JP2001052037A - Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same - Google Patents

Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same

Info

Publication number
JP2001052037A
JP2001052037A JP22604499A JP22604499A JP2001052037A JP 2001052037 A JP2001052037 A JP 2001052037A JP 22604499 A JP22604499 A JP 22604499A JP 22604499 A JP22604499 A JP 22604499A JP 2001052037 A JP2001052037 A JP 2001052037A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
cad
software
spreadsheet software
spreadsheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP22604499A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yutaka Natabe
Yoichi Nonaka
Hirotaka Ono
Hideaki Seki
Kenji Takemori
豊 名田部
浩隆 小野
建而 竹盛
洋一 野中
秀明 関
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable operation comfortable for a user by performing flexible processing even when the form of a component is unknown or assembly of components is to be changed by fetching data inputted by spreadsheet software as data for generating a form model.
SOLUTION: Spreadsheet software 301 performs processing, preservation, calculation and display of data and operates according to a definition described in a spreadsheet definition file 302. Processing 401 for expressing each component as a CAD model from a product specification 400 is previously described in the spreadsheet definition file 302 and when the product specification 400 is inputted, data 402 required for the CAD model 403 are calculated by automatic processing of the spreadsheet software 301. A link program 304 reads the data 402 required for the CAD model 403 of the component from the spreadsheet definition file 302, converts the data to data interpretable for CAD software 303 and transfers them to the CAD software 303.
COPYRIGHT: (C)2001,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、CAD(計算機支援設計)システム、および、そのシステムにより形状モデルを生成する方法に係り、システムで取扱うCADモデルを表計算ソフトウェアと連携して取扱うことのできるCADシステム、および、形状モデル生成方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention, CAD (computer aided design) system, and relates to a method of generating a shape model by the system, a CAD model handled in the system can be handled in conjunction with spreadsheet software CAD systems, and to a shape model generation method.

【0002】 [0002]

【従来の技術】CADソフトウェアを利用して、機械部品などのCADモデルを電子計算機上に作成し、それら部品のCADモデルを組み合わせて製品のCADモデルを作成して、図面として印刷して製造応用することは広くおこなわれている。 Using the Related Art CAD software to create a CAD model, such as machine parts on the electronic computer, create a CAD model of the product in combination thereof part of the CAD model, manufacturing applications and printed as drawings it has been carried out widely for.

【0003】図1は、CADシステムの概要を示す模式図である。 [0003] Figure 1 is a schematic diagram showing an outline of a CAD system.

【0004】従来のCADシステムの機能構成は、入力装置101、CADモデル作成装置102、CADモデル表示装置103に大別できる。 [0004] functional configuration of a conventional CAD system can be divided into an input device 101, CAD model creating apparatus 102, CAD model display unit 103. 入力装置101とは、 An input device 101,
データ入力やコマンド入力をする機器であり、一般にマウスと呼ばれる画面指示装置や、数字や文字を入力するキーボードなどであり、CADモデル作成装置102とは、電子計算機のCPUやメモリやハードディスクを使ってCADモデルの図形を計算するCADソフトウェアとそのソフトウェアを実行するハードウェアで構成されている。 A device for data entry and command input, generally and screen indication device called a mouse, and the like keyboard for entering numbers and letters, the CAD model creating apparatus 102, by using a CPU and a memory or a hard disk of the computer It is constituted by hardware that performs CAD software and the software to calculate the shape of the CAD model. また、CADモデル表示装置3は、CADモデルに関する情報を表示する装置であり、CRTや液晶ディスプレイなどの画面表示装置から構成される。 Further, CAD model display device 3 is a device that displays information about the CAD model, and a screen display device such as a CRT or a liquid crystal display.

【0005】CADソフトウェアは、図形や文字を書く作業を電子化した2次元CADと、実物形状と同じように図形を電子空間上で表現する3次元CADとに大別できる。 [0005] CAD software, it can be roughly divided into the task of writing the graphics and characters and the two-dimensional CAD which is electronic, the figure in the same way as the real shape in the three-dimensional CAD to be represented on the electronic space. どちらのCADも、操作者104が入力装置10 Both CAD, operator 104 is the input device 10
1を介して図形を作成するためのデータを入力して、C Enter the data for creating a graphic via a 1, C
ADモデル作成装置102がデータを解釈してCADモデル表示装置103に図形として表現する。 AD model creating device 102 interprets the data expressed as graphics on CAD model display unit 103. また、操作者104が入力装置101に入力するデータは、基本的には直線や曲線を表現するためのデータであり、一定の線で囲まれた領域に特定の意味付けをなして部品のCA The data operator 104 is input to the input device 101 is basically a data for representing lines and curves, CA components form a specific meaning in a region surrounded by a constant linear
Dモデルとしている。 It has been with the D model. 例えば、2次元CADでは四角で囲まれた領域、3次元CADでは直方体の稜線で囲まれた領域、これらを板状の部品の数値として取り扱っている。 For example, the region surrounded by a two-dimensional CAD in square, the area surrounded by the three-dimensional CAD rectangular ridge at, are handled them as a number plate-shaped parts.

【0006】このとき、CADソフトウェアを利用して製品のCADモデルを作成するときは、例えばネジなどの同じ機械部品が複数必要になることが多く、これを操作者104が直線や曲線を1つ1つ入力してネジを1つ1つCADモデル化していたのでは、操作が重複して非常に煩わしい問題がある。 [0006] At this time, when using the CAD software to create a product of CAD model, for example, it is often the same mechanical parts such as screws is more needed, this operator 104 one line or curve one input to than had been one by one CAD model of the screw, there is a very troublesome problem duplicate operations.

【0007】そこで、従来では、ネジなど繰り返し利用する部品のCADモデルにおいては、予めCADモデルを1つ作成しておいて、必要なときにこれを呼び出し複写して使うことが一般的となっている。 [0007] Therefore, in the prior art, in the parts of the CAD model to be used repeatedly, such as screws, in advance of the CAD model sure that you create one, it is used to call copy it when needed become common there. 特に、JISなど工業規格で定められた共通部品は、この方法を採用して複数の作業者が同じCADモデルを共有することで操作の簡素化を図っている。 In particular, common parts defined by industry standards such as JIS, a plurality of workers adopted this method is aimed at simplifying the operation by sharing the same CAD model. 共有するCADモデルは、C CAD model to be shared, C
ADモデル作成装置102にシンボルとして保存されており、操作者104は、そのシンボルをマウスやキーボードで選択している。 Are stored as a symbol to the AD model creating apparatus 102, the operator 104 has selected the symbol with the mouse or keyboard. このシンボルを使ってCADモデルを再利用するCADの機能を、一般に「シンボル登録機能」と言う。 The function of the CAD to reuse the CAD model using this symbol, generally referred to as a "symbol registration function".

【0008】さらに、シンボル登録するCADモデルの寸法の一部を変数として扱って、類似形状を1つのCA [0008] In addition, dealing with the dimensions of some of the CAD model to the symbol registered as a variable, the similar shape of one 1 CA
Dモデルとして管理することでシンボル登録の簡素化も行われている。 It has been made simplified symbol registered by managing the D model. 例えばネジを例に取ってみると、JIS For example, If we take as an example the screws, JIS
でいうM3ネジ、M5ネジ、など、ネジの直径が異なるものの形状は類似している場合は、CADモデルでネジの直径にあたる部分を変数として設定しておき、呼び出して使うときにはこの変数に使いたい直径の数値を入力すれば、所望のネジ形状のCADモデルが得られることになり、シンボル登録の簡素化が図れる。 M3 screws, M5 screws, such as referred to in, if the shape of the diameter of the screw is different things are similar, may be set as a variable portion corresponding to the diameter of the screw in the CAD model, when you use call you want to use for this variable by entering the numerical values ​​of diameter, will be CAD model of the desired thread form is obtained, it can be simplified symbol registration. このCADモデルの寸法の一部を変数として扱うCADの機能を、一般に「パラメトリック変形機能」と呼んでいる。 The function of the CAD dealing with some of the dimensions of the CAD model as a variable, commonly referred to as "parametric deformation function".

【0009】パラメトリック変形機能では、シンボル形状の一部の寸法を変数として扱って、シンボルを利用するときにこの変数に対するデータをCADソフトウェアに直接入力することが一般的であった。 [0009] In parametric variations feature deals with the dimensions of some of the symbol shape as a variable, entering directly the data for this variable in the CAD software were common when using the symbol. しかし近年、この変数を表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアで扱って、データ入力の管理をおこない、CADソフトウェアにデータを自動で渡す機能が開発されている。 However, in recent years, this variable dealing with spreadsheet software and database software, to manage the data input, the ability to pass automatically have been developed data to the CAD software.

【0010】また、操作の簡素化を図るCADの他の機能として、繰り返し入力する一連の操作をひとつのまとまりとして予約しておき、必要なときにこれを呼び出して一連の操作を自動処理する機能があり、これを一般に「マクロ機能」という。 [0010] In addition, as other functions of the CAD to simplify the operation in advance to reserve a series of operations to repeatedly input as one of unity, the ability to automatically process a series of operations to call it when needed There are, this is commonly referred to as "macro function". マクロ機能では、CADモデルを作成する操作のみならず、CADモデルを移動したり複写したりするCAD一般の操作も予約することができる。 The macro function, not only operation to create a CAD model, operation of CAD in general or to copy or move the CAD model can also be reserved. このマクロ機能を予約するための記述は、CADソフトウェアが規定する操作の予約語を組み合わせる書式となっており、これを一般に「スクリプト」と言う。 Description for Book this macro function, has become the format to combine the reserved word of the operation which CAD software to define, referred to as a "script" this to the general. スクリプトの中の予約語によっては、操作の中で入力する数値データを変数として扱う機能もあり、操作者は、マクロ機能を呼び出すときにスクリプトに渡すべき変数の数値データを一緒に入力することで、マクロ機能に柔軟性を持たせている。 Depending on the reserved word in the script, there is also a function that handles the numeric data to be input in the operation as a variable, the operator, by entering the numerical data of the variable to be passed to the script when calling the macro function together , it has to have a flexibility to the macro function.

【0011】 [0011]

【発明が解決しようとする課題】上記従来のCADソフトウェアによる技術によれば、CADソフトウェアと操作者が対話的に操作することを前提としているため、製品を構成する部品一つ一つの形状が既知である場合には、シンボル登録機能やマクロ機能を使ってCADモデルを作成すればよい。 According to the 0005] The above conventional CAD software by techniques, for CAD software and the operator is assumed to operate interactively, the parts one by one in the shape constituting the product known If it is, it is sufficient to create a CAD model using the symbol registration function or macro function. しかし、外形や出力容量など製品の基本仕様が決まっているだけで部品一つ一つの形状が未知の場合には、設計規則に従って製品の基本仕様から部品形状を算出してCADモデルを作成する必要があり、従来のCADソフトウェアでは十分な機能がない。 However, if the only components one by one shape are determined basic specifications of products, such as external and output capacitance of the unknown it is necessary to create the CAD model to calculate the product shape from the basic specifications of the products according to the design rules There are, there is not enough work in conventional CAD software.
すなわち、製品の設計規則は千差万別であり定式化することは難しいことからCADソフトウェアの機能として成立しにくい一方で、製品のシリーズ化をおこなう設計や、受注毎に類似の設計をおこなうときには、設計規則に従って製品の基本仕様から部品の形状を算出してCA That is, while hardly established as a function of CAD software since it is difficult to design rules are multifarious formulated product, design and performing the series of products, when performing similar designs per orders calculates the shape of the part from the basic specifications of the products according to the design rules CA
Dモデルを作成しなければならない。 We must create the D model.

【0012】また、シンボル登録機能におけるパラメトリック変形機能や、マクロ機能におけるスクリプトの変数管理では、CADモデルの寸法のごく一部や操作の中で入力する数値データのごく一部を変数として扱うだけで、CADモデルの寸法全てや操作の中で入力する数値データ全てが変化する場合には、呼び出して使うときに数値データを全て入力する必要があり、操作の簡素化といった本来の利点を損なってしまう。 [0012], and parametric deformation function in the symbol registration function, the script of the variable management in the macro function, only dealing with a small part of the numeric data to be input in a small part and operation of the size of the CAD model as a variable , when all numerical data to be input in all dimensions of the CAD model and the operation is changed, it is necessary to enter all of the numerical data when using call, impairs the inherent advantages of simplification of the operation . 特に設計規則に従って製品の基本仕様から部品の形状を算出してCADモデルを作成する場合には、変数として扱う数値データは膨大なものとなり、シンボル登録機能やマクロ機能では対応しきれない。 If you are creating a CAD model is especially from the basic specifications of the product according to the design rules to calculate the parts of the shape, numeric data will be enormous to be handled as a variable, not fully correspond to a symbol registration function or macro function.

【0013】さらに、シンボル形状の一部の寸法を表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアで扱ってデータ入力の管理をおこなう従来の技術では、形状の寸法は管理できるものの、部品同士の組立に関係する寸法では、CADモデルの中に組立条件を定義して、その条件の中の寸法だけ表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアで扱うだけであり、製品の基本仕様によって部品同士の組立が変わる場合には寸法のみならずCADモデル自体を変更しなければならない問題があった。 Furthermore, in the conventional technology for managing a part of the dimension dealing with spreadsheet software or database software data input of a symbol shape, although the size of the shape can be managed, in sizes relating to the assembly of the parts each other , by defining the assembly conditions in the CAD model, is only handled by the dimension in the conditions in the spreadsheet software and database software, not only dimensions in the case of the basic specifications of a product change is the assembly of the parts to each other there has been a problem that does not need to change the CAD model itself.

【0014】本発明は、上記問題点を解決するためになされたもので、その目的は、CADシステムを表計算ソフトウェアとシームレスに連携させ、表計算ソフトウェアに十分なCADモデルの記述能力を持たせることにより、部品の形状が未知の場合や部品同士の組立が変わる場合であっても、柔軟な対処をおこなうことができ、ユーザにとって快適な操作をおこなうことのできるCAD [0014] The present invention has been made to solve the above problems, its object is a CAD system by linking the spreadsheet software seamlessly, to have the description capability of sufficient CAD model into a spreadsheet software by, even if the shape of the part is changed assembly or if parts together unknown, it is possible to perform a flexible coping, you can perform comfortable operation for the user CAD
システムを提供することにある。 It is to provide a system.

【0015】 [0015]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明の表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムに係る発明の構成は、表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムにおいて、このCADシステムは、部品を形状モデルで表現し、その部品を複数組み付けた形状モデルを生成するCADシステムであって、前記部品の形状モデルに関するデータを、前記表計算ソフトウェア上のデータとして、前記部品の形状モデルの形状モデル空間における座標を特徴付ける位置姿勢データと、前記部品の原材料を特徴付ける原材料データと、前記部品の加工工程を特徴付ける加工データの三種類のデータとで保持し、しかも、そのデータ構造が、一つの部品に関して、一つのまたは複数の行または列により表現したものであって、 To achieve the above object, according to the Invention The construction of the invention according to the cooperation possible CAD systems and spreadsheet software of the present invention, in conjunction capable CAD systems and spreadsheet software, the CAD system may represent the part in the shape model, a CAD system for generating a shape model assembled plurality of the component, the data relating to the part of the geometric model, as the data on the spreadsheet software, the component shape model the position and orientation data characterizing the coordinates in shape model space, and raw materials data characterizing the raw materials of the component, held by the three types of data processing data characterizing the components of the working process, moreover, is the data structure, one respect one of the parts, there is a representation by one or more rows or columns, 記表計算ソフトウェアにより入力させたデータを、形状モデルを生成するデータとして取り込むようにしたものである。 The data was input by the serial spreadsheet software, in which the capture as data for generating a shape model.

【0016】より詳しくは、ある部品が、加工工程において他の部品と関わって、その部品の形状モデル空間におけるデータが変化する場合に、前記表計算ソフトウェア上で定義されたその部品の加工データの欄に、その変化に関わる他の部品の情報を記述するようにしたものである。 [0016] More specifically, there components, involved with other components in the process step, if the data in the shape model space of the component is changed, the processing data of the defined that part on the spreadsheet software column, in which so as to describe the information of other components involved in the change.

【0017】上記目的を達成するために、本発明の形状モデル生成方法に係る発明の構成は、表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムにより、部品を形状モデルで表現し、その部品を複数組み付けた形状モデルを生成する形状モデル生成方法において、前記部品の形状モデルに関するデータを、前記表計算ソフトウェア上のデータとして、前記部品の形状モデルの形状モデル空間における座標を特徴付ける位置姿勢データと、前記部品の原材料を特徴付ける原材料データと、前記部品の加工工程を特徴付ける加工データの三種類のデータで保持し、 [0017] To achieve the above object, the configuration of the invention according to the shape model generation method of the present invention, in cooperation capable CAD systems and spreadsheet software, represent the parts in the shape model, assembled plurality of the component in the shape model generation method for generating a shape model, data relating to the part of the geometric model, as the data on the spreadsheet software, and the position and orientation data characterizing the coordinates in the shape model space of the part of the shape model, of the part and raw materials data characterizing the raw materials, and held at three kinds of data processing data characterizing the components of the machining process,
しかも、そのデータ構造が、一つの部品に関して、一つのまたは複数の行または列により表現したものであって、前記表計算ソフトウェアによりデータを入力させ、 Moreover, the data structure for one of the parts, there is a representation by one or more rows or columns, then the input data by the spreadsheet software,
表計算ソフトウェアと独立に実行可能なCADソフトウェアに、前記データを取り込んで形状モデルを生成するようにしたものである。 The executable CAD software independently of the spreadsheet software, in which so as to generate a shape model captures the data.

【0018】より詳しくは、上記形状モデル生成方法において、ある部品が、加工工程において他の部品と関わって、その部品の形状モデル空間におけるデータが変化する場合に、前記表計算ソフトウェア上で定義されたその部品の加工データの欄に、その変化に関わる他の部品の情報を記述するようにしたものである。 [0018] More specifically, in the shape model generation method, there component, involved with other components in the process step, if the data in the shape model space of the component is changed, is defined on the spreadsheet software and the column of the processing data of the part, in which so as to describe the information of other components involved in the change.

【0019】また詳しくは、上記形状モデル生成方法において、この形状モデル生成方法は、表計算ソフトウェアと、CADソフトウェアと、連携プログラムとで実行され、前記表計算ソフトウェアは、ユーザがカスタマイズ可能な機能を含み、前記表計算ソフトウェアで処理されたデータを、前記連携プログラムによって、前記CA [0019] Specifically, in the shape model generation method, the shape model generation method, a spreadsheet software, and CAD software, is executed by the cooperative program, the spreadsheet software, a user customizable features wherein, the data that is processed in the spreadsheet software, by the linkage program, the CA
Dソフトウェアに取り込んで、部品の形状モデルを生成するようにしたものである。 Taken into the D software, in which so as to produce a part of the shape model.

【0020】上記目的を達成するために、本発明の形状モデル生成方法のプログラムを記憶する記憶媒体に係る発明の構成は、上記形状モデル生成方法を電子計算機上で実行するための表計算ソフトウェア、CADソフトウェア、連携プログラムの内の少なくとも一つのプログラムを記憶するようにしたものである。 [0020] To achieve the above object, the configuration of the invention according to the storage medium for storing the program of the shape model generation method of the present invention, the spreadsheet software to perform the shape model generation method in an electronic computing machine, CAD software, is obtained so as to store at least one program of the linkage program.

【0021】このようなCADシステムによれば、表計算ソフトウェアの行列データで製品の形状モデルに必要な膨大な数の数値データを一括して運用できるため、従来のCADソフトウェアにおけるシンボル登録機能やマクロ機能では実現できなかった、設計規則に従って製品の基本仕様から部品の形状を算出する処理が簡便に実現でき、より快適に製品の形状モデルを作成することができる。 According to such a CAD system, spreadsheet for the software of the matrix data can be operated at once a large number of numerical data necessary for the geometric model of the product, the symbol registration function in a conventional CAD software or macros could not be realized in function, it can be processed to calculate the shape of the part from the basic specifications of the products according to the design rules easily realized, to create a more comfortable product shape model. さらに、部品形状モデルに必要なデータを部品の位置姿勢データ、原材料データ、加工データの3項目に分けて記述することにより、原材料や原材料の加工方法が直接取得でき、製造工程などに応用することが期待できる。 Further, component shape model data of components of the position and orientation data required, raw data, by describing in three items of processing data, can obtain a processing method of the raw materials and raw materials directly be applied to the manufacturing process There can be expected.

【0022】また、部品の相互作用を表上で関連を持たせて記述するために、ベルト、チェーン、ゴムなど、他の部品の形状や位置によって自らの形状や位置が変化する部品で構成される製品の形状モデルであっても、表計算ソフトウェアの行列データで一括して運用できるため、従来のCADソフトウェアにおけるシンボル登録機能やマクロ機能では実現できなかった、設計規則に従って製品の基本仕様から部品の形状を算出する処理が簡便に実現でき、より快適に製品の形状モデルを作成することができる。 Further, the interaction of the components in order to describe and to have a relevant on the table, belts, chains, rubber, consists of parts that are its shape and position varies depending on the shape and position of other components even a product of shape model that, since it is possible to operate collectively in the matrix data of spreadsheet software, a symbol registration function or macro function in a conventional CAD software could not be realized, parts from the basic specifications of the product according to the design rules shape processing for calculating can be easily realized, more comfortable it is possible to create a product of the shape model.

【0023】 [0023]

【発明の実施の形態】以下、本発明に係る各実施形態を、図2ないし図10を用いて説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described with reference to FIGS. 2-10. 〔CADシステムのハードウェア構成〕先ず、図2を用いて本発明に係るCADシステムのハードウェア構成について説明する。 [CAD hardware configuration of System] First, a hardware configuration of the CAD system will be described according to the present invention with reference to FIG. 図2は、本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムのハードウェア構成を示す模式図である。 Figure 2 is a schematic diagram showing a hardware configuration of the cooperation possible CAD systems and spreadsheet software according to the present invention.

【0024】本実施形態に必要なCADシステムは、そのハードウエアとして一般的な構成を有する電子計算機のハードウエアを利用するものである。 [0024] CAD systems necessary for the present embodiment takes advantage of the hardware of the computer having a general configuration as the hardware. 図2に示されるように、ハードウェアとして、CPU(中央処理装置) As shown in FIG. 2, as hardware, CPU (central processing unit)
201,主記憶202,外部記憶装置203,入力装置204,表示装置205,各種インターフェース206 201, a main memory 202, external storage device 203, input device 204, display device 205, various interfaces 206
などにより構成される。 Composed of such. 表計算ソフトウェアとCADソフトウェアは、ハードディスクなどの外部記憶装置20 Spreadsheet software and CAD software, an external storage device such as a hard disk 20
3に格納されていて、実行されるときには、主記憶20 3 have been stored in, when executed, the main memory 20
2にロードされて、CPU201がその命令を解釈する形態によって実行される。 2 is loaded and executed by a form of CPU201 interprets the instruction. ユーザは、表にデータを入力したり、CADによりデザインをおこなうために、表示装置205を見ながら、キーボード、マウスなどの入力装置204によって操作する。 The user can enter data in the table, in order to perform the design by CAD, while viewing the display device 205, operated keyboard, the input device 204 such as a mouse.

【0025】〔CADシステムのソフトウェア構成と動作〕次に、図3および図4を用いて本発明に係るCAD Next [Software Configuration and operation of the CAD system], CAD according to the present invention with reference to FIGS. 3 and 4
システムのソフトウェア構成とその動作について説明する。 Software configuration of the system and its operation are described. 図3は、本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムのソフトウェア構成を示す模式図である。 Figure 3 is a schematic diagram showing the software configuration of the spreadsheet software which can be connected with the CAD system according to the present invention. 図4は、本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムの動作を示す模式図である。 Figure 4 is a schematic diagram showing a cooperation possible operation of the CAD system and the spreadsheet software in accordance with the present invention.

【0026】図3に示されるように、本発明のCADシステムのソフトウェア構成は、表計算ソフトウェア30 [0026] As shown in FIG. 3, the software configuration of the CAD system of the present invention, the spreadsheet software 30
1、表計算定義ファイル302、CADソフトウェア3 1, spreadsheet definition file 302, CAD software 3
03,表計算ソフトウェアとCADソフトウェアを連携させるプログラム304,本CADシステムのハードウエアとして利用する電子計算機のオペレーティングシステム305より構成される。 03, composed of the operating system 305 of the computer to be used as a program 304, the hardware of the CAD system to link spreadsheet software and CAD software.

【0027】オペレーティングシステム305は、システム全体の制御、各種アプリケーションプログラムとハードウェアとのなかだちとなる基本的なプログラムである。 [0027] Operating system 305, controls the entire system, which is a basic program to be mediating between various application programs and hardware. 本発明のシステムを構成する表計算ソフトウェア3 Spreadsheet software 3 of the system of the present invention
01、CADソフトウェア303,連携プログラム30 01, CAD software 303, cooperation program 30
4の各々は、オペレーティングシステム305の制御下で、外部記憶装置203からロードされ、プロセスとして実行されることになる。 Each 4, under the control of an operating system 305, is loaded from the external storage device 203, and is executed as a process.

【0028】この本実施形態に係るオペレーティングシステムとしては、UNIX、Linux、などワークステーション用に用いるもののほか、Apple社のMa [0028] The operating system according to the present embodiment, UNIX, in addition to those used Linux, etc. workstations, Apple's Ma
cOS、Microsoft社のWindowsなどパソコン用のものを用いることができる。 cOS, can be used for a personal computer such as Microsoft's Windows.

【0029】表計算ソフトウェア301は、いわゆるスプレッドシートやデータベースソフトウェアなどのデータを処理、保存、計算、表示するための一般的なソフトウェアである。 [0029] Spreadsheet software 301 may process data, such as so-called spreadsheet or database software, storage, calculation, a common software for display. この表計算ソフトウェア301は、データとして表計算定義ファイル302により、データの値、書式、表示形態などが定義されている。 The spreadsheet software 301, the spreadsheet definition file 302 as data, data values, format, and a display mode is defined. 本システムの表計算ソフトウェア301には、市販の流通しているものを用いることができる。 Spreadsheet software 301 of the system may be used those commercially available distribution. 例えば、Microsof For example, Microsof
t社のExcelなどのスプレッドシートや、Micr And spreadsheets such as t's Excel, Micr
osoft社のAccessやBorland社のPa osoft's Access and Borland's Pa
radoxなどのデータベース処理ソフトウェアである。 radox is a database processing software, such as. また、このシステムで表計算ソフトウェア301を使うときには、マクロで処理を記述しておいても良い。 Further, when using the spreadsheet software 301 in the system, it may be described a process in macro.

【0030】CADソフトウェア303は、コンピュータにより、製品や部品を設計するためのソフトウェアであり、これも市販のものを用いることができる。 The CAD software 303 is a computer, a software for designing products and parts, which also can be used commercially. 例えば、Autodesk社のAutoCADやSolid For example, Autodesk's AutoCAD and Solid
Works社のSolidWorksやParamet Works, Inc. of SolidWorks and Paramet
ricTechnologies社のPro/Engi ricTechnologies's Pro / Engi
neerなどである。 neer, and the like.

【0031】連携プログラム304は、表計算ソフトウェア302で作成されたデータを、CADソフトウェア303に解釈する形態で受け渡すためのなかだちとなるプログラムである。 The cooperative program 304 is a program for the data created by spreadsheet software 302, a medium for passing in the form of interpreting the CAD software 303. 本システムでは、表計算ソフトウェア302から連携プログラム304、連携プログラム3 In this system, linkage program 304 from the spreadsheet software 302, link program 3
04からCADソフトウェア305にデータを受け渡すことになるが、このような各ソフトウェア間のデータの受け渡しには、Microsoft社が提唱するMic Becomes to pass data to the CAD software 305 from 04, the transfer of data between each such software, Microsoft Corporation proposes Mic
rosoftWindowsオペレーティングシステムの通信方法の1つであるActiveXAutomat rosoftWindows is one communication method operating system ActiveXAutomat
ionを利用することができる。 It is possible to use the ion.

【0032】なお、表計算ソフトウェア301,表計算定義ファイル302、CADソフトウェア303,連携プログラム304の各々は、電子計算機に、外部記憶装置203としてCD−ROMやMOやDVDなどの可搬性記憶媒体を取り扱う外部記憶装置、例えば、CD−R [0032] Incidentally, spreadsheet software 301, spreadsheet definition file 302, CAD software 303, each of the cooperative program 304, the electronic computer, the portable storage medium such as a CD-ROM or MO or a DVD as an external storage device 203 external storage device handling, e.g., CD-R
OMドライブやMOドライブやDVDドライブなどを備え、可搬性記憶媒体を介して電子計算機に供給するようにしても良い。 And the like OM drive, MO drive, a DVD drive, may be supplied to the computer via a portable storage medium. この場合、可搬性記憶媒体を介して供給されたソフトウェアは、直接、主記憶202に読み込まれて、実行されるか、または、ハードディスクなど他の外部記憶装置203に一旦格納された後に主記憶202 In this case, the software that is supplied via the portable storage medium is directly loaded into the main memory 202, either executed or the main memory after being temporarily stored in another external storage device 203 such as a hard disk 202
に読み込まれて実行される。 To read and executed.

【0033】また、連携プログラム304は独立したソフトウェアである必要はなく、表計算ソフトウェア30 [0033] In addition, the cooperation program 304 need not be a separate software, spreadsheet software 30
1,CADソフトウェア303,オペレーティングシステム305の一機能であっても良い。 1, CAD software 303 may be a function of the operating system 305. 連携プログラム3 Cooperation program 3
04が表計算ソフトウェア301またはCADソフトウェア303の一機能である場合は、表計算ソフトウェア301とCADソフトウェア303が直接連携して処理をおこなう。 04 be a a function of the spreadsheet software 301 or CAD software 303, spreadsheet software 301 and CAD software 303 performs processing in cooperation directly.

【0034】次に、図4を用いてこのような構成の下でのシステムとしての動作を説明する。 Next, the operation of the system under such a configuration will be described with reference to FIG.

【0035】表計算ソフトウェア301は、上述のようにデータの処理、保存、計算、表示をおこなう汎用的なソフトウェアであり、表計算定義ファイル302に記述された定義に従って動作する。 The spreadsheet software 301, data processing as described above, storage, calculation, a general-purpose software for displaying, operating according to the definition included in the spreadsheet definition file 302. 表計算定義ファイル30 Spreadsheet definition file 30
2には、製品仕様400から個々の部品をCADモデルで表すための処理401が、予め操作者によって記述されており、製品仕様400が入力されると、これを引き金にして表計算ソフトウェア301が自動処理をおこなって、CADソフトウェア303上で作成する部品のC The 2, process 401 for the product specifications 400 represents the individual parts in the CAD model, is described in advance by the operator, the product specification 400 is input, this spreadsheet software 301 in the trigger of the perform the automatic processing, the components to be created on CAD software 303 C
ADモデル403に必要なデータ402を計算する。 Calculating the data 402 necessary for the AD model 403. この計算結果が出されたことを引き金にして、連携プログラム304が部品のCADモデル403に必要なデータ402を表計算定義ファイル302から読み込んで、C To trigger that the calculation result is issued, data 402 necessary linkage program 304 makes the CAD model 403 parts read from the spreadsheet definition file 302, C
ADソフトウェア303が解釈可能なデータに変換する。 AD software 303 converts the interpretable data. そして、それをCADソフトウェア303に転送する。 Then, transfer it to the CAD software 303. このようにして、表計算ソフトウェア301から転送されたデータ402を基にして、CADソフトウェア上で一つ一つ部品のCADモデル403を作成することを繰り返して、製品の形状モデルを作成する。 In this manner, based on data 402 transferred from the spreadsheet software 301 is repeated to create a CAD model 403 every single parts on the CAD software to create a shape model of a product.

【0036】なお、図4では一つの表計算定義ファイル302に製品仕様400と部品のCADモデル403に必要なデータ402を一緒に記述しているように表しているが、必ずしも同一のファイルである必要はなく、別々の表計算定義ファイルとして記述しても良い。 It should be noted, are expressed as described together data 402 required product specifications 400 and part of the CAD model 403 to one spreadsheet definition file 302 in FIG. 4, is necessarily identical file need not, it may be described as a separate spreadsheet definition file.

【0037】また、表計算ソフトウェア301とCAD [0037] In addition, spreadsheet software 301 and CAD
ソフトウェア303のデータの受け渡しには、特別な通信書式を定義して直接データを通信する方式の他、オペレーティングシステム305が規定する通信書式に従って直接データを通信する方式、そして、受け渡し元のソフトウェアがテキスト形式やバイナリ形式で特定の名前でファイルを作成して保存し、受け渡し先のソフトウェアが、このファイルを開いて読み込む方式、いずれの形態をとっても良い。 The transfer of data software 303, other methods of communicating data directly by defining a special communications format, method for communicating data directly in accordance with the communication format by the operating system 305 is defined, then transfer source software text create and save the file with a specific name in the format or binary format, the delivery destination of software, system open and read the file, may take any form.

【0038】〔CADモデルの表現形態1〕次に、図5 [0038] [representation form of the CAD model 1] Then, as shown in FIG. 5
および図7を用いて本発明に係るCADシステムで、どのようにCADモデルが表計算定義ファイルで表現されるかについて説明する。 And a CAD system according to the present invention with reference to FIG. 7, how the CAD model is described either expressed in spreadsheet definition file. 図5は、本発明に係るCADモデルの表計算定義ファイルの書式の実例を表す模式図である。 Figure 5 is a schematic view showing an example of the format of the spreadsheet definition file CAD model according to the present invention. 図6は、原材料データの実例を列挙して示した図である。 Figure 6 is a diagram showing enumerating examples of raw data. 図7は、加工データの実例を列挙して示した図である。 Figure 7 is a diagram showing enumerating examples of processed data.

【0039】本発明は、表計算ソフトウェア301とC The present invention, C and spreadsheet software 301
ADソフトウェア303を連携させるところに特徴がある。 It is characterized in that to link the AD software 303. そのため、CADシステムで解釈されるCADモデルをどのように、表計算定義ファイルで表現するかという問題は重要な意義を有する。 Therefore, how the CAD model that is interpreted by the CAD system, the problem of how to represent a spreadsheet definition file has important significance.

【0040】表計算定義ファイル302の中にある行列データ500には、製品の高さ503や幅504や出力505など製品の基本仕様が列記されており、行列データ501には、製品を構成する部品の情報として、CA [0040] matrix data 500 that is in the spreadsheet definition file 302, basic product specifications, such as height 503, width 504 and the output 505 of the product are listed, the matrix data 501, constituting a product as information of parts, CA
Dの形状モデル空間における部品の位置姿勢データ50 The position and orientation data 50 parts in D shape model space
7、部品の原材料データ508、原材料から部品を製作するために必要な穴加工や曲げ加工などの加工データ5 7, raw data 508 parts machining data 5 such as drilling and bending required to fabricate parts from raw material
09が、部品毎に1列ずつ記述されている。 09, has been described by one row for each component.

【0041】表計算ソフトウェアでは、一般的に入力の単位であるセルに数式が定義でき、データを入力すると自動計算する機能がある。 [0041] In spreadsheet software, in a general unit of the input cell can be defined formulas, there is a function of automatically calculating the data input. 本システムの表計算ソフトウェア301でも、この機能を利用して、行列データ50 Any spreadsheet software 301 of the present system, by utilizing this feature, the matrix data 50
1の個々のセルには、製品の設計規則に従って行列データ500の製品の基本仕様を参照した数式が定義されている。 The 1 of the individual cells, referenced equation is defined the basic specifications of the product matrix data 500 according to the design rules of the product. 例えば、原材料の形状データ510は、製品の高さ503と製品の幅504から(原材料の形状データ5 For example, the shape data 510 of the raw materials, from the height 503 and product width 504 product (raw material shape data 5
10)=(製品の高さ503)+0.1×(製品の幅5 10) = (product height 503) + 0.1 × (product of width 5
04)のような設計規則を定義しておく。 We define design rules such as 04). すなわち、製品によって様々な設計規則は、製品の基本仕様から個々の部品のCADモデル情報を算出するための数式として表現される。 That is, various design rules by the product is expressed as a formula for calculating the CAD model information for each component from the basic specifications of the product. 原材料の形状データ508に限らず、位置姿勢データ507や加工データ509も同様にして定義することができる。 Not only the raw material of the shape data 508 may be defined in the same manner the position and orientation data 507 and processing data 509.

【0042】また、位置姿勢データ507や原材料の形状データ508や加工データ509は、製品の基本仕様のデータだけから算出されるのではなく、別部品の位置姿勢データや原材料の形状データや加工データからも算出されて良い。 Further, the position and orientation data 507 and raw material shape data 508 and the processing data 509, rather than being calculated only from the data of the basic specifications of products, the position and orientation data and raw materials for another product shape data and machining data it may be calculated from. 例えば、(位置姿勢データ511)= For example, (the position and orientation data 511) =
(製品の奥行き512)−(原材料の形状データ51 (Depth 512 products) - (raw material shape data 51
0)のように定義する。 0) is defined as.

【0043】位置姿勢データ507は、その部品のCA The position and orientation data 507, CA of its parts
Dの形状モデル空間における位置や姿勢を記述するためのデータである。 It is data for describing the position and orientation of the D shape model space. この位置姿勢データ507に用いる座標は、CADの形状モデル空間における絶対座標値である必要はなく、別の部品との相対座標値をデータとして保存しても良い。 The coordinates used for the position and orientation data 507 need not be absolute coordinates in the shape model space of CAD, may be stored relative coordinates to another part as data. 行列データ501では、個々の部品を参照するために、識別子513が定義されている。 In matrix data 501, to refer to individual components, the identifier 513 is defined. 別の部品との相対座標値をデータとして保存して、参照する場合には、その部品の組付先部品識別子514を識別子513を利用して定義し、相対座標値をデータとして保存する。 Save the relative coordinate values ​​of the different components as data, in the case of reference, the assembling destination part identifier 514 of the part defined using the identifier 513, stores the relative coordinate values ​​as data. そして、CADで製品のCADモデルを作成するときには、部品の組付関係を識別子513から解析してCADの形状モデル空間における絶対座標値を算出して部品を割り付ける。 Then, when creating a product of CAD model CAD analyzes the assembling relationship of the parts from the identifier 513 calculates an absolute coordinate values ​​of the shape model space of CAD allocate parts.

【0044】例えば、部品B515は、識別子として「P2」516、組付先部品識別子として「P1」51 [0044] For example, parts B515 is, "P2" 516 as an identifier, as the assembly destination part identifier "P1" 51
7となるので、部品B515の組付先は識別子「P1」 Since the 7, the assembly destination of the parts B515 is identifier "P1"
518の部品A519となル。 518 parts A519 and Do Lumpur. そして、位置姿勢のX成分データ520は、部品B515の部品A519に対する相対座標値とする。 Then, X component data 520 of the position and orientation is the relative coordinate value with respect to component A519 components B 515. このとき、部品B515を割り付けるために必要なCADの形状モデル空間における絶対座標値は、位置姿勢データ507の姿勢データであるR At this time, the absolute coordinate values ​​in the CAD geometry model space necessary to allocate part B515 is a posture data of the position and orientation data 507 R
oll521Pitch522Yaw523が共に「0」であることから、X成分データ520「100」 Since oll521Pitch522Yaw523 are both "0", X component data 520 "100"
とX成分データ524「50」を足し合わせた「15 And the sum of the X component data 524, "50", "15
0」になる。 0 become ".

【0045】原材料データ508は、その部品の原材料に関するデータを表すためのもので、原材料の形状を示す予約語525と、予約語の形状の各寸法データ52 The raw data 508 is for indicating the data relating to raw materials of the component, the reserved word 525 showing the shape of raw material, the dimensions of the shape of the reserved word data 52
6、原材料の材質527で構成する。 6, constituted by a material 527 of the raw material.

【0046】原材料は、例えば、JISで規定する一般材料を設定して、図6に示すように、山形鋼601であれば、予約語602は“L”、形状の各寸法データ60 The raw materials, for example, by setting a general material specified in JIS, as shown in FIG. 6, if the angle steel 601, reserved words 602 "L", the dimensions of the shape data 60
3は、“(断面形状の幅寸法)”、“(断面形状の高さ寸法)”、“(断面形状の厚み寸法)”、“(長さ寸法)”のように規定し、鋼板604であれば、予約語6 3, "(the width of the cross-sectional shape)", "(height of the cross-sectional shape)", "(thickness of the cross-sectional shape)", and defined as "(length)", in the steel plate 604 if there is, the reserved word 6
05は“T”、予約語が指し示す形状の各寸法データ6 05 "T", the dimensions of the shape in which the reserved word points to data 6
06は“(板厚)”、“(板の幅寸法)”、“(板の高さ寸法)”とする。 06 "(thickness)", "(width of the plate)", and "(height of the plate)." また、形状を直接指し示す必要はなく別ファイルで作成したCADのCADモデルを挿入することも考えられ、この場合は例えば予約語607は“INSERT”、各寸法データ608は“(挿入するファイル名)”、“(挿入位置X成分)”、“(挿入位置Y成分)”、“(挿入位置Z成分)”となる。 It is also conceivable to insert a CAD model CAD created in a separate file does not need to point the shape directly, in this case for example a reserved word 607 "INSERT", the dimension data 608 "(file name to be inserted) "," an (insertion position X component) "," (insertion position Y component) "," (insertion position Z component) ". その他原材料の形状データは図6に示したものがあるが、これらにとどまらず製品の種類によって予約語とそれに必要な形状の各寸法データを任意に定義して良い。 Although the shape data of the other raw materials are those shown in FIG. 6, it may be arbitrarily defined reserved words and the dimension data of the necessary shape to it by the type of product not only these. 原材料の材質527は、予め定められた予約語で部品の材質を定義しておいて、それを記述する。 The material 527 of the raw materials, good idea to define the material of parts in a predetermined reserved word, describe it. 例えば、“SS40 For example, "SS40
0”は、鉄50%、ニッケル50%の合金であると定めておく。 0 ", 50% iron, previously determined to be a nickel 50% of the alloy.

【0047】加工データ509は、その部品で製品を製造するにあたり、どのように加工するのかを示すデータであり、加工方法を示す予約語と、その予約語で意味付けられる加工用データでひとつの加工工程を表している。 The processing data 509 is, in manufacturing the product on the parts, is data indicating how to process, and the reserved word that indicates the processing method, one at a processing for the data to be implicated in the reserved word it represents the processing steps. その部品に対して複数の加工が必要なときには、その数だけの予約語と加工データが並ぶことになる。 When a plurality of processing required for its part, would be the processed data by the reserved words that number are arranged.

【0048】個々の加工は、例えば図7に示すように、 The individual processing, for example, as shown in FIG. 7,
穴加工であれば、予約語701は“HOLE”、加工用データ702は“(原材料の基準座標系における穴中心のX座標値)”、“(原材料の基準座標系における穴中心のY座標値)”、“(原材料の基準座標系における穴中心のZ座標値)”、“(原材料の基準座標系における穴あけの単位方向ベクトルX成分)”、“(原材料の基準座標系における穴あけの単位方向ベクトルY成分)”、“(原材料の基準座標系における穴あけの単位方向ベクトルZ成分)”、“(穴径)”、“(穴深さ)”とする。 If drilling, "(X-coordinate value of the hole center in the reference coordinate system of the raw materials)" reserved words 701 "HOLE", processing data 702, "(Y-coordinate value of the hole center in the reference coordinate system of the raw materials ) "," (Z-coordinate values ​​of the hole center in the reference coordinate system of the raw material) "," (unit vector X component of the drilling in the reference coordinate system of the raw material) "," (unit direction of drilling in the reference coordinate system of the raw materials vector Y component) "," (unit vector Z component of the drilling in the reference coordinate system of the raw material) "," (hole diameter) "," a (hole depth) ". 同様にして、曲げ加工であれば、予約語703は“BEND”、加工用データ704は“(曲率半径)”、“(曲げ角度)”、“(原材料の基準座標系における曲げ中心のX座標値)”、“(原材料の基準座標系における曲げ中心のY座標値)”、“(原材料の基準座標系における曲げ中心のZ座標値)”、“(原材料の基準座標系における曲げの単位回転ベクトルX成分)”、“(原材料の基準座標系における曲げの単位回転ベクトルY成分)”、“(原材料の基準座標系における曲げの単位回転ベクトルZ成分)”となる。 Similarly, bending if processing, reserved word 703 "BEND", processing data 704 "(radius of curvature)," "(bending angle)", "(X coordinate of the center bending in the reference coordinate system of the raw materials value) "," (Y-coordinate value of the center bending in the reference coordinate system of the raw material) "," (Z-coordinate value of the center bending in the reference coordinate system of the raw material) "," (unit rotation of the bending in the reference coordinate system of the raw materials vector X component) "," (unit rotation vector Y component of the bending in the reference coordinate system of the raw material) "," (unit rotation vector Z component of bending in the reference coordinate system of the raw materials) ". その他加工データは、図7に示したものが挙げられるが、これらにとどまらず原材料から部品を作るのに必要な加工によって予約語とそれに必要な加工用データを任意に定義して良い。 Other processed data is include those shown in FIG. 7, may be arbitrarily defined reserved words and processing data required thereby necessary process for making parts from raw material not only to these.

【0049】また、図6に示した原材料の形状データの定義方法や図7に示した加工データの定義方法には、原材料形状の形状公差や加工の加工公差に関するデータを定義していないが、必要に応じてこれら公差のデータを定義してよい。 [0049] Further, the method of defining the processing data shown in defining and 7 of the raw material shape data shown in FIG. 6, but does not define the data relating to machining tolerances of shape tolerances and processing of raw materials shaped, You may define data for these tolerances needed.

【0050】部品のCADモデルを表計算定義ファイル302上で表現するためには、図5に示すように、各部品毎に上記位置姿勢データ507を一つ、原材料の形状データ508を一つ、そして、加工データ509を加工工程数分連ねて、行列データ506に記述する。 [0050] To a part of the CAD model expressed on a spreadsheet definition file 302, one as shown in FIG. 5, one the position and orientation data 507 for each part, the shape data 508 of the raw material, Then, the processed data 509 chosen processing step few minutes, describing the matrix data 506. また、 Also,
これらのデータを必ずしも1行または1列を使って記述する必要はなく、行列の適当な範囲を使って記述したり、位置姿勢データ507,原材料の形状データ50 These data do not necessarily have to be written using the first row or column, or written using an appropriate range of the matrix, the position and orientation data 507, the shape data 50 of raw materials
8、加工データ509各々別に表計算定義ファイルに記述しても良い。 8, the processed data 509 each separately may be described in a spreadsheet definition file.

【0051】すなわち、本発明の特徴は、製品のCAD [0051] That is, the feature of the present invention, the product CAD
モデルを部品のCADモデルから組み立てる場合に、部品CADモデル用の情報を個別に保存し、かつ、その場合に、表計算定義ファイル302にその情報を部品の位置姿勢データと原材料データと加工データの3つのデータ書式で保存することである。 When assembling the model from the part of the CAD model, the information for the component CAD model stored separately, and, in that case, the information part position and orientation data and the raw data and the processed data in a spreadsheet definition file 302 it is to be stored at three data format.

【0052】〔CADモデルの表現形態2〕次に、図8 [0052] [CAD model of representation Embodiment 2] Next, as shown in FIG. 8
および図10を用いて本発明に係るCADシステムで、 And a CAD system according to the present invention with reference to FIG. 10,
どのようにCADモデルが表計算定義ファイルで表現されるかについての他の例を説明する。 How CAD model describing another example of how represented by spreadsheet definition file. 図8は、チェーンのCADモデルの例を説明する模式図である。 Figure 8 is a schematic diagram illustrating an example of a CAD model of the chain. 図9は、 Figure 9,
チェーンのCADモデルの表計算定義ファイルの書式の実例を表す模式図である。 Is a schematic view showing an example of the format of the spreadsheet definition file chain CAD model. 図10は、チェーンの原材料データと、スプロケットの情報の実例を列挙して示した図である。 Figure 10 is a diagram showing enumerating the raw data of the chain, the examples of information of the sprocket.

【0053】上述のCADモデルは、部品の位置や形状が他の部品の作用により、変化しないものとして記述できるものを想定していた。 [0053] The above CAD model, the position and shape of the part by the action of other components, has been assumed what can be described as unchanged.

【0054】ここで取上げる実施形態は、そのCADモデルにおいて、部品の位置や形状が他の部品の座標や形状によって大きく変わる場合である。 [0054] Embodiment listed here, in its CAD model, a case where the position and shape of the components vary greatly coordinates and shape of other components. そのような例として、ここでは、図8に示すように特にチェーン801のCADモデルを作成するときについての具体例を説明する。 As such an example, here, a specific example for when creating a particular CAD model of the chain 801 as shown in FIG.

【0055】チェーンは、それに掛けて回転させるスプロケットを、いくつ、どのように配置するかによって形状が変化する。 [0055] chain, the sprocket is rotated over it, a number, shape changes depending on how to place. そのため、このチェーンのCADモデルを作成するためには、チェーンの断面形状などチェーン本体の形状を定義する必要があるほか、チェーンをかけるスプロケットの位置や形状、そしてチェーンがどのようにスプロケットにかかるかを定義しなければならない。 Therefore, whether to create a CAD model of the chain, in addition there is a need to define the shape of the chain body such as the cross-sectional shape of the chain, the position and shape of the sprocket placing the chain, and the chain how according to the sprocket It must be defined.

【0056】チェーン801は、他の部品のスプロケット802、803、804の位置や形状によってその位置や形状が決まるため、部品のCADモデルを1行毎に独立して定義する上述の方法では対応が困難である。 [0056] chain 801, since the position and shape is determined by the position and shape of other components of the sprocket 802, 803, 804, supported in the manner described above to independently define the part of the CAD model per row Have difficulty. そこで、チェーンを加工させるデータとして、スプロケットと関連をもたせた記述をしようというのが基本的な考え方である。 Therefore, as the data to be processed the chain, the basic idea is that you try sprocket and description remembering related.

【0057】図9に示すように、チェーンのCADモデルを作成する例を記述している表計算定義ファイル90 [0057] As shown in FIG. 9, spreadsheet definition file 90 describing an example of creating a CAD model of the chain
1は、原材料の形状データにチェーン断面形状の情報9 1, the chain cross-section to the raw material shape data information 9
02を記述し、加工データとしてスプロケットの情報9 02 describes sprocket information 9 as processing data
03を記述する。 Describing the 03.

【0058】連携プログラム304が表計算定義ファイル901を読み込んで、チェーン断面形状の情報902 [0058] Loading linkage program 304 spreadsheet definition file 901, the chain cross-section information 902
を読み込むと、加工データにあるスプロケットの情報9 When you import, information of the sprocket in the processing data 9
03からスプロケットとなる部品を探し出してその位置や形状を読み込んでチェーンの軌跡を計算し、最後にチェーンの全体形状や割り付け位置などを計算して、CA 03 After finding a component comprising a sprocket the locus of the chain to calculate reads its position and shape, and finally to calculate the like overall shape and layout positions of the chain, CA
Dソフトウェア303にひとつのCADモデルの情報としてデータを転送する。 And it transfers the data as information of one of the CAD model in D software 303.

【0059】原材料の形状データとして記述するチェーン断面形状の情報902の書式は、図10に示すように予約語1001“CHANE”、予約語の形状の各寸法データ1002に“(チェーンの厚み)”、“(スプロケット中心線から右方向の幅)”、“(スプロケット中心線から左方向の幅)” 、“(チェーン1コマの長さ)”を定義する。 [0059] raw material formats of the chain cross-section information 902 that describes the shape data of the reserved word 1001 as shown in FIG. 10 "Chane", each dimension data 1002 in the form of reserved words "(the thickness of the chain)" "(width of the right from the sprocket center line)", "(the width of the left direction from the sprocket center line)", define the "(length of the chain 1 frame)". “(スプロケット中心線から右方向の幅)”、“(スプロケット中心線から左方向の幅)とは、チェーン801を上から見たときに、チェーンの端がスプロケット中心線からどれくらいずれているかを示す量である。 "(Width of the right from the sprocket center line)", "the (left direction width from the sprocket center line), when viewed chain 801 from above, whether the end of the chain is offset much from the sprocket center line is the amount shown.

【0060】そして、チェーンの形状は、関わり合うスプロケットにより左右されるため、その加工データとして、スプロケットの情報903を定義する。 [0060] Then, the shape of the chain, since depends on the sprocket mutually involved, as the processed data, defines a sprocket information 903. チェーンには、両端に駆動側スプロケットと従動側スプロケットが設けられるため、加工データに駆動側スプロケット用の予約語904“MASTER_SPROCKET”と従動側スプロケット用の予約語905“FOLLOW_S The chain for driving sprocket and the driven sprocket is provided at both ends, the reserved word 905 "FOLLOW_S with a driven sprocket reserved word 904" MASTER_SPROCKET "for driving sprocket to the machining data
PROCKET”を定義して、スプロケットとなる別の部品を定義する。すなわち、図10に示すように、駆動側スプロケット用の予約語904“MASTER_SP Procket "by defining, define another component comprising a sprocket. That is, as shown in FIG. 10, reserved words 904 for driving sprocket" MASTER_SP
ROCKET”のデータ1003として“(駆動側スプロケットのCADモデルとなる部品の識別子)”、従動側スプロケット用の予約語905“FOLLOW_SP "As the data 1003 of the" ROCKET (parts of the identifier to be a CAD model of the drive sprocket) ", reserved words 905 for the driven sprocket" FOLLOW_SP
ROCKET”のデータ1004として“(従動側スプロケットのCADモデルとなる部品の識別子)”を定義して、部品の識別子によってスプロケットとなる別の部品を設定する。 "As the data 1004 of" ROCKET define (part identifier as a CAD model of the driven sprocket) ", sets a different component comprising a sprocket by the component identifier.

【0061】駆動側スプロケットや従動側スプロケットとなる部品の加工データ906には、スプロケットの情報を定義する。 [0061] the processed data 906 parts as a drive sprocket and driven sprocket defines the information of the sprocket. 図10に示すように、スプロケット情報の予約語1005“SPROCKET_DIM”とそのデータ1006“(スプロケットの部品となるCADモデルの基準座標系におけるスプロケット回転中心X座標値)”、“(スプロケットの部品となるCADモデルの基準座標系におけるスプロケット回転中心Y座標値)”、“(スプロケットの部品となるCADモデルの基準座標系におけるスプロケット回転中心Z座標値)”、“(スプロケットのピッチ円直径)” を定義して、駆動側スプロケットや従動側スプロケットの回転中心とピッチ円直径を記述する。 As shown in FIG. 10, "(the sprocket rotation center X-coordinate value in the reference coordinate system of the CAD model to which sprocket component)" reserved word 1005 "SPROCKET_DIM" and the data 1006 of the sprocket information becomes "(sprocket part sprocket rotation center Y-coordinate value in the reference coordinate system of the CAD model) "," define (sprocket rotary center Z coordinates in the reference coordinate system of the CAD model to which sprocket component) "," (pitch circle diameter of the sprocket) " to describe the center of rotation and the pitch diameter of the driving sprocket and the driven sprocket.

【0062】スプロケットの情報をチェーンの行または列に記述せずにスプロケットとなる部品の行または列に記述する理由は、表計算定義ファイルが部品毎に行または列を占有する形式を取っているため、チェーンとスプロケットを別部品として定義するほうが全体の形式に合致していて管理が容易なためである。 [0062] Sprocket information reasons describing a row or column of components comprising a sprocket without writing a row or column of the chain takes the form of a spreadsheet definition file occupies a row or column for each component Therefore, better to define a chain and sprocket as a separate part is because it is easy management not match the overall format.

【0063】結局、チェーンのCADモデルにおいて、 [0063] After all, in the CAD model of the chain,
原材料の形状データに定義する情報はチェーンの断面形状だけで、チェーンの軌跡は別の部品にスプロケットの情報を定義することにより決めている。 Information defining the raw material shape data only cross-sectional shape of the chain, the trajectory of the chain is determined by defining the information of the sprocket to another component.

【0064】また、チェーンには、引き回しを途中で変えるために、駆動力を伝達しない補助スプロケット80 [0064] Also, the chain in order to change the routing on the way, does not transmit the driving force assist sprocket 80
4をチェーンの途中に配置することがあるため、補助スプロケットを加工データに定義してチェーンの引き回しを途中で変えることもできる。 4 due to be arranged at the middle of the chain, it is also possible to define the auxiliary sprocket machining data changing routing chain in the middle. すなわち、チェーンが定義してある行または列の加工データ903に、駆動側スプロケットや従動側スプロケットと同じように、補助スプロケットの予約語906“SUPPORT_SPRO That is, the row or column of the processed data 903 chain has defined, as in the driving sprocket and the driven sprocket, an auxiliary sprocket reserved words 906 "SUPPORT_SPRO
CKET”とそのデータを定義して補助スプロケットとなる部品を指定し、補助スプロケットとなる部品の加工データには、補助スプロケットの情報としてスプロケット情報“SPROCKET_DIM”を記述する。 CKET "and to define the data to specify the component to be an auxiliary sprocket, the part of the processing data comprising an auxiliary sprocket, the sprocket information as auxiliary information sprocket" describing SPROCKET_DIM ".

【0065】補助スプロケットは、予約語“SUPPO [0065] auxiliary sprocket, reserved word "SUPPO
RT_SPROCKET”のデータとしてデータ100 Data as the data of RT_SPROCKET "100
7“(従動側スプロケットのCADモデルとなる部品の識別子)”の他に、チェーンの引き回しを決めるためにデータ1008“(駆動側ギヤから上側チェーンを辿ったときの順番)”、データ1009“(取付部位(駆動側スプロケットから従動側スプロケットまでの間か、従動側スプロケットから駆動側スプロケットまでの間か))”、データ1010“(チェーン取付部位(スプロケットに対して上掛けか、下掛けか))”を記述する。 7 in addition to the "(component identifier which is a CAD model of the driven sprocket)", data 1008 to determine the routing of the chain "(the order in which it traced the upper chain from the drive side gear)", data 1009 "( attachment sites (or between the driving sprocket to the driven sprocket, or between the driven sprocket to drive sprocket)) ", the data 1010" (chain attachment sites (or overlays relative to the sprocket, or below seat) ) describes the ". すなわち、複数の補助スプロケットがかかることを想定して駆動側ギヤから上側チェーンを辿ったときの補助スプロケットの順番を指定するデータと、補助スプロケットが駆動側ギヤから従動側ギヤの間のチェーンにかかるのか、従動側ギヤから駆動側ギヤの間のチェーンにかかるのか指定するデータと、補助スプロケットに対してチェーンが上掛けになるのか、下掛けになるのか指定するデータが、補助スプロケット特有のデータとして必要であり、これにより、駆動側ギヤと従動側ギヤの間に、任意の個数の補助スプロケットを設定して、チェーンを引き回すことができる。 That is, such a data designating the order of the auxiliary sprocket when traversing the upper chain from assuming the driving gear that plurality of auxiliary sprockets is applied, the auxiliary sprocket from the drive gear to the chain between the driven gear the or a data for designating one of the driven gears of according to the chain between the drive gear, whether the chain is topping the auxiliary sprocket, data specifying whether facing down hanging, as an auxiliary sprocket specific data It requires, thereby, between the driving gear and the driven gear, and set the auxiliary sprocket any number can be routed chain.

【0066】図8ないし図10に示したチェーンのCA [0066] The chain shown in FIGS. 8 to 10 CA
Dモデルの定義方法では、チェーンの形状公差や経年変化によるチェーンのたわみに関するデータを定義していないが、必要に応じてこれらのデータを定義してよい。 In defining the D model, it does not define data relating to deflection of the chain due to the shape tolerances or aging of the chain, may define these data as required.
また、図9では、チェーンCADモデルの定義方法において、チェーンの断面形状以外の情報は、別の部品の加工データに定義したが、表計算定義ファイルの別の場所や別の表計算定義ファイルに記述しても良い。 Further, in FIG. 9, the method of defining the chain CAD model, section information other than the shape of the chain has been defined in the processing data from another component, to a different location or a different spreadsheet definition file spreadsheet definition file it may be described.

【0067】〔本発明のCADシステムの利点〕本発明のCADシステムによると、下記の利点を供することができる。 [0067] According to the CAD system of [CAD system of the advantages of the present invention] In the present invention, it is possible to provide the following advantages.

【0068】(1)CADモデルの複雑な情報を表で明示的に管理することができるため、CADに関する知識のない者でも、CADモデルに記述されている製品情報を利用することができる。 [0068] (1) for the complex information of the CAD model can be explicitly managed in the table, even a person with no knowledge of the CAD, it is possible to use the product information that is described in the CAD model.

【0069】(2)一般にCADソフトウェアは高価であり、表計算ソフトウェアは安価である。 [0069] (2) In general, CAD software is expensive, spreadsheet software is inexpensive. そのため、C Therefore, C
ADにより設計が必要な部署のみCADソフトウェアを置き、部品のデータ入力のみをおこなう部署に表計算ソフトウェアをおくことにより、システム全体として効率的で低廉なシステムを構築することができる。 AD by placing the CAD software only departments require design, by placing a spreadsheet software department which performs only data input part, it is possible to construct an efficient and inexpensive system as a whole system.

【0070】(3)部品のCADモデルの情報を、部品割り付け位置、原材料、原材料から部品までの加工情報の3種類に分けて情報管理するため、 (a)CADモデルの原材料形状を直接知ることができ、部品製造における資材手配を直接おこなうことができる。 [0070] (3) the information of the part of the CAD model, component layout position, raw materials for information management in three kinds of processing information from raw materials to components, to know directly the (a) CAD model of raw shape can be, it is possible to carry out the material arrangement in the part manufacturing directly.

【0071】(b)過不足無い部品の加工情報を直接知ることができ、CAM(計算機支援製造)データへの直接応用や、加工作業山積みによるコスト見積もりへの応用などが期待できる。 [0071] (b) it is possible to know the processing information of the excess or deficiency no parts directly, CAM direct application or to the (computer-aided manufacturing) data, such as the application of the cost estimates by the processing work pile can be expected.

【0072】 [0072]

【発明の効果】本発明によれば、CADシステムを表計算ソフトウェアとシームレスに連携させ、表計算ソフトウェアに十分なCADモデルの記述能力を持たせることにより、部品の形状が未知の場合や部品同士の組立が変わる場合であっても、柔軟な対処をおこなうことができ、ユーザにとって快適な操作をおこなうことのできるCADシステムを提供することができる。 According to the present invention, the CAD system by linking the spreadsheet software and seamlessly, by providing the description capability of sufficient CAD model into a spreadsheet software, when the shape of the component is unknown and parts together even if the assembly is changed, it is possible to perform a flexible coping, it is possible to provide a CAD system which can perform a comfortable operation for the user.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】CADシステムの概要を示す模式図である。 FIG. 1 is a schematic diagram showing an outline of the CAD system.

【図2】本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムのハードウェア構成を示す模式図である。 It is a schematic diagram showing a hardware configuration of the cooperation possible CAD systems and spreadsheet software according to the present invention; FIG.

【図3】本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムのソフトウェア構成を示す模式図である。 3 is a schematic diagram showing the software configuration of the cooperation possible CAD systems and spreadsheet software according to the present invention.

【図4】本発明に係る表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステムの動作を示す模式図である。 It is a schematic diagram showing a cooperation possible operation of the CAD system and the spreadsheet software in accordance with the present invention; FIG.

【図5】本発明に係るCADモデルの表計算定義ファイルの書式の実例を表す模式図である。 5 is a schematic diagram showing an actual example of the format of the spreadsheet definition file CAD model according to the present invention.

【図6】原材料データの実例を列挙して示した図である。 6 is a diagram showing enumerating examples of raw data.

【図7】加工データの実例を列挙して示した図である。 7 is a diagram showing enumerating examples of processed data.

【図8】チェーンのCADモデルの例を説明する模式図である。 8 is a schematic diagram illustrating an example of a chain of CAD models.

【図9】チェーンのCADモデルの表計算定義ファイルの書式の実例を表す模式図である。 9 is a schematic diagram showing an actual example of the format of the spreadsheet definition file chain CAD model.

【図10】チェーンの原材料データと、スプロケットの情報の実例を列挙して示した図である。 [10] and the chain of raw data, it illustrates enumerating examples of information of the sprocket.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101…入力装置 102…CADモデル作成装置 103…CADモデル表示装置 104…操作者 201…CPU 202…主記憶 203…外部記憶装置 204…入力装置 205…表示装置 206…各種インターフェース 301…表計算ソフトウェア 302…表計算定義ファイル 303…CADソフトウェア 304…連携プログラム 305…オペレーティングシステム 400…製品の基本仕様 401…CADモデルで表すための処理 402…CADモデルに必要なデータ 403…部品CADモデル 500…行列データ 501…行列データ 503…製品の高さ 504…幅 505…出力 507…位置姿勢データ 508…部品の原材料の形状データ 509…原材料から部品を製作するために必要な穴加工や曲げ加工などの加工データ 101 ... input device 102 ... CAD model creating apparatus 103 ... CAD model display device 104 ... operator 201 ... CPU 202 ... main storage 203 ... external storage device 204 ... input device 205 ... display device 206 ... various interfaces 301 ... spreadsheet software 302 ... spreadsheet definition file 303 ... CAD software 304 ... cooperative program 305 ... operating system 400 ... product basic specifications 401 ... processing for representing a CAD model 402 ... CAD model data required 403 ... component CAD model 500 ... matrix data 501 processing data, such as drilling and bending required to fabricate ... matrix data 503 ... height 504 ... width 505 ... output 507 ... position and orientation data 508 ... component from a component of raw materials shape data 509 ... raw product 10…原材料の形状データ510 511…位置姿勢データ511 512…製品の奥行き512 513…部品の識別子 514…組付先部品識別子 515…部品B 516…識別子 517…組付先部品識別子 518…識別子 519…部品 520…位置姿勢のX成分データ 521…姿勢データであるRoll 522…姿勢データであるPitch 523…姿勢データであるYaw 524…位置姿勢のX成分データ 525…原材料の形状を示す予約語 526…予約語の形状の各寸法データ 527…材質 601…山形鋼 602…予約語 603…形状の各寸法データ 604…鋼板 605…予約語 606…形状の各寸法データ 607…予約語 608…各寸法データ 701…予約語 702…加工用データ 703…予約語 704…加工用デー 10 ... raw material shape data 510 511 ... position and orientation data 511 512 ... depth of product 512 513 ... component identifier 514 ... the assembly destination part identifier 515 ... Component B 516 ... identifier 517 ... the assembly destination part identifier 518 ... identifier 519 ... parts 520 ... X component data 521 ... posture data in a Roll 522 ... orientation data in a Pitch 523 ... orientation data a is Yaw 524 ... reserved words 526 ... Book showing the X component data 525 ... raw materials in the form of position and orientation of the position and orientation word of each dimension data shape 527 ... material 601 ... angle irons 602 ... reserved word 603 ... each dimension data shape 604 ... steel 605 ... reserved word 606 ... each dimension data shape 607 ... reserved word 608 ... each dimension data 701 ... reserved word 702 ... for processing data 703 ... reserved word 704 ... processing for the Day タ 801…チェーン 802…スプロケット 803…スプロケット 804…スプロケット 901…表計算定義ファイル 902…チェーン断面形状の情報 903…スプロケットの情報 904…予約語 905…予約語 906…データ 907…データ 1001…予約語 1002…予約語の形状の各寸法データ 1003…データ 1004…データ 1005…予約語 1006…データ 1007…データ 1008…データ 1009…データ 1010…データ Motor 801 ... chain 802 ... sprockets 803 ... sprockets 804 ... sprockets 901 ... spreadsheet definition file 902 ... chain sectional shape information 903 ... sprocket information 904 ... reserved words 905 ... reserved words 906 ... data 907 ... data 1001 ... reserved word 1002 ... each dimension data of the reserved word of shape 1003 ... data 1004 ... data 1005 ... reserved word 1006 ... data 1007 ... data 1008 ... data 1009 ... data 1010 ... data

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 竹盛 建而 茨城県ひたちなか市堀口832番地の2 日 立エレベータエンジニアリング株式会社内 (72)発明者 名田部 豊 茨城県ひたちなか市堀口832番地の2 日 立エレベータエンジニアリング株式会社内 (72)発明者 小野 浩隆 茨城県ひたちなか市堀口832番地の2 日 立エレベータエンジニアリング株式会社内 Fターム(参考) 5B046 AA05 BA04 CA04 KA03 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Takemori Ken而 Hitachinaka City, Ibaraki Prefecture Horiguchi 2 days elevation elevator engineering the Corporation address of 832 (72) inventor Nada part rich Hitachinaka City, Ibaraki Prefecture Horiguchi 832 address of 2 days standing elevator engineering within Co., Ltd. (72) inventor Hirotaka Ono Hitachinaka City, Ibaraki Prefecture Horiguchi 832 address of 2 days standing elevator engineering Co., Ltd. in the F-term (reference) 5B046 AA05 BA04 CA04 KA03

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 表計算ソフトウェアと連携可能なCAD [Claim 1] that can work with spreadsheet software CAD
    システムにおいて、 このCADシステムは、部品を形状モデルで表現し、その部品を複数組み付けた形状モデルを生成するCADシステムであって、 前記部品の形状モデルに関するデータを、 前記表計算ソフトウェア上のデータとして、 前記部品の形状モデルの形状モデル空間における座標を特徴付ける位置姿勢データと、 前記部品の原材料を特徴付ける原材料データと、 前記部品の加工工程を特徴付ける加工データの三種類のデータとで保持し、 しかも、そのデータ構造が、一つの部品に関して、一つのまたは複数の行または列により表現したものであって、 前記表計算ソフトウェアにより入力させたデータを、形状モデルを生成するデータとして取り込むことを特徴とする表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステム。 In the system, the CAD system is to represent the part in the shape model, a CAD system for generating a shape model assembled plurality of the component, the data relating to the part of the geometric model, as the data on the spreadsheet software , held at the position and orientation data characterizing the coordinates in the shape model space of the part of the geometric model, and raw materials data characterizing the raw materials of the component, and three kinds of data processing data characterizing the components of the working process, moreover, its data structure, with respect to one component, comprising a representation by one or more rows or columns, the data is input by the spreadsheet software, and wherein the capturing as data for generating a shape model spreadsheet software which can be connected with CAD system.
  2. 【請求項2】 ある部品が、加工工程において他の部品と関わって、その部品の形状モデル空間におけるデータが変化する場合に、 前記表計算ソフトウェア上で定義されたその部品の加工データの欄に、その変化に関わる他の部品の情報を記述することを特徴とする請求項1記載の表計算ソフトウェアと連携可能なCADシステム。 Wherein there part, involved with other components in the process step, if the data in the shape model space of the part changes, in the column of the processing data of the parts defined on the spreadsheet software , spreadsheet software which can be connected with CAD system according to claim 1, wherein the describing information of other components involved in the change.
  3. 【請求項3】 表計算ソフトウェアと連携可能なCAD 3. A possible cooperation with the spreadsheet software CAD
    システムにより、部品を形状モデルで表現し、その部品を複数組み付けた形状モデルを生成する形状モデル生成方法において、 前記部品の形状モデルに関するデータを、 前記表計算ソフトウェア上のデータとして、 前記部品の形状モデルの形状モデル空間における座標を特徴付ける位置姿勢データと、 前記部品の原材料を特徴付ける原材料データと、 前記部品の加工工程を特徴付ける加工データの三種類のデータで保持し、 しかも、そのデータ構造が、一つの部品に関して、一つのまたは複数の行または列により表現したものであって、 前記表計算ソフトウェアによりデータを入力させ、 表計算ソフトウェアと独立に実行可能なCADソフトウェアに、前記データを取り込んで形状モデルを生成することを特徴とする形状モデル生成方 The system expresses the components in the shape model, the shape model generation method for generating a shape model assembled plurality of the component, the data relating to the part of the geometric model, as the data on the spreadsheet software, the product shape and position and orientation data characterizing the coordinates in a model of the shape model space, and raw materials data characterizing the raw materials of the component, and held at three types of data processing data characterizing the components of the working process, moreover, is the data structure, one respect one of the parts, there is a representation by one or more rows or columns, then the input data by the spreadsheet software, the executable CAD software independently of the spreadsheet software, the shape model captures the data shape model generation side, characterized in that to produce a .
  4. 【請求項4】 ある部品が、加工工程において他の部品と関わって、その部品の形状モデル空間におけるデータが変化する場合に前記表計算ソフトウェア上で定義されたその部品の加工データの欄に、その変化に関わる他の部品の情報を記述することを特徴とする請求項3記載の形状モデル生成方法。 4. There part, involved with other components in the process step, in the column of the processing data of the parts defined on the spreadsheet software when the data in the shape model space of the component is changed, shape model generation method according to claim 3, wherein the describing information of other components involved in the change.
  5. 【請求項5】 この形状モデル生成方法は、 表計算ソフトウェアと、 CADソフトウェアと、 連携プログラムとで実行され、 前記表計算ソフトウェアは、ユーザがカスタマイズ可能な機能を含み、 前記表計算ソフトウェアで処理されたデータを、前記連携プログラムによって、前記CADソフトウェアに取り込んで、部品の形状モデルを生成することを特徴とする請求項3および請求項4記載のいずれかの形状モデル生成方法。 5. The shape model generation method, a spreadsheet software, and CAD software, is executed by the cooperative program, the spreadsheet software, the user includes a customizable features, it is processed by the spreadsheet software and the data, by the linkage program, the capture in CAD software, claim 3 and claim 4 any shape model generation method according and generating a part of the shape model.
  6. 【請求項6】 請求項3および請求項5記載のいずれかの形状モデル生成方法を電子計算機上で実行するための表計算ソフトウェア、CADソフトウェア、連携プログラムの内の少なくとも一つのプログラムを記憶することを特徴とする記憶媒体。 6. storing the claims 3 and spreadsheet software to perform one of the shape model generation method according to claim 5, wherein in the electronic computer machine, CAD software, at least one program of the linkage program storage medium characterized.
JP22604499A 1999-08-10 1999-08-10 Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same Pending JP2001052037A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22604499A JP2001052037A (en) 1999-08-10 1999-08-10 Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22604499A JP2001052037A (en) 1999-08-10 1999-08-10 Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001052037A true true JP2001052037A (en) 2001-02-23

Family

ID=16838916

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22604499A Pending JP2001052037A (en) 1999-08-10 1999-08-10 Cad system capable of linking with spreadsheet software, form model generating method utilizing the same system and storage medium storing program for executing the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001052037A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004008262A1 (en) * 2002-07-16 2004-01-22 Howa Machinery, Ltd. device and method for generating Piston outline machining data and computer-readable recoding medium ON WHICH machining data generation program IS RECORDED
GB2406676A (en) * 2003-09-30 2005-04-06 Toshiba Kk CAD system
JP2007034828A (en) * 2005-07-28 2007-02-08 Sharp Corp Design supporting apparatus
JP2007323170A (en) * 2006-05-30 2007-12-13 Mitsubishi Electric Corp Printed circuit board cad system and footprint generation method in same system
JP2016066284A (en) * 2014-09-25 2016-04-28 日本電気株式会社 Information input means, information input means formation method, spreadsheet device, spreadsheet method, and program

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004008262A1 (en) * 2002-07-16 2004-01-22 Howa Machinery, Ltd. device and method for generating Piston outline machining data and computer-readable recoding medium ON WHICH machining data generation program IS RECORDED
US7184854B2 (en) 2002-07-16 2007-02-27 Howa Machinery, Ltd. Device and method for generating piston outline machining data and computer-readable recording medium on which machining data generation program is recorded
GB2406676A (en) * 2003-09-30 2005-04-06 Toshiba Kk CAD system
US7493239B2 (en) 2003-09-30 2009-02-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Apparatus for processing parts information in a three dimensional CAD system and method thereof
JP2007034828A (en) * 2005-07-28 2007-02-08 Sharp Corp Design supporting apparatus
JP4617212B2 (en) * 2005-07-28 2011-01-19 シャープ株式会社 Design support apparatus
JP2007323170A (en) * 2006-05-30 2007-12-13 Mitsubishi Electric Corp Printed circuit board cad system and footprint generation method in same system
JP4550010B2 (en) * 2006-05-30 2010-09-22 三菱電機株式会社 PCB cad system, and the footprint generation method in the same system
JP2016066284A (en) * 2014-09-25 2016-04-28 日本電気株式会社 Information input means, information input means formation method, spreadsheet device, spreadsheet method, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Jones Direct global optimization algorithm direct global optimization algorithm
Czarnecki Overview of generative software development
Askin et al. Modeling and analysis of manufacturing systems
Venkataraman Applied optimization with MATLAB programming
Carroll HCI models, theories, and frameworks: Toward a multidisciplinary science
US5848425A (en) System and method for displaying alphanumeric data in a three dimensional grid
US7096454B2 (en) Method for gesture based modeling
US4912657A (en) Method and systems for generating parametric designs
Nethery et al. Robotica: a Mathematica package for robot analysis
US6195665B1 (en) Digital electrical computer apparatus, and methods for making and using the same, for template building, loading, and viewing
Biran et al. MATLAB 6 for Engineers
US5933833A (en) Data table structure and calculation method for mathematical calculations of irregular cells
US5838328A (en) Method for generating graphical models and computer aided design system
Liker et al. Fulfilling the promises of CAD
US5517607A (en) Graphic processing apparatus utilizing a CAD system
Groover et al. CAD/CAM: computer-aided design and manufacturing
US5197120A (en) Methods and systems for generating parametric designs
Stolarski et al. Engineering analysis with ANSYS software
van Wijk et al. An environment for computational steering
US20070260432A1 (en) Layout design support system, method, and program
WO2003098500A1 (en) Method and apparatus for automatically producing spreadsheet-based models
Ammeraal et al. Computer graphics for Java programmers
Renfro Econometric software: The first fifty years in perspective
Peng et al. A desktop virtual reality-based interactive modular fixture configuration design system
Cooper Kinematic Analysis Method: A Computer-Aided Design Analysis System