デコードされた映像および音声をモニタ画面やスピーカに出力する。 [0303] The output section 7805 outputs video and audio decoded on a monitor screen and a speaker.

【0304】図52を用いてエントリポイントを利用した高速サーチにおけるシステム制御部の動作手順について説明する。 [0304] The operation procedure of the system control section will be described in a high-speed search using the entry point with reference to FIG. 52.

【0305】ユーザまたは再生装置により次のエントリポイントまでジャンプする指示を受ける(ステップ#5 [0305] The user or reproducing apparatus receives an instruction to jump to the next entry point (step # 5
21)。 21).

【0306】システム制御部7802は、デコーダ部7 [0306] The system control unit 7802, a decoder section 7
806より現在再生中のVOBのアドレスを取得する(#522)。 Acquires the VOB addresses currently being reproduced from 806 (# 522).

【0307】次に、システム制御部7802は、取得したVOBのアドレスを時刻に変換し、現在の時刻を取得する(#523)。 [0307] Next, the system control unit 7802 converts the address of the acquired VOB in time, it obtains the current time (# 523).

【0308】更に、システム制御部7802は、再生中のCellにおけるエントリポイントの一覧を取得し、 [0308] In addition, the system control unit 7802, to get a list of entry points in the Cell during playback,
現在の時刻と順次比較を行い、現在の時刻から先の時刻にあたる最も近いエントリポイントを検索する(#52 Sequentially compares the current time, to find the closest entry point corresponding to the previous time from the current time (# 52
4、#525)。 4, # 525).

【0309】続いて、システム制御部7802は、図4 [0309] Subsequently, the system controller 7802, FIG. 4
7および図48、49を用いて前述したエントリポイントからの再生手順に従い、検索したエントリポイントからの飛び込み再生を行う(#526)。 Following the procedure of reproduction from the entry point described above with reference to 7 and 48 and 49, performing interrupt playback from the entry point searched (# 526).

【0310】以上のような手順に基づき、DVD記録装置は、エントリポイントを利用したCMカットのような高速サーチを実現することができる。 [0310] Based on the procedure described above, DVD recording apparatus, it is possible to realize a high-speed search, such as the CM cut using the entry point.

【0311】次に、図46、図53を用いてエントリポイントの記録動作について説明する。 [0311] Next, FIG. 46, the recording operation of the entry points will be described with reference to FIG. 53.

【0312】ユーザインタフェース部7801は、ユーザからある時刻に対するエントリポイント設定要求を受け付けると、システム制御部7802に対し、エントリポイント設定の実行を要求する。 [0312] The user interface unit 7801, upon receiving an entry point setting request for a certain time from the user, to the system controller 7802 requests the execution of entry point setting.

【0313】システム制御部7802は、エントリポイントを設定するM_VOBもしくはS_VOBに対応する動画セル(M_Cell)もしくは静止画セル(S_ [0313] The system control unit 7802, video cells corresponding to the M_VOB or S_VOB sets the entry point (M_Cell) or still picture cell (S_
Cell)にエントリポイントを置く時刻を生成し、保持する。 To generate a time to put the entry point to the Cell), to hold.

【0314】動画セル(M_Cell)に対してエントリポイントを設定する場合、システム制御部は、対応する動画セル情報(M_CI)に動画セルエントリポイント情報(M_C_EPI)を追加し、エントリポイントタイプ(EP_TY)およびエントリポイントを置く時刻(EP_PTM)を生成し、保持する。 [0314] When setting an entry point on the moving cell (M_Cell), the system control unit adds the corresponding video cell information (M_CI) video cell entry point information (M_C_EPI), the entry point type (EP_TY) and entry points to generate the time (EP_PTM) placing and holding. エントリポイントタイプが図36におけるM_C_EPI(タイプB)の場合は、テキスト情報(PRM_TXT)も生成し、保持する。 If the entry point type is M_C_EPI in Figure 36 (type B), text information (PRM_TXT) also generates and holds.

