JP2001003597A - 制振装置 - Google Patents

制振装置

Info

Publication number
JP2001003597A
JP2001003597A JP11177196A JP17719699A JP2001003597A JP 2001003597 A JP2001003597 A JP 2001003597A JP 11177196 A JP11177196 A JP 11177196A JP 17719699 A JP17719699 A JP 17719699A JP 2001003597 A JP2001003597 A JP 2001003597A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transmission
brace
damper
shaped space
space
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11177196A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Matsuno
亮 松野
Yusuke Takagi
雄右 高木
Hiroshi Murata
広志 村田
Yasuo Inose
恭夫 猪瀬
Yukio Matsumoto
幸男 松本
Junji Hashimoto
純二 橋本
Haruyuki Amano
治之 天野
Hiroshi Chikuma
寛 筑間
Original Assignee
Tokico Ltd
トキコ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tokico Ltd, トキコ株式会社 filed Critical Tokico Ltd
Priority to JP11177196A priority Critical patent/JP2001003597A/ja
Publication of JP2001003597A publication Critical patent/JP2001003597A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 本発明は耐力壁の内部に油圧ダンパを取り付
けることを課題とする。 【解決手段】 制振装置10は、耐力壁11に油圧ダン
パ12を組み込む構成となっている。耐力壁11の壁面
状空間20内には、上記油圧ダンパ12の他に下梁16
に固定される下部伝達部材22と、上梁18に固定され
る上部伝達部材24とが設けられており、油圧ダンパ1
2は下部伝達部材22と上部伝達部材24との間に介在
するように取り付けられる。また、上記壁面状空間20
には、一対のブレース26,28が対角方向に装架され
ている。そして、油圧ダンパ12は、ブラケット38,
40によりシリンダ12bがブレース26,28に干渉
しない中間位置に支持され、且つピストンロッド12a
がブレース26と交差する位置に支持されている。よっ
て、油圧ダンパ12は、下部伝達部材22と上部伝達部
材24との相対変位に伴う水平方向の振動を減衰するこ
とができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は制振装置に係り、特
に構造物の振動エネルギを吸収するダンパ装置がブレー
スを有する壁内に取り付けられるよう構成された制振装
置に関する。
【0002】
【従来の技術】ビルや住宅等の構造物の耐震性を高める
手段として、骨組みの対角位置に装架されて壁の内部に
配置されるブレースに油圧ダンパを取り付けてなる制振
構造の開発が進められている。この制振構造では、油圧
ダンパにより柱や梁等の骨組み間に骨組を塑性変形させ
ようとする地震の振動エネルギを吸収し、構造物の骨組
みを制振させる構成となっている。
【0003】このような制振装置としては、例えば実開
平7−23108号公報に開示された構成のものがあ
る。この公報に記載されたものは、油圧ダンパがブレー
スとして取り付けられており、油圧ダンパのシリンダ端
部が骨組みの角部に連結され、シリンダ内を往復動する
ピストンに結合されたピストンロッドの端部が骨組みの
対角位置に形成された他の角部に連結されている。
【0004】そして、地震による振動エネルギが構造物
の骨組みに伝わると、長方形状に組まれた骨組みが平行
四辺形となるように変形させる応力が構造物に作用す
る。その際の振動エネルギは、油圧ダンパにより吸収さ
れる。その結果、構造物は地震による変形が防止され
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記のように構成され
た制振装置では、油圧ダンパ及び柱や梁等の骨組みを有
するため、複数の作業員が特別な施工方法で組み立てな
がらコンクリートの壁面に固定する必要があり、取付作
業が難しかった。そのため、油圧ダンパを上部伝達部材
と下部伝達部材との間に介在させてなる制振壁パネルを
形成し、この制振壁パネルを工場等で組み立てて現場で
パネルを基礎や梁に固定するようにして取付作業が容易
に行なえるよう構成された制振装置が開発されつつあ
る。
【0006】この制振装置では、梁に固定される上部伝
達部材と床等の基礎に固定される下部伝達部材との間に
油圧ダンパが取り付けられており、油圧ダンパのシリン
ダ端部及びピストンロッド端部が水平方向の振動を伝え
る上部伝達部材又は下部伝達部材に連結されている。上
記のような制振装置では、一般の木造住宅に取り付ける
場合、油圧ダンパを複数の個所に設置する必要がある
が、ドアや窓を除いた壁部に取り付けることになる。と
ころが、一般の木造住宅では、地震に耐えるだけの強度
を持たせるため、筋交い(ブレース)が設けられた耐力
壁を所定の割合で設けることが義務付けられているの
で、油圧ダンパが取付可能な壁面が限られていた。
【0007】そのため、住宅のドアや窓、さらに耐力壁
を除く壁面に油圧ダンパを取り付けなければならないの
で、油圧ダンパの設置可能な壁面が足りず十分な制震効
果が得られないおそれがあった。そこで、本発明は上記
課題を解決した制振装置を提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、本発明は以下のような特徴を有する。上記請求項1
記載の発明は、構造物の柱、梁から形成される垂直な壁
面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向の
振動を伝える上部伝達部材と、前記構造物の基礎、柱か
ら形成される垂直な壁面状空間に設けられ、前記基礎か
らの該壁面状空間と平行な水平方向の振動を伝える下部
伝達部材と、前記上部伝達部材と前記下部伝達部材との
間に設けられたダンパ装置と、前記構造物の柱または梁
に結合されるブレースと、を有する制振装置において、
前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱または
梁との間に形成される空間内に配置し、前記ダンパ装置
のピストンロッドを前記ブレースと交差するように設け
たことを特徴とするものである。
【0009】従って、請求項1記載の発明によれば、ダ
ンパ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成
される空間内に配置し、ダンパ装置のピストンロッドを
ブレースと交差するように設けたため、耐力壁の内部に
もダンパ装置を設けることが可能になり、住宅の構造あ
るいは壁面の配置によらず制震効果を確保することがで
きる。
【0010】上記請求項2記載の発明は、構造物の柱、
梁から形成される垂直な壁面状空間に設けられ、該壁面
状空間と平行な水平方向の振動を伝える上部伝達部材
と、前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状
空間に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な
水平方向の振動を伝える下部伝達部材と、前記上部伝達
部材と前記下部伝達部材との間に設けられたダンパ装置
と、前記ダンパ装置を前記上部伝達部材または前記下部
伝達部材に固定するブラケットと、前記構造物の柱また
は梁に結合されるブレースと、を有する制振装置におい
て、前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱ま
たは梁との間に形成される空間内に配置し、前記ブラケ
ットを前記ブレースと交差するように設けたことを特徴
とするものである。
【0011】従って、請求項2記載の発明によれば、ダ
ンパ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成
される空間内に配置し、ブラケットをブレースと交差す
るように設けたため、耐力壁の内部にもダンパ装置を設
けることが可能になり、住宅の構造あるいは壁面の配置
によらず制震効果を確保することができる。上記請求項
3記載の発明は、構造物の柱、梁から形成される垂直な
壁面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向
の振動を伝える上部伝達部材と、前記構造物の基礎、柱
から形成される垂直な壁面状空間に設けられ、前記基礎
からの該壁面状空間と平行な水平方向の振動を伝える下
部伝達部材と、前記上部伝達部材と前記下部伝達部材と
の間に設けられたダンパ装置と、前記構造物の柱または
梁に結合されるブレースと、を有する制振装置におい
て、前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱ま
たは梁との間に形成される空間内に配置し、前記上部伝
達部材及び前記下部伝達部材を前記壁面状空間に配置さ
せ、且つ前記ブレースを前記上部伝達部材及び前記下部
伝達部材の内部に挿通させたことを特徴とするものであ
る。
【0012】従って、請求項3記載の発明によれば、ダ
ンパ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成
される空間内に配置し、上部伝達部材及び下部伝達部材
を壁面状空間に配置させ、且つブレースを上部伝達部材
及び下部伝達部材の内部に挿通させたため、耐力壁の内
部にもダンパ装置を設けることが可能になり、住宅の構
造あるいは壁面の配置によらず制震効果を確保すること
ができる。
【0013】上記請求項4記載の発明は、構造物の柱、
梁から形成される垂直な壁面状空間に設けられ、該壁面
状空間と平行な水平方向の振動を伝える上部伝達部材
と、前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状
空間に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な
水平方向の振動を伝える下部伝達部材と、前記上部伝達
部材と前記下部伝達部材との間に設けられたダンパ装置
と、前記構造物の柱または梁に結合されるブレースと、
を有する制振装置において、前記ダンパ装置を前記ブレ
ースと前記構造物の柱または梁との間に形成される空間
内に配置し、前記上部伝達部材と前記下部伝達部材とを
前記壁面状空間の壁面に対し前後にずらして配置させ、
且つ前記ブレースを前記上部伝達部材及び前記下部伝達
部材の前面または後面の広い空間側に沿うように装架さ
せたことを特徴とするものである。
【0014】従って、請求項4記載の発明によれば、ダ
ンパ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成
される空間内に配置し、上部伝達部材と下部伝達部材と
を壁面状空間の壁面に対し前後にずらして配置させ、且
つブレースを上部伝達部材及び下部伝達部材の前面また
は後面の広い空間側に沿うように装架させたため、耐力
壁の内部にもダンパ装置を設けることが可能になり、住
宅の構造あるいは壁面の配置によらず制震効果を確保す
ることができる。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、図面と共に本発明の実施の
形態について説明する。図1は本発明になる制振装置の
一実施例を示す正面図である。また、図2(A)は図1
中X−X線に沿う縦断面図である。また、図2(B)は
図1中Y−Y線に沿う縦断面図である。また、図2
(C)は図1中Z−Z線に沿う横断面図である。
【0016】図1及び図2(A)〜(C)に示されるよ
うに、制振装置10は、例えば木造の一般住宅用建物等
の耐力壁11にダンパ装置としての油圧ダンパ12を組
み込む構成となっている。この油圧ダンパ12は、1階
床と2階床との間に起立された柱14と、1階床に支持
されるように横架された下梁16(基礎)と、2階床を
支持するように横架された上梁18とにより形成された
長方形の壁面状空間20の空いたスペースに取り付けら
れている。
【0017】耐力壁11の壁面状空間20内には、上記
油圧ダンパ12の他に下梁16に固定される下部伝達部
材22と、上梁18に固定される上部伝達部材24とが
設けられており、油圧ダンパ12は下部伝達部材22と
上部伝達部材24との間に介在するように取り付けられ
る。また、上記壁面状空間20には、鉄棒からなる一対
のブレース26,28が対角方向に装架されている。一
方のブレース26は、下部伝達部材22及び上部伝達部
材24の前面側に沿うように配設されている。また、他
方のブレース28は、下部伝達部材22及び上部伝達部
材24の傾斜部22a,24aに沿うように配設されて
いる。そのため、下部伝達部材22及び上部伝達部材2
4は、他方のブレース28と全く干渉せず、一方のブレ
ース26に摺接するように設けられている。
【0018】また、ブレース26,28は、一端が柱1
4の上部に固定された固定金具30に結合され、他端が
柱14の下部に固定された固定金具31に結合される。
また、ブレース26,28は、夫々途中にターンバック
ル32,34が設けられており、取付後のテンションが
調整されるようになっている。さらに、柱14間には、
壁面状空間20の中間位置に横架された横架部材36が
設けられている。尚、横架部材36は、X字状に配設さ
れたブレース26,28と交差する位置にブレース2
6,28が挿通される長孔36aが設けられている。
【0019】上部伝達部材24は、一方のブレース26
の後側に対向するように上梁18に固定され、且つ他方
のブレース28に干渉しないように台形状に形成されて
いる。上部伝達部材24の下端には、油圧ダンパ12の
ピストンロッド12aを支持するブラケット38が固定
されている。尚、上部伝達部材24の高さ方向の寸法L
aは、横架部材36が横架された中間位置よりも短い。
【0020】また、下部伝達部材22は、他方のブレー
ス28の後側に対向するように下梁16に固定され、且
つ他方のブレース26に干渉しないように台形状に形成
されている。下部伝達部材22の上端には、油圧ダンパ
12のシリンダ12bを支持するブラケット40が固定
されている。ブラケット40は、ブラケット38と同一
高さ位置となるように上方に延在されている。
【0021】すなわち、ブラケット40は、固定部40
aが下部伝達部材22の上端に固定され、一対の腕部4
0bが横架部材36及びブレース28を跨いでシリンダ
12bの端部を支持している。そのため、油圧ダンパ1
2は、水平状態に保持されている。尚、下部伝達部材2
2の高さ方向の寸法Lbは、横架部材36が横架された
中間位置近傍まで延長されており、上部伝達部材24よ
りも高さ寸法が大となっている(Lb>La)。
【0022】さらに、油圧ダンパ12は、壁面状空間2
0内の空いている部分に装架されるいる。すなわち、ブ
ラケット38,40によりシリンダ12bがブレース2
6,28に干渉しない中間位置に支持され、且つピスト
ンロッド12aがブレース26と交差する位置に支持さ
れている。このように油圧ダンパ12は、ブレース2
6,28に干渉しないように上部伝達部材24の下端に
固定されたブラケット38と、下部伝達部材22の上端
に固定されたブラケット40との間に横架されるように
取り付けられており、下部伝達部材22と上部伝達部材
24との相対変位に伴う水平方向の振動を減衰すること
ができる。
【0023】図3は本発明になる制振装置の変形例1を
示す正面図である。また、図4(A)は図3中X−X線
に沿う縦断面図である。また、図4(B)は図3中Y−
Y線に沿う縦断面図である。また、図4(C)は図3中
Z−Z線に沿う縦断面図である。また、図4(D)は図
3中M−M線に沿う横断面図である。尚、図3及び図4
(A)〜(D)において、上記実施例と同一部分には、
同一符号を付してその説明を省略する。
【0024】図3及び図4(A)〜(D)に示されるよ
うに、制振装置41は、ブレース26が下部伝達部材2
2及び上部伝達部材24の内部空間42,44に挿通さ
れている。そのため、制振装置41では、ブレース26
が下部伝達部材22及び上部伝達部材24の前面側に配
設された上記実施例のものよりも薄型化することができ
る。
【0025】図5(A)は本発明になる制振装置の変形
例3を示す正面図である。また、図5(B)は図5
(A)中Y−Y線に沿う縦断面図である。尚、図5
(A)(B)において、上記実施例と同一部分には、同
一符号を付してその説明を省略する。図5(A)(B)
に示されるように、制振装置51は、上記変形例2と同
様に下部伝達部材22及び上部伝達部材24が壁面状空
間20の左側に寄せた位置に取り付けられている。一方
のブレース26は、上部伝達部材24の前面側の広い空
間内に装架され、他方のブレース28は、下部伝達部材
22の後面側の広い空間内に装架されている。
【0026】また、下部伝達部材22は、壁面状空間2
0の後側に配置され、上部伝達部材24は、壁面状空間
20の前側に配置されている。そして、ブレース26,
28は、一端が下部伝達部材22の前面及び上部伝達部
材24の後面に対向し、他端が下部伝達部材22及び上
部伝達部材24の傾斜部22a,24aに沿うように配
設されている。
【0027】そして、ブレース26,28の途中に配設
されたターンバックル32,34が下部伝達部材22及
び上部伝達部材24とは反対側となる壁面状空間20の
右側に配置されている。そのため、制振装置51が設置
された後でもターンバックル32,34を回してブレー
ス26,28のテンションを調整することができる。図
6(A)は本発明になる制振装置の変形例4を示す正面
図である。また、図6(B)は図6(A)中X−X線に
沿う縦断面図である。尚、図6(A)(B)において、
上記実施例と同一部分には、同一符号を付してその説明
を省略する。
【0028】図6(A)(B)に示されるように、制振
装置61は、下部伝達部材22及び上部伝達部材24が
壁面状空間20の左側に寄せた位置に取り付けられてい
る。そのため、油圧ダンパ12は、ブレース26と横架
部材36との間に形成された左側空間に配置され、ブレ
ース26と干渉しないように取り付けられる。ブラケッ
ト52は、固定部52aが下部伝達部材22の上端に固
定され、一対の腕部52bが横架部材36を跨いでシリ
ンダ12bの端部を支持している。そのため、油圧ダン
パ12は、水平状態に保持されている。
【0029】ブレース26,28は、一端が下部伝達部
材22及び上部伝達部材24の内部空間42,44に挿
通され、他端が下部伝達部材22及び上部伝達部材24
の傾斜部22a,24aに沿うように配設されている。
そして、ブレース26,28の途中に配設されたターン
バックル32,34が下部伝達部材22及び上部伝達部
材24とは反対側となる壁面状空間20の右側に配置さ
れている。そのため、制振装置51が設置された後でも
ターンバックル32,34を回してブレース26,28
のテンションを調整することができる。
【0030】図7(A)は本発明になる制振装置の変形
例5を示す正面図である。また、図7(B)は図7
(A)中X−X線に沿う縦断面図である。尚、図7
(A)(B)において、上記実施例と同一部分には、同
一符号を付してその説明を省略する。図7(A)(B)
に示されるように、制振装置71は、下部伝達部材22
及び上部伝達部材24が壁面状空間20の後面側に寄せ
た位置に設けられ、ブレース26,28が下部伝達部材
22及び上部伝達部材24の前面側に形成される広い空
間内に装架されている。
【0031】ブラケット72は、固定部72aが上部伝
達部材24の下端側部24bに固定され、一対の腕部7
2bが水平方向に延在して油圧ダンパ12のピストンロ
ッド12aに連結されている。すなわち、ブラケット7
2は、ピストンロッド12aの動作方向に延在するよう
に取り付けられている。そして、ブレース26,28
は、ブラケット72の腕部72b間に形成された内部空
間72cを貫通するように取り付けられている。
【0032】ブラケット73は、固定部73aが下部伝
達部材22の上端に固定され、一対の腕部73bが横架
部材36を跨いでシリンダ12bの端部を支持してい
る。そのため、油圧ダンパ12は、水平状態に保持され
ている。これにより、油圧ダンパ12は、ブレース2
6,28と干渉しない位置に配置される。
【0033】図8(A)は本発明になる制振装置の変形
例6を示す正面図である。また、図8(B)は図8
(A)中X−X線に沿う縦断面図である。尚、図8
(A)(B)において、上記実施例と同一部分には、同
一符号を付してその説明を省略する。図8(A)(B)
に示されるように、制振装置81は、ブレース26,2
8が下部伝達部材22及び上部伝達部材24の前面側に
装架されている。また、下部伝達部材22は、上端が横
架部材36よりも上方に位置するように延在形成されて
いる。また、上部伝達部材24は、油圧ダンパ12がブ
レース26,28間の空いている上部空間に配置される
ように短く形成されている。
【0034】ブラケット82は、固定部82aが下部伝
達部材22の上端に固定され、一対の腕部82bがブレ
ース28をまたいで上方に延在して油圧ダンパ12のシ
リンダ12bに連結されている。そして、ブレース28
は、ブラケット82の腕部82b間に形成された内部空
間82cを貫通するように取り付けられている。これに
より、油圧ダンパ12は、ブレース26,28と干渉し
ない位置に配置される。
【0035】尚、上記実施の形態では、一つの油圧ダン
パ12をブレース26,28と干渉しない位置に配置さ
せた構成を一例として挙げたが、これに限らず、油圧ダ
ンパ数は複数の配置しても良いのは勿論である。また、
本発明の制振装置を2階以上の階に設ける場合は、下の
階の梁が本発明の基礎に該当する。
【0036】また、上記実施の形態では、ブレースがX
字状に構成された場合を一例として挙げたが、これに限
らず、その他の形状とされたブレースが用いられた構成
のものにも適用できるのは勿論である。
【0037】
【発明の効果】上述の如く、請求項1記載の発明によれ
ば、ダンパ装置をブレースと構造物の柱または梁との間
に形成される空間内に配置し、ダンパ装置のピストンロ
ッドをブレースと交差するように設けたため、耐力壁の
内部にもダンパ装置を設けることが可能になり、ダンパ
装置がブレースに干渉されずに減衰動作できるので、住
宅の構造あるいは壁面の配置によらず制震効果を確保す
ることができる。
【0038】また、請求項2記載の発明によれば、ダン
パ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成さ
れる空間内に配置し、ブラケットをブレースと交差する
ように設けたため、耐力壁の内部にもダンパ装置を設け
ることが可能になり、ダンパ装置がブレースに干渉され
ずに減衰動作できるので、住宅の構造あるいは壁面の配
置によらず制震効果を確保することができる。
【0039】また、請求項3記載の発明によれば、ダン
パ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成さ
れる空間内に配置し、上部伝達部材及び下部伝達部材を
壁面状空間に配置させ、且つブレースを上部伝達部材及
び下部伝達部材の内部に挿通させたため、耐力壁の内部
にもダンパ装置を設けることが可能になり、ダンパ装置
がブレースに干渉されずに減衰動作できるので、住宅の
構造あるいは壁面の配置によらず制震効果を確保するこ
とができる。
【0040】また、請求項4記載の発明によれば、ダン
パ装置をブレースと構造物の柱または梁との間に形成さ
れる空間内に配置し、上部伝達部材と下部伝達部材とを
壁面状空間の壁面に対し前後にずらして配置させ、且つ
ブレースを上部伝達部材及び下部伝達部材の前面または
後面の広い空間側に沿うように装架させたため、耐力壁
の内部にもダンパ装置を設けることが可能になり、ダン
パ装置がブレースに干渉されずに減衰動作できるので、
住宅の構造あるいは壁面の配置によらず制震効果を確保
することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明になる制振装置の一実施例を示す正面図
である。
【図2】図1に示す制振装置の各部の断面図である。
【図3】本発明になる制振装置の変形例1を示す正面図
である。
【図4】図3に示す制振装置の各部の断面図である。
【図5】本発明になる制振装置の変形例3を示す図であ
る。
【図6】本発明になる制振装置の変形例4を示す図であ
る。
【図7】本発明になる制振装置の変形例5を示す図であ
る。
【図8】本発明になる制振装置の変形例6を示す図であ
る。
【符号の説明】
10,41,51,61,71,81 制振装置 11 耐力壁 12 油圧ダンパ 14 柱 16 下梁 18 上梁 20 壁面状空間 22 下部伝達部材 24 上部伝達部材 26,28 ブレース 32,34 ターンバックル 36 横架部材 38,40,52,72,73,82 ブラケット 42,44 内部空間
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 村田 広志 神奈川県綾瀬市小園1116番地 トキコ株式 会社相模工場内 (72)発明者 猪瀬 恭夫 神奈川県綾瀬市小園1116番地 トキコ株式 会社相模工場内 (72)発明者 松本 幸男 神奈川県綾瀬市小園1116番地 トキコ株式 会社相模工場内 (72)発明者 橋本 純二 神奈川県綾瀬市小園1116番地 トキコ株式 会社相模工場内 (72)発明者 天野 治之 神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目6番3 号 トキコ株式会社内 (72)発明者 筑間 寛 神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目6番3 号 トキコ株式会社内 Fターム(参考) 2E001 DG01 FA03 KA03 2E002 EB12 EB13 FA02 FB15 FB17 LA03 LB02 LB13 LC05 MA12 3J048 AA02 AC04 BE03 DA03 DA06 DA10 EA38

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 構造物の柱、梁から形成される垂直な壁
    面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向の
    振動を伝える上部伝達部材と、 前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状空間
    に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な水平
    方向の振動を伝える下部伝達部材と、 前記上部伝達部材と前記下部伝達部材との間に設けられ
    たダンパ装置と、 前記構造物の柱または梁に結合されるブレースと、 を有する制振装置において、 前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱または
    梁との間に形成される空間内に配置し、前記ダンパ装置
    のピストンロッドを前記ブレースと交差するように設け
    たことを特徴とする制振装置。
  2. 【請求項2】 構造物の柱、梁から形成される垂直な壁
    面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向の
    振動を伝える上部伝達部材と、 前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状空間
    に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な水平
    方向の振動を伝える下部伝達部材と、 前記上部伝達部材と前記下部伝達部材との間に設けられ
    たダンパ装置と、 前記ダンパ装置を前記上部伝達部材または前記下部伝達
    部材に固定するブラケットと、 前記構造物の柱または梁に結合されるブレースと、 を有する制振装置において、 前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱または
    梁との間に形成される空間内に配置し、前記ブラケット
    を前記ブレースと交差するように設けたことを特徴とす
    る制振装置。
  3. 【請求項3】 構造物の柱、梁から形成される垂直な壁
    面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向の
    振動を伝える上部伝達部材と、 前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状空間
    に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な水平
    方向の振動を伝える下部伝達部材と、 前記上部伝達部材と前記下部伝達部材との間に設けられ
    たダンパ装置と、 前記構造物の柱または梁に結合されるブレースと、 を有する制振装置において、 前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱または
    梁との間に形成される空間内に配置し、前記上部伝達部
    材及び前記下部伝達部材を前記壁面状空間に配置させ、
    且つ前記ブレースを前記上部伝達部材及び前記下部伝達
    部材の内部に挿通させたことを特徴とする制振装置。
  4. 【請求項4】 構造物の柱、梁から形成される垂直な壁
    面状空間に設けられ、該壁面状空間と平行な水平方向の
    振動を伝える上部伝達部材と、 前記構造物の基礎、柱から形成される垂直な壁面状空間
    に設けられ、前記基礎からの該壁面状空間と平行な水平
    方向の振動を伝える下部伝達部材と、 前記上部伝達部材と前記下部伝達部材との間に設けられ
    たダンパ装置と、 前記構造物の柱または梁に結合されるブレースと、 を有する制振装置において、 前記ダンパ装置を前記ブレースと前記構造物の柱または
    梁との間に形成される空間内に配置し、前記上部伝達部
    材と前記下部伝達部材とを前記壁面状空間の壁面に対し
    前後にずらして配置させ、且つ前記ブレースを前記上部
    伝達部材及び前記下部伝達部材の前面または後面の広い
    空間側に沿うように装架させたことを特徴とする制振装
    置。
JP11177196A 1999-06-23 1999-06-23 制振装置 Pending JP2001003597A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11177196A JP2001003597A (ja) 1999-06-23 1999-06-23 制振装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11177196A JP2001003597A (ja) 1999-06-23 1999-06-23 制振装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001003597A true JP2001003597A (ja) 2001-01-09

Family

ID=16026869

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11177196A Pending JP2001003597A (ja) 1999-06-23 1999-06-23 制振装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001003597A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001065190A (ja) * 1999-08-27 2001-03-13 Daiwa House Ind Co Ltd 振動減衰機能を有する外壁パネルフレーム
JP2002357014A (ja) * 2001-05-31 2002-12-13 Tatsuji Ishimaru 制振装置
JP2009167727A (ja) * 2008-01-17 2009-07-30 Hitachi Ltd 制振装置及び制振装置の組立方法及び制振装置を用いた建築物
JP2009264061A (ja) * 2008-04-28 2009-11-12 Hitachi Ltd 制振装置
WO2015100509A1 (es) * 2013-12-31 2015-07-09 Pontificia Universidad Catolica De Chile Sistema, combinado de amplificación de deformaciones y disipación de energía en estructuras de edificaciones
CN110036164A (zh) * 2016-11-25 2019-07-19 日立汽车系统株式会社 减振装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001065190A (ja) * 1999-08-27 2001-03-13 Daiwa House Ind Co Ltd 振動減衰機能を有する外壁パネルフレーム
JP2002357014A (ja) * 2001-05-31 2002-12-13 Tatsuji Ishimaru 制振装置
JP2009167727A (ja) * 2008-01-17 2009-07-30 Hitachi Ltd 制振装置及び制振装置の組立方法及び制振装置を用いた建築物
JP2009264061A (ja) * 2008-04-28 2009-11-12 Hitachi Ltd 制振装置
WO2015100509A1 (es) * 2013-12-31 2015-07-09 Pontificia Universidad Catolica De Chile Sistema, combinado de amplificación de deformaciones y disipación de energía en estructuras de edificaciones
CN110036164A (zh) * 2016-11-25 2019-07-19 日立汽车系统株式会社 减振装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005133533A (ja) 制振壁
JP2001003597A (ja) 制振装置
JP2988470B2 (ja) 既存構造物の補強構造及び補強構造物
JPH09235894A (ja) 既存建築物の耐震補強構造
JP5596338B2 (ja) 木造建築物の補強金具及び木造建築物の補強方法
JP2733917B2 (ja) 制振装置
JPH10227148A (ja) 制振壁パネル
JP2001003599A (ja) 制振装置
JP3230839B2 (ja) 建物ユニットの防振構造
JP3284882B2 (ja) 既設建屋の耐震補強構造
JP2002357014A (ja) 制振装置
JPH09170353A (ja) 既存建築物の制震構造
JP2021021310A (ja) 制振補強システム
JP2004197324A (ja) プレストレストコンクリート構造の制震架構
JP2000045563A (ja) 制振壁パネル
JP3750404B2 (ja) 雑壁を備えた構造物の制振構造
JP4262400B2 (ja) 制振装置
JP2004019157A (ja) 鉄筋コンクリート造建物の制震構造
JP4035274B2 (ja) 制振装置
JP2002188314A (ja) 耐震性に優れた壁構造、その構築方法、並びに高壁耐力,減震機能付与の壁パネル
JP4552320B2 (ja) 制震構造物
JP3640195B2 (ja) 建築物の制振構造
JP3219739B2 (ja) 制振装置
JP3190953B2 (ja) 建物の制震構造
JP3116824B2 (ja) 梁ダンパ構造

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20041126

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20051202

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070921

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071009

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080122

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080722