JP2000505698A - Extensibility and / or flexible disposable absorbent products for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive - Google Patents

Extensibility and / or flexible disposable absorbent products for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive

Info

Publication number
JP2000505698A
JP2000505698A JP10528949A JP52894998A JP2000505698A JP 2000505698 A JP2000505698 A JP 2000505698A JP 10528949 A JP10528949 A JP 10528949A JP 52894998 A JP52894998 A JP 52894998A JP 2000505698 A JP2000505698 A JP 2000505698A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10528949A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
コルツァーニ、イタロ
ディヴォ、ミヒャエル
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP96120740.4 priority Critical
Priority to EP96120740A priority patent/EP0850621A1/en
Priority to EP97110727A priority patent/EP0850624A1/en
Priority to EP97110727.1 priority
Application filed by ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー filed Critical ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority to PCT/US1997/023452 priority patent/WO1998027910A1/en
Publication of JP2000505698A publication Critical patent/JP2000505698A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q15/00Anti-perspirants or body deodorants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47218Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47218Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump
    • A61F13/47227Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with a raised crotch region, e.g. hump for interlabial use
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/472Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use
    • A61F13/47263Sanitary towels, incontinence pads or napkins specially adapted for female use with activating means, e.g. elastic, heat or chemical activatable means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/47Sanitary towels, incontinence pads or napkins
    • A61F13/474Sanitary towels, incontinence pads or napkins adjustable
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/56Supporting or fastening means
    • A61F13/66Garments, holders or supports not integral with absorbent pads
    • A61F13/82Garments, holders or supports not integral with absorbent pads with means for attaching to the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/0208Tissues; Wipes; Patches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/58Adhesives
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • C09JADHESIVES; NON-MECHANICAL ASPECTS OF ADHESIVE PROCESSES IN GENERAL; ADHESIVE PROCESSES NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE; USE OF MATERIALS AS ADHESIVES
    • C09J153/00Adhesives based on block copolymers containing at least one sequence of a polymer obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds; Adhesives based on derivatives of such polymers
    • C09J153/02Vinyl aromatic monomers and conjugated dienes
    • C09J153/025Vinyl aromatic monomers and conjugated dienes modified
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L2666/00Composition of polymers characterized by a further compound in the blend, being organic macromolecular compounds, natural resins, waxes or and bituminous materials, non-macromolecular organic substances, inorganic substances or characterized by their function in the composition
    • C08L2666/02Organic macromolecular compounds, natural resins, waxes or and bituminous materials

Abstract

(57)【要約】 本発明は使い捨て吸収製品、特に衛生ナプキン、パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドに関する。 (57) [Summary] The present invention is a disposable absorbent products, especially sanitary napkins, panty liners, about adult incontinence products or sweat pads. 特に、本発明は体液の吸収が所望される領域において着用者の皮膚に直接取り着けることにより着用されるこの種の使い捨て吸収製品に関する。 In particular, the present invention relates to this type of disposable absorbent products worn by wear take directly to the skin of the wearer in the region where the absorption of body fluids is desired. 追加の快適さを備えた本発明による吸収製品を提洪するために、吸収製品は適応性、好ましくは弾性的適応性を有する。 To HisageHiroshi the absorbent products according to the invention with an additional comfort, absorbent articles adaptive preferably has an elastic adaptability.

Description

【発明の詳細な説明】 局所的接着剤を用いて着用者の皮膚に取り着けるための 伸張性及び/又は可撓性のある使い捨て吸収製品発明の分野本発明は使い捨て吸収製品、特に衛生ナプキン、パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION Field of the Invention The disposable absorbent product invention with extensible and / or flexible for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive disposable absorbent products, particularly sanitary napkins, panty liner, related to adult incontinence products or sweat pads. 特に、本発明は、体液の吸収が所望される領域において、着用者の皮膚へ直接取り着けることにより着用されるこの種の使い捨て吸収製品に関する。 In particular, the present invention is, in the area where absorption of bodily fluids is desired, for this type of disposable absorbent products worn by wear take directly to the skin of the wearer. 追加の快適さを備えた本発明による製品を提供するために、 製品は適応性、好ましくは弾性的適応性を有する。 In order to provide products according to the invention with an additional comfort, product adaptability, preferably it has an elastic adaptability. 発明の背景着用者の皮膚に局所的に取り付けるための使い捨て吸収製品の分野における− 般的な従来技術は、バンドエイド、プラスター及び包帯の分野で開発されている。 Background wearer's skin in the field of disposable absorbent products for attachment topically to the invention - general prior art, have been developed in the field of band-aids, plasters and bandages. しかし、これらの製品は、典型的には、例えば着用者の皮膚に傷が生じて、傷から排泄される体液を吸収することが所望される緊急状況で使用される。 However, these products are typically, for example, occur scratches to the wearer's skin, to absorb body fluid excreted from the wound is used in emergency situations where is desired. かかる状況下では、快適さ、容易な使用及び取り付け、痛みのない取り外し、個別性( discreteness)といった吸収製品の特性の側面は、滅菌性、治癒支援、痛みのない取り外し、傷の機械的保護といった基準に比較すると副次的なものである。 Under such circumstances, comfort, ease of use and installation, removal painless, the side surface of the properties of absorbent products such individuality (discreteness) is sterile, healing support, removal painless, such mechanical protection of the wound those subordinate to criteria. また、この種の創傷被覆用の吸収製品のほとんどは、吸収製品体が使用される前に体毛を除去できる領域、あるいは、体毛が全くといってよいくらい生えていない皮膚領域に取り付けられる。 Also, most of the absorbent product for wound dressing of this kind, the region can be removed hair before absorbent product body is used, or hairs attached to skin areas not grow much it may be said at all. 本発明は、創傷被覆吸収製品に関するものではなく、創傷のない身体から自然に排泄される体液を吸収するための吸収製品に関する。 The present invention is not concerned wound covering absorbent product relates to absorbent products for absorbing body fluids excreted naturally from no wound body. 例えば、この種の製品には、性器領域で着用される衛生ナプキン又はパンティライナーがある。 For example, in this type of product, there is a sanitary napkin or panty liner is worn genital region. また、例えば性器領域に着用される失禁用製品、或いは人間の腋窩領域に着用する汗パッドも本発明の対象である。 Further, for example, incontinence products which are worn on the genital region or sweat pads to wear the human axillary regions, also an object of the present invention. この種の製品が、一般的に相当量の体毛が成長する領域において着用者の皮膚に適用されると、該製品の容易で、痛みのない取り外しの特性は、重要な鍵となる。 This type of product, the hair generally equivalent amount is applied to the wearer's skin in the region to grow, easy of the product, characteristic of removal without pain is an important key. 一般的には、この種の製品は米国法定発明登録H1602号又はWO96/ 33683号に開示されている。 In general, products of this type are disclosed in U.S. Statutory Invention Registration No. H1602 or No. WO96 / 33683. この種の製品のより詳細は、例えばPCT出願のWO95/16424号で考慮されている。 More details of this type of product, have been considered for example in Patent WO95 / 16424 of PCT application. この書類には、衛生ナプキンの着用者側の全周に沿って塗布された身体用接着剤を有する衛生製品が開示されている。 The documents provide hygiene products having a body adhesive which is applied along the entire circumference of the wearer's side of the sanitary napkin are disclosed. この書類に開示された発明の基礎をなす問題は、主に皮膚への安全な取り着けであるが、このような製品を使用した後に、着用者に過大な痛みを与えずに取り外す問題にも言及されている。 The problem underlying the invention disclosed in this document, but is mainly a safe take put to the skin, after using such products, is also a problem to be removed without causing excessive pain to the wearer It is mentioned. WO95/16424号の開示には、身体用接着剤のレオロジー的基準に関する詳細な分析が含まれている。 The disclosure of WO95 / 16424, which includes a detailed analysis of rheological criteria body adhesive. しかし、そこで教示されたレオロジー的基準には、ラボラトリーVaj S. However, where the taught rheological criteria, Laboratory Vaj S. p. p. Aがイタリアで販売しているストレプミール(商標名)のような、商業的に入手可能な脱毛(すなわち体毛除去)組成物が含まれているので、この書類は、このような製品の痛みのない取り外しの問題をほとんど考慮していない。 A is such as Sutorepumiru (TM) sold in Italy, since the commercially available hair removal (i.e. hair removal) composition is included, this document, pain of such products almost no consideration of the removal of the problem no. また、WO95/16424号で述べられている局所的に取り着けるのための接着剤には、衛生ナプキンを下着に取り着けるために使用するための現在の感圧接着剤が含まれている。 Further, the adhesive for the wear take locally set forth in Patent WO95 / 16424, which contains the current pressure sensitive adhesive for use to wear take sanitary napkin to an undergarment. さらに、この書類は、静的レオロジー特性のみを特定しており、身体用接着剤の動的レオロジー挙動については何も言及していない。 In addition, this document is to identify the only static rheological properties, but is silent as to the dynamic rheological behavior of the body adhesive. WO96/13238号には、周波数依存性の身体用接着剤モデルが開示されている。 The No. WO96 / 13238, the frequency dependence of the body adhesive model is disclosed. しかし、開示されているすべての測定(例えば第9頁)は、−60℃〜 +120℃の温度および0.1〜100rad/sの実際の周波数で行われたものである。 However, all measurements disclosed (e.g. pp. 9) are those made in the actual frequency of the temperature and 0.1 to 100 rad / s of -60 ℃ ~ + 120 ℃. 使用温度(約20℃、典型的にはバスルーム、すなわち保存温度)で必要なデータを得るために、ウィリアム・ランデル・フェリー(Williams-Landel-Ferr;以下、WLFという)の式が用いられた。 Operating temperature (about 20 ° C., typically Bathroom i.e. storage temperature) in order to obtain the necessary data at William Randall Ferry (Williams-Landel-Ferr; hereinafter referred WLF) equation was used . このWLFの式は経験的なものであり、一定の範囲内においてのみ有効である。 The equation for this WLF are those empirical, are effective only within a certain range. 例えば、WLFは、ポリマー接着剤のガラス転移温度未満の温度に外挿するために使用することができず、また、ガラス転移温度未満で得られた値に基づいて使用することはできない。 For example, WLF can not be used to extrapolate to temperatures below the glass transition temperature of the polymeric adhesive, also it can not be used on the basis of the values ​​obtained below the glass transition temperature. WLFの式に関する詳細及びその適応性は、ジョン・ ウィレイ・アンド・サンズ発行のゼット・タドマー及びシー・ジー・ゴゴスによる「ポリマー加工の原理」、または同様にジョン・ウィレイ・アンド・サンズ発行のジェイ・ディー・フェリーによる「ポリマー類の粘弾性特性」に見ることができる。 Wherein lucid and adaptability WLF is John Wiley & Sons published "Principles of polymer processing" by NZ-Tadoma and Sea G. Gogosu of, or similarly John Wiley & Sons issued Jay - by Dee ferry can be found in "viscoelastic properties of polymers". これは既にWO96/13238号から失われていろので、開示されたデータの適用可能性を評価することはできない。 This is Iro already lost from No. WO96 / 13,238, it is impossible to evaluate the applicability of the disclosed data. さらに、この開示は適応性を有する吸収製品に関するものではない。 Moreover, this disclosure does not relate to absorbent products having adaptability. ヨーロッパ特許出願EP638303号は、カフスを直立位置に維持するために、衛生ナプキンの側方カフスに身体用接着剤を塗布することを開示している。 European Patent Application No. EP638303, in order to keep the cuffs in an upright position, discloses applying a body adhesive on the side cuffs of sanitary napkins. スイス公報CH643730号は、一般の体毛成長領域の充分外側に身体用接着剤領域を設けるために、外縁の四隅に身体用接着剤を備えた、面取りされた外縁を有する非常に長い衛生ナプキンの使用を開示している。 Swiss publication No. CH643730, to sufficiently outside the typical hair growth regions providing body adhesive areas, with a body adhesive at the four corners of the outer edge, the use of very long sanitary napkin having chamfered outer edges It discloses. 着用者の皮膚に取り着けられる吸収製品が、典型的には製品が被覆する皮膚領域の伸縮又は相対的な動きに追従しなければならないという問題に関する先行技術書類は一つもない。 Absorbent products be worn taken to the wearer's skin, typically the product has none of the prior art documents relating to a problem that must follow the expansion or relative movements of the skin area to be coated. 例えば手の関節上に貼着される一般的なプラスターがその関節の動きを制限するか、或いは満足できる保護を提供しないかのいずれかであることは、創傷被覆の技術分野において周知である。 Example or common plaster to be attached to the hand joints limits the movement of the joint, or at either do not provide satisfactory protection are well known in the art of wound dressing. 着用者の性器領域又は腋窩に取り着けられる本発明による吸収製品についても同じことがいえる。 The same is true for the absorbent product according to the present invention, which is worn to take to the wearer's genital area or axillary. しかし、 吸収製品については、相対的に動くことのできない製品は容易に剥がれることができ、次いで吸収されるはずの液体の漏れを生ずるので、問題は一層大きなものとなる。 However, for absorbent products, that can not be relatively moved products can be easily peeled off, and then the produce a leakage of liquid should be absorbed, the problem becomes more significant. 当該分野における上記の状態に基づいて、本発明の目的は、着用者の皮膚に取り着けられ、製品が被覆している皮膚領域において相対的に動くための適応性を提供しながら、着用者の身体から自然に排泄される液体を吸収するための使い捨て吸収製品を提供することである。 Based on the above state of the art, the present invention purposes, worn taken to the wearer's skin, while providing adaptability to products relative movement in the area of ​​skin covering, the wearer to provide a disposable absorbent product for absorbing liquid that is excreted naturally from the body. 本発明の他の目的は、吸収製品を痛みを伴わずに取り外すことである。 It is another object of the present invention is that the removal of the absorbent article without the pain. 本発明の更なる目的は、吸収製品の取り外しに際して、着用者の皮膚又は体毛に接着剤が確実に残留しないようにすることである。 A further object of the present invention, upon removal of the absorbent article, is to prevent the adhesive reliably remain on the skin or hair of the wearer. 更に、本発明の他の目的は、着用者の液体排泄領域に極めて近接して着用され、吸収製品の外測への液体損失を最小化し又は無くした、使い捨て吸収製品を提供することである。 Furthermore, another object of the present invention is worn in close proximity to the liquid excretion area of ​​the wearer, minimizing the liquid loss outside the measuring of the absorbent product or lost was to provide a disposable absorbent product. これにより、着用者の股領域に着用される使い捨て吸収製品の、周囲の皮膚組織及び衣服を汚すことに対する保証を向上することができる。 Accordingly, the disposable absorbent product to be worn in the crotch region of the wearer, it is possible to improve assurance against contaminating the surrounding skin tissue and clothing. また、製品を着用者の皮膚に取り着けることにより、吸収液体の臭気、又は吸収された液体から形成される臭気が吸収製品からはみ出すことを防止するシールが提供されるので、本発明の上記目的に加えて、衛生ナプブキン、パンティライナー及び月経用品が製品から発散する臭気を低減し、更には無くすことが望ましい。 Also, by putting take products to the wearer's skin, odor absorbing liquid, or because the odors formed from absorbed liquid seal is provided to prevent overflow the absorbent product, the object of the present invention in addition to, sanitary Napubukin, pantiliners and catamenial will reduce the odor emanating from the product, yet it is desirable to eliminate. 発明の簡単な説明本発明は、使い捨て吸収製品であって、この種の製品の着用者に局所的接着剤を用いて取り着けるための使い捨て吸収製品に関する。 BRIEF DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention relates to a disposable absorbent product relates to a disposable absorbent product for wear take with topical adhesive to the wearer of such products. 当該製品は、典型的には着用者側表面と、衣服の下に着用された製品の状況において衣服側表面ともいわれる外側表面とを有する。 The product typically has a wearer facing surface and an outer surface which is also referred to as the garment facing surface in the context of the products that are worn under clothing. 当該製品は、着用されたときに製品を右側と左側に分割する縦軸を有する。 The product has a longitudinal axis that divides the product on the right and left when it is worn. 製品はまた、縦軸に垂直な横軸を有する。 Product also has a perpendicular horizontal axis to the vertical axis. この製品は、着用者側表面と衣服側表面との間に、着用者から自然に排泄される液体を吸収するための吸収性コア構造体を具備する。 This product, between the wearer facing surface and a garment facing surface, comprising an absorbent core structure for absorbing liquid that is excreted naturally from the wearer. 本発明による使い捨て吸収製品は、着用者側表面上の少なくとも一部に、製品を着用者の皮膚に局所的接着剤で取り着けるための接着剤を有する。 Disposable absorbent product according to the invention, on at least a part of the wearer facing surface has an adhesive for wear take a local adhesive product to the wearer's skin. 本発明において、製品は縦及び/又は横軸に平行な少なくとも1方向、好ましくは2方向に適応可能である。 In the present invention, the product comprises at least one direction parallel to the longitudinal and / or transverse axis, preferably adaptable in two directions. 本発明による一つの態様では、製品に波又はプリーツを付与することにより適応性が提供される。 In one embodiment according to the present invention, adaptability is provided by applying a wave or pleated products. これは、縦軸に平行又は横軸に平行に、或いは両者を組合せて付与することができる。 This is parallel to the parallel or horizontal axis on the vertical axis, or can be given in combination with each other. また、両軸に平行に波又はプリーツを付与することにより、両方向に適応可能な製品がもたらされると考えられる。 Further, by applying the parallel wave or pleats both axes, it considered adaptable product is brought in both directions. 本発明による別の態様では、当該製品は、吸収製品により覆われている皮膚表面の或る部分の大きさが減少したときに適応することを可能にする収縮性を有し、且つ、皮膚表面の伸び(例えば、腕を上げたときの腋窩領域)とともに製品が伸張する弾性的伸張性を有する。 In another aspect of the invention, the product has a contractility making it possible to adapt when the magnitude of some portion of the skin surface covered by the absorbent article is reduced, and the skin surface having elongation (e.g., axillary region when raising the arms) elastically extensible product is extended with. このとき、当該製品は、少なくともある程度もとの大きさに戻る性能を有する。 At this time, the product has at least some degree back to the original size performance. この弾性は、吸収製品の様々な部材を弾性的にすることにより、あるいは吸収製品の部材のある部分を弾性的にすることによりもたらすことができる。 The elastic may provide various members of the absorbent product by which resiliently, or a portion of the member of the absorbent product by the elastic. 一般に、本発明による製品の着用者に受け入れられ得るいかなる身体用接着剤をも使用することができる。 In general, it can be used any body adhesive that may be accepted by the wearer of the product by the present invention. しかし、次の特性を有する接着剤が特に好ましい。 However, adhesives having the following characteristics is particularly preferable. 接着剤は、特に、G '37の略号で表される温度37℃(華氏100°)での弾性率を有し、かつ、G” 37の略号で表される温度37℃(華氏100°)での粘性率を有することを特徴とする。当該接着剤は、周波数100rad/secでのG' 37 Adhesives, especially, has an elastic modulus at a temperature 37 ° C. represented by the abbreviations G '37 (F 100 °), and a temperature of 37 ° C. (F 100 °) represented by the abbreviations G "37 and having a viscosity of at. the adhesive, G at the frequency 100 rad / sec '37 と周波数1rad/secでのG' 37との差、即ち△G' 37が、1rad/secでのG' 37の150%以下、好ましくは80%以下であり、或いは、好ましくは、10000 Pa未満である動的弾性挙動を有するものが選択される。 And 'the difference between the 37, i.e. △ G' G at the frequency 1 rad / sec 37 comprises the following G '37 0.99% of at 1 rad / sec, and preferably 80% or less, or, preferably, less than 10000 Pa it is selected to have a dynamic elastic behavior is. 更に、当該接着剤は、周波数100rad/secでのG” 37と周波数1rad/secでのG” 37との差、即ちΔG” 37が1000Pa以下、好ましくは5000Pa以下、最も好ましくは1000 Pa以下である動的粘性挙動を有するものが選択される。 特に好適には、本発明による製品は、1〜100rad/secの周波数の全範囲におけるG' 37 /G” 37の比の値が1以上、好ましくは1.6以上、最も好ましくは3.3以上である。 Further, the adhesive, the difference between the 37 "G at 37 and frequency 1 rad / sec" G at the frequency 100 rad / sec, i.e. .DELTA.G "37 is 1000Pa or less, preferably 5000Pa or less, most preferably below 1000 Pa is there a dynamic selection having a viscous behavior. particularly preferably, the product according to the present invention, G in the entire range of frequencies of 1~100rad / sec '37 / G " 37 the value of the ratio is 1 or more, preferably 1.6 or more, and most preferably 3.3 or more. 少なくとも1〜100rad/secの周波数におけるG' 37 /G” 37の比の値は、 必ずしも周波数の変化に比例してはいないが、周波数の増加により変化し得る。 このG' 37 /G” 37の比は、この周波数範囲内において3を超える係数で変化すべきではなく、好ましくは2を超えるべきではなく、最も好ましくは一定のままであるべきである。 G at a frequency of at least 1~100rad / sec '37 / G "is the value of the ratio of 37, although not necessarily in proportion to the change in the frequency may vary due to the increase in frequency. The G' 37 / G" 37 the ratio of, should not be changed by a factor of more than 3 within this frequency range, and preferably should not exceed 2 should most preferably remains constant. 1radでは、G'37の好適な値は、20000Pa未満、好ましくは15 000Pa未満、最も好ましくは10000Paよりも少ない。 In 1 rad, suitable values ​​for G'37 is less than 20000 Pa, preferably less than 15 000Pa, and most preferably less than 10000 Pa. 他方、周波数1 rad/secでのG”37の値は、15000Paを超えるべきではなく、好ましくは10000Pa未満、最も好ましくは5000Paよりも少ない。上記レオロジー的基準は、20℃で液体である51%〜995%の可塑剤化合物又は可塑剤組成物と、該可塑剤化合物又は可塑剤組成物中で可溶性又は膨張性である0.5〜20%、好ましくは5%〜15%のポリマー化合物又はポリマー組成物と、前記ポリマー化合物の0重量%〜600重量%の範囲の量の粘着性樹脂とを含有する接着剤組成物により満たすことができる。前記可塑剤化合物又は可塑剤組成物は、好ましくは、水、アルコール類(好ましくはグリセロール)、 グリコール類、ポリグリコール類、液体ポリブテン類、オイル、またはこれらの組み合わせか On the other hand, the value of G "37 at a frequency 1 rad / sec should not exceed 15000Pa, preferably below 10000 Pa, most preferably less than 5000 Pa. The above rheological criteria are liquid at 20 ° C. 51% and ~995% plasticizer compound or plasticizer composition, the plasticizer compound or from 0.5 to 20% which is soluble or swellable in a plasticizer composition, preferably from 5% to 15% of polymer compounds or polymers and composition, 0 wt% to 600 can be filled with an adhesive composition containing a weight% of the amount of adhesive resin. the plasticizer compound or plasticizer composition of the polymer compound is preferably , water, alcohols (preferably glycerol), glycols, polyglycols, liquid polybutenes, either oil or a combination thereof, らなる群から選択され、一方、ボリマー化合物又はボリマー組成物は、好ましくは、ブロック共重合体/熱可塑性エラストマー、スチレンブロック共重合体及び水素化スチレンブロック共重合体からなる群から選択される。 ごく一般的に、好適な身体用接着剤は、少なくとも部分的に疎水性であり、好ましくは、接着剤の60重量%、より好ましくは80重量%が疎水性成分からなる。そして、最も好ましくは、接着剤の材料が総て親水性ではない、すなわち、 総て疎水性成分から作られるのがよい。 本発明による特に好ましい態様では、接着剤は、吸収製品の着用者側表面の2 0%未満、より好ましくは10%未満を被覆する。本発明は、衛生ナプキン又はパンティライナーの分野に最も有効に用いられる。 発明の詳細な説明 本発明は It is selected from Ranaru group, whereas, Borima compound or Borima composition is preferably selected from the group consisting of block copolymer / thermoplastic elastomers, styrene block copolymers and hydrogenated styrene block copolymer. quite generally, the preferred body adhesive is at least partially hydrophobic, preferably 60% by weight of the adhesive, more preferably 80% by weight of hydrophobic component. Then, most preferably , the material of the adhesive is not all hydrophilic, i.e., in a particularly preferred embodiment according to good. the present invention's made from all hydrophobic components, adhesives, 2 0% of the wearer facing surface of the absorbent product less, more preferably covers less than 10%. the present invention, detailed description of the invention the most effectively used. invention in the field of sanitary napkins or pantiliners 適応性を有し、着用者の皮膚に直接取り着けられる使い捨て吸収製品に関する。当該製品は、体液を吸収し、着用者の衣服を汚すことを防ぎ、着用者の物理的な快適さを向上し、製造及び包装が容易である。使い捨て吸収製品は、以下に、衛生ナプキン又は月経用品に言及して説明するが、パンティライナー、成人用失禁製品又は汗パッドもまた使い捨て吸収製品の用語に含まれる。本明細書において用いる「衛生ナプキン」という用語は、女性により外陰部領域に隣接して着用され、身体から排泄される各種体液(例えば膣分泌液、月経及び/又は尿)を吸収し含むことを意図し、1度使用した後は廃棄されることを意図した製品をいう。 Has adaptability relates. The product is a disposable absorbent product which wear take directly to the skin of the wearer to absorb body fluids, prevents soiling the clothing of the wearer, to improve the physical comfort of the wearer , it is easy to manufacture and packaging. disposable absorbent products, hereinafter, will be described by referring to sanitary napkins or menstruation goods, include panty liners, adult incontinence products or perspiration pads also in terms of disposable absorbent products term. used in herein, "sanitary napkin", it is worn adjacent to the vulva region, including absorbing various body fluids which are discharged from the body (e.g., vaginal fluid, menses and / or urine) by women intended, after using once means a product that is intended to be discarded. 好ましくは、使い捨て吸収製品は薄く、最も好ましくは1mm〜5 mmの厚さであり、使用前は実質的にフラット又は予め形作られた形状のいずれかであろことができる。 Preferably, the disposable absorbent product is thin, the thickness of the Most preferably 1Mm~5 mm, prior to use may be either substantially flat or pre-shaped shape. 本明細書で用いる「接合された」又は「貼着された」という用語は、第1の部材が第2の部材に直接連結されている形態、及び、第1の部材が中間部材に連結され、この中間部材が第2の部材に連結されることにより、第1の部材が第2の部材に間接的に連結されている形態を含む。 As used herein, the term "joined" or "affixed" refers to the form in which the first member is directly connected to the second member, and the first member is connected to the intermediate member by the intermediate member is coupled to the second member, including a form in which the first member is indirectly connected to the second member. 好ましい態様において、本発明の衛生ナプキンは、液体透過性トップシート、 該トッシートに接合された液体不透過性バックシート、および前記トッブシートとバックシートとの中問に吸収性コアを具備する。 In a preferred embodiment, the sanitary napkin of the present invention includes a liquid permeable topsheet, bonding liquid impervious backsheet to the Tosshito, and an absorbent core Chutoi of the Tobbushito and the backsheet. 衛生ナプキンは二つの主面、 すなわち身体接触若しくは着用者側表面と、衣服側若しくは衣服接触表面とを有する。 Sanitary napkin has a two main surfaces, i.e. body contacting or wearer facing surface, and a garment-side or garment contacting surface. ある側面において、本発明は製品の適応性に関する。 In one aspect, the present invention relates to adaptive products. 適応性の程度は、上述のような製品の部材用の材料の選択、その各々の量、適応性を提供するためにそれらが処理される程度により決定される。 The degree of adaptability, the selection of materials for the members of a product as described above, the amount of each is determined by the extent to which they are processed to provide adaptability. 本発明による適応性を達成するために、 原材料の種類の選択、量及び処理は、例えば吸収能、吸収速度及び使用中のトップシートの外側表面の乾燥等のような、吸収製品の他の所望される特性とのバランスがとれていなければならないことは、当業者に明らかであり得る。 To achieve adaptability according to the invention, selection of the type of raw materials, amount and processing, for example absorption capacity, such as drying, etc. of the absorption rate and the outer surface of the topsheet during use, other desirable absorbent product the balance between the properties which are must not take will be apparent to those skilled in the art. 従って、吸収製品の主部材の典型的な材料に関する以下の説明により、本発明による要求を満たす多数の様々な製品を提供することができる。 Accordingly, the following description of typical materials of the main member of the absorbent product, can provide a number of different products that meet the requirements according to the present invention. 適応性に加えて、本発明の好ましい態様によろ吸収製品は、弾性的に伸びることができる。 In addition to the adaptability, absorbent products Yolo to a preferred embodiment of the present invention can extend elastically. 本明細書において用いる「弾性的に伸びることができる」という用語は、引っ張る力を取り除くと延ばされていない、または引っ張られていない方向(あるいは「元の」寸法)に戻ろうとし得ることを意味する。 The term "can extend elastically" used herein, capable to get back into that is not extended when removing the force to pull or pulled non direction, (or "original" dimensions) means. しかし、引っ張られていない寸法と全く同じ寸法に戻る必要はない。 However, there is no need to return to the pull that is not the size exactly the same size. 吸収製品が弾性的に伸びることができる場合には、製品の平面内の1又は2方向(平行ではない)において、すなわち着用者側表面に構造的に平行に伸びることができる。 When the absorbent product can extend elastically, in one or two directions in the plane of the product (not parallel), that is, structurally extending parallel to the wearer's side surface. 収縮性があり、弾性的に伸びることができる製品のための材料は、それ自体弾性的に伸びることができるか、或いは弾性的伸びを付与するように処理されることができる。 There is shrinkable, the materials for the products that can extend elastically, or can extend themselves elastically, or can be treated to impart elastic elongation. 特に、これに関し、材料のシャーリング、プリーツ付け又はリングローリングのほか、弾性バックシート材、弾性トップシート材、弾性ストランド、糸又はウェブと組み合わされたフィラメント材も使用することができる。 In particular, this relates, shearing of the material, other pleated or ring rolling can be elastic backsheet material, elastic topsheet material, an elastic strand, also yarns or filaments combined with the web material used. 好適な材料及び方法が当該分野において知られており、例えば、1994年2月4日の米国出願08/192240号に詳細に開示されている。 And suitable materials and methods are known in the art, for example, it is disclosed in detail in U.S. application Ser. No. 08/192240 of February 4, 1994. この米国出願については、本発明による弾性的に伸びることができる製品を製造する場合の材料の選択を容易にするために特に言及しておく。 The the US application, should refer specifically to facilitate the selection of the material in the case of producing a product which can extend elastically in accordance with the present invention. 以下に、収縮性、好ましくは弾性的収縮性のある設計、又は、収縮性の無い設計において使用することができる吸収製品の非限定的態様について説明する。 Below, contractility, preferably elastically contractible of design, or, will be described non-limiting embodiment of the absorbent product that can be used in contractility with no design. 吸収性コアは、典型的に、次の部材を具備する。 The absorbent core typically includes the following members. すなわち、(a)必要に応じて第1の流体分配層、(b)必要に応じて、しかし、好ましくは第2の流体分配層、(c)流体貯蔵層、(d)必要に応じて貯蔵層の下にある繊維質(「ダスティング」)層、及び(e)他の任意部材である。 That is, the first fluid distribution layer if necessary (a), optionally (b), however, storage is preferably a second fluid distribution layer, (c) a fluid storage layer, optionally (d) fiber that underlie a layer ( "dusting") layer, and (e) an any other member. a. a. 第1の流体分配層本発明による吸収性コアの一の任意部材は、第1の流体分配層である。 One any member of the absorbent core according to the first fluid distribution layer present invention is a first fluid distribution layer. 典型的に、この第1の分配層は、トップシートの下側にあり、これと流体連通している。 Typically, the first distribution layer is located on the lower side of the top sheet is in fluid and in fluid communication. トップシートは、取得した月経流体をこの第1の分配層に移送して、貯蔵層に最終分配させる。 The topsheet is to transfer the acquired menstrual fluid to this first distribution layer, it is finally distributed to the storage layer. この第1の分配層を通しての流体の移送は、吸収製品の厚さ方向だけでなく、長さ方向及び幅方向に沿っても起こる。 Transfer of fluid through the first distribution layer, not only the thickness direction of the absorbent product, also occurs along the length and width directions. b. b. 任意の第2の流体分配層また、本発明による吸収性コアの任意ではあるが好ましい部材は、第2の流体分配層である。 Optional second fluid distribution layer also optionally but not least preferred member of the absorbent core according to the present invention is a second fluid distribution layer. この第2の分配層は、典型的に、第1の分配層の下側にあり、これと流体連通している。 The second distribution layer, typically located below the first distribution layer, and through which fluid communication. この第2の分配層の目的は、第1の分配層から流体を容易に取得して、その下側にある貯蔵層に急速に流体を移送することである。 The purpose of this second distribution layer, and the fluid readily obtained from the first distribution layer is to transport the rapid fluid storage layer located thereunder. これにより該下側にある貯蔵層の流体収容量を充分に利用することができる。 Thus it is possible to sufficiently utilize the fluid capacity of the storage layer located on the lower side. c. c. 流体貯蔵層流体連通されるされる位置にあり、典型的に第1、又は第2の分配層の下側にある流体貯蔵層は、ある種の吸収性ゲル化材及び/又は他の吸収性材料を含有し、吸収性ゲル化材のキャリアマトリックスを形成することができる。 In a position that is in fluid storage layer in fluid communication, typically the first, or fluid storage layer at the bottom of the second distribution layer, some absorbent gelling material and / or other absorbent containing material, it is possible to form the carrier matrix for the absorbent gelling material. 吸収性ゲル化材は、通常、「ヒドロゲル」、「超吸収体」、「ヒドロコロイド」材といわれる。 Absorbent gelling materials are typically "hydrogel", "superabsorbent", referred to as "hydrocolloids" material. 吸収性ゲル化材は、水性流体、特に水性体液に接触したときに、このような流体を吸収し、これによりヒドロゲルを形成する材料である。 Absorbent gelling material, upon contact with aqueous fluids, especially aqueous body fluids, absorb such fluids, thereby is a material for forming the hydrogel. これらの吸収性ゲル化材は、典型的に、大量の水性体液の吸収能を有し、さらに中程度の応力下においてこのような吸収流体の保持能を有する。 These absorbent gelling materials typically have an absorbent capacity of large amounts of aqueous fluids, have a retention capacity of such absorbent fluid in yet stress under moderate. これらの吸収性ゲル化材は、典型的に、 分離した、非繊維質粒子の形態である。 These absorbent gelling materials are typically separated, in the form of non-fibrous particles. 流体貯蔵層は吸収性ゲル化材のみを含有することができる。 Fluid storage layer can contain only absorbent gelling material. または、この吸収性ゲル化材は好適なキャリア中に均一又は非均一に分散することができ、或いは、流体貯蔵層は吸収性キャリア材料のみを含有することができる。 Alternatively, the absorbent gelling material can be uniformly or non-uniformly dispersed in a suitable carrier, or the fluid storage layer can contain only absorbent carrier material. 適切なキャリアには、吸収性コアにおいて従来利用されていろようなフラッフ、ティシュー又は紙の形態のセルロース繊維が含まれる。 Suitable carriers, fluff as Iro been used conventionally in the absorbent core include cellulose fibers in the form of tissue or paper. 硬化性セルロース繊維のような修飾セルロース繊維もまた使用することができる。 Modified cellulose fibers such as curable cellulose fibers can also be used. また、合成繊維も使用することができ、酢酸セルロース、ポリフッ化ビニル、ポリ塩化ビニリデン、 アクリル類(オリオンなど)、ポリ酢酸ビニル、不溶性ポリビニルアルコール、 ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリアミド類(ナイコンなど)、ポリエステル類、2成分系繊維、3成分系繊維、これらの混合物等から製造されたものが含まれる。 Further, synthetic fibers can also be used, cellulose acetate, polyvinyl fluoride, polyvinylidene chloride, acrylics (such as Orion), polyvinyl acetate, insoluble polyvinyl alcohol, polyethylene, polypropylene, polyamides (such as Transcorp), polyesters , bicomponent fiber, three-component fibers include those prepared from these mixtures. 好ましい合成繊維はフィラメント当たり約3デニールないし約25デニール、より好ましくはフィラメント当たり約5デニールないし約16デニールである。 Preferred synthetic fibers are about 3 denier to about 25 denier per filament, more preferably from about 5 denier to about 16 denier per filament. また、好ましくは、繊維表面は親水性又は親水性に処理されたものである。 Also preferably, the fiber surfaces are those that have been processed in a hydrophilic or hydrophilic. 貯蔵層は、濡れ返し(rewet)を低減するパーライト、珪藻土、バーミキュライト等のような充填剤を含有することもできる。 Reservoir layer may also contain perlite to reduce wet-back a (rewet), diatomaceous earth, a filler such as vermiculite. キャリア中に非均一に分散している場合、貯蔵層は局部的に均一であり得る。 If you are non-uniformly dispersed in a carrier, the storage layer can be locally homogeneous. すなわち、貯蔵層は、貯蔵層の大きさ内で1又は複数方向に分布勾配を有し得る。 That is, the storage layer can have one or more directions on the distribution gradient in the size of the storage layer. 非均一分布は、部分的に又は全体的に吸収性ゲル化材を含有するキャリアのラミネートにも当てはまる。 Non-uniform distribution, also applies to the laminate of a carrier containing a partially or totally absorbent gelling material. ラミネートが使用される場合には、ラミネートは吸収性ゲル粒子を用いて、或いは、用いずに形成することができる。 When the laminate is used, the laminate with absorbent gelling particles, or may be formed without using. 特に、吸収性ゲル化材を用いない場合には、熱接着されたエアレイ繊維シート又はラミネート、 及び/又は、熱接着されたウェットレイシート又はラミネートが、特にパンティライナーに関して有用であることが見出された。 Particularly, in the case of not using the absorbent gelling material is thermally adhered air-laid fiber sheet or laminate, and / or, wet laying a sheet or laminate that has been heat-bonding, Heading to be particularly useful for pantiliners It has been. 好ましくは、貯蔵層は、約15〜100%の吸収性ゲル化材と、0〜約85% のキャリアを含有する。 Preferably, the storage layer contains about 15 to 100 percent of the absorbent gelling material, from 0 to about 85% of the carrier. より好ましくは、貯蔵層は、約30〜100%、最も好ましくは約60〜100%の吸収性ゲル化材と、0〜約70%、最も好ましくは0〜約40%のキャリアを含有する。 More preferably, the storage layer comprises from about 30% to 100%, and most preferably from about 60% to 100% of the absorbent gelling material, from 0 to about 70%, most preferably from 0 to about 40% of the carrier. 本発明における使用に好適な吸収性ゲル化材は、実質的に水不溶性で、僅かに架橋され、部分的に中和されたポリマー性ゲル化材からなることが最も多いであろう。 Suitable absorbent gelling materials for use in the present invention is a substantially water-insoluble, are lightly crosslinked, it would be most often composed of partially neutralized polymeric gelling material. この材料は、水と接触したときにヒドロゲルを形成する。 This material forms a hydrogel upon contact with water. このようなポリマー材は、重合性で、不飽和の、酸含有モノマーから調製することができる。 Such polymer material is a polymerizable, unsaturated, can be prepared from the acid-containing monomers. 本発明において使用するポリマー性の吸収性ゲル化材の調製に用いる好適な不飽和の酸性モノマーには、米国特許第4,654,039号及びこの再発行特許RE 32,649号に列挙されたものが含まれる。 Acidic monomers suitable unsaturated used to prepare the polymeric absorbent gelling material used in this invention, listed in U.S. Patent No. 4,654,039 and the reissue patent RE 32,649 It includes those. 好ましいモノマーには、アクリル酸、メタクリル酸、及び2−アクリルアミド−2−メチルポロパンスルホン酸が含まれる。 Preferred monomers are acrylic acid, methacrylic acid, and 2-acrylamido-2-methyl Poropan acid. アクリル酸自体は、ポリマー性ゲル化材の調整に特に好ましい。 Themselves acrylic acid is particularly preferred for adjusting the polymeric gelling material. 不飽和の酸含有モノマーから形成されるポリマー成分は、澱粉又はセルロースのような他種のポリマー材料にグラフトすることができる。 Polymeric component formed from unsaturated, acid may be grafted onto other types of polymeric materials such as starch or cellulose. 特に、この種のポリアクリレートグラフト澱粉材が好ましい。 In particular, this type of polyacrylate grafted starch materials are preferred. 従来のモノマー種から調製され得る好ましいポリマー性の吸収性ゲル化材には、加水分解されたアクリロニトリルグラフト澱粉、ポリアクリレートグラフト澱粉、ポリアクリレート、無水マレイン酸ベースの共重合体及びこれらの組合せが含まれる。 Conventional monomer species preferred polymeric absorbent gelling material can be prepared from, hydrolyzed acrylonitrile grafted starch, polyacrylate grafted starch, polyacrylates, copolymers and combinations of maleic acid based included It is. ポリアクリレート及びポリアクリレートグラフト澱粉が特に好ましい。 Polyacrylates and polyacrylate grafted starch is particularly preferred. これらの吸収性ゲル化材は、典型的に、粒子形状であるが、また、繊維、シート又はストリップのようなマクロ構造の形状のものであろことができることも考慮される。 These absorbent gelling materials are typically is a particulate shape, fibrous, is also considered to be able be those in the form of macrostructures such as a sheet or strip. d. d. 任意の繊維質(「ダスティング」)層本発明による吸収性コアに含まれる任意部材は、貯蔵層に隣接し、典型的に貯蔵層の下側にある繊維質層である。 Any member included in the absorbent core according to any fibrous ( "dusting") layer present invention, adjacent to the reservoir layer is a fibrous layer on the underside of typically reservoir layer. この下側にある繊維質層は、吸収性コアの製造中に貯蔵層内の吸収性ゲル化材を堆積させるための基材を提供するため、典型的には「ダスティング」層といわれる。 Fibrous layer on the lower side, to provide a substrate for depositing absorbent gelling material in the storage layer during manufacture of the absorbent core, typically referred to as "dusting" layer. 実際、吸収性ゲル化材がラミネート、或いは、繊維、シート又はストリップのようなマクロ構造の形態である場合には、 この繊維質「ダスティング」層を含める必要はない。 Indeed, absorbent gelling material is laminated, or fibers, if in the form of macrostructures such as a sheet or strip is not necessary to include this fibrous "dusting" layer. しかし、この「ダスティング」層によりパッドの長さに沿って流体の急速な毛細管現象による流動のように付加的な流体処理能が提供されるため、一般的に本発明による吸収性コアに含めることが好ましい。 However, since the additional fluid throughput as flow by rapid capillary action of fluid along the length of the pad by the "dusting" layer is provided, typically include the absorbent core according to the present invention it is preferable. e. e. 他の任意部材本発明による吸収性コアは、通常吸収性ウェブ中にある他の任意部材を具備することができる。 The absorbent core according to any other member present invention can comprise other optional members present in normal absorbent web. 例えば、補強用スクリムを吸収性コアの各層内に、又は各層の間に配置することができる。 For example, it is possible to arrange the reinforcing scrim within each layer of the absorbent core, or between the respective layers. この種の補強用スクリムは、吸収性コアの各層の間に配置される場合には特に、流体移送に対する界面バリアを形成しないような配置とすべきである。 Reinforcing scrim of this type, when placed between the layers of the absorbent core in particular, it should be arranged so as not to form an interface barrier to fluid transport. 熱接着の結果一般的に生ずる構造的一貫性があれば、本発明による吸収性構造体に補強用スクリムは通常必要とされない。 If there is structural integrity arising on the result of thermal bonding generally reinforcing scrim absorbent structure according to the present invention it is not usually required. しかし、使用される場合には、所望される収縮性を有するようにしなければならない。 However, if used, it must be to have the desired shrinkage. 他の部材を本発明による吸収性コアに含むことができ、好ましくは、第1又は第2の流体分配層に近接して、又は離れて臭気制御剤を含有することができる。 Can include other members in the absorbent core according to the present invention, preferably, in proximity to the first or the second fluid distribution layer, or it may contain an odor control agent away. この臭気制御剤は、活性炭又は色を隠すために被覆された活性炭(好適にはゼオライト又はクレイ材)から選択することができ、必要に応じて吸収性コアに組み込まれ、また、吸収性ゲル化材が或るゼオライトと組み合わされると有益であることが見出された。 The odor control agent can be selected from activated carbon coated to mask activated carbon or color (preferably zeolite or clay materials), incorporated into the absorbent core if necessary, also, absorbent gelling Material that has been found useful when combined with certain zeolites. これらの部材は、任意の所望の形態で組み込むことができるが、しばしば分離した、非繊維質粒子として含有される。 These members may be incorporated in any desired form, often separated, is contained as a non-fibrous particles. トップシートは柔軟であり、感触が柔らかく、着用者の皮膚を刺激しない。 The top sheet is flexible, soft and feeling, and non-irritating to the skin of the wearer. また、トップシートは、トップシート部分の一部又はその全範囲に亘って、一方向又は二方向での伸びを可能とする弾性を有することができる。 Further, the topsheet, over part or the entire range of the top sheet portion, can be elastically to allow growth in one or two directions. さらに、トップシートは液体透過性であり、流体(例えば、月経及び/又は尿)がその厚さに亘って容易に透過することを可能とする。 Further, the topsheet is liquid pervious, fluid (e.g., menses and / or urine) is it possible to readily penetrate throughout its thickness. 好適なトップシートは、幅広い材料から製造することができ、例えば、織又は不織材;開孔成形熱可塑性フィルム、開孔プラスチックフィルム、及び油圧形成熱可塑性フィルムのようなポリマー材:及び熱可塑性スクリムなどがある。 A suitable topsheet may be manufactured from a wide range of materials, for example, woven or non-woven material; apertured molded thermoplastic films, apertured plastic films, and hydraulic forming thermoplastic polymer material such as a film: and thermoplastic scrim, and the like. 好適な織及び不織材は、天然繊維(例えば木材又は木綿繊維)、合成繊維(例えばポリエステル、ポリプロピレン、又はポリエチレン繊維のようなポリマー繊維)、若しくは天然繊維と合成繊維の組合せ、又は2/多成分系繊維から作ることができる。 Suitable woven and nonwoven materials, natural fibers (e.g., wood or cotton fibers), synthetic fibers (e.g. polyester, polypropylene, or polymeric fibers such as polyethylene fibers) or natural fibers and combination of synthetic fibers, or 2 / multi it can be made from a component-based fiber. 本発明で使用される好適なトップシートは、典型的には、高ロフト不織トップシート及び開孔成形フィルムトップシートから選択される。 Suitable topsheet for use in the present invention are typically selected from high loft nonwoven topsheets and apertured formed film topsheets. 開孔成形フィルムは、身体滲出液に対して透過性である上、非吸収性であり、流体が逆戻りして着用者の皮膚を再び濡らすことを減少する傾向にあるため、トップシートに特に好ましい。 Apertured formed films, besides being transmitted through body exudates, non-absorbent, since they tend to reduce the wetting again the wearer's skin fluid to back, particularly preferred topsheet . 従って、着用者に接触している成形フィルムの表面は乾燥したままであり、それ故身体を汚すことが少なくなり、着用者に優れた快適さをもたらす。 Thus, the surface of the formed film that is in contact with the wearer remains dry, it is less soil the therefore the body, resulting in comfort with excellent wearer.適切な成形フィルムは、米国特許第3,929,135号、米国特許第4,324, 246号、米国特許第4,342,314号、米国特許第4,463,045号及び米国特許第5,006,394号に記述されている。特に好ましい微細孔成形フィルムトップシートは、米国特許第4,609,518号及び米国特許第4 ,629,643号に開示されている。本発明のための好ましいトップシートは、上記特許の1又は2以上に記述されている成形フィルムを具備し、オハイオ州シンシナティのプロクター・アンド・ギャンブル社により、衛生ナプキンに関して「ドライウェーブ」として市販されている。液体通路が均一に分布せずに一部にのみ液体通路を備えているトップシートもまた、本発明の意図するものである。好ましい態様では、PCT出願WO93/ 09741号に記述されているように、成形フィルムトップシートのポリマー材に表面活性剤が組み込まれている。あるいは、米国特許第4,950,254号において記述されているように、トップシートの着用者側表面を表面活性剤で処理することにより親水性にすることができる。他の変形例は、繊維状及びフィルム状の構造を組み込んだいわゆるハイブリッドトップシートであり、このようなハイブリッドトップシートの特に有用な態様がPCT公報WO93/09744号、WO93/11725号、又はWO93 /11726号に開示されている。トップシートに言及するときは、多層構造又は単層構造のものを想定している。上記ハイブリッドトップシートはそのうちの多層設計であるが、第1及び第2 トップシート設計のような他の多層トップシートもまた考えられる。バックシートは主として、吸収性構造体に吸収されてその中に含まれていろ滲出液が、吸収製品に接触している製品(例えば、アンダーパンツ、パンツ、パジャマ及び下着)を湿らすことを防止する。該バックシートは、好ましくは液体( 例えば、月経及び/又は尿)不透過性であり、他の可撓性を有する液体不透過性材料もまた使用することができるのだが、好ましくは薄いプラスチックフィルムから製造される。本明細書で用いる「可撓性を有する」という用語は、柔軟であり、一般的な人間の体の形及び線に容易に適合する材料をいう。バックシートはまた、1又は2方向に伸張可能とする弾性を有し得る。バックシートは、典型的に、吸収性構造体の全体に亘って延び、吸収性構造体の周囲を折り込むことによりトップシートの上に延び、トップシートの一部を形成することができる。このことにより、米国特許第4,342,314号の第1 6欄、第47行〜62行に開示されているように、トップシート形状は、トップシートを選択的に開口すろという要請なしに達成することができる。バックシートは、織又は不織材、ポリエチレン又はポリプロピレンの熱可塑性フィルムのようなポリマー性フィルム、この種の材料のラミネート、又はフィルムコーティングされた不織材のような複合材料を含むことができる。好ましくは、バックシートは、約0.012mm(0.5ミル)〜約0.051mm(2. 0ミル)の厚さを有するポリエチレンフィルムである。典型的なポリエチレンフィルムは、名称P18−1401の下、オハイオ州シンシナティのクロペイ社により、また、名称XP−39385の下、インディアナ州テールホートのエチル社により製造されている。バックシートは、好ましくは、エンボス加工され、及び/又は、より布の様な外観をだすためにマットに仕上げられている。好ましくは、バックシートはまた、バックシートの主機能を劣化させることなく、少なくとも水蒸気透過性とすること、好ましくは空気透過性とすることにより製品に通気性を付与する。バックシートは、例えばマイクロポーラスフィルム、不織材、及び/又は開孔成形フィルムを組み合わせたラミネート材であることができる。所望される場合には、通気性をバックシートの周囲に制限することができ、或いは、バックシートの全体に亘って通気性とすることができる。 製品の適応性本明細書で用いる「適応性」という用語は、収縮性、伸張性及びこれらを組み合わせた特性を含む。適応性とは、通常、衛生ナプキンの1又は2方向に大きさを適応させる性能をいう。本発明による適用性は、製品が適応可能であることが所望される方向と垂直方向に一連の波付け又はプリーツ付けをすることにより達成することができる。例えば、縦方向に波又はプリーツを有する薄い衛生製品は、製品の取り着け時又は使用中に、製品の股幅変化を適応させるために横方向に伸びる性能を付与することができる。また、これらの波又はプリーツ付けは、股幅の異なる着用者に通常の取り着け位置をもたらすために、製品の幅を広げ又は狭める性能を付与することもできる。所望の程度の適応性を縦又は横方向に付与することができる。吸収製品の構造体中の弾性的伸張性を有する材料の相互依存的効果を提供することを用いることができる。また、材料本来の適応性と波又はプリーツにより提供される構造的適応性を使用することも勿論可能である。本明細書で用いる「波付けされた」又は「波」という用語は、シート平面の垂直方向における一連の連続変化の存在を示す。平面の「垂直方向」とは、その平面に垂直な方向である。波はシート平面における垂直方向の連続変化である一方、本明細書で用いる「プリーツ」又は「プリーツ付けされた」という用語は、特定の線に沿った折り込み、換言すれば、シート平面の垂直方向における急激な変化をいう。また、一連のプリーツを用いて波に似た形を作ることもできる。薄い製品には特に、リングローリングと称する処理が製品全体上に施されることができ、これにより構造的波が設けられ、製品の所望される適応性が付与されるが、上記の材料選択及び意図する所望の適応性が付与されても問題はない。通常の製品に対して可撓性及び柔軟性の改善された製品の適応性に加えて、組合せに先立ち個々の材料をリングローリングすることもまた、製品を製造するために有益となり得る。リングローリングについて、より詳細には、米国特許第4,1 07,364号、米国特許第4,834,741号、米国特許第5,156,7 93号、米国特許第5,143,679号、米国特許第5,167,897号及び米国特許第5,354,400号に記述されており、これらにはさらに、異なる伸張性の提供方法についての詳細な説明がなされている。また、波付けは周知であり、当業者に容易に用いられることができる。波は吸収製品の縦及び横の両方向に付けられてもよいが、波技術は、製品の製造中における材料の運搬方向に対して直角である波を提供するように開発された。従って、典型的に波処理により垂直方向の波のみが提供される一方、リングローリング作業により、製造中における材料の運搬方向に波付けされると考えることができる。しかし、本明細書で用いる波又はプリーツという用語は、製造中の材料の搬送方向又はこれに垂直方向に処理が用いられたか否かに関係なくリングローリング又は波付けの結果をいう。波又はプリーツの要求される程度(幅及び頻度により規定される)は、要求される適応性に適合させるための簡単な試行錯誤により容易に規定することができる。これは製品の厚さと可撓性との組合せに依存し得る。また、当業者は、同じ波又はプリーツを付けることにより、部分的に再度平らに延ばされたかどうかに応じて程度の異なる適応性を付与できることを理解するであろう。着用者に高度の適応性を有する製品を提供するために、製造時に形成された波形を、残りの製造プロセス、並びに包装作業、製品供給所への輸送、および皮膚に取り着ける前の製品の人的処理の間にも維持する必要がある。これは、例えば、身体用接着剤のためのリリースペーパー又は接着剤保護手段のような堅い基材に波付け又はプリーツ付けされた状態の製品を貼着することにより、波付け又はプリーツ付けされた状態の製品を安定化させ又は固定化することにより達成することができる。局所的に取り着けるのための接着剤 上述したように、本発明による製品は着用者の皮膚に直接取り着けられる。特に、衛生ナプキンは、典型的には女性着用者の液体排泄領域周辺の性器領域に取り着けられる。本発明による「皮膚」という用語は、着用者の特定の皮膚に関するだけではなく、粘膜組織ならびに典型的には衛生ナプキン着用者の性器領域に見られる体毛をも含む。本発明による製品を着用者の皮膚に固定すために、着用者に面する製品のトップシート側の一定領域に局所的取り着けのための接着剤(身体用接着剤ともいわれる)を与えることが必要とされる。この点について種々の設計が想定されるが、製品の中央領域が接着剤の無い状態で残されるように、トップシートの周縁に沿って身体用接着剤を設けることが好ましい。これにより、排泄される液体が、漏れ又は零れを生じることなく直ちに吸収構造体の中に輸送されろるように、液体透過性トップシートの接着剤の無い領域が体液排泄オリフィスに隣接して配置されるように製品を配置することが、最も適切に助長され得る。しかし、身体用接着剤をトップシートの周縁の回りに閉円状に付与する必要は必ずしも無く、異なろ取り着け位置の間を切り離すことによりこの種の製品の着用者にさらなる快適さを提供するために、ドット又は破線のような増加領域に接着剤を付与することもできる。本発明による製品の着用者に受け入れられる任意の身体用接着剤を使用することができる場合でも、以下の要件に従うことが特に好ましい。 身体用接着剤の物理的、レオロジー的及び接着特性身体用接着剤が人間の皮膚、体毛及び粘膜組織に感圧接着剤のように使用されるとしても、身体用接着剤組成物は、この種の材料の最も特徴的なレオロジー的挙動をもとに、かろうじて典型的な感圧接着剤(以下、PSAという)として考えられるのみである。事実、接着剤の当業者に公知のように、PSAを一時的に物を貼り付けることができる他の物質(例えば、水)と区別する最も特徴的なものは、レオロジー的パラメータ、特に弾性率G'が印加される応力の周波数に伴って大きく変化するという事実である。より具体的には、PSAのG'は、印加される応力の周波数が典型的な結合周波数から典型的な脱結合周波数へ、すなわち、以下に示すように、1rad/s〜100rad/sへと変化すろ際に、或るオーダーの大きさに亘って増大し得る。第1の結論として導かれることは、レオロジー的パラメータ値、特に固定値周波数でのG'値を与えることによって、「接着剤」として使用することを意図した材料を定義することは許容し得ないことである。他の特徴がなければ、それは実際的な価値のない材料を含むようになるであろうから、誤りを生じる可能性がある。従って、レオロジー特性は動的考察に基づくべきことが必要と考えられる。これは弾性率G'に対してだけでなく、粘性率G”についても適用され、従ってtan(δ)=G”/G'についても適用することができる。典型的なPSA は、考慮された周波数に亘ってG'の大きな変化を有するだけでなく、特に脱結合に典型的な周波数において、G'値に近く、又はこれよりも大きくさえなり得る(すなわち、tan(δ)が約1又以上になる)ほどのG”の大きな変化もまた有することが周知である。 理論に拘束されることを望むものではないが、この事実は巨視的には極めて高いレベルの接着力の証拠になる一方で、脱結合のために適用されるエネルギーのかなりの部分が内部摩擦で失われること(従って、脱結合を生じるのに有効でない)を意味すると解釈することができる。 接着の良好な条件、すなわち周波数約1rad/secでの条件を与えるためには、 弾性率の絶対値は高すぎてはならない。さもなくば、接着剤は硬すぎて、それが接着することが望まれる表 に対して密接に接合又はモールドすることができない。また、身体に直接取り着けるために特に価値のある良好な粘着性を得るためには、低い絶対値のG”を有するとともに、該材料が柔らかく且つ皮膚に対して穏やかに接着できることも重要である。最後に、当業者であれば、PSAのガラス転移温度Tgは、有用なPSA材料のグループをより完全に定義するパラメータとして認識できる。上に示したように、本発明による身体用接着剤として有効な材料は、身体温度として37℃の参照温度で、周波数範囲において測定されるレオロジー特性を有する。身体用接着剤を備える製品の取り着け時において、接着剤接触は低周波数において形成され、一方、脱結合は製品を取り外す速度において生じることがわかる。この速度は、100rad/sの周波数で表示され、接着剤結合を形成する低い周波数は、1rad/sのオーダーであることがわかっている。従って、本発明で使用される周波数範囲は、1〜100rad/sである、以下の特性の組が満足されるべきである。・周波数範囲において、弾性率G' 37のバーセント変動は、1rad/sにおけ るG' 37に対して150%以下、好ましくは100%未満、より好まし くは80%未満であり、好ましくは絶対的値において10000Pa未満 である。これは以下に例示する身体用接着剤により満たされる。一方、例 えば、従来技術において引用されたプロメオン RG−63Bは、同じ範 囲の周波数において、G'37の331%の変動を示し、本発明では受 け入れ得ない。・周波数範囲において、粘性率G” 37のパーセント変動は、10000P a以下、好ましくは5000Pa以下、最も好ましくは1000Pa以下 である。 ・少なくとも周波数範囲1rad/s〜100rad/sで、G' 37 /G” 37比の値 は、好ましくは1以上、より好ましくは1.6以上、及び最も好ましくは 3.3以上、ただし、好ましくは約50を超えないものとすべきである。適用周波数1rad/sにおけるG'及びG”は、37℃の温度において測定されていることに注意すべきである。本発明による製品の実用的な使用においては、製品の実際の保存温度、従って取り着け時における身体用接着剤の温度は大きく変化する。例えば、ラジエーターに近い熱いバスルームでの保存では、約37℃に達し得るが、貯蔵室又はバスルームにおいて、冬に窓の開いた状態での保存は0 ℃近くになり得る。しかし、本発明による製品は皮膚に直接使用され、一般に、 着用者は冷たすぎる製品を使用したくはないので、身体用接着剤の実際の温度は極めて急速に37℃に達し、或いは、使用前に着用者により暖めらたりさえもする。従って、接着剤の結合特性は、身体温度において選択されるのが最も好ましいと考えられる。 上述のように、レオロジー的挙動は、ガラス転移温度Tgの値にも関係し得る。本発明による身体用接着剤のTgは、好ましくは−15℃未満であり、より好ましくは−20℃未満であり、最も好ましくは−25℃未満である。 身体用接着剤の好ましい化学的及び組成物的特性身体用接着剤の好ましい上記レオロジー的特性及び物理的特性の要件を満足させるために、加えて次の処方基準を用いることができる。身体用接着剤として有用な殆どの組成物は実質的にゲル様構造であり、好ましくはゲルである。これは次の事実から導かれる。 ・主要な成分は室温で液体物質である。 ・マクロ分子又はポリマー成分は可塑剤に対して少量存在する。好ましい態 様において、それは分子間の物理的又は化学的結合によって生じた3次元 ネットワークを形成する。特に有用な物理的結合は、ブロック熱可塑性エ ラストマー(Block Thermoplastic Elastomers)を含有する系に存在す るものである。 より具体的には、組成物は以下を含有する。 ・下記の可塑剤(類)中で可溶性又は膨張性であるような、0.5〜20重 量%、好ましくは5重量%〜15重量%の、マクロ分子ポリマー物質又は 係る物質の混合物。非限定的な例として、この種のマクロ分子又はポリマ ー物質は、天然物及び/又は合成物、例えば、天然ゴム及びゼラチン、そ れらの誘導体、並びにアルギネートのような天然ゴム又は誘導体;ポリア クリル酸類;ポリビニルアルコール;ポリエチレンオキシド;ポリビニル ピロリドン(PVP)若しくはポリビニルエーテル、それらの共重合体及 び誘導体;セルロース誘導体;ブロック 重合体熱可塑性エラストマー、 好ましくはスチレンブロック共重合体、より好ましくは水素化等級のスチ ロール/エチレン−ブチレン/スチロール(SEBS)、スチレン/イソ プレン/スチレン(SIS)、及びスチロール/エチレン−プロピレン/ スチロール(SEPS)であることができる。・51〜99.5重量%の、室温で液体である可塑剤物質又は可塑剤物質の 混合物。非限定的な例として、これらの可塑化剤は、水、種々のアルコー ル(特にグリセロール)、グリコール、ポリグリコール、液体ポリブテン、 植物油、鉱物油、又はそれらの混合物のような天然又は合成油であること ができる。・0〜600重量%のマクロ分子ポリマー物質の粘着樹脂(その主な目的は、 特に合成ポリマーに基づく系のTgを調製することである)。・0〜10重量%、より好ましくは0〜5重量%の、親水性又は疎水性双方 の液状可塑剤のゲル化を促進及び安定化するための物質。これらは油性系、 例えばC 8 〜C 22の脂肪酸、それらの金属塩及びポリオキソ誘導体;ラノ リン誘導体;シリカ;ベントナイト、モンモリロナイト及びそれらの誘導 体;ポリアミド;ワックス又はそれらの混合物であることができる。保存剤、抗酸化剤、抗UV剤、顔料、ミネラル充填剤、レオロジー改良剤等のように当該分野において公知の共通の添加剤もまた、各々10%以下の量で含有させることができる。系の中に化学的架橋が形成されるとき、架橋剤は、好ましくは5重量%以下の量で存在させることができる。化学的架橋は、酸性ポリアクリル類と多糖類との間の反応のように、異なった官能基を有するポリマー相互間の中和によっても形成することができる。得られた身体用接着剤用の合成物は、主成分(すなわち、液状可塑剤)の性質に従って3つのファミリーに分類することができる。 1) 可塑剤が、典型的には植物又は鉱物起源の油又はそれらの混合であり、 ポリマーが、通常はこの油中で可溶性又は膨張性である合成ポリマー、好ま しくはエラストマーであろ疎水性組成物。 2) 疎水性及び親水性の両成分が、可能であれば可塑剤及びポリマー双方 の中で2以上の分離した層を形成している混合相組成物。このような場合、 好ましくは、不適合相の間で安定したエマルジョンを形成するのに適したレ ベルで、乳化剤/表面活性剤が存在する。本発明による身体用接着剤の場合、 好ましくは、疎水性成分の方が親水性成分に対して優勢である。 3)典型的には、可塑剤が水/グリセロール/グリコール等、及び/又はそ れらの混合物であり、また、ポリマー相が合成起源(例えばポリアクリル類) 又は天然起源(例えば天然ゴム)又はそれらの混合物である親水性組成物。既に医療分野において知られているところ、及び引用する従来技術とは異なり、本発明の適用において疎水性及び混合組成物1)及び2)は好ましい一方、親水性組成物は好ましくないということが強調される。このことは、本願において有用であるためには、医療分野で使用される多くの親水性組成物は弾性及び粘着性が低すぎるという意味において、部分的には技術的な理由によるものである。疎水性又は混合相組成物が好ましい他の理由は、特に衛生ナプキン分野における本発明の適用では、吸収すべき液体が身体用接着剤に接触する可能性があることである。吸収されろ液体はすべて普通の水性種であるため、親水性の身体用接着剤と接触すると、身体用接着剤への体液の吸収が生じるであろう。次いで、これはレオロジー特性の変化、従って、身体用接着剤の機能の変化を生じ、これにより外観が非衛生的となるだけでなく、長時間に亘り体液が皮膚に直接接触したままとなり、このことは典型的に本発明の使い捨て吸収製品のどれをとっても好ましくないものである。加えて、このことは、着用者にとって潜在的な欠点となる。何故なら、ある親水性組成物は、病原菌さえ含む多くの微生物の成長に良好な培養媒体となる潜在性を有するからである。さらに、親水性の身体用接着剤はまた、冷たく且つ湿ったものとして感じられる傾向にあり、これは、新しい衛生ナプキン又はわきの下用汗パッドを取り着ける際に、典型的に消費者の期待に沿わない。特に、可塑剤として水を含有する身体用接着剤は、不透過性パッケージの中にシールされるまでに乾燥してしまう傾向を有するという事実から、もう一つの問題が生ずる。本発明による吸収製品は、当該分野において通常用いられる任意の方法によって製造することができる。吸収製品のトップシート面への接着剤の塗布は、一般的にパンティ固定用接着剤に用いられるのと同様の技術により提供することができるので、当業者に大きな問題を生じるものではない。身体用接着剤により覆われている吸収製品の着用者側表面の全面積は20%以下、好ましくは10%以下であるべきである。好ましくは、当該接着剤は吸収製品の周縁に近接しており、 また、フィルムトップシートを有する場合(あるいはバックシートがトップシート上に折り込まれているいろ場合)には、当該接着剤は、好ましくは該フィルムの液体不透過性でない部分に配置することができる。製品に塗布された身体用接着剤は、(パンティ固定用接着剤と共通するように)使用前に保護する必要がある。この保護は、シリコーン処理又は表面活性剤処理されたペーパーようなリリースライナーが、選択された特定の身体用接着剤のための良好なリリース表面である場合には、該リリースライナーにより提供することができる。原則として、本発明による吸収製品は、良好な身体用接着剤により着用者にサポートされ、場所を維持するためにサポートを追加する必要はない。しかし、例えば、バックシート面に滑り抵抗性コーティングを有する衛生ナプキンを提供することにより、衛生ナプキンが次第にその所定の位置の外へ移動するのを防止することも可能である。また、パンティ固定用接着剤は所望されるものではなく、 従って、本発明に好ましくないとしても、本発明に関連して、厳密な意味でこれらを排除しているものではない。 実施例1本発明に有用なオイルベースの組成物を、9.9重量%のクラトンG−165 1(シェル社から入手可能な、33重量%のスチレンを含有する、スチレン/エチレン−ブチレン/スチレン・ブロック共重合体)と、59.3重量%のカイドル(ワトコ社から入手可能なパラフィン系鉱油)を使用して合成した。さらに、当該組成物は、クラトンポリマー100部当たり301部の粘着性樹脂を含有している。該粘着性樹脂は、エクソン社から入手可能な水素化樹脂である、エスコレツ5300であった。カルロ・エルバSpAから入手可能なステアリン酸マグネシウムを、オイルの共ゲル化剤として0.7重量%のレベルで用いた。チバガイギーから入手可能な抗酸化剤イルガノクス1010を、0.3重量% のレベルで添加した。その結果、処方は最終的に下記の比率の組成を有していた。クラトンG−1651 9.9重量% カイドル 59.3重量% エスコレツ5300 29.8重量% ステアリン酸マグネシウム 0.7重量% イルガノクス1010 0.3重量% この組成物は、37℃で下記のレオロジー特性を有している。 a)1rad/sでの弾性率:G' 37 =6876Pa b)1rad/sでの弾性率と粘性率との比:G' 37 /G”37=12.49 100rad/sでの弾性と粘性率との比:G' 37 /G”37=7.01 c)1rad/sでのG'37に対すろ100rad/sでのG' 37の比は1.380 である。上記処方は敏感で毛の生えた皮膚に快適に使用できることが判断された。 比較例比較例のオイルベースの組成物を、7.1重量%のクラトンG−1651(シェル社から入手可能な、33重量%のスチレンを含有する、スチレン/エチレン−ブチレン/スチレンブロック共重合体)と、41.9重量%のカイドル(ワトコ社から入手可能なパラフィン系鉱油)を使用して合成した。さらに、当該組成物は、クラトンポリマー100部当たり704部の粘着性樹脂を含有している。該粘着性樹脂は、ハーキュリーズ社から入手可能な水素化樹脂であるレガレツ3102である。カルロ・エルバSpAから入手可能なステアリン酸マグネシウムを、オイルの共ゲル化剤として0.7重量%のレベルで使用した。チバガイギーから入手可能な抗酸化剤であるイルガノクス1010を、0.3 重量%のレベルで添加した。その結果、処方は最終的に下記の比率の組成を有していた。クラトンG−1651 7.1重量% カイドル 41.9重量% レガレツ3102 50.0重量% ステアリン酸マグネシウム 0.7重量% イルガノクス1010 0.3重量% この組成物は、37℃で下記のレオロジー特性を有している。 a)1rad/sでの弾性率:G' 37 =3059Pa b)1rad/sでの弾性と粘性率との比:G' 37 /G” 37 =2.53 100rad/sでの弾性率と粘性率との比:G' 37 /G” 37 =0.74 c)1rad/sでのG' 37に対する100rad/sにおけろG' 37の比は4.944 である。上記の処方は、前腕の皮膚への使用には極めて不快なものとして判断された。敏感で毛の生えた皮膚への使用は受け入れ得なかった。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) C09J 201/00 A41B 13/02 E // A61F 13/49 13/511 13/54 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(GH,GM,KE,LS,M W,SD,SZ,UG,ZW),UA(AM,AZ,BY ,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM),AL,AM ,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY, CA,CH,CN,CU,CZ,DE,DK,EE,E S ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) C09J 201/00 A41B 13/02 E // A61F 13/49 13/511 13/54 (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM , GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, KE, LS, M W, SD, SZ, UG, ZW), UA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CU, CZ, DE, DK, EE, E S FI,GB,GE,GH,GM,GW,HU,ID ,IL,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ, LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,MD,M G,MK,MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT ,RO,RU,SD,SE,SG,SI,SK,SL, TJ,TM,TR,TT,UA,UG,US,UZ,V N,YU,ZW FI, GB, GE, GH, GM, GW, HU, ID, IL, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MD, M G , MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, US, UZ, V N, YU, ZW

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 縦軸と横軸を有し、着用者側表面と衣服側表面を有し、前記着用者側表面と前記衣服側表面との間に吸収性コアを含む局所的接着剤で着用者に取り着けるための使い捨て吸収製品であって、 ・前記製品は前記局所的接着剤で前記製品を取り着けるための接着剤を前記着用 者側表面の少なくとも一部に有し、 ・前記製品は前記縦軸と横軸により規定される少なくとも1方向、好ましくは両 方向に適応可能である、 ことを特徴とする使い捨て吸収製品。 It has a longitudinal axis and a transverse axis, has a wearer facing surface and a garment facing surface, put up in the wearer locally adhesive comprising an absorbent core between said wearer facing surface and the garment-side surface a disposable absorbent product for, in-the product has an adhesive for wear take the product on the local adhesive to at least a portion of the wearer-side surface, the & the product and the longitudinal axis at least one direction is defined by the horizontal axis, preferably applicable to both directions, disposable absorbent products, characterized in that. 2. 2. 前記製品は前記適応性を付与するために波付けされ、又は、プリーツ付けされた請求項1に記載の使い捨て吸収製品。 The products are corrugated to impart the adaptive or disposable absorbent product of Claim 1 which is pleated. 3. 3. 請求項1又は2に記載の使い捨て吸収製品であって、 ・前記接着剤は温度37℃(100°F)での弾性率G' 37 、及び温度37℃( 1 00°F)での粘性率G” 37を有し、 ・前記接着剤は周波数1rad/secでのG' 37と周波数100rad/secでのG' 37 A disposable absorbent product according to claim 1 or 2, viscosity of an elastic modulus G '37 at-the adhesive temperature 37 ℃ (100 ° F), and temperature 37 ℃ (1 00 ° F) G "has a 37-the adhesive and 37 'G at 37 and a frequency 100 rad / sec' G at the frequency 1 rad / sec 1000Pa以下である動的弾性挙動を有するものが選択され、 ・前記接着剤は周波数1rad/secでのG” 37と周波数100rad/ecでのG” 37 1000Pa been selected to have a dynamic elastic behavior or less, - the adhesive is a 37 "G at 37 and a frequency 100 rad / ec" G at a frequency 1 rad / sec 動的粘性挙動を有するものが選択される、 使い捨て吸収製品。 Having a dynamic viscous behavior is selected, the disposable absorbent product. 4. 4. 周波数1〜100rad/sの範囲におけるG' 37 /G” 37の比が1以上、好ましくは1.6以上、最も好ましくは3.3以上である請求項2に記載の製品。 5. 周波数1rad/sにおけるG' 37は20000Pa未満、好ましくは150 00Pa未満、最も好ましくは5000Pa未満である請求項1〜4のいずれか1項に記載の製品。 6. 周波数1rad/sにおけるG” 37は15000Pa未満、好ましくは100 00Pa未満、最も好ましくは5000Pa未満である請求項1〜5のいずれか1項に記載の製品。 G '37 / G "37 ratio of 1 or more in the range of frequencies 1~100rad / s, product of claim 2 is preferably 1.6 or more, most preferably 3.3 or more. 5. Frequency 1rad / G '37 at s is less than 20000 Pa, preferably less than 150 00Pa, most preferably product according to any one of claims 1 to 4 is less than 5000Pa. 6. G "37 at a frequency 1 rad / s is 15000Pa , preferably less than 100 00Pa, most preferably product according to any one of claims 1 to 5 is less than 5000 Pa. 7. 7. 請求項1〜6のいずれか1項に記載の吸収製品であって、前記接着剤は、 ・51重量%〜99.5重量%の、20℃で液体である可塑剤化合物又は可 塑剤組成物と、 ・前記可塑剤化合物又は可塑剤組成物中に可溶性又は膨張性の、0.5重量% 〜20重量%のポリマー化合物又はポリマー組成物と、 ・前記ポリマー化合物又はポリマー組成物の0重量%〜600重量%の量の粘 着性樹脂と、 を含有する物質の組成物であろ吸収製品。 An absorbent product according to claim 1, wherein the adhesive is of-51 wt% to 99.5 wt%, a plasticizer compound or soluble plasticizer composition is liquid at 20 ° C. 0 weight of goods and, - the plasticizer compound or a soluble or swellable in a plasticizer composition, 0.5 wt% to 20 wt% of the polymer compound or polymer composition and, - said polymeric compound or polymer composition % to 600 wt% of the amount of the viscous adhesive resin, it is a composition of matter containing an absorbent product. 8. 8. 請求項1〜7のいずれか1項に記載の吸収製品であって、前記接着剤は少なくとも部分的に疎水性であり、好ましくは前記接着剤の80重量%が疎水性成分からなり、最も好ましくは前記接着剤の全ての成分が疎水性である吸収製品。 An absorbent product according to claim 1, wherein said adhesive is at least partially hydrophobic, preferably of 80 wt% hydrophobic component of the adhesive, and most preferably absorbent products all components of the adhesive is hydrophobic. 9. 9. 前記接着剤は前記着用者側表面の20%未満、好ましくは10%未満を覆っている請求項1〜8のいずれか1項に記載の製品。 The adhesive less than 20% of the wearer facing surface, the product preferably according to any one of claims 1 to 8, covering less than 10%. 10. 10. 前記製品は収縮性及び弾性的伸張性を有する請求項1〜9のいずれか1 項に記載の製品。 Product according to any one of claims 1-9 wherein the product has a shrinkage and elastically extensible.
JP10528949A 1996-12-23 1997-12-22 Extensibility and / or flexible disposable absorbent products for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive Pending JP2000505698A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP96120740.4 1996-12-23
EP96120740A EP0850621A1 (en) 1996-12-23 1996-12-23 Extensible and/or flexible disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer
EP97110727A EP0850624A1 (en) 1996-12-23 1997-07-01 Disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer
EP97110727.1 1997-07-01
PCT/US1997/023452 WO1998027910A1 (en) 1996-12-23 1997-12-22 Extensible and/or flexible disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000505698A true JP2000505698A (en) 2000-05-16

Family

ID=26142401

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10528949A Pending JP2000505698A (en) 1996-12-23 1997-12-22 Extensibility and / or flexible disposable absorbent products for wear take to the wearer's skin with a topical adhesive

Country Status (7)

Country Link
EP (1) EP1006974A1 (en)
JP (1) JP2000505698A (en)
KR (1) KR20000069659A (en)
AU (1) AU5708998A (en)
BR (1) BR9714836A (en)
CA (1) CA2275575A1 (en)
WO (1) WO1998027910A1 (en)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6620143B1 (en) 1994-10-28 2003-09-16 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Sanitary napkin article having body-facing adhesive
US6716204B1 (en) 1998-10-28 2004-04-06 The Procter & Gamble Company Absorbent article with improved feces containment characteristics
US6489534B1 (en) 2000-04-28 2002-12-03 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable personal articles which conform and adhere
US6918900B2 (en) 2001-10-25 2005-07-19 Paragon Trade Brands, Inc. Absorbent article with friction-inducing substances and methods for preparing same
US8246593B2 (en) 2003-07-03 2012-08-21 The Procter & Gamble Company Sanitary napkin for dynamic body fit
US8672911B2 (en) 2007-08-03 2014-03-18 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
US8292862B2 (en) 2007-08-03 2012-10-23 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Dynamic fitting body adhering absorbent article
US8251969B2 (en) 2007-08-03 2012-08-28 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
US8734413B2 (en) 2007-08-03 2014-05-27 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Packaged body adhering absorbent article
US7947027B2 (en) 2007-12-28 2011-05-24 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body adhering absorbent article
US10022468B2 (en) 2009-02-02 2018-07-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles containing a multifunctional gel
US8764922B2 (en) 2011-02-08 2014-07-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Method of manufacturing a body adhering absorbent article orientated in the machine direction with reduced curl
US8758547B2 (en) 2011-02-08 2014-06-24 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Method of manufacturing a body adhering absorbent article orientated in the cross-machine direction with reduced curl
US8870843B2 (en) * 2012-08-07 2014-10-28 Sca Hygiene Products Ab Disposable absorbent product with temporary adhesive attachment and related methods

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4369284A (en) * 1977-03-17 1983-01-18 Applied Elastomerics, Incorporated Thermoplastic elastomer gelatinous compositions
US4460364A (en) * 1982-08-26 1984-07-17 Personal Products Company Pressure sensitive hot melt adhesive for sanitary products
US5518801A (en) * 1993-08-03 1996-05-21 The Procter & Gamble Company Web materials exhibiting elastic-like behavior
JP2559057Y2 (en) * 1993-08-06 1998-01-14 ユニ・チャーム株式会社 Sanitary napkins
CA2171542C (en) * 1993-10-12 1999-09-14 Carolyn Marie Anderson Polystyrene-ethylene/butylene-polystyrene hot melt adhesive
CA2122660A1 (en) * 1993-12-14 1995-06-15 John Philip Vukos Absorbent article having a body adhesive
US5607415A (en) * 1994-08-18 1997-03-04 Kimberly-Clark Corporation Flexible absorbent article
WO1996013238A1 (en) * 1994-10-28 1996-05-09 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Self-adhering absorbent article
USH1602H (en) * 1995-03-31 1996-10-01 Brock; Cheryl K. Self-adhering disposable absorbent article
AU700558B2 (en) * 1995-07-03 1999-01-07 Procter & Gamble Company, The Absorbent article with extensible and articulating portions
US5559165A (en) * 1995-08-08 1996-09-24 National Starch And Chemical Investment Holding Corporation Hot melt adhesives for bonding to sensitive areas of the human body

Also Published As

Publication number Publication date
CA2275575A1 (en) 1998-07-02
AU5708998A (en) 1998-07-17
BR9714836A (en) 2000-10-03
KR20000069659A (en) 2000-11-25
WO1998027910A1 (en) 1998-07-02
EP1006974A1 (en) 2000-06-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0945110B1 (en) Absorbent article for preventing lateral leakage
CN1208037C (en) Adsorbent article
US5624421A (en) Absorbent products having flexible hydrophilic wick means
JP3426249B2 (en) Absorber having a flexural resistance elasticized cuffs
USH1298H (en) Fibrous superabsorbent core having integrally attached hydrophobic facing layer
EP0788338B2 (en) Self-adhering absorbent article
AU726285B2 (en) Absorbent article with foam absorbent structure providing improved menses acquisition and fit
EP1005302B1 (en) Breathable disposable sanitary product construction and barrier sheet
JP3554348B2 (en) Interlabial sanitary pad
JP2996664B2 (en) Improved absorbent member having an acquisition zone of low density and basis weight
JP3481238B2 (en) Absorber having a nonwoven topsheet having a fluid-impermeable region
JP3098034B2 (en) Absorbent article having a panty cover member that wraps naturally both sides of the panty
JP3923524B2 (en) Disposable absorbent article having an elastic member
KR100377298B1 (en) The sanitary napkin having a cross section of a convex shape towering
KR100341413B1 (en) Having improved dry / wet integrity of the absorbent article
EP0212618B1 (en) Absorbent article
JP2834178B2 (en) Sanitary napkins with flaps and stress relief means
KR970002923B1 (en) Thin flexible santitary napkin
CN1033070C (en) Absorbent article having elasticized side flaps
JP3816097B2 (en) Sanitary napkin having a fluid distribution directing means
CA2183237C (en) Three-dimensional, macroscopically expanded, apertured laminate webs and method for making
EP0812171B1 (en) Compound sanitary napkin
US6316524B1 (en) Disposable absorbent article for topical adhesive attachment to the skin of a wearer
KR100370503B1 (en) 3 Partition napkins
AU648549B2 (en) A sanitary napkin or incontinence guard