JP2001037171A - 磁石モータの組立方法 - Google Patents

磁石モータの組立方法

Info

Publication number
JP2001037171A
JP2001037171A JP11206171A JP20617199A JP2001037171A JP 2001037171 A JP2001037171 A JP 2001037171A JP 11206171 A JP11206171 A JP 11206171A JP 20617199 A JP20617199 A JP 20617199A JP 2001037171 A JP2001037171 A JP 2001037171A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stator
rotor
magnet motor
magnetic
magnet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP11206171A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Hattori
Kazuya Watanabe
誠 服部
一矢 渡辺
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Ind Ltd
三菱重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Ind Ltd, 三菱重工業株式会社 filed Critical Mitsubishi Heavy Ind Ltd
Priority to JP11206171A priority Critical patent/JP2001037171A/ja
Publication of JP2001037171A publication Critical patent/JP2001037171A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 永久磁石を採用したロータをステータに組込
んで構成される磁石モータの組立方法において、容易
に、安定して、かつ確実に磁石モータを組み立てること
が出来る様にしたものを提供することを課題とする。 【解決手段】 ロータをステータに組み込んで磁石モー
タを組み立てるに際し、ロータに埋設された磁性体を予
め着磁し、このロータを一方向に回転しながらステータ
の所定位置に挿入するようにしたことにより、ステータ
に形成される磁界が周方向に関して均一になり、ステー
タとロータ間の磁力も均一化され、ロータは容易、かつ
確実にステータ中に組み込むことができる様になった。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は永久磁石を採用した
ロータをステータに組込んで構成される磁石モータの組
立方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のこの種磁石モータの概要及びその
組立方法について図3乃至図5に基づいて説明する。図
3は従来の磁石モータの一例を概略的に示し、(a)は
(b)のA−A線に沿った縦断面図、(b)は(a)の
B−B線に沿った横断面図である。
【0003】なお、本明細書において磁石モータは、ス
テータと、同ステータと対になる永久磁石を組み込んだ
ロータから構成されているために、この様に呼称するこ
ととする。
【0004】前記した様に磁石モータ100は、ステー
タ51とロータ52から成るが、その構成を概略的に説
明すると、まず前記ステータ51は、磁性鋼板を多数積
層してなる円筒状コア53と、その内周壁において周方
向に所定の間隔を隔てて設けられた複数のスロット54
とを備え、このスロット54を通して多数の電線55を
巻き付けて構成されている。
【0005】他方、ロータ52は、薄肉の磁性鋼板を多
数積層してなる鉄芯56と、この鉄芯56の周方向に所
定の間隔を隔てて永久磁石用孔56aを設け、同永久磁
石用孔56aに磁極を周方向に向けてそれぞれ埋設され
た複数(本例では4個)の永久磁石57とにより構成さ
れている。
【0006】なお、鉄芯56の中心位置には、回転軸用
孔64が設けられて回転軸58が貫通固定されており、
かつ、同回転軸用孔64の周囲には各々隣り合う二つの
永久磁石57の中間に位置してリベット挿入孔65が都
合4つ設けられている。
【0007】そして、ロータ52の上端には上端板6
1、下端には下端板62が配設され、前記した鉄芯56
及び永久磁石57はこの上端板61及び下端板62と共
にリベット挿入孔65に挿入されたリベット63によっ
て互いに一体化されている。
【0008】この様な構成の磁石モータ100が組み立
てられ、製品として完成するに際し、従来は次のような
手法が取られていた。
【0009】先ず一つの手法として、図4に概念的に示
す様に、未だ着磁していない磁性体を鉄芯の周方向に所
定の間隔を隔てて埋め込んだロータ72を作成してお
き、これをステータ71の中央に形成したロータ設置位
置に挿入設置して磁石モータの原型を構成する。
【0010】次いで前記原型状のステータ71の口出し
線74から大電流を通じてステータ71に磁界を発生さ
せることでロータ72に埋設された磁性体が永久磁石と
なる様に着磁させて磁石モータとして完成する方法があ
る。
【0011】また、この手法とは別に図5に示す様に、
鉄芯の周方向に所定の間隔を隔てて磁性体を埋め込んで
着磁したロータ82、又は既に着磁されて永久磁石とな
ったものを埋め込んだロータ82を、ステータ81の中
央に形成したロータ設置位置に端部から矢印の様に挿入
させて磁石モータとして完成する方法がある。
【0012】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら前記した
第1の方法では、ステータ71に大電流を供給すること
になるので、ステータ71のスロットに巻き付けられた
電線の絶縁性等の耐力を高める必要があり、設計、製作
に際して制約が大きいという問題があった。
【0013】また、前記した第2の方法では、ロータ8
2は既に着磁されて永久磁石されたものを埋め込まれて
いるので、ロータ82をステータ81に挿入する際に、
ロータ82がステータ81の内壁に吸引されて挿入がで
きなくなってしまうという問題があった。
【0014】本発明は、このような従来の磁石モータの
組み立て方法における問題点とは無縁となり、容易に、
安定して、かつ確実に磁石モータを組み立てることが出
来る様にした磁石モータの組立方法を提供することを課
題とするものである。
【0015】
【課題を解決するための手段】本発明は前記した課題を
解決すべくなされたもので、ロータをステータに組み込
んで磁石モータを組み立てるに際して、ロータに埋設さ
れた磁性体を予め着磁し、このロータを一方向に回転し
ながらステータの所定位置に挿入するようにした磁石モ
ータの組立方法を提供するものである。
【0016】すなわち本発明によれば、磁石モータの組
み立てに際して、既に着磁された磁性体を埋設したロー
タをステータの所定位置に挿入するが、このときロータ
は一方向に回転しながら挿入するので、ステータに形成
される磁界が周方向に関して均一になり、ステータとロ
ータ間の磁力も均一化され、ロータは容易、かつ確実に
ステータ中に組み込むことができる様にしたものであ
る。
【0017】
【発明の実施の形態】本発明の実施の一形態について図
1及び図2に基づいて説明する。図1は本実施の形態に
おける完成した磁石モータの中央部分の縦断面を示し、
図2はこの磁石モータを組み立てる工程を概念的に示し
ている。
【0018】すなわち、本実施の形態においては、一方
において薄肉の磁性鋼板を多数積層してリベット13で
一体化した鉄芯に埋設した磁性体を着磁して磁石7とし
たロータ2を作製し、他方においてこれと別個に磁性鋼
板を多数積層した円筒状コアに多数の電線5を巻き付け
てステータ1を作製しておく。
【0019】そして前記の着磁された磁石7を有するロ
ータ2をステータ1の中央部の所定位置に挿入するに際
して、ロータ2を図2に実線矢印で示す様に一定の方向
に連続的に回転させながら白抜き矢印で示す様にステー
タ1中に納め、これにより図1に示す様に磁石モータ1
00として完成する。
【0020】なお、前記一定の方向に連続的に回転され
ながらステータ1に挿入されるロータ2は、図示省略の
適宜の支持装置により端部を支持され、かつ、磁力を均
一分布するに十分な速度に回転できる回転装置により回
転されるものである。
【0021】本実施の形態においては、前記した様にス
テータ1にロータ2を組み込む際、予めロータ2に埋設
されている磁石7を着磁しておき、かつ、ロータ2を一
方向に回転させながらステータ1中に納めていくので、
ステータ1に形成される磁界が周方向に関して均一にな
り、従ってステータ1がロータ2側に吸引傾動する磁力
も均一化し、ステータ1がロータ2側に引き寄せられる
現象も無くなって、容易、確実にステータ1中にロータ
2を組み込むことができる。
【0022】これにより予めロータ2の磁石7を着磁し
ていても、この着磁が作業の障害になることは一切な
く、組み立て工程は確実かつ適切に進展し、ロータ2を
ステータ1に組み込む作業性を向上することが出来たも
のである。
【0023】また、ロータ2の磁石7を予め着磁するよ
うにしているので、組み立て後に着磁のためにステータ
1の電線に大電流を要し、ステータ1の電線5の絶縁耐
力が問題となることもないので、上記作業性向上と併せ
て磁石モータ100の品質、信頼性向上を達成すること
が出来たものである。
【0024】以上、本発明を図示の実施の形態について
説明したが、本発明はかかる実施の形態に限定されず、
本発明の範囲内でその具体的構造に種々の変更を加えて
よいことはいうまでもない。
【0025】
【発明の効果】以上、本発明によれば、ロータをステー
タに組み込んで磁石モータを組み立てるに際して、ロー
タに埋設された磁性体を予め着磁し、このロータを一方
向に回転しながらステータの所定位置に挿入するように
した磁石モータの組立方法を構成しているので、磁石モ
ータの組み立てに際して、既に着磁された磁性体を埋設
したロータをステータの所定位置に挿入するが、このと
きロータは一方向に回転しながら挿入することにより、
ステータに形成される磁界が周方向に関して均一にな
り、ステータとロータ間の磁力も均一化され、ロータは
容易、かつ確実にステータ中に組み込むことができ、作
業性及び信頼性の向上を達成した磁石モータの組立方法
を得ることが出来たものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の一形態に係る磁石モータの組立
方法により完成した磁石モータの概要を示す縦断面であ
る。
【図2】図1の磁石モータを組み立てる工程を概念的に
示す説明図である。
【図3】従来の磁石モータの一例を概略的に示し、
(a)は(b)のA−A線に沿った縦断面図、(b)は
(a)のB−B線に沿った横断面図である。
【図4】従来の磁石モータの製作例を概念的に示す説明
図である。
【図5】従来の磁石モータの他の製作例を概念的に示す
説明図である。
【符号の説明】
1 ステータ 2 ロータ 5 電線 7 磁石 8 回転軸 13 リベット 51 ステータ 52 ロータ 53 円筒状コア 54 スロット 55 電線 56 鉄芯 56a 永久磁石用孔 57 永久磁石 58 回転軸 61 上端板 62 下端板 63 リベット 64 回転軸用孔 65 リベット挿入孔 71 ステータ 72 ロータ 74 口出し線 81 ステータ 82 ロータ 100 磁石モータ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 5H621 BB07 GA01 HH01 JK01 5H622 CA02 CA07 CA10 CB01 CB04 PP03 PP14 QA10 QB01

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ロータをステータに組み込んで磁石モー
    タを組み立てるに際して、ロータに埋設された磁性体を
    予め着磁し、このロータを一方向に回転しながらステー
    タの所定位置に挿入することを特徴とする磁石モータの
    組立方法。
JP11206171A 1999-07-21 1999-07-21 磁石モータの組立方法 Withdrawn JP2001037171A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11206171A JP2001037171A (ja) 1999-07-21 1999-07-21 磁石モータの組立方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11206171A JP2001037171A (ja) 1999-07-21 1999-07-21 磁石モータの組立方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001037171A true JP2001037171A (ja) 2001-02-09

Family

ID=16518991

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11206171A Withdrawn JP2001037171A (ja) 1999-07-21 1999-07-21 磁石モータの組立方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001037171A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103532318A (zh) * 2013-10-22 2014-01-22 重庆市灵龙五金有限公司 定子自动生产线
DE102015014209A1 (de) * 2015-11-04 2016-12-01 Audi Ag Verfahren zur Montage einer einen Rotor und einen Stator umfassenden Drehfeldmaschine

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103532318A (zh) * 2013-10-22 2014-01-22 重庆市灵龙五金有限公司 定子自动生产线
DE102015014209A1 (de) * 2015-11-04 2016-12-01 Audi Ag Verfahren zur Montage einer einen Rotor und einen Stator umfassenden Drehfeldmaschine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2827474B1 (en) Motor
JP5189848B2 (ja) 電気機械用のロータ・ステータ構造
JP3921494B2 (ja) 自己始動ブラシレス電気モータ
US6873081B2 (en) Brushless DC motor and refrigerant compressor employing the motor
US6844656B1 (en) Electric multipole motor/generator with axial magnetic flux
EP0818870B1 (en) Reluctance motor having magnetic poles formed by laminating steel plates in circumferential direction
JP4050746B2 (ja) ラジアルコアタイプダブルローター方式のBLDCモーター(BrushlessDirectCurrentMotorofRadialCoreTypeHavingaStructureofDoubleRotors)
CN102257702B (zh) 永磁式旋转电机
KR100472798B1 (ko) 영구자석매립형 유도전동기
US4633149A (en) Brushless DC motor
US5175461A (en) Permanent magnet rotor having magnet positioning and retaining means
JP2733824B2 (ja) 2相式永久磁石回転電機
US7211918B2 (en) Motor and armature manufacturing method
US4922152A (en) Synchronous machine rotor lamination
JP2795576B2 (ja) 同期電動機のロータ
EP1414132B1 (en) Electric motor, method of fabricating the same, and hermetic compressor comprising the same
US7687965B2 (en) Electric machine, stator assembly for an electric machine, and method of manufacturing the same
US5258678A (en) Rotator element for electric motor
JP5032994B2 (ja) 永久磁石回転子
CN101438486B (zh) 用于电动力机的转子-定子结构
US5962938A (en) Motor with external rotor
EP0917272B1 (en) Permanent magnet rotor type electric motor
EP0740397B1 (en) Stator structure for rotary electric machine
CN1871759B (zh) 短路部件、整流子及短路部件的制造方法
US4616151A (en) Armature with quiet core construction

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20061003