JP2000502941A - 汚した後の処分時の取り扱いを改良した使い捨てプル−オン衣類 - Google Patents

汚した後の処分時の取り扱いを改良した使い捨てプル−オン衣類

Info

Publication number
JP2000502941A
JP2000502941A JP52554298A JP52554298A JP2000502941A JP 2000502941 A JP2000502941 A JP 2000502941A JP 52554298 A JP52554298 A JP 52554298A JP 52554298 A JP52554298 A JP 52554298A JP 2000502941 A JP2000502941 A JP 2000502941A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
puruon
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP52554298A
Other languages
English (en)
Inventor
ホーキンス、クレイグ・アンドリュー
智佳世 中尾
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/551Packaging before or after use
    • A61F13/55105Packaging before or after use packaging of diapers
    • A61F13/5512Packaging before or after use packaging of diapers after use
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/496Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers in the form of pants or briefs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/45Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the shape
    • A61F13/49Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers
    • A61F13/496Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers in the form of pants or briefs
    • A61F13/4963Absorbent articles specially adapted to be worn around the waist, e.g. diapers in the form of pants or briefs characterized by the seam
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/551Packaging before or after use
    • A61F2013/55195Packaging for dispensing and disposing

Abstract

(57)【要約】 本発明の使い捨てプルーオンおむつは、前部、後部、及び前部と後部の間の股部を有するシャシーを備える。シャシーは液体浸透性のトップシート、トップシートと結合された液体不浸透性のバックシート、及びトップシートとバックシート間に置かれる吸収芯を備える。更に本発明の使い捨てプルーオン衣類は、前部においてシャシーの各々のサイドから横に外向きに伸びる前部サイドパネル;後部においてシャシーの各々のサイドから横に外向きに伸びる後部サイドパネル;前部と後部の各々のサイドパネルから横に外向きに伸びるシームパネル;重なり合ったシーム構造を作り、それによって2つの脚開口部と腰開口部を形成するために、重なり合って対応するシームパネルを各々接合する継ぎ目;及び便利な処分を提供する構成にプルーオン衣類を固定できるようにするため、前部と後部のサイドパネルの少なくとも一方に接合される処分手段を備える。

Description

【発明の詳細な説明】 汚した後の処分時の取り扱いを改良した使い捨てプル−オン衣類 技術分野 本発明は使い捨てプル−オン(pull-On)衣類に関する。このような使い捨て プルーオン衣類の例としては、プルーオンおむつ、トレーニングパンツ、及び月 経時に使用するための使い捨てパンティが挙げられる。より詳細には、本発明は 汚した後の処分時の取り扱いを改良したプルーオンおむつ、トレーニングパンツ 、失禁用プルーオンブリーフ等の単一の使い捨て吸収性プルーオン衣類に関する 。 背景 幼児や他の失禁に悩む個人は、尿や身体からの他の滲出物を受け入れて、保持 するために、おむつ等の使い捨て吸収体を着用する。固定されたサイドを有する 吸収性衣類(例えば、トレーニングパンツやプルーオンおむつ)は、歩くことが でき、便器で用便をする訓練をしている幼児に対して使用するのが普及している 。これらのトレーニングパンツは縁が縫い合わされ、2つの脚開口部と腰開口部 を形成するサイドパネルを有する。これらのパンツは胴の位置からたれたり、た るんだり、滑り落ちることなく着用者の腰や脚まわりに着心地よくぴったり合い 、身体からの滲出物を保持するする必要がある。 トレーニングパンツまたはプルーオンおむつが尿または身体からの滲出物で汚 れた後、それはサイドパネルの継ぎ目を割いて開くことによって着用者の身体か ら取り外される。取り外されたトレーニングパンツまたはプルーオンおむつは畳 んで、汚れた部分を処分のために内側に包み込む。汚れたトレーニングパンツま たはプルーオンおむつは広げられるのを防止するため、及び/もしくは汚れた部 分を内側に保つために、このようなトレーニングパンツまたはプルーオンおむつ が、畳まれたおむつを畳んだ状態に固定もしくは保持する処理手段を有すること が望ましい。このようなトレーニングパンツの例は、1996年11月19日に Ames−Ootenらに対して発行された米国特許第5,575,784号及 び欧州特許第EP623330号、及びEP0732094号に開示されている 。 しかしながら、このような処分手段は、特におむつのサイド縁が適切に内側に 折り返されていない場合に、保持された尿または身体から滲出物が畳まれたおむ つの側面から漏出しがちである。更に、このような処分手段は着用者の動きに対 して障害になり、及び/もしくはおむつの外観を損ねる傾向がある。 要約 本発明は使い捨てプルーオン衣類に関する。本発明の使い捨てプルーオン衣類 は、前部、後部、及び前部と後部の間の股部を有するシャシー(chassis)を備 える。シャシーは液体浸透性のトップシート、トップシートと結合された液体不 浸透性のバックシート、及びトップシートとバックシート間に置かれる吸収芯を 備える。更に、本発明の使い捨てプルーオン衣類は、前部においてシャシーの各 々の側部から横に外向きに伸びる前部サイドパネル;後部においてシャシーの各 々の側部から横に外向きに伸びる後部サイドパネル;前部と後部の各々のサイド パネルから横に外向きに伸びるシームパネル;重なり合ったシーム(継ぎ目)構 造を作り、それによって2つの脚開口部と腰開口部を形成するために、重なり合 って対応するシームパネルを各々接合する継ぎ目;及び便利な処分を提供する構 成にプルーオン衣類を固定できるようにするため、前部と後部のサイドパネルの 少なくとも一方に接合される処分手段を備える。 本発明のこれらの特徴及び他の特徴、態様及び利点は、本開示を読むことによ って当業者には自明となるであろう。 図面の簡単な説明 明細書は発明を示し、発明を明確に主張するクレームで締めくくられるが、発 明は添付図面との関連で為される好適実施態様の以下の説明からより良く理解さ れるであろう。図面においては、実質的に同じ要素を示すために同様の名称を使 用する。 図1は典型的に使用される輪郭にある、本発明の使い捨てプルーオン衣類の好 適実施態様の透視図である。 図2は衣類の様々なパネル及びゾーンを示す平らな縮んでいない状態の、図1 に示した実施態様の簡略化された平面図である。 図3は外面を示す、平らな縮ませていない状態の、図1に示した実施態様の簡 略化された平面図であり、下にある構造を表わすために破断した部分を有する。 図4は図3の分割線4−4に沿って切られた、図3に示したプルーオン衣類の 断片図である。 図5は内面を示す、平らな縮ませていない状態の、図1に示した実施態様の簡 略化された平面図であり、下にある構造を表わすために破断した部分を有する。 図6は本発明の好適実施態様の引き裂き開放タブとシームパネルの平面図であ る。 図7Aは図6の線7−7に沿って切られたシームパネルの断片的な断面図であ り、着用中に生じる力を示している。 図7Bはプルーオンおむつが引き裂かれて開かれた時の、図7Aに示したシー ムパネルの断片的な断面図である。 図8は汚した後に畳まれた時の、プルーオンおむつの好適実施態様の透視図で ある。 図9は図8に示したプルーオンおむつが処分用の輪郭に固定された時の、好適 実施態様の透視図である。 図10は図8に示したプルーオンおむつが処分用の別の輪郭に固定された時の 、別の好適実施態様の透視図である。 詳細な説明 引用した全ての参照文献は,該引用によりそれら全体がここに取り込まれる。 。参照文献の引用は特許を請求する発明に対する先行技術として利用できること を承認するものではない。 本明細書において使用する「プルーオン衣類」という用語は、限定された腰開 口部と一対の脚開口部を有し、脚を脚開口部に入れて品物を腰の上に引っ張るこ とによって、着用者の身体に着用される着用物を意味する。「使い捨て」という 用語は、本明細書では、洗濯したり、あるいは衣類として復帰させたり再使用す ることが意図されていない(すなわち、1回の使用後に捨てることが意図されて おり、また好ましくは、再生利用したり、腐敗させたり、そうでなければ環境的 に矛盾のない方法で捨てることが意図されている)衣類を説明するために使用さ れる。「単一の」プルーオン衣類とは、別々の部品を共に組み合わせて統合体を 形成するプルーオン衣類を意味するが、サイドパネルは別のシャシーに接合され る別の要素ではなく、サイドパネルは衣類の中央パネルまたはシャシーを形成す る(つまり、衣類は別のシャシーとか別のサイドパネル等の別々に処理されるパ ネルを必要としない)少なくとも1つの層によって形成される。更に、プルーオ ン衣類は好ましくは身体から排出される様々な滲出物を吸収し、保持するするた めの「吸収材」である。本発明のプルーオン衣類の好適実施態様は、単一の使い 捨て吸収性プルーオン衣類、図1に示したプルーオンおむつ20である。本明細 書において使用する「プルーオンおむつ」という用語は、尿や便を吸収し、保持 するするために、一般に幼児や失禁に悩む人により着用されるプルーオン衣類を 意味する。しかしながら、本発明はトレーニングパンツ、失禁用ブリーフ、女性 の生理用衣類もしくはパンティ等の他のプルーオン衣類にも適用できることを理 解すべきである。本明細書において使用される「パネル」という用語は、プルー オン衣類の領域もしくは要素を表わすために使用される。(パネルは典型的に明 確な領域または要素である一方、パネルは隣接するパネルと幾分一致(機能的に 対応)してもよい)。本明細書において使用する「接合された」または「接合す る」という用語は、要素を他の要素に直接添付することによって、要素が直接別 の要素に固定される構成、及び要素を中間部材に添付し、それを次に他の要素に 添付することによって、要素が間接的に他の要素に固定される構成を保持するす る。 図1において、プルーオンおむつ20は前部26、後部28、及び前部26と 後部28の間の股部30を有するシャシー41を備える。シャシー41は液体浸 透性のトップシート80、トップシート80と結合された液体不浸透性のバック シート22、及びトップシート80とバックシート22間に置かれる吸収芯84 (図1には図示していない)を備える。更に、プルーオンおむつ20は各々が前 部26においてシャシー41の対応する側部から横に外向きに伸びる(extendin g)前部サイドパネル46と、後部28においてシャシー41の対応するサイド か ら横に外向きに伸びる後部サイドパネル48を備える。更に、プルーオンおむつ 20は前部と後部のサイドパネル46、48から各々横に外向きに伸びるシーム パネルと、シームパネル66から各々横に外向きに伸びる引き裂き開放タブ31 を備える。プルーオンおむつ20の好ましい例は、1996年10月29日にB uellらに対して発行された米国特許第5,569,234号に開示されてい る。 本発明の前部及び後部サイドパネル46、48はシャシー41の対応するサイ ドから横に外向きに伸びる材料であれば何であってもよい。好適実施態様では、 各々の前部及び後部サイドパネル46、48はシャシー41から横に外向きに突 出する突出部材である(図2、3に明確に図示している)。好ましくは、前部サ イドパネル46と後部サイドパネル48はプルーオンおむつの単一の要素である (つまり、それらはプルーオンおむつに固定された別々に処理される要素ではな く、プルーオンおむつの様々な層の1つかそれ以上の層から形成され、それらの 層の延長部分である)。より好ましくは、各々のシームパネル66は対応する前 部及び後部サイドパネル46、48の延長部分、もしくはそこで使用される構成 要素の少なくとも1つ、もしくは他の要素の組み合わせである。好ましくは、引 き裂き開放タブ31の各々が対応するシームパネル66の延長部分、もしくはそ こで使用される構成要素の少なくとも1つ、もしくは他の要素の組み合わせであ る。好適実施態様では、前部と後部のサイドパネル46、48はシャシー41か ら連続して伸びる連続部材である。より好ましくは、前部と後部のサイドパネル 46、48の少なくとも1つ、好ましくは両方がシャシー41の一部である連続 シートまたはフィルム材料42で構成され、シャシー41から連続して伸びる。 代替実施態様では、前部と後部のサイドパネル46、48はシャシー41のサイ ド縁に付けられた別個の部材(図示せず)である。 好適実施態様では、前部と後部のサイドパネル46、48は少なくとも横方向 に弾力的に伸ばすことができる。本明細書において使用する「弾力的に伸ばすこ とができる」という用語は、引張り力(典型的にサイドパネルに対する横方向の 引張り力)が加えられた時、少なくとも1つの方向に伸長し、引張り力が除去さ れた時、元のサイズと輪郭に戻るであろう区分または部分を意味する。より好ま しくは、前部と後部のサイドパネル46、48は横方向及び縦方向の両方に弾力 的に伸ばすことができる。 更に、プルーオンおむつ20は重なり合ったシーム構造を作り、それによって 2つの脚開口部34と腰開口部36を形成するために、重なり合って対応するシ ームパネル66を各々接合する継ぎ目32を備える。本発明の継ぎ目32の接着 は、シームパネルに使用される特殊な材料に適した当業者に公知の適当な手段に よって実施できる。このように、音波シーリング、熱シーリング、圧力接着、接 着剤または凝集性接着、縫い合わせ、ガス接着等が適当な技術である。好ましく は、シームパネル66は熱/圧力または超音波溶接のパターンによって接合され る。 連続ベルト38が腰開口部36のまわりに形成される。連続ベルト38は動的 に取付け力を作り出し、着用中に動的に発生した力を分配する働きをする。この ように、プルーオンおむつ20は好ましくは、シャシー層40;第1のベルト層 42;及び第2のベルト層44を備える。好ましくは、弾力性のある腰特徴部5 0が前部26と後部28の両方に設けられる。プルーオンおむつ20は付加的に 弾力性のある脚特徴部52を備える。より好ましくは、プルーオンおむつ20の 少なくともサイドパネル46、48に開口もしくは孔(図示せず)が設けられて 、通気性と通風を提供する。第1ベルト層42と第2ベルト層44が好ましくは 布の外観を持つ不織ウエブであり、シャシー層40が好ましくはプラスチックフ ィルムであるので、プルーオンおむつ20は独特の美的特徴を有し、股部に認識 される閉じ込めの利点を有する一方で、腰部に衣類のような心地よさと感触を持 つことが幼児の世話をする人や着用者によって認められる。 連続ベルト38はサイドパネル46、48内で弾力的に伸びることができ、初 めは従順にプルーオンおむつ20を着用者に適合させ、またプルーオンおむつの サイドが拡大収縮できるので、腰と脚の両方に沿って力を分散させることによっ て、滲出物が詰め込まれた後でも、この嵌め合いを着用中ずっと維持することに よって、より快適な輪郭をたどった嵌め合いを提供する。連続ベルト38は下記 に記載するような多数の異なる材料や層で形成することができる。 図2は様々なパネル及び互いに対する位置決めを描いた平らな縮ませていない 状態の、図1のプルーオンおむつ20の簡略化された平面図である。プルーオン おむつ20は主パネル56と一対の脚フラップパネル58を備えた股部30;ウ エストバンドパネル60と中間パネル62で構成される中央パネル、前部サイド パネル46及びシームパネル66を備えた前部26;及びウエストバンドパネル 60’と中間パネル62’で構成される中央パネル、後部サイドパネル48及び シームパネル66を備えた後部28を有する。吸収芯84(図2には図示せず) は滲出物が典型的にこの部分に排出されるので、一般的に主パネル56内に置か れるが、吸収芯84は典型的にベルトの中間パネル62、62’へと伸びる。 図2に示した実施実施態様では、脚フラップパネル58は一般に主パネル56 の各々のサイド縁68から、それに沿って横に外向きに伸びる。各々の脚フラッ プパネル58は一般に(図3に示した)弾力的な脚特徴部52の少なくとも一部 を形成する。連続ベルト38(前部26及び後部28)は股部30(主パネル5 6及び脚フラップパネル58)の各々の横縁69から、それに沿って全般的に縦 に外向きに伸びる。前部26において、中間パネル62は股部30の横縁69か ら、それに沿って全般的に縦に外向きに伸びる。ウエストバンドパネル60は中 間パネル62からそれに沿って全般的に縦に外向きに伸びる。サイドパネル46 は各々中央パネル(パネル60及び62)からそれに沿って全般的に横に外向き に伸びる。シームパネル66は各々のサイドパネル46からそれに沿って各々全 般的に横に外向きに伸びる。後部28においては、中間パネル62’は股部30 の他方の横縁69から、それに沿って全般的に縦に外向きに伸びる。ウエストバ ンドパネル60’は中間パネル62’からそれに沿って全般的に縦に外向きに伸 びる。サイドパネル48は各々中央パネル(パネル60’及び62’)からそれ に沿って全般的に横に外向きに伸びる。シームパネル66’は各々のサイドパネ ル48からそれに沿って各々全般的に横に外向きに伸びる。引き裂き開放タブ3 1は、各々のシームパネル66’からそれに沿って各々全般的に横に外向きに伸 びる。処分手段33が各々の引き裂き開放タブ31に設けられる。それらのパネ ルに加えて、前部26も端縁70、脚縁71、及びサイド縁72を有する。それ らのパネルに加えて、後部28も端縁70’、脚縁71’、及びサイド縁72’ を有する。股部30は脚縁74を有する。 ウエストバンドパネル60は好ましくは弾力的に伸ばすことができるものであ り、プルーオンおむつ20を腰開口部36の中央部分にうまく適合させるために 、より好ましくは弾力的に収縮性のあるもの、あるいはひだが寄せられたもので ある。使用中に吸収芯84の完全性を維持するために、中間パネル62にはひだ が寄せられない。中間パネル62、62’は弾力的に伸ばすことができるもので あってよいが(ひだは寄せられない)、好ましくは伸ばせない方がよい。 図3は前部26と後部28が共に継ぎ目32によって接合される前の、平らな 縮ませていない状態の(つまり、サイドパネル46、48内を除いて弾力的な誘 発された収縮が引き出され、サイドパネルがゆるんだ状態に残されている)、図 1に示したプルーオンおむつ20の一部破断された平面図であり、バックシート 22が見る人に向いている。プルーオンおむつ20のバックシート22は、使用 中に着用者の身体から離れて置かれる部分で構成される。図示した実施態様では 、プルーオンおむつ20のバックシート22は前部26に第1ベルト層42、後 部28に第2ベルト層44、及び股部30にシャシー層40を備える。(おむつ の内面24はバックシート22の反対側であり、使用中に着用者の身体に隣接し て配置されるおむつの部分で構成される)。 図3に示した実施態様では、シャシー層40は好ましくは、前部26、後部2 8及び股部30を限定する連続シートまたはウエブで構成される。このように、 シャシー層40はプルーオンおむつの基本的な層である。(本明細書において使 用する「層」という用語は材料の一枚の層に必ずしも要素を制限せず、層は実際 には必要なタイプの材料のシートまたはウエブの積層もしくは組み合わせで構成 されてよい。)シャシー層40は内面76(図3には図示せず)と外面77を有 する。シャシー層40の内面76と外面77はその方位において、プルーオンお むつ20の内面24とバックシート22に対応する。シャシー層40は好ましく は前部26、後部28、及び股部30を限定するので、シャシー層40は上記に おいて定義したように対応する部分及びパネルを有する。(簡略化するために、 これらの部分及びパネルは、図面では図2に示すような対応するプルーオンおむ つの部分及びパネルと同じ参照符号で表わされる。)第1ベルト層42は前部2 6のシャシー層40の外面77に位置付けられ、1つのサイド縁72から他方の サイド縁72まで前部26を横切って連続して横に伸び、端縁70から少なくと も脚縁71まで縦に伸びる。第1ベルト層42は好ましくはシャシー層40に接 合される。第2ベルト層44は後部28のシャシー層40の外面77に位置付け られ、1つのサイド縁72’から他方のサイド縁72’まで後部28を横切って 連続して横に伸び、また端縁70’から少なくとも脚縁71’まで伸びる。第2 ベルト層44は好ましくはシャシー層40に接合される。このように、各ベルト 層はシャシー層40と共同して着用者の腰まわりに連続ベルト38を(図1に示 すように)形成する。下記に詳述するように、このベルトはプルーオンおむつ2 0の嵌め合いと閉じ込めを高めるために、様々なゾーンにおいて様々な弾力的伸 長特性を有する。 弾力的に伸ばすことができる伸縮性積層物が前部26と後部28の各々のサイ ドパネル46、48に形成される。各々の前部サイドパネル46は少なくとも、 サイドパネル内に第1ベルト層42の部分とそれに接合される弾力的なパネル部 材78を備え、この特定の実施態様では、シャシー層40の部分がサイドパネル を形成する。好ましくは、弾力的なパネル部材78はシャシー層40と第1ベル ト層42間に位置付けられ、より好ましくは端縁70から縦に伸び、最も好まし くは脚縁71まで伸びる。少なくとも各後部サイドパネル48はサイドパネル内 に第2ベルト層44の部分とそれに接合される弾力的なパネル部材78’を備え 、この特定の実施実施態様では、シャシー層40の部分がサイドパネルを形成す る。 好ましくは、弾力的なパネル部材78’はシャシー層40と第2ベルト層44間 に位置付けられ、より好ましくは端縁70’から縦に伸び、最も好ましくは脚縁 71’まで伸びる。図3に示したプルーオンおむつの実施態様では、各々のサイ ドパネルが好ましくは更にサイドパネル内のトップシート80(障壁層)の一部 で構成される。各サイドパネルは機械的に引き伸ばされるか、引っ張られ(ひず み線によって示される)、サイドパネルが少なくとも横方向に弾力的に伸ばすこ とができるようになる。(横方向(x方向または幅)はプルーオンおむつの横の 中心線に対して並列する方向として限定される;縦方向(y方向または長さ)は 縦の中心線に対して並列する方向として限定される;また軸方向(z方向または 厚さ)はプルーオンおむつの厚みを通して伸びる方向として限定される。) 弾力的な腰特徴部50は前部26のウエストバンドパネル60に、または後部 28のウエストバンドパネル60’に設けられるか、あるいは好ましくは前部2 6と後部28の両方に設けられる。弾力的な腰特徴部50は、中央パネルにおい て着用者の腰に動的に適合し、腰の形に従うように、弾力的に伸ばすことができ る部材、好ましくはひだの寄せられた収縮性のある部材を提供する。図示した実 施態様では、弾力的な腰特徴部50は好ましくは弾力的に収縮性のある状態でウ エストバンドパネルにおいて、好ましくはトップシート80の基本層に機能的に 接合される単一のウエストキャップ/ウエストバンド82を備える。単一のウエ ストキャップ/ウエストバンド82はプルーオンおむつ20の腰開口部からの滲 出物の漏出に対する障壁として作用すると共に、着用者の腰まわりのプルーオン おむつ20の嵌め合いを提供する収縮性のあるウエストバンドとして作用する。 最も好ましい実施態様では、腰開口部に隣接するプルーオンおむつから水分が排 出されるように、単一のウエストキャップ/ウエストバンドは通気性がある。 図3に示した実施実施態様では、プルーオンおむつ20には股部30の脚との 嵌め合いを改良するために弾力的な脚特徴部52が設けられる。加えて、プルー オンおむつ20は排出された滲出物を保持するするため連続ベルトと共働する吸 収性組立品を提供するために、トップシート80とシャシー層40間に位置付け られる(図示しない)吸収芯84を備える。 図4は前部26において、図3の線4−4に沿って取られたプルーオンおむつ 20の断面透視図である。シャシー層40はプルーオンおむつ20の基本的な層 を形成し、内面76と外面77を有することが示されている。第1ベルト層42 がシャシー層40の外面77上に位置付けられ、前部26においてプルーオンお むつ20のバックシート22を形成する。弾力的なパネル部材78は好ましくは 第1ベルト層42とシャシー層40間に位置付けられる。トップシート80はシ ャシー層40の内面76の上に位置付けられ、そこに接合される。好ましくはト ップシート80は液体浸透性の基本層86と2つの障壁層88を備える。障壁層 88は基本層86からサイド縁72まで横に外向きに伸びる。各々の障壁層88 はフラップ部分90と立ち上がり部分92を備える。立ち上がり部分92は基本 層86に付着されず、弾力的なスペーシング部材94のひだ寄せ(gather ing)力が立ち上がり部分92を基本層86の表面から起立させ、使用中障壁 または壁になる障壁カフ(cuff)93を形成する。フラップ部分90は立ち上がり 部分92(近縁)からサイド縁72まで横方向外向きに伸びる。吸収芯84は好 ましくは基本層86とシャシー層40間に位置付けられる。後部28の構成は好 ましくは前部26の構成と同じである。 図5は前部26と後部28が共に継ぎ目によって接合される前の、平らな縮ま せていない状態の(つまり、弾力的な誘発された収縮がサイドパネル内を除いて 引き出されており、サイドパネルがゆるんだ状態に残されている)、図1に示し たプルーオンおむつ20の一部破断された平面図であり、プルーオンおむつ20 の内面24が見る人に向いている。身体からの滲出物を保持するするために必要 な吸収性を提供するために、プルーオンおむつ20は液体浸透性のトップシート 80、及びトップシート80とシャシー層40間に置かれる吸収芯84を備える 。図5に示した実施態様では、トップシート80は好ましくは共に接合される3 つの独特な層で構成される。液体浸透性の基本層86は吸収芯84の上に位置付 けられ、液体を急速に製品内へと吸収する。障壁層88が基本層86に接合され 、プルーオンおむつ20のサイドに沿って障壁カフ93を提供する一方、サイド パネルを引き裂くまたは引き剥がすことなく機械的に引き伸ばせるように、好ま しくは引っ張ることができ、より好ましくは疎水性である。障壁層88はフラッ プ部分90とチャネルもしくは立ち上がり部分92を有し、弾力的な脚特徴部5 2の様々な要素を提供する。弾力的な脚特徴部52は好ましくはガスケットが施 されたカフ91及び障壁カフ93で構成される。ガスケットが施されたカフ91 は好ましくはシャシー層40、障壁層88、もしくはその両方に、好ましくはシ ャシー層40と股部30の脚フラップパネル内の障壁層88のフラップ部分90 の間に機能的に接合される1つかそれ以上の弾力的な脚部材96によって形成さ れる。障壁カフ93は好ましくはフラップ(障壁層88の立ち上がり部分92) 、立ち上がり部分92の縦の端を基本層86に固定するための閉鎖手段98、及 び立ち上がり部分92に機能的に接合される弾力的なスペーシング部材94によ って形成される。 サイドパネル46及び48の弾力的な伸展性は、多数の異なる材料と輪郭によ って提供され得る。ベルトの様々な要素(例えばべルト層またはシャシー層)は 従来の弾力材料で構成されてよく、あるいはベルトのサイドパネルが多数の異な る伸縮性積層構造から構成されてもい。例えば、1975年1月14日にBue llに対して発行された、「使い捨ておむつ用の収縮できるサイド」(Cont ractable Side Portions For A Disposa ble Diaper”)と題された、米国特許第3,860,003号に記載 するように、弾力的に収縮性のある状態で、ベルトのサイドパネルを、1つかそ れ以上の非弾力性の要素(ベルト層またはシャシー層、またはその両方)に機能 的に接合される弾力性の材料で構成することができる。あるいはその代わりに、 サイドパネルは1995年2月9日に公開された、ザ・プロクター・アンド・ギ ャンブル社(The Procter & Gamble Company)の WO 95/03765、「弾力ゴム状の動きを呈するウエブ材料」(”Web Materials Exhibiting Elastic−like B ehavior”)に記載されているような構造的な弾力ゴム状フィルム(SE LF)で構成されてもよい。ベルトのサイドパネルが当業者に公知の多数の異な る伸展性のある、もしくは弾力材料で構成されてよいが、一方1つかそれ以上の ベルトのサイドパネルが、好ましくは各々のベルトのサイドパネルが伸縮性積層 物で構成される。 本発明の好適実施態様では、弾力パネル部材78が好ましくはシャシー層40 とベルト層42、44間で、サイドパネル46と48に機能的に接合され、サイ ドパネル46と48を少なくとも横方向に弾力的に伸ばせるようにする。弾力パ ネル部材としての使用に(特にゼロひずみの伸縮性積層物のために)特に適して いることが解っている弾力性の材料は、オハイオ州シンシナティ(Cincin nati、Ohio)のクロペイ社(Clopay Corporation) によってPA18−2870の名称で製造されているもの;あるいはテキサス州 ベイタウン(Baytown、Texas)のエクソンケミカル(ExxonC hemical)からのExxon 500シリーズ弾力性フィルム等の、特に 0.05 mm〜0.064 mm (0.002 in〜0.0025インチ ) の厚さのスチレンブロック共重合体ベースの弾力性フィルムである。弾 力性パネル部材としての使用に適した他の適当な弾力性の材料は、「弾力性のあ る」(live)合成または天然ゴム、他の合成または天然スポンジゴム、(熱 収縮できる弾力性のフィルム)を含む弾力性のフィルム、弾力性の織または不織 ウエブ、スクリム、弾力性の複合物等である。より好ましくは、弾力性パネル部 材78は弾力性のスクリム材料である。このような弾力性材料には複数の第2の ストランド(strands) と交差する複数の第1のストランドが設けられ、複数の開 口を有する網状の開放構造を形成する。各々の開口は実質的に方形の形状である ように、少なくとも2つの隣接する第1のストランドと少なくとも2つの隣接す る第2のストランドによって限定される。好ましい弾力性のスクリム(scrim) は TN2514の名称でコンウェドプラスチック社(Conwed Plasti cs Company)によって製造されている。 より好適な実施態様では、弾力性パネル部材は実質的に伸ばされない(ゼロひ ずみ)状態で、それらをシャシー層40、ベルト層42及び44、またはその両 方に固定することによってサイドパネルに機能的に接合される。その後弾力性パ ネル部材を含む、結果的に生じる複合伸縮性積層物の少なくとも一部が、伸縮性 積層物の非弾力性要素(シャシー層、障壁層、及びベルト層)を永久的に引き伸 ばすのに充分な機械的ストレッチングに賦される。複合伸縮性積層物は次にその 実質的に伸ばされない状態に戻される。このようにサイドパネルは「ゼロひずみ 」伸縮性積層物に形成される。(あるいは、弾力性パネル部材は伸ばされた状態 で機能的に接合されてから機械的ストレッチングに賦されてもよいが、これは「 ゼロひずみ」伸縮性積層物ほど好ましくはない。)本明細書において使用する「 ゼロひずみ」伸縮性積層物という用語は、実質的に伸ばされない(「ゼロひずみ 」)状態で、少なくとも一部の同一の広がりを持つ表面に沿って、互いに固定さ れる少なくとも2ひだ(plies) の材料で構成される積層物を意味し、1つのひだ は伸ばすことができ、弾力性のある(つまり、加えられた引張り力が解除された 後、実質的にその伸ばされない寸法に戻る)材料で構成され、第2のひだは引き 伸ばすことができるが(必ずしも弾力性のである必要はなく)、第2のひだを伸 ばすと同時に、少なくともある程度永久的に引き伸ばされ、加えられた引張り力 が解除されると同時に、その元の無変形の輪郭に完全には戻らないであろう。そ れに よって結果的に生じる伸縮性積層物が、初期ストレッチング方向に少なくとも初 期ストレッチングの点まで弾性的に伸ばすことができるようになる。伸縮性積層 物を作成するために使用される特に好ましい方法及び装置は、かみ合う波形にな ったロールを利用し、要素を機械的に引き伸ばす。特に好ましい装置及び方法は 、1992年12月1日にWeberらに対して発行された米国特許第5,16 7,897号;1990年10月20日にBuellらに対して発行された米国 特許第5,156,793号;及び1992年9月1日にWeberらに対して 発行された米国特許第5,143,679号に開示されている。 連続ベルト38は着用者に位置付けられた時、プルオンおむつ20に動的に取 付け力を作り出し、身体からの滲出物が乗せられた時でもプルオンおむつを着用 者の上に維持し、こうして吸収芯を着用者の近くに保持し、着用中に動的に発生 する力を腰まわりに分散させ、それによって吸収芯をプルオンおむつの中間パネ ルに縛り付ける、あるいは束ねることなく、吸収芯用の補足的な支持を提供する 。ベルトは特定の区分において弾力的に伸ばせるように、また腰開口部まわりの 他の区分において少なくとも弾力的に伸ばせる、好ましくは弾力的に収縮性があ るように;脚開口部の部分のまわりで弾力的に伸ばせるように;また吸収芯がお かれる中間パネルではひだが寄せられたり束ねられないようにデザインされる。 更に、おむつは過度に伸びないので、プルオンおむつを簡単に付けられるように するため、ベルトの弾力的伸展性は「力/伸長壁」を有し、ベルトはその壁を超 えて弾力的に伸びず、それによって製品を臀部に容易に滑らせることができるよ うになる。この「力/伸長壁」は製品を自分で着用し、自分の臀部の上に完全に 引き伸ばせる製品を完全に引っ張って位置付けることができないであろう小さな 子供にとって特に重要である。更にベルトは着用応力を処理し、ベルトウエブが 吸収芯を囲む。結果的に生じるおむつは着用者の腰まわりの嵌め合いにおいて嵩 ばらない。吸収芯を横切るベルトの連続性と関連して、吸収芯上のベルトにおい てひだが寄ったり収縮しないことが、着用中に吸収芯を身体に押し付けようとす る、ベルト内に発生するフープ(hoop)応力に基づく連続的な垂直力を提供 することによって、改良された嵌め合いを提供する。このように、吸収芯の領域 に亙って弾力的収縮あるいはひだ寄せを提供するおむつ、あるいはスパン内に集 中し、 吸収芯の領域のまわりでスパンを横切ってフープ応力を分配するベルトを提供し ないおむつと比べて、吸収芯はより密接した、快適な方法で、あまりぎざぎざに ならないように維持される。 シームパネル66及び66’は限定された腰開口部36と脚開口部34を形成 するように、製造業者によって共に継ぎ合わされ、接合されるように設計された 部分である。図2に示すように、シームパネル66、66’は各々のサイドパネ ル46、48から側縁72、72’まで横方向外向きに伸び、全般的に各々端縁 70または70’から脚縁71または71’まで縦に伸びる。シームパネルは好 ましくはシャシー層及びベルト層やトップシート等の他の要素、あるいはこれら の要素の組み合わせの延長部である。好適実施態様では、各シームパネルはシャ シー層、ベルト層、弾力パネル部材及びトップシートの障壁層の部分によって形 成される。(シームパネルにおいては、伸縮性積層物が機械的ストレッチングに よって賦活されないことが好ましいが、所望であればこの部分に付加的な伸展性 を与えるために賦活されてもよい。) 更に好適な実施態様では、引き裂き開放タブ31を使用することによって、継 ぎ目を簡単に引き裂いて開くことができるように、継ぎ目32は所定のシームパ ターンを有する。好ましくは、継ぎ目32は、例えば図6に示すように、集団4 a、4b、4cにグループ分けされた個々のボンドの間欠パターンで構成される 。この実施態様では、継ぎ目32は4つの集団4a〜4dで構成される。他の適 当な継ぎ目は2個、3個、5個またはそれ以上の数の集団を有することができる 。引き裂き開放タブ31を使用することによって、継ぎ目を容易に引き裂いて開 くことができる限り、どのような形状のボンド及び/もしくは集団でも使用でき る。ボンド及び/もしくは集団の好ましい形状は円、長円形、三角形、方形を含 む。 隣接する集団4a〜4d間の間隔が継ぎ目32にギャップまたは未接着部分5 a〜5cを作り出す。おむつ20が着用されると、継ぎ目32は着用者の動きに つれて縮もうとする。隣接する集団間の間隔における継ぎ目32の縮みが、使用 中におむつの内外に空気が出入りできるようにするチャネルを作り出し、おむつ の通風をよくする。このように、継ぎ目32の未接着部分(つまり、個々のスペ ーシング距離の全ての合計)が継ぎ目の通気性を決定し,したがっておむつ20 の通気性を決定する。継ぎ目32の未接着部分が増大するにつれて、おむつの通 気性を増大させる。しかしながら、継ぎ目32の未接着部分が増大するにつれて 、継ぎ目32の強度が低下する。継ぎ目32の未接着部分は、脚開口部34から 腰開口部36まで継ぎ目32に沿って測定して、好ましくは全体の継ぎ目の長さ の約20%から約65%までの範囲である。適当な継ぎ目の例は全体の継ぎ目の 長さの約30%、35%または40%で構成される未接着部分を有する。約20 %以下の未接着部分は、おむつを通気するために充分な量の空気を入れないので 、一般的に好ましくない。約65%以上の未接着部分は、おむつを通気するため に充分な量の空気を入れるが、着用中におむつに加えられる高い力と応力に耐え られるほど充分強くないので、一般的に望ましくない。 好ましい継ぎ目のパターンは、引き裂き開放タブ31を使用することによって 、継ぎ目を容易に引き裂いて開くことができるように、シームパネル66間に変 化する接着強度を提供する異なる継ぎ目強度パターンを含んでよい。好適実施態 様では、このような接着強度の制御は、シームパネル66に含まれる重合体材料 の特定量を変化させることによって作り出すことができる。接着強度を増大させ るために、例えば、高い斥量の不織材料または厚いプラスチックフィルムを使用 することによって、あるいはシームパネル66に付加的な材料層を導入すること によって、シームパネル66を形成する要素に含まれる重合体材料の量を増加さ せてもよい。例えば、付加的なプラスチックフィルムまたは不織ウエブをシーム パネル66において接合してもよい。あるいは、おむつを形成する層を予定され る継ぎ目部分を超えて伸ばし、シームパネル内に折り返してシームパネルに付加 的な層を導入してもよい。このようなタイプの継ぎ目の例は、上記において参照 した米国特許第5,236,430号に記載されている。 好適実施態様では、引き裂き開放タブ31はシームパネル66の縁に沿ったど の場所にも位置付けることができる。図6の好適態様では、引き裂き開放タブ3 1は集団4aと4bに同等に近接した間隔5aの外向きに伸ばされた部分に置か れる。 好ましくは、引き裂き開放タブ31の位置は脚開口部34と腰開口部36間の 一方に片寄って置かれる。好適実施態様では、引き裂き開放タブ31の位置は腰 開口部36より脚開口部34の近くである。より好ましい実施態様では、図6に 示すように、引き裂き開放タブ31の位置は脚開口部34より腰開口部36の近 くである。引き裂き開放タブ31の片寄った位置は、ユーザーに指でどの部分か らおむつを引き裂いて開き始めるべきかを示す。 図7Aはシームパネル66を接合することによって形成される重なり合ったシ ーム構造32を示す。この図では、説明目的のために、1つの継ぎ目要素32が その厚みと幅に関して誇大に描かれている。矢印F1とF2はおむつ20を着用 する時に発生し、前部と後部のサイドパネル46、48を通してシームパネル6 6、66’内の継ぎ目要素32に印加される力を示す。重なり合ったシーム構造 は、着用者の腰部分にプルーオンおむつを維持するために必要な継ぎ目強度を提 供する。図7Bは着用者からおむつを取り外す間に、おむつが引き裂かれ開かれ る時、引き裂き開放タブ31及び前部サイドパネル46に各々印加される力F3 及びF4を示す。反対方向の力F3とF4は後部サイドパネル48のシームパネ ル66’から前部サイドパネル46のシームパネル66を分離するために効果的 に作用する。引き裂き開放タブ31の片寄った位置が、脚開口部34または腰開 口部36に最も近い位置に位置付けられる特定の継ぎ目要素32における、引き 裂き開放力F3の集中を生じさせる。このように、プルーオンおむつ20はユー ザーが小さな力を加えることによって、脚開口部34または腰開口部36から引 き裂いて開くことができる。 図8に示すように、プルーオンおむつ20は便利な処分を提供する構成にプル ーオンおむつを固定できるようにするため、引き裂き開放タブ31に接合される 処分手段33を有する。好適態様では、引き裂き開放タブ31は内面35と外面 37(図9に図示)を有する。処分手段33は引き裂き開放タブ31と前部サイ ドパネル46間に位置付けられ、図1に示すように、それらの間に隠されるよう に、引き裂き開放タブ31の内面35に接合される。 処分手段33はプルーオンおむつ20を便利な処分を提供する構成に固定でき るようにする材料ならどのような材料であってもよい。好適実施態様では、処分 手段33は処分のために少なくとも一部のバックシート22、または前部と後部 のサイドパネル46、48の一方と係合するか、あるいは貼り付けられる。好適 実施態様では、処分手段33は処分のためにバックシート22と共に機械的ファ スナーシステムを構成する機械的固定要素を備える。別の好適実施態様では、処 分手段33は処分のために前部と後部のサイドパネル46、48の一方と共に機 械的ファスナーシステムを構成する機械的固定要素を備える。機械的固定要素は ボタン、スナップ、フック固定材料、またはループ固定材料等の閉鎖を達成する ための公知の手段で構成されてよい。 機械的固定システムは当業者に公知の機械的ファスナーで構成されてよい。例 示的な固定システムは、1991年10月22日にThomasに対して発行さ れた「機械的固定ピン」(Mechanical Fastening Prong”)と題された、米国特 許第5,058,247号;1989年9月26日にScrippsに対して発 行された、「吸収体の処分用の接着テープ処分手段を有する機械的固定システム 」(”Mechanical Fastening Systems With Adhesive Tape Disposal Me ans For Disposal of Absorbent Articles”)と題された、米国特許第4 ,869,724号;及び1989年7月11日にScrippsに対して発行 された、「改良された固定装置を有する使い捨て紙おしめ」(”Disposable Di aper Having an Improved Fastening Device”)と題された、米国特許第 4,846,815号に開示されている。 1つの好適実施態様では、機械的ファスナーシステムはフックとループタイプ のファスナーである。本明細書において使用する「フックとループタイプのファ スナー」という用語は、「フック」固定材料と補足的なループ固定材料を備える 固定手段を意味する。「フック」という用語は、係合要素を有する材料を示すた めに使用される。このようにフック固定材料も雄ファスナーと称されてもよい。 更に、「フック」という用語の使用は、係合要素が補足的な取り込み(landing) 要素と係合するように適合されている限り、当業者に公知のどのような形状であ ってもよいという意味で非制限的であるべきであることを理解すべきである。こ のように、フック固定材料は広範囲の材料から製造されてよい。更に、係合手段 は、フック、「T字型」、「マッシュルーム型」あるいは当業者に公知の他の形 状等のどのような形状でも有することができる。適当な材料はナイロン、ポリエ ステル、ポリプロピレン、あるいはこれらの材料の組み合わせを含む。好ましい フック固定材料の例は、XPH−5089の商号で住友3Mから入手できるもの である。別の好ましいフック固定材料は、1991年10月22日にThoma sに対して発行された「機械的固定ピン」(Mechanical Fastening Prong”)と 題された、米国特許第5,058,247号に記載されている。 別の好適態様では、処分手段はフック固定材料を備え、バックシート22また は前部と後部のパネル46、48の一方が少なくとも予想される取り込み位置に おいてループ固定材料を備える。より好ましくはフック固定材料はベースとベー スから伸びる複数の係合要素を備える。フック固定材料はバックシート22また は前部と後部のパネル46、48の一方に形成されるループ固定材料の繊維質の 要素と係合するためのものである。ベースは適当な手段によって引き裂き開放タ ブ31に接合されてよい。好適実施態様では、それらは引き裂き開放タブ31の 内面に直接接合される。 他の好適実施態様では、バックシート22または前部と後部のパネル46、4 8が処分のために少なくとも処分手段33の予想される取り込み部分において取 り込み要素(図示せず)を備える。取り込み要素は処分手段33と係合するか、 あるいは貼り付けることができる。取り込み要素は係合要素としっかりと係合で きる広範囲の材料及び構成から製造できる。例えば、取り込み要素は同じ補足的 な要素または別個の補足的な要素を備えることができる。本明細書において使用 する「同じ補足的な要素」という用語は、係合部材の係合要素及び取り込み部材 が同じ構成または構造を備える機械的固定システムを定義するために使用される 。「別個の補足的な要素」という用語は、係合部材が取り込み部材と異なるが、 それと係合することができるシステムを指摘するために使用される。 1つの好適態様では、取り込み要素は、処分手段33の係合要素と係合するル ープ固定材料等の複数の繊維要素を備える。ループ固定材料は繊維要素、好まし くはループを提供する広範囲の材料から製造することができる。適当な材料は、 織材料、不織布、ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、あるいは公知のル ープ固定材料、あるいはこれらの材料の組み合わせを含む。好ましいループ固定 材料は織られた裏材から突出する多数の形作られた係合要素を備える。安価なル ープ固定材料及びループ固定材料を作成する方法は、1991年7月16日にN oelらに対して発行され、「固定装置用のループ固定材料及びその製造方法」 (”Loop Fastening Material for Fastening Device and Method of M aking Same”)と題された、米国特許第5、032、122号に記載されている 。別の適当な取り込み要素材料は、1994年7月5日にDavid J. K . Goulaitに対して発行され、「再固定できる固定装置用の不織雌要素 及びその製造方法」(”Nonwoven Female Component for Refastenable fas tening Device and Method of Making the Same”) と題された、米国特 許第5,326,612号に記載されている。 別の好適実施態様では、取り込み部材はベースとベースから伸びる複数の係合 要素を有する。ベースは予想される取り込み部分において、バックシート22ま たは前部と後部のパネル46、48に接合される。取り込み部材は、接着剤、凝 集剤(cohesives)、熱、圧力、超音波もしくはそれらの組み合わせを含む当業者 に公知の手段によって、バックシート22または前部と後部のパネル46、48 と接合されてよい。あるいは、取り込み部材はバックシート22または前部と後 部のパネル46、48の一部に形成されてもよい。 好適実施態様では、バックシート22はプラスチックフィルム及びプラスチッ クフィルムの外に面する表面に接合される不織ウエブで構成され、不織ウエブが プラスチックフィルムの外に面する表面の少なくとも一部、好ましくは70%以 上、より好ましくは実質的に全てをカバーする。不織ウエブは取り込み部材を形 成する少なくとも一部を有する。好ましくはプラスチックフィルムは水分浸透性 である。不織ウエブは当業者に公知の適当な接着手段によってプラスチックフィ ルムに接合されてよい。例えば、不織ウエブは接着剤の均一な連続層、パターン 化された接着剤層、もしくは接着剤の別々の線、らせんまたはスポットの配列に よって、プラスチックフィルムに固定されてよい。適当な不織ウエブとしては1 3561 DAPPとして米国サウスカロライナ州のファイバーウエブ社(Fi berweb Co., Ltd.)から入手できるポリプロピレンのスパンボ ンディングされた不織ウエブがある。別の適当なポリプロピレンのスパンボンデ ィングされた不織ウエブは、L4819として米国マサチューセッツ州ヴェラテ ック社(Veratec Co., Ltd.)から入手できる。 代替の実施態様では、処分手段は処分のために、バックシート22または前部 と後部のパネル46、48に貼り付けるか、接着することができる接着剤接着手 段を備える。より好ましい実施態様では、接着剤接着手段は引き裂き開放タブ3 1の内面に置かれる接着剤と接着剤の上に置かれるリリースライナーを備え、使 い捨てプルーオンおむつが汚れるまで接着剤が露出されない。接着剤接着手段は 当業者に使用されている接着剤または糊で構成されてよい。好ましくは、感圧接 着剤が使用される。リリースライナーは接着剤接着手段が使用の前に乾燥したり 、異質の表面に付着するのを防止する働きをする。このような目的のために一般 に使用されているどのようなリリースライナーでも使用することができる。 プルーオンおむつ20が使用されるか、汚れた後、その汚れたおむつ20は、 引き裂き開放タブ31と前部サイドパネル46を掴んで継ぎ目32に沿って引き 裂いて開き、汚れたおむつ20を着用者から外す。外したおむつ20を、処分用 の輪郭に畳んで巻き、例えば図8に示すように、汚れたおむつ内に内容物を包み 込む。畳まれた、あるいは巻かれたおむつ20を処分手段33で固定するために 、どのような輪郭でも選ぶことができる。例えば、引き裂き開放タブ31を処分 手段33(図示せず)を通してバックシート22に接着し、図9に示すような処 分用輪郭に固定する。あるいは、片側の引き裂き開放タブ31の1つを処分手段 33を通して他方の側の後部サイドパネル48に接着し、図10に示すような処 分用輪郭に固定する。これらの例(図9及び図10)では、処分手段33は引き 裂き開放タブ2に設けられ、バックシート22または後部サイドパネル48と係 合またはそれに付着するようにデザインされた、機械的固定要素または接着剤の いずれかであってよい。このように、これらの畳まれた処分用輪郭は、畳まれた おむつ20の側面から閉じ込められた尿または身体からの滲出物が漏れるのを効 果的に防止する。 吸収芯84は好ましくはシャシー層40の内面76に隣接して位置付けられ、 好ましくは当業者に公知の接着手段(図示せず)によってそこに接合される。例 えば、シャシー層は接着剤の均一な連続層、パターン化された接着剤層、もしく は接着剤の別々の線、らせんまたはスポットの配列によって、プラスチックフィ ルムに固定されてよい。好ましくは接着手段は、1986年3月4日にMine tolaとTuckerに対して発行された、「使い捨ての排泄物閉じ込め衣類 」(”Disposable Waste-Containment Garmern”)と題された米国特許第4,5 73,986号に開示されているように、接着剤の単繊維の開放パターン網状組 織を備える。単繊維の開放パターン網状組織の例示的な接着手段は、1975年 10月7日にSparague Jr.に対して発行された米国特許3,911 ,173号;1978年11月22日にZiekerらに対して発行された米国 特許4,785,996号;及び1989年6月27日にWereniczに対 して発行された米国特許第4,842,666号に示された装置及び方法によっ て図示されるような、らせんパターンに渦巻かれた数本の線の接着性単繊維を備 えている。あるいは、接着手段は熱結合剤、圧力結合剤、超音波結合剤、動的機 械的結合剤、あるいはその他の適当な接着手段、または当当業者に公知のこれら の接着手段の組み合わせを含むことができる。 吸収芯84は一般に着用者の皮膚に対して圧縮でき、従順で、刺激的でなく、 尿とか他の身体からの滲出物等の液体を吸収し、保持することができる、どのよ うな吸収手段であってもよい。吸収芯は種々のサイズ及び形状(例えば、矩形、 漏刻形、T字形、非対称形等)に製造されてよく、使い捨ておむつに一般に使用 される広範囲の液体吸収材や一般にエアフェルト(airfelt) と称される粉砕され た木材パルプ等の他の吸収体から製造されてよい。他の適当な吸収性材料の例は 、クレープで包まれたセルロースの詰め物;コフォーム(coform)を含む溶融ブロ ー成形された重合体;架橋されたセルロース繊維;ティシューの外皮を含むティ シュー;吸収性の泡;吸収性スポンジ;高吸収性重合体;吸収性ゲル化材;もし くは同等の材料またはこれらの材料の組み合わせを含む。吸収芯の輪郭及び構成 も変化してよい(例えば、吸収芯は変化するキャリパー(caliper) 域、親水性勾 配、高吸収性勾配、または低い平均濃度及び低い平均斤量取得域を持っていてよ く;あるいは1つ以上の層または構造を備えていてよい)。しかしながら、吸収 芯の全吸収能力はプルーオンおむつの設計荷重及び使用目的と矛盾があってはな らない。更に、吸収芯のサイズと吸収能力は、幼児から大人までの着用者に対応 するよう変化させることができる。 吸収芯の好適態様は、非対称形、修正された漏刻形を有し、着用者の身体に向 かう身体表面(内面)と、身体表面と反対側のおむつ表面を有する。広く受け入 れられている、本発明の吸収芯として使用される例示的な吸収構造は、1994 年11月1日にCook, Lash, Moore & Youngに対して 発行され、「補剛された繊維と高吸収材料を含む吸収構造」(Absorbent Struc tures Containing Stiffened Fibers and Superabsorbent Material" ) と題された米国特許第5,360,420号に記載されている。好ましくは吸収 芯は、1986年9月9日にWeismanとGoldmanに対して発行され 、「高密度吸収構造」(" High-Density Absorbent Structures" )と題され た米国特許第4,610,478号に開示されているような、化学的に補剛され たセルロース繊維の取得/分配層と、木材パルプ繊維と高吸収材の混合物で構成 される、取得/分配層の下に位置付けられる保管層を備える。 トップシート80は吸収芯84の身体表面に隣接して位置付けられ、好ましく は当業者に公知の接着手段(図示せず)によって、吸収芯84とシャシー層40 に接合される。好適実施態様では、トップシートとシャシー層は、それらを吸収 芯、または弾力性パネル部材、またはプルーオンおむつの他の要素に直接接合す ることによって、共に間接的に接合される。 トップシート80は好ましくは1989年1月3日にDragooに対して発 行され、「漏出防止デュアルカフを有する吸収体」(" Absorbent Aticle Havin gLeakage-Resistant Dual Cuffs")と題された米国特許第4,795,454号 に開示されているような、3部材構造を備える。図5に示すように、トップシー ト80は基本層86と基本層86に接合され、基本層86から横方向外向きに伸 びる障壁層88で構成される。基本層86は液体がその厚みを通って急速に浸透 し、吸収芯によって吸収されるようにする、液体浸透性材料である。2つの障壁 層88はおむつのサイドからの漏れを防止するために好ましくは疎水性であり、 より好ましくは伸縮性積層物を強化するために引っ張ることができる。 本発明の特定の実施態様を図示し説明してきたが、発明の精神及び範囲を逸脱 することなく、様々な変更や修正を実施できることが当業者には明らかであろう 。ここで説明した例や実施態様は図示目的のためだけであり、発明の範囲を逸脱 することなく当業者には様々な修正や変更が提案されることが理解されるであろ う。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(GH,KE,LS,MW,S D,SZ,UG),UA(AM,AZ,BY,KG,KZ ,MD,RU,TJ,TM),AL,AM,AT,AU ,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA,CH, CN,CU,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,G B,GE,GH,HU,IL,IS,JP,KE,KG ,KP,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT, LU,LV,MD,MG,MK,MN,MW,MX,N O,NZ,PL,PT,RO,RU,SD,SE,SG ,SI,SK,TJ,TM,TR,TT,UA,UG, US,UZ,VN,YU

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1.使い捨てプルーオン衣類であって: 前部、後部、及び前部と後部の間の股部を有するシャシーであって,該シャシ ーは液体浸透性のトップシート、トップシートと結合された液体不浸透性のバッ クシート、及びトップシートとバックシート間に置かれる吸収芯を備え; シャシーの前部においてシャシーの各々のサイドから横に外向きに伸びる前部 サイドパネルと; シャシーの後部においてシャシーの各々のサイドから横に外向きに伸びる後部 サイドパネルと; 前部と後部の各々のサイドパネルから横に外向きに伸びるシームパネルと; 重なり合ったシーム構造を作り、それによって2つの脚開口部と腰開口部を形 成するために、重なり合って対応するシームパネルを各々接合する継ぎ目と;及 び 便利な処分を提供する構成にプルーオン衣類を固定できるようにするため、前 部と後部のサイドパネルの少なくとも一方に接合される処分手段と,を備えるこ とを特徴とする使い捨てプルーオン衣類。 2.更に、シームパネルから横方向外側に伸びる引き裂き開放タブと、引き裂 き開放タブに接合される処分手段を備える、請求項1に記載の使い捨てプルーオ ン衣類。 3.引き裂き開放タブは外面と内面を有し、処分手段が引き裂き開放タブの内 面に接合される、請求項2に記載の使い捨てプルーオン衣類。 4.継ぎ目はシームパネルを間欠的に接合する間欠的継ぎ目である、請求項1 に記載の使い捨てプルーオン衣類。 5.処分手段は処分のために、バックシートと共に機械的ファスナーシステム を構成する機械的固定要素を備える、請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣類 。 6.処分手段は処分のために、前部と後部のサイドパネルの一方と共に機械的 ファスナーシステムを構成する、機械的固定要素を備える、請求項1に記載の使 い捨てプルーオン衣類。 7.処分手段は処分のために、バックシートに接着できる接着剤接着手段を備 える、請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣類。 8.引き裂き開放タブの位置は脚開口部と腰開口部間の一方に片寄らされる、 請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣類。 9.引き裂き開放タブの位置は脚開口部より腰開口部に近い、あるいは腰開口 部より脚開口部に近い、請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣類。 10.前部と後部のサイドパネルは少なくとも横方向に弾力的に伸ばすことが できる、請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣類。 11.前部と後部のサイドパネルの少なくとも一方が、シャシーから連続的に 伸びる連続的シート材料で構成される、請求項1に記載の使い捨てプルーオン衣 類。 12.引き裂き開放タブを使用することによって、継ぎ目を容易に引き裂いて 開くことができるように、継ぎ目は所定の継ぎ目パターンを有する、請求項1に 記載の使い捨てプルーオン衣類。
JP52554298A 1997-05-30 1997-05-30 汚した後の処分時の取り扱いを改良した使い捨てプル−オン衣類 Pending JP2000502941A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/US1997/009262 WO1998053780A1 (en) 1997-05-30 1997-05-30 Disposable pull-on garment having improved disposal handling after soil

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000502941A true true JP2000502941A (ja) 2000-03-14

Family

ID=22260988

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP52554298A Pending JP2000502941A (ja) 1997-05-30 1997-05-30 汚した後の処分時の取り扱いを改良した使い捨てプル−オン衣類

Country Status (8)

Country Link
US (1) US6302871B1 (ja)
EP (1) EP0984757B1 (ja)
JP (1) JP2000502941A (ja)
KR (1) KR20010013099A (ja)
CA (1) CA2291634C (ja)
DE (2) DE69726617D1 (ja)
ES (1) ES2212116T3 (ja)
WO (1) WO1998053780A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008525148A (ja) * 2004-12-29 2008-07-17 エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー パンツ型吸収用品
JP2009509620A (ja) * 2005-09-29 2009-03-12 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 使い捨て衣類用サイドシーム
KR101823312B1 (ko) 2014-11-26 2018-01-29 킴벌리-클라크 월드와이드, 인크. 핑거 탭을 갖는 흡수 용품 및 그 제조 방법

Families Citing this family (45)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6849067B2 (en) 1999-11-22 2005-02-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles with refastenable side seams
US6764475B1 (en) 1998-12-18 2004-07-20 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles having differential strength refastenable seam
US6972012B1 (en) * 1998-12-18 2005-12-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Pant-like disposable absorbent articles
US6761711B1 (en) 1998-12-18 2004-07-13 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles with refastenable side seams
US6752796B2 (en) * 1999-02-10 2004-06-22 First Quality Products, Inc. Disposable pant type absorbent article
US6645190B1 (en) 1999-11-22 2003-11-11 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article with non-irritating refastenable seams
US6447497B1 (en) * 1999-11-22 2002-09-10 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article with child resistant refastenable seams
US6554816B1 (en) 1999-11-22 2003-04-29 Kimberly-Clarke Worldwide, Inc. Absorbent articles with shaped fastening component
US8343127B1 (en) 1999-11-22 2013-01-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles with garment-like refastenable seams
US7473818B2 (en) * 2001-03-01 2009-01-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Product seal of dissimilar materials
US6996851B2 (en) * 2001-12-13 2006-02-14 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Permeable, close to the body liner for swimwear
US7056313B2 (en) * 2001-12-20 2006-06-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Aesthetically improved side panels for disposable garment and methods of making the same
US8235962B2 (en) * 2002-06-28 2012-08-07 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent pant garments having optimized leg opening shape
US8323435B2 (en) 2002-07-31 2012-12-04 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Mechanical fastening system for an article
US7837665B2 (en) 2002-10-01 2010-11-23 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Three-piece disposable undergarment with folded crotch member
US6979380B2 (en) 2002-10-01 2005-12-27 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Three-piece disposable undergarment and method for the manufacture thereof
US7220335B2 (en) * 2002-10-01 2007-05-22 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Three-piece disposable undergarment with stretchable crotch member and method for the manufacture thereof
US7749211B2 (en) * 2002-10-18 2010-07-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Body conforming absorbent garment and methods for the use and manufacture thereof
US8043273B2 (en) * 2002-12-19 2011-10-25 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable undergarment with a stretchable absorbent insert and method for the use thereof
US7150730B2 (en) 2004-03-01 2006-12-19 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Refastenable pant-like disposable undergarment
JP4920944B2 (ja) * 2005-10-12 2012-04-18 ユニ・チャーム株式会社 使い捨て着用物品
US20070255246A1 (en) * 2006-04-28 2007-11-01 The Procter & Gamble Company Disposable absorbent articles with reinforced seams
CN101460123A (zh) * 2006-06-07 2009-06-17 宝洁公司 用于吸收制品的可双轴向拉伸的外覆盖件
JP5185687B2 (ja) * 2008-05-14 2013-04-17 ユニ・チャーム株式会社 着用物品およびその折り畳み方法
USD639936S1 (en) 2008-05-30 2011-06-14 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable absorbent pants
US8518006B2 (en) * 2008-05-30 2013-08-27 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Personal wear absorbent article with tab
US8152787B2 (en) 2008-05-30 2012-04-10 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Personal wear absorbent article with disposal tab
US8172821B2 (en) * 2008-05-30 2012-05-08 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Personal wear absorbent article with waist adjustment tab
US8162912B2 (en) * 2008-05-30 2012-04-24 Kimberly Clark Worldwide, Inc. Personal wear absorbent article with disposal tab
US8216200B2 (en) * 2009-10-07 2012-07-10 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable absorbent article with disposal tab
US8545474B2 (en) * 2010-10-22 2013-10-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable absorbent article with finger tab without compromising stretch
US8523836B2 (en) * 2010-10-22 2013-09-03 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable absorbent article with finger tab
US20120101468A1 (en) * 2010-10-22 2012-04-26 Michael Donald Sperl Disposable Absorbent Article with Opening Tab
US8945324B2 (en) 2011-04-04 2015-02-03 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Process for making elastomeric absorbent garments to reduce absorbent bunching
JP5931423B2 (ja) * 2011-12-08 2016-06-08 大王製紙株式会社 パンツタイプ使い捨ておむつ
US9615980B2 (en) 2013-07-29 2017-04-11 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system
US9480611B2 (en) 2013-07-29 2016-11-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system
US9339425B2 (en) 2013-11-04 2016-05-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system adapted to enhance gasketing
US9468569B2 (en) 2013-11-04 2016-10-18 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system and waist elastic with low load loss properties
US9597237B2 (en) 2013-12-31 2017-03-21 Kimberly-Clark Worldwide, Inc Absorbent article having a fastening system
US9980859B2 (en) 2014-01-31 2018-05-29 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system with improved flexibility
US9789010B2 (en) 2014-03-31 2017-10-17 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a tear away section
USD787051S1 (en) * 2014-05-12 2017-05-16 Attends Healthcare Products, Inc. Incontinence garment
USD782663S1 (en) * 2014-08-27 2017-03-28 The Procter And Gamble Company Diaper
WO2016069269A1 (en) 2014-10-31 2016-05-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a protected fastening system

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3860003B2 (en) 1973-11-21 1990-06-19 Contractable side portions for disposable diaper
US4747846A (en) 1987-04-03 1988-05-31 Kimberly-Clark Corporation Stretchable disposable absorbent undergarment
GB2244422B (en) * 1990-05-09 1994-03-16 Kao Corp Disposable diaper
US5246433A (en) * 1991-11-21 1993-09-21 The Procter & Gamble Company Elasticized disposable training pant and method of making the same
JP3096152B2 (ja) * 1992-05-22 2000-10-10 ユニ・チャーム株式会社 使い捨てオムツ
US5518801A (en) 1993-08-03 1996-05-21 The Procter & Gamble Company Web materials exhibiting elastic-like behavior
JP2580207Y2 (ja) * 1993-12-10 1998-09-03 ユニ・チャーム株式会社 使い捨てパンツ型おむつ
US5531732A (en) * 1994-06-14 1996-07-02 Minnesota Mining And Manufacturing Company Adjustable fit disposable training pant or incontinence garment having disposable means
JP3007564B2 (ja) 1995-03-17 2000-02-07 花王株式会社 吸収性物品
US5569234A (en) 1995-04-03 1996-10-29 The Procter & Gamble Company Disposable pull-on pant
JP3623288B2 (ja) 1995-10-13 2005-02-23 ユニ・チャーム株式会社 使い捨ておむつ
US5575784A (en) * 1995-11-02 1996-11-19 The Procter & Gamble Company Disposable training pant with improved disposal means

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008525148A (ja) * 2004-12-29 2008-07-17 エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー パンツ型吸収用品
JP2009509620A (ja) * 2005-09-29 2009-03-12 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 使い捨て衣類用サイドシーム
KR101823312B1 (ko) 2014-11-26 2018-01-29 킴벌리-클라크 월드와이드, 인크. 핑거 탭을 갖는 흡수 용품 및 그 제조 방법

Also Published As

Publication number Publication date Type
CA2291634A1 (en) 1998-12-03 application
CA2291634C (en) 2004-01-06 grant
DE69726617D1 (de) 2004-01-15 grant
DE69726617T2 (de) 2004-12-23 grant
EP0984757A1 (en) 2000-03-15 application
US6302871B1 (en) 2001-10-16 grant
EP0984757B1 (en) 2003-12-03 grant
WO1998053780A1 (en) 1998-12-03 application
KR20010013099A (ko) 2001-02-26 application
ES2212116T3 (es) 2004-07-16 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4923456A (en) Adjustable combination fastener for a disposable diaper
US6213991B1 (en) Absorbent article having fastener elements and gripping means
US5542943A (en) Absorbent article having inflected barrier cuffs and method for making the same
US4936840A (en) Method of reducing fastener irritation and waist droop in a disposable diaper
US20050010188A1 (en) Efficiently manufacturable absorbent disposable undergarment and method of manufacturing absorbent disposable article
EP0323634A2 (en) Disposable diaper having abdominal support band
US7150730B2 (en) Refastenable pant-like disposable undergarment
US6702795B2 (en) Disposable absorbent garment having stretchable side waist regions
US6648871B2 (en) Absorbent article and a method for its manufacture
US6302871B1 (en) Disposable pull-on garment having improved disposal handling after soil
US20040243089A1 (en) Disposable absorbent article and method of forming the article
US20040064125A1 (en) Pleated tissue and adhesive arrangement for the absorbent core of an extensible absorbent article
US20020045879A1 (en) Disposable pant type absorbent article
US20030078558A1 (en) Disposable pant type absorbent article with improved fasteners and method of making same
US6027484A (en) Pant diaper or sanitary panty having a detachably connected front part
EP1027874A2 (en) Disposable absorbent pull-up type diapers and incontinent briefs
US20040039364A1 (en) Disposable pant type absorbent article having improved multifold fastening system and method of making same
WO1994009736A1 (en) Disposable diaper with fully elasticized waist opening
EP0528282A2 (en) Disposable absorbent article
US6572596B2 (en) Convertible diaper
US20020143313A1 (en) Disposable wearing article
US20020193776A1 (en) Absorbent article and method for its manufacture
US6562017B1 (en) Absorbent article with raisable strips
US7077834B2 (en) Pant-like disposable garment for absorbing human discharge
EP0907510B1 (en) An elastic laminate for an absorbing article, and a method of producing the elastic laminate