JP2001075687A - ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置 - Google Patents

ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置

Info

Publication number
JP2001075687A
JP2001075687A JP25289699A JP25289699A JP2001075687A JP 2001075687 A JP2001075687 A JP 2001075687A JP 25289699 A JP25289699 A JP 25289699A JP 25289699 A JP25289699 A JP 25289699A JP 2001075687 A JP2001075687 A JP 2001075687A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
power
saving
device
network
service
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP25289699A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasushi Amano
Masatoshi Tagawa
泰 天野
昌俊 田川
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP25289699A priority Critical patent/JP2001075687A/ja
Publication of JP2001075687A publication Critical patent/JP2001075687A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D10/00Energy efficient computing
    • Y02D10/10Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply
    • Y02D10/15Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply acting upon peripherals
    • Y02D10/159Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply acting upon peripherals the peripheral being a printer
    • Y02D10/1592Data transfer to print units

Abstract

(57)【要約】 【課題】 プリンタ等のネットワーク上のサービス装置
の節電効率を向上させる。 【解決手段】 所定の起動要求通知のみを監視し、その
起動要求通知を受け取ると、電源制御部に対して他の部
分への電源供給を指示する起動制御部をプリンタ20に
設ける。LAN40に、各プリンタ20の節電状態を管
理する節電管理装置10を設ける。プリンタ20は、印
刷要求が所定時間以上来なくなると、自装置のアドレス
を含んだ節電移行通知をブロードキャストし、前記起動
制御部以外への電源供給を停止する。節電管理装置10
は、この節電移行通知を検知すると当該プリンタ20が
節電中である旨を記憶し、LAN40上のトラフィック
にその節電中のプリンタ20への印刷要求を見つける
と、そのプリンタ20に対して起動要求通知を送る。こ
れにより、プリンタ20は印刷可能な状態となる。プリ
ンタ20は、起動制御部以外への電源供給を停止できる
ので、節電効果が高い。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、ネットワークに接
続されたプリンタ等のサービス装置の節電のための技術
に関する。

【0002】

【従来の技術】従来より、ネットワークに接続されたプ
リンタ等の画像処理装置の節電に関する技術がいくつか
提案されている。

【0003】特開平10−187373号公報記載の方
法では、プリンタが節電状態に移行すると、節電モード
である旨の通知を一定間隔でネットワークを介して各ク
ライアント装置に通知する。したがって、ユーザは、ク
ライアント装置にて各プリンタの節電状態を把握し、例
えば早急に印刷したい場合には起動中のプリンタを選ん
で印刷指示を出すようにすることなどができる。節電中
のプリンタは、ユーザからの印刷指示を待ち受ける待機
状態にあり、印刷指示があると、それをプリントキュー
(待ち行列)に格納し、プリントエンジンその他の節電
対象部をウォームアップした後、印刷を行う。

【0004】また、特開平10−133835号公報に
は、プリンタが節電状態に移行する際、そのプリンタ内
のネットワーク制御部からネットワーク上へ問合せを行
い、他のプリンタに印刷処理の代行を依頼するシステム
が開示されている。このシステムによれば、節電中のプ
リンタは、印刷要求を受けると、その要求を代行依頼済
みのプリンタに送り、印刷を代行してもらう。このシス
テムによれば、印刷結果を早く得ることができる。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】上記特開平10−18
7373号公報記載のシステムでは、プリンタは節電中
も常に一定間隔で節電モードの通知を発行する必要があ
る。このため、プリンタは、節電状態とは言っても、ネ
ットワーク制御部は起動していなければならない。ま
た、この公報の例に限らず、プリンタの節電モードは、
プリントエンジンなどの機械的な部分に対する通電を停
止するのが一般的であり、節電中でも、問合せ応答やジ
ョブ待ち受けなどのネットワーク制御機構は起動してい
る。このように、従来のプリンタには、節電の程度の点
でまだまだ改善の余地がある。

【0006】また、上記特開平10−133835号公
報記載のシステムでも、クライアントからの印刷要求を
受け取って代行依頼先のプリンタに送る必要があるの
で、節電できるのはプリンタエンジン等の機械部分のみ
であり、節電の程度の点で改善の余地があった。

【0007】また近年の比較的高性能なネットワークプ
リンタでは、高性能のCPUを搭載し、印刷指示データ
をラスタ画像に展開する処理やプリンタエンジン制御、
ネットワーク制御などの様々な処理を、その1つのCP
Uで実行させるものも多い。このような形式のプリンタ
では、節電モードの際、ネットワーク制御機能を残して
印刷機能のみを停止させようとしても、CPUを停止さ
せることはできない。このCPUは画像展開なども行う
高速なものなので、消費電力も無視できない。

【0008】以上、ネットワークプリンタを例にとって
説明したが、同様の問題は、ネットワークに接続され、
クライアント装置に対して所定のサービスを提供する各
種のサービス装置にも当てはまる。

【0009】本発明は、以上の問題を解決するためにな
されたものであり、ネットワークに接続されたサービス
装置について、より省電力を実現することを目的とす
る。

【0010】

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、本発明に係るネットワークシステムは、ネットワー
クを介したクライアント装置からのサービス要求に応じ
て所定のサービスを提供するサービス装置と、前記ネッ
トワークに接続され前記サービス装置の節電状態を管理
する節電管理装置とを含み、前記サービス装置は、該装
置のサービス機能を実行する本体部と、前記ネットワー
クを介した自装置宛の所定の起動要求信号を監視し、該
信号を検知すると前記本体部への電源を投入する起動制
御部と、前記ネットワークを介したサービス要求の到来
状態が所定の節電移行条件を満足すると、前記ネットワ
ーク上に節電移行通知を発し、前記本体部への電力供給
を停止する節電制御部とを含み、前記節電管理装置は、
前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
置として登録する節電登録部と、前記ネットワークのト
ラフィックを監視し、前記節電登録部に登録された節電
中のサービス装置へのサービス要求を検知すると、前記
ネットワーク上に該サービス装置宛の前記起動要求信号
を発信し、前記節電登録部からそのサービス装置の登録
を削除する起動要求部とを含む。

【0011】この構成では、サービス装置は、節電移行
条件が満足されると、本体部全体への電源供給を停止す
る。本体部は、サービス装置におけるサービス機能、す
なわちクライアントからの要求に対処する各種機能であ
る。例えば、プリンタを例にとった場合、印刷機能の
他、状態問合せや設定変更などの要求に対する処理もサ
ービス機能の一つである。基本的には、所定の起動要求
信号に反応する起動制御部を除く全ての部分が本体部と
なりうる。ただし、単に本体部への電力供給を停止した
のでは、以降、そのサービス装置はクライアント装置の
要求に応えられなくなる。これを避けるために、この構
成では、サービス装置が節電状態に移行した旨を節電管
理装置に登録しておき、この節電管理装置がその節電中
のサービス装置に対するサービス要求を検知すると、起
動要求信号を送ってそのサービス装置を起動させるよう
にする。

【0012】この構成によれば、極めて限られた処理し
か行わない起動制御部を除き、サービス装置のほとんど
の部分に対する電力供給を停止できるので、高い節電効
果が得られる。なお、節電移行条件は、所定の期間いず
れのクライアントからも要求が来ないという条件が典型
的であるが、これに限られるものではない。

【0013】また、別の発明では、節電管理装置が、節
電中のサービス装置に対するアドレス解決要求をトリガ
として、そのサービス装置に対して起動要求信号を送る
ようにする。サービス装置は、クライアント装置のアド
レス解決手段のキャッシュから自装置の物理アドレスが
消去されるまでに要する時間を考慮して定められた第一
の時間間隔の間、ネットワークを介して要求を受けなか
った場合に、初めて節電状態に移行するようにする。こ
れにより、節電中のサービス装置に対してクライアント
装置から要求が発せられる際には、必ずそれに先だって
アドレス解決要求が発行されることになる。アドレス解
決要求は、その性質上ネットワーク上の全装置に対して
ブロードキャストされる。したがって、クライアント装
置からサービス装置へのサービス要求がネットワーク上
の他の装置で監視できない可能性のあるネットワーク
(例えばスイッチングハブを用いたネットワーク)で
も、ブロードキャストされるアドレス解決要求によっ
て、サービス装置へのサービス要求がなされることを検
知することができ、これに応じてサービス装置を起動す
ることが可能となる。

【0014】

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態(以下
実施形態という)について、図面に基づいて説明する。

【0015】[実施形態1]図1は、本発明に係る第1
の実施形態のシステム構成を示す図である。図1の構成
において、LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)
40には、複数のプリンタ20及び複数のクライアント
装置30が接続されている。LAN40は、例えばEt
hernetなどのプロトコルを用いて構成されてい
る。LAN40には、更に、プリンタ20の節電状態を
管理する節電管理装置10が設けられる。

【0016】図2は、プリンタ20の内部構成を示す機
能ブロック図である。図2に示すように、プリンタ20
は、大きく分けて、本体部210、通信制御部230、
及び電源制御部240から構成される。本体部210
は、プリンタ20のサービス機能を実現する部分であ
り、各種の機能実現要素が含まれる。例えば、本体部2
10には、印刷サービスを実行する部分として、クライ
アント装置から受信した印刷ジョブの格納及びスケジュ
ーリングを制御するスプール処理部215、スプール中
の印刷ジョブや展開後のラスタ画像などを保存するハー
ドディスク212、PDL(ページ記述言語)等で記述
された印刷ジョブをラスタ画像に展開する画像形成部2
13、形成されたラスタ画像を用紙等に印刷する機械的
部分であるプリントエンジン211を含む。また、本体
部210は、当該プリンタ20の各種の設定内容や現在
の運転状態などを管理する設定/状態管理部214、そ
れら設定や状態についてのクライアント装置からの問合
せや変更要求を処理する応答処理部216、クライアン
ト装置からの要求の到来状況を監視し、その状況に応じ
てプリンタ20の各部への電力供給を制御する節電制御
部217を含む。

【0017】本実施形態では、節電制御部217は、節
電モードに移行すると、本体部210全体に対する電力
供給を停止することにより、プリンタエンジン部分のみ
の節電しかできなかった従来よりも高い節電効果を達成
する。ただし、節電時に本体部210全体についての電
力供給を停止すると、クライアント装置30から印刷ジ
ョブが到来したときに、そのままではプリンタ20は対
応できない。そこで、本実施形態では、節電モードに移
行する際に、節電制御部217から節電管理装置10に
対してその旨の通知(節電移行通知と呼ぶ)を行う。そ
して、その後当該プリンタ20に対する印刷ジョブが発
行された場合に、節電管理装置10がそのプリンタ20
(の本体部210)を再起動するように指示するように
する。

【0018】以上説明した本体部210の各構成要素の
うち、プリントエンジン211とハードディスク212
とを除く他の構成要素は、典型的には、ソフトウエア的
な手法、すなわちCPUでプログラムを実行することに
より実現される。CPUは、それら各構成要素で共通の
ものを用いることができる。

【0019】電源制御部240は、プリンタ20の各構
成要素に対する電力供給を制御する手段であり、上記節
電制御部217や次に説明する起動制御部232からの
指示に応じて、電源(図示省略)から本体部210への
電力供給の実行及び停止等の制御を行う。

【0020】通信制御部230は、プリンタ20の本体
部210とLAN40のインターフェース装置であり、
例えばLANカード(ネットワークインタフェースカー
ド)などの形で実現される。本実施形態の通信制御部2
30は、ネットワークインタフェース機能に加え、節電
中の本体部210に対する電源供給の再開を指示する起
動制御部232が設けられる。起動制御部232は、L
AN40上を流れるパケットを監視し、自装置宛の起動
要求パケットを検知すると、電源制御部240に対し、
本体部210への電力供給を指示する。この起動制御部
232は、例えば米国のAMD社が提案したMagic
Packet(マジックパケット)技術を用いて実現
することができる。Magic Packet技術と
は、ネットワークを介して遠隔操作でネットワーク機器
(コンピュータ、プリンタ等)の電源をオン・オフする
技術であり、マジックパケットと呼ぶ起動命令用の特殊
なパケットを用いて起動要求を行う。ネットワーク機器
に接続されたLANコントローラ(LANカード等)
は、その機器が節電状態となるとマジックパケットモー
ドに移行する。LANコントローラは、このモードで
は、LAN40上のトラフィックを監視し、自分のMA
Cアドレスを持つマジックパケットを検出すると、電源
制御部に対して電源供給指示を発する。なお、Magi
c Packet技術はあくまで一例であり、同様の電
源オン・オフ制御機構ならばどのようなものを用いても
よい。

【0021】なお、図2に示した本体部210の構成要
素はあくまで一例である。本実施形態では、基本的に、
プリンタ20の構成要素のうち、起動制御部232を除
く全ての要素に対する電力供給を停止することで高い節
電効率を目指す。したがって、本体部210は、電源か
ら電力供給をうける各プリンタ機能要素のうち、起動制
御部232(それを内蔵する通信制御部230)を除く
全ての要素の総称であり、プリンタ20が上記以外の機
能要素(例えば操作パネル)を含む場合、それも本体部
210に含まれる。

【0022】図3は、節電管理装置10の内部構成を示
す図である。図3の構成において、ネットワーク監視部
112は、LAN40上のトラフィックを監視し、プリ
ンタ20からの節電移行通知や、クライアント装置30
からプリンタ20への印刷ジョブなどを検知する。節電
登録部114は、LAN40上の各プリンタ20の節電
状態を管理するユニットである。節電登録部114は、
節電中の各プリンタのアドレスを登録する管理テーブル
を有する。このプリンタのアドレスは、例えば、MAC
アドレス(Media Access Control)のようなネットワー
クの物理層の装置アドレス(物理アドレスとも言う)で
もよいし、IPアドレスなど、ネットワーク層等の上位
層のプロトコルで用いられる論理的なネットワークアド
レス(論理アドレスともいう)でもよい。いずれにして
も、アドレスは、プリンタ20に対してアクセスを可能
にするものであればよい。したがって、プリンタのホス
ト名を用いることもできる。

【0023】節電登録部114は、プリンタ20からの
節電移行通知を検出すると、該プリンタ20のアドレス
対応情報を管理テーブルに登録する。起動要求部116
は、ネットワーク監視部112で、プリンタ20宛の印
刷ジョブのパケットを検知すると、節電登録部114を
調べてその宛先プリンタが節電中か否かを判定し、節電
中である場合は、そのプリンタ20に対して起動要求パ
ケット(例えばマジックパケット)を発行する。

【0024】図4は、本実施形態におけるプリンタ20
の処理手順を説明するフローチャートである。この手順
において、節電制御部217は、まずタイマーをリセッ
トし(S2)、タイマーにより計時動作を開始する。こ
のタイマーは、節電状態に移行するか否かを判定するた
めに、プリンタ20への印刷要求が到来しない時間を計
時するためのものである。そして、節電制御部217
は、所定のインターバルごとにLAN40のトラフィッ
クを調べ、クライアント装置30から当該プリンタ20
宛の印刷要求があったか否かを判定する(S4)。印刷
要求があれば、その要求が本体部210の対応機能要素
により処理され(S6)、タイマーがリセットされる。
印刷要求がなかった場合、節電制御部217はタイマー
を調べ、印刷要求が無い期間が所定時間以上となったか
を判定する(S8)。所定時間に達していない場合は、
S4に戻り、LAN40のトラフィック監視を続ける。

【0025】一方、S8の判定で印刷要求が無い期間が
所定時間以上となったと判定された場合は、節電制御部
217は、プリンタ20を節電状態とするために、所定
の節電移行通知パケットをLAN40上にブロードキャ
ストして、節電管理装置10に対して節電移行の旨を登
録しようとする(S10)。節電移行通知は、データ内
容として、節電移行の旨を示す所定のコードと、当該プ
リンタ20のアドレスとを含む。

【0026】節電管理装置10は、この節電移行通知を
検知すると、これを節電登録部114に登録し、当該プ
リンタ20宛に登録完了通知のパケットを送信する。プ
リンタ20の節電制御部217は、節電管理装置10か
らの登録完了通知を待ち(S12)、その通知を受け取
ると、電源制御部240に対して本体部210に対する
電力供給の停止を指示し、節電状態に移行する(S1
4)。なお、節電移行通知のブロードキャスト(S1
0)の後、所定時間待っても登録完了通知が来ない場合
(S12の結果がNo)は、節電制御部217は再度節
電移行通知のブロードキャスト(S10)を行う。な
お、ここで、節電移行通知は、ブロードキャスト(LA
N40上の全装置に対する同報)するので、プリンタ2
0は、節電管理装置10のアドレスを知らなくてもよ
い。また、プリンタ20は、節電管理装置10への節電
移行の旨の登録が完了したことを確認(S14)した後
で、実際の節電状態への移行を行うので、節電管理装置
10側で該プリンタの節電状態の管理を確実に行うこと
ができる。

【0027】節電状態に移行した後は、起動制御部23
2のみが起動状態となっており、LAN40上のトラフ
ィックを監視し、自装置(プリンタ)宛の起動要求パケ
ット(例えば、当該通信制御部のMACアドレスを含ん
だマジックパケット)の到来を待つ(S16)。そし
て、自装置宛の起動要求パケットを検出すると(S16
の結果がYes)、起動制御部232は、電源制御部2
40に対して本体部210への電力供給を指示し、プリ
ンタを起動状態に移行させる(S18)。

【0028】図5は、本実施形態における節電管理装置
10の処理手順を示すフローチャートである。節電管理
装置10は、ネットワーク監視部112にて常にLAN
40上のトラフィックを監視している。この監視は、プ
リンタ20からの節電移行通知と、クライアント装置3
0からの印刷要求を対象とする。節電登録部114は、
ネットワーク監視部112で検知したトラフィックが、
いずれかのプリンタ20から節電移行通知であるか否か
を判定し(S20)、節電移行通知であった場合は、そ
の通知に含まれるアドレスを管理テーブルに登録する
(S22)。

【0029】節電移行通知でない場合は、そのトラフィ
ックが印刷要求であるかどうかを判定する(S24)。
印刷要求でもなければ、節電管理装置10は何も行わず
に次の要求・通知の到来を待つ。

【0030】印刷要求であれば、起動要求部116は、
当該印刷要求のパケットに含まれる宛先アドレスを調
べ、そのアドレスが節電登録部114に登録されている
節電中のプリンタのものかどうかを判定する(S2
6)。宛先アドレスが節電中のプリンタのものでない場
合は、何も行わずに次の要求・通知の到来を待つ。宛先
アドレスが節電中のプリンタのものである場合は、起動
要求部116は、当該プリンタを宛先とした起動要求パ
ケット(例えばマジックパケット)を生成してLAN4
0に送出し(S28)、節電登録部114の管理テーブ
ルから、そのプリンタのアドレスを削除する(S3
0)。起動要求パケットを受け取ったプリンタ20は、
本体部210への電力供給を再開し、印刷要求を受け付
け可能な状態となる。

【0031】このように本実施形態では、クライアント
装置30が節電中のプリンタ20に対して印刷要求を発
すると、その印刷要求をトリガとして節電管理装置10
がそのプリンタ20を起動する。節電中のプリンタ20
への最初の印刷要求は失敗に終わるが、クライアント装
置30が再度印刷要求を発することにより、印刷を実行
できる。

【0032】以上、本実施形態のシステムの構成及び動
作について説明した。以上説明したように、本実施形態
では、プリンタ20の節電時に、起動要求パケットに対
応する機能部分を除くほとんど全ての部位に対する電力
供給を停止することができるので、高い節電効果が得ら
れる。すなわち、従来システムでは、プリンタ20は、
節電モード中でも、クライアント装置30からの印刷要
求を待ち受けている必要があったため、印刷要求(ジョ
ブ)待ち受け機能に関係する部位には電力を供給してお
く必要があったが、本実施形態では、起動要求パケット
対応機能を搭載したLANカード(もしくはカードと同
程度の簡易な構成のコントローラ)を起動状態としてお
くだけでよいので、省電力の効果が高い。本実施形態で
は、プリンタ20自体は、節電中は印刷要求に対して反
応できないが、そのような節電中の印刷要求に対しては
節電管理装置10が反応してそのプリンタ20を起動す
るので、問題がない。

【0033】本実施形態の構成は、印刷要求の待ち受け
や画像形成等、プリンタの各種サービス機能を1つのC
PUで実現する構成のプリンタにおいて特に効果が高
い。すなわち、このような構成に本実施形態の手法を適
用した場合、そのCPUに対する電力供給を完全に停止
することができるので、そのような高速・高性能なCP
Uの電力消費の分を節約できる。

【0034】また、本実施形態によれば、各プリンタ2
0は、節電状態に移行する際に基本的に1度だけ節電移
行通知をLAN40上に発信すればよいので、プリンタ
から節電モードの旨の信号を一定間隔で発する従来技術
に比べて、ネットワーク負荷が低減できる。

【0035】なお、節電管理装置10から各クライアン
ト装置30に対して、各プリンタ20の節電状態を通知
するような構成も可能である。この通知は、クライアン
ト装置30からの要求に応じて行ってもよいし、一定間
隔ごとに定期的に行ってもよい。後者の場合も、クライ
アント装置への節電状態の通知は1つの節電管理装置か
らなされるので、ネットワーク全体のトラフィックは上
記従来構成よりも少なくなる。

【0036】また本実施形態には、クライアント装置
(及びその上で実行されるアプリケーションなど)にほ
とんど変更を加える必要がないという利点もある。

【0037】以上の例では、節電管理装置10をLAN
40上に1つだけ設置していたが、LAN40上に節電
管理装置10を複数設けることも可能である。この場
合、各節電管理装置10ごとに、別々のプリンタ群を管
理するようにすることなどが考えられる。

【0038】本実施形態のシステムでは、基本的には、
節電管理装置10は常に起動中であることが必要であ
る。ただし、節電管理装置10をLAN40上に複数設
ける場合は、節電管理装置10をシャットダウンするこ
とも可能である。この場合、節電管理装置10をシャッ
トダウンする際に、節電登録部114の情報を別の節電
管理装置10に転送して、その節電登録部114に登録
された節電中のプリンタの起動管理を依頼するようにす
ればよい。

【0039】本実施形態の節電管理装置10は、例え
ば、コンピュータシステムをベースとしてソフトウエア
的に構築することができる。ただし、節電管理装置10
で行う処理は比較的簡単な処理なので、節電管理装置1
0のために専用のコンピュータを設ける必要は必ずしも
無い。節電管理装置10は、例えばLANカード程度の
小型装置上にも実装可能であり、それをクライアント装
置やプリンタに組み込むこともできる。節電管理装置1
0を組み込んだクライアント装置やプリンタをLAN4
0上に1つ以上配置すれば、本実施形態のシステムが実
現できる。この場合、節電管理装置10を組み込んだ装
置は、節電管理装置10の部分さえ常に起動していれ
ば、他の部分は停止状態となっていても基本的に問題は
ない。

【0040】[実施形態2]この実施形態では、Eth
ernetプロトコルを用いたLANの特徴を利用した
システムについて説明する。

【0041】上記実施形態1では、節電管理装置は、ク
ライアント装置からの印刷要求をトリガとして節電中の
プリンタを起動していた。しかしながら、このような方
式は、スイッチングハブを用いて構成したLANには適
用できない。周知のように、スイッチングハブは、当該
ハブの各ポートに接続されたLANコントローラのMA
Cアドレスを学習し、通信に必要なポート同士を直結し
てデータのやり取りを可能にする。したがって、スイッ
チングハブを用いたLAN構成では、クライアント装置
からプリンタへの印刷要求を、節電管理装置で監視でき
ない場合がある。

【0042】本実施形態では、プリンタ起動のトリガと
して、印刷要求の代わりにARP(アドレス解決プロト
コル)要求を用いることにより、このような場合にも対
応できるようにした。周知のように、Ethernet
上でTCP/IP通信を行う場合、アドレス情報とし
て、ネットワーク上の論理アドレスであるIPアドレス
と、ネットワーク上での装置の物理アドレスであるMA
Cアドレスの2つのアドレスが用いられる。アプリケー
ションは、最初は通信相手のIPアドレスしか分からな
いことが一般的である。そこで、IPアドレスからそれ
に対応するMACアドレスを求めるために、ARPとい
うプロトコルが提供されている。ARPでは、相手先の
MACアドレスを知りたい装置は、その相手先のIPア
ドレスを保持したARPリクエストをLAN上にブロー
ドキャストする。これを受けたLAN上の各装置は、A
RPリクエストに含まれるIPアドレスが自分のもので
あるかどうかを判定し、自分のものである場合は、AR
Pリクエスト発行元の装置に対して、自分のMACアド
レスを知らせるARPリプライを送信する。このように
して取得したMACアドレスとIPアドレスの対応情報
は、ARPテーブルに所定時間の間キャッシュされる。
これにより、その所定時間が経過するまでは、同一の装
置に対してはそのテーブルを参照することによりMAC
アドレスを得ることができるので、ARPリクエストを
発行しなくて済む。所定時間が経過してARPテーブル
からIPアドレス−MACアドレスの対応情報が削除さ
れた後でその装置に対して通信を行う場合、通信をした
い装置は再びARPリクエストをブロードキャストし、
MACアドレスを取得する。

【0043】このように、Ethernet上のTCP
/IP通信では、一定期間の間通信を行わなかった相手
に対して通信が行われる場合、必ずARPリクエストが
ブロードキャストされることになる。本実施形態では、
このARPリクエストをトリガとして節電管理装置から
プリンタを起動することにより、スイッチングハブを用
いたLANにも適用可能なシステムを実現する。すなわ
ち、ブロードキャストパケットは、スイッチングハブを
用いたLANでも、LAN上の全ての装置に行き渡るの
で、節電管理装置で監視することができ、これをプリン
タ起動のトリガとして用いることができる。

【0044】本実施形態のシステム、及びプリンタ2
0、節電管理装置10は、概略的には、図1〜図3に示
した実施形態1のものと同じでよい。ただし、節電中の
プリンタの起動のトリガにARPリクエストを用いるた
め、管理するデータややり取りする情報が実施形態1と
異なってくる。

【0045】すなわち、節電登録部114では、節電中
のプリンタのMACアドレスとIPアドレスのペアを管
理テーブルに登録する。このテーブルにより、起動要求
部116は、ARPリクエストに含まれるIPアドレス
から、リクエスト先の装置が節電中のプリンタか否かを
判定することができるとともに、もしリクエスト先が節
電中のプリンタであると判明した場合には、そのテーブ
ルのMACアドレスを用いてそのプリンタに対して起動
要求パケットを発行することができる。

【0046】また、これに合わせて、プリンタ20の節
電制御部217は、節電移行通知に当該プリンタのIP
アドレスとMACアドレスのペアの情報を組み込んで送
信する。

【0047】なお、この方式が成立するためには、プリ
ンタ20は、LAN40上の全てのクライアント装置3
0のARPテーブルから自己のアドレス情報が削除され
るまでは、実施形態1のような高度な節電状態に移行で
きない。なぜなら、クライアント装置30のARPテー
ブルからアドレスが削除される前は、そのクライアント
装置30から当該プリンタ20宛の印刷要求等の要求が
発行される可能性があるからである。クライアント装置
30からの要求があったときに、実施形態1のような高
度な節電状態(起動要求パケット以外には対応できな
い)にあったのでは、プリンタ20は要求に応えられな
くなってしまう。このため、プリンタ20は、LAN4
0上のほぼ全てのクライアント装置30のARPテーブ
ルから自己のアドレス情報が削除されると期待される期
間(この期間は、システム管理者が見積もり、予めプリ
ンタ20に設定しておく)の間、いずれのクライアント
装置30からも要求を受けなかった場合に、初めて実施
形態1のように本体部210への電力供給を完全に停止
し、高度な節電状態に入るようにする。

【0048】ただし、全クライアント装置のARPテー
ブルからアドレス情報が削除されるには例えば1時間程
度という長い時間を想定しておく必要があるため、その
期間の間プリンタを起動状態としておいたのでは節電効
果が削がれる。そこで、本実施形態では、本体部210
への電力供給を完全に停止する高度な節電状態に移行す
る前に、一段階低レベルの節電状態のモードを設ける。
この低レベルの節電状態では、プリントエンジンやハー
ドディスクなど、印刷にかかわる機械的な部分への電力
供給は停止するが、設定や状態の問合せ・変更の要求な
どに応答する部分や、印刷要求を受け付ける部分には電
力を供給する。この低レベルの節電状態を、以下、電力
供給制限状態と呼ぶ。これに対し、本体部210全体へ
の電力供給を停止する節電状態を電力供給停止状態と呼
ぶ。以下、図面を参照して、本実施形態の処理手順を説
明する。

【0049】図6〜図8は、本実施形態におけるプリン
タ20の処理手順を示すフローチャートである。図6
は、プリンタ20が起動状態にあるときの処理手順を示
しており、この手順では、まず節電制御部217は、タ
イマーをリセット(S42)して計時動作を開始し、L
AN40のトラフィックを調べ、クライアント装置30
から当該プリンタ20宛の印刷要求が来たか否かを判定
する(S44)。印刷要求があれば、本体部210にて
その要求が処理され(S46)、タイマーがリセットさ
れる(S42)。印刷要求がない場合、節電制御部21
7はタイマーを調べ、印刷要求が無い期間が所定時間以
上となったかを判定する(S48)。所定時間に達して
いない場合は、S44に戻り、LAN40のトラフィッ
ク監視を続ける。S48の判定で印刷要求が無い期間が
所定時間以上と判定された場合は、節電制御部217
は、電力供給制限状態への移行を報せる節電移行通知を
LAN40上にブロードキャストして、節電管理装置1
0に登録する(S50)。節電移行通知は、データ内容
として、当該プリンタ20の装置アドレス(物理アドレ
ス。例えばMACアドレス)とネットワークアドレス
(論理アドレス。例えばIPアドレス)、移行しようと
する節電状態、すなわちこの場合は「電力供給制限」状
態を示すコード、が含まれる。節電管理装置10は、こ
の節電移行通知を検知すると、これを節電登録部114
に登録し、当該プリンタ20宛に登録完了通知のパケッ
トを送信する。

【0050】図9には、本実施形態における節電登録部
114の管理テーブルのデータ内容の一例が示される。
図9に示すように、管理テーブルには、節電中のプリン
タ20ごとに、装置アドレス、ネットワークアドレス、
及び節電状態の組が登録される。なお、本実施形態で
は、節電状態には電力供給制限状態と電力供給停止状態
がある。

【0051】プリンタ20の節電登録部114は、節電
移行通知の発行の後、登録完了通知の到来を待つ(S5
2)。そして、その通知を受け取ると、電源制御部24
0に対して、電力供給制限状態への移行を指示する(S
54)。これにより、まずプリントエンジン211への
電力供給が停止され、次にハードディスク212への電
力供給が停止される。さらに、画像形成部213で用い
るイメージメモリや、ハードディスク212と本体部2
10のCPUとつなぐ外部バスなどへの電源供給も停止
される。このように、電力供給制限状態では、「印刷」
動作にかかわる主として機械的な機構を中心に、電力供
給が停止される。ただし、この状態でも、応答処理部2
16や設定/状態管理部214は起動状態であるため、
外部からの問合せに答えることができる。また、スプー
ル処理部215も、外部からの印刷要求を受け付け可能
な状態となっている。

【0052】電力供給制限状態では、図7の手順に従っ
て処理が進められる。まず、節電制御部217はタイマ
ーをリセットし、計時を開始する(S62)。そして、
LAN40のトラフィックを調べ、まず印刷要求以外の
要求(例えば状態問合せなど)があるかどうかを調べる
(S64)。そのような要求があれば、本体部210の
対応要素(例えば応答処理部216)などでその要求が
処理される(S66)。

【0053】印刷要求以外の要求がなければ、次に印刷
要求があるかどうかを調べる(S68)。印刷要求があ
れば、図8の手順に移り、節電制御部217は電源制御
部240に対して起動状態への移行を指示する(S9
2)。これによりそれまで電力供給が停止されていた部
位への電力供給が再開される。そして、プリントエンジ
ン211のウォームアップ等の完了後、その印刷要求が
処理され(S94)、以降図6の起動状態の処理手順の
S42に戻る。

【0054】印刷要求もそれ以外の要求もなければ(S
64、S68がともにNo)、節電制御部217は要求
が無い期間が所定時間以上となったかを判定する(S7
0)。所定時間に達していない場合はS64に戻る。S
70の判定でクライアントから要求が無い期間が所定時
間以上と判定された場合は、節電制御部217は、「電
力供給停止」状態への移行を報せる節電移行通知をLA
N40上にブロードキャストして、節電管理装置10に
登録する(S72)。この場合の節電移行通知は、プリ
ンタ20の装置アドレス及びネットワークアドレス、そ
して節電状態として「電力供給停止」状態を示すコード
が含まれる。節電管理装置10がこの節電移行通知を検
知すると、これを節電登録部114に登録し、登録完了
通知のパケットを返信する。

【0055】なお、この電力供給制限状態から電力供給
停止状態への移行の判定基準となる前記所定時間は、L
AN40上のほぼ全クライアント装置のARPテーブル
から当該プリンタのアドレス情報が削除されるのに要す
る時間をもとに、システム管理者等が定め、節電制御部
217に予め設定しておく。この設定は、LAN40の
構成の変更に対応できるよう、変更可能とすることが好
適である。なお、この所定時間は、前述した起動状態か
ら電力供給制限状態への移行の判定基準の所定時間とは
独立に定められる。

【0056】プリンタ20の節電制御部217は、節電
移行通知の発行の後、登録完了通知の到来を待つ(S7
4)。所定時間待っても登録完了通知が来ない場合は、
同じ内容の節電移行通知を再度発行する。登録完了通知
を受け取ると、節電制御部217は、電源制御部240
に対して、電力供給停止状態への移行を指示する(S7
6)。これにより、電源制御部240は、本体部210
全体への電力供給を停止する。これ以降、プリンタ20
では、特定の起動要求パケットにのみ反応する起動制御
部232のみが起動している状態となる。

【0057】以降、起動制御部232は、LAN40上
のトラフィックを監視し、自装置宛の起動要求パケット
(自装置のMACアドレスを含んだマジックパケット)
の到来を待つ(S78)。そして、自装置宛の起動要求
パケットを検出すると、起動制御部232は、電源制御
部240に対して本体部210への電力供給を指示し、
プリンタを起動状態に移行させる(S80)。

【0058】次に、図10を参照して、本実施形態にお
ける節電管理装置の処理手順を説明する。この手順で、
節電登録部114は、ネットワーク監視部112で検知
したトラフィックが、いずれかのプリンタ20からの節
電移行通知であるか否かを判定し(S102)、節電移
行通知であった場合は、その通知に含まれる情報、すな
わち装置アドレス、ネットワークアドレス及び節電状態
の組を管理テーブルに登録する(S104)。節電移行
通知が、電力供給停止状態への移行を示す通知の場合
は、当該プリンタについては既に管理テーブル内にエン
トリがあるので、その中の節電状態のみを更新する。こ
の管理テーブルのエントリは、対応するプリンタが起動
状態となるまで削除されない。

【0059】節電移行通知でない場合は、そのトラフィ
ックがARP要求のブロードキャストパケットであるか
どうかを判定する(S106)。ARP要求でもなけれ
ば、節電管理装置10は何も行わずに次の要求・通知の
到来を待つ。ARP要求であれば、起動要求部116
は、その要求パケットに含まれるアドレス解決対象のネ
ットワークアドレス(IPアドレス)を調べ、そのアド
レスが節電登録部114に登録されている「電力供給停
止」状態のプリンタのものかどうかを判定する(S10
8)。

【0060】アドレス解決対象のIPアドレスが電力供
給停止状態のプリンタのものでない場合は、節電管理装
置10は何も行わずに次の要求・通知の到来を待つ。す
なわち、アドレス解決対象が管理対象のプリンタ以外の
装置である場合や、管理対象のプリンタであってもそれ
が起動状態や電力供給制限状態である場合が、これに該
当する。なお、電力供給制限状態のプリンタは、自力で
外部からの要求に応えることができるので、節電管理装
置10はこれに対する要求には何も行わない。

【0061】アドレス解決対象のIPアドレスが、電力
供給停止状態のプリンタのものである場合は、起動要求
部116は、当該プリンタを宛先とした起動要求パケッ
ト(例えばマジックパケット)を生成してLAN40に
送出する(S110)。この起動要求パケットは、節電
登録部114の管理テーブルのアドレス情報を用いて作
成する。これと並行して、起動要求部116は、節電登
録部114の管理テーブルから、そのプリンタの装置ア
ドレス、ネットワークアドレス及び節電状態の組を削除
する(S112)。起動要求パケットを受け取ったプリ
ンタ20は、本体部210への電力供給を再開し、印刷
要求を受け付け可能な状態となる。

【0062】なお、節電管理装置10は、S110及び
S112の処理と共に、ARP要求元のクライアント装
置に対して、対象となるプリンタの装置アドレスを示す
ARP応答(リプライ)を、そのプリンタに代わって返
すようにすることが好適である。これにより、クライア
ント装置は、その代行応答により得た装置アドレスを用
いて、所望のプリンタ20に対して印刷要求を発行する
ことができる。

【0063】また、図示は省略したが、節電管理装置1
0は、クライアント装置からプリンタへの印刷要求も監
視し、この印刷要求が電力供給制限状態のプリンタのも
のである場合は、節電登録部114の管理テーブルから
そのプリンタのエントリを削除する。これは、その印刷
要求により、そのプリンタが起動状態に復帰するからで
ある。

【0064】以上説明したように、本実施形態では、全
クライアント装置のARPテーブルからプリンタのアド
レス情報が削除されると期待される期間、どのクライア
ント装置からも要求が到来しない状態がつづいて初めて
電力供給停止状態に移行する。このため、いずれかのク
ライアント装置がそのプリンタに要求を発しようとする
と、その前に必ずそのプリンタの物理アドレス(装置ア
ドレス)を知るためのARP要求を発する。このARP
要求はブロードキャストされるので、スイッチングハブ
などを用いて構成されたLAN40でも、節電管理装置
10は必ずそのARP要求を検知することができ、それ
をトリガとして電力供給停止状態(すなわち、起動要求
以外に対処できない状態)のプリンタに対して起動要求
を発することができる。

【0065】このように、本実施形態では、クライアン
ト装置からプリンタ宛の要求が他の装置で監視できない
可能性のあるLAN(例えばスイッチングハブを用いた
もの)でも、電力供給停止状態にあるプリンタに対する
クライアント装置の要求を前もって検知し、そのプリン
タを起動することができる。したがって、本実施形態で
も、起動要求パケットを処理する部位を除くプリンタの
ほとんどの部分に対する電力供給を停止することがで
き、高い節電効果を得ることができる。

【0066】なお、上記実施形態では、プリンタの電力
供給停止状態の他、電力供給制限状態も節電管理装置1
0の節電登録部114に登録するようにしたが、基本的
には電力供給制限状態のプリンタは自装置に対する要求
に自力で応答できるので、電力供給制限状態を節電管理
装置10側で把握している必要は必ずしもない。ただ
し、このように節電管理装置10で電力供給制限状態に
あるプリンタも把握することは、節電管理装置10から
クライアント装置30に対してプリンタの状態情報を提
供するような場合には有用である。

【0067】本実施形態の節電管理装置10は、単体の
装置としてLAN40に接続することもできるし、LA
N40上のいずれかのプリンタ20又はクライアント装
置10に組み込んで利用することもできる。

【0068】以上では、Ethernet上でのTCP
/IP通信の場合を例にとったが、本実施形態の手法
は、同様のアドレス解決を行うネットワークプロトコル
ならば、同様に適用可能である。

【0069】[実施形態3]次に、本発明に係る節電管
理装置の機能をクライアント装置に組み込んだ例につい
て説明する。ここでは、実施形態1と同様の構成を例に
とって説明する。

【0070】また、この実施形態では、節電管理装置で
の節電状態の管理テーブルを、ARPモジュールが管理
するARPテーブルと別立てで保持するものとする。す
なわち、節電状態の管理テーブルは、節電中の装置のI
Pアドレスを保持するようにし、IPアドレスとMAC
アドレスとの対応関係は、従来から有るARPモジュー
ルのARPテーブルで管理するようにする。したがっ
て、この構成では、既存のARPモジュールを用いるこ
とでシステム開発が容易になると共に、管理テーブルの
容量を節約することもできる。ただし、一般のARPモ
ジュールでは、ARPテーブルのエントリは基本的に登
録後所定時間が経過するとタイムアウトにより削除され
るので、これに対する対処が必要になる。すなわち、本
実施形態では、節電中のプリンタに対して要求があった
場合にそのプリンタに起動要求パケットを送る必要上、
節電管理装置はそのプリンタのMACアドレス(物理ア
ドレス)を保持し続ける必要がある。そこで、本実施形
態では、節電管理装置のARPモジュールを拡張し、A
RPテーブルの個々のエントリをタイムアウト削除しな
いように指定できるようにした。そして、プリンタが節
電状態に移行する際に、節電管理装置に対して、ARP
テーブルにおける当該プリンタのエントリをタイムアウ
ト削除しないように要求することとした。

【0071】この実施形態のプリンタ、節電管理装置の
構成は、ARPモジュールの拡張に係る構成の他は図2
及び図3に示したものと同様でよい。

【0072】プリンタ20の処理手順は、図11に示す
ように、節電管理装置10への節電状態の登録の完了の
後、節電制御部217から節電管理装置10に対して、
ARPテーブルにおける当該プリンタ20のエントリを
タイムアウトにかかわらず保持する要求を行う(S12
0)他は、実施形態1に示したものと同様でよい。

【0073】これに対して、節電管理装置10では、そ
のARPテーブル保持要求に応じて、ARPモジュール
が、当該プリンタに係るテーブルエントリを、後で明示
的に削除指示が来るまで保持する。節電管理装置10の
動作は、このARPテーブル保持要求に対する処理以外
は、基本的には、実施形態1のものと同様でよい。ただ
し、本実施形態では、節電管理装置10は、あるクライ
アント装置に組み込まれているので、当該クライアント
装置内のアプリケーションから要求に対する配慮が必要
になる。

【0074】すなわち、本実施形態の節電管理装置10
は、自己が搭載されているクライアント装置以外のクラ
イアント装置から発せられたLAN40上の要求を監視
すると共に、自己が搭載されているクライアント装置内
のアプリケーションから発せられる要求も監視し、それ
らLAN40上の要求及びクライアント装置内部からの
要求が節電中のプリンタである場合には、そのプリンタ
に対して起動要求パケットを送信し、印刷可能な状態に
する。

【0075】図12は、節電管理装置10が搭載されて
いるクライアント装置30内のアプリケーションからの
要求に対する節電管理装置10の動作を示すフローチャ
ートである。節電管理装置10は、そのクライアント装
置30内のアプリケーションにより、印刷を指示するイ
ベントの発生を待つ(S132)。印刷イベントが発生
すると、その印刷処理の依頼先が、節電登録部114に
登録されている節電中のプリンタかどうかを判定する
(S134)。この判定で、印刷依頼先が節電中でなけ
れば、節電管理装置10は何も行わず、この結果プリン
タドライバ等からその印刷イベントに係る印刷要求が当
該プリンタ宛に発行される(S145)。

【0076】S134の判定で、印刷依頼先が節電中の
プリンタであると判定された場合は、節電管理装置10
の起動要求部116は、当該プリンタ宛にマジックパケ
ット等の起動要求パケットを発行する(S136)と共
に、節電登録部114から節電情報(すなわちそれまで
節電中であった当該プリンタのIPアドレスの情報)を
削除し(S138)、ARPモジュールに対し、ARP
テーブルから当該プリンタのエントリ(IPアドレスと
MACアドレスのペア)を削除するように要求する(S
140)。そして、こののち、節電管理装置10は、プ
リンタドライバ等に、当該印刷イベントに係る印刷要求
の発行を指示する(S145)。

【0077】なお、節電管理装置10が搭載されている
クライアント装置以外のクライアント装置からの要求に
関しては、節電管理装置10は、ARPテーブル保持動
作以外は実施形態1と同様の動作を行えばよいので、説
明を省略する。

【0078】以上説明したように、本実施形態によれ
ば、節電管理装置をクライアント装置に組み込んだ場合
でも、実施形態1と同様の処理を実現できる。節電管理
装置をプリンタに組み込んだ場合も、同様に、その節電
管理装置でLAN40上のパケットと、そのプリンタ内
の節電制御部217からの要求を監視することで、実施
形態1と同様の処理を実現できる。

【0079】[まとめ]以上、本発明の好適な実施形態
を説明した。以上説明したように、各実施形態では、プ
リンタの節電モードで、基本的には、起動要求パケット
に対応する起動制御部以外のすべての部位に対する電源
供給を停止できるので、高い節電効果が得られる。な
お、以上の各実施形態では、LAN上のプリンタを例に
とって説明したが、これはあくまで一例である。本発明
はプリンタに限らず、ネットワーク上でクライアント装
置に対してサービスを提供する各種のサービス装置の節
電制御に適用可能である。

【図面の簡単な説明】

【図1】 実施形態1に係るシステムの構成例を示す図
である。

【図2】 プリンタの内部構成の一例を示す図である。

【図3】 節電管理装置の内部構成の一例を示す図であ
る。

【図4】 実施形態1におけるプリンタの処理手順を示
すフローチャートである。

【図5】 実施形態1における節電管理装置の処理手順
を示すフローチャートである。

【図6】 実施形態2におけるプリンタの処理手順の一
部を示すフローチャートである。

【図7】 実施形態2におけるプリンタの処理手順の一
部を示すフローチャートである。

【図8】 実施形態2におけるプリンタの処理手順の一
部を示すフローチャートである。

【図9】 実施形態2における節電登録部の管理テーブ
ルのデータ構造の例を示す図である。

【図10】 実施形態2における節電管理装置の処理手
順を示すフローチャートである。

【図11】 実施形態3におけるプリンタの処理手順を
示すフローチャートである。

【図12】 実施形態3における節電管理装置の処理手
順の一部を示すフローチャートである。

【符号の説明】

10 節電管理装置、20 プリンタ、30 クライア
ント装置、40 LAN、112 ネットワーク監視
部、114 節電登録部、116 起動要求部、210
本体部、211 プリントエンジン、212 ハード
ディスク、213画像形成部、214 設定/状態管理
部、215 スプール処理部、216応答処理部、21
7 節電制御部、230 通信制御部、232 起動制
御部、240 電源制御部。

フロントページの続き Fターム(参考) 2C061 AP01 HH11 HQ12 HT02 HT07 HT08 5B011 LL14 MA14 5K033 AA04 BA04 CB01 CC01 DA01 DB20 DB25 EA06 EA07 EC01 5K034 AA15 CC06 DD03 FF02 FF14 LL01 NN04 QQ04 TT06

Claims (15)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ネットワークを介したクライアント装置
    からのサービス要求に応じて所定のサービスを提供する
    サービス装置と、前記ネットワークに接続され前記サー
    ビス装置の節電状態を管理する節電管理装置と、を含
    み、 前記サービス装置は、 該装置のサービス機能を実行する本体部と、 前記ネットワークを介した自装置宛の所定の起動要求信
    号を監視し、該信号を検知すると前記本体部への電源を
    投入する起動制御部と、 前記ネットワークを介したサービス要求の到来状態が所
    定の節電移行条件を満足すると、前記ネットワーク上に
    節電移行通知を発し、前記本体部への電力供給を停止す
    る節電制御部と、 を含み、 前記節電管理装置は、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
    移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
    置として登録する節電登録部と、 前記ネットワークのトラフィックを監視し、前記節電登
    録部に登録された節電中のサービス装置へのサービス要
    求を検知すると、前記ネットワーク上に該サービス装置
    宛の前記起動要求信号を発信し、前記節電登録部からそ
    のサービス装置の登録を削除する起動要求部と、 を含むネットワークシステム。
  2. 【請求項2】 前記節電管理装置の節電登録部は、節電
    移行通知を発したサービス装置の前記ネットワーク上で
    の物理アドレスを、少なくとも次にそのサービス装置に
    起動要求信号を発するまでは保持する物理アドレス保持
    手段を有し、前記起動要求部は、その物理アドレスを用
    いてこれに対応する節電中のサービス装置に対して起動
    要求信号を発することを特徴とする請求項1記載のネッ
    トワークシステム。
  3. 【請求項3】 前記節電登録部は、前記ネットワーク上
    のサービス装置の論理アドレスに対応づけてその節電状
    態を登録し、 前記物理アドレス保持手段は、当該節電管理装置のアド
    レス解決手段がキャッシュする前記ネットワーク上の装
    置の論理アドレスと物理アドレスとの対応表において、
    節電中の装置の論理アドレスと物理アドレスの対応情報
    を、次にそのサービス装置に起動要求信号を発するまで
    はタイムアウト削除処理しないようにすることを特徴と
    する請求項2記載のネットワークシステム。
  4. 【請求項4】 ネットワークを介したクライアント装置
    からのサービス要求に応じて所定のサービスを提供する
    サービス装置と、前記ネットワークに接続され前記サー
    ビス装置の節電状態を管理する節電管理装置と、を含
    み、 前記サービス装置は、 該装置のサービス機能を実行する本体部と、 前記ネットワークを介した自装置宛の所定の起動要求信
    号を監視し、該信号を検知すると前記本体部への電源を
    投入する起動制御部と、 前記クライアント装置のアドレス解決手段のキャッシュ
    から自装置の物理アドレスが消去されるまでに要する時
    間を考慮して定められた第一の時間間隔の間、前記ネッ
    トワークを介して要求を受けなかった場合、前記ネット
    ワーク上に節電移行通知を発し、前記本体部への電力供
    給を停止する節電制御部と、 を含み、 前記節電管理装置は、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
    移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
    置として登録し、その装置の物理アドレスを保持する節
    電登録部と、 前記ネットワークのトラフィックを監視し、前記節電登
    録部に登録された節電中のサービス装置に対するアドレ
    ス解決要求を検知すると、そのサービス装置に起動要求
    信号を発信し、前記節電登録部からそのサービス装置の
    登録を削除する起動要求部と、 を含むネットワークシステム。
  5. 【請求項5】 前記起動要求部は、節電中のサービス装
    置に対するアドレス解決要求の要求元に、そのサービス
    装置の物理アドレスを代行回答する手段を有することを
    特徴とする請求項4記載のネットワークシステム。
  6. 【請求項6】 前記サービス装置の節電制御部は、前記
    クライアント装置からの前記第一の時間間隔よりも短い
    所定の時間間隔の間ネットワークを介してサービス要求
    を受けなかった場合、前記本体部のうち、ネットワーク
    通信に用いる機能を除く残りの機能を実現する部分に対
    する電力供給を停止する弱節電手段を有し、この弱節電
    手段による電力供給停止の段階を経た後、前記本体部全
    体に対する電力供給の停止を行うことを特徴とする請求
    項4記載のネットワークシステム。
  7. 【請求項7】 前記サービス装置の節電制御部は前記弱
    節電手段による電力供給停止を行う際に前記ネットワー
    ク上にその旨の通知を発し、 前記節電管理装置は、前記サービス装置について弱節電
    手段による節電が行われた旨を登録することを特徴とす
    る請求項6記載のネットワークシステム。
  8. 【請求項8】 ネットワークを介して接続されたクライ
    アント装置及びサービス装置を含むネットワークシステ
    ムであって、 前記サービス装置は、 該装置のサービス機能を実行する本体部と、 前記ネットワークを介した自装置宛の所定の起動要求信
    号を監視し、該信号を検知すると前記本体部への電源を
    投入する起動制御部と、 前記ネットワークを介したサービス要求の到来状態が所
    定の節電移行条件を満足すると、前記ネットワーク上に
    節電移行通知を発し、前記本体部への電力供給を停止す
    る節電制御部と、 を含み、 前記クライアント装置は、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
    移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
    置として登録する節電登録部と、 該装置で起動中のアプリケーションから、前記節電登録
    部に登録された節電中のサービス装置へのサービス要求
    が発せられると、前記ネットワーク上に該サービス装置
    宛の前記起動要求信号を発信し、前記節電登録部からそ
    のサービス装置の登録を削除する起動要求部と、 を含むネットワークシステム。
  9. 【請求項9】 前記節電登録部は、節電中の装置として
    の登録が完了したサービス装置に対して登録完了通知を
    送信し、 前記サービス装置の節電制御部は、前記登録完了通知の
    受信の後で、前記本体部への電力供給を停止することを
    特徴とする請求項1又は請求項4又は請求項8に記載の
    ネットワークシステム。
  10. 【請求項10】 ネットワークを介したクライアント装
    置からのサービス要求に応じて所定のサービスを提供す
    るサービス装置と、前記サービス装置への電力供給を制
    御する電源制御装置と、前記ネットワークに接続され前
    記サービス装置の節電状態を管理する節電管理装置と、
    を含み、 前記サービス装置は、前記ネットワークを介したサービ
    ス要求の到来状態が所定の節電移行条件を満足すると、
    前記ネットワーク上に節電移行通知を発し、前記電源制
    御装置に対しそのサービス装置に対する電力供給を停止
    を指示する節電制御部を含み、 前記節電管理装置は、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
    移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
    置として登録する節電登録部と、 前記ネットワークのトラフィックを監視し、前記節電登
    録部に登録された節電中のサービス装置へのサービス要
    求を検知すると、そのサービス装置に対応する前記電源
    制御装置に対しそのサービス装置への電力供給を指示
    し、前記節電登録部からそのサービス装置の登録を削除
    する起動要求部と、 を含むネットワークシステム。
  11. 【請求項11】 ネットワークに接続されたサービス装
    置の節電状態を管理する節電管理装置であって、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの所定
    の節電移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電
    中の装置として登録する節電登録部と、 前記ネットワークのトラフィックを監視し、前記節電登
    録部に登録された節電中のサービス装置へのサービス要
    求を検知すると、前記ネットワーク上に該サービス装置
    宛の前記起動要求信号を発信し、前記節電登録部からそ
    のサービス装置の登録を削除する起動要求部と、 を含む節電管理装置。
  12. 【請求項12】 ネットワークに接続されたサービス装
    置の節電状態を管理する節電管理装置であって、 前記ネットワークを介して前記サービス装置からの節電
    移行通知を検知すると、前記サービス装置を節電中の装
    置として登録し、その装置の物理アドレスを保持する節
    電登録部と、 前記ネットワークのトラフィックを監視し、前記節電登
    録部に登録された節電中のサービス装置に対するアドレ
    ス解決要求を検知すると、そのサービス装置に起動要求
    信号を発信し、前記節電登録部からそのサービス装置の
    登録を削除する起動要求部と、 を含む節電管理装置。
  13. 【請求項13】 前記節電登録部に登録された情報をク
    ライアント装置に提供する手段を有する請求項11又は
    請求項12記載の節電管理装置。
  14. 【請求項14】 クライアント装置からのネットワーク
    を介したサービス要求に対して所定のサービスを提供す
    るサービス装置であって、 該装置のサービス機能を実行する本体部と、 前記ネットワークを介した自装置宛の所定の起動要求信
    号を監視し、該信号を検知すると前記本体部への電源を
    投入する起動制御部と、 前記ネットワークを介したサービス要求の到来状態が所
    定の節電移行条件を満足すると、前記ネットワーク上に
    節電移行通知を発し、前記本体部への電力供給を停止す
    る節電制御部と、 を含むサービス装置。
  15. 【請求項15】 前記節電移行条件は、前記クライアン
    ト装置のアドレス解決手段のキャッシュから自装置の物
    理アドレスが消去されるまでに要する時間を考慮して定
    められた所定の時間間隔の間、前記ネットワークを介し
    て要求を受けないことであることを特徴とする請求項1
    4記載のサービス装置。
JP25289699A 1999-09-07 1999-09-07 ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置 Pending JP2001075687A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25289699A JP2001075687A (ja) 1999-09-07 1999-09-07 ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25289699A JP2001075687A (ja) 1999-09-07 1999-09-07 ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001075687A true JP2001075687A (ja) 2001-03-23

Family

ID=17243685

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25289699A Pending JP2001075687A (ja) 1999-09-07 1999-09-07 ネットワークシステム、節電管理装置及びサービス装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001075687A (ja)

Cited By (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004033219A1 (en) * 2002-10-08 2004-04-22 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus having reduced power consumption mode, control method therefor, network system including the image forming apparatus, and control method therefor
WO2004099961A1 (en) * 2003-05-12 2004-11-18 Canon Kabushiki Kaisha Data processor, data processing method, and control program
JP2004334792A (ja) * 2003-05-12 2004-11-25 Canon Inc ネットワークサービスシステムおよびサービス代行処理方法およびコンピュータが読取り可能なプログラムを格納した記憶媒体およびプログラム
JP2005352694A (ja) * 2004-06-09 2005-12-22 Canon Inc 印刷装置およびその方法、並びに、情報処理装置およびその制御方法
JP2007036318A (ja) * 2005-07-22 2007-02-08 Fuji Xerox Co Ltd 画像処理システム
JP2007518172A (ja) * 2004-01-08 2007-07-05 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation トランザクションをサポートするための方法および装置
US7286252B2 (en) 2001-03-30 2007-10-23 Minolta Co., Ltd. Printing system with enhanced efficiency in power-saving, printer, substitute server, and method and program used by the substitute server
JP2008503912A (ja) * 2004-06-18 2008-02-07 バレオ エレクトロニク エ システメ デ リアイソン 搬送電流によって情報を交換するモジュールおよび上記モジュールの動作を管理する方法
JP2008134997A (ja) * 2006-10-27 2008-06-12 Fujitsu Ltd ネットワーク管理方法及びネットワーク管理プログラム
US7516335B2 (en) 2004-03-17 2009-04-07 Ricoh Company, Limited Network control device for an image forming apparatus that enables a network filter during a grace time before entering an energy saving mode
US7532914B2 (en) 2003-04-02 2009-05-12 Nec Corporation Radio network system
CN100570510C (zh) 2006-03-29 2009-12-16 夏普株式会社 图像处理设备和图像处理系统
JP2010146340A (ja) * 2008-12-19 2010-07-01 Canon Inc 画像処理システム、画像処理装置及び画像処理方法
US7912943B2 (en) 2005-10-06 2011-03-22 Canon Kabushiki Kaisha Network device, network system, and its power saving control method
US8035828B2 (en) 2006-12-19 2011-10-11 Canon Kabushiki Kaisha Apparatus, method, and program product using same window for designating print settings for entire print job and specific pages
JP2012073894A (ja) * 2010-09-29 2012-04-12 Toshiba Corp 通信機器管理装置、ユーザ機器及びサービス機器
DE112010004798T5 (de) 2009-12-14 2012-11-15 Sumitomo Electric Industries, Ltd. Verwaltungsvorrichtung und Programm
JP2013014097A (ja) * 2011-07-05 2013-01-24 Fuji Xerox Co Ltd 復帰処理装置、印刷システム及びプログラム
JP2013029965A (ja) * 2011-07-28 2013-02-07 Pfu Ltd 機器管理装置、機器管理方法および機器管理用プログラム
JP2013055686A (ja) * 2012-11-12 2013-03-21 Toshiba Corp 通信機器管理装置におけるサービス機器
US8451471B2 (en) 2009-04-07 2013-05-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Image forming apparatus, power saving control method, and computer-readable recording medium having recorded therein power saving control program
US8578016B2 (en) 2004-01-08 2013-11-05 International Business Machines Corporation Non-invasive discovery of relationships between nodes in a network
JP2015043612A (ja) * 2014-10-15 2015-03-05 株式会社東芝 ユーザ機器およびユーザ機器を用いたサービス利用方法
JP2016134830A (ja) * 2015-01-21 2016-07-25 富士ゼロックス株式会社 応答装置、情報処理装置及びプログラム

Cited By (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7286252B2 (en) 2001-03-30 2007-10-23 Minolta Co., Ltd. Printing system with enhanced efficiency in power-saving, printer, substitute server, and method and program used by the substitute server
US7755779B2 (en) 2002-10-08 2010-07-13 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus having energy-saving mode, control method therefor, network system including the image forming apparatus, and control method therefor
WO2004033219A1 (en) * 2002-10-08 2004-04-22 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus having reduced power consumption mode, control method therefor, network system including the image forming apparatus, and control method therefor
US7532914B2 (en) 2003-04-02 2009-05-12 Nec Corporation Radio network system
JP4546040B2 (ja) * 2003-05-12 2010-09-15 キヤノン株式会社 ネットワークサービスシステムおよびサービス代行処理方法およびコンピュータが読取り可能なプログラムを格納した記憶媒体およびプログラム
EP1625486A1 (en) * 2003-05-12 2006-02-15 Canon Kabushiki Kaisha Data processor, data processing method, and control program
US7447757B2 (en) 2003-05-12 2008-11-04 Canon Kabushiki Kaisha Data processor, data processing method, and control program
JP2004334792A (ja) * 2003-05-12 2004-11-25 Canon Inc ネットワークサービスシステムおよびサービス代行処理方法およびコンピュータが読取り可能なプログラムを格納した記憶媒体およびプログラム
KR100799385B1 (ko) * 2003-05-12 2008-01-30 캐논 가부시끼가이샤 데이터 처리기, 데이터 처리 방법 및 기록 매체
WO2004099961A1 (en) * 2003-05-12 2004-11-18 Canon Kabushiki Kaisha Data processor, data processing method, and control program
EP1625486A4 (en) * 2003-05-12 2010-10-20 Canon Kk Data processor, data processing method, and control program
CN100399236C (zh) * 2003-05-12 2008-07-02 佳能株式会社 外围设备、服务器、客户装置、网络装置系统及检索方法
JP2007518172A (ja) * 2004-01-08 2007-07-05 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation トランザクションをサポートするための方法および装置
US8738804B2 (en) 2004-01-08 2014-05-27 International Business Machines Corporation Supporting transactions in a data network using router information
US8578016B2 (en) 2004-01-08 2013-11-05 International Business Machines Corporation Non-invasive discovery of relationships between nodes in a network
US7516335B2 (en) 2004-03-17 2009-04-07 Ricoh Company, Limited Network control device for an image forming apparatus that enables a network filter during a grace time before entering an energy saving mode
JP2005352694A (ja) * 2004-06-09 2005-12-22 Canon Inc 印刷装置およびその方法、並びに、情報処理装置およびその制御方法
JP2008503912A (ja) * 2004-06-18 2008-02-07 バレオ エレクトロニク エ システメ デ リアイソン 搬送電流によって情報を交換するモジュールおよび上記モジュールの動作を管理する方法
JP2007036318A (ja) * 2005-07-22 2007-02-08 Fuji Xerox Co Ltd 画像処理システム
US7912943B2 (en) 2005-10-06 2011-03-22 Canon Kabushiki Kaisha Network device, network system, and its power saving control method
CN100570510C (zh) 2006-03-29 2009-12-16 夏普株式会社 图像处理设备和图像处理系统
US8027046B2 (en) 2006-03-29 2011-09-27 Sharp Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, control apparatus thereof, and image processing system that manages component power individually
JP2008134997A (ja) * 2006-10-27 2008-06-12 Fujitsu Ltd ネットワーク管理方法及びネットワーク管理プログラム
US8035828B2 (en) 2006-12-19 2011-10-11 Canon Kabushiki Kaisha Apparatus, method, and program product using same window for designating print settings for entire print job and specific pages
JP2010146340A (ja) * 2008-12-19 2010-07-01 Canon Inc 画像処理システム、画像処理装置及び画像処理方法
US8451471B2 (en) 2009-04-07 2013-05-28 Kabushiki Kaisha Toshiba Image forming apparatus, power saving control method, and computer-readable recording medium having recorded therein power saving control program
DE112010004798T5 (de) 2009-12-14 2012-11-15 Sumitomo Electric Industries, Ltd. Verwaltungsvorrichtung und Programm
JP2012073894A (ja) * 2010-09-29 2012-04-12 Toshiba Corp 通信機器管理装置、ユーザ機器及びサービス機器
US9086880B2 (en) 2010-09-29 2015-07-21 Kabushiki Kaisha Toshiba Communication device management apparatus, user device, and service device
JP2013014097A (ja) * 2011-07-05 2013-01-24 Fuji Xerox Co Ltd 復帰処理装置、印刷システム及びプログラム
JP2013029965A (ja) * 2011-07-28 2013-02-07 Pfu Ltd 機器管理装置、機器管理方法および機器管理用プログラム
JP2013055686A (ja) * 2012-11-12 2013-03-21 Toshiba Corp 通信機器管理装置におけるサービス機器
JP2015043612A (ja) * 2014-10-15 2015-03-05 株式会社東芝 ユーザ機器およびユーザ機器を用いたサービス利用方法
JP2016134830A (ja) * 2015-01-21 2016-07-25 富士ゼロックス株式会社 応答装置、情報処理装置及びプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE69632297T2 (de) Verfahren und System zur programmierbaren Leistungssteuerung für Netzwerkrechnerstationen
US7805493B2 (en) Network service system, service proxy processing method, computer-readable storage medium storing program, and program therefor
US7017082B1 (en) Method and system for a process manager
EP0751651B1 (en) Interface between agent and managed device
US5862404A (en) Network device discovery and status information distribution using independent information distribution processes
US6373841B1 (en) Integrated LAN controller and web server chip
US9270843B2 (en) Information processing device, method, and program
US20030090697A1 (en) Printer that redirects jobs to buddy printer
US8510577B2 (en) Reducing power consumption by offloading applications
US7640441B2 (en) Communication apparatus
US7447757B2 (en) Data processor, data processing method, and control program
US8537400B2 (en) Method and arrangement for use of shared resources in a network
US6734985B1 (en) Printing apparatus, printing system and method of controlling same
CN101598968B (zh) 信息处理装置及信息处理装置的控制方法
CN1282552C (zh) 电源管理装置、文件服务器、打印机及系统、计算机软件
US20120133974A1 (en) Printing system, printing method, and computer-readable medium
US7409482B2 (en) Computer and method for on-demand network access control
JP2005041214A (ja) 印刷制御装置及びその制御方法及びプログラム
US7190477B2 (en) System and method for managing and processing a print job using print job tickets
US20030033395A1 (en) Peripheral device with a centralized management server, and system, computer program product and method for managing peripheral devices connected to a network
US8214676B2 (en) Information processing apparatus, power mode control method, and power mode control program product
JP4217445B2 (ja) データ処理装置および電力制御方法およびコンピュータが読み取り可能な記憶媒体およびプログラム
US20070011362A1 (en) Information processing device, line concentrator, network infromation processing system having the line concentrator, information processing program and storage medium
WO2004095193A2 (en) System for low power operation of wireless lan interfaces
US7480729B2 (en) Line concentrator, network-capable apparatus, and communication system