JP2001024824A - Image processor, image processing system and control method therefor - Google Patents

Image processor, image processing system and control method therefor

Info

Publication number
JP2001024824A
JP2001024824A JP18963199A JP18963199A JP2001024824A JP 2001024824 A JP2001024824 A JP 2001024824A JP 18963199 A JP18963199 A JP 18963199A JP 18963199 A JP18963199 A JP 18963199A JP 2001024824 A JP2001024824 A JP 2001024824A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
user
setting
information
means
image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP18963199A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3604960B2 (en )
Inventor
Toshihiro Kadowaki
Sunao Nagashima
直 長島
俊浩 門脇
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To remarkably improve operability at a user by holding various kinds of settings of a device for each user and, when a user uses the device, personalizing the device by the various kinds of settings for the user. SOLUTION: A color copying machine 1 acquires user ID information by control of a CPU 17 when a personalized key of an operation part 8 is pressed and then an ID card reader 21 detects insertion of an ID card. The color copying machine 1 receives personalized information from a personalized server 3 from which the acquired user ID information is transmitted and personalizes each setting of the operation part 8 by the received information. The color copying machine 1 decides whether or not copying is possible by each personalized setting, when it is possible, copying is performed and, when it is impossible without any sheet of paper of a corresponding type or kind, error display is performed. Thus, the operability is improved and a great amount of setting data and image data can be stored.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、画像処理装置及びその装置を含む画像処理システム並びにその制御方法に関する。 The present invention relates to an image processing system and control method thereof including an image processing apparatus and the device.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、画像処理装置には、複数のユーザに共用されるものがある。 Conventionally, the image processing apparatus, there is one shared by several users. 例えば、複写機がこれにあたる。 For example, a copying machine falls on this.

【0003】複写機では、通常、操作部を用いて複写倍率やトリミング領域の設定等の各種の設定を行った後、 [0003] In a copying machine, usually, after the various settings such as setting the copy magnification and trimming area using the operation unit,
操作部内のコピースタートボタンを押して、複写動作を実行させる。 Press the copy start button in the operation unit to execute the copying operation. 従来の複写機には、この操作部を使用する上での様々な設定を記憶させることにより、ユーザの操作性を向上しうるものが存在する。 The conventional copying machine, by storing the various settings in order to use this operation unit, there is what can improve user operability. この様々な設定とは、例えば、以下のようなものである。 And the various settings, for example, is as follows. 1)コピーモードメモリ コピーを行う場合の複写倍率の指示や各種編集処理の設定をコピーモードと呼ぶが、コピーモードメモリとは、 1) While the setting of the instruction and various editing processes of the copying magnification when performing copy mode memory copy is referred to as a copy mode, the copy mode memory,
よく使うコピーモードを記憶しておくためのものであり、通常、装置の電源をオフしても消えない構成となっている。 It is for storing the copy mode frequently used, has generally configured not disappear even when the power is turned off the device. ユーザは、よく使うコピーモードをコピーモードメモリに登録することで、簡単な操作で、それを呼び出すことができ、コピーするごとに、よく使うコピーモードを個々に再設定する必要がなくなる。 The user can register the copy mode commonly used in the copy mode memory, a simple operation, it is possible to call it, each time the copying is not necessary to reconfigure the copy mode commonly used individually. 2)デフォルトコピーモードメモリ これはデフォルトのコピーモードを設定するものであり、デフォルトのコピーモードとは、操作部の各設定をリセットもしくはクリアした場合の設定値を意味する。 2) The default copy mode memory which is used to set the default copy mode, default copy mode means a set value when a reset or clear each setting of the operation unit.
例えば、両面モードについて、片面コピーをデフォルトに指定するか、両面コピーをデフォルトに指定するか等を指定する。 For example, for two-sided mode, you can specify a single-sided copy in default, to specify whether the like to specify a two-sided copy in default. このデフォルトコピーモードメモリも、装置の電源をオフしても消えない構成となっている。 The default copy mode memory also has a configuration that does not disappear even when the power is turned off the device. 3)色登録 カラー複写機において、色変換などの編集処理において使う色をあらかじめ登録しておくものであり、色の識別子と色データの組み合わせとして記憶される。 In 3) color registration color copier, which registered in advance the color to use in the editing processing such as color conversion, is stored as a combination of color identifiers and color data. この色登録情報も、装置の電源をオフしても消えない構成となっている。 The color registration information as well, and has a configuration that does not disappear even when the power is turned off the device. 4)画像登録 カラー複写機において、テクスチャー処理や画像合成処理などの編集処理において使う画像をあらかじめ登録しておくものであり、画像の識別子と画像データの組み合わせとして記憶される。 In 4) image registration color copying machine, which registered in advance the image to be used in the editing process such as texturing and image composition processing, it is stored as a combination of the identifier and the image data of the image. この画像登録情報は、データ量が多いため、安価な揮発性メモリに一時的に保持されることが多く、通常、装置の電源をオフすると消える構成となっている。 The image registration information, since the data amount is large, which is often temporarily stored in inexpensive volatile memory, which is typically configured to disappear to turn off the device.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような従来例においては、画像処理装置の複数のユーザに対して、装置の各種設定も共用しなければならなかった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in such a conventional example, for a plurality of users of the image processing apparatus, had also shared settings of the device. そのため、個々のユーザの好みや目的に合わせた設定にすることはできなかった。 Therefore, it was not possible to set to suit the taste and the purpose of individual users.

【0005】具体的に複写機においては以下のような問題が生じていた。 [0005] In specific copier arose the following problems. 1)コピーモードメモリ等の各種設定が、複数のユーザで共有であり、また登録できる数に制限があった。 1) Various settings in the copy mode memory or the like, are shared by multiple users, also it has been limited to the number that can be registered. このため、各ユーザが自分が良く使うコピーモードを登録しようと思っても、空きがなくて登録できない場合や、自分が登録したコピーモードが他のユーザにより上書きされて消されてしまう場合があった。 For this reason, even each user is going to register the copy mode that he is frequently used, there is a case where and when it is not possible to register without a free, copy mode that you have registered will be erased and overwritten by another user It was. 2)コピーモードメモリ等の各種設定が、各装置ごとに独立であった。 2) various settings of the copy mode memory or the like, were independently for each unit. このため、ユーザがAという複写機で行う操作方法と、Bという複写機で行う操作方法が、同じ機種であっても異なる場合が生じ、ユーザがその違いを覚えておかなければならないという問題があった。 Therefore, a method of operation performed by a user in a copying machine of A, method of operation performed in the copying machine that B is, if even for the same model different occurs, a problem that the user must remember the difference there were. また、これに伴い、操作性が低下するという問題があった。 Along with this, operability is lowered. さらに、複写機の機種が違えば、さらに設定方法なども変わるため、その違いも覚えておかなければならないという問題があった。 In addition, if Different models of the copying machine, in order to further change as well, such as how to set, the difference was also there is a problem that must be kept in mind. 3)各種設定を各装置ごとに高価な不揮発性記憶手段を用いて記憶する構成のため、コストの制限により、大量の設定や、画像データ等は記憶できなかった。 3) for various settings of the configuration for storing an expensive non-volatile memory means for each device, the cost limitations, and large configuration image data and the like could not be stored.

【0006】例えば、トリミング領域を、領域の外周上の多数の点を指定する方法で指定する場合は、領域情報として、この多数の点の座標情報を記憶する必要がある。 [0006] For example, the trimming area, if specified by a method of specifying the number of points on the periphery of the area, as the area information, it is necessary to store the coordinate information of the large number of points. 従来、このような大量の設定は、安価な揮発性メモリに一時的に保持されることが多く、通常、装置の電源をオフすると消える構成となっている。 Conventionally, such a large amount of settings are often temporarily stored in inexpensive volatile memory, which is typically configured to disappear to turn off the device. このため、それらの設定はコピーを行う度に再設定を行う必要があった。 Thus, those settings had to be reconfigured every time copying.

【0007】本発明は上述の様な事情に鑑みてなされたものであり、装置の各種設定を、各ユーザごとに保持し、あるユーザが装置を使用する場合に、そのユーザ用の各種設定によって装置をパーソナライズすることにより、そのユーザにおける操作性を著しく向上させることのできる画像処理装置及び画像処理システム並びにその制御方法を提供することを目的とする。 [0007] The present invention has been made in view of the circumstances as described above, various settings of the apparatus, when held for each user, a user uses the device, the settings for the user by personalizing device, and an object thereof is to provide an image processing apparatus and an image processing system and control method thereof capable of significantly improving the operability of the user.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、本発明に係る画像処理システムは、原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、を有する画像処理装置と、該画像処理装置に接続された情報処理装置と、を含む画像処理システムであって、前記情報処理装置は、前記画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有し、前記画像処理装置は、前記画像処理装置固有の設定情報を記憶する装置設定記憶手段と、前記装置設定記憶手段に記憶された前記設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御手段と、ユーザを識別するユーザ識別情報を入力する識別情報入力手 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION An image processing system according to the present invention, an image reading means into image data by reading an original image, image data read by the image reading means image forming means for forming an image on a recording material on the basis, an image processing apparatus having an image processing system including an information processing apparatus connected to the image processing apparatus, wherein the information processing apparatus, the setting information of the image processing apparatus in correspondence with the user identification information includes a user setting storage means for storing for each user, the image processing apparatus, a device setting storage unit that stores the image processing device-specific configuration information, and control means for controlling the image processing apparatus in accordance with the setting information stored in the device setting storage unit, identification information input manually inputting user identification information identifying the user と、前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出する識別情報送出手段と、前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得する獲得手段と、前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づいて前記装置設定記憶手段の内容を変更する設定変更手段と、を有することを特徴とする。 When the identification information sending means for sending the user identification information to the user setting storage unit, the user setting storage unit, and acquisition means for acquiring the setting information corresponding to the delivery said user identification information, said acquisition means in a setting changing means for changing the contents of the device setting storage means based on the acquired the setting information, and having a.

【0009】ここで、前記ユーザ設定記録手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として、前記画像形成手段の各種設定情報を含むことを特徴とする。 [0009] Here, the user sets the recording means and said device setting storage means, as the setting information, characterized in that it comprises various setting information of the image forming means.

【0010】前記ユーザ設定記録手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として、前記画像読取手段の各種設定情報を含むことを特徴とする。 [0010] The user setting recording means and said device setting storage means, as the setting information, characterized in that it comprises various setting information of the image reading unit.

【0011】前記画像処理装置は、画像データに対し編集処理を施す画像編集手段を更に有し、前記設定情報は、該画像編集手段の各種設定情報を含むことを特徴とする。 [0011] The image processing apparatus has an image editing means for performing editing processing on the image data further, the setting information is characterized by including various setting information of the image editing means.

【0012】前記画像処理装置は、前記画像処理装置の設定及び操作を直接入力する操作手段を更に有し、前記設定情報は、該操作手段における操作方法に関する情報を含むことを特徴とする。 [0012] The image processing apparatus includes the image processing further operating means for inputting directly the setting and operation of the apparatus, the setting information is characterized by containing information about the operation method in the manipulation unit.

【0013】前記操作手段は、操作項目を表示する表示手段を有し、前記設定情報は、前記表示手段に表示される操作項目を含むことを特徴とする。 [0013] The operating means includes a display means for displaying the operation items, the setting information is characterized by including an operation item displayed on the display means.

【0014】前記ユーザ設定記憶手段は、前記設定情報として、前記操作方法について記述したスクリプトを記憶することを特徴とする。 [0014] The user setting storage unit, as the setting information, and to store the script describing the method of operation.

【0015】前記ユーザ設定記憶手段は、前記設定情報として、前記操作方法について記述したプログラムを記憶することを特徴とする。 [0015] The user setting storage unit, as the setting information, and to store the program that describes the operation method.

【0016】前記設定変更手段は、更に前記操作手段からの入力に基づいて前記装置設定記憶手段に記憶された設定情報を変更する手段であって、前記画像処理装置は、前記設定変更手段によって変更された前記装置設定記憶手段の設定情報に基づいて前記ユーザ設定記憶手段の設定情報を更新するユーザ設定更新手段を更に有することを特徴とする。 [0016] The setting changing means is a means for further changing the setting information stored in the device setting storage means based on input from the operation means, the image processing apparatus, change by the setting change unit and further comprising a user setting update means for updating the setting information of the user setting storage unit based on the setting information of the device setting storage means being.

【0017】前記識別情報入力手段は、前記ユーザ識別情報の保持媒体との接触によりユーザ識別情報を入力することを特徴とする。 [0017] The identification information input means, characterized by inputting the user identification information by the contact with the carrier medium of the user identification information.

【0018】前記識別情報入力手段が前記保持媒体と接触した場合、自動的に、前記識別情報送出手段が前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出し、前記獲得手段が前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得し、前記設定変更手段が前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づいて前記装置設定記憶手段の内容を変更することを特徴とする。 [0018] If the identification information inputting means is in contact with the holding medium, automatically, the identification information sending means sends the user identification information to the user setting storage unit, said acquiring means the user setting storage unit from acquiring the setting information corresponding to the delivery said user identification information, and changing the contents of the device setting storage unit based on the setting information which the setting change unit has acquired by said acquiring means .

【0019】前記識別情報入力手段は、ユーザ識別情報の保持媒体と近接することによりユーザ識別情報を入力することを特徴とする。 [0019] The identification information input means, characterized by inputting the user identification information by coming close to the holding medium of the user identification information.

【0020】前記識別情報入力手段が前記保持媒体と近接して所定時間経過した場合、自動的に、前記識別情報送出手段が前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出し、前記獲得手段が前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得し、前記設定変更手段が前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づいて前記装置設定記憶手段の内容を変更することを特徴とする。 [0020] If the identification information inputting means has passed a predetermined time in close proximity to the holding medium, automatically, the identification information sending means sends the user identification information to the user setting storage unit, said acquisition means from the user setting storage unit, acquires the setting information corresponding to the delivery said user identification information, to change the contents of the device setting storage unit based on the setting information which the setting change unit has acquired by said acquiring means it is characterized in.

【0021】前記識別情報入力手段は、ユーザ識別情報としての文字列をキー入力する手段であることを特徴とする。 [0021] The identification information input means, characterized in that it is a means for inputting key string as the user identification information.

【0022】前記ユーザ設定記憶手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として編集処理に用いる補助画像を記憶することを特徴とする。 [0022] The user setting storage means and said device setting storage means may store the auxiliary image to be used for the editing process as the setting information.

【0023】前記装置設定記憶手段は、前記設定変更手段により変更されるパーソナル設定情報と前記設定変更手段によっては変更されない共有設定情報とを記憶することを特徴とする。 [0023] The device setting storage means, the personal set information and the setting changing means is changed by said setting changing means and to store the shared configuration information unchanged.

【0024】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置が属する機種グループを識別する機種グループ識別情報をも送出し、前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び機種グループ識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする。 [0024] The identification information sending means, the model group identification information is also sent to the acquiring means for identifying the model group to which the image processing apparatus belongs, the setting corresponding to delivery the user identification information and the model group identification information characterized in that it acquire the information.

【0025】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置が属する機種を識別する機種識別情報をも送出し、前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び機種識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする。 [0025] The identification information transmitting unit, said also sends the model identification information for identifying the machine type belonging image processing apparatus, the acquisition means, acquires the setting information corresponding to the delivery user identification information and the model identification information characterized in that it.

【0026】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置を識別する装置識別情報をも送出し、前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び装置識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする。 [0026] The identification information transmitting unit, said also sends the device identification information for identifying an image processing apparatus, the acquisition means, to acquire the setting information corresponding to the delivery user identification information and apparatus identification information and features.

【0027】また、本発明に係る画像処理装置は、上記いずれか一つの画像処理システムを構成することを特徴とする。 [0027] The image processing apparatus according to the present invention is characterized by constituting the any one of the image processing system.

【0028】更に、本発明に係る他の画像処理装置は、 Furthermore, another image processing apparatus according to the present invention,
原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、ユーザを識別するユーザ識別情報を入力する識別情報入力手段と、前記画像形成手段及び/又は前記画像読取手段の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段と、前記ユーザ設定記憶手段から、入力した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を読出す設定情報読出手段と、前記設定情報読出手段で読出した前記設定情報に基づいて前記画像形成手段及び/又は前記画像読取手段の制御を行う制御手段と、を有することを特徴とする。 Image forming means for forming an image reading unit for converting the image data by reading an original image, an image on a recording material based on image data read by the image reading unit, identification for inputting user identification information identifying the user an information input unit, a user setting storage unit that stores the image forming means and / or the setting information of the image reading means in correspondence with user identification information for each user, from the user setting storage unit, the user identification entered and reading setting information reading means the setting information corresponding to the information, and a control means for controlling said image forming means and / or the image reading unit based on the read the setting information by the setting information reading means characterized in that it has.

【0029】本発明に係る画像処理システムの制御方法は、原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、を有する画像処理装置と、該画像処理装置に接続され、該画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有する情報処理装置と、を含む画像処理システムの制御方法であって、ユーザを識別するユーザ識別情報を前記画像処理装置に入力する識別情報入力工程と、前記ユーザ識別情報を前記画像処理装置から前記ユーザ設定記憶手段に送出する識別情報送出工程と、前記ユーザ設定記憶手段から前記画像処理装置に対し、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報 The control method of an image processing system according to the present invention, image formation and image reading means is converted into image data by reading an original image, an image on a recording material based on image data read by the image reading means and forming means, and an image processing apparatus having, connected to said image processing apparatus, an information processing apparatus having a user setting storage means for storing for each user in association with the setting information of the image processing apparatus and user identification information, a method of controlling an image processing system comprising, sending the user identification information and the identification information inputting step of inputting to the image processing apparatus, the user setting storage unit the user identification information from the image processing apparatus for identifying a user an identification information sending step of, with respect to the image processing apparatus from the user setting storage unit, the setting information corresponding to the delivery said user identification information 読出す読出工程と、前記読出工程で読出された設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御工程と、を有することを特徴とする。 And having a reading reading step, and a control step of performing control of the image processing apparatus according to the setting information read by the reading step.

【0030】本発明に係るコンピュータ可読メモリは、 The computer readable memory according to the present invention,
原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、を有する画像処理装置と、該画像処理装置に接続され、該画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有する情報処理装置と、を含む画像処理システムの制御プログラムを格納したコンピュータ可読メモリであって、前記制御プログラムは、ユーザを識別するユーザ識別情報を前記画像処理装置に入力する識別情報入力プログラムと、前記ユーザ識別情報を前記画像処理装置から前記ユーザ設定記憶手段に送出する識別情報送出プログラムと、前記ユーザ設定記憶手段から前記画像処理装置に対し、送出した前記ユーザ識別情報に対 An image reading means into image data by reading an original image, image forming means for forming an image on a recording material based on image data read by the image reading unit, an image processing apparatus having, the image processing apparatus is connected to the setting information of the image processing apparatus and an information processing apparatus having a user setting storage means in correspondence with the user identification information stored for each user, a computer readable memory storing a control program of an image processing system comprising there are, the control program sends the identification information to be sent to the user identification information and the identification information input program to be input to the image processing apparatus, the user setting storage unit the user identification information from the image processing apparatus for identifying a user and programs to the image processing apparatus from the user setting storage unit, pair sending the said user identification information する前記設定情報を読出す読出プログラムと、前記読出工程で読出された設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御プログラムと、を含むことを特徴とする。 And reading read program the setting information, characterized in that it comprises a control program for controlling the image processing apparatus according to the setting information read by the reading step.

【0031】 [0031]

【発明の実施の形態】以下に、図面を参照して、この発明の好適な実施の形態を例示的に詳しく説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS with reference to the drawings will be exemplified in detail preferred embodiments of the present invention. ただし、この実施の形態に記載されている構成要素の相対配置、数式、数値等は、特に特定的な記載がない限りは、 However, the relative arrangement of components described in this embodiment, equations, numbers, etc., unless otherwise specifically noted, the
この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。 It is not intended to limit the scope of the invention.

【0032】以下の実施の形態に共通する本発明の概念は、モードメモリ、FAX番号登録、色登録など、従来、各装置毎にユーザ共有で記憶させていたものをネットワーク接続されたパーソナライズサーバに記憶させ、 The concept of the present invention that are common to the following embodiments, the mode memory, FAX number registration, and color registration, conventionally, what was stored in memory using a user share for each device to networked personalized server then stored,
ユーザが装置使用時に、ID情報を基にアクセスしてそれらを使用するシステム及びそれを構成するMFP(Mu When the user equipment uses, MFP constituting the system and it uses them to access based on the ID information (Mu
lti Function Peripheral)にある。 lti in the Function Peripheral). 情報の集中管理ができ、個別装置に登録不要。 Can be centralized management of information, unnecessary registered in the individual apparatus. どの装置でも同じ操作性を実現できる。 Any device can achieve the same operability. 更に、従来は容量の制限で実現できなかった、画面のカスタマイズ、スペシャルプログラム、個人用画像、個人用フォームなどもダウンロードしてもよい。 In addition, the prior art can not be realized with the restriction of capacity, screen customization, special programs, personal image, it may be also downloaded, such as a personal form.

【0033】(第1の実施の形態)図2は、本発明に係る画像処理装置の第1の実施の形態としてのカラー複写機1の概略構成を示すブロック図である。 [0033] (First Embodiment) FIG. 2 is a block diagram showing the schematic configuration of the color copying machine 1 as a first embodiment of an image processing apparatus according to the present invention.

【0034】図示するように、カラー複写機1と、パーソナライズサーバ3とはネットワーク2を介して接続されていて、後述するパーソナライズ情報は、このネットワーク2を介して授受される。 [0034] As shown, the color copier 1, the personalizing server 3 are connected through a network 2, personalized information to be described later, it is exchanged via the network 2. ネットワーク2には、カラー複写機1と、パーソナライズサーバ3の他に、他の複写機4、FAX5、プリンタ6も接続可能であり、これらの機器もネットワーク2を介してパーソナライズサーバ3とパーソナライズ情報をやりとりする事が可能な構成となっている。 Network 2 includes a color copying machine 1, in addition to the personalization server 3, the other copying machine 4, FAX5, printer 6 is also connectable, personalized server 3 and the personalization information also via the network 2 these devices It has become a thing that can be configured to interact.

【0035】次にカラー複写機1の内部について説明すると、まず、画像読み取り部9で原稿画像を読み取って得られたデジタル画像データ10は画像処理部11に送られ、ここで拡大縮小等の様々な画像処理を施され、画像処理を施された画像データ12は画像形成部13に送られて、ここで画像形成が行われる。 [0035] Referring now the interior of the color copying machine 1 will be described, first, the digital image data 10 obtained by reading an original image by the image reading unit 9 is sent to the image processing unit 11, various such scale where subjected to image processing, image data 12 that has been subjected to image processing is sent to the image forming unit 13, wherein the image formation is performed. この画像読み取り、画像処理、画像形成を行うための様々な設定は、ユーザにより操作部8を用いて行われる。 Reading the image, the image processing, various settings for image formation is performed using the operation unit 8 by the user. また、CPU1 In addition, CPU1
7は操作部8による設定に基づき、各部を制御して、指定された設定に応じたコピーを行うためのものであり、 7 is based on the setting by the operation unit 8, and controls the respective units, is used to perform copying in accordance with the specified settings,
ROM18内のプログラムに従って動作する。 It operates in accordance with a program in the ROM18. ROM1 ROM1
8は電源をオフしても内容が揮発しない、書き換え不可なメモリであり、プログラムや固定的なデータを保持するのに使われる。 8 does not volatilize data even when the power is turned off, a non-rewritable memory is used to hold programs and fixed data. 揮発性RAM19は、電源をオフすると内容が揮発する性質の安価で書き換え可能なメモリであり、一時的なデータを保持するのに使用される。 Volatile RAM19, the contents when the power is turned off is inexpensive rewritable memory property of volatilization is used to hold temporary data. 不揮発性RAM20は、電源をオフしても内容が揮発しない、比較的高価な書き換え可能なメモリであり、記憶させておきたいデータを保持するのに使用される。 Nonvolatile RAM20 are no volatile contents even when the power is turned off, a relatively expensive rewritable memory is used to hold the data to may be stored.

【0036】IDカードリーダ21は、各ユーザが個別に持つIDカードを読み取ってID情報を取得するためのものであって、本実施の形態では、挿入されたIDカードから情報を読み取る接触型のカードリーダである。 The ID card reader 21 is for each user to acquire the ID information by reading an ID card with separately, in the present embodiment, from the inserted ID card of contact type for reading information it is a card reader.
周辺インタフェース14は後述する原稿自動給紙部15 Automatic document feeder 15 peripheral interface 14 to be described later
やステープルソートユニット16などの周辺装置に内蔵されるサブCPUと通信するためのものであり、コピー動作を行う場合は、これらの周辺装置と通信を行いながら、CPU17の制御に基づいてコピーが実行される。 And is for communicating with the sub-CPU incorporated in a peripheral device such as a staple sorting unit 16, when performing a copy operation, while communicating with these peripheral devices, executes a copy under the control of the CPU17 It is.
外部インタフェース7はネットワーク2を介して、CP The external interface 7 via the network 2, CP
U17がパーソナライズサーバ3と通信するためのインタフェースである。 U17 is an interface for communicating with personalizing server 3. 最後に22は各部を接続するCPU Finally 22 connects each unit CPU
バスである。 A bus.

【0037】図3は、カラー複写機1の画像形成部13 [0037] Figure 3, an image forming unit of the color copying machine 1 13
を中心とした概略構成図である。 It is a schematic configuration diagram mainly showing a. まず、原稿自動給紙部15については従来の複写機でも使用されているため、 First, since the automatic document feeder 15 is also used in conventional copying machines,
詳細を説明しないが、複数の原稿を載置しておき、それを1枚ずつ原稿読み取り位置に運ぶための装置である。 Not described in detail, but leave placing a plurality of documents, a device for carrying it to the document reading position one by one.
この原稿自動給紙部15から給紙された原稿や、不図示の原稿読み取り位置上に手動で置かれた原稿は、不図示の光学系とカラーCCD等から構成される画像読み取り部9を用いて読み取られてRGB画像データに変換され、画像処理部11に送られMCYKデータ12に変換される。 This document and fed from the automatic document feeding section 15, a document placed manually on the document reading position, not shown, using a constructed image reading unit 9 from the optical system and a color CCD (not shown) or the like read Te is converted into RGB image data is converted to be sent to the image processing unit 11 MCYK data 12.

【0038】本実施の形態における画像形成部13は、 The image forming unit 13 of this embodiment,
フルカラーの電子写真方式プリンタであり、画像処理部11から送られる1画素につきMCYK各8bitモードのラスタ形式の画像データ12に基づいて画像形成を行う。 An electrophotographic printer for full-color, an image is formed on the basis of per pixel sent from the image processing unit 11 to MCYK image data 12 of a raster format of each 8bit mode. ただし、実際の画像形成はMCYKの4色のトナーを用いて色ごとに順番に、即ち面順次に行われるため、画像形成部13内部での各MCYK色成分の形成に合わせて、画像処理部11からはM8ビットデータ、C However, the actual image forming is sequentially for each color by using the four colors of toner MCYK, that is, the surface is sequentially performed, in accordance with the formation of each MCYK color components in the image forming unit 13, an image processing unit M8-bit data from the 11, C
8ビットデータ、Y8ビットデータ、K8ビットデータが面順次に送られる。 8-bit data, Y8 bit data, K8 bit data is sent sequentially to the surface. 即ち、画像形成部13での4色の形成に対応して、画像読み取り部9では4回のRGB画像データ読み取りが行われ、各回ごとに画像処理部でM That is, in response to the formation of four colors by the image forming unit 13, the image reading unit 9 4 times RGB image data reading of is performed, the image processing unit in each time M
8ビットデータ、C8ビットデータ、Y8ビットデータ、K8ビットデータがそれぞれ生成されて画像形成部13に送られる。 8-bit data, C8-bit data, Y8 bit data, K8 bit data is sent to the image forming unit 13 is generated.

【0039】また、画像処理部11では、RGBからM [0039] Further, in the image processing unit 11, from RGB M
CYKへの変換の他に、拡大/縮小を行う変倍処理なども行う。 Other conversion to CYK, also performs such scaling processing for performing enlargement / reduction. RGBからMCYKへの変換や、拡大/縮小処理自体は、現在のデジタルカラー複写機で一般的に使われているデジタル画像処理技術のため、詳細の説明は省略する。 Conversion and RGB to MCYK, enlargement / reduction processing itself, for digital image processing techniques that are commonly used in current digital color copying machine, the detailed description is omitted.

【0040】画像形成部13では、形成動作の起動がかかり、まずMの画像形成が始まると、それに合わせて画像読み取り部9でRGBデータとして読み取られ、画像処理部11でMデータに変換されたMラスタ画像データ12はレーザ駆動部31に渡され、そのデータをもとにレーザ光が変調される。 [0040] In the image forming unit 13, takes startup forming operation, the first image forming M starts is read as RGB data by the image reading unit 9 accordingly, was converted to M data by the image processing unit 11 M raster image data 12 is passed to the laser driving unit 31, the laser beam is modulated based on the data. 変調されたレーザ光は感光ドラム32上に走査照射されて潜像を形成し、不図示のMトナーの現像器により現像されてMトナー画像となる。 The laser light modulated is scanned irradiated on the photosensitive drum 32 to form a latent image is developed by the M toner image by the developing device of the M toner (not shown). 一方、それと並行して上段カセット33、または、後述する両面トレー34、または下段カセット35から給紙された用紙は転写ドラム36に巻き付けられる。 On the other hand, at the same upper cassette 33 in parallel, or paper fed from duplex tray 34 or the lower cassette 35 will be described later is wound around the transfer drum 36. そして、 And,
感光ドラム32上のMトナー画像は転写ドラム上の用紙上に転写される。 M toner image on the photosensitive drum 32 is transferred onto the sheet on the transfer drum. Mトナー画像の転写が終わると、次はCラスタ画像データについて、画像読み取り部でのRG When the transfer of the M toner image is completed, the next for C raster image data, RG in the image reading unit
Bデータの読み取り、画像処理部でのCデータへの変換、潜像形成、現像、転写が行われ、以後YとKについても同様に行われることにより、転写ドラム36上の用紙上に、MCYKのトナー画像が転写される。 Reading the B data conversion to C data in the image processing unit, the latent image formation, development, transfer is performed, by being similarly performed for subsequent Y and K, on ​​the sheet on the transfer drum 36, MCYK toner image is transferred. MCYK MCYK
のトナー画像が転写された用紙は定着器37でトナーを溶融定着されフルカラー画像となる。 Toner image is transferred paper full-color image is fused and fixed the toner fixing unit 37. 定着された用紙は、通常コピーの場合、ステープルソータユニット16 Image-fixed sheet is usually copy, staple sorter unit 16
に送られ、通常は一番上部の排紙トレー39a上に排紙される。 Sent to, usually it is discharged on the uppermost part of the sheet discharge tray 39a on.

【0041】一方、両面コピーの第1面コピーの場合、 On the other hand, when the first side copying of two-sided copies,
定着器37を通った用紙は反転部40に送られ、反転部40で進行方向を反転され、両面トレー34に入る。 Paper passing through the fixing unit 37 is sent to the reversing section 40, it is inverted to the traveling direction at the reversing section 40, into the duplex tray 34. この時、第1面画像は紙の上部側となる。 At this time, the first side image is the upper side of the paper. ついで、両面トレー34から給紙された用紙は、片面コピー時と同様な経路で第2面がコピーされ、排紙される。 Then, paper fed from duplex tray 34, the second face is copied in the same path as one-sided copy is discharged. この結果、最初に画像が形成された第1面は、排紙された紙の下部側となり、第2面は、排紙された紙の上部側となる。 As a result, the first first side on which an image has been formed, serve as the lower portion of the discharged paper, the second surface, the upper side of the discharged paper.

【0042】さらに、複数ページ複数部のソートコピーの場合、ステープルソータユニット16に送られた1部目は排紙トレー39aに排紙され、2部目は排紙トレー39bに排紙され、3部目は排紙トレー39cに排紙されるなど、各部が、各排紙トレーに振り分けて出力される。 [0042] Further, when sorting copies of multi-page multiple portions, the first set sent to the staple sorter unit 16 is discharged to the sheet discharge tray 39a, 2 th copy is discharged to the paper discharge tray 39 b, 3 like parts th is discharged to the paper discharge tray 39c, each part is output distributed to each discharge tray. 要するに各排紙トレーには複数ページ1部の出力が積載される。 In short Each ejection tray outputs of a plurality of pages one part is stacked. 図3は略図のため、排紙トレーは3個しか書いていないが、実際には10個とか、25個とかで構成される。 Figure 3 for schematic is not the output tray is written only three, in fact Toka 10, constituted by Toka 25.

【0043】また、ステープルソータユニット16にはステープルユニット38が付属しており、各排紙トレー上に積載された用紙をステープルする機能を持っている。 [0043] Further, the staple sorter unit 16 comes with staple unit 38 has a function of stapling sheets stacked on each discharge tray. 通常、この機能はソートコピー機能と組み合わせて使用されるため、ステープルソートコピー機能と呼ぶ。 Since normally, this feature is used in combination with sorting copy function, referred to as staple sort copying function.
ソートコピー機能と組み合わせた場合には、複数ページ1部の出力ごとにステープルされ、それが複数部分、得られる。 When combined with the sort copy function is stapled for each output of the plurality of pages one part, it is multi-part, it is obtained.

【0044】図4は、カラー複写機1の操作部8のキー&表示配置図である。 [0044] Figure 4 is a key and display layout of the operation unit 8 of the color copying machine 1. この操作部は、画像処理装置1を用いてコピーを行う場合に、ユーザが各コピー用動作指示を画像処理装置1に伝えたり、装置の状況や、現在設定されている各コピー用動作指示をユーザが確認するためのものである。 The operation unit, when copying using the image processing apparatus 1, a user or convey an operation instruction for each copy in the image processing apparatus 1, conditions and equipment, the operation instructing for each copy that is currently set the user is intended to confirm. まず、42は、操作部全体の設定を初朋状態に戻すResetキーと、コピー動作を開始させるStartキーと、コピー動作を停止させるStop First, 42 stops and Reset key to return the setting for the entire operating portion HatsuTomo state, the Start key to start the copying operation, the copying operation Stop
キーである。 It is the key.

【0045】43はコピー部数の設定を行うテンキーおよび置数のクリアをおこなうC(クリア)キーである。 [0045] 43 is C (clear) key for clearing the numeric keypad and numeric for setting the number of copies.
そして、44は入力されたコピー部数を表示する置数表示部である。 Then, 44 is a numeric display for displaying the number of copies input. 次に、45は上からノンソートコピー、ソートコピー、ステープルソートコピーを選択するためのキー及び選択状況を確認するLEDである。 Then, 45 is an LED to check the key and the selection conditions for selecting the non-sort copy from above, sort copy, staple sort copying. 次に46は上から、片面原稿を片面コピーする通常コピー、片面原稿を両面コピーする両面コピー、両面原稿を両面コピーする両面コピー(以降両両コピーと称す)を選択するためのキー及び選択状況を確認するLEDである。 Then 46 from above, normal copy of one-sided copy the one-sided document, duplex copying of double-sided copying simplex document, keys for selecting the two-sided copying of two-sided copying double-sided original (hereinafter referred to as both both copies) and selection status an LED to confirm. 次に、 next,
47はコピー時の給紙段を選択するためのキー及び選択状況を確認するLEDであり、Upperは上段カセット、Lowerは下段カセットからの給紙を選択する。 47 is a LED to check the key and the selection conditions for selecting a paper feed tray during copying, Upper has upper cassette, Lower selects the paper feeding from the lower cassette.

【0046】一方、48は選択された給紙段に、現在どのサイズの用紙が入っているか、及び、普通紙が入っているか、トランスペアレンシーが入っているか、何も入っていないかを通知するものである。 [0046] On the other hand, the paper feeding stage has been selected 48, or that contains the paper of which the current size, and, or plain paper is on, to notify whether or not one that contains the transparency, nothing entered it is intended. これらのサイズ検知、および紙種検知、及び用紙ありなし検知は各カセット中の不図示のセンサを用いて制御部14が行い、表示を行う。 These size detection, and paper type detection, and there the paper without detection control unit 14 is performed with the sensor (not shown) in each cassette, performs display. 次に、49は拡大、縮小、または等倍コピーを選択するキー及び選択状況を確認するLEDである。 Then, 49 enlargement, a LED to check the key and the selection conditions for selecting reduction or magnification copy. 一番上はA4原稿をA3用紙に拡大コピーすることを選択し、次の2つも倍率の異なる拡大コピーを選択するキーである。 The top is a key A4 document choose to enlargements to A3 paper, to select a different enlargements of two even magnification. 上から4つめは等倍コピーを選択するキーである。 The fourth from the top is the key to select the magnification copy. 上から5つめはA3原稿をB4用紋に縮小コピーを選択するキーであり、次の2つも倍率の異なる縮小コピーを選択するキーである。 5 pawl from the top is a key for selecting a reduced copy A3 document fingerprint for B4, a key for selecting the different reduced copies of two even magnification.

【0047】次に、50はモードメモリの呼び出しキー、及びモードメモリの登録キー、及びデフォルトモード設定キーである。 Next, 50 calling key of the mode memory, and mode memory registration key, and is the default mode setting key. モードメモリとは、操作部8で設定された各コピー動作指示の組み合わせ(モード)を記憶するためのものであり、50におけるM1〜M8キーがそれぞれ1つの組み合わせ(モード)に対応し、計8個のモードを登録できる。 The mode memory is for storing a combination of each copy operation instruction set in the operation unit 8 (mode), corresponding to one combination, each M1~M8 keys in 50 (mode), a total of 8 You can register this mode. モードメモリに登録するためには、まず登録したい各コピー動作指示の組み合わせを操作部8で設定した後、Setキーを押しながら例えばM To register with the mode memory, after setting the combination of the copy operation instruction to be first registered in the operation unit 8, for example, holding down the Set key M
1キーを押すと、M1に登録される。 When you press the 1 key, it is registered in M1.

【0048】ついでモードメモリの呼び出しは、単にM [0048] then the mode memory call, simply M
1〜M8キーを押すだけでよく、モードメモリ中に記憶されていた各コピー動作指示の組み合わせに応じて操作部8の各コピー動作指示が自動的に設定される。 1~M8 need only press a key, the copying operation instruction of the operation section 8 in accordance with the combination of the copy operation instruction which has been stored in the mode memory is automatically set. 一方、 on the other hand
デフォルトモードとは、電源オン時、及び、42のRe The default mode is, when the power supply is turned on, and, 42 of Re
setキーを押した場合の、操作部8の初期状態を登録するためのものである。 If you press the set key, it is used to register the initial state of the operation unit 8. デフォルトモードを登録するためには、まず初期状態としたい各コピー動作指示の組み合わせを操作部8で設定した後、50のDefault To register a default mode, after setting the combination of the copy operation instruction to be firstly an initial state on the operation section 8, 50 Default of
キーを押すことにより登録される。 It is registered by pressing the key. 例えば、46の両面モードの設定において両面コピーを選択した状態で、D For example, while selecting duplex copies in the setting of 46 duplex mode, D
efaultキーを押すと、それがデフォルトとして登録され、電源オン時や、42のResetキーを押した場合には、両面モードについては両面コピーが選択された状態になる。 When you press the efault key, it is registered as the default, if you press and when the power is turned on, the 42 of the Reset key is in a state in which two-sided copying is selected for two-sided mode.

【0049】次に、21は操作部の下部に設けられたI Next, 21 provided in the lower part of the operation unit I
Dカードリーダであり、ここにIDカード41を挿入して不図示の接点を経由してID情報を読み取る。 A D card reader reads the ID information via the contacts (not shown) by inserting the ID card 41 here. 複写機にICカード等を挿入して、様々な情報を伝達する機能は既に製品化されているため、詳述はしないが、例えばIDカード41の端部とIDカードリーダ21が、コネクタにより電気的に接続される方式により、CPU17 By inserting the IC card or the like to the copying machine, since the function of transmitting various information is already commercialized, are not described in detail, for example, the end portion and the ID card reader 21 of the ID card 41, electricity through connector the scheme connected, CPU 17
がIDカード41内部の不図示のメモリに書き込まれているID情報を読み取ることができる。 There can be read ID information written in the memory of the ID card 41 inside (not shown). 最後に、51はパーソナライズキーであり、IDカード41が装着された状態で、このキーを押すことにより、操作部8の各設定をユーザ個人用にパーソナライズするためのキーである。 Finally, 51 is a personalized key, with the ID card 41 is mounted, by pressing this key, a key to personalize the settings of the operation unit 8 for user individuals.

【0050】本実施の形態では、コストを抑えるため、 [0050] In the present embodiment, in order to reduce the cost,
操作部41をキー&LEDで構成したが、これを第2の実施の形態のように液晶表示部&タッチパネルで構成すると、各コピー動作指示について柔軟な設定が行え、また各種状態表示も詳細に表示できるようになる。 While the operation unit 41 is constituted by keys and LED, and configure this in the liquid crystal display unit and a touch panel as in the second embodiment, can be flexibly set for each copy operation instruction, also various states displayed in detail display become able to.

【0051】図5は、カラー複写機1における各種の編集処理を説明するための図である。 [0051] Figure 5 is a diagram for explaining various editing processes of the color copying machine 1.

【0052】まず、図5(a)は、ソート機能を説明するための図である。 Firstly, FIG. 5 (a) is a diagram for explaining the sort function. 3ページの原稿の3部コピーにおいて、図4の操作部の45でソートコピーが指示された場合、原稿自動給紙部において、3ページ目の原稿がまず原稿読み取り位置に運ばれ、その1部目がコピーされて、ステープルソータユニット16の一番上部の排紙トレー39a上に排紙される。 In 3 copies of the document page 3, if the sort copy 45 of the operation unit in FIG. 4 is instructed, the automatic document feeder, transported to a document is first document reading position of the third page, a portion thereof eyes is copied, it is discharged on the uppermost part of the sheet discharge tray 39a of the staple sorter unit 16. ついで、3ページ目の2部目がコピーされて、排紙トレー39b上に排紙される。 Then, the second copy of the third page is copied, it is discharged onto a discharge tray 39 b.
ついで、3ページ目の3部目がコピーされて、排紙トレー39c上に排紙される。 Then, the third copy of the third page is copied, it is discharged onto a paper discharge tray 39c. これが、2ページ目と1ページ目について繰り返されることにより、各排紙トレー上に、3ページ1部ずつ排紙される。 This, by being repeated for the second page and the first page, on the paper discharge tray is discharged by 1 part 3 pages. これがソート機能である。 This is the sort function. 一方、ソート機能を使わないノンソートコピーの場合は、3ページ目の3部が全て一番上部の排紙トレー39a上に排紙され、ついで2ページ目の3部が全て、 On the other hand, in the case of a non-sort copies without sorting, 3 3 parts of page is ejected all at the very top of the paper discharge tray 39a on, then 3 parts of all of the second page,
その上に排紙され、最後に1ページ目の3部が全て、その上に排紙される。 Is discharged thereon, 3 parts of the end on the first page are all is discharged thereon.

【0053】図5(b)は、ステープル機能を説明するための図である。 [0053] FIG. 5 (b) is a diagram for explaining a stapling function. ステープル機能は通常ソート機能と組み合わせて使われ、各排紙トレー上にソート出力された各部を、ステープルユニット38により、図5(b)に示すように例えば53の位置でステープルするものである。 The staple function is used in combination with the usual sort function, each unit sorted output on each discharge tray, the staple unit 38, is to staple at the position of for example 53 as shown in Figure 5 (b).

【0054】図5(c)は、片面原稿を両面コピーする両面コピー機能を説明するための図である。 [0054] FIG. 5 (c) is a diagram for explaining a duplex copy function for double-sided copying simplex document. 図5(c) Figure 5 (c)
では、4ページの片面原稿が用紙の両面にコピーされ、 In, one-sided document of four pages are copied on both sides of the paper,
2枚の両面コピー出力が得られる様子を示している。 Duplex copy output of the two sheets shows how the resulting. この両面コピーにおいては、まず、原稿自動給紙部において、4ページ目の原稿がまず原稿読み取り位置に運ばれ、それが1枚目の用紙の裏面にコピーされて、両面トレー34に排紙される。 In this two-sided copying, first, in automatic document feeder, of the fourth page document transported to the first document reading position, it is copied to the back surface of the first sheet is discharged to both sides tray 34 that. ついで、3ページ目の原稿が原稿読み取り位置に運ばれ、それが両面トレーから給紙された1枚目の用紙の表面にコピーされる。 Then, the third page of the original is conveyed to the document reading position, it is copied to the surface of the first sheet of paper fed from the duplex tray. ついで2ページ目と1ページ目についても同様に処理されることによって両面コピーが実現される。 Then sided copying is achieved by being also similarly processed second page and the first page.

【0055】図5(d)は、両面原稿を両面コピーする両両コピー機能を説明するための図である。 [0055] FIG. 5 (d) is a diagram for explaining a Ryoryo copy function of two-sided copying double-sided originals. 図5(d) Figure 5 (d)
では、4ページ(2枚)の両面原稿が用紙の両面にコピーされ、4ページ(2枚)の両面コピー出力が得られる様子を示している。 In, shows how the two-sided document of 4 pages (2 sheets) are copied on both sides of the paper, two-sided copy output of 4 pages (2 sheets) are obtained. この両両コピーにおいては、まず、 In this Ryoryo copy, first,
2枚目の原稿の裏面(4ページ目)が読み取られて、1 The second sheet of the back side of the document (page 4) is read, 1
枚目の用紙の裏面にコピーされ、ついで原稿自動給紙部において2枚目の原稿が反転されて表面(3ページ目) Th is copied on the back side of the paper, then the second document is inverted in automatic document feeder surface (third page)
が読み取られて、1枚目の用紙の表面にコピーされて排紙される。 It is read and the paper discharge is copied on the surface of the first sheet. ついで、1枚目の原稿についても同様に処理されることによって両両コピーが実現される。 Then, both the two copies are realized by being also similarly processed first document.

【0056】図6は、カラー複写機1における各種設定データを説明するための図である。 [0056] Figure 6 is a diagram for explaining the setting data in the color copying machine 1.

【0057】図6(a)は、不揮発性RAM20内のデータの保持状況であり、まず、操作部8上の各モードメモリキーM1〜M4に対応するモードメモリの内容がそれぞれ61a〜61dに記憶される。 [0057] FIG. 6 (a) is a holding status of the data in the nonvolatile RAM 20, first, the content of the mode memory corresponding to each mode memory key M1~M4 on the operation unit 8 respectively stored in 61a~61d It is. 次に61eは、操作部のところで説明したデフォルトモードを記憶するための領域である。 Then 61e is an area for storing a default mode described at the operating unit. 次に、61fは、その他の登録データを保持する領域である。 Then, 61f is an area for holding the other registration data. 不揮発性RAM20内のデータは、複写機の電源をオフしても消えないため、これらのモードメモリやデフォルトモードの内容も消えることはない。 Data in non-volatile RAM20, since not disappear even when the power is turned off the copier and does not disappear even contents of these modes memory or the default mode.

【0058】本実施の形態においては、モードメモリM [0058] In the present embodiment, mode memory M
1〜M4は、全ユーザに共通となっており、パーソナライズの対象となっていない。 1~M4 is, has become common to all users, not the personalization of the subject. よって、不揮発性RAMに記憶される。 Therefore, stored in non-volatile RAM. また、61eに記憶されるデフォルトモードも、全ユーザに共通のものであり、パーソナライズが行われない場合は、この61eのデフォルトモードメモリA中のデフォルトモードが、後述する62fのデフォルトモードメモリBにコピーされて使われる。 Also, the default mode is stored in the 61e, and common to all users, if the personalization is not performed, the default mode for the default mode in the memory A of this 61e is the default mode memory B to be described later 62f It is copied to use.

【0059】図6(b)は、揮発性RAM19内のデータの保持状況であり、まず、操作部8上に現在設定されているコピーモードが62aに記憶される。 [0059] FIG. 6 (b), a holding condition of the data in the volatile RAM 19, firstly, the copy mode on the operation unit 8 is currently set are stored in 62a. 次に、操作部8上の各モードメモリキーM5〜M8に対応するモードメモリの内容がそれぞれ62b〜62eに記憶される。 Next, content of the mode memory corresponding to each mode memory key M5~M8 on the operation unit 8 is stored in 62b~62e respectively. 次に62fは、操作部のところで説明したデフォルトモードを記憶するための領域である。 Then 62f is an area for storing a default mode described at the operating unit. 次に、62g Then, 62g
は、作業用のワーク領域であり、その一部に、複写機に装着されている上段カセットの紙サイズと用紙種別を検知した結果を保持する領域62hと、下段カセットの紙サイズと用紙種別を検知した結果を保持する領域62i Is a work area for work, in part, an area 62h for holding the result of detecting a sheet size and paper type of the upper cassette mounted on the copying machine, the paper size and paper type of the lower cassette holding a result of the detection area 62i
が含まれる。 It is included.

【0060】揮発性RAM19内のデータは、複写機の電源をオフすると消えるため、電源オン時には各領域には初期値が設定される。 [0060] Data in the volatile RAM19, because disappear and turning off the power supply of the copying machine, the initial value is set at power-on in each region. 具体的には、不揮発性メモリ2 Specifically, the nonvolatile memory 2
0中のデフォルトモードメモリA61e中のデフォルトモードが、現在のコピーモード62a、各モードメモリ62b〜62e、デフォルトモードメモリB62fにコピーされる。 The default mode for the default mode in the memory A61e in 0, current copy mode 62a, the mode memory 62B~62e, is copied to the default mode memory B62f. また、62a〜62fの領域の値は各ユーザごとにパーソナライズ可能であり、パーソナライズが行われた場合は、この領域のデータが各ユーザ用のデータに書き換えられる。 The value of the region of 62a~62f is capable personalized for each user, if the personalization has been performed, the data in this area is rewritten into data for each user. また、パーソナライズを解除する場合には、この領域のデータは、電源オン時と同様、不揮発性メモリ中のデフォルトモードメモリA中のデフォルトモードに置き換えられて初期化される。 Further, when releasing the personalization data in this area, similar to power-on, it is initialized replaced by the default mode in the default mode memory A in the non-volatile memory.

【0061】図6(c)は、コピーモードの構成要素の具体例を示すものである。 [0061] FIG. 6 (c) shows a specific example of the components of the copy mode. 1つのコピーモードは、コピー部数の設定63a、ノンソートコピーやソートコピー等を指示するソートモードの設定63b、片面コピーや両面コピー等を指示する両面モードの設定63c、給紙段の選択63d、選択された給紙段の用紙サイズ63 One copy mode, number of copies settings 63a, sort mode setting 63b for instructing the non-sort copying or sort copying, etc., setting the duplex mode for instructing a single-sided copy or duplex copying, etc. 63c, selected paper feed cassette 63d, paper size of the selected paper feed stage 63
e、選択された給紙段の用紙種別63f、等倍コピーや拡大コピー等を指示する変倍モードの設定63gから構成される。 e, paper type 63f of the selected paper feed stage, and a magnification mode setting 63g for instructing the equal magnification copying or enlarged copying or the like.

【0062】この構成のコピーモードにおいて、各コピーモードメモリやデフォルトモードメモリに登録を行う場合は、現在のコピーモードが、各コピーモードメモリやデフォルトモードメモリにそのままコピーされる。 [0062] In the copy mode of this configuration, when performing registration in each copy mode memory or default mode memory, the current copy mode, it is copied to each copy mode memory and default mode memory. 一方、各コピーモードメモリやデフォルトモードメモリが呼び出される場合は、逆に、それらの内容が現在のコピーモード領域62aにコピーされるが、このとき、記憶されている給紙段に記憶されている紙サイズや用紙種別が入っていない場合がある。 On the other hand, if each copy mode memory or the default mode memory is called, on the contrary, but their contents are copied to the current copy mode region 62a, and at this time, stored in the sheet feed tray stored there is a case in which paper size and paper type is not turned on. その場合は、紙サイズと用紙種別の方を優先して給紙段が変更されるが、一致するものがない場合は、不図示のメッセージ部に、一致する紙サイズと用紙種別がない事を表示する。 In that case, although the paper feed stage by preference to the paper size and paper type is changed, If there is no match, the message portion, not shown, that there is no paper size and paper type to be matched indicate.

【0063】図7は、カラー複写機1におけるパーソナライズ情報のやりとりを説明するための図である。 [0063] Figure 7 is a diagram for explaining the exchange of personalized information in the color copying machine 1. 操作部8において、IDカード41が装着された状態で、パーソナライズキー51が押されると、図7(a)に示すように、まず、複写機1からパーソナライズサーバ3 The operation unit 8, in a state where ID card 41 is attached, the personalizing key 51 is pressed, as shown in FIG. 7 (a), first, personalizing server 3 from the copying machine 1
に、機種グループID情報64aと、ユーザID情報6 In, and the model group ID information 64a, user ID information 6
4bが送付される。 4b is sent. 機種グループID情報とは、例えばコピー機なら1、FAXなら2、プリンタなら3というように機種グループを識別する情報である。 The model group ID information, for example 2 for the copier if 1, FAX, is information for identifying the model group and so if the printer 3. ユーザID User ID
情報とは、各ユーザを識別するための情報であり、例えばAさんなら00001、Bさんなら00002というような情報である。 Information is information for identifying each user, is information such as 00002 if for example Mr. A if 00001, B's. パーソナライズサーバ3は、複写機1から、機種グループID情報64aと、ユーザID情報64bが送付されると、機種グループ別、及びユーザ別に記憶していたパーソナライズ情報を取り出し、図7 Personalizing server 3 from the copying machine 1, taken out and model group ID information 64a, the user ID information 64b is sent, each model group, and the personalization information stored by the user, Fig. 7
(b)に示すように、複写機1にパーソナライズ情報を送り返す。 (B), the back personalized information to the copying machine 1. 本実施の形態のパーソナライズ情報は、図7 Personalized information of the present embodiment, FIG. 7
(b)に示すように、当該ユーザが前回の操作で行った最後の操作部の状態である、前回の最終コピーモード6 (B), the said user is in a state of the last operation unit performed by the previous operation, the previous final copy mode 6
5a、各コピーモードメモリ65b〜65e、当該ユーザ用のデフォルトコピーモード65fから構成される。 5a, each copy mode memory 65B~65e, composed of the default copy mode 65f for the user.
複写機1は、この送られてきたパーソナライズ情報を不揮発性メモリの領域62a〜62fにそれぞれコピーすることによりパーソナライズを実現する。 Copier 1 realizes personalization by copying each personalized information that has this sent to the region 62a~62f nonvolatile memory. ただし、現在のコピーモードにおける用紙の選択に関しては、パーソナライズ情報の内容と実際に装着されている用紙サイズ等が一致しない場合があるので、前述したコピーモードメモリ呼び出し時と同様にして処理する。 However, with respect to the selection of a sheet in the current copy mode, there is a case where the sheet size, etc. that are actually mounted to the contents of the personalization information does not match, is processed in the same manner as in the copy mode memory call described above.

【0064】一方、操作部8において、パーソナライズが行われた後、IDカード41が抜かれると、図7 [0064] On the other hand, the operation unit 8, after the personalization is performed, the ID card 41 is pulled out, FIG. 7
(c)に示すように、複写機1からパーソナライズサーバ3に、機種グループID情報66aと、ユーザID情報66bと、その時点でのパーソナライズ情報66c〜 (C), the personalized server 3 from the copying machine 1, and the model group ID information 66a, the user ID information 66b, personalized information at that time 66c~
hが送付される。 h is sent. パーソナライズサーバ3は、複写機1 Personalized server 3, the copying machine 1
から、これらの情報を受け取ると、内部記憶していた、 From receives the information, it has been an internal storage,
機種グループ別、及びユーザ別のパーソナライズ情報を書き換え更新する。 Each model group, and to rewrite update the user-specific personalized information.

【0065】以上のように、機種グループID情報を伴ってパーソナライズ情報をやりとりし、機種グループ別にパーソナライズ情報を管理することにより、複写機やFAXやプリントが共通のパーソナライズサーバを使うことができ、さらに機種固有の形でパーソナライズ情報を取得できる。 [0065] As described above, to exchange the personalized information with the model group ID information, by managing the personalized information for each model group, can be a copying machine or a FAX or print uses a common personalized server, further You can obtain personalized information in the model-specific form.

【0066】また、以上のように、複写機を使用した最後の状態のコピーモードを、パーソナライズサーバに送って記憶させ、次回の使用時にパーソナライズキーによって呼び出すことにより、前回のコピー操作の続きを行えるという、個人用のノートブックパソコン等で実現している、いわゆるレジューム機能を、複数のユーザが共同に使用する複写機において実現することができる。 [0066] In addition, as described above, the copy mode of the last state using the copying machine, to be stored and send personalized server, by calling by the next of personalized key at the time of use, perform a continuation of the previous copy operation that is realized by a notebook personal computer personal, a so-called resume function, a plurality of users can be realized in the copying machine used to co. また、このレジューム機能は、前回操作を行った複写機と異なる複写機においても、前回のコピー操作の続きを行えるという特徴もある。 Also, the resume function is also in the copying machine is different from the copier performing the previous operation, also characterized in that allows the continuation of the last copy operation.

【0067】図1は、カラー複写機1の制御フローを説明するためのフローチャートである。 [0067] Figure 1 is a flow chart for explaining a control flow of the color copying machine 1. まず、S11では、パーソナライズキーが押されたかをチェックし、押された場合には、S12でIDカード41がIDカードリーダ21に挿入されているかをチェックする。 First, in S11, it checks whether the personalized key is pressed, when depressed, it is checked whether the ID card 41 in step S12 is inserted into the ID card reader 21. IDカードがない場合はS11に戻るが、IDカードがある場合は、S13でIDカード内からユーザID情報を取得し、ユーザIDを取得したことを示すフラグに1を立てる。 If there is no ID card returns to S11, but, if there is ID card, a user ID information from the ID in the card at S13, it sets 1 to the flag indicating that it has acquired a user ID. ついで、S14では、図7(b)で説明したように、機種グループIDとユーザIDをパーソナライズサーバに送付し、S15では、図7(b)で説明したように、パーソナライズサーバからパーソナライズ情報を受け取る。 Then, in S14, as described with reference to FIG. 7 (b), sends the model group ID and user ID to personalization server, in S15, as described with reference to FIG. 7 (b), the receive personalized information from personalizing server . ついで、S16では、受け取ったパーソナライズ情報を、図6の各領域62a〜fに書き込むことにより、操作部の各設定をパーソナライズする。 Then, in S16, the personalized information received, by writing to the respective regions 62a~f 6, to personalize the settings of the operation unit. そして、S Then, S
17では、パーソナライズされた設定でコピー可能かどうかを判定し、例えばパーソナライズされた現在のコピーモードに対応するサイズや種別の紙がない場合は、S In 17, it is determined whether the available copy personalized set, if no size and type of paper for the current copy mode, for example personalized is, S
18でエラーを表示してS11に戻る。 18 Back to the S11 with an error. 一方、コピー可能な場合は、そのままS11に戻る。 On the other hand, if the copy possible, the process returns to the S11.

【0068】ついで、S11でパーソナライズキーが押されていない場合は、S19で、フラグが1でかつ、I [0068] Then, if not personalized key pressed in S11, in S19, and the flag is 1, I
Dカードが抜かれているかどうかを判定する。 It determines whether or not the D card has been pulled out. 即ち、パーソナライズを行った後、IDカードが抜かれたかどうかを判定する。 In other words, after the personalized, it determines whether ID or card is removed. yesの場合は、操作終了を意味するので、S20で、図7(c)で説明したように、機種グループIDとユーザIDとパーソナライズ情報をパーソナライズサーバに送付し、パーソナライズ情報の更新を行い、フラグを0に戻し、また、パーソナライズ部分にデフォルトコピーモードメモリAの内容をコピーして、パーソナライズ状態を解除する。 If yes, then it means the end of the operation, in S20, as described with reference to FIG. 7 (c), the send the model group ID and the user ID and personalization information to the personalized server, updates the personalization information, flag allowed to return to 0, also copy the contents of the default copy mode memory a personalized part, to release the personalized state.

【0069】ついで、S19でnoの場合は、S21 [0069] then, in the case of no at S19, S21
で、モードメモリの呼び出しキーであるM1〜M8のどれかが押されたか判定し、押されている場合は、S22 In, any M1~M8 of a call key of the mode memory it is determined if it were pressed, if you are pressed, S22
で押されたモードメモリの内容を現在のコピーモード領域にコピーし、操作部に設定し、S11に戻る。 Copy the contents of the pressed mode memory in the current copy mode region, set in the operation unit, the flow returns to S11. S21 S21
で、モードメモリの呼び出しキーが押されていない場合には、S23で、それ以外のキーが押されているか判定し、押されている場合はS24で各キーに応じた処理を行い、S11に戻る。 In, if the call key mode memory is not pressed, in S23, it is determined whether the other keys are pressed, it performs the processing corresponding to each key in S24 If it is pressed, to S11 Return. 最後に、S25では、コピースタートキーが押されたかどうかを判定し、押されている場合は、S26で、操作部に現在設定されている設定に基づいてコピーを行い、その後、S11に戻る。 Finally, in S25, the determination whether the copy start key is pressed, if you are pressed in S26, performs a copy based on the setting that is currently set in the operation unit, then returns to S11.

【0070】本実施の形態では、IDカードを挿入された後、パーソナライズキーが押されたタイミングでパーソナライズを行うようにしたが、これを、IDカードを挿入されたらパーソナライズを行うようにした方式も好適である。 [0070] In this embodiment, after insertion of the ID card has been to achieve personalization timing personalized key is pressed, which, even scheme to perform personalized Once inserted the ID card it is preferred. 前者の方式は、任意のタイミングでパーソナライズを行えるという利点があり、後者の方式は、パーソナライズキーを押す必要がないという利点がある。 The former method has the advantage of enabling the personalization at any time, the latter method has the advantage that there is no need to press the personalized key.

【0071】(第2の実施の形態)次に図8乃至図15 [0071] (Second Embodiment) Next FIGS. 8 to 15
を用いて、本発明に係る画像処理装置の第2の実施の形態としての複写機について説明する。 It is used to describe a copying machine as a second embodiment of an image processing apparatus according to the present invention.

【0072】本発明の第2の実施の形態は、第1の実施の形態とは、ネットワークへの接続手段、パーソナライズサーバの個数、操作部の構成、ID詔識手段、パーソナライズ登録方法、パーソナライズ項目等が異なっている。 [0072] The second embodiment of the present invention, the first embodiment, the connection means to the network, the number of personalization server, configuration of the operation unit, ID Mikotonori識 means, personalized registration method, personalization item etc. are different. その他の構成及び作用については第1の実施の形態と同様であるため、同一構成要素には同一番号を付して説明を省略する。 Since the other structures and functions are the same as in the first embodiment, the same constituent elements will not be described are given the same numbers. 以下に第1の実施の形態との相違部分について説明を行う。 A description is given of differences from the first embodiment in the following.

【0073】図8は、本実施の形態としてのカラー複写機の概略構成及びそれを含むシステムを示す図である。 [0073] Figure 8 is a diagram showing a system including a general configuration and that of the color copying machine as the present embodiment.

【0074】まず、第1の実施の形態と第1に異なる点は、カラー複写機1がネットワーク2と画像処理装置7 [0074] First, a first embodiment is first different point, the color copying machine 1 is the network 2 and the image processing apparatus 7
2を介在して接続される点である。 It is a point connected 2 interposed to the. この画像処理装置7 The image processing apparatus 7
2は内部に画像メモリを持ち、コンピュータからネットワーク2経由で画像データを受け取って、内部の画像メモリに展開し、カラー複写機1に送ってプリントするカラープリント機能を実現するものである。 2 has an image memory therein, it receives the image data via the network 2 from the machine, expand inside the image memory, and realizes a color print function of printing is sent to the color copying machine 1. このような場合は、カラー複写機1に直接ネットワーク2を接続する代わりに、画像処理装置72を介してネットワーク2に接続する方が、ネットワーク接続部を兼用できるので好ましい。 In such cases, it preferred instead of connecting directly network 2 to the color copying machine 1, it is connected to the network 2 via the image processing apparatus 72, since it also serves as the network connection. この場合、パーソナライズ用のユーザID情報、機種情報、パーソナライズ情報は、画像処理装置を経由して、カラー複写機とパーソナライズサーバ間でやりとりされる。 In this case, the user ID information for personalization, model information, personalized information, via an image processing apparatus, is exchanged between the color copier and personalization server. このように画像処理装置などを経由してネットワーク接続されたパーソナライズサーバにアクセスする場合も、本発明の意図する範囲に含まれる。 Even when accessing to the thus personalizing server networked via an image processing apparatus, it included in the intended scope of the present invention.

【0075】次に、第1の実施の形態と第2に異なる点は、パーソナライズサーバが、1つではなく複数ある点である。 Next, the first embodiment and the second different point, personalizing server is plural points instead of one. 即ち、あるユーザについてはパーソナライズサーバ3aからパーソナライズ情報を取得し、別のユーザについてはパーソナライズサーバ3bからパーソナライズ情報を取得する。 That is, obtains the personalized information from the personalization server 3a for a user, for another user to obtain personalized information from the personalization server 3b. どのパーソナライズサーバから、パーソナライズ情報を取得するかという情報は、本実施の形態の場合は、IDカードに記憶されているユーザID From which personalizing server, information indicating acquires personalized information in the case of this embodiment, the user ID stored in the ID card
情報の一部として取得する構成となっているが、これを例えば、ユーザID情報をネットワーク上の各装置にブロードキャストし、そのユーザID情報に対応するパーソナライズ情報を保持しているパーソナライズサーバが、それに応答してパーソナライズ情報を送り返すような構成にしても良い。 Although a configuration of acquiring the part of the information, this example, broadcast user ID information to each device on the network, personalization server holding personalized information corresponding to the user ID information, it it may be configured such as send back a personalized information in response.

【0076】次に、第1の実施の形態と第3に異なる点は、パーソナライズサーバが専用のサーバではなく、各ユーザが所有している各パーソナルコンピュータである点である。 [0076] Next, the first embodiment and the third different point, rather than the personalizing server is a dedicated server is that it is the personal computer each user owns. ネットワークに接続されている各パーソナルコンピュータは、各ネットワークアドレスを持っており、IDカードに記憶されているユーザID情報の一部として、このネットワークアドレスが記載されている。 Each personal computer connected to a network, has a respective network address, as part of the user ID information stored in the ID card, the network address is described.
よって、パーソナライズが行われる場合は、IDカードから読み出されたネットワークアドレスを持つパーソナルコンピュータに対して、パーソナライズ情報の転送が要求され、それに応じて各ユーザのパーソナルコンピュータからパーソナライズ情報が送られてくる。 Therefore, if the personalization is performed, to the personal computer with the network address read from the ID card, is personalized information transfer request, personalization information is sent from the personal computer of each user accordingly . 第1の実施の形態の構成では、パーソナライズ情報を集中管理でき、またパーソナライズサーバがつねに存在するという利点があるが、本実施の形態の構成では、専用のパーソナライズサーバを作る必要がなく、また各ユーザが自分のパーソナルコンピュータで、パーソナライズ情報を編集しうるという利点がある。 In the configuration of the first embodiment, centralized administration of personalized information, also has the advantage of personalizing server exists always, in the configuration of the present embodiment, there is no need to make a dedicated personalization server, and each users with their own personal computer, there is an advantage that can edit the personalized information.

【0077】次に、第1の実施の形態と第4に異なる点は、IDカードリーダ73が非接触型のカードリーダである点である。 Next, the first embodiment and the fourth different point is that the ID card reader 73 is a non-contact type card reader. 近年、電波を利用した、非接触型のID In recent years, using radio waves, the non-contact type ID
カードリーダが、オフィスのドア開閉管理用の通行者識別などに利用され始めている。 Card reader, are beginning to be available, such as in the office of the passer-by identification of door opening and closing management. また、電車の自動改札などの用途でも研究が進んでいる。 In addition, research is progressing also in applications such as automatic ticket gate of the train. この非接触型のIDカードリーダは、IDカード側をバッテリーを持たせたI The contactless ID card reader has an ID card side to have a battery I
Cカードで構成し、ICカード側から電波を発生するなどすれば、比較的実現が簡単なので、詳細の説明は省略するが、非接触でID情報を授受できるものであれば、 Constituted by C card, if such generates a radio wave from the IC card side, since relatively realize simple, is omitted the detailed description, as long as it can transfer the ID information in a non-contact,
他の方式でも構わない。 It may be in other ways. 第1の実施の形態の構成は、既存の技術を使って実現でき、また、ユーザのIDカードを確実に識別できて、確実に読めるという利点がある。 Configuration of the first embodiment can be realized using existing technologies, also made reliably identify the ID card of the user, there is an advantage that reliably read.
一方、本実施の形態の構成は、ユーザがIDカードを複写機に装着しなくても、IDカードを身につけたまま、 On the other hand, while the configuration of the present embodiment, a user without wearing the ID card into the copier, wearing ID card educated,
装置の前に立つだけで、ID情報を伝達できるという利点がある。 Only standing in front of the device, there is an advantage that can transmit the ID information.

【0078】図9は、第2の実施の形態としての複写機の操作部74のキー&表示配置図である。 [0078] Figure 9 is a key and display arrangement view of a copying machine of the operation unit 74 as the second embodiment. 非接触型のI Non-contact type of I
Dカードリーダ73は操作部下部に位置し、IDカード81から非接触でID情報を取得する。 D card reader 73 is located in the operation subordinates unit, acquires the ID information in a non-contact from the ID card 81.

【0079】次に、第1の実施の形態と第5に異なる点は、第1の実施の形態では、IDカードを抜いた時点でパーソナライズサーバ中のパーソナライズ情報を更新したが、本実施の形態では、操作部74中の82に示すR [0079] Next, the first embodiment is the fifth in different points in the first embodiment has been updated personalized information in personalization server when disconnect the ID card, the present embodiment in, R shown in 82 in the operation unit 74
egistキーを明示的に押した時点で、更新するようにした点である。 At the time of explicitly press the egist key, a point which is adapted to update. 第1の実施の形態では、キー操作を行うことなく、自動的に更新される利点があるが、本実施の形態では、更新したくない場合には更新しないようにできるという利点がある。 In the first embodiment, without performing the key operation, there is an advantage to be automatically updated, in this embodiment, if you do not want to update the advantage of being able to not update.

【0080】次に、第1の実施の形態と第6に異なる点は、操作部74の中央部の84の領域を、液晶表示部と、その上に配置された透明なタッチパネルで構成した点である。 Next, the first embodiment is different from the sixth, that the 84 regions of the central portion of the operation unit 74, a liquid crystal display unit, and a transparent touch panel disposed thereon it is. 即ち、領域84上に任意の表示を行え、また、好きな位置にキーを配置することができる。 That is, performing any display on the area 84, also can be placed keys anywhere. 図9の場合は、個別の設定を行っていない、標準状態の場合に領域84に表示される標準画面の様子を示している。 In the case of FIG. 9, not performing individual settings, it shows how the standard screen displayed in the area 84 in the standard state. この場合、各個別設定で設定された設定結果のみが領域8 In this case, only the setting result set in the individual setting area 8
4に表示される。 4 is displayed on. 図9の表示は、上段からA4サイズの普通紙を給紙し、片面、等倍、単色、ソートでコピーを行うことを意味している。 Display of FIG. 9, feeds a plain paper of A4 size from the top, one side, an equal magnification, monochromatic, which means to make a copy in the sort. また、各個別設定は、操作部74の左側の各個別設定開始キー領域83の各キーを押して設定を行う。 Each individual setting performs setting by pressing the keys of the left side of each individual setting start key area 83 of the operation unit 74.

【0081】次に、第1の実施の形態と第7に異なる点は、領域84の左下部に、認識したユーザID情報を表示して、ユーザが確認できるようにした点である。 Next, the first embodiment is different from the seventh, the lower left portion of the region 84, and displays the recognized user ID information is that the user has to be confirmed. 第1 First
の実施の形態では、挿入型のIDカードであるので、誤読み取りは無視できるが、本実施の形態では、非接触型のIDカードであるので、通行人など、ユーザ以外のI In the embodiment, since it is insertable ID card, but misreading is negligible, in this embodiment, since a non-contact type ID card, such as passers, other than the user I
Dカードに反応して、その間違ったID情報に基づいてパーソナライズを行うのを避けるため、ユーザがID情報を確認できることは重要である。 In response to D card, to avoid performing a personalization based on the incorrect ID data, it is important that the user can check the ID information.

【0082】次に、第1の実施の形態と第8に異なる点は、カラー複写機の操作部74を用いて指定する画像編集機能として、単色カラーと、合成が追加されている点である。 [0082] Next, the first embodiment differs from the eighth, as an image editing function that specifies using the operating unit 74 of the color copying machine, is that a single color, synthesis is added . これらの設定も、操作部74の左側の領域83 Also these settings, the left region 83 of the operation unit 74
内の単色カラー設定開始キーと、合成設定開始キーを押して設定を行う。 And monochromatic color setting start key of the inner, the settings by pressing the synthetic setting start key is carried out.

【0083】次に、第1の実施の形態と第9に異なる点は、カラー複写機の操作部74を用いて登録する項目として、第1の実施の形態では、コピーモードメモリとデフォルトコピーモードなどのコピーモードを登録していたが、本実施の形態では、それらに加えて、各種の登録も行えるようにした点である。 [0083] Next, the first embodiment is different from the ninth, as an item to be registered using the operation unit 74 of the color copying machine, in the first embodiment, the copy mode memory and default copy mode It had registered the copy mode, such as, in this embodiment, in addition to their lies in that so as to perform also various registration. この各種の登録も、操作部74の左側の領域83内の登録設定開始キーを押して設定を行う。 The various registered, perform the settings by pressing the registration setting start key in the left-hand side of the area 83 of the operation unit 74.

【0084】図10、図11は、本実施の形態としての複写機において各個別設定を行う場合の、液晶表示部8 [0084] Figure 10, Figure 11, in the case of performing each individual set in the copying machine as the present embodiment, the liquid crystal display unit 8
4の各表示を説明するための図である。 It is a diagram for explaining the display of 4. まず、領域83 First, region 83
内のソート設定開始キーが押されると、図10(a)の画面が、液晶表示部84に表示されて、ソートモードの設定が開始される。 If the sort setting start key of the inner is pressed, the screen in FIG. 10 (a), is displayed on the liquid crystal display unit 84, setting of the sort mode is started. ユーザは、設定したいソートモードの左側に表示されているキーを指で触り、それを不図示のタッチパネルで検出することにより、指示されたソートモードが選択される。 User, the key that is displayed on the left side of the sorting mode to be set to touch with a finger, by detecting it with the touch panel (not shown), the sort mode is instructed is selected. ついで、Setキーを押すことにより、ソートモードの設定が終了し、図9の標準画面に戻る。 Then, by pressing the Set key, set the sort mode is finished, return to the standard screen of FIG. 9. 第1の実施の形態と同じ機能である、両面モード、用紙選択、変倍なども同様にして設定される。 The same function as the first embodiment, duplex mode, paper selection, magnification, etc. are also set in a similar manner.

【0085】次に、領域83内の登録設定開始キーが押されると、図10(b)の画面が、液晶表示部84に表示されて、登録設定が開始される。 Next, the registration setting start key region 83 is pressed, the screen of FIG. 10 (b), is displayed on the liquid crystal display unit 84, the registration setting is started. まず、一番上は色登録を開始する指示であり、2番目は画像登録を開始する指示であり、3番目は各種タイマ値と音の設定を開始する指示であり、4番目はカラーバランスの設定を開始する指示である。 First, the top is an instruction to start the color registration, the second is an instruction to start the image registration, third is the instruction to start setting of various timer value and sound, and the fourth color balance is an instruction to start the set. 図10(b)で、色登録の開始を指示するキーが押されると、液晶表示部84の画面は図10 In FIG. 10 (b), the when the key for instructing the start of color registration is pressed, the screen of the liquid crystal display unit 84 is 10
(c)の画面に切り替わる。 It switched to the screen of (c). 色登録では8色までの色を登録できる。 You can register the color of up to 8 colors in the color registration. 登録作業はまず、登録したい色の番号を選択し、登録したい色の原稿を、不図示の原稿読み取り位置上の所定の位置におき、図10(c)の登録キーを押すと画像読み取り部9により、その色が読み取られて、 Registration operation will first select the number of colors to be registered, the color of the document to be registered, placed at a predetermined position on the document reading position (not shown), an image reading unit 9 by pressing the registration key shown in FIG. 10 (c) Accordingly, the color is read,
対応するMCYK画像データの値が揮発性RAM19内に記憶される。 The value of the corresponding MCYK image data is stored in the volatile RAM 19. そして、登録が終われば、図9の標準画面に戻る。 Then, After completion registration, return to the standard screen of FIG. 9. 本実施の形態では、この色登録情報もパーソナライズ可能となっている。 In this embodiment, also made possible personalize the color registration information. すなわち、各ユーザごとに8色までの自分専用の色登録データを使用することができる。 That is, it is possible to use their own color registration data to eight colors for each user.

【0086】次に、図10(b)で画像登録の開始を指示するキーが押された場合は、液晶表示部84の画面は図10(d)の画面に切り替わる。 Next, if the key for instructing the start of image registration is pressed FIG. 10 (b), the screen of the liquid crystal display unit 84 is switched to the screen of FIG. 10 (d). 画像登録では8個までの画像を登録できる。 In the image registration can be registered the image of up to eight. 登録作業はまず、登録したい画像の番号を選択し、登録したい原稿画像を、不図示の原稿読み取り位置上の所定の位置におき、図10(d)の登録キーを押すと画像読み取り部9により、その画像が読み取られて、各画素のRGB画像データの値が画像処理部11内の後述する揮発性メモリ内に記憶される。 Registration operation initially selects the image number you want to register, a document image to be registered, placed at a predetermined position on the document reading position (not shown), by the image reading unit 9 by pressing the registration key shown in FIG. 10 (d) , the image is read, the value of the RGB image data of each pixel is stored in volatile memory that will be described later in the image processing unit 11. 本実施の形態では、この画像登録情報もパーソナライズ可能となっている。 In this embodiment, also made possible personalized image registration information. すなわち、各ユーザごとに8個までの自分専用の登録画像を使用することができる。 That is, it is possible to use their own registered images up to eight for each user.

【0087】次に、図10(b)でタイマ/音設定の開始を指示するキーが押された場合は、液晶表示部84の画面は図11(a)の画面に切り替わる。 Next, if the key for instructing the start of the timer / sound setting is pressed FIG. 10 (b), the screen of the liquid crystal display unit 84 is switched to the screen of FIG. 11 (a). タイマ/音設定では、まず一番上で、オートクリアタイマ値の設定を行う。 In the timer / sound settings, at the top in the first, the setting of the auto-clear timer value. オートクリアタイマとは、ここで指定された時間(単位は秒)の間、操作が行われないと操作が終了したと見なして、自動的に操作部を初期状態、即ち、Res The auto-clear timer during specified here time (in seconds), regarded as the operation is not performed and the operation is completed, automatically the operation unit initial state, i.e., Res
etキーが押された場合と同じ状態に戻す機能である。 et key is the ability to return to the same state as when it is pressed.
次に、2番目は、オートオフタイマ値の設定を行う。 Then, the second, to set the auto-off timer value. オートオフタイマとは、ここで指定された時間(単位は分)の間、操作が行われないと、もう使われないと見なして、自動的に電源をオフする機能である。 The auto off timer, during specified here time (in minutes), the operation is not performed, is regarded as not longer in use, is the ability to automatically turn off the power. 次に、3番目は、各キーを押した時に、不図示のスピーカーからキータッチ音を出すか出さないかの指示である。 Then, the third is, when you press each key, which is an instruction from the speaker (not shown) or not issued or issues a key touch sound. 次に、4 Then, 4
番目は、何らかのエラーが発生した時に、不図示のスピーカーからエラー警告音を出すか出さないかの指示である。 Th, when an error occurs, it is an instruction from the speaker (not shown) or not issued or give an error warning sound. 本実施の形態では、このタイマ/音設定もパーソナライズ可能となっている。 In the present embodiment, and it can personalize Again timer / sound setting. すなわち、各ユーザごとに自分専用のタイマ/音設定で操作部を使用することができる。 That is, it is possible to use the operating unit on their own timer / sound setting for each user.

【0088】次に、図10(b)でカラーバランス設定の開始を指示するキーが押された場合は、液晶表示部8 Next, if the key for instructing the start of the color balance setting is pressed in FIG. 10 (b), the liquid crystal display unit 8
4の画面は図11(b)の画面に切り替わる。 4 of the screen is switched to the screen of FIG. 11 (b). カラーバランスとは、カラー画像を形成するMCYKの各色成分について、個々に濃いめに形成したり、薄目に形成することを指示することで、ユーザの好みの色味で形成をおこなうための指示である。 Color balance and, for each color component of MCYK for forming a color image, individually or formed darker, by instructing to form a thin, are instructions for performing formation in the user preference color . 図11(b)では、MCYK In FIG. 11 (b), MCYK
ごとに、標準の濃さを100%として、濃いめに形成する場合は大きな数値を、薄目に形成する場合は小さな数値になるように、上下キーを用いて設定する。 Each, as a standard density of 100%, a large number if forming a darker, as the case of forming the thin becomes small numbers, set by using the up and down keys. 設定が終了すればSetキーを押す。 Setting press the Set key when finished. 本実施の形態では、このカラーバランス設定もパーソナライズ可能となっている。 In this embodiment, also made possible personalize the color balance setting.
すなわち、各ユーザごとに自分の好みのカラーバランス設定でコピーを行うことができる。 That is, it is possible to copy the color balance setting his preferences for each user.

【0089】次に、領域83内の単色カラー設定開始キーが押されると、図11(c)の画面が、液晶表示部8 [0089] Next, when the single-color setting start key region 83 is pressed, the screen in FIG. 11 (c), the liquid crystal display unit 8
4に表示されて、単色カラー設定が開始される。 4 is displayed, monochromatic color set is started. 単色カラーとは、後で詳述するが、原稿をコピーする場合に、 The monochromatic color, but it will be described in detail later, in case you want to copy a document,
フルカラーではなく、単色カラーで形成する機能であり、例えば赤一色でコピーされる。 Not in full color, is a function of forming a single color color, for example, it is copied in red color. ただし、原稿中の濃度の濃い部分は濃い赤で、原稿中の濃度の薄い部分は薄い赤で、形成される。 However, the dark part of the concentration in the original is a dark red, thin portion of the concentration in the original is a thin red, is formed. 単色カラーで用いる色の指定は、 Specify the color to be used in monochromatic color,
図11(c)で、あらかじめ、図10(c)の画面を用いて登録しておいた色を指定することにより行う。 In FIG. 11 (c), the advance is performed by specifying a color that has been registered using the screen of FIG. 10 (c). また、単色カラーを止めて、通常のフルカラーで画像を形成するように戻す場合は、図11(c)のクリアキーを押す。 Further, to stop the monochrome color, to return so as to form an image in the normal full color, press the clear key of FIG. 11 (c).

【0090】次に、領域83内の画像合成設定開始キーが押されると、図11(d)の画面が、液晶表示部84 [0090] Next, when the image synthesizing setting start key in the area 83 is pressed, the screen in FIG. 11 (d), the liquid crystal display unit 84
に表示されて、画像合成設定が開始される。 Is displayed, the image synthesis set is started. 画像合成とは、後で詳述するが、原稿をコピーする場合に、あらかじめ登録された画像と合成処理してコピーする機能であり、2つの原稿画像を合成して1枚の画像にするのに使われる。 The image synthesis will be described later, in the case of copying an original, a function of copying by combining processing previously registered images, to the one image by synthesizing two original images It is used to. 画像合成で用いる画像の指定は、図11(d) The specification of the image used in the image synthesis, FIG. 11 (d)
で、あらかじめ、図10(d)の画面を用いて登録しておいた画像を指定することにより行う。 In advance, performed by specifying an image that has been registered using the screen of FIG. 10 (d). また、画像合成を止めて、通常のモードで画像を形成するように戻す場合は、図11(d)のクリアキーを押す。 Further, to stop the image synthesis, to return so as to form an image in the normal mode, pressing the clear key of FIG. 11 (d).

【0091】図12は、本実施の形態としての複写機の画像編集処理の詳細を説明するための図である。 [0091] Figure 12 is a diagram for describing the details of the image editing processing of the copying machine as the present embodiment.

【0092】まず、図12(a)を用いて、単色カラー処理の仕組みを説明する。 [0092] First, with reference to FIG. 12 (a), described how monochromatic color processing. 単色カラー処理では、まず、 In monochromatic color processing, first,
原稿を読み取った画像データを白黒濃度データに変換する。 Converting the image data obtained by reading the document in black and white density data. ついで、その白黒濃度データをDとすると、M=m Then, when the white density data with D, M = m
×D/255、C=c×D/255、Y=y×D/25 × D / 255, C = c × D / 255, Y = y × D / 25
5、K=k×D/255という変換処理により、MCY 5, the conversion process of K = k × D / 255, MCY
Kデータを生成する。 To generate the K data. ここで、m,c,y,kは、単色にしたい登録色の色成分データである。 Here, m, c, y, k is the color component data of the registration color to be monochromatic. これをグラフで表したものが、図12(a)である。 That represents this in graph, a diagram 12 (a). 図12(a)でも明らかなように、入力された白黒濃度データDが変化しても、出力されるMCYKデータの比率は一定となる。 Figure 12 (a) even as apparent, be black and white density data D input is changed, the ratio of MCYK data output becomes constant.
このため、出力される色は、濃度に応じて変化する単色カラーとなる。 Therefore, the color output is a single color which varies depending on the concentration.

【0093】次に、図12(b)を用いて、画像合成処理について説明する。 [0093] Next, with reference to FIG. 12 (b), the image combining process will be described. まず、合成したい画像86をあらかじめ、画像登録を用いて、後述する画像処理部11内の揮発性メモリに登録する。 First, the image 86 to be synthesized beforehand, by using the image registration, and registers the volatile memory in the image processing unit 11 to be described later. ついで、原稿画像85をコピーする時に、登録された画像86と合成処理を行うことにより、合成画像87を得る。 Then, when copying an original image 85, by performing the synthesis process and the image 86 which has been registered, to obtain a composite image 87.

【0094】図13は、本実施の形態としての複写機の画像処理部11の詳細ブロック図である。 [0094] Figure 13 is a detailed block diagram of the image processing unit 11 of the copying machine as the present embodiment. まず、画像処理部11に入力されたRGB画像データ10は、RGB First, RGB image data 10 input to the image processing unit 11, RGB
→MCYK変換回路91により、MCYKデータに変換される。 → The MCYK conversion circuit 91, is converted into MCYK data. MCYKデータのうち、どれに変換されるかは、画像形成部がどの色成分を形成中かに応じて、CP Of MCYK data, is how to either be converted, the image forming section according to any of the color components or in form, CP
U17がCPUバス22を介して指定する。 U17 is specified through the CPU bus 22. 生成されたMCYKデータは、通常はセレクタ92、セレクタ93 MCYK data generated is typically a selector 92, a selector 93
をそのまま通り、変倍部94で変倍処理を行われてMC The street as it is, is to perform the scaling process in the scaling unit 94 MC
YKデータ12として、画像形成部13に送られる。 As YK data 12 is sent to the image forming section 13. 各セレクタは2入力のうちのどちらかを選択的に通すものであり、どちらを通すかは、CPU17がCPUバス2 Each selector are those selectively pass either of the two inputs, it is which one pass, CPU 17 is a CPU bus 2
2を介して指定する。 2 is specified via the.

【0095】色登録を行う場合、画像処理部11に入力されたRGB画像データ10は、画像メモリ制御部98 [0095] When performing color registration, RGB image data 10 input to the image processing unit 11, image memory control unit 98
を経由して、揮発性の画像メモリ99内の所定の領域に書き込まれる。 Via is written in a predetermined area in the image memory 99 of the volatile. ついで、CPU17がCPUバス22を介して画像メモリの内容を読み出し、読み出されたRG Then, CPU 17 reads the contents of the image memory via the CPU bus 22, read RG
BデータはソフトによりMCYKデータ(m,c,y, B data MCYK data by software (m, c, y,
k)に変換され、揮発性RAM19内に記憶される。 Is converted to k), it is stored in the volatile RAM 19.

【0096】単色カラーモードコピーを行う場合、画像処理部11に入力されたRGB画像データ10は、濃度情報生成部95で白黒濃度データ(D)に変換される。 [0096] When performing single color mode copying, RGB image data 10 input to the image processing unit 11 is converted to black and white density data density information generating section 95 (D).
ついで、この白黒濃度データ(D)と、CPU17がC Then, this black-and-white density data (D), CPU 17 is C
PUバス22を介してレジスタ96に設定した係数との乗算が97で行われる。 Multiplication of the coefficient set in the register 96 via the PU bus 22 is performed at 97. この係数は、色登録で登録された登録色のMCYKデータ(m,c,y,k)であり、 This factor is a registered color MCYK data registered in the color registration (m, c, y, k),
このMCYKデータが係数として、各色成分画像形成時にレジスタ96に書き込まれることにより、前述した、 As the MCYK data coefficients, by being written into the register 96 at the time of each color component image formation, the above-mentioned,
M=m×D/255、C=c×D/255、Y=y×D M = m × D / 255, C = c × D / 255, Y = y × D
/255、K=k×D/255の計算が行われる。 / 255, K = k × D / 255 calculations are performed. 乗算器で生成された単色カラーデータを構成するMCYKデータは、セレクタ92、セレクタ93をそのまま通り、 MCYK data constituting the monochromatic color data generated by the multiplier, as the selector 92, the selector 93 as it is,
変倍部94に送られる。 It is sent to a scaling unit 94.

【0097】画像登録を行う場合、画像処理部11に入力されたRGB画像データ10は、画像メモリ制御部9 [0097] When performing image registration, RGB image data 10 input to the image processing unit 11, the image memory controller 9
8を経由して、画像メモリ99内の所定の領域に書き込まれる。 8 via is written in a predetermined area in the image memory 99. 一方、画像合成コピーを行う場合は、画像メモリ99内の所定の領域から読み出されたRGBデータは、画像メモリ制御部98を経由して、RGB→MCY On the other hand, when an image synthesizing copies, RGB data read from the predetermined area of ​​the image memory 99 via the image memory control unit 98, RGB → MCY
K変換回路100に送られ、MCYKデータに変換される。 Sent to K converter 100 and converted into MCYK data. ついで、比較選択部101では、画像メモリ99から送られてきたメモリ画像と、画像読み取り部9から送られてきたコピー画像との比較が画素ごとに行われ、値の大きな方が選択されて出力され、セレクタ93をそのまま通り、変倍部94に送られる。 Then, the comparison selection unit 101, a memory image sent from the image memory 99, comparison of the copy image sent from the image reading unit 9 is performed for each pixel, the larger is selected and the value output it is through the selector 93 as it is fed to the scaling unit 94. 本実施の形態においては、白はM=C=Y=K=0であり、値が大きい方が高濃度であるので、画素ごとに高濃度の方が選択されることにより合成が行われる。 In the present embodiment, white is the M = C = Y = K = 0, the larger the value is because at high concentrations, the synthesis is carried out by people of high density for each pixel is selected.

【0098】図14は、本実施の形態としての複写機におけるパーソナライズ情報のやりとりを説明するための図である。 [0098] Figure 14 is a diagram for explaining the exchange of personalized information in the copying machine as the present embodiment. 操作部74において、IDカード81が近くにある状態で、領域82のパーソナライズキーが押されると、図14(a)に示すように、まず、複写機1から、あるネットワークアドレス102aを持つパーソナライズサーバ3に、複写機1の装置ID情報102b The operation section 74, in a state where ID card 81 is near, the personalizing key area 82 is depressed, as shown in FIG. 14 (a), first, from the copying machine 1, personalizing server with a certain network address 102a 3, the copying machine 1 device ID information 102b
と、機種ID情報102cと、機種グループID情報1 And, and the model ID information 102c, model group ID information 1
02dが送付される。 02d is sent. パーソナライズサーバ3のネットワークアドレス102aは、IDカードから読み出された各ユーザの所有するパーソナルコンピュータのネットワークアドレスを使用する。 Personalized network address 102a of the server 3 uses the network address of the personal computer owned by the user read from the ID card. 即ち、この送り先である、 In other words, it is this destination,
ネットワークアドレス102a自体がユーザID情報といえる。 Network address 102a itself can be said to be user ID information. 次に、装置ID情報102bとは、各装置を識別する情報であり、具体的には、複写機1自身のネットワークアドレスが使われている。 Next, the device ID information 102b, information for identifying each device, specifically, the network address of the copying machine 1 itself is used.

【0099】次に、機種ID情報とは、例えばA社のX [0099] Next, the model ID information, for example, Company A of X
という機種のコピー機なら1、A社のYという機種のコピー機なら2、B社のZという機種のコピー機なら3というように、同じコピー機でも機種を識別する情報である。 As of 3 if the model of the copier if 1, A Company Y 2 if the type of copiers that, B Company Z that type of copying machine that is information for identifying a model for the same copier. 次に、機種グループID情報とは、例えばコピー機なら1、FAXなら2、プリンタなら3というように機種グループを識別する情報である。 Next, the model group ID information, for example 2 for the copier if 1, FAX, is information for identifying the model group and so if the printer 3. 複写機1から、装置ID情報等を受け取った、各ユーザ別のパーソナライズサーバ3は、そのパーソナライズサーバが管理するユーザ用の、装置別に記憶していたパーソナライズ情報を取り出し、図14(b)に示すように、複写機1にパーソナライズ情報を送り返す。 From the copying machine 1, has received the device ID information and the like, personalizing server 3 by the user, for the user whose personalized server manages, retrieves the personalization information stored by device, shown in FIG. 14 (b) as such, back personalized information to the copying machine 1.

【0100】本実施の形態のパーソナライズ情報は、図14(b)に示すように、第1の実施の形態で説明したようなコピーモード関連のパーソナライズ情報103a [0100] personalized information of the present embodiment, as shown in FIG. 14 (b), the copy mode related personalized information 103a as described in the first embodiment
の他に、図10で説明した、色登録のパーソナライズ情報103b、画像登録のパーソナライズ情報103cなどの補助画像関係のパーソナライズ情報、及び、タイマ/音設定のパーソナライズ情報103d、カラーバランス登録のパーソナライズ情報103eなどのその他の補助設定のパーソナライズ情報から構成される。 In addition to, as described in FIG. 10, personalization information 103b of the color registration, personalized information of the auxiliary image relationship such as personalized information 103c of the image registration, and personalization of the timer / sound setting information 103d, personalized color balance registration information 103e consisting of personalized information of other auxiliary settings, such as. 複写機1 The copying machine 1
は、この送られてきたパーソナライズ情報を不揮発性メモリの不図示の各領域にそれぞれコピーすることによりパーソナライズを実現する。 Realizes personalized by each copy to each area (not shown) of the sent and nonvolatile memory personalized information has.

【0101】一方、操作部74において、パーソナライズが行われた後、Registキーが押されると、図1 [0102] On the other hand, the operation unit 74, after the personalization is performed, the Regist key is pressed, Figure 1
4(c)に示すように、複写機1から、ネットワークアドレス104aのパーソナライズサーバ3に、装置ID As shown in 4 (c), from the copying machine 1, the personalizing server 3 network address 104a, device ID
情報104b、機種ID情報104c、機種グループI Information 104b, the model ID information 104c, model group I
D情報104dと、その時点でのパーソナライズ情報1 And D information 104d, personalization information 1 at that time
04e〜iが送付される。 04e~i is sent. 各ユーザ別のパーソナライズサーバ3は、複写機1から、これらの情報を受け取ると、内部記憶していた、装置別のパーソナライズ情報を書き換え更新する。 Personalizing server 3 by the user, the copying machine 1, when receiving these information, to have been an internal storage, rewriting the device-specific personalized information update.

【0102】以上のように、装置ID情報を伴ってパーソナライズ情報をやりとりし、装置別にパーソナライズ情報を管理することにより、複数の装置でパーソナライズ情報を共有することはできなくなるが、逆に、各装置ごとにパーソナライズを行えるという利点が生じる。 [0102] As described above, to exchange personalized information with the device ID information, by managing the device separately from personalized information, but can not be shared personalized information in multiple devices, conversely, each of the devices is an advantage that can be performed personalized occur every. 例えば、身近な低速複写機と、多人数で共有する高速複写機では、使用用途が違うため、よく使うモードが違う場合があるが、このような場合には、装置ごとにパーソナライズできた方が便利である。 For example, the familiar slow speed copiers, the high-speed copying machine to be shared by many people, since the intended use is different, there is a case where frequently used mode is different, in this case, is better to be personalized for each device it is convenient.

【0103】以上のように、第1の実施の形態では、複写機やFAXといった機種グループ別にパーソナライズ情報を保持し、一方、本実施の形態では、装置別にパーソナライズ情報を保持しているが、これを、機種別にパーソナライズ情報を保持するようにした構成も好適である。 [0103] As described above, in the first embodiment, hold the personalizing information for each model group such copier or FAX, whereas, in the present embodiment, holding the device separately from personalized information, which a configuration which is adapted to hold the personalizing information for each model are also suitable. この構成は、第1の実施の形態と本実施の形態の中間にあたり、同じ複写機でも、Aという機種とBという機種に対しては、異なるパーソナライズ情報を保持するが、Aという機種のA1という装置と、A2という装置では同じパーソナライズ情報を保持する。 This configuration, when the intermediate of the first embodiment and the present embodiment, even in the same copier, relative to the model that model and B of A, different but retains the personalizing information, as A1 models of A a device, a device that A2 holds the same personalized information. この方式は、 This method,
装置構成などの共通な同一機種間ではパーソナライズ情報を共有でき、また、装置構成が異なる異機種間では、 Between common the same model, such as device configuration can share personalized information, and in Heterogeneous device configuration is different,
別のパーソナライズ情報を使えるという利点がある。 There is an advantage in being able to use a different personalized information.

【0104】以上のように、パーソナライズサーバに、 [0104] As described above, the personalization server,
装置ID情報、機種ID情報、機種グループID情報、 The device ID information, the model ID information, the model group ID information,
ユーザID情報などの複数のID情報を送ることにより、どういうパーソナライズ情報を送るかを、パーソナライズサーバの判断にまかせることができるという利点がある。 By sending a plurality of ID information such as a user ID information, when to send what kind of personalized information, there is an advantage that it can be left to the judgment of personalization server. 即ち、ユーザ別のみで全装置に共通にパーソナライズ情報を保持するパーソナライズサーバは、ユーザID情報のみで判断を行えば良い。 That is, personalizing server holding personalizing information common to all devices in the user-specific only, it is sufficient to only determine the user ID information. 一方、機種グループ別、かつユーザ別にパーソナライズ情報を保持するパーソナライズサーバは、機種グループID情報とユーザI Meanwhile, the personalizing server holding personalizing information for each model group, and for each user, model group ID information and user I
D情報で判断を行えば良い。 D information may be carried out the judgment. また、装置別、かつユーザ別にパーソナライズ情報を保持するパーソナライズサーバは、装置ID情報とユーザID情報で判断を行えば良い。 Further, personalizing server holding personalizing information device by, and for each user may be performed determined in device ID information and the user ID information.

【0105】図15は、本実施の形態としての複写機の制御フローを説明するためのフローチャートである。 [0105] Figure 15 is a flowchart for explaining a control flow of the copying machine as the present embodiment. 図1に示した第1の実施の形態のフローチャートと相違する点のみを説明する。 Only the difference from the flowchart of the first embodiment will be described as shown in FIG. 図1と同様の処理を行なうステップについては、同じ符号を付してその説明は省略する。 The step of performing the same processes as those in FIG. 1, a description thereof will be denoted by the same reference numerals will be omitted.
まず、S32では、第1の実施の形態ではIDカードが挿入されているかどうかを判定したが、本実施の形態のIDカードリーダは非接触型なので、近くにIDカードがあるかどうかで判定する。 First, in S32, but ID cards in the first embodiment determines whether the inserted, the ID card reader of this embodiment is so non-contact type, determines on whether nearby there is ID card . 次にS33では、非接触のまま電波により、ユーザのパーソナルコンピュータのネットワークアドレスを含むユーザID情報を取得し、またフラグは使用しない。 Next, in S33, the radio remains contactless, a user ID information including the network address of the personal computer of the user, also the flag is not used. 次にS34では、取得したネットワークアドレスのパーソナルコンピュータを、使用するパーソナライズサーバに決定し、そのパーソナライズサーバにパーソナライズ情報を要求する。 Next, in S34, the personal computer of the obtained network address to determine the personalizing server to use, requests the personalized information to the personalization server.

【0106】本実施の形態の場合は、パーソナライズ情報を要求する先が各ユーザごとのパーソナルコンピュータであるため、そのネットワークアドレス自体がユーザIDを表しているといってよく、この場合は、別途ユーザID情報をパーソナライズサーバに送る必要はない。 [0106] In the present embodiment, since the above to request personalized information is a personal computer of each user may say the network address itself represents a user ID, the this case, additional user it is not necessary to send the ID information to the personalization server.
次にS35で、パーソナライズ情報をパーソナライズサーバから受け取る。 Next, in S35, receiving the personalized information from the personalization server. 本実施の形態のパーソナライズ情報は、第1の実施の形態における各コピーモードに加えて、図10(b)の登録設定で設定される、色登録情報や、画像登録情報などの編集用の補助画像データや、タイマ/音設定値や、カラーバランス設定値などの、コピーモードや音以外の補助設定をパーソナライズするためのものが含まれる。 Personalized information of the present embodiment, in addition to the copy mode in the first embodiment, is set in the registration setting of FIG. 10 (b), and color registration information, auxiliary for editing such as image registration information and image data, a timer / sound setting values ​​and, such as color balance setting value, include those to personalize the auxiliary setting other than copy mode and sound. S36では受信したパーソナライズ情報を元に、操作部での各設定をパーソナライズする。 Based on personalized information received in S36, the personalize settings on the operation unit.
例えば、色登録データはパーソナライズ情報中のユーザごとの色登録データに置き換えられ、また画像処理部1 For example, the color registration data is replaced by the color registration data for each user in the personalizing information and the image processing unit 1
1内の画像メモリ99中の登録画像データも、パーソナライズ情報中のユーザごとの画像登録データに置き換えられる。 Registered image data in the image memory 99 in 1 is also replaced in the image registration data for each user in the personalized information.

【0107】次に、S39では、第1の実施の形態ではフラグとIDカードなしを判定して、パーソナライズ情報の更新を行うようにしていたのを、本実施の形態では、IDカードがある場合に、ユーザにより明示的にパーソナライズ情報の登録を指示するRegistキーが押された場合にパーソナライズ情報の更新を行うようにしている。 [0107] Next, in S39, in the first embodiment to determine the no flag and ID cards, had as to update the personalized information, in this embodiment, when there is ID card in, and to perform the update of the personalization information when explicitly Regist key for instructing registration of personalized information has been pressed by the user. また、S40では、第1の実施の形態と同様、パーソナライズ情報をパーソナライズサーバに送付して、更新を行うが、フラグを使わず、またパーソナライズ状態を元に戻すこともしない。 Further, in S40, as in the first embodiment, and send the personalized information personalized server, performs the update, without the flag and not be undone personalization state. 本実施の形態の場合は、図15には記述していないが、IDカードが装置のそばから離れて一定時間経過すると、パーソナライズ状態をクリアして初期状態に戻すようにしている。 In the present embodiment, although not described in FIG. 15, when the ID card has passed a predetermined time away from near the device, and then returned to the initial state by clearing the personalization state.

【0108】本実施の形態では、IDカードが装置の近くにある状態で、パーソナライズキーが押されたタイミングでパーソナライズを行うようにしたが、これを、I [0108] In this embodiment, in a state where the ID card is near the device, but to perform the personalization timing personalized key is pressed, it, I
Dカードが装置の近くにきて一定時間以上経過したら自動的にパーソナライズを行うようにした方式も好適である。 Method D card is to perform the automatic personalized After elapse of a predetermined time or more to come closer to the apparatus are also suitable. 前者の方式は、ユーザ以外の例えば通行者のIDカードに反応して誤って自動的にパーソナライズすることを防げるという利点があり、後者の方式は、パーソナライズキーを押す必要がないという利点がある。 The former method has the advantage of possible to prevent the automatic personalized incorrectly in response to other example passerby ID card of the user, the latter method has the advantage that there is no need to press the personalized key.

【0109】また、本実施の形態では、パーソナライズキーが押された場合に全てのパーソナライズ情報をパーソナライズサーバから取得し、パーソナライズを行い、 [0109] Further, in this embodiment, to retrieve all personalized information from personalizing server when personalized key is pressed, it performs personalized,
一方、Registキーが押された場合に、全てのパーソナライズ情報をパーソナライズサーバに送って、パーソナライズ情報の更新を行っているが、これを、必要な時にのみ部分的にパーソナライズを行い、また、必要な時にのみ部分的に更新を行うようにした構成も好適である。 On the other hand, if the Regist key is pressed, and send all of the personalized information to the personalization server, it is performed the update of personalized information, which performs a partially personalized only when needed, also, necessary configuration to perform the partially updated only when also suitable. この構成は、必要な時のみ、部分的にパーソナライズ情報をやりとりすることにより、パーソナライズサーバとの通信時間を減らせるという利点がある。 This configuration only when required, by exchanging the partially personalized information, there is advantage of reduce the communication time with the personalization server.

【0110】特に、本実施の形態のように補助画像データをパーソナライズする場合はデータ量が多いため、不要なパーソナライズやパーソナライズ情報の更新を行わないと処理時間が短くなるなどの効果が大きい。 [0110] Particularly, when personalizing auxiliary image data as in the present embodiment because of the large amount of data, is large effects such as shorter processing time does not update the unwanted personalization and personalized information. 具体的には、画像合成コピーが指示された場合、または画像合成コピーの動作を開始する場合に、合成される登録画像データのみを、パーソナライズサーバから受け取る構成にする。 Specifically, when the image synthesizing copying is instructed, or when starting the operation of the image synthesizing copying, only the registered image data to be synthesized, a configuration received from the personalization server. また、画像登録を行った場合に、パーソナライズサーバ中の登録された画像番号の画像データのみを更新するようにする。 Further, when the image registration, so as to update only the image data of the registered image number in the personalizing server.

【0111】(第3の実施の形態)次に図16乃至図1 [0111] (Third Embodiment) Next FIG. 16 to FIG. 1
8を用いて本発明に係る画像処理装置の第3の実施の形態としての複写機について説明する。 The copying machine as a third embodiment of an image processing apparatus according to the present invention will be described with reference to 8.

【0112】本発明の第3の実施の形態は、第1、第2 [0112] The third embodiment of the present invention, first, second
の実施の形態とは、ユーザIDを獲得する方法、黒単色モードの存在、パーソナライズする項目等が異なっている。 The embodiment, a method of acquiring the user ID, the presence of the black monochrome mode, items and the like to personalize are different. その他の構成及び作用については第1の実施の形態と同様であるため、同一構成要素には同一番号を付してその説明を省略する。 Since the other structures and functions are the same as in the first embodiment, the same elements and their description is omitted with the same numbers. 以下に他の実施の形態との相違部分について説明を行う。 A description is given of differences from the other embodiments below.

【0113】図16は、本実施の形態としての複写機の操作部のキー&表示配置図である。 [0113] Figure 16 is a key and display layout of the operation unit of the copying machine as the present embodiment.

【0114】まず、第1、第2の実施の形態と第1に異なる点は、本実施の形態では、IDカードリーダは存在せず、代わりに、ユーザがIDを操作部で入力することでユーザIDを取得する点である。 [0114] First, the first and second embodiment and differs from the first, in the present embodiment, ID card reader is not present, instead, that the user inputs an ID at operation section is that to get the user ID. この場合、まず、操作部111の領域112中のIDキーを押すと、液晶表示部114に図のようなID入力画面が表示される。 In this case, first, press the ID key in the area 112 of the operation unit 111, ID input screen as shown in FIG on the liquid crystal display unit 114 is displayed. そして、テンキー43を用いてID番号を入力し、さらに暗証番号横のキーを押して、入力先を暗証番号に切り替え、テンキー43を用いて今度は暗証番号を入力する。 Then, enter the ID number using the numeric keypad 43, further pushing the personal identification number next to the key, switch the input destination to the personal identification number, this time to enter the personal identification number by using the ten-key pad 43.
そしてOKキーを押すと、ユーザIDの登録作業が終わる。 Then, when you press the OK key, the end of the registration operation of the user ID.

【0115】第1や第2の実施の形態では、IDカードを用いていたため、偽造が比較的困難であり、IDカードを持っている人をIDカードの所有者とみなしてよかったし、またユーザIDの読み取り間違いも生じにくかった。 [0115] In the first and second embodiments, because it was using the ID card, forgery is relatively difficult, someone who has an ID card to glad regarded as the owner of the ID card, also the user reading mistake of ID was also difficult to occur. しかし、本実施の形態のように、ユーザが自分でユーザIDを入力する場合は、他人のユーザIDを意図的に打ち込んだり、間違って打ち込むことが考えられる。 However, as in this embodiment, when the user inputs the user ID yourself, Dari implanted intentionally user ID of another person, it is conceivable to implant wrong. このため、本実施の形態では、パスワードである暗証番号も入力させることにより、本人確認を行っている。 Therefore, in the present embodiment, by also PIN is the password to be input, is performed identification.

【0116】本実施の形態の構成には、ユーザの入力作業が増え、入力ミスも生じうるものの、カードリーダがいらないという利点がある。 [0116] The configuration of this embodiment increases the input operation of the user, although the input mistakes may occur, there is an advantage that the card reader is not needed.

【0117】次に、第1の実施の形態と第2に異なる点は、黒単色モードというモードが存在する点である。 [0117] Next, the first embodiment and the second different point is that there are modes that the black monochrome mode. 黒単色モードでは、黒トナーのみを用いて白黒コピーを行うモードである。 The black monochrome mode is a mode for performing black-and-white copying by using only black toner. ただし、カラー複写機における白黒コピーは、白黒専用機における白黒コピーよりもコストが高いのが一般的である。 However, monochrome copying in a color copying machine, the higher cost than monochrome copying in black and white only machine is generally used. そこで本実施の形態では、通常は白黒コピーは禁止し、許可されたユーザのみ、白黒コピーを許可する構成にしており、この白黒コピーが許可されているかどうかもパーソナライズ情報に含ませている。 Then, in the present embodiment, normally are included in the black-and-white copying is prohibited, only an authorized user, and a configuration that allows monochrome copying, even personalized information whether this monochrome copy is allowed. ただし、この情報はユーザが自分で変更することはできず、管理者のみが変更できる構成としている。 However, this information can not be changed by the user on their own, only the administrator has a configuration that can be changed. この黒単色モードの設定は、操作部111の領域113中の黒単色モード設定開始キーを押すことで開始される。 The setting of the black monochrome mode is started by pressing the black monochrome mode setting start key in the region 113 of the operation unit 111.

【0118】図17は、本実施の形態としての複写機において、各個別設定を行う場合の、液晶表示部114の各表示を説明するための図である。 [0118] Figure 17, in the copying machine as the present embodiment, when performing the individual setting, is a diagram for explaining the display of the liquid crystal display unit 114. まず、領域83内の黒単色モード設定開始キーが押されると、図17(a) First, when the black monochrome mode setting start key in the area 83 is pressed, FIG. 17 (a)
の画面が、液晶表示部114に表示されて、黒単色モードの設定が開始される。 Screen is displayed on the liquid crystal display unit 114, setting of the black monochrome mode is started. この場合、白黒コピーを許可されていないユーザの場合は、図17(a)のように、白黒コピーを使えないというエラーメッセージが表示されて、Setキーは押せず、クリアキーのみが押せる。 In this case, in the case of users who are not authorized to black-and-white copy, as shown in FIG. 17 (a), the error message is displayed that can not use the black-and-white copy, Set key is not pressed, only the clear key is can press. 一方、白黒コピーを許可されているユーザの場合は、エラーメッセージは表示されず、Setキーを押すことにより、白黒コピーモードを設定することができる。 On the other hand, when the user permitted to black and white copy, an error message is not displayed, by pressing the Set key, it is possible to set the monochrome copy mode. このように本実施の形態では、ある機能を使えるかどうかもパーソナライズできる構成になっている。 Thus in this embodiment has a configuration that can be personalized also whether we can use certain functions.

【0119】次に、図17(b)の画面は、第2の実施の形態における図10(c)で色登録を行う場合に、選択した番号に既に色が登録されている場合に、以前に登録された色を消去してもいいか確認するために本実施の形態において表示される確認用画面である。 [0119] Next, the screen of FIG. 17 (b), when performing color registration in FIG. 10 (c) in the second embodiment, when the already color to the selected number is registered, previously a confirmation screen displayed in this embodiment in order to verify good to erase the registered color. ただし、本実施の形態の場合、このような確認用画面は初級のユーザにしか表示されない。 However, in the present embodiment, such a confirmation screen is not displayed only beginner user. 初級のユーザは、操作の間違いも多いため、このような確認用画面で確認をとることは有効であるが、上級のユーザの場合は、画面の数が多くなり、いちいち確認を取ることは逆に操作性を悪くすることになる。 Beginner users, because many also mistake of operation, it is effective to take a check in such a confirmation screen, If you are an advanced user, the greater the number of the screen, the reverse is that every time take the confirmation It will be worse the operability. よって、本実施の形態では、ユーザが初級者か上級者かかどうかもパーソナライズ情報に含ませている。 Therefore, in this embodiment, the user is included in the even personalized information whether or beginner or advanced. この情報はユーザが自分で更新することはできるようにしてもよいし、管理者のみが変更できるようにしても良い。 This information may be allowed to be the user to update on their own, only administrators may be able to change. このように、本実施の形態では、画面の遷移フローもパーソナライズできる構成になっている。 Thus, in this embodiment, it has a transition flow may personalize configuration screen.

【0120】次に、図17(c)の画面は、本実施の形態において、単色カラーを設定する場合に、上級者向けに表示される画面である。 [0120] Next, the screen of FIG. 17 (c) in the present embodiment, when setting the single color, which is a screen displayed for experts. 初級者用には、第2の実施の形態における図11(c)と同じ画面が表示される。 The for beginners, the same screen is displayed as FIG. 11 (c) in the second embodiment. 図17(c)は、図11(c)に比べて、調整キーが追加されている。 FIG. 17 (c) as compared to FIG. 11 (c), the adjustment keys have been added. この調整キーは登録されている色の値を調整することを指示するキーであり、上級者にとっては、 This adjustment key is a key for instructing to adjust the value of the color that has been registered, for the advanced users,
細かな調整ができるため、使えることが好ましい機能である。 Since it is fine adjusted, it is preferably functions that can. しかし、初級者にとっては、あまり使わない機能であり、このキーが存在することで、逆にユーザが困惑する可能性もある。 However, for beginners, is not much use function, that this key exists, a user in reverse is also confused potential. よって、初級のユーザの場合には、 Therefore, in the case of beginner users,
これを表示させない仕組みとなっている。 It has a mechanism that does not display it. このように、 in this way,
本実施の形態では、使用可能な機能や、選択できる項目もパーソナライズできる構成になっている。 In this embodiment, the available functions and has a structure that can be personalized items that can be selected.

【0121】図17(c)で、調整キーが押されると、 [0121] In FIG. 17 (c), the when the adjustment key is pressed,
図17(d)の画面が表示され、登録されている色の調整が行えるようになる。 Screen of FIG. 17 (d) is displayed, so that allows adjustment of the color being registered. 調整では、まず、登録されている色を構成するMCYKが最小値0、最大値255で表示され、それを上下の矢印キーで各色成分ごとに増減できる仕組みとなっている。 The adjustment, firstly, the minimum value 0 MCYK constituting the color being registered, is displayed at the maximum value 255, which is it up and down arrow keys and a mechanism that can be increased or decreased for each color component.

【0122】図18は、本実施の形態としての複写機の制御フローを説明するためのフローチャートである。 [0122] Figure 18 is a flowchart for explaining a control flow of the copying machine as the present embodiment. 第1の実施の形態のフローチャートである図1と相違する点のみを説明する。 Only the difference from the FIG. 1 is a flow chart of the first embodiment will be described. 図1と同様の処理を行なうステップについては、同じ符号を付してその説明は省略する。 The step of performing the same processes as those in FIG. 1, a description thereof will be denoted by the same reference numerals will be omitted.

【0123】まず、S51では、IDキーが押されたか判定し、押された場合には、S52で、図16の画面を表示し、ユーザIDとパスワードを取得し、ユーザID [0123] First, in S51, it is determined whether the ID key is pressed, when pressed, at S52, to display the screen of FIG. 16, a user ID and a password, user ID
を取得したことを示すフラグに1を立ててS51に戻る。 Back to S51 make a 1 to a flag indicating that it has acquired a. 次に、S53でパーソナライズキーが押された場合には、S54でフラグが1かどうか、即ち、ユーザID Then, if the personalized key is pressed in S53, the flag S54 whether 1, i.e., the user ID
の取得が済んでいるかどうか判定し、取得が済んでいれば、S55でユーザIDとパスワードをパーソナライズサーバに送付する。 It is determined whether or not the acquisition of has been finished, as long as it completed the acquisition, sends the user ID and password to the personalization server in S55. 次いでS56では、パーソナライズサーバから初級者/上級者の区別を示すユーザレベル情報や、白黒コピーを許可されたユーザかどうかを示す特権ユーザ情報などを含むパーソナライズ情報を受信する。 Next, at S56, receives the personalized information including, user level information indicating a distinction between beginners / advanced from personalizing server, and privileged user information indicating whether the user is authorized to black and white copy. ただし、S55で送付したパスワードが正しくなければ、図18には記述していないが、パーソナライズ情報は受信できず、代わりにエラーが通知されるため、エラーを表示してS51に戻る。 However, if there is no password is correct, which was sent in S55, although not described in FIG. 18, personalized information can not receive, because an error is notified instead, return to S51 with an error. ついで、S60では、フラグが1で、かつ、パーソナライズ情報の登録を指示するRegistキーが押されたかどうか判定し、押されていれば、S61でパーソナライズ情報をパーソナライズサーバに送信し、パーソナライズ情報の更新を行う。 Then, in S60, the flag is 1, and determines whether Regist key for instructing registration of personalized information is pressed, if pressed, it transmits the personalized information to the personalization server S61, updates the personalization information I do.
ついで、S62では他のキーが押されたか判定し、押された場合はS63で各キーに応じた処理を行うが、この場合、操作画面の遷移や、操作画面に表示する項目や、 Then, and items determined whether another key at S62 is pressed, pushed when performing a process corresponding to each key in S63. In this case, the transition and the operation screen to be displayed on the operation screen,
操作画面で選択できる項目を、ユーザのユーザレベル情報や特権ユーザ情報などのパーソナライズ情報に応じて変更する。 The items that can be selected on the operation screen is changed in accordance with personalization information, such as user-level information and privileged user information of the user. なお、図18では、他の処理を詳細に説明するために、モードメモリ呼び出しキーが押された場合の処理も、S62とS63での処理に含めている。 In FIG. 18, in order to explain the other process in detail, also processing when the mode memory call key is pressed, it is included in the processing in S62 and S63. 図18 Figure 18
には記述していないが、本実施の形態の場合は、リセットキーが押されたり、一定時間操作が行われないと、パーソナライズ状態をクリアして初期状態に戻すようにしており、この時にフラグを0にクリアするようにしている。 Although not described in the case of this embodiment, or pressed the reset key, a predetermined time operation is not performed, and then returned to the initial state by clearing the personalized state, flag when this the have to be cleared to 0. よって、本実施の形態の場合は、デフォルトコピーモードのパーソナライズは行っていない。 Therefore, in the present embodiment, personalizing the default copy mode is not performed.

【0124】(第4の実施の形態)次に図19を用いて本発明の第4の実施の形態について説明する。 [0124] A description will be given of a fourth embodiment of the present invention using (Fourth Embodiment) Next FIG.

【0125】本発明の第4の実施の形態は、第3の実施の形態と比し、操作方法をパーソナライズする方法が異なっている。 [0125] The fourth embodiment of the present invention, compared to the third embodiment is different way to personalize the operation method. その他は類似であるため、相違部分についてのみ説明を行う。 The other is similar is a description only of portions different.

【0126】第3の実施の形態では、パーソナライズサーバから初級者/上級者の区別を示すユーザレベル情報や、白黒コピーを許可されたユーザかどうかを示す特権ユーザ情報などを含むパーソナライズ情報を獲得して、 [0126] In the third embodiment, it won the personalized information that includes or user-level information that shows the distinction of beginners / advanced users from personalizing server, such as a privileged user information that indicates whether the user is authorized to black-and-white copy Te,
それに基づいて、複写機の操作部プログラムの動作を変更していた。 Based on it, it has changed the operation of the operation unit program of the copying machine. 即ち、複写機の操作部プログラムにおいて、複数の操作方法をあらかじめ準備しておいて、パーソナライズ情報の内容に応じて、それらのうちの一つを選択して使用する方式であった。 That is, the operation unit program of the copier, be prepared to provide a plurality of operation methods in advance, depending on the content of the personalized information, were method used to select one of them. これに対し、本実施の形態では、操作方法を記述したスクリプトをパーソナライズサーバから受け取り、操作部プログラムが、そのスクリプトを解釈及び実行して表示及びキー入力を行い、 In contrast, in this embodiment, it receives a script describing how to operate the personalization server, the operation unit program, to display and key input by interpreting and executing the script,
ユーザに操作を行わせる。 The user to perform the operation.

【0127】図19は、第3の実施の形態における図1 [0127] Figure 19 is a 1 in the third embodiment
7(a)の画面の操作方法をスクリプトで表した例である。 Screen method operations 7 (a) shows an example in terms of the script. まず、図19(a)は、黒単色コピーが許可されていないユーザに対して送られてくるスクリプトの例である。 First, FIG. 19 (a) is an example of a script that is sent to users black monochrome copy is not permitted. まず、L101は、ヘッダ部の始まりを宣言するものであり、L102がヘッダ部に表示される文字列である。 First, L101 is to declare the start of the header portion is a character string L102 is displayed in the header section. これにより、『黒単色』が、図17(a)のごとく、大きめの文字でヘッダ部に表示される。 Thus, "black monochrome" is, as in FIG. 17 (a), is displayed in the header portion is larger characters. ついで、L Subsequently, L
103は本体部の始まりを示すものであり、L104〜 103 is intended to indicate the beginning of the main body portion, L104~
L107が本体部の文章として表示される。 L107 is displayed as the text of the main body portion. ついで、L Subsequently, L
108は、以下が横に2個並ぶキー入力の内の左側のキーであることを示す。 108 indicates that the following are left key of the key input arranged two next. 次に、L109は、そのキーの名前が『クリア』であることを示し、また、その次のL1 Then, L109 indicates that the name of the key is "clear", also, of the next L1
10は、そのキーが押された時の処理が、『black 10, the processing of when the key is pressed, "black
_modeという変数に0を入れて、この画面での操作を終了すること』であることを意味する。 Put a 0 to a variable named _mode, it means that it is possible "to end the operation of this screen.

【0128】次に、L111は、以下が横に2個並ぶキー入力の内の右側のキーであることを示す。 [0128] Next, L111 indicates that the following are right key of the key input arranged two next. 次に、L1 Then, L1
12は、そのキーが押せないキーであることを示し、また次のL113は、そのキーの名前が『Set』であることを示す。 12, indicates that the key is a key that does not press, also the following L113, indicating that the name of the key is "Set". そして最後に、L114は、この画面の操作方法の記述の終わりを示す。 And finally, L114 indicates the end of the description of the method of operation of this screen.

【0129】操作部プログラムは、以上のようなスクリプトを解釈して、操作画面に適した大きさ、配置を自動的に決め、メッセージを表示し、キー入力を受け付ける。 [0129] The operation unit program interprets the above-mentioned script, a size suitable for the operation screen, automatically determine the placement, display a message, it accepts a key input.

【0130】一方、図19(b)は、黒単色コピーが許可されているユーザに対して送られてくるスクリプトの例である。 [0130] On the other hand, FIG. 19 (b), an example of a script that is sent to users black monochrome copy is allowed. 図19(a)との違いは、L106〜L10 The difference from FIG. 19 (a), L106~L10
7のエラーメッセージの表示がない点と、L112の押せないキーを示す指示がない点と、L210にSetキーが押された場合の処理が追加された点である。 7 and that there is no display of the error message, and that there is no indication of key not pressed the L112, is that process when the Set key is pressed is added to L210. L21 L21
0は、『black_modeという変数に1を入れて、この画面での操作を終了すること』を意味する。 0 means "put a 1 to a variable named black_mode, to terminate the operation of this screen."

【0131】第3の実施の形態の方式は、パーソナライズ情報として、ユーザレベル情報や、特権ユーザ情報などの少ない情報を送るだけでよいという利点があった。 [0131] scheme of the third embodiment, as personalized information, there is an advantage that, user level information may only send small information such privileged user information.
一方、本実施の形態では、以上のように、パーソナライズサーバから、スクリプトの形で、パーソナライズされた操作部の操作方法を受け取ることにより、パーソナライズの自由度が増すという利点がある。 On the other hand, in the present embodiment, as described above, from the personalization server, in the form of a script, by receiving a personalized operating unit The method of operation it has the advantage that the freedom of personalization increases. 即ち、第3の実施の形態の方式では、あらかじめ複写機の操作部プログラム内にプログラムされた操作画面しか表示できず、キー位置もプログラムされたものしか使えなかったが、本実施の形態の方式では、スクリプトの内容に応じて自由に操作メッセージやキー位置を選択することができる。 That is, in the method of the third embodiment, not only display in advance copier operation unit programmed programmed operation screen in the key the position was not used only those programs, a system of this embodiment in, it is possible to freely select the operation messages and key position in accordance with the contents of the script.
また、操作方法がスクリプトの形で渡され、複写機側の操作部プログラムにより、その複写機の操作画面にあった大きさ、配置に変換されるため、色々な大きさの画面を持つ異なる複写機に対して、同じスクリプトを使用できるという利点もある。 The operation method is passed in the form of a script, the copier operation unit program, to a magnitude operation screen of the copying machine, since it is converted to the arrangement, different with screens of different sizes replication for the machine, there is also an advantage that the same script can be used.

【0132】また、本実施の形態では、パーソナライズサーバからパーソナライズされたスクリプトを受け取り、複写機側の操作部プログラムにより、それを解釈、 [0132] Further, in this embodiment, it receives a personalized script from personalization server, by the copier operation unit program, interprets it,
表示してユーザに操作を行わせるようにしたが、これを、パーソナライズサーバからパーソナライズされた操作部プログラム自身を受け取って、それを実行してユーザに操作を行わせるようにした構成も好適である。 Although so as to perform an operation to the user by displaying, which receives the operation unit program itself, which is personalized by personalizing server, configuration is also preferable which is adapted to perform operations on the user running it . この場合、受け取った操作部プログラムは、揮発性メモリ上におかれ、複写機のCPUにより実行される。 In this case, the operation unit program received is placed on the volatile memory and executed by the copier CPU. この方式は、第4の実施の形態の方式よりもさらに自由度の高いパーソナライズが行えるという利点がある。 This method has the advantage that can be performed with higher personalization degree of freedom than the method of the fourth embodiment.

【0133】(その他の実施の形態)上記第1乃至第4 [0133] (Other Embodiments) The first to fourth
実施の形態では、カラーの複写機について説明したが、 In the embodiment has described a color copying machine,
白黒の複写機にも、もちろん適用可能である。 In black-and-white copying machine is also, of course, can be applied.

【0134】また、上記第1乃至第4実施の形態では、 [0134] Further, in the first to fourth embodiment,
デジタル複写機について説明した。 It was described digital copying machine. デジタル複写機は画像データもネットワーク経由で他の機器と授受しやすいためネットワーク接続に適しているが、アナログの複写機にも、もちろん適用可能である。 Although the digital copier image data are also suitable for other devices and exchange easy for network connections via a network, to be an analog of a copying machine, of course applicable. アナログの複写装置の場合は、原稿を読み取った画像データは光データとして表現され、それが、光学的に変倍処理などを施されて、画像形成が行われる。 For analog copying apparatus, image data obtained by reading a document is represented as an optical data, it is, is subjected to such optically scaling process, an image is formed.

【0135】また、上記第1乃至第4実施の形態では、 [0135] Further, in the first to fourth embodiment,
接触型/非接触型のIDカードや手入力によりユーザI User I by the ID card or manual input of contact / non-contact
Dを入手しているが、ユーザIDを入手できる方法であれば、他の方法でも構わない。 It has obtained D, but as long as the method can obtain the user ID, may be in other ways. 例えば、音声によるユーザID入力や、音声によるユーザ識別、さらに、虹彩や顔や指紋や名札などをカメラで読み取ることによりユーザ識別を行う構成も他の実施の形態である。 For example, a user ID input by voice, the user identification by voice, further, other embodiments also configured to perform user identification by reading and iris, face or fingerprint, name tag with a camera.

【0136】また、上記第1乃至第4実施の形態では、 [0136] Further, in the first to fourth embodiment,
紙状の原稿上の画像を紙状の用紙上に複写する通常の複写機をパーソナライズする場合について説明をしたが、 For although the described case to personalize normal copying machine for copying an image on a paper-like document on the sheet of paper-like,
パーソナライズ可能なモードを有する複写機であれば、 If copying machine having a personalized possible modes,
本発明を適用可能である。 The present invention is applicable. 例えば、写真フィルムを読み取り、用紙上にコピーするフィルムスキャナ/プリンタシステムにも適用可能であり、また、原稿画像を読み取ってフィルム上に記録するフィルムレコーダシステムにも適用可能である。 For example, read the photographic film, it is also applicable to a film scanner / printer system to copy on paper, also applicable to a film recorder system for recording by reading an original image on film.

【0137】また、上記第1乃至第4実施の形態では、 [0137] Further, in the first to fourth embodiment,
バス型のネットワークを用いて、各装置を接続しているが、複数の装置を接続可能なネットワークであれば、他のタイプでも良く、また、有線で接続する代わりに無線で接続する構成でも良い。 Using a bus type network, but are connected to each device, if possible network connecting a plurality of devices may be other types, or may be configured to connect wirelessly instead of a wired connection .

【0138】また、上記第1乃至第4実施の形態では、 [0138] Further, in the first to fourth embodiment,
パーソナライズサーバを1台の専用サーバ、または、各ユーザのパーソナルコンピュータを用いた複数の兼任サーバで構成したが、これ以外にも、1台の複写機がパーソナライズサーバを兼任した構成も好適である。 Personalizing server a single dedicated server, or is constituted by a plurality of concurrent servers using a personal computer of each user, other than this, the configuration one of the copying machine has concurrently personalization server also suitable.

【0139】なお、本発明は、複数の機器(例えばホストコンピュータ、インタフェイス機器、リーダ、プリンタなど)から構成されるシステムに適用しても、一つの機器からなる複写機に適用してもよい。 [0139] The present invention is a plurality of devices (eg, host computer, interface, reader, printer) or to system constituted by may be applied to a copying machine comprising a single device .

【0140】また、本発明の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体(または記録媒体)を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。 [0140] Another object of the present invention, a storage medium storing software program codes for realizing the functions of the above (or recording medium) is supplied to a system or apparatus, the system or apparatus computer ( or also by CPU, MPU) to retrieve and execute the program code stored in the storage medium, it is needless to say that is achieved. この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program code itself read from the storage medium realizes the functions of the embodiments and the storage medium storing the program code constitutes the present invention. また、 Also,
コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているオペレーティングシステム(OS) By executing the read program by computer, as well as functions of the above embodiments are realized on the basis of the instructions of the program code, an operating system running on the computer (OS)
などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Running on the computer performs part or all of actual processing so that the program codes and the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.

【0141】さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張カードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張カードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 [0141] Furthermore, the program code read from the storage medium are written in a memory of a function expansion unit connected to the function expansion card inserted into the computer or on the basis of the instructions of the program code , the function expansion card or function expansion unit performs a part or all of actual processing CPU provided in but also to a case where the functions of the above embodiments are realized by those processes.

【0142】本発明を上記記憶媒体に適用する場合、その記憶媒体には、先に説明した(図1、図15又は図1 [0142] When the present invention is applied to the storage medium, the storage medium described above (FIG. 1, FIG. 15 or 1
8に示す)フローチャートに対応するプログラムコードが格納されることになる。 Program code corresponding to 8 are shown) flow so that is stored.

【0143】 [0143]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
各種設定を、各ユーザごとに保持し、各装置は、あるユーザが装置を使用する場合に、そのユーザ用の各種設定によって装置をパーソナライズすることにより、そのユーザにおける操作性を著しく向上させることのできる画像処理装置及び画像処理システム並びにその制御方法を提供できるという効果がある。 Various settings, and held for each user, each device, when a user uses the device, by personalizing device by various settings for the user, of significantly improve the operability of the user an image processing apparatus and an image processing system and control method thereof there is an effect that it provides.

【0144】具体的には、ユーザごとに、ユーザ固有の設定にすることができ、また、異なる画像処理装置での操作性を同一にでき、また、従来は記憶が困難であった、大量の設定データや画像データも記憶できるという効果がある。 [0144] More specifically, for each user, user-specific can be set, also be the same operability at different image processing devices, and conventionally has been difficult memories, a large amount of setting data and image data is also an effect that can be stored.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1の実施の形態における複写機の制御を示すフローチャートである。 1 is a flowchart showing the control of the copying machine according to a first embodiment of the present invention.

【図2】本発明の第1の実施の形態における複写機及びそれを含むシステムの構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of a system including a copier and that of the first embodiment of the present invention.

【図3】本発明の第1の実施の形態における複写機の画像形成部の概略構成を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing the schematic configuration of an image forming unit of the copying machine according to a first embodiment of the present invention.

【図4】本発明の第1の実施の形態における複写機の操作部を説明するための図である。 Is a diagram for explaining an operation unit of the copying machine according to the first embodiment of the present invention; FIG.

【図5】本発明の第1の実施の形態における複写機の各種の編集処理を説明するための図である。 5 is a diagram for explaining various editing processing of the copying machine according to a first embodiment of the present invention.

【図6】本発明の第1の実施の形態における複写機の各種設定データを説明するための図である。 Is a diagram for explaining the setting data of the copying machine according to the first embodiment of the present invention; FIG.

【図7】本発明の第1の実施の形態における複写機のパーソナライズ情報を説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a personalized information of the copying machine according to a first embodiment of the present invention.

【図8】本発明の第2の実施の形態における複写機及びそれを含むシステムのブロック図である。 8 is a block diagram of a system for copier and the same in the second embodiment of the present invention.

【図9】本発明の第2の実施の形態における複写機の操作部を説明するための図である。 9 is a diagram for explaining the operation unit of the copying machine according to the second embodiment of the present invention.

【図10】本発明の第2の実施の形態における複写機の操作部の各種設定方法を説明するための図である。 Is a diagram for explaining various setting of the operation unit of the copying machine according to the second embodiment of the present invention; FIG.

【図11】本発明の第2の実施の形態における複写機の操作部の各種設定方法を説明するための図である。 11 is a diagram for explaining various setting of the operation unit of the copying machine according to the second embodiment of the present invention.

【図12】本発明の第2の実施の形態における複写機の編集処理を説明するための図である。 Is a diagram for explaining the editing process of the copying machine according to the second embodiment of the present invention; FIG.

【図13】本発明の第2の実施の形態における複写機の画像処理部のブロック図である。 13 is a block diagram of an image processing unit of the copying machine according to the second embodiment of the present invention.

【図14】本発明の第2の実施の形態における複写機のパーソナライズ情報を説明するための図である。 14 is a diagram for explaining a personalized information of the copying machine according to the second embodiment of the present invention.

【図15】本発明の第2の実施の形態における複写機の制御を示すのフローチャートである。 Is a flow chart for illustrating the control of the copying machine according to the second embodiment of the present invention; FIG.

【図16】本発明の第3の実施の形態における複写機の操作部を説明するための図である。 FIG. 16 is a third diagram for explaining the operation unit of the copying machine according to an embodiment of the present invention.

【図17】本発明の第3の実施の形態における複写機の操作部の各種設定方法を説明するための図である。 17 is a diagram for explaining various setting of the operation unit of the copying machine according to the third embodiment of the present invention.

【図18】本発明の第3の実施の形態における複写機の制御を示すフローチャートである。 18 is a flowchart showing the control of the copying machine according to the third embodiment of the present invention.

【図19】本発明の第4の実施の形態における複写機の操作画面のパーソナライズ方法を説明するための図である。 19 is a diagram for explaining a personalized method of operation screen of the copying machine in the fourth embodiment of the present invention.

Claims (23)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、 An image reading means into image data by reading an 1. A document image, an image forming unit that forms an image on a recording material based on image data read by the image reading means,
    を有する画像処理装置と、 該画像処理装置に接続された情報処理装置と、 を含む画像処理システムであって、 前記情報処理装置は、前記画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有し、 前記画像処理装置は、 前記画像処理装置固有の設定情報を記憶する装置設定記憶手段と、 前記装置設定記憶手段に記憶された前記設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御手段と、 ユーザを識別するユーザ識別情報を入力する識別情報入力手段と、 前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出する識別情報送出手段と、 前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得する獲得手段と、 前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づ An image processing apparatus having an image processing system including an information processing apparatus connected to the image processing apparatus, wherein the information processing apparatus, the setting information of the image processing apparatus in correspondence with the user identification information has a user setting storage means for storing for each user, the image processing apparatus, a device setting storage unit that stores the image processing device-specific configuration information, depending on the setting information stored in the device setting storage unit and control means for controlling the image processing apparatus Te, an identification information input means for inputting the user identification information identifying the user, the identification information sending means for sending the user identification information to the user setting storage unit, the user based from the setting storage means, and acquisition means for acquiring the setting information corresponding to the delivery said user identification information, the setting information acquired by said acquiring means いて前記装置設定記憶手段の内容を変更する設定変更手段と、 を有することを特徴とする画像処理システム。 The image processing system characterized by having a setting changing means for changing the contents of the device setting storage means are.
  2. 【請求項2】前記ユーザ設定記録手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として、前記画像形成手段の各種設定情報を含むことを特徴とする請求項1に記載の画像処理システム。 Wherein said user setting recording means and said device setting storage means, as the setting information, the image processing system according to claim 1, characterized in that it comprises various setting information of the image forming means.
  3. 【請求項3】前記ユーザ設定記録手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として、前記画像読取手段の各種設定情報を含むことを特徴とする請求項1又は2に記載の画像処理システム。 Wherein the user setting recording means and said device setting storage means, as the setting information, the image processing system according to claim 1 or 2, characterized in that it comprises various setting information of the image reading unit.
  4. 【請求項4】前記画像処理装置は、 画像データに対し編集処理を施す画像編集手段を更に有し、 前記設定情報は、該画像編集手段の各種設定情報を含むことを特徴とする請求項1、2又は3に記載の画像処理システム。 Wherein said image processing apparatus has an image editing means for performing editing processing on the image data further, the setting information includes claim 1, characterized in that it comprises various setting information of the image editing unit the image processing system according to 2 or 3.
  5. 【請求項5】前記画像処理装置は、 前記画像処理装置の設定及び操作を直接入力する操作手段を更に有し、 前記設定情報は、該操作手段における操作方法に関する情報を含むことを特徴とする請求項1、2、3又は4に記載の画像処理システム。 Wherein said image processing apparatus includes the image processing further operating means for inputting directly the setting and operation of the apparatus, the setting information is characterized by containing information about the operation method in the manipulation means the image processing system according to claim 1, 2, 3 or 4.
  6. 【請求項6】前記操作手段は、操作項目を表示する表示手段を有し、 前記設定情報は、前記表示手段に表示される操作項目を含むことを特徴とする請求項5に記載の画像処理システム。 Wherein said operating means includes a display means for displaying the operation items, the setting information, the image processing according to claim 5, characterized in that it comprises the operation items displayed on the display means system.
  7. 【請求項7】前記ユーザ設定記憶手段は、前記設定情報として、前記操作方法について記述したスクリプトを記憶することを特徴とする請求項5又は6に記載の画像処理システム。 Wherein said user setting storage unit, as the setting information, the image processing system according to claim 5 or 6, characterized in that storing a script describing the method of operation.
  8. 【請求項8】前記ユーザ設定記憶手段は、前記設定情報として、前記操作方法について記述したプログラムを記憶することを特徴とする請求項5又は6に記載の画像処理システム。 Wherein said user setting storage unit, as the setting information, the image processing system according to claim 5 or 6, characterized in that stores a program that describes the operation method.
  9. 【請求項9】前記設定変更手段は、更に前記操作手段からの入力に基づいて前記装置設定記憶手段に記憶された設定情報を変更する手段であって、 前記画像処理装置は、 前記設定変更手段によって変更された前記装置設定記憶手段の設定情報に基づいて前記ユーザ設定記憶手段の設定情報を更新するユーザ設定更新手段を更に有することを特徴とする請求項5、6、7又は8に記載の画像処理システム。 Wherein said setting changing means is a means for further changing the setting information stored in the device setting storage means based on input from the operation means, the image processing apparatus, the setting change means according to claim 5, 6, 7 or 8, further comprising a user setting update means for updating the setting information of the user setting storage unit based on the setting information changed the device setting storage means by image processing system.
  10. 【請求項10】前記識別情報入力手段は、前記ユーザ識別情報の保持媒体との接触によりユーザ識別情報を入力することを特徴とする請求項1乃至9のいずれか一つに記載の画像処理システム。 Wherein said identification information input means, the image processing system according to any one of claims 1 to 9, characterized in that inputting the user identification information by the contact with the carrier medium of the user identification information .
  11. 【請求項11】前記識別情報入力手段が前記保持媒体と接触した場合、自動的に、前記識別情報送出手段が前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出し、前記獲得手段が前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得し、前記設定変更手段が前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づいて前記装置設定記憶手段の内容を変更することを特徴とする請求項10に記載の画像処理システム。 11. If the identification information inputting means is in contact with the holding medium, automatically, the identification information sending means sends the user identification information to the user setting storage unit, said acquiring means set the user features from the storage means, acquiring the setting information corresponding to the delivery said user identification information, to change the contents of the device setting storage unit based on the setting information which the setting change unit has acquired by said acquiring means the image processing system according to claim 10,.
  12. 【請求項12】前記識別情報入力手段は、ユーザ識別情報の保持媒体と近接することによりユーザ識別情報を入力することを特徴とする請求項1乃至9のいずれか一つに記載の画像処理システム。 12. The method of claim 11, wherein the identification information input means, the image processing system according to any one of claims 1 to 9, characterized in that inputting the user identification information by coming close to the holding medium of the user identification information .
  13. 【請求項13】前記識別情報入力手段が前記保持媒体と近接して所定時間経過した場合、自動的に、前記識別情報送出手段が前記ユーザ設定記憶手段に前記ユーザ識別情報を送出し、前記獲得手段が前記ユーザ設定記憶手段から、送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を獲得し、前記設定変更手段が前記獲得手段で獲得した前記設定情報に基づいて前記装置設定記憶手段の内容を変更することを特徴とする請求項12に記載の画像処理システム。 13. If the identification information inputting means has passed a predetermined time in close proximity to the holding medium, automatically, the identification information sending means sends the user identification information to the user setting storage unit, the acquisition means from said user setting storage unit, acquires the delivery the setting information corresponding to the user identification information, the contents of the device setting storage unit based on the setting information which the setting change unit has acquired by said acquiring means the image processing system according to claim 12, characterized in that to change.
  14. 【請求項14】前記識別情報入力手段は、ユーザ識別情報としての文字列をキー入力する手段であることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか一つに記載の画像処理システム。 14. The method of claim 13, wherein the identification information input means, the image processing system according to any one of claims 1 to 9, characterized in that the means for keying the character string as the user identification information.
  15. 【請求項15】前記ユーザ設定記憶手段及び前記装置設定記憶手段は、前記設定情報として編集処理に用いる補助画像を記憶することを特徴とする請求項1乃至14のいずれか一つに記載の画像処理システム。 15. The user setting storage means and said device setting storage means, the image according to any one of claims 1 to 14, wherein the storing the auxiliary image to be used for the editing process as the setting information processing system.
  16. 【請求項16】前記装置設定記憶手段は、前記設定変更手段により変更されるパーソナル設定情報と前記設定変更手段によっては変更されない共有設定情報とを記憶することを特徴とする請求項1乃至15に記載の画像処理システム。 16. The device setting storage means, to any one of claims 1 to 15, characterized in that for storing and sharing setting information not changed by a personal set information and the setting changing means is changed by said setting changing means the image processing system according.
  17. 【請求項17】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置が属する機種グループを識別する機種グループ識別情報をも送出し、 前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び機種グループ識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする請求項1乃至16のいずれか一つに記載の画像処理システム。 17. The identification information transmitting unit, the image processing apparatus also sends the model group identification information for identifying the model group including said acquisition means corresponds to the delivery user identification information and the model group identification information the image processing system according to any one of claims 1 to 16, characterized in that obtaining the setting information.
  18. 【請求項18】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置が属する機種を識別する機種識別情報をも送出し、 前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び機種識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする請求項1乃至16のいずれか一つに記載の画像処理システム。 18. The method of claim 17, wherein the identification information transmitting unit, said also sends the model identification information for identifying the machine type belonging image processing apparatus, the acquisition means, wherein the setting information corresponding to the delivery user identification information and the model identification information the image processing system according to any one of claims 1 to 16, wherein the acquiring.
  19. 【請求項19】前記識別情報送出手段は、前記画像処理装置を識別する装置識別情報をも送出し、 前記獲得手段は、送出したユーザ識別情報及び装置識別情報に対応する前記設定情報を獲得することを特徴とする請求項1乃至16のいずれか一つに記載の画像処理システム。 19. The identification information transmitting unit, said also sends the device identification information for identifying an image processing apparatus, wherein the acquisition means acquires the setting information corresponding to the delivery user identification information and apparatus identification information the image processing system according to any one of claims 1 to 16, wherein the.
  20. 【請求項20】前記請求項1乃至19のいずれか一つの画像処理システムにおいて定義された画像処理装置。 20. An image processing apparatus as defined in any one of the image processing system of claims 1 to 19.
  21. 【請求項21】原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、 前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、 ユーザを識別するユーザ識別情報を入力する識別情報入力手段と、 前記画像形成手段及び/又は前記画像読取手段の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段と、 前記ユーザ設定記憶手段から、入力した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を読出す設定情報読出手段と、 前記設定情報読出手段で読出した前記設定情報に基づいて前記画像形成手段及び/又は前記画像読取手段の制御を行う制御手段と、 を有することを特徴とする画像処理装置。 An image reading means into image data by reading an 21. The document image, an image forming unit that forms an image on a recording material based on image data read by the image reading unit, a user identification identifying the user identification information input means for inputting information, and a user setting storage means for storing for each user setting information of the image forming means and / or said image reading means in correspondence with the user identification information, from the user setting storage unit, performs control of the image forming means and / or the image reading unit based on the input setting information reading means reads the setting information corresponding to the user identification information, the setting information read out by the setting information reading means the image processing apparatus characterized by comprising a control means.
  22. 【請求項22】原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、を有する画像処理装置と、 該画像処理装置に接続され、該画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有する情報処理装置と、 を含む画像処理システムの制御方法であって、 ユーザを識別するユーザ識別情報を前記画像処理装置に入力する識別情報入力工程と、 前記ユーザ識別情報を前記画像処理装置から前記ユーザ設定記憶手段に送出する識別情報送出工程と、 前記ユーザ設定記憶手段から前記画像処理装置に対し、 An image reading means into image data by reading an 22. The document image, an image forming unit that forms an image on a recording material based on image data read by the image reading unit, an image processing apparatus having , is connected to the image processing apparatus, a control method for an image processing system comprising, an information processing apparatus having a user setting storage means for storing for each user in association with the setting information of the image processing apparatus and user identification information Te, an identification information input step of inputting user identification information identifying the user to the image processing apparatus, an identification information sending step of sending to the user setting storage unit the user identification information from the image processing apparatus, the user sets with respect to the image processing apparatus from the storage means,
    送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を読出す読出工程と、 前記読出工程で読出された設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御工程と、を有することを特徴とする画像処理システムの制御方法。 And sending the configuration information reading reads process corresponding to the user identification information, and having a control step of performing control of the image processing apparatus according to the setting information read by the reading step control method for an image processing system.
  23. 【請求項23】原稿画像を読取って画像データに変換する画像読取手段と、前記画像読取手段で読取った画像データに基づいて記録材に画像を形成する画像形成手段と、を有する画像処理装置と、 該画像処理装置に接続され、該画像処理装置の設定情報をユーザ識別情報と対応させてユーザごとに記憶するユーザ設定記憶手段を有する情報処理装置と、 を含む画像処理システムの制御プログラムを格納したコンピュータ可読メモリであって、 前記制御プログラムは、 ユーザを識別するユーザ識別情報を前記画像処理装置に入力する識別情報入力プログラムと、 前記ユーザ識別情報を前記画像処理装置から前記ユーザ設定記憶手段に送出する識別情報送出プログラムと、 前記ユーザ設定記憶手段から前記画像処理装置に対し、 An image reading means into image data by reading an 23. The document image, an image forming unit that forms an image on a recording material based on image data read by the image reading unit, an image processing apparatus having , is connected to the image processing apparatus, storing a control program of an image processing system comprising, an information processing apparatus having a user setting storage means for storing for each user in association with the setting information of the image processing apparatus and user identification information a and computer readable memory, wherein the control program includes identification information input program for inputting user identification information identifying the user to the image processing apparatus, the user setting storage unit the user identification information from the image processing apparatus and identification information sending program for sending, to said image processing apparatus from the user setting storage unit,
    送出した前記ユーザ識別情報に対応する前記設定情報を読出す読出プログラムと、 前記読出工程で読出された設定情報に応じて前記画像処理装置の制御を行う制御プログラムと、 を含むことを特徴とするコンピュータ可読メモリ。 And reading read program the setting information corresponding to the delivery said user identification information, characterized in that it comprises a control program for controlling the image processing apparatus according to the setting information read by the reading step computer-readable memory.
JP18963199A 1999-07-02 1999-07-02 An image processing apparatus and an image processing system and control method thereof Expired - Fee Related JP3604960B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18963199A JP3604960B2 (en) 1999-07-02 1999-07-02 An image processing apparatus and an image processing system and control method thereof

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18963199A JP3604960B2 (en) 1999-07-02 1999-07-02 An image processing apparatus and an image processing system and control method thereof

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001024824A true true JP2001024824A (en) 2001-01-26
JP3604960B2 JP3604960B2 (en) 2004-12-22

Family

ID=16244538

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18963199A Expired - Fee Related JP3604960B2 (en) 1999-07-02 1999-07-02 An image processing apparatus and an image processing system and control method thereof

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3604960B2 (en)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003067277A (en) * 2001-08-30 2003-03-07 Hitachi Ltd File transmission method and file transmission system
JP2003101692A (en) * 2001-09-21 2003-04-04 Konica Corp Image forming apparatus
US7310814B2 (en) 2002-02-08 2007-12-18 Canon Kabushiki Kaisha Service providing system, service providing apparatus, service providing method, and program for implementing the method
JP2008124973A (en) * 2006-11-15 2008-05-29 Kyocera Mita Corp Method for customizing panel of image forming apparatus
JP2008299735A (en) * 2007-06-01 2008-12-11 Sharp Corp Image-forming system, program for the image forming system, and computer-readable storage medium storing program for the image-forming system
JP2009224995A (en) * 2008-03-14 2009-10-01 Ricoh Co Ltd Screen display system, information processing apparatus, screen display method, screen display program, and recording medium
US7634801B2 (en) 2004-01-09 2009-12-15 Panasonic Corporation Multifunction machine and personal authentication method of multifunction machine
JP2009302890A (en) * 2008-06-13 2009-12-24 Konica Minolta Business Technologies Inc Image processor, image processing system, and control program of image processor
JP2010201931A (en) * 2010-04-05 2010-09-16 Canon Inc Job processing unit, control method of job processing unit, program, and storage medium
US7876462B2 (en) 2003-04-04 2011-01-25 Canon Kabushiki Kaisha Image reading apparatus, personalizing method, program, and storage medium
JP2011142640A (en) * 2011-01-19 2011-07-21 Konica Minolta Business Technologies Inc Image processor, image processing system, and control program of image processor
JP2011232971A (en) * 2010-04-28 2011-11-17 Kyocera Mita Corp Display picture generation program, display picture generation device, and display picture generation method
JP2012230688A (en) * 2012-06-14 2012-11-22 Ricoh Co Ltd Screen display system, information processor, screen display method, screen display program and storage medium
JP2015136000A (en) * 2014-01-16 2015-07-27 株式会社リコー System, apparatus, information processing device, method, program and recording medium

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4784935B2 (en) * 2006-06-09 2011-10-05 株式会社リコー Image forming apparatus and control method thereof

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003067277A (en) * 2001-08-30 2003-03-07 Hitachi Ltd File transmission method and file transmission system
JP2003101692A (en) * 2001-09-21 2003-04-04 Konica Corp Image forming apparatus
US7310814B2 (en) 2002-02-08 2007-12-18 Canon Kabushiki Kaisha Service providing system, service providing apparatus, service providing method, and program for implementing the method
US8064074B2 (en) 2003-04-04 2011-11-22 Canon Kabushiki Kaisha Image reading apparatus, personalizing method, program, and storage medium
US7876462B2 (en) 2003-04-04 2011-01-25 Canon Kabushiki Kaisha Image reading apparatus, personalizing method, program, and storage medium
US7634801B2 (en) 2004-01-09 2009-12-15 Panasonic Corporation Multifunction machine and personal authentication method of multifunction machine
US8438488B2 (en) 2006-11-15 2013-05-07 Kyocera Document Solutions, Inc. Image-forming apparatus with customizable operation panel settings, method thereof, and recording medium
JP2008124973A (en) * 2006-11-15 2008-05-29 Kyocera Mita Corp Method for customizing panel of image forming apparatus
JP2008299735A (en) * 2007-06-01 2008-12-11 Sharp Corp Image-forming system, program for the image forming system, and computer-readable storage medium storing program for the image-forming system
JP2009224995A (en) * 2008-03-14 2009-10-01 Ricoh Co Ltd Screen display system, information processing apparatus, screen display method, screen display program, and recording medium
US8934118B2 (en) 2008-06-13 2015-01-13 Konica Minolta Business Technologies, Inc. Image processing device which performs setting of device based on information acquired
JP4670907B2 (en) * 2008-06-13 2011-04-13 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 Image processing apparatus, an image processing system, and a control program of the image processing apparatus
JP2009302890A (en) * 2008-06-13 2009-12-24 Konica Minolta Business Technologies Inc Image processor, image processing system, and control program of image processor
JP2010201931A (en) * 2010-04-05 2010-09-16 Canon Inc Job processing unit, control method of job processing unit, program, and storage medium
JP2011232971A (en) * 2010-04-28 2011-11-17 Kyocera Mita Corp Display picture generation program, display picture generation device, and display picture generation method
JP2011142640A (en) * 2011-01-19 2011-07-21 Konica Minolta Business Technologies Inc Image processor, image processing system, and control program of image processor
JP2012230688A (en) * 2012-06-14 2012-11-22 Ricoh Co Ltd Screen display system, information processor, screen display method, screen display program and storage medium
JP2015136000A (en) * 2014-01-16 2015-07-27 株式会社リコー System, apparatus, information processing device, method, program and recording medium

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3604960B2 (en) 2004-12-22 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5752040A (en) Image processing apparatus which can update program
US5081595A (en) Paper supply tray status in electronic printers
US6674537B2 (en) Data processing method in network system connected with image processing apparatus
US6559967B1 (en) Image storage apparatus
US6427058B1 (en) Image forming apparatus having a 1 to N mode of dividing an original into a plurality of regions
US6745334B1 (en) Image forming apparatus and method of controlling same
US6785507B2 (en) Image forming apparatus having function of automatically selecting one of sheet feeders, method of controlling the image forming apparatus and storage medium
US6823092B1 (en) Image data registering apparatus and method, storage medium, and program product
US20020051161A1 (en) Image forming apparatus, image forming system, sheet feeding source designation control method, image formation control method, and storage media
US6898389B2 (en) Image forming apparatus having display unit for displaying an executable program and control method thereof
US6470155B1 (en) Multi-market optimized user interface assembly and a reprographic machine having same
US5717501A (en) Digital image forming apparatus
US20040184058A1 (en) Image forming apparatus and control method therefor
US6782218B2 (en) Image forming apparatus having control section for enabling/disabling tabbed sheet print mode setting section, and corresponding method and storage medium thereof
JPH09261382A (en) Image forming device
US6411784B1 (en) Image forming system and processing method in image forming system having user signature verification and printing capacity
US20060076399A1 (en) Image forming apparatus, image forming method and storage medium
US20090225357A1 (en) Image forming apparatus
EP0366399A2 (en) Image processing apparatus and method therefor
US20040134370A1 (en) Printing method, printing system and image forming apparatus
US6453133B1 (en) Image process apparatus with automatic setting of proof printing mode
JP2004200955A (en) Color conversion apparatus
US20060221377A1 (en) Image forming apparatus
US6690382B1 (en) Display device capable of color display used in operation mode setting of image formation apparatus
JP2003195704A (en) Image forming apparatus, control method, program, and recording medium for the apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040527

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040809

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040910

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040930

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071008

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081008

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091008

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091008

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101008

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101008

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111008

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111008

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121008

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131008

Year of fee payment: 9

S802 Written request for registration of partial abandonment of right

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R311802

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees