JP2000349894A - 音声メッセージシステム - Google Patents

音声メッセージシステム

Info

Publication number
JP2000349894A
JP2000349894A JP2000123003A JP2000123003A JP2000349894A JP 2000349894 A JP2000349894 A JP 2000349894A JP 2000123003 A JP2000123003 A JP 2000123003A JP 2000123003 A JP2000123003 A JP 2000123003A JP 2000349894 A JP2000349894 A JP 2000349894A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
voice message
erased
memory
voice
stored
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000123003A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4398060B2 (ja
Inventor
Syed S Ali
James J Greybush
Lakshimi Narayana Jampanaboyana
エス アリ サイド
ジェー グレイブッシュ ジェームス
ナラヤナ ジャンパナボヤナ ラクシュミ
Original Assignee
Lucent Technol Inc
ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/296,538 priority Critical patent/US7558381B1/en
Priority to US09/296538 priority
Application filed by Lucent Technol Inc, ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド filed Critical Lucent Technol Inc
Publication of JP2000349894A publication Critical patent/JP2000349894A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4398060B2 publication Critical patent/JP4398060B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/64Automatic arrangements for answering calls; Automatic arrangements for recording messages for absent subscribers; Arrangements for recording conversations
    • H04M1/65Recording arrangements for recording a message from the calling party
    • H04M1/6505Recording arrangements for recording a message from the calling party storing speech in digital form
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • H04M3/50Centralised arrangements for answering calls; Centralised arrangements for recording messages for absent or busy subscribers ; Centralised arrangements for recording messages
    • H04M3/53Centralised arrangements for recording incoming messages, i.e. mailbox systems
    • H04M3/533Voice mail systems
    • H04M3/53366Message disposing or creating aspects
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • H04M3/50Centralised arrangements for answering calls; Centralised arrangements for recording messages for absent or busy subscribers ; Centralised arrangements for recording messages
    • H04M3/53Centralised arrangements for recording incoming messages, i.e. mailbox systems
    • H04M3/533Voice mail systems
    • H04M3/53333Message receiving aspects
    • H04M3/5335Message type or catagory, e.g. priority, indication

Abstract

(57)【要約】 【課題】 音声メッセージシステムの音声メッセージ用
メモリから消去された音声メッセージを取り出す装置と
方法を提供する。 【解決手段】 本発明の音声メッセージシステムは、音
声メッセージ用メモリから消去された音声メッセージを
記憶する消去済み音声メッセージ用メモリを有する。こ
の消去済み音声メッセージ用メモリ内に記憶された消去
された音声メッセージは、ユーザにより取り出すことが
でき永久に消去されるのは所定の時間後、あるいは消去
済み音声メッセージ用メモリが所定の容量に近づいたと
き等の条件による。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、音声メッセージシ
ステムに関し、特に一旦消去されたメッセージをユーザ
が再度取り出すことのできる電話応答装置のような音声
メッセージシステムに関する。

【0002】

【従来の技術】音声メッセージシステム(例、電話応答
装置(telephone answering devices=TAD))は、
家庭および会社の両方での使用に適した機器である。大
型の音声メッセージシステムは、一般に顧客構内装置
(PBX)と共に機能して多数のユーザに音声メールボ
ックスを提供している。小型の音声メッセージシステ
ム、例えば電話応答装置は、一本の電話線上で動作して
所定の呼出音の後に使用されていない状態(オンフック
状態)の電話機に来入した電話の呼びに答えるものであ
る。

【0003】音声メッセージシステムと電話応答装置に
より電話線は、オフフック(通話)状態に入ると発呼者
に対し挨拶用のメッセージを再生する。挨拶用の出力メ
ッセージの再生が完了した後、発呼者は音声メッセージ
システム例えば電話応答装置上に音声メッセージを記録
することができる。後日この音声メッセージは、電話応
答装置のそばにいるユーザにより、あるいは公衆電話回
線網(PSTN)を介して別の電話機から遠方にある別
の電話機からのユーザにより再生される。

【0004】図4は、電話線上への来入呼びに応答でき
る従来の電話応答装置を示す。

【0005】図4において、電話応答装置11は中央電
話局13に電話線15を介して接続されている。電話応
答装置11内の電話線インタフェース17は、電話会社
により必要とされるようなDC/ACのインピーダンス
のような従来の方式の絶縁を提供している。電話線イン
タフェース17はまた呼び出し検出信号をコントローラ
19に与える。このコントローラ19は適宜のプロセッ
サ、例えばマイクロプロセッサ、マイクロコントロー
ラ、デジタル信号プロセッサ(DSP)等のいずれかで
ある。呼出検出信号は、コントローラ19に対し電話線
15上に来入呼びがあることを示す。

【0006】音声メッセージシステムあるいは電話応答
装置により通常設定される呼出音の信号が所定の回数発
信された後、電話応答装置11により電話線インタフェ
ース17は電話線をオフフック(通話)状態にする。音
声記録/再生モジュール21は、挨拶用の出力メッセー
ジを電話線15を介して発呼者に向けて再生する。この
挨拶用出力メッセージが終了すると、発呼者はコントロ
ーラ19の制御の元で音声記録/再生モジュール21を
介して音声メッセージ用メモリ23内に音声メッセージ
を記録することができる。キーパッド25によりユーザ
は、様々な操作、例えば音声メッセージの再生およびあ
る音声メッセージの消去とを選択することができる。

【0007】ある場合においては、音声メッセージをレ
ビューする前後、あるいはその最中のいずれかに、ユー
ザは特定の音声メッセージを電話応答装置11から音声
メッセージを間違ってあるいは意図的に消去してしまう
ことがある。従来の電話応答装置11では、ユーザは消
去する前に必要に応じて何回も記録された音声メッセー
ジをレビューすることができたが音声メッセージが間違
ってあるいは意図的に消去されると、この音声メッセー
ジはユーザによりもはやアクセスできず、音声メッセー
ジ用メモリ23から消去されてしまう。

【0008】

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、消去
された音声メッセージをユーザが再度レビューすること
のできる改良された音声メッセージシステムを提供する
ことである。

【0009】

【課題を解決するための手段】本発明の音声メッセージ
システムは、電話線インタフェースとコントローラと音
声メッセージ用メモリと消去済み音声メッセージ用メモ
リとを有する。音声メッセージは、最初は音声メッセー
ジ用メモリに記憶され、この音声メッセージが音声メッ
セージメモリから消去された後は、この音声メッセージ
は消去済み音声メッセージ用メモリ内に記憶される(移
される)。

【0010】本発明の消去済み音声メッセージを音声メ
ッセージシステムから再度取り出す方法は、消去済みの
音声メッセージを消去済み音声メッセージ用メモリに記
憶し、この消去済み音声メッセージを消去済み音声メッ
セージ用メモリから取り出して再生する。

【0011】

【発明の実施の形態】本発明は、消去済み音声メッセー
ジを保持して、ユーザがこの消去済み音声メッセージを
電話応答装置のような音声メッセージシステムからその
後再び取り出せるシステムと方法を提供する。

【0012】本発明の動作では、発呼者はユーザに電話
をする。ユーザが電話に出られない場合所定の呼出音の
後、本発明の電話応答装置は、電話線をオフフック(通
話)状態にすることにより電話の呼びに自動的に答え、
予め記録された挨拶用の出力メッセージの発信を開始す
る。その後、発呼者は、自分の音声メッセージを電話応
答装置内の音声メッセージメモリ内に音声記録/再生モ
ジュールを用いて記録する。音声メッセージが記録され
た後、発呼者は電話を置き、電話線および電話応答装置
から切り離される。このプロセスは、複数の発呼者に対
し行われ、複数の記録された音声メッセージを保存でき
る。

【0013】本発明によれば、電話応答装置のユーザは
その後記録された音声メッセージを再生して必要により
音声メッセージを消去する。しかし、本発明によれば、
消去した後でも音声メッセージは、永久に消去するまで
保持されるために消去済み音声メッセージ用メモリと称
するトラッシュキャン(ごみ箱:trash can)メモリ領
域に移動させる。

【0014】この取り出された、消去されたはずの音声
メッセージは、消去された音声メッセージ用メモリから
直接再生されるかあるいは未消去の音声メッセージと同
一の符号化および/またはフォーマット形式に再生さ
れ、音声メッセージ用メモリに戻し、そこから再生す
る。

【0015】かくしてユーザには、自分が(あるいは同
じ電話応答装置の別のユーザが)以前に消去した音声メ
ッセージを取り出し再生する二度目の機会が与えられ
る。

【0016】メモリの利用効率を考えると、消去済み音
声メッセージ用メモリに移された音声メッセージは、音
声メッセージにそれらが最初に記憶されたときよりもよ
り高度に圧縮させるのがよい。このため消去済み音声メ
ッセージは、音声メッセージメモリから消去済み音声メ
ッセージ用メモリに移動する消去プロセスの間、コント
ローラ内のプログラムにより再度符号化および/または
再度圧縮してもよい。

【0017】したがって、消去済み音声メッセージが、
後で再生することが必要となった場合にはユーザはそれ
を再生するために取り出すことが可能であるが、これは
本発明によれば消去済み音声メッセージ用メモリから音
声メッセージを永久に消去すると言う規則(例えば、最
初に消去したときから所定の時間後、あるいは周期的
に)に従って行われる。

【0018】本発明は電話応答装置で具体化されるが、
本発明はボイスメールシステムを含むより一般的な音声
メッセージシステムに等しく適用可能である。

【0019】図1は、本発明によりユーザが消去済み音
声メッセージ用メモリから消去された音声メッセージを
取り出し再生することのできる電話応答装置10を示
す。

【0020】特に、図1においては、電話応答装置10
は中央電話局14と電話線16を介して接続される少な
くとも1本の電話線インタフェース12を有する。この
電話線インタフェース12は、電話線16と音声記録/
再生モジュール18とを接続する。

【0021】電話応答装置10は音声メッセージ用メモ
リ28と消去済み音声メッセージ用メモリ34を有し、
この音声メッセージ用メモリ28には音声記録/再生モ
ジュール18が記録された音声メッセージを最初に記憶
し、消去済み音声メッセージ用メモリ34にはコントロ
ーラ24が消去指示の後、音声メッセージ用メモリ28
から消去済み音声メッセージを移す。消去済み音声メッ
セージ用メモリ34内に記憶された消去済み音声メッセ
ージは保存され、他の音声メッセージにより上書きされ
ることはない。

【0022】ユーザは、必要によっては挨拶用出力メッ
セージを電話応答装置10に、音声記録/再生モジュー
ル18に接続されているマイク26を介して記憶させ
る。その動作においては、所定回数の呼び出し信号が鳴
った後、電話応答装置10により電話線インタフェース
12は電話線16をオフフック状態にし、音声記録/再
生モジュール18に対し電話線16上に挨拶用出力メッ
セージ(音声メッセージ用メモリ28に記録されてい
る)を発呼者に向かって再生する。

【0023】挨拶用出力メッセージが発呼者に対し再生
された後、発呼者は音声メッセージをコントローラ24
の制御の元で音声記録/再生モジュール18を介して音
声メッセージ用メモリ28内に記録する。

【0024】音声メッセージ用メモリ28は非揮発性メ
モリ、例えばフラッシュメモリ、ARAMの形態である
が、ある種のアプリケーションにおいては揮発性メモリ
でもよい。ある例においては所定容量の非揮発性メモリ
(16Mb)が、音声メッセージ用メモリ28と消去済
み音声メッセージ用メモリ34との間で分けられる。音
声メッセージ用メモリ28および/または消去済み音声
メッセージ用メモリ34の各々の容量は、特定のアプリ
ケーションのニーズに合うように調整される。さらにま
た、本発明はいかなる容量の音声メッセージ用メモリ2
8と消去済み音声メッセージ用メモリ34にも適用可能
である。

【0025】さらにまた、音声メッセージ用メモリ28
および/または消去済み音声メッセージ用メモリ34の
各々の容量は、ダイナミックに調整することもできる。
例えば、音声メッセージ用メモリ28が音声メッセージ
で容量一杯になったことを示すしきい値量を超えたとき
には消去済み音声メッセージ用メモリ34の一部は、音
声メッセージを記録するために割り当てることができ
る。その後音声メッセージが音声メッセージ用メモリ2
8から消去されると、消去済み音声メッセージ用メモリ
34のサイズは、消去済み音声メッセージを記録するの
に必要な量まで拡大される。

【0026】一実施例においては、新たな音声メッセー
ジは、消去済み音声メッセージよりも高い優先権を有
し、その結果音声メッセージ用メモリ28と消去済み音
声メッセージ用メモリ34の両方が容量一杯になったと
きには、ある消去済み音声メッセージ、例えば最も古い
音声メッセージおよび消去済み音声メッセージは必要に
応じて自動的に消去され、新たに記録される音声メッセ
ージ用を記録するために場所をあけ、あるいは呼び関連
情報(発呼者ID情報)に基づいて消去されたメッセー
ジ用に記憶の場所をとっておく。

【0027】電話応答装置10は、さらにコントローラ
24内にあるいはコントローラ24とは別にDTMFデ
コーダ22および/またはDTMF生成器20を有す
る。このDTMF生成器20は、電話応答装置10によ
り使用されるようなタッチトーン信号を与え、電話応答
装置10のユーザにより指示されるように電話線16上
にダイアル番号を通知する。DTMFデコーダ22は、
遠隔地にある電話機からのタッチトーンキーパッドを介
してその電話機からのDTMFコマンド入力を検出する
従来の機構を提供する。

【0028】コントローラ24は電話応答装置10の全
体的な機能を制御する、例えばユーザからのコマンドの
解釈、従来のキーパッド30からの記録された音声メッ
セージの再生および/消去を指示するキーパッドコマン
ドを押すこと、および消去済み音声メッセージ取り出し
用ボタン73を用いた消去済み音声メッセージの取り出
し指示の解釈、あるいは類似の制御を実行する。この消
去済み音声メッセージ取り出し用ボタン73により消去
済み音声メッセージ用メモリ34内に保持されている現
在消去済み音声メッセージの全ての取り出しが可能とな
り、これは消去済み音声メッセージが消去済み音声メッ
セージ用メモリ34から通常のベースで取り除かれてい
るときには最も適したものである。

【0029】消去済み音声メッセージが消去済み音声メ
ッセージ用メモリ34内で形成することが可能な場合に
は、消去済み音声メッセージ取り出し用ボタン73を押
して特定の消去済み音声メッセージの選択が可能となる
ようにするのが望ましい。このため所望の消去済み音声
メッセージを選択するために当面の間維持されている消
去済み音声メッセージをレビューできるようなディスプ
レイおよびスクロール制御を含む。別の構成例として、
全ての音声メッセージは消去済み音声メッセージ用メモ
リ34から再生され、取り出しあるいは類似のボタンを
押したときに特定の音声メッセージが再生されるかある
いは消去済み音声メッセージ用メモリ34から音声メッ
セージ用メモリ28に移される。

【0030】消去済み音声メッセージを消去済み音声メ
ッセージ用メモリ34に動かさずに永久に消去して、音
声メッセージを二度と取り出せないような形で消去する
ような制御機構(手動による永久消去ボタン)を具備す
ることも本発明の範囲内に含む。

【0031】コントローラ24は適宜のプロセッサ、例
えばマイクロプロセッサ、デジタル信号プロセッサ、マ
イクロコントローラのいずれでもよい。

【0032】キーパッド30によりユーザは、様々な従
来のモード、例えば音声記録/再生モジュール18に接
続されたスピーカ32を介して音声メッセージを再生す
ることおよび/または音声メッセージ用メモリ28から
音声メッセージを最初に消去すること等の動作が選択で
きる。

【0033】音声メッセージを電話応答装置10の音声
メッセージ用メモリ28から消去すると、この消去済み
音声メッセージは消去済み音声メッセージ用メモリ34
に移されて、消去済み音声メッセージとして記憶され
る。

【0034】消去済み音声メッセージ用メモリ34内の
有効容量を適宜の低ビットレートの音声コーダを用いて
消去済み音声メッセージを圧縮することあるいは再度圧
縮することにより容量を増加させることも本発明の範囲
内に含まれる。未消去音声メッセージに比較して消去済
み音声メッセージをより高度に圧縮することによりユー
ザの必要により消去済み音声メッセージ用メモリ34内
に記憶すべき音声メッセージの量を増やすことができ
る。

【0035】図2は、図1の電話応答装置の消去済み音
声メッセージ用メモリから消去済み音声メッセージをユ
ーザが取り出すプロセスのフローチャートを示す。

【0036】図2において、発呼者はステップ202で
電話応答装置10に音声メッセージを残す。所定回数の
呼出音の後、電話応答装置10はこの来入呼びに、電話
線インタフェース12が電話線16をオフフック状態に
することにより応答する。電話応答装置10は、例えば
「現在不在です。メッセージを残してください。」のよ
うな挨拶用出力メッセージあるいは他の類似のメッセー
ジを再生すると、発呼者は電話応答装置10の音声メッ
セージ用メモリ28内に音声メッセージを記録する。

【0037】ステップ204において、ユーザは遠隔地
からあるいは音声メッセージ用メモリ28から音声メッ
セージを取り出す。

【0038】ステップ206において、ユーザは電話応
答装置10の音声メッセージ用メモリ28内に記録され
ている音声メッセージを必要により再生する。

【0039】ステップ208において、ユーザはこの再
生された音声メッセージは電話応答装置10の音声メッ
セージ用メモリ28から消去すべきか否かを決定する。
ユーザがこの音声メッセージを消去することを望まない
場合には、音声メッセージは音声メッセージ用メモリ2
8内に記憶されたままである。即ち、所定の期間、例え
ば、音声メッセージ用メモリ28からユーザが音声メッ
セージを消去するまであるいは電話応答装置が記録され
た音声メッセージを自動的に消去するまで(例えば30
日後)保持する。

【0040】ステップ210において、ユーザにより音
声メッセージ用メモリ28からの音声メッセージの消去
が行われる。音声メッセージを音声メッセージ用メモリ
28から消去すると、この音声メッセージは電話応答装
置10により自動的にその直後にあるいは電話応答装置
が活性状態ではなくなった後、しばらくしたときに消去
済み音声メッセージ用メモリ34に移される。

【0041】最後にステップ212に示すように、ユー
ザは消去済み音声メッセージ用メモリ34から音声メッ
セージを取り出すことを望むか否かを決定する。

【0042】ステップ214に示すように、ユーザが消
去済み音声メッセージ用メモリ34内に記録された消去
済み音声メッセージの取り出しを望む場合には、適宜の
ボタンおよび/または適宜の符号を電話応答装置10に
キーパッド30を介して活性化すると、電話応答装置1
0は消去済み音声メッセージ用メモリ34から所望の消
去済み音声メッセージを自動的に取り出す。

【0043】本発明によれば、電話応答装置10の使用
者が消去済み音声メッセージ用メモリ34から音声メッ
セージを消去するにはいくつかの方法がある。例えば、
消去済み音声メッセージ用メモリ34内の音声メッセー
ジは、個別にあるいはグループとしてユーザがコントロ
ーラ24にキーパッド30を介して入力することにより
消去済み音声メッセージ用メモリ34から消去すること
ができる。例えば、所望の時間におよび/または消去済
み音声メッセージ用メモリ34が満杯にあるいはほぼ満
杯になったときに、電話応答装置10のユーザは、消去
済み音声メッセージ用メモリ34内に記憶されている消
去済み音声メッセージを永久に消去して音声メッセージ
用メモリ28から消去されたさらなる音声メッセージを
消去済み音声メッセージ用メモリ34に記憶できるよう
にすることもできる。

【0044】別の構成例として、消去済み音声メッセー
ジ用メモリ34内に保持された消去済み音声メッセージ
は、所定の時間間隔で、例えば24時間毎、1月に1
回、あるいは音声メッセージが最初に消去されたときか
ら所定の時間後自動的に消去するようにすることもでき
る。

【0045】更に別の構成例として、前記音声メッセー
ジは、前記消去済み音声メッセージ用メモリ34内に同
時に記憶されている音声メッセージの数が所定数に達し
たときに前記消去済み音声メッセージ用メモリ34から
消去することもできる。

【0046】消去済み音声メッセージ用メモリ34内の
消去済み音声メッセージを永久に消去する別の技術は、
消去済み音声メッセージ用メモリ34の使用済み部分が
所定の容量、例えば90%に到達したときに自動的に消
去するようにする。

【0047】さらに別の技術においては、消去済み音声
メッセージ用メモリ34は先入れ先出し(FIFO)型
の素子として機能し、最も古い記録された消去済み音声
メッセージは最も新しい記録された消去済み音声メッセ
ージにより上書きされる。

【0048】最後に消去済み音声メッセージは、この消
去済み音声メッセージを最初に記録した際受領した関連
発呼情報(例、発呼者ID情報)と、保持されるべき電
話番号(あるいは他の全ての消去されたもの)の特別な
表と、音声メッセージシステムへの短縮電話番号を含む
ようなメモリ領域との比較に基づいて永久に消去され
る。

【0049】図3は、本発明による消去済み音声メッセ
ージ用メモリ34からの永久に消去された消去済み音声
メッセージのプロセスを表す。

【0050】図3において、ステップ302で電話応答
装置10のユーザは音声メッセージ用メモリ28からの
音声メッセージを消去済み音声メッセージ用メモリ34
に最初に移動して消去する。

【0051】ステップ304に示すように、ユーザは消
去済み音声メッセージ用メモリ34内に記録された音声
メッセージは、消去済み音声メッセージ用メモリ34か
ら永久に消去すべきか否かを決定する。

【0052】ユーザが消去済み音声メッセージ用メモリ
34から音声メッセージのいずれかあるいは全てを消去
すると決定した場合には、ステップ306でユーザはマ
ニュアルによるコマンドを電話応答装置10のコントロ
ーラ24にキーパッド30を介して入力する。

【0053】

【発明の効果】かくして、本発明によれば、電話応答装
置10の音声メッセージ用メモリ28からの消去済み音
声メッセージは消去済み音声メッセージ用メモリ34内
に保持され、消去済み音声メッセージの永久的消去のた
めにユーザにより確立されたルールに従って、消去済み
音声メッセージを取り出すことができる。かくして、ユ
ーザは以前に消去した音声メッセージでも取り出し再生
することができ、これは特にユーザにとって重要な間違
って消去した音声メッセージの場合に有益である。さら
にまた、意図的に消去した音声メッセージもユーザによ
り取り出し再生することもできる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明による音声メッセージメモリから消去さ
れた音声メッセージを取り出すことのできる音声メッセ
ージシステム(電話応答装置)の一実施例を表すブロッ
ク図

【図2】図1の音声メッセージシステムの音声メッセー
ジメモリからユーザが消去された音声メッセージを取り
出すプロセスのフローチャート図

【図3】図1の音声メッセージシステムの音声メッセー
ジメモリから永久に消去された音声メッセージをユーザ
が取り出すプロセスを表すフローチャート図

【図4】音声メッセージメモリに消去された音声メッセ
ージを記録する従来の電話応答装置(音声メッセージシ
ステム)を表す図

【符号の説明】

10,11 電話応答装置 12,17 電話線インタフェース 13,14 中央電話局 15,16 電話線 18,21 音声記録/再生モジュール 19,24 コントローラ 20 DTMF生成器 22 DTMFデコーダ 23,28 音声メッセージ用メモリ 25,30 キーパッド 26 マイク 32 スピーカ 34 消去済み音声メッセージ用メモリ 73 消去済み音声メッセージ取り出し用ボタン 202 発呼者が電話をかけ電話応答装置にメッセージ
を残す 204 ユーザがメッセージを取り出す 206 ユーザがメッセージを聴く 208 ユーザはメッセージを消去することを望むか? 210 ユーザがメッセージを消去する 212 ユーザは消去済みメッセージを取り出すことを
望むか? 214 ユーザが消去済みメッセージ用メモリから消去
済みメッセージを取り出す 302 ユーザがメッセージを消去済みメッセージ用メ
モリに消去する(移す) 304 ユーザが消去済みメッセージ用メモリをクリア
することを望むか? 306 ユーザが消去済みメッセージ用メモリからメッ
セージを消去する

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (71)出願人 596077259 600 Mountain Avenue, Murray Hill, New Je rsey 07974−0636U.S.A. (72)発明者 サイド エス アリ アメリカ合衆国、18104 ペンシルバニア、 アレンタウン、キルマー アベニュー 3947 (72)発明者 ジェームス ジェー グレイブッシュ アメリカ合衆国、18103 ペンシルバニア、 アレンタウン、ダグラス ロード 3131 (72)発明者 ラクシュミ ナラヤナ ジャンパナボヤナ アメリカ合衆国、18103 ペンシルバニア、 アレンタウン、プロスペクト アベニュー 2415、アパートメント ナンバー 306

Claims (27)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 コントローラ(24)と、 音声メッセージ用メモリ(28)と、 消去済み音声メッセージ用メモリ(34)と、 からなり、 音声メッセージは、最初は前記音声メッセージ用メモリ
    (28)に記録され、 前記音声メッセージが前記音声メッセージ用メモリ(2
    8)から消去されると、前記音声メッセージは前記消去
    済み音声メッセージメモリ(34)に記憶されることを
    特徴とする音声メッセージシステム。
  2. 【請求項2】 前記音声メッセージが、最初に前記音声
    メッセージシステムにより受領される電話線インタフェ
    ース(12)をさらに有することを特徴とする請求項1
    記載のシステム。
  3. 【請求項3】 前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)内に記憶された前記音声メッセージはユーザに
    より再生するために取り出されることを特徴とする請求
    項1記載のシステム。
  4. 【請求項4】 前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)内に記憶された音声メッセージは、永久的な消
    去を行うために前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)から除去されることを特徴とする請求項1記載
    のシステム。
  5. 【請求項5】 前記音声メッセージは、前記消去済み音
    声メッセージ用メモリ(34)からキーパッド(30)
    の入力を介して永久に消去されることを特徴とする請求
    項4記載のシステム。
  6. 【請求項6】 前記音声メッセージは、前記消去済み音
    声メッセージ用メモリ(34)から取り除かれ所定の時
    間経過後で永久に消去されることを特徴とする請求項4
    記載のシステム。
  7. 【請求項7】 前記音声メッセージは、前記消去済み音
    声メッセージ用メモリ(34)内に同時に記憶されてい
    る音声メッセージの数が所定数に達したときに前記消去
    済み音声メッセージ用メモリ(34)から消去されるこ
    とを特徴とする請求項4記載のシステム。
  8. 【請求項8】 前記消去された音声メッセージは、前記
    消去済み音声メッセージ用メモリ内に最も古く記憶され
    た音声メッセージであることを特徴とする請求項7記載
    のシステム。
  9. 【請求項9】 前記音声メッセージは、前記消去済み音
    声メッセージ用メモリ(34)のメモリ容量を所定割合
    占有したときに前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)から消去されることを特徴とする請求項4記載
    のシステム。
  10. 【請求項10】 前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)内に記憶された音声メッセージは、前記音声メ
    ッセージ用メモリ(28)内に記憶された音声メッセー
    ジよりもより高度に圧縮されていることを特徴とする請
    求項1記載のシステム。
  11. 【請求項11】 前記消去済み音声メッセージ用メモリ
    (34)内の音声メッセージは、前記音声メッセージ用
    メモリ(28)内に記憶された音声メッセージのビット
    レートよりも低いビットレートで圧縮されていることを
    特徴とする請求項1記載のシステム。
  12. 【請求項12】 音声メッセージシステム(10)から
    消去済み音声メッセージを管理する方法において、 (A) 消去済み音声メッセージ用メモリ(34)内に
    前記消去済み音声メッセージを記憶するステップを有す
    ることを特徴とする音声メッセージシステムから消去済
    み音声メッセージを管理する方法。
  13. 【請求項13】 (B) 再生するために前記消去済み
    音声メッセージ用メモリ(34)から前記消去された音
    声メッセージを取り出すステップをさらに有することを
    特徴とする請求項12記載の方法。
  14. 【請求項14】 (C) 前記消去された音声メッセー
    ジを前記消去済み音声メッセージ用メモリ(34)から
    取り出すために所定のコードをキーパッドを介して入力
    するステップをさらに有することを特徴とする請求項1
    2記載の方法。
  15. 【請求項15】 (D) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)内に記憶された音声メッセージを消去
    することにより音声メッセージを永久に消去するステッ
    プをさらに有することを特徴とする請求項12記載の方
    法。
  16. 【請求項16】 前記永久消去は、所定の条件で自動的
    に行われることを特徴とする請求項15記載の方法。
  17. 【請求項17】 前記所定の条件は、所定の時間間隔で
    あることを特徴とする請求項16記載の方法。
  18. 【請求項18】 前記所定の条件は、前記消去済み音声
    メッセージ用メモリ(34)内に前記消去された音声メ
    ッセージが記憶された後の時間長さに対応することを特
    徴とする請求項16記載の方法。
  19. 【請求項19】 (E) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)内に同時に記憶されている音声メッセ
    ージの数が所定数に達したときに前記消去済み音声メッ
    セージ用メモリ(34)から前記音声メッセージを消去
    するステップをさらに有することを特徴とする請求項1
    5記載の方法。
  20. 【請求項20】 (F) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)のメモリ容量の所定の割合に到達した
    ときに前記消去済み音声メッセージ用メモリ(34)か
    ら前記音声メッセージを消去するステップをさらに有す
    ることを特徴とする請求項15記載の方法。
  21. 【請求項21】 前記音声メッセージ用メモリ内に記憶
    された後、前記消去済み音声メッセージ用メモリ(3
    4)内に記憶するために前記消去された音声メッセージ
    を圧縮するステップをさらに有することを特徴とする請
    求項12記載の方法。
  22. 【請求項22】 音声メッセージシステムから消去され
    た音声メッセージを取り出す装置において、 (A) 消去済み音声メッセージ用メモリ(34)内に
    前記消去済み音声メッセージを記憶する手段(B) 再
    生するために前記消去済み音声メッセージ用メモリ(3
    4)から前記消去された音声メッセージを取り出す手段
    をさらに有することを特徴とする音声メッセージシステ
    ムから消去された音声メッセージを取り出す装置。
  23. 【請求項23】 (C) 前記消去された音声メッセー
    ジを前記消去済み音声メッセージ用メモリ(34)から
    取り出すために所定のコードをキーパッドを介して入力
    する手段をさらに有することを特徴とする請求項22記
    載の装置。
  24. 【請求項24】 (D) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)内に記憶された音声メッセージを消去
    することにより音声メッセージを永久に消去する手段を
    さらに有することを特徴とする請求項22記載の装置。
  25. 【請求項25】 (E) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)内に同時に記憶されている音声メッセ
    ージの数が所定数に達したときに前記消去済み音声メッ
    セージ用メモリ(34)から前記音声メッセージを消去
    する手段をさらに有することを特徴とする請求項22記
    載の装置。
  26. 【請求項26】 (F) 前記消去済み音声メッセージ
    用メモリ(34)のメモリ容量の所定の割合に到達した
    ときに前記消去済み音声メッセージ用メモリ(34)か
    ら前記音声メッセージを消去する手段をさらに有するこ
    とを特徴とする請求項22記載の装置。
  27. 【請求項27】 (G) 前記音声メッセージ用メモリ
    (28)内に記憶された後、前記消去済み音声メッセー
    ジ用メモリ(34)内に記憶するために前記消去された
    音声メッセージを圧縮する手段をさらに有することを特
    徴とする請求項22記載の装置。
JP2000123003A 1999-04-22 2000-04-24 音声メッセージシステム Expired - Fee Related JP4398060B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09/296,538 US7558381B1 (en) 1999-04-22 1999-04-22 Retrieval of deleted voice messages in voice messaging system
US09/296538 1999-04-22

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000349894A true JP2000349894A (ja) 2000-12-15
JP4398060B2 JP4398060B2 (ja) 2010-01-13

Family

ID=23142439

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000123003A Expired - Fee Related JP4398060B2 (ja) 1999-04-22 2000-04-24 音声メッセージシステム

Country Status (5)

Country Link
US (3) US7558381B1 (ja)
EP (1) EP1047251A3 (ja)
JP (1) JP4398060B2 (ja)
CN (1) CN1272019A (ja)
CA (1) CA2305103C (ja)

Families Citing this family (110)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6857024B1 (en) * 1999-10-22 2005-02-15 Cisco Technology, Inc. System and method for providing on-line advertising and information
US8645137B2 (en) 2000-03-16 2014-02-04 Apple Inc. Fast, language-independent method for user authentication by voice
US7225126B2 (en) * 2001-06-12 2007-05-29 At&T Corp. System and method for processing speech files
CN100593951C (zh) 2005-06-29 2010-03-10 上海乐金广电电子有限公司 对存储装置进行管理的方法
US8677377B2 (en) 2005-09-08 2014-03-18 Apple Inc. Method and apparatus for building an intelligent automated assistant
US8229092B2 (en) * 2006-06-01 2012-07-24 Audiocodes Ltd. Filtering spurious voicemail messages
US8391844B2 (en) 2007-01-07 2013-03-05 Apple Inc. Voicemail systems and methods
US20080167009A1 (en) * 2007-01-07 2008-07-10 Gregory Novick Voicemail Systems and Methods
US8553856B2 (en) * 2007-01-07 2013-10-08 Apple Inc. Voicemail systems and methods
US20080167010A1 (en) * 2007-01-07 2008-07-10 Gregory Novick Voicemail Systems and Methods
US20080167014A1 (en) * 2007-01-07 2008-07-10 Gregory Novick Voicemail systems and methods
US20090003552A1 (en) * 2007-06-29 2009-01-01 Lucent Technologies Inc. Personal message expiration
US9330720B2 (en) 2008-01-03 2016-05-03 Apple Inc. Methods and apparatus for altering audio output signals
US8996376B2 (en) 2008-04-05 2015-03-31 Apple Inc. Intelligent text-to-speech conversion
US20100030549A1 (en) 2008-07-31 2010-02-04 Lee Michael M Mobile device having human language translation capability with positional feedback
US9959870B2 (en) 2008-12-11 2018-05-01 Apple Inc. Speech recognition involving a mobile device
US9858925B2 (en) 2009-06-05 2018-01-02 Apple Inc. Using context information to facilitate processing of commands in a virtual assistant
US10241752B2 (en) 2011-09-30 2019-03-26 Apple Inc. Interface for a virtual digital assistant
US9431006B2 (en) 2009-07-02 2016-08-30 Apple Inc. Methods and apparatuses for automatic speech recognition
US20110013762A1 (en) * 2009-07-18 2011-01-20 Gregg Bieser Notification apparatus & method
US10496753B2 (en) 2010-01-18 2019-12-03 Apple Inc. Automatically adapting user interfaces for hands-free interaction
US9318108B2 (en) 2010-01-18 2016-04-19 Apple Inc. Intelligent automated assistant
US10276170B2 (en) 2010-01-18 2019-04-30 Apple Inc. Intelligent automated assistant
US8682667B2 (en) 2010-02-25 2014-03-25 Apple Inc. User profiling for selecting user specific voice input processing information
US9262612B2 (en) 2011-03-21 2016-02-16 Apple Inc. Device access using voice authentication
US10057736B2 (en) 2011-06-03 2018-08-21 Apple Inc. Active transport based notifications
US10241644B2 (en) 2011-06-03 2019-03-26 Apple Inc. Actionable reminder entries
US8994660B2 (en) 2011-08-29 2015-03-31 Apple Inc. Text correction processing
US10134385B2 (en) 2012-03-02 2018-11-20 Apple Inc. Systems and methods for name pronunciation
US9483461B2 (en) 2012-03-06 2016-11-01 Apple Inc. Handling speech synthesis of content for multiple languages
US9280610B2 (en) 2012-05-14 2016-03-08 Apple Inc. Crowd sourcing information to fulfill user requests
US9721563B2 (en) 2012-06-08 2017-08-01 Apple Inc. Name recognition system
US9495129B2 (en) 2012-06-29 2016-11-15 Apple Inc. Device, method, and user interface for voice-activated navigation and browsing of a document
US9576574B2 (en) 2012-09-10 2017-02-21 Apple Inc. Context-sensitive handling of interruptions by intelligent digital assistant
US9547647B2 (en) 2012-09-19 2017-01-17 Apple Inc. Voice-based media searching
BR112015018905A2 (pt) 2013-02-07 2017-07-18 Apple Inc método de operação de recurso de ativação por voz, mídia de armazenamento legível por computador e dispositivo eletrônico
US9368114B2 (en) 2013-03-14 2016-06-14 Apple Inc. Context-sensitive handling of interruptions
WO2014144579A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Apple Inc. System and method for updating an adaptive speech recognition model
CN105027197B (zh) 2013-03-15 2018-12-14 苹果公司 训练至少部分语音命令系统
US9582608B2 (en) 2013-06-07 2017-02-28 Apple Inc. Unified ranking with entropy-weighted information for phrase-based semantic auto-completion
WO2014197336A1 (en) 2013-06-07 2014-12-11 Apple Inc. System and method for detecting errors in interactions with a voice-based digital assistant
WO2014197334A2 (en) 2013-06-07 2014-12-11 Apple Inc. System and method for user-specified pronunciation of words for speech synthesis and recognition
WO2014197335A1 (en) 2013-06-08 2014-12-11 Apple Inc. Interpreting and acting upon commands that involve sharing information with remote devices
US10176167B2 (en) 2013-06-09 2019-01-08 Apple Inc. System and method for inferring user intent from speech inputs
CN105264524B (zh) 2013-06-09 2019-08-02 苹果公司 用于实现跨数字助理的两个或更多个实例的会话持续性的设备、方法、和图形用户界面
WO2014200731A1 (en) 2013-06-13 2014-12-18 Apple Inc. System and method for emergency calls initiated by voice command
US9620105B2 (en) 2014-05-15 2017-04-11 Apple Inc. Analyzing audio input for efficient speech and music recognition
US9502031B2 (en) 2014-05-27 2016-11-22 Apple Inc. Method for supporting dynamic grammars in WFST-based ASR
US9430463B2 (en) 2014-05-30 2016-08-30 Apple Inc. Exemplar-based natural language processing
US10170123B2 (en) 2014-05-30 2019-01-01 Apple Inc. Intelligent assistant for home automation
US9785630B2 (en) 2014-05-30 2017-10-10 Apple Inc. Text prediction using combined word N-gram and unigram language models
WO2015184186A1 (en) 2014-05-30 2015-12-03 Apple Inc. Multi-command single utterance input method
US10289433B2 (en) 2014-05-30 2019-05-14 Apple Inc. Domain specific language for encoding assistant dialog
US9842101B2 (en) 2014-05-30 2017-12-12 Apple Inc. Predictive conversion of language input
US9734193B2 (en) 2014-05-30 2017-08-15 Apple Inc. Determining domain salience ranking from ambiguous words in natural speech
US10078631B2 (en) 2014-05-30 2018-09-18 Apple Inc. Entropy-guided text prediction using combined word and character n-gram language models
US9633004B2 (en) 2014-05-30 2017-04-25 Apple Inc. Better resolution when referencing to concepts
US9760559B2 (en) 2014-05-30 2017-09-12 Apple Inc. Predictive text input
US9715875B2 (en) 2014-05-30 2017-07-25 Apple Inc. Reducing the need for manual start/end-pointing and trigger phrases
US9338493B2 (en) 2014-06-30 2016-05-10 Apple Inc. Intelligent automated assistant for TV user interactions
US10446141B2 (en) 2014-08-28 2019-10-15 Apple Inc. Automatic speech recognition based on user feedback
US9818400B2 (en) 2014-09-11 2017-11-14 Apple Inc. Method and apparatus for discovering trending terms in speech requests
US9606986B2 (en) 2014-09-29 2017-03-28 Apple Inc. Integrated word N-gram and class M-gram language models
US9886432B2 (en) 2014-09-30 2018-02-06 Apple Inc. Parsimonious handling of word inflection via categorical stem + suffix N-gram language models
US10074360B2 (en) 2014-09-30 2018-09-11 Apple Inc. Providing an indication of the suitability of speech recognition
US9668121B2 (en) 2014-09-30 2017-05-30 Apple Inc. Social reminders
US10127911B2 (en) 2014-09-30 2018-11-13 Apple Inc. Speaker identification and unsupervised speaker adaptation techniques
US9646609B2 (en) 2014-09-30 2017-05-09 Apple Inc. Caching apparatus for serving phonetic pronunciations
US9711141B2 (en) 2014-12-09 2017-07-18 Apple Inc. Disambiguating heteronyms in speech synthesis
US9865280B2 (en) 2015-03-06 2018-01-09 Apple Inc. Structured dictation using intelligent automated assistants
US9721566B2 (en) 2015-03-08 2017-08-01 Apple Inc. Competing devices responding to voice triggers
US9886953B2 (en) 2015-03-08 2018-02-06 Apple Inc. Virtual assistant activation
US9899019B2 (en) 2015-03-18 2018-02-20 Apple Inc. Systems and methods for structured stem and suffix language models
US9842105B2 (en) 2015-04-16 2017-12-12 Apple Inc. Parsimonious continuous-space phrase representations for natural language processing
US10083688B2 (en) 2015-05-27 2018-09-25 Apple Inc. Device voice control for selecting a displayed affordance
US10127220B2 (en) 2015-06-04 2018-11-13 Apple Inc. Language identification from short strings
US10101822B2 (en) 2015-06-05 2018-10-16 Apple Inc. Language input correction
US9578173B2 (en) 2015-06-05 2017-02-21 Apple Inc. Virtual assistant aided communication with 3rd party service in a communication session
US10186254B2 (en) 2015-06-07 2019-01-22 Apple Inc. Context-based endpoint detection
US10255907B2 (en) 2015-06-07 2019-04-09 Apple Inc. Automatic accent detection using acoustic models
US9697820B2 (en) 2015-09-24 2017-07-04 Apple Inc. Unit-selection text-to-speech synthesis using concatenation-sensitive neural networks
US10366158B2 (en) 2015-09-29 2019-07-30 Apple Inc. Efficient word encoding for recurrent neural network language models
US10049668B2 (en) 2015-12-02 2018-08-14 Apple Inc. Applying neural network language models to weighted finite state transducers for automatic speech recognition
US10223066B2 (en) 2015-12-23 2019-03-05 Apple Inc. Proactive assistance based on dialog communication between devices
US10446143B2 (en) 2016-03-14 2019-10-15 Apple Inc. Identification of voice inputs providing credentials
US9934775B2 (en) 2016-05-26 2018-04-03 Apple Inc. Unit-selection text-to-speech synthesis based on predicted concatenation parameters
US9972304B2 (en) 2016-06-03 2018-05-15 Apple Inc. Privacy preserving distributed evaluation framework for embedded personalized systems
US10249300B2 (en) 2016-06-06 2019-04-02 Apple Inc. Intelligent list reading
US10049663B2 (en) 2016-06-08 2018-08-14 Apple, Inc. Intelligent automated assistant for media exploration
DK201670578A1 (en) 2016-06-09 2018-02-26 Apple Inc Intelligent automated assistant in a home environment
US10509862B2 (en) 2016-06-10 2019-12-17 Apple Inc. Dynamic phrase expansion of language input
US10067938B2 (en) 2016-06-10 2018-09-04 Apple Inc. Multilingual word prediction
US10192552B2 (en) 2016-06-10 2019-01-29 Apple Inc. Digital assistant providing whispered speech
US10490187B2 (en) 2016-06-10 2019-11-26 Apple Inc. Digital assistant providing automated status report
DK179343B1 (en) 2016-06-11 2018-05-14 Apple Inc Intelligent task discovery
DK179415B1 (en) 2016-06-11 2018-06-14 Apple Inc Intelligent device arbitration and control
DK201670540A1 (en) 2016-06-11 2018-01-08 Apple Inc Application integration with a digital assistant
US10474753B2 (en) 2016-09-07 2019-11-12 Apple Inc. Language identification using recurrent neural networks
US10043516B2 (en) 2016-09-23 2018-08-07 Apple Inc. Intelligent automated assistant
US10332518B2 (en) 2017-05-09 2019-06-25 Apple Inc. User interface for correcting recognition errors
US10417266B2 (en) 2017-05-09 2019-09-17 Apple Inc. Context-aware ranking of intelligent response suggestions
US10395654B2 (en) 2017-05-11 2019-08-27 Apple Inc. Text normalization based on a data-driven learning network
US10410637B2 (en) 2017-05-12 2019-09-10 Apple Inc. User-specific acoustic models
US10482874B2 (en) 2017-05-15 2019-11-19 Apple Inc. Hierarchical belief states for digital assistants
US10303715B2 (en) 2017-05-16 2019-05-28 Apple Inc. Intelligent automated assistant for media exploration
US10403278B2 (en) 2017-05-16 2019-09-03 Apple Inc. Methods and systems for phonetic matching in digital assistant services
US10311144B2 (en) 2017-05-16 2019-06-04 Apple Inc. Emoji word sense disambiguation
US10445429B2 (en) 2017-09-21 2019-10-15 Apple Inc. Natural language understanding using vocabularies with compressed serialized tries
US10403283B1 (en) 2018-06-01 2019-09-03 Apple Inc. Voice interaction at a primary device to access call functionality of a companion device
US10504518B1 (en) 2018-06-03 2019-12-10 Apple Inc. Accelerated task performance

Family Cites Families (52)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4550623A (en) 1983-10-24 1985-11-05 Hewlett Packard Company Motorized cable mechanism for positioning tractors in a printer
GB2201862B (en) * 1987-02-10 1990-11-21 Dictaphone Corp Digital dictation system with voice mail capability
US4926462A (en) 1988-02-24 1990-05-15 Vmx/Opcom Interface to and operation of a voice messaging system
CA2025201C (en) * 1990-09-12 1992-09-01 Dominic Carbone Electronic accident estimating system
JPH04123548A (en) 1990-09-13 1992-04-23 Fujitsu Ltd Recovery system for deleted message
US5163082A (en) 1990-10-04 1992-11-10 Mark Karnowski Memory management methods and apparatus for digital telephone answering devices
WO1993002412A1 (en) * 1991-07-16 1993-02-04 The Bcb Technology Group Incorporated Dos compatible dictation and voice mail system
US5400393A (en) * 1992-06-05 1995-03-21 Phonemate, Inc. Voice mail digital telephone answering device
US5369697A (en) * 1993-04-30 1994-11-29 Boston Technology, Inc. Method and apparatus for automatically switching between pulse code and DTMF signals generated by a telephone
US5440623A (en) 1993-07-26 1995-08-08 U.S. West Communications, Inc. Telephone routing system with queuing and voice messaging capabilities
CA2128835C (en) * 1993-08-03 1999-04-06 Daniel F. Daly Modular digital recording logger
WO1995006996A1 (en) * 1993-08-31 1995-03-09 Ericsson Ge Mobile Communications Inc. Apparatus for storing messages in a cellular mobile terminal
US5485506A (en) 1994-01-05 1996-01-16 Motorola, Inc. Method for designating recorded messages
US5483577A (en) * 1994-01-24 1996-01-09 Advanced Micro Devices, Inc. Single chip telephone answering machine, telephone, speakerphone, and ADSI controller
JPH07250167A (ja) 1994-03-11 1995-09-26 Nec Eng Ltd 音声蓄積装置
US5506872A (en) * 1994-04-26 1996-04-09 At&T Corp. Dynamic compression-rate selection arrangement
US5689550A (en) * 1994-08-08 1997-11-18 Voice-Tel Enterprises, Inc. Interface enabling voice messaging systems to interact with communications networks
FR2724074A1 (fr) * 1994-08-31 1996-03-01 Philips Electronics Nv Enregistreur numerique de sons compresses.
US5987528A (en) * 1994-09-09 1999-11-16 Compaq Computer Corporation Controlling the flow of electronic information through computer hardware
US5812882A (en) * 1994-10-18 1998-09-22 Lanier Worldwide, Inc. Digital dictation system having a central station that includes component cards for interfacing to dictation stations and transcription stations and for processing and storing digitized dictation segments
US5631948A (en) * 1994-12-05 1997-05-20 Bell Atlantic Network Services, Inc. Voice mail communication with call blocking
CA2171041A1 (en) * 1995-03-08 1996-09-09 Scott A. Jones System for archiving voice mail messages
US6263106B1 (en) * 1995-07-04 2001-07-17 Asahi Kogaku Kogyo Kabushiki Kaisha Image data compression device having compression inhibiting function
JPH0923267A (ja) 1995-07-04 1997-01-21 Mitsubishi Electric Corp 音声記録装置
JP3240252B2 (ja) 1995-09-05 2001-12-17 株式会社日立国際電気 受信機
JPH09172491A (ja) 1995-12-20 1997-06-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd ボイスメール装置
JPH09219648A (ja) 1996-02-09 1997-08-19 Casio Comput Co Ltd ファイル処理装置
US5768349A (en) * 1996-03-15 1998-06-16 Casio Phonemate, Inc. Voice mail telephone answering device
US5742773A (en) * 1996-04-18 1998-04-21 Microsoft Corporation Method and system for audio compression negotiation for multiple channels
CA2208175A1 (en) * 1996-07-15 1998-01-15 Agnes C. Tow Dynamic mailbox messaging system
US6185574B1 (en) * 1996-11-27 2001-02-06 1Vision, Inc. Multiple display file directory and file navigation system for a personal computer
JPH10200634A (ja) * 1997-01-14 1998-07-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd 音声蓄積装置
US5930337A (en) * 1997-02-04 1999-07-27 Lucent Technologies Inc. Dynamic message-mailbox size variation
US6021181A (en) * 1997-02-24 2000-02-01 Wildfire Communications, Inc. Electronic voice mail message handling system
US6167261A (en) * 1997-02-27 2000-12-26 At&T Wireless Svcs. Inc. Wireless communication service management
US6058180A (en) * 1997-03-17 2000-05-02 Eagletech Communications, Inc., Automatic person-following communication system
US5912951A (en) 1997-04-17 1999-06-15 At&T Corp Voice mail system with multi-retrieval mailboxes
US6137864A (en) * 1997-07-25 2000-10-24 Lucent Technologies Inc. Specifiable delete times for voice messaging
JPH1165435A (ja) * 1997-08-21 1999-03-05 Toyota Motor Corp 車両用地図データ処理装置
US6275569B1 (en) * 1997-10-02 2001-08-14 Lucent Technologies, Inc. Circular memory addressing option for audio messages
US5978757A (en) * 1997-10-02 1999-11-02 Lucent Technologies, Inc. Post storage message compaction
JP4123548B2 (ja) 1997-10-14 2008-07-23 ブラザー工業株式会社 刺繍データ処理装置及び記録媒体
US6038199A (en) * 1997-11-21 2000-03-14 Dictaphone Corporation Portable digital audio recorder with adaptive control configurations
US6049765A (en) * 1997-12-22 2000-04-11 Lucent Technologies Inc. Silence compression for recorded voice messages
US6061432A (en) * 1997-12-23 2000-05-09 Bell Atlantic Network Services, Inc. Voice mail system for obtaining routing information from signaling nodes
US6757366B1 (en) * 1998-02-24 2004-06-29 Agere Systems Inc. Voice messaging system having removable digital voice message memory
US6266340B1 (en) * 1998-04-03 2001-07-24 Vertical Networks, Inc. Systems and methods for multiple voice data communication which includes interface cards including configurable clocks that are dynamically coupled to a TDS bus
US6597687B1 (en) * 1998-06-26 2003-07-22 Intel Corporation Method and apparatus for switching voice calls using a computer system
US6535583B1 (en) * 1998-08-26 2003-03-18 Nortel Networks Limited Voice recompression method and apparatus
US6185525B1 (en) * 1998-10-13 2001-02-06 Motorola Method and apparatus for digital signal compression without decoding
US6411685B1 (en) * 1999-01-29 2002-06-25 Microsoft Corporation System and method for providing unified messaging to a user with a thin web browser
US6493800B1 (en) * 1999-03-31 2002-12-10 International Business Machines Corporation Method and system for dynamically partitioning a shared cache

Also Published As

Publication number Publication date
US20090274280A1 (en) 2009-11-05
US8121265B2 (en) 2012-02-21
EP1047251A3 (en) 2004-08-25
JP4398060B2 (ja) 2010-01-13
CA2305103A1 (en) 2000-10-22
US8811576B2 (en) 2014-08-19
US7558381B1 (en) 2009-07-07
EP1047251A2 (en) 2000-10-25
CA2305103C (en) 2006-01-31
CN1272019A (zh) 2000-11-01
US20120134481A1 (en) 2012-05-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5127003A (en) Digital/audio interactive communication network
EP0510412B1 (en) Voice and text annotation of a call log database
CA2205979C (en) Automatic telephone call origination and retry system and method of operation
EP0634071B1 (en) Telephone answering device linking displayed data with recorded audio message
US7035666B2 (en) Combination cellular telephone, sound storage device, and email communication device
CA2176976C (en) User initiated soft call park with recorded voice comfort notification
US5153905A (en) Priority voice message delivery system
JP2965990B2 (ja) メッセージ サービス システム ネットワーク
US6373925B1 (en) Telephone calling party announcement system and method
EP0913982A2 (en) Message transfer system
US20010043678A1 (en) Electronically accessible answering machine
US6987840B1 (en) Integrated message management method and system
US6442245B1 (en) System and method for providing voice messaging services utilizing a network connection
CA2241510C (en) Specifiable delete times for voice messaging
US6782088B1 (en) Apparatus and method for downloading a forwarding telephone number
US5848130A (en) System and method for enhanced intelligibility of voice messages
US20040234050A1 (en) Network based voice mail with call screening
US6563912B1 (en) System and method for providing integrated messaging
US5400393A (en) Voice mail digital telephone answering device
US5631745A (en) Multi-function telecommunications instrument
US5943402A (en) Method for annotating and editing voice messages via acoustic bullet points
JP2730895B2 (ja) 呼転送機能を提供する方法とその装置
EP0731592A2 (en) System and method for archiving voice messages
US6625261B2 (en) Method, system and article of manufacture for bookmarking voicemail messages
US5172404A (en) System for coupling telephone answering device and voice mail apparatus together

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040820

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050207

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20050506

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20050511

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050805

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060213

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20060512

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20060517

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060811

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070205

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070531

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20070719

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20080229

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090508

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090513

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091022

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121030

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131030

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees