JP2001051801A - Method and device for cursor control - Google Patents

Method and device for cursor control

Info

Publication number
JP2001051801A
JP2001051801A JP11215137A JP21513799A JP2001051801A JP 2001051801 A JP2001051801 A JP 2001051801A JP 11215137 A JP11215137 A JP 11215137A JP 21513799 A JP21513799 A JP 21513799A JP 2001051801 A JP2001051801 A JP 2001051801A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cursor
cursor control
speed
data
device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11215137A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Biyo Chin
Fukoku Yo
富國 葉
美雍 陳
Original Assignee
Biyo Chin
Fukoku Yo
富國 葉
美雍 陳
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Biyo Chin, Fukoku Yo, 富國 葉, 美雍 陳 filed Critical Biyo Chin
Priority to JP11215137A priority Critical patent/JP2001051801A/en
Publication of JP2001051801A publication Critical patent/JP2001051801A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a device for cursor control which is adaptive to different operation environment and enable stabler and smoother cursor control on a display having any resolution. SOLUTION: By this method, cursor movement and localization on a display are controlled by detecting the movement of a hand and the proportional localization number of a different speed section is represented in direct proportion to movement increments of a cursor and the hand. Consequently, the movement range of the hand is reduced to <=0.5 inch and stable, fast, smooth, and precise control over the cursor can be performed on a display with any resolution.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、カーソルのコントロール方法と装置に関し、特に手の移動範囲0.5インチ以内という状況の下で、ディスプレイの解像度がどんなに高くても、精確にカーソル移動と定位の制御が行え、同時に人体工学に符号し、ディスプレイ全体に対応できるカーソルのコントロール方法である。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention, localization relates to an apparatus and control method of the cursor, especially under circumstances that within 0.5 inch moving range of the hand, even if the resolution of the display no matter how high the accurately cursor movement can control of the sign to ergonomics at the same time, a control method of the cursor can accommodate the entire display. さらに、本発明はマウス、トラックボール、手書きプレート、タッチパッド、リモートコントロール、ジョイスティック、ノート型パソコンの操作パネルに応用でき、これらのすべてが手の移動を探知することで機能する装置である。 Furthermore, the present invention is a mouse, trackball, handwriting plate, touch pad, remote control, a joystick, can be applied to the operation panel of the notebook computer, all of which is a device that functions by detecting the movement of the hand.

【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION

【0002】通常コンピュータのディスプレイにおけるカーソルのコントロールは、キーボード、マウス、トラックボール、タッチパッド及びオプティックペン(opti [0002] The control of the cursor in the display of a normal computer, keyboard, mouse, trackball, touch pad and optic pen (opti
c pen)タッチ等の周辺装置を用いてディスプレイ上のカーソルの移動とプログラムの選択が行われている。 c pen) touch selection of the movement program of the cursor on the display by using the peripheral device and the like are performed. しかし、こうした装置を使用してカーソルの移動と定位をコントロールする従来の方法は、不便を感じることが往々にしてあり、例えば、キーボードの移動キーを使用した場合、カーソルの移動スピードに劣り、トラックボールはその3Dコントロールという特徴のためカーソルの制御が不便になり、タッチパッドは指を使ってカーソルを移動させたり方向を制御しなくてはならず、そしてマウスに至っては、マウスパッドや平坦な卓面上の広範囲を手で動かさなくてはならない、等の欠点をそれぞれ有している。 However, the conventional method of controlling the orientation and movement of the cursor using such devices, Yes and often be inconvenient, for example, when using a moving key of the keyboard, poor movement speed of the cursor, the track ball becomes inconvenient to control the cursor for the feature that the 3D control, touch pad is not have to control the direction or to move the cursor with your fingers, and it comes in a mouse, and a flat mouse pad must move a wide range on the table surface by hand, it has drawbacks equal respectively. 現在普及しているマウスのほとんどは、解像度が400dpi(マウスを0.06mm移動させるごとに、ディスプレイ上のカーソルは1ドット移動する)であり、ディスプレイの解像度が1280dpiの場合、マウスを約8cm移動させなくては、カーソルは画面全体を移動することができない。 Most mice that are presently in widespread use resolution is 400 dpi (the mouse after each movement of 0.06 mm, the cursor on the display 1 dot moves) and, if the resolution of the display is the 1280Dpi, approximately 8cm move the mouse is not allowed, the cursor can not be moved the entire screen. このような広範囲を移動させるには、その度にマウスを中に持ち上げなくてはならず、長期にわたってこうした動作を反復することは、手部を痛める原因となり、人体工学に反する上、広範囲の移動はマウスの寿命をも縮める。 To move such a wide range, should not not lifted in mouse each time, repeating such operation for a long period of time, cause damage to the hand portion, on contrary to the human body engineering, moving a wide range of It can shorten also the life of the mouse. 故に、マウスの移動距離を縮小するため、600dpi(0.04mm/ピクセル)及び800dpi(0.03mm/ピクセル)のマウスが出回るようになったが、ユーザーにとっては、すでに400dpiがちょうど手中において精確に、画面上のカーソルのピクセルからピクセルへと操作できる最適の解像度であり、これより解像度が高くなれば、マウスの移動距離は短縮できるが、カーソルが精確に制御できなくなり(一度に2〜3ピクセル移動)、これでは改良した意味が無い。 Therefore, in order to reduce the movement distance of the mouse, 600 dpi (0.04 mm / pixel) and 800dpi became as mice (0.03 mm / pixel) is hit, for the user already precisely during 400dpi exactly hand a best resolution that can be manipulated into pixels from the cursor on the screen pixels, the higher the resolution than this, the moving distance of the mouse can be shortened, the cursor will not be able to accurately control (2-3 pixel at a time movement), meaning there is no an improvement in this. さらに、従来のマウスは、異なる速度により異なる変位の増量を持たせるというカーソルのコントロール法により、でディスプレイスメントの増加を行うカーソルの操作によって移動距離を短縮させることができるが、しかし、これによりマウスの移動範囲が不安定になり、ドリフトするという欠点がある。 Furthermore, the conventional mouse, the control method of the cursor that to have increased in different displacement by different rates, in can be shortened moving distance by operating the cursor to perform the increase in displacement, however, thereby mouse range of movement becomes unstable, there is a drawback to drift. 故に従来のカーソル入力装置では、移動範囲を小さくすることできず、精確に制御することも非常に困難である。 Thus the conventional cursor input devices, not be able to reduce the range of movement, it is very difficult to precisely control.

【0003】上記の問題を解消するため、アメリカ合衆国特許(U.SPatent)4782327及び49357 [0003] In order to solve the above problems, the United States patent (U.SPatent) 4782327 and 49357
28号は絶対座標の方法及び構造を掲示しているが、これら発明はサイズがいずれも大きく、その上カーソル移動に複雑なコントロールプロセス及び電界面が必要とされるため、実質上尚多くの改善されるべき欠点を有している。 28 issue has been posted methods and structures of the absolute coordinates, these inventions are large both in size, since the complex control processes and electric field plane cursor movement thereon are required, substantially Incidentally many improvements It has the disadvantage to be. 図1に示すのは、アメリカ合衆国特許(U.SPa Figure 1 shows, United States Patent (U.SPa
tent)4935728号の絶対座標の構造である。 Is the structure of the absolute coordinates of the tent) No. 4,935,728. このファームウェアのデザインは、二種類のオペレーションモードにより絶対座標の移動方式を実行する。 The design of this firmware, executes a moving method of the absolute coordinate by two types of operation modes. カーソルがv1の低速で移動する場合、ディスプレイ上で絶対位置は微細の変位を行うことができる。 If the cursor is moved at a low speed of v1, absolute position on the display can be carried out displacement of the fine. このファインオペレーションモードは、カーソルが高速で移動する場合、 The fine mode of operation, if the cursor is moving at high speed,
ディスプレイ上を移動するファインオペレーションモードが残した距離からオプティカルグリッドピース移動時に残った明暗の格子により、明暗格子と対応するディスプレイの距離を求める。 The fine operation mode is the distance from the remaining brightness when optical grid piece moves leaving grating that moves on the display to determine the distance of the display and the corresponding contrast grating. こうして得られた値は小数点を有するため計算が不便な上、その構造も各タイプのディスプレイに対応できないという欠点を有し、さらにことなる解像度のディスプレイにはそれぞれ異なるハードウェアを対応させなくては実行時においてデータの飛越しがが顕著になってしまう。 On thus obtained values ​​inconvenient calculations because it has a decimal point, the structure also has the disadvantage that for each specific type of display, is not allowed yet different to correspond to different hardware to the resolution of the display jump of the data at the time of execution becomes remarkable. 例えば、320ドットの絶対座標の構造に解像度が640ドットのディスプレイを対応させると、カーソルはディスプレイの半分しか移動できなくなってしまい、320ドットに適用できるわけでは320ドットの手前の境界において、カーソルは直接ディスプレイの次の境界に飛越し、右側にかいそくに移動してしまいカーソルを定位させ難い。 For example, the resolution in the structure of the absolute coordinate of 320 dots to correspond to 640 dots of the display, the cursor will not be able to move only half of the display, are not applicable to 320 dots in front of the boundary of 320 dots, the cursor jump to the next boundary of the direct display, it is difficult to localize the cursor will move to fast to the right. 同様に、より高い解像度、800ドット或いは1280ドットでの使用においては、こうした現象がさら顕著である。 Similarly, higher resolution, in the use of 800 dots or 1280 dots, such a phenomenon is remarkable further. この問題を解決するためには、本来の構造を比例させて拡大させるよりないが、しかし、本来の体積自体がすでに小さいとはいえず、それに加えて体積を増加させるとなると操作が不便となり、また、異なる解像度のディスプレイによりハードディスクを対応させる必要があり、一般のユーザーに受け入れられない。 To solve this problem, but not more to expand in proportion to the original structure, but it can not be said that the original volume itself already small, the operation becomes inconvenient in addition to increasing the volume, also, should correspond to a hard disk with different resolution of the display, not generally accepted users.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】上記の問題点を解消するため、本発明の目的は、異なる操作環境のユーザーにそれぞれ適応でき、如何なる解像度のでディスプレイにおいても、より安定的で、スムーズなカーソルコントロールが行える、カーソルコントロールの方法と装置を提供することにある。 [SUMMARY OF THE INVENTION In order to solve the above problems, an object of the present invention can accommodate each users in different operating environments, also in so any resolution display, more stable, smooth cursor control It can be performed to provide a method and apparatus for cursor control.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】上記の問題を解消するため、本発明のカーソルコントロール装置は、ディスプレイにおけるカーソルの移動と定位を、手の特定セクション内における移動を探知することにより制御する。 [Means for Solving the Problems] To solve the above problem, a cursor control device of the present invention, the localization and movement of a cursor in the display is controlled by detecting a movement in a particular section of the hand. この特定セクションは少なくとも二つの座標軸に分れている。 This particular section is divided into at least two coordinate axes. 各座標軸に対し、少なくとも二つのレジスターがあり、これにより異なるスピードセクションの移動計数が求められる。 For each coordinate axis, has at least two registers, the movement counts different speeds sections which are determined. カーソルコントロール装置は、本発明のカーソルコントロールの方法と対応して単一のオペレーションモードを形成し、該オペレーションモードが手の移動を探知し、それぞれ異なる手の移動速度に基づき異なる比例定数への切り換えを行い、こうしてディスプレイにおけるカーソルの位置を制御する。 Cursor control device, in response to the method of cursor control of the present invention to form a single operation mode, the switching of the operation mode would sense movement of the hand, the different proportional constant based on the moving speed of the different hands respectively It was carried out, thus to control the position of the cursor in the display. ディスプレイ上のカーソルが移動する距離は手の移動距離に比例し、該比例定数は異なるスピードセクションによってそれぞれ決定される。 Distance the cursor on the display moves is proportional to the moving distance of the hand, the proportional constant is determined, respectively, by different speeds section. 本発明のカーソルコントロールの方法は以下のような長所を有する。 The method of cursor control of the present invention has the following advantages. (1) 手の移動範囲を0.5インチ以下にでき、異なるスピードセクションに対応した異なる比例定数がそれぞれ存在し、カーソルの移動量と手の移動量は正比例する。 (1) can the moving range of the hand below 0.5 inches, different speeds different proportionality constants corresponding to the section are present respectively, amount of movement and hand cursor directly proportional. (2) カーソルがディスプレイ内のどこに位置しようと、その周囲には常にファインディスプレイスメント(fine displacement)が形成され、カーソルは使用可能となる。 (2) When the cursor trying located anywhere within the display, always fine displacement (fine displacement) is formed in the periphery thereof, the cursor becomes available. (3) カーソルの移動距離と手の移動距離及び位置は対応し、手を速く移動させればカーソルも速度を増すため、操作が非常にスムーズ且つ精確になる。 (3) the moving distance and position of the moving distance and the hand of the cursor corresponds, to increase the even speed cursor is moved fast hand operation becomes very smooth and accurately. (4) 各軸に対して少なくとも二つのレジスターがあるため、ディスプレ上のカーソルは正確に元の位置に戻ることができる。 (4) Since there are at least two registers for each axis, a cursor on the Display can return to exactly the original position.

【0006】本発明を従来の技術と比較してみても、本発明の長所が浮き彫りにされるであろう。 [0006] The present invention also try compared with the prior art, it will be advantages of the present invention is in relief. (1) 本発明のコントロール法を用いることにより、 (1) By using the control method of the present invention,
ユーザーが操作するのに最適な解像度(約400dpi) Best resolution for the user to operate (about 400 dpi)
におけるマウスの移動距離が広すぎるという欠点が解消される。 Disadvantage movement distance of the mouse is too wide in is eliminated. 本発明において必要とされる手の移動距離は0.5インチ以下であり、800dpiの特殊な入力装置を用いた場合(移動距離約1.5インチ)より遥かにその移動範囲が縮小される上、さらにカーソルのファインディスプレイスメント(fine displacement)を実現する。 Moving distance of the hand which are required in the present invention is not more than 0.5 inches, on much the moving range than (moving distance about 1.5 inches) using a special input device 800dpi is reduced , further to achieve a fine displacement of the cursor (fine displacement). 図2のように、C1はファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)、C2は中間スピードセクション、C3は高速スピードセクションであり、図からもわかるように、カーソルがどこに移動しようと、その周囲には常にファインディスプレイスメントファインディスプレイスメントセクション(fine As shown in FIG. 2, the fine displacement section C1 (fine displacement section), C2 is intermediate speed section, the C3 is fast speed section, as can be seen from the figure, when you try to move to where the cursor, to its surroundings always fine displacement fine displacement section (fine
displacement section)が形成されて使用可能となる。 displacement section) is formed becomes available. また、本発明のカーソルコントロール装置は、移動範囲が小さいため、装置の寿命を延長させることができるほかに、カーソルの移動に腕を動かす必要がなく、小さい移動範囲内を手首を用いるだけでよく、よって長時間の使用による疲労から、腕が痛くなったり、肩が凝ったりするようなことがなく、完全に人体工学に符合した構成である。 Furthermore, cursor control device of the present invention, since the moving range is small, in addition to be able to prolong the life of the device, it is not necessary to move the arm to move the cursor, it is only used wrist within a small range of movement and thus from fatigue due to long-term use, or arm is hurt, there is no such thing as or stiff shoulder, is completely and conforms to the human body engineering configuration. (2) いかなるタイプのカーソルコントロール装置にも対応でき、同時にキーボード、モバイルノート、ジョイスティック、携帯電話、インターネットフォン、テレビのリモートコントロール等といったあらゆるコンピューターの周辺装置と結合することができる(図3、図4 (2) also corresponds to the cursor control device of any type, at the same time the keyboard, mobile notebook, a joystick, a mobile phone, Internet phone, can be coupled with peripheral devices of any computer, such as remote control or the like of the television (Fig. 3, Fig. 4
参照)。 reference). (3) PC-TV、WEB-TV、HDTVは未来のコンピューター通信機器のトレンドであるが、ディスプレイの解像度が高いため従来のカーソルコントロール装置の移動範囲を拡大させなくてはならず、その上定位がし難いといった問題が生じる。 (3) PC-TV, WEB-TV, HDTV Although it is the trend of future computer communication equipment, must not not to expand the moving range of the conventional cursor control device for the display resolution is high, localized thereon problem that is hard to occur. しかし、本発明は異なる比例定数をそれぞれ設定するだけで、手の移動範囲は変わらない(0. However, simply by setting the present invention a different proportional constant respectively, it does not change the moving range of the hand (0.
5インチ以下)という条件下において精確に(pixel t Precisely at 5 inches or less) under the condition that (pixel t
o pixel)カーソルの変位がコントロールできる。 The displacement of the o pixel) the cursor can be controlled. ここで述べておきたいのは、改良前の本発明は、高速スピードセクションにおいてのみ最低速度スピードセクションのレジスターC1に2を加え1を引くという手続きを行ない、これによりカーソルの周囲にファインディスプレイスメントセクション(fine displacement sectio Here the want to mention, the present invention prior to improvement, fast speed performs a procedure that pulls the minimum speed speed register C1 to 1 plus 2 sections only in sections, fine displacement section thereby around the cursor (fine displacement sectio
n)が存在するようになったが、ディスプレイの解像度が高くなることによってカーソル周囲のファインディスプレイスメントセクション(fine displacementsectio Although n) now exists, a fine displacement section around the cursor by resolution of the display is high (fine displacementsectio
n)は相対的に縮小し、カーソルの速度が増加し過ぎるといった欠点があった。 n) is relatively reduced, the speed of the cursor there is a drawback too increased. そこで上記の手続きに、比較的低速のスピードセクションのレジスターの値が中間値(該中間値は、最大値の半分或いはある一定の指定値でもよい)に至らない時に加入を実行するという手続き加え、カーソルが常にファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)の中心部付近に位置するようにし、従来の発明でカーソル随時その周囲のファインディスプレイスメントセクション(fine Therefore the above procedure, a relatively slow speed sections of the register values ​​are intermediate values ​​(intermediate value, which may be a half or a certain specified value of the maximum value) was added procedure that executes the join when that does not lead to, so as to be positioned near the center portion of the constantly fine displacement section cursor (fine displacement section), fine displacement section of the cursor from time to time around a conventional invention (fine
displacement section)中心部にあるとは限らない、 displacement section) not necessarily in the center,
といいう欠点を解消した。 It was to eliminate the disadvantage that it is called. (4) 速度のコントロール(小移動範囲)と絶対座標(中心点及び境界がドリフトしない)の長所を兼ね備え、カーソルコントロールの快速、安定、精確を実現し、且つコントロールにスペースをとらない。 (4) combines the advantages of speed control (small movement range) and the coordinate (the center point and the boundary is not drift) absolute, fast cursor control, stable, to achieve accurate, not and space-saving control. (5) この絶対座標のカーソルコントロール装置を用いれば、平面、傾斜面、曲面或いは凹凸面、さらには垂直面等どんな状態のベースシートにおいても操作が可能であり、マウスを掃除する必要もなく、長期の使用による機械の損耗といった問題もない。 (5) Using the cursor control device of the absolute coordinates, flat, inclined surface, a curved surface or irregular surface, and further is capable of operating even in the base sheet of any vertical surface such as a state, there is no need to clean the mouse, there is no problem such as mechanical wear and tear caused by long-term use. 最も重要なのは、この構造と従来の絶対座標を比較するとわかるように、手のひらで操作するXY軸、即ちフィンガーコントロール部のXY軸は、人の思想方向と人体の握力方向を一致させ、 Most importantly, as can be seen by comparing the structure of the conventional absolute coordinates, XY axes to operate the palm, i.e. XY axes of the finger control unit, to match the grip direction of thought direction and the body of the person,
ベースシートがどのような状態であろうと全くその影響を受けずに設置でき、まさに人体工学に符合する構造である。 Exactly that it would be what kind of state-based sheet can be installed without affected, a structure that just consistent to the human body engineering. (6) K及びCの値を設定する(ドライブプログラムで設定するか、ハードウェアの切り換えで実行)ことにより、各種の状況下においてその操作が安定的且つ精確になる。 (6) sets the value of K and C by (or set the drive program, the hardware running in switching of), the operation under various conditions is stable and precise. 例えば、ウィンドウズのモードで操作する際、カーソルがピクセルからピクセル(pixel to pixel)へ移動することはほとんどなく、即ちレジスターC1(K= For example, when operating in Windows mode, seldom cursor moves from pixel to pixel (pixel to pixel), i.e., the register C1 (K =
1)を使用することは少なく、反対にC2の使用は頻繁となる(カーソルを2〜3mmのコマンドセクションに移動させる)。 It is rare to use 1), the use of opposed C2 frequently become (moving the cursor to the command section of 2 to 3 mm). 故にC1maxの値を小さく、C2maxの値を大きく設定すれば、最高の操作環境を形成することができる。 Thus reducing the value of C1max, by increasing set values ​​of C2max, it is possible to form the best operating environment. (7) 本発明のワイヤレスカーソルコントロール装置を用いれば、従来のワイヤレス製品がデータの転送時に飛越しを起すという欠点が解消され、さらに、本装置が位置する場所は平坦でなくてはならないとは限らない(凹凸面、曲面、垂直面等でもよい)。 (7) The use of wireless cursor control device of the present invention, conventional wireless products is eliminated the disadvantage cause interlace during transmission of data, further, where the present apparatus is located and should be a flat not limited (uneven surface, curved surface, may be in the vertical plane, etc.).

【0007】 [0007]

【発明の実施の形態】本発明のカーソルコントロールの方法と装置は手の動きを探知し、さらにデジタル信号(光信号、電気信号、或いは磁気信号等)を発生させて使用するものである。 The method and apparatus of the cursor control of the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION will detect the movement of the hand, further digital signal (optical signal, an electrical signal, or magnetic signals, etc.) is intended to be used to generate. 本発明のカーソルコントロール方法は、データ受信の速度を決定し、該速度は一つのスピードセクション(少なくとも二つのスピードセクションV1,V2,…,Vnを有する)に属する。 Cursor control method of the present invention determines the rate of data reception, the speed one speed sections (at least two speed sections V1, V2, ..., having a Vn) belongs to. このスピードセクションは、異なる比例定数K1,K2,…,Kn The speed section, different proportionality constants K1, K2, ..., Kn
にそれぞれ対応する。 Corresponding respectively to. これらのK値が表すディスプレイ上のカーソル移動量は、探知された手の移動量に正比例する。 Cursor movement amount on a display of these K values ​​are expressed is directly proportional to the amount of movement of the detected by hand. 二つのスピードセクション(即ち一つのスピードレベル)を例にとった場合、K1及びK2の値は(1, If taken two speed sections (i.e. one speed level) as an example, the values ​​of K1 and K2 (1,
2)、(1,3)、(1,4)、(2,4)等となり、 2), (1,3), (1,4), becomes (2,4) or the like,
これらのK1、K2の設定値はパラメータに設定することができ、ユーザーはドライブプログラム或いはハードウェアのキーによって設定値を選択できる。 Settings for these K1, K2 can be set in the parameter, the user can select a setting value by the drive program or hardware key. 公式1:C1max+C2max=C及び公式2、(K1*C Official 1: C1max + C2max = C and official 2, (K1 * C
1max)+(K2*C2max)=ディスプレイの解像度 からわかるように、異なるスピードセクションのレジスターのC1maxとC2maxの値は、すでにそれぞれ異なるディスプレイの解像度によってパラメータが設定してある。 1max) + (K2 * C2max) = As can be seen from the display resolution, the values ​​of C1max and C2max registers of different speeds section, is set parameters by previously each of the different display resolutions. よって、ディスプレイの解像度を高めた場合、K2 Therefore, when increasing the resolution of the display, K2
の値だけを増加させれば、手の移動範囲を増加させなくても(即ちCの値を変えなくても)、ディスプレイ全体に対応できる。 By increasing only the value (without changing the value of the words C) without increasing the moving range of the hand, it may correspond to the entire display. また、K2の値は、ディスプレイの解像度が高くなるにつれて、同様に高くなるが、ディスプレイの最小移動画素も縮小するため、ディスプレイにおけるカーソルの移動は安定的且つスムーズである。 The value of K2 is as the resolution of the display increases, becomes similarly high, to reduce even the smallest movement of pixels of the display, moving the cursor in the display is stable and smooth.

【0008】ディスプレイX軸の解像度が640、手の最小移動距離が0.06mm、つまり現在使用している解像度は400dpi(400ドット/1インチ、25.4m [0008] Display X Resolution of axis 640, the minimum movement distance of the hand is 0.06 mm, i.e. the resolution that is currently used is 400 dpi (400 dots / one inch, 25.4M
m/400、0.06mm);光グリッドピースの距離は196×0.06mm=11.76mm; 640=(1*C1max)+(4*C2max),K1= m / 400,0.06mm); length of light grid piece 196 × 0.06mm = 11.76mm; 640 = (1 * C1max) + (4 * C2max), K1 =
1,K2=4 196=C1max +C2max ∴C2max =148,C1max=58; ディスプレイの解像度が640から1024に増加する時、ディスプレイのドット間の距離は縮小されるため、 1, K2 = 4 196 = C1max + C2max ∴C2max = 148, C1max = 58; when the display resolution is increased from 640 in 1024, the distance between the display dots is reduced,
K2が4から7に増加しても、ディスプレイにおけるカーソル移動の安定性に影響はない。 K2 even increased from 4 to 7, not affect the stability of the cursor movement on the display. さらに、たとえディスプレイの解像度が変化しようと、ファインディスプレイスメントモード(fine displacementmode)においてカーソルはドットからドットへ精密な変位を行う。 Furthermore, even when attempting to change the display resolution, performs a precise displacement in fine displacement mode (fine displacementmode) cursor from dot to dot. 従来の技術のように光グリッドの照度と各グリッドの距離を減少する(解像度は増加させない)方式により移動範囲を小さくするのではないため、指が1グリッド移動すると、ディスプレイのカーソルが2、3グリッド移動してしまう、というような事は起こらない。 Reducing the intensity and the distance of each grid of the light grid as in the prior art (resolution does not increase) because not to reduce the movement range by system, when the finger moves one grid, the cursor of the display 2, 3 will move the grid, it does not occur like that. 下の実施例は、 Examples below,
本発明のカーソルコントロールの方法が、人の手が0. The method of cursor control of the present invention, the hand of man is 0.
5インチ以内の範囲を移動するだけで解像度1280のディスプレイbのカーソルを精確に制御できることを証明するものである。 By simply moving range within 5 inches it is to prove that can accurately control the cursor display b resolution 1280. 先ず、K1=1,K2=5,K3= First, K1 = 1, K2 = 5, K3 =
10をその移動増量の比例によってそれぞれ異なる三つのスピードセクションにプログラムすると、光グリッドピースのグリッド数は下に示すように減少する。 When the 10 programs into three speed section different from each other by a proportional of the movement increasing, the grid of the light grid piece is reduced as shown below. Xaxis1280=(1*C1max)+(5*C2max )+(10*C3max) =(1*20)+(5*20)+(10*116) C1max=20,C2max=20,C3max=116 C1max+C2max+C3max=156 Yaxis1024=(1*C1max)+(5*C2max )+(10*C3max) =(1*19)+(5*21)+(10*90) C1max=19,C2max=21,C3max=90 C1max+C2max+C3max=130 上記の光グリッドの長さは、 Xaxis=156*0.06=9.36mm(<0.5インチ,12.52mm) Yaxis=130*0.06=7.8mm(<0.5インチ,12.52mm) これにより、n個のスピードセクションをプログラムすることが可能になり、公式1、2、3を公式4、5、6 Xaxis1280 = (1 * C1max) + (5 * C2max) + (10 * C3max) = (1 * 20) + (5 * 20) + (10 * 116) C1max = 20, C2max = 20, C3max = 116 C1max + C2max + C3max = 156 Yaxis1024 = (1 * C1max) + (5 * C2max) + (10 * C3max) = (1 * 19) + (5 * 21) + (10 * 90) C1max = 19, C2max = 21, C3max = 90 C1max + C2max + C3max = 130 the length of the light grid, Xaxis = 156 * 0.06 = 9.36mm (<0.5 inches, 12.52mm) Yaxis = 130 * 0.06 = 7.8mm (<0.5 inches by 12.52Mm) This makes it possible to program the n-number of speed section, the official official 1,2,3 4,5,6
に代えるだけでよい。 It is only replaced by.

【0009】上記からわかるように、本発明はカーソルコントロールの方法と装置に関し、0.5インチ以下の移動範囲で、カーソルのコントロールを可能にし、人体工学に符号するだけでなく、絶対座標方式でディスプレイ全体に対応し、さらに自動スクロールと境界への快速移動を実行する機能をも有する。 [0009] As can be seen from the above, the present invention relates to a method and apparatus for cursor control, in the moving range of 0.5 inches, to allow control of the cursor, not only sign ergonomics, the absolute coordinate system It corresponds to the entire display, further also has the ability to perform fast transfer to automatic scrolling and boundaries. 上記のように、ディスプレイにおいてカーソルの周囲がファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)で使用できるように、指を高速で移動させ、高速レジスターで得た値に2を加え、最低速レジスターの値から1を引くというプロセスは、カーソル周囲においてファインディスプレイスメントセクション(fine displacement As described above, as the periphery of the cursor in the display can be used in fine displacement section (fine displacement section), fingers are moved at high speed, 2 is added to the value obtained by high-speed registers, the value of the lowest speed register the process of catching 1, fine displacement section at ambient cursor (fine displacement
section)を作り、従来の発明がファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)を移動し終わった後に定位の正確さを失ってしまうという欠点を徹底的に改善した。 Create a section), prior invention has been thoroughly improved the disadvantage of losing the accuracy of the localization after you have finished moving fine displacement section of the (fine displacement section). しかし、実際の使用において、まだいくつかの欠点が残る。 However, in actual use, still remain a number of drawbacks. 先ず、使用可能なファインディスプレイスメントセクション(fine displacem First, the available fine displacement section (fine displacem
ent section)がカーソルの周囲であっても、カーソルはファインディスプレイスメントセクション(fine dis ent section) even in the periphery of the cursor, the cursor is fine displacement section (fine dis
placement section)の中心に近付くとは限らない。 placement section) not necessarily close to the center of. また、C1だけがC1max/2に近付くという傾向があるため、カーソル移動時に、C2,C3,…は時に飽和状態となり、それゆえ移動時に最低速度から一気に最高速度になるという事態が発生し、不安定となる。 In addition, because there is a tendency that only C1 approaches the C1max / 2, at the time of the cursor movement, C2, C3, ... becomes a saturation state at the time, a situation that at once the highest rate from the lowest rate occurs at the time and therefore movement, not It becomes stable. さらに、 further,
ディスプレイの解像度が高まると、ディスプレイ上のドット間の距離は狭くなり、これと相対してファインディスプレイスメントセクション(fine displacement sect When the display resolution increases, the distance between the dots on the display becomes narrower, relative to this fine displacement section (fine displacement sect
ion)のディスプレイ上における面積は縮小し、カーソルの定位が低解像度の時に比べて困難となる。 Area shrinks on the display of the ion), localization of the cursor becomes difficult as compared with the case of low resolution. そして、 And,
ウィンドウズのオペレーションシステムにおいて、コマンドオペレーションの入出力は煩雑であるため、C1を使用した場合の移動量では長すぎ、この時、C2を使用するのが適している(コマンドセクションはすべて3〜 In Windows operating systems, for input and output of the command operation is complicated, too long in the moving amount when using C1, this time, to use C2 are suitable (all commands sections 3
4mmの方形であるため、ピクセルからピクセルpixel t Since a square of 4 mm, pixel pixel t from pixels
o pixelの必要がない)が、C2は2を加え、1を引くという手続きを実行していないため、しばしば飽和状態となり、使用不可能となってしまう。 o there is no need of pixel) is, C2 is 2 was added, because it does not perform the procedure that draw a 1, often becomes a saturated state, becomes unusable.

【0010】そこで、ディスプレイ上のカーソルが正の方向、或いは負の方向にあろうと、常に十分にファインディスプレイスメント(fine displacement)が使用できるよう、カーソルは随時ファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)の中心に近付くようにし、指が高速で移動際に、高速レジスターの値に2を加え、最低速レジスターの値から1を引くという手続きの他に、最低スピードセクションのレジスターの値が最大値の半分(或いは、ある指定値)に満たない時、そのデータ値を直接加えるというステップを実行することにより最低速レジスターの値を、その最大値の半分に近付けさせる。 [0010] Therefore, the cursor is a positive direction on the display, or if you allo in the negative direction, always sufficiently fine displacement (fine displacement) is so that they can be used, the cursor at any time fine displacement section of (fine displacement section) as close to the center, when the mobile finger is fast, 2 is added to the value of the fast register, in addition to the procedure of subtracting 1 from the value of the lowest speed register, half the value of the register of the lowest speed section of the maximum value (Alternatively, the designated value) when less than the value of the lowest speed register by executing the steps of adding the data value directly causes close to half of its maximum value. こうすることで、カーソルが必ずしもファインディスプレイスメントセクション(fine d By doing so, the cursor is always fine displacement section (fine d
isplacement section)の中心に近付かないという欠点は完全に解消される。 Disadvantage of not approach the center of the isplacement section) is completely eliminated. また、C1に対してのみ行った2 In addition, 2 was carried out only with respect to C1
を足し1を引くという手続きを、本発明ではC1及びC The procedure of subtracting 1 plus, in the present invention C1 and C
2に対して行い、さらに直接1を足すステップも加えたことにより、C1及びC2をできるだけ中間値に近付けることができる他に、ファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)が拡大し、もともと40(1*C1max)だった値は120(C1max Performed for 2, by which also added step of adding further direct 1, in addition to be able to close as possible intermediate value C1 and C2, expanded fine displacement section (fine displacement section) is originally 40 (1 * C1max) was the value is 120 (C1max
+2×C2max)となり、且つカーソルの移動速度はより安定し、選択もより速く容易に行なえるようになった。 + 2 × C2max) becomes, and the moving speed of the cursor is more stable, even became faster easily so selected.

【0011】本発明の特徴がより明白になるように、下に例を挙げて説明を行う。 [0011] As features of the invention will become more apparent, a description by way of example below. 例えば、ディスプレイのX軸解像度が640の場合; Xaxis640=(1*C1max)+(2*C2max)+(4*C3max) = (1*40)+(2*40)+(4*130) C1max=40, C2max=40, C3max=130 C1max+C2max+C3max=210 この時手の移動範囲は210*0.06mm=12.6mm For example, if the X-axis display resolution of 640; Xaxis640 = (1 * C1max) + (2 * C2max) + (4 * C3max) = (1 * 40) + (2 * 40) + (4 * 130) C1max = 40, C2max = 40, C3max = 130 C1max + C2max + C3max = 210 moving range of the time hand 210 * 0.06 mm = 12.6 mm
である。 It is. ディスプレイの解像度が増加すると、例えば1 When the resolution of the display is increased, for example, 1
280になった場合、すべてのレジスターの最大値を元の値の二倍に設定するか、或いは高速レジスターの比例定数を大きくする。 When it becomes 280, and sets the maximum value of all the registers to twice the original value or, alternatively to increase the proportional constant of the high-speed register. この二つの方法は、下記のようである。 The two methods are as follows. ディスプレイの解像度が1280の時、直接C1ma When the display resolution of 1280, direct C1ma
x、C2max、C3maxの値を元の値の二倍に設定することができるが(方法1)、これは特別よいやり方であるとは言えず、何故なら、移動量もこれに対応して二倍となり、移動範囲が大きくなるだけでなく、同じ手の移動速度において、カーソルの移動速度は元の二分の一になり、操作の負担となる。 x, C2max, can be set to twice the original value the value of C3max (method 1), which can not be said to be a special good way, because, in response thereto also moving amount two times and will not only moving range is large, the moving speed of the same hand, the moving speed of the cursor becomes original one-half, a burden of the operation. しかしこれにはファインディスプレイスメントセクション(fine displacement sectio But fine displacement section in this (fine displacement sectio
n)の面積が縮小しないという長所がある。 There is an advantage that the area of ​​n) is not reduced. 手の移動範囲を増大させないため、K3を大きくすることもできる(方法2)。 Order not to increase the moving range of the hand, it is also possible to increase the K3 (method 2). 例えば、10増やすと、下のように、 Xaxis1280=(1*C1max)+(2*C2max)+(10*C3max) = (1*40)+(2*40)+(10*145) C1max=40, C2max=40, C3max=116 C1max+C2max+C3max=196 この時手の変位は196*0.06mm11.76mmとなる。 For example, increasing 10, as shown below, Xaxis1280 = (1 * C1max) + (2 * C2max) + (10 * C3max) = (1 * 40) + (2 * 40) + (10 * 145) C1max = 40, the displacement of the C2max = 40, C3max = 116 C1max + C2max + C3max = 196 this Tokite will be 196 * 0.06mm11.76mm. この方法は移動範囲を増加させずに高解像度のディスプレイにおけるカーソルの定位が達成できるが、しかし尚二つの欠点を有する。 This method is the localization of the cursor is in the high resolution display without increasing the movement range can be achieved with, but noted two drawbacks. 一つはK2とK3の値の差が大きすぎるため、低速から高速、或いは高速から低速になる時、カーソルの速度変化は激しくなり、低解像度のディスプレイのような安定が得られない。 Because the difference between the value of one K2 and K3 is too large, when made fast from slow, or from the high speed to the low speed, the speed change of the cursor becomes vigorous, not stable, such as a low-resolution display can be obtained. 二つ目は、ディスプレイの解像度が二倍となっても、C1max及びC2 Second, even if the resolution of the display becomes doubled, C1max and C2
maxは変化しないままなので、ディスプレイのファインディスプレイスメントセクション(fine displacement Since remains max does not change, fine displacement section of the display (fine displacement
section)の面積は低解像度の時よりも小さくなり(元の4分の1になる)、ファインディスプレイスメントセクション(fine displacementsection)内での移動速度も元の2分の1になってしまう。 Area of ​​section) becomes 1 smaller than (original 4 minutes than when the low resolution), also the moving speed in the fine displacement section (fine Displacementsection) becomes 1 in the original 2 minutes.

【0012】上記した方法1、2は、それぞれ長所と欠点を有する。 [0012] The methods 1 and 2 described above each have advantages and disadvantages. これらの欠点を克服するため、本発明は下に述べる方法を提供する。 To overcome these drawbacks, the present invention provides a method described below. それは、レジスターをもう一つ増設し、このレジスターに2を足し1を引く、及び直接1を足す手続きを行わせ、カーソル周囲にもサブファインディスプレイスメントセクション(sub-fine displ It is, to another extension of the register, draw a 1 plus 2 to the register, and direct 1 to perform the procedure to add a sub-fine displacement section also around the cursor (sub-fine displ
acement section)を作り、ディスプレイの解像度が増加に従い、カーソル周囲のファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)の面積が縮小しないようにし、且つ低速から高速へ、或いは高速から低速へ変わった時も、C2及びC3が随時その最大値の半分付近に位置するため、カーソルの速度はK2, Create a acement section), with increasing resolution of the display, as the area of ​​the fine displacement section around the cursor (fine displacement section) is not reduced, and from low speed to high speed, or even when it changed from high speed to low speed, C2 and for C3 is located near half of its maximum value at any time, the speed of the cursor K2,
K3,…の順序に従う手の移動距離と正比例し、C2, K3, moving distance and directly proportional hand according to ... order of, C2,
C3,…といったレジスターの飽和値により、過度な速度変化が起こるようなことはなく、移動はいたってスムーズに行われるようにする。 C3, the saturation value of the register such as ..., never as excessive speed change occurs, so that movement is fairly smoothly. 下に例を挙げる。 Examples below. Xaxis1280=(1*C1max)+(2*C2max)+(4*C3max)+(10* C4max) = (1*40)+(2*40)+(4*30)+(8*104) C1max=40, C2max=40, C3max=116, C4max=104 C1max+C2max+C3max+C4max=214 この時ファインディスプレイスメントセクション(fine Xaxis1280 = (1 * C1max) + (2 * C2max) + (4 * C3max) + (10 * C4max) = (1 * 40) + (2 * 40) + (4 * 30) + (8 * 104) C1max = 40, C2max = 40, C3max = 116, C4max = 104 C1max + C2max + C3max + C4max = 214 In this case the fine displacement section (fine
displacement section)は240(即ちC1max+C2m displacement section) 240 (ie C1max + C2m
ax+C3max+C4max=240)であり、解像度が12 ax + C3max + C4max = 240) and has a resolution of 12
80のディスプレイ上に占める面積は解像度640のディスプレイのファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)と同じ大きさである。 The area occupied on the 80 display is the same size as the fine displacement section of the display resolution 640 (fine displacement section).
さらに、レジスターC3を増設したことにより、その変位増量が手の移動増量の4倍になったため、解像度が1 Further, by installing additional registers C3, since the displacement increase becomes four times the movement increment of the hand, the resolution is 1
280のディスプレイにおける移動速度とC2の変位増量が解像度640のディスプレイにおける移動速度と同じになった。 Displacement increase of the moving speed and C2 in 280 display is the same as the moving speed of the display resolution 640. このようにしてファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)の面積を縮小せず(拡大もできる)、また、移動範囲を拡大せず(縮小もできる)に、カーソルは安定性のある速度変化を行い、コマンドの選択も低解像度におけるごとく容易にでき、その上ファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)に在る時も減速しないなどの利点が生まれた。 In this manner, without reducing the area of ​​the fine displacement section (fine displacement section) (larger may), also without expanding the moving range (reduction may), the cursor performs speed change with stability , selection commands can also be as easily in the low-resolution, advantages such as not slow down even when the upper located in fine displacement section (fine displacement section) was born. 上記からわかるように、本発明は移動範囲を増加せず、ファインディスプレイスメントセクション(fine displacement section)の面積を縮小しない状態の下で高解像度のディスプレイに応用でき、低解像度のディスプレイにおけるごとくスムーズな移動を行い、さらに、小さな範囲内で快速、安定的且つ精確なカーソルコントロールを可能にする。 As seen from the above, the present invention does not increase the moving range, the fine displacement section (fine displacement section) area can be applied to high-resolution displays under conditions that do not reduce the, smooth as in the low resolution display It performs movement, further, fast within a small range, enabling stable and accurate cursor control. 現在すでに解像度2000のディスプレイが市販されているが、 Although the current already display of resolution 2000 are commercially available,
ディスプレイの解像度がどんなに高くなろうと、本発明のカーソルコントロールの方法は、移動範囲を増加せず、ファインディスプレイスメントセクション(fine d When the display resolution would, however expensive method of cursor control of the present invention does not increase the moving range, the fine displacement section (fine d
isplacement section)の面積も縮小せずに高解像度のディスプレイに対応でき、いずれもディスプレイの解像度によってレジスターを適当な数だけ増設すればよいのである。 isplacement section) also corresponds to the high-resolution display without reducing the area of ​​both is should I add more registers by an appropriate number by the display resolution.

【0013】図4が示すのは、本発明のカーソルコントロールの方法のフローチャートである。 [0013] The Figure 4 shows is a flowchart of a method of cursor control of the present invention. 該フローチャートは、どのようにしてカーソルをX軸の正方向に移動させるかを説明している。 The flowchart describes how a moves the cursor in the positive direction of the X axis. また、Y軸(またはZ軸)、及び負方向の移動のコントロール法もこれと同様の理論であるため、重ねて説明を加えない。 Further, Y-axis (or Z-axis), and the negative direction control method of the movement for even the same theory and this overlaid without adding explanations. 先ず、比例定数K First of all, the proportional constant K
1,K2,…,Knを設定し、各軸の異なるスピードセクションV1,V2,…,Vn(これらのスピードセクションはスピードレベルによって定義される。表1参照)に対応するレジスターの最大値C1,C2,…,C 1, K2, ..., set the Kn, different speeds sections V1, V2 of the respective axes, ..., Vn (these speed sections see. Table 1 is defined by the speed level) registers the maximum value C1 corresponding to, C2, ..., C
n(レジスターの初期値を設定してもよい)を設定し、 Set n (may set the initial value of the register),
nの値は2以上とする(ステップA)。 The value of n is 2 or more (step A). カーソルコントロール装置は手の移動を探知し、手が正の方向へ移動すると、カーソルコントロール装置が発するデジタル信号が読み取られる(ステップB)。 Cursor control device will detect the movement of the hand, the hand is moved in the positive direction, cursor control device a digital signal is read to emit (step B). そして、速度Vxはどのスピードセクションに位置するか(ステップC1,C The velocity Vx is located which speed section or (Step C1, C
2,…,Cn−1)が決定される。 2, ..., Cn-1) is determined. このプロセスはさらにステップDiを含み、このステップは、数値データを、Cimax以上になるまでレジスターCiに加え、続いて残りの数値をレジスターCi−1に加え、レジスターの数値がCi−1max以上になるまでこれを続け、その後は、Ci−2,Ci−3,…,C1,Ci+1,C The process further comprises a step Di, this step, numerical data, in addition to the register Ci until the above Cimax, followed by addition of the remaining number in the register Ci-1, numerical value of the register is equal to or greater than Ci-1max continue this until, then, Ci-2, Ci-3, ..., C1, Ci + 1, C
i+2,…,Cnの順序に対応してレジスターと同様のステップを実行すればよく、1<=i<nである。 i + 2, ..., corresponds to the order of Cn may be perform the same steps as the register is 1 <= i <n. 次のステップでは、すべてのレジスター数値を転送し、同時に各比例定数と各変数の数値の積の和からディスプレイにおけるカーソルの位置を表示し、また、数値K1*C The next step is to transfer all of the registers numbers, displays the position of the cursor on the display from the sum of the product of value of each proportionality constant and the variables at the same time, also, the numerical K1 * C
1+K2*C2+…Kn*Cnによりカーソルをコントロールする。 To control the cursor by 1 + K2 * C2 + ... Kn * Cn. 例えば、カーソルコントロール装置が転送したデータの速度が最低スピードレベルv(1)(ステップC1)より小さい場合、つまり、この速度が第一スピードセクションV1にある時は、ステップD1を実行する。 For example, if the speed of the data cursor control device has transferred a minimum speed level v (1) (Step C1) smaller than that is, the speed when in the first speed section V1 executes step D1. さらに、このメソッドはレジスターの蓄積値がC Furthermore, the accumulation value of this method register is C
1max以上であるかを決定する。 To determine the whether 1max or more. もしそうでなければ、 If not,
レジスターの値に1を加え(ステップai)、続いてレジスターの値を転送する。 1 is added to the value of the register (step ai), followed by transferring the value of the register. もしレジスターの蓄積値がC If the accumulation value of the register is C
1max以上であれば、カーソルの変位量はK2の倍数でる手の変位量と正比例に設定され、レジスターC2の値に1が加えられた値が転送され、その他のレジスターも同様のプロセスによって実行される。 If 1max above, displacement of the cursor is set to direct proportion to the displacement of the hand leaving multiples of K2, the value 1 is added to the value of the register C2 are transferred, they are performed by other registers also similar process that.

【0014】図4のフローチャートにおいて最も重要なのは、ステップDnである。 [0014] The most important in the flowchart of FIG. 4 is a step Dn. ステップE1は、レジスターの値がCnmax以上に至らない時にのみ実行される。 Step E1, the value of the register is executed only when that does not lead to higher Cnmax.
ステップDnはレジスターCnの値が最大値であるかを決定するものである。 Step Dn are those values ​​of the register Cn to determine whether the maximum value. もしそうでなければ、ステップD If not, step D
n−1に戻し、もしレジスターCnの値が最大値であれば、ステップE1が実行される。 The return n-1, if the value of the register Cn is if the maximum value, step E1 is performed. ステップE1はレジスターC1の値が中間値(C1max/2或いはある指定値、ここではとりあえず、最大値の半分、C1max/2 Step E1 is a value intermediate value of the register C1 (C1max / 2 or some specified value, wherein the time being, half the maximum value, C1max / 2
で説明を行う)に等しいかを決定し、もしそうでなければ、ステップF1に進みステップa1またはステップb In determines equal to do) a description, if not, the process proceeds to step F1 step a1 or step b
1(ステップF1はカーソルがファインディスプレイスメントセクション[fine displacement section]内にあるかを判断し、レジスターC1,C2,…,Chを中間値に近付かせる)を実行し、続いてステップGを実行する。 1 (step F1 determines whether the cursor is in a fine displacement section [fine displacement section] within the register C1, C2, ..., an to approach the intermediate value Ch) running, followed by performing step G . もしレジスターC1の値が中間値に等しい時は、 If the value of the register C1 is equal to the intermediate value,
ステップE2に進み、それからステップE1と同様のプロセスで実行し、ステップEhまで行う。 Proceeds to step E2, then run in the same process as step E1, performed until step Eh. このhはn未満の任意の値とする。 The h is an arbitrary value less than n. さらに、ステップan及びステップGを実行する。 Further, to perform the steps an and Step G. ステップEiはレジスターCiの値がC Step Ei is the value of the register Ci is C
imax/2に等しいかを決定し、もし等しくなければ、 Determine equal to imax / 2, if not equal if,
ステップFiでステップai或いはbiを実行し、もし等しければステップEi+1に進む。 Step by Fi executes Step ai or bi, the flow proceeds to step Ei + 1 equal it. つまり、このコントロールプロセスにおいて、カーソルがディスプレイ上のどこに移動しようと、カーソルの周囲は常にファインディスプレイスメント(fine displacement)が作られ、使用できるようになる。 That is, in this control process, when trying to move to where the cursor is on the display, the periphery of the cursor is always fine displacement (fine displacement) is made, become available. 上記のステップaiは、レジスターCiの値に1を足す手続きを示し、ステップbiはレジスターCiの値から1を引き、また、レジスターCnの値に2を加える手続きを示す。 The above steps ai represents the procedure adds 1 to the value of the register Ci, step bi draws 1 from the value of the register Ci, also shows the procedure to add 2 to the value of the register Cn. カーソルの負方向コントロールフローチャートと図5の正方向のフローチャートは類似し、Y軸またはZ軸のフローチャートmpまた図4 Forward flow chart of the negative control flowchart in FIG. 5 of the cursor is similar, the flowchart of Y-axis or Z-axis mp The 4
のX軸のフローチャートに類似する(速度Vxを速度V Similar to the flowchart of X-axis (speed velocity Vx V
y或いはVzに置き換えればよい)。 It may be replaced with y, or Vz).

【0015】図5に示す本発明のフローチャートは、本発明の主旨を変えずに下のような応用ができる。 The flow chart of the present invention shown in FIG. 5 can be applied, such as lower without changing the gist of the present invention. 1. 1. ステップDiはそのデータ値を、Cmaxに等しくなるまでレジスターCiに加えることができ、さらに、 Step Di can be added to the register Ci until its data value is equal to Cmax, further,
残りの値を低スピードセクションに対応するレジスターに、それぞれの順序に従って加えることができる。 Register corresponding the remaining values ​​in the low speed section, it can be added according to the respective order. 2. 2. ステップai及びステップbiが実行されるのは、手の移動速度が最高速スピードセクション内にある時のみでなく、このフローチャートは、受信すべくデータ値をレジスターC1,C2,…Ch及びCjに加えるようにすることができ(データの速度がスピードセクションV Step of ai and step bi is executed not only when the moving speed of the hand is in the fastest speed section, this flowchart, adds the data value to receive register C1, C2, ... in Ch and Cj can be so (speed data speed section V
jに位置する場合)ると同時に、レジスターの順序C At the same time when) Ru when located in j, the order of the register C
1,C2,…Chに従って中間値(例えば最大値の半分)に近付けさせることができる。 1, C2, ... it can be caused to close to an intermediate value (e.g., half the maximum value) in accordance with Ch. その内の値は1<= The value of which 1 <=
h<j<=nである。 h <j <a = n. 3. 3. 本発明のカーソルコントロール方法は、定数kがレジスターを二つのサブグループに分けるように設定できる。 Cursor control method of the present invention, the constant k can be set to divide the register into two subgroups. 一つ目のサブグループを低速グループとし、レジスターC1,C2,…Ck-1及びその他のサブグループを含む。 A subgroup of the first one and a slow group, register C1, C2, including ... Ck-1 and other sub-groups. もう一つは高速グループとし、レジスターCk, The other is a high-speed group, register Ck,
Ck+1,…Cnを含む。 Ck + 1, including the ... Cn. データの速度がスピードセクションVk,Vk+1…Vn内にある時、低速グループ内のレジスターにNを加え、高速グループのレジスターからNを引き、低速グループの少なくとも一つ以上のレジスターを中間値に近付けさせる。 Speed ​​speed section Vk data, when in Vk + 1 ... Vn, N is added to the register in the slow group, subtract N from the high-speed group of registers, at least one or more registers of the low-speed group to an intermediate value make close. この時Nは整数(-3,- In this case N is an integer (-3, -
5,0,6,10等の数値)である。 Which is a numerical value), and the like 5,0,6,10. この整数Nはアプローチプロセスを加速させるものである。 The integer N is intended to accelerate the approach process. 4. 4. データの転送法には二種類あり、一つは一定の時間において周期的に転送を行うもので、もう一つは一回移動するごとに探知され転送を行うものである。 There are two types of transfer methods of the data, one performs periodically transferred at a certain time, the other is intended for transferring is detected each time the move once. 故に判定にも二種類あり、前者は一定の時間内に転送される信号の数により決定され、後者は計数信号の時間の間隔によって決定される。 Thus There are two kinds in the determination, the former is determined by the number of signals transferred within a certain time, the latter is determined by the time interval of the count signal. 5. 5. 周期的な転送法を用いると、一度にN個の計数信号を処理でき、例えば高スピードセクションにおいて1 With periodic transfer method, can process the N count signal at a time, for example, in high-speed sections 1
0個の計数信号を一度に受信でき、この時レジスターC Zero or counting signal can be received at a time, this time register C
1の値がC1maxより5小さければ、一度にレジスターに5を加えることができる。 If a value of 1 is 5 less than C1max, it can be added to 5 to register at a time. さらによい方法は、数個のレジスターの値の増減を同時に中間値に近付ける方法である。 Better method is to simultaneously close to an intermediate value of the increase or decrease of the values ​​of several registers. 例えば、レジスターC1の値gがC1max/2より10小さく、レジスターC2の値がC2max/2より3大きい時に7個の計数が読みとられた場合、レジスターC1及びC2は同時にその中間値と等しくなる。 For example, the value g of the register C1 is C1max / 2 from 10 small, when the value of the register C2 is read are seven counting when 3 greater than C2max / 2, registers C1 and C2 becomes equal to an intermediate value at the same time . 6. 6. カーソルコントロール装置の回路を用いても本発明のメソッドを達成することができる。 Even using a circuit of the cursor control device can be achieved method of the present invention. つまり、設定装置(means)、読取り装置、速度決定装置、計算装置、 In other words, setting device (means clustering), reader, speed determination device, computing device,
アプローチ装置及び出力装置の装置のうち、少なくとも一つの装置はカーソルコントロール装置の回路からなるものとする。 Of the devices approach and output devices, at least one device is assumed to consist of circuits of the cursor control device. 7. 7. カーソルコントロールプログラムによって実行される本発明のメソッドは、言い換えれば、カーソルコントロール装置は手の移動を探知することでのみデジタルデータが発生、転送され、設定装置、読取り装置、速度決定装置、計算装置、アプローチ装置及び出力装置のうち、少なくともひとつの装置がカーソルコントロール装置以外のドライブプログラム或いはシステムプログラムからなるものとする。 Methods of the present invention executed by the cursor control program, in other words, the digital data is generated only by the cursor control device to detect the movement of the hand, is transferred, setting device, reading device, the speed determining device, computing device, among approaches and output devices, at least one device is assumed to consist of a drive program or system program other than a cursor control device. この時、レジスターはこれらのプログラム中の変数に設定される。 At this time, the register is set to the variable in these programs. 8. 8. 現在のカーソルの座標数値からもう一つ前のカーソルの座標数値を引いて相対座標数値を出し、一般のコンピューターにこのカーソルコントロール装置を適用させることもできる。 Pull the coordinate value of the other before the cursor from the coordinate value of the current cursor out a relative coordinate numbers, the general computer may also be applied to the cursor control device. 9. 9. 比例定数を加速度比例定数に変え、ディスプレイにおけるカーソル移動のドット数をカーソルコントロール装置の加速度変化に従って増量させることもできる。 Changing the proportionality constant acceleration proportional constant, it is also possible to increase the number of dots cursor movement on display in accordance with change in acceleration of the cursor control device. こうした説明から明らかなように、本発明はカーソルの移動速度及び位置、手の移動速度及び位置を対応させ、 As apparent from this description, the present invention is to correspond moving speed and position of the cursor, the moving speed and position of the hand,
安定、快速、精確といった長所を有し、また、カーソルコントロール装置のレジスターによりカーソルは常に正確に元の地点に戻ることができる。 Stable, fast, has advantages such as accurate, also the register of the cursor control device cursor can always accurately return to the original point. 本発明のカーソルコントロール方法はキーボード或いはその他の入力装置にも応用でき、いずれもディスプレイにおけるカーソルはコントロール回路、ドライブプログラムまたはその他のシステムプログラムにより制御される。 Cursor control method of the present invention is also applicable to a keyboard or other input device, either a cursor in the display control circuit is controlled by a drive program or other system programs.

【0016】図7及び図8が示すのは、本発明のカーソルコントロール装置の第一実施例である。 [0016] FIGS. 7 and 8 show is the first embodiment of the cursor control device of the present invention. このカーソルコントロール装置は小型に設計されており、且つ防水、 The cursor control device is designed compact, and waterproof,
防塵のために緊密に被覆されている。 It is tightly covered for dustproof. よって本発明は工場等のほこりの多い場所で使用するのに適しており、従来の技術が有する、過大な体積や定位に困難といった欠点を解消した。 Accordingly, the present invention is suitable for use in dusty places such as a factory, conventional techniques have, to overcome the disadvantage difficult to excessive volume and pan. この装置は主に、二組のデータ担体1、 This device is primarily, two sets of data carrier 1,
2を含み、これらは、中心にそれぞれ歯車12、22を有する中心軸11、21を設け、押動された際に360 Comprises 2, these are the provided central shaft 11, 21 having respective center gears 12 and 22, when they are pushed 360
度の回転が行えるようになる。 It will allow rotation of degrees. 両データ担体1、2は互いに垂設し、それぞれ対応して設けたセンサー31、3 Both the data carrier 1 is vertically each other, sensors 31,3 provided in correspondence
2が信号0,1を読み取る。 2 reads the signal 0,1. 二本のサイドバー4、5 Two of the side bar 4,5
は、中心軸11、21の面に対応するラック41、51 Corresponds to the plane of the central axis 11, 21 the rack 41 and 51
を有し、これらはそれぞれ中心軸11、21の歯車1 It has a gear 1 of each of these central axes 11, 21
2、22と噛合する。 To 2, 22 and meshes. フィンガーコントロール部6の中間に設置のスペース61は、適所にクランププレート6 Space 61 intermediate the installation of the finger control portion 6, position the clamping plate 6
41、642を設置し、これらが中心軸11、12の両端を支持し、同時にスペース61は両センサー31、3 Established the 41,642, it supports the two ends of the central shaft 11, at the same time the space 61 both sensors 31,3
2及び両サイドバー4、5を収納し、その周囲に設置の穿孔62、63を両サイドバー4、5が貫通し、フィンガーコントロール部6は両サイドバー4、5の移動を垂直、交差の移動に制限する。 2 and two side bars 4,5 houses, the perforations 62 and 63 placed around through the sides bars 4,5, the finger control portion 6 vertically moving the two side bars 4,5, the intersection to limit the movement. 図10が示すように、組立後のデータ担体1、2はフィンガーコントロール部6上でこれに連動して移動を行い、フィンガーコントロール部6が適当な力で押されて移動すると、対応してサイドバー4、5が前後移動を行う。 As shown in FIG. 10, when the data carrier 1 after assembly performs moves in conjunction with this on the finger control unit 6, the finger control portion 6 moves by being pushed with a suitable force, corresponding side bar 4 and 5 to move back and forth. この時、ラック41、5 At this time, the rack 41,5
1及び歯車12、22の噛合は、X、Y軸のデータ担体1、2が発生する一定の回転数を表し、センサー31、 Meshing of 1 and the gear 12, 22 represents X, the constant rotational speed of the data carrier 1 is produced in the Y-axis sensor 31,
32がこれには対応して固定数0,1の信号を発生し、 32 a signal having a fixed number 0, 1 corresponding occurred thereto,
上記した絶対座標の入力方法が使用できるようになる。 Input methods absolute coordinates mentioned above is available.

【0017】図10が示す本発明の実施において、両データ担体1、2の中心軸11、21及び両サイドバー4、5はそれぞれ交差して異なる高さに位置し、図11 [0017] In the practice of the present invention Figure 10 shows, the central axes 11, 21 and both side bar 4 and 5 of both the data carrier 1 is located at different heights and cross each 11
が示すように、サイドバー4、5はそれぞれ上下がデータ担体1、2の中心軸11、21に隣接し、これにより元々四層だった構造が三層となり、フィンガーコントロール部6の高さを抑えることができる。 As the sidebar 4,5 and below each adjacent to the central axis 11, 21 of the data carrier 1, which structure was originally four layer by is a three-layer, the height of the finger controller 6 it can be suppressed. 図7から図11 FIGS. 7 to 11
が示すように、本発明の設計は、データ担体1、2がマウスの役割をするという構造であり、その組立は簡単である。 As indicated, the design of the present invention, a structure of the data carrier 1 is the role of the mouse, its assembly is simple. さらに、サイドバー4、5の全体をより広くすることができ、こうすることで元の設計よりも、より外力に耐え得る構造となり、容易に折れたりしなくなるため、製品の信頼性と耐久性が高まる。 Furthermore, the entire sidebar 4,5 can be wider than the original design so doing, it is structured to withstand more force, since easily become broken or, reliability and durability of the product It increases. 図10及び図11 10 and 11
に示す実施例において、両サイドバー4、5はプレート状を呈し、その上その断面は階層42、52を具し、ラック41、51と対応してデータ担体1、2の中心軸1 In the embodiment shown, the two side bars 4 and 5 exhibits a plate-shaped, the center axis 1 of the upper cross-section is Gushi hierarchical 42 and 52, the data carrier 1 and 2 correspond to the rack 41 and 51
1、21及び歯車12、22の面上に緊密に貼着し、間隙や揺動が生じず、同時に桿体をより厚くして、サイドバー4、5の耐折曲性を増強することもできる。 1, 21 and closely stuck on the surface of the gear 12 and 22, without causing a gap or rocking, and thicker at the same time rod, also to enhance the folding songs of sidebar 4,5 it can. また、 Also,
本発明実施時において、フィンガーコントロール部6底部に回転部を設けることもできる。 During this invention embodiment it can also be provided with a rotating portion to the finger controller 6 bottom. 底板表面に設置の孔を挿嵌し、各移動エレメントを底板上に均等に配置することで、外部を覆う殻体に沿った任意の角度に回転して正確にデータを入力することができるようになる。 And inserting a hole disposed on the bottom plate surface, by uniformly arranged on the bottom plate of each moving element, so that it is possible to input the data accurately rotated to any angle along the shell covering the external become. さらに、上記の実施例のデータ担体1、2に設ける歯車1 Furthermore, the gear 1 is provided on a data carrier 1 and 2 of Examples
2、22の駆動セクションは、単純な線形溝を具する中空軸に変えることもでき、サイドバー4、5に対称するストリングボディ(図中未表示)を設置し、両ストリングボディが結合すると、その中心部分がデータ担体1、 Driving section 2, 22 can also change the simple linear groove in the hollow shaft Gusuru, string body of symmetrical (figure undisplayed) was placed in the sidebar 4,5, when both string body are bound, central portion thereof data carrier 1,
2の中空軸を巻装し、続いて両端をサイドバー4、5上に繋縛して固定すれば、サイドバー4、5の移動時にデータ担体1、2を連動して回転させ、上記と同様の効果が得られる。 Wound hollow shaft 2, if subsequently fixed by Keibaku both ends on the side bar 4,5, rotates in conjunction with the data carrier 1 and 2 during the movement of the side bars 4,5, and the the same effect can be obtained. 本発明はこれ以外にも、人の思考方向と人体の握力の動的方向を対応させて、どのような条件のベースシートにおいても全く影響を受けず、その上人体工学に符号するという特徴を有する。 The present invention in addition to this, in correspondence with the dynamic direction of thought direction and the body of grip strength of a person, without being affected at all even in the base sheet what conditions, characterized in that to code its top ergonomics a.

【0018】図12が示すのは、本発明実施例の応用回路図である。 [0018] Figure 12 that shows is an application circuit diagram of the embodiment of the present invention. センサー31のX軸光センサーセットは光電回路から発光ダイオード31aを用いて光源を発射し、光グリッドピースは、明暗のラチスが生じる位相X X-axis light sensor set of sensor 31 emits a light source using the light-emitting diode 31a from the photoelectric circuit, optical grid piece, phase X which lattice of bright and dark occur
Aを光トランジスター31bによって受信し、位相XB Received by the light transistor 31b and A, phase XB
は光トランジスター31cにより受信し、X軸の移動信号が検出される。 Is received by the optical transistor 31c, the movement signal of the X-axis is detected. センサー32のY軸光センサーセットは発光ダイオード32aから光源を発射し、光グリッドピース2が発する位相YAは光トランジスター32bによって受信され、位相YBは光トランジスター32cで検出される。 Y-axis light sensor set of sensor 32 emits a light from the light emitting diode 32a, a phase YA light grid piece 2 emitted is received by the optical transistor 32b, the phase YB is detected by the optical transistor 32c. 続いてXY軸の移動信号を制御回路91に転送して計算処理を行い、ボタンキー回路92に設置の左スイッチ92a、中スイッチ92b、右スイッチ92 Then perform the calculation processing and transfer the movement signal of the XY axis control circuit 91, the left switch 92a of the installation to the button key circuit 92, middle switch 92b, right switch 92
cが発する信号も制御回路91に転送される。 Signal c is emitted also transferred to the control circuit 91. そして定常電圧回路93は安定した電源回路を提供する。 And the constant voltage circuit 93 provides a stable power supply circuit. 出力回路94が拡大した制御回路91の信号は、トランスミッションラインを経由してコンピューター内に転送される。 Signal of the control circuit 91 to the output circuit 94 has expanded is transferred to the computer via the transmission line.

【0019】図3が示すように、本発明をファームウェアと対応させる場合は、フィンガーコントロールエレメント1をキー、リモートコントロール、ノート型パソコンのタッチパッド或いはマウス等の製品上に設ける。 [0019] As shown in FIG. 3, when made to correspond to the present invention and firmware, the finger control element 1 key, the remote control is provided on the product, such as a touch pad or mouse laptop. 本発明の制御装置の活動範囲は約0.5インチにデザインしてあり、こうした移動範囲の小ささは手を用いての操作に非常に適し、さらに、この移動範囲において絶対座標のメソッドはディスプレイ全体に対応することができ、自動スクロールと快速に境界への移動機能がプログラムされる。 Scope of the control device of the present invention is Yes in design about 0.5 inches, smallness of such movement range is very suitable for the operation of by hand, further, the absolute coordinate method in this movement range the display It may correspond to the entire movement function of the boundary to the scrolling and fast is programmed. さらに、人の手による操作が適当である最小体積のものは、リモートコントロールに設置できる。 Furthermore, those of minimum volume operation by a human hand is suitable, it can be installed in the remote control.
図4に示すように、リモートコントロールの一面上に本発明の最小体積のフィンガーコントロールエレメント1 As shown in FIG. 4, the minimum volume of the finger control element 1 of the present invention on one side of the remote control
を設て親指で操作を行う。 Perform operations with the thumb of the Te set. これは、マルチコンピューターとテレビジョンデータの結合といった、マルチメディア時代の到来に大いに活用されるであろう。 This is, such as the binding of multi-computer and television data, will greatly be utilized to the advent of the multimedia era.

【0020】上記のように、それぞれ異なるグループK [0020] As described above, each different group K
2,K3,…,Kがあるため、1,2,3或いは1, 2, K3, ..., because there is a K, 1,2,3 or 1,
3,5等の選択が可能となるが、やはり、どのグループが最適であるかは、状況によって判断するべきである。 Selection of such 3,5 but it is possible, too, Which group is optimal, should be determined by conditions.
一般的なウィンドウズ環境で作業する場合、最も重要なのは、ウィンドウ下のどの機能キーを選択するかであり、ゆえにこの場合はK2…Knの大きめのグループを選ぶと、移動速度が速くなり、手の移動範囲も小さくて済む。 If you want to work in a typical Windows environment, the most important is in the choice of function keys at the bottom of the window, therefore If you select a larger group in this case is K2 ... Kn, the moving speed is faster, the hand moving range is also small. ペイントソフトを使用する場合は、座標の精確さが要求されるため、K2…Knの小さいグループを選ぶ。 If you want to use paint software, because the precise of the coordinates is required, choose a small group of K2 ... Kn. 本発明に幅広い選択肢を持たせるため、セレクト機能をドライブプログラム内に設け、使用中や使用後に比例定数の設定の修正が行えるようにし、この修正の方式はソフトウェア内に設定するか、或いはキーボードやカーソルコントロール装置のキーによって切り換えて使用する。 Order to provide a wide choice to the present invention, provided the select function in the drive program, so as to perform setting of correction of proportional constant after or use in use, method of this modification is either set in software, or keyboard Ya use by switching by the key of the cursor control device. また、このセレクト機能は、カーソルコントロール装置のIC内に設置し、カーソルコントロール装置のキーによって切り換えることもできる。 Further, the select function is installed in the IC of the cursor control device can also be switched by a key of the cursor control device. しかし、ファインディスプレイスメント(fine displacement)が必要となる場合が多い時は、ICの値を調整しなくてはならない。 However, when the often fine displacement (fine displacement) is required, it must be to adjust the value of the IC. よってこのセレクト機能はソフト、ハードウェア上にデザインし、ソフト或いはハードウェアのキーによって設定の機能を達成する。 Therefore, the select function software, and design on the hardware, to achieve the function of the setting by the software or hardware of the key.

【0021】図13、図14及び図15は本発明の第二実施例である。 [0021] FIGS. 13, 14, and 15 is a second embodiment of the present invention. 上記のセレクト機能はカーソルコントロール装置70(第一実施例と従来のカーソルコントロール装置と同様)に設ける。 The above select function is provided to the cursor control device 70 (similar to the conventional cursor control device first embodiment). ミドルキー71(図13)を二度クリックするか、その他のキーを定義するか、キー73(図14)を別設する、或いはシフトスイッチ74 Midoruki 71 (FIG. 13) or by clicking twice or define other keys, is separately provided key 73 (FIG. 14), or a shift switch 74
(図15)を別設することによりそれぞれ異なる設定に切り換える。 Switch to different settings by separately provided (Figure 15). また、カーソルコントロール装置に表示ランプ72を設置してもよく、こうすればユーザーは現在使用しているのがどのグループの設定値であるかがすぐにわかる。 In addition, it may be set up a display lamp 72 to the cursor control device, if this user is either a set value of any of the groups that are currently in use can be seen immediately. 上記の構造は(表示ランプ等)、マウス、トラックボール、手書きプレート及びタッチパッド等といった従来のカーソルコントロール装置を改良した。 The above structure (display lamp etc.), improved mouse, trackball, a conventional cursor control device such as a handwritten plate and the touch pad or the like.

【0022】図16が示すのは、第二実施例の回路図である。 [0022] FIG 16 show is a circuit diagram of a second embodiment. 図からわかるように、表示ランプ72及び数組の制御回路が増えた他に、それぞれ異なる定数C及びKに対する設定のグループを増やし選択を広げた。 As can be seen, in addition to the increased display lamp 72 and sets of control circuits, spread the selected increase groups of settings for different constants C and K, respectively. これは図12に類似するものである。 This is to similar to Figure 12.

【0023】図17から図24が示すのは、本発明の第三実施例である。 [0023] The Figure 24 shows the FIG. 17 is a third embodiment of the present invention. 図17、図18及び図19が示すように、本発明のワイヤレスコントロールの構造は以下のようである。 17, as shown in FIG. 18 and FIG. 19, the structure of the wireless control of the present invention is as follows. フィンガーコントロールエレメント1は装置上を自由に移動でき、少なくとも二次元の移動に対応できるセンサー部11と転送部12を含む。 Finger control element 1 can freely move on the apparatus, including a sensor unit 11 and the transfer unit 12 to accommodate movement of at least two dimensions. 受信部21はディスプレイを有するハードウェアに設けてデータの受信転送を行なう。 Receiving unit 21 performs a reception transfer data provided in hardware having a display. 尚該ハードウェアは一般的なパソコン、テレビや家電用品である。 Nao該 hardware is a general personal computer, a television and consumer electronics products. また、受信部21は接続シート2に設置し出力端22に挿入してハードウェアに対応させてもよい。 The receiving unit 21 may correspond to the hardware by inserting the output terminal 22 installed in the connecting sheet 2. フィンガーコントロールエレメント1は、ユニットタイム内に移動距離Sを絶対座標によって、受信部21に無線で転送し、これによりa〜cの転送時にたとえb点が外的要素により抜け落ちたとしても、最終段階でc点が読み取られさえすれば、確実にフィンガーコントロールエレメント1の移動増量が把握できる。 Finger control element 1, the absolute coordinate movement distance S in the unit time, be transferred wirelessly to the receiving section 21, thereby even if the point b to the time of transfer of a~c fell out by external elements, the final stage in long as the point c is read, can be reliably grasped movement increased finger control element 1. 故に、図18に示す従来の構造のような間隔飛越しにより、入力をやり直さなくてはならないという事態は発生しない。 Thus, the spacing interlaced as in the conventional structure shown in FIG. 18, a situation that must redo the input does not occur. また、図19のように、入力の度にわざわざ手を上げて移動させる必要もなく、フィンガーコントロールエレメント1は小さい範囲で操作でき、且つ精確な定位が達成される。 Further, as shown in FIG. 19, there is no need to move up purposely hands at every input, the finger control element 1 can be operated in a small range, and accurate localization is achieved.

【0024】図20及び図22が示すように、本発明フィンガーコントロールエレメント1のセンサー部11 [0024] As shown in FIGS. 20 and 22, the sensor unit 11 of the present invention the finger control elements 1
は、一般のマウスに二組の回転データ担体111、11 The rotation of two sets for general mouse data carrier 111,11
3及び二つのセンサー112、114、プッシュボール115、ユニットタイムのタイマー116を組合わせた構成であり、その絶対座標は、データ担体111,11 3 and two sensors 112, 114, push the ball 115 has a configuration in which a combination of timer 116 of the unit time, the absolute coordinate system, the data carrier 111,11
3の回転の固定数がX、Y軸の作動量を決定することで実行される。 Fixed number of rotation of the 3 X, is performed by determining the operation of the Y-axis. 移動時、ユニット時間内においてセンサー112、114によりタイマー116がデータ0,1を読み取り、どのスピードセクションに位置するか判断する。 During the movement, the timer 116 reads the data 0, 1 by the sensor 112, 114 in the unit time, it is determined whether located which speed section. これにより、前記のパターン化された一致モードにより、絶対座標の一致が得られる。 Thus, by the patterned match mode, coincidence of the absolute coordinate is obtained. 転送部12が転送したデータを受信部21が受信し、さらに接続シート2がデータをコンピューターに入力すると、異なるスピードセクションにおける手の変位増量C1、C2…Cnは、 Transfer unit 12 is received by the receiving unit 21 the data transferred, further connecting sheet 2 enters data into the computer, the displacement increase of the hand in different speeds sections C1, C2 ... Cn is
異なる格子の比例K1、K2…Knに相当するディスプレイ上の移動ポイント数の増加に対応するようにする。 Of different lattice proportional K1, K2 ... so as to correspond to the increase of the moving points on the display corresponding to Kn.
よって、フィンガーコントロールエレメント1はこのような小さな範囲においてディスプレイの全てのポイントに対応でき、絶対座標入力の実用性が達成された。 Therefore, the finger control element 1 can correspond to all points of the display in such a small range, the practicality of the absolute coordinate input is achieved.

【0025】図21及び図22が示すように、本発明の別実施例では、フィンガーコントロールエレメント1のセンサー部1をは二組の垂直に交差して移動するデータ担体117、119とすることもでき、この場合、両センサー112、114、交差部分の移動制限体118及びタイマー116から構成される。 [0025] As FIGS. 21 and 22 show, in another embodiment of the present invention, the sensor unit 1 of the finger control element 1 is also a data carrier 117, 119 to be moved to cross two sets of vertically can, in this case, consists of both sensors 112 and 114, the movement of the intersection restrictor 118 and a timer 116. データ担体117、 Data carrier 117,
119に設置のデータ0,1の固定数はX、Y軸の変位となり、この時もまた、前記のパターン化された一致モードによりフィンガーコントロールエレメント1は極めて小さい範囲内において、絶対座標のディスプレイにおける全てのポイントに対応することができる。 Fixed number of data 0 and 1 of the installation 119 is X, be displaced in the Y-axis, this time also, the finger control element 1 by the patterned match mode is within a very small range, the display of the absolute coordinate it is possible to cope with all the points. 図23が示すように、本発明実施時にワイヤレスインタバル転送を利用することができ、前記の2例において、異なるスピードセクションにおける手の変位増量C1,C2…C As shown in FIG. 23, it is possible to use the wireless interval transferred when the invention embodiment, in two examples of the displacement increment in the hand in different speeds sections C1, C2 ... C
n及びに対するディスプレイの移動ポイントの増加に対応する異なる格子比例K1,K2…Knは、フィンガーコントロールエレメント1から削除され、直接受信部2 Different lattice proportional K1 corresponds to an increase of the moving point of the display n and for, K2 ... Kn is removed from the finger control elements 1, directly receiving section 2
1がデータをマザーボードに転送し、続いて移動距離/ 1 forwards data to the motherboard, followed by the moving distance /
ユニットタイム=速度により相応するデータを決定して転送する。 Determine the data corresponding the unit time = speed transfers. また、図24のように、増量と速度の処理がフィンガーコントロールエレメント1或いは受信部21 Further, as shown in FIG. 24, the process of increasing the speed finger control element 1 or the receiving unit 21
あるか、さらには直接ハードウェアのシステム内に設置されていようと、いずれも決定後期に絶対-相対部3によって、絶対減算で絶対は相対に等しいという方式で最終変位と等価の相対座標を求める。 Or some, no matter further it is installed directly in hardware of the system, both absolutely determined late - by the relative unit 3 obtains the final displacement equivalent to the relative coordinate in a manner absolutely equal to the relative absolute subtraction . このような本発明の絶対座標型ワイヤレスマウスは、他のドライブプログラムの設置を必要とせず、直接ハードウェアのマザーボードに内設されているごく一般的な相対座標システムにインストールでき、新たなインストールドライブプログラムの開発及び付随のディスクにかかる費用を省き、コストダウンを実現する。 Absolute coordinate wireless mouse of the present invention as described above, does not require the installation of other drive programs can be installed on most common relative coordinate system that is internally provided directly to the hardware of the motherboard, a new installation drive eliminating the cost of development and associated disc program, realizing cost reduction.

【0026】図24は、より具体的に本発明の有効的な組合わせを示しており、その長所は以下に述べるようである。 [0026] Figure 24, more specifically shows the effective combinations of the present invention, its advantages are as follows. (1) フィンガーコントロールエレメント1は小面積内における手の移動及び一致を容易にし、手を疲労させない。 (1) finger control element 1 is to facilitate the movement of the hand and matched within a small area and does not fatigue the hand. (2) 絶対座標タイプは、データ転送中に飛越しをすることがなく、正確なデータの変位が得られる。 (2) the absolute coordinate type, without the interlaced during data transfer, the displacement of the accurate data can be obtained. (3) 絶対-相対部3は、本発明に他のドライブプログラムを加えずに、一般に用いられている相対座標システムに容易にインストールできる。 (3) Absolute - relative unit 3, without adding another drive programs present invention can be easily installed on the relative coordinate system which is generally used. ここで重要なのは、本発明が掲げるカーソルコントロール装置は必ずしも上記の三種であるとは限らず、本カーソルコントロール装置はマウス、トラックボール、手書きプレート及びタッチパッドにも応用できる。 What is important here is cursor control device to which the present invention is set forth is not necessarily a above three types, the cursor control device is applicable as a mouse, trackball, even handwriting plate and the touch pad. このカーソルコントロール装置を一般的なマウスとする場合、該マウスの各光グリットピースにそれぞれ少なくとも二つ以上のレジスターを対応させて設置する必要がある。 If you want this cursor control device and a general mouse, it is necessary to provide each made to correspond to at least two registers in each light grit pieces of the mouse. 識別コードは、カーソルコントロール装置或いはドライブプログラムによってカーソルの定位を制御するのに用いられる。 Identification code is used to control the orientation of the cursor by the cursor control device and a drive program.

【0027】上は本発明の最適な実施例について述べたものである。 [0027] On are those described for the optimal embodiment of the present invention. 本発明のデータ担体は読取り装置のセンサー部と共同で作動する。 Data carrier of the present invention operates in conjunction with the sensor portion of the reading device. 該インフォメーションシグナル“0”及び“1”は、光グリッドピースの透過または不透過の部分によって生じる。 The Information Signal "0" and "1" is caused by transmission or non-transmission portion of the light grid piece. しかし、同様の構造及び目的において、データ担体は下のようなそれぞれ異なるタイプを有する。 However, the similar structure and purpose, the data carrier having different types as shown below. 例えば、インフォメーションは磁気ディスク或いは磁気テープとすることができ、磁気ディスクの外周或いは磁気テープが有するS極とN極において、 For example, information may be a magnetic disk or a magnetic tape, an outer peripheral or S and N poles of the magnetic tape has the magnetic disk,
ホールコンポーネント(Hall Components)或いは磁気抵抗センサーが読取り装置の役割をし、同様に“0”と“1”のインフォメーション信号が定義される。 The role of hole components (Hall Components) or a magnetoresistive sensor reader, information signals likewise "0" and "1" is defined. データ担体はタッチパッドにすることもでき、異なる周波の電気抵抗階層を円形のスペーサに設置し、電気接続を読取り装置とし、高低の異なる電圧がその移動時に発生するため、“0”と“1”のインフォメーション信号が定義される。 Because the data carrier can also be a touch pad, a different frequency of the electrical resistance hierarchy established in a circular spacer, an electrical connection to a reading device, different voltages height occurs during the movement, "0" and "1 Information signal of "is defined. データ担体がCD−ROMの場合は、異なる周波を有するデジタル信号が円形のスペーサに記録され、 If the data carrier is a CD-ROM, digital signals having different frequencies are recorded in a circular spacer,
これにより移動開始は読取り装置の読み取りにより探知され、“0”と“1”のインフォメーション信号が定義される。 Thus starting movement is detected by the reading of the reading device, the information signal of "0" and "1" is defined. データ担体が光学反射鏡であれば、異なる反射係数のインフォメーションを円形のスペースに設置し、 If the data carrier is an optical reflector, it sets up information of the different reflection coefficients in a circular space,
光センサーを読取り装置とし、移動時に反射光を発することにより、“0”と“1”のインフォメーション信号が定義される。 The optical sensor as a reading device, by emitting the reflected light at the time of moving, information signal of "0" and "1" is defined.

【0028】 [0028]

【発明の効果】上記からわかるように、本発明の技術は、手の移動歯にを0.5インチ以内に縮小することができ、こうした状況の下、絶対座標メソッドはディスプレイ全体に対応し、同時に快速移動と同じように自動スクロールが境界に至るという機能がプログラムされ得る。 As can be seen from the above, according to the present invention, the technique of the present invention, a hand movement teeth can be reduced within 0.5 inch, under such circumstances, the absolute coordinate method corresponds to the entire display, autoscrolling as with fast movement may be programmed a feature called reaches the boundary simultaneously. さらに、本発明の装置は小型であり、その上防水と防塵のために密閉がなされ、使用が非常にスムーズになり、且つ各種状況において使用可能である。 Further, the apparatus of the present invention is compact and, moreover sealed to the waterproof and dustproof is made, use is very smoothly and can be used in and various situations. 以上は本発明において適当と思われる実施例を説明したものであり、本発明の範囲を限定するものではない。 Above are those described embodiments deemed appropriate in the present invention and are not intended to limit the scope of the present invention. 本発明は様々な修飾や変更を加えることができるが、もちろん本発明の発明精神はなお存在し続ける。 The present invention can be added various modifications and changes, of course the invention spirit of the present invention still continue to exist.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】従来の絶対座標構造の平面図である。 1 is a plan view of a conventional absolute coordinate structure.

【図2】ファインディスプレイスメント(Fine displa FIG. 2 is a fine displacement (Fine displa
cement)の説明図である。 It is an explanatory diagram of the cement).

【図3】本発明がリモートコントロールと結合した場合の立体説明図である。 [3] The present invention is a three-dimensional illustration when combined with a remote control.

【図4】本発明がリモートコントロールと結合した場合の実施説明図である。 [4] The present invention is implemented illustration when combined with a remote control.

【図5】本発明のカーソルコントロールの方法のフローチャートである。 5 is a flowchart of a method of cursor control of the present invention.

【図6】本発明のカーソルコントロールの方法のフローチャートである。 6 is a flowchart of a method of cursor control of the present invention.

【図7】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の立体分解図である。 7 is an exploded view of the cursor control device a first embodiment of the present invention.

【図8】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の平面組立図である。 8 is a plan assembly view of the cursor control device a first embodiment of the present invention.

【図9】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の作動説明図である。 9 is a cursor control device operation explanatory view of a first embodiment of the present invention.

【図10】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の断面図である。 10 is a cross-sectional view of the cursor control device a first embodiment of the present invention.

【図11】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の別の類似する構造の断面図である。 11 is a cross-sectional view of another similar structure of cursor control device a first embodiment of the present invention.

【図12】本発明のカーソルコントロール装置第一実施例の回路図である。 12 is a circuit diagram of a cursor control device a first embodiment of the present invention.

【図13】本発明のカーソルコントロール装置第二実施例の構造説明図である。 13 is a schematic diagram of the structure of the cursor control device a second embodiment of the present invention.

【図14】本発明のカーソルコントロール装置第二実施例の構造説明図である。 14 is a schematic diagram of the structure of the cursor control device a second embodiment of the present invention.

【図15】本発明のカーソルコントロール装置第二実施例の構造説明図である。 FIG. 15 is a schematic diagram of the structure of the cursor control device a second embodiment of the present invention.

【図16】本発明のカーソルコントロール装置第二実施例の回路図である。 16 is a circuit diagram of a cursor control device a second embodiment of the present invention.

【図17】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例の平面説明図である。 17 is a plan view of a cursor control device a third embodiment of the present invention.

【図18】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例の操作説明図である。 18 is a cursor control device operation explanatory view of a third embodiment of the present invention.

【図19】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例の操作説明図である。 19 is a cursor control device operation explanatory view of a third embodiment of the present invention.

【図20】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例の構造図である。 FIG. 20 is a structural diagram of a cursor control device a third embodiment of the present invention.

【図21】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例の類似する構造の説明図である。 21 is an explanatory view, similar to the structure of the cursor control device a third embodiment of the present invention.

【図22】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例のスピードレベルをフィンガーコントロールエレメントに設置した場合の応用例説明図である。 The cursor control device speed level of the third embodiment of FIG. 22 the present invention is an application example illustrating a case installed in the finger control elements.

【図23】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例のスピードレベルがコンピュータにより判断される場合の応用例説明図である。 [Figure 23] cursor control device speed level of the third embodiment of the present invention is an application example illustrating the case where it is determined by the computer.

【図24】本発明のカーソルコントロール装置第三実施例に絶対-相対部を増設した場合の応用例説明図である。 [Figure 24] cursor control device absolutely third embodiment of the present invention - an application example illustrating a case you have increased relative portion.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

第一実施例; データ担体 12、22 歯車 11、21 中心軸 31、32 センサー 31a 光ダイオード 32a 光ダイオード 31b 光トランジスタ 32b 光トランジスタ 41、51 ラック 42、52 階層 6 フィンガーコントロール部 61 スペース 62、63 穿孔 641、642 クランププレート 91 制御回路 92 ボタンキー回路 92a 左スイッチ 92b 中スイッチ 92c 右スイッチ 93 定常電圧回路 94 出力回路 第二実施例; 70 カーソルコントロール装置 71 ミドルキー 72 表示ランプ 73 キー 74 シフトスイッチ 第三実施例; 1 フィンガーコントロールエレメント 11 センサー部 12 転送部 2 接続シート 21 受信部 22 出力端 S 移動距離 111、113 データ担体 112、114 センサー 1 First embodiment; data carriers 12 and 22 gears 11 and 21 around shafts 31 and 32 sensors 31a photodiodes 32a light diode 31b phototransistor 32b phototransistors 41, 51 racks 42 and 52 hierarchical sixfinger control unit 61 spaces 62 and 63 perforations 641, 642 clamping plate 91 the control circuit 92 button key circuit 92a second embodiment switch 92c right switch 93 constant voltage circuit 94 output circuits in the left switch 92b; 70 cursor control device 71 Midoruki 72 indicator lamp 73 key 74 shift switch third embodiment example: 1 finger control element 11 sensor unit 12 transfer portion 2 connecting sheet 21 receiver 22 output S travel distance 111, 113 data carrier 112, 114 sensor 1 5 プッシュボール 116 タイマー 117、119 データ担体 118 移動制限体 3 絶対-相対部 Vx X軸における手の速度 Vy Y軸における手の速度 Vz Z軸における手の速度 v(i) スピードレベル Vi スピードレベルv(i-1)とv(i)間のスピードセクション C1 最低スピードセクションV1における手の移動量を記録するレジスター C2 第二スピードセクションV2における手の移動量を記録するレジスター Ci 第iスピードセクションViにおける手の移動量を記録するレジスター Cn 最高スピードセクションVnにおける手の移動量を記録するレジスター C1max レジスターC1の最大値 C2max レジスターC2の最大値 Cimax レジスターCiの最大値 Cnmax レジスターCnの最大値 C1ini レジスタ 5 push ball 116 timer 117, 119 data carriers 118 moving restrictor 3 absolute - relative portion Vx speed of the hand in the X axis Vy Y of the hand in the speed Vz Z-axis of the hand in the shaft speed v (i) speed level Vi Speed ​​Level v in (i-1) and v (i) speed section C1 minimum speed section register C2 to record the amount of movement of the hand in V1 register Ci i-th speed section Vi for recording the amount of movement of the hand in the second speed section V2 between maximum C1ini register maximum Cnmax register Cn maximum value Cimax register Ci of maximum C2max register C2 registers C1max register C1 which records the amount of movement of the hand in the register Cn maximum speed sections Vn for recording the amount of movement of the hand C1の初期値 C2ini レジスターC2の初期値 Ciini レジスターCiの初期値 Cnini レジスターCnの初期値 Ki スピードセクションViに対する比例定数 公式1 C1max+C2max=C 公式2 (K1*C1max)+((K2*C2max)=ディスプレイの解像度 公式3 (K1*C1)+((K2*C2)=ディスプレイ値 公式4 C1max+C2max=C 公式5 (K1*C1max)+((K2*C2max)+…+ Proportionality constant formula 1 C1max + C2max = C official 2 to the initial value Ki speed section Vi initial value Cnini register Cn initial value Ciini register Ci initial value C2ini register C2 of C1 (K1 * C1max) + ((K2 * C2max) = resolution official third display (K1 * C1) + ((K2 * C2) = display value formula 4 C1max + C2max = C official 5 (K1 * C1max) + ((K2 * C2max) + ... +
(Kn*Cnmax)=ディスプレイの解像度 公式6 (K1*C1)+((K2*C2)+…+(Kn (Kn * Cnmax) = display resolution official 6 (K1 * C1) + ((K2 * C2) + ... + (Kn
*Cn)=ディスプレイ値 * Cn) = display value

Claims (38)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】(a)手の移動を探知してデジタルデータを発生する制御装置を提供し、(b)各スピードセクションの比例定数K1,K2,…,Kn、各スピードセクションのレジスターC1,C2,…,Cnの最大値及び参考定数kに対応してスピードレベルv(1),v 1. A (a) to detect the movement of the hand provides a control device for generating digital data, (b) proportional constant K1, K2 of the speed section, ..., Kn, register C1 of the speed section, C2, ..., speed level v (1) corresponds to the maximum value and the reference constant k of Cn, v
    (2)…,v(n−1)を設定し、(c)カーソルコントロール装置から転送されたデータを受信し、(d)各軸に対し、データの速度及び該速度がどのスピードセクションに位置するかを決定し、(e)データの速度がv (2) ..., set the v (n-1), (c) receiving the data transferred from the cursor control device, (d) for each axis, position on which the speed section speed and the speed of the data or to determine, (e) the speed of the data is v
    (k−1)未満の時、データの数値を、対応する上記のスピードセクションのレジスターに加わえ、(f)データの速度がv(k−1)を超過する時、レジスターC When (k-1) of less than, when the numerical data corresponding Kuwawae to register the speed section above, exceeds (f) speed data v (k-1), a register C
    1,C2…,Ck−1の内少なくとも一つのレジスターは中間値に近い値をとり、(g)各比例定数と各レジスターの数値の積の和からディスプレイにおけるカーソルの位置を求め、さらに数値K1*C1+K2*C2+… 1, C2 ..., at least one register of Ck-1 takes a value close to an intermediate value, determine the position of the cursor on the display from the sum of (g) the product of the numerical value of each proportionality constant and each register further numerical K1 * C1 + K2 * C2 + ...
    +Kn*Cnによりカーソルを制御し、 これらのステップを含むことを特徴とする、カーソルコントロールの方法。 + Controls the cursor by Kn * Cn, characterized in that it comprises these steps, the method of cursor control.
  2. 【請求項2】前記ステップ(e)は、その最終値が少なくともレジスターの最大値と等しくなるまでデータ値をレジスターに加え、続いて残りの数値をその他のレジスターに加える、という手続きを含み、レジスターに加える順序は任意でることを特徴とする、請求項1に記載のカーソルコントロールの方法。 Wherein said step (e) comprises the final value added to the register data values ​​to be equal to the maximum value of at least register, followed by addition of the remaining number in the other registers, called procedures, the register the order is characterized by an optionally is added to the method of cursor control according to claim 1.
  3. 【請求項3】前記中間値は任意の指定値でよく、該指定値はステップ(b)において設定できることを特徴とする、請求項1或いは請求項2に記載のカーソルコントロールの方法。 Wherein said intermediate value can be any specified value, the finger value is characterized by that can be set in step (b), a method of cursor control according to claim 1 or claim 2.
  4. 【請求項4】ステップ(f)は、レジスターC1をその指定値に近付けた後、その他のレジスターもその指定値に近付けるという手続きを含んでもよく、レジスターの順序は任意であることを特徴とする、請求項3に記載のカーソルコントロールの方法。 Wherein step (f), after close the register C1 to the designated value, also other registers may include a procedure that closer to the designated value, and wherein the order of the registers is arbitrary the method of cursor control according to claim 3.
  5. 【請求項5】ステップ(f)は、レジスターの内の一つをその指定値に近付け、さらにその他のレジスターもその指定値に近付けるという手続きを含んでもよく、レジスターの順序は任意であることを特徴とする、請求項3 Wherein step (f) is close to one of the registers to the designated value may further include a procedure that close to be the designated value other registers, the order of the registers is arbitrary wherein, claim 3
    に記載のカーソルコントロールの方法。 The method of cursor control described.
  6. 【請求項6】ステップ(f)は、全てのレジスターC 6. Step (f), all the registers C
    1,C2,…,Ck−1をその指定値に近付けるという手続きを含んでもよいことを特徴とする、請求項3に記載のカーソルコントロールの方法。 1, C2, ..., characterized in that may include procedures that bring the Ck-1 to the designated value, the method of cursor control according to claim 3.
  7. 【請求項7】ステップ(f)は、Nを各レジスターに加え、レジスターCk,Ck+1,…,CnからNを引くことにより指定値に近付けさせるという手続きを含んでもよく、Nは整数であることを特徴とする、請求項4、 7. Step (f) is added to N in each register, register Ck, Ck + 1, ..., it may include a procedure that causes close to the specified value by subtracting the N from Cn, N is an integer characterized in claim 4,
    請求項5或いは請求項6に記載のカーソルコントロールの方法。 The method of cursor control according to claim 5 or claim 6.
  8. 【請求項8】手の変位を探知することでデジタルデータを発する装置であり、 設定装置はスピードレベルv(1),v(2),…,v 8. A device for emitting digital data by detecting the displacement of the hand, setting device speed level v (1), v (2), ..., v
    (n−1)を設定し、各スピードセクション間の比例定数K1,K2,…,Knに対応する装置であり、各スピードセクション間のレジスターC1,C2,…,Cnの最大値及び参考定数に対応し、 読取り装置は、カーソルコントロール装置から転送されたデータを受信し、速度決定装置は、データの速度を決定し、該速度がどのスピードセクションにあるかを判断し、 計算装置は、データの速度がv(k−1)以下の時、データの数値を対応するスピードセクションのレジスターに加え、 アプローチ装置は、データの速度がv(k−1)以上の時、レジスター C1,C2,…,Ck−1のうち少なくとも一つのレジスターを中間値に近付けさせ、 出力装置は、ディスプレイにおけるカーソル位置の数値によりカーソルを制御し、該数値 (N-1) set the proportional constant K1, K2 between the speed section, ..., a device corresponding to Kn, register C1, C2 between the speed section, ..., a maximum value and reference constants Cn correspondingly, the reader receives the data transferred from the cursor control device, the speed determination device determines the speed of the data, to determine the speed are in which speed section, computing device, the data when the speed is v (k-1) below, plus the value of the data in the register of the corresponding speed section, approaches apparatus, when the speed data v of (k-1) or more, registers C1, C2, ..., let close at least one register of the ck-1 to an intermediate value, the output device controls the cursor by numerical values ​​of the cursor position in the display, said numerical value 各比例定数と各レジスターの数値の積の和、即ち、K1*C1+K2*C2 The sum of the product of value of each proportionality constant and the registers, i.e., K1 * C1 + K2 * C2
    +…Kn*Cnであることを特徴とする、カーソルコントロールの装置。 + ... characterized in that it is a Kn * Cn, the cursor control device.
  9. 【請求項9】前記設定装置、読取り装置、速度決定装置、計算装置、アプローチ装置及び出力装置の内、少なくとも一つの装置がその回路によって実行されることを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 Wherein said setting device, reading device, the speed determining device, computing device, among the approaches and output devices, characterized in that at least one device is performed by the circuit, according to claim 8 the apparatus of the cursor control.
  10. 【請求項10】デジタルデータの発生と転送のみを行い、設定装置、読取り装置、速度決定装置、計算装置、 10. performs only transfer the generation of digital data, setting device, reading device, the speed determining device, computing device,
    アプローチ装置及び出力装置の内、少なくとも一つの装置がドライブプログラム或いはシステムプログラムによって実行されることを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 Among approaches and output devices, characterized in that at least one device is performed by the drive program or system program, device cursor control according to claim 8.
  11. 【請求項11】マウス、トラックボール、手書きプレート及びタッチパッドとしてもよいことを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 11. a mouse, trackball, and wherein also be a handwritten plate and the touch pad, device cursor control according to claim 8.
  12. 【請求項12】手の移動速度を探知してデジタルデータを発生し、これを転送することを特徴とする、請求項8 12. to detect the moving speed of the hand to generate digital data, and wherein the transfer of this, claim 8
    に記載のカーソルコントロールの装置。 The apparatus of the cursor control described.
  13. 【請求項13】最後のカーソル座標数値から一つ前のカーソル座標数値を引いて出した相対座標数値により、一般のコンピューターに適用出来ることを特徴とする、請求項8或いは請求項9に記載のカーソルコントロールの装置。 By 13. Relative coordinates numbers issued by subtracting the previous cursor coordinate numbers from the end of the cursor coordinates numeric, wherein the application to be the general computer of claim 8 or claim 9 the apparatus of the cursor control.
  14. 【請求項14】各光グリッドピースに、これに対応するレジスターを設置するマウスとしてもよいことを特徴とする、請求項8、請求項9或いは請求項10に記載のカーソルコントロールの装置。 To 14. Each light grid piece, characterized in that may be a mouse to place the registers corresponding thereto, apparatus cursor control according to claim 8, claim 9 or claim 10.
  15. 【請求項15】識別コードが識別を行い、カーソルの位置を制御することを特徴とする、請求項8或いは請求項9に記載のカーソルコントロールの装置。 15. identification code performs identification, and controls the position of the cursor, device cursor control according to claim 8 or claim 9.
  16. 【請求項16】識別コードが識別を行いドライブプログラムでカーソルの位置を制御することを特徴とする、請求項8或いは請求項10に記載のカーソルコントロールの装置。 16. identification code and controls the position of the cursor on the drive program performs the identification apparatus of cursor control according to claim 8 or claim 10.
  17. 【請求項17】少なくとも一つの加速比例定位数を設定でき、ディスプレイにおけるカーソルの移動増量はカーソルコントロール装置の加速度に基づくことを特徴とする、請求項8或いは請求項9に記載のカーソルコントロールの装置。 17. can set at least one acceleration proportional localization number, mobile bulking cursor in the display is characterized in that based on the acceleration of the cursor control device, apparatus cursor control according to claim 8 or claim 9 .
  18. 【請求項18】前記ドライブプログラムは少なくとも一つの加速比例定位数を設定でき、ディスプレイにおけるカーソルの移動増量がカーソルコントロール装置の加速度に基づくことを特徴とする、請求項8或いは請求項1 18. The drive program can be set at least one acceleration proportional localization number, characterized in that the movement increment of the cursor in the display is based on the acceleration of the cursor control device, according to claim 8 or claim 1
    0に記載のカーソルコントロールの装置。 0 apparatus of cursor control described.
  19. 【請求項19】手の速度を探知した後、デジタルデータが発生されて定時に転送されるワイヤレス装置を含んでいてもよく、該ワイヤレス装置は転送時のデジタルデータ飛越しを防止することを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 After detecting the 19. The speed of the hand, may include a wireless device that digital data is transferred are generated on time, characterized in that the wireless device to prevent the digital data interlace when transfer to apparatus of cursor control according to claim 8.
  20. 【請求項20】フィンガーコントロールエレメントは、 20. A finger control element,
    自由移動を行ない、各軸移動に対応するセンサー部と転送部、受信部を設け、ディスプレイを有するハードウェアに接続し、転送部から転送されたデータを受信部が受信し、フィンガーコントロールエレメントはユニットタイム内に移動距離を絶対座標によりワイヤレスで受信部に転送することを特徴とする、請求項19に記載のカーソルコントロールの装置。 Performs free movement, the transfer unit and the sensor unit corresponding to the movement axes, the receiving unit is provided, connected to the hardware comprising a display, it receives the reception section data transferred from the transfer unit, the finger control element unit characterized in that it transferred to the receiving unit moving distance by the absolute coordinates wirelessly within a time unit of cursor control according to claim 19.
  21. 【請求項21】前記センサー部は、回転可能な二組のデータ担体からなる一般のマウス、二つのセンサー、プッシュボール及びタイマーを組合わせた構成で、データ担体回転の固定数がこれに対応する各軸の距離となり、タイマーがユニットタイム内に0,1のデータを読み取り、フィンガーコントロールエレメントの速度が決定され、異なるスピードセクションは、ディスプレイ上のカーソル移動の増量にそれぞれ対応することを特徴とする、請求項20に記載のカーソルコントロールの装置。 21. The sensor unit is generally of mice consisting rotatable two sets of data carrier, two sensors, a configuration that combines push ball and a timer, a fixed number of data carriers rotation corresponding thereto becomes the distance of each axis, the timer reads the data of 0 and 1 in the unit time, is determined the speed of the finger control element, different speeds sections, characterized in that it correspond to the increase of the cursor movement on the display the apparatus of cursor control according to claim 20.
  22. 【請求項22】前記センサー部は二組の垂直に交差して移動するデータ担体、二つのセンサー、交差部分に設ける移動制限体及びタイマーからなり、データ担体に設置の固定数のデータ0,1は各軸の軸距離となり、タイマーがユニットタイム内に0,1のデータを読み取ってフィンガーコントロールエレメントの速度が決定され、異なるスピードセクションはディスプレイ上のカーソル移動の増量にそれぞれ対応することを特徴とする、請求項20に記載のカーソルコントロールの装置。 22. A data carrier which moves the sensor unit intersects two sets of vertically, two sensors consist movement restriction member and a timer provided in the intersection, data fixed number of installation on a data carrier 0,1 and characterized in that comprises the axis distance of each axis, the timer is determined the speed of finger control element reads the data of 0 and 1 in the unit time, different speeds sections correspond to the increase of the cursor movement on the display to apparatus cursor control according to claim 20.
  23. 【請求項23】スピードセクション間及びこれに対応する増量部分は、フィンガーコントロールエレメントからは発生されず、直接受信部が判断し転送することを特徴とする、請求項21或いは請求項22に記載のカーソルコントロールの装置。 23. Speed ​​section between and extenders portion corresponding thereto is not generated from the finger control elements, characterized in that the direct reception unit determines to transfer, according to claim 21 or claim 22 the apparatus of the cursor control.
  24. 【請求項24】ハードウェアに絶対−相対部を設け、一般に使用されている相対座標システムに対応できることを特徴とする、請求項20に記載のカーソルコントロールの装置。 24. Absolutely hardware - the relative portion is provided, characterized in that it corresponds to the relative coordinate system that is commonly used device of cursor control according to claim 20.
  25. 【請求項25】手の移動を探知してデジタルデータを発生、転送し、手の移動範囲はある一定のセクションに限定され、装置内に異物が入り、カーソルのコントロールに影響するのを防ぐ絶対座標装置とすることもできることを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 25. generating digital data by detecting the movement of the hand, and transfers the movement range of the hand is limited to certain sections of enter foreign objects into the device, absolute to prevent the influence on the control of the cursor characterized in that it is also possible to coordinate system, apparatus cursor control according to claim 8.
  26. 【請求項26】二組のデータ担体はそれぞれその中心軸に歯車を有し、押動されて回転を行い、データ担体は相互に垂設し、各データ担体はそれぞれセンサーに対応して0,1の信号を読み取り、 二本のサイドバーは中心軸に対応する面上にラックを設け、該歯車と噛合し、 フィンガーコントロール部は、中心部分に両データ担体、二つのセンサー及び二本のサードバーを収納するスペースを有し、その周辺に穿孔を設け両サイドバーを貫通させると、フィンガーコントロール部が両サイドバーの移動を垂直に制限し、 サイドバーが対応し合って移動を行うとデータ担体は一定の回転数を生じ、これにより座標は対応する数値を入力し、 こうした構造設計により、少ない移動範囲でディスプレイ全体におけるカーソルの制御が行え、人の思 26. has a gear on its central axis two sets of data carrier, respectively, performs the rotation is pushed, the data carrier is vertically mutually 0 in correspondence to each of the data carrier sensor, reads the first signal, two sidebars rack provided on a surface corresponding to the central axis, and the gear meshing, finger control unit, both the data carrier to the central portion, two sensors and two of Sadoba has a space for accommodating the and passing the sides bar provided with perforations on its periphery, finger control unit limits the movement of the two side bars vertically, the data carrier is performed to move the side bar suddenly finds correspondence results in a constant rotational speed, thereby the coordinate inputs the numeric value corresponding, by such structural design, with a small movement range can be controlled cursor across the display, the human think 考方向と握力方向に符号することを特徴とする、請求項25に記載のカーソルコントロールの装置。 Characterized in that it codes considered direction and grip strength direction, device cursor control according to claim 25.
  27. 【請求項27】前記両データ担体の中心軸及び両サイドバーは異なる高さ位置することを特徴とする、請求項2 27. the central axis and both sidebar both data carrier is characterized in that the position different heights, according to claim 2
    6に記載のカーソルコントロールの装置。 The apparatus of the cursor control as described in 6.
  28. 【請求項28】前記両データ担体の中心軸はそれぞれ同等の高さに位置し、両サイドバーはそれぞれ上下から中心軸に隣接することを特徴とする、請求項26に記載のカーソルコントロールの装置。 28. Located above each central axis equal height of the two data carriers, both sidebars, characterized in that adjacent to the central axis from the top and bottom, respectively, apparatus for cursor control of claim 26 .
  29. 【請求項29】前記両サイドバーはプレート状を呈し、 29. presents the two side bars plate shape,
    その断面の階層がサイドバーをデータ担体の中心軸表面に貼着させることを特徴とする、請求項26に記載のカーソルコントロールの装置。 Its cross-section of the hierarchy is characterized by causing stuck Sidebar central axis surface of the data carrier device of cursor control according to claim 26.
  30. 【請求項30】比例定数及び全てのレジスターの最大値はドライブプログラムにより設定されることを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 30. A proportionality constant and the maximum value of all the registers, characterized in that it is set by the drive program, device cursor control according to claim 8.
  31. 【請求項31】比例定数及び全てのレジスターの最大値がその回路により設定されてもよいことを特徴とする、 Maximum of 31. proportionality constant and all registers is characterized in that it may be set by the circuit,
    請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 The apparatus of cursor control according to claim 8.
  32. 【請求項32】前記設定は、カーソルコントロール装置のキーにより実行されることを特徴とする、請求項31 32. The configuration is characterized in that it is executed by a key of the cursor control device, according to claim 31
    に記載のカーソルコントロールの装置。 The apparatus of the cursor control described.
  33. 【請求項33】前記設定が、カーソルコントロール装置に設置のシフトスイッチにより実行されてもよいことを特徴とする、請求項31に記載のカーソルコントロールの装置。 33. The setting, characterized in that may be performed by the shift switch installed in the cursor control device, apparatus cursor control according to claim 31.
  34. 【請求項34】カーソルコントロール装置に数個の表示ランプを設置し、現在の設定状況を表示することを特徴とする、請求項31に記載のカーソルコントロールの装置。 34. established several indicator lamps on the cursor control device, and displaying the current setting status, device cursor control according to claim 31.
  35. 【請求項35】(a)手の変位を探知してデジタルデータを発するカーソルコントロールの装置を提供し(b) 35. (a) by detecting the displacement of the hand provides a device cursor control that emits digital data (b)
    スピードレベルv(1),v(2),…,v(n− Speed ​​Level v (1), v (2), ..., v (n-
    1)、それぞれ対応する各スピードセクションの比例定数K1,K2,…,Kn、各スピードセクションの変数C1,C2,…Cnの最大値及び参考定数kを設定し、 1), the proportional constant K1, K2 of the speed sections corresponding respectively, ..., set Kn, variable C1, C2 of the speed section, the maximum value and the reference constant k ... Cn,
    (c)カーソルコントロール装置が転送するデータを受信し、(d)各軸がデータの速度及び該速度がどのスピードセクションに位置するかを決定し、(e)データの速度がv(k−1)未満の時、データの数値を対応するスピードセクションの変数に加え、(f)データの速度がv(k−1)を超過する時は、変数C1,C2,…, (C) cursor control device receives the data to be transferred, (d) each axis to determine which positions in which the speed section speed and the speed of the data, (e) the rate of data v (k-1 ) when less than, added value of the data to the corresponding variable in the speed section, when in excess of (f) speed data v (k-1), the variable C1, C2, ...,
    Ck−1の内の少なくとも一つ変数を中間値に近付け、 Close at least one variable of the ck-1 to an intermediate value,
    (g)各比例定数と各変数の数値の積の和からディスプレイにおけるカーソルの位置が表示され、K1*C1+ (G) the position of the cursor is displayed on the display from the sum of the product of value of each proportionality constant and the variable, K1 * C1 +
    K2*C2+…+Kn*Cnの数値によりカーソルをコントロールすることを特徴とする、カーソルコントロールの方法。 K2 * C2 + ... + Kn *, characterized in that to control the cursor by Cn value of the method of cursor control.
  36. 【請求項36】ステップ(a)の比例定数を加速度比例定数に換えてもよく、この場合カーソルのディスプレイにおける移動増量はカーソルコントロール装置の加速度に基づくことを特徴とする、請求項1或いは請求項35 36. may be changing the proportionality constant in step (a) in acceleration proportional constant, moving increase in display in this case the cursor is characterized in that based on the acceleration of the cursor control device, according to claim 1 or claim 35
    に記載のカーソルコントロールの方法。 The method of cursor control described.
  37. 【請求項37】カーソルコントロール装置上に、自動スクロールや快速な境界への到達の実行等といった特殊機能をプログラムすることができることを特徴とする、請求項1に記載のカーソルコントロールの方法。 To 37. The cursor control device on, characterized in that it is possible to program the special function such as performing reaching the automatic scrolling and fast boundaries, the method of cursor control according to claim 1.
  38. 【請求項38】自動スクロールや快速な境界への到達の実行等といった特殊機能をプログラムしてもよいことを特徴とする、請求項8に記載のカーソルコントロールの装置。 38., characterized in that may be programmed special functions such as performing reaching the automatic scrolling and fast boundaries, apparatus cursor control according to claim 8.
JP11215137A 1999-07-29 1999-07-29 Method and device for cursor control Pending JP2001051801A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11215137A JP2001051801A (en) 1999-07-29 1999-07-29 Method and device for cursor control

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11215137A JP2001051801A (en) 1999-07-29 1999-07-29 Method and device for cursor control

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001051801A true JP2001051801A (en) 2001-02-23

Family

ID=16667323

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11215137A Pending JP2001051801A (en) 1999-07-29 1999-07-29 Method and device for cursor control

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001051801A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005182497A (en) * 2003-12-19 2005-07-07 Fujitsu Component Ltd Switch and switching method for it
JP2006011558A (en) * 2004-06-22 2006-01-12 Alps Electric Co Ltd Device and method for adjusting cursor shift amount conversion ratio
JP2009064449A (en) * 2005-08-24 2009-03-26 Nintendo Co Ltd Controller and computer system
CN103105963A (en) * 2011-11-11 2013-05-15 义隆电子股份有限公司 Touch control device and method

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005182497A (en) * 2003-12-19 2005-07-07 Fujitsu Component Ltd Switch and switching method for it
JP4494002B2 (en) * 2003-12-19 2010-06-30 富士通コンポーネント株式会社 Switching device and switching method of switching device
US7978172B2 (en) 2003-12-19 2011-07-12 Fujitsu Component Limited Switching device and switching methods of the same
JP2006011558A (en) * 2004-06-22 2006-01-12 Alps Electric Co Ltd Device and method for adjusting cursor shift amount conversion ratio
JP4610942B2 (en) * 2004-06-22 2011-01-12 アルプス電気株式会社 Apparatus and method for adjusting conversion ratio of cursor movement amount
JP2009064449A (en) * 2005-08-24 2009-03-26 Nintendo Co Ltd Controller and computer system
CN103105963A (en) * 2011-11-11 2013-05-15 义隆电子股份有限公司 Touch control device and method
CN103105963B (en) * 2011-11-11 2016-03-16 义隆电子股份有限公司 Touch device and a control method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8564555B2 (en) Operating a touch screen control system according to a plurality of rule sets
CN101034328B (en) Method and apparatus for accelerated scrolling
US7084856B2 (en) Mouse having a rotary dial
CN101512461B (en) Dual-sided track pad
US8125461B2 (en) Dynamic input graphic display
US7189017B2 (en) Dual navigation control computer keyboard
CN106155419B (en) Selectively refuse the touch contact in the fringe region of touch-surface
US7519748B2 (en) Stroke-based data entry device, system, and method
US7696980B1 (en) Pointing device for use in air with improved cursor control and battery life
US7564449B2 (en) Method of scrolling that is activated by touchdown in a predefined location on a touchpad that recognizes gestures for controlling scrolling functions
US5900863A (en) Method and apparatus for controlling computer without touching input device
EP2261909B1 (en) Method and apparatus for use of rotational user inputs
US9395905B2 (en) Graphical scroll wheel
US8816985B1 (en) Methods and apparatus to detect a touch pattern
TWI307854B (en) Apparatus and method for controlling a cursor
US7659887B2 (en) Keyboard with a touchpad layer on keys
US5963197A (en) 3-D cursor positioning device
US20110061029A1 (en) Gesture detecting method for touch panel
EP3511806A1 (en) Method and apparatus for displaying a picture on a portable device
US20120044095A1 (en) Capacitive-matrix keyboard with multiple touch detection
US20150193038A1 (en) Movable track pad with added functionality
US10452174B2 (en) Selective input signal rejection and modification
US5982302A (en) Touch-sensitive keyboard/mouse
JP4666053B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and program
US20030210286A1 (en) Touchpad having fine and coarse input resolution