JP2000342784A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2000342784A
JP2000342784A JP11160780A JP16078099A JP2000342784A JP 2000342784 A JP2000342784 A JP 2000342784A JP 11160780 A JP11160780 A JP 11160780A JP 16078099 A JP16078099 A JP 16078099A JP 2000342784 A JP2000342784 A JP 2000342784A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
reach
random number
symbols
game
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11160780A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Hoya
誠 保谷
Kikuo Kazaoka
喜久夫 風岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Bussan Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Bussan Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Bussan Co Ltd filed Critical Sanyo Bussan Co Ltd
Priority to JP11160780A priority Critical patent/JP2000342784A/ja
Publication of JP2000342784A publication Critical patent/JP2000342784A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】識別情報を変動表示しうる可変表示装置を備え
たパチンコ機等の遊技機において、興趣の飛躍的な向上
を図る。 【解決手段】パチンコ機1の遊技盤2には作動口3及び
大入賞口4が設けられ、遊技盤2の中央部分には表示部
13aを備えた表示装置13が組込まれている。表示部
13aには複数の図柄列が表示され、図柄列は複数種類
の図柄によって構成されている。制御装置24は、図柄
が特定表示態様となって最終的に停止表示されることを
必要条件に、遊技者に有利な特別遊技状態を発生させ
る。図柄の少なくとも1つは、表示に際しての視線方向
に応じた複数の意味内容を有している。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、識別情報を変動表
示しうる可変表示装置を備えたパチンコ機等の遊技機に
関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、遊技機の一種として、複数種類の
図柄等を、予め定められた配列で変動表示するための可
変表示装置を備えたパチンコ機が知られている。
【0003】この種のパチンコ機では、表示装置での変
動表示停止時の表示図柄(停止図柄)に応じて、リーチ
状態を経た後に遊技者に有利な状態となる「特別遊技状
態」、リーチ状態を経た後に特別遊技状態とはならない
「外れリーチ状態」、又は、リーチ状態を経ず、かつ、
特別遊技状態ともならない「外れ状態」が発生させられ
る。停止図柄には、特別遊技状態を発生させるための特
別遊技図柄、外れリーチを発生させるための外れリーチ
図柄、及び、外れ状態を発生させるための外れ図柄があ
る。
【0004】前記のようなパチンコ機では、遊技者の操
作に応じて変化する遊技状況が、所定の条件を満たすこ
と(例えば、遊技球が作動口に入賞すること等)に基づ
いて、表示装置において、図柄の変動表示が開始され
る。また、上記特別遊技図柄(大当たり図柄)、外れリ
ーチ図柄、及び、外れ図柄の中から、遊技状況に応じた
停止図柄が選択される。そして、その選択された停止図
柄で前記変動表示が停止させられる。この場合、停止図
柄が予め定められた特定の図柄(大当たり図柄)である
ことを必要条件に、上述した特別遊技状態が発生させら
れる。より詳しくは、大入賞口が所定時間開放され、そ
の開放時において、当該大入賞口に遊技球を入賞させる
ことにより、遊技者に対し多くの景品球が払い出され
る。
【0005】ところで、上記大当たり図柄、又は外れリ
ーチ図柄にて図柄が停止する場合には、必ずリーチ状態
を経ることとなる。リーチ状態とは、例えば左・中・右
と3つの図柄列がある場合において左・右図柄列の図柄
がそれぞれ「7」、「7」の数字図柄で停止しており、
かつ、中図柄列が未だ変動しているような状態をいう。
この状態下で、もしも中図柄列の図柄が「7」の数字図
柄で停止すると、上述した特別遊技状態が発生する。従
って、このようなリーチ状態の間、遊技者は、図柄が大
当たり図柄で停止することを願って、わくわくどきどき
しながら遊技を行うこととなる。
【0006】近年、上記のようなリーチ状態における演
出効果を高めるべく、多種多様なリーチパターンが採用
されるようになってきている。例えば、図柄がスクロー
ル変動するタイプのパチンコ機にあって、「ノーマルリ
ーチ」と称されるリーチパターンにおいては、スクロー
ル変動中の図柄が何ら特段の変化を起こすことなくその
まま停止する。また、「スーパーリーチ」と称されるリ
ーチパターンにおいては、表示される図柄がフラッシュ
したり、コマ送り状態で変動したり、拡大されて変動し
たり、図柄が高速又は低速で変動したり、或いは種々の
キャラクタが種々の動作を行う等、表示装置上におい
て、「ノーマルリーチ」とは異なる何らかの演出が行わ
れる。
【0007】一般に、「ノーマルリーチ」よりも「スー
パーリーチ」の方が大当たり状態が発生させられる期待
値が高く設定されている。このため、遊技者は、リーチ
状態の中でも、「ノーマルリーチ」よりもむしろ「スー
パーリーチ」が出現することを期待するとともに、もし
「スーパーリーチ」が出現した場合には、大当たり状態
が発生することを期待感をもって切望する。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来技
術においては、次に記すような課題があった。すなわ
ち、従来では、リーチ状態発生中において、キャラクタ
が種々の動作を行ったりするといった演出が行われるも
のの、図柄に関しては、単にスクロール表示がなされた
り、拡張縮小表示が行われたりする程度であった。この
ため、中図柄列の図柄が一旦外れ図柄で停止した場合に
は、遊技者は、その時点で大当たり状態が発生しないこ
とを感じ取ってしまい、その時点でわくわくどきどき感
が消滅してしまっていた。このような観点から、図柄等
の識別情報に関するさらなる演出内容の充実、ひいて
は、さらなる興趣の向上が求められていた。
【0009】本発明は、上述した課題に鑑みてなされた
ものであって、その目的は、識別情報を変動表示しうる
可変表示装置を備えたパチンコ機等の遊技機において、
興趣の飛躍的な向上を図ることのできる遊技機を提供す
ることにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに有効な手段を以下に示す。なお、必要に応じてその
作用等についても説明する。
【0011】手段1.遊技者の操作に応じて変化する遊
技状況を検出する遊技状況検出手段と、前記遊技状況検
出手段による検出結果に基づき識別情報を変動表示しう
る可変表示装置と、前記識別情報が特定表示態様となっ
て最終的に停止表示されることを必要条件に、遊技者に
有利な特別遊技状態を発生させる特別遊技状態発生手段
とを備えた遊技機において、前記識別情報の少なくとも
1つは、表示に際しての視線方向に応じた複数の意味内
容を有していることを特徴とする遊技機。
【0012】上記手段によれば、遊技者の操作に応じて
変化する遊技状況が遊技状況検出手段によって検出さ
れ、その検出結果に基づき可変表示装置において識別情
報が変動表示されうる。そして、その識別情報が特定表
示態様となって最終的に停止表示されることを必要条件
に、特別遊技状態発生手段では、遊技者に有利な特別遊
技状態が発生させられる。さて、上記手段では、識別情
報の少なくとも1つは、表示に際しての視線方向に応じ
た複数の意味内容を有しているため、識別情報が一旦停
止表示された時点で、特定表示態様となっていない場合
であっても、視線方向が切り換えられることに基づいて
識別情報の意味内容が変更させられることがあり、結果
的に特定表示態様となる場合が生じうる。そのため、遊
技者は、一旦停止表示された時点での識別情報の意味内
容に拘泥させられることなく、さらに期待感を抱くこと
が可能となる。
【0013】手段2.遊技者の操作に応じて変化する遊
技状況を検出する遊技状況検出手段と、前記遊技状況検
出手段による検出結果に基づき識別情報を変動表示しう
る可変表示装置と、前記識別情報が特定表示態様となっ
て最終的に停止表示されることを必要条件に、遊技者に
有利な特別遊技状態を発生させる特別遊技状態発生手段
とを備えた遊技機において、前記識別情報の少なくとも
1つは、自身の方向の切換に基づき意味内容が変更され
うるものであることを特徴とする遊技機。
【0014】上記手段によれば、識別情報の少なくとも
1つは、自身の方向の切換に基づき意味内容が変更され
うるため、識別情報が一旦停止表示された時点で、特定
表示態様となっていない場合であっても、方向の切換に
基づき識別情報の意味内容が変更させられることがあ
り、結果的に特定表示態様となる場合が生じうる。その
ため、遊技者は、一旦停止表示された時点での識別情報
の意味内容に拘泥させられることなく、さらに期待感を
抱くことが可能となる。
【0015】手段3.遊技者の操作に応じて変化する遊
技状況を検出する遊技状況検出手段と、前記遊技状況検
出手段による検出結果に基づき識別情報を変動表示しう
る可変表示装置と、前記識別情報が特定表示態様となっ
て最終的に停止表示されることを必要条件に、遊技者に
有利な特別遊技状態を発生させる特別遊技状態発生手段
とを備えた遊技機において、前記識別情報の少なくとも
1つは、表示に際しての視線方向に応じた複数の意味内
容を有しており、かつ、視線方向の切換に基づき意味内
容が変更されうるものであることを特徴とする遊技機。
【0016】手段4.手段3において、前記視線方向の
切換に伴い前記識別情報の方向が切換えられるようにし
たことを特徴とする遊技機。
【0017】手段5.手段2〜4のいずれかにおいて、
前記視線方向の切換により、前記識別情報が反転表示さ
れるようにしたことを特徴とする遊技機。上記手段によ
れば、反転によって一種の驚きを覚えるとともに、反転
に伴う意味内容の変更にさらに驚きと喜びとを感じる。
【0018】手段6.手段2〜5のいずれかにおいて、
前記識別情報は、視線方向の切換の前後において、相互
に対称の外形線を有していることを特徴とする遊技機。
上記手段によれば、方向の切換の前後において、違和感
を感じにくい。
【0019】手段7.手段2〜6のいずれかにおいて、
少なくとも前記識別情報が特定表示態様となる前段階
に、前記可変表示装置においてリーチ遊技状態を演出表
示するリーチ遊技状態演出表示手段を設けるとともに、
前記視線方向の切換は、前記リーチ遊技状態に際して行
われることを特徴とする遊技機。上記手段によれば、遊
技者にとってもっともわくわくするときに、上記方向の
切換が行われることで、面白味に一層の拍車がかけられ
る。
【0020】手段8.手段7において、前記視線方向の
切換は、前記リーチ遊技状態の演出として行われること
を特徴とする遊技機。
【0021】手段9.手段2〜8のいずれかにおいて、
前記視線方向の切換が複数回行われるようにしたことを
特徴とする遊技機。
【0022】手段10.手段1〜9のいずれかにおい
て、前記識別情報の意味内容に応じて遊技者にとっての
価値が相異することを特徴とする遊技機。上記手段によ
れば、意味内容の変更に伴って、遊技者にとっての価値
が向上したり、低下したりする場合が生じ、さらに一層
面白味が増すこととなる。
【0023】手段11.手段1〜10のいずれかにおい
て、前記識別情報は、一定方向にスクロール変動表示さ
れるものであることを特徴とする遊技機。
【0024】手段12.手段1〜11のいずれかにおい
て、前記可変表示装置は、複数のポリゴンで形成された
オブジェクトと、前記オブジェクトの各ポリゴンに貼付
ける模様が描かれたテクスチャとを少なくとも記憶する
記憶手段と、前記記憶手段に記憶されたオブジェクトを
仮想3次元空間内に設定するオブジェクト設定手段と、
前記仮想3次元空間内の所与の視点に基づく視線方向を
前記視点を中心に回転させる視線回転手段と、前記回転
された視線方向を基準とする2次元の投影平面を設定
し、その投影平面に前記オブジェクトを投影する投影手
段と、前記投影平面に投影されたオブジェクトの各ポリ
ゴンに前記記憶手段に記憶されたテクスチャを貼付けた
視野画像を、前記投影平面に相当する画像生成領域内に
生成する視野画像生成手段と、前記画像生成領域内の視
野画像を表示部に出力して、前記視線方向の回転に伴う
前記仮想3次元空間内の様子を表示する表示出力手段と
を備えていることを特徴とする遊技機。上記手段によれ
ば、遊技者は、識別情報をよりリアルに視認することが
できる。また、視線方向を回転させるだけで、視線方向
を容易に切換えることができ、データ量の増大を招くこ
とがない。
【0025】手段13.手段12において、前記視線回
転手段の前記視線方向の回転に基づいて、前記識別情報
の方向を切換えるようにしたことを特徴とする遊技機。
【0026】手段14.手段1〜13のいずれかにおい
て、前記識別情報は、図柄を含んでいることを特徴とす
る遊技機。
【0027】手段15.手段1〜14のいずれかにおい
て、前記識別情報は、キャラクタを含んでいることを特
徴とする遊技機。
【0028】手段16.手段15において、前記識別情
報の意味内容の変更の前後において同一の又は同種のキ
ャラクタが表示されるようにしたことを特徴とする遊技
機。
【0029】手段17.手段16において、前記識別情
報の意味内容の変更の前後において異なったキャラクタ
が表示されるようにしたことを特徴とする遊技機。
【0030】手段18.手段1〜17のいずれかにおい
て、前記識別情報の意味内容の変更が行われることを遊
技者に予告する予告手段を設けたことを特徴とする遊技
機。
【0031】
【発明の実施の形態】以下に、パチンコ遊技機(以下、
単に「パチンコ機」という)を具体化した一実施の形態
を、図面に基づいて詳細に説明する。
【0032】なお、周知のように、パチンコ機1は、外
枠と、該外枠の前部に設けられ外枠の一側部にて開閉可
能に設けられた前面枠とを備えている。また、その前面
枠の前面側にはガラス扉枠が開閉自在に設けられてい
る。前面枠の後側(ガラス扉枠の奥、外枠の内側)に
は、遊技盤2が着脱可能に装着されている。この遊技盤
2は内レール、外レール等を備え、これらのレールは、
遊技球発射装置によって発射された遊技球5を、遊技盤
2の上部に案内する。また、ガラス扉枠の下側におい
て、前面枠には前飾枠が開閉可能に設けられ、前飾枠に
は、上受皿が設けられている。一方、前面枠の下部に
は、前記上受皿よりも下方位置にて下受皿が設けられて
いるとともに、遊技球発射装置を構成するハンドルが設
けられている。
【0033】図1に示すように、パチンコ機1の遊技盤
2には、作動口3及び大入賞口4が設けられている。作
動口3は、遊技球5の通路を備えており、その通路入口
には羽根6が開閉可能に支持されている。大入賞口4の
奥の右側にはVゾーンが、左側には入賞通路が設けられ
ている(図示略。また、左右逆でもよい)。そして、大
入賞口4に入賞した遊技球5は、Vゾーン又は入賞通路
のいずれか一方を通って図示しない入賞球処理装置の方
へと導かれる。また、大入賞口4の前には、シャッタ1
1が設けられている。このシャッタ11は、大入賞口4
の側部に設けられた大入賞口用ソレノイド12により作
動させられ、大入賞口4を開閉する。詳しくは、当該ソ
レノイド12が励磁状態となることにより、シャッタ1
1が略水平に傾き、これにより大入賞口4が開かれる。
また、ソレノイド12が非励磁状態となることにより、
シャッタ11が略垂直状態となり、これにより大入賞口
4は閉鎖される。
【0034】遊技盤2の中央部分には、可変表示装置と
しての特別図柄表示装置(以下、単に「表示装置」とい
う)13が組込まれている。表示装置13は、液晶ディ
スプレイ(LCD)よりなる表示部13aを備えてお
り、ここに複数の図柄列が表示される。図2に示すよう
に、本実施の形態では、これらの図柄列として上図柄列
14、中図柄列15及び下図柄列16の3つの図柄列が
表示されるが、それ以外の数の図柄列が表示されてもよ
い。なお、前記表示部13aには、背景画面等が適宜表
示されるようになっている。
【0035】各図柄列14〜16は、基本的には、図
2,3に示すように、複数種類で複数個の図柄17A〜
17Hと、1種類で複数個の図柄17Kとによって構成
されている。各図柄17A〜17Hは、各種「犬」のキ
ャラクタDG1〜DG8と、「1」〜「8」の数字図柄
N1〜N8との組合せによって構成されている。「1」
〜「8」の数字図柄N1〜N8は、上図柄列14につい
ては降順に、中、下図柄列15,16については昇順に
それぞれ配列されている。より詳しくは、図柄17Aは
「1」の数字図柄N1及び「ドーベルマン」のキャラク
タDG1の組み合わせによって構成されている。また、
図柄17Bは「2」の数字図柄N2及び「ダックスフン
ド」のキャラクタDG2、図柄17Cは「3」の数字図
柄N3及び「プードル」のキャラクタDG3、図柄17
Dは「4」の数字図柄N4及び「オールドシープドッ
グ」のキャラクタDG4、図柄17Eは「5」の数字図
柄N5及び「土佐犬」のキャラクタDG5、図柄17F
は「6」の数字図柄N6及び「テリア」のキャラクタD
G6、図柄17Gは「7」の数字図柄N7及び「ブルド
ッグ」のキャラクタDG7の組み合わせによって、それ
ぞれ構成されている。さらに、図柄17Hは、「8」の
数字図柄N8及び、図柄17Dと同様「オールドシープ
ドッグ」のキャラクタDG8の組み合わせによって構成
されている。但し、本実施の形態において、大当たり状
態(特別遊技状態)の発生に関しては、数字図柄N1〜
N8(大当たり判定図柄:特定図柄)が意味を持ってお
り、各キャラクタDG1〜DG8は、各数字図柄N1〜
N8(モード判定図柄:確率変動判定図柄)に対し付随
的に表示されるものである。つまり、これらの図柄17
A〜17H(特に数字図柄N1〜N8)は、特別遊技図
柄としての大当たり図柄、外れリーチ図柄及び外れ図柄
のいずれかになりうる(これらについては後述する)。
【0036】また、図柄17Kは「ハート」のマークに
よって構成されており、前記図柄17A〜17H間に配
置される。さらに、当該図柄17Kは、外れ図柄にのみ
なりうる。
【0037】図4に示すように、各々の図柄列14〜1
6においては、あたかも草原(背景画面)を、表示され
る図柄17A〜17H,17Kが、右から左方向へと駆
け抜けるかのごとく表示される。
【0038】また、図1に示すように、特別図柄表示装
置13の上部には普通図柄表示装置51が併設されてい
る。普通図柄表示装置51は、発光ダイオード(LE
D)よりなる4つの保留ランプ52と、普通図柄表示部
たるLEDよりなる7セグ表示部53とを有している。
【0039】さらに、前記特別図柄表示装置13の左右
両側方には一対の通過ゲート54が配設されている。同
通過ゲート54を遊技球5が通過すると前記普通図柄表
示装置51が作動する。本実施の形態では、普通図柄表
示装置51は、「0」から「9」までの数字を可変表示
して7セグ表示部53にセグメント表示させ、その数字
が所定値(本実施の形態では「7」)で停止した場合
に、作動口3の羽根6を所定秒数開放させる。この開放
により、作動口3への入賞が比較的容易なものとなる。
普通図柄表示装置51は、遊技球5の通過ゲート54の
通過回数を4回まで記憶することができ、保留ランプ5
2でその保留数を表示する。従って、4つの保留ランプ
52が点灯している状態で遊技球5が通過ゲート54を
通過してもカウントされず、保留ランプ52が点灯して
いる限り、遊技球5が通過ゲート54を通過しなくとも
保留数に応じた回数だけ普通図柄表示装置51は作動す
るようになっている。
【0040】表示装置13の表示部13aでは、各図柄
列14〜16の図柄変動(回転変動、スクロール変動)
が、遊技球5の作動口3への入賞に基づいて開始させら
れる。また、大当たり図柄、外れリーチ図柄、外れ図柄
の中から1つが選択され、これが停止図柄として設定さ
れる。停止図柄とは、各図柄列14〜16が図柄変動を
停止したときに表示される図柄である。本実施の形態で
は、図柄変動は、上図柄列14、下図柄列16、中図柄
列15の順に停止させられるが、これはあくまでも1例
にすぎず、別の順序で停止させられるようにしてもよ
い。
【0041】図5,6は、表示部13aにおける大当た
り時の画面を示す図である。同図に示すように、大当た
り図柄は、リーチ遊技状態(リーチ状態)を経た後、遊
技者に有利な特別遊技状態としての大当たり状態を発生
させるための図柄である。詳しくは、全ての図柄列14
〜16の変動が停止させられたとき、表示されている図
柄17A〜17H(特に数字図柄N1〜N8)の組合せ
が、予め定められた大当たりの組合せ、すなわち、同一
種類の図柄17A〜17H(特に数字図柄N1〜N8)
が大当たりラインL1〜L5に沿って並んでいるときの
同図柄17A〜17H(特に数字図柄N1〜N8)の組
合せとなる場合がある(例えば「1」「1」「1」や
「2」「2」「2」等)。当該組合せを構成する図柄が
「大当たり図柄」である。
【0042】本実施の形態では、左右の縦ラインL1,
L2(図5(a),(b)参照)、中央の縦ラインL3
(図6(a)参照)、及び斜めの2本のラインL4,L
5(図6(b)参照)によって大当たりラインL1〜L
5が構成されている(5ラインと称される)。大当たり
の組合せが成立すると、特別電動役物が作動し(大入賞
口4が開かれ)、遊技者にとって有利な大当たり状態の
到来、すなわち、より多くの景品球を獲得することが可
能となる。
【0043】また、図7(a)〜(c)に示すように、
リーチ状態とは、大当たり直前の状態をいう(もちろん
大当たり状態に至らない場合もある)。リーチ状態に
は、下図柄列16の図柄変動が、大当たりラインL1〜
L5上において上図柄列14の停止図柄と同一種類の図
柄で停止する状態が含まれる。例えば図7(a)に示す
例では、大当たりラインL1上において、上図柄列14
及び下図柄列16が同一の図柄17A(数字図柄N1)
で停止しており、中図柄列15の図柄17A〜17H,
17Kが未だ変動中の状態を示している。この場合にお
いて、中図柄列15の大当たりラインL1上における停
止図柄が図柄17A(数字図柄N1)であることを必要
条件に、大当たり状態が発生させられる。
【0044】上記のリーチ状態には、中図柄列15の図
柄変動が、最終的に上・下両図柄列14,16の停止図
柄と同一種類の図柄(大当たり図柄)で停止して大当た
り状態になるもの以外にも、異なる種類の図柄(これを
「外れリーチ図柄」という)で停止して、大当たり状態
とならないもの(以下、「外れリーチ状態」という)が
含まれる。さらには、中図柄列15の図柄変動が一旦停
止した後、再度全図柄列(或いは一部の図柄列)が変動
し、その後全図柄列14〜16の図柄17A〜17H,
17K(数字図柄N1〜N8)が停止するような場合
(再変動リーチとも称される)も含まれる。
【0045】上記リーチ状態においては、種々のリーチ
パターンが設定されている。リーチパターンとしては、
中図柄列15の図柄17A〜17H,17K(特に数字
図柄N1〜N8)が単にスクロールする「ノーマルリー
チ」の外に、キャラクタとしてどろぼうが表示される
「どろぼうリーチ」、川及び丸太が表示される「丸太リ
ーチ」、背景画面に氷が表示される「氷リーチ」、キャ
ラクタとして女の子が表示される「女の子リーチ」等が
設定されている。これらリーチパターンのうち、「ノー
マルリーチ」以外のリーチパターンは、いわゆる「スー
パーリーチ」と称されるものである。「スーパーリー
チ」の動作が開始された場合には、「ノーマルリーチ」
の場合に比べて、大当たり状態が発生する期待値(大当
たり期待値)が高くなるようになっている。また、「ス
ーパーリーチ」においても、各リーチパターンによって
大当たり期待値が異なったものとなっている(例えば、
「どろぼうリーチ」よりも「女の子リーチ」の方が大当
たり期待値は高い)。これらのリーチパターンは、図8
に示すリーチ種別決定カウンタCVに基づいて決定され
る。なお、上記各リーチパターンの動作状態等について
の詳細な説明は省略することとする。
【0046】遊技球5の作動口3への入賞に基づいて各
図柄列14〜16の図柄変動が開始させられることはす
でに説明したが、この変動表示中にさらに遊技球5が作
動口3に入賞した場合には、その分の変動表示は、現在
行われている変動表示の終了後に行われる。つまり、変
動表示が待機(保留)される。この保留される変動表示
の最大回数は、パチンコ機の機種毎に決められている。
本実施の形態では保留最大回数が4回に設定されている
が、これに限られるものではない。
【0047】図1に示すように、表示装置13におい
て、表示部13aの上方には、発光ダイオード(LE
D)からなる保留ランプ18a,18b,18c,18
dが組み込まれている。保留ランプ18a〜18dの数
は、前述した保留最大回数と同じ(この場合4個)であ
る。保留ランプ18a〜18dは、変動表示の保留毎に
点灯させられ、その保留に対応した変動表示の実行に伴
い消灯させられる。このほかにも、パチンコ機1の複数
箇所には、遊技効果を高めるための各種ランプが取付け
られている。これらのランプは、遊技の進行に応じて点
灯状態(消灯、点灯、点滅等)が変えられる。さらに、
パチンコ機1には、遊技の進行に応じて効果音を発生す
る図示しないスピーカが設けられている。
【0048】遊技者の操作に応じて変化するパチンコ機
1の遊技状態を検出するべく、本実施の形態では、遊技
盤2には、スルースイッチ20、作動口用スイッチ2
1、Vゾーン用スイッチ22及びカウントスイッチ23
等がそれぞれ取付けられている。スルースイッチ20
は、遊技球5の通過ゲート54の通過を検出し、作動口
用スイッチ21は、遊技球5の作動口3への入賞を検出
し、Vゾーン用スイッチ22は遊技球5の大入賞口4の
うちのVゾーンへの入賞を検出し、カウントスイッチ2
3は、遊技球5の大入賞口4への入賞を検出する。
【0049】本実施の形態では、各スイッチ20〜23
の検出結果に基づき大入賞口用ソレノイド12、表示装
置13(表示部13a)、各保留ランプ18a〜18
d、スピーカ等をそれぞれ駆動制御するために制御装置
24が設けられている。制御装置24は、読み出し専用
メモリ(ROM)、中央処理装置(CPU)、ランダム
アクセスメモリ(RAM)等を備えている。ROMは所
定の制御プログラムや初期データを予め記憶しており、
CPUはROMの制御プログラム等に従って各種演算処
理を実行する。RAMは、CPUによる演算結果を、図
9に示す図柄乱数バッファ31〜36、図10に示す図
柄乱数エリア41(i)〜45(i)、図11に示す停
止図柄エリア46〜48等に一時的に記憶する。
【0050】図9に示すように、図柄乱数バッファは、
上・中・下の3つの外れ図柄乱数バッファ31,32,
33と、上・中・下の3つの外れリーチ図柄乱数バッフ
ァ34,35,36とによって構成されている。図10
に示すように、図柄乱数エリアは、5つの内部乱数エリ
ア41(i)と、5つの外れリーチ乱数エリア42
(i)と、5つの上外れ図柄乱数エリア43(i)と、
5つの中外れ図柄乱数エリア44(i)と、5つの下外
れ図柄乱数エリア45(i)とによって構成されてい
る。iは、5つずつ存在する各図柄乱数エリアを区別す
るためのものであり、「0」、「1」、「2」、
「3」、「4」の値をとる。iの各値は、保留されてい
る変動表示の回数に対応している。また、図11に示す
ように、停止図柄エリアは、上・中・下の各停止図柄乱
数エリア46,47,48によって構成されている。
【0051】また、本実施の形態においては、CPU
(制御装置24)による制御の1つとして、遊技モード
切替制御がある。本実施の形態においては、基本的には
2つのモードが用意されている。すなわち、例えば30
0分の1程度の低確率で大当たり遊技状態を発生させる
通常モードと、その約5倍である60分の1程度の高確
率で大当たり遊技状態を発生させる高確率モード(以
降、便宜上「確変モード」と称する)とがある。
【0052】なお、一般的に、確変モードの概念として
は、(1)7セグ表示部53に「7」が表示される確率
を通常時に比べて高め、作動口3の羽根6を開放させる
機会を増やすこと、(2)7セグ表示部53における数
字の変動時間を短くすること、(3)羽根6の開放時間
を長くすること(及び/又は入賞個数を多くするこ
と)、(4)特別図柄表示装置13の表示部13aの図
柄17A〜17H,17Kの変動時間を短くすること、
(5)大当たり確率が通常モードに比べて高くなること
等が挙げられるが、本実施の形態における確変モードに
おいては、(5)に加えて、(1)〜(4)の全ての事
項が実行される。
【0053】パチンコ機1の電源投入時においては、通
常モードに設定される。また、その後は、大当たり遊技
状態となった際において、最終的に停止表示され図柄1
7A〜17Hに関連して次回の遊技モードが示唆(報
知)される。より詳しくは、大当たり図柄が、偶数の数
字図柄N2,N4,N6,N8を有する場合(17B,
17D,17F,17H)には、次回の遊技において通
常モードに設定されることとなる。また、大当たり図柄
が奇数の数字図柄N1,N3,N5,N7を有する場合
(17A,17C,17E,17G)には、次回の遊技
において確変モードに設定されることとなる。
【0054】次に、前記のように構成されたパチンコ機
1の作用及び効果について説明する。図13から図19
のフローチャートは、制御装置24によって実行される
各種ルーチンを示している。これらのルーチンの処理
は、カウンタ群及び入賞判定フラグFE等に基づいて実
行される。カウンタ群は、ラウンドカウンタCR、保留
カウンタCH、入賞カウンタCE、内部乱数カウンタC
I、外れリーチ乱数カウンタCO、大当たり図柄乱数カ
ウンタCB、キャラクタ乱数カウンタCC、上・中・下
の各図柄乱数カウンタCDU,CDC,CDB、及びリ
ーチ種別決定カウンタCV等よりなっている。
【0055】なお、ラウンドカウンタCRは、ラウンド
回数をカウントするためのものであり、入賞カウンタC
Eは大入賞口4への遊技球5の入賞個数をカウントする
ためのものである。また、保留カウンタCHは変動表示
の保留回数をカウントするためのものであり、「0」,
「1」,「2」,「3」,「4」の値を順にとる。これ
らの値は、前述した図柄乱数エリア41(i)〜45
(i)の「(i)」に対応している。従って、CH=0
は、保留されていない状態を意味する。
【0056】図12(a)に示すように、内部乱数カウ
ンタCIは、表示装置13での大当たり状態を決定する
ためのものである。また、外れリーチ乱数カウンタCO
は外れリーチ状態時の表示を行うか否かを決定するため
のものであり、大当たり図柄乱数カウンタCBは大当た
り図柄を決定するためのものである。これらのカウンタ
CI,CO,CBはそれぞれ所定時間(例えば「2m
s」)毎に値を所定範囲内で更新する。各値は、所定の
条件に従って乱数として読み出される。また、各カウン
タCI,CO,CBは、各値がそれぞれ特定の値になっ
た場合に、初期値に戻すようになっている。
【0057】上・中・下の各図柄乱数カウンタCDU,
CDC,CDBは、停止図柄等を決定するためのもので
ある。上図柄乱数カウンタCDUは、所定時間(例えば
「2ms」)毎に値を所定範囲内で更新し、特定の値に
なると初期値に戻す。中図柄乱数カウンタCDCは、上
図柄乱数カウンタCDUが一巡する毎に値を所定範囲内
で更新し、特定の値になると初期値に戻す。下図柄乱数
カウンタCDBは、中図柄乱数カウンタCDCが一巡す
る毎に値を所定範囲内で更新し、特定の値になると初期
値に戻す。
【0058】また、図8及び図12(b)に示すリーチ
種別決定カウンタCVは、上述した複数種類のリーチパ
ターンのうちの1つを選択するために用いられるもので
あり、所定時間毎(例えば上図柄乱数カウンタCDUが
一巡する毎)に値(乱数値)を更新し、特定の値になる
と初期値に戻す。ただし、各リーチパターンには重み付
けがなされており、各リーチパターンの選択される確率
は個々に異なったものとなっている。また、本実施の形
態においては、大当たりとなる場合(大当たり時)と、
外れとなる場合(外れリーチ時)とで各リーチパターン
の選択される確率は個々に異なったものとなっている。
ただし、図8中の数値はあくまでも一例であって、各リ
ーチパターンの選択される確率は任意である。
【0059】さらに、これらのカウンタ群は、通常モー
ド用と確変モード用とでそれぞれ用意されている。つま
り、これらの各カウンタ群は、通常モード用カウンタテ
ーブルと確変モード用カウンタテーブルとにおいてそれ
ぞれ用意されている(但し、同一のカウンタテーブルを
用いてもよい)。そして、通常モード時においては通常
モード用カウンタテーブルのカウンタ群の更新、振り分
け等が適宜行われ、確変モード時においては確変モード
用カウンタテーブルのカウンタ群の更新、振り分け等が
適宜行われる。上述のとおり、内部乱数カウンタCIに
関しては、確変モード時においては、通常モード時に比
べて、大当たり値が5倍多く設定されている(又は大当
たり値は同じで内部乱数カウンタCIの総カウンタ数が
5分の1程度に少なく設定されていてもよい)。また、
本実施の形態では大当たりラインL1〜L5が5つある
ため、どのラインでリーチ状態を発生させ、どのライン
で大当たり状態を発生させるのかを決定するためのライ
ンカウンタ(図示せず)等も別途用意されている。さら
に、本実施の形態では、後述する反転処理に関して反転
処理の事前演出を行うか否かといったことを判定するた
めのカウンタも別途容易されている。
【0060】併せて、入賞判定フラグFEは、Vゾーン
への入賞の有無を判定するために用いられるものであ
る。同フラグFEは、入賞なしの場合に「0」に設定さ
れ、入賞ありの場合に自動的に「1」に設定される。
【0061】さて、図13のフローチャートは、上述し
た各カウンタCI,CO,CB,CC,CDU,CD
C,CDB,CVの更新後に、図柄乱数カウンタCD
U,CDC,CDBの値(乱数)の組合せを分別し(振
分け)、その振分けられた値を、対応する図柄乱数バッ
ファ31〜36に格納するための「乱数振分けルーチ
ン」を示している。このルーチンは、パチンコ機1の電
源投入後、所定時間(2ms)毎に実行される。このル
ーチンが開始されると、制御装置24はまずステップS
1において、内部乱数カウンタCI、外れリーチ乱数カ
ウンタCO、大当たり図柄乱数カウンタCBにそれぞれ
「1」を加算する(更新する)。
【0062】また、ステップS2において、上図柄乱数
カウンタCDUに「1」を加算する。中・下図柄乱数カ
ウンタCDC,CDBに関しては、それぞれ上・中図柄
乱数カウンタCDU,CDCの値に応じて更新処理を行
う。詳しくは、上図柄乱数カウンタCDUが初期値に戻
されるタイミングであれば中図柄乱数カウンタCDCに
「1」を加算し、それ以外のタイミングであれば同カウ
ンタCDCの値を維持する。また、中図柄乱数カウンタ
CDCが初期値に戻されるタイミングであれば下図柄乱
数カウンタCDBに「1」を加算し、それ以外のタイミ
ングであれば同カウンタCDBの値を維持する。さら
に、ステップS3において、制御装置24は、リーチ種
別決定カウンタCVを適宜更新する。
【0063】次に、ステップS4において、図柄乱数カ
ウンタCDU,CDC,CDBの値の組合せが、予め定
められた「外れ図柄の組合せ」であるか否かを判断す
る。そして、この条件が満たされていると、ステップS
5において各図柄乱数カウンタCDU,CDC,CDB
の値を、対応する外れ図柄乱数バッファ31,32,3
3に格納する。ここで、対応する外れ図柄乱数バッファ
31〜33とは、具体的には上図柄乱数カウンタCDU
に関しては上外れ図柄乱数バッファ31を指し、中図柄
乱数カウンタCDCに関しては中外れ図柄乱数バッファ
32を指し、下図柄乱数カウンタCDBに関しては下外
れ図柄乱数バッファ33を指すものとする(後述するス
テップS7に関しても同様)。そして、制御装置24
は、ステップS5の処理を実行した後、その後の処理を
一旦終了する。
【0064】一方、前記ステップS4の条件が満たされ
ていない場合には、ステップS6において、図柄乱数カ
ウンタCDU,CDC,CDBの値の組合せが、予め定
められた「外れリーチ図柄の組合せ」であるか否かを判
断する。そして、この条件が満たされていると、ステッ
プS7において各図柄乱数カウンタCDU,CDC,C
DBの値を、対応する外れリーチ図柄乱数バッファ3
4,35,36に格納し、その後の処理を一旦終了す
る。
【0065】なお、ステップS6の条件が満たされてい
ない場合には、前記ステップS5,7のいずれの処理を
も行うことなく、「乱数振分けルーチン」を終了する。
この場合とは、各図柄乱数カウンタCDU,CDC,C
DBの値の組合せが、外れ図柄、外れリーチ図柄のいず
れの組合せでもない場合、すなわち、大当たり図柄の組
合せの場合である。
【0066】このように、「乱数振分けルーチン」で
は、所定時間毎に3つの図柄乱数カウンタCDU,CD
C,CDBの値の組合せがチェックされる。そして、外
れ図柄の組合せの場合には、外れ図柄乱数バッファ31
〜33に乱数が格納され、外れリーチ図柄の場合には、
外れリーチ図柄乱数バッファ34〜35に乱数が格納さ
れる。また、大当たり図柄の組合せの場合には、乱数は
どの図柄乱数バッファ31〜36にも格納されない。
【0067】次に、図14のフローチャートに示す「格
納処理ルーチン」について説明する。このルーチンの主
な機能は、遊技球5が作動口3に入賞する毎に、乱数カ
ウンタCI,CO,CDU,CDC,CDBの値を図柄
乱数エリア41(i)〜45(i)に格納することであ
る。
【0068】当該「格納処理ルーチン」が開始される
と、制御装置24は、ステップS10において、作動口
用スイッチ21の検出結果に基づき、遊技球5が作動口
3に入賞したか否かを判定する。そして、この判定条件
が満たされていない場合には、その後の処理を一旦終了
し、満たされている場合には、ステップS11におい
て、保留カウンタCHの値が最大保留回数(この場合
「4」)よりも小さいか否かを判定する。
【0069】保留カウンタCHの値が最大保留回数より
も小さい場合には、ステップS12において、保留カウ
ンタCHに「1」を加算する。また、続くステップS1
3において、制御装置24は対応する保留ランプ(18
aから18dのうちの1つ)を点灯させ、ステップS1
4へ移行する。一方、前記ステップS11の判定条件が
満たされていない場合には、前述したステップS12以
降の処理を行うことなくその後の処理を一旦終了する。
従って、図柄変動表示は、4回までしか保留されず、そ
れ以上の入賞があっても図柄変動に関する保留は記憶さ
れない。
【0070】ステップS14において、制御装置24
は、内部乱数カウンタCIの値を内部乱数エリア41
(i)に格納する。また、次のステップS15におい
て、外れリーチ乱数カウンタCOの値を、外れリーチ乱
数エリア42(i)に格納する。さらに、ステップS1
6において、制御装置24は、上・中・下の各外れ図柄
乱数バッファ31〜33の値(CDU,CDC,CD
B)を、対応する上・中・下の各外れ図柄乱数エリア4
3(i)〜45(i)に格納し、その後の処理を一旦終
了する。
【0071】このように、「格納処理ルーチン」におい
ては、乱数カウンタCI,CO,CDU,CDC,CD
Bの値が各図柄乱数エリア41(i)〜45(i)に格
納される。なお、ステップS14〜ステップS16で
は、例えばステップS12での更新後の保留カウンタC
Hの値が「3」であれば、内部乱数エリア41(i=
3)、外れリーチ乱数エリア42(i=3)、左外れ図
柄乱数エリア43(i=3)、中外れ図柄乱数エリア4
4(i=3)、右外れ図柄乱数エリア45(i=3)
が、今回制御周期での格納場所となる。
【0072】次に、図15、図16のフローチャートに
示す「特別電動役物制御ルーチン」について説明する。
このルーチンは、前述した「乱数振分けルーチン」、
「格納処理ルーチン」等の演算結果を用いて特別電動役
物や表示装置13等を制御するためのものであり、パチ
ンコ機1の電源投入後、所定時間毎に実行される。
【0073】この「特別電動役物制御ルーチン」が開始
されると、制御装置24はまずステップS20におい
て、保留カウンタCHの値が「0」でないか否かを判定
する。そして、否定判定された場合、つまり、保留カウ
ンタCHの値が「0」の場合には、その後の処理を一旦
終了する。これに対し、前記判定条件が満たされている
(CH=1,2,3,4)場合には、ステップS30に
おいて、「i」を「0」に設定し、次のステップS40
において保留カウンタCHが「i」と同一でないか否か
を判定する。
【0074】そして、この判定条件が満たされている場
合(CH≠i)には、ステップS50において、内部乱
数エリア41(i+1)、外れリーチ乱数エリア42
(i+1)、外れ図柄乱数エリア43(i+1)〜45
(i+1)の各データを、1つ前のエリア41(i)〜
45(i)にそれぞれシフトする。次いで、ステップS
60において、制御装置24は、「i」に「1」を加算
し、ステップS40へ戻る。
【0075】一方、ステップS40の判定条件が満たさ
れない場合(CH=i)には、ステップS70へ移行
し、保留ランプ18a〜18dのうち前記保留カウンタ
CHに対応するものを消灯させる。また、次のステップ
S80において保留カウンタCHから「1」を減算す
る。
【0076】次に、制御装置24は、ステップS90に
おいて、図柄の変動開始処理を実行する。詳しくは、図
17の「変動開始処理ルーチン」に示すように、まずス
テップS901において、内部乱数カウンタCIの値が
大当たり値であるか否かを判定する。そして、内部乱数
カウンタCIの値が大当たり値の場合には、ステップS
902において、大当たり値に対応する大当たり図柄を
停止図柄としてメモリに記憶し、ステップS905へ移
行する。
【0077】一方、ステップS901における判定条件
が満たされていないと、ステップS903において、外
れリーチ乱数カウンタCOの値が予め定められた外れリ
ーチ値と同じであるか否かを判定する。そして、外れリ
ーチ乱数カウンタCOの値が外れリーチ値と同一である
場合には、ステップS904において、外れリーチ値に
対応する図柄(外れリーチ図柄)を停止図柄としてメモ
リに記憶し、ステップS905へ移行する。
【0078】また、ステップS903の判定条件が満た
されていない場合には、ステップS906において、ス
テップS16での外れ図柄を停止図柄としてメモリに記
憶し、ステップS907へ移行する。
【0079】さて、ステップS902又はステップS9
04から移行して、ステップS905においては、リー
チ種別決定カウンタCVに基づいてリーチパターンを取
得する。すなわち、上述した「ノーマルリーチ」、「ど
ろぼうリーチ」、「丸太リーチ」、「氷リーチ」、「女
の子リーチ」のいずれかをリーチ種別決定カウンタCV
に基づいて決定する。
【0080】そして、ステップS905又はステップS
906から移行して、ステップS907においては、特
別図柄表示装置13の図柄変動を開始させ、「変動開始
処理ルーチン」を終了する。
【0081】上記のように、ステップS90(「変動開
始処理ルーチン」)の処理を実行した後、制御装置24
は、図15のステップS110において、上下両図柄列
14,16における図柄17A〜17H,17Kを、前
記ステップS902,S904,S906のいずれかの
処理で記憶した停止図柄に差替える。また、差替え後の
図柄17A〜17H,17Kが上下両図柄列14,16
にて表示されるよう図柄変動を停止させる。
【0082】次に、ステップS120において、制御装
置24は、リーチ動作処理を行う。詳しくは、図18の
「リーチ動作処理ルーチン」に示すように、ステップS
1201において、今回リーチ状態が発生し、かつ、そ
のリーチ図柄が「4」又は「8の図柄17D,17Hで
あるか否かを判定する。そして、肯定判定された場合に
は、リーチ状態となっている図柄17D又は17Hの他
方の図柄17H又は17Dを反転表示する。例えば、図
20に示すように、「4」の図柄17Dでリーチ状態が
発生している場合には、「8」の図柄17Hを反転表示
する。つまり、「オールドシープドッグ」のキャラクタ
DG8が反対方向を向いて走っているかの如く表示す
る。そして、その後ステップS1203へ移行する。
【0083】これに対し、ステップS1202において
否定判定された場合には、ステップS1203へジャン
プする。ステップS1203において、制御装置24
は、ステップS905で取得したリーチパターンが「ノ
ーマルリーチ」でないか否かを判定する。そして、否定
判定された場合(「ノーマルリーチ」の場合)には、ス
テップS1204において、制御装置24は、当該ノー
マルリーチ動作処理を実行する。より詳しくは、各種ラ
ンプを点滅させるとともに、中図柄列15の図柄17A
〜17H,17Kをそれまでよりもゆっくりと変動表示
させる。
【0084】また、ステップS1203で肯定判定され
た場合には、ステップS1205に移行する。ステップ
S1205においては、ステップS905で取得したリ
ーチパターンが、「どろぼうリーチ」でないか否かを判
定する。そして、否定判定された場合(「どろぼうリー
チ」の場合)には、当該どろぼうリーチ動作処理を行
う。この場合においては、表示部3aにどろぼうのキャ
ラクタを表示させるとともに、大当たりライン上にかが
み込むよう表示されているどろぼうに対し、中図柄列1
5の図柄17A〜17H,17Kを順次変動させ、場合
によっては図柄17A〜17HのキャラクタDG1〜D
G8がどろぼうにかみつくかの如く見せる等の処理が行
われる。
【0085】さて、前記ステップS1205で肯定判定
された場合には、ステップS1207に移行する。ステ
ップS1207において、制御装置24はステップS9
05で取得したリーチパターンが、「丸太リーチ」でな
いか否かを判定する。そして、否定判定された場合
(「丸太リーチ」の場合)には、ステップS1208に
おいて、丸太リーチ動作処理を行う。この場合において
は、中図柄列15に川及び丸太を表示するとともに、図
柄17A〜17HのキャラクタDG1〜DG8が川を泳
ぐとともに、川に浮かんでいる丸太を飛び越すかの如く
見せる等の処理が行われる。
【0086】また、前記ステップS1207で肯定判定
された場合には、ステップS1209に移行する。ステ
ップS1209においては、ステップS905で取得し
たリーチパターンが、「氷リーチ」でないか否かを判定
する。そして、否定判定された場合(「氷リーチ」の場
合)には、ステップS1210において、当該氷リーチ
動作処理を行う。この場合においては、雪の結晶が降っ
てきたかの如く表示を行い、その後背景に氷を表示す
る。そして、中図柄列15に表示された図柄17A〜1
7H,17Kが氷上を滑っているかの如く表示が行わ
れ、その後図柄17A〜17Hがブレーキをかけるかの
如く見せる等の処理が行われる。
【0087】一方、前記ステップS1209で肯定判定
された場合には、ステップS1211に移行する。ステ
ップS1211においては、ステップS905で取得し
たリーチパターンが、「女の子リーチ」でないか否かを
判定する。そして、ここで否定判定された場合(「女の
子リーチ」の場合)には、ステップS1212におい
て、女の子リーチ動作処理を行う。この場合において
は、まず表示部13aに女の子のキャラクタが表示さ
れ、そして、中図柄列15の図柄17A〜17H,17
Kが女の子の前を通り過ぎるかの如く表示が行われる。
【0088】さて、前記ステップS1211で肯定判定
された場合には、いずれのリーチ動作処理をも行うこと
なく、当該「リーチ動作処理ルーチン」を一旦終了す
る。また、ステップS1204,1206,1208,
1210,1212の各リーチ処理動作処理を実行した
後においても、当該「リーチ動作処理ルーチン」を一旦
終了する。
【0089】上記のように、ステップS120(「リー
チ動作処理ルーチン」)の処理を実行した後、制御装置
24は、ステップS130(図15参照)において、中
図柄列15での図柄変動を停止させる。より詳しくは、
図19の「中図柄変動停止ルーチン」に示すように、制
御装置24は、まず、ステップS1301において、今
回リーチ演出を実行したか否かを判定する。そして、肯
定判定された場合には、ステップS1302において、
そのリーチ図柄が「4」又は「8の図柄17D,17H
であるか否かを判定する。
【0090】当該ステップS1302で肯定判定された
場合には、反転処理の事前演出を実行するか否かを判定
する。そして、肯定判定された場合には、ステップS1
304において、図21(a)に示すように、対応する
外れ図柄にて、中図柄列15の図柄を一旦停止表示す
る。例えば、図に示すように、「4」の図柄でリーチ状
態になっていた場合には、同じ「オールドシープドッ
グ」のキャラクタDG8を有する「8」の図柄17Hに
て一旦停止表示する。なお、このとき、当該図柄17H
が判定表示されるかどうかについて、遊技者をわくわく
させるような演出(例えば一旦停止図柄17Hをゆらゆ
ら揺らす)表示を行ってもよい。その後、制御装置24
は、ステップS1305へ移行する。
【0091】一方、前記ステップS1301,130
2,1303のいずれかで否定判定された場合には、ス
テップS1307において、中図柄列15での図柄変動
をそのまま最終的に停止させ、その後の処理を一旦終了
する。
【0092】さて、前記ステップS1304から移行し
てステップS1305においては、今回が大当たり時か
否かを判定する。そして、今回が大当たり時である場合
には、ステップS1306において、一旦停止表示され
た中図柄列の図柄を反転させ、最終的に確定表示させ
る。このとき、反転表示させられた後の図柄は、大当た
り図柄(図21では「4」の図柄17D)であり、当該
反転表示により、遊技者は、大当たり状態が発生するこ
とを確信する。そして、制御装置24はその後の処理を
一旦終了する。
【0093】これに対し、今回が大当たり時でない場合
には、ステップS1307において、中図柄列15にお
ける一旦停止図柄をそのまま最終的に確定させ、その後
の処理を一旦終了する。
【0094】このように中図柄変動停止処理を行った
後、引き続いて、制御装置24は、ステップS135に
おいて、再変動処理を実行する。詳しくは、再変動処理
を実行する条件が成立しているか否かを判定し、再変動
処理実行条件が成立している場合には、前記リーチ動作
処理における各リーチ動作と同じ背景で、全図柄列14
〜16の図柄17A〜17H,17Kを同時に再変動さ
せる。そして、所定条件が成立した後、全図柄列14〜
16の図柄17A〜17Lを停止させる。一方、再変動
処理を実行する条件が成立していない場合には、何らの
処理をも実行しない。
【0095】さて、再変動処理を行った後、制御装置2
4は、次に、ステップS140において、図柄17A〜
17H(数字図柄N1〜N8)の組合せが大当たりの組
合せであるか否かを判定する。なお、この際には、停止
図柄の差替えが正しく行われたか否かの確認も行われ
る。そして、この判定条件が満たされていない場合に
は、「特別電動役物制御ルーチン」を終了する。また、
図柄17A〜17Hの組合せが大当たりの組合せである
場合(実際に再変動が行われた場合も、この場合に該当
する)には、ステップS150へ移行する。
【0096】ステップS150において、制御装置24
は、ラウンドカウンタCRを「0」にクリヤする。な
お、このとき、制御装置24によって大当たり報知表示
がなされる。さらに、大当たり図柄17A〜17Hに応
じて、次回の(大当たり状態終了後の)遊技に際しての
遊技モードを示唆する処理を実行する(説明略。なお、
当該処理を大当たり状態終了後に行ってもよい)。
【0097】次に、制御装置24は、ステップS160
(図16参照)において、入賞カウンタCEを「0」に
クリヤするとともに、入賞判定フラグFEを「0」に設
定する。また、続くステップS170においては、ラウ
ンドカウンタCRを「1」ずつインクリメントする。
【0098】さらに、ステップS180において、制御
装置24は、大入賞口用ソレノイド12を励磁させる。
すると、シャッタ11が倒れて略水平状態となり、大入
賞口4が開放される。この開放により、遊技球5のVゾ
ーン及び入賞通路への入賞が可能となる。
【0099】次に、ステップS190において、制御装
置24は、入賞カウンタCEの値が予め定められた所定
値CEmaxよりも小さいか否かを判定する。そして、
この判定条件が満たされている場合には、ステップS2
00において、未だ大入賞口4の閉鎖予定時期が到来し
ていないか否かを判定する。この判定条件が満たされて
いる場合(閉鎖予定時期が到来していない場合)には、
処理をステップS190へ戻す。その結果、大入賞口4
の開放開始後に所定値CEmax個よりも多くの遊技球
5が入賞するか、閉鎖予定時期が到来するかしない限り
は、大入賞口4が開放され続ける。これに対し、ステッ
プS190又はステップS200のいずれか一方が満た
されていないと、ステップS210において、制御装置
24は、大入賞口用ソレノイド12を消磁する。する
と、シャッタ11が起こされて略垂直状態となり、大入
賞口4が閉鎖される。
【0100】続いて、ステップS220において、制御
装置24は、ラウンドカウンタCRの値が予め定められ
た所定値CRmaxよりも小さいか否かを判定する。そ
して、ラウンドカウンタCRの値が所定値CRmaxよ
りも小さい場合には、続くステップS230において入
賞判定フラグFEが「1」であるか否かを判定する。入
賞判定フラグFEが「1」の場合には、処理をステップ
S160へと戻す。従って、一旦大当たり遊技状態が発
生すると、遊技球5がVゾーンに入賞することによる継
続条件が、所定値CRmax回数満たされるまでは、大
入賞口4が開閉のサイクルを繰り返す。例えば所定値C
Emaxが「10」に設定され、大入賞口4の開放時間
が「約29.5秒」に設定され、所定値CRmaxが
「16」に設定されている場合には、大入賞口4の開放
後、(1)遊技球5が大入賞口4へ10個入賞するこ
と、(2)約29.5秒が経過すること、のいずれか一
方の条件が満たされた時点で大入賞口4が閉鎖される。
この大入賞口4の開閉のサイクルが遊技球5のVゾーン
への入賞を条件に最大で16回繰り返されることとな
る。そして、ステップS220又はステップS230の
判定条件のいずれか一方が満たされていない場合には、
大当たり状態が終了したものとして、その旨を表示部1
3aに表示するとともに、次回の遊技モードを報知する
処理を実行し、制御装置24は「特別電動役物制御ルー
チン」を一旦終了する。
【0101】以上詳述したように、本実施の形態によれ
ば、図柄17A〜17Hのうち、「4」の図柄17D
と、「8」の図柄17Hとは、所定の場合に、表示に際
しての視線方向に応じた複数の意味内容を有している。
すなわち、ステップS1305で肯定判定された場合に
は、一旦停止図柄が反転して、別の図柄が表示されう
る。このため、図柄17D又は17Hが一旦停止表示さ
れた時点で、大当たり状態発生条件が満たされていない
(ゾロ目ではない)場合であっても、視線方向が切り換
えられることに基づいて(反転表示されることに基づい
て)図柄の意味内容が変更させられる場合がある。そし
て、結果的にゾロ目となって大当たり状態が発生する場
合が生じうる。そのため、遊技者は、一旦停止表示され
た時点での図柄の意味内容に拘泥させられることなく、
さらに期待感を抱くことができ、その結果、今までには
ない飛躍的な興趣の向上を図ることができる。
【0102】また、単に図柄が切り換えられるのではな
く、反転表示によって、図柄の意味内容が変更される。
このため、遊技者は、反転によって一種の驚きを覚える
とともに、反転に伴う意味内容の変更にさらに驚きと喜
びとを感じる。
【0103】さらに、本実施の形態では、「4」及び
「8」の図柄17D,17Hは、反転表示の前後におい
て、相互に対称の外形線を有している。より詳しくは、
両者とも、同じ「オールドシープドッグ」というキャラ
クタDG4,DG8を備えている。従って、遊技者は、
反転の前後において、違和感を感じにくい。
【0104】併せて、本実施の形態では、上記反転表示
は、リーチ遊技状態に際して行われる。特に、実際に反
転表示が行われると、大当たり状態が発生する。このこ
とから、遊技者にとって、もっともわくわくするとき
に、上記反転が行われることで、面白味に一層の拍車が
かけられる。
【0105】加えて、前記反転表示に際しては、リーチ
遊技状態に際しての演出を伴う。より詳しくは、リーチ
状態において、一旦外れ図柄で停止表示がなされ、しか
も場合によってはさらなる遊技者をどきどきさせるため
の演出が実行されうる。このため、さらなる興趣の向上
を図ることができる。特に、本実施の形態では、図柄1
7A〜17Hは、通常変動時には一定方向にスクロール
変動表示されるものであり、上記反転は、スクロールと
は別の挙動である。そのため、上記作用効果が一層確実
に奏される。
【0106】尚、上記実施の形態の記載内容に限定され
ず、例えば次のように実施してもよい。
【0107】(a)上記実施の形態では、特に言及しな
かったが、各図柄17A〜17H,17Kを、複数のポ
リゴンで形成されたオブジェクトを仮想3次元空間内に
配置するとともに、その仮想3次元空間内の様子を所与
の視点に基づく視野画像に変換し、その視野画像を表示
部13aに表示することによって表示することとしても
よい。かかる場合、上記表示装置13は、複数のポリゴ
ンで形成されたオブジェクトと、前記オブジェクトの各
ポリゴンに貼付ける模様が描かれたテクスチャとを少な
くとも記憶する記憶手段と、前記記憶手段に記憶された
オブジェクトを仮想3次元空間内に設定するオブジェク
ト設定手段と、前記仮想3次元空間内の所与の視点に基
づく視線方向を前記視点を中心に回転させる視線回転手
段と、前記回転された視線方向を基準とする2次元の投
影平面を設定し、その投影平面に前記オブジェクトを投
影する投影手段と、前記投影平面に投影されたオブジェ
クトの各ポリゴンに前記記憶手段に記憶されたテクスチ
ャを貼付けた視野画像を、前記投影平面に相当する画像
生成領域内に生成する視野画像生成手段と、前記画像生
成領域内の視野画像を表示部に出力して、前記視線方向
の回転に伴う前記仮想3次元空間内の様子を表示する表
示出力手段とを備えているといえる。かかる構成によれ
ば、遊技者は、図柄17A〜17H,17Kをよりリア
ルに視認することができる。また、視線方向を回転させ
るだけで、視線方向を容易に切換えることができ、デー
タ量の増大を招くことがない。
【0108】(b)視線方向の切換(反転表示)が複数
回行われるようにしてもよい。このようにすることで、
遊技者にとってのわくわくどきどき感が一層増幅され
る。
【0109】(c)上記実施の形態では、反転の前後の
図柄として、共に通常モードしか付与されない「4」及
び「8」の図柄17D,17Hを採用したが、反転の前
後で遊技者にとっての価値が相異しうる図柄を採用して
もよい。例えば、「4」及び「7」の図柄17D,17
G感で反転等を行うようにしてもよい。上記構成によれ
ば、意味内容の変更に伴って、遊技者にとっての価値が
向上したり、低下したりする場合が生じ、さらに一層面
白味が増すこととなる。
【0110】(d)上記実施の形態では、反転の前後で
同一のキャラクタDG4,DG8が表示されるようにし
たが、反転の前後において異なったキャラクタが表示さ
れるようにしてもよい。
【0111】(e)図柄17A〜17Hとしては、キャ
ラクタDG1〜DG8及び数字図柄N1〜N8の組み合
わせに限定されるものではなく、いずれか一方のみから
なるものであってもよいし、複数のキャラクタの組み合
わせによって構成されていてもよい。さらには、他の識
別情報を採用してもよい。
【0112】(f)図柄の反転が行われることを予め遊
技者に予告することとしてもよい。
【0113】(g)上記実施の形態における各リーチパ
ターンは、あくまでも例示にすぎず、他のいかなるリー
チパターンに用いてもよい。
【0114】(h)また、リーチ演出時以外にも、単な
る変動時や、リーチ予告時、或いは大当たり予告時に反
転表示を行うこととしてもよい。
【0115】(i)上記実施の形態では、図柄を反転表
示することとしたが、図柄の視認方向を変更することに
より、意味内容が変更されれば、反転に限定されるもの
ではない。例えば、図柄が90゜回動することで、意味
内容が切り換えられることとしてもよい。
【0116】(j)上記実施の形態では、再変動(全回
転)処理を行うこととしたが、かかる処理を省略しても
よい。また、再変動処理に際しては、それまでのリーチ
パターンを維持することとしたが、そのようなリーチパ
ターンを維持せずとも、単に全図柄列14〜16の図柄
17A〜17H,17Kを再変動させるだけの構成とし
てもよい。また、それまでとは異なったリーチパターン
を採用してもよい。さらに、再変動処理に際し、全図柄
列14〜16の図柄が一旦停止後、反転するようにして
もよい。
【0117】(k)表示装置13としては、上述した液
晶ディスプレイ以外にも、CRT、ドットマトリック
ス、LED、エレクトロルミネセンス(EL)、蛍光表
示菅等を用いてもよい。
【0118】(l)乱数に関するカウンタ(内部乱数カ
ウンタCI、外れリーチ乱数カウンタCO、大当たり図
柄乱数カウンタCB、上・中・下の各図柄乱数カウンタ
CDU,CDC,CDB、リーチ種別決定カウンタC
V)を適宜変更してもよい。例えば、1つの乱数カウン
タを用い、その値に基づき大当たり状態、外れリーチ状
態等を決定してもよい。
【0119】(m)パチンコ機以外にも、アレパチ、雀
球、スロットマシン等の各種遊技機として実施すること
も可能である。なお、スロットマシンは、例えばコイン
を投入して図柄有効ラインを決定させた状態で操作レバ
ーを操作することにより図柄が変動され、ストップボタ
ンを操作等することで図柄が停止されて確定される周知
のものである。従って、スロットマシンの基本概念とし
ては、「複数の図柄からなる図柄列を変動表示した後に
確定図柄を表示する図柄表示手段を備え、始動用操作手
段(例えば操作レバー)の操作に起因して図柄変動が開
始され、停止用操作手段(例えばストップボタン)の操
作に起因して或いは所定時間が経過することにより図柄
変動が停止され、その停止時の確定図柄が特定図柄であ
ることを必要条件として遊技者に有利な特別遊技状態を
発生させる特別遊技状態発生手段とを備えたスロットマ
シン」となる。
【0120】(n)また、確率変動モードに代えて、時
間短縮モードを実行しうるパチンコ機にも適用してもよ
い。もちろん、上記モード切換のないタイプのパチンコ
機にも適用できる。
【0121】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明によれば、
識別情報を変動表示しうる可変表示装置を備えたパチン
コ機等の遊技機において、興趣の飛躍的な向上を図るこ
とができるという優れた効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】一実施の形態におけるパチンコ機を示す正面図
である。
【図2】(a),(b)ともに表示部の表示状態の例を
示す模式図である。
【図3】表示部に表示されうる図柄の種類を説明する図
である。
【図4】(a),(b)ともに表示部における図柄列の
変動状態を示す図である。
【図5】(a)(b)ともに表示部における大当たりラ
イン及び大当たり状態を示す図である。
【図6】(a)(b)ともに表示部における大当たりラ
イン及び大当たり状態を示す図である。
【図7】(a)〜(c)は表示部における各リーチ状態
を示す図である。
【図8】リーチ種別決定カウンタの概念を説明するテー
ブルである。
【図9】図柄乱数バッファの概念を説明する図表であ
る。
【図10】図柄乱数エリアの概念を説明する図表であ
る。
【図11】停止図柄エリアの概念を説明する図表であ
る。
【図12】(a)は乱数カウンタの概念を説明する図表
であり、(b)リーチ種別決定カウンタの概念を示す図
表である。
【図13】制御装置により実行される「乱数振分けルー
チン」を示すフローチャートである。
【図14】「格納処理ルーチン」を示すフローチャート
である。
【図15】「特別電動役物制御ルーチン」の一部を示す
フローチャートである。
【図16】「特別電動役物制御ルーチン」の一部であっ
て、図15の続きを示すフローチャートである。
【図17】「変動開始処理ルーチン」を示すフローチャ
ートである。
【図18】「リーチ動作処理ルーチン」を示すフローチ
ャートである。
【図19】「中図柄変動停止処理ルーチン」を示すフロ
ーチャートである。
【図20】(a),(b)は実施の形態の作用を説明す
るための表示部の表示態様例を示す図である。
【図21】(a),(b)は実施の形態の作用を説明す
るための表示部の表示態様例を示す図である。
【符号の説明】
1…パチンコ機、2…遊技盤、3…作動口、4…大入賞
口、5…遊技球、13…表示装置、13a…表示部、1
4…上図柄列、15…中図柄列、16…下図柄列、17
A〜17H,17K…図柄、24…制御装置。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 遊技者の操作に応じて変化する遊技状況
    を検出する遊技状況検出手段と、 前記遊技状況検出手段による検出結果に基づき識別情報
    を変動表示しうる可変表示装置と、 前記識別情報が特定表示態様となって最終的に停止表示
    されることを必要条件に、遊技者に有利な特別遊技状態
    を発生させる特別遊技状態発生手段とを備えた遊技機に
    おいて、 前記識別情報の少なくとも1つは、表示に際しての視線
    方向に応じた複数の意味内容を有していることを特徴と
    する遊技機。
JP11160780A 1999-06-08 1999-06-08 遊技機 Granted JP2000342784A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11160780A JP2000342784A (ja) 1999-06-08 1999-06-08 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11160780A JP2000342784A (ja) 1999-06-08 1999-06-08 遊技機

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003001654A Division JP2003210777A (ja) 2003-01-08 2003-01-08 遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000342784A true JP2000342784A (ja) 2000-12-12

Family

ID=15722301

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11160780A Granted JP2000342784A (ja) 1999-06-08 1999-06-08 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000342784A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002248224A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2004275459A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2007330474A (ja) * 2006-06-14 2007-12-27 Aruze Corp 遊技機
JP2010264322A (ja) * 2010-09-02 2010-11-25 Takeya Co Ltd 遊技機

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002248224A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2004275459A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2007330474A (ja) * 2006-06-14 2007-12-27 Aruze Corp 遊技機
JP2010264322A (ja) * 2010-09-02 2010-11-25 Takeya Co Ltd 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001025542A (ja) 遊技機
JP2001218931A (ja) 遊技機
JP2000271292A (ja) 遊技機
JP2000342784A (ja) 遊技機
JP2000153031A (ja) 遊技機
JP4601093B2 (ja) 遊技機
JP2000245912A (ja) 遊技機
JP5742881B2 (ja) 遊技機
JP2000157676A (ja) 遊技機
JP2000317048A (ja) 遊技機
JP4513140B2 (ja) 遊技機
JP2000202104A (ja) 遊技機
JP2009291645A (ja) 遊技機
JP2001161937A (ja) 遊技機
JP4505892B2 (ja) 遊技機
JP2000157675A (ja) 遊技機
JP2003210777A (ja) 遊技機
JP2001170287A (ja) 遊技機
JP5716654B2 (ja) 遊技機
JP4631107B2 (ja) 遊技機
JP2013099699A (ja) 遊技機
JP4656248B2 (ja) 遊技機
JP5093372B2 (ja) 遊技機
JP4735771B2 (ja) 遊技機
JP2011218205A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20060220