JP2000505699A - Providing odor control, disposable absorbent product for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive - Google Patents

Providing odor control, disposable absorbent product for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive

Info

Publication number
JP2000505699A
JP2000505699A JP10528951A JP52895198A JP2000505699A JP 2000505699 A JP2000505699 A JP 2000505699A JP 10528951 A JP10528951 A JP 10528951A JP 52895198 A JP52895198 A JP 52895198A JP 2000505699 A JP2000505699 A JP 2000505699A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
adhesive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10528951A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
コルツァーニ、イタロ
ディーフォ、ミヒャエル
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP96120742.0 priority Critical
Priority to EP96120742A priority patent/EP0850623A1/en
Priority to EP97110727A priority patent/EP0850624A1/en
Priority to EP97110727.1 priority
Application filed by ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー filed Critical ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority to PCT/US1997/023454 priority patent/WO1998027912A1/en
Publication of JP2000505699A publication Critical patent/JP2000505699A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q15/00Anti-perspirants or body deodorants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47218Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47218Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump
    • A61F13/47227Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump for interlabial use
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47263Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with activating means, e.g. elastic, heat or chemical activatable means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/56Supporting or fastening means
    • A61F13/66Garments, holders or supports not integral with absorbent pads
    • A61F13/82Garments, holders or supports not integral with absorbent pads with means for attaching to the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/84Accessories, not otherwise provided for, for absorbent pads
    • A61F13/8405Additives, e.g. for odour, disinfectant or pH control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/0208Tissues; Wipes; Patches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/58Adhesives
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JAdhesives; non-mechanical aspects of adhesive processes in general; adhesive processes not provided for elsewhere; use of material as adhesives
    • C09J153/00Adhesives based on block copolymers containing at least one sequence of a polymer obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds; Adhesives based on derivatives of such polymers
    • C09J153/02Vinyl aromatic monomers and conjugated dienes
    • C09J153/025Vinyl aromatic monomers and conjugated dienes modified
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L2666/00Composition of polymers characterized by a further compound in the blend, being organic macromolecular compounds, natural resins, waxes or and bituminous materials, non-macromolecular organic substances, inorganic substances or characterized by their function in the composition
    • C08L2666/02Organic macromolecular compounds, natural resins, waxes or and bituminous materials

Abstract

(57)【要約】 本発明は使い捨て吸収製品、特に衛生ナプキン、パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドに関する。 (57) [Summary] The present invention is a disposable absorbent products, especially sanitary napkins, panty liners, about adult incontinence products or sweat pads. 特に、本発明は、体液の吸収が所望される領域において着用者の皮膚に直接取り着けることにより着用され、臭気制御システムを備えるこの種の使い捨て吸収製品に関する。 In particular, the present invention is worn by the absorption of body fluids wear take directly to the skin of the wearer in the desired area, on this kind of disposable absorbent product comprising an odor control system.

Description

【発明の詳細な説明】 臭気制御を提供し、局所的接着剤を用いて着用者の皮膚に 取り着けるための使い捨て吸収製品発明の分野本発明は、使い捨て吸収製品、特に衛生ナプキン、パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドに関する。 Provides Detailed Description of the Invention Odor control Field of the Invention The disposable absorbent product invention for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive, disposable absorbent products, particularly sanitary napkins, panty liners, about adult incontinence products or sweat pads. 特に、本発明は、体液の吸収が所望される領域において着用者の皮膚に直接取り着けることにより着用され、臭気制御システムを備えたこの種の使い捨て吸収製品に関する。 In particular, the present invention is worn by the absorption of body fluids wear take directly to the skin of the wearer in the desired area, on this kind of disposable absorbent products with odor control system. 発明の背景着用者の皮膚に局所的に取り着けるための使い捨て吸収製品の分野における一般的な従来技術は、特にバンドエイド、プラスター及び包帯の分野で開発されている。 The general prior art in the field of disposable absorbent products for wear take locally to the skin of the background wearer's invention has been developed particularly band-aid, in the field of plasters and bandages. しかし、これらの製品は、典型的には、例えば着用者の皮膚に傷が生じて、傷から排泄される体液を吸収することが所望されるような緊急状況で適用される。 However, these products are typically, for example, occur scratches to the wearer's skin, to absorb body fluid excreted from the wound is applied in an emergency situation as desired. かかる状況下では、例えば快適且つ容易な使用及び適用、痛みのない取り外し、臭気制御及び個別性(discreteness)といった吸収製品の性能の側面は、滅菌性、治癒支援、傷の機械的保護といった基準に比較すると副次的なものである。 Under such circumstances, for example, comfortable and easy use and application, removal painless, aspect of performance of absorbent products such as odor control and individuality (discreteness) is sterile, healing support, to criteria such as mechanical protection of the wound in comparison those side-. また、このような創傷被覆の吸収製品の殆どは、吸収製品が使用される前に体毛を除去できる皮膚領域、或いは、体毛が全くといっていいくらい生えていない皮膚領域に取り付けられる。 Also, most of the absorbent product such wound covering, the skin area that can remove the hair before the absorbent product is used, or hairs attached to skin areas not grow as good say at all. 本発明は創傷被覆の吸収製品ではなく、創傷を伴わない身体から自然に排泄される体液を吸収するための吸収製品に関する。 The present invention is not absorbent product wound dressing, relates to an absorbent product for absorbing body fluids excreted naturally from the body without a wound. 例えば、衛生ナプキン又はパンティライナーの性器領域への取り着けである。 For example, it is put to take to the genital area of ​​the sanitary napkin or panty liner. また、例えば性器領域に着用される失禁用製品、又は人間の腋窩領域に着用される汗パッドも本発明の対象である。 Further, for example, incontinence products are worn genital region or sweat pads which are worn on the human axillary regions, also an object of the present invention. これらの製品は別個に液体を吸収するために使用される。 These products are used to absorb the separate liquid. これは、そうしないと、通常、この種の製品の着用者の社会状況に不利益がもたらされてしまう。 This is because, if you do not, usually, disadvantages will be brought to the social conditions of the wearer of this kind of product. しかし、この種の製品から発散される臭気により同様の否定的な結果がもたらされ、 或いは、少なくともしばしばこのように感じられる。 However, a similar negative results by odor emanating from such products resulted, or felt least often this way. 仮に、この種の製品が、一般的に相当量の体毛が生えている領域で着用者の皮膚に取り着けられる場合には、次いで、この製品の容易且つ痛みのない取り外し基準もまた重要な鍵となる。 If this type of product, when it is worn taken to the wearer's skin in the area where hair generally equivalent amount is growing, then remove the reference easily and painless this product also important key to become. このような直接的に取り着ける製品は、一般的に、 合衆国法定発明登録H1602号又はWO96/33683号に開示されている。 Such directly put take products are generally disclosed in US statutory invention registration H1602 or No. WO96 / 33683. このような製品のより詳細は、例えば、PCT出願WO95/16424号で考慮されている。 More details of such products, for example, are considered in PCT application WO95 / 16424. この書類には、衛生ナプキンの着用者側面の全周に沿って塗布された身体用接着剤を有する衛生ナプキンが開示されている。 The documents provide sanitary napkins is disclosed having a body adhesive which is applied along the entire circumference of the wearer's side surface of the sanitary napkin. この書類に開示された発明の基礎をなす問題は、主に皮膚への安全な取り着けであるが、このような製品を使用した後に、着用者に過度の痛みを与えることなく取り外す問題にも言及されている。 The problem underlying the invention disclosed in this document, but is wearing mainly safe to take to the skin, after using such products, is also a problem to be removed without causing undue pain to the wearer It is mentioned. WO95/16424号には、身体用接着剤のレオロジー的基準に関する詳細な分析が含まれている。 The No. WO95 / 16424, which includes a detailed analysis of rheological criteria body adhesive. しかし、そこで教示されたレオロジー的基準には、商業的に入手可能な脱毛(すなわち、体毛除去)組成物、例えば、VaJ SpA研究所がイタリアで販売しているストレップミール(商標名)が含まれているので、この書類では、このような製品の痛みの無い取り外し問題に関する考慮は殆どされていない。 However, where the taught rheological criteria, commercially available hair removal (i.e., hair removal) composition, for example, include strike reps meal Vaj SpA Laboratories sells in Italy (tradename) because it is, in this document, taking into account on removing problem with no pain of such products it has not been little. WO95/16424号で述べられている局所的取り着けのための接着剤には、衛生ナプキンを下着に取り着けるために使用するための現在の感圧接着剤が含まれている。 The adhesives for wearing locally take are described in Patent WO95 / 16424, which contains the current pressure sensitive adhesive for use to wear take sanitary napkin to an undergarment. さらに、この書類は、静的レオロジー特性のみを特定しており、身体用接着剤の動的レオロジー挙動については何も言及していない。 In addition, this document is to identify the only static rheological properties, but is silent as to the dynamic rheological behavior of the body adhesive. WO96/13238号には、周波数依存性の身体用接着剤モデルが開示されている。 The No. WO96 / 13238, the frequency dependence of the body adhesive model is disclosed. しかし、開示されたすべての測定(例えば9頁)は、温度−60℃〜+ 120℃、実際の周波数0.1〜100rad/sで行われたものである。 However, the disclosed all measurements (e.g., page 9), the temperature of -60 ℃ ~ + 120 ℃, the work was performed at the actual frequency 0.1 to 100 rad / s. 塗布温度(約20℃、典型的には浴室、すなわち保存温度)において必要なデータを得るために、ウィリアムス/ランデル/フェリー(Williams-Landel-Ferry;以下ではWLFという)の式が用いられた。 Application temperature (about 20 ° C., typically in the bathroom, that storage temperature) in order to obtain the necessary data in, Williams / Rundell / ferry; is formula (Williams-Landel-Ferry that in the following WLF) was used. このWLFの式は経験的なものであり、一定の範囲内においてのみ有効である。 The equation for this WLF are those empirical, are effective only within a certain range. 例えば、WLFは、ポリマー接着剤のガラス転移点未満の温度に外挿するために使用することはできず、また、ガラス転移点未満で得られた値に基づいて使用することはできない。 For example, WLF can not be used to extrapolate to temperatures below the glass transition point of the polymer adhesive, also it can not be used on the basis of the values ​​obtained below the glass transition point. WLFの式に関する詳細及びその適用可能性は、ジョン・ウィレイ・アンド・サンズ発行のゼット・タドマーとシー・ジー・ゴゴスによる「 ポリマー加工の原理」、または同じくジョン・ウィレイ・アンド・サンズ発行のジェイ・デイ・フェリーによる「ポリマー類の粘弾性」に見ることができる。 Wherein lucid and applicability thereof WLF is John Wiley & Sons issuing NZ-Tadoma and "Principles of polymer processing" by Sea G. Gogosu, or also of John Wiley & Sons issued Jay - it can be seen in the "visco-elastic polymers" by Day ferry. これは既にWO96/13238号から失われているので、開示されたデータの適用可能性を評価することはできない。 Since this is already missing from No. WO96 / 13,238, it is impossible to evaluate the applicability of the disclosed data. さらに、この開示内容は、臭気制御手段を備えた吸収製品に関するものではない。 Moreover, the disclosure does not relate to an absorbent product having an odor control means. 欧州特許出願EP−638303号には、カフスを直立に維持するために、衛生ナプキンの側方カフスに身体用接着剤を使用することが開示されている。 The European patent application EP-638,303, in order to keep the cuffs in an upright, discloses the use of body adhesive on the side cuffs of sanitary napkins. スイス公報CH−643730号には、陰毛成長領域の充分外側に身体用接着剤を付与するために、外縁の四隅に身体用接着剤を設けた、面取りされた外縁を有する非常に長い衛生ナプキンの使用が開示されている。 Swiss JP CH-643 730, in order to impart body adhesive sufficiently outside the pubic growth region to provide body adhesive at the four corners of the outer edge, a very long sanitary napkin having chamfered outer edges use is disclosed. 本発明の目的は、製品から発散される臭気を低減し、さらには除去するための臭気制御手段を備えた身体用接着剤の吸収製品、特に衛生ナプキンおよびパンティライナーを提供することである。 An object of the present invention is to reduce the odor emanating from the product, more absorbent products of the body adhesive with the odor control means for removing, in particular provide sanitary napkins and panty liners. 当該製品は、着用者の皮膚に極めて近接して取り着けられるので、臭気制御を向上することが理解され、また、実際に必要とされている。 The product, since it is worn taken in close proximity to the wearer's skin, is understood to be improved odor control, also, there is a real need. また、皮膚に取り着けることにより臭気がシールされる。 Also, odor is sealed by wear is taken up in the skin. これは、 吸収された液体の臭気、又は吸収された液体から形成される臭気が生じ、これにより吸収製品の内部に蓄積される。 This odor of the absorbed liquid, or odor formed from absorbed liquid, thereby causing accumulated inside of the absorbent product. 従って、製品を取り外す際の臭気の痕跡は、 中和手段をとらない限り増加する。 Thus, traces of odor when removing the product increases unless taken neutralization means. 加えて、本発明の目的は、着用者の皮膚に貼付され、着用者の身体から自然に排泄される液体を吸収するための使い捨て吸収製品を提供することであり、更に、吸収製品を痛み無く取り外しする使い捨て吸収製品を提供することである。 In addition, an object of the present invention is applied to the skin of the wearer is to provide a disposable absorbent product for absorbing liquid that is excreted naturally from the body of the wearer, further not pain absorbent product it is to provide a disposable absorbent products to be removed. 本発明のもう一つの目的は、吸収製品の取り外しに際して、着用者の皮膚又は体毛に接着剤が残留しないことを保証することである。 Another object of the present invention, upon removal of the absorbent article, is to ensure that the adhesive does not remain on the skin or hair of the wearer. 本発明の更なる目的は、着用者の液体流出領域に極めて近接して取り着けられ、吸収製品の外側への液体損失を最小化し、または無くした使い捨て吸収製品を提供することである。 A further object of the present invention is worn taken in close proximity to the liquid outlet region of the wearer is to provide a disposable absorbent product is minimized or eliminated and the liquid loss to the outside of the absorbent product. 着用者の股領域に取り着けられる使い捨て吸収製品のために、これは周りの皮膚組織及び衣服を汚すことに対する安全性の向上をもたらすことができる。 For disposable absorbent products be worn up in the crotch region of the wearer, which can result in improved safety against soiling the skin tissue and clothing around. 発明の簡単な説明本発明は、臭気制御システムを含有するこの種の製品の着用者に局所的接着剤を用いて取り着けるための使い捨て吸収製品に関する。 BRIEF DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention relates to a disposable absorbent product for wear take with topical adhesive to the wearer of such products containing the odor control system. 当該製品は、典型的には、衣服の下に着用された製品の状況下において、着用者側表面と、衣服側表面とも言われる外側表面とを有する。 The products are typically under the products that are worn under clothing circumstances, has a wearer facing surface and an outer surface, also referred to as the garment facing surface. この製品は、着用者側表面と衣服側表面との間に、着用者から自然に排泄される液体を吸収するための吸収性コアを具備している。 This product, between the wearer facing surface and a garment facing surface, which comprises an absorbent core for absorbing liquids excreted naturally from the wearer. 本発明による使い捨て吸収製品は、着用者側表面の少なくとも一部に、着用者の皮膚に局所的接着剤を用いて取り着けるための接着剤を有し、さらに、臭気制御効果を提供するための臭気制御システムを含有する。 Disposable absorbent product according to the invention, at least a portion of the wearer facing surface has an adhesive for wear take with topical adhesive to the wearer's skin, further for providing odor control effect containing an odor control system. 本発明の好ましい態様では、吸収性コアは臭気制御システムを含有し、好ましくは、該臭気制御システムは粒状の臭気制御剤である。 In a preferred embodiment of the present invention, the absorbent core contains an odor control system, preferably, 該臭 air control system is particulate odor control agent. この臭気制御剤は、ゼオライト、吸収性ゲル化材、活性炭、シリカ、及びこれらの組合せから選択される粒子であることが最も好ましい。 The odor control agent is zeolite, absorbent gelling materials, activated carbon, silica, and that a particle selected from these combinations the most preferred. 本発明の特に好ましい態様では、吸収製品の衣服側側面は、通常液体不透過性であって、好ましい本態様では吸収製品に通気性を付与するために少なくとも水蒸気透過性であるバックシートにより提供される。 In a particularly preferred embodiment of the present invention, the garment side surface of the absorbent product is a normally liquid impervious, in the presently preferred embodiment is provided by a backsheet that is at least water vapor permeable in order to impart breathability to the absorbent product that. 通気性吸収性品と臭気制御システムとの組合せにより臭気制御システムの効果が相乗的に増加することが見られたため、これは特に好ましい。 The effect of the odor control system is seen to increase synergistically by a combination of breathable absorbent articles and the odor control system, which is particularly preferred. これは、本発明により提供されるような着用者の皮膚に取り着けられる製品に関して特に言えることである。 This is particularly true with respect to products to be worn taken to the wearer's skin, such as provided by the present invention. 一般に、本発明による製品の着用者に受け入れられるいかなる身体用接着剤をも使用することができる。 In general, it can be used any body adhesive acceptable to the wearer of the product by the present invention. しかし、以下の特性を有する接着剤が特に好ましい。 However, adhesives having the following characteristics is particularly preferable. 接着剤は、特に、G' 37の略号で表される温度37℃(華氏100°)における弾性率と、G” 37の略号で表される温度37℃(華氏100°)における粘性率とを有するという特徴を有する。この接着剤は、周波数100rad/secでのG ' Adhesives, especially, an elastic modulus at a temperature of 37 ° C. represented by the abbreviations G '37 (F 100 °), and a viscosity at a temperature 37 ° C. (F 100 °) represented by the abbreviations G "37 has the feature of having. this adhesive, G at the frequency 100 rad / sec ' の150%以下、好ましくは80%以下であり、或いは、好ましくは、1000 0Pa未満である動的弾性挙動を有するものが選択される。 150% or less, preferably 80% or less, or, preferably, is selected to have a dynamic elastic behavior is less than 1000 0 Pa. さらに、この接着剤は、周波数100rad/secでのG” 37と周波数1rad/secでのG” 37との差、即ち Further, the adhesive, the difference between the 37 "G at 37 and frequency 1 rad / sec" G at the frequency 100 rad / sec, i.e. は1000Pa以下である動的粘性挙動を有するものが選択される。 Are selected to have a dynamic viscous behavior is less 1000 Pa. 特に好適には、本発明による製品は、周波数1〜100rad/secの全範囲においてG' 37 /G” 37の比の値が1以上、好ましくは1.6以上、最も好ましくは3.3以上である。 少なくとも1〜100rad/secの周波数範囲においては、G' 37 /G” 37の比の値は、必ずしも周波数の変化に比例してはいないが、周波数を増加することにより変化することができる。 Particularly preferably, the product according to the present invention, G '37 / G "37 the value of the ratio is 1 or more in the entire range of frequencies 1~100rad / sec, preferably 1.6 or more, and most preferably 3.3 or more it. in the frequency range of at least 1~100rad / sec, that the value of the ratio G '37 / G "37 is, although not necessarily in proportion to the change in frequency, which varies by increasing the frequency it can. このG' 37 /G” 37の比は、この周波数範囲内において3を超えるファクターで変化すべきではなく、好ましくは2を超えるべきでなく、最も好ましくは一定のままであるべきである。 1radでは、G' 37の好適な値は、20000Pa未満、好ましくは1500 0Pa未満、最も好ましくは10000Pa未満である。他方、周波数1rad/se cでのG” 37の値は、15000Paを超えるべきではなく、好ましくは100 00Pa未満、最も好ましくは5000Pa未満である。 This ratio of G '37 / G "37 is not to be changed by a factor of more than 3 within this frequency range, and preferably should not exceed 2 should most preferably remains constant. 1 rad in the preferred value of G '37 is less than 20000 Pa, preferably less than 1500 0 Pa, most preferably less than 10000 Pa. on the other hand, the value of G "37 at a frequency 1 rad / se c should not exceed 15000Pa , preferably less than 100 00Pa, and most preferably less than 5000 Pa. 上記のレオロジー的基準は、20℃で液体の、51%〜99.5%の可塑剤化合物又は可塑剤組成物と、該可塑剤化合物又は可塑剤組成物中で可溶性又は膨張性である0.5%〜20 %、好ましくは5%〜15%のポリマー化合物又はポリマー組成物と、該ポリマー化合物の0重量%〜600重量%の範囲の量の粘着性樹脂とを含有する接着剤組成物によって満たすことができる。 Rheological criteria mentioned above, the liquid at 20 ° C., is 51% to 99.5% of a plasticising compound or composition, soluble or swellable in said plasticising compound or composition 0. from 5% to 20%, preferably by 5% to 15% of the polymer compound or polymer composition and an adhesive composition containing an adhesive resin in an amount ranging from 0 wt% to 600 wt% of the polymer compound it can be met. 前記可塑剤化合物又は可塑剤組成物は、好ましくは、水、アルコール類(好ましくはグリセロール)、グリコール類、ポリグリコール類、液体ポリブテン、オイル、またはこれらの組合せからなる群の中から選択され、一方、前記ポリマー化合物又はポリマー組成物は、好ましくは、 ブロック共重合体/熱可塑性エラストマー、スチレンブロック共重合体及び水素化スチレンブロック共重合体からなる群の中から選択される。 The plasticizer compound or plasticizer composition, preferably, water, alcohols (preferably glycerol), glycols, polyglycols, liquid polybutenes, are selected from the group consisting of oil or a combination thereof, while the polymer compound or polymer composition is preferably selected from the group consisting of block copolymer / thermoplastic elastomers, styrene block copolymers and hydrogenated styrene block copolymer. 極く一般的に、好適な身体用接着剤は、少なくとも部分的に疎水性であり、好ましくは疎水性成分からなる接着剤の重量で60%、より好ましくは80%が疎水性であり、最も好ましくは接着在中には親水性物質がない、すなわち、全体的に疎水性成分から製造される。 In very general, suitable body adhesive is at least partially hydrophobic, preferably 60% by weight of the adhesive made of a hydrophobic component, more preferably 80% hydrophobic, most preferably, there are no hydrophilic substance in the adhesive Enclosed, i.e., it is manufactured entirely of hydrophobic component. ごく一般的に、好適な身体用接着剤は、少なくとも部分的に疎水性であり、好ましくは、接着剤の60重量%、より好ましくは80重量%が疎水性成分からなる。 Quite generally, the preferred body adhesive is at least partially hydrophobic, preferably 60% by weight of the adhesive, more preferably 80% by weight of hydrophobic component. 最も好ましくは、接着剤の材料がすべて親水性ではない、すなわち、すべて疎水性成分から作られる。 Most preferably, the material of the adhesive is not all hydrophilic, i.e., all made from hydrophobic component. 本発明による特に好ましい態様では、吸収製品の着用者に面する表面の20% 未満、さらに、より好ましくは10%未満が接着剤により覆われる。 In a particularly preferred embodiment according to the present invention, less than 20% of the surface facing the wearer of the absorbent product, further more preferably less than 10% is covered by the adhesive. 本発明は衛生ナプキン又はパンティライナーの分野において最も有益に用いられる。 The present invention may be used most beneficially in the field of sanitary napkins or panty liners. 発明の詳細な説明本発明は、着用者の皮膚に直接取り着けられる使い捨て吸収製品に関する。 Detailed Description of the Invention The present invention relates to a disposable absorbent article to be worn taken directly to the skin of the wearer. 当該製品は、体液に対して吸収性を示し、着用者の衣服を汚れから保護し、臭気制御効果を示し、着用者の物理的な快適さを改良し、製造や包装が容易である。 The product shows the absorbent to body fluids, protects the wearer's clothing from stain, shows the odor control effect, and improve the physical comfort of the wearer, it is easy to manufacture and packaging. 使い捨て吸収製品は、以下に、衛生ナプキン又は月経製品を引用して説明するが、 パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドもまた使い捨て吸収製品という用語に含まれる。 Disposable absorbent products, following on, will be described with reference to the sanitary napkin or menstruation products, panty liners, are included in the term adult incontinence products or sweat pads are also disposable absorbent products. 本明細書で用いる「衛生ナプキン」という用語は、女性により外陰部領域に近接して取り着けられ、身体から排泄される各種体液(例えば膣分泌液、月経、及び/又は尿)を吸収し含有することを意図し、一回使用した後は捨てることが意図される製品をいう。 The term "sanitary napkin", as used herein, worn taken in proximity to the vulva area by women, containing absorbed various body fluids (e.g., vaginal fluid, menses, and / or urine) that is excreted from the body of the It intended to refer to products that are intended to throw away after a single use. 使い捨て吸収製品は、好ましくは薄く、より好ましくは厚さ1〜5mmであり、使用前は実質的に平面であるか、あるいは予め形成された形態のいずれかである。 Disposable absorbent products are preferably thin, more preferably a thickness of 1 to 5 mm, or prior to use is substantially planar, or is either preformed form. 本明細書で用いる「接合された」又は「貼着された」という用語は、第1の部材が第2の部材に直接連結されている形態、及び、第1の部材が中間部材に連結され、この中間部材が第2の部材に連結されることにより、第1の部材が第2の部材に間接的に連結されている形態を含む。 As used herein, the term "joined" or "affixed" refers to the form in which the first member is directly connected to the second member, and the first member is connected to the intermediate member by the intermediate member is coupled to the second member, including a form in which the first member is indirectly connected to the second member. 好ましい態様では、本発明の衛生ナプキンは、液体透過性トップシート、該トップシートに接合された液体不透過性バックシート、及び前記トップシートとバックシートとの中問に吸収性コアを具備する。 In a preferred embodiment, the sanitary napkin of the present invention includes a liquid permeable topsheet, said topsheet bonding liquid impervious backsheet, and an absorbent core Chutoi between the topsheet and the backsheet. 衛生ナプキンは二つの主表面、すなわち身体接触若しくは着用者側表面と、衣服側若しくは衣服接触表面を有する。 Sanitary napkin has two main surfaces, namely a body-contacting or wearer facing surface, a garment-side or garment contacting surface. トップシートは柔軟性があり、柔らかな感触であり、着用者の皮膚を刺激しない。 The top sheet is flexible, soft feeling, and non-irritating to the skin of the wearer. トップシートはまた、トップシート部分の一部又はその全範囲に亘って、一方向又は二方向での伸びを可能とする弾性を有することができる。 The topsheet also over part or the entire range of the top sheet portion, can be elastically to allow growth in one or two directions. さらに、トップシートは、液体透過性であり、液体(例えば月経及び/又は尿) が容易にその厚みを透過することができる。 Further, the topsheet is liquid pervious, it can be liquid (e.g. menses and / or urine) to readily penetrate its thickness. 適切なトップシートは、広範な材料から作ることができ、例えば、織又は不織材;開孔成形熱可塑性フィルム、開孔プラスチックフィルム、及び油圧形成熱可塑性フィルムのようなポリマー材;及び熱可塑性スクリムから作ることができる。 Suitable topsheet can be made from a wide range of materials, for example, woven or non-woven material; apertured molded thermoplastic films, apertured plastic films, and polymer materials such as hydraulic forming thermoplastic films; and thermoplastic it can be made from scrim. 適切な織及び不織材は、天然繊維( 例えば木材又は木綿繊維)、合成繊維(例えばポリエステル、ポリプロピレン又はポリエチレン繊維のようなポリマー繊維)、又は天然繊維と合成繊維の組合せ若しくは2又は多成分系繊維から作ることができる。 Suitable woven and nonwoven materials, natural fibers (e.g., wood or cotton fibers), synthetic fibers (e.g. polyester, polymeric fibers such as polypropylene or polyethylene fibers), or a combination or two or multi-component system of natural and synthetic fibers it can be made from the fiber. 本発明で使用する好適なトップシートは、典型的には、高ロフトの不織トップシート及び開孔成形フィルムトップシートから選択される。 Suitable topsheet for use in the present invention are typically selected from high loft nonwoven topsheets and apertured formed film topsheets. 開孔成形フィルムは、身体滲出液に対して透過性であるが、吸収性ではなく、流体を逆流させて着用者の皮膚を再び濡らす傾向が低いので、トップシートに特に好ましいものである。 Apertured formed films is permeable to bodily exudates, rather than absorption, since tendency of rewetting the wearer's skin by reverse flow of fluid is low, are particularly preferred for the topsheet. 従って、着用者に接触している成形フィルムの表面は、乾燥した状態を維持することにより、身体の汚れを低減して着用者のために更に快適な感触を生じさせる。 Thus, the surface of the formed film that is in contact with the wearer, by maintaining a dry state, causing a more comfortable feel for the wearer by reducing body soiling. 適切な成形フィルムは、米国特許第3,929,135号、米国特許第4, 324,246号、米国特許第4,342,314号、米国特許第4,463, 045号及び米国特許第5,006,394号に記述されている。 Suitable formed films are described in U.S. Patent No. 3,929,135, U.S. Pat. No. 4, No. 324,246, U.S. Pat. No. 4,342,314, U.S. Patent No. 4,463, 045 and US 5 , it is described in EP 006,394. 特に好適な微細孔成形フィルムトップシートは米国特許第4,609,518号及び米国特許第4,629,643号に記述されている。 Particularly suitable microporous formed film topsheets are described in U.S. Patent No. 4,609,518 and U.S. Pat. No. 4,629,643. 本発明の好適なトップシートは、これらの特許の1又は2以上に記述された成形フィルムを具備し、オハイオ州シンシナティのプロクター・アンド・ギャンブル社により「ドライウェーブ」として衛生ナプキンに関して市販されている。 A suitable topsheet of the present invention comprises the formed film described in one or more of these patents are commercially available with respect to sanitary napkins as "dry wave" by Cincinnati, Ohio Procter & Gamble Company . また、液体通路が均一に分布せずに一部にのみ液体通路を備えているトップシートも本発明の意図するものである。 Further, topsheet liquid passage is provided with a liquid passage only part without uniformly distributed it is also contemplated by the present invention. 典型的に、この種のトップシートは、中央部では液体透過性で、且つ、周辺部では液体不透過性のトップシートを形成するように配向された液体通路を有するものである。 Typically, the topsheet of this type, a liquid permeable in the central portion, and, at the periphery and has a liquid passage which is oriented so as to form a top sheet of liquid-impermeable. 成形フィルムトップシートの着用者側表面を親水性として、身体側表面が親水性ではないときよりも速くトップシートを通って液体が移動しやすくすることができる。 The wearer facing surface of the formed film topsheet hydrophilic, bodyside surface can be easily moved liquid through faster topsheet than when it is not hydrophilic. 好適な態様では、PCT出願WO93/09741号に記述されているように、表面活性剤をポリマー材に組み込む。 In a preferred embodiment, as described in PCT application WO93 / 09741, incorporated surface active agent in the polymer material. あるいは、米国特許第4,950 ,254号に記述されているように、トップシートの着用者側表面を表面活性剤で処理することにより親水性とすることができる。 Alternatively, U.S. Patent No. 4,950, as described in JP 254, can be hydrophilic by treating the wearer facing surface of the topsheet with a surfactant. 他には、繊維状及びフィルム状の構造物を組み込んだいわゆるハイブリッドトップシートがあり、特にこの種のハイブリッドトップシートの有益な態様は、P CT出願WO93/09744号、WO93/11725号又はWO93/11 726号に開示されている。 Other, there are fibrous and film like structures called hybrid topsheets which incorporate, particularly advantageous embodiment of the hybrid topsheet of this type, P CT application No. WO93 / 09744, WO93 / 11725) or (WO93 / It disclosed in 11 726 No.. トップシートに言及するときは、多層構造又は単層構造のものを想定している。 When referring to the topsheet is assumed to be of a multilayer structure or a single layer structure. 上記のハイブリッドトップシートはそのうちの多層設計であるが、一次及び二次トップシート設計のような他の多層トップシートもまた考慮される。 Although the hybrid topsheet are them of the multilayer design, also considered other multi layer topsheets such as primary and secondary topsheet designs. 本発明による臭気制御システムはまた、トップシートに、すなわち、トップシートと共に提供され得る。 Odor control system according to the invention also to the topsheet, i.e., may be provided with the topsheet. 例えば、臭気制御システムが臭気マスキング剤(例えば香料)を含む場合には、これら試薬は、例えばトップシートの表面に噴霧されることができる。 For example, if the odor control system comprises odor masking agent (e.g., perfume), these reagents may be sprayed, for example, in the surface of the topsheet. また、尚早に消耗することを防御するためにマイクロカプセルに入れられた臭気制御剤もトップシート上又はトップシートと共に使用することができる。 Further, it is possible to odor control agents that are microencapsulated to protect that consumed prematurely be used with the topsheet or on the topsheet. 活性化モード、例えば破壊又は熱又は溶解に依存するマイクロカプセルは、まさに必要とされるときに活性化の高い可能性を有する。 Active mode, e.g. microcapsules which depends on the breaking or heat or dissolving has a high activation potential when that is exactly needed. しかし、通常は吸収性コアに臭気制御システムを含めることが好ましい。 However, it is usually preferable to include odor control system in the absorbent core. 吸収構造体又は吸収性コアは以下の部材を具備することができる。 Absorbent structure or absorbent core can comprise the following members. すなわち、 (a)場合に応じて第1の流体分配層、好ましくは場合に応じて第2の流体分配層を備える。 That is, the first fluid distribution layer, as the case (a), preferably comprises a second fluid distribution layer, as the case. (b)流体貯蔵層、(c)場合に応じて貯蔵層の下に繊維質(「ダスティング」)層、及び(d)他の任意部材、である。 (B) a fluid storage layer, a fibrous ( "dusting") layer, and (d) any other member, below the storage layer as the case (c). 第1/第2の流体分配層本発明による吸収構造体の一つの任意部材は、第1の流体分配層及び第2の流体分配層である。 a first / second one optional member of the fluid distribution layers present invention by the absorbent structure is a first fluid distribution layer and a second fluid distribution layer. 典型的に、第1の分配層はトップシートの下側にあり、これと流体連通している。 Typically, the first distribution layer is on the lower side of the top sheet, and through which fluid communication. トップシートは、取得した流体をこの第1の分配層に移送して、貯蔵層に最終分配させる。 The topsheet is to transfer the acquired fluid to this first distribution layer, it is finally distributed to the storage layer. この第1の分配層を通過する流体の移送は、吸収製品の厚さ方向だけでなく、長さ及び幅方向に沿ってもまた生ずる。 Transfer of fluid through the first distribution layer, not only the thickness direction of the absorbent product, also occur along the length and width directions. また、任意ではあるが好ましい第2の分配層は、典型的に、第1の分配層の下側にあり、これと流体連通している。 Further, in some but preferably the second distribution layer optionally, typically located below the first distribution layer, and through which fluid communication. この第2の分配層の目的は、第1の分配層から流体を容易に取得して、その下側にある貯蔵層に急速に流体を移送することである。 The purpose of this second distribution layer, and the fluid readily obtained from the first distribution layer is to transport the rapid fluid storage layer located thereunder. これにより該下側にある貯蔵層の流体収容能を充分に利用することができる。 Thus it is possible to sufficiently utilize the fluid capacities of the storage layer located on the lower side. 流体分配層は、この種の分配層に典型的ないかなる材料からも構成され得る。 Fluid distribution layer may also be configured from a typical any material to the distribution layer of this kind. 特に、湿潤したときにおいても繊維間の毛管を維持する繊維質層は、分配層として有用である。 In particular, fibrous layers maintain the capillaries between fibers even when wet are useful as distribution layers. 流体貯蔵層流体貯蔵層は、第1又は第2の分配層と流体連通し、典型的には、第1又は第2の分配層の下測に配置される。 b fluid storage layer fluid storage layer is in fluid communication with the first or second distribution layer is typically positioned in the measurement under the first or second distribution layer. この流体貯蔵層は、任意の通常の吸収材又はそれらの組合せからなる。 The fluid storage layer can comprise any usual absorbent material or combinations thereof. 好ましくは、流体貯蔵層は、適切なキャリアと組み合わせて、「ヒドロゲル」、「超吸収体」、「ヒドロコロイド」材と通常呼ばれる吸収性ゲル化材を含有する。 Preferably, the fluid storage layer, in combination with a suitable carrier, "hydrogel", containing "superabsorbent", "hydrocolloid" material and normal absorbent gelling material called. 吸収性ゲル化材は、大量の水性体液の吸収能を有し、さらに中程度の応力下においてこのような吸収液体の保持能を有する。 Absorbent gelling material has an absorption capacity of a large amount of aqueous body fluids, having a holding capacity of such absorbent liquid in yet stress under moderate. 吸収性ゲル化材は、適切なキャリア中に均一又は非均一に分散することができる。 Absorbent gelling material can be uniformly or non-uniformly dispersed in a suitable carrier. また、適切なキャリアは、それ自体が吸収性である場合には、単独でも用いることができる。 Further, suitable carriers, if are themselves absorbent, can be used alone. 本発明で使用するための好適な吸収性ゲル化材は、実質的に水不溶性で、わずかに架橋され、且つ部分的に中和されたポリマー性ゲル化材からなることが最も多いであろう。 Suitable absorbent gelling materials for use in the present invention is a substantially water-insoluble, slightly cross-linked, it would and most often consisting of partially neutralized polymeric gelling material. この材料は、水との接触時にヒドロゲルを形成する。 This material forms a hydrogel upon contact with water. この種のポリマー材は、当該分野で周知の、重合性で、且つ不飽和性の酸含有モノマーから調製することができる。 Such polymers materials are well known in the art, with a polymerizable, and can be prepared from unsaturated acid-containing monomers. 適切なキャリアには、吸収構造体において従来から利用されている材料、例えば天然繊維、修飾繊維又は合成繊維、特にフラッフ及び/又はティシューの形態の、修飾又は未修飾のセルロース繊維が含まれる。 Suitable carriers, materials which are conventionally utilized in absorbent structures such as natural fibers, modified or synthetic fibers, in particular of fluff and / or tissue form, cellulose fibers modified or unmodified. 適切なキャリアは、吸収性ゲル化剤と一緒に使用することができるが、それらは単独又は組み合わせて使用することもできる。 Suitable carriers can be used together with the absorbent gelling agent, they can also be used alone or in combination. 衛生ナプキン/パンティライナーに関連して最も好ましいのは、 ティシュー又はティシューラミネートである。 Most preferred in connection with sanitary napkins / panty liners are tissue or Tissue laminate. 本発明により製造される吸収構造体の一態様は、ティシューを折り畳むことにより形成される二層ティシューラミネートである。 One aspect of the absorbent structure made according to the present invention is a two-layer Tissue laminate formed by folding the tissue. これらの層は、互いに接合させてもよい。 These layers may be bonded to each other. 吸収性ゲル化材又は他の任意の材料は、これら層の間に含ませることができる。 Absorbent gelling material or other optional material can be comprised between the layers. また、硬化性セルロース繊維のような修飾セルロースを使用することもできる。 It is also possible to use a modified cellulose such as curable cellulosic fibers. 合成繊維もまた使用することができ、酢酸セルロース、ポリフッ化ビニル、ポリ塩化ビニリデン、アクリル類(オリオンなど)、ポリ酢酸ビニル、不溶性ポリビニルアルコール、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリアミド(ナイロンなど)、ポリエステル、2成分系繊維、3成分系繊維、これらの混合物等から製造されるものが含まれる。 Synthetic fibers can also be used, cellulose acetate, polyvinyl fluoride, polyvinylidene chloride, acrylics (such as Orion), polyvinyl acetate, insoluble polyvinyl alcohol, polyethylene, polypropylene, polyamides (nylon, etc.), polyesters, bicomponent system fibers, 3-component fibers include those made from these mixtures. 好ましくは、繊維表面は親水性であるか、または親水性に処理されたものである。 Preferably, the fiber surfaces are those that have been processed to be, or hydrophilic hydrophilic. 貯蔵層はまた、パーライト、珪藻土、バーミキュライト等のような充填剤を含有して液体保持力を向上することもできる。 Storage layer can also be improved perlite, diatomaceous earth, and contain a filler, such as vermiculite liquid retention. 仮に吸収性ゲル化材がキャリア中で非均一に分散された場合、それにもかかわらず貯蔵層は局部的に均一、すなわち、貯蔵層の寸法内の1又は数方向に分散勾配を有し得る。 If if absorbent gelling material is non-uniformly dispersed in a carrier, the storage layer nevertheless locally homogeneous, i.e., it may have a dispersion slope in one or several directions within the dimensions of the storage layer. 非均一分散はまた、吸収性ゲル化材を部分的に又は全体的に含有するキャリアのラミネートにも当てはまる。 Non-uniform distribution also applies to the laminate of the carrier containing the absorbent gelling material in part or in whole. 任意の繊維質(「ダスティング」)層本発明による吸収性構造体に含まれる任意部材は、貯蔵層に隣接し、典型的に貯蔵層の下側にある繊維質層である。 c Any fibrous ( "dusting") layer any members included in the absorbent structure according to the present invention, adjacent to the reservoir layer is a fibrous layer on the underside of typically reservoir layer. この下側にある繊維質層は、吸収構造体の製造中に貯蔵層内の吸収性ゲル化材を堆積させるための基材を提供するため、典型的には「ダスティング」層といわれる。 Fibrous layer on the lower side, in order to provide an absorbent structure substrate to deposit absorbent gelling material in the storage layer during manufacture of, typically referred to as "dusting" layer. 実際、吸収性ゲル化材が繊維、シート又はストリップのようなマクロ構造の形態である場合には、この繊維質「ダスティング」層を含める必要はない。 In fact, if the absorbent gelling material is in the form of macro structures such as fibers, sheets or strips, you do not need to include this fibrous "dusting" layer. しかし、この「ダスティング」層により、パッドの長さに沿った流体の急速な流動のように付加的な流体処理能が提供される。 However, this "dusting" layer, additional fluid throughput is provided as a rapid flow of fluid along the length of the pad. 吸収構造体の他の任意部材本発明による吸収構造体は、吸収性ウェブ中に通常存在する他の任意部材を具備することができる。 Another optional member present invention by the absorbent structure of the d absorbent structure can comprise other optional members normally present in absorbent webs. 例えば、補強用スクリムを吸収構造体の各層内に、又は各層の間に配置することができる。 For example, it is possible to arrange the reinforcing scrim within each layer of the absorbent structure, or between the respective layers. この種の補強用スクリムは、流体移送に対する界面バリアを形成しないような配置とすべきである。 Reinforcing scrim of this type, it should be arranged so as not to form an interface barrier to fluid transport. 熱接着の結果一般的に生ずる構造的一貫性があれば、熱接着された吸収性構造体に補強用スクリムは通常必要とされない。 If there is structural integrity arising on the result of thermal bonding generally reinforcing scrim absorbent structure that is thermally bonded it is not usually required. 臭気制御システム本発明では、吸収製品は、必須要素として臭気制御システムを含有する。 The odor control system the present invention, the absorbent product contains an odor control system as an essential element. 本発明では、この目的のために、当該分野で公知である任意の臭気制御剤又はそれらの組合せを使用し得る。 In the present invention, for this purpose, it may use any odor control agent or combinations thereof are known in the art. 吸収製品に使用する様々な臭気制御剤の記述が当該分野において多々存在し、すべてが本発明における使用に有用となり得る悪臭形成問題を扱っている。 Description of various odor controlling agents for use in absorbent products are present many in the art, all of which deal with malodor formation problems that can be useful for use in the present invention. これらの試薬は、典型的には、抑制することが意図される臭気の種に応じて分類することができる。 These reagents can typically be classified according to type of odor is intended to suppress. 臭気は化学的に酸性、塩基性又は中性として分類され得る。 Odor may be chemically classified acidic, as basic or neutral. 酸性臭気制御剤はpHが7を超え、典型的に炭酸ナトリウム、重炭酸ナトリウム、リン酸ナトリウム、特に硫酸亜鉛及び硫酸銅を含む。 Acid odor control agent greater than pH 7, comprises typically sodium carbonate, sodium bicarbonate, sodium phosphate, in particular the zinc sulfate and copper sulfate. 塩基性臭気制御剤はp Hが7未満であり、カルボン酸(例えば、クエン酸、ラウリン酸、ホウ酸、アジピン酸及びマレイン酸)のような化合物を含む。 Basic odor control agent is less than p H 7, including carboxylic acids (e.g., citric acid, lauric acid, boric acid, adipic acid and maleic acid) compounds such as. 中性臭気制御剤はpHが約7である。 Neutral odor control agents pH of about 7. この種の化合物の例として、活性炭、クレー、ゼオライト、シリカ、吸収性ゲル化材(AGM)、及びデンプンが挙げられる。 Examples of such compounds include activated carbon, clays, zeolites, silica, absorbent gelling material (AGM), and starch. 中性臭気制御剤及びシステムは、例えば、EPO348978号、EPO 510619号、WO91/12029号、WO91/11977号、WO12 030号、WO81/01643号及びWO96/06589号に開示されている。 Neutral odor control agents and systems are, for example, No. EPO348978, EPO No. 510 619, No. WO91 / 12029, No. WO91 / 11977, WO12 030 No., are disclosed in Patent WO81 / 01643 and No. WO96 / 06589. また、米国特許第5429628号に述べられているように、シクロデキストリン及びその誘導体を使用してもよい。 Further, as described in U.S. Patent No. 5429628, may be used cyclodextrins and derivatives thereof. あるいは、臭気制御システムは、悪臭発覚を低減又は防ぐ機構に関して類別してもよい。 Alternatively, the odor control system may be categorized with respect to reducing or preventing mechanism malodors uncovered. 上記臭気制御剤は、典型的には、吸収機構により悪臭発覚を抑制する。 The odor control agents typically inhibit malodor uncovered by absorbing mechanism. 従って、悪臭化合物又は悪臭分解生成物を生ずる化合物と化学的に反応し、これにより臭気の無い、或いは、消費者に受け入れられ得る臭気を有する化合物を生ずる臭気制御システムも本発明において利用し得る。 Therefore, malodorous compounds or malodorous decomposition product compound chemically react to produce, it no odor by, or odor control system results in a compound having an odor that may be acceptable to consumers may also be utilized in the present invention. 適切な試薬にはキレート化剤が含まれ、例えばエチレンジアミンテトラアセテート(例えば米国特許第4 356190号に記述されている)のようなアミノカルボキシレート、テトラキス(メチレンホスホネート)エチレンジアミンのようなアミノホスホネート、米国特許第3812044号に記述されているような多官能置換型芳香族キレート化剤及びこれらの混合物から選択することができる。 Suitable reagents include chelating agents such as aminocarboxylates such as ethylene diamine tetraacetate (e.g. described in U.S. Patent No. 4 356 190), tetrakis aminophosphonate like (methylene phosphonate) ethylenediamine, USA it can be selected from polyfunctional substituted aromatic chelating agents and mixtures thereof as described in Japanese Patent No. 3812044. 理論に拘束されるつもりはないが、これらの材料の利益の一部は、吸収された流体中の鉄、銅、カルシウム、マグネシウム及びマンガンイオンを除去する極めて優れた性能と、キレートの形成によるこれらの分解生成物によると考えられる。 Without wishing to be bound by theory, some benefit of these materials, and excellent performance of removing iron in the absorbing fluid, copper, calcium, magnesium and manganese ions, these by the formation of chelates It believed to be due to the decomposition products. 本発明で使用する他の適切な臭気制御システムには、クエン酸及び重炭酸ナトリウムのような緩衝系、リン酸ナトリウム及びソルビン酸緩衝系が含まれる。 Other suitable odor control system for use in the present invention, citric acid and a buffer system such as sodium bicarbonate, sodium phosphate and sorbic acid buffer systems. また、例えばWO94/25077号に記述されているようにpHが7〜10である緩衝系も本発明において有用となり得る。 Moreover, the buffer system pH as described in example No. WO94 / 25077 is 7-10 also be useful in the present invention. 別の臭気制御システムでは、米国特許第4289513号及び米国特許第33 40875号に記述されているようなイオン交換樹脂が利用されている。 In another odor control system, U.S. Patent No. 4289513 and U.S. Patent ion exchange resins, such as described in No. 33 No. 40 875 are used. また、香料のようなマスキング剤を本発明において臭気制御剤として使用してもよい。 It may also be used as odor control agents in the present invention a masking agent, such as perfumes. 好ましくは、これらの試薬は、WO94/22500号に記述されているようにゼオライトのような追加の臭気制御剤と組み合わせて用いる。 Preferably, these reagents, as described in Patent WO94 / 22500 is used in combination with an additional odor control agent such as zeolite. 上述の通り、臭気制御システム中のこの種のマスキング剤は、EP−A−333773号で規定されるように、カプセルに入れられた形態、好ましくはマイクロカプセルに入れられた形態で付与することにより、「schmiegsam」(英語ではしなやか、 又は柔軟と翻訳される)であるべき製品の性能に不利な効果を与えない追加の利益を提供することができる。 As mentioned above, this type of masking agent in the odor control system, as defined in No. EP-A-333773, form encapsulated, preferably by applying a form which is microencapsulated it can provide additional benefit which does not give "schmiegsam" (supple in English, or flexible and the translated) adversely the performance of which should be the product effect. 本発明で使用する好適な臭気制御システムには、以下の組合せが含まれる。 Suitable odor control system for use in the present invention include following combinations. すなわち、i)シリカ、AGM及びゼオライトであり、好ましくは5:1:1〜1 :1:5、最も好ましくは3:1:1〜1:1:3の比である、ii)ゼオライト、活性炭及びAGM、iii)シリカ及びAGMであり、好ましくは5:1〜1: 5、より好ましくは3:1〜1:3の比である、iv)ゼオライト及びAGM、v )シリカ及びゼオライトであり、好ましくは1:5〜5:1、より好ましくは1:3〜3:1である、vi)キレート化剤、特にエチレンジアミンテトラアセテート、及びvii)キレート化剤と、臭気制御システム1)〜v)のいずれかとの組合せであり、好ましくは1:10〜10:1、より好ましくは1:5〜 5:1、最も好ましくは1:3〜3:1の比である。 That, i) silica, an AGM and zeolites, preferably from 5: 1: 1 to 1: 1: 5, most preferably 3: 1: 1 to 1: 1: the ratio of 3, ii) zeolites, activated carbon and AGM, iii) a silica and AGM, preferably 5: 1 to 1: 5, more preferably 3: 1 to 1: the ratio of 3, iv) a zeolite and AGM, v) silica and zeolites, preferably 1: 5 to 5: 1, more preferably 1: 3 to 3: an 1, vi) chelating agents, and especially ethylenediamine tetraacetate, and vii) chelating agents, odor control system 1) to v) a combination of a one of, preferably 1: 10 to 10: 1, more preferably 1: 5 5: 1, and most preferably from 1: 3 to 3: 1 ratio. 本発明では、吸収製品に組み込まれる臭気制御システムの量は当業者により容易に決定され得、また、吸収製品の意図する使用及び吸収製品の寸法に依存する。 In the present invention can be readily determined by the amount the person skilled in the odor control system incorporated into the absorbent article, also depends on the dimensions of the use and absorbent products intended for absorbent products. 典型的に、吸収製品に含有される前記臭気制御システムの秤量は5gm -2 〜4 00gm -2 、より好ましくは100gm -2 〜300gm -2 、最も好ましくは15 0gm -2 〜250gm -2であろ。 Typically, the basis weight of the odor control system 5gm -2 ~4 00gm -2 contained in absorbent products, and more preferably be a 100gm -2 ~300gm -2, 15 and most preferably 0gm -2 ~250gm -2 . 例えば、衛生ナプキン又はパンティライナーには、0.25g〜5g、好ましくは0.4g〜3g、最も好ましくは0.5g〜 2.5gの前記臭気制御システムが含有される。 For example, the sanitary napkin or panty liner, 0.25G~5g, preferably 0.4G~3g, most preferably contained in the odor control system of the 0.5 g to 2.5 g. 吸収製品の構成部材及び吸収製品自体が本発明において所望される具体的な要求を満たす場合には、当該分野において開示された任意の方法によって臭気制御剤を当該製品に含めることができる。 If the components and absorbent products themselves of the absorbent product meets the specific requirements that are desired in the present invention, the odor control agent can be included in the product by any of the methods disclosed in the art. 例えば、吸収材のコア上に臭気制御剤を層状に積み重ねてもよいし、或いは、吸収性コアの繊維内に臭気制御剤を混合してもよい。 For example, the odor control agent may be stacked in layers on the core of the absorbent material or odor control agent may be mixed into the fibers of the absorbent core. 好ましくは、臭気制御システムは、流体貯蔵層中の2層のセルロースティシューの間に含められる。 Preferably, the odor control system is included between the cellulose Tissue two layers of the fluid storage layer. 場合に応じて、臭気制御剤は、例えばホットメルト接着剤、ポリエチレン粒子バインダー、又は他の任意の適切な接着システムにより2層のセルロースティシュー間に接着することができる。 Depending on the case, the odor control agent may be adhered for example, a hot melt adhesive, polyethylene particles the binder, or by any other suitable adhesion systems between cellulose Tissue two layers. バックシートは、主に、吸収構造体に吸収され含有された滲出液が、アンダーパンツ、パンツ、パジャマ及び下着のような吸収製品に接触している製品を濡らすことを防止する。 The backsheet primarily exudates contained is absorbed into the absorbent structure is prevented from wetting the product underpants, pants, in contact with the absorbent products such as pajamas and undergarments. バックシートは、好ましくは液体(例えば月経及び/又は尿)不透過性であり、また、他の可撓性の液体不透過性材料も使用することはできるが、好ましくは薄いプラスチックフィルムから製造される。 The backsheet is preferably a liquid (e.g. menses and / or urine) impermeable, also can be used also liquid impermeable material other flexible, is preferably manufactured from a thin plastic film that. 本明細書で用いる「可撓性」という用語は柔軟性があり、人の体の一般的な形及び線に容易に適応し得る材料をいう。 The term "flexible" as used herein is flexible refers to materials which are readily adaptable to the general shape and line of the human body. また、バックシートは、1又は2方向に伸縮可能とする弾性特性を有し得る。 Further, the backsheet may have elastic properties that allow stretch in one or two directions. バックシートは、典型的に、吸収構造体の全体にわたって広がり、吸収構造体の周囲を折り畳むことによりトップシートの上に延び、トップシートの一部を形成することができる。 The backsheet is typically spread throughout the absorbent structure extending on the topsheet by folding around the absorbent structure, it may form part of the topsheet. これにより、米国特許第4,342,314号の第16欄第47〜62行に記述されているようなトップシートの構成を、選択的なトップシートの孔の要求なしに達成することができる。 Thus, the top sheet of the configuration as described in column 16 first 47-62 line of U.S. Patent No. 4,342,314, can be achieved without a request selective topsheet hole . バックシートは、織又は不織材、ポリエチレン又はポロプロピレンの熱可塑性フィルムのようなポリマー性フィルム、又はフィルムコーティングされた不織材のような複合材を含むことができる。 The backsheet can comprise a woven or nonwoven material, polyethylene or polymeric films such as thermoplastic films of polypropylene, or composite materials such as film-coated nonwoven material. 好ましくは、バックシートは、厚さ約0. Preferably, the backsheet is from about zero thickness. 012mm(0.5ミル)〜約0.051mm(2.0ミル)のポリエチレンフィルムである。 It is a polyethylene film of 012mm (0.5 mil) to about 0.051 mm (2.0 mils). 具体例を挙げると、ポリエチレンフィルムは、名称P18−1401の下、オハイオ州シンシナティのクロペイ社により、また、名称XP−39385の下、 インディアナ州テール・ホートのエチル社、ビスクウィーンディビジョンにより製造されている。 Specific examples include polyethylene films, under the designation P18-1401, by Cincinnati, OH Clopay Corporation, also under the name XP-96/39385, Indiana tail Haute the Ethyl Corporation, manufactured by bisque Vienna Division there. バックシートは、好ましくは、より布のような外観を付与するためにエンボス加工し、及び/又はマット仕上げする。 The backsheet is preferably embossed to impart more like appearance of the fabric, and / or matte finish. また、好ましくは、バックシートは、その主機能を低下させることなく、少なくとも水蒸気透過性、好ましくは空気透過性であることにより吸収製品に通気性を付与する。 Also, preferably, the backsheet, without reducing its primary function, at least water vapor permeable, preferably impart breathability to the absorbent article by being air permeable. バックシートは、例えば、マイクロポーラスフィルム、不織材、及び/又は開孔成形フィルムを組み合わせたラミネート材であることができる。 Backsheet, for example, be microporous films, non-woven material, and / or laminated material which is a combination of apertured formed film. 所望される場合には、通気性をバックシートの周縁に限定することができ、あるいはバックシートの全体に亘って通気性とすることができる。 If desired, it can be limited to the periphery of the backsheet breathability, or may be a breathable throughout the backsheet. 好ましくは、バックシートは、悪臭バリヤーも設ける一方、引伸する際にマイクロポーラス構造を形成するために、不活性充填剤として適切な臭気制御材を含有するマイクロポーラスフィルムであることができる。 Preferably, the backsheet, while malodor barrier also provided, it is possible to form a microporous structure when enlarger, a microporous film containing a suitable odor control material as inert filler. 局所的に取り着けるための接着剤 上述の通り、本発明による製品は、着用者の皮膚に直接取り着けられる。 As the adhesive described above for wear take locally, products according to the invention it is worn taken directly to the skin of the wearer. 特に、衛星ナプキンは、典型的には女性着用者の液体排泄領域周辺の性器領域に取り着けられる。 In particular, satellite napkins, typically be worn take the genital area around the liquid excretion area of ​​the female wearer. 本発明で用いる「皮膚」という用語は、着用者の特定の皮膚に関するだけでなく、粘膜並びに典型的には衛生ナプキンの着用者の性器領域にみられる体毛をも含む。 The term "skin" as used in the present invention, not only for the particular skin of the wearer, to the mucous membranes and typically also includes a body hair found in the genital area of ​​a wearer of the sanitary napkin. 着用者の皮膚に本発明による製品を固定するためには、着用者側に面する製品のトップブシート面の一定領域に身体用接着剤とも言われる局所的に取り着けるための接着剤を付与することが必要とされる。 To fix the product according to the invention to the wearer's skin, imparting an adhesive for wear take locally, also referred to as body adhesive to certain areas of the top blanking sheet surface of the product facing the wearer's side it is required to. この点に関して種々の設計が考えられるが、好ましくは、製品の中央領域が接着剤の無い状態で残されるように、トップシートの周縁に沿って身体用接着剤を付与する。 Various designs are conceivable in this regard, but preferably, so that the central areas of the product are left in the absence of adhesive, imparting body adhesive along the periphery of the topsheet. これにより、排泄される液体が、漏れ又は零れを生じることなく直ちに吸収製品の吸収構造体に輸送されるように、液体透過性トップシートの接着剤が存在しない領域が体液放出オリフィスに隣接して配置されるように製品を配置することが、最も適切に助長されるであろう。 Thus, the liquid to be excreted, as transported to the absorbent structure immediately absorbent products without causing leakage or spilling, areas where the adhesive is not present in the liquid-permeable top sheet adjacent to the fluid discharge orifice placing the product to be disposed, it will be best be promoted. しかし、身体用接着剤をトップシートの周縁に閉環状に付与する必要はなく、 取り着けの異なる位置間を離すように、ドットや破線のような増分領域を設けて、このような製品の着用者に対して快適さが追加されるようにすることもできる。 However, it is not necessary to impart body adhesive in closed circles on the periphery of the topsheet so as separate the different positions of wear take, provided incremental areas such as dots and dashed, wearing of such products it is also possible to ensure that comfort is added to the person. 本発明による製品の着用者に受け入れられるすべての身体用接着剤を使用することができる場合でも、以下の条件を満たすことが特に好ましい。 Even when it is possible to use all of the body adhesive is acceptable to the wearer of the product by the present invention, it is particularly preferred the following conditions are satisfied. 身体用接着剤の物理的、レオロジー的及び接着特性身体用接着剤が人間の皮膚、体毛及び粘膜組織に感圧接着剤のように使用されるとしても、身体用接着剤組成物は、この種の材料の最も特徴的なレオロジー的挙動をもとに、かろうじて典型的な感圧接着剤(以下PSAという)として考えられるのみである。 Physical the body adhesive, rheological and adhesive properties the body adhesive is human skin, even be used as pressure sensitive adhesive hair and mucosal tissues, body adhesive compositions, this type based on the most characteristic rheological behavior of the material it is only considered as barely typical pressure sensitive adhesives (hereinafter referred to as PSA). 事実、接着剤の当業者に公知のように、PSAを一時的に物を貼り付けることができる他の物質(例えば、水)と区別する最も特徴的なものは、そのレオロジ的ーパラメータ、特に弾性率G'が印加される応力の周波数に伴い大きく変化するいう事実である。 In fact, as is known to those skilled in the adhesive, other materials that can be attached temporarily stuck objects the PSA (e.g., water) and distinguishes most characteristic thing, the rheological over parameters, in particular the elastic a fact that largely changes with the frequency of the stress rate G 'is applied. より具体的には、PSAのG'は、印加される応力の周波数が典型的な結合周波数がら典型的な脱結合周波数へ、すなわち、以下に示すように、1rad/s〜100rad/sへと変化する際に、或るオーダーの大きさに亘って増大し得る。 More specifically, G of the PSA ', the frequency of the applied stress to the typical coupling frequency grounds typical decoupling frequency, i.e., as shown below, to 1rad / s~100rad / s when changes may increase over the size of the certain order. 第1の結論として導かれることは、レオロジー的パラメータ値、特に固定値周波数でのG'値を与えることによって、「接着剤」として使用することを意図した材料を定義することは許容し得ないことである。 Be guided as the first conclusion, rheological parameter values, in particular by providing G 'value of a fixed value frequency, defining the intended material to be used as a "glue" is unacceptable it is. 他の特徴がなければ、それは実際的な価値のない材料を含むようになるであろうから、誤りを生じる可能性がある。 Unless otherwise characteristics it will become to contain no practical value material, which may cause errors. 従って、レオロジー特性は動的考察に基づくべきことが必要と考えられる。 Thus, the rheological properties are considered necessary should be based on dynamic considerations.これは弾性率G'に対してだけでなく、粘性率G”についても適用され、従ってtan(δ)=G”/G'についても適用することができる。典型的なPSA は、考慮された周波数に亘ってG'の大きな変化を有するだけなく、特に脱結合に典型的な周波数において、G'値に近く、又はG'値より大きくさえなり得る(すなわち、tan(δ)が約1又は1よりも大きくなる)ほどのG”の大きな変化もまた有することが周知である。 理論に拘束されることを望むものではないが、この事実は巨視的には極めて高いレベルの接着力の証拠になる一方で、脱結合のために適用されるエネルギーのかなりの部分が内部摩擦で失われること(従って、脱結合を生じるのに有効でない)を意味すると解釈することができる。 接着の良好な条件、すなわち周波数約1rad/secでの条件を与えるためには、 弾性率の絶対値は高すぎてはならない。さもなくば、接着剤は硬すぎて、それが接着することが望まれる表面に対して密接に接合又はモールドすることができない。また、身体に直接取り着けるために特に価値のある良好な粘着性を得るためには、低い絶対値のG”を有するとともに、該材料が柔らかく且つ皮膚に対して穏やかに接着できることも重要である。最後に、当業者であれば、PSAのガラス転移温度Tgは、有用なPSA材料のグループをより完全に定義するパラメータとして認識できる。上に示したように、本発明による身体用接着剤として有効な材料は、身体温度として37℃の参照温度で、周波数範囲において測定されるレオロジー特性を有する。身体用接着剤を備える製品の取り着け時において、接着剤接触は低周波数において形成され、一方、脱結合は製品を取り外す速度において生じることがわかる。この速度は、100rad/sの周波数で表示され、接着剤結合を形成する低い周波数は、1rad/sのオーダーであることがわかっている。従って、本発明で使用される周波数範囲は、1〜100rad/sである。以下の特性の組が満足されるべきである。・周波数範囲において、弾性率G' 37のパーセント変動は、1rad/sにおけ るG' 37に対して150%以下、好ましくは100%未満、より好まし くは80%未満であり、好ましくは絶対的値において10000Pa未満 である。これは以下に例示する身体用接着剤により満たされる。一方、例 えば、従来技術において引用されたブロメオン RG−63Bは、同じ範 囲の周波数において、G'37の331%の変動を示し、本発明では受 け入れ得ない。・周波数範囲において、粘性率G” 37のパーセント変動は、10000P a以下、好ましくは5000Pa以下、最も好ましくは1000Pa以下 である。 ・少なくとも周波数範囲1rad/s〜100rad/sで、G' 37 /G” 37比の値 は、好ましくは1以上、より好ましくは1.6以上、及び最も好ましくは 33以上、ただし、好ましくは約50を超えないものとすべきである。適用周波数1rad/sにおけるG'及びG”は、37℃の温度において測定されていることに注意すべきである。本発明による製品の実用的な使用においては、 製品の実際の保存温度、従って取り着け時における身体用接着剤の温度は大きく変化する。例えば、ラジエーターに近い熱いバスルームでの保存では、約37℃ に達し得るが、貯蔵室又はバスルームにおいて、冬に窓の開いた状態での保存は0℃近くになり得る。しかし、本発明による製品は皮膚に直接使用され、一般に、着用者は冷たすぎる製品を使用したくはないので、身体用接着剤の実際の温度は極めて急速に37℃に達し、或いは、使用前に着用者により暖めらたりさえもする。従って、接着剤の結合特性は、身体温度において選択されるのが最も好ましいと考えられる。 上述 ように、レオロジー的挙動は、ガラス転移温度Tgの値にも関係し得る。本発明による身体用接着剤のTgは、好ましくは−15℃未満であり、より好ましくは−20℃未満であり、最も好ましくは−25℃未満である。 身体用接着剤の好ましい化学的及び組成物的特性身体用接着剤の好ましい上記レオロジー的特性及び物理的特性の要件を満足させるために、加えて次の処方基準を用いることができる。身体用接着剤として有用な殆どの組成物は実質的にゲル様構造であり、好ましくはゲルである。これは次の事実から導かれる。 ・主要な成分は室温で液体物質である。 ・マクロ分子又はポリマー成分は可塑剤に対して少量存在する。好ましい態 様において、それは分子間の物理的又は化学的結合によって生じた3次元 ネットワークを形成する。特に有用な物理的結合は、ブロック熱可塑性エ ラストマー(Block Thermoplastic Elastomers)を含有する系に存在す るものである。 より具体的には、組成物は以下を含有する。 ・下記の可塑剤(類)中で可溶性又は膨張性であるような、0.5〜20重 量%、好ましくは5重量%〜15重量%の、マクロ分子ポリマー物質又は 係る物質の混合物。非限定的な例として、この種のマクロ分子又はポリマ ー物質は、天然物及び/又は合成物、例えば、天然ゴム及びゼラチン、そ れらの誘導体、並びにアルギナートのような天然ゴム又は誘導体:ポリア クリル酸類;ポリビニルアルコール;ポリエチレンオキシド;ポリビニル ピロリドン(PVP)若しくはポリビニルエーテル、それらの共重合体及 び誘導体;セルロース誘導体;ブロック 重合体熱可塑性エラストマー、 好ましくはスチレンブロック共重合体、より好ましくは水素化等級のスチ ロール/エチレン−ブチレン/スチロール(SEBS)、スチレン/イソ プレン/スチレン(SIS)、及びスチロール/エチレン−プロピレン/ スチロール(SEPS)であることができる。・51〜99.5重量%の、室温で液体である可塑剤物質又は可塑剤物質の 混合物。非限定的な例として、これらの可塑化剤は、水、種々のアルコー ル(特にグリセロール)、グリコール、ポリグリコール、液体ポリブテン、 植物油、鉱物油、又はそれらの混合物のような天然又は合成油であること ができる。・0〜600重量%のマクロ分子ポリマー物質の粘着樹脂(その主な目的は、 特に合成ポリマーに基づく系のTgを調製することである)。・0〜10重量%、より好ましくは0〜5重量%の、親水性又は疎水性双方 の液状可塑剤のゲル化を促進及び安定化するための物質。これらは油性系、 例えばC 8 〜C 22の脂肪酸、それらの金属塩及びポリオキソ誘導体;ラノ リン誘導体;シリカ;ベントナイト、モンモリロナイト及びそれらの誘導 体;ポリアミド;ワックス又はそれらの混合物であることができる。保存剤、抗酸化剤、抗UV剤、顔料、ミネラル充填剤、レオロジー改良剤等のように当該分野において公知の共通の添加剤もまた、各々10%以下の量で含有させることができる。系の中に化学的架橋が形成されるとき、架橋剤は、好ましくは5重量%以下の量で存在させることができる。化学的架橋は、酸性ポリアクリル類と多糖類との間の反応のように、異なった官能基を有するポリマー相互問の中和によっても形成することができる。得られた身体用接着剤用の合成物は、主成分(すなわち、液状可塑剤)の性質に従って3つのファミリーに分類することができる。 1)可塑剤が、典型的には植物又は鉱物起源の油又はそれらの混合であり、 ポリマーが、通常はこの油中で可溶性又は膨張性である合成ポリマー、好ま しくはエラストマーである疎水性組成物。 2)疎水性及び親水性の両成分が、可能であれば可塑剤及びポリマー双方の 中で2以上の分離した層を形成している混合相組成物。このような場合、好 ましくは、不適合相の間で安定したエマルジョンを形成するのに適したレベ ルで、乳化剤/表面活性剤が存在する。本発明による身体用接着剤の場合、 好ましくは、疎水性成分の方が親水性成分に対して優勢である。 3)典型的には、可塑剤が水/グリセロール/グリコール等、及び/又はそ れらの混合物であり、また、ポリマー相が合成起源(例えばポリアクリル類) 又は天然起源(例えば天然ゴム)又はそれらの混合物である親水性組成物。既に医療分野において知られているところ、及び引用する従来技術とは異なり、本発明の適用において疎水性及び混合組成物1)及び2)は好ましい一方、親水性組成物は好ましくないということが強調される。このことは、本願において有用であるためには、医療分野で使用される多くの親水性組成物は弾性及び粘着性が低すぎるという意味において、部分的には技術的な理由によるものである。疎水性又は混合相組成物が好ましい他の理由は、特に衛生ナプキン分野における本発明の適用では、吸収すべき液体が身体用接着剤に接触する可能性があることである。吸収される液体はすべて普通の水性種であるため、親水性の身体用接着剤と接触すると、身体用接着剤への体液の吸収が生じるであろう。次いで、これはレオロジー特性の変化、従って、身体用接着剤の機能の変化を生じ、これにより外観が非衛生的となるだけでなく、長時間に亘り体液が皮膚に直接接触したままとなり、このことは典型的に本発明の使い捨て吸収製品のどれをとっても好ましくないものである。加えて、このことは、着用者にとって潜在的な欠点となる。何故なら、ある親水性組成物は、病原菌さえ含む多くの微生物の成長に良好な培養媒体となる潜在性を有するからである。さらに、親水性の身体用接着剤はまた、冷たく且つ湿ったものとして感じられる傾向にあり、これは、新しい衛生ナプキン又はわきの下用汗パッドを取り着ける際に、通常の消費者の期待とは一致しない。特に、可塑剤として水を含有する身体用接着剤は、不透過性パッケージの中にシールされるまでに乾燥してしまう傾向を有するという事実から、もう一つの問題が生ずる。本発明による吸収製品は、当該分野において通常用いられる任意の方法によって製造することができる。吸収製品のトップシート面への接着剤の塗布は、一般的にパンティ固定用接着剤に用いられるのと同様の技術により提供することができるので、当業者に大きな問題を生じるものではない。身体用接着剤により覆われている吸収製品の着用者側表面の全面積は20%以下、好ましくは10%以下であるべきである。好ましくは、当該接着剤は吸収製品の周縁に近接しており、 また、フィルムトップシートを有する場合(あるいはバックシートがトップシート上に折り込まれているいる場合)には、当該接着剤は、好ましくは該フィルムの液体不透過性でない部分に配置することができる。製品に塗布された身体用接着剤は、(パンティ固定用接着剤と共通するように)使用前に保護する必要がある。この保護は、シリコーン処理又は表面活性剤処理されたペーパーようなリリースライナーであって、このペーパーが特に選択された身体用接着剤に良好なリリース表面である場合には、該リリースライナーにより提供することができる。原則として、本発明による吸収製品は、良好な身体用接着剤により着用者にサポートされ、場所を維持するためにサボポートを追加する必要はない。しかし、 例えば、バックシート面に滑り抵抗性コーティングを有する衛生ナプキンを提供することにより、衛生ナプキンが次第にその位置から移動するのを防止することも可能である。また、パンティ固定用接着剤は所望されるものではなく、従って、本発明に好ましくないとしても、本発明に関連して、厳密な意味でこれらを排除しているものではない。 実施例1本発明に有用なオイルベースの組成物を、9.9重量%のクラトンG−165 1(シェル社から入手可能な、33重量%のスチレンを含有する、スチレン/エチレン−ブチレン/スチレン・ブロック共重合体)と、59.3重量%のカイドル(ワトコ社から入手可能なパラフィン系鉱油)を使用して合成した。さらに、当該組成物は、クラトンポリマー100部当たり301部の粘着性樹脂を含有していろ。該粘着性樹脂は、エクソン社から入手可能な水素化樹脂である、エスコレツ5300であった。カルロ・エルバSpAから入手可能なステアリン酸マグネシウムを、オイルの共ゲル化剤として0.7重量%のレベルで用いた。チバガイギーから入手可能な抗酸化剤イルガノクス1010を、0.3重量% のレベルで添加した。その結果、処方は最終的に下記の比率の組成を有していた。クラトンG−1651 9.9重量% カイドル 59.3重量% エスコレツ5300 29.8重量% ステアリン酸マグネシウム 0.7重量% イルガノクス1010 0.3重量% この組成物は、37℃で下記のレオロジー特性を有している。 a)1rad/sでの弾性率:G' 37 =6876Pa b)1rad/sでの弾性率と粘性率との比:G' 37 /G”37=12.49 100rad/sでの弾性と粘性率との比:G' 37 /G”37=7.01 c)1rad/sでのG'37に対する100rad/sでのG' 37の比は1.380 である。上記処方は敏感で毛の生えた皮膚に快適に使用できることが判断された。 比較例比較例のオイルベースの組成物を、7.1重量%のクラトンG−1651(シェル社から入手可能な、33重量%のスチレンを含有する、スチレン/エチレン-ブチレン/スチレンブロック共重合体)と、41.9重量%のカイドル(ワトコ社から入手可能なパラフィン系鉱油)を使用して合成した。さらに、当該組成物は、クラトンポリマー100部当たり704部の粘着性樹脂を含有している。該粘着性樹脂は、ハーキュリーズ社から入手可能な水素化樹脂であるレガレツ3102である。カルロ・エルバSpAから入手可能なステアリン酸マグネシウムを、オイルの共ゲル化剤として0.7重量%のレベルで使用した。チバガイギーから入手可能な抗酸化剤であるイルガノクス1010を、0.3 重量%のレベルで添加した。その結果、処方は最終的に下記の比率の組成を有していた。クラトンG−1651 7.1重量% カイドル 41.9重量% レガレツ3102 50.0重量% ステアリン酸マグネシウム 0.7重量% イルガノクス1010 0.3重量% この組成物は、37℃で下記のレオロジー特性を有している。 a)1rad/sでの弾性率:G' 37 =3059Pa b)1rad/sでの弾性と粘性率との比:G' 37 /G” 37 =2.53 100rad/sでの弾性率と粘性率との比:G' 37 /G” 37 =0.74 c)1rad/sでのG' 37に対する100rad/sにおけるG' 37の比は4.944 である。上記の処方は、前腕の皮膚への使用には極めて不快なものとして判断された。敏感で毛の生えた皮膚への使用は受け入れ得なかった。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) C09J 153/02 C09J 201/00 201/00 A61F 13/18 380B A41B 13/02 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(GH,GM,KE,LS,M W,SD,SZ,UG,ZW),UA(AM,AZ,BY ,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM),AL,AM ,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY, CA,CH,CN,CU,CZ,DE,DK ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) C09J 153/02 C09J 201/00 201/00 A61F 13/18 380B A41B 13/02 (81) designated States EP ( AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, KE, LS, M W, SD, SZ, UG, ZW), UA (AM, AZ, BY, KG, KZ , MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, DK EE,E S,FI,GB,GE,GH,GM,GW,HU,ID ,IL,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ, LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,MD,M G,MK,MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT ,RO,RU,SD,SE,SG,SI,SK,SL, TJ,TM,TR,TT,UA,UG,US,UZ,V N,YU,ZW EE, E S, FI, GB, GE, GH, GM, GW, HU, ID, IL, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV , MD, M G, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, US, UZ, V N, YU, ZW

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 着用者側表面と衣服側表面を有し、前記着用者側表面と前記衣服側表面との間に吸収性コアを含む局所的接着剤で着用者に取り着けるための使い捨て吸収製品であって、 ・前記製品は前記局所的接着剤で前記製品を取り着けるための接着剤を前記着用 者側表面の少なくとも一部に備え、 ・前記製品は臭気制御利益を付与するための臭気制御システムを含有する、 ことを特徴とする使い捨て吸収製品。 Has a wearer facing surface and a garment facing surface, a disposable absorbent product for wear take the wearer locally adhesive comprising an absorbent core between said wearer facing surface and the garment-side surface, - said product comprises an adhesive for wear take the product on the local adhesive to at least a portion of the wearer facing surface, - said product contains an odor control system for imparting odor control benefit , disposable absorbent products, characterized in that. 2. 2. 請求項1に記載の使い捨て吸収製品であって、前記吸収性コアは前記臭気制御システムを具備し、好ましくは、前記臭気制御システムは粒状の臭気制御剤を含有し、最も好ましくは、前記粒状の臭気制御剤はゼオライト、吸収性ゲル化材、活性炭、シリカ、及びこれらの組合せから選択される粒子を含む使い捨て吸収製品。 A disposable absorbent product according to claim 1, wherein the absorbent core comprises the odor control system, preferably, the odor control system may comprise a particulate odor control agent, most preferably, the particulate disposable absorbent products odor control agents including zeolites, absorbent gelling materials, activated carbon, silica, and particles selected from these combinations. 3. 3. 前記衣服側表面は通気性バックシートにより提供される請求項1又は2に記載の使い捨て吸収製品。 Disposable absorbent product according to claim 1 or 2, the garment side surface is provided by a breathable backsheet. 4. 4. 請求項1〜3のいずれか1項に記載の使い捨て吸収製品であって、 ・前記局所的接着剤で取り着けるための前記接着剤は、温度37℃(100° F)での弾性率、G' 37 、及び温度37℃(100°F)での粘性率、G” 37 A disposable absorbent product according to claim 1, wherein the adhesive for wear take in-the topical adhesive has an elastic modulus at a temperature 37 ℃ (100 ° F), G '37, and the temperature 37 ℃ (100 ° F) viscosity at, G "37 を有し、 ・前記接着剤は、周波数1rad/secでのG' 37と周波数100rad/secでのG' 37 Has, & the adhesive, 'G at 37 and a frequency 100 rad / sec' G at the frequency 1 rad / sec 37 は10000Pa以下である動的弾性挙動を有するものが選択され、 ・前記接着剤は、周波数1rad/secでのG” 37と周波数100rad/secでのG” 37 Is selected to have a dynamic elastic behavior is less 10000 Pa, · The adhesive, 37 "G at 37 and a frequency 100 rad / sec" G at a frequency 1 rad / sec 最も好ましくは1000Pa以下である動的粘性挙動を有するものが選択さ れる、 使い捨て吸収製品。 And most preferably it is selected to have a dynamic viscous behavior or less 1000 Pa, disposable absorbent products. 5. 5. 周波数1rad/sでのG' 37は、20000Pa未満、好ましくは1500 0a未満、最も好ましくは10000Paである請求項1〜4のいずれか1項に記載の製品。 G '37 at a frequency 1 rad / s is less than 20000 Pa, preferably less than 1500 0a, most preferably product according to claim 1 is 10000 Pa. 6. 6. 周波数1rad/sでのG” 37は、15000Pa未満、好ましくは1000 0Pa未満、最も好ましくは5000Pa未満である請求項1〜5のいずれか1 項に記載の製品。 7. 請求項1〜6のいずれか1項に記載の吸収製品であって、前記接着剤は、 ・51重量%〜99.5重量%の、20℃で液体である可塑剤化合物又は可塑 剤組成物と、 ・前記可塑剤化合物又は可塑剤組成物中に可溶性又は膨張性の、0.5重量%〜 20重量%のポリマー化合物又はポリマー組成物と、 ・前記ポリマー化合物又はポリマー組成物の0」重量%〜600重量%の量の粘着 性樹脂と、 を含有する物質の組成物である吸収製品。 G "37 at a frequency 1 rad / s is less than 15000Pa, preferably less than 1000 0 Pa, according to any one of claims 1 to 5, and most preferably less than 5000Pa product. 7. of claims 1 to 6 an absorbent product according to any one, the adhesive, the & 51 wt% to 99.5 wt%, a plasticizer compound or plasticizer compositions which are liquid at 20 ° C., & the plasticizer compound or a soluble or swellable in a plasticizer composition, a polymer compound of 0.5% by weight to 20% by weight or polymeric composition, 0 - the polymer compound or polymer composition "wt% to 600 wt% absorbent product is a composition of matter containing the amount of the adhesive resin. 8. 8. 請求項7に記載の吸収製品であって、 ・前記可塑剤化合物又は可塑剤組成物は、以下の群、すなわち、水、アルコール 類、グリコール類、オイル又はこれらの組合せから選択され、 ・前記ポリマー化合物又はポリマー組成物は、以下の群、すなわち、ブロック共 重合体/熱可塑性エラストマー、スチレンブロック共重合体及び水素化スチレ ンブロック共重合体から選択される、 吸収製品。 An absorbent product according to claim 7, - wherein the plasticizer compound or plasticizer compositions are selected from the following group, namely, water, alcohols, glycols, selected from oil, or a combination thereof, - the polymer compound or polymer compositions are selected from the following group, namely, is selected from the block copolymer polymer / thermoplastic elastomer, a styrene block copolymer and hydrogenated styrene emissions block copolymer, absorbent products. 9. 9. 請求項1〜8のいずれか1項記載の吸収製品であって、前記接着剤は、少なくとも部分的に疎水性であり、好ましくは、前記接着剤の80重量%は疎水性成分からなり、最も好ましくは、前記接着剤の全成分が疎水性である吸収製品。 The absorbent product of any one of claims 1-8, wherein the adhesive is at least partially hydrophobic, preferably 80% by weight of said adhesive consists of hydrophobic components, most preferably, absorbent products all components of the adhesive is hydrophobic. 10. 10. 請求項1〜9のいずれか1項記載の製品であって、前記接着剤は前記着用者側表面の20%未満、好ましくは10%未満を被覆する製品。 A product according to any one of claims 1-9, wherein the adhesive is less than 20% of the wearer facing surface, the product preferably covering less than 10%.
JP10528951A 1996-12-23 1997-12-22 Providing odor control, disposable absorbent product for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive Pending JP2000505699A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP96120742.0 1996-12-23
EP96120742A EP0850623A1 (en) 1996-12-23 1996-12-23 Disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer providing odour control
EP97110727A EP0850624A1 (en) 1996-12-23 1997-07-01 Disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer
EP97110727.1 1997-07-01
PCT/US1997/023454 WO1998027912A1 (en) 1996-12-23 1997-12-22 Disposable absorbent article for topical adhesive attachement to the skin of a wearer providing odour control

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000505699A true JP2000505699A (en) 2000-05-16

Family

ID=26142405

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10528951A Pending JP2000505699A (en) 1996-12-23 1997-12-22 Providing odor control, disposable absorbent product for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive

Country Status (7)

Country Link
EP (1) EP0961605A1 (en)
JP (1) JP2000505699A (en)
KR (1) KR20000069675A (en)
AU (1) AU5612398A (en)
BR (1) BR9714841A (en)
CA (1) CA2275754A1 (en)
WO (1) WO1998027912A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006511373A (en) * 2002-12-23 2006-04-06 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド Breathable multi-layer film for use in absorbent products

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6620143B1 (en) 1994-10-28 2003-09-16 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Sanitary napkin article having body-facing adhesive
US6533765B1 (en) * 1998-05-01 2003-03-18 The Procter & Gamble Company Absorbent articles having a lotion resistant adhesive
US6716204B1 (en) 1998-10-28 2004-04-06 The Procter & Gamble Company Absorbent article with improved feces containment characteristics
US6489534B1 (en) 2000-04-28 2002-12-03 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable personal articles which conform and adhere
US8292862B2 (en) 2007-08-03 2012-10-23 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Dynamic fitting body adhering absorbent article
US8251969B2 (en) 2007-08-03 2012-08-28 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
US8672911B2 (en) 2007-08-03 2014-03-18 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
US8734413B2 (en) 2007-08-03 2014-05-27 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Packaged body adhering absorbent article
US7947027B2 (en) 2007-12-28 2011-05-24 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
KR101008171B1 (en) * 2008-05-26 2011-01-13 양웅섭 Anal mounting pad to attenuate the fart fart sounds and smells
US10022468B2 (en) 2009-02-02 2018-07-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles containing a multifunctional gel
US8764922B2 (en) 2011-02-08 2014-07-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Method of manufacturing a body adhering absorbent article orientated in the machine direction with reduced curl
US8758547B2 (en) 2011-02-08 2014-06-24 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Method of manufacturing a body adhering absorbent article orientated in the cross-machine direction with reduced curl

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4369284A (en) * 1977-03-17 1983-01-18 Applied Elastomerics, Incorporated Thermoplastic elastomer gelatinous compositions
US4460364A (en) * 1982-08-26 1984-07-17 Personal Products Company Pressure sensitive hot melt adhesive for sanitary products
US5342333A (en) * 1988-06-30 1994-08-30 Kimberly-Clark Corporation Absorbent article containing an anhydrous deodorant
US5114419A (en) * 1989-11-02 1992-05-19 Sarah Daniel Hygienic device
CA2171542C (en) * 1993-10-12 1999-09-14 Carolyn Marie Anderson Polystyrene-ethylene/butylene-polystyrene hot melt adhesive
CA2122660A1 (en) * 1993-12-14 1995-06-15 John Philip Vukos Absorbent article having a body adhesive
WO1996013238A1 (en) * 1994-10-28 1996-05-09 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Self-adhering absorbent article
USH1602H (en) * 1995-03-31 1996-10-01 Brock; Cheryl K. Self-adhering disposable absorbent article
US5559165A (en) * 1995-08-08 1996-09-24 National Starch And Chemical Investment Holding Corporation Hot melt adhesives for bonding to sensitive areas of the human body

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006511373A (en) * 2002-12-23 2006-04-06 キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド Breathable multi-layer film for use in absorbent products

Also Published As

Publication number Publication date
WO1998027912A1 (en) 1998-07-02
EP0961605A1 (en) 1999-12-08
BR9714841A (en) 2000-08-01
KR20000069675A (en) 2000-11-25
AU5612398A (en) 1998-07-17
CA2275754A1 (en) 1998-07-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5795344A (en) Absorbent article with protection channel
CN1028484C (en) Decoupled sanitary napkin
CN1131705C (en) With means for holding it in place interlabial absorbent material tool
JP2901252B2 (en) Anatomically shaped self-aligned physiological protective equipment
KR100355653B1 (en) Absorbent article having a fluid directional application means
KR100341413B1 (en) Having improved dry / wet integrity of the absorbent article
EP0067465A2 (en) Compound sanitary napkin
JP2500287Y2 (en) Sanitary napkins
KR101439560B1 (en) Body-adhering personal care product
US6225524B1 (en) Absorbent articles having an odor control system consisting of absorbent gelling material and silica
CN101203201B (en) Absorbent article with improved applying performance
US5928209A (en) Breathable disposable sanitary product construction and backsheet therefor
EP0523107B1 (en) A sanitary napkin or incontinence guard
USH1634H (en) Compound sanitary napkin
KR100221095B1 (en) Fibrous superabsorbent core having integrally attached hydrophobic facing layer
CN100493623C (en) Flexible liquid absorbing structure
CN100444904C (en) Hemorrhoid treatment pad
AU782445B2 (en) Compound sanitary napkin
JP4049806B2 (en) Sanitary napkins having prearranged core upward convex form
CN1188094C (en) Absorption pad for incontinence
US6824535B2 (en) Absorbent article
AU2002327001B2 (en) Feminine care product with discrete areas of a skin wellness additive
JP4273179B2 (en) Multiple layers absorbent articles
AU782939B2 (en) Microporous films comprising flocked fibers
JP3534768B2 (en) Previously folded absorbent article having good compatibility