JP2001009689A - ガラスシートの縁部を仕上げる方法 - Google Patents

ガラスシートの縁部を仕上げる方法

Info

Publication number
JP2001009689A
JP2001009689A JP2000178125A JP2000178125A JP2001009689A JP 2001009689 A JP2001009689 A JP 2001009689A JP 2000178125 A JP2000178125 A JP 2000178125A JP 2000178125 A JP2000178125 A JP 2000178125A JP 2001009689 A JP2001009689 A JP 2001009689A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
glass sheet
edge
grinding
wheels
polishing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000178125A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4805444B2 (ja
Inventor
William Brown James
Shinkai Masayuki
Bruce Herbert Raeder
ウィリアム ブラウン ジェイムズ
ハーバート レーダー ブルース
シンカイ マサユキ
Original Assignee
Corning Inc
コーニング インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US333133 priority Critical
Priority to US09/333,133 priority patent/US6325704B1/en
Application filed by Corning Inc, コーニング インコーポレイテッド filed Critical Corning Inc
Publication of JP2001009689A publication Critical patent/JP2001009689A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4805444B2 publication Critical patent/JP4805444B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B24GRINDING; POLISHING
    • B24BMACHINES, DEVICES, OR PROCESSES FOR GRINDING OR POLISHING; DRESSING OR CONDITIONING OF ABRADING SURFACES; FEEDING OF GRINDING, POLISHING, OR LAPPING AGENTS
    • B24B9/00Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor
    • B24B9/02Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground
    • B24B9/06Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain
    • B24B9/08Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain of glass
    • B24B9/10Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain of glass of plate glass
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B24GRINDING; POLISHING
    • B24BMACHINES, DEVICES, OR PROCESSES FOR GRINDING OR POLISHING; DRESSING OR CONDITIONING OF ABRADING SURFACES; FEEDING OF GRINDING, POLISHING, OR LAPPING AGENTS
    • B24B9/00Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor
    • B24B9/02Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground
    • B24B9/06Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain
    • B24B9/08Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain of glass
    • B24B9/10Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain of glass of plate glass
    • B24B9/102Machines or devices designed for grinding edges or bevels on work or for removing burrs; Accessories therefor characterised by a special design with respect to properties of materials specific to articles to be ground of non-metallic inorganic material, e.g. stone, ceramics, porcelain of glass of plate glass for travelling sheets

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ガラスシートの縁部の仕上げ方法において、
縁部に沿った小片、浅割れ、及び内層面破砕を抑制す
る。 【解決手段】 ガラスシート10を希望の寸法に分割
し、その後にガラスシート10の縁部12,14を該ガ
ラスシート10の主要面16にほぼ平行な固定式回転中
の研削砥石20A,20Bおよび研磨砥石30A,30
Bに接触させ且つ移動させることにより、最初に研削砥
石20A,20Bを使用して縁部12,14を研削し、
それに続いて研磨砥石30A,30Bを使用して前記研
削ずみ縁部12,14に丸みをつけて仕上げる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ガラスシート、特
にフラットパネルディスプレイ用のガラスシートの縁部
を仕上げるための方法および装置に関する。
【0002】
【従来の技術】フラットパネルディスプレイ用基板の製
造プロセスには標準型製造装置で処理できる特定サイズ
のガラス基板が必要である。サイジング法は一般に、ガ
ラスシートに機械的に切れ目を入れ、その後でこのガラ
スシートを前記切れ目に沿って曲げて割るため、ダイヤ
モンドやカーバイドの切れ目入れホイールをガラス表面
上で引きずり、それによって分割エッジを形成するよう
になった機械式の切れ目入れ分割プロセスを使用してい
る。このような機械式の切れ目入れ分割方法は通常、切
れ目入れホイールの切削線から発達した約100ないし
150マイクロメートルの深さの横割れを生ずる。これ
らの横割れはガラスシートの強度を低下させるので、ガ
ラスシートの尖った縁部を研削して除かれている。ガラ
スシートの尖った縁部は、外周に丸みの付けられた溝を
備え、この溝にダイヤモンド粒子を埋め込んだ金属研削
砥石により摩滅される。ガラスシートを丸みの付けられ
た溝の方に向け、ガラスシートを丸みの付けられた溝に
接触させ、ダイヤモンド砥石を毎分高速回転させること
により、半径は実際にガラスシートの縁部にこすりつけ
られる。しかしながら、このよな研削方法はガラス縁部
を約100ないし200マイクロメートル以上除去する
ことになる。したがって、ダイヤモンド砥石の研削工程
が後続している機械式の切れ目入れ作業は莫大な量の破
片と粒子を発生する。
【0003】更に、縁部の仕上げ作業中に発生する粒子
は、繰り返し洗浄しても引き続き問題となっている。例
えば、ある場合には出荷以前にガラスシートの縁部から
出る粒子の数は出荷後に得られる粒子の数より実際に少
なかった。この理由は、ガラスシートの研削作業により
研削面の縁部に沿って小片と浅割れと内層面破砕とを生
じ、これらのすべてが粒子の貯蔵所となるためである。
その後、これらの粒子は遅れて分解破砕し、汚染と引っ
掻き傷を発生し、時々は後処理における破砕源となる。
したがって、このような研削面は温度や湿度のような環
境要因により粒子を発射することを意味する「活性」で
ある。本発明はこれらの研削作業により発生する「横方
向割れ」と「微小浅割れ」を減少させ、一層「不活性」
な縁部を有するガラスシートを形成する方法に関する。
【0004】レーザ式切れ目入れ技法は従来の機械式切
れ目入れ方法により発生する横方向の割れを大幅に減少
することができる。以前はこのようなレーザ式切れ目入
れ技法はあまりにも遅く且つ製品製造の仕上げラインに
適しないと考えられていた。しかしながら、最近の進歩
によりこのような方法を製造ガラスの仕上げ用途に使用
できるようになった。レーザ式切れ目入れ技法は代表的
にガラスの縁部に発生する機械的浅割れで開始する。次
に進路の決まった出力ビームを有するレーザが浅割れの
上でガラス表面上の通路に沿って通過されてガラス表面
に膨張を発生させ、続いて冷却剤で冷やしてガラス表面
を張力状態にし、かくしてレーザの移動通路上でガラス
を横切って割れを熱的に伝搬させる。このような熱処理
は局部的な表面現象である。レーザの背後に向けられた
冷却剤は制御された分裂を発生する。ガラスの中の応力
の平衡により割れの深さが完全に貫通するのを抑制し、
かくして横方向の割れの存在しない「切れ目状」の連続
したクラックが作られる。このようなレーザ式切れ目入
れ技法は、例えば米国特許第5、622、540号およ
び米国特許第5、776、220号に記載されている。
【0005】あいにく、レーザ式切れ目入れ技法により
形成された非斜角の縁部は、レーザ式切れ目入れ作業中
に作られた鋭い縁部のために斜角縁部のような永続性が
ない。故に、鋭い縁部は前述したようにさらに研削され
るかまたは研磨されねばならない。代わりの方法では、
レーザ式切れ目入れ技法により形成された扁平な鋭い縁
部を平滑にするため、例えばポリマーのような軟らかい
材料で作られた研磨砥石で縁部を研削してきた。しかし
ながら、この研磨法はしばしば、「エッジロール」とし
て業界で公知の現象すなわち扁平面を有する縁部を仕上
げる作業中に該扁平面がまくり上がって重複半径すなわ
ち複合半径を作る現象を起こす。
【0006】以上の点に鑑み、予測される縁部に沿った
小片、浅割れ、及び内層面破砕を抑制するためのガラス
シートの縁部の仕上げ法を開発することが望ましい。ま
た、除去するガラスの量を少量にすることができ且つ縁
部の品質を維持することができる方法を提供することが
望ましい。更に、ガラスの強度と縁部の品質特性を減退
させずに縁部の仕上げ速度を増大させる方法を開発する
ことが望ましい。また、重複した半径を持たない縁部を
作る方法を提供することが望ましい。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明はガラスシートの
各縁部の全幅の縮小を35マイクロメートル以下にしな
がら該縁部の上と下を面取りして面取り面を形成し、該
面取り面のそれぞれとそれに近接する前記ガラスシート
の主要面との間の角度を40度未満、なるべくは凡そ3
0度になるようにする面取り工程を含むガラスシートの
縁部を仕上げる方法に関する。更に、この方法は前記各
面取り面と前記ガラスシートの元の縁部との交差により
形成される各縁部に丸みを付ける工程を含む。このよう
な一つの実施の形態は、ガラスシートの縁部を少なくと
も1個のV形溝を持った研削面を有する少なくとも1個
の回転中の研削砥石と、扁平な研磨面を有する1個の研
磨砥石との上に移動させる工程を含み、前記研削面と前
記研磨面は研削砥石および研磨砥石のそれぞれが前記ガ
ラスシートの主要面に平行となるように方向づけられて
いる。好適な実施の形態において、研削砥石の研削面の
V形溝にダイヤモンド粒子が埋め込まれ、一方研磨砥石
の研磨面は凹状の面取り部が形成されないほど十分に軟
らかい。また、一つの好適な実施の形態において、各研
削砥石は各研磨砥石の表面速度より速い表面速度を有す
る。
【0008】
【発明の実施の形態】本発明は概してガラスシート、特
にフラットパネルディスプレイ用ガラスシートの縁部を
研削および研磨する方法を提供する。本発明によれば、
ガラスシートが固定装置により適所に保持され且つ図1
に示す搬送システムにより運ばれる。図1に示す本発明
の好適な実施の形態において、ガラスシートの縁部を仕
上げるため複数個の研削砥石と研磨砥石が使用されてい
る。図1は搬送システムにより矢印15の方向に運ばれ
る参照番号10で総称されるガラスシートを示し、この
搬送中にガラスシート10は組になった研削砥石20
A、20Bと研磨砥石30A、30Bにより研削および
研磨される。各研削砥石20A、20Bのそれぞれの主
要面19、23と各研磨砥石30A、30Bのそれぞれ
の主要面33、29はガラスシート10の主要面16に
平行に配置されている。図1に示す実施の形態におい
て、研削砥石20A、20Bはそれぞれ反対方向に回転
する。具体的には、研削砥石20Aは反時計方向に回転
し、一方研削砥石20Bは時計方向に回転する。同様
に、研磨砥石30A、30Bはそれぞれ反対方向に回転
する。具体的には、研磨砥石30Aは反時計方向に回転
し、一方研磨砥石30Bは時計方向に回転する。
【0009】図1に示すように、研削砥石20Bの研削
面21はガラスシート10の一方の縁部14に接触し、
また研削砥石20Aの研削面22はガラスシート10の
反対側の縁部12に接触する。同様に、研磨砥石30A
の研磨面32はガラスシート10の縁部12に接触し、
また研磨砥石30Bの研磨面31はガラスシート10の
縁部14に接触する。好適な実施の形態において、各研
削砥石20A、20Bと各研磨砥石30A、30Bは同
時に回転する。更に、好適な実施の形態において、対向
する縁部12、14は同時に研削され、且つ研磨され
る。特に、縁部12、14のそれぞれは先ず各研削砥石
20A、20Bの研削面22、21に接触し、そこで研
削ずみの縁部が次に各研磨砥石30A、30Bにそれぞ
れ接触する。また、図1に示すように、各研削砥石20
A、20Bは各研磨砥石30A、30Bから間隔がおか
れ、研削砥石20Aと研磨砥石30Aは互いにガラスシ
ート10の一方の縁部12の側に互いにすぐ近くに配置
され、研磨砥石20Bと研磨砥石30Bはガラスシート
10の別の縁部14の側に互いにすぐ近くに配置されて
いる。
【0010】更に、好適な実施の形態において、各研削
砥石20A、20Bと各研磨砥石30A、30Bは静止
しているが、ガラスシート10が矢印15の方向に動か
され、その結果縁部12、14のそれぞれが先ず研削さ
れ、次に研磨される。図2(A)(B)(C)は一方の
縁部12が研削される状況を示し、また、図3(A)
(B)(C)は縁部12が研削された後に研磨される状
況を示している。図2(A)は研削砥石20Aの研削面
22の部分断面図である。図に示すように、研削面22
は外周に少なくとも1個のV形溝24を有し、このV形
溝24の中心を通る放射状の線がV形溝24と角θを形
成する。角θは好適な実施の形態において凡そ15度な
いし40度の範囲にあり、最も好ましくは、凡そ30度
が最も好適である。図2(A)は1個のV形溝24のみ
を示しているが、図1に示すように、研削砥石20A、
20Bはそれぞれ複数個のV形溝24を有することがで
き、好適な実施の形態において、研削砥石20A、20
Bのそれぞれは6個のV形溝24を有する。図2(A)
に示すように、ガラスシート10の縁部12はV形溝2
4にアライメントされている。特に、縁部12は1対の
角部12A、12Bの間に扁平部12Cを有する。図2
(B)に示すように、1対の角部12A、12Bのみが
V形溝24と接触するが、扁平部12Cの中央部は研削
砥石20Aの研削面22に接触しないように、縁部12
がV形溝24に挿入される。角部12A、12BはV形
溝24により面取りされるので、図2(C)に示すよう
に、角部12A、12Bが転造されて1対の摩滅状の傾
斜部12D、12Eとなる。また、図2(C)に示すよ
うに、丸みのついた傾斜部12D、12Eはそれぞれガ
ラスシート10の上面と下面に対し角θを形成する。好
適な実施の形態において、角θは凡そ15度ないし40
度の範囲にあり、最も好ましくは、凡そ30度が最も好
適である。図2(C)に示すように、縁部12の扁平部
12Cの中央部は研削砥石20Aに接触しないので、研
削以前の形状と同一である。
【0011】研削ずみの縁部12は、図3(A)に示す
ように、次に研磨砥石30Aの研磨面32に接触する。
図3(A)に示すように、研磨砥石30Aの研磨面32
は実質的に扁平である。更に、研磨面32は、縁部12
に凹状部ができるのが避けられるほど十分に軟らかい。
図3(B)に示すように、研削ずみの縁部12が研磨砥
石30Aの研磨面32に接触すると、研磨面32は研削
ずみの縁部12に一致する形状に凹まされる。このよう
にして、研削された丸みのある傾斜面すなわち傾斜部1
2D、12Eが扁平部12Cと共に形成する鋭い中間面
はそれぞれ、図3(C)に12F、12Gで示すように
実質的に丸みがついている。ガラスシート10の縁部1
4は上述した方法と同じ方法で縁部12と同時に研削砥
石20Bおよび研磨砥石30Bにより研削され且つ研磨
される。
【0012】別の態様において、本発明は凡そ3mm以
下の厚さのあるガラスシート10の縁部12を仕上げる
方法を提供する。この方法は、縁部12の全体の幅/厚
さを凡そ35マイクロメートル以下だけ減小しながら面
取り面すなわち傾斜面12D、12Eを形成するため
に、ガラスシート10の縁部12の上面16Aと下面1
6Bを面取りする工程を含んでいる。さらに、ガラスシ
ート10の各傾斜面12D、12Eとそれに近接する主
要面16A、16Bとの間の角θは凡そ40度未満であ
る。次に、前記方法はさらに各傾斜面12D、12Eと
ガラスシート10の元の縁すなわち扁平部12Cとの交
差によりできる縁部12の丸み付け工程を含んでいる。
前記面取り工程はガラスシート10の縁部12の上面1
6Aと下面16Bを、少なくとも一つのV形溝24を持
った研削面22を有する少なくとも一つの回転中の研削
砥石20Aに接触させる工程を含み、この場合研削面2
2はガラスシート10の主要面16に平行である。さら
に、前記丸み付け工程は面取り面すなわち傾斜面12
D、12Eを有する縁部12の上面16Aと下面16B
を、縁部12に凹状の面取り部が形成されないよう十分
に軟らかい研磨面32を持った少なくとも1個の回転中
の研磨砥石30Aに、接触させる工程を含んでいる。各
傾斜面12D、12Eとそれに近接するガラスシート1
0の主要面16A、16Bとにより形成される角θは、
それぞれ、好ましくは凡そ30度である。
【0013】したがって、本発明の縁部仕上げ方法はガ
ラスシートの各縁部から凡そ35マイクロメートルより
多くを除去することがなく、このため本方法では微小な
割れの発生が少ないので、ガラスシートの強度および縁
部の品質を改善することになる。さらに、各傾斜面によ
り形成される角θは、研削装置の搬送の不正確さに起因
するガラスシートの横方向移動も考慮して凡そ30度が
好ましい。
【0014】更に、本発明の縁部仕上げ方法は複数個の
車輪18(図1参照)を有する搬送システムでガラスシ
ート10を運搬する工程を含んでいる。この搬送システ
ムは回転中の各研削砥石20A、20Bと各研磨砥石3
0A、30Bの間でガラスシート10を運搬する。更
に、搬送工程は図1に一部分図示されている1組のベル
ト17により前記搬送システム上にガラスシート10を
固定する工程を有する。更に、搬送工程はガラスシート
10に所望の分割線に沿って少なくとも部分的な割れを
作り、レーザにより局部加熱してガラスシート10を横
切ってその割れを導き、レーザをガラスシート10の上
で移動させて前記部分的割れを導いて所望の分割線に第
2の部分的な割れを形成し、ガラスシート10をこの部
分的な割れに沿って割ることによりガラスシート10を
適切なサイズに最初に割る工程を含んでいる。好ましく
は、研削砥石20A、20Bを研磨砥石30A、30B
より速く回転させる。好適な実施の形態において、各研
削砥石は凡そ毎分2、850回転し、各研磨砥石は凡そ
毎分2、400回転する。更に、回転中の各研削砥石2
0A、20Bの表面速度は各研磨砥石30A、30Bの
表面速度より速い。また、好適な実施の形態において、
ガラスシート10は凡そ毎分4.5ないし6mの速度で
運搬される。好適な実施の形態において、各研削砥石2
0A、20Bの直径は各研磨砥石30A、30Bの直径
より小さいかまたは等しい。
【0015】好適な実施の形態において、本発明に使用
される研削砥石20A、20Bはメタルボンド式(meta
l bonded)研削砥石であり、各砥石には6個の凹んだ溝
があり、各溝にダイヤモンド粒子が埋め込まれている。
ダイヤモンド粒子は凡そ400ないし800グリット
(grit)、好ましくは約400グリットの大きさであ
る。更に、本発明に使用される研削砥石20A、20B
の各溝の幅は凡そ0.7mmである。更に好ましくは、
各研削砥石20A、20Bは249mm(9.84イン
チ)の直径と、約25.4mm(1インチ)の厚さを有
する。ガラスシート10は毎分4.5ないし6mの送り
速度で搬送される。更に、各研削砥石20A、20Bの
表面速度は凡そ毎分2、201m(7、338フィー
ト)であり、各研磨砥石30A、30Bの表面速度は凡
そ毎分1、507m(5、024フィート)である。本
発明に使用される各研磨砥石30A、30Bは適当なキ
ャリヤ(carrier )材料例えば重合材料内に分散された
研削材を有する。研削材は例えばAl23、SiC、軽
石、ガーネットの研削材料からなる群より選んでもよ
い。好ましくは、研削材の粒度は180グリットに等し
いかまたはそれより微細であり、より好ましくは220
グリットに等しいかまたはそれより微細である。この種
の適当な研磨砥石の例が例えば米国特許第5、273、
558号に記載されており、この明細書が参考上ここに
編入されている。適当な重合キャリヤ材料の例はブチル
ゴム、シリコーン、ポリウレタン、天然ゴムである。こ
の特定の実施の形態に使用する研磨砥石の好適な系列は
ミネソタ州セントポールの3M社(Minnesota Mining a
nd Manufacturing Company)から入手できるXI−73
7研削砥石である。適当な研磨砥石は例えばカリフォル
ニア州サンディエゴ、アージョンドライブ7754(7754 A
rjons Drive)に在るクラテックス・マニュファクチャ
リング社(Cratex Manufacturing Co.,Inc.)やマサチ
ューセッツ州ウォーセスターに在るノートン社(The No
rton Company)から入手できる。また、各研磨砥石30
A、30Bの好適な直径は凡そ8.0インチ(203m
m)であり、厚さは約1インチ(25.4mm)であ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による方法の概略図
【図2】図1に示す研削方法の部分断面図
【図3】図1に示す研磨方法の部分断面図
【符号の説明】
10 ガラスシート 12 縁部 12A 角部 12B 角部 12C 扁平部 12D 面取り面または傾斜面 12E 面取り面または傾斜面 12F 丸み 12G 丸み 14 縁部 16 主要面 16A 上面または主要面 16B 下面または主要面 17 ベルト 18 車輪 19 主要面 20A 研削砥石 20B 研削砥石 22 研削面 23 主要面 24 V形溝 29 主要面 30A 研磨砥石 30B 研磨砥石 31 研磨面 32 研磨面 33 主要面
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 ブルース ハーバート レーダー アメリカ合衆国 ニューヨーク州 14845 ホースヘッズ ケ ヴィスタ ウェスト 117 (72)発明者 マサユキ シンカイ 日本国静岡県磐田郡浅羽町浅羽1207−4

Claims (26)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 厚さ3mm以下のガラスシートの縁部を
    仕上げる方法において、 前記ガラスシートの縁部の全幅を35マイクロメートル
    以下だけ減小しながら該縁部の上と下を面取りして面取
    り面を形成し、該面取り面のそれぞれとそれに近接する
    前記ガラスシートの主要面との間の角度を40度未満に
    する面取り工程と、 前記各面取り面と前記ガラスシートの元の縁部との交差
    により形成される各縁部に丸みを付ける工程と、を含む
    ことを特徴とする方法。
  2. 【請求項2】 前記面取り工程が、前記ガラスシートの
    上と下を、少なくとも1個のV形溝を持った研削面を有
    し且つ前記ガラスシートの主要面に平行である少なくと
    も1個の回転中の研削砥石に接触させる工程を含むこと
    を特徴とする請求項1記載の方法。
  3. 【請求項3】 前記丸み付け工程が、面取り面を有する
    前記縁部の上と下を、凹状の面取り部が形成されないよ
    う十分に軟らかい研磨面を持った少なくとも1個の回転
    中の研磨砥石に接触させる工程を含むことを特徴とする
    請求項1記載の方法。
  4. 【請求項4】 前記各面取り面と、近接する前記ガラス
    シートの主要面との間の角度が凡そ30度であることを
    特徴とする請求項1記載の方法。
  5. 【請求項5】 前記各研削砥石の回転速度が前記各研磨
    砥石の回転速度より速いことを特徴とする請求項1記載
    の方法。
  6. 【請求項6】 前記各研削砥石の表面速度が前記各研磨
    砥石の表面速度より速いことを特徴とする請求項1記載
    の方法。
  7. 【請求項7】 1対の角部の間に扁平部を有するフラッ
    トパネルディスプレイ用ガラスシートの縁部を仕上げる
    方法において、 最初に、少なくとも1個のV形溝を持った研削面を有し
    且つ前記ガラスシートの主要面に平行である回転中の研
    削砥石に対し、前記縁部の扁平部の中央部を接触させず
    前記1対の角部のみを接触させることにより、該1対の
    角部を1対の摩滅状傾斜部に転造させ、該各摩滅状傾斜
    部がそれに近接する前記ガラスシートの主要面に対しな
    す角θを凡そ15度ないし40度の範囲になるようにす
    る工程と、 次に、前記前記ガラスシートの縁部を、実質的に扁平な
    研磨面を外周に有し且つ前記ガラスシートの主要面に平
    行である回転中の研磨砥石に接触させ、ここで前記研磨
    面は凹状の面取り部が形成されないほど十分軟らかであ
    り、前記各摩滅状傾斜部と前記扁平部との界面に実質的
    に丸みが作られる工程と、を含むことを特徴とする方
    法。
  8. 【請求項8】 前記縁部の全幅を35マイクロメートル
    以下だけ減小させる工程を含むことを特徴とする請求項
    7記載の方法。
  9. 【請求項9】 前記角θが凡そ30度であることを特徴
    とする請求項7記載の方法。
  10. 【請求項10】 少なくとも1個のV形溝を持った研削
    面を有し且つ前記ガラスシートの主要面に平行である少
    なくとも1個の回転中の第2研削砥石に対し、前記ガラ
    スシートの第2縁部の扁平部を接触させず前記ガラスシ
    ートの第2縁部の1対の角部のみを同時に接触させるこ
    とにより、該1対の角部を1対の摩滅状傾斜部に転造さ
    せ、該各摩滅状傾斜部がそれに近接する前記ガラスシー
    トの主要面に対し凡そ15度ないし40度の範囲の角度
    を形成する工程と、 次に、前記前記ガラスシートの第2縁部を、実質的に扁
    平な研磨面を外周に有し且つ前記ガラスシートの主要面
    に平行である回転中の第2研磨砥石に同時に接触させ、
    ここで前記研磨面は凹状の面取り部が形成されないほど
    十分軟らかであり、前記各摩滅状傾斜部と前記扁平部と
    の界面に実質的に丸みが作られる工程と、を含むことを
    特徴とする請求項7記載の方法。
  11. 【請求項11】 初め前記ガラスシートを前記各研削砥
    石と前記各研磨砥石の間の搬送システムにより搬送する
    ことを特徴とする請求項10記載の方法。
  12. 【請求項12】 前記各研削砥石の回転速度が前記各研
    磨砥石の回転速度より速いことをことを特徴とする請求
    項11記載の方法。
  13. 【請求項13】 前記各研削砥石が複数のV形溝を持っ
    た研削面を有することを特徴とする請求項12記載の方
    法。
  14. 【請求項14】 前記縁部の全幅を35マイクロメート
    ル以下だけ減小させる工程を含むことを特徴とする請求
    項13記載の方法。
  15. 【請求項15】 前記各研削砥石の表面速度が前記各研
    磨砥石の表面速度より速いことを特徴とする請求項14
    記載の方法。
  16. 【請求項16】 厚さ3mm以下のフラットパネルディ
    スプレイ用ガラスシートの対向縁部を仕上げる方法にお
    いて、 前記ガラスシートを搬送システムに固定する工程と、 前記ガラスシートを初め1対の固定式回転研削砥石の間
    を搬送し、次に1対の固定式回転研磨砥石の間を搬送す
    る工程であって、前記各対の研削砥石が第1速度で回転
    し且つ前記各対の研磨砥石が第2速度で回転し、前記各
    対の研削砥石および研磨砥石の中の一方が前記ガラスシ
    ートの対向縁部の一方の縁部に沿って第1方向に回転
    し、且つ前記各対の研削砥石および研磨砥石の中の他方
    が前記対向縁部の他方の縁部に沿って第2方向に回転
    し、該第2方向が第1方向に反対向きである工程と、を
    含むことを特徴とする方法。
  17. 【請求項17】 前記各研削砥石が少なくとも1個のV
    形溝のある研削面を外周に有し、前記V形溝のの中心を
    通る放射状の線が凡そ15度ないし40度の角度をなす
    ことを特徴とする請求項16記載の方法。
  18. 【請求項18】 前記各研削砥石が複数個のV形溝をも
    つ研削面を有することを特徴とする請求項17記載の方
    法。
  19. 【請求項19】 前記複数個のV形溝のそれぞれの中心
    を通る放射状の線が凡そ30度であることを特徴とする
    請求項18記載の方法。
  20. 【請求項20】 前記各研削砥石の直径が前記各研磨砥
    石の直径より大きいことを特徴とする請求項19記載の
    方法。
  21. 【請求項21】 前記各研削砥石の回転速度が前記各研
    磨砥石の回転速度より速いことをことを特徴とする請求
    項19記載の方法。
  22. 【請求項22】 前記各研削砥石の表面速度が前記各研
    磨砥石の表面速度より速いことを特徴とする請求項19
    記載の方法。
  23. 【請求項23】 前記各研削砥石の直径が凡そ249m
    m(9.84インチ)であり、前記各研磨砥石の直径が
    凡そ203mm(8.0インチ)であることを特徴とす
    る請求項20記載の方法。
  24. 【請求項24】 前記各研削砥石の回転速度が凡そ毎分
    2、850回転であり、前記各研磨砥石の回転速度が凡
    そ毎分2、400回転であることを特徴とする請求項2
    1記載の方法。
  25. 【請求項25】 前記各研削砥石の表面速度が凡そ毎分
    毎分2、201m(7、338フィート)であり、前記
    各研磨砥石の表面速度が凡そ毎分1、507m(5、0
    24フィート)であることを特徴とする請求項22記載
    の方法。
  26. 【請求項26】 前記ガラスシートが凡そ毎分4.5な
    いし6mの送り速度で搬送されることを特徴とする請求
    項24記載の方法。
JP2000178125A 1999-06-14 2000-06-14 ガラスシートの縁部を仕上げる方法 Expired - Fee Related JP4805444B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US333133 1999-06-14
US09/333,133 US6325704B1 (en) 1999-06-14 1999-06-14 Method for finishing edges of glass sheets

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001009689A true JP2001009689A (ja) 2001-01-16
JP4805444B2 JP4805444B2 (ja) 2011-11-02

Family

ID=23301432

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000178125A Expired - Fee Related JP4805444B2 (ja) 1999-06-14 2000-06-14 ガラスシートの縁部を仕上げる方法

Country Status (8)

Country Link
US (3) US6325704B1 (ja)
EP (1) EP1060833B1 (ja)
JP (1) JP4805444B2 (ja)
KR (1) KR100662970B1 (ja)
CN (1) CN1154552C (ja)
DE (1) DE60017318T2 (ja)
HK (1) HK1030900A1 (ja)
TW (1) TW524783B (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008266046A (ja) * 2007-04-17 2008-11-06 Nippon Electric Glass Co Ltd フラットパネルディスプレイ用ガラス基板およびその製造方法
JP2008307641A (ja) * 2007-06-14 2008-12-25 Fuji Electric Device Technology Co Ltd 面取り加工装置、研磨部材及び面取り加工方法
KR100967283B1 (ko) 2006-08-25 2010-07-01 아사히 가라스 가부시키가이샤 판 형상체의 모따기 방법 및 그 장치
JP2011011323A (ja) * 2009-07-06 2011-01-20 Nakamura Tome Precision Ind Co Ltd 硬質脆性板の面取加工方法及び装置
JP2011241126A (ja) * 2010-05-20 2011-12-01 Nippon Electric Glass Co Ltd ガラス基板およびその製造方法
WO2013108725A1 (ja) * 2012-01-18 2013-07-25 AvanStrate株式会社 ガラス板の製造方法、ディスプレイ用ガラス基板の製造方法及びガラス板
JP2013242567A (ja) * 2012-05-22 2013-12-05 Spigen Sgp Korea 強化ガラスを用いた携帯用電子機器の保護フィルム
KR20140043797A (ko) * 2011-06-28 2014-04-10 코닝 인코포레이티드 유리 엣지 마무리 방법
JP2015066650A (ja) * 2013-09-30 2015-04-13 株式会社ニデック 眼鏡レンズ加工装置及び眼鏡レンズ加工方法
WO2016098824A1 (ja) * 2014-12-19 2016-06-23 旭硝子株式会社 ガラス板の面取り装置、ガラス板の面取り方法、及びガラス板の製造方法
CN107363693A (zh) * 2016-08-12 2017-11-21 旭硝子株式会社 玻璃基板和玻璃基板的制造方法
CN110814919A (zh) * 2019-11-27 2020-02-21 利辛县天鑫玻璃制品有限公司 一种玻璃直线直边磨边机

Families Citing this family (110)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100476501B1 (ko) * 1999-09-01 2005-03-17 엘지.필립스 엘시디 주식회사 액정 셀 연마장치 및 그 장치에 따른 액정 셀 연마방법
JP3510584B2 (ja) * 2000-11-07 2004-03-29 スピードファム株式会社 円板形ワークの外周研磨装置
IT1320847B1 (it) * 2000-11-28 2003-12-10 Bottero Spa Metodo e macchina per la molatura di lastre di vetro rivestite.
KR100748115B1 (ko) * 2001-06-29 2007-08-10 주식회사 포스코 겹치기 용접용 휠 전극의 연삭장치
MXPA04008789A (es) 2002-03-11 2004-11-26 Becton Dickinson Co Sistema y metodo para la fabricacion de cuchillas quirurgicas.
KR100832293B1 (ko) * 2002-03-20 2008-05-26 엘지디스플레이 주식회사 액정 패널의 연마대 및 이를 이용한 연마장치
KR100841623B1 (ko) * 2002-03-21 2008-06-27 엘지디스플레이 주식회사 액정 패널의 연마장치
ITTO20030297A1 (it) * 2003-04-16 2004-10-17 Forvet Srl Testa di molatura per una macchina di molatura di
US6910953B2 (en) 2003-07-24 2005-06-28 Corning Incorporated Methods and apparatus for edge finishing glass sheets
US7018272B2 (en) * 2003-07-29 2006-03-28 Corning Incorporated Pressure feed grinding of AMLCD substrate edges
WO2005027728A2 (en) 2003-09-17 2005-03-31 Becton, Dickinson And Company Method for creating trenches in silicon wafers using a router
US7125319B2 (en) 2003-10-27 2006-10-24 Corning Incorporated Apparatus and method for grinding and/or polishing an edge of a glass sheet
KR100960472B1 (ko) * 2003-12-16 2010-05-28 엘지디스플레이 주식회사 액정 표시패널의 제조장치 및 그 제조방법
WO2006025508A1 (en) * 2004-08-31 2006-03-09 Showa Denko K.K. Method of polishing end surfaces of a substrate for a recording medium by a grain flow processing method
CN100465713C (zh) * 2005-06-20 2009-03-04 乐金显示有限公司 液晶显示设备用研磨机轮和用其制造液晶显示设备的方法
US7001249B1 (en) 2005-01-11 2006-02-21 Guardian Industries, Inc. Methods and systems for finishing edges of glass sheets
US7115023B1 (en) * 2005-06-29 2006-10-03 Lam Research Corporation Process tape for cleaning or processing the edge of a semiconductor wafer
US20070138228A1 (en) * 2005-12-16 2007-06-21 Brown James W Method and apparatus for finishing a glass sheet
US7294045B1 (en) 2005-12-21 2007-11-13 Corning Incorporated Apparatus and method for edge processing of a glass sheet
US7235002B1 (en) 2006-01-23 2007-06-26 Guardian Industries Corp. Method and system for making glass sheets including grinding lateral edge(s) thereof
CN101837560B (zh) * 2007-06-28 2012-10-03 坂东机工株式会社 玻璃板的磨削装置
US8453830B2 (en) * 2007-08-22 2013-06-04 Jean-Marc Boudreau Slide and wear pad for endless belt conveyor
WO2009034588A1 (en) * 2007-09-13 2009-03-19 Forvet S.R.L. Grinding assembly for glass slabs and grinding head for a rectilinear grinding machine equipped with such assembly
US8673163B2 (en) 2008-06-27 2014-03-18 Apple Inc. Method for fabricating thin sheets of glass
US7810355B2 (en) 2008-06-30 2010-10-12 Apple Inc. Full perimeter chemical strengthening of substrates
US8585467B2 (en) 2008-10-31 2013-11-19 Corning Incorporated Linear pressure feed grinding with voice coil
US20110019354A1 (en) * 2009-03-02 2011-01-27 Christopher Prest Techniques for Strengthening Glass Covers for Portable Electronic Devices
CN102388003B (zh) * 2009-03-02 2014-11-19 苹果公司 用于强化用于便携式电子设备的玻璃盖的技术
JPWO2010113982A1 (ja) * 2009-04-03 2012-10-11 旭硝子株式会社 ガラス基板の面取装置
IT1393877B1 (it) * 2009-04-29 2012-05-11 Bottero Spa Gruppo rompispigolo per lo smusso di spigoli di lastre di vetro
US8309245B2 (en) * 2009-06-06 2012-11-13 Apple Inc. Battery pack and connector
US9555516B2 (en) * 2009-07-24 2017-01-31 Corning Incorporated Method for processing an edge of a glass plate
CN102612500B (zh) * 2009-09-30 2016-08-03 苹果公司 用于加强便携式电子设备的玻璃盖的技术
US8549882B2 (en) * 2009-09-30 2013-10-08 Apple Inc. Pre-processing techniques to produce complex edges using a glass slumping process
KR100943018B1 (ko) 2009-10-01 2010-02-19 김윤배 그루브 동시 성형이 가능한 판유리 양각면기
US8892238B2 (en) 2009-10-06 2014-11-18 Edward T. Sweet Edge break details and processing
US20110081839A1 (en) * 2009-10-06 2011-04-07 Apple Inc. Method and apparatus for polishing a curved edge
US8854801B2 (en) * 2009-10-16 2014-10-07 Apple Inc. Portable computer display housing
US20110089792A1 (en) * 2009-10-16 2011-04-21 Apple Inc. Portable computer housing
US8553907B2 (en) 2009-10-16 2013-10-08 Apple Inc. Portable computer electrical grounding and audio system architectures
US8233109B2 (en) * 2009-10-16 2012-07-31 Apple Inc. Portable computer display housing
US8333862B2 (en) * 2009-10-16 2012-12-18 Apple Inc. Self fixturing assembly techniques
US8111505B2 (en) 2009-10-16 2012-02-07 Apple Inc. Computer housing
US8199468B2 (en) * 2009-10-16 2012-06-12 Apple Inc. Computer housing
CN101875178B (zh) * 2009-11-04 2012-06-20 北京北玻安全玻璃有限公司 夹层玻璃的后磨边方法
US20110129648A1 (en) * 2009-11-30 2011-06-02 Yabei Gu Glass sheet article with double-tapered asymmetric edge
CN102133725A (zh) * 2010-01-27 2011-07-27 均豪精密工业股份有限公司 改良的基板无效边去除系统
CN102791646A (zh) * 2010-02-02 2012-11-21 苹果公司 用于便携式电子设备的盖体的增强的化学强化玻璃
US9213451B2 (en) 2010-06-04 2015-12-15 Apple Inc. Thin glass for touch panel sensors and methods therefor
US9207528B2 (en) 2010-06-04 2015-12-08 Apple Inc. Thin sheet glass processing
US8758552B2 (en) 2010-06-07 2014-06-24 Skyworks Solutions, Inc. Debonders and related devices and methods for semiconductor fabrication
US8974268B2 (en) * 2010-06-25 2015-03-10 Corning Incorporated Method of preparing an edge-strengthened article
TWI491470B (zh) * 2010-07-08 2015-07-11 Nakamura Tome Precision Ind A chamfering method for a hard brittle plate, and a chamfering apparatus
US9102030B2 (en) 2010-07-09 2015-08-11 Corning Incorporated Edge finishing apparatus
US8923693B2 (en) 2010-07-30 2014-12-30 Apple Inc. Electronic device having selectively strengthened cover glass
TWI409139B (zh) * 2010-08-10 2013-09-21 Hon Hai Prec Ind Co Ltd 鍍膜及滾圓設備
CN102371224A (zh) * 2010-08-13 2012-03-14 鸿富锦精密工业(深圳)有限公司 镀膜及滚圆设备
US10189743B2 (en) 2010-08-18 2019-01-29 Apple Inc. Enhanced strengthening of glass
US8638549B2 (en) 2010-08-24 2014-01-28 Apple Inc. Electronic device display module
US8873028B2 (en) 2010-08-26 2014-10-28 Apple Inc. Non-destructive stress profile determination in chemically tempered glass
US8824140B2 (en) 2010-09-17 2014-09-02 Apple Inc. Glass enclosure
EP2433747B1 (de) * 2010-09-24 2013-04-17 Benteler Maschinenbau GmbH Verfahren und Vorrichtung zum Schleifen der parallel zueinander verlaufenden Kanten von Glasplatten
US8758553B2 (en) 2010-10-05 2014-06-24 Skyworks Solutions, Inc. Fixtures and methods for unbonding wafers by shear force
US20120080832A1 (en) 2010-10-05 2012-04-05 Skyworks Solutions, Inc. Devices for methodologies related to wafer carriers
US8888085B2 (en) 2010-10-05 2014-11-18 Skyworks Solutions, Inc. Devices and methodologies for handling wafers
JP5162640B2 (ja) * 2010-10-06 2013-03-13 川崎重工業株式会社 板ガラスの搬送装置とそれを備えた面取り装置
WO2012067587A1 (en) * 2010-11-15 2012-05-24 Agency For Science, Technology And Research (A*Star) Apparatus and method for polishing an edge of an article using magnetorheological (mr) fluid
US8540551B2 (en) 2010-12-15 2013-09-24 Corning Incorporated Glass edge finish system, belt assembly, and method for using same
US10781135B2 (en) 2011-03-16 2020-09-22 Apple Inc. Strengthening variable thickness glass
US9725359B2 (en) 2011-03-16 2017-08-08 Apple Inc. Electronic device having selectively strengthened glass
US20120248811A1 (en) * 2011-03-30 2012-10-04 GM Global Technology Operations LLC Magnesium alloy sheet metal panel with abrasivley processed edge region for enhanced durability
CN102189461A (zh) * 2011-03-30 2011-09-21 广东亿海机械制造有限公司 一种全自动卧式玻璃四边直线磨边机
US9778685B2 (en) 2011-05-04 2017-10-03 Apple Inc. Housing for portable electronic device with reduced border region
US9128666B2 (en) 2011-05-04 2015-09-08 Apple Inc. Housing for portable electronic device with reduced border region
US8986072B2 (en) 2011-05-26 2015-03-24 Corning Incorporated Methods of finishing an edge of a glass sheet
US9944554B2 (en) 2011-09-15 2018-04-17 Apple Inc. Perforated mother sheet for partial edge chemical strengthening and method therefor
US9516149B2 (en) 2011-09-29 2016-12-06 Apple Inc. Multi-layer transparent structures for electronic device housings
US10144669B2 (en) 2011-11-21 2018-12-04 Apple Inc. Self-optimizing chemical strengthening bath for glass
US10133156B2 (en) 2012-01-10 2018-11-20 Apple Inc. Fused opaque and clear glass for camera or display window
US8684613B2 (en) 2012-01-10 2014-04-01 Apple Inc. Integrated camera window
US8773848B2 (en) 2012-01-25 2014-07-08 Apple Inc. Fused glass device housings
US9201452B2 (en) 2012-02-28 2015-12-01 Apple Inc. Electronic device with illuminated logo structures
CN102658512A (zh) * 2012-05-17 2012-09-12 株洲南车时代电气股份有限公司 一种pcb薄板板边半自动刷边机
KR101974379B1 (ko) 2012-05-22 2019-09-06 삼성디스플레이 주식회사 기판 연마 장치 및 기판 연마 방법
US9028296B2 (en) 2012-08-30 2015-05-12 Corning Incorporated Glass sheets and methods of shaping glass sheets
CN102848283B (zh) * 2012-09-17 2015-03-11 深圳市华星光电技术有限公司 液晶面板磨边机
US9946302B2 (en) 2012-09-19 2018-04-17 Apple Inc. Exposed glass article with inner recessed area for portable electronic device housing
US9459661B2 (en) 2013-06-19 2016-10-04 Apple Inc. Camouflaged openings in electronic device housings
CN104339242A (zh) * 2013-08-01 2015-02-11 上海京美电脑机械有限公司 多轴式玻璃研磨机
JP6238117B2 (ja) * 2013-09-19 2017-11-29 旭硝子株式会社 板状体の加工方法
CN103707153B (zh) * 2013-11-25 2016-04-20 佛山市顺德区高力威机械有限公司 玻璃磨边机及其磨边加工方法
CN103612174A (zh) * 2013-12-09 2014-03-05 秦皇岛星晟科技有限公司 金刚石磨轮自动对中装置
US10442719B2 (en) * 2013-12-17 2019-10-15 Corning Incorporated Edge chamfering methods
US9886062B2 (en) 2014-02-28 2018-02-06 Apple Inc. Exposed glass article with enhanced stiffness for portable electronic device housing
DE102014213953A1 (de) * 2014-07-17 2016-01-21 Schott Ag Verfahren zur hochpräzisen Eckenkonturierung von Flachglassubstraten im Durchlauf
WO2016048924A1 (en) 2014-09-22 2016-03-31 Corning Incorporated Abrasive machining apparatus for processing edges of glass articles
KR102208307B1 (ko) * 2014-10-17 2021-01-26 동우 화인켐 주식회사 유리의 면취 방법
WO2016142822A1 (en) * 2015-03-06 2016-09-15 Lisec Italia Srl Apparatus for processing of glass plates
US9925634B2 (en) 2015-04-16 2018-03-27 Cardinal Ig Company Automated seaming apparatus and method
CN105328526B (zh) * 2015-11-15 2018-04-17 苏州光韵达光电科技有限公司 一种导光板双面抛光机
WO2017110560A1 (ja) 2015-12-21 2017-06-29 旭硝子株式会社 積層板
JP6787066B2 (ja) * 2016-01-05 2020-11-18 Agc株式会社 積層板
US20170266775A1 (en) * 2016-02-25 2017-09-21 Manyo Co., Ltd. Device for grinding end surfaces of billet
KR20180025383A (ko) * 2016-08-30 2018-03-09 삼성디스플레이 주식회사 커버 윈도우, 커버 윈도우를 포함하는 표시 장치 및 커버 윈도우의 제조 방법
TW201829119A (zh) * 2016-11-29 2018-08-16 美商康寧公司 用於基板片材之邊緣處理的設備及方法
CN106736977A (zh) * 2017-01-20 2017-05-31 京东方科技集团股份有限公司 研磨机构及研磨设备
CN109015114B (zh) * 2017-06-09 2020-11-06 蓝思科技(长沙)有限公司 一种含盲孔的3d玻璃产品的加工方法
EP3581331A1 (en) 2018-06-13 2019-12-18 Phup Remszklo s.c. Set of discs for grinding the edges of glass plates
CN109202677B (zh) * 2018-10-12 2020-08-11 重庆艺美玻璃有限公司 夹胶玻璃生产用侧边抛光装置
CN110421464A (zh) * 2019-08-02 2019-11-08 重庆大学 一种智能打磨系统

Family Cites Families (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2022530A (en) * 1935-01-19 1935-11-26 Libbey Owens Ford Glass Co Treatment of abrasive tools
US2578789A (en) * 1948-10-04 1951-12-18 Donneily John Fenlon Glass beveling apparatus
US3111790A (en) * 1960-12-12 1963-11-26 Vego Inc Contact lens polishing apparatus
US4128972A (en) * 1975-04-14 1978-12-12 The Osborn Manufacturing Corporation Flexible polishing wheel and method for producing same
US4060938A (en) * 1976-04-20 1977-12-06 Barron Sr Lee H Glass beveling machine
US4467168A (en) * 1981-04-01 1984-08-21 Creative Glassworks International Method of cutting glass with a laser and an article made therewith
DE3231895C2 (ja) * 1982-08-27 1985-05-15 Benteler-Werke Ag, 4790 Paderborn, De
DE8503914U1 (ja) 1985-02-13 1985-07-11 Benteler-Werke Ag Werk Neuhaus, 4790 Paderborn, De
JPS63102860A (en) 1986-10-17 1988-05-07 Sumitomo Electric Ind Ltd Chamfering method for semiconductor wafer
US4908996A (en) * 1987-09-22 1990-03-20 Abraxas, Incorporated Method for machine polishing ophthalmic lenses to a translucent finish
JPH0698563B2 (ja) * 1989-11-30 1994-12-07 坂東機工株式会社 ガラス板の研削機械
US5185959A (en) * 1990-03-29 1993-02-16 Tamglass Oy Apparatus for grinding the edge of a glass sheet
JP2859389B2 (ja) * 1990-07-09 1999-02-17 坂東機工 株式会社 ガラス板の周辺エッジを研削加工する方法及びこの方法を実施するガラス板の数値制御研削機械
US5410843B1 (en) * 1991-05-16 1998-06-09 Wernicke & Co Gmbh Process for finishing the edge of corrective lenses made of plastic
US5366526A (en) * 1991-07-12 1994-11-22 Norton Company Method of abrading with boron suboxide (BxO) and the boron suboxide (BxO) articles and composition used
US5456735A (en) * 1991-07-12 1995-10-10 Norton Company Method of abrading with boron suboxide (BxO) and the boron suboxide (BxO) articles and composition used
US5273558A (en) * 1991-08-30 1993-12-28 Minnesota Mining And Manufacturing Company Abrasive composition and articles incorporating same
KR0185234B1 (ko) * 1991-11-28 1999-04-15 가부시키 가이샤 토쿄 세이미쯔 반도체 웨이퍼의 모떼기 방법
RU2024441C1 (ru) * 1992-04-02 1994-12-15 Владимир Степанович Кондратенко Способ резки неметаллических материалов
US5306319A (en) * 1993-05-12 1994-04-26 Minnesota Mining And Manufacturing Company Surface treating articles and methods of making same
DE4320934C2 (de) * 1993-06-24 1995-04-20 Wernicke & Co Gmbh Brillenglasrandschleifmaschine
JPH081493A (ja) 1994-06-17 1996-01-09 Fujikoshi Mach Corp ウェーハ面取部の鏡面研磨方法および鏡面研磨装置
US5622540A (en) 1994-09-19 1997-04-22 Corning Incorporated Method for breaking a glass sheet
JP3010572B2 (ja) * 1994-09-29 2000-02-21 株式会社東京精密 ウェーハエッジの加工装置
US5545277A (en) * 1994-10-03 1996-08-13 Ford Motor Company Plate glass edge strength
JPH08243891A (ja) 1995-03-07 1996-09-24 Kao Corp 基板のチャンファ加工装置
US5674110A (en) * 1995-05-08 1997-10-07 Onix S.R.L. Machine and a process for sizing and squaring slabs of materials such as a glass, stone and marble, ceramic tile and the like
US5816897A (en) * 1996-09-16 1998-10-06 Corning Incorporated Method and apparatus for edge finishing glass
JPH10259041A (ja) * 1997-03-19 1998-09-29 Fujitsu Ltd 貼り合わせガラス基板構造およびその製造方法
JPH11151647A (ja) 1997-11-18 1999-06-08 Sharp Corp 表示パネルのコーナー面取り装置
JPH11151646A (ja) 1997-11-20 1999-06-08 Rohm Co Ltd 電子部品用基板の面取り研磨装置
JP3078257B2 (ja) * 1998-04-15 2000-08-21 ティーディーケイ株式会社 有機el表示装置及びその製造方法

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100967283B1 (ko) 2006-08-25 2010-07-01 아사히 가라스 가부시키가이샤 판 형상체의 모따기 방법 및 그 장치
JP2008266046A (ja) * 2007-04-17 2008-11-06 Nippon Electric Glass Co Ltd フラットパネルディスプレイ用ガラス基板およびその製造方法
JP2008307641A (ja) * 2007-06-14 2008-12-25 Fuji Electric Device Technology Co Ltd 面取り加工装置、研磨部材及び面取り加工方法
JP2011011323A (ja) * 2009-07-06 2011-01-20 Nakamura Tome Precision Ind Co Ltd 硬質脆性板の面取加工方法及び装置
JP2011241126A (ja) * 2010-05-20 2011-12-01 Nippon Electric Glass Co Ltd ガラス基板およびその製造方法
TWI625198B (zh) * 2011-06-28 2018-06-01 康寧公司 玻璃邊緣修整之方法
KR20140043797A (ko) * 2011-06-28 2014-04-10 코닝 인코포레이티드 유리 엣지 마무리 방법
JP2014518169A (ja) * 2011-06-28 2014-07-28 コーニング インコーポレイテッド ガラスエッジ仕上方法
JP5456942B2 (ja) * 2012-01-18 2014-04-02 AvanStrate株式会社 ガラス板の製造方法、ディスプレイ用ガラス基板の製造方法及びガラス板
WO2013108725A1 (ja) * 2012-01-18 2013-07-25 AvanStrate株式会社 ガラス板の製造方法、ディスプレイ用ガラス基板の製造方法及びガラス板
KR101513825B1 (ko) * 2012-01-18 2015-04-20 아반스트레이트 가부시키가이샤 글래스판의 제조 방법, 디스플레이용 글래스 기판의 제조 방법 및 글래스판
TWI488822B (zh) * 2012-01-18 2015-06-21 Avanstrate Inc A manufacturing method of a glass plate, a method for manufacturing a glass substrate for a display, and a glass plate
JP2013242567A (ja) * 2012-05-22 2013-12-05 Spigen Sgp Korea 強化ガラスを用いた携帯用電子機器の保護フィルム
JP2015066650A (ja) * 2013-09-30 2015-04-13 株式会社ニデック 眼鏡レンズ加工装置及び眼鏡レンズ加工方法
WO2016098824A1 (ja) * 2014-12-19 2016-06-23 旭硝子株式会社 ガラス板の面取り装置、ガラス板の面取り方法、及びガラス板の製造方法
CN107363693A (zh) * 2016-08-12 2017-11-21 旭硝子株式会社 玻璃基板和玻璃基板的制造方法
JP2018024072A (ja) * 2016-08-12 2018-02-15 旭硝子株式会社 ガラス基板およびガラス基板の製造方法
CN107363693B (zh) * 2016-08-12 2019-01-11 Agc株式会社 玻璃基板和玻璃基板的制造方法
CN110814919A (zh) * 2019-11-27 2020-02-21 利辛县天鑫玻璃制品有限公司 一种玻璃直线直边磨边机

Also Published As

Publication number Publication date
EP1060833A1 (en) 2000-12-20
DE60017318D1 (de) 2005-02-17
TW524783B (en) 2003-03-21
US20020035853A1 (en) 2002-03-28
CN1277090A (zh) 2000-12-20
US6685541B2 (en) 2004-02-03
US6676488B2 (en) 2004-01-13
CN1154552C (zh) 2004-06-23
US6325704B1 (en) 2001-12-04
DE60017318T2 (de) 2006-03-30
US20020037686A1 (en) 2002-03-28
KR20010049537A (ko) 2001-06-15
KR100662970B1 (ko) 2006-12-28
JP4805444B2 (ja) 2011-11-02
EP1060833B1 (en) 2005-01-12
HK1030900A1 (en) 2001-05-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001009689A (ja) ガラスシートの縁部を仕上げる方法
US5975992A (en) Method and apparatus for edge finishing glass
JP3534115B1 (ja) エッジ研磨した窒化物半導体基板とエッジ研磨したGaN自立基板及び窒化物半導体基板のエッジ加工方法
WO2008044408A1 (fr) Pierre à meuler
CN103084957B (zh) 玻璃板及其制造方法、玻璃板端缘部的研磨方法及装置
JP2003506814A (ja) ガラス基板から構成される磁気ディスクの製造方法
KR100895830B1 (ko) 평판 디스플레이 유리 기판의 에지 가공 방법
KR101513825B1 (ko) 글래스판의 제조 방법, 디스플레이용 글래스 기판의 제조 방법 및 글래스판
JPH07186022A (ja) 板ガラスの端面研磨加工法
KR102192452B1 (ko) 레진 본드 지석의 연마용 홈의 제작 방법, 레진 본드 지석, 판상체의 가공 장치 및 판상체의 가공 방법
JP3980896B2 (ja) 板材の加工方法及びその装置
KR100304782B1 (ko) 단부면연마장치및단부면연마방법
JP6190108B2 (ja) 板ガラス等ワークの周縁部を研磨テープにより研磨する研磨装置及び研磨方法
JP5370913B2 (ja) ガラス基板の端面研磨装置およびその端面研磨方法
US4368567A (en) Glass conveyor roll finishing technique
JPH1177500A (ja) ガラス板端部の加工方法
JP2002059346A (ja) 板状物の面取り加工方法及び装置
KR100895780B1 (ko) 평판 디스플레이 유리 기판
JPH10230442A (ja) 寸法精度の優れた平板状工作物の両頭研削加工方法
TW201940282A (zh) 板玻璃的製造方法以及製造裝置
JP2002224965A (ja) 眼鏡レンズの端面加工用砥石
TW201940283A (zh) 板玻璃的製造方法以及製造裝置
JP2009142908A (ja) ガラスリボンの研磨方法
KR20140042344A (ko) 디스플레이 유리 기판 가공 방법
JPH11254332A (ja) ワックス砥石およびガラス基板の端面研磨方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070530

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091117

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100217

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100222

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100309

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100713

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20101013

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20101021

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101112

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110322

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110622

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110712

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110811

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140819

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees