JP2000314218A - 鉄骨階段用踏み板 - Google Patents

鉄骨階段用踏み板

Info

Publication number
JP2000314218A
JP2000314218A JP11121618A JP12161899A JP2000314218A JP 2000314218 A JP2000314218 A JP 2000314218A JP 11121618 A JP11121618 A JP 11121618A JP 12161899 A JP12161899 A JP 12161899A JP 2000314218 A JP2000314218 A JP 2000314218A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tread plate
small
standing wall
vertical wall
footboard
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11121618A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Yamada
和夫 山田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yamada Manufacturing Co Ltd
Original Assignee
Yamada Seisakusho KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yamada Seisakusho KK filed Critical Yamada Seisakusho KK
Priority to JP11121618A priority Critical patent/JP2000314218A/ja
Publication of JP2000314218A publication Critical patent/JP2000314218A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)
  • Steps, Ramps, And Handrails (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 小立壁5の厚さに関係なく使用でき、しか
も、ステップ3に設置してもガタツキを生じない鉄骨階
段用の踏み板を提供する。 【解決手段】 ステップ3の基端側に次の上の段に至る
立壁4が、また、対向する先端側には上記立壁より低い
小立壁5が立設された鉄骨階段1に使用される踏み板1
0であって、上記立壁と小立壁間の寸法より小さい幅L
1を有する踏み板本体(11,12,13)と、該踏み
板本体に設けられ踏み板本体を上記立壁と小立壁間にが
たつきなく保持する弾性体15とを有する。突起15
は、ばね16により付勢されており、円筒12内に進退
自在に嵌装されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明が属する技術分野】本発明は、建築中の建物に仮
設される鉄骨階段に関し、特に、階段のステップに使用
される踏み板に関する。
【0002】
【従来の技術】2階建て以上の建物を建築する場合、建
物の階段部分を鉄骨で組み立て、建築の進行に伴って、
ステップにコンクリートを打設したり、床板を張って完
成した階段としていく。
【0003】このように、階段としては完成していない
仮設された状態の階段を、通常、鉄骨階段と称するが、
建築現場では、早期にこの鉄骨階段を組み立て、建築作
業における資材の搬送路や、作業者の通路として使用し
ている。
【0004】しかし、この鉄骨階段は、仮設されたもの
であり、ステップにはコンクリート打設に備えて鉄筋や
金網が取り付けられ、これらが露出した状態となってい
る。もし、このまま使用すると、鉄筋や鉄骨を損傷して
しまうことになる。そこで、ステップの上に踏み板を敷
いて、鉄筋や金網を保護するようにしている。
【0005】図7は、このような鉄骨階段と、踏み板の
従来例を示すものである。同図に示す鉄骨階段1は、両
側の鉄製の側板2,2の間に、複数のステップ3が形成
されたものである。ステップ3の一方側(基端側)には
上の段に至る立壁4があり、他端側(先端側)には下の
段からの立壁4’がある。立壁4’は、ステップ3より
上方に延長された部分を有するが、この部分が小立壁5
である。立壁4’と小立壁5とは、図示の例では一体と
なっているが、ステップ3の上面と同じ高さに引いた仮
想線から下が立壁4’で上が小立壁5である。この小立
壁5の高さは、立壁4よりかなり低い。そして、ステッ
プ3を底面とし、左右両側の側板2,2と、立壁4と小
立壁5とで四方を囲まれた空間にコンクリートを打設し
て階段のステップとなる。
【0006】なお、念のためではあるが、各立壁4は、
最上段に至るものを除き、全てに小立壁5が形成されて
いることになる。
【0007】ステップ3の上のコンクリートが流し込ま
れる予定の空間内には、2本の鉄筋6,6が配索され、
その上からさらに金網7が配置される。これら鉄筋6や
金網7が、コンクリート内に埋設され、コンクリートの
強度を上げることになる。
【0008】一方の踏み板8は、アングル類で形成され
た四角のフレーム8aに、滑り止めとして粗い編み目を
持ったメッシュ状の踏面部8bを溶接等で固定した構成
である。フレーム8aの四隅には、小さくて短い脚8c
を取り付けている。さらに、フレーム8aの一辺には、
逆L型のフック8dを2カ所に固定している。フック8
dとフレーム8aの間には、図示のように間隔dの隙間
があり、この隙間に板厚tの小立壁5を挟んで踏み板8
をステップ3上に保持できるようにしている。したがっ
て、隙間の間隔dは、小立壁5の厚さtよりやや大きめ
に形成し、ガタツキなく小立壁5を挟持できるようにす
るのが望ましいことになる。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】通常の鉄骨階段1は、
規格化されており、階段の幅(側板2,2間の距離)、
段の高さ、ステップの幅(立壁から小立壁までの間隔、
図7のW)などと同時に、小立壁5の厚さtも数種類に
限定されている。
【0010】しかし、小立壁5の具体的な厚さは、ある
ものでは5〜6mm程度であるのに対し、25mm程度
になるものもある。
【0011】そのため、踏み板は、フック8dの間隔d
が異なる複数種類用意しておかなければならない。しか
し、一つの建築現場で使用される踏み板の数は多数あ
り、これらを複数種類についてそれぞれ在庫として確保
しておくことは、置き場所だけを考えても、大変な負担
となる。
【0012】そこで、tが5〜6mmのものに会う間隔
dを有するものだけを作成しておいて、tが25mmあ
る鉄骨階段では、フックで係止しないで、ただ、踏み板
をステップに置くだけにする、とか、あるいは、逆に間
隔dを25mm以上にしておいて、小立壁5の厚さtが
25mmのものだけを挟めるようにし、tが5〜6mm
のものは広い間隔のところにガタツいた状態で挟む、と
いった使い方をしている。そのため、図7に示す踏み板
8の幅wは、ステップ3の幅Wよりかなり小さくしてい
る。
【0013】いずれにしても、間隔dと板厚tとが一致
しない場合には、踏み板は安定しておらず、動き易いの
で、足元が安定せず、歩き難いとか、運搬作業がやりく
くなるといった問題があった。また、踏み板の位置がず
れやすいことから、脚8cが鉄筋6や金網7上に乗り上
げ、これらを損傷させてしまうこともあった。
【0014】本発明は、このような事実から考えられた
もので、小立壁の厚さに関係なく使用でき、しかも、ス
テップに設置してもガタツキを生じない鉄骨階段用の踏
み板を提供することを目的としている。
【0015】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに本発明の鉄骨階段用踏み板は、ステップの基端側に
次の上の段に至る立壁が、また、対向する先端側には上
記立壁より低い小立壁が立設された鉄骨階段に使用され
る踏み板であって、上記立壁と小立壁間の寸法より小さ
い幅を有する踏み板本体と、該踏み板本体に設けられ踏
み板本体を上記立壁と小立壁間にガタツキなく保持可能
な弾性体とを有する構成としている。
【0016】または、上記弾性体が、踏み板本体から突
出するようにばね手段により付勢されている1又は2以
上の突起である構成や、上記突起が、踏み板本体の両端
部に設けられた筒状体内に保持され、上記ばね手段が該
筒状体内に嵌装されている構成とすることができる。
【0017】
【発明の実施の形態】以下に本発明の鉄骨階段用踏み板
の実施例を、図面を用いて詳細に説明する。図1は、本
発明の踏み板を下側から見た斜視図で、図2は図1のA
−A断面図で図1とは上下を反転した図、図3はB−B
断面図である。
【0018】これらの図に示す鉄骨階段用踏み板10
は、同じ長さの2本のアングル11,11を間隔L1で
平行に配置し、これらの両端を円筒12,12で結合し
て四角のフレームを形成し、上側にメッシュ状の踏面部
13を溶接等で固定し、これに弾性体として突起15を
設けた構成である。上記のうち、アングル11,11、
円筒12,12、メッシュ踏面部13とで、踏み板本体
を構成している。
【0019】アングル11,11の中間には、補強のた
めのステー14,14が取り付けられている。間隔L1
は、図7に示すステップの幅Wより小さくしておく。
【0020】図2に示すように、円筒12は一端側が開
放されて、ここに突起15が挿入されている。円筒12
の底と突起との間には、コイル状のばね16があり、こ
れが突起15を常時円筒から突出する方向に付勢してい
る。突起15は、先端が丸くなった円柱状であるが、そ
の外周面に先端から軸方向に沿って溝15aが穿設さ
れ、この溝15aが突起15の基端近くで終了してい
る。そして、円筒12には中間に雌ねじ孔が形成され
て、ここにストッパ17としてのボルトが螺合され、ス
トッパ17の先端は溝15a内に進入し、溝15aの側
面や底面とは接触しないような位置に固定されている。
ボルトはダブルナット式で、一定のねじ込み位置で固定
可能である。
【0021】このような構成なので、自由状態では、図
3に示すように、突起15は図の右方に突出してストッ
パ17が溝15aの左側終端と接触する位置まで突出し
ている。また、実施例では、この突起15は、ばね16
を圧縮して円筒12内に進入し、その長さのほぼ全部を
埋没させることができる。
【0022】本体部の幅をL1とし、図3に示す最大突
出時の突出長さをL2とすると、ステップの幅WとL
1,L1との間には、W<L1+L2の関係が成り立つ
ようにする。
【0023】図4によって、使用の仕方を説明する。本
発明の踏み板10を、図4(a)に示すように本体側を
小立壁5に当て、弾性体となる突起15の先端を立壁4
に当てると、踏み板10のL1+L2の方がステップ3
の幅Wより大きいので、斜めに立てかけたようになる。
【0024】この状態で踏み板10の上から力Fを加え
ると突起15がばね16の付勢力に抗して円筒12内に
入り込み、図4(b)に示すように踏み板10はステッ
プ3上に載せられる。このとき、突起15はばね16に
よって立壁4に押しつけられているので、踏み板10は
ずれることなくステップ3上に保持されることになる。
【0025】このとき、突起15の先端が丸くなってい
るので、力Fを受けると突起15はスムーズに円筒12
内に進入することができ、小さい力Fで図4(b)の状
態にすることが可能となる。取り外すときは、図4
(b)の状態から突起15を掴んで引き上げれば、簡単
に取り外せる。
【0026】また、本発明の鉄骨階段用踏み板は、脚8
cに該当するものがないので、金網や鉄筋を損傷するお
それもない。なお、弾性体としての突起15を踏み板本
体の両端に設けたが、内側に設けることもできる。ま
た、突起の数も、2つに限定されず、1つ以上あれば幾
つでもよい。ただし、複数の方が、安定する。
【0027】図5は、本発明の他の実施例を示す。この
実施例の踏み板20は、踏み板本体に湾曲した板ばね1
8をつけた構成となっている。これらの板ばね18が弾
性体となり、踏み板20をステップ3上にガタツキ無く
固定する。
【0028】図6は、本発明のさらに他の実施例であ
る。この踏み板21は、弾性体として合成樹脂製のスポ
ンジ19を貼付している。樹脂の素材を適当に選択する
ことにより所期の弾性を確保可能である。
【0029】
【発明の効果】以上に説明したように、本発明の鉄骨階
段用踏み板は、ステップの基端側に形成された次の上の
段に至る立壁と、対向する先端側に形成された小立壁と
の間の寸法より小さい幅を有する踏み板本体と、該踏み
板本体に設けられ踏み板本体を上記立壁と小立壁間にガ
タツキなく保持する弾性体とを有する構成としたので、
小立壁の厚さに関係なくステップ上に設置することがで
き、踏み板の位置がずれたり、動いたりすることがな
い。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の鉄骨階段用踏み板を下面から見た斜視
図である。
【図2】図1のA−A断面図で、図1とは上下を反転し
た図である。
【図3】図1のB−B断面図である。
【図4】図1の鉄骨階段用踏み板を使用する状態を説明
する図である。
【図5】弾性体として板ばねを使用した実施例を示す図
である。
【図6】弾性体としてスポンジを使用した実施例を示す
図である。
【図7】従来の鉄骨階段と、踏み板とを示す斜視図であ
る。
【符号の説明】
1 鉄骨階段 3 ステップ 4,4’ 立壁 5 小立壁 10、20,21 踏み板 11,12,13 踏み板本体 12 筒状体 15 突起 15,18,19 弾性体

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ステップの基端側に次の上の段に至る立
    壁が、また、対向する先端側には上記立壁より低い小立
    壁が立設された鉄骨階段に使用される踏み板であって、
    上記立壁と小立壁間の寸法より小さい幅を有する踏み板
    本体と、該踏み板本体に設けられ踏み板本体を上記立壁
    と小立壁間にガタツキなく保持可能な弾性体とを有する
    ことを特徴とする鉄骨階段用踏み板。
  2. 【請求項2】 上記弾性体が、踏み板本体から突出する
    ようにばね手段により付勢されている1又は2以上の突
    起であることを特徴とする請求項1記載の鉄骨階段用踏
    み板。
  3. 【請求項3】 上記突起が、踏み板本体の両端部に設け
    られた筒状体内に保持され、上記ばね手段が該筒状体内
    に嵌装されていることを特徴とする鉄骨階段用踏み板。
JP11121618A 1999-04-28 1999-04-28 鉄骨階段用踏み板 Pending JP2000314218A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11121618A JP2000314218A (ja) 1999-04-28 1999-04-28 鉄骨階段用踏み板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11121618A JP2000314218A (ja) 1999-04-28 1999-04-28 鉄骨階段用踏み板

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000314218A true JP2000314218A (ja) 2000-11-14

Family

ID=14815724

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11121618A Pending JP2000314218A (ja) 1999-04-28 1999-04-28 鉄骨階段用踏み板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000314218A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107268988A (zh) * 2017-08-01 2017-10-20 合肥图森工业设计有限公司 一种建筑施工用减震楼梯模板及其组装方法
CN110485662A (zh) * 2019-09-12 2019-11-22 杭州李春环境科技有限公司 台阶踏板阳角防滑缓冲装饰座

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107268988A (zh) * 2017-08-01 2017-10-20 合肥图森工业设计有限公司 一种建筑施工用减震楼梯模板及其组装方法
CN110485662A (zh) * 2019-09-12 2019-11-22 杭州李春环境科技有限公司 台阶踏板阳角防滑缓冲装饰座

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3407108B2 (ja) 建築物の構造の形成方法
JP2000314218A (ja) 鉄骨階段用踏み板
JP3421851B2 (ja) 鉄筋取付用ボックス固定装置
KR100642327B1 (ko) 조립식 인공암벽
JPH0528290Y2 (ja)
JPS63184665A (ja) 手摺支柱取付け用アンカーの埋設装置
JPS5833154Y2 (ja) 基礎アンカ−部材插入位置決め用器具
JPH0714432Y2 (ja) 基礎用筋枠
JP3872312B2 (ja) 足場板
JPH089227Y2 (ja) コンクリート埋込型枠
JPH0115800Y2 (ja)
JP2006138143A (ja) ブロック及びその固定方法
KR200317309Y1 (ko) 디비닥 볼트의 구조
GB1571796A (en) Handrails
JPS601461B2 (ja) 自在型枠装置
JP2002309775A (ja) ライナーを使用した型枠
JPH0137052Y2 (ja)
JP3041241U (ja) コンクリートブロックで構築された階段
JP3035010U (ja) コンクリートブロック用止め金具
JP2000080655A (ja) 作業足場
JP2007039978A (ja) 階段用踏板及び階段用踏板を備えた階段、並びに階段用踏板の製造方法
JPS60159225A (ja) 基礎型枠接続体
JPH01168816U (ja)
JPH08158380A (ja) 基礎部材及びコンクリート基礎施工法
JPH1181523A (ja) 金具にて連結した耐震コンクリートブロック