JP2001017929A - 超音波洗浄方法及び超音波洗浄装置 - Google Patents

超音波洗浄方法及び超音波洗浄装置

Info

Publication number
JP2001017929A
JP2001017929A JP11192836A JP19283699A JP2001017929A JP 2001017929 A JP2001017929 A JP 2001017929A JP 11192836 A JP11192836 A JP 11192836A JP 19283699 A JP19283699 A JP 19283699A JP 2001017929 A JP2001017929 A JP 2001017929A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
liquid
ultrasonic
basket
cleaned
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11192836A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4316734B2 (ja
Inventor
Hiroki Tsuji
寛樹 辻
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
SPC Electronics Corp
Original Assignee
SPC Electronics Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by SPC Electronics Corp filed Critical SPC Electronics Corp
Priority to JP19283699A priority Critical patent/JP4316734B2/ja
Publication of JP2001017929A publication Critical patent/JP2001017929A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4316734B2 publication Critical patent/JP4316734B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 複数の被洗浄物を洗浄かごに収容し、超音波
振動が印加されている超音波洗浄槽に浸漬して洗浄作業
を行う超音波洗浄装置においては、被洗浄物が洗浄液よ
り比重が軽いと、被洗浄物は浮力によって洗浄かごの上
面に浮び上り重り合ってしまい、重った箇所にキャビテ
−ションが届かず、効率的な超音波洗浄ができなかっ
た。 【解決手段】 複数の被洗浄物6を一つの洗浄かご4に
収容し、この洗浄かご4を超音波振動が印加されて洗浄
液7中に浸漬した状態と、洗浄液7の液面9から上に完
全に引き上げた状態の2つの状態に選択的に繰り返し置
いて超音波洗浄を行う。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は超音波洗浄方法及
び超音波洗浄装置、詳しくは洗浄液より比重の軽い被洗
浄物を効率的に洗浄できる超音波洗浄方法及び装置に関
するものである。
【0002】
【従来の技術】超音波振動を印加した洗浄液中に被洗浄
物を浸漬し、超音波振動によって発生するキャビテ−シ
ョンによって被洗浄物表面の汚れの剥離除去を行う超音
波洗浄は、各種精密部品の洗浄作業に大いに用いられて
いる。図1及び図2は従来から存在する超音波洗浄装置
の一例を示したものであり、上方が開放された超音波洗
浄槽1の底面外側には複数の超音波振動子2が固定され
ており、超音波発振器3によって駆動される様になって
いる。又、4は格子状のあるいはメッシュ状の上ぶた5
を有する洗浄かごであり、内部に複数の被洗浄物6を収
容し、超音波洗浄槽1に満された洗浄液7中に浸漬し、
開示せざる揺動機構により洗浄液7中を上下に揺動する
様になっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】この従来の超音波洗浄
装置においては、超音波振動が印加されている洗浄液7
中に浸漬した洗浄かご4を、図1及び図2に示す様に上
下に揺動しながら洗浄を行うのであるが、被洗浄物6の
比重が洗浄液7より軽い場合には洗浄かご4中において
被洗浄物6が浮力により上ぶた5の位置まで上昇して密
集し、被洗浄物6同士が重なり合ってしまい、重なり合
った箇所にキャビテ−ションが十分に届かず、洗浄むら
が生じ洗浄効果が得られないという問題があった。
【0004】この発明は洗浄液より比重の軽い被洗浄物
を洗浄する際の上記問題点を解決することを目的とする
ものであり、比重の軽い被洗浄物でも、効率的かつ効果
的に洗浄を行うことができる新しい超音波洗浄方法及び
超音波洗浄装置を提供せんとするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明は、被洗浄物6
を収容する洗浄かご4を上方が開放された超音波洗浄槽
1内の洗浄液7中に浸漬して洗浄作業を行う超音波洗浄
装置において、洗浄かご4を洗浄液7の液面9から上に
引き上げる昇降機構8を設け、洗浄かご4を洗浄液7中
に浸漬した状態と、洗浄液7の液面9から上に完全に引
き上げた状態の2つの状態に選択的に繰り返し置くこと
により、上記課題を解決せんとするものである。
【0006】
【発明の実施の形態】図3及び図4を参照しながらこの
発明の一実施形態を説明する。図中1は上方が開放され
た超音波洗浄槽であり、その底面外側には超音波振動子
2が固定されており、超音波発振器3によって駆動され
る様になっている。一方、4は格子状あるいはメッシュ
状の上ぶた5を有する洗浄かごであり、上ぶた5を開け
ることにより、その内部に複数個の被洗浄物6を収容す
ることができる様になっている。そして、この超音波洗
浄槽1内には洗浄液7が満されている。
【0007】更に、前記洗浄かご4は槽外に設けられた
昇降機構8によって上下に昇降運動を繰り返し、洗浄か
ご4中に収容されている被洗浄物6を図3に示す様に、
洗浄液7に浸漬した状態と、図4に示す様に、洗浄液7
の液面9より上方へ露出した状態の2つの状態に選択的
に変換できる様になっている。
【0008】次に、この超音波洗浄装置を用いた洗浄の
方法を説明する。洗浄かご4に被洗浄物6を収容して、
上ぶた5を閉める。この状態で洗浄かご4を超音波振動
が印加されている超音波洗浄槽1の洗浄液7中に浸漬す
ると、洗浄かご4内の被洗浄物6は浮力により浮上を開
始し、それに伴い被洗浄物6は洗浄かご4内で一時的に
ばらばらに離散する。この状態においては、被洗浄物6
全体にキャビテ−ションが万遍なく行き届くので、効率
的な超音波洗浄が行われる。やがて、一旦離散した被洗
浄物6は時間の経過と共に浮力により上ぶた5の付近に
密集し始める。この状態になると、被洗浄物6同士が重
なり合った部分にキャビテ−ションが届かなくなり、超
音波洗浄の効率は当然に低下してしまう。
【0009】一方、洗浄かご4は昇降機構8によって洗
浄液7の液面9より上に引き上げられる様になっている
ので、図4に示す様に、洗浄かご4が液面9より上に上
昇させられると、被洗浄物6の浮力は消滅し、被洗浄物
6は洗浄かご4の下方に戻る。液面9下に洗浄かご4を
再度下降させると、被洗浄物6同士が再び離散し、各被
洗浄物6に対し、十分にキャビテ−ションが届く状態に
なる。この様に、洗浄かご4を洗浄液7の液面9を境と
してその上下に繰り返し昇降させることにより、洗浄液
7より浮力の軽い被洗浄物6の超音波洗浄を行うのであ
る。なお、洗浄液7より比重が重い被洗浄物6の超音波
洗浄の際も同じ方法を用いてよいことはもちろんであ
る。
【0010】
【発明の効果】この発明は上記の通りの構成を有するも
のであり、従来洗浄がむずかしかった洗浄液より比重が
軽い被洗浄物でも、洗浄むらを起すことなく効率的かつ
効果的に超音波洗浄を行うことができ、プラスチックス
などを素材とする精密部品の洗浄作業の際などに特に有
効である。
【図面の簡単な説明】
【図1】従来の超音波洗浄装置において、洗浄かごを洗
浄液中に浸漬させた状態の縦断面図。
【図2】同じく、洗浄かごを洗浄液の液面より上に引き
上げた状態の縦断面図。
【図3】この発明の一実施形態において、洗浄かごを洗
浄液中に浸漬した状態の縦断面図。
【図4】同じく、洗浄かごを洗浄液の底面から上に引き
上げた状態の縦断面図。
【符号の説明】
1 超音波洗浄槽 2 超音波振動子 3 超音波発振器 4 洗浄かご 5 上ぶた 6 被洗浄物 7 洗浄液 8 昇降機構 9 液面

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数の被洗浄物6を一つの洗浄かご4に
    収容し、この洗浄かご4を超音波振動が印加されている
    洗浄液7中に浸漬した状態と、洗浄液7の液面9から上
    に完全に引き上げた状態の2つの状態に選択的に繰り返
    し置くことを特徴とする超音波洗浄方法。
  2. 【請求項2】 被洗浄物6を収容する洗浄かご4を上方
    が開放された超音波洗浄槽1内の洗浄液7中に浸漬して
    洗浄作業を行う超音波洗浄装置において、洗浄かご4を
    洗浄液7の液面9から上に引き上げる昇降機構8を設け
    たことを特徴とする超音波洗浄装置。
JP19283699A 1999-07-07 1999-07-07 洗浄液より比重が小さい被洗浄物の超音波洗浄方法 Expired - Fee Related JP4316734B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19283699A JP4316734B2 (ja) 1999-07-07 1999-07-07 洗浄液より比重が小さい被洗浄物の超音波洗浄方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19283699A JP4316734B2 (ja) 1999-07-07 1999-07-07 洗浄液より比重が小さい被洗浄物の超音波洗浄方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001017929A true JP2001017929A (ja) 2001-01-23
JP4316734B2 JP4316734B2 (ja) 2009-08-19

Family

ID=16297797

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19283699A Expired - Fee Related JP4316734B2 (ja) 1999-07-07 1999-07-07 洗浄液より比重が小さい被洗浄物の超音波洗浄方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4316734B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2347408A1 (es) * 2010-05-26 2010-10-28 Fernando Jorge Otegui Roman Maquina de limpieza por ultrasonidos y bateo automatico.
CN103240238A (zh) * 2013-04-25 2013-08-14 浙江龙纪汽车零部件有限公司 一种汽车零部件的自动清洗方法及装置
CN104668235A (zh) * 2013-11-26 2015-06-03 无锡市水中膜技术有限公司 一种外挂式液位控制超声波清洗系统
CN105149285A (zh) * 2015-09-25 2015-12-16 无锡市博阳超声电器有限公司 一种精密物件用超声波清洗器
CN105149284A (zh) * 2015-09-25 2015-12-16 无锡市博阳超声电器有限公司 一种超声波清洗器
CN105170552A (zh) * 2015-09-25 2015-12-23 无锡市博阳超声电器有限公司 一种超声波清洗槽
CN114289397A (zh) * 2021-12-10 2022-04-08 南京航空航天大学 一种超声清洗装置用声反射顶盖结构

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2347408A1 (es) * 2010-05-26 2010-10-28 Fernando Jorge Otegui Roman Maquina de limpieza por ultrasonidos y bateo automatico.
CN103240238A (zh) * 2013-04-25 2013-08-14 浙江龙纪汽车零部件有限公司 一种汽车零部件的自动清洗方法及装置
CN104668235A (zh) * 2013-11-26 2015-06-03 无锡市水中膜技术有限公司 一种外挂式液位控制超声波清洗系统
CN105149285A (zh) * 2015-09-25 2015-12-16 无锡市博阳超声电器有限公司 一种精密物件用超声波清洗器
CN105149284A (zh) * 2015-09-25 2015-12-16 无锡市博阳超声电器有限公司 一种超声波清洗器
CN105170552A (zh) * 2015-09-25 2015-12-23 无锡市博阳超声电器有限公司 一种超声波清洗槽
CN114289397A (zh) * 2021-12-10 2022-04-08 南京航空航天大学 一种超声清洗装置用声反射顶盖结构

Also Published As

Publication number Publication date
JP4316734B2 (ja) 2009-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101859897B1 (ko) 다기능 초음파 세척기
US5626159A (en) Apparatus for cleaning semiconductor wafers
JP5863557B2 (ja) 超音波洗浄装置
JPH10309547A (ja) 超音波洗浄装置
JP2001017929A (ja) 超音波洗浄方法及び超音波洗浄装置
KR20170040545A (ko) 야채세척기
CN213316563U (zh) 一种电镀件的清洗设备
KR20130129709A (ko) 농산물 세척 장치 및 세척 방법
US4682613A (en) Loose fill media cleaning apparatus
JP6281018B1 (ja) 超音波洗浄装置、およびその使用方法
EP3967206A1 (en) Ultrasonic spoon washing apparatus and method
JP2005087869A (ja) 超音波洗浄方法及びその装置
JP6383455B1 (ja) 容器洗浄装置
CN216282532U (zh) 一种大蒜腌制用沥水装置
KR102397368B1 (ko) 식기 안착부의 안정적인 승강 기능을 강화한 초음파 식기 세척기
JP3712552B2 (ja) 基板処理装置
KR970064746A (ko) 초음파세정장치(超音波洗淨裝置) 및 방법
US20060005859A1 (en) Filter back-flushing and rinsing device
CN211990017U (zh) 一种超声波清洗机
CN211707556U (zh) 一种二极管料带自动清洗机
CN216265327U (zh) 一种螺丝紧固件抛光装置
KR102371469B1 (ko) 초음파 세정장치
JP3040788B2 (ja) 洗浄乾燥装置
JP2004160326A (ja) 超音波洗浄方法
JP3288122B2 (ja) 簡易洗浄装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060512

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081008

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081021

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081208

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090127

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090318

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090428

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090521

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120529

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees