JP2000507640A - Detergent composition comprising an alkaline polygalacturonase - Google Patents

Detergent composition comprising an alkaline polygalacturonase

Info

Publication number
JP2000507640A
JP2000507640A JP50965198A JP50965198A JP2000507640A JP 2000507640 A JP2000507640 A JP 2000507640A JP 50965198 A JP50965198 A JP 50965198A JP 50965198 A JP50965198 A JP 50965198A JP 2000507640 A JP2000507640 A JP 2000507640A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
preferably
detergent composition
enzyme
detergent
composition according
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP50965198A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
アンドレ、セザール、ベック
イバーン、モーリス、アルフォンス、ジャン、エルボ
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/16Organic compounds
    • C11D3/38Products with no well-defined composition, e.g. natural products
    • C11D3/386Preparations containing enzymes, e.g. protease, amylase
    • C11D3/38636Preparations containing enzymes, e.g. protease, amylase containing enzymes other than protease, amylase, lipase, cellulase, oxidase, reductase

Abstract

(57)【要約】 本発明は、全般的な洗浄性能を改善し、しみ/汚れ除去効果を高めるための、特に植物、乾燥した果物および野菜ジュースの汚れ/しみの除去を改善するための、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素を含有する、皿洗い、硬質表面洗浄および洗濯用組成物を含めた、洗浄剤組成物に関する。 (57) Abstract: The present invention improves overall cleaning performance, to increase the stain / soil removal effect, particularly plants, for improving the stain removal / stains of dry fruit and vegetable juices, containing alkali polygalacturonase enzyme, dish, including hard surface cleaning and laundry compositions, it relates to detergent compositions.

Description

【発明の詳細な説明】 アルカリポリガラクツロナーゼを含む洗浄剤組成物発明の分野本発明は、実質的に他のペクチン酵素を含有しないアルカリポリガラクツロナーゼ(alkaline polygalacturonase)を含む、住宅の掃除、皿洗いおよび洗濯用組成物を含めた洗浄剤組成物に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION Field of the Invention The detergent composition invention containing alkaline polygalacturonase comprises a substantially alkaline polygalacturonase containing no other pectin enzymes (alkaline polygalacturonase), cleaning of housing relates to detergent compositions, including dishwashing and laundry compositions. 発明の背景洗濯または皿洗い方法のような洗濯または洗浄方法に用いられる洗浄剤製品の全般的な性能は、汚れ除去能力、および洗濯中の物品上への汚れまたは汚れ分解生成物の再付着防止能力、を含めた多くのファクターによって判断される。 General performance of detergent products for use in laundry or cleaning methods, such as background laundry or dishwashing method aspect of the present invention, soil removal capacity, and antiredeposition capability of dirt or soil degradation products onto the article in the wash , it is determined by a number of factors, including. 植物、木材、壌土粘土(mould clay)系汚れおよび果物から生じるしみの除去は、特に、洗濯温度が低くなる傾向があるため、今日最も骨の折れる仕事の一つである。 Plants, wood, stain removal resulting from the Loam Clay (Mold clay) based soil and fruits, in particular, because the washing temperature tends to be low, which is one of the most arduous work today. これらのしみは、主に炭水化物およびそれらの誘導体に基づく繊維物質の複合混合物(繊維および細胞壁成分)を一般に含む。 These stains are mainly include complex mixtures of fibrous material based on carbohydrates and their derivatives (fibers and cell wall components) generally. 植物系の汚れはさらにアミロース、糖およびそれらの誘導体を伴う。 Dirt of the plant is further accompanied amylose, sugars and their derivatives. 食物の汚れは、汚れた基体から効果的に除去するのがしばしば困難である。 Stains of food is often difficult to effectively remove from soiled substrates. 果物および/または野菜ジュースによるひどく着色したまたは「乾燥した」汚れは、特に除去が難しい。 Fruit and / or vegetables badly colored or "dry" dirty by the juice, it is difficult especially removal. そのような汚れの具体例は、オレンジジュース、トマトジュース、バナナ、マンゴーまたはブロッコリーの汚れである。 Specific examples of such dirt, orange juice, tomato juice, banana, is the dirt of mango or broccoli. 基体は布、食器または硬質表面であることができる。 The substrate can be a cloth, dish or hard surface. ペクチン物質は、例えばフルーツジュース中に見られる。 Pectin substances are, for example, found in fruit juice. ペクチン物質は、分散した粒状物質をそのようなフルーツジュース中に懸濁させる働きをし、これらのジュースは粘性および不透明性となる傾向がある。 Pectin substances, serve to suspend the dispersed particulate material during such fruit juices, these juices tend to be viscous and opaque. ペクチン酵素は、フルーツ/野菜ジュース加工業において、ジュース中のペクチン物質の分解(脱ペクチン化)によるジュースの透明化に一般に用いられている。 Pectin enzymes, fruit / in vegetable juice processing industry, are commonly used in transparent juice by decomposition of pectic substances in the juice (de pectin of). ライオン株式会社の1985年4月23日公開ドイツ特許明細書3,635, 427は、ペクチナーゼ活性を有する酵素を含む衣類洗濯用のリン酸塩非含有洗剤に関するものであり、これにはポリガラクツロナーゼ、ペクチンリアーゼおよび/またはペクチンエステラーゼのような酵素が含まれていると記載されている。 1985 April 23, published German patent specification 3,635 of Lion Corporation, 427 relates to a phosphate-free detergent for clothes washing comprising an enzyme having pectinase activity, polygalacturonic to this kinase has been described as containing enzymes, such as pectin lyases and / or pectin esterase. しかしながら、衣類から無機的な汚れを除去するためのこれらのペクチナーゼ酵素混合物に関する一般的な教示は別として、個々のペクチナーゼ酵素に関する具体的な教示は例3にあるだけで、ここでは酵素(「酵素D」と表示されている)は大量のペクチンリアーゼを含有することを特徴としている。 However, as another general teachings on these pectinase enzyme mixture to remove the inorganic soil from clothing, the specific teaching regarding an individual pectinase enzyme only in the example 3, wherein the enzyme ( "enzyme D "is displayed as) is characterized by containing a large amount of pectin lyase. 表IIIは、洗剤配合物中のこの酵素Dの評価結果であり、この高ペクチンリアーゼ混合物は最も高いペクチナーゼ活性率(10%)を有し、そして水溶性高分子量化合物との組み合わせで、報告されている他の酵素組成物と比較して、より高い洗浄力値の一つ(83%)を有する。 Table III is the evaluation result of the enzyme D of detergent formulations, in combination with the high pectin lyase mixture has the highest pectinase activity rate (10%), and water-soluble high molecular weight compounds, it is reported compared to other enzyme composition which has one higher detergency values ​​(83%). 他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素を洗浄剤配合物、特に洗濯、皿洗いおよび住宅掃除用の洗浄剤配合物、に特に用いる利点は、同時係属米国特許出願US08/529816で認められている。 Polygalacturonase enzyme detergent formulations containing no other pectin enzyme substantially, in particular laundry, detergent formulations for dishwashing and residential cleaning, especially used advantage, in co-pending U.S. Patent Application US08 / 529816 It recognized. 本発明の目的は、洗濯および洗浄に用いたとき、改善された汚れ/しみ除去効果をもたらす、洗濯、皿洗いおよび住宅用の洗浄剤組成物を提供することである。 An object of the present invention, when used in laundry and cleaning results in improved stain / stain removal effect, washing is to provide a detergent composition for dishwashing and residential. 本発明では、pH7〜11で最適活性の少なくとも10%、好ましくは25% 、より好ましくは40%の酵素活性を有する、特にpH7〜11で最適活性を有する、ポリガラクツロナーゼ酵素が、広い範囲の植物および果物によるしみの除去を著しく改善し、洗浄剤組成物の実際の個々の対象についての洗浄特性を高めることを意外にも見いだした。 In the present invention, at least 10% of the optimal activity at PH7~11, preferably 25%, with a more preferably 40% of the enzyme activity, having an optimum activity, especially in PH7~11, polygalacturonase enzymes, a wide range of significantly improved stain removal by plants and fruits, found surprisingly that increase the actual cleaning properties for individual subjects of the detergent composition. 事実、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素を含有させると、特に、乾燥状態の果物および野菜ジュースの汚れ/しみの除去が改善される。 In fact, the inclusion of alkaline polygalacturonase enzyme, in particular, removal of the dirt / stains fruit dry and vegetable juices are improved. さらに、他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素は、洗浄溶液中で改善された適合性および高い活性を示し、これによって、特に、 重質洗濯または皿洗い用組成物の場合、体、乾燥フルーツおよび野菜ジュースの汚れ/しみの除去を改善することも見いだされた。 Furthermore, polygalacturonase enzymes that do not contain other pectin enzymes substantially is improved in the wash solution is exhibited compatibility and high activity, if the result, in particular, heavy-duty laundry or dishwashing composition, body, has also been found to improve the removal of dirt / stains of dried fruit and vegetable juices. また、他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素は、洗浄剤マトリックスとより良好な適合性を示す(例えば製品の加工および貯蔵寿命の間)ことも見いだされた。 Further, polygalacturonase enzymes that do not contain other pectin enzyme substantially, the (for example between products processing and shelf life of) indicating better compatibility with detergent matrix also been found. さらに、分散剤、特に有機ポリマー分散剤を、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素含有洗浄剤組成物に含有させると、非常に有用であることも意外にも見いだされた。 Additionally, dispersing agents, in particular organic polymeric dispersing agent, the inclusion in the alkaline polygalacturonase enzyme-containing detergent composition, also has been found surprisingly that it is very useful. 分散剤は、酵素による汚れ分解の分解生成物の分散を促し、洗濯時の物品へのそれらの再付着を妨げる。 Dispersants, encourage the dispersion of degradation products of fouling degradation by enzymes, preventing their redeposition on articles during washing. 洗浄性能の改善は、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素を他の洗浄剤酵素と組み合わせたときにも観察された。 Improved wash performance was also observed when a combination of alkali polygalacturonase enzymes with other detergent enzymes. 酵素漂白系または慣用的な活性漂白系はアルカリポリガラクツロナーゼ酵素と一緒になって、広い範囲の汚れにおいて高い性能を提供する。 Enzymatic bleaching system or conventional activated bleach system together with alkaline polygalacturonase enzymes provide high performance in dirt wide range. さらに、染料移行防止ポリマーをアルカリポリガラクツロナーゼ酵素と組み合わせると、白色度維持性および/または汚れ放出性が改善される。 Furthermore, the combination of dye migration preventive polymer and alkaline polygalacturonase enzymes, whiteness maintenance and / or soil release properties are improved. 発明の概要本発明は、全般的洗浄性能を向上させ、そしてしみ/汚れ除去効果を高めるための、特に、植物、乾燥したフルーツおよび野菜ジュースの汚れ/しみの除去を改善するための、他のペクチン酵素を実質的に含有しないアルカリポリガラクツロナーゼ酵素を含む、皿洗い、硬質表面洗浄および洗濯用組成物を含めた洗浄剤組成物に関する。 The present invention improves the overall cleaning performance, and to enhance the stain / soil removal effect, particularly plants, for improving the stain removal / stains of dry fruit and vegetable juices, other including alkaline polygalacturonase enzyme containing no pectin enzyme substantially dishwashing, to detergent compositions, including hard surface cleaning and laundry compositions. 発明の詳細な説明 アルカリポリガラクツロナーゼ酵素本発明の洗浄剤組成物の必須成分はアルカリポリガラクツロナーゼ酵素である。 Essential components detailed description detergent composition alkaline polygalacturonase enzymes The present invention is an alkali polygalacturonase enzyme. 「アルカリ性」という用語は、pH7〜11で、その最適活性の少なくとも1 0%、好ましくは25%、より好ましくは40%、の酵素活性を有するポリガラクツロナーゼ酵素を包含し、そしてpH7〜11で最適活性を有するポリガラクツロナーゼ酵素を包含するものである。 The term "alkaline" is PH7~11, at least 1 0% of its optimum activity, preferably includes 25%, polygalacturonase enzymes more preferably 40%, of the enzymatic activity, and PH7~11 in is intended to encompass polygalacturonase enzyme having an optimum activity. 酵素活性は、Agr. Enzyme activity, Agr. Bio1. Bio1. Chem.,Vol.36 (2),286のK. Chem., Vol.36 (2), 286 K. of Horikoshi記載の「Assay of APGase」により測定することができる。 Can be measured by "Assay of APGase" of Horikoshi described. ここで用いる「他のペクチン酵素を実質的に含有しない」とは、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素ではないペクチン酵素を50%未満、好ましくは約25% 未満、より好ましくは約10%未満、最も好ましくは約5%未満、含有するポリガラクツロナーゼ酵素含有組成物を意味する。 As used herein, "substantially free of other pectic enzymes", the pectin enzyme less than 50% non-alkaline polygalacturonase enzyme, preferably less than about 25%, more preferably less than about 10%, most preferably less than about 5 percent, meaning polygalacturonase enzyme-containing composition containing. そのようなペクチン酵素は、例えば、ペクチンメチルエステル結合を加水分解するペクチンメチルエステラーゼ、 およびペクチン酸に作用してα−1−4グリコシド結合の非加水分解開裂を引き起こして、ガラクツロン酸の不飽和誘導体を形成するペクチントランスエリミナーゼまたはリアーゼである。 Such pectin enzymes, for example, causing the non-hydrolytic cleavage of pectin methyl ester linkages hydrolyze pectin methyl esterase, and acts on pectate alpha-1-4 glycosidic bonds, unsaturated derivatives of galacturonic acid pectin transeliminase transglutaminase or lyases that form. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素は、本発明の組成物に、全組成物の重量に基づいて、純粋な酵素0.0001〜2%、好ましくは0.0005〜0.5% 、より好ましくは0.001〜0.1%、の量で混合するのが好ましい。 Alkaline polygalacturonase enzyme, the compositions of the present invention, based on the weight of the total composition, pure enzyme 0.0001 to 2%, preferably 0.0005% to 0.5%, more preferably 0. 001 to 0.1%, preferably mixed in an amount of. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素とは、ここでは、ガラクツロン酸分子間のグリコシド結合を開裂することによってペクチン物質を分解する作用をするどのような酵素も意味する。 The alkaline polygalacturonase enzyme, here, what enzyme also refers to the act degrades pectin substances by cleaving the glycosidic bond between galacturonic acid molecules. ペクチン物質は植物組織に見られ、オレンジ、トマトおよびグレープジュースのようなフルーツジュースの一般的な成分である。 Pectin substances found in plant tissues, orange, is a common component of fruit juices, such as tomato and grape juices. ペクチン物質はガラクツロン酸および/またはそれらの誘導体を含有する。 Pectin material containing galacturonic acid and / or their derivatives. ペクチン物質にはペクチンおよびペクチン酸が含まれる。 The pectin substances include pectins and pectic acids. ペクチンは一般に、 α−1−4グリコシド結合によって結合したガラクツロン酸の鎖から構成されるポリマーである。 Pectin is generally a polymer composed of a chain of galacturonic acid bound by alpha-1-4 glycosidic bonds. 一般に、天然ペクチンでは、カルボン酸基の約2/3がメタノールでエステル化されている。 In general, the natural pectins approximately two-thirds of the carboxylic acid groups are esterified with methanol. これらのメチルエステルを部分加水分解すると、 低メトキシルペクチンとなり、これらはカルシウムイオンとゲルを形成する傾向がある。 When these methyl esters partial hydrolysis becomes a low methoxyl pectin, they tend to form calcium ions and gels. 完全メチルエステル加水分解ではペクチン酸が得られる。 Pectic acid obtained in completely methyl ester hydrolysis. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素には、ここでは、天然に誘導されるアルカリポリガラクツロナーゼ酵素、および例えば一般的な遺伝工学技術によって得られる変異体、が含まれる。 The alkaline polygalacturonase enzyme, wherein the alkaline polygalacturonase enzyme, and for example, mutants obtained by common genetic engineering techniques are naturally derived, include. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素は、親アルカリ性微生物、例えばバクテリア、菌およびイースト微生物、例えばバシラス種、によって生成される。 Alkaline polygalacturonase enzyme, the parent alkaline microorganisms such as bacteria, fungi and yeast microorganisms such Bacillus species are generated by. 好ましい微生物は、JP 56131376およびJP 56068393に記載のようなBacillus firmus、Bacillus circulansおよびBacillus subtilisである。 Preferred microorganisms, Bacillus firmus, as described in JP 56131376 and JP 56068393, which is Bacillus circulans and Bacillus subtilis. 上記の酵素はErwinia種によって生成することもできる。 The above enzymes can also be produced by Erwinia species. 好ましいのはJP 5906 6588、JP 63042988およびWorld J. Preferred are JP 5906 6588, JP 63042988 and World J. Microbiol. Microbiol. Microbiotechnol .(8,2,115-120)、1992に記載のようなE. Microbiotechnol. (8,2,115-120), such as those described in 1992 E. chrysanthemi、E. chrysanthemi, E. carotovora、E. carotovora, E. amy lovora、E. amy lovora, E. herbicola、E. herbicola, E. dissolvensである。 It is dissolvens. 上記のアルカリ性ペクチン分解酵素はJP 73006557およびAgr. The above alkaline pectin degrading enzymes JP 73006557 and Agr. Biol. Biol. Chem.,(1972),36(2),285-93に記載のようなバシラス種によって生成することもできる。 Chem., (1972), 36 (2), can also be produced by Bacillus species as described 285-93. ペクチン分解酵素は、親アルカリ性微生物、例えばバクテリア、菌およびイースト微生物、例えばバシラス種、によって生成される。 Pectinolytic enzymes, parent alkaline microorganisms such as bacteria, fungi and yeast microorganisms such Bacillus species are generated by. 好ましい微生物は、JP 56131376およびJP 56068393に記載のようなBacillus firmu s、Bacillus circulansおよびBacillus subtilisである。 Preferred microorganisms, Bacillus firmu s as described in JP 56131376 and JP 56068393, which is Bacillus circulans and Bacillus subtilis. ペクチン分解酵素には、ガラクツラン−1,4−α−ガラクツロナーゼ(EC 3.2.1.67)、 ポリ−ガラクツロナーゼ活性(EC 3.2.1.15)、ペクチンエステラーゼ(EC 3.1.1.11)、ペクテートリアーゼ(EC 4.2.2.2) およびそれらのイソ酵素が含まれ、これらはErwinia種によって生成することができる。 The pectin degrading enzymes, Garakutsuran-1,4-alpha-galacturonase (EC 3.2.1.67), poly - galacturonase activity (EC 3.2.1.15), pectin esterase (EC 3.1.1 .11), pectate lyase (EC 4.2.2.2) and contains their isoenzymes, which may be produced by Erwinia species. 好ましいのはJP 59066588、JP 63042988およびWo rld J. Preferred are JP 59066588, JP 63042988 and the Wo rld J. Microbiol. Microbiol. Microbiotechnol. Microbiotechnol. (8,2,115−120)、1992 に記載のようなE. (8,2,115-120), such as those described in 1992 E. chrysanthemi、E. chrysanthemi, E. carotovora、E. carotovora, E. amylovora、E. amylovora, E. herbicola 、E. herbicola, E. dissolvensである。 It is dissolvens. 上記のペクチン酵素はJP 73006557およびAg r. The above pectin enzyme JP 73006557 and Ag r. Bio1. Bio1. Chem.,(1972),36(2),285-93に記載のようなバシラス種によって生成することもできる。 Chem., (1972), 36 (2), can also be produced by Bacillus species as described 285-93. そのような酵素は続いて精製すると、他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素を単離しうる。 When such enzyme followed by purification, polygalacturonase enzymes that do not contain other pectin enzymes substantially be isolated. 好ましいのは、本質的にポリガラクツロナーゼ酵素よりなるペクチン酵素組成物である。 Preferred are pectin enzyme composition consisting essentially of polygalacturonase enzyme. 今日、本発明の洗浄用組成物において酵素の性能効率を最適なものにするために様々な種類の酵素をタンパク/遺伝工学技術によって変性することは慣例となっている。 Today, be modified by protein / genetic engineering techniques of various types of enzymes to the optimal performance efficiency of the enzyme in the cleaning composition of the present invention has a convention. 例えば、そのような組成物の一般的な成分に対する酵素の適合性が高まるように、変異体を設計してもよい。 For example, as such suitability of the enzyme for the general components of the composition is increased, it may be designed variants. あるいは、酵素変異体の最適なpH、漂白剤安定性、触媒活性等が特定の洗浄用途に合うように、変異体を設計してもよい。 Alternatively, the optimum pH of the enzyme variants, bleach stability, so that the catalyst activity and the like suit the particular cleaning application may be designed variants. 特に、漂白剤安定性の場合は酸化に敏感なアミノ酸、そして界面活性剤適合性の場合は表面電荷に注意を向けるべきである。 Particularly, in the case of bleach stability should pay attention to the surface charge in the case of sensitive amino acids, and surfactants compatible oxidation. そのような酵素の等電点は、いくつかの荷電アミノ酸の置換によって調節してもよく、例えば等電点の上昇は陰イオン界面活性剤との適合性の向上に役立つ。 Such isoelectric point of the enzyme, some may be adjusted by the substitution of a charged amino acid, e.g., increase in isoelectric point may help to improve compatibility with anionic surfactants. 酵素の安定性は、例えば、付加塩ブリッジを作ったり、カルシウム結合部位を強化して錯塩の安定性を高めることによってさらに強化してもよい。 Stability of the enzyme, for example, or make an addition salt bridge may be further enhanced by increasing the stability of the complex to enhance the calcium binding site. 分散剤また、分散剤、特に有機ポリマー分散剤、を加えることが、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素含有洗浄剤組成物に非常に有用であることが意外にも見いだされた。 Dispersing agent addition, dispersants, particularly organic polymer dispersants, is the addition of, to be very useful in alkaline polygalacturonase enzyme-containing detergent compositions has been found surprisingly. 分散剤は、酵素による汚れ分解の分解生成物の分散を促して、洗浄時に物品上にそれらが再付着するのを妨げる。 Dispersants, encourage the dispersion of the breakdown products of fouling degradation by enzymes and prevent them from re-deposited on the article during washing. 適した水溶性有機塩は、ホモ−もしくはコ−ポリマー酸またはそれらの塩でああり、ポリカルボン酸は互いに2つ以下の炭素原子によって隔てられている少なくとも2つのカルボキシル基を含む。 Suitable water-soluble organic salts are homopolymers - including polymeric acids or Aari in their salt, a polycarboxylic acid are separated by not more than two carbon atoms from one another at least two carboxyl groups - or co. この種のポリマーはGB−A−1,596 ,756に記載されている。 Such polymers are GB-A-1,596, are described in 756. そのような塩の例は、分子量2,000〜5,00 0のポリアクリレート、および分子量1,000〜100,000の無水マレイン酸とのそれらのコポリマーである。 Examples of such salts are those copolymers with molecular weight 2,000~5,00 0 polyacrylate, and maleic anhydride having a molecular weight of 1,000 to 100,000. 特に、組成物の0.5〜20重量%の量の分子量4,000の480Nのようなアクリレートおよびメタクリレートのコポリマーを、本発明の洗浄用組成物に加えることができる。 In particular, it is possible to add 0.5 to 20% by weight of acrylates, such as 480N molecular weight of 4,000 and methacrylate copolymers of the composition, the cleaning composition of the present invention. 本発明の組成物は石灰セッケン解膠剤化合物を含有していてもよく、これは8 以上、好ましくは7以下、最も好ましくは6以下、の後に定義するような石灰セッケン分散力(LSDP)を有する。 The compositions of the present invention may also contain lime soap peptizers compounds which 8 or more, preferably 7 or less, and most preferably 6 or less, lime soap dispersing power as defined after the (LSDP) a. 石灰セッケン解膠剤化合物は0〜20重量%の量で存在するのが好ましい。 Lime soap deflocculant compounds are preferably present in an amount of 0-20 wt%. 石灰セッケン解膠剤の有効性を数字で表す評価は、石灰セッケン分散力(LS DP)によって示され、これはJ. Evaluation representing the effectiveness of the lime soap peptizers with a digit, indicated by the lime soap dispersing power (LS DP), which J. Am. Am. 0il. 0il. Chem. Chem. Soc.,Vol.27,p.88-90(1950) のH. Soc., Vol.27, H. of p.88-90 (1950) C. C. BorghettyおよびC. Borghetty and C. A. A. Bergmanの論文に記載のような石灰セッケン分散試験を用いて測定される。 It is measured using the lime soap dispersion test as described in the article of Bergman. この石灰セッケン分散試験法は、例えば、次の論文、 W. This lime soap dispersion test method, for example, the following papers, W. N. N. Linfield,Surfactant Science Series,Vol.7,p.3;W. Linfield, Surfactant Science Series, Vol.7, p.3; W. N. N. Linfield,Te nside surf.det.,Vol.27,p.159-163,(1990)、およびMKNagarajan,WF. Linfield, Te nside surf.det., Vol.27, p.159-163, (1990), and MKNagarajan, WF. Masle r,Cosmetics and Toiletries,Vol.104,p.71-73,(1989)を参考にして当業者によって広く用いられている。 Masle r, Cosmetics and Toiletries, Vol.104, p.71-73, widely used by those skilled in the art by reference to (1989). LSDPは、333ppmCaCO 3 (Ca:Mg=3 :2)に相当する硬度の水30ml中の0.025gのオレイン酸ナトリウムによって形成される石灰セッケン沈積物を分散させるのに必要な、オレイン酸ナトリウムに対する分散剤の重量%比である。 LSDP is, 333ppmCaCO 3 (Ca: Mg = 3: 2) the required corresponding lime soap deposits formed by sodium oleate 0.025g in water 30ml hardness to disperse in, to sodium oleate it is a weight percent ratio of the dispersant. 良好な石灰セッケン解膠剤能力を有する界面活性剤には、特定のアミンオキシド、ベタイン、スルホベタイン、アルキルエトキシサルフェート、およびエトキシル化アルコールが含まれる。 Surfactants having good lime soap peptizers capability, certain amine oxides, betaines, sulfobetaines, alkyl ethoxy sulfates, and include ethoxylated alcohols. 本発明で用いるためのLSDPが8以下の界面活性剤の例は、C 16-18ジメチルアミンオキシド、平均エトキシル化度が1〜5のC 12-18アルキルエトキシサルフェート、特にエトキシル化度が3のC 12-15アルキルエトキシサルフェート界面活性剤(LSDP=4)、および各々Lutensol A012およびLutensol A 030の商品名でBASF GmbHから販売されている、平均エトキシル化度が12(LSDP=6)または30のC 14-15エトキシル化アルコール、である。 Examples of LSDP 8 or less of the surfactant for use in the present invention, C 16-18 dimethyl amine oxide, C 12-18 alkyl ethoxy sulfates having an average degree of ethoxylation of 1 to 5, in particular degree of ethoxylation of from 3 C 12-15 alkyl ethoxy sulfate surfactant (LSDP = 4), and the trade name of each Lutensol A012 and Lutensol a 030 sold by BASF GmbH, average degree of ethoxylation 12 (LSDP = 6) or 30 C 14-15 ethoxylated alcohol, a. ここで用いるのに適したポリマー石灰セッケン解膠剤は、M. Polymeric lime soap peptizers suitable for use herein, M. K. K. Nagarajan,W .F. Nagarajan, W .F. Masler,Cosmetics and Toiletries,Vol104,p.71-73,(1989)の論文に記載されている。 Masler, Cosmetics and Toiletries, Vol104, p.71-73, are described in the article (1989). 疎水性漂白剤、例えば4−[N−オクタノイル−6−アミノヘキサノイル]ベンゼンスルホネート、4−[N−ノナノイル−6−アミノヘキサノイル]ベンゼンスルホネート、4−[N−デカノイル−6−アミノヘキサノイル]ベンゼンスルホネート、およびこれらの混合物、並びに親水性/疎水性漂白配合物と併せたノナノイルオキシベンゼンスルホネートも石灰セッケン解膠剤化合物として用いることができる。 Hydrophobic bleaches, for example 4- [N- octanoyl-6-aminohexanoyl] benzene sulfonate, 4- [N- nonanoyl-6-aminohexanoyl] benzene sulfonate, 4- [N- decanoyl-6-aminohexanoyl ] benzene sulfonate, and mixtures thereof, as well as nonanoyloxybenzenesulfonate in conjunction with hydrophilic / hydrophobic bleach formulations can also be used as lime soap peptizers compound. 洗浄剤酵素広い範囲の植物および果物によるしみの除去の改善は、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素と他の洗浄剤酵素との組み合わせで達成される。 Improved stain removal by detergent enzymes wide range of plants and fruits, are achieved in combination with alkaline polygalacturonase enzymes with other detergent enzymes. 相乗効果は、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素およびセルラーゼ、キシラナーゼおよび/またはプロテアーゼを含む洗浄剤組成物で観察される。 A synergistic effect is observed with detergent compositions comprising an alkali polygalacturonase enzymes and cellulase, xylanase and / or protease. 本発明において有用なセルラーゼには、バクテリアもしくは菌セルラーゼが含まれる。 Useful cellulases in the present invention include bacterial or fungal cellulases. これらは最適pHが5〜9.5であるのが好ましい。 Preferably it optimum pH of 5 to 9.5. 適したセルラーゼはBarbesgoard等のUSP4,435,307に開示されており、ここにはHumic ola insolensから生成される菌セルラーゼが開示されている。 Suitable cellulases are disclosed in USP4,435,307 such Barbesgoard, here bacteria cellulases are disclosed generated from Humic ola insolens. 適したセルラーゼはGB−A−2,075,028、GB−A−2,095,275およびDE− OS−2,247,832にも開示されている。 Suitable cellulases are GB-A-2,075,028, it is also disclosed in GB-A-2,095,275 and DE- OS-2,247,832. そのようなセルラーゼの例は、Humicola insolens菌株(Humicola griseav ar.thermoidea)、特にHumicola菌株DSM 1800によって生成されるセルラーゼである。 Examples of such cellulases are cellulases, Humicola insolens strain (Humicola griseav ar.thermoidea), in particular cellulases produced by Humicola strain DSM 1800. 他の適したセルラーゼは、分子量が約50KDa、等電点が5. Other suitable cellulases, molecular weight of about 50 KDa, an isoelectric point of 5. 5の、415のアミノ酸を含有するHumicola insolensから生じるセルラーゼである。 5 is a cellulase produced from Humicola insolens containing amino acids 415. 特に適したセルラーゼは、カラーケア効果を有するセルラーゼである。 Especially suitable cellulases are the cellulases having color care benefits. そのようなセルラーゼの例は、1991年11月6日付けのヨーロッパ特許出願9 1202879.2(ノボ社)に記載されている。 Examples of such cellulases are described in the November 1991 6 dated European patent application 9 1202879.2 (Nobosha). CarezymeおよびCelluzyme( ノボ・ノルディスクA/S)は特に有用である。 Carezyme and Celluzyme (Novo Nordisk A / S) are especially useful. WO91/17243も参照。 WO91 / 17243 See also. 適したキシラナーゼには商業的に入手しうるキシラナーゼ、例えば、Pulp zyme HBおよびSP431(ノボ・ノルディスク社)、Lyxasan(ギスト− ブロケイデス社)、0ptipulpおよびXylanase(ソルベイ社)、が含まれる。 Suitable xylanases, available commercially in the xylanase, e.g., Pulp zyme HB and SP431 (Novo Nordisk), Lyxasan (Gist - Burokeidesu Co.), 0Ptipulp and Xylanase (Solvay), are included. 適したプロテアーゼはB. Suitable protease B. subtilisおよびB. subtilis and B. licheniformis(サブチリシンB PNおよびBPN')の特定の菌株から得られるサブチリシンである。 It is a subtilisin derived from a particular strain of licheniformis (subtilisin B PN and BPN '). 1つの適したプロテアーゼは、デンマークのノボ・インダストリーズA/S(以後、「ノボ社」と呼ぶ)によりESPERASE(商標)として開発、販売されている、pH8〜 12で最大活性を有するバシラスの菌株から得られる。 One suitable protease Novo Industries A / S (hereinafter, referred to as "Nobosha") of Denmark developed ESPERASE (TM) by, sold from Bacillus strains having the highest activity in PH8~ 12 can get. この酵素および類似酵素の製造についてはGB1,243,784(ノボ社)に記載されている。 It is described in GB1,243,784 (Nobosha) for preparation of this enzyme and analogous enzymes. 他の適したプロテアーゼには、ノボ社のALCALASE(商標)、DURAZYM(商標)、およびS AVINASE(商標)、並びにインターナショナル・バイオ−シンセティックス社)(オランダ)のMAXATASE(商標)、MAXACAL(商標)、PR0PERASE(商標) およびMAXAPEM(商標)(タンパク質処理されたMaxacal)が含まれる。 Other suitable proteases, ALCALASE of Nobosha (TM), DURAZYM (TM), and S AVINASE (TM), as well as the International Bio - Synthetics, Inc.) (MAXATASE of the Netherlands) (TM), MAXACAL (TM) include PR0PERASE (TM) and Maxapem (TM) (protein treated Maxacal) is. 同様に1 985年1月9日のEP 130,756Aに記載されているようなプロテアーゼAおよび1987年4月28日のEP 303,761Aおよび1985年1 月9日のEP 130,756Aに記載されているようなプロテアーゼB。 Is described in EP 130,756A likewise 1 985 January 9 EP 303,761A and proteases A and 1987 April 28, as described in EP 130,756A January 9, 1985 and that such proteases B. WO 93/18140A(ノボ社)に記載のバシラス種NCIMB 40338からの高pHプロテアーゼも参照。 See also a high pH protease from Bacillus species NCIMB forty thousand three hundred thirty-eight according to WO 93 / 18140A (Nobosha). プロテアーゼ、1種以上の他の酵素、および可逆性プロテアーゼ阻害剤、を含む酵素系洗浄剤は、ノボ社のWO 92/0352 9Aに記載されている。 Protease, one or more other enzymes, and a reversible protease inhibitor, the enzyme-based cleaning agent containing are described in WO 92/0352 9A of Nobosha. 他の好ましいプロテアーゼには、プロクター・アンド・ ギャンブル社のWO 95/10591のプロテアーゼが含まれる。 Other preferred proteases include proteases of the Procter & Gamble Company of WO 95/10591. 望ましいときは、プロクター・アンド・ギャンブル社のWO 95/07791に記載のような、吸着性が低く、加水分解性が高いプロテアーゼを用いうる。 When desired, such as described in Procter & Gamble Company of WO 95/07791, low adsorptivity, hydrolyzability and may use high protease. ここで適した洗浄剤用の組み換えトリブシン状プロテアーゼはノボ社のWO 94/2558 3に記載されている。 Here recombinant Toribushin like protease for detergents suitable are described in WO 94/2558 3 of Nobosha. さらに詳しく説明すると、「プロテアーゼD」と呼ばれるプロテアーゼは、天然には見られないアミノ酸配列を有するカルボニルヒドロラーゼ変異体である。 To be more specific, the protease referred to as "Protease D" is a carbonyl hydrolase variant having an amino acid sequence not found in nature. これは、WO 95/10591およびC.Ghosh等の1994年10月13日付け米国特許出願08/322,677号”B1eaching Compositions Comprising Pr otease Enzymes”に記載のように、位置+76に相当する上記カルボニルヒドロラーゼの位置の多数のアミノ酸残基を、異なるアミノ酸に代えることによって、 先駆体カルボニルヒドロラーゼから誘導され、Bacillus amyloliquefaciens subtilisinの番号付けに従って+99、+101、+103、+104、 +107、+123、+27、+105、+109、+126、+128、 +135、+156、+166、+195、+197、+204、+206、 +210、+216、+217、+218、+222、+260、+265および/または+274よりなる群から選択される位置に相当する1つ以 This, as described in WO 95/10591 and dated October 13, 1994, such C.Ghosh U.S. Patent Application No. 08 / 322,677 "B1eaching Compositions Comprising Pr otease Enzymes", the carbonyl equivalent to position +76 a number of amino acid residue in position hydrolases, by replacing the different amino acid is derived from a precursor carbonyl hydrolase, + 99 according to the numbering of Bacillus amyloliquefaciens subtilisin, + 101, + 103, + 104, + 107, + 123, + 27, + 105, + 109 , + 126, + 128, + 135, + 156, + 166, + 195, + 197, + 204, + 206, + 210, + 216, + 217, + 218, + 222, + 260, one corresponding to a position selected from the group consisting of + 265 and / or Tasu274 than 上のアミノ酸残基位置と組み合わせて行うのも好ましい。 It performed in combination with the amino acid residue position above preferred. また、特許出願EP 25144 6およびWO 91/06637に記載のプロテアーゼおよびWO 91/027 92に記載のプロテアーゼBLAP(商標)も本発明に適している。 Further, protease BLAP (TM) according to proteases and WO 91/027 92 described in patent application EP twenty-five thousand one hundred and forty-four 6 and WO 91/06637 are also suitable for the present invention. 植物および果物のしみ/汚れの除去の改善は、デンプン、糖およびそれらの誘導体分解酵素、例えばアミラーゼ、グルコアミラーゼ、デキストラナーゼ、プルラナーゼ、インベルターゼ、ラッカーゼインスリナーゼ、をさらに含む本発明の洗浄剤組成物で観察される。 Improved removal of plant and fruit stains / soils, starches, sugars and their derivatives-degrading enzymes, for example amylases, glucoamylases, dextranase, pullulanase, invertase, detergent compositions of the present invention further comprises a laccase in Sri kinase, the It is observed in the object. 本発明の洗浄剤組成物に含めるのに適したアミラーゼ(αおよび/またはβ) は、変異体アミラーゼを含む洗浄用組成物が記載されている1994年2月3日公開のWO 94/02597(ノボ社)を参照するとよい。 Amylase suitable for inclusion in the detergent compositions of the present invention (alpha and / or beta), the variant 1994 cleaning composition comprising an amylase is described February 3, published WO 94/02597 ( Nobosha) reference may be made to the. また、Genencorの1994年8月18日公開WO94/18314、ノボ社の1995年4月20 日公開WO 95/10603、およびGenencorの1996年2月22日公開W O 96/05295を参照するとよい。 In addition, 1994 August 18, published WO94 / 18314 of Genencor, reference may be made to the public April 20, 1995 Nobosha WO 95/10603, and 1996 February 22, the public W O 96/05295 of Genencor. 洗浄用組成物に用いられることが公知の他のアミラーゼには、α−およびβ−アミラーゼが含まれる。 Be used in the cleaning composition is in the other known amylases include α- and β- amylase. α−アミラーゼは当業界で公知であり、USP 5,003,257、EP 252,666、W O 91/00353、FR 2,676,456、EP 285,123、EP 525,610、EP368,341、および英国特許明細書1,296,83 9(ノボ社)に記載のものが含まれる。 α- amylase are known in the art, USP 5,003,257, EP 252,666, W O 91/00353, FR 2,676,456, EP 285,123, EP 525,610, EP368,341, and include those described in British Patent specification 1,296,83 9 (Nobosha). 他の適したアミラーゼは1994年8月18日公開のWO 94/18314に記載のPurafact Ox Am Rを含めた安定性強化アミラーゼ、および1995年4月公開のWO 95/10603に記載のノボ社から入手しうる直接の親においてさらに変異がなされているアミラーゼ変異体である。 From other suitable amylase stability enhanced amylase, including Purafact Ox Am R described in WO 94/18314, published August 18, 1994, and Novo as claimed in April 1995 published WO 95/10603 is more amylase variant mutations have been made in the immediate parent, available. 商業的なα−アミラーゼ製品の例は、いずれもデンマークのノボ社から入手しうるTermamyl、Ban、FungamylおよびDuramyl(いずれも登録商標)である。 Examples of commercial α- amylases products are both Termamyl, available from Novo, Denmark, Ban, Fungamyl and Duramyl (both registered trademarks). WO 95/26397には、次のような他の適したアミラーゼが記載されている。 The WO 95/26397, other suitable amylases as follows is described. Phadebas(商標)α−アミラーゼ活性分析によって測定した、温度2 5〜55℃、pH値8〜10での比活性度がTermamyl(商標)の比活性度よりも少なくとも25%高い比活性度を有することを特徴とするα−アミラーゼ。 A Phadebas (R) was measured by α- amylase activity analysis, temperature 2 5 to 55 ° C., at least 25% higher specific activity than the specific activity of the specific activity of Termamyl (R) at pH values ​​8-10 α- amylase, characterized in that. 活性レベル、および熱安定性とより高い活性レベルとの組み合わせの点で改善された性質を有する他のアミロース分解酵素はWO 95/35382に記載されている。 Other amylolytic enzymes with improved properties in terms of combinations of active levels, and the thermal stability and higher activity level are described in WO 95/35382. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素と組み合わせた他のカルボヒドラーゼ、例えばβ−グルカナーゼ(リケナーゼ、ラミナラーゼ)およびエキソ−グルカナーゼ(リグナーゼ、タンナーゼ、ペントサナーゼ、マラナーゼおよびヘミ−セルラーゼ)は相乗性能を示す。 Other carbohydrases combined with alkaline polygalacturonase enzymes, for example β- glucanase (lichenase, Raminaraze) and exo - glucanase (Rigunaze, tannase, pentosanase, malanases and hemi - cellulases) shows a synergistic performance. 最後に、リパーゼ、クチナーゼおよびろうエステラーゼのような脂肪およびろうを加水分解する酵素とアルカリポリガラクツロナーゼ酵素との組み合わせは、 植物および果物のしみ/汚れの除去を相乗的に改善する。 Finally, lipases, combinations of fat and waxes hydrolyzing enzyme and alkali polygalacturonase enzymes such as cutinases and wax esterases, synergistically improves the removal of plants and fruit stains / soils. 洗浄剤用に適したリパーゼ酵素には、英国特許1,372,034で開示されているような、Pseudomonas stutzeri ATCC 19.154のようなシュードモナス属の微生物によって生成されるものが含まれる。 Lipase enzymes suitable for detergent, as disclosed in British Patent 1,372,034, include those produced by Pseudomonas microorganisms, such as Pseudomonas stutzeri ATCC 19.154. 適したリパーゼには、微生物のPseudomonas fluorescent IAM 1057によって生成される、リパーゼの抗体とプラスの免疫学的架橋反応を示すものが含まれる。 Suitable The lipase produced by Pseudomonas fluorescent IAM 1057 microorganisms include those shown lipase antibody positive immunological cross-linking reaction. このリパーゼはリパーゼP「アマノ」という商品名で日本の名古屋の天野製薬(株)から入手しうる(以後、「アマノ−P」と呼ぶ)。 This lipase is available from Amano Pharmaceutical Co., Ltd. of Nagoya, Japan under the trade name Lipase P "Amano" (hereinafter referred to as "Amano -P"). 他の適した商業的なリパーゼには、アマノ−CES、リパーゼex Chromobacter viscosum、例えば日本のタガタの東洋醸造社からのChromobacter viscosum var. Other suitable commercial lipases, Amano -CES, lipases ex Chromobacter viscosum, eg Chromobacter viscosum var from Toyo Jozo Co., Tagata of Japan. lipolyticum NRRLB 3676、米国のU. lipolyticum NRRLB 3676, the United States of U. S. S. バイオケミカル社およびオランダのDisoynth社からのChromobacter v iscosumリパーゼ、並びにリパーゼex Pseudomonas gladioliが含まれる。 Chromobacter v iscosum lipase from Bio-Chemical Co. and Dutch Disoynth, Inc., as well as the lipase ex Pseudomonas gladioli. 特に適したリパーゼは、M1 Lipase(商標)およびLipmax(商標) (ギスト−ブロケイデス社)、並びにLipolase(商標)およびLipolase Ultra(商標)(ノボ社)のようなリパーゼであり、これらは本発明の組成物と組み合わせて用いると非常に効果的であることが分かった。 Particularly suitable lipases, M1 Lipase (R) and Lipmax (TM) (Gist - Burokeidesu Co.), and a lipase such as Lipolase (TM) and Lipolase Ultra (TM) (Nobosha), of which the present invention It was found to be very effective when used in combination with the composition. また、特殊なリパーゼと考えられるクチナーゼ、すなわち、界面活性化を必要としないリパーゼである、クチナーゼ[EC3.1.1.50]、も適している。 Also, cutinases considered special lipases, i.e., a lipase that does not require interfacial activation, cutinase [EC 3.1.1.50], it is also suitable. クチナーゼを洗浄剤組成物に加えることは、例えばWO−A−88/093 67(ジェネンコール社)に記載されている。 The addition of cutinase in detergent compositions are described for example in WO-A-88/093 67 (Jenenkoru Inc.). リパーゼおよび/またはクチナーゼは、洗浄剤組成物に、洗浄剤組成物の重量に基づいて、活性酵素0.0001 〜2%の量で通常混合される。 Lipases and / or cutinases are the detergent composition, based on the weight of the detergent composition, is normally mixed in an amount of active enzyme from 0.0001 to 2%. 上記の酵素は植物、動物、バクテリア、菌およびイースト由来のようなどのような由来のものでもよい。 The above enzyme is a plant, animal, bacterial, how may be derived from such as from bacteria and yeast. 上記の酵素は、洗浄剤組成物に、洗浄剤組成物の重量に基づいて、活性酵素0.0001〜2%の量で通常混合される。 The above enzyme is a detergent composition, based on the weight of the detergent composition, is normally mixed in an amount of active enzyme from 0.0001 to 2%. 酵素は別々の単一成分(1種の酵素を含有するプリル、グラニュール、安定化液体等)として、あるいは2種以上の酵素の混合物(例えば、コグラニュール)として加えてもよい。 Enzymes separate single ingredients (containing one enzyme prills, granules, stabilized liquid, etc.), or as a mixture of two or more enzymes (e.g., co granules) may be added as a. 加えることができる他の適した洗浄剤成分は、1992年1月31日付け同時係属ヨーロッパ特許出願92870018.6に記載の酵素酸化スカベンジャーである。 Other suitable detergent ingredients that can be added are enzyme oxidation scavengers 1992. January 31 with copending European Patent Application 92870018.6. そのような酵素酸化スカベンジャーの例はエトキシル化テトラエチレンポリアミンである。 Examples of such enzymatic oxidation scavengers are ethoxylated tetraethylene polyamines. 合成洗浄剤組成物に混合する酵素物質の範囲および手段は、ジェネンコールインターナショナル社のWO 9307263 AおよびWO 9307260 A、 ノボ社のWO 8908694 A、およびMcCarty等の1971年1月5日付けU. Combination range and means enzyme material to be mixed into the detergent composition, Gene down calls International Inc. of WO 9307263 A and WO 9307260 A, Nobosha of WO 8,908,694 A, and January 5, dated 1971, such McCarty U. S. S. 3,553,139にも記載されている。 It is also described in 3,553,139. 酵素についてはPlace等の1 978年7月18日付けU. 1 978 July 18 with U. of Place, etc. for the enzyme S. S. 4,101,457およびHughesの1985年3月26日付けU. 4,101,457 and 26 dated March 1985 Hughes U. S. S. 4,507,219にさらに開示されている。 It is further disclosed in 4,507,219. 液体洗浄剤配合物に有用な酵素物質、およびそのような配合物へのそれらの混合については、Hora等の1981年4月14日付けU. Enzyme materials useful in the liquid detergent formulations, and for mixtures thereof to such formulations, April 14, dated 1981, such Hora U. S. S. 4,261,868に開示されている。 It is disclosed in 4,261,868.洗浄剤用の酵素は各種技術によって安定化することができる。酵素安定化技術はGedge等の1971年8月17日付けU. S. S. 3,600,319、Ven egasの1986年10月29日付けのEP 199,405およびEP 200, 586に開示および例示されている。酵素安定化システムはまた、例えばU. S. 3,519,570に記載されている。プロテアーゼ、キシラナーゼおよびセルラーゼを生じる有用なバシラス種AC13は、ノボ社のWO 9401532A に記載されている。 漂白剤広い範囲の植物および/または果物によるしみ/汚れの除去は、アルカリポリガラクツロナーゼ酵素の他に、酵素系漂白システムまたは一般的な活性漂白システムを含む洗浄剤組成物で達成されることが見いだされた。過酸化水素、PB1、PB4および過炭酸塩のような漂白剤の粒子サイズは4 00〜800ミクロンである。これらの漂白剤成分は、1種以上の酸素漂白剤、 および、選択した漂白剤により1種以上の漂白活性剤、を含んでいてもよい。酸素漂白化合物が存在するとき、これらは約1〜約25%の量で一般に存在する。ここで用いるための漂白剤成分は、酸素漂白剤並びに当業界で公知の他の漂白剤を含めた、洗浄用組成物に有用などのような漂白剤でもよい。本発明に適した漂白剤は活性漂白剤でも非活性漂白剤でもよい。用いうる酸素漂白剤の1種は過カルボン酸漂白剤およびそれらの塩である。この種の薬剤の適当な例は、モノペルオキシフタル酸マグネシウム6水和物、メタ−クロロ過安息香酸、4−ノニルアミノ−4-オキソペルオキシ酪酸およびジペルオキシドデカン二酸のマグネシウム塩である。そのような漂白剤は、米国特許4,483,781、米国特許出願740,446、ヨーロッパ特許出願0,1 33,354および米国特許4,412,934に開示されている。非常に好ましい漂白剤には、米国特許4,634,551に記載の6−ノニルアミノ−6− オキソペルオキシカプロン酸も含まれる。用いうる酸素漂白剤の別の種類はハロゲン漂白剤である。次亜ハロゲン酸塩漂白剤の例は、トリクロロイソシアヌル酸、並びにジクロロイソシアヌル酸のナトリウムおよびカリウム塩、並びにN−クロロおよびN−ブロモアルカンスルホンアミドである。そのような物質は、最終製品の0.5〜10重量%、好ましくは1〜5重量%で加える。過酸化水素放出剤を、漂白活性剤、例えばテトラアセチルエチレンジアミン( TAED)、ノナノイルオキシベンゼンスルホネート(NOBS)US 4,4 12,934に記載されている)、3,5−トリメチルヘキサノールオキシベンゼンスルホネート(ISONOBS、EP 120,591に記載されている) またはペンタアセチルグルコース(PAG)またはN−ノナノイル−6−アミノカプロン酸のフェノールスルホネートエステル(NACA−OBS、WO 94 /28106に記載されている)、と組み合わせて用いてもよく、これらは過加水分解して活性漂白成分としての過酸を形成し、漂白効果を向上させる。また適した活性剤は、同時係属ヨーロッパ特許出願91870207.7に開示されているようなアシル化クエン酸エステルである。本発明の洗浄剤組成物に用いるための、ペルオキシ酸、並びに漂白活性剤および過酸素漂白化合物を含む漂白システムを含めた有用な漂白剤は、本出願人の同時係属出願USSN08/136,626、PCT/US95/07823、W O95/27772、WO95/27773、WO95/27774およびW0 95/27775に記載されている。過酸化水素は、洗浄および/またはすすぎ工程の開始時またはこれらの間に過酸化水素を生じうる酵素系(すなわち、酵素およびその基質)を加えることによって存在させてもよい。そのような酵素系は1991年10月9日付けEP特許出願91202655.6に開示されている。ペルオキシダーゼ酵素は、酸素源、例えば過炭酸塩、過硼酸塩、パーサルフェート、過酸化水素等、と組み合わせて用いられる。これらは「しみおよび溶液漂白」のために、すなわち、洗浄操作の間に基体から洗浄溶液中の他の基体へ染料または顔料が移行するのを妨げるために用いられる。ペルオキシダーゼ酵素は当業界で公知であり、これらの例は、西洋わさびペルオキシダーゼ、リグニナーゼ、並びにクロロ−およびブロモ−ペルオキシダーゼのようなハロペルオキシダーゼである。ペルオキシダーゼ含有洗浄剤組成物は、例えば、PCT国際出願WO 89/099813並びに1991年11月6日付けヨーロッパ特許出願EP 91202882.6および1996年2月20日付けEP 96870013 . 8に開示されている。好ましい促進剤は、置換フェノチアジンおよびフェノキサジン、10−フェノチアジンプロピオン酸(PPT)、10−エチルフェノチアジン−4−カルボン酸(EPC)、10−フェノキサジンプロピオン酸(POP)および10−メチルフェノキサジン(WO94/12621に記載されている)および置換シリンゲート(C 3-5置換アルキルシリンゲート)およびフェノールである。過炭酸または過硼酸ナトリウムは好ましい過酸化水素源である。上記ペルオキシダーゼは、洗浄剤組成物に、洗浄剤組成物の重量に基づいて、 活性酵素0.0001〜2%の量で通常混合される。漂白組成物に用いるための金属含有触媒には、コバルト含有触媒、例えばペンタアミン酢酸コバルト(III)塩およびマンガン含有触媒、例えばEPA 549 271、EPA 549272、EPA 458,397、US 5,246,6 21、EPA 458398、US 5,194,416およびUS 5,114 ,611に記載されているものが含まれる。ペルオキシ化合物、マンガン含有漂白触媒およびキレート化剤を含む漂白組成物は特許出願94870206.3 に記載されている。酸素漂白剤以外の漂白剤も当業界で公知であり、ここで用いうる。特に興味深い非酸素漂白剤の1種には、スルホン化亜鉛および/またはアルミニウムフタロシアニンのような光活性漂白剤が含まれる。これらの物質は洗浄工程中に基体上に付着することができる。例えば日光の中で乾燥するために衣類を戸外でつることにより、酸素の存在下で光を照射すると、スルホン化亜鉛フタロシアニンは活性化され、その結果、基体は漂白される。好ましい亜鉛フタロシアニンおよび光活性漂白法についてはUSP 4,033,718に記載されている。一般に、 洗浄剤組成物は約0.025〜約1.25重量%のスルホン化亜鉛フタロシアニンを含有する。 染料の移行防止白色度維持および/または汚れ放出性の促進は、本発明の洗浄剤組成物に、着色された布を含めた布の洗濯操作中に可溶化および懸濁された染料が一方の布から他方の布へ移行するのを妨げるための化合物が含まれているときに観察された。 ポリマー状染料移行防止剤本発明の洗浄剤組成物はまた、0.001〜10重量%、好ましくは0.01 〜2重量%、より好ましくは0.05〜1重量%のポリマー状染料移行防止剤を含む。上記ポリマー状染料移行防止剤は、着色された布からそれと一緒に洗濯する布へ染料が移行するのを妨げるために洗浄用組成物に通常混合される。これらのポリマーは、染色された布から洗い出された不堅牢染料が洗浄液中の他の物品に付着する機会をもつ前に、これらの染料をキレート化または吸収する能力を有する。特に適したポリマー状染料移行防止剤は、ポリアミンN−オキシドポリマー、N−ビニルピロリドンとN−ビニルイミダゾールとのコポリマー、ポリビニルピロリドンポリマー、ポリビニルオキサゾリドンおよびポリビニルイミダゾール、またはこれらの混合物である。そのようなポリマーを加えると、本発明による酵素の性能も高まる。 a) ポリアミンN−オキシドポリマー 用いるのに適したポリアミンN−オキシドポリマーは、次の構造式をもつ単位を含む: (式中、 Pは重合可能な単位であり、R−N−O基はこれに結合していても、またはR −N−O基は重合可能な単位の一部を形成していても、あるいはこれらの組み合わせであってもよく、 (Wherein, P is a polymerizable unit, even if R-N-O group can be bonded thereto, or R -N-O group may form part of the polymerisable unit, or it may be a combination of these, であり、 Rは、脂肪族、エトキシル化脂肪族、芳香族、複素環式もしくは脂環式基、またはこれらの組み合わせであり、N−O基の窒素はこれらに結合していても、またはN−O基の窒素はこれらの基の一部であってもよい)。 In it, R represents an aliphatic, ethoxylated aliphatic, aromatic, heterocyclic or alicyclic groups or combinations thereof, also the nitrogen of the N-O group can be attached to, or N nitrogen -O group may be a part of these groups). N−O基は次の一般構造式で表すことができる: N-O group can be represented by the following general structural formula: (式中、R 1 、R 2およびR 3は、脂肪族基、芳香族、複素環式もしくは脂環式基、またはこれらの組み合わせであり、xおよび/またはyおよび/またはzは0 または1であり、N−O基の窒素はこれらの基に結合していても、またはN−O基の窒素はこれらの基の一部を形成していてもよい)。 (Wherein, R 1, R 2 and R 3 are aliphatic groups, aromatic, heterocyclic or alicyclic groups or combinations thereof,, x and / or y and / or z is 0 or 1 , and the may form a part of the N-O also groups nitrogen is bonded to these groups or N-O nitrogen these groups groups). N−O基は、重合可能な単位(P)の一部であっても、またはポリマー主鎖に結合していても、あるいはこれらの組み合わせであってもよい。 N-O group can be part of the polymerisable unit (P), or be attached to the polymer backbone, or a combination thereof. N−O基が重合可能な単位(P)の一部を形成している適したポリアミンN− オキシドは、Rが脂肪族、芳香族、脂環式または複素環式基から選択されるポリアミンN−オキシドよりなる。 N-O group polyamine N- oxides suitable forms part of the polymerisable unit (P) is, R is an aliphatic, aromatic, polyamine is selected from alicyclic or heterocyclic group N - consisting of oxides. ポリアミンN−オキシドの1種は、N−O基の窒素がR基の一部を形成するポリアミンN−オキシドのグループよりなる。 One polyamine N- oxides, the nitrogen of the N-O group is composed of a group of polyamine N- oxides forming part of the R group. 好ましいポリアミンN−オキシドは、Rがピリジン、ピロール、イミダゾール、ピロリジン、ピペリジン、キノリン、アクリジンおよびこれらの誘導体のような複素環式基であるものである。 Preferred polyamine N- oxides are those wherein R is a pyridine, pyrrole, imidazole, pyrrolidine, piperidine, quinoline, acridine and heterocyclic groups such as derivatives thereof. 別の種類の上記ポリアミンN−オキシドは、N−O基の窒素がR基に結合しているポリアミンN−オキシドのグループよりなる。 Another type of the polyamine N- oxides, the nitrogen of the N-O group is composed of a group of polyamine N- oxides attached to the R-group. 他の適したポリアミンN−オキシドは、N−O基が重合可能な単位に結合しているポリアミンオキシドである。 Other suitable polyamine N- oxides are the polyamine oxides N-O group is attached to the polymerisable unit. 好ましい種類のこれらのポリアミンN−オキシドは、Rが芳香族、複素環式または脂環式基であり、このとき、N−O官能基の窒素が上記R基の一部である、 一般式(I)を有するポリアミンN−オキシドである。 A preferred class of these polyamine N- oxides of, R is aromatic, heterocyclic or alicyclic groups, this time, the nitrogen of the N-O functional group is part of said R group, the general formula ( a polyamine N- oxides having I). これらの種類の例は、Rがピリジン、ピロール、イミダゾールおよびこれらの誘導体のような複素環式化合物であるポリアミンオキシドである。 Examples of these types is R is pyridine, pyrrole, imidazole and polyamine oxides heterocyclic compounds, such as derivatives thereof. 他の好ましい種類のポリアミンN−オキシドは、Rが芳香族、複素環式または脂環式基であり、このとき、N−O官能基の窒素が上記R基に結合している、一般式(I)を有するポリアミンN−オキシドである。 Another preferred type of polyamine N- oxides, R is aromatic, heterocyclic or alicyclic groups, this time, the nitrogen of the N-O functional group is attached to the R group, the general formula ( a polyamine N- oxides having I). これらの種類の例は、R基がフェニルのような芳香族であるポリアミンオキシドである。 Examples of these types, R group is a polyamine oxides aromatic such as phenyl. 形成されるアミンオキシドポリマーが水溶性であり、そして染料の移行を妨げる性質を有している限り、どのようなポリマー主鎖を用いてもよい。 Amine oxide polymer formed is water-soluble, and as long as it has a property that prevents the migration of the dye, may be used any polymer backbone. 適したポリマー主鎖の例は、ポリビニル、ポリアルキレン、ポリエステル、ポリエーテル、 ポリアミド、ポリイミド、ポリアクリレートおよびこれらの混合物である。 Examples of suitable polymer backbones are polyvinyls, polyalkylenes, polyesters, polyethers, polyamides, polyimides, polyacrylates and mixtures thereof. 本発明のアミンN−オキシドポリマーのアミン対アミンN−オキシドの比は1 0:1〜1:1000000である。 The ratio of amine to the amine N- oxide of the amine N- oxide polymers of the present invention is 1 0: 1 to 1: 1000000. しかしながら、ポリアミンオキシドポリマー中に存在するアミンオキシド基の量は、適切な共重合によってまたは適切なN −酸化度によって変えることができる。 However, the amount of amine oxide groups present in the polyamine oxide polymer, or by a suitable copolymerization appropriate N - it can be varied by the degree of oxidation. アミン対アミンN−オキシドの比は2: 3〜1:1000000であるのが好ましい。 The ratio of amine to the amine N- oxide 2: 3: is preferably 1,000,000. より好ましくは1:4〜1:10 00000、最も好ましくは1:7〜1:1000000、である。 More preferably 1: 4:00 to 1:10 00000, and most preferably from 1: 7 to 1: 1,000,000, it is. 本発明のポリマーは、一方のモノマータイプがアミンN−オキシドであり、他方のモノマータイプがアミンN−オキシドまたはそうではない、ランダムまたはブロックコポリマーを実際に包含する。 The polymers of the present invention is the one monomer type is an amine N- oxide, actually encompasses is not amine N- oxide or so other monomer type, random or block copolymers. ポリアミンN−オキシドのアミンオキシド単位はPK a<10、好ましくはPKa<7、最も好ましくはPKa<6を有する。 The amine oxide unit of the polyamine N- oxides PK a <10, preferably PKa <7, and most preferably PKa <6. ポリアミンオキシドはほとんどどのような重合度でも得ることができる。 The polyamine oxides can be obtained in almost any degree of polymerisation. 物質が望ましい水溶性および染料懸濁力を有していれば、重合度は重要ではない。 If a substance is desirable water solubility and dye suspension force, the degree of polymerization is not critical. 一般に、平均分子量は500〜1000,000、好ましくは1,000〜 50,000、より好ましくは2,000〜30,000、最も好ましくは3,000〜20,000、である。 Generally, the average molecular weight is 500~1000,000, preferably 1,000 to 50,000, more preferably 2,000 to 30,000, most preferably 3,000 to 20,000. b) N−ビニルピロリドンとN−ビニルイミダゾールとのコポリマー 本発明で用いられるN−ビニルイミダゾールN−ビニルピロリドンポリマーの平均分子量は5,000〜1,000,000、好ましくは5,000〜 200,000、である。 b) N- vinylpyrrolidone and an average molecular weight of N- vinylimidazole N- vinylpyrrolidone polymers used in the copolymers present invention the N- vinylimidazole 5,000 to 1,000,000, preferably 5,000 to 200, 000, it is. 本発明の洗浄剤組成物で用いるのに非常に好ましいポリマーは、平均分子量が5,000〜50,000、より好ましくは8,000〜30,000、最も好ましくは10,000〜20,000のN−ビニルイミダゾールN−ビニルピロリドンコポリマーである。 Highly preferred polymers for use in detergent compositions of the present invention has an average molecular weight of 5,000 to 50,000, more preferably 8,000 to 30,000, and most preferably of 10,000 to 20,000 is N- vinylimidazole N- vinylpyrrolidone copolymers. 平均分子量は、Barth H. Average molecular weight, Barth H. G.およびMays J. G. and Mays J. W., Chemical Analysis Vol113,"Modern Method of Polymer Characterization"に記載のような光散乱によって測定した。 W., Chemical Analysis Vol113, was measured by light scattering as described in "Modern Method of Polymer Characterization". 非常に好ましいN−ビニルイミダゾールN−ビニルピロリドンコポリマーは、 平均分子量が5,000〜50,000、より好ましくは8,000〜30,0 00、最も好ましくは10,000〜20,000、である。 Highly preferred N- vinylimidazole N- vinylpyrrolidone copolymers have an average molecular weight of 5,000 to 50,000, more preferably 8,000~30,0 00, most preferably 10,000 to 20,000, . 上記の平均分子量の範囲で特徴づけられるN−ビニルイミダゾールN−ビニルピロリドンコポリマーは、すぐれた染料移行防止性を提供するが、これを配合した洗浄剤組成物の洗浄性能には悪影響を及ぼさない。 The above average molecular weight of characterized is N- vinylimidazole N- vinylpyrrolidone copolymers in the range, while providing excellent dye migration preventive property, no adverse effect on the cleaning performance of detergent compositions incorporating it. 本発明のN−ビニルイミダゾールN−ビニルピロリドンコポリマーのN−ビニルピロリドンに対するN−ビニルイミダゾールのモル比は、1〜0.2、より好ましくは0.8〜0.3、最も好ましくは0.6〜0.4、である。 The molar ratio of N- vinylimidazole of N- vinylimidazole N- vinylpyrrolidone copolymers of N- vinylpyrrolidone present invention, 1 to 0.2, more preferably 0.8 to 0.3, most preferably 0.6 0.4, it is. c) ポリビニルピロリドン 本発明の洗浄剤組成物はまた、平均分子量が約2,500〜約400,000 、好ましくは約5,000〜約200,000、より好ましくは約5,000〜 約50,000、最も好ましくは約5,000〜約15,000のポリビニルピロリドン(「PVP」)を用いうる。 c) the cleaning composition of polyvinylpyrrolidone present invention also has an average molecular weight of about 2,500 to about 400,000, preferably about 5,000 to about 200,000, more preferably from about 5,000 to about 50, 000, and most preferably may use from about 5,000 to about 15,000 polyvinylpyrrolidone ( "PVP"). 適したポリビニルピロリドンは製品名PV PK−15(粘度分子量10,000)、PVPK−30(平均分子量40,0 00)、PVPK−60(平均分子量160,000)、およびPVPK−90 (平均分子量360,000)でニューヨーク州ニューヨークおよびカナダモントリオールのISP社から商業的に入手しうる。 Suitable polyvinylpyrrolidone product name PV PK-15 (viscosity molecular weight 10,000), PVPK-30 (average molecular weight 40,0 00), PVPK-60 (average molecular weight 160,000), and PVPK-90 (average molecular weight 360 and are commercially available from New York, NY and Montreal, Canada of the company ISP 000). BASF社から商業的に入手しうる他の適したポリビニルピロリドンには、Sokalan HP 165およびSokalan HP 12、洗浄剤業者に公知のポリビニルピロリドン(例えば、EP −A−262,897およびEP−A−256,696参照)、が含まれる。 Other suitable polyvinylpyrrolidones which may be obtained from BASF commercially, Sokalan HP 165 and Sokalan HP 12, known polyvinylpyrrolidone detergent art (eg, EP -A-262,897 and EP-A-256 , reference 696), it is included. d) ポリビニルオキサゾリドン 本発明の洗浄剤組成物はまた、ポリマー状染料移行防止剤としてポリビニルオキサゾリドンを用いうる。 d) detergent composition polyvinyloxazolidone present invention may also used polyvinyloxazolidones as polymeric dye transfer inhibitor. そのようなポリビニルオキサゾリドンの平均分子量は、約2,500〜約400,000、好ましくは約5,000〜約200,00 0、より好ましくは約5,000〜約50,000、最も好ましくは約5,00 0〜約15,000、である。 Average molecular weight of such polyvinyl oxazolidone from about 2,500 to about 400,000, preferably from about 5,000 to about 200,00 0, more preferably from about 5,000 to about 50,000, and most preferably about 5,00 0 to about 15,000, it is. e) ポリビニルイミダゾール 本発明の洗浄剤組成物はまた、ポリマー状染料移行防止剤としてポリビニルイミダゾールを用いうる。 Detergent composition e) polyvinyl imidazole invention may also be using a polyvinyl imidazole as polymeric dye transfer inhibitor. そのようなポリビニルイミダゾールの平均分子量は、約2,500〜約400,000、好ましくは約5,000〜約200,000、 より好ましくは約5,000〜約50,000、最も好ましくは約5,000〜 約15,000、である。 Average molecular weight of such polyvinyl imidazole, about 2,500 to about 400,000, is preferably from about 5,000 to about 200,000, more preferably from about 5,000 to about 50,000, and most preferably about 5 , is about 15,000, 000. f) 架橋ポリマー 架橋ポリマーは、主鎖がある程度互いに結合しているポリマーである。 f) cross-linked polymer cross-linked polymer main chain is a polymer which is to some extent bonded to each other. これらの結合は化学的または物理的性質のものであり、主鎖または枝に活性基を有する場合もある。 These bonds are of chemical or physical properties, may have a main chain or branch to the active group. 架橋ポリマーについてはJournal of Polymer Science,Vol 22,p. Journal of Polymer Science for the cross-linked polymer, Vol 22, p. 1035−1039に記載がある。 1035-1039 is described in. 1つの態様では、架橋ポリマーは、3次元剛構造を形成するように製造され、 これらは3次元構造によって形成された細孔に染料を捕捉することができる。 In one embodiment, the crosslinked polymer is prepared to form a three-dimensional rigid structure, which can capture the dye in the pores formed by the three-dimensional structure. 別の態様では、架橋ポリマーは膨潤によって染料を捕捉する。 In another embodiment, the crosslinked polymer captures the dyes by swelling. そのような架橋ポリマーについては、同時係属特許出願94870213.9 に記載されている。 For such cross-linked polymers are described in co-pending patent application 94870213.9. 洗浄剤成分本発明の洗浄用組成物はまた、追加の洗浄剤成分を含有していてもよい。 Cleaning compositions of the cleaning agent component present invention may also contain additional detergent components. これらの追加成分の正確な性質および混合量は、組成物の物理的形態およびそれが用いられる洗浄操作の特徴によって変わる。 The exact nature and amount of mixing these additional components will depend physical form and features of the washing operation for which it is used in the composition. 本発明の洗浄用組成物は、液体、ペースト、ゲル、バー、錠剤、粉末または顆粒形態となりうる。 Cleaning compositions of the present invention, the liquid, paste, gels, bars, tablets, can be a powder or granular form. 顆粒組成物はまた、「コンパクト」形態でもよく、液体組成物は「濃縮」形態でもよい。 Granular compositions may also in "compact" form, the liquid compositions may be in the "concentrated" form. 本発明の組成物は、例えば、手および機械による皿洗い用組成物、洗濯用添加組成物および汚れた布地の浸漬および/または前処理に適した組成物を含めた手および機械による洗濯用洗浄剤組成物、リンス剤添加布地用柔軟剤組成物、並びに一般住宅の硬質表面洗浄作業に用いるための組成物、として配合しうる。 The compositions of the present invention are, for example, hand and dishwashing compositions by machine, laundry additive compositions and soiled fabric soaking and / or pretreatment laundry detergent by hand and machine composition including suitable composition, rinse additive fabric softener compositions, and compositions for use in hard surface cleaning operations of residential, may be formulated as. アルカリポリガラクツロナーゼ酵素を含有するそのような組成物は、洗濯用洗浄剤組成物として配合すると、布の洗浄、しみの除去、白色度維持、柔軟性、色の明白化、染料移行防止をもたらす。 Such compositions containing alkaline polygalacturonase enzyme, when formulated as laundry detergent compositions, cleaning cloth, stain removal, whiteness maintenance, flexibility, lightening of color, the dye migration preventive bring. 手による皿洗い用組成物として配合するとき、本発明の組成物は、界面活性剤、並びに好ましくは有機ポリマー状化合物、発泡促進剤、II族金属イオン、溶媒、ヒドロトロープおよび追加酵素から選択される他の洗浄剤成分、を含有するのが好ましい。 When formulated as a dishwashing composition according to the hand, the compositions of the invention may comprise detergent, preferably as well the organic polymeric compound is selected foaming accelerator, II metals ions, solvent, from hydrotropes and additional enzymes other detergent ingredients, preferably contains a. 洗濯機による洗濯に用いるのに適した組成物として配合するとき、本発明の組成物は、界面活性剤およびビルダー化合物の両者、さらに、好ましくは有機ポリマー化合物、漂白剤、追加酵素、発泡抑制剤、分散剤、石灰セッケン分散剤、汚れ懸濁および抗再付着剤、並びに腐食防止剤から選択される1種以上の洗浄剤成分、を含有するのが好ましい。 When formulated as compositions suitable for use in washing by a washing machine, the compositions of the present invention, both the surfactant and a builder compound, further preferably an organic polymeric compounds, bleaches, additional enzymes, suds suppressors , dispersants, lime soap dispersants, soil suspension and anti-redeposition agents, and one or more detergent components selected from corrosion inhibitors, preferably contains a. 洗濯用組成物はまた、追加洗浄剤成分として柔軟剤を含有していてもよい。 Laundry composition may also contain a softener as an additional detergent component. 本発明の組成物はまた、洗浄剤添加製品として用いることもできる。 The compositions of the present invention can also be used as detergent additive products. そのような添加製品は、一般的な洗浄剤組成物の性能を補助または促進するためのものである。 Such additives product is intended to assist or facilitate the performance of a typical detergent composition. 必要に応じて、本発明の洗濯用洗浄剤組成物の密度は、20℃で測定して、4 00〜1200g/リットル、好ましくは600〜950g/リットルである。 If necessary, the density of the laundry detergent composition of the present invention, measured at 20 ℃, 4 00~1200g / l, preferably 600~950G / liter. 本組成物の「コンパクト」形態は、密度によって、そして組成の点からは、無機充填剤塩の量によって、表すのが最良である。 "Compact" form of the composition, the density, and in terms of composition, by the amount of inorganic filler salt, it is best to represent. 無機充填剤塩は粉末形態の洗浄剤組成物に一般的な成分である。 Inorganic filler salts are common ingredients in detergent compositions in powder form. 一般的な洗浄剤組成物では、充填剤塩はかなりの量、一般には全組成物の17〜35重量%の量、で存在する。 In a typical detergent composition, filler salts are significant amounts, 17 to 35 wt% of the amount generally is the total composition, in the presence. コンパクト組成物では、充填剤塩は全組成物の15%を越えない量、好ましくは組成物の10%を越えない量、最も好ましくは5%を越えない量、で存在する。 The compact compositions, the filler salt is an amount not exceeding 15% of the total composition, preferably in an amount not exceeding 10% of the composition, and most preferably in an amount not exceeding 5%, in the presence. 本組成物において意味するような無機充填剤塩は、アルカリ金属およびアルカリ土類金属のサルフェートおよび塩化物から選択される。 Inorganic filler salts, such as meant in the present compositions are selected from alkali metal and alkaline earth metal sulfates and chlorides. 好ましい充填剤塩は硫酸ナトリウムである。 Preferred fillers salt is sodium sulphate. 本発明の液体洗浄剤組成物は「濃縮形態」であってもよく、そのような場合、 本発明の液体洗浄剤組成物の水含有量は、一般的な液体洗浄剤に比べてより少ない。 Liquid detergent compositions of the present invention may be a "concentrated form", in such a case, the water content of the liquid detergent composition of the present invention, less than the typical liquid detergent. 一般に、濃縮液体洗浄剤の水含有率は、洗浄剤組成物の、好ましくは40重量%未満、より好ましくは30重量%未満、最も好ましくは20重量%未満、である。 Generally, water content of the concentrated liquid detergent is a detergent composition, preferably less than 40 wt%, more preferably less than 30 wt%, most preferably less than 20 wt%. 界面活性剤系本発明の洗浄用組成物は、界面活性剤が非イオンおよび/または陰イオンおよび/または陽イオンおよび/または両性および/または双性イオンおよび/または半極性界面活性剤から選択することができる、界面活性剤系を含む。 Cleaning composition of the surfactant system present invention, the surfactant is selected from nonionic and / or anionic and / or cationic and / or amphoteric and / or zwitterionic and / or semi-polar surfactant may comprise a surfactant system. 界面活性剤は一般に、本発明の洗浄用組成物の0.1〜60重量%、より好ましくは1〜35重量%、最も好ましくは1〜30重量%、の量で存在する。 Surfactants are generally 0.1 to 60 wt% of the cleaning composition of the present invention, more preferably in an amount of 1 to 35 wt%, and most preferably 1 to 30 wt%. 界面活性剤は、組成物中に存在する酵素成分と適合性のものを配合するのが好ましい。 Surfactant is preferably formulated those compatible with enzyme components present in the composition. 液体またはゲル組成物では、界面活性剤は、これらの組成物中の酵素の安定性を促進させるように、または少なくとも損なわないように、配合するのが最も好ましい。 In liquid or gel compositions the surfactant, as to promote stability of the enzyme in these compositions, or at least not compromised, it is most preferred to blend. 本発明により用いられる好ましい界面活性剤系は、界面活性剤として1種以上の上記の非イオンおよび/または陰イオン界面活性剤を含む。 Preferred surfactant systems to be used by the present invention comprises one or more of the above-mentioned non-ionic and / or anionic surfactants as the surfactant. アルキルフェノールのポリエチレン、ポリプロピレンおよびポリブチレンオキシド縮合物は、本発明の界面活性剤系の非イオン界面活性剤として用いるのに適しており、ポリエチレンオキシド縮合物が好ましい。 Polyethylene alkylphenols, polypropylene and polybutylene oxide condensates are suitable for use as the nonionic surfactant of the surfactant systems of the present invention, the polyethylene oxide condensates are preferred. これらの化合物には、約6 〜約14、好ましくは約8〜約14の炭素原子を含むアルキル基を有するアルキルフェノールの縮合生成物が含まれ、これらはアルキレンオキシドを含む直鎖または分枝鎖形態のいずれかの形態である。 These compounds, from about 6 to about 14, preferably condensation products of alkylphenols include having an alkyl group containing from about 8 to about 14 carbon atoms, straight-chain or branched-chain forms which comprise an alkylene oxide in the form of either. 好ましい態様では、エチレンオキシドは、アルキルフェノール1モル当たり、約2〜約25モル、より好ましくは約3 〜約15モルの量で存在する。 In a preferred embodiment, ethylene oxide, per mole of alkyl phenol, from about 2 to about 25 moles, more preferably in an amount of from about 3 to about 15 moles. この種の商業的に入手しうる非イオン界面活性剤には、GAF社販売のイゲパール(Igepal)(商標)CO−630、およびローム・アンド・ハース社販売のトリトン(Triton)(商標)X−45、X−114、X −100およびX−102が含まれる。 The nonionic surfactant, available this kind commercially, GAF Corp. sold Igepal (Igepal) (TM) CO-630, and Rohm and Haas sold Triton (Triton) (TM) X- 45 includes X-114, X -100 and X-102. これらの界面活性剤はアルキルフェノールアルコキシレート(例えば、アルキルフェノールエトキシレート)と商業的に呼ばれている。 These surfactants alkylphenol alkoxylates (e.g., alkyl phenol ethoxylates) and is called the commercial. 第1および第2脂肪族アルコールと約1〜約25モルのエチレンオキシドとの縮合生成物は、本発明の非イオン界面活性剤系の非イオン界面活性剤として用いるのに適している。 Condensation products of the first and second aliphatic alcohols with from about 1 to about 25 moles of ethylene oxide are suitable for use as the nonionic surfactant of the nonionic surfactant system of the present invention. 脂肪族アルコールのアルキル鎖は直鎖でも分枝鎖でも、第1 でも第2でもよく、約8〜約22の炭素原子を一般に含む。 Alkyl chain of the aliphatic alcohol also be linear or branched and may even second even first, generally contain from about 8 to about 22 carbon atoms. 好ましいのは、約8 〜約20、より好ましくは約10〜約18の炭素原子を含むアルキル基を有するアルコールと、アルコール1モル当たり約2〜約10モルのエチレンオキシドとの縮合生成物である。 Preferred are from about 8 to about 20, more preferably the condensation products of alcohols, and about 2 to about 10 moles of ethylene oxide per mole of alcohol having an alkyl group containing from about 10 to about 18 carbon atoms. アルコール1モル当たり、約2〜約7モルのエチレンオキシド、最も好ましくは2〜5モルのエチレンオキシドが上記縮合生成物中に存在する。 Per mole of alcohol, from about 2 to about 7 moles of ethylene oxide, and most preferably 2 to 5 moles of ethylene oxide present in the condensation product. この種の商業的に入手しうる非イオン界面活性剤には、いずれもユニオン・カーバイド社販売のタージトール(Tergitol)(商標)15−S−9(C 11-15 The nonionic surfactant, available this kind commercially, either Union Carbide Corporation sold Tergitol (Tergitol) (TM) 15-S-9 (C 11-15 線状アルコールと9モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、タージトール( 商標)24−L−6NMW(分子量分布が狭いC 12-14第1アルコールと6モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、シェル・ケミカル社販売のネオドール(N eodol)(商標)45−9(C 14-15線状アルコールと9モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、ネオドール(商標)23−3(C 12-13線状アルコールと3 .0モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、ネオドール(商標)45−7( C 14-15線状アルコールと7モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、ネオドール(商標)45−5(C 14-15線状アルコールと5モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、プロクター・アンド・ギャンブル社販売のキロ(Kyro)(商標) EOB(C 13-15アルコールと9モ Condensation products of linear alcohol with 9 moles of ethylene oxide), Tergitol (TM) 24-L-6NMW (narrow molecular weight distribution C 12-14 condensation products of primary alcohol and 6 moles of ethylene oxide), Shell of Chemical Company sold Neodol (N Eodol) (TM) 45-9 (the condensation product of C 14-15 linear alcohol with 9 moles of ethylene oxide), Neodol (TM) 23-3 (C 12-13 linear alcohol When 3 condensation product of 2.0 moles of ethylene oxide), Neodol (TM) 45-7 (C 14-15 linear alcohol with 7 condensation product of moles of ethylene oxide), Neodol (TM) 45-5 (C condensation products of 14-15 linear alcohol with 5 moles of ethylene oxide), Procter & gamble Company sold km (Kyro) (TM) EOB (C 13-15 alcohol with 9 model ルのエチレンオキシドとの縮合生成物)、およびヘキスト社販売のゲナポール(Genapol)LA 030または050(C 12-14 Condensation products of Le ethylene oxide), and Hoechst sold Genapol (Genapol) LA 030 or 050 (C 12-14 アルコールと3または5モルのエチレンオキシドとの縮合生成物)が含まれる。 Condensation products of alcohols with 3 or 5 moles of ethylene oxide) is included. これらの製品の好ましいHLB範囲は8〜11、最も好ましいのは8〜10、である。 The preferred HLB range of these products 8-11, most preferably 8-10, is. 本発明の界面活性剤系の非イオン界面活性剤として有用なものはまた、Llenad oの1986年1月21日発行USP4,565,647に開示されている、約6〜約30、好ましくは約10〜約16の炭素原子を含む疎水性基を有するアルキル多糖類、および約1.3〜約10、好ましくは約1.3〜約3、最も好ましくは約1.3〜約2.7、の糖類単位を含む親水性基を有する多糖類、例えばポリグリコシド、である。 Useful as the nonionic surfactant of the surfactant systems of the present invention also are disclosed in 1986, January 21, issued USP4,565,647 of Llenad o, from about 6 to about 30, preferably about 10 to about 16 alkyl polysaccharides having a hydrophobic group containing carbon atoms, and from about 1.3 to about 10, preferably from about 1.3 to about 3, most preferably from about 1.3 to about 2.7, polysaccharides having hydrophilic group containing saccharide units, e.g. a polyglycoside, is. 5〜6の炭素原子を含むどのような還元糖、例えばグルコース、ガラクトース、も用いることができ、ガラクトシル部分をグルコシル部分の代わりにしてもよい(疎水性基は2−、3−、4−等の位置に結合していてもよく、従って、グルコースまたはガラクトースはグルコシドまたはガラクトシドに対するものとなる)。 What reducing saccharide containing 5 to 6 carbon atoms, for example glucose, galactose, can also be used, the galactosyl moiety may be substituted for the glucosyl moieties (hydrophobic groups 2, 3, 4, etc. It may be bonded to the position, therefore, glucose or galactose is as for glucoside or galactoside). 糖類間結合は、例えば追加糖類単位の1つの位置と先の糖類単位の2−、3−、4−および/または6−位置との間で可能である。 Saccharide linkages is for example the one position to the previous saccharide unit of additional saccharide units 2-, 3-, are possible between the 4- and / or 6-position. 好ましいアルキルポリグリコシドは式: R 2 O(C n2n O) t (グリコシル) x Preferred alkylpolyglycosides have the formula: R 2 O (C n H 2n O) t ( glycosyl) x (式中、R 2は、アルキル基が約10〜約18、好ましくは約12〜14の炭素原子を含む、アルキル、アルキルフェニル、ヒドロキシアルキル、ヒドロキシアルキルフェニル、およびこれらの混合物であり、tは0〜約10、好ましくは0 、であり、そしてxは約1.3〜約10、好ましくは約1.3〜約3であり、最も好ましくは約1.3〜約2.7、である) を有する。 (Wherein, R 2 is from about 10 to about 18 alkyl group, preferably containing about 12 to 14 carbon atoms, alkyl, alkylphenyl, hydroxyalkyl, hydroxyalkylphenyl, and mixtures thereof, t is 0 to about 10, preferably 0, and x is from about 1.3 to about 10, preferably about 1.3 to about 3, most preferably from about 1.3 to about 2.7, ) has a. グリコシルはグルコースから誘導するのが好ましい。 The glycosyl is preferably derived from glucose. これらの化合物を製造するには、アルコールまたはアルキルポリエトキシアルコールをまず形成させ、そしてグルコースまたはグルコース源と反応させて、グリコシド(1−位置での結合)を形成させる。 To manufacture these compounds, by first forming an alcohol or alkyl polyethoxy alcohol and reacted with glucose, or a source of glucose, to form the glycoside (binding at the 1-position). 追加グリコシル単位は、それらの1−位置と先のグリコシル単位の2−、3−、4−および/または6−位置、好ましくは主に2− 位置、との間で結合することができる。 Additional glycosyl units, of which 1-position and the preceding glycosyl units 2-, 3-, 4- and / or 6-position, preferably predominantly binds between the 2-position, and. エチレンオキシドと、プロピレンオキシドおよびプロピレングリコールの縮合によって形成された疎水性ベースと、の縮合生成物も、本発明の追加非イオン界面活性剤系として用いるのに適している。 With ethylene oxide, and a hydrophobic base formed by the condensation of propylene oxide and propylene glycol, also condensation products are suitable for use as the additional nonionic surfactant systems of the present invention. これらの化合物の疎水性部分は好ましくは約1500〜約1800の分子量を有しており、水不溶性を示す。 The hydrophobic portion of these compounds are preferably has a molecular weight of from about 1500 to about 1800, shows the water-insoluble. ポリオキシエチレン部分をこの疎水性部分に追加すると、全体としての分子の水溶性を高める傾向となり、生成物の液体特性は、ポリオキシエチレン含有率が縮合生成物の全重量の約50%のところまで維持され、これは約40モル%までのエチレンオキシドとの縮合に相当する。 The addition of polyoxyethylene moieties to this hydrophobic portion, tends to increase the water solubility of the molecule as a whole, the liquid character of the product, where the polyoxyethylene content is about 50% of the total weight of the condensation product until it is maintained, which corresponds to condensation with ethylene oxide up to about 40 mole%. この種の化合物の例は、BASF社販売の商業的に入手しうるプルラファック(Plurafac)(商標)LF404およびプルロニック(Pluronic)(商標)界面活性剤のうちいくつかのものである。 Examples of such compounds are those of some of the BASF Corporation sold commercially, available Pururafakku (Plurafac) (TM) LF404 and Pluronic (Pluronic) (TM) surfactant. また、本発明の非イオン界面活性剤系の非イオン界面活性剤として用いるのに適しているのは、エチレンオキシドと、プロピレンオキシドおよびエチレンジアミンの反応から得られる生成物と、の縮合生成物である。 Also suitable for use as the nonionic surfactant of the nonionic surfactant systems of the present invention, ethylene oxide, and products resulting from the reaction of propylene oxide and ethylenediamine, condensation products. これらの生成物の疎水性部分は、エチレンジアミンおよび過剰のプロピレンオキシドの反応生成物よりなり、一般に、約2500〜約3000の分子量を有する。 The hydrophobic moiety of these products consists of the reaction product of ethylenediamine and excess propylene oxide, generally it has a molecular weight of from about 2500 to about 3000. この疎水性部分は、 縮合生成物が約40〜約80重量%のポリオキシエチレンを含む程度にまで、エチレンオキシドと縮合し、約5,000〜約11,000の分子量を有する。 The hydrophobic moiety, to the extent the condensation product comprises polyoxyethylene about 40 to about 80 wt%, combined ethylene oxide and condensation has a molecular weight of from about 5,000 to about 11,000. この種の非イオン界面活性剤の例はBASF社販売の商業的に入手しうるテトロニック(Tetronic)(商標)化合物の特定のものである。 Examples of this type of nonionic surfactants are certain of BASF Corporation sold commercially, available Tetronic (Tetronic) (TM) compound. 本発明の界面活性剤系の非イオン界面活性剤として用いるのが好ましいものは、アルキルフェノールのポリエチレンオキシド縮合物、第1および第2脂肪族アルコールと約1〜約25モルのエチレンオキシドとの縮合生成物、アルキル多糖類、およびこれらの混合物、である。 Those preferably used as the nonionic surfactant of the surfactant systems of the present invention include polyethylene oxide condensates of alkyl phenols, condensation products of the first and second aliphatic alcohols with from about 1 to about 25 moles of ethylene oxide , alkylpolysaccharides, and mixtures thereof, a. 最も好ましいのは、3〜15のエトキシ基を有するC 8-14アルキルフェノールエトキシレート、および2〜10のエトキシ基を有するC 8-18 (好ましくは平均C 10 )アルコールエトキシレート、並びにこれらの混合物、である。 Most preferred, C 8-14 alkylphenol ethoxylates having from 3 to 15 ethoxy groups, and C 8-18 (preferably having an average C 10) having 2 to 10 ethoxy groups alcohol ethoxylates, and mixtures thereof, it is. 非常に好ましい非イオン界面活性剤は式: Highly preferred nonionic surfactants of the formula: (式中、R 1はHであるか、あるいはR 1はC 1-4ヒドロカルビル、2−ヒドロキシエチル、2−ヒドロキシプロピルまたはこれらの混合物であり、R 2はC 5-31 (Wherein, R 1 is either a H, or R 1 is C 1-4 hydrocarbyl, 2-hydroxyethyl, 2-hydroxypropyl or a mixture thereof, R 2 is C 5-31 ヒドロカルビルであり、そしてZは、鎖に直接結合した少なくとも3つのヒドロキシルを有する線状ヒドロカルビル鎖をもつポリヒドロキシヒドロカルビル、またはそのアルコキシル化誘導体、である) のポリヒドロキシ脂肪酸アミド界面活性剤である。 Hydrocarbyl, and Z is a polyhydroxy fatty acid amide surfactants of the polyhydroxy hydrocarbyl having a linear hydrocarbyl chain with at least 3 hydroxyl directly bonded to chain or alkoxylated derivative thereof, a). 好ましくは、R 1はメチルであり、R 2は、直鎖C 11-15アルキルもしくはC 16-18アルキル、またはココナッツアルキルのようなアルケニル鎖、あるいはこれらの混合物であり、そしてZは、還元アミノ化反応でグルコース、フルクトース、マルトース、ラクトースのような還元糖から誘導される。 Preferably, R 1 is methyl, R 2 is an alkenyl chain or mixtures thereof, such as linear C 11-15 alkyl or C 16-18 alkyl or coconut alkyl, and Z is reductive amination glucose reaction is derived fructose, maltose, from such as lactose a reducing sugar. 用いるのに適した陰イオン界面活性剤は、"The Joumal of the American Oil Chemists Society"、52(1975)、pp. Anionic surfactants suitable for use are, "The Joumal of the American Oil Chemists Society", 52 (1975), pp. 323−329に従って気体S 03でスルホン化した線状アルキルベンゼンスルホネート、C 8-20カルボン酸( すなわち、脂肪酸)の線状エステルを含めたアルキルエステルスルホネート界面活性剤である。 Linear alkyl benzene sulfonates and sulfonated with gaseous S 03 in accordance 323-329, C 8-20 carboxylic acids (i.e., fatty acids) alkyl ester sulfonate surfactants including linear esters of. 適した出発物質には、タロウ、パーム油等から誘導されるような天然脂肪物質が含まれる。 Suitable starting materials, tallow, natural fatty substances as derived from palm oil or the like. 特に洗濯用の、好ましいアルキルエステルスルホネート界面活性剤は、構造式: Especially laundry for preferred alkyl ester sulfonate surfactant, structural formula: (式中、R 3はC 8-20ヒドロカルビル、好ましくはアルキル、またはこれらの組み合わせであり、R 4はC 1-6ヒドロカルビル、好ましくはアルキル、またはこれらの組み合わせであり、Mは、アルキルエステルスルホネートと水溶性の塩を形成する陽イオンである) のアルキルエステルスルホネート界面活性剤よりなる。 (Wherein, R 3 is C 8-20 hydrocarbyl, preferably an alkyl, or combination thereof,, R 4 is C 1-6 hydrocarbyl, preferably an alkyl, or combination thereof,, M is alkyl ester sulfonates and consisting of alkyl ester sulfonate surfactant is a cation) which forms a water soluble salt. 適した塩形成陽イオンには、ナトリウム、カリウムおよびリチウムのような金属、および置換または非置換アンモニウム陽イオン、例えばモノエタノールアミン、ジエタノールアミンおよびトリエタノールアミン、が含まれる。 Suitable salt forming cations include sodium, metals such as potassium and lithium, and substituted or unsubstituted ammonium cations, such as monoethanolamine, diethanolamine and triethanolamine, are included. 好ましくは、R 3はC 10-16アルキルであり、R 4はメチル、エチルまたはイソプロピルである。 Preferably, R 3 is C 10-16 alkyl, R 4 is methyl, ethyl or isopropyl. 特に好ましいのは、R 3 Especially preferred, R 3 がC 10-16アルキルであるメチルエステルスルホネートである。 There is a methyl ester sulfonate is C 10-16 alkyl. 他の適した陰イオン界面活性剤には、式ROSO 3 M水溶性塩または酸であるアルキルサルフェート界面活性剤が含まれる。 Other suitable anionic surfactants include alkyl sulfate surfactant is of formula ROSO 3 M water-soluble salts or acids. 式中、Rは、好ましくはC 10-24 In the formula, R is preferably a C 10-24 ヒドロカルビル、好ましくはC 10-20アルキル成分を有するアルキルまたはヒドロキシアルキル、より好ましくはC 12-18アルキルまたはヒドロキシアルキルであり、そしてMは、Hまたは陽イオン、例えばアルカリ金属陽イオン(例えば、 ナトリウム、カリウム、リチウム)、またはアンモニウムもしくは置換アンモニウム(例えば、メチル−、ジメチル−およびトリメチルアンモニウム陽イオン、 並びに第4アンモニウム陽イオン、例えばテトラメチル−アンモニウムおよびジメチルピペリジニウム陽イオン、並びにエチルアミン、ジエチルアミン、トリエチルアミン、およびこれらの混合物のようなアルキルアミンから誘導される第4 アンモニウム陽イオン等)である。 Hydrocarbyl, preferably an alkyl or hydroxyalkyl, more preferably C 12-18 alkyl or hydroxyalkyl having a C 10-20 alkyl moiety, and M is, H or a cation, such as alkali metal cations (e.g., sodium, potassium, lithium), or ammonium or substituted ammonium (e.g., methyl -, dimethyl - and trimethyl ammonium cations and quaternary ammonium cations, such as tetramethyl - ammonium and dimethyl piperdinium cations, and ethylamine, diethylamine, triethylamine , and a quaternary ammonium cation or the like) derived from alkylamines as well as mixtures thereof. 一般には、より低い洗浄温度(例えば、約5 0℃より下)にはC 12-16のアルキル鎖が、より高い洗浄温度(例えば、約50 ℃より上)にはC 16-18アルキル鎖が、好ましい。 In general, lower wash temperatures (e.g., about 5 0 below ° C.) alkyl chain of C 12-16 in the higher wash temperatures (e.g., above about 50 ° C.) is C 16-18 alkyl chain in ,preferable. 洗浄目的に有用な他の陰イオン界面活性剤も、本発明の洗浄用組成物に加えることができる。 Other anionic surfactants useful for cleaning purposes can also be added to the cleaning compositions of the present invention. これらにはセッケンの塩(例えば、ナトリウム、カリウム、アンモニウム、および置換アンモニウム塩、例えばモノ−、ジ−およびトリエタノールアミン塩を含む)、C 8-22第1または第2アルカンスルホネート、C 8-24オレフィンスルホネート、英国特許明細書1,082,179に記載のようなクエン酸のアルカリ土類金属塩の熱分解生成物のスルホン化によって製造されるスルホン化ポリカルボン酸、C 8-24アルキルポリグリコールエーテルサルフェート(1 0モル以下のエチレンオキシドを含有する)、アルキルグリセロールスルホネート、脂肪アシルグリセロールスルホネート、脂肪オレイルグリセロールサルフェート、アルキルフェノールエチレンオキシドエーテルサルフェート、パラフィンスルホネート、アルキルリン酸塩、ア These include salts of soap (e.g., sodium, potassium, ammonium and substituted ammonium salts, such as mono-, - di - and triethanolamine salts), C 8-22 primary or secondary alkane sulfonates, C 8- 24 olefin sulfonates, UK sulfonated polycarboxylic acids prepared by sulfonation of the pyrolyzed product of alkaline earth metal salts of citric acid such as described in patent 1,082,179, C 8-24 alkyl poly glycol (containing 1 0 mol of ethylene oxide) ether sulfates, alkyl glycerol sulfonates, fatty acyl glycerol sulfonates, fatty oleyl glycerol sulfates, alkyl phenol ethylene oxide ether sulfates, paraffin sulfonates, alkyl phosphates, a シルイセチオン酸塩のようなイセチオン酸塩、N−アシルタウレート、アルキルスクシンアミド酸塩およびスルホコハク酸塩、スルホコハク酸塩のモノエステル(特に飽和および不飽和C 12-18モノエステル)およびスルホコハク酸塩のジエステル(特に飽和および不飽和C 6-12ジエステル)、アシルサルコシネート、アルキルポリグルコシドのサルフェートのようなアルキル多糖類のサルフェート(非イオン非硫酸化化合物は以下に記載する)、式RO(CH 2 CH 2 O) k −CH 2 COO−M + (RはC 8-22アルキル、kは1〜10の整数、Mは可溶性塩形成陽イオンである)のようなアルキルポリエトキシカルボン酸塩、が含まれる。 Isethionate such as Shiruisechion acid salt, N- acyl taurates, alkyl succinamide salts and sulfosuccinate, monoesters of sulfosuccinates (especially saturated and unsaturated C 12-18 monoester) and sulfosuccinates diester (especially saturated and unsaturated C 6-12 diesters), acyl sarcosinates, alkyl polysaccharides sulfates such as sulfates of alkylpolyglucoside (the nonionic nonsulfated compounds described below), the formula RO ( alkyl polyethoxy carboxylates such as CH 2 CH 2 O) k -CH 2 COO-M + (R is C 8-22 alkyl, k is an integer of from 1 to 10, M is a soluble salt-forming cation) , it is included. トール油中に存在するあるいはこれから誘導される、ロジン、水素添加ロジン、樹脂酸および水素添加樹脂酸のような、樹脂酸および水素添加樹脂酸も適している。 Present in the tall oil or is derived therefrom, rosin, hydrogenated rosin, such as resin acids and hydrogenated resin acids, are also suitable resin acids and hydrogenated resin acids. 別の例は"Surface Active Agents and Detergents"(Schwarts,PerryおよびBe rchによるVol.IおよびII)に記載されている。 Another example is described in "Surface Active Agents and Detergents" (Schwarts, by Perry and Be rch Vol.I and II). 様々なそのような界面活性剤はL aughlin等の1975年12月30日発行USP3,929,678、第23欄、58行〜第29欄23行(参照することによってここに記載されたものとする)にも一般に開示されている。 A variety of such surfactants are as described herein by L Aughlin issued December 30, 1975 such as USP3,929,678, 23 column, 58 row to the 29 column, line 23 (reference also to) are generally disclosed. そのような陰イオン界面活性剤を加えるとき、本発明の洗濯用洗浄剤組成物は、一般に約1〜約40重量%、好ましくは約3〜約20重量%、のそのような陰イオン界面活性剤を含む。 When adding such anionic surfactants, the laundry detergent compositions of the present invention is generally from about 1 to about 40 wt%, preferably from about 3 to about 20 wt%, such anionic surfactants including the agent. 非常に好ましい陰イオン界面活性剤にはアルキルアルコキシル化サルフェート界面活性剤が含まれ、これらは式RO(A) m SO 3 Mの水溶性塩または酸である。 The highly preferred anionic surfactants include alkyl alkoxylated sulphate surfactants, which are water soluble salts or acids of the formula RO (A) m SO 3 M . ここで、式中、Rは、非置換C 10-24アルキル、またはC 10-24アルキル成分を有するヒドロキシアルキル基、好ましくはC 12-20アルキルまたはヒドロキシアルキル基、より好ましくはC 12-18アルキルまたはヒドロキシアルキル基であり、Aはエトキシまたはプロポキシ単位であり、mはoより大きく、一般に約0. Here, in the formula, R is an unsubstituted C 10-24 alkyl or hydroxyalkyl group having a C 10-24 alkyl component, preferably a C 12-20 alkyl or hydroxyalkyl group, more preferably C 12-18 alkyl or a hydroxyalkyl group, a is an ethoxy or propoxy unit, m is greater than o, generally about 0. 5〜約6、より好ましくは約0.5〜約3であり、そしてMはH、または陽イオン、例えば金属陽イオン(例えば、ナトリウム、カリウム、リチウム、カルシウム、マグネシウム等)、アンモニウムもしくは置換アンモニウム陽イオンである。 5 to about 6, more preferably from about 0.5 to about 3, and M is H or a cation, for example, a metal cation (e.g., sodium, potassium, lithium, calcium, magnesium, etc.), ammonium or substituted ammonium, it is a cation. アルキルエトキシル化サルフェート並びにアルキルプロポキシル化サルフェートがここでは考えられる。 Alkyl ethoxylated sulfates as well as alkyl propoxylated sulfates are contemplated herein. 置換アンモニウム陽イオンの具体例は、メチル−、ジメチル−、トリメチル−アンモニウム陽イオン、および第4アンモニウム陽イオン、 例えばテトラメチル−アンモニウムおよびジメチルピペリジン陽イオン、並びにエチルアミン、ジエチルアミン、トリエチルアミン、これらの混ざったようなアルキルアミンから誘導されるもの等である。 Specific examples of substituted ammonium cations include methyl -, dimethyl -, trimethyl - ammonium cations, and quaternary ammonium cations, such as tetramethyl - ammonium and dimethyl piperidine cations and ethylamine, diethylamine, triethylamine, mixed with these it is like those derived from alkylamines such as. 好ましい界面活性剤はC 12-18アルキルポリエトキシレート(1.0)サルフェート(C 12-18 E(1.0)M)、 C 12-18アルキルポリエトキシレート(2.25)サルフェート(C 12-18 E(2 .25)M)、C 12-18アルキルポリエトキシレート(3.0)サルフェート( C 12-18 E(3.0)M)、およびC 12-18アルキルポリエトキシレート(4.0 )サルフェート(C 12-18 E(4.0)M)であり、ここで、Mはナトリウムおよびカリウムから選択されるのが好都合である。 Preferred surfactants are C 12-18 alkyl polyethoxylate (1.0) sulfate (C 12-18 E (1.0) M ), C 12-18 alkyl polyethoxylate (2.25) sulfate (C 12 -18 E (2 .25) M) , C 12-18 alkyl polyethoxylate (3.0) sulfate (C 12-18 E (3.0) M), and C 12-18 alkyl polyethoxylate (4 .0) and sulfate (C 12-18 E (4.0) M ), wherein, M is conveniently selected from sodium and potassium. 本発明の洗浄用組成物はまた、ここですでに記載されている以外の陽イオン、 両性、双性イオンおよび半極性界面活性剤、並びに非イオンおよび/または陰イオン界面活性剤を含有していてもよい。 Cleaning compositions of the present invention is also here other than that already described cationic, amphoteric, zwitterionic and semi-polar surfactants, as well as contain a nonionic and / or anionic surfactants it may be. 本発明の洗浄用組成物に用いるのに適した陽イオン洗浄用界面活性剤は、1つの長鎖ヒドロカルビル基を有するものである。 Cationic cleansing surfactants suitable for use in the cleaning compositions of the present invention are those having one long-chain hydrocarbyl group. そのような陽イオン界面活性剤の例は、アルキルトリメチルアンモニウムハロゲニドのようなアンモニウム界面活性剤、および式: [R 2 (OR 3y ][R 4 (OR 3y25+- Examples of such cationic surfactants include the ammonium surfactants such as alkyltrimethylammonium halogenides, and formula: [R 2 (OR 3) y] [R 4 (OR 3) y] 2 R 5 N + X - (式中、R 2は、約8〜約18の炭素原子をアルキル鎖に有するアルキルまたはアルキルベンジル基であり、各R 3は、−CH 2 CH 2 −、−CH 2 CH(CH 3 ) −、−CH 2 CH(CH 2 OH)−、−CH 2 CH 2 CH 2 −、およびこれらの混合物よりなる群から選択され、各R 4は、C 1-4アルキル、C 1-4ヒドロキシアルキル、2つのR 4基が結合することによって形成されるベンジル環構造、−CH 2 C HOH−CHOHCOR 6 CHOHCH 2 OH(R 6はヘキソース、または分子量が約1000未満のヘキソースポリマーである)よりなる群から選択され、そしてyが0でないときは水素であり、R 5はR 4と同じであるか、あるいはR 2とR 5 (Wherein, R 2 is alkyl or alkyl benzyl group having from about 8 to about 18 carbon atoms in the alkyl chain, each R 3, -CH 2 CH 2 -, - CH 2 CH (CH 3) - , -CH 2 CH (CH 2 OH ) -, - CH 2 CH 2 CH 2 -, and is selected from the group consisting of mixtures, each R 4, C 1-4 alkyl, C 1-4 hydroxyalkyl, benzyl ring structures formed by the two R 4 groups are bonded, the -CH 2 C HOH-CHOHCOR 6 CHOHCH 2 OH (R 6 is hexose or molecular weight of hexose polymer of less than about 1000) the group consisting of it is selected, and hydrogen when y is not 0, or R 5 is the same as R 4, or R 2 and R 5 の炭素原子数の合計が約18以下のアルキル鎖であり、各yは0〜約10であって、y値の合計は0〜約15であり、xは適合した陰イオンである) を有するこれらの界面活性剤である。 A total of about 18 or less alkyl chain of carbon atoms, each y is from 0 to about 10, the sum of the y values ​​is from 0 to about 15, x has a a) anion adapted it is these surfactants. 本発明に適した第4アンモニウム界面活性剤は式(I): Quaternary ammonium surfactant suitable for the present invention of formula (I): 式I [式中、 R 1は、短鎖アルキル(C 6-10 )または式(II): Wherein I [wherein, R 1 is a short chain alkyl (C 6-10) or Formula (II): 式II (式中、yは2〜4、好ましくは3である) のアルキルアミドアルキルであり、 R 2は、HまたはC 1-3アルキルであり、 xは、0〜4、好ましくは0〜2、最も好ましくは0、であり、 R 3 、R 4およびR 5は、同じでも異なっていてもよく、短鎖アルキル(C 1-3 ) または式III: (Wherein, y is 2-4, preferably 3) Formula II is an alkyl amidoalkyl of, R 2 is H or C 1-3 alkyl, x is 0-4, preferably 0 2, the most preferably 0,, R 3, R 4 and R 5 may be the same or different short chain alkyl (C 1-3) or formula III: 式III のアルコキシル化アルキルであり、 X -は対イオン、好ましくはクロリドのようなハライド、またはメチルサルフェートであり, R 6はC 1-4であり、そして zは1または2である] を有する。 An alkoxylated alkyl of the formula III, X - is a counterion, preferably a halide such as chloride or methyl sulfate,, R 6 is C 1-4, and z have 1 or 2] . 好ましい第4アンモニウム界面活性剤は、R 1がC 8 、C 10またはこれらの混合物であり、x=0、R 3 、R 4 =CH 3 、そしてR 5 =CH 2 CH 2 OHである式Iで定義される化合物である。 Preferred quaternary ammonium surfactants, R 1 is C 8, C 10 or mixtures thereof, x = 0, R 3, R 4 = CH 3, and R 5 = CH 2 CH 2 OH in which formula I it is in defined compounds. 非常に好ましい陽イオン界面活性剤は式: R 1234+- (i) (式中、R 1はC 8-16アルキルであり、R 2 、R 3およびR 4は各々独立してC 1-4 Highly preferred cationic surfactants have the formula: R 1 R 2 R 3 R 4 N + X - (i) ( wherein, R 1 is C 8-16 alkyl, R 2, R 3 and R 4 each independently C 1-4 アルキルC 1-4ヒドロキシアルキル、ベンジルおよび−(C 24x H(xは2〜 5である)であり、そしてXは陰イオンである) を有する本発明で有用な水溶性第4アンモニウム化合物である。 Alkyl C 1-4 hydroxyalkyl, benzyl, and - (C 2 H 4) x H (x is 2 to 5 is), and and X is a useful water-soluble in the present invention 4 having an anion) ammonium compound. 2 、R 3またはR 4の2つ以上はベンジルであってはいけない。 Two or more R 2, R 3 or R 4 must not be benzyl. 特に、アルキル基が、ココナッツまたはパーム核脂肪から誘導される鎖長の混合物であるか、あるいはオレフィン組み込みまたはオキソアルコール合成によって合成的に誘導される場合、R 1 In particular, when the alkyl group is either a mixture of chain lengths derived from coconut or palm kernel fat or is synthetically derived by olefin incorporation or oxo alcohol synthesis, R 1 の好ましいアルキル鎖長はC 12-15である。 Preferred alkyl chain length of a C 12-15. 2 、R 3およびR 4の好ましい基はメチルおよびヒドロキシエチル基であり、陰イオンXは、ハライド、メトサルフェート、酢酸塩およびリン酸塩イオンから選択しうる。 Preferred groups of R 2, R 3 and R 4 are methyl and hydroxyethyl groups, the anion X may be selected halide, methosulfate, acetate and phosphate salts ions. ここで用いるのに適した式(i)の第4アンモニウム化合物の例は次の化合物である。 Examples of quaternary ammonium compounds of formula (i) suitable for use herein are the following compounds. ココナッツトリメチルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 ココナッツメチルジヒドロキシエチルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 デシルトリエチルアンモニウムクロリド、 デシルジメチルヒドロキシエチルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 C 12-15ジメチルヒドロキシエチルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 ココナッツジメチルヒドロキシエチルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 ミリスチルトリメチルアンモニウムメチルスルフェート、 ラウリルジメチルベンジルアンモニウムクロリドまたはブロミド、 ラウリルジメチル(エテノキシ)4アンモニウムクロリドまたはブロミド、 コリンエステル(R 1がCH 2 −CH 2 −O−C(O)−C 12-14アルキルであり、 そしてR 2 、R 3およびR 4がメチルである式 Coconut trimethyl ammonium chloride or bromide, coconut methyl dihydroxyethyl ammonium chloride or bromide, decyl triethyl ammonium chloride, decyl dimethyl hydroxyethyl ammonium chloride or bromide, C 12-15 dimethyl hydroxyethyl ammonium chloride or bromide, coconut dimethyl hydroxyethyl ammonium chloride or bromide , myristyl trimethyl ammonium methyl sulfate, lauryl dimethyl benzyl ammonium chloride or bromide, lauryl dimethyl (ethenoxy) 4 ammonium chloride or bromide, choline esters (R 1 is CH 2 -CH 2 -O-C ( O) -C 12-14 alkyl and wherein R 2, R 3 and R 4 are methyl i)の化合物) ジアルキルイミダゾリン(式(i)の化合物)。 The compounds of i)) dialkyl imidazoline (compound of formula (i)). ここで有用な他の陽イオン界面活性剤は、Cambreの1980年10月14日発行USP 4,228,044およびヨーロッパ特許出願EP 000,224にも記載されている。 Useful herein other cationic surfactants are also described in published 1980 October 14 of Cambre USP 4,228,044 and European Patent Application EP 000,224. 一般的な陽イオン布地柔軟化成分には水不溶性第4アンモニウム布地柔軟化活性剤が含まれ、最も一般的に用いられるものは、2つの長いアルキル鎖のアンモニウムクロリドまたはメチルサルフェートである。 Common cationic fabric softening components include the water-insoluble quaternary ammonium fabric softening active agent, the most commonly used is the two long ammonium alkyl chains chloride or methyl sulfate. これらの中で好ましい陽イオン柔軟剤には次のものが含まれる。 Preferred cationic softeners among these include the following. 1) ジタロウジメチルアンモニウムクロリド(DTDMAC)、 2) ジ水素化ジタロウジメチルアンモニウムクロリド、 3) ジ水素化ジタロウジメチルアンモニウムメチルサルフェート、 4) ジステアリルジメチルアンモニウムクロリド、 5) ジオレイルジメチルアンモニウムクロリド、 6) ジパルミチルヒドロキシエチルメチルアンモニウムクロリド、 7) ステアリルベンジルジメチルアンモニウムクロリド、 8) タロウトリメチルアンモニウムクロリド、 9) 水素化タロウトリメチルアンモニウムクロリド、 10) C 12-14アルキルヒドロキシエチルジメチルアンモニウムクロリド、 11) C 12-18アルキルジヒドロキシエチルメチルアンモニウムクロリド、 12) ジ(ステアロイルオキシエチル)ジメチルアンモニウムク 1) ditallow dimethylammonium chloride (DTDMAC), 2) dihydrogenated ditallow dimethyl ammonium chloride, 3) dihydrogenated ditallow dimethyl ammonium methyl sulfate, 4) distearyl dimethyl ammonium chloride, 5) dioleyl dimethylammonium chloride, 6) dipalmityl hydroxyethyl methyl ammonium chloride, 7) stearyl benzyl dimethyl ammonium chloride, 8) tallow trimethylammonium chloride, 9) hydrogenated tallow trimethylammonium chloride, 10) C 12-14 alkyl hydroxyethyl dimethyl ammonium chloride, 11) C 12-18 alkyl dihydroxyethyl methyl ammonium chloride, 12) di (stearoyl oxy ethyl) dimethyl ammonium click リド(D SOEDMAC)、 13) ジ(タロウオイルオキシエチル)ジメチルアンモニウムクロリド 14) ジタロウイミダゾリニウムメチルサルフェート、 15) 1−(2−タロウイルアミドエチル)−2−タロウイルイミダゾリニウムメチルサルフェート。 Lido (D SOEDMAC), 13) di (tallow oil oxyethyl) dimethyl ammonium chloride 14) ditallow imidazolinium methyl sulfate, 15) 1- (2-tallow-ylamide ethyl) -2-tallow-yl imidazolinium methylsulfate . 生分解性第4アンモニウム化合物は、伝統的に用いられている2つの長いアルキル鎖のアンモニウムクロリドおよびメチルサルフェートに代わるものとして提示されてきた。 Biodegradable quaternary ammonium compounds have been presented as an alternative to ammonium chloride and methylsulfate two long alkyl chains which are traditionally used. そのような第4アンモニウム化合物は、カルボキシ基のような官能基で中断された長鎖アルキル(アルケニル)基を含む。 Such quaternary ammonium compounds contain long chain alk (en) group interrupted with a functional group as a carboxy group. 上記物質およびこれらを含有する布地柔軟化組成物は、EP−A−0,040,562およびEP−A −0,239,910のような多くの出版物に開示されている。 The material and fabric softening compositions containing them are disclosed in numerous publications such as EP-A-0,040,562 and EP-A -0,239,910. ここにおける第4アンモニウム化合物およびアミン前駆体は以下の式(I)または(II)を有する。 Quaternary ammonium compounds and amine precursors herein may have the following formula (I) or (II). (式中、Qは、−O−C(O)−、−C(O)−O−、−O−C(O)−O−、 −NR 4 −C(O)−、−C(O)−NR 4 −から選択され、 R 1は(CH 2n −Q−T 2またはT 3であり、 R 2は(CH 2m −Q−T 4またはT 5またはR 3であり、 R 3はC 1-4アルキルまたはC 1-4ヒドロキシアルキルまたはHであり、 R 4はHまたはC 1-4アルキルまたはC 1-4ヒドロキシアルキルであり、 T 1 、T 2 、T 3 、T 4 、T 5は独立してC 11-22アルキルまたはアルケニルであり、 nおよびmは1〜4の整数であり、そして X -は柔軟剤適合陰イオンである)。 (Wherein, Q is, -O-C (O) - , - C (O) -O -, - O-C (O) -O-, -NR 4 -C (O) -, - C (O ) -NR 4 - is selected from, R 1 is (CH 2) n -Q-T 2 or T 3, R 2 is (CH 2) m -Q-T 4 or T 5 or R 3, R 3 is C 1-4 alkyl or C 1-4 hydroxyalkyl or H, R 4 is H or C 1-4 alkyl or C 1-4 hydroxyalkyl, T 1, T 2, T 3, T 4, T 5 is C 11-22 alkyl or alkenyl, independently, n and m is an integer of from 1 to 4, and X - is a softener compatible anion). 柔軟剤適合陰イオンの例は、クロリドまたはメチルサルフェートであるが、これらに限定されない。 Examples of softener compatible anion is a chloride or methyl sulfate, but are not limited to. アルキルまたはアルケニル、鎖T 1 、T 2 、T 3 、T 4 、T 5は、少なくとも11 、好ましくは少なくとも16、の炭素原子を含んでいなければならない。 Alkyl or alkenyl, chain T 1, T 2, T 3 , T 4, T 5 is at least 11, preferably should contain at least 16, carbon atoms. 鎖は直鎖でも分枝鎖でもよい。 Chain may be linear or branched. タロウは、好都合なかつ安価な長鎖アルキルおよびアルケニル物質源である。 Tallow is a convenient and inexpensive long chain alkyl and alkenyl material source. 1 、T 2 、T 3 、T 4 、T 5がタロウに一般的な長鎖物質の混合物である化合物が、特に好ましい。 T 1, T 2, T 3 , T 4, T 5 is a mixture of general long chain materials Taro compounds are particularly preferred. ここにおける水性布地柔軟化組成物に適した第4アンモニウム化合物の具体例を以下に記す。 Specific examples of quaternary ammonium compounds suitable aqueous fabric softening composition in this case will be described below. 1) N,N−ジ(タロウイル−オキシ−エチル)−N,N−ジメチルアンモニウムクロリド、 2) N,N−ジ(タロウイル−オキシ−エチル)−N−メチル,N−(2− ヒドロキシエチル)アンモニウムメチルサルフェート、 3) N,N−ジ(2−タロウイル−オキシ−2−オキシ−エチル)−N,N −ジメチルアンモニウムクロリド、 4) N,N−ジ(2−タロウイル−オキシ−エチルカルボニル−オキシ−エチル)−N,N−ジメチルアンモニウムクロリド、 5) N−(2−タロウイル−オキシ−2−エチル)−N−(2−タロウイル−オキシ−2−オキシ−エチル)−N,N−ジメチルアンモニウムクロリド、 6) N,N,N−トリ(タロウイルーオキシ一エチル)−N−メチルアンモニウムクロリド、 7) N−(2−タロウ 1) N, N-di (Tarouiru - oxy - ethyl) -N, N-dimethyl ammonium chloride, 2) N, N-di (Tarouiru - oxy - ethyl) -N- methyl, N- (2- hydroxyethyl) ammonium methyl sulfate, 3) N, N- di (2-Tarouiru - oxy-2-oxy - ethyl) -N, N - dimethyl ammonium chloride, 4) N, N- di (2-Tarouiru - oxy - ethylcarbonyl - oxy - ethyl) -N, N-dimethyl ammonium chloride, 5) N- (2- Tarouiru - oxy-2-ethyl)-N-(2-Tarouiru - oxy-2-oxy - ethyl) -N, N-dimethyl ammonium chloride, 6) N, N, N- tri (tallow yl chromatography oxy one ethyl) -N- methyl ammonium chloride, 7) N- (2- tallow ル−オキシ−2−オキシ−エチル)−N−(タロウイル−N,N−ジメチルアンモニウムクロリド、および 8) 1,2−ジタロウイル−オキシ−3−トリメチルアンモニオプロパンクロリド、並びに上記物質のいずれかの混合物。 Le - oxy-2-oxy - ethyl) -N- (Tarouiru -N, N-dimethyl ammonium chloride, and 8) 1,2 Jitarouiru - oxy-3-trimethylammonio propane chloride, as well as any of the above substances blend. そのような陽イオン界面活性剤を存在させるとき、本発明の洗浄用組成物は一般には0.2〜約25重量%、好ましくは約1〜約8重量%のそのような陽イオン界面活性剤を含む。 When the presence of such cationic surfactants, cleaning compositions of the present invention generally 0.2 to about 25 weight percent, preferably from about 1 to about 8 weight percent of such cationic surfactants including. 両性界面活性剤も本発明の洗浄用組成物に用いるのに適している。 Amphoteric surfactants are also suitable for use in cleaning compositions of the present invention. これらの界面活性剤は、第2もしくは第3アミンの脂肪族誘導体、または複素環式第2もしくは第3アミンの脂肪族誘導体として広く記すことができ、ここで、脂肪族基は直鎖でも分枝鎖でもよい。 These surfactants can be broadly described as aliphatic derivatives of secondary or tertiary amines or can be referred widely as aliphatic derivatives of heterocyclic secondary or tertiary amines, minute where the aliphatic group may be straight-chain it may be a branched chain. 脂肪族置換基の1つは少なくとも約8、一般には約8 〜約18の炭素原子を含み、少なくとも1つは陰イオン水溶性基、例えばカルボキシ、スルホネート、サルフェート、を含む。 One of the aliphatic substituents contains at least about 8, typically from about 8 to about 18 carbon atoms, at least one anionic water-solubilizing group, e.g. carboxy, sulfonate, sulfate, and. 両性界面活性剤の例については、 Laughlin等の1975年12月30日発行USP3,929,678、第19欄、18−35行を参照。 For examples of amphoteric surfactants, issued December 30, 1975 such as Laughlin USP3,929,678, 19 column, see 18-35 lines. そのような両性界面活性剤を存在させるとき、本発明の洗浄用組成物は一般には0.2〜約15重量%、好ましくは約1〜約10重量%のそのような両性界面活性剤を含む。 When the presence of such ampholytic surfactants, cleaning compositions of the present invention generally 0.2 to about 15 weight percent, preferably from about 1 to about 10 weight percent of such ampholytic surfactants . 双性イオン界面活性剤も洗浄用組成物に用いるのに適している。 Zwitterionic surfactants are also suitable for use in cleaning compositions. これらの界面活性剤は、第2もしくは第3アミンの誘導体、または複素環式第2もしくは第3 アミンの誘導体、または第4アンモニウム、第4ホスホニウムもしくは第3スルホニウム化合物の誘導体として広く記すことができる。 These surfactants can be referred broadly as derivatives of secondary or derivative of a tertiary amine or a derivative of heterocyclic secondary or tertiary amines or quaternary ammonium, quaternary phosphonium or tertiary sulfonium compounds, . 双性イオン界面活性剤の例については、Laughlin等の1975年12月30日発行USP3,929,6 78、第19欄、38行から第22欄48行を参照。 For examples of zwitterionic surfactants, December 30, 1975 issued USP3,929,6 78 such Laughlin, 19 column, see column 22 line 48 from line 38. そのような双性イオン界面活性剤を存在させるとき、本発明の洗浄用組成物は一般には0.2〜約15重量%、好ましくは約1〜約10重量%のそのような双性イオン界面活性剤を含む。 When the presence of such a zwitterionic detergent, cleaning compositions of the present invention generally 0.2 to about 15 weight percent, preferably from about 1 to about 10 weight percent of such zwitterionic surfactants containing the active agent. 半極性非イオン界面活性剤は、約10〜約18の炭素原子の1つのアルキル部分、そして約1〜約3の炭素原子を有するアルキル基およびヒドロキシアルキル基よりなる群から選択される2つの部分を含む水溶性アミンオキシド、約10〜 約18の炭素原子の1つのアルキル部分、そして約1〜約3の炭素原子を有するアルキル基およびヒドロキシアルキル基よりなる群から選択される2つの部分を含む水溶性ホスフィンオキシド、並びに約10〜約18の炭素原子の1つのアルキル部分、および約1〜約3の炭素原子を有するアルキル基およびヒドロキシアルキル基、よりなる群から選択される部分を含む水溶性スルホキシドを含む特殊な種類の非イオン界面活性剤である。 Semi-polar nonionic surfactants are two moieties selected from about 10 to one alkyl moiety of from about 18 carbon atoms and from about 1 to about 3 of the group consisting of alkyl and hydroxyalkyl radicals having carbon atoms, water-soluble amine oxides containing, comprises two moieties selected from about 10 to one alkyl moiety of from about 18 carbon atoms and from about 1 to about 3 of the group consisting of alkyl and hydroxyalkyl radicals having carbon atoms, water-soluble phosphine oxides, and one alkyl moiety of from about 10 to about 18 carbon atoms, and from about 1 to about 3 alkyl group and hydroxyalkyl group having carbon atoms, water-soluble comprising a moiety selected from the group consisting of nonionic surfactants special kind containing sulfoxide. 半極性非イオン界面活性剤には式: The semi-polar nonionic surfactants wherein: (式中、R 3は、約8〜約22の炭素原子を含むアルキル、ヒドロキシアルキルもしくはアルキルフェニル基、またはこれらの混合物であり、R 4は、約2〜約3の炭素原子を含むアルキレンもしくはヒドロキシアルキレン基、またはこれらの混合物でありであり、xは0〜約3であり、そして各R 5は、約1〜約3の炭素原子を含むアルキルもしくはヒドロキシアルキル基、または約1〜約3のエチレンオキシド基を含むポリエチレンオキシド基であり、R 5基は、酸素または窒素原子によって互いに結合して環構造を形成してもよい) を有するアミンオキシド界面活性剤が含まれる。 (Wherein, R 3 is alkyl containing from about 8 to about 22 carbon atoms, hydroxyalkyl or alkylphenyl group or a mixture thereof,, R 4 is an alkylene or comprising about 2 to about 3 carbon atoms hydroxyalkylene group or a a mixture thereof,, x is 0 to about 3, and each R 5 is an alkyl or hydroxyalkyl group containing from about 1 to about 3 carbon atoms or from about 1 to about 3, a polyethylene oxide group containing an ethylene oxide group, R 5 groups include amine oxide surfactants having bonded to each other by an oxygen or nitrogen atom may form a ring structure). これらのアミンオキシド界面活性剤には特に、C 10-18アルキルジメチルアミンオキシドおよびC 8-12アルコキシエチルジヒドロキシエチルアミンオキシドが含まれる。 Particularly These amine oxide surfactants include C 10-18 alkyl dimethyl amine oxides and C 8-12 alkoxy ethyl dihydroxy ethyl amine oxides. そのような半極性非イオン界面活性剤を存在させるとき、本発明の洗浄用組成物は一般には0.2〜約15重量%、好ましくは約1〜約10重量%のそのような半極性非イオン界面活性剤を含む。 When the presence of such semi-polar nonionic surfactants, cleaning compositions of the present invention generally 0.2 to about 15 weight percent, preferably from about 1 to about 10 wt% of such semi-polar including ionic surfactant. 本発明の洗浄用組成物は、第1または第3アミンよりなる群から選択される補助界面活性剤をさらに含んでいてもよい。 Cleaning compositions of the present invention may further comprise a cosurfactant selected from the group consisting of primary or tertiary amines. ここで用いるのに適した第1アミンには、R 1がC 6-12 、好ましくはC 6-10 、アルキル鎖である式R 1 NH 2のアミン、 またはxが−O−、−C(O)NH−もしくは−NH−であり、R 4がC 6-12アルキル鎖であり、nが1〜5、好ましくは3、である式R 4 X(CH 2nのアミン、が含まれる。 The first amine suitable for use herein, R 1 is C 6-12, preferably C 6-10, amines of the formula R 1 NH 2 is an alkyl chain or x is -O, -, - C ( O) NH- or a -NH-, R 4 is a C 6-12 alkyl chain, n is 1 to 5, preferably included 3, a is the formula R 4 X (CH 2) n of the amine, is . 1アルキル鎖は直鎖でも分枝鎖でもよく、12以下、好ましくは5未満、のエチレンオキシド部分て中断されていてもよい。 R 1 alkyl chains may be linear or branched, 12 or less, preferably less than 5, it may be interrupted Te ethylene oxide moieties. 上記式の好ましいアミンはn−アルキルアミンである。 Preferred amines of the above formula is n- alkylamines. ここで用いるのに適したアミンは、1− ヘキシルアミン、1−オクチルアミン、1−デシルアミン、およびラウリルアミンから選択しうる。 Here amines suitable for use in, 1-hexylamine, 1-octylamine may select 1-decylamine, and laurylamine. 他の好ましい第1アミンには、C 8-10オキシプロピルアミン、オクチルオキシプロピルアミン、2−エチルヘキシルオキシプロピルアミン、 ラウリルアミドプロピルアミンおよびアミドプロピルアミンが含まれる。 Other preferred primary amines, C 8-10 aryloxy propylamine, octyloxy propylamine, 2-ethylhexyl oxy propylamine, include lauryl amido propylamine and amido propylamine. ここで用いるのに適した第3アミンには、式R 123 Nを有する第3アミンが含まれ、ここで、R 1およびR 2はC 1-8アルキル鎖または The tertiary amine suitable for use herein, include tertiary amines having the formula R 1 R 2 R 3 N, wherein, R 1 and R 2 are C 1-8 alkyl chains or であり、R 3 、はC 6-12 、好ましくはC 6-10アルキル鎖、であるか、あるいはR 4 In and, R 3, is C 6-12, or R 4 or is preferably a C 6-10 alkyl chain, X(CH 2nであり、Xは−O−、−C(O)NH−または−NH−であり、R 4はC 4-12であり、nは1〜5、好ましくは2〜3、であり、R 5はHまたはC 1- 2アルキルであり、xは1〜6であり、R 3およびR 4は直鎖でも分枝鎖でもよく、R 3アルキル鎖は12以下、好ましくは5未満のエチレンオキシド部分で中断されていてもよい。 X (CH 2) a n, X is -O -, - C (O) NH- or a -NH-, R 4 is C 4-12, n is 1-5, preferably 2-3 a, R 5 is H or C 12 alkyl, x is 1 to 6, R 3 and R 4 may be linear or branched, R 3 alkyl chains 12 or less, preferably ethylene oxide portion of less than 5 may be interrupted. 好ましい第3アミンは、R 1がC 6-12アルキル鎖であり、R 2およびR 3がC 1-3 Preferred tertiary amine, R 1 is C 6-12 alkyl chain, R 2 and R 3 are C 1-3 アルキルまたは Alkyl or (式中、R 5はHまたはCH 3 、そしてx=1〜2である) である、式R 123 Nを有する第3アミンである。 (Wherein, R 5 is H or CH 3, and an x = 1 to 2) is a tertiary amine having the formula R 1 R 2 R 3 N. また好ましいのは、式: Also preferred is the formula: (式中、R 1はC 6-12アルキルであり、nは2〜4、好ましくは3、であり、R 2 (Wherein, R 1 is C 6-12 alkyl, n represents 2 to 4, and preferably a 3,, R 2 およびR 3はC 1-4である) のアミドアミンである。 And R 3 is an amidoamine of a C 1-4). 本発明の最も好ましいアミンには、1−オクチルアミン、1−ヘキシルアミン、1−デシルアミン、1−ドデシルアミン、C 8-10オキシプロピルアミン、Nココ1−3ジアミノプロパン、ココナッツアルキルジメチルアミン、ラウリルジメチルアミン、ラウリルビス(ヒドロキシエチル)アミン、ココビス(ヒドロキシエチル)アミン、2モルプロポキシル化されたラウリルアミン、2モルプロポキシル化されたオクチルアミン、ラウリルアミドプロピルジメチルアミン、 C 8-10アミドプロピルジメチルアミン、およびC 10アミドプロピルジメチルアミンが含まれる。 Most preferred amines of the present invention, 1-octylamine, 1-hexylamine, 1-decylamine, 1-dodecylamine, C 8-10 aryloxy-propylamine, N coco 1-3 diaminopropane, coconut alkyl dimethylamine, lauryl dimethylamine, Raurirubisu (hydroxyethyl) amine, cocobis (hydroxyethyl) amine, 2 moles propoxylated been laurylamine, 2 moles propoxylated been octylamine, lauryl amidopropyl dimethylamine, C 8-10 amido propyl dimethyl amine, and a C 10 amidopropyl dimethylamine. 本組成物に用いるのに最も好ましいアミンは、1−ヘキシルアミン、1−オクチルアミン、1−デシルアミン、1−ドデシルアミンである。 The most preferred amines for use in the composition are 1-hexylamine, 1-octylamine, 1-decylamine, 1-dodecylamine. 特に望ましいのは、n−ドデシルジメチルアミンおよびビスヒドロキシエチルココナッツアルキルアミンおよび7回エトキシル化されたオレイルアミン、ラウリルアミドプロピルアミンおよびココアミドプロピルアミンである。 Especially desirable are n- dodecyldimethylamine and bishydroxyethyl coconut alkyl amine and 7 times ethoxylated oleylamine, lauryl amido propylamine and coco amido propylamine. 色ものの取り扱い上の利点色ものを取り扱う上で利点となる技術も含めることができる。 Technology an advantage in handling those benefits color in handling color ones may also be included. これらの技術の例は、色を維持するための金属触媒である。 Examples of these techniques, a metal catalyst to maintain the color. そのような金属触媒は同時係属ヨーロッパ特許出願92870181.2に記載されている。 Such metal catalysts are described in copending European Patent Application 92870181.2. ビルダー系本発明の組成物にビルダー系をさら含めてもよい。 The builder system may be included further in the composition of the builder system present invention. アルミノ珪酸塩物質、珪酸塩、ポリカルボン酸塩、アルキル−もしくはアルケニル−コハク酸および脂肪酸、エチレンジアミンテトラ酢酸塩、ジエチレントリアミンペンタメチレン酢酸塩のような物質、アミノポリホスホン酸塩、特にエチレンジアミンテトラメチレンホスホン酸およびジエチレントリアミンペンタメチレンホスホン酸のような金属イオン封鎖剤、を含めたどのような一般的なビルダーもここで用いるのに適している。 Aluminosilicate materials, silicates, polycarboxylates, alkyl - or alkenyl - succinic acid and fatty acids, ethylenediamine tetraacetate, materials such as diethylenetriamine pentamethylene acetate, aminopolyphosphonic acid salts, particularly ethylenediamine tetramethylene phosphonic acid and sequestering agents such as diethylene triamine penta methylene phosphonic acid, also any general builders, including suitable for use herein. リン酸塩ビルダーもここで用いることができる。 Also phosphate builder can be used herein. 適したビルダーは、無機イオン交換物質、一般には無機水和アルミノ珪酸塩物質、より具体的には水和合成ゼオライト、例えば水和ゼオライトA、X、B、H SまたはMAP、である。 Suitable builders, inorganic ion exchange material, commonly an inorganic hydrated aluminosilicate material, more specifically hydrated synthetic zeolite such as hydrated zeolite A, X, B, H S, or MAP,. 別の適した無機ビルダー物質は、層状珪酸塩、例えばSKS−6(ヘキスト社)、である。 Another suitable inorganic builder material is layered silicate, e.g. SKS-6 (Hoechst), which is. SKS−6は、珪酸ナトリウム(Na 2 Si 25 )よりなる結晶質層状珪酸塩である。 SKS-6 is a crystalline layered silicate consisting of sodium silicate (Na 2 Si 2 O 5) . 1つのカルボキシ基を含む適したポリカルボン酸塩には、乳酸、グリコール酸、およびベルギー特許831,368、821,369および821,370に開示されているようなそれらのエーテル誘導体が含まれる。 Polycarboxylates suitable containing one carboxy group include lactic acid, their ether derivatives, such as disclosed in glycolic acid, and Belgian Patent 831,368,821,369 and 821,370. 2つのカルボキシ基を含むポリカルボン酸塩には、コハク酸、マロン酸、(エチレンジオキシ)ジ酢酸、マレイン酸、ジグリコール酸、酒石酸、タルトロン酸およびフマル酸の水溶性塩、並びにドイツ公開明細書2,446,686および2,446,687、 USP3,935,257に記載のエーテルカルボン酸塩、並びにベルギー特許840,623に記載のスルフィニルカルボン酸塩が含まれる。 Polycarboxylates containing two carboxy groups include succinic acid, malonic acid, (ethylenedioxy) diacetic acid, maleic acid, diglycolic acid, tartaric acid, tartronic acid and fumaric acid, as well as German Offenlegungsschrift write 2,446,686 and 2,446,687, ether carboxylate according to USP3,935,257, as well as sulfinyl carboxylates described in Belgian Patent 840,623. 3つのカルボキシ基を含むポリカルボン酸塩には、特に、水溶性クエン酸塩、アコニチン酸塩およびシトラコン酸塩、並びにコハク酸誘導体、例えば英国特許1,379,24 1に記載のカルボキシメチルオキシコハク酸塩、オランダ出願7205873に記載のラクトキシコハク酸塩、並びに英国特許1,387,447に記載の2− オキサ−1,1,3−プロパントリカルボン酸塩のようなオキシポリカルボン酸塩物質が含まれる。 Polycarboxylates containing three carboxy groups, in particular, water-soluble citrates, aconitine salts and citraconic acid, and succinic acid derivatives, for example as described in British Patent 1,379,24 1 carboxymethyloxysuccinic salt, Lactobacillus carboxymethyl succinate according to Netherlands application 7205873, and in U.K. oxy polycarboxylate materials such as 2-oxa-1,1,3-propane tricarboxylic acid salt described in patent 1,387,447 is included. 4つのカルボキシ基を含むポリカルボン酸塩には、英国特許1,261,82 9に記載のオキシジコハク酸塩、1,1,2,2−エタンテトラカルボン酸塩、 1,1,3,3−プロパンテトラカルボン酸塩および1,1,2,3−プロパンテトラカルボン酸塩が含まれる。 Polycarboxylates containing four carboxy groups, oxydisuccinic salt described in British Patent 1,261,82 9, 1,1,2,2 carboxylate, 1,1,3,3 It includes propane tetracarboxylic acid and 1,1,2,3-propane tetracarboxylic acid salts. スルホ置換基を含むポリカルボン酸塩には、英国特許1,398,421および1,398,422、USP3,936,44 8に記載のスルホコハク酸塩誘導体、並びに英国特許1,082,179に記載のスルホン化熱分解クエン酸塩が含まれ、ホスホン置換基を含むポリカルボン酸塩については英国特許1,439,000に記載がある。 Polycarboxylates containing sulfo substituents, British Patent 1,398,421 and 1,398,422, sulfosuccinates derivative according to USP3,936,44 8, and in U.K. described in patent 1,082,179 It includes sulfonated pyrolysis citrate, for the polycarboxylate containing phosphonic substituent are described in British Patent 1,439,000. 脂環式および複素環式ポリカルボン酸塩には、シクロペンタン−シス,シス, シス−テトラカルボン酸塩、シクロペンタジエニドペンタカルボン酸塩、2,3 ,4,5−テトラヒドロフラン−シス,シス,シス−テトラカルボン酸塩、2, 5−テトラヒドロフラン−シス−ジカルボン酸塩、2,2,5,5−テトラヒドロフラン−テトラカルン酸塩、1,2,3,4,5,6−ヘキサン−ヘキサカルボン酸塩、並びに多価アルコールのカルボキシメチル誘導体、例えばソルビトール、マンニトールおよびキシリトールが含まれる。 Alicyclic and heterocyclic polycarboxylates include cyclopentane - cis, cis, cis - tetracarboxylic acid, cyclopentadienide penta carboxylate, 2,3, 4,5 tetrahydrofuran - cis, cis , cis - tetracarboxylic acid salts, 2, 5-tetrahydrofuran - cis - dicarboxylates, 2,2,5,5-tetrahydrofuran - Tetorakarun salt, 1,2,3,4,5,6-hexane - hexacarboxylic salt, and carboxymethyl derivatives of polyhydric alcohols, such as sorbitol, mannitol and xylitol. 芳香族ポリカルボン酸塩には、メリット酸、ピロメリット酸、および英国特許1,425,343に記載のフタル酸誘導体が含まれる。 Aromatic polycarboxylates, mellitic acid include phthalic acid derivatives described pyromellitic acid, and British Patent 1,425,343. 上記の中で、好ましいポリカルボン酸塩は、分子当たり3つ以下のカルボキシ基を含むヒドロキシカルボン酸塩、特にクエン酸塩、である。 Among the above, preferred polycarboxylates are hydroxy carboxylates containing more than 3 carboxyl groups per molecule, especially citrate is. 本組成物で用いるのが好ましいビルダー系には、ゼオライトAのような水不溶性アルミノ珪酸塩ビルダーの混合物または層状珪酸塩(SKS−6)の混合物、 およびクエン酸のような水溶性カルボン酸塩キレート化剤が含まれる。 Preferred builder systems for use in the present compositions, mixtures of mixtures or layered silicate of a water-insoluble aluminosilicate builder such as zeolite A (SKS-6), and a water-soluble carboxylate chelating such as citric acid agents are included. 本発明の液体洗浄剤組成物に好ましいビルダー系はセッケンおよびポリカルボン酸塩である。 Preferred builder systems in the liquid detergent composition of the present invention are soaps and polycarboxylates. 本発明の洗浄剤組成物に含有させるのに適したキレート化剤は、エチレンジアミン−N,N'−ジコハク酸(EDDS)、またはそれらのアルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウムもしくは置換アンモニウム塩、またはそれらの混合物である。 Chelating agents suitable for inclusion in the detergent composition of the present invention, ethylenediamine -N, N'-disuccinic acid (EDDS), or their alkali metal, alkaline earth metal, ammonium or substituted ammonium salts or, mixtures thereof. 好ましいEDDS化合物はそれらの遊離酸形およびナトリウムまたはマグネシウム塩である。 Preferred EDDS compounds are those of the free acid form and the sodium or magnesium salt. そのような好ましいEDDSのナトリウム塩の例は、N a 2 EDDSおよびNa 4 EDDSである。 Examples of the sodium salt of such preferred EDDS is N a 2 EDDS and Na 4 EDDS. そのような好ましいEDDSのマグネシウム塩の例は、MgEDDSおよびMg 2 EDDSである。 Examples of the magnesium salt of such preferred EDDS are MgEDDS and Mg 2 EDDS. マグネシウム塩は本発明の組成物に含有させるのに最も好ましい。 Magnesium salt and most preferred for inclusion in compositions of the present invention. 好ましいビルダー系には、ゼオライトAのような水不溶性アルミノ珪酸塩ビルダーおよびクエン酸のような水溶性カルボン酸塩キレート化剤の混合物含まれる。 Preferred builder systems include a mixture of a water-soluble carboxylate chelating agent such as water-insoluble aluminosilicate builder and citric acid such as zeolite A. 本発明の液体洗浄剤組成物に用いるのが好ましいビルダー系は、セッケンおよびポリカルボン酸塩である。 Preferred builder systems for use in liquid detergent compositions of the present invention are soaps and polycarboxylates. 顆粒組成物に用いるためのビルダー系の一部を形成させることができる他のビルダー物質には、アルカリ金属炭酸塩、炭酸水素塩、珪酸塩のような無機物質、 並びに有機ホスホン酸塩、アミノポリアルキレンホスホン酸塩およびアミノポリカルボン酸塩のような有機物質が含まれる。 Other builder materials that can form part of the builder system for use in granular compositions, alkali metal carbonates, bicarbonates, inorganic materials, and organic phosphonates such as silicates, amino poly It includes organic materials such as alkylene phosphonates and amino polycarboxylates. 他の適した水溶性有機塩は、ホモ−もしくはコーポリマー酸またはそれらの塩であり、ここで、ポリカルボン酸は2つ以下の炭素原子で互いに隔てられている少なくとも2つのカルボキシル基を含む。 Other suitable water-soluble organic salts are homopolymers - or a copolymer acid or salts thereof, wherein the polycarboxylic acid comprises at least two carboxyl groups are separated from each other by not more than two carbon atoms. この種のポリマーはGB−A−1,5 96,756に開示されている。 Such polymers are disclosed in GB-A-1,5 96,756. そのような塩の例は、分子量が2,000〜5 ,000のポリアクリレートおよびそれらの無水マレイン酸とのコポリマー、分子量が20,000〜70,000、特に約40,000、のそのようなコポリマーである。 Examples of such salts has a molecular weight 2,000~5, copolymers of polyacrylates and their maleic anhydride 000, molecular weight of 20,000 to 70,000, especially about 40,000, such a it is a copolymer. 洗浄性ビルダー塩は、組成物の5〜80重量%、好ましくは10〜70重量% 、最も好ましくは30〜60重量%の量で通常含有させる。 Detergency builder salts are 5 to 80% by weight of the composition, preferably from 10 to 70 wt%, most preferably by usually contained in an amount of 30 to 60 wt%. 発泡抑制剤別の任意成分は、発泡抑制剤、例えばシリコーン、およびシリカ−シリコーン混合物、である。 Optional ingredients by foam control agents, foam control agents such as silicones, and silica - silicone mixture is. シリコーンは一般にアルキル化ポリシロキサン物質で一般に表すことができ、シリカは微粉砕形で通常用いられ、例えばシリカエーロゲルおよびキセロゲルおよび各種疎水性シリカがある。 Silicones generally can be generally expressed by alkyl polysiloxane materials, silica is commonly used in finely divided form, for example, a silica aerogels and xerogels and various hydrophobic silicas. これらの物質は粒状物として混和することができ、これらの粒状物の中で、発泡抑制剤は、有利に放出されるように、水溶性または水分散性の実質的に非表面活性の洗浄剤不浸透性担体中に混和されている。 These materials can be incorporated as particulates, in these granules, foam control agent, as will be advantageously released, water-soluble or water-dispersible substantially non-surface active detergent It is incorporated into the impermeable carrier. あるいは、発泡抑制剤を液体担体に溶解または分散し、1種以上の他の成分上に噴霧することによって塗布してもよい。 Alternatively, the foam control agent was dissolved or dispersed in a liquid carrier, it may be applied by spraying onto one or more other ingredients. 好ましいシリコーン発泡調節剤は、Bartollota等のUSP3,933,672 に開示されている。 Preferred silicone foam control agents are disclosed in USP3,933,672 such Bartollota. 他の特に有用な発泡抑制剤は、1977年4月28日公開のドイツ特許出願DTOS 2,646,126に記載されている自己乳化性シリコーン発泡抑制剤である。 Other particularly useful suds suppressors are the self-emulsifying silicone suds suppressors listed in 1977, April 28, published German patent application DTOS 2,646,126. そのような化合物の例はダウ・コーニング社から商業的に入手しうるDC−544であり、これはシロキサン−グリコールコポリマーである。 Examples of such compounds are DC-544 to commercially available from Dow Corning, which is a siloxane - glycolic copolymer. 特に好ましい発泡調節剤は、シリコーン油および2−アルキル−アルカノールの混合物を含む発泡抑制剤系である。 Particularly preferred blowing modifiers, silicone oils and 2-alkyl - is a foam control agent system comprising a mixture of alkanols. 適した2−アルキル−アルカノールは、イソフォル(Isofol)12Rの商品名で商業的に入手しうる2−ブチル−オクタノールである。 Suitable 2-alkyl - alkanols are 2-butyl, available commercially under the trade name Isoforu (Isofol) 12R - octanol. そのような発泡抑制剤系は、1992年11月10日付け同時係属ヨーロッパ特許出願92870174.7に記載されている。 Such suds suppressor system are described in November 1992 10 dated copending European Patent Application 92870174.7. 特に好ましいシリコーン発泡調節剤は、同時係属ヨーロッパ特許出願9220 1649.8に記載されている。 Particularly preferred silicone foam regulating agents is described in copending European Patent Application 9220 1649.8. 上記組成物は、エーロシル(Aerosil)(商標)のようなヒュームド非孔質シリカと組み合わせたシリコーン/シリカ混合物を含むことができる。 The composition can include Aerosil (Aerosil) (TM) silicone / silica mixture in combination with fumed nonporous silica such as. 上記の発泡抑制剤は、組成物の0.001〜2重量%、好ましくは0.01〜 1重量%、の量で通常用いる。 The above foam control agent is 0.001% by weight of the composition, is preferably used typically in an amount of 0.01 to 1 wt%. その他洗浄用組成物に用いられる他の成分、例えば汚れ懸濁剤、汚れ放出剤、光学的増白剤、研磨剤、殺菌剤、曇り防止剤、着色剤、および/またはカプセルに封入したもしくは封入していない香料、を用いてもよい。 Other components used in other cleaning compositions, for example, soil suspending agents, soil release agents, optical brighteners, abrasives, bactericides, tarnish agents, coloring agents, and / or or sealed sealed in a capsule perfume is not, may be used. 特に適したカプセル物質は、GB1,464,616に記載のような多糖類およびポリヒドロキシ化合物のマトリックスよりなる水溶性カプセルである。 Particularly suitable capsule material is a water-soluble capsule made of a matrix of polysaccharides and polyhydroxy compounds as described in GB1,464,616. 他の適した水溶性カプセル物質は、US 3,455,838に記載のような置換ジカルボン酸の非ゲル化デンプン酸−エステルから誘導されるデキストリンよりなる。 Other suitable water-soluble capsule material is a non-gelling starch acid-substituted dicarboxylic acids such as described in US 3,455,838 - consisting of dextrins derived from an ester. これらの酸−エステルデキストリンは、好ましくは蝋状トウモロコシ、蝋状モロコシ、サゴ、タピオカ、およびジャガイモのようなデンプンから製造される。 These acids - ester dextrins are preferably prepared waxy maize, waxy sorghum, sago, tapioca, and starches such as potatoes. そのようなカプセル物質の適した例は、ナショナル・スターチ社製造のN−Lokである。 Suitable examples of such capsules materials are N-Lok National Starch production. N−Lokカプセル物質は加工トウモロコシデンプンおよびグルコースからなる。 N-Lok capsule material consists of processed corn starch and glucose. デンプンは、無水オクテニルコハク酸のような単一官能置換基を加えることによって加工される。 Starch is processed by adding a single functional substituents such as octenyl succinic acid anhydride. ここで適した再付着防止および汚れ懸濁剤には、メチルセルロース、カルボキシメチルセルロースおよびヒドロキシエチルセルロースのようなセルロース誘導体、並びにホモ−またはコーポリマーポリカルボン酸もしくはそれらの塩が含まれる。 Here the anti-redeposition and soil suspension agents suitable, methylcellulose, cellulose derivatives such as carboxymethyl cellulose and hydroxyethyl cellulose, as well as homo - contained or copolymer polycarboxylic acid or a salt thereof. この種のポリマーには、ビルダーとして前に記載のポリアクリレートおよび無水マレイン酸−アクリル酸コポリマー、並びに無水マレイン酸がコポリマーの少なくとも20モル%を構成する無水マレイン酸と、エチレン、メチルビニルエーテルまたはメタクリル酸と、のコポリマー、が含まれる。 This type of polymer, polyacrylate and maleic anhydride according to prior as builders - acrylic acid copolymers, and maleic anhydride maleic anhydride constituting at least 20 mole percent of the copolymer, ethylene, methylvinyl ether or methacrylic acid and, included in the copolymer, it is. これらの物質は組成物の0.5〜10重量%、より好ましくは0.75〜8重量%、最も好ましくは1〜6重量%、の量で通常用いられる。 0.5 to 10 wt% of these materials composition, more preferably from 0.75 to 8 wt%, and most preferably is used usually in an amount of 1-6 wt%. 好ましい光学的増白剤は陽イオン性であり、それらの例は、4,4'−ビス− (2−ジエタノールアミノ−4−アニリノ−s−トリアジン−6−イルアミノ) スチルベン−2,2'−ジスルホン酸ジナトリウム、4,4'−ビス−(2−モルホリノ−4−アニリノ−s−トリアジン−6−イルアミノ)スチルベン−2, 2'−ジスルホン酸ジナトリウム、4,4'−ビス−(2,4−ジアニリノ−s −トリアジン−6−イルアミノ)スチルベン−2,2'−ジスルホン酸ジナトリウム、4',4”−ビス−(2,4−ジアニリノ−s−トリアジン−6−イルアミノ)スチルベン−2−スルホン酸モノナトリウム、4,4'−ビス−(2−アニリノ−4−(N−メチル−N−2−ヒドロキシエチルアミノ)−s−トリアジン−6−イルアミノ)スチルベ Preferred optical brighteners are cationic, examples of 4,4'-bis - (2-diethanolamino-4-anilino -s- triazin-6-ylamino) stilbene-2,2'- disodium disulfonic acid, 4,4'-bis - (2-morpholino-4-anilino -s- triazin-6-ylamino) stilbene -2 2'-disulfonic acid disodium, 4,4'-bis - (2 , 4-dianilino -s - triazin-6-ylamino) stilbene-2,2'-disulfonic acid disodium, 4 ', 4 "- bis - (2,4-dianilino -s- triazin-6-ylamino) stilbene - monosodium 2-sulfonic acid, 4,4'-bis - (2-anilino-4-(N-methyl--N-2-hydroxyethylamino) -s-triazin-6-ylamino) Suchirube −2,2'−ジスルホン酸ジナトリウム、4, 4'−ビス−(4−フェニル−2,1,3−トリアゾール−2−イル)−スチルベン−2,2'−ジスルホン酸ジナトリウム、4,4'−ビス−(2−アニリノ−4−(1−メチル−2−ヒドロキシエチルアミノ)−s−トリアジン−6−イルアミノ)−スチルベン−2,2'−ジスルホン酸ジナトリウム、2−(スチルビル−4”−(ナフト−1',2',4,5)−1,2,3−トリアゾール−2 ”−スルホン酸ナトリウム、および4,4'−ビス−(2−スルホスチリル)ビフェニルである。非常に好ましい増白剤は、同時係属ヨーロッパ特許出願952 01943.8の特定の増白剤である。 他の有用なポリマー物質は、ポリエチレングリコール、特に分子量が1,00 0〜10,000、より 2,2'-disulfonic acid disodium, 4, 4'-bis - (4-phenyl-2,1,3-triazol-2-yl) - stilbene-2,2'-disulfonic acid disodium, 4, 4'-bis - (2-anilino-4- (1-methyl-2-hydroxyethylamino) -s-triazin-6-ylamino) - stilbene-2,2'-disulfonic acid disodium, 2- (stilbyl - 4 "- (naphtho-1 ', 2', 4,5) -1,2,3-triazole -2" - sodium sulfonate, and 4,4'-bis - (2-sulphostyryl) biphenyl. highly preferred brighteners are the specific brighteners copending European Patent application 952 01943.8. other useful polymeric materials are the polyethylene glycols, particularly molecular weight 1,00 0-10,000, more 好ましくは2,000〜8,000、特に好ましくは約4,000、のもの、である。これらは0.20〜5重量%、より好ましくは0 .25〜2.5重量%の量で用いられる。これらのポリマーおよび先に述べたホモ−もしくはコーポリマーポリカルボン酸塩は、白色度の維持、布の灰分付着、 および遷移金属不純物の存在下でのクレー、タンパク質および酸化性の汚れにおける洗浄性能の改善に有用である。 本発明の組成物において有用な汚れ放出剤は、一般には、様々な配置状態のテレフタル酸とエチレングリコールおよび/またはプロピレングリコール単位とのコポリマーまたはターポリマーである。そのようなポリマーの例はUSP 41 16885および4711730並びにヨーロッパ公開特許出願0 272 03 3に記載 Preferably 2,000 to 8,000, particularly preferably about 4,000, that of a. Using these 0.20 to 5 wt%, more preferably in an amount of 0.25 to 2.5 wt% is homo mentioned these polymers and above -. or copolymers polycarboxylates, whiteness maintenance, fabric ash deposition, and clay in the presence of a transition metal impurities, washed in protein and oxidation of the stain is useful for improved performance. soil release agents useful in the compositions of the present invention is generally a copolymer or terpolymer with various terephthalate arrangement state with ethylene glycol and / or propylene glycol units. as examples of polymers as is described in USP 41 16885 and 4711730 and European published Patent application 0 272 03 3 ポリマーである。 It is a polymer. EP−A−0 272 033による特に好ましいポリマーは式: (CH 3 (PEG) 430.75 (POH) 0.25 [(T−PO) 2.8 − (T−PEG) 0.4 ]T(POH) 0.25 ((PEG) 43 CH 30.75 Particularly preferred polymers of the formula according to EP-A-0 272 033: (CH 3 (PEG) 43) 0.75 (POH) 0.25 [(T-PO) 2.8 - (T-PEG) 0.4] T (POH) 0.25 ((PEG ) 43 CH 3) 0.75 を有し、ここで、PEGは−(OC 24 )O−、POは(OC 36 O)、そしてTは(PCOC 64 CO)である。 Has, here, PEG is - (OC 2 H 4) O- , PO is (OC 3 H 6 O), and T (PCOC 6 H 4 CO). また非常に有用なものは、ジメチルテレフタレート、ジメチルスルホイソフタレート、エチレングリコールおよび1,2−プロパンジオールのランダムコポリマーのような修飾されたポリエステルであり、末端基は第1にスルホベンゾエート、第2にエチレングリコールおよび/またはプロパン−ジオールのモノエステルよりなる。 Also very useful are dimethyl terephthalate, dimethyl sulfoisophthalate, a modified polyester, such as random copolymers of ethylene glycol and 1,2-propanediol, the end groups sulphobenzoate the first, the second ethylene glycol and / or propane - consisting monoesters of diols. 目標は、スルホベンゾエート基で両端がキャップされたポリマーを得ることであり、「第1に」、上記コポリマーのほとんどはスルホベンゾエート基で末端がキャッピングされている。 The goal is to obtain a polymer with both ends capped with sulphobenzoate groups, "first in" terminal at most sulphobenzoate groups of the copolymer are capped. しかしながら、いくつかのコポリマーは十分にキャッピングされておらず、従って、それらの末端基はエチレングリコールおよび/またはプロパン−1,2−ジオールのモノエステルよりなり、「第2に」はそのような成分よりなる。 However, some copolymers not fully capped, and therefore their end groups consist of monoester of ethylene glycol and / or propane-1,2-diol, "the second" Such components It becomes more. ここで選択されたポリエステルは、約46重量%のジメチルテレフタル酸、約16重量%のプロパン−1,2−ジオール、約10重量%のエチレングリコール、約13重量%のジメチルスルホ安息香酸、および約15重量%のスルホイソフタル酸を含み、分子量は約3,000である。 Polyester selected here contain about 46% by weight of dimethyl terephthalic acid, about 16 wt% of propane-1,2-diol, about 10% by weight ethylene glycol, about 13% by weight of dimethyl sulfobenzoic acid and about comprises 15 wt% of sulfoisophthalic acid, molecular weight is about 3,000. ポリエステルおよびそれらの製造法はEPA 311 342に記載されている。 Polyesters and their preparation are described in EPA 311 342. 水道水中の遊離塩素が洗浄剤組成物中に含まれる酵素を急速に不活性化することは当業者に周知のことである。 The free chlorine in tap water can be rapidly inactivate the enzyme contained in the detergent composition is well known to those skilled in the art. 従って、過硼酸塩、硫酸アンモニウム、亜硫酸ナトリウムまたはポリエチレンイミンのような塩素スカベンジャーを全組成物の0.1重量%より多い量で用いると、ペクチン酵素の洗浄安定性が改善される。 Therefore, perborate, ammonium sulfate, when used in an amount greater than 0.1 wt% of chlorine scavenger on the total composition, such as sodium sulfite or polyethylene imine, washed stability of the pectin enzyme is improved. 塩素スカベンジャーを含む組成物は1992年1月31日付けヨーロッパ特許出願92870018.6に記載されている。 Compositions containing chlorine scavengers are described in 1992 January 31 dated European Patent Application 92870018.6. ポリアクリレートから製造されるようなアルコキシル化ポリカルボキシレートは、さらにグリース除去性能をもたらすのに有用である。 Alkoxylated such as those manufactured from polyacrylates polycarboxylates are useful to further bring grease removal performance. そのような物質はWO 91/08281並びにPCT 90/01815、p. Such materials are WO 91/08281 and PCT 90/01815, p. 4および次の頁に記載されている(参照することによってここに記載されたものとする)。 4 and are described in the following pages (and those described herein by reference). 化学的には、これらの物質は、7〜8のアクリレート単位当たり1つのエトキシ側鎖を有するポリアクリレートよりなる。 Chemically, these materials are made of polyacrylates having one ethoxy side-chain per acrylate unit of 7-8. 側鎖は式−(CH 2 CH 2 O) m (CH 2n CH 3 ( mは2〜3、nは6〜12である)で表される。 Side chain of the formula - (CH 2 CH 2 O) m (CH 2) n CH 3 (m is 2 to 3, n is 6 to 12) represented by. 側鎖はポリアクリレート「主鎖」にエステル結合して、「櫛型」ポリマータイプ構造となる。 The side chains are ester-linked to the polyacrylate "backbone", and "comb" polymer type structure. 分子量は様々であるが、一般に約2,000〜約50,000である。 The molecular weight can vary, but is generally from about 2,000 to about 50,000. そのようなアルコキシル化ポリカルボキシレートは、本組成物の約0.05〜約10重量%よりなることができる。 Such alkoxylated polycarboxylates can be composed of about 0.05 to about 10 wt% of the composition. 柔軟剤布地柔軟剤も本発明の洗濯用洗浄剤組成物に混和させることができる。 Softener fabric softeners may also be incorporated into laundry detergent compositions of the present invention. これらの薬剤は、無機タイプのものでも有機タイプのものでもよい。 These agents may be those of inorganic type may be of organic type. 無機柔軟剤は、例えばGB−A−1 400 898およびUSP 5,019,292に記載のスメクタイトクレーである。 Inorganic softening agents are smectite clays described in example GB-A-1 400 898 and USP 5,019,292. 有機布地柔軟剤には、GB−A−1 514 276およびEP−B−0 011 340に記載のような水不溶性第3アミン、EP−B −0 026 527およびEP−B−0 026 528に記載のそれらとモノC 12-14第4アンモニウム塩との組み合わせ、およびEP−B−0 242 91 9に記載のような2長鎖アミドが含まれる。 The organic fabric softening agents, described in GB-A-1 514 276 and EP-B-0 011 340 the water-insoluble tertiary amines as described in, EP-B -0 026 527 and EP-B-0 026 528 includes two long chain amides as described in their combination with mono C 12-14 quaternary ammonium salt and EP-B-0 242 91 9 , the. 布地柔軟化系の他の有用な有機成分には、EP−A−0 299 575および0 313 146に記載のような高分子量ポリエチレンオキシド物質が含まれる。 Other useful organic ingredients of fabric softening systems include high molecular weight polyethylene oxide materials as disclosed in EP-A-0 299 575 and 0 313 146. スメクタイトクレーの量は通常は2〜20重量%、より好ましくは5〜15重量%、であり、これは乾燥混合成分として残りの配合に加える。 The amount of smectite clay are normally 2 to 20 wt%, more preferably 5 to 15 wt%, which is added to the rest of the formulation as a dry mixed component. 水不溶性第3アミンまたは2長鎖アミド物質のような有機布地柔軟剤は、0.5〜5重量%、通常は1〜3重量%、の量で配合し、高分子量ポリエチレンオキシド物質および水溶性陽イオン物質は0.1〜2重量%、通常は0.15〜1.5重量%、の量で加える。 Organic fabric softening agents such as the water-insoluble tertiary amines or long-chain amide materials are 0.5 to 5 wt%, usually in an amount of 1-3 wt%, high molecular weight polyethylene oxide materials and the water-soluble cation material from 0.1 to 2% by weight, usually added in an amount of 0.15 to 1.5 wt%. これらの物質は通常は組成物の噴霧乾燥部分に加えるが、場合によっては、それらを乾燥混合粒状物として加えたり、あるいはそれらを溶融液体として組成物の他の固体成分上に噴霧するとより好都合である。 These substances typically added to the spray dried portion of the composition, but in some cases, they dry mixture or added as granules, or they are more conveniently sprayed onto the other solid components of the composition as a molten liquid is there. 洗浄法本発明の組成物は、浸漬法、前処理法、および別のすすぎ促進組成物を加えてもよいすすぎ工程を有する方法を含めた、本質的にはどのような洗濯または洗浄法にも用いうる。 Washing method The compositions of the present invention, dipping method, pretreatment methods, and another rinse promoting composition including a method also has a good rinsing step in addition, also essentially any washing or cleaning method in It can be used. ここに記載の方法は、以下に例示する通常の方法で布地を洗濯溶液と接触させることを含む。 The method described herein comprises contacting fabrics with washing solution in a conventional manner as exemplified below. 本発明の方法は、洗浄作業中に実施すると好都合である。 The method of the present invention is conveniently carried out during the cleaning operation. 洗浄法は好ましくは5〜95℃、特に10〜60℃、で行う。 Washing method is preferably 5 to 95 ° C., in particular 10 to 60 ° C., carried out at. 処理溶液のpHは7〜11であるのが好ましい。 pH of the treatment solution is preferably 7-11. 好ましい機械皿洗い法は、汚れた物品を、有効量の機械皿洗いまたはすすぎ用組成物を溶解または分散した水性液体で処理することを含む。 Preferred machine dishwashing method comprises the soiled article is treated with an effective amount of the machine dishwashing or rinsing composition dissolved or dispersed aqueous liquid. 機械皿洗い用組成物の一般的な有効量は、3〜10リットルの洗浄体積に溶解または分散させた8 〜60gを意味する。 General effective amount of the machine dishwashing composition means 8 to 60 g dissolved or dispersed in the wash volume from 3 to 10 liters. 手による皿洗い法では、汚れた皿を有効量の皿洗い用組成物、一般には0.5 〜20g(洗浄する皿25枚当たり)と接触させる。 The dishwashing method using hand dishwashing composition an effective amount of dirty dishes, typically is contacted with 0.5 to 20 g (per 25 pieces dish washing). 好ましい手による皿洗い方法には、濃縮溶液を皿の表面に塗るか、あるいは洗浄剤組成物の大量の希釈溶液に浸すことが含まれる。 The dishwashing method according to the preferred hand, involves immersing a large amount of a dilute solution of either paint concentrated solution on the surface of the dish or detergent composition. 次の諸例は、本発明の組成物を例示するものであり、必ずしも本発明の範囲を限定または制限するものではない。 The following various examples are intended to illustrate the compositions of the present invention and not necessarily to limit or restrict the scope of the present invention. 洗浄剤組成物において、酵素量は全組成物の重量に基づく純粋な酵素の量で表し、特に断りがなければ、洗浄剤成分は全組成物の重量に基づいて表す。 In the detergent compositions, the amount of enzyme is expressed in an amount of pure enzyme by weight of the total composition, unless otherwise indicated, the detergent component is expressed based on the weight of the total composition. 略記した成分は次の意味を有する。 Abbreviated ingredients have the following meanings. LAS:線状C 12アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム TAS:タロウアルキル硫酸ナトリウム CXYAS:C 1X1Yアルキル硫酸ナトリウム 25EY:平均Yモルのエチレンオキシドと縮合したC 12-15の主に線状の第1アルコール CXYEZ:平均Zモルのエチレンオキシドと縮合したC 1X1Yの主に線状の第1アルコール XYEZS:1モル当たり平均Zモルのエチレンオキシドと縮合したC 1X1Y LAS: Linear C 12 sodium alkyl benzene sulfonate TAS: Sodium tallow alkyl sulfate CXYAS: C 1X - 1Y sodium alkyl sulfate 25EY: Average Y moles of ethylene oxide condensed with C 12-15 predominantly linear primary alcohol CXYEZ: mean Z moles of ethylene oxide condensed with C 1X - 1Y mainly linear primary alcohol XYEZS: 1 mole per average Z moles of ethylene oxide condensed with C 1X - 1Y アルキル硫酸ナトリウム QAS:R 2・N + (CH 32 (C 24 OH)、R 2 =C 12-14 Sodium alkyl sulfate QAS: R 2 · N + ( CH 3) 2 (C 2 H 4 OH), R 2 = C 12-14 セッケン:タロウとココナッツ油との80/20混合物から誘導した線状アルキルカルボン酸ナトリウム 非イオン界面活性剤:プルラファックLF404の商品名でBASF Gmb hから販売されている、平均エトキシル化度が3.8および平均プロポキシル化度が4.5のC 13-15混合エトキシル化/プロポキシル化脂肪アルコール CFAA:C 12-14アルキルN−メチルグルカミド TFAA:C 16-18アルキルN−メチルグルカミド TPKFA:C 12-14トップドホールカット脂肪酸 DEQA:ジ−(タロウ−オキシ−エチル)ジメチルアンモニウムクロリド SDASA:比率1:2のステアリルジメチルアミン:トリプル−プレスドステアリン酸 ネオドール45−13:シェル・ケミカル社販売のC 14-15線状第1アルコールエトキシレー Soap: tallow and coconut oil linear sodium alkyl carboxylate derived from a 80/20 mixture of nonionic surfactant: trade name of Pururafakku LF404 sold by BASF Gmb h, the average degree of ethoxylation 3.8 and the average propoxylation degree 4.5 of C 13-15 mixed ethoxylated / propoxylated fatty alcohols CFAA: C 12-14 alkyl N- methyl glucamide TFAA: C 16-18 alkyl N- methyl glucamide TPKFA: C 12-14 Top de hole cut fatty DEQA: di - (tallow - oxy - ethyl) dimethyl ammonium chloride SDASA: ratio 1: 2 stearyl dimethylamine: Triple - pressed stearic acid Neodol 45-13: shell Chemical Co. sales primary alcohol ethoxy Leh C 14-15 linear 珪酸塩:非晶質珪酸ナトリウム(SiO 2 :Na 2 O=2.0) NaSKS−6:式δ−Na 2 Si 25の結晶質層状珪酸塩 炭酸塩:粒子サイズ200〜900μmの無水炭酸ナトリウム 炭酸水素塩:粒子サイズ400〜1200μmの無水炭酸水素ナトリウム STPP:無水トリポリリン酸ナトリウム MA/AA:平均分子量約80,000の1:4マレイン酸/アクリル酸のコポリマー PA30:平均分子量約8,000のポリアクリル酸 ターポリマー:重量比60:20:20のアクリル酸:マレイン酸:エチルアクリル酸モノマー単位を含む平均分子量7,000のターポリマー 480N:平均分子量約3,500の3:7アクリル酸/メタクリル酸のランダムコポリマー ポリアクリレート:PA30の商品名でBASF Gm Silicates: Amorphous sodium silicate (SiO 2: Na 2 O = 2.0) NaSKS-6: Crystalline layered silicate carbonates of formula δ-Na 2 Si 2 O 5 : Anhydrous particle size 200~900μm carbonate sodium bicarbonate: particle size of anhydrous sodium bicarbonate 400~1200Myuemu STPP: anhydrous sodium tripolyphosphate MA / AA: average molecular weight of about 80,000 of 1: 4 copolymers of maleic / acrylic acid PA 30: average molecular weight of about 8,000 polyacrylic acid terpolymers: acrylic acid weight ratio 60:20:20: maleic: terpolymer 480N of average molecular weight of 7,000 comprising ethyl acrylate monomer unit: the average molecular weight of about 3,500 3: 7 acrylic acid / random copolymer poly acrylate methacrylic acid: PA30 BASF Gm under the trade name of Hから販売されている平均分子量8,000のポリアクリレートホモポリマー ゼオライトA:主な粒子サイズが0.1〜10μmである式Na 12 (AlO 2 Polyacrylate homopolymer zeolite having an average molecular weight of 8,000 sold by H A: The main particle size of 0.1~10μm formula Na 12 (AlO 2 SiO 212・27H 2 Oの水和アルミノ珪酸ナトリウム クエン酸塩:粒子サイズ分布が425〜850μmの活性86.4%のクエン酸トリナトリウム2水和物 クエン酸:無水クエン酸 PB1:実験式NaBO 2・H 22の無水過硼酸ナトリウム1水和物漂白剤 PB4:無水過硼酸ナトリウム4水和物 過炭酸塩:実験式2Na 2 CO 3・3H 22の無水過炭酸ナトリウム漂白剤 TAED:テトラアセチルエチレンジアミン NOBS:ナトリウム塩の形のノナノイルオキシベンゼンスルホネート 光活性漂白剤:デキストリン可溶性ポリマー中にカプセル封入されたスルホン化亜鉛フタロシアニン PAAC:ペンタアミン酢酸コバルト(III)塩 パラフィン:Winog70の商品名でウインターシャール社から販売されているパラフィン油 BzP SiO 2) 12 · 27H 2 O hydrated sodium aluminosilicate citrate: particle size distribution trisodium citrate activity 86.4% of 425~850Myuemu 2 dihydrate Citric acid: Anhydrous citric acid PB1: empirical formula NaBO 2 · H 2 O in anhydrous 2 sodium perborate monohydrate bleach PB4: anhydrous sodium perborate tetrahydrate percarbonate salts: empirical formula 2Na 2 CO 3 · 3H 2 O 2 in anhydrous sodium percarbonate bleach TAED: tetraacetylethylenediamine NOBS: nonanoyl the form of the sodium salt oxybenzene sulphonate photoactive bleach: dextrin soluble polymer sulfonated zinc phthalocyanine encapsulated in PAAC: pentaamine acetate cobalt (III) salt paraffin: Winog70 product name in paraffin oil BzP sold from winter Sarvar, Inc. :過酸化ベンゾイル ポリガラクツロナーゼ:Agr. : Benzoyl peroxide polygalacturonase: Agr. Biol. Biol. Chem. Chem. (1972)、36(2)、28 5−93に記載のようなアルカリポリガラクツロナーゼ プロテアーゼ:ノボ・ノルディスクA/Sからサビナーゼ、アルカラーゼ、ジュラザイムの商品名で、ギスト−ブロケイデス社からMaxacal、Maxapemの商品名で販売されているタンパク分解酵素、および特許WO 91/06637および/またはWO 95/10591および/またはEP 251 446に記載のプロテアーゼ アミラーゼ:WO 95/18314に記載のプラファクトOx Am(商標) の商品名でゲネンコール社から販売されているデンプン分解酵素、ノボ・ノルディスクA/Sから入手しうるWO 95/26397に記載のTermamyl(商標) 、Fungamyl(商標)およびDuramyl(商標) リパーゼ:ノボ・ノルディスクA/Sからリポラーゼ、 (1972), 36 (2), 28 5-93 alkaline polygalacturonase proteases, such as described in: Savinase from Novo Nordisk A / S, alcalase, under the trade name Jurazaimu, Gist - Burokeidesu the company Maxacal, proteolytic enzymes sold under the trade name Maxapem, and protease amylase described in patent WO 91/06637 and / or WO 95/10591 and / or EP 251 446: Plastic fact Ox Am described in WO 95/18314 ( amylolytic enzymes sold by Genenkoru under the trade name TM), Termamyl according to WO 95/26397, available from Novo Nordisk a / S (TM), Fungamyl (TM) and Duramyl (TM) lipase : Lipolase from Novo Nordisk a / S, ポラーゼウルトラの商品名で販売されている脂肪分解酵素 セルラーゼ:ノボ・ノルディスクA/SからCarezyme、Celluzymeおよび/またはEndolaseの商品名で販売されているセルロース分解酵素。 Fat-degrading enzyme cellulase are sold under the trade name of the port hydrolase Ultra: Carezyme from Novo Nordisk A / S, Celluzyme and / or Endolase cellulose degrading enzymes are sold under the trade name. CMC:ナトリウムカルボキシメチルセルロース HEDP:1,1−ヒドロキシエタンジホスホン酸 DETPMP:モンサント社からデクエスト2060の商品名で市販されているジエチレントリアミンペンタ(メチレンホスホン酸) PVNO:ポリ(4−ビニルピリジン)−N−オキシド PVPVI:ポリ(4−ビニルピリジン)−N−オキシド/ビニルイミダゾールとビニルピロリドンとのコポリマー 増白剤1:4,4'−ビス(2−スルホスチリル)ビフェニルニナトリウム 増白剤2:4,4'−ビス(4−アニリノ−6−モルホリノ−1,3,5−トリアジン−2−イル)スチルベン−2,2'−ジスルホン酸二ナトリウム シリコーン消泡剤:発泡調節剤対分散剤比が10:1〜100:1である、シロキサン−オキシアルキレンコ CMC: Sodium carboxymethyl cellulose HEDP: 1,1-hydroxyethane diphosphonic acid DETPMP: Diethylenetriamine is commercially available under the trade name Dequest 2060 from Monsanto penta (methylene phosphonic acid) PVNO: Poly (4-vinylpyridine) -N- oxide PVPVI: poly (4-vinylpyridine) -N- oxide / copolymer of vinylimidazole and vinylpyrrolidone brightener 1: 4,4'-bis (2-sulfostyryl) biphenyl disodium brightener 2: 4, 4'-bis (4-anilino-6-morpholino-1,3,5-triazine-2-yl) stilbene-2,2'-disulfonic acid disodium silicone antifoam: blowing adjusting agent to dispersing agent ratio of 10 : 1 to 100: 1, the siloxane - oxyalkylene ポリマーを分散剤として含む、ポリジメチルシロキサン発泡調節剤 顆粒発泡抑制剤:顆粒状の12%シリコーン/シリカ、18%ステアリルアルコール、70%デンプン SRP 1:オキシエチレンオキシおよびテレフタロイル主鎖を有するスルホベンゾイル末端キャッピングされたエステル SRP 2:ジエトキシル化ポリ(1,2−プロピレンテレフタレート)ショートブロックポリマー サルフェート:無水硫酸ナトリウム HMWPEO:高分子量ポリエチレンオキシド PEG:ポリエチレングリコール BTA:ベンゾトリアゾール 硝酸ビスマス:硝酸ビスマス塩 NaDCC:ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム カプセル封入香料粒子:ゼオライト13x、香料およびデキストロース/グリセリン凝集性結合剤を用いる不溶性芳香放 Comprising a polymer as a dispersing agent, polydimethylsiloxane foam regulators granules suds suppressors: granular 12% silicone / silica, 18% stearyl alcohol, 70% starch SRP 1: sulfobenzoyl end having an oxyethylene oxy and terephthaloyl backboneキャッピングされたエステル SRP 2:ジエトキシル化ポリ(1,2−プロピレンテレフタレート)ショートブロックポリマー サルフェート:無水硫酸ナトリウム HMWPEO:高分子量ポリエチレンオキシド PEG:ポリエチレングリコール BTA:ベンゾトリアゾール 硝酸ビスマス:硝酸ビスマス塩 NaDCC:ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム カプセル封入香料粒子:ゼオライト13x、香料およびデキストロース/グリセリン凝集性結合剤を用いる不溶性芳香放 技術 KOH:水酸化カリウムの100%活性溶液 pH:20℃の蒸留水中の1%溶液として測定例1次の洗濯用洗浄剤組成物を本発明により製造した。 例2嵩密度750g/リットルの次の顆粒洗濯用洗浄剤組成物を本発明により製造した。 Example 2 Bulk density 750 g / l of the following granular laundry detergent composition was prepared according to the present invention. 例3本発明により次の洗浄剤配合物を製造した。 Examples were prepared following detergent formulations by three invention. Iはリン含有洗浄剤組成物であり、IIはゼオライト含有洗浄剤組成物であり、そしてIIIはコンパクト洗浄剤組成物である。 I is a phosphorus-containing detergent composition, II is a zeolite-containing detergent composition and III is a compact detergent composition. 例4色もの衣類の洗濯に特に用いる次の漂白剤非含有洗浄剤配合物を本発明により製造した。 Used especially in washing even clothing Example 4 colors the following bleach-free detergent formulation was prepared according to the present invention. 例5本発明による次の洗浄剤配合物を製造した。 Examples were prepared following detergent formulations according to 5 the invention. 例6本発明による次の洗浄剤配合物を製造した。 Examples were prepared following detergent formulations according to 6 the invention. 例7本発明による次の高密度漂白剤含有洗浄剤配合物を製造した。 The following high density bleach-containing detergent formulations according to Example 7 the invention was made. 例8本発明による次の高密度洗浄剤配合物を製造した。 The following high density detergent formulations were prepared according to Example 8 the invention. 例9本発明による次の顆粒洗浄剤配合物を製造した。 The following granular detergent formulations were prepared according to Example 9 present invention. 例10本発明による次の液体洗浄剤配合物を製造した。 Examples were prepared following liquid detergent formulation according to 10 the invention. 例11 「洗濯中の柔軟化」をもたらす顆粒布洗浄用組成物を本発明により製造した。 Example 11 Granules fabric cleaning composition providing "softening in the wash" was prepared according to the present invention. 例12本発明により次のすすぎ添加布地柔軟剤組成物を製造した。 Were prepared following rinse added fabric softener composition according to Example 12 the present invention. 例13次の布地柔軟剤組成物を本発明により製造した。 Examples 13 The following fabric softener composition was prepared according to the present invention. 例14バ-状合成洗剤の布洗浄用組成物を本発明により製造した。 Example 14 bar - shaped fabric cleaning composition detergent was prepared according to the present invention. * CaCO 3 、タルク、クレー(カオリナイト、スメクタイト)、珪酸塩等のような一般的な物質から選択することができる。 * CaCO 3, talc, clay (kaolinite, smectite), can be selected from common materials such as silicates. 例15次のコンパクト高密度(0.96Kg/l)皿洗い用洗浄剤組成物I〜VIを本発明により製造した。 Example 15 The following compact high density (0.96Kg / l) dishwashing detergent compositions I~VI prepared according to the present invention. 例16嵩密度1.02Kg/lの次の顆粒皿洗い用洗浄剤組成物例I〜VIを本発明により製造した。 Example 16 Bulk Density 1.02 kg / next granule dishwashing detergent composition examples I~VI of l were prepared according to the present invention. 例17標準12ヘッドロータリープレスを用いて、圧力13KN/cm 2で顆粒皿洗い用洗浄剤組成物を圧縮することによって、重量25gの次の洗浄用組成物の錠剤を本発明により製造した。 Example 17 Using the standard 12 head rotary press, by compressing the granules for dishwashing detergent composition at a pressure 13 kN / cm 2, were prepared according to the present invention the tablets of the following cleaning composition weight 25 g. 例18密度1.40Kg/lの次の液体皿洗い用洗浄剤組成物I〜IIを本発明により製造した。 Example 18 Density 1.40 kg / following liquid dishwashing detergent compositions I~II of l were prepared according to the present invention. 例19次の液体硬質表面洗浄用組成物を本発明により製造した。 Example 19 The following liquid hard surface cleaning composition was prepared according to the present invention. * Na4 エチレンジアミンジ酢酸 ** ジエチレングリコールモノヘキシルエーテル *** 全配合物はpH7に調整した。 * Na4 ethylenediamine diacetic acid ** Diethylene glycol monohexyl ether *** All formulations were adjusted to pH 7. 例20硬質表面洗浄および住宅のかび除去用の次の噴霧組成物を本発明により製造した。 Example 20 hard surface cleaning and residential for mold removal of subsequent spray compositions were prepared according to the present invention.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(KE,LS,MW,SD,S Z,UG),UA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD ,RU,TJ,TM),AL,AM,AT,AU,AZ ,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CU, CZ,DE,DK,EE,ES,FI,GB,GE,H U,IL,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ ,LK,LR,LS,LT,LU,LV,MD,MG ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (KE, LS, MW, SD, S Z, UG), UA (AM , AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, GB, GE, H U, IL, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MD, MG , MK,MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT,R O,RU,SD,SE,SG,SI,SK,TJ,TM ,TR,TT,UA,UG,US,UZ,VN , MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, R O, RU, SD, SE, SG, SI, SK, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, US, UZ, VN

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. pH7〜11で、最適活性の少なくとも10%、好ましくは25%、より好ましくは40%、の酵素活性を有する、他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素を含む洗浄剤組成物。 In PH7~11, at least 10% of optimal activity, preferably 25%, more preferably 40%, of the enzymatic activity, the detergent composition comprising a polygalacturonase enzyme substantially free of other pectic enzymes . 2. 2. ポリガラクツロナーゼ酵素が、pH7〜11で最適活性を有する、請求項1に記載の洗浄剤組成物。 Polygalacturonase enzyme has an optimum activity at PH7~11, detergent composition according to claim 1. 3. 3. ポリガラクツロナーゼ酵素が、全組成物の重量に基づいて、純粋な酵素0.0001〜2%、好ましくは0.0005〜0.5%、より好ましくは0. Polygalacturonase enzyme, based on the weight of the total composition, pure enzyme from 0.0001 to 2%, preferably 0.0005% to 0.5%, more preferably 0. 001〜0.1%、の量で存在する、請求項1または2に記載の洗浄剤組成物。 001 to 0.1%, is present in an amount of, detergent composition according to claim 1 or 2. 4. 4. ポリガラクツロナーゼ酵素の重量に基づいて、25%未満、好ましくは10%未満、より好ましくは5%未満、の他のペクチン酵素を含む、請求項1〜 3のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Based on the weight of the polygalacturonase enzyme, less than 25%, preferably less than 10%, more preferably less than 5%, including other pectin enzymes, washed according to any one of claims 1 to 3 composition. 5. 5. 分散剤をさらに含む、請求項1〜4のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Dispersing agent further comprises a detergent composition according to any one of claims 1-4. 6. 6. 別の洗浄剤酵素をさらに含む、請求項1〜5のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Further comprising another detergent enzyme, detergent composition according to any one of claims 1 to 5. 7. 7. 洗浄剤酵素が、セルラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼおよび/またはアミラーゼから選択される、請求項6に記載の洗浄剤組成物。 Detergent enzymes, cellulases, proteases, are selected from the lipases and / or amylases, detergent composition according to claim 6. 8. 8. 酵素漂白剤系をさらに含む、請求項1〜7のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Further comprising an enzyme bleach system detergent composition according to any one of claims 1 to 7. 9. 9. Mnに基づく漂白触媒を含む一般的な活性漂白剤系をさらに含む、請求項1〜8のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 General active bleach system comprising a bleach catalysts based on Mn, further comprising detergent composition according to any one of claims 1-8. 10. 10. 染料移行防止ポリマーをさらに含む、請求項1〜9のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Further comprising a dye migration preventive polymer, detergent composition according to any one of claims 1 to 9. 11. 11. 組成物が液体、ペースト、ゲル、バー、錠剤、粉末または顆粒状であることを特徴とする、請求項1〜10のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。 Liquid compositions, pastes, gels, bars, tablets, characterized in that it is a powder or granular, detergent composition according to any one of claims 1 to 10. 12. 12. pH7〜11で、最適活性の少なくとも10%、好ましくは25% 、より好ましくは40%、の酵素活性を有する、他のペクチン酵素を実質的に含有しないポリガラクツロナーゼ酵素を含む洗浄剤添加剤。 In PH7~11, at least 10% of optimal activity, preferably 25%, more preferably 40%, of having enzymatic activity, detergent additive comprising a polygalacturonase enzyme substantially free of other pectic enzymes . 13. 13. 布地の洗浄および/または汚れ除去および/または白色度維持および/または柔軟化および/または色の明白化および/または染料移行防止のための、請求項1〜12のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物の使用。 Fabric cleaning and / or for soil removal and / or whiteness maintenance and / or softening and / or color of the anti-lightening and / or dye migration, cleaning according to any one of claims 1 to 12 use of composition. 14. 14. 床、壁、浴室タイル等のような硬質表面洗浄のための、請求項1〜1 2のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物の使用。 Floors, walls, for hard surface cleaning such as bathroom tiles, using a detergent composition according to any one of claims 1 to 1 2. 15. 15. 手または機械による皿洗いのための、請求項1〜12のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物の使用。 For dishwashing by hand or machine, the use of the detergent composition according to any one of claims 1 to 12.
JP50965198A 1996-08-09 1996-08-09 Detergent composition comprising an alkaline polygalacturonase Pending JP2000507640A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US1996/012963 WO1998006809A1 (en) 1996-08-09 1996-08-09 Detergent compositions comprising alkaline polygalacturonase

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000507640A true true JP2000507640A (en) 2000-06-20

Family

ID=22255581

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50965198A Pending JP2000507640A (en) 1996-08-09 1996-08-09 Detergent composition comprising an alkaline polygalacturonase

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0925347A1 (en)
JP (1) JP2000507640A (en)
CA (1) CA2262790A1 (en)
WO (1) WO1998006809A1 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6440911B1 (en) 1997-08-14 2002-08-27 Procter & Gamble Company Enzymatic cleaning compositions
EP1163328B1 (en) * 1999-03-22 2008-03-19 Novozymes A/S An enzymatic treatment method
US7319112B2 (en) 2000-07-14 2008-01-15 The Procter & Gamble Co. Non-halogenated antibacterial agents and processes for making same
WO2002092741A3 (en) 2001-05-14 2003-05-01 Mads Bjoernvad Eskelund 0etergent compositions comprising bacillus subtilis pectate lyases
DE60335620D1 (en) 2002-05-14 2011-02-17 Novozymes As Pektatlyasevarianten

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0639596B2 (en) * 1985-10-18 1994-05-25 ライオン株式会社 Detergent composition
DE3906124A1 (en) * 1989-02-28 1990-08-30 Bruno Wixforth Enzyme-based pipe cleaning composition
JPH03205499A (en) * 1989-07-10 1991-09-06 Onodera Hiroshi Detergent containing wild rice and close relative thereof
DK132892D0 (en) * 1992-10-30 1992-10-30 Novo Nordisk As proteins
DK81193D0 (en) * 1993-07-06 1993-07-06 Novo Nordisk As enzyme
US5866526A (en) * 1993-10-04 1999-02-02 Novo Nordisk A/S Enzyme preparation comprising a modified enzyme
GB2287713A (en) * 1994-03-19 1995-09-27 Procter & Gamble Detergent composition containing pectic enzyme
DK0766727T3 (en) * 1994-06-17 2002-12-02 Genencor Int Cleaning method, which is based on compositions comprising a plant cell wall degrading hemicellulase enzyme, and the use of these in the cleaning methods

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO1998006809A1 (en) 1998-02-19 application
CA2262790A1 (en) 1998-02-19 application
EP0925347A1 (en) 1999-06-30 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5912221A (en) Laundry detergent composition comprising substantially water-insoluble polymeric dye transfer inhibiting agent
US6956017B1 (en) Laundry detergent compositions with fabric care
US6734155B1 (en) Cleaning compositions comprising an oxidoreductase
US6030933A (en) Detergent compositions comprising immobilized enzymes
US6380145B1 (en) Cleaning compositions comprising a specific oxygenase
US6133227A (en) Enzymatic detergent compositions
US6204234B1 (en) Cleaning compositions comprising a specific oxygenase
US6376445B1 (en) Detergent compositions comprising a mannanase and a protease
US5707950A (en) Detergent compositions containing lipase and protease
US6251845B1 (en) Detergent compositions comprising an oxygenase enzyme and cofactor to remove body soils
US5786316A (en) Cleaning compositions comprising xylanases
US6468955B1 (en) Laundry detergent and/or fabric care compositions comprising a modified enzyme
US6197070B1 (en) Detergent compositions comprising alpha combination of α-amylases for malodor stripping
US20020037824A1 (en) Detergent compositions comprising a maltogenic alpha-amylase enzyme and a detergent ingredient
US20070179076A1 (en) Detergent composition
US6410498B1 (en) Laundry detergent and/or fabric care compositions comprising a modified transferase
US6465410B1 (en) Laundry detergent and/or fabric care composition comprising a modified antimicrobial protein
US6440911B1 (en) Enzymatic cleaning compositions
US6420331B1 (en) Detergent compositions comprising a mannanase and a bleach system
US6113655A (en) Detergent compositions comprising a pectinesterase enzyme
WO1998005748A1 (en) Detergent compositions comprising improved amylase for dingy fabric clean-up
EP0709452A1 (en) Cleaning compositions comprising xylanases
WO1997032961A2 (en) Detergent compositions comprising improved amylases
US6790822B1 (en) Detergent compositions having an anionically modified cellulose polymer
WO2000042145A1 (en) Detergent compositions comprising a pectin degrading enzymes system