JP2000332813A - 通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体 - Google Patents

通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体

Info

Publication number
JP2000332813A
JP2000332813A JP11144093A JP14409399A JP2000332813A JP 2000332813 A JP2000332813 A JP 2000332813A JP 11144093 A JP11144093 A JP 11144093A JP 14409399 A JP14409399 A JP 14409399A JP 2000332813 A JP2000332813 A JP 2000332813A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
prefix
search table
terminal
table
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11144093A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3463607B2 (ja
Inventor
Kazuhiko Nakahara
一彦 中原
Original Assignee
Nec Corp
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Corp, 日本電気株式会社 filed Critical Nec Corp
Priority to JP14409399A priority Critical patent/JP3463607B2/ja
Publication of JP2000332813A publication Critical patent/JP2000332813A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3463607B2 publication Critical patent/JP3463607B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 経路の異なるプレフィックスを複数用いたネ
ットワーク構成において、階層化された経路制御が行わ
れている場合であっても端末の1つのインタフェースに
複数のアドレスを付与し、最適な始点アドレスを通信相
手に従って動的に変化させることで複数の経路が使え、
高速で信頼性の高い通信を行う。 【解決手段】 経路の異なる複数のアドレスを持つ端末
4が通信を行う時、端末4は始点アドレス選択装置5の
検索表を用いて最適な経路になるプレフィックス情報を
検索し、自アドレスの中で最長一致する始点アドレスを
選択することで、通信経路が最適になる始点アドレスを
動的に選択する。また、定期的に広告される通信不能プ
レフィックスの情報を取得し、始点アドレス選択時に、
復路の経路で通信不能にならない始点アドレスを選択す
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、特に、異なる上位
組織からのプレフィックスを複数用いたネットワーク構
成において、端末にとって最適な通信経路を選択可能な
プレフィックス情報を使い始点アドレスを動的に選択す
る、通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの
選択方法および装置ならびに同方法が記録された記録媒
体に関する。

【0002】

【従来の技術】上位組織を複数持つ通信ネットワークシ
ステム構成において、端末が通信を行う場合、 従来
は、その端末に複数のインタフェースを用意し、経路の
異なるプレフィックスを用いたアドレスをそれぞれのイ
ンタフェースに付与し、経路情報をルータから得ること
によって、コスト最小な始点インタフェースおよび始点
アドレスを選択し、通信を行なっていた。しかしなが
ら、端末に複数のインタフェースを用意できない場合も
ある。この場合、1つのインタフェースに複数のアドレ
スを付与することになるが、どのアドレスを始点アドレ
スとして用いるべきかを選択するための手段が必要とな
る。

【0003】図6に、複数のインタフェースを用意した
端末4を用いた場合の通信ネットワークシステムの構成
例を、図7に複数のインタフェースを用意できない端末
4を用いた場合の通信ネットワークシステムの構成例を
示す。図6に示すネットワーク構成では、経路の異なる
プレフィックスを持つアドレスをそれぞれのインタフェ
ース に付与する必要がある。すなわち、端末4は、ゲ
ートウェイ3経由でプロバイダ1(以下、ISP1と称
する)に経路が向くプレフィックスを用いたネットワー
ク11に接続したインタフェース111のアドレス“1
111”を用いるだけでなく、ゲートウェイ3経由でプ
ロバイダ2(以下、ISP2と称する)方面と通信をす
るために、ネットワーク21に接続したインタフェース
211を用意しアドレス“2111”を用いて通信を行
っていた。図7に示すネットワーク構成では、一方のネ
ットワーク11だけにインタフェースを接続し、そのネ
ットワーク11のプレフィックスを用いたアドレスのみ
により通信を行っていた。すなわち、インタフェース1
11だけしか端末4に用意できないケースにおいてIS
P1との回線が切れた場合、行きのパケットはISP2
を経由して送れるのに対し、帰りのパケットは、始点ア
ドレスがISP1に経路付けされているために通信がで
きないことになる。

【0004】インタフェース111ひとつの場合でも、
図6のインタフェース211に付与されていたアドレス
“2111”を図7のインタフェース111に付与し、
ISP2方面にパ ケットが出て行くような通信相手に
は始点アドレスをアドレス“2111”にすることで通
信が可能となる。このインタフェースに複数のアドレス
を付与し、宛先を考慮して通信するためには、ネットワ
ークトポロジに従った始点アドレスを選択する必要があ
った。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】上述した従来技術にお
いて問題となるのは、階層化された経路制御が行われて
いる環境において、複数のアドレスを1つのインタフェ
ースに付与した時、経路制御の変化に従って、始点アド
レスを選択できないことにある。その理由は、従来の通
信ネットワーク構成では、階層化された経路制御を行っ
ていなかったため、トポロジ変化を考慮した始点アドレ
ス選択の手段がないことである。また、プレフィックス
と上位組織の識別子を考慮して始点アドレスを選択した
場合でも、その始点アドレス宛に宛先の端末から自端末
に通信できることを確認する手段がないことである。す
なわち、階層化された経路制御を行っていなかったた
め、トポロジ変化を考慮した始点アドレス選択手段が存
在しなかったことに起因する。

【0006】上述したように、この種ネットワーク構成
ではマルチホーム環境を構築することによる迂回ルート
を確保しネットワークの安定性を向上させている。しか
しながらアドレスの階層化が行われている現在では上位
組織のプレフィックスに従った経路制御が行われ、端末
に唯一のアドレスを付与しただけでは迂回ルートを使っ
て通信することはできない。本発明は上記事情に鑑みて
なされたものであり、経路の異なるプレフィックスを用
いた通信ネットワーク構成において、端末に上位組織の
プレフィックスが付いたアドレスを複数付与することに
より迂回ルートを介して通信ができるようにしたもので
あり、端末が通信を行う時に、ネットワークトポロジを
考慮して経路の異なる複数のアドレスを選択できる、通
信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方
法および装置ならびに同方法が記録される記録媒体を提
供することを目的とする。また、端末が通信を行う時
に、既に有効でないプレフィックスを端末に広告するこ
とのできる、通信ネットワークシステムにおける始点ア
ドレスの選択方法および装置ならびに同方法が記録され
る記録媒体始点アドレス選択装置を提供することも目的
とする。

【0007】

【課題を解決するための手段】上述した課題を解決する
ために請求項1に記載の通信ネットワークシステムにお
ける始点アドレスの選択方法は、経路の異なるプレフィ
ックスを複数用いた通信ネットワークシステムにおい
て、前記プレフィックスに上位組織を示す識別子を付し
たテーブルを用意し、少なくとも1個のインタフェース
を持つ端末に上位組織のプレフィックスが付された複数
のアドレスを付与し、前記テーブルを検索することによ
って宛先に最適なプレフィックス情報を得ることによ
り、端末が動的に変化するネットワークトポロジに追従
して最適通信経路となる始点アドレスを選択することを
特徴とする。請求項2に記載の通信ネットワークシステ
ムにおける始点アドレスの選択方法は、請求項1に記載
の同方法において、外部からの経路情報が取得できなく
なったことを検知して前記テーブルを更新し、無効にな
ったプレフィックス情報を端末に対して広告することを
特徴とする。

【0008】請求項3に記載の通信ネットワークシステ
ムにおける始点アドレスの選択方法は、経路の異なるプ
レフィックスを複数用いた通信ネットワークシステムに
おいて、それぞれのゲートウェイと通信することにより
各ゲートウェイが保持する経路表を収集し、収集した経
路表に基づいて第1の検索表を索引して宛先のプレフィ
ックス情報が検索できない場合、あらかじめ管理者によ
って設定される第2の検索表を索引して前記第1の検索
表に宛先のプレフィックス情報を付加して更新すること
により最適なプレフィックス情報を得、端末の問い合わ
せに対して前記プレフィックス情報を回答し、このプレ
フィックス情報と最長一致した始点アドレスを選択して
通信を行うことを特徴とする。請求項4に記載の通信ネ
ットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法
は、請求項3に記載の同方法において、収集した経路情
報が既に前記第1の検索表に存在するか否かを調べ、存
在しない場合、前記第2の検索表を用いてプレフィック
ス情報を付加して前記第1の検索表の内容を更新すると
共に、前記第2の検索表でプレフィックス情報が検索で
きない場合、プレフィックス情報を空欄のまま前記第1
の検索表を更新してログファイルにその経路情報を記述
し、同一宛先ネットワークへの経路情報があった場合、
あらかじめ定められたルーティングプロトコルの評価関
数に従い最適なゲートウェイになるように前記第1の検
索表を更新することを特徴とする。請求項5に記載の通
信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方
法は、請求項3に記載の同方法において、前記第1の検
索表と第2の検索表の内容を比較し、前記第1の検索表
に存在しないプレフィックス情報が前記第2の検索表に
あった場合、そのプレフィックス情報が有効でなくなっ
たことを端末に定期的に広告することを特徴とする。

【0009】請求項6に記載の通信ネットワークシステ
ムにおける始点アドレスの選択装置は、経路の異なるプ
レフィックスを複数用いた通信ネットワークシステムに
おいて、通信ネットワークシステムを構成するそれぞれ
のゲートウェイと通信することにより各ゲートウェイの
経路情報を収集し、各ゲートウェイが保持する経路表を
記憶する経路表記憶部と、収集された経路情報に基づき
端末が問い合わせできるようにプレフィックス情報が記
憶される検索表記憶部と、管理者により設定され、端末
が適切な始点アドレスを選択できるように前記検索表記
憶部に記憶される検索表に適切なプレフィックス情報を
付加する設定情報記憶部と、端末からのパケットがイン
タフェース装置を介して到来したときに前記検索表記憶
部を検索して適切なプレフィックス情報を回答すると共
に、前記検索表記憶部と設定情報記憶部に記憶された内
容を検索し、有効でなくなったプレフィックス情報を前
記インタフェース装置にあるマルチキャスト広告部を介
して定期的に広告するデータ処理装置とを有することを
特徴とする。

【0010】請求項7に記載の記録媒体は、経路の異な
るプレフィックスを用いた通信ネットワークシステムに
用いられ、経路情報と経路情報を広告するルータのアド
レスおよびプレフィックスから 上位組織の識別子を経
路情報として埋め込むステップと、前記通信ネットワー
クシステムを構成する全てのゲートウェイから経路情報
を収集し、宛先に最適なプレフィックス情報を含む経路
情報を検索するステップと、前記経路情報を収集する
際、既に有効でなくなったプレフィックス情報を広告す
るステップと、前記検索したプレフィックスから最適通
信経路となる始点アドレスを選択するステップとがプロ
グラムされ記録されたことを特徴とする。

【0011】上述した構成において、始点アドレス選択
装置は、ゲートウェイからの経路情報を集めて経路情報
を検索し、経路情報のゲートウェイアドレスからプレフ
ィックスを選択して、宛先に最適なプレフィックス 情
報を検索するよう動作する。また、ゲートウェイのルー
タの経路情報を集める際に、外部からの経路情報が取得
できなくなったことを検知し、始点アドレス選択装置内
のテーブルを更新して、マルチキャストまたはブロード
キャスト等の通信手段を用いて端末に対し無効になった
プレフィックス情報を広告するように動作する。

【0012】この種ネットワーク構成ではマルチホーム
環境を構築することによる迂回ルートを確保しネットワ
ークの安定性を向上させている。しかしながらアドレス
の階層化が行われている現在では上位組織のプレフッ
クスに従った経路制御が行われ、端末に唯一のアドレス
を付与しただけでは迂回ルートを使って通信することは
できない。そこで本発明は、端末に上位組織のプレフィ
ックスが付いたアドレスを複数付与することで迂回ルー
トを介し通信ができるようにしたものである。このため
に、始点アドレス選択装置を端末と同じネットワーク上
に設置することにより、通信コストを考慮した経路を使
えるような始点アドレスを端末が検索し、階層化したア
ドレスを用いたマルチホーム環境化であっても、動的に
最適な経路を使うことができる。また、始点アドレス選
択装置が、ゲートウェイやネットワークのトラブルで既
に有効でない経路を検知した場合、その経路に向かうプ
レフィックス情報を端末に広告することにより、上述し
た原因によって通信不能に陥ることがなくなる。このこ
とにより、最適な経路でより信頼性の高い通信が可能と
なる。

【0013】

【発明の実施の形態】図1は、本発明が採用される通信
ネットワークシステムの一実施形態を示すブロック図で
ある。図1に示す通信ネットワークシステムは、ゲート
ウェイ3を用いてISP1とISP2に接続した構成を
とり、ISP1に経路付けされるネットワーク11とI
SP2に経路付けされるネットワーク21を持つ。そし
て、ネットワーク11内に始点アドレス選択装置5を接
続することにより、端末4は、インタフェース111を
用いてISP1に属するアドレス“1111”と、IS
P2に属するアドレス“2111”とを同時に設定して
ある。端末4は、始点アドレス選択装置5から情報を得
て、 アドレス“1111”とアドレス“2111”の
どちらかを始点アドレスとして通信する。尚、6はルー
タである。

【0014】図2は、図1に示す本発明一実施形態の動
作を説明するために引用した図であり、ゲートウェイ3
と始点アドレス選択装置5の関係を示す動作概念図であ
る。図2において、始点アドレス選択装置5は、ゲート
ウェイ3の外側ネットワークの経路表100を書き替え
なしでそのままの形式で集め、集めた経路表100と予
め始点アドレス選択装置5に与えられた検索表102お
よびルーティングプロトコルの評価関数103を用いて
検索表101を作成する。ここで用いられる経路制御
は、階層的な構造を有しており、最上位では自律システ
ム(AS:Autonomous System)を単位とした経路制御
が行われる。ASは単一の経路制御方策に従って経路制
御が行われるネットワーク群と定義され、具体的には一
つのISPネットワークに対応すると考えられる。経路
表100は、宛先アドレス(Destination)とゲートウ
ェイアドレス(Gateway)、そしてASパス(AS-Path)
でエントリが構成されるものとし、また、検索表1(1
01)は、宛先アドレスとプレフィックス情報でエント
リが構成されるものとし、更に検索表2(102)は、
ゲートウェイアドレスとプレフィックス情報でエントリ
が構成されるものとする。ゲートウェイ3と始点アドレ
ス選択装置5との関係についての詳細は後述する。

【0015】図3は、図1に示す始点アドレス選択装置
5による処理をフローチャートで示した図であり、具体
的には、検索表101を作成する処理と、端末4へプレ
フィックス情報を広告する処理、そして、無効になった
プレフィックス情報を広告する処理の一連の動作が記述
されている。

【0016】以下、図2、図3を参照しながら図1に示
す本発明一実施形態の動作につき詳細に説明する。始点
アドレス選択装置5は、端末4と通信可能な場所に接続
されているものとする。始点アドレス選択装置5はゲー
トウェイ3と一定間隔で通信することにより、経路情
報を集める機能を有する。集められた経路情報は、端末
4が問い合わせできるように検索表1(101)として
作成され図示せぬ記憶装置に格納される。検索表2(1
02)は、あらかじめ管理者等により設定される情報で
あり、端末4が適切な始点アドレスを選択できるように
検索表1(101)にプレフィックス情報を付加するた
めのテーブルである。検索表102も図示せぬ記憶装置
に格納される。

【0017】始点アドレス選択装置5は、例えば、TC
P(Transmission Control Protocol)を用いてコネク
ションを確立し、ゲートウェイ3で外側のネットワーク
に用いられているプロトコルの経路表100全ての情報
を書き換えることなくそのままの形態で収集し、図示せ
ぬ記憶装置に格納する(ステップS31)。仮りに、ネ
ットワーク的に離れた場所にゲートウェイ3が複数存在
した場合は、その全てのゲートウェイ3の経路情報を集
める。次に、集めた経路情報を1レコードずつ処理す
る。まず、収集された経路表100が既に検索表1(1
01)に存在するか否かを判断する(ステップS3
2)。存在しない場合は検索表1(101)にプレフィ
ックス情報を追加する(ステップS35)。検索表2
(102)でプレフィックスが検索できない場合は、プ
レフィックス情報を空欄のまま検索表1(101)に追
加する。この場合、管理者等に注意を促すために ログ
ファイルにその経路情報100を記述する。仮りに、同
じ宛先ネットワークへの経路情報100があった場合、
予め決められたルーティングプロトコルの評価関数10
3に従って、最適なゲートウェイになるように検索表1
(101)の内容を書き換える(ステップS33,S3
4)。その場合も、検索表2(102)を用いてプレフ
ィックス情報の追加を行なったり(ステップS37)、
あるいは図示せぬ外部記憶装置に割り付けられるログフ
ァイルに経路情報を追加したりする。

【0018】このようにして作成された検索表1(10
1)を、処理A(ステップS38)に従って、端末4が
ブロードキャスト又は、マルチキャストのための通信手
段を用いて問い合わせることによって、端末4は、宛先
に最も適し たプレフィックス情報を得る。このプレフ
ックス情報と最長一致した始点アドレスを選択し、通信
を行なうことで、宛先アドレスに適した始点アドレスを
選択できる。この始点アドレスを用いることで、最も効
率のよい経路で通信できる。又、始点アドレス選択装置
5との通信回数を減らすために、端末4は、宛先アドレ
スとプレフィックス情報をキャッシュとして持つことも
できる。

【0019】尚、上述した本発明実施形態では、1つの
ゲートウェイ3と1つの始点アドレス選択装置5を用
い、端末4と同じ例えばLAN等のネットワーク11上
に始点アドレス選択装置5を設置した例を用いて説明し
たが、上述したゲートウェイ3や始点アドレス選択装置
5の数に制限はない。また、異なったLAN上に始点ア
ドレス選択装置5と端末4が存在する場合、その始点ア
ドレス選択装置5のアドレスを端末4に設定し直接通信
を行えばよい。

【0020】図4は本発明の他の実施形態を示すブロッ
ク図である。図4に示す実施形態は、始点アドレス選択
装置5にマルチキャストパケット広告機能(マルチキャ
ストパケット広告部531)を有する点でのみ図1に示
す実施形態と異なる。図4中、図1と同一番号のの付さ
れたブロックは図1のそれと同じとする。図4に示す本
発明実施形態では、検索表1(101)と検索表2(1
02)の内容を比較し、検索表1(101)に存在しな
いプレフィックス情報が検索表2(102)にあった場
合は、そのプレフィックス情報を全く有効でないアドレ
スのプレフックスと判断し、図3に示すフローチャート
中、処理B(ステップS39)に従って、マルチキャス
トパケット広告部531を用いて端末4に広告する。こ
のことにより、プレフィックス情報が確定できなかった
宛先に対して、端末4が全く有効でないプレフィックス
情報を知るため、有効でなくなった始点アドレスを選択
しなくて済むようになる。

【0021】図5は、本発明の更に他の実施形態を示す
ブロック図であり、図1、図4に示す実施形態の始点ア
ドレス選択装置5の内部構成にのみ着目して示してあ
る。ここでは、検索プログラムと通信処理プログラムを
記録した記録媒体52を備える。この記録媒体52は、
磁気ディスク、半導体メモリ、その他の記録媒体であっ
て良い。あらかじめ用意される検索プログラムと通信処
理プログラムは、データ処理装置54によって記録媒体
52から逐次読み込まれ、検索処理ならびに通信のため
に後述するインタフェース装置53を含む各部がコント
ロールされる。データ処理装置54は、検索プログラム
と通信処理プログラムに基づき以下の処理、即ち、図1
と図4に実施形態として示す始点アドレス選択装置5お
よびマルチキャストパケット広告部51による処理と同
一の処理を実行する。データ処理装置54は、主記憶装
置51上に、検索表記憶部511、経路表記憶部51
2、設定情報記憶部513、ゲートウェイアドレス記憶
部514を割り付け、それぞれに、検索表1(10
1)、経路表100、検索表2(102)、ゲートウェ
イアドレスが格納される。尚、インタフェース装置53
は、後述するマルチキャストパケット広告部531を含
み、また、外部記憶装置55にはログファイルが作成さ
れ格納される。

【0022】以下、動作説明を行う。記録媒体52から
プログラムが読み込まれると、プログラムに付随する変
数に図1、図4に示すゲートウェイ3のアドレスが主記
憶装置51中のゲートウェイアドレス記憶部514に、
図2に示す検索表2(102)が設定情報記憶部513
に記録される。ゲートウェイ3からインターフェース装
置53を経由して、各ゲートウェイの経路情報を集め、
その経路表を経路表記憶部512に格納し、図3に示す
フローチャートに従って検索表1(101)が作られ
る。検索表1(101)は、検索表記憶部511に記録
される。端末4からのパケットがインタフェース装置5
3を経由して入って来たら、データ処理装置54は、検
索表記憶部511を検索し、そのテーブル内容に従っ
て、端末4にプレフィックス情報を通知する。また、デ
ータ処理装置54は、検索表記憶部511と設定情報記
憶部513の内容を検索し、有効でなくなったプレフィ
ックス情報をインターフェース装置53とマルチキャス
トパケット広告部531を使って、定期的に広告するこ
とができるものとする。尚、上述した実施形態では、1
個のインターフェース装置53を用いてのみ説明した
が、このインターフェース装置53の数に特に制限はな
い。

【0023】以上説明のように、この種ネットワーク構
成ではマルチホーム環境を構築することによる迂回ルー
トを確保しネットワークの安定性を向上させている。し
かしながらアドレスの階層化が行われている現在では上
位組織のプレフッ クスに従った経路制御が行われ、端
末に唯一のアドレスを付与しただけでは迂回ルートを使
って通信することはできない。そこで本発明は、端末に
上位組織のプレフィックスが付いたアドレスを複数付与
することで迂回ルートを介し通信ができるようにしたも
のである。このために、始点アドレス選択装置を端末と
同じネットワーク上に設置することにより、通信コスト
を考慮した経路を使えるような始点アドレスを端末が検
索し、階層化したアドレスを用いたマルチホーム環境化
であっても、動的に最適な経路を使うことができる。ま
た、始点アドレス選択装置が、ゲートウェイやネットワ
ークのトラブルで既に有効でない経路を検知した場合、
その経路に向かうプレフィックス情報を端末に広告する
ことにより、上述した原因によって通信不能に陥ること
がなくなる。

【0024】

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、端
末が1 つのインタフェースに複数のアドレスが付与され
た環境下においてコスト最小な経路になるような始点ア
ドレス選択手段を端末に提供することにより高速で信頼
性のある通信が可能となる。また、始点アドレス選択装
置にマルチキャストパケット広告機能を付加することで
外部ネットワークやゲートウェイのトラブル等で、まっ
たく通信不能な始点アドレスが発生した場合でも、動的
に端末に知らせることで通信不能になることを防ぎ、最
適な経路でより信頼性の高い通信が可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】 本発明の一実施形態を示すブロック図であ
る。

【図2】 図1に示す本発明の一実施形態の動作を説明
するために引用した動作概念図である。

【図3】 図1に示す本発明の一実施形態の動作を説明
するために引用したフローチャートである。

【図4】 本発明の他の実施形態を示すブロック図であ
る。

【図5】 本発明の更に他の実施形態を示すブロック図
である。

【図6】 端末にインタフェースが複数ある場合におけ
る従来の通信ネットワークシステムの構成例を示すブロ
ック図である。

【図7】 端末にインタフェースが1つしかない場合に
おける従来の通信ネットワークシステムの構成例を示す
ブロック図である。

【符号の説明】

1(2)…プロバイダ 3…ゲートウェイ 4…端末 5…始点アドレス選択装置 6…ルータ 11,21…ネットワーク 51…主記憶装置 52…記録媒体 53…インタフェース装置 54…データ処理装置 55…外部記憶装置 100…経路表 101…検索表1 102…検索表2 103…評価関数 111…インタフェース 511…検索表記憶部 512…経路表記憶部 513…設定情報記憶部 514…ゲートウェイアドレス記憶部 531…マルチキャストパケット広告部

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 経路の異なるプレフィックスを複数用い
    た通信ネットワークシステムにおいて、前記プレフィッ
    クスに上位組織を示す識別子を付したテーブルを用意
    し、少なくとも1個のインタフェースを持つ端末に上位
    組織のプレフィックスが付された複数のアドレスを付与
    し、前記テーブルを検索することによって宛先に最適な
    プレフィックス情報を得ることにより、端末が動的に変
    化するネットワークトポロジに追従して最適通信経路と
    なる始点アドレスを選択することを特徴とする始点アド
    レスの選択方法。
  2. 【請求項2】 外部から経路情報が取得できなくなった
    ことを検知して前記テーブルを更新し、無効になったプ
    レフィックス情報を端末に対して広告することを特徴と
    する請求項1に記載の通信ネットワークシステムにおけ
    る始点アドレスの選択方法。
  3. 【請求項3】 経路の異なるプレフィックスを複数用い
    た通信ネットワークシステムにおいて、それぞれのゲー
    トウェイと通信することにより各ゲートウェイが保持す
    る経路表を収集し、収集した経路表に基づいて第1の検
    索表を索引して宛先のプレフィックス情報が検索できな
    い場合、あらかじめ管理者によって設定される第2の検
    索表を索引して前記第1の検索表に宛先のプレフィック
    ス情報を付加して更新することにより最適なプレフィッ
    クス情報を得、端末の問い合わせに対して前記プレフィ
    ックス情報を回答し、このプレフィックス情報と最長一
    致した始点アドレスを選択して通信を行うことを特徴と
    する始点アドレスの選択方法。
  4. 【請求項4】 収集した経路情報が既に前記第1の検索
    表に存在するか否かを調べ、存在しない場合、前記第2
    の検索表を用いてプレフィックス情報を付加して前記第
    1の検索表の内容を更新すると共に、前記第2の検索表
    でプレフィックス情報が検索できない場合、プレフィッ
    クス情報を空欄のまま前記第1の検索表を更新してログ
    ファイルにその経路情報を記述し、同一宛先ネットワー
    クへの経路情報があった場合、あらかじめ定められたル
    ーティングプロトコルの評価関数に従い最適なゲートウ
    ェイになるように前記第1の検索表を更新することを特
    徴とする請求項3に記載の始点アドレスの選択方法。
  5. 【請求項5】 前記第1の検索表と第2の検索表の内容
    を比較し、前記第1の検索表に存在しないプレフィック
    ス情報が前記第2の検索表にあった場合、そのプレフィ
    ックス情報が有効でなくなったことを端末に定期的に広
    告することを特徴とする請求項3に記載の始点アドレス
    の選択方法。
  6. 【請求項6】 経路の異なるプレフィックスを複数用い
    た通信ネットワークシステムにおいて、通信ネットワー
    クシステムを構成するそれぞれのゲートウェイと通信す
    ることにより各ゲートウェイの経路情報を収集し、各ゲ
    ートウェイが保持する経路表を記憶する経路表記憶部
    と、収集された経路情報に基づき端末が問い合わせでき
    るようにプレフィックス情報が記憶される検索表記憶部
    と、管理者により設定され、端末が適切な始点アドレス
    を選択できるように前記検索表記憶部に記憶される検索
    表に適切なプレフィックス情報を付加する設定情報記憶
    部と、端末からのパケットがインタフェース装置を介し
    て到来したときに前記検索表記憶部を検索して適切なプ
    レフィックス情報を回答すると共に、前記検索表記憶部
    と設定情報記憶部に記憶された内容を検索し、有効でな
    くなったプレフィックス情報を前記インタフェース装置
    にあるマルチキャスト広告部を介して定期的に広告する
    データ処理装置とを有することを特徴とする通信ネット
    ワークシステムにおける始点アドレスの選択装置。
  7. 【請求項7】 経路の異なるプレフィックスを用いた通
    信ネットワークシステムに用いられ、経路情報と経路情
    報を広告するルータのアドレスおよびプレフィックスか
    ら 上位組織の識別子を経路情報として埋め込むステッ
    プと、前記通信ネットワークシステムを構成する全ての
    ゲートウェイから経路情報を収集し、宛先に最適なプレ
    フィックス情報を含む経路情報を検索するステップと、
    前記経路情報を収集する際、既に有効でなくなったプレ
    フィックス情報を広告するステップと、前記検索したプ
    レフィックスから最適通信経路となる始点アドレスを選
    択するステップとがプログラムされ記録された記録媒
    体。
JP14409399A 1999-05-24 1999-05-24 通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体 Expired - Lifetime JP3463607B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14409399A JP3463607B2 (ja) 1999-05-24 1999-05-24 通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14409399A JP3463607B2 (ja) 1999-05-24 1999-05-24 通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000332813A true JP2000332813A (ja) 2000-11-30
JP3463607B2 JP3463607B2 (ja) 2003-11-05

Family

ID=15354059

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14409399A Expired - Lifetime JP3463607B2 (ja) 1999-05-24 1999-05-24 通信ネットワークシステムにおける始点アドレスの選択方法、選択装置および同方法が記録された記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3463607B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004107671A1 (ja) * 2003-05-27 2004-12-09 Fujitsu Limited 通信装置
WO2006073066A1 (ja) * 2005-01-05 2006-07-13 Nec Corporation 通信装置、ルーティング方法及びプログラム
WO2006104202A1 (ja) * 2005-03-29 2006-10-05 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 通信制御方法及びアドレス管理ノード並びにモバイルノード
JP2007043590A (ja) * 2005-08-05 2007-02-15 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 複数のネットワーク事業者からアドレスブロックまたはアドレスの割当を受けるゲートウェイ装置のアドレス選択ポリシ生成方法およびそのゲートウェイ装置
JP2007089138A (ja) * 2005-08-24 2007-04-05 Ricoh Co Ltd 通信機器、通信方法および通信プログラム
US7680949B2 (en) 2002-03-29 2010-03-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Source address selection scheme suitable for multi-home environment
KR100969152B1 (ko) 2007-06-27 2010-07-08 한국전자통신연구원 프록시 모바일 아이피버전6 망에서 노드 간의 경로 최적화방법 및 시스템
JP2012165167A (ja) * 2011-02-07 2012-08-30 Seiko Epson Corp ネットワーク通信装置、方法、及びプログラム
JP2012205300A (ja) * 2011-03-24 2012-10-22 Nec (China) Co Ltd アドレス指定方法、アドレス指定装置、ファブリックマネージャ、スイッチ、およびデータルーティング方法

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7680949B2 (en) 2002-03-29 2010-03-16 Kabushiki Kaisha Toshiba Source address selection scheme suitable for multi-home environment
WO2004107671A1 (ja) * 2003-05-27 2004-12-09 Fujitsu Limited 通信装置
US8488569B2 (en) 2003-05-27 2013-07-16 Fujitsu Limited Communication device
JP4623317B2 (ja) * 2005-01-05 2011-02-02 日本電気株式会社 通信装置、ルーティング方法及びプログラム
WO2006073066A1 (ja) * 2005-01-05 2006-07-13 Nec Corporation 通信装置、ルーティング方法及びプログラム
JP4616882B2 (ja) * 2005-03-29 2011-01-19 パナソニック株式会社 通信制御方法及びアドレス管理ノード並びにモバイルノード
WO2006104202A1 (ja) * 2005-03-29 2006-10-05 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 通信制御方法及びアドレス管理ノード並びにモバイルノード
US7742396B2 (en) 2005-03-29 2010-06-22 Panasonic Corporation Communication control method, address management node, and mobile node
JPWO2006104202A1 (ja) * 2005-03-29 2008-09-11 松下電器産業株式会社 通信制御方法及びアドレス管理ノード並びにモバイルノード
JP2007043590A (ja) * 2005-08-05 2007-02-15 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> 複数のネットワーク事業者からアドレスブロックまたはアドレスの割当を受けるゲートウェイ装置のアドレス選択ポリシ生成方法およびそのゲートウェイ装置
JP4526462B2 (ja) * 2005-08-05 2010-08-18 日本電信電話株式会社 複数のネットワーク事業者からアドレスブロックまたはアドレスの割当を受けるゲートウェイ装置のアドレス選択ポリシ生成方法およびそのゲートウェイ装置
JP2007089138A (ja) * 2005-08-24 2007-04-05 Ricoh Co Ltd 通信機器、通信方法および通信プログラム
KR100969152B1 (ko) 2007-06-27 2010-07-08 한국전자통신연구원 프록시 모바일 아이피버전6 망에서 노드 간의 경로 최적화방법 및 시스템
JP2012165167A (ja) * 2011-02-07 2012-08-30 Seiko Epson Corp ネットワーク通信装置、方法、及びプログラム
JP2012205300A (ja) * 2011-03-24 2012-10-22 Nec (China) Co Ltd アドレス指定方法、アドレス指定装置、ファブリックマネージャ、スイッチ、およびデータルーティング方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3463607B2 (ja) 2003-11-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5935913B2 (ja) 通信システム、転送ノード、経路管理サーバおよび通信方法
US9853894B2 (en) Apparatus and method for establishing tunnels between nodes in a communication network
US8995442B2 (en) Apparatus and method for translating an address of a packet transferred between networks
US9559954B2 (en) Indexed segment ID
US10116556B2 (en) Techniques for routing and forwarding between multiple virtual routers implemented by a single device
US8065434B2 (en) Method and device for maintaining routes
US9686194B2 (en) Adaptive multi-interface use for content networking
US10123262B2 (en) Gateway advertisement in a wireless mesh
CN102907072B (zh) 利用NAT64启用IPv6移动性
JP5069356B2 (ja) データ伝送ネットワークにおけるアドレス解決のための技術
US5497368A (en) Routing method for a hierarchical communications network, and a hierarchical communications network having improved routing
US5425026A (en) Multi-protocol packet switching network
Ishiyama et al. LINA: A new approach to mobility support in wide area networks
US6480508B1 (en) Router-based domain name system proxy agent using address translation
JP4354294B2 (ja) ネットワーク・セグメントが互いに異なる複数のネットワークに接続されたゲートウェイ装置、およびipパケットを転送するためのプログラムおよび方法
JP3903316B2 (ja) ネットワークエンドデバイスの物理的ロケーションを自動的に識別するシステム
JP4440970B2 (ja) 効率的なvpnサーバインターフェース、アドレス割り当て、及びローカルアドレスドメインとのシグナリングのための方法及び装置
EP1552665B1 (en) Routing in a data communication network
JP4020576B2 (ja) パケット転送方法、移動端末装置及びルータ装置
CN102549988B (zh) 路由器和由路由器执行的方法
KR101010554B1 (ko) 네트워크 시스템, 런닝 브리지 노드, 런닝 방법 및 그프로그램
US7860106B2 (en) System and method for routing table computation and analysis
JP4355188B2 (ja) パケット転送装置
EP1320224B1 (en) Telecommunications network and a packet header therefor
EP2214357B1 (en) Method and system for facilitating forwarding a packet in a content-centric network

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030722

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070822

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080822

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080822

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090822

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090822

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100822

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120822

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130822

Year of fee payment: 10

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term