JP2001079580A - 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽 - Google Patents

汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽

Info

Publication number
JP2001079580A
JP2001079580A JP26237799A JP26237799A JP2001079580A JP 2001079580 A JP2001079580 A JP 2001079580A JP 26237799 A JP26237799 A JP 26237799A JP 26237799 A JP26237799 A JP 26237799A JP 2001079580 A JP2001079580 A JP 2001079580A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
metal electrode
sewage
fluidized bed
bed carrier
treatment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP26237799A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3301996B2 (ja
Inventor
Masahiro Imura
正博 井村
Eiichi Suzuki
栄一 鈴木
Kei Takahashi
慶 高橋
Original Assignee
Fuji Clean Kogyo Kk
フジクリーン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Clean Kogyo Kk, フジクリーン工業株式会社 filed Critical Fuji Clean Kogyo Kk
Priority to JP26237799A priority Critical patent/JP3301996B2/ja
Publication of JP2001079580A publication Critical patent/JP2001079580A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3301996B2 publication Critical patent/JP3301996B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Abstract

(57)【要約】 【課題】 電極表面に形成される不動態皮膜による、金
属イオンの溶出低下を防止し、金属電極の溶解・溶出性
能をコンスタントなものとする。 【解決手段】 流動床担体を充填した生物濾過槽の汚水
中に、金属電極を浸漬して通電処理し、当該濾過槽の流
動床担体に対する散気・逆洗処理時に、当該流動床担体
を含む汚水を散気撹拌したり、逆洗時に曝気撹拌するこ
とにより、金属電極の表面に流動床担体や濾材を擦り付
けたり、衝突させ、金属電極に付着した生物膜や電極表
面の不動態皮膜を剥離洗浄する。 【効果】 生物濾過槽に充填した流動床担体が、生物処
理のための本来的な機能・役割を果たすのみならず、当
該担体の散気・逆洗時においては、金属電極に付着した
生物膜や電極表面に形成される不動態皮膜を剥離洗浄す
る部材としての機能・役割を併有することから、脱リン
用金属電極を組み込んでなる汚水処理槽の普及を飛躍的
に高める。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、汚水中に含まれる
リンを電気化学的に除去する汚水処理の脱リン方法と、
脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽に関する。
【0002】
【従来の技術】近時、汚水処理装置の汚水中に含まれる
リンを、電気化学的に金属電極から金属イオンを溶出さ
せる電気溶解法によりリン除去する手法の研究が進み、
当該金属電極から溶出した金属イオンが、汚水中のリン
酸イオンと凝集反応して不溶性のリン酸合物として沈殿
分離させることで、安定且つ長期間に亙って効率良くリ
ン除去され、電気的に金属イオン溶出量を手軽に調整で
きる点で、優れていることが実証されている。
【0003】それに付随して、特開平7−108296
号公報の図9や図10に示す鉄溶解装置や、特開平10
―43781号公報、特開平10―66995号公報、
特開平10―128370号公報、特開平11―904
66号公報等においては、電気溶解法によるリン除去手
段が多数提案されるに至っている。
【0004】例えば、特開平7―108296号公報の
図9や図10及び図13に示す脱リン装置や、特開平1
0―43781号公報や特開平10―66995号公報
に示す汚水処理装置(以下、前者という)の場合には、
汲み上げた二次処理水を返送する循環経路中に鉄溶解・
溶出槽を設け、当該溶出槽に浸漬した鉄板に通電処理す
ることにより、当該鉄板電極を腐食溶解させるようにし
ている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題1】ところが、前者の脱
リン装置の場合には、汚水処理槽の槽上方部の空間スペ
ースに溶出槽を組み込むことにしているため、その為の
空間スペースを確保せねばならないことから、汚水処理
槽の嵩高が大きなものとなる。それでは、近時における
汚水処理槽の小型コンパクト化の要請に反することにな
る。その上、長期間に亙る処理水の循環に伴い、鉄板電
極の表面に不動態皮膜が形成されることで、次第に鉄イ
オンの溶出が不安定となる。そこで、鉄溶解性能を保持
する観点から、当該溶出槽に投入した鉄板電極の表面皮
膜を洗浄するため、専用の散気管を当該溶出槽に配管し
ている。
【0006】このような課題を解決するに、前記公報の
内、特開平10―128370号公報の図2や特開平1
1―90466号公報に示す汚水処理装置(以下、後者
という)の場合には、汚水処理装置における活性汚泥槽
や膜処理槽の活性汚泥中に、鉄板やアルミニウム等の金
属電極を組み込み、通電処理することにより金属イオン
を溶出させると共に、散気装置からの散気撹拌により活
性汚泥処理しつつ、凝集処理するようにしている。
【0007】
【発明が解決しようとする課題2】ところが、後者の場
合には、汚泥脱リン処理の進行に伴って、金属電極に生
物膜が付着したり、電極表面に不動態皮膜が形成される
ことで、金属イオンの溶出量が不安定となる。それを活
性汚泥の散気撹拌に伴う槽内流の程度では、効率良く除
去できないため、やがて金属電極の溶解性能の低下を招
くこととなる。それが為、金属電極を槽内から定期的に
引き上げて、人為的に電極表面の生物膜を洗浄したり、
表面皮膜を剥離する等の維持管理を必須とすることにな
る。それでは、この種の脱リン用金属電極を備え、リン
除去性能に優れる汚水処理槽の普及を阻害する要因とも
なる。
【0008】そこで、本発明では、前記した電気溶解法
による汚水処理の脱リン用金属電極を、自己の先行出願
に係る特願平10―180388号(平成10年6月2
6日出願)の明細書と図面に示す汚水処理装置における
生物濾過槽に組み込むことにより、前記の発明課題1に
対処すると共に、当該生物濾過槽に充填した流動床担体
を含む汚水を、散気・曝気撹拌することで、当該汚水に
含まれる流動床担体を金属電極の表面に擦り付けたり、
衝突させ、当該金属電極の表面付着物を洗浄したり、不
動態化した表面皮膜を剥離し、それを散気・逆洗の度ご
とに繰り返すことで、前記の発明課題2を解決し、これ
により金属イオンの溶出性能をコンスタントに維持、発
揮できる脱リン手段を提供したのである。
【0009】具体的には、請求項1に示すように、汚水
中に含まれるリンを、電気化学的に金属電極から金属イ
オンを溶出させることでリン除去する汚水処理の脱リン
方法において、流動床担体や濾材を充填した好気性処理
槽の汚水中に、前記金属電極を浸漬して通電処理し、当
該処理槽の流動床担体や濾材に対する散気・逆洗処理時
に、当該流動床担体や濾材を含む汚水を散気・曝気撹拌
したり、好気処理水を逆流させて撹拌することにより、
前記金属電極の表面に流動床担体や濾材を擦り付けた
り、衝突させ、当該金属電極に付着した生物膜や電極表
面の不動態皮膜を剥離洗浄する汚水処理の脱リン方法を
提供する。これにより、汚水処理の脱リン用金属電極の
溶解・溶出性能をコンスタントに維持し、法定点検時や
消耗した金属電極の交換時以外における、人為的な維持
管理を不要なものとする。
【0010】また、請求項2では、汚水中に含まれるリ
ンを、電気化学的に金属電極から金属イオンを溶出させ
ることでリン除去する汚水処理の脱リン装置において、
前記金属電極を、流動床担体や濾材を充填した好気性処
理槽の汚水中に浸漬支持すると共に、当該好気性処理槽
に設けた散気装置や逆洗装置により、前記金属電極の表
面に流動床担体や濾材を擦り付けたり、衝突させること
で、当該金属電極の付着物や電極表面の不動態皮膜を剥
離洗浄する脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽を提
供する。
【0011】また、請求項3では、汚水中に含まれるリ
ンを、電気化学的に金属電極から金属イオンを溶出させ
ることでリン除去する汚水処理の脱リン装置において、
流動床担体を充填した生物濾過槽の上方部に、当該担体
の浮上防止用ネットを設け、生物濾過槽の下方部に前記
担体の沈降防止用ネットを設け、前記浮上防止用ネット
と沈降防止用ネットの間に散気装置を設けると共に、生
物濾過槽の底部室に逆洗装置を設けてなり、前記上下ネ
ット間の区画室に入れた流動床担体が、前記散気装置の
間を通過して当該区画室内を流動自在とし、前記上部ネ
ットから陰陽一対の前記金属電極を区画室に落とし込ん
で掛架支持し、前記流動床担体に対する散気・逆洗時
に、流動床担体を含む汚水を散気・曝気撹拌することに
より、前記金属電極の表面に流動床担体や濾材を擦り付
けたり、衝突させ、当該金属電極に付着した生物膜や電
極表面の不動態皮膜を剥離洗浄する。これにより、汚水
処理の脱リン用金属電極の溶解・溶出性能をコンスタン
トに維持し、法定点検時や消耗した金属電極の交換時以
外における、人為的な維持管理を不要なものとする。
【0012】尚、請求項1〜請求項3に記載の流動床担
体又は濾材としては、プラスチック、セラミック、アン
スラサイト又は砂のいずれかとし、好気性処理槽に充填
したこのような接触媒体を金属電極の洗浄媒体としても
有効利用する。即ち、前記の流動床担体や濾材を本来の
生物濾過処理のための接触・濾過媒体として機能すると
共に、当該担体や濾材の散気・逆洗時においては、金属
電極に付着した生物膜や当該電極表面に形成される不動
態皮膜を剥離洗浄するため洗浄媒体としても機能する。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図
1と図2に示す汚水浄化槽Tの概要図と、本発明の要部
を示す図3の斜視図等に基づいて説明する。汚水浄化槽
Tの内部は、図1と図2に示すように、汚水が流入する
流入管1側から、処理水の放流管2側にかけて、汚水処
理の工程順に応じて複数の処理槽に区画形成され、具体
的には、夾雑物除去槽Aと嫌気濾床槽Bと生物濾過槽C
と処理水槽Dと消毒槽Eの各処理槽を備えている。
【0014】夾雑物除去槽Aでは、流入管1からの流入
汚水を流入バッフル3を介して槽内へ降流させ、流入汚
水に混入する夾雑物や油脂分などを嫌気状態下で固液分
離し、当該夾雑物や二次処理されて返送される不溶性・
難溶性のリン酸化合物を槽底部に沈澱処理すると共に、
その嫌気処理水を移流バッフル4を昇流させ、次の嫌気
濾床槽Bとの隔壁5の上方部の移流開口6から、当該嫌
気濾床槽Bへ移流するようにしている。
【0015】嫌気濾床槽Bの槽内中央部付近には、上下
に比較的目の粗い多孔ネット7を配設し、その内部に球
状濾材8を収容した嫌気濾床Rが浸漬状態に設置され、
当該嫌気濾床Rには嫌気性微生物が生息して活動するよ
うにしている。そこで、移流開口6から嫌気濾床槽Bの
槽内へ流入した嫌気処理水は、前記嫌気濾床Rを通過す
ることにより嫌気性微生物により嫌気処理された上で底
部室9へと降流する。この嫌気処理水は、清掃口を兼ね
る移流バッフル10を昇流し、生物濾過槽Cとの隔壁1
1の上方部の移流開口12から次の生物濾過槽Cへと移
流する。
【0016】ここで、本発明の要部を構成する脱リン装
置Pを組み込んでなる生物濾過槽Cの構造を説明する。
13は生物濾過槽Cの上方部に配設した流動床担体Xの
浮上防止用ネット、14は生物濾過槽Cの下方部に配設
した担体Xの沈降防止用ネットであって、生物濾過槽C
の上下位置の内壁面に突設した係合段部15に取り付け
られ、これにて上下ネット13、14の間に処理室Fが
区画形成される。
【0017】Sは散気装置であって、上下ネット13、
14の間で下部ネット14寄りの位置に配管され、その
散気用送気管16を一方の隔壁11寄りの位置に沿って
鉛直上方へ配管し、その上端部を散気用送気本管17に
配管し、その基端部の送気口18に散気用ブロア(図示
せず)との連結管が配管され、常時、送気している。
【0018】Xは合成樹脂製で中空円筒状の流動床担体
であって、具体的には、その内外径が12〜14mmφ程
度の円筒形状で、その高さが14〜15mm程度、肉厚が
1mm程度に成形され、その比重が水より若干大きい程度
の「1.08±0.07」に比重調整されている。
【0019】Gは生物濾過槽Cの底部室20に配管した
逆洗装置であって、その逆洗用送気管21を他方の処理
水槽Dと区画するコ字状の隔壁22の内壁面に沿って鉛
直上方へ配管され、その上端部を逆洗用送気本管23に
配管し、その基端部の送気口24に逆洗用ブロア(図示
せず)との連結管が配管される。この逆洗用ブロアは、
タイマーなどにより1日当り1回程度の割合で間欠的に
駆動制御され、通常、汚水流入の少ない真夜中の時間帯
に、数分間から十数分間程度に亘って駆動するようにし
ている。
【0020】次に、脱リン装置Pの本体構成を、図4
(a)、(b)に基づいて説明する。35は間隔を隔て
て対向した陰陽一対の金属電極であって、具体的には、
鉄やアルミニウム、マグネシウム等の板状、棒状等の導
電性ある金属により形成され、その一方が陽極35a、
他方が陰極35bとして機能し、その対極間に直流又は
交流のいずれかの電流が印加される。36は合成樹脂製
のホルダーであって、前記金属電極35の上端部に挟着
されて固定している。37は金属電極35の上方部に穿
設した複数の通孔であって、前記ホルダー36に穿設し
た通孔38と貫通状態としている。39はホルダー36
の両端部に形成した係合段部である。40は金属電極3
5の電源、41は陰陽一対の金属電極35と電源40と
の間を結線する電源コードである。
【0021】そこで、脱リン装置Pを前記した生物濾過
槽Cに組み込むには、当該生物濾過槽Cにおける上部ネ
ット13の左右位置に矩形状の取付口を形成し、当該取
付口から脱リン装置Pにおける陰陽一対の金属電極35
を落とし込み、ホルダー36の係合段部39を上部ネッ
ト13の端部に係合して掛架支持する。後は、金属電極
35と電源40との間に電源コード41を結線する。こ
れにより、脱リン装置Pにおける金属電極35が、生物
処理槽Cの区画室Fに垂下形成され、生物濾過槽Cの好
気処理水中に浸漬されて電気溶解に供される。
【0022】25は逆洗処理された汚泥水の返送用エア
リフト管であって、隔壁22の背面部の一側位置に立設
され、その下端部の流入口26を底部室20に臨ませ、
返送用エアリフト管25の隣接位置にエアリフト用送気
管27が配管され、その下端部を返送用エアリフト管2
5の下端位置に接続し、その上端部を逆洗用送気本管2
3に配管している。
【0023】28は生物濾過槽Cで二次処理された処理
水の循環用エアリフト管であって、隔壁22の背面部の
他側位置に立設され、その下端部の流入口29を隔壁2
2の下端部に形成した移流開口30の付近に臨ませ、更
には、当該循環用エアリフト管28に隣接させてエアリ
フト送気管31を配管し、その下端部を循環用エアリフ
ト管28の下部寄りの位置に接続し、その上端部を散気
用送気本管17に配管している。
【0024】32は返送用エアリフト管25の上端部に
配管した逆洗処理水の汚水返送管、33、34は循環用
エアリフト管28の上端部に配管した循環量計量装置と
循環返送管であって、槽上方部の左右両側位置に間隔を
隔てて配管され、その先端部を夾雑物除去槽Aの流入バ
ッフル3に各々臨ませており、逆洗時には、返送用エア
リフト管25から汲み上げた汚泥処理水を、また、常時
は、循環用エアリフト管28から汲み上げた好気処理水
を夾雑物除去槽Aへ返送する。
【0025】而して、生物濾過槽Cに流入した一次処理
水は、図5に示すように散気装置Sからの散気攪拌作用
により、当該散気装置Sの上部側の好気処理ゾーンMに
ある流動床担体Xを常時、緩やかに流動させ、当該流動
床担体Xの表面や担体Xの内部に付着した好気性微生物
により好気処理され、有機物の酸化分解がされることで
生物処理され、また、流動する流動床担体Xが、処理室
Fの上層部に浸漬された金属電極35の表面に衝突した
り、接触しながら散気撹拌される。
【0026】同時に、電源40から金属電極35への通
電により、当該金属電極35の陽極35a側から金属イ
オンが溶出し、流動している汚水と混じり合うことで撹
拌混合されると共に、当該金属イオンが処理水中のリン
酸イオンと凝集反応して不溶性・難溶性のリン酸化合物
に変化し、それが細かいSS粒子となって緩やかに沈殿
分離する。その際、陰陽一対の金属電極35の対極間に
は、直流又は交流のいずれか電流が印加されるが、それ
が直流電流の場合には、その極性を定期的に反転するこ
とで、金属電極35の表面の不動態皮膜の形成が抑制さ
れる。
【0027】前記のように、散気攪拌により生物学的に
処理され、不溶性リン酸化合物を含む好気処理水は、前
記散気装置Sから下部側に充填された担体Xによる濾過
処理ゾーンNにおいて、当該好気処理水に含まれる浮遊
物質や、流動床担体Xから剥離した過剰な生物膜や、不
溶性リン酸化合物を含むSS分等が捕捉されることで、
物理的な濾過処理がなされる。この濾過処理ゾーンNを
通過した二次処理水は、生物濾過槽Cの底部室20へ降
流した上で、隔壁22の下端部の左右両側位置に形成し
た移流開口30を潜流して、次の処理水槽Dへ送り出さ
れる。
【0028】通常、汚水流入のない真夜中になると、逆
洗用ブロア(図示せず)が駆動し、底部室20の逆洗装
置Gから曝気が噴出する。すると、図6に示すように、
先ず、濾過処理ゾーンNの担体Xが、逆洗装置Gからの
曝気作用により一気に流動を開始し、当該濾過処理ゾー
ンNの担体Xの間や担体内部に蓄積された汚泥分や不溶
性リン酸化合物を含むSS分が流動化し、しかも、それ
が通常の散気攪拌作用に比して強力な曝気攪拌作用を受
けて流動接触が行われることで、濾過処理ゾーンNの担
体Xに対する逆洗処理がなされる。同時、槽内に形成さ
れる激しい逆洗流により、処理室Fの上方部に浸漬支持
されて金属電極35の表面に、流動床担体Xが繰り返し
激しく衝突したり、金属電極35の表面に擦り付けら
れ、これにより、金属電極35の表面付着物や金属電極
35に形成された不動態皮膜が剥離洗浄される。
【0029】剥離した生物膜、汚泥分や不溶性リン酸化
合物のSS等を含む逆洗処理水は、返送用エアリフト管
25の流入口26から汲み上げられると共に、循環用エ
アリフト管28の流入口29からも汲み上げられ、それ
ぞれ汚水返送管32と循環返送管34から夾雑物除去層
Aへ返送されて脱窒とその再処理に供され、また、不溶
性リン酸化合物を含むSSは、当該夾雑物除去槽Aに汚
泥となって沈殿することで貯留され、これにより生物濾
過槽Cの二次処理水に対するリン除去がなされる。
【0030】尚、濾過処理ゾーンNの担体Xの一部は、
散気装置Sの上部側へ浮上して旋回流動し、また、好気
処理ゾーンMの流動床担体Xの一部が散気装置Sの下部
側へ沈降流動することで、濾過処理ゾーンNと好気処理
ゾーンMの担体Xが適度に混じり合って混在状態とな
り、再び、散気装置Sによる散気攪拌が好気処理ゾーン
Nにおいて行われ、濾過処理ゾーンNでの濾過処理がな
される。従って、逆洗装置Gによる曝気攪拌が繰り返さ
れることにより、濾過処理ゾーンNと好気処理ゾーンM
の担体Xが上下に適度に入れ替えられ、これにより担体
Xに対する処理機能の役割交換がされることで、生物濾
過槽Cの処理室Fにおける担体の閉塞防止や濾過処理ゾ
ーンNの嫌気性化を効果的に阻止する。
【0031】前記のように、脱窒・脱リンされて生物濾
過槽Cの底部室20に降流した二次処理水は、次の処理
水槽Dとの移流開口30を潜流した上で処理水槽Dへ流
入し、その上澄み液が消毒槽Eで消毒処理された上で、
放流管2から放流される。
【0032】
【その他の実施形態】前記した第1の実施形態の場合に
は、散気装置Sと逆洗装置Gを備えた担体流動構造の生
物濾過槽Cに、脱リン装置Pを組み込んだ場合について
説明したが、図7に示す第2の実施形態の場合には、第
1の実施形態における逆洗装置Gの位置に散気装置Sを
配管し、第1の実施形態における処理室Fの中間部に配
管した散気装置Sを撤去した、流動床担体Xによる好気
性処理槽T1としている。また、脱リン装置Pにおける
金属電極35は、第1の実施形態の場合と同様に、流動
床担体Xを充填した処理室Fの上部ネット13に掛架支
持されることで、汚水中に浸漬状態に支持している。
【0033】この場合には、好気性処理槽T1における
上下ネット13、14で区画した処理室Fに充填した流
動床担体Xを、その底部室20に配管した散気装置Sか
らの散気により散気撹拌して流動化させることで生物処
理が行われる。同時に、脱リン装置Pにおける金属電極
35から金属イオンが溶出し、流動している汚水と混じ
り合うことで撹拌混合されると共に、当該金属イオンが
汚水中のリン酸イオンと凝集反応して不溶性リン酸化合
物に変化し、それが細かいSS粒子となって緩やかに沈
殿分離する。また、リン除去されて底部室20へ降流し
た二次処理水は、隔壁22下端の潜流口42から次の沈
殿槽Kで送り出され沈殿処理に供される。従って、第2
の実施形態の場合にも、散気撹拌によって形成される槽
内流により、処理室Fの上方部に浸漬支持した金属電極
35の表面に、流動床担体Xが繰り返し衝突したり、金
属電極35の表面に接触する状態が形成され、金属電極
35の表面付着物や金属電極35の表面に形成された不
動態皮膜の剥離洗浄がなされる。尚、第1の実施形態と
構成をほぼ同じくする部分については、それと同一の符
号を付して、その詳細な説明を省略する。
【0034】また、図8に示す第3の実施形態の場合に
は、汚水を二次処理する好気性処理槽T2の槽内に比較
的比重の重い、直径数mm程度のセラミック製濾材Y又
はアンスラサイト、砂等の濾材Yを下部ネット14上に
充填して濾過層43を形成し、その下部の底部室20に
は散気装置Sを配管している。そこで、散気装置Sから
の散気により、濾過層43の濾材Y相互の間隙を伝って
空気泡が浮上することで、好気性微生物による生物処理
と濾過層43での濾過処理が行われる。好気性処理槽T
2で濾過処理された二次処理水は、通常、潜流管44の
末端部にセットした水中ポンプ45を介して次の処理水
槽Dへ送り出され、また、好気性処理槽T2の逆洗時に
は、前記水中ポンプ45が作動して当該処理水槽Dの処
理水を吸い込み、潜流管44を逆流させて底部室20か
ら噴出させ、前記濾過層43の濾材Yを上昇させて曝流
撹拌することで、濾材Yに対する逆洗が行われる。この
場合にも、前記した第1・第2の実施形態と同様に、脱
リン装置Pが好気性処理槽T2の上層部に浸漬状態に垂
下支持しているので、逆洗に伴う曝流により濾材Yが金
属電極35の表面に激しく衝突したり、擦り付けられ、
これにより電極表面の付着物や不動態皮膜等の剥離洗浄
が行われる。この第3の実施形態の場合において、本発
明の第1の実施形態と同一の構成部分については、同一
の符号を付して、その詳細な説明は省略する。
【0035】
【発明の効果】本発明は、前記のような汚水処理の脱リ
ン方法と、脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽とし
たので、好気性処理槽に充填した流動床担体や濾材が、
散気・逆洗時に金属電極の表面に衝突したり、擦り付け
られることで洗浄剥離されるので、電極表面の付着物や
電極表面に形成される不動態皮膜による、金属イオンの
溶出低下を防止し、金属電極の溶出性能をコンスタント
に維持、発揮することができる。
【0036】具体的には、請求項1に示すように、汚水
中に含まれるリンを、電気化学的に金属電極から金属イ
オンを溶出させることでリン除去する汚水処理の脱リン
方法において、流動床担体や濾材を充填した好気性処理
槽の汚水中に、前記金属電極を浸漬して通電処理し、当
該処理槽の流動床担体や濾材に対する散気・逆洗処理時
に、当該流動床担体や濾材を含む汚水を散気・曝気撹拌
したり、二次処理水を逆流させて撹拌することにより、
前記金属電極の表面に流動床担体や濾材を擦り付けた
り、衝突させ、当該金属電極に付着した生物膜や電極表
面の不動態皮膜を剥離洗浄する汚水処理の脱リン方法と
したので、脱リン用金属電極の溶解・溶出性能をコンス
タントに維持し、法定点検時や消耗した金属電極の交換
時以外における、人為的な維持管理を不要なものとす
る。
【0037】また、請求項2に示すように、汚水中に含
まれるリンを、電気化学的に金属電極から金属イオンを
溶出させることでリン除去する汚水処理の脱リン装置に
おいて、前記金属電極を、流動床担体や濾材を充填した
好気性処理槽の汚水中に浸漬支持すると共に、当該好気
性処理槽に設けた散気装置や逆洗装置により、前記金属
電極の表面に流動床担体や濾材を擦り付けたり、衝突さ
せることで、当該金属電極の付着物や電極表面の不動態
皮膜を剥離洗浄する脱リン用金属電極を備えた好気性処
理槽としたので、前記流動床担体や濾材が、生物処理の
ための本来的な機能・役割を果たすのみならず、当該担
体や濾材の散気・逆洗時においては、金属電極に付着し
た生物膜や電極表面に形成される不動態皮膜等を剥離洗
浄する部材としての機能・役割を併有しながら、脱リン
性能の向上に寄与する。これらのことから、脱リン用金
属電極を組み込んでなる汚水処理槽の普及を飛躍的に高
め、ひいては、閉鎖性水域における富栄養化の防止とい
う環境問題の解決に貢献する等の諸効果を齎す。
【図面の簡単な説明】
【図1】汚水処理槽の全体概要を示す側面図である。
【図2】汚水処理槽の平面図である。
【図3】生物濾過槽に、その配管系と脱リン装置を組み
込んだ状態を示す斜視図である。
【図4】脱リン装置を示す図であって、(a)はその斜
視図、(b)は側面図である。
【図5】生物濾過槽における散気時の旋回流動状況を示
す図である。
【図6】逆洗時の旋回流動状況を示す図である。
【図7】担体流動構造の好気性処理槽と、沈殿槽を備え
た二次処理装置の第2の実施形態を示す概要図である。
【図8】濾材により濾過層を形成した好気性処理槽と、
水中ポンプ付きの処理水槽を備えた二次処理装置の第3
の実施形態を示す概要図である。
【符号の説明】
T 汚水浄化槽 A 夾雑物除去槽 B 嫌気濾床槽 C 生物濾過槽 D 処理水槽 E 消毒槽 F 処理室 S 散気装置 X 流動床担体 G 逆洗装置 R 嫌気濾床 M 好気処理ゾーン N 濾過処理ゾーン P 脱リン装置 T1、T2 好気性処理槽 K 沈殿槽 Y 濾材 1 流入管 2 放流管 3 流入バッフル 4、10 移流バッフル 5、11、22 隔壁 6、12、30 移流開口 7 多孔ネット 8 球状濾材 9、20 底部室 13 上部ネット 14 下部ネット 15 係合段部 16、21、27、31 送気管 17、23 送気本管 18、24 送気口 25、28 エアリフト管 26、29 流入口 32 汚水返送管 33 計量装置 34 循環返送管 35 金属電極 36 ホルダー 37、38 通孔 39 係合段部 40 電源 41 電源コード 43 濾過層 44 潜流管 45 水中ポンプ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 高橋 慶 愛知県知立市山屋敷町山鼻33番地 フジク リーン工業株式会社水環境研究所内 Fターム(参考) 4D003 AA01 AA12 AB02 AB09 AB13 BA01 BA02 BA03 CA02 CA04 CA05 CA08 DA08 DA09 DA11 DA14 DA18 DA19 DA20 DA22 EA01 EA15 EA22 EA23 EA24 EA30 FA01 FA05 FA10 4D027 AB07 AB12 AB16 4D040 BB14 BB25 BB33 BB42 BB54 BB65 BB66 BB73 BB82

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 汚水中に含まれるリンを、電気化学的に
    金属電極から金属イオンを溶出させることでリン除去す
    る汚水処理の脱リン方法において、流動床担体や濾材を
    充填した好気性処理槽の汚水中に、前記金属電極を浸漬
    して通電処理し、当該処理槽の流動床担体や濾材に対す
    る散気・逆洗処理時に、当該流動床担体や濾材を含む汚
    水を散気・曝気撹拌したり、処理水を逆流させて撹拌す
    ることにより、前記金属電極の表面に流動床担体や濾材
    を擦り付けたり、衝突させ、当該金属電極に付着した生
    物膜や電極表面の不動態皮膜を剥離洗浄するように構成
    したことを特徴とする汚水処理の脱リン方法。
  2. 【請求項2】 汚水中に含まれるリンを、電気化学的に
    金属電極から金属イオンを溶出させることでリン除去す
    る汚水処理の脱リン装置において、前記金属電極を、流
    動床担体や濾材を充填した好気性処理槽の汚水中に浸漬
    支持すると共に、当該好気性処理槽に設けた散気装置や
    逆洗装置により、前記金属電極の表面に流動床担体や濾
    材を擦り付けたり、衝突させることで、当該金属電極の
    付着物や電極表面の不動態皮膜を剥離洗浄するように構
    成したことを特徴とする脱リン用金属電極を備えた好気
    性処理槽。
  3. 【請求項3】 汚水中に含まれるリンを、電気化学的に
    金属電極から金属イオンを溶出させることでリン除去す
    る汚水処理の脱リン装置において、流動床担体を充填し
    た生物濾過槽の上方部に、当該担体の浮上防止用ネット
    を設け、生物濾過槽の下方部に前記担体の沈降防止用ネ
    ットを設け、前記浮上防止用ネットと沈降防止用ネット
    の間に散気装置を設けると共に、生物濾過槽の底部室に
    逆洗装置を設けてなり、前記上下ネット間の区画室に入
    れた流動床担体が、前記散気装置の間を通過して当該区
    画室内を流動自在とし、前記上部ネットから陰陽一対の
    前記金属電極を区画室に落とし込んで掛架支持し、前記
    流動床担体に対する散気・逆洗時に、流動床担体を含む
    汚水を散気・曝気撹拌することにより、前記金属電極の
    表面に流動床担体を擦り付けたり、衝突させることで、
    当該金属電極に付着した生物膜や電極表面の不動態皮膜
    を剥離洗浄するように構成したことを特徴とする脱リン
    用金属電極を備えた生物濾過装置。
  4. 【請求項4】 請求項1乃至請求項3に記載の流動床担
    体又は濾材を、プラスチック、セラミック、アンスラサ
    イト又は砂のいずれかとしてなる。
JP26237799A 1999-09-16 1999-09-16 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽 Expired - Fee Related JP3301996B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26237799A JP3301996B2 (ja) 1999-09-16 1999-09-16 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26237799A JP3301996B2 (ja) 1999-09-16 1999-09-16 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002003434A Division JP2002273449A (ja) 2002-01-10 2002-01-10 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001079580A true JP2001079580A (ja) 2001-03-27
JP3301996B2 JP3301996B2 (ja) 2002-07-15

Family

ID=17374919

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26237799A Expired - Fee Related JP3301996B2 (ja) 1999-09-16 1999-09-16 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3301996B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002119985A (ja) * 2000-10-12 2002-04-23 Fuji Clean Kogyo Kk 排水処理装置および排水処理方法
JP2005185892A (ja) * 2003-12-24 2005-07-14 Fuji Clean Kogyo Kk 汚水処理装置
JP2008055324A (ja) * 2006-08-31 2008-03-13 Hitachi Housetec Co Ltd 汚水浄化槽
JP2010042409A (ja) * 2009-09-24 2010-02-25 Fuji Clean Co Ltd 排水処理装置および排水処理方法
JP2012161798A (ja) * 2012-04-27 2012-08-30 Fuji Clean Co Ltd 排水処理装置
CN104496008A (zh) * 2014-11-27 2015-04-08 新疆环境工程技术有限责任公司 一种电化学-生物耦合处理有机废水的设备及方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3506697B2 (ja) 2002-12-27 2004-03-15 フジクリーン工業株式会社 汚水処理方法および汚水浄化槽

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002119985A (ja) * 2000-10-12 2002-04-23 Fuji Clean Kogyo Kk 排水処理装置および排水処理方法
JP2005185892A (ja) * 2003-12-24 2005-07-14 Fuji Clean Kogyo Kk 汚水処理装置
JP4554194B2 (ja) * 2003-12-24 2010-09-29 フジクリーン工業株式会社 汚水処理装置
JP2008055324A (ja) * 2006-08-31 2008-03-13 Hitachi Housetec Co Ltd 汚水浄化槽
JP2010042409A (ja) * 2009-09-24 2010-02-25 Fuji Clean Co Ltd 排水処理装置および排水処理方法
JP2012161798A (ja) * 2012-04-27 2012-08-30 Fuji Clean Co Ltd 排水処理装置
CN104496008A (zh) * 2014-11-27 2015-04-08 新疆环境工程技术有限责任公司 一种电化学-生物耦合处理有机废水的设备及方法
CN104496008B (zh) * 2014-11-27 2016-03-16 新疆环境工程技术有限责任公司 一种电化学-生物耦合处理有机废水的设备及方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3301996B2 (ja) 2002-07-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003205298A (ja) 家畜尿汚水の処理装置
KR100345955B1 (ko) 인산 이온 함유수의 처리장치 및 처리방법
JP3301996B2 (ja) 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽
JP3506697B2 (ja) 汚水処理方法および汚水浄化槽
JP3471619B2 (ja) 生物濾過槽における濾材の閉塞防止装置
JP2003181455A5 (ja)
JP2002273449A (ja) 汚水処理の脱リン方法と脱リン用金属電極を備えた好気性処理槽
JP3469797B2 (ja) 汚水処理方法とその装置
JP2009247989A (ja) 浄化槽
JP2005177695A (ja) 廃水処理装置
JP2000140883A (ja) 有機性汚水の一次処理方法とその装置
KR101180338B1 (ko) 하수처리장치
JP2000354858A (ja) 汚水処理方法とその装置
JP3952272B2 (ja) 粒子凝集室を有する好気処理槽及び汚水浄化槽
JPH11197685A (ja) 膜分離活性汚泥処理方法
JP3549064B2 (ja) 流動床型窒素除去装置
JP3477219B2 (ja) 流動床式廃水処理装置
JP3627402B2 (ja) 微生物固定化担体を用いた廃水処理方法
JP3118783B2 (ja) 回分式排水処理法及びその処理装置
JP2003181483A (ja) 浄化槽の処理方法及びその浄化槽
JP2001276884A (ja) 排水処理装置
JP3414609B2 (ja) 汚水処理装置の運転方法
JP2010201378A (ja) 浄化槽及び浄化槽の運転方法
JP4413410B2 (ja) 排水処理装置および排水処理方法
JP2003236575A (ja) 段差付き二床並置型好気処理槽及び汚水浄化槽

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3301996

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110426

Year of fee payment: 9

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140426

Year of fee payment: 12

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees