JP2001107301A - 鉄道レールの防振装置 - Google Patents

鉄道レールの防振装置

Info

Publication number
JP2001107301A
JP2001107301A JP2000248456A JP2000248456A JP2001107301A JP 2001107301 A JP2001107301 A JP 2001107301A JP 2000248456 A JP2000248456 A JP 2000248456A JP 2000248456 A JP2000248456 A JP 2000248456A JP 2001107301 A JP2001107301 A JP 2001107301A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
anchor
rail
vibration
pad
hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000248456A
Other languages
English (en)
Inventor
Tae-Woong Choi
泰 雄 崔
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR2019990017552U priority Critical patent/KR200171715Y1/ko
Priority to KR19990050491 priority
Priority to KR2000-18529 priority
Priority to KR1999-17552 priority
Priority to KR20000018529 priority
Priority to KR1999-50491 priority
Application filed by Individual filed Critical Individual
Publication of JP2001107301A publication Critical patent/JP2001107301A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01BPERMANENT WAY; PERMANENT-WAY TOOLS; MACHINES FOR MAKING RAILWAYS OF ALL KINDS
    • E01B19/00Protection of permanent way against development of dust or against the effect of wind, sun, frost, or corrosion; Means to reduce development of noise
    • E01B19/003Means for reducing the development or propagation of noise
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01BPERMANENT WAY; PERMANENT-WAY TOOLS; MACHINES FOR MAKING RAILWAYS OF ALL KINDS
    • E01B9/00Fastening rails on sleepers, or the like
    • E01B9/38Indirect fastening of rails by using tie-plates or chairs; Fastening of rails on the tie-plates or in the chairs
    • E01B9/44Fastening the rail on the tie-plate
    • E01B9/46Fastening the rail on the tie-plate by clamps
    • E01B9/48Fastening the rail on the tie-plate by clamps by resilient steel clips
    • E01B9/483Fastening the rail on the tie-plate by clamps by resilient steel clips the clip being a shaped bar
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01BPERMANENT WAY; PERMANENT-WAY TOOLS; MACHINES FOR MAKING RAILWAYS OF ALL KINDS
    • E01B9/00Fastening rails on sleepers, or the like
    • E01B9/68Pads or the like, e.g. of wood, rubber, placed under the rail, tie-plate, or chair
    • E01B9/685Pads or the like, e.g. of wood, rubber, placed under the rail, tie-plate, or chair characterised by their shape
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01BPERMANENT WAY; PERMANENT-WAY TOOLS; MACHINES FOR MAKING RAILWAYS OF ALL KINDS
    • E01B9/00Fastening rails on sleepers, or the like
    • E01B9/68Pads or the like, e.g. of wood, rubber, placed under the rail, tie-plate, or chair
    • E01B9/681Pads or the like, e.g. of wood, rubber, placed under the rail, tie-plate, or chair characterised by the material

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】レールの防振性能改善とレール敷設作業の便利
さおよび機能喪失または異常状態の肉眼での確認が容易
で、部品を容易に取り替えできる鉄道用レールの防振装
置を提供する。 【解決手段】一側対角線上の隅付近にアンカー孔8aが
穿設されたベッドプレート8と、アンカー孔8aと同じ
位置にアンカー孔1aが穿孔された厚肉状の防振パッド
1と、アンカー孔2aが穿孔されたアンカー管2bを有
し、アンカー固定孔2cを有するレールサポートプレー
ト2と、道床コンクリートに打ち込まれて前記ベッドプ
レート8と防振パッド1およびレールサポート2のアン
カー孔8a,1a,2aに差し込んで支える支柱アンカ
ー4と、支柱アンカー4に締結する固定ナット5と、固
定ナット保護用キャップ7から構成し、防振パッド1を
アンカー孔1aの中心内側部分を対角線に切開して本体
部分と隅部分に分割させた取り替え用防振パッドを提供
する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、列車がレール上を
走行するときに発生する振動と衝撃から列車とレールコ
ンクリート道床等に係る施設物と線路周辺の建造物を振
動から保護し、列車の走行静粛性を高めて乗り心地をよ
くするための鉄道用レール防振装置に関するものであ
る。地下鉄の場合、便利なメンテナンスと環境汚染源の
遮断を考えて砂利道床をコンクリート道床に切り替えて
いく趨勢である。
【0002】
【従来の技術】都市の地下鉄道はコンクリート道床上に
レールを敷くので従来の砂利道床に比べ防振効果が不充
分であり運行中の地下鉄道のレールと車輪間で発生する
騒音が基準値を超えて乗客の対話困難、無線電話利用の
不便、構造物と鉄道車両およびレール等の関連施設物に
与える悪影響が大きい。
【0003】鉄橋、地下鉄の区間等に施された従来のレ
ール防振装置は図1に示したように枕木Aの上に薄いベ
ッドプレートBを敷いてその上にゴム板Cを載せ、この
ゴム板C周囲の下部プレートDはアンカーボルトEをも
って道床に固定し、かつ上部プレートF上にはレールG
を敷設して絶縁板Hとカバープレートおよび固定具Jで
固定するものである。
【0004】このようなレール防振装置は列車が線路の
レール上を走るとき騒音および振動が発生して、この騒
音および振動は上部プレートDのゴム板Cにより振動が
弱められるが、下部プレートLの上側面にゴムを溶かし
そそいでから上部プレートDを下部プレートLの下側面
と圧着し上・下部プレート間にゴムが入っている一体形
の防振装置として製品化したものである。
【0005】しかしながら、これは製造コストが高く、
防振ゴムに異常が発生した場合に防振装置全体を取り替
えなければならないので費用と時間が過多に所要され
る。
【0006】また、ゴム板Cの弾性が少し低下しても下
部プレートLにレールより発生する衝撃が直接与えられ
るので安全上にも問題があった。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、レールの防
振性能向上と防振パッドの容易な交換による線路の便利
なメンテナンスの提供、レールのズレ防止および安全運
行に役立つ鉄道レール用の防振装置を提供することを課
題とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は、一側対角線上
の隅付近に支柱アンカー用アンカー孔8aが穿孔された
パッドプレート8と、前記アンカー孔8aと同じ位置に
支柱アンカー用アンカー孔1aが穿孔された厚肉状の防
振パッド1と、前記アンカー孔8a,1aのような用途
をもつアンカー孔2aが穿孔された上向き突出状のアン
カー管2bを有し、アンカー管2bからレールの敷設方
向に平行な固定孔2cを有するレールサポートプレート
2と、道床コンクリートにしっかり打ち込まれて前記パ
ッドプレート8と防振パッド1およびレールサポート2
のアンカー孔に差し込んで支える支柱アンカー4と、前
記支柱アンカー4の上端に設けられたネジ山4aに締結
する固定ナット5と、支柱アンカー4に締結した固定ナ
ット保護用キャップ7から構成したことを特徴とする鉄
道レールの防振装置を以って前記課題を解決した。前記
防振パッド1は、アンカー孔1aの中心内側部分を対角
線に切開して本体部分1−1と隅部分1−2に分割させ
た取り替えの容易な防振パッドも提供する。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を添付図面に
依拠して詳しく説明する。図2は本発明の鉄道用レール
防振装置で、防振パッド1とレールサポートプレート
2、レールパッド3、支柱アンカー4、固定ナット5、
パッキング6、キャップ7から構成される。
【0010】図中1は振動パッドで、道床コンクリート
でレールが敷設されるところに敷く公知のパッドプレー
ト8に載せてレールに対する2次防振機能を成し遂げる
もので、前後の幅よりも左右の幅が長い横長方形であり
ながら厚い低弾性ゴム又はウレタン製であって、一側対
角線上の縁付近には支柱アンカー4に差し込むアンカー
孔1aを穿孔する。さらに各アンカー孔1aの上部縁の
両側はレールサポートプレート2の底面からアンカー孔
のそばに形成されたピンボールに差し込んで支柱アンカ
ー4上での安定とレールサポートプレート2との結束を
強めるための一組の位置安定用セットピン1bを一体に
形成する。
【0011】レールサポートプレート2は敷設されるレ
ールを実質的にサポートするもので金属製であって大体
前記防振パッド1と同型ながら平面積も殆んど同じであ
る。そして、前記防振パッド1のアンカー孔1aのよう
な位置にはアンカー孔2aが穿孔された上向き突出状ア
ンカー管2bを設け、上面に設けられたレールパッド載
置部2dを、左又は右側にレールの敷設方向に平行と固
定孔2cを穿孔する。
【0012】3は1次防振機能を発揮するレールパッド
で、低弾性ゴム又はウレタン製であって、レールサポー
トプレート2のレールパッド載置部2dにきちんとはま
る寸法を有しており、上面の両側辺はレールの低板側面
を抱いて保護する低い縁3aを形成したもので、前記防
振パッド1よりは肉厚である。
【0013】支柱アンカー4は、コンクリート道床に打
ち込まれた固定状態でパッドプレート8と防振パッド
1、レールサポートプレート2の各アンカー孔を順番に
差し込んだ状態で安定させ、列車がレール上を通過する
際にその動荷重を受けたレールパッド3とレールサポー
トプレート2および振動パッド1が押えられて下降した
り列車の動荷重がなくなることによって、上昇復帰時の
ピストンのような上下の動きがスムーズにできるように
案内するガイド棒の役割を行なうものであって、上端に
は固定ナット締結用ネジ山4aを設け、下端にはコンク
リート道床に垂直に穿孔されたアンカー孔に差し込んで
そのアンカー孔との間に強力接着剤を充填して固定させ
るためのアンカー部4bを形成する。
【0014】固定ナット5は前記支柱アンカー4の上端
に設けられたネジ山4aに締結してレールサポートプレ
ート2と防振パッド1およびパッドプレート8が元位置
をはみ出さないようにするものである。
【0015】パッキング6はコンクリート道床に支柱ア
ンカー4を打ち込み固定して、さらにパッドプレート8
と防振パッド1、レールサポートプレート2の手順で差
し込み込んで支柱アンカー4の上端に固定ナット5を締
結した場合、金属製のレールサポートプレート2のアン
カー孔2aの上部縁と固定ナット5の底面との物理的な
接触を防ぎ、かつ常にレールサポートプレート2をタイ
トな状態に保護するためのもので、低弾性ゴム又は低弾
性ウレタン製である。
【0016】ここで使用しているパッキング6はスプリ
ングとして使い、取り替えられる。キャップ7は支柱ア
ンカー4に締結された固定ナット5を保護する構成要素
であって、天井からワッシャー11の縁厚ほど下降した
内周面上にはその底面の縁に下掛けられ、わざと取らな
い限り、上方に抜けることを防止する図2に示す掛止7
aを設ける。
【0017】前記構造の説明で言及していない固定具9
と絶縁ブロック10は従来と同様であって、符号11は
パッキング6の上に載置するワッシャーである。
【0018】図3と図4は本発明の鉄道レール防振装置
を利用してレールを敷設した場合の平面および断面を示
したもので、道床コンクリート12で前記アンカー孔8
a、1a,2aと同芯線上に垂直のアンカー孔12aを
穿孔して強力接着剤13を注入し、さらに支柱アンカー
4を正しく差し込んで接着剤13により固める。
【0019】アンカー孔12aは道床コンクリート12
に支柱アンカー4が正常に設置された状態で道床コンク
リート12上に露出した支柱アンカー部位にパッドプレ
ート8と防振パッド1、レールサポートプレート2、パ
ッキング6、ワッシャー11をはめて固定ナット5をし
っかり締めたとき防振パッド1とパッキング6が締結圧
力に押えられ、レールサポートプレート2が列車の動荷
重が作用しない限り、揺動しないように抑圧させる深さ
とする。
【0020】支柱アンカー4を設置してからそこにパッ
ドプレート8と防振パッド1、レールサポートプレート
2をアンカー孔8a,1a,2aに順番に差し込んでレ
ールサポートプレート2のアンカー管2bの上にパッキ
ング6とワッシャー11を順番にはめておく。この場合
は、パッドプレート8と防振パッド1、レールサポート
プレート2、パッキング6およびワッシャー11を合わ
せた高さが支柱アンカー4のネジ山4aの下端の境界線
よりも高い。
【0021】しかしながら、その高さは固定ナット5で
防振パッド1とパッキング6が弾力的に収縮され適宜圧
力によりレールサポートプレート2を抑圧するようにな
るのでレールサポートプレート2は揺動できなくなる。
この場合、パッドプレート8の厚さを調節して設置する
とコンクリート道床のバラツキ高さを補正することがで
きる。
【0022】固定ナット5を完全に締結した後は、レー
ルサポートプレート2のレールパッド載置部2dにレー
ルパッド3を載置する。この場合、レールパッド3は縁
3aをレールサポートプレート2の両側辺に置く。
【0023】レールパッド3の上にレール14を敷設
し、固定孔の押し部が載置されるレール14のフランジ
14a上に絶縁ブロック10を載せてレールサポートプ
レート2の固定孔2cに固定具9の固定端9aをしっか
り差し込めばその押し部9bが絶縁ブロック10の上面
を強力な力で押し付けてレール14を安定させる。
【0024】最後には、固定ナット5にキャップ7を被
せて掛止7aに掛けて部品を保護し、模様を綺麗にする
と同時に特定の人間以外は固定ナット5をはずせないよ
うに保護する。
【0025】上述した防振パッド1は最初の施工用であ
って、図5の防振パッドは補修用である。つまり、寿命
済みの防振パッド1を新品に取り替える場合は、支柱に
設置された固定ナット5をはずしてレールサポートプレ
ート2まで持ち上げて取り替えるが、これは経費も掛り
すぎ、また時間も掛りすぎ、不便である。
【0026】前記のようなレールパッドの取り替え時の
不便さを改良するため、レール14が敷設された状態で
他の構成要素は触らずに防振パッド1だけを簡単に取り
替える方法を講ずる必要がある。図5の分割型防振パッ
ド1−1,1−2はこのような期待を満足させることが
できる。
【0027】つまり、セットピン1bから内側にすこし
離れたところを通過するよう側辺と前辺あるいは後辺を
直線に繋ぐ境界線に沿って防振パッドの本体1−1と隅
部1−2に分割するのである。
【0028】前記防振パッド1を取り替えられる防振パ
ッド1−1,1−2に取り替えるときの要領は、前後防
振装置の固定メンバーの所定箇所を抜き、交替対象レー
ルを持ち上げられるように措置し、交替対象防振パッド
キャップ7をはずして防振パッド1を抜き出せるよう固
定ナット5を適宜緩めてテコや油圧ジャックのような機
具によりレールサポートプレート2を持ち上げ、防振パ
ッド1を抜いたり交替装填できる余裕空間を確保してか
ら当初設置された防振パッド1を抜いて新品の防振パッ
ド1−1をレールサポートプレート2の下部側面から交
替防振パッド11−1を挿入して左右に分割された防振
パッド1−2を挿入してレールを元位置するとセットピ
ン1bにより離脱を防げる。
【0029】どの形の防振パッド1,1−1であっても
図2のごとくレール14を敷設して列車が通過すると、
その動荷重がレールパッド3からレールサポートプレー
ト2に伝わる前に一時的に緩衝され、余分の動荷重はレ
ールサポートプレート2に伝わる。その影響を受けたレ
ールサポートプレート2は支柱アンカー4をガイド棒に
してある程度下降し、防振パッド1、1−1は下降する
レールサポートプレート2に押えつけられながら二次緩
衝作用を行なう。
【0030】二次緩衝作用まで行なわれると道床コンク
リート12には列車の動荷重による振動が殆ど及ばな
い。列車が通過した直後レールサポートプレート2は防
振パッド1の復元力によって上昇復帰し、しかもレール
14はこの復元力にレールパッド3の復元弾性が加勢し
た復元力によって本来の位置に戻る。
【0031】
【発明の効果】以上説明したように本発明の鉄道レール
の防振装置はレールサポートプレート2が支柱アンカー
4をガイド棒にして動荷重が掛かれば下降し、列車の動
荷重がなくなると上昇復帰するときの往復作用をスムー
ズにするため、上下運動は自在だが前後および左右移動
と不等沈下が完璧に防止されるので列車の脱線事故の恐
れがなく安全であり、既存のアンカーボルトは小型(φ
26mm)を四本打ち込んで湿気の多いところでは腐食に
より頻繁に取り替えなければならないが同防振装置はφ
40mm以上の支柱アンカーを二本打ち込むので耐久力が
優れている。
【0032】特に、支柱アンカーにはめられて安定した
レールサポートプレートは防振パッドの厚増によって防
振効果を極大することができ、さらに道床コンクリート
とレールおよび列車の耐久性向上と列車の乗客に対する
乗り心地の改良効果もよくなる。
【0033】また、アンカー孔の一部を含む隅部と本体
部に分割された補修用防振パッド(図5)が老朽あるいは
傷ついた場合、交替が簡単で、かつ防振パッドのメンテ
ナンスも容易であって、防振パッドの交替時間と人件費
を含む省経費の効果も大きい。なお、キャップと固定メ
ンバーだけが露出するので既存のレール防振装置に比べ
外観がさっぱりしていて、サイズや重さも低減すること
ができ経済的である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 従来レール防振装置を利用して敷設したレー
ルの断面図。
【図2】 本発明に係る鉄道レール防振装置の分解図。
【図3】 前記レール防振装置を利用してレールを敷設
した場合の平面図。
【図4】 図3のA−A線矢視断面図。
【図5】 交替用防振パッドの斜視図。
【符号の説明】
1…防振パッド 1a,2a,8a…アンカー孔 2…レールサポートプレート 2b…アンカー管 3…レールパッド 4…支柱アンカー 4a…ネジ山 4b…アンカー部 5…固定ナット 6…パッキング 7…キャップ 7a…掛止 8…べッドプレート 1−1,1−2…交替用防振パッド

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】一側対角線上の隅付近に支柱アンカー用ア
    ンカー孔(8a)が穿孔されたベッドプレート(8)と、前
    記アンカー孔(8a)と同じ位置に支柱アンカー用アンカ
    ー孔(1a)が穿孔された厚肉状の防振パット1と、前記
    アンカー孔(8a,1a)のような用途をもつアンカー孔
    (2a)が穿孔された上向き突出状のアンカー管(2b)を
    有し、アンカー管(2a)からレールの敷設方向に平行な
    固定孔(2c)を有するレールサポートプレート(2)と、
    道床コンクリートにしっかり打ち込まれて前記ベッドプ
    レート(8)と防振パッド(1)およびレールサポート(2)
    のアンカー孔(8a,1a,2a)に差し込んで支える支
    柱アンカー(4)と、前記支柱アンカー(4)の上端に設け
    られたネジ山(4a)に締結する固定ナット(5)と、支柱
    アンカー(4)に締結した固定ナット保護用キャップ(7)
    から構成したことを特徴とする鉄道レールの防振装置。
  2. 【請求項2】前記防振パッド(1)はアンカー孔(1a)の
    中心内側部分を対角線に切開して本体部分(1−1)と隅
    部分(1−2)に分割させた補修用防振パッドとすること
    を特徴とする請求項1記載の鉄道レールの防振装置。
JP2000248456A 1999-08-23 2000-08-18 鉄道レールの防振装置 Pending JP2001107301A (ja)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR2019990017552U KR200171715Y1 (ko) 1999-08-23 1999-08-23 철도 레일 방진장치
KR19990050491 1999-11-13
KR2000-18529 2000-04-08
KR1999-17552 2000-04-08
KR20000018529 2000-04-08
KR1999-50491 2000-04-08

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001107301A true JP2001107301A (ja) 2001-04-17

Family

ID=27349964

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000248456A Pending JP2001107301A (ja) 1999-08-23 2000-08-18 鉄道レールの防振装置

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1079023A3 (ja)
JP (1) JP2001107301A (ja)
CN (1) CN1285439A (ja)
CA (1) CA2316555A1 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007255034A (ja) * 2006-03-23 2007-10-04 Railway Technical Res Inst 橋まくらぎレール締結装置
JP2009286585A (ja) * 2008-05-29 2009-12-10 Murata Mach Ltd 軌道固定設備
US7728064B2 (en) 2003-11-13 2010-06-01 Daikin Industries, Ltd. Aqueous liquid dispersion of water and oil repellent agent containing nonionic surfactant
JP2014073896A (ja) * 2012-10-04 2014-04-24 Sumitomo Heavy Ind Ltd レールベース
WO2018055763A1 (ja) * 2016-09-26 2018-03-29 アズビル株式会社 搬送装置

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2399124B (en) * 2003-03-05 2006-07-26 Corus Uk Ltd Rail damper
CN1297712C (zh) * 2004-07-23 2007-01-31 尹学军 浮置道床
US10081915B2 (en) 2016-07-20 2018-09-25 Progress Rail Services Corporation Track rail fastening mechanism and method
US10240299B2 (en) 2016-07-25 2019-03-26 Progress Rail Services Corporation Mechanism and system for fastening track rail to a substrate and track rail fastening method
KR101877949B1 (ko) * 2017-02-14 2018-07-12 주식회사 디알비동일 자갈 도상 궤도용 탈착형 침목 방진패드
CN110184860B (zh) * 2018-02-23 2021-03-19 洛阳科博思新材料科技有限公司 双层道岔减振扣件下垫板及其制造方法
US11098454B2 (en) 2019-04-01 2021-08-24 Progress Rail Services Corporation Track rail fastener and system for pedestal mounted track rail
CN112324845A (zh) * 2020-11-06 2021-02-05 浙江硕维轨道交通装备有限公司 一种地铁轨道减震装置
CN112922041B (zh) * 2021-02-02 2022-07-15 北京城建北方集团有限公司 一种地下轨道交通临近建筑减振施工工艺
CN113914153A (zh) * 2021-10-29 2022-01-11 株洲时代新材料科技股份有限公司 一种包胶式轨道减振器

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4715533A (en) * 1986-04-01 1987-12-29 Bucksbee James H Rail fastener assembly with horizontal flanges
US5249743A (en) * 1992-04-23 1993-10-05 Lord Corporation Multiple section special trackwork fastener

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7728064B2 (en) 2003-11-13 2010-06-01 Daikin Industries, Ltd. Aqueous liquid dispersion of water and oil repellent agent containing nonionic surfactant
JP2007255034A (ja) * 2006-03-23 2007-10-04 Railway Technical Res Inst 橋まくらぎレール締結装置
JP2009286585A (ja) * 2008-05-29 2009-12-10 Murata Mach Ltd 軌道固定設備
JP2014073896A (ja) * 2012-10-04 2014-04-24 Sumitomo Heavy Ind Ltd レールベース
WO2018055763A1 (ja) * 2016-09-26 2018-03-29 アズビル株式会社 搬送装置
CN109789973A (zh) * 2016-09-26 2019-05-21 阿自倍尔株式会社 输送装置
US10703574B2 (en) 2016-09-26 2020-07-07 Azbil Corporation Conveying device

Also Published As

Publication number Publication date
CA2316555A1 (en) 2001-02-23
CN1285439A (zh) 2001-02-28
EP1079023A2 (en) 2001-02-28
EP1079023A3 (en) 2001-03-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001107301A (ja) 鉄道レールの防振装置
KR100383578B1 (ko) 철도 레일 방진장치
KR100397870B1 (ko) 철도레일 방진체결장치
KR200312651Y1 (ko) 철도 궤도 방진 방음 체결장치용 와셔 볼트
KR100660007B1 (ko) 철도 레일 고정 구조
KR200410824Y1 (ko) 연약지반용 철로설치구조
KR200205801Y1 (ko) 철도 레일 방진장치
KR200337972Y1 (ko) 콘크리트 침목 등의 레일 방진체결구조
KR200245911Y1 (ko) 철도 레일 방진장치
KR200254140Y1 (ko) 철도 레일 방진장치
KR20050080047A (ko) 철도레일 방진 체결장치
CN215800710U (zh) 一种减振扣件系统
KR100493400B1 (ko) 철도레일용 소음방지블록
JP6886876B2 (ja) 縦まくらぎ構造及び車両用軌道
KR20110090114A (ko) 레일패드의 두께를 보강하기 위한 구조를 갖는 레일 체결부
KR100453985B1 (ko) 피씨티용 가드레일 체결장치
JP2887720B2 (ja) 踏切舗装板
KR200319318Y1 (ko) 철도의 방진시스템
KR100661608B1 (ko) 철도 레일의 침목간 탄성 체결장치
KR200410831Y1 (ko) 스프링 클립을 이용한 철도 레일 체결장치
CN215906566U (zh) 一种轨道桥支柱减震系统及其减震结构
JP3636624B2 (ja) ラダー型マクラギ軌道用防振ゴムの取付け構造及びその施工方法
KR200236034Y1 (ko) 철도선로의 침목 횡 저항력 증강 장치
KR200281054Y1 (ko) 피씨티용 가드레일 체결장치
KR101249076B1 (ko) 철도 레일 방진패드의 체결구조