【0315】静止画セル(S_Cell)に対してエントリポイントを設定する場合、システム制御部は、対応する静止画セル情報(S_CI)に静止画セルエントリポイント情報(S_C_EPI)を追加し、エントリポイントタイプ(EP_TY)および静止画VOBエントリ番号(S_VOB_ENTN)を生成し、保持する。 [0315] When setting the entry point for the still picture cell (S_Cell), the system control unit adds the still picture cell entry point information in the corresponding still picture cell information (S_CI) (S_C_EPI), the entry point type generate (EP_TY) and the still picture VOB entry number (S_VOB_ENTN), holds.
エントリポイントタイプが図36におけるS_C_EP S_C_EP entry point type is shown in FIG. 36
I(タイプB)の場合は、テキスト情報(PRM_TX If I (type B), text information (PRM_TX
T)も生成し、保持する。 T) is also generated, to hold.

【0316】システム制御部に保持されたエントリポイント情報は、管理情報の一部として光ディスクに記録される。 [0316] entry point information stored in the system control unit is recorded on the optical disk as part of the management information.

【0317】図53を用いてエントリポイントの記録におけるシステム制御部の動作手順について説明する。 [0317] The operation procedure of the system control section will be described in the record of the entry point with reference to FIG. 53.

【0318】システム制御部7802は、再生中はデコーダより、あるいは記録中はエンコーダより現在再生もしくは記録中のVOBのアドレスを取得する(#53 [0318] The system control unit 7802, during playback in from the decoder, or the recording acquires the VOB addresses currently being reproduced or recorded from the encoder (# 53
2)。 2).

【0319】次に、システム制御部7802は、取得したVOBのアドレス情報を時刻情報または静止画枚数の何枚目可の情報に変換し、現在の時刻情報または静止画枚数情報を取得する(#533)。 [0319] Next, the system control unit 7802, and converts the acquired VOB address information to the time information or still what th Allowed of information of the number, to get the current time information or still image number information (# 533). エンコード時であっても、TMAP情報やVOBEntries情報はエンコーダからの情報を元に随時作成するので、取得したV Even during encoding, since the TMAP information or VOBEntries information creates at any time based on information from the encoder, the obtained V
OBのアドレス情報を時刻や枚数に変換し、現在の時刻や枚数を取得することが可能である。 Converts the address information of the OB to the time and number of sheets, it is possible to get the current time and number.

【0320】最後に、システム制御部7802は、エントリポイントを設定するM_VOBもしくはS_VOB [0320] Finally, the system control unit 7802 sets an entry point M_VOB or S_VOB
に対応する動画セル情報(M_CI)もしくは静止画セル情報(S_CI)にエントリポイント情報を追加記録する(#534)。 The entry point information is additionally recorded in the video cell information corresponding to the (M_CI) or still picture cell information (S_CI) (# 534). 動画セル情報(M_CI)には時刻情報(EP_PTM)が、静止画セル情報(S_CI) Time information on the video cell information (M_CI) (EP_PTM) is, still picture cell information (S_CI)
には何枚目の静止画であるかの情報(S_VOB_EN Information of how many piece of the still image in (S_VOB_EN
TN)が新たに記録される。 TN) is newly recorded. ここで記録とは、エントリポイント情報がシステム制御部7802において一時的に保持され、管理情報の形式でひかりディスクに記録されることを言う。 Here recording and the entry point information is temporarily stored in the system controller 7802 refers to be recorded on the optical disk in the form of management information.

【0321】以上のような手順に基づき、DVD記録装置は、エントリポイントを記録することができる。 [0321] Based on the procedure described above, DVD recorder can record an entry point.

【0322】(画面表示)図54は、エントリポイントを用いた画面表示の一例である。 [0322] (screen display) FIG. 54 is an example of a screen display using an entry point.

【0323】画面には、再生経路“「運動会−3年生」”と別の再生経路“「運動会−5年生」”が表示されており、それぞれの経路に対し複数のエントリポイントが設定されている。これによりユーザは、論理的意味を持たせた再生飛び込み点を選択し、任意の再生飛び込み点から再生を開始することが可能となる。 [0323] on the screen, playback path "" athletic meeting - the third grade, "" and another reproduction path "" athletic meet - fifth grade, "" are displayed, multiple entry points for each of the route is set . Thus, the user selects the play jump points which gave a logical sense, it is possible to start playback from an arbitrary reproduction plunge point.

【0324】また、エントリポイントがタイプBの場合は、“「100m競争」”や“「応援合戦」”のように、テキスト情報を表示することができ、ユーザは、時刻情報だけでなく、テキスト情報を参照して再生開始個所を選択し、任意の再生飛び込み点から再生を開始することが可能となる。 [0324] In addition, if the entry point is of type B, such as "" 100m competition "" and "" support battle "", it is possible to display the text information, the user, not only the time information, text by referring to the information to select the reproduction start point, it is possible to start playback from an arbitrary reproduction plunge point.

【0325】図55は、エントリポイントが設定されているセルの情報を利用した画面表示の一例である。 [0325] Figure 55 is an example of screen display entry point by using the information of the cell set.

【0326】画面には、ある再生経路に記録されたエントリポイントの情報が表示されており、個々のエントリポイントが設定されているセルの種類が“M”(動画セル)、“S”(静止画セル)という記号でそれぞれ表示されている。 [0326] The screen is information recorded entry point in the playback path is displayed, the type of cells that each entry point is set is "M" (movie cell), "S" (still are displayed respectively by the symbols of picture cells). これにより、ユーザは、個々のエントリポイントの設定されている映像が動画であるのか、静止画であるのか判断することが可能である。 Thus, the user may be image being set in each entry point whether a video, it is determined whether a still image.

【0327】なお、本実施の形態では、DVD−RAM [0327] It should be noted that, in the present embodiment, DVD-RAM
を例に説明を行ったが、他のメディアにおいても同様の設定を行うことができるので、本発明はDVD−RAM Has been described as an example, it is possible to perform the same settings in other media, the present invention is DVD-RAM
や光ディスクにのみ制限されるものではない。 But it is not limited to, an optical disk.

【0328】本実施の形態では、動画VOBおよび静止画VOBを他のVOBと分けてAVファイルに記録したが、他のVOBと同一のAVファイル内に記録してもよい。 [0328] In the present embodiment has been recorded in the AV file is divided video VOB and the still picture VOB and other VOB, may be recorded on the same AV file and other VOB. また、本発明はAVファイルの構成に制限を受けるものではない。 Further, the present invention is not restricted to the configuration of the AV file.

【0329】 [0329]

【発明の効果】本発明では、少なくとも映像データが記録された光ディスクであって、動画および静止画の任意の位置に、飛び込み再生が可能な再生飛び込み点(エントリポイント)を設けることができる。 In the present invention, at least the video data is a recording optical disc, can be provided at any position of the moving and still images, skip playback is playable dive point (entry point).

【0330】この結果、動画および静止画にかかわらず、独立した再生飛び込み点(エントリポイント)を利用することが可能となり、テープメディアでは実現できなかった、ディスク独自のランダムアクセス性を、複数の論理的意味のある再生経路において実現できるという効果が得られる。 [0330] As a result, regardless of the moving and still images, it is possible to use a separate reproduction dive point (entry point), it could not be realized in the tape media, disk unique random accessibility, a plurality of logical effect that can be achieved in the playback path of meaning.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 実施の形態におけるディスク論理構成図 [1] disk logical view of the embodiment

【図2】 動画用AVファイル内の構成図 FIG. 2 is a block diagram of the AV file for video

【図3】 静止画用AVファイルの構成図 FIG. 3 is a block diagram of the AV file for still image

【図4】 AVデータと管理情報の関係図 [Figure 4] relationship diagram of the AV data and management information

【図5】 RTR_VMGの構成図 FIG. 5 is a block diagram of a RTR_VMG

【図6】 RTR_VMGIの構成図 FIG. 6 is a configuration diagram of RTR_VMGI

【図7】 VERNおよびTM_ZONEの書式説明図 [7] format explanatory diagram of the VERN and TM_ZONE

【図8】 PL_SRP構成図 [8] PL_SRP configuration diagram

【図9】 PL_TYおよびPL_CREATEの書式説明図 [9] format illustration of PL_TY and PL_CREATE

【図10】 PTM記録書式説明図 [Figure 10] PTM recording format illustration

【図11】 S_VOB_ENTN記録書式説明図 [11] S_VOB_ENTN record format illustration

【図12】 M_AVFIT構成図 [12] M_AVFIT configuration diagram

【図13】 V_ATRおよびA_ATR書式説明図 [13] V_ATR and A_ATR format illustration

【図14】 動画用SP_PLT書式説明図 [14] SP_PLT format illustration for a moving image

【図15】 M_AVFI構成図 [15] M_AVFI configuration diagram

【図16】 M_VOBI構成図 [16] M_VOBI configuration diagram

【図17】 VOB_TY書式説明図 [17] VOB_TY format illustration

【図18】 TMAPI構成図 [18] TMAPI configuration diagram

【図19】 VOBU_ENT書式説明図 [19] VOBU_ENT format illustration

【図20】 S_AVFIT構成図 FIG. 20 is a block diagram S_AVFIT

【図21】 S_AA_STIおよびS_AAFI構成図 [21] S_AA_STI and S_AAFI diagram

【図22】 V_ATRおよびOA_ATR書式説明図 [Figure 22] V_ATR and OA_ATR format illustration

【図23】 静止画用SP_PLT書式説明図 [23] SP_PLT format illustration for a still image

【図24】 S_AVFI構成図 FIG. 24 is a block diagram S_AVFI

【図25】 S_VOB_ENT構成図 FIG. 25 is a block diagram S_VOB_ENT

【図26】 S_VOB_ENT_TY書式説明図 [26] S_VOB_ENT_TY format illustration

【図27】 S_AAFI_GIおよびS_AAGI_ [Figure 27] S_AAFI_GI and S_AAGI_
SRP構成図 SRP configuration diagram

【図28】 S_AAGI構成図 [Figure 28] S_AAGI configuration diagram

【図29】 AA_TY書式説明図 [29] AA_TY format illustration

【図30】 UD_PGCIT構成図 FIG. 30 is a block diagram UD_PGCIT

【図31】 TXTDT_MG構成図 FIG. 31 is a block diagram TXTDT_MG

【図32】 PGCI構成図 [Figure 32] PGCI block diagram

【図33】 PG_TY書式説明図 [Figure 33] PG_TY format illustration

【図34】 CI構成図 [Figure 34] CI configuration diagram

【図35】 C_TY書式説明図 [Figure 35] C_TY format illustration

【図36】 C_EPI構成図 FIG. 36 is a block diagram C_EPI

【図37】 EP_TY1書式説明図 [Figure 37] EP_TY1 format illustration

【図38】 DVD記録装置のドライブ装置ブロック図 FIG. 38 is a drive device block diagram of a DVD recording device

【図39】 (a) ディスク上のアドレス空間を示す図及び(b) トラックバッファ内データ蓄積量を示す図 [Figure 39] (a) shows the figure and (b) in the track buffer stored data amount indicating the address space on the disc

【図40】 MPEGビデオストリームにおけるピクチャ相関図 [Figure 40] picture correlation diagram in an MPEG video stream

【図41】 MPEGシステムストリームの構成図 Figure 41 is a configuration diagram of an MPEG system stream

【図42】 MPEGシステムデコーダ(P−STD) [Figure 42] MPEG system decoder (P-STD)
の構成図 Diagram of

【図43】 (a) ビデオデータを示す図、(b) [Figure 43] (a) shows video data, (b)
ビデオバッファを示す図、(c) MPEGシステムストリームを示す図及び(d) オーディオデータを示す図 Shows drawing, Figure and (d) the audio data showing the (c) MPEG system stream of a video buffer

【図44】 AVデータとエントリポイントの関係図 [Figure 44] relationship diagram of the AV data and the entry point

【図45】 PGCとエントリポイントの関係図 [Figure 45] relationship diagram of the PGC and the entry point

【図46】 DVD記録装置の構成図 FIG. 46 is a configuration diagram of a DVD recording device

【図47】 DVD記録装置における動画セルエントリポイント再生説明図 [Figure 47] video cell entry point play illustration in the DVD recording device

【図48】 DVD記録装置における静止画セルエントリポイント再生説明図 [Figure 48] still image cell entry point reproduction diagram of DVD recorder

【図49】 エントリポイント再生動作フロー [Figure 49] entry point playback operation flow

【図50】 静止画を含む再生経路での飛び込み再生説明図 [Figure 50] interrupt playback illustration in the reproduction route including a still image

【図51】DVD記録装置における高速サーチ説明図 [Figure 51] fast search illustration in the DVD recorder

【図52】 高速サーチ動作フロー [Figure 52] high-speed search operation flow

【図53】 エントリポイント記録動作フロー [Figure 53] entry point recording operation flow

【図54】 DVD記録装置におけるエントリポイントの表示例 Display example of an entry point in FIG. 54 DVD recorder

【図55】 DVD記録装置におけるエントリポイントの種類の表示例 [Figure 55] displays examples of the types of entry points in the DVD recorder

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 光ピックアップ 12 ECC処理部 13 トラックバッファ 14 スイッチ 15 エンコーダ部 16 デコーダ部 41 パックヘッダ 42 パケットヘッダ 43 ペイロード 51 STC 52 デマルチプレクサ 53 ビデオバッファ 54 ビデオデコーダ 55 リオーダバッファ 56 スイッチ 57 オーディオバッファ 58 オーディオデコーダ 7801 ユーザインターフェース部 7802 システム制御部 7803 入力部 7804 エンコーダ部 7805 出力部 7806 デコーダ部 7807 トラックバッファ 7808 ドライブ 11 the optical pickup 12 ECC processor 13 track buffer 14 switch 15 encoder 16 decoder unit 41 pack header 42 packet header 43 payload 51 STC 52 demultiplexer 53 video buffer 54 the video decoder 55 reorder buffer 56 switch 57 audio buffer 58 audio decoder 7801 user interface 7802 system control unit 7803 input unit 7804 encoder unit 7805 output unit 7806 decoder 7807 track buffer 7808 drives

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) G11B 27/10 G11B 27/10 A H04N 5/92 H04N 5/92 H 5/928 E 5/93 5/93 Z (72)発明者 村瀬 薫 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 津賀 一宏 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) G11B 27/10 G11B 27/10 a H04N 5/92 H04N 5/92 H 5/928 E 5/93 5 / 93 Z (72) inventor Murase, Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in Kaoru (72) inventor Tsuga Kazuhiro Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita Electric industrial Co., Ltd. in

Claims (17)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 映像ストリームで構成されるプログラムストリームと、該プログラムストリームを管理するオリジナルプログラム管理情報と、動画再生時刻と動画格納アドレスとを変換する時刻−アドレス変換テーブルと、 A program stream consists of 1. A video stream, and the original program management information for managing the program stream, the time to convert the video reproduction time and video storage address - the address conversion table,
    静止画番号と静止画格納アドレスとを変換する番号−アドレス変換テーブルとを有し、 該オリジナルプログラム管理情報は、 該プログラムストリームが動画である場合には、 該プログラムストリームの開始時刻を特定する開始時刻情報と、 該プログラムストリームの終了時刻を特定する終了時刻情報と、 該プログラムストリーム内に設定されたエントリポイント情報として、再生される該プログラムストリーム内の動画の時刻を表す動画再生時刻情報とを含み、 該プログラムストリームが静止画である場合には、 該プログラムストリームの再生が開始される静止画の番号を特定する開始番号情報と、 該プログラムストリームの再生が終了する静止画の番号を特定する終了番号情報と、 該プログラムストリーム内に設定されたエントリポ Still picture number and the still image storage address and number to convert - has an address conversion table, the original program management information, when the program stream is moving identifies the start time of the program stream starts and time information, and end time information specifying the end time of the program stream, as the entry point information set into the program stream, a video reproduction time information indicating the video time in the program stream reproduced wherein, the program stream when a still image, identifies the start number information specifying the still picture number reproduction of the program stream is started, the still picture number reproduction of the program stream ends and end number information, which is set within the program stream Entoripo ント情報として、再生される該プログラムストリーム内の静止画の番号を示す静止画番号情報とを含むことを特徴とする光ディスク。 As cement information, an optical disk which comprises a still picture number information indicating a still picture number in the program stream reproduced.
  2. 【請求項2】 上記プログラムストリームが動画である場合、該プログラムストリームの少なくとも部分区間を再生するためのプレイリスト管理情報をさらに有し、 該プレイリスト管理情報は、 該部分区間の開始時刻を特定する区分開始時刻情報と、 該部分区間の終了時刻を特定する区分終了時刻情報と、 該部分区間内に任意に設定されたプレイリストエントリポイントに関するエントリポイント情報として、再生される該部分区間内の動画の時刻を示す動画再生時刻情報と、 を含むことを特徴とする請求項1記載の光ディスク。 If wherein a said program stream video, further comprising, the PlayList management information playlist management information for reproducing at least a part section of the program stream, identifies the start time of the partial sections a division start time information, a division end time information specifying the end time of the partial section, as the entry point information about the playlist entry point set arbitrarily partial in section, in partial section to be reproduced optical disk according to claim 1, characterized in that it comprises video and video reproduction time information indicating the time of the.
  3. 【請求項3】 上記プログラムストリームが静止画である場合、該プログラムストリームの連続した1以上の静止画の部分区間を再生するためのプレイリスト管理情報をさらに有し、 該プレイリスト管理情報は、 該部分区間の静止画の開始番号を特定する区分開始番号情報と、 該部分区間の静止画の終了番号を特定する区分終了番号情報と、 該部分区間の静止画に任意に設定されたプレイリストエントリポイントに関するエントリポイント情報として、 If wherein a said program stream still images, consecutive 1 or more have still image subinterval further playlist management information for reproducing a said play list management information of the program stream, a division start number information specifying the still image start number of partial sections, a partition end number information specifying the still picture end number of partial intervals, the play list set arbitrarily to a still image of the partial sections as the entry point information about the entry point,
    再生される該部分区間内の静止画の番号を示す静止画番号情報とを含むことを特徴とする請求項1記載の光ディスク。 Optical disk according to claim 1, characterized in that it comprises a still picture number information indicating a still picture number of the moiety within the interval to be reproduced.
  4. 【請求項4】 上記エントリポイント情報は、上記エントリポイントにおける動画または静止画の内容を示すテキスト情報をさらに含む、請求項1記載の光ディスク。 Wherein said entry point information further comprises, according to claim 1 disc according text information indicating the contents of the moving image or a still image in the entry point.
  5. 【請求項5】 上記動画再生時刻情報のサイズは、上記静止画番号情報のサイズよりも大きい、請求項1記載の光ディスク。 Wherein the size of the moving image reproduction time information is greater than the size of the still picture number information, according to claim 1 the optical disk according.
  6. 【請求項6】 該動画の映像ストリームは、再生時間に基づいて単位化された映像オブジェクトユニットを複数有し、 上記時刻−アドレス変換テーブルは、上記動画再生時刻と前記映像オブジェクトユニットのデータサイズとの対応関係を規定する、請求項1記載の光ディスク。 Wherein the said motion video stream includes a plurality of unitized video object unit on the basis of the reproduction time, the time - the address conversion table, the data size of the video object unit as the moving image reproduction time optical disc of the defining the relationship, according to claim 1, wherein.
  7. 【請求項7】 該静止画の映像ストリームは、静止画を複数有し、 上記番号−アドレス変換テーブルは、複数の静止画の各々の該静止画番号とデータサイズとの対応関係を規定する、請求項1記載の光ディスク。 7. The still image of the video stream includes a plurality of still images, the number - address translation table defines a correspondence relationship between a plurality of still images each of the still picture number and data size, the optical disk according to claim 1, wherein.
  8. 【請求項8】 請求項1記載の光ディスクを再生する光ディスク再生装置であって、 光ディスクからエントリポイント情報を読み出し、保持する保持手段と、 プログラムストリームをデコードし、該プログラムストリームの再生中のアドレス情報を生成するデコーダと、 該アドレス情報を、該プログラムストリームのポイント情報に変換する変換手段と、 該ポイント情報に一番近いエントリポイント情報を選択する手段と、 選択したエントリポイント情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用してアドレス情報に変換する変換手段と、 変換したアドレス情報に基づく位置までジャンプするドライブ手段とを有し、該デコーダは、ジャンプした位置からデコードし、再生することを特徴とする光 8. The optical disk reproducing apparatus for reproducing the optical disc according to claim 1, reads the entry point information from the optical disc, and a holding means for holding, decodes the program stream, the address information in the reproduction of the program stream a decoder for generating, the address information, converting means for converting the point information of the program stream, and means for selecting the closest entry point information to the point information, the selected entry point information, the time - address conversion table or the number - a conversion means for converting the address information by using the address conversion table, and a drive means for jumping to a position based on the translated address information, said decoder decodes the position jump , light, characterized in that the play ディスク再生装置。 Disk reproducing apparatus.
  9. 【請求項9】 上記ポイント情報は、プログラムストリームが動画である場合、時刻情報であることを特徴とする請求項8記載の光ディスク再生装置。 9. The point information, when the program stream is a moving image, the optical disk reproducing apparatus according to claim 8, characterized in that the time information.
  10. 【請求項10】 上記ポイント情報は、プログラムストリームが静止画である場合、静止画番号情報であることを特徴とする請求項8記載の光ディスク再生装置。 10. The point information, when the program stream is a still image, the optical disk reproducing apparatus according to claim 8, wherein a still picture number information.
  11. 【請求項11】 上記エントリポイント情報は、さらにテキスト情報を含み、上記デコーダは該テキスト情報を再生することを特徴とする請求項8記載の光ディスク再生装置。 11. The entry point information further includes text information, the decoder is an optical disk reproducing apparatus according to claim 8, wherein the reproducing the text information.
  12. 【請求項12】 請求項1記載の光ディスクを再生する光ディスク再生方法であって、 光ディスクからエントリポイント情報を読み出し、保持し、 プログラムストリームをデコードし、該プログラムストリームの再生中のアドレス情報を生成し、 該アドレス情報を、該プログラムストリームのポイント情報に変換し、 該ポイント情報に一番近いエントリポイント情報を選択し、 選択したエントリポイント情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用してアドレス情報に変換し、 変換したアドレス情報に基づく位置までジャンプし、 ジャンプした位置からデコードし、再生することを特徴とする光ディスク再生方法。 12. An optical disk reproducing method for reproducing an optical disc according to claim 1, reads the entry point information from the optical disc, holds, decodes the program stream to generate address information during playback of the program stream , the address information is converted into the point information of the program stream, select the nearest entry point information to the point information, the selected entry point information, the time - the address conversion table or the number - address translation table using converted into address information, and jumps to the position based on the translated address information, it is decoded from the jump position, the optical disk reproducing method, characterized in that play.
  13. 【請求項13】 請求項1記載の光ディスクに情報を記録する光ディスク記録装置であって、 エントリポイント情報の入力を受けるインターフェースと、 エントリポイント情報を受けた時点におけるアドレス情報を生成する手段と、 該アドレス情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用して該プログラムストリームのエントリポイント情報に変換する変換手段と、 該エントリポイント情報を一時的に保持する保持手段と、 保持したエントリポイント情報を、光ディスクに記録するドライブ手段とを有することを特徴とする光ディスク記録装置。 13. An optical disk recording apparatus for recording information on an optical disc of claim 1, wherein an interface for receiving an input of entry point information, means for generating address information at the time of receiving the entry point information, the the address information, the time - the address conversion table or the number - conversion means for converting the entry point information of the program stream using the address conversion table, a holding means for temporarily holding the entry point information, the holding optical disk recording apparatus characterized by having a drive means for the entry point information is recorded on the optical disk.
  14. 【請求項14】 上記エントリポイント情報は、プログラムストリームが動画である場合、時刻情報であることを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置。 14. The entry point information, when the program stream is moving, the optical disc recording apparatus according to claim 13, characterized in that the time information.
  15. 【請求項15】 上記エントリポイント情報は、プログラムストリームが静止画である場合、静止画番号情報であることを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置。 15. The entry point information, when the program stream is a still image, the optical disk recording apparatus according to claim 13, wherein a still picture number information.
  16. 【請求項16】 上記エントリポイント情報は、さらにテキスト情報を含み、上記保持手段は該テキスト情報を生成し、保持することを特徴とする請求項13記載の光ディスク記録装置。 16. The entry point information further includes text information, the holding means generates said text information, the optical disk recording apparatus according to claim 13, wherein the holding.
  17. 【請求項17】 請求項1記載の光ディスクに情報を記録する光ディスク記録方法であって、 エントリポイント情報の入力を受け、 エントリポイント情報を受けた時点におけるアドレス情報を生成し、 該アドレス情報を、上記時刻−アドレス変換テーブルまたは上記番号−アドレス変換テーブルを利用して該プログラムストリームのエントリポイント情報に変換し、 該エントリポイント情報を一時的に保持し、 保持したエントリポイント情報を、光ディスクに記録することを特徴とする光ディスク記録方法。 17. An optical disk recording method for recording information on an optical disk according to claim 1, receives the entry point information, generates an address information at the time of receiving the entry point information, the address information, the time - the address conversion table or the number - by using an address conversion table to convert the entry point information of the program stream, temporarily holding the entry point information, the held entry point information is recorded on the optical disk optical disc recording method characterized by.
JP2000239876A 1999-03-10 2000-08-08 An optical disk, an optical disk recording and reproducing apparatus and an optical disc recording and reproducing method Active JP3128220B1 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6276099 1999-03-10
JP11-62760 1999-03-10
JP2000239876A JP3128220B1 (en) 1999-03-10 2000-08-08 An optical disk, an optical disk recording and reproducing apparatus and an optical disc recording and reproducing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000239876A JP3128220B1 (en) 1999-03-10 2000-08-08 An optical disk, an optical disk recording and reproducing apparatus and an optical disc recording and reproducing method

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000058894 Division

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP3128220B1 JP3128220B1 (en) 2001-01-29
JP2001111944A true JP2001111944A (en) 2001-04-20

Family

ID=26403811

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000239876A Active JP3128220B1 (en) 1999-03-10 2000-08-08 An optical disk, an optical disk recording and reproducing apparatus and an optical disc recording and reproducing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3128220B1 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7783160B2 (en) 2002-11-20 2010-08-24 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of interleaved multiple reproduction path video data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
JP2010225270A (en) * 2001-11-30 2010-10-07 Koninkl Philips Electronics Nv Information recording medium
US8521010B2 (en) 2005-03-23 2013-08-27 Seiko Epson Corporation Content playback unit and electronic device
US8554060B2 (en) 2002-06-28 2013-10-08 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing recording and reproduction of multiple path data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatus

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE602004028674D1 (en) 2003-06-30 2010-09-23 Panasonic Corp Recording medium, reproducing apparatus, recording method, program and reproducing method
US8233779B2 (en) 2004-07-09 2012-07-31 Panasonic Corporation Recording medium, recording method, reproduction apparatus and method, and computer-readable program

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010225270A (en) * 2001-11-30 2010-10-07 Koninkl Philips Electronics Nv Information recording medium
US8554060B2 (en) 2002-06-28 2013-10-08 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing recording and reproduction of multiple path data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatus
US7783160B2 (en) 2002-11-20 2010-08-24 Lg Electronics Inc. Recording medium having data structure for managing reproduction of interleaved multiple reproduction path video data recorded thereon and recording and reproducing methods and apparatuses
US8521010B2 (en) 2005-03-23 2013-08-27 Seiko Epson Corporation Content playback unit and electronic device

Also Published As

Publication number Publication date
JP3128220B1 (en) 2001-01-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6577811B1 (en) Recorded contents protection scheme for digital recording/reproducing system
US7215876B2 (en) Optical disc, video data editing apparatus, computer-readable recording medium storing an editing program, reproduction apparatus for the optical disc, and computer-readable recording medium storing an reproduction program
US6229955B1 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
US6148140A (en) Video data editing apparatus, optical disc for use as a recording medium of a video data editing apparatus, and computer readable recording medium storing an editing program
JP3183658B2 (en) Information recording medium, information recording medium recording information, apparatus and method for reproducing
EP1057184B1 (en) Method and device for recording real-time information
CA2439467C (en) A method and an apparatus for stream conversion, a method and an apparatus for data recording, and data recording medium
JP3715533B2 (en) Stream information of the information storage medium, a recording method, reproducing method, recording apparatus and reproducing apparatus
US7054545B2 (en) Recording, edit, and playback methods of audio information, and information storage medium
US7130531B2 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
EP1300851B1 (en) Information recording medium and apparatus and method for recording or reproducing data
EP0903743A2 (en) Video data editing apparatus and computer-readable recording medium storing an editing program
US7248783B2 (en) Recording medium, playback apparatus and recording/playback apparatus thereof
US7212725B2 (en) Recording/reproducing apparatus and picture recording reservation method of recording/reproducing apparatus
US6859613B2 (en) System for recording digital information including audio information
JP3607486B2 (en) Information recording and reproducing apparatus
US20040223740A1 (en) Video recording apparatus, recording medium, video recording method, and program
US20020131761A1 (en) Information recording medium, apparatus and method for recording/reproducing information to/from the medium
JP3356691B2 (en) Information recording medium and a recording method and reproducing method
EP1205933A2 (en) Recording apparatus and method with automatic chapter making capability
EP1206134A2 (en) Recording rate automatic setting recording device and recording rate automatic setting recording method
JP4197230B2 (en) Format conversion apparatus, the format conversion method, a recording medium recording the format conversion processing program and the format conversion processing program, and an information recording apparatus, information recording method, information recording processing program and an information recording process program recorded recording medium
JP4489248B2 (en) Optical disc, recording data on an optical disk, apparatus and method for reproducing
AU764308B2 (en) Information recording medium, apparatus and method for performing after-recording on the recording medium
JP2011108356A (en) Information storage medium for recording stream data, recording method, reproducing method, and reproducing device

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071110

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081110

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091110

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091110

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101110

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111110

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121110

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121110

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131110

Year of fee payment: 13