JP2000300753A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2000300753A
JP2000300753A JP11112608A JP11260899A JP2000300753A JP 2000300753 A JP2000300753 A JP 2000300753A JP 11112608 A JP11112608 A JP 11112608A JP 11260899 A JP11260899 A JP 11260899A JP 2000300753 A JP2000300753 A JP 2000300753A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
displayed
symbol display
character
symbol
winning opening
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11112608A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4397453B2 (ja
Inventor
Noriyasu Fujikawa
詔康 藤川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Heiwa Corp
Original Assignee
Heiwa Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Heiwa Corp filed Critical Heiwa Corp
Priority to JP11260899A priority Critical patent/JP4397453B2/ja
Publication of JP2000300753A publication Critical patent/JP2000300753A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4397453B2 publication Critical patent/JP4397453B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 特定入賞口への入賞数を図柄表示装置で報知
するにあたって、視認性を向上するとともに面白みのあ
る表現で入賞数を報知し、しかも表示画面のやきつきを
防止するのに好適な遊技機を提供する。 【解決手段】 始動入賞口111への入賞を契機とし
て、特別図柄表示装置104で抽選用図柄を変動表示す
るとともに特賞状態等を生起させるための抽選を行う遊
技機であって、始動入賞口111の入賞数である保留玉
数Mに応じて態様が変化するキャラクタを、特別図柄表
示装置104に表示するとともに特別図柄表示装置10
4で変動表示される抽選用図柄の動作に合わせて変動表
示するようになっている。また、始動入賞口111への
入賞を契機としてキャラクタを特別図柄表示装置104
に表示し、表示したキャラクタを、特別図柄表示装置1
04が抽選用図柄の変動表示を開始する際に消去するよ
うになっている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、図柄を変動表示す
る図柄表示装置を備えた遊技機に係り、特に、特定入賞
口への入賞数を図柄表示装置で報知する遊技機に関す
る。
【0002】
【従来の技術】近年、パチンコ機等の遊技機は、遊技盤
面の中央に設けられた図柄表示装置に抽選用図柄を変動
表示し、これにより行われる図柄変動ゲームの結果に応
じて遊技客に有利な遊技状態を生起させることによって
遊技の興趣を高めることができるようになっている。
【0003】この種の遊技機としては、例えば、図柄表
示装置の下方に設けられた始動入賞口に遊技球が入賞し
たことを契機として図柄表示装置で抽選用図柄を変動表
示し、所定時間経過後に変動表示されている図柄を停止
させ、その停止図柄が所定のものであるときに特賞状態
等の遊技状態を生起させる図柄変動ゲームを行う一方、
始動入賞口に入賞した遊技球数を、所定数(例えば、4
個)を上限としてメモリ等に記憶しておき、記憶した入
賞数だけ図柄変動ゲームを連続して行うものがある。
【0004】従来、こうした遊技機において、始動入賞
口への入賞数を遊技者に把握容易にすることを目的とし
て、始動入賞口への入賞数を図柄表示装置に表示するも
のがあり、これには、例えば、特開平8-168561号公報に
開示されたものがある。この遊技機は、始動入賞口への
入賞に基づいて、図柄表示装置で抽選用図柄を変動表示
し、停止した抽選用図柄の態様に応じて所定の遊技価値
を付与する遊技機において、始動入賞口への入賞数を所
定数を上限として記憶する入賞数記憶装置と、図柄表示
装置の表示部に入賞数記憶装置の記憶内容を報知するた
めの記憶報知図柄を表示する記憶報知図柄表示装置と、
を備えている。
【0005】記憶報知図柄表示装置は、図柄表示装置の
表示部において抽選用図柄の表示領域とは異なる所定領
域に、入賞数記憶装置の記憶数に相当する個数の記憶報
知図柄を表示するようになっている。また、所定の乱数
に基づいて、複数種の記憶報知図柄から表示対象とする
ものを選択し、選択した記憶報知図柄を表示するように
なっている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
遊技機にあっては、入賞記憶装置の記憶数に相当する個
数の記憶報知図柄を表示し、しかも複数種の記憶報知図
柄のなかから、所定の乱数に基づいて選択した図柄を表
示する構成であることから、始動入賞口への入賞数が増
加すると、図柄表示装置の表示部に多種多様の図柄が不
規則に表示されることとなり、表示画面が煩雑になりや
すかった。このため、遊技者に煩わしさを与え、遊技者
が遊技に集中しにくくなるばかりか、特に初心者にとっ
ては表示された図柄が何の情報を意味するのか把握しに
くいという問題があった。
【0007】また、図柄表示装置の表示部において抽選
用図柄の表示領域とは異なる所定領域に記憶報知図柄を
表示する構成であることから、記憶報知図柄が抽選用図
柄と無関係に表示されることとなり、遊技者が抽選用図
柄を注視しているときには記憶報知図柄を見落としがち
になるばかりか、所定領域に記憶報知図柄が常に表示さ
れるので、その所定領域にやきつきが生じやすくなると
いう問題もあった。
【0008】さらに、入賞記憶装置の記憶数に相当する
個数の記憶報知図柄を単に表示する構成であるため、面
白味に欠けるという問題もあった。そこで、本発明は、
このような従来の技術の有する未解決の課題に着目して
なされたものであって、特定入賞口への入賞数を図柄表
示装置で報知するにあたって、視認性を向上するととも
に面白みのある表現で入賞数を報知し、しかも表示画面
のやきつきを防止するのに好適な遊技機を提供すること
を目的としている。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明に係る請求項1記載の遊技機は、特定入賞口
への入賞を契機として、図柄表示手段で図柄を変動表示
するとともに所定の遊技状態を生起させるための抽選を
行うようになっている遊技機であって、前記特定入賞口
への入賞数に応じて態様が変化するキャラクタを前記図
柄表示手段に表示するようになっている。
【0010】このような構成であれば、特定入賞口への
入賞があると、これを契機として、図柄表示手段で図柄
が変動表示されるとともに所定の遊技状態を生起させる
ための抽選が行われる一方、図柄表示手段にキャラクタ
が表示され、表示されるキャラクタは、特定入賞口への
入賞数に応じてその態様が変化する。すなわち、特定入
賞口への入賞数が、特定入賞口への入賞数に応じて態様
が変化するキャラクタの表示よって図柄表示手段に報知
される。
【0011】ここで、所定の遊技状態は、どのようなも
のであってもよいが、これには、例えば、遊技者に有利
な遊技状態である特賞状態や、特賞状態が生起しやすい
遊技状態である確率変動状態が挙げられる。また、特定
入賞口とは、遊技球を入賞または通過させるために遊技
盤面に設けられる孔またはゲートのことをいい、例え
ば、始動口または作動ゲート等がこれに該当する。した
がって、入賞には、単に入賞だけでなく通過も含まれ
る。
【0012】また、請求項1記載の発明に係る遊技機
は、特定入賞口への入賞を契機として、図柄表示手段で
図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態を生起させ
るための抽選を行うようになっていればよく、例えば、
特定入賞口への入賞を契機として、図柄表示手段で図柄
の変動表示を開始するとともに所定の遊技状態を生起さ
せるための抽選を行い、その抽選結果に基づいて、変動
表示を停止させたときに表示する停止図柄の態様を決定
し、所定の遊技状態を生起させると判定されたときは、
所定時間経過後に変動表示している図柄を停止させ、所
定の遊技状態を生起させるようになっていてもよいし、
また例えば、特定入賞口への入賞を契機として図柄表示
手段で図柄の変動表示を開始し、その停止図柄の態様に
応じて所定の遊技状態を生起させるようになっていても
よい。
【0013】また、請求項1記載の発明のより具体的な
構成としては、特定入賞口への入賞を契機として、図柄
表示手段で図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態
を生起させるための抽選を行うようになっている遊技機
であって、前記図柄表示手段の表示制御を行う処理手段
と、前記特定入賞口への入賞数ごとに態様が異なる複数
のキャラクタの画像データを記憶した記憶手段と、を備
え、前記処理手段は、前記特定入賞口に入賞があったと
きは、前記特定入賞口への入賞数に応じて画像データを
前記記憶手段から読み出し、読み出した画像データに基
づいて前記キャラクタを前記図柄表示手段に表示する構
成が考えられる。
【0014】このような構成であれば、特定入賞口への
入賞があると、これを契機として、図柄表示手段で図柄
が変動表示されるとともに所定の遊技状態を生起させる
ための抽選が行われる一方、処理手段により、特定入賞
口への入賞数に応じて画像データが記憶手段から読み出
され、読み出された画像データに基づいてそのキャラク
タが図柄表示手段に表示される。表示されるキャラクタ
は、特定入賞口への入賞数に応じてその態様が変化す
る。
【0015】さらに、本発明に係る請求項2記載の遊技
機は、特定入賞口への入賞を契機として、図柄表示手段
で図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態を生起さ
せるための抽選を行うようになっている遊技機であっ
て、前記特定入賞口への入賞数に応じて態様が変化する
キャラクタを、前記図柄表示手段に表示するとともに前
記図柄表示手段で変動表示される図柄の動作に合わせて
変動表示するようになっている。
【0016】このような構成であれば、特定入賞口への
入賞があると、これを契機として、図柄表示手段で図柄
が変動表示されるとともに所定の遊技状態を生起させる
ための抽選が行われる一方、図柄表示手段にキャラクタ
が表示され、表示されるキャラクタは、特定入賞口への
入賞数に応じてその態様が変化するとともに図柄表示手
段で変動表示される図柄の動作に合わせて変動表示され
る。すなわち、特定入賞口への入賞数が、特定入賞口へ
の入賞数に応じて態様が変化するキャラクタの表示よっ
て図柄表示手段に報知され、しかも図柄表示手段で変動
表示される図柄と関連して報知される。
【0017】ここで、所定の遊技状態は、どのようなも
のであってもよいが、これには、例えば、遊技者に有利
な遊技状態である特賞状態や、特賞状態が生起しやすい
遊技状態である確率変動状態が挙げられる。また、特定
入賞口とは、遊技球を入賞または通過させるために遊技
盤面に設けられる孔またはゲートのことをいい、例え
ば、始動口または作動ゲート等がこれに該当する。した
がって、入賞には、単に入賞だけでなく通過も含まれ
る。
【0018】また、請求項2記載の発明に係る遊技機
は、特定入賞口への入賞を契機として、図柄表示手段で
図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態を生起させ
るための抽選を行うようになっていればよく、例えば、
特定入賞口への入賞を契機として、図柄表示手段で図柄
の変動表示を開始するとともに所定の遊技状態を生起さ
せるための抽選を行い、その抽選結果に基づいて、変動
表示を停止させたときに表示する停止図柄の態様を決定
し、所定の遊技状態を生起させると判定されたときは、
所定時間経過後に変動表示している図柄を停止させ、所
定の遊技状態を生起させるようになっていてもよいし、
また例えば、特定入賞口への入賞を契機として図柄表示
手段で図柄の変動表示を開始し、その停止図柄の態様に
応じて所定の遊技状態を生起させるようになっていても
よい。
【0019】また、請求項2記載の発明のより具体的な
構成としては、特定入賞口への入賞を契機として、図柄
表示手段で図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態
を生起させるための抽選を行うようになっている遊技機
であって、前記図柄表示手段の表示制御を行う処理手段
と、前記特定入賞口への入賞数ごとに態様が異なる複数
のキャラクタの画像データを記憶した記憶手段と、を備
え、前記処理手段は、前記特定入賞口に入賞があったと
きは、前記特定入賞口への入賞数に応じて画像データを
前記記憶手段から読み出し、読み出した画像データに基
づいて前記キャラクタを前記図柄表示手段に表示すると
ともに前記図柄表示手段で変動表示される図柄の動作に
合わせて変動表示する構成が考えられる。
【0020】このような構成であれば、特定入賞口への
入賞があると、これを契機として、図柄表示手段で図柄
が変動表示されるとともに所定の遊技状態を生起させる
ための抽選が行われる一方、処理手段により、特定入賞
口への入賞数に応じて画像データが記憶手段から読み出
され、読み出された画像データに基づいてそのキャラク
タが図柄表示手段に表示される。表示されるキャラクタ
は、特定入賞口への入賞数に応じてその態様が変化する
とともに図柄表示手段で変動表示される図柄の動作に合
わせて変動表示される。
【0021】さらに、本発明に係る請求項3記載の遊技
機は、請求項1および2のいずれかに記載の遊技機にお
いて、前記図柄表示手段に表示した前記キャラクタを、
前記図柄表示手段で図柄の変動表示を開始してから次の
変動表示を開始するまでの間で、前記図柄表示手段から
消去するようになっている。このような構成であれば、
図柄表示手段に表示されたキャラクタが、図柄表示手段
で図柄の変動表示を開始してから次の変動表示を開始す
るまでの間で、図柄表示手段から消去される。
【0022】ここで、図柄表示手段にキャラクタを表示
するタイミングは、図柄表示手段で図柄の変動表示を開
始してから次の変動表示を開始するまでの間であればい
つでもよく、例えば、特定入賞口への入賞を契機として
キャラクタを表示するようになっていてもよいし、図柄
表示手段で図柄の変動表示が開始されてから所定時間経
過したのちにキャラクタを表示するようになっていても
よい。
【0023】さらに、本発明に係る請求項4記載の遊技
機は、請求項1ないし3のいずれかに記載の遊技機にお
いて、前記特定入賞口への入賞を契機として前記キャラ
クタを前記図柄表示手段に表示し、表示した前記キャラ
クタを、前記図柄表示手段が図柄の変動表示を開始する
際に消去するようになっている。このような構成であれ
ば、特定入賞口への入賞を契機としてキャラクタが図柄
表示手段に表示され、表示されたキャラクタが、図柄表
示手段が図柄の変動表示を開始する際に消去される。
【0024】ここで、「図柄表示手段が図柄の変動表示
を開始する際」には、図柄表示手段が図柄の変動表示を
開始する瞬間から前後に多少の時間幅があることを含
む。例えば、図柄表示手段が変動表示する図柄が複数あ
って、それぞれ順番に変動表示を開始する場合は、いず
れかの図面が変動表示を開始する時に消去するようにし
てもよい。
【0025】さらに、本発明に係る請求項5記載の遊技
機は、請求項1ないし4のいずれかに記載の遊技機にお
いて、前記キャラクタの態様には、キャラクタの動作、
形状または色彩が含まれている。このような構成であれ
ば、特定入賞口への入賞があると、図柄表示手段にキャ
ラクタが表示され、表示されるキャラクタは、特定入賞
口への入賞数に応じてその動作、形状または色彩が変化
する。
【0026】さらに、本発明に係る請求項6記載の遊技
機は、請求項1ないし5のいずれかに記載の遊技機にお
いて、前記キャラクタは、人間、動物または植物を含む
生物を模写したものであり、前記キャラクタの態様に
は、キャラクタの動作、成長、恰好または色彩が含まれ
ている。このような構成であれば、特定入賞口への入賞
があると、人間、動物または植物を模写したキャラクタ
が図柄表示手段に表示され、表示されるキャラクタは、
特定入賞口への入賞数に応じてその動作、成長、恰好ま
たは色彩が変化する。
【0027】請求項6記載の発明では、人間、動物また
は植物を含む生物を模写したものをキャラクタとして採
用したが、この他に、無生物あるいは無生物を擬人化し
たものをキャラクタとして採用してもよい。この場合、
キャラクタの態様としては、発展、大きさ、形成段階、
色彩、大きさ等が含まれる。例えば、無生物である建築
物をキャラクタとして採用した場合、更地、足場、骨組
み、1階辺り、3階辺り、完成の順に、建築段階が変化
するキャラクタを表示するようにし、また例えば、木造
平屋、木造2階建て、鉄筋5階建て、高層ビルの順で、
建築物の態様が変化するキャラクタを表示するようにす
る。また例えば、無生物である風船をキャラクタとして
採用した場合、しぼんだ状態、普通に膨らんだ状態、大
きく膨らんだ状態、空を飛ぶあるいは破裂する状態の順
で、風船の態様が変化するキャラクタを表示するように
する。
【0028】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面
を参照しながら説明する。図1ないし図6は、本発明に
係る遊技機の実施の形態を示す図である。この実施の形
態は、本発明に係る遊技機を、図1に示すように、抽選
用図柄を変動表示する特別図柄表示装置104を備えた
遊技機(パチンコ機)において、始動入賞口111に入
賞した遊技球数(以下、保留玉数という。)を特別図柄
表示装置104で報知する場合について適用したもので
ある。
【0029】まず、遊技機における遊技盤面の構成を図
1を参照しながら説明する。図1は、遊技機における遊
技盤面の正面部、特に説明に必要な部分を模式的に示し
た図である。図1において、遊技盤面102のほぼ中央
部には、3つの領域にそれぞれ抽選用図柄(例えば、
“1”〜“9”)を独立に変動させながら表示する特別
図柄表示装置104が設けられており、特別図柄表示装
置104には、4つの発光ダイオード105a〜105
dからなる表示灯105が横方向に並べて設けられてい
る。表示灯105は、発光ダイオード105a〜105
dの発光表示個数によって特別図柄表示装置104で抽
選用図柄を変動表示できる回数(保留玉数)を表示する
のに用いられる。
【0030】特別図柄表示装置104の上方と左右両側
にはそれぞれ、遊技球を常時入賞可能とする天入賞口1
21と、遊技球を常時入賞可能とする左肩入賞口122
と、遊技球を常時入賞可能とする右肩入賞口123と、
が設けられている。左肩入賞口122および右肩入賞口
123の下方にはそれぞれ、遊技球を常時入賞可能とす
る左袖入賞口124と、遊技球を常時入賞可能とする右
袖入賞口125と、が設けられている。
【0031】また、特別図柄表示装置104の下方に
は、遊技球を常時入賞可能とする始動入賞口111が設
けられており、始動入賞口111には、遊技球が入賞し
たことを検出する始動入賞口スイッチ131(図2参
照)が設けられている。始動入賞口111の下方には、
“0”から“9”までの1桁の数字を変動させながら表
示する普通図柄表示装置106が設けられており、その
左右両側にはそれぞれ、遊技球を常時通過可能とする作
動ゲート113,114が設けられている。
【0032】また、普通図柄表示装置106の下方に
は、通常時は閉鎖状態であるが特別図柄表示装置104
の3つの領域に表示された抽選用図柄が特定のもの(例
えば、“333”または“777”)となったときは、
所定のパターンで開放状態となって遊技球を入賞可能と
する大入賞口115が設けられている。大入賞口115
の左右両側にはそれぞれ、遊技球を常時入賞可能とする
左落し入賞口126と、遊技球を常時入賞可能とする右
落し入賞口127と、が設けられており、大入賞口11
5の下方には、通常時は閉鎖状態であるが普通図柄表示
装置106に表示された数字が特定のもの(例えば、
“3”または“7”)となったときは、所定のパターン
で開放状態となって遊技球を入賞可能とする普通電動役
物112が設けられている。
【0033】そして、普通電動役物112の下方であっ
て遊技盤面102の最下方には、上記入賞口等のいずれ
にも入賞しなかった遊技球を回収するためのアウト口1
08が設けられている。なお、以下、特別図柄表示装置
104の3つの領域に表示される抽選用図柄が特定のも
のとなったときに生起させられる遊技状態を「特賞状
態」といい、特賞状態のうちさらに特定のものであって
特賞状態終了後に特賞状態になる確率が通常よりも高く
なる遊技状態を「確率変動状態」といい、特賞状態およ
び確率変動状態以外の遊技状態を「通常状態」という。
【0034】次に、遊技機における主基板の構成を図2
を参照しながら説明する。図2は、主基板の構成を示す
ブロック図である。主基板200は、図2に示すよう
に、遊技制御プログラムに基づいて遊技機の遊技状態を
制御するCPU220と、所定領域にあらかじめCPU
220の遊技制御プログラム等を格納しているROM2
30と、ROM230等から読み出したデータやCPU
220の演算過程で必要な演算結果を格納するRAM2
40と、外部装置とのデータの入出力を媒介するI/O
250と、で構成されており、これらは、データを転送
するための信号線であるバス260で相互にかつデータ
授受可能に接続されている。
【0035】I/O250には、外部装置として、始動
入賞口スイッチ131と、特別図柄表示装置104に対
して表示制御を行う特別図柄表示制御部150と、普通
図柄表示装置106に対して表示制御を行う普通図柄表
示制御部152と、表示灯105に対して発光ダイオー
ド105a〜105dの表示制御を行う表示灯制御部1
54と、が接続されている。
【0036】なお、特別図柄表示制御部150、普通図
柄表示制御部152および表示灯制御部154には、図
示しないが、それぞれCPUが内蔵されており、これら
は、内蔵のCPUによりそれぞれの制御を行うようにな
っている。次に、ROM230の構成を図3を参照しな
がら説明する。図3は、ROM230に格納されている
画像データとテーブルの構造を示す図である。
【0037】ROM230には、図3(a)に示すよう
に、カエル等の動物を模写したキャラクタの4つの画像
データa1〜a4が格納されており、各画像データa1
〜a4は、カエルの各成長段階を示している。また、R
OM230には、図3(b)に示すように、保留玉数ご
とに画像データa1〜a4の先頭アドレスを登録したテ
ーブルTが格納されている。
【0038】次に、CPU220の構成を説明する。C
PU220は、マイクロプロセッシングユニットMPU
等からなり、図示しないリセット回路からのリセット信
号により所定の動作クロック(例えば、4[ms])で
1サイクルを実行可能な遊技制御プログラムに基づいて
動作するようになっており、ROM230の所定領域に
格納されている遊技制御プログラムを起動させ、図4の
フローチャートに示す遊技制御処理を実行するようにな
っている。
【0039】遊技制御処理は、CPU220において実
行されると、図4に示すように、まず、ステップS10
0に移行するようになっている。図4は、遊技制御処理
を示すフローチャートである。ステップS100では、
始動入賞口スイッチ131からの信号を入力し、始動入
賞口111に遊技球が入賞したか否かを判定し、始動入
賞口111に遊技球が入賞したと判定されたとき(Yes)
は、ステップS102に移行して、保留玉数Mが所定数
(例えば、4個)以上であるか否かを判定し、保留玉数
Mが所定数以上でないと判定されたとき(No)は、ステッ
プS104に移行して、保留玉数Mに“1”を加算し、
ステップS106に移行する。
【0040】ステップS106では、特別図柄表示装置
104で抽選用図柄が変動表示可能状態であるか否かを
判定し、抽選用図柄が変動表示可能状態であると判定さ
れたとき(Yes)は、ステップS108に移行して、保留
玉数Mが“0”よりも大きいか否かを判定し、保留玉数
Mが“0”よりも大きいと判定されたとき(Yes)は、ス
テップS110に移行する。このステップS106で、
抽選用図柄が変動表示可能状態とは、抽選用図柄が変動
表示している状態および特賞状態以外の遊技状態をい
う。変動表示可能状態ではない遊技状態中(すなわち、
抽選用図柄の変動表示中または特賞状態中)に遊技球が
始動入賞口111に入賞すると、その時点では単に保留
玉数Mの加算のみを行い、抽選用図柄の変動について
は、抽選用図柄の変動表示が停止するのを待って、また
は特賞状態が終了するのを待って行う。変動表示可能状
態ではない遊技状態中において始動入賞口111への入
賞数が所定数以上になった場合は、その超えた入賞数に
ついては保留玉数Mに加算しない。
【0041】ステップS110では、保留玉数Mに応じ
た画像データの先頭アドレスをテーブルTから検索し、
索出した先頭アドレスから画像データを読み出し、ステ
ップS112に移行して、読み出した画像データに基づ
いてその画像データのキャラクタを特別図柄表示装置1
04に表示し、ステップS114に移行する。具体的に
このステップS112は、画像データのキャラクタと抽
選用図柄との重ね合わせ処理を行うことにより、抽選用
図柄の表示領域にそのキャラクタを重ね合わせて表示す
る。
【0042】ステップS114では、保留玉数Mから
“1”を減算し、ステップS116に移行して、抽選用
図柄の変動表示に関する処理や表示灯105の表示に関
する処理等の各種の表示処理を行い、ステップS118
に移行して、特別図柄表示装置104で抽選用図柄の変
動表示が開始されたか否かを判定し、抽選用図柄の変動
表示が開始されたと判定されたとき(Yes)は、ステップ
S120に移行して、表示したキャラクタを、抽選用図
柄の動作に合わせて変動表示させながら画面上から消去
し、一連の処理を終了する。
【0043】一方、ステップS118で、特別図柄表示
装置104で抽選用図柄の変動表示が開始されていない
と判定されたとき(No)は、ステップS120に移行せず
そのまま一連の処理を終了する。一方、ステップS10
8で、保留玉数Mが“0”よりも大きくないと判定され
たとき(No)、およびステップS106で、特別図柄表示
装置104で抽選用図柄が変動表示可能状態でないと判
定されたとき(No)は、いずれもステップS116に移行
する。
【0044】一方、ステップS100で、始動入賞口1
11に遊技球が入賞していないと判定されたとき(No)、
およびステップS102で、保留玉数Mが所定数以上で
あると判定されたとき(Yes)は、いずれもステップS1
06に移行する。この他、CPU220は、始動入賞口
111に遊技球が入賞したときは、特賞状態または確率
変動状態を生起させるための抽選を行い、その抽選結果
に基づいて、特賞状態または確率変動状態を生起させる
か否かを決定するとともに特別図柄表示装置104で停
止させる抽選用図柄の態様を決定し、特賞状態または確
率変動状態を生起させると判定されたときは、抽選用図
柄を停止させたのちに特賞状態または確率変動状態を生
起させるようになっている。
【0045】次に、上記実施の形態の動作を図5および
図6を参照しながら説明する。図5および図6は、特別
図柄表示装置104の表示画面を示す図である。遊技機
では、これに電源が投入された状態で、遊技者により遊
技が開始されると、CPU220により、ROM230
から遊技制御プログラムが読み出され、遊技制御プログ
ラムに基づいて遊技制御処理が所定周期で実行される。
【0046】この遊技状態において、始動入賞口111
に遊技球が入賞すると、ステップS100〜S104を
経て、保留玉数Mが“1”加算される。このとき、特別
図柄表示装置104で抽選用図柄が変動表示可能な状態
であれば、ステップS110〜S112を経て、保留玉
数Mに応じた画像データの先頭アドレスがテーブルTか
ら検索され、索出された先頭アドレスから画像データが
読み出され、読み出された画像データに基づいてその画
像データのキャラクタが特別図柄表示装置104に表示
される。
【0047】そして、ステップS114〜S120を経
て、保留玉数Mが“1”減算され、特別図柄表示装置1
04で抽選用図柄の変動表示が開始され、表示されたキ
ャラクタが、抽選用図柄の動作に合わせて画面上から消
去される。また、これとともに、特賞状態または確率変
動状態を生起させるための抽選が行われ、その抽選結果
に基づいて、特賞状態または確率変動状態を生起させる
か否かが決定されるとともに特別図柄表示装置104で
停止させる抽選用図柄の態様が決定される。ここで、例
えば、特賞状態を生起させると判定されたときは、特賞
状態を生起させることを示す抽選用図柄で図柄が停止
し、その後、特賞状態が生起させられる。
【0048】例えば、抽選用図柄が変動表示されている
最中に連続して4つの遊技球が始動入賞口111に入賞
することにより、表示灯105の発光表示個数が“4”
となって、保留玉数が“4”の状態で次の図柄変動ゲー
ムが開始されると、保留玉数“4”に応じた画像データ
の先頭アドレスがテーブルTから検索され、索出された
先頭アドレスから画像データ“a4”が読み出され、読
み出された画像データに基づいてその画像データのキャ
ラクタが特別図柄表示装置104に表示される。この場
合、カエルを模写したキャラクタが、図5(a)に示す
ように、画面下方から出現するようにして、抽選用図柄
を背景として重ね合わされて抽選用図柄の表示領域に表
示される。
【0049】そして、保留玉数が“3”に減算されて表
示灯105の発光表示個数が“3”となって、特別図柄
表示装置104で抽選用図柄の変動表示が開始される際
は、図5(a)のキャラクタが、図5(b)に示すよう
に、特別図柄表示装置104の3つの抽選用図柄のうち
一番左側の抽選用図柄を所定回数だけ回転させる。すな
わち、図5(a)のキャラクタが、一番左側の抽選用図
柄と一体となって画面下方にスクロールし、表示領域の
下方位置までスクロールした抽選用図柄の各々がやがて
一巡して、表示領域の上方から下方に向かって現れるこ
とにより、表示領域において下方向にスクロールしなが
ら繰り返し表示される。そして、一番左側の抽選用図柄
に次いで中央の抽選用図柄、一番右側の抽選用図柄が順
次変動を開始すると、図5(a)のキャラクタが、図5
(c)に示すように、画面上から消去される。
【0050】このように保留玉数が“4”のときに図柄
変動ゲームが行われた場合はカエルを模写したキャラク
タが表示されるが、例えば、保留玉数が“1”のときに
図柄変動ゲームが行われた場合は、カエルを模写したキ
ャラクタに代えて、図6(a)に示すように、オタマジ
ャクシを模写したキャラクタが表示される。また例え
ば、保留玉数が“2”のときに図柄変動ゲームが行われ
た場合は、図6(b)に示すように、足の生えたオタマ
ジャクシを模写したキャラクタが表示され、保留玉数が
“3”のときに図柄変動ゲームが行われた場合は、図6
(c)に示すように、手足の生えたオタマジャクシを模
写したキャラクタが表示される。
【0051】すなわち、始動入賞口111への入賞数で
ある保留玉数Mが、保留玉数Mに応じて態様が変化する
キャラクタの表示よって特別図柄表示装置104に報知
され、しかも特別図柄表示装置104で変動表示される
抽選用図柄と関連して報知される。このようにして、本
実施の形態では、始動入賞口111への入賞数である保
留玉数Mに応じて態様が変化するキャラクタを特別図柄
表示装置104に表示するようにした。
【0052】これにより、保留玉数Mが、保留玉数Mに
応じて態様が変化するキャラクタの表示よって特別図柄
表示装置104に報知されるので、始動入賞口111へ
の入賞数が増加しても表示画面が煩雑になることはな
い。このため、遊技者が遊技に集中しやすくなり、特に
初心者であっても表示されたキャラクタが何の情報を意
味するのか比較的早いうちに把握することができる。さ
らには、表示されるキャラクタの態様が保留玉数Mに応
じていろいろと変化していくので、変化に富んで面白味
がます。したがって、始動入賞口111への入賞数を特
別図柄表示装置104で報知するにあたって、従来に比
して、視認性を向上することができるとともに面白みの
ある表現で入賞数を報知することができる。
【0053】さらに、本実施の形態では、保留玉数Mに
応じて態様が変化するキャラクタを、特別図柄表示装置
104に表示するとともに特別図柄表示装置104で変
動表示される抽選用図柄の動作に合わせて変動表示する
ようにした。これにより、保留玉数Mが、保留玉数Mに
応じて態様が変化するキャラクタの表示よって特別図柄
表示装置104に報知され、しかも特別図柄表示装置1
04で変動表示される抽選用図柄と関連して報知される
ので、遊技者が遊技に集中しやすくなり、特に初心者で
あっても表示されたキャラクタが何の情報を意味するの
か比較的早いうちに把握することができる上に、遊技者
が抽選用図柄を注視しているときに、表示されたキャラ
クタを見落とす可能性も少なくなる。したがって、始動
入賞口111への入賞数を特別図柄表示装置104で報
知するにあたって、面白みのある表現で入賞数を報知す
ることができるのに加えて、視認性をさらに向上するこ
とができる。
【0054】さらに、本実施の形態では、始動入賞口1
11への入賞を契機としてキャラクタを特別図柄表示装
置104に表示し、表示したキャラクタを、特別図柄表
示装置104が抽選用図柄の変動表示を開始する際に消
去するようにした。これにより、同一領域に同一形状の
キャラクタが常に表示されることがなくなるので、所定
領域にやきつきが生じにくくなる。
【0055】なお、上記実施の形態においては、保留玉
数Mに応じて成長過程が変化する動物のキャラクタを特
別図柄表示装置104に表示するように構成したが、こ
れに限らず、図7(a)に示すように、保留玉数Mに応
じて大きさが変化する動物のキャラクタを特別図柄表示
装置104に表示するように構成してもよい。図7は、
他の実施の形態を示す図である。
【0056】また、上記実施の形態においては、保留玉
数Mに応じて成長過程が変化する動物のキャラクタを特
別図柄表示装置104に表示するように構成したが、こ
れに限らず、図7(b)に示すように、動物のキャラク
タを、保留玉数Mに応じてその表示位置を変化させて特
別図柄表示装置104に表示するように構成してもよ
い。
【0057】また、上記実施の形態においては、保留玉
数Mに応じて成長過程が変化する動物のキャラクタを特
別図柄表示装置104に表示するように構成したが、こ
れに限らず、図7(c)に示すように、保留玉数Mに応
じて色彩が変化する動物のキャラクタを特別図柄表示装
置104に表示するように構成してもよい。また、上記
実施の形態においては、キャラクタの態様として、動物
の成長を例にとって説明したが、これに限らず、キャラ
クタの態様には、キャラクタの動作、形状または色彩が
含まれ、さらに、キャラクタが、人間、動物または植物
を含む生物を模写したものであれば、キャラクタの動
作、成長、恰好または色彩が含まれている。
【0058】また、上記実施の形態においては、キャラ
クタとしてカエルを模写したものを採用したが、これに
限らず、さらなるキャラクタとしては、乗り物、建築物
などの無生物、あるいは無生物を擬人化したものを採用
してもよく、さらにまた後述するように、種別が異なる
生物あるいは無生物のキャラクタを複数種類組み合わせ
て、動作、成長、恰好、色彩または発展の変化で保留玉
数Mを識別させてもよい。キャラクタとして乗り物を採
用した場合は、例えば、「自転車(保留玉数“1”)→
自動車(保留玉数“2”)→飛行機(保留玉数“3”)
→ロケット(保留玉数“4”)」などが考えられ、キャ
ラクタとして建築物を採用した場合は、例えば、ビルデ
ィングの建築工程を「骨組み」、「低層階部位」、「高
層階部位」、「完成建築物」の段階を強調あるいは擬人
化し、その発展の変遷が段階を追って順次表現させるよ
うに構成してもよい。
【0059】また、上記実施の形態においては、パチン
コ機である遊技機に本発明を適用した場合について説明
したが、これに限らず、本発明の主旨を逸脱しない範囲
で他のアミューズメントゲーム機等の遊技機にも適用可
能である。また、上記実施の形態においては、保留玉数
Mの上限を4個とした場合について説明したが、これに
限らず、保留玉数Mの上限を4個未満あるいは4個以上
とした場合であっても、それに見合った数の画像データ
をROM230に格納するとともに保留玉数Mとの対応
関係をテーブルTに登録することにより対応することが
できる。
【0060】また、上記実施の形態において、図4のフ
ローチャートに示す遊技制御処理を実行するにあたって
は、ROM230にあらかじめ格納されている遊技制御
プログラムを実行する場合について説明したが、これに
限らず、これらの手順を示したプログラムが記憶された
記憶媒体から、そのプログラムをRAM240に読み込
んで実行するようにしてもよい。
【0061】ここで、記憶媒体とは、RAM、ROM等
の半導体記憶媒体、FD、HD等の磁気記憶型記憶媒
体、CD、CDV、LD、DVD等の光学的読取方式記
憶媒体、MO等の磁気記憶型/光学的読取方式記憶媒体
であって、電子的、磁気的、光学的等の読み取り方法の
いかんにかかわらず、コンピュータで読み取り可能な記
憶媒体であれば、あらゆる記憶媒体を含むものである。
【0062】上記実施の形態において、始動入賞口11
1は、請求項1ないし4記載の特定入賞口に対応し、特
別図柄表示装置104は、請求項1ないし4記載の図柄
表示手段に対応し、特賞状態または確率変動状態は、請
求項1または2記載の所定の遊技状態に対応している。
【0063】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る請求
項1ないし6記載の遊技機によれば、遊技者が遊技に集
中しやすくなり、特に初心者であっても表示されたキャ
ラクタが何の情報を意味するのか比較的早いうちに把握
することができ、さらには、表示されるキャラクタの態
様が、特別入賞口への入賞数に応じていろいろと変化し
ていくので、変化に富んで面白味がまし、したがって、
特別入賞口への入賞数を図柄表示手段で報知するにあた
って、従来に比して、視認性を向上することができると
ともに面白みのある表現で入賞数を報知することができ
るという効果が得られる。
【0064】さらに、本発明に係る請求項2記載の遊技
機によれば、遊技者が遊技に集中しやすくなり、特に初
心者であっても表示されたキャラクタが何の情報を意味
するのか比較的早いうちに把握することができる上に、
遊技者が変動表示される図柄を注視しているときに、表
示されたキャラクタを見落とす可能性も少なくなり、し
たがって、特別入賞口への入賞数を図柄表示手段で報知
するにあたって、面白みのある表現で入賞数を報知する
ことができるのに加えて、視認性をさらに向上すること
ができるという効果も得られる。
【0065】さらに、本発明に係る請求項3または4記
載の遊技機によれば、同一領域に同一形状のキャラクタ
が常に表示されることがなくなるので、所定領域にやき
つきが生じにくくなるという効果も得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技機における遊技盤面102の正面部、特に
説明に必要な部分を模式的に示した図である。
【図2】主基板200の構成を示すブロック図である。
【図3】ROM230に格納されている画像データとテ
ーブルの構造を示す図である。
【図4】遊技制御処理を示すフローチャートである。
【図5】特別図柄表示装置104の表示画面を示す図で
ある。
【図6】特別図柄表示装置104の表示画面を示す図で
ある。
【図7】他の実施の形態を示す図である。
【符号の説明】
104 特別図柄表示装置 106 普通図柄表示装置 112 普通電動役物 113,114 作動ゲート 115 大入賞口 121 天入賞口 122 左肩入賞口 123 右肩入賞口 124 左袖入賞口 125 右袖入賞口 126 左落し入賞口 127 右落し入賞口 111 始動入賞口 131 始動入賞口スイッチ 200 主基板 220 CPU 230 ROM 240 RAM 250 I/O

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 特定入賞口への入賞を契機として、図柄
    表示手段で図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態
    を生起させるための抽選を行うようになっている遊技機
    であって、 前記特定入賞口への入賞数に応じて態様が変化するキャ
    ラクタを前記図柄表示手段に表示するようになっている
    ことを特徴とする遊技機。
  2. 【請求項2】 特定入賞口への入賞を契機として、図柄
    表示手段で図柄を変動表示するとともに所定の遊技状態
    を生起させるための抽選を行うようになっている遊技機
    であって、 前記特定入賞口への入賞数に応じて態様が変化するキャ
    ラクタを、前記図柄表示手段に表示するとともに前記図
    柄表示手段で変動表示される図柄の動作に合わせて変動
    表示するようになっていることを特徴とする遊技機。
  3. 【請求項3】 請求項1及び2のいずれかにおいて、 前記図柄表示手段に表示した前記キャラクタを、前記図
    柄表示手段で図柄の変動表示を開始してから次の変動表
    示を開始するまでの間で、前記図柄表示手段から消去す
    るようになっていることを特徴とする遊技機。
  4. 【請求項4】 請求項1乃至3のいずれかにおいて、 前記特定入賞口への入賞を契機として前記キャラクタを
    前記図柄表示手段に表示し、表示した前記キャラクタ
    を、前記図柄表示手段が図柄の変動表示を開始する際に
    消去するようになっていることを特徴とする遊技機。
  5. 【請求項5】 請求項1乃至4のいずれかにおいて、 前記キャラクタの態様には、キャラクタの動作、形状又
    は色彩が含まれていることを特徴とする遊技機。
  6. 【請求項6】 請求項1乃至5のいずれかにおいて、 前記キャラクタは、人間、動物又は植物を含む生物を模
    写したものであり、 前記キャラクタの態様には、キャラクタの動作、成長、
    恰好又は色彩が含まれていることを特徴とする遊技機。
JP11260899A 1999-04-20 1999-04-20 遊技機 Expired - Fee Related JP4397453B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11260899A JP4397453B2 (ja) 1999-04-20 1999-04-20 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11260899A JP4397453B2 (ja) 1999-04-20 1999-04-20 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000300753A true JP2000300753A (ja) 2000-10-31
JP4397453B2 JP4397453B2 (ja) 2010-01-13

Family

ID=14591000

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11260899A Expired - Fee Related JP4397453B2 (ja) 1999-04-20 1999-04-20 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4397453B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002248224A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2003010451A (ja) * 2001-07-04 2003-01-14 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2004305303A (ja) * 2003-04-03 2004-11-04 Kyoraku Sangyo パチンコ遊技機
JP2010029725A (ja) * 2009-11-16 2010-02-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011045496A (ja) * 2009-08-26 2011-03-10 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2011212459A (ja) * 2011-06-30 2011-10-27 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011229939A (ja) * 2011-07-11 2011-11-17 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014128621A (ja) * 2013-11-27 2014-07-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014136107A (ja) * 2013-01-18 2014-07-28 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05309164A (ja) * 1992-05-13 1993-11-22 Heiwa Corp パチンコ機の画像表示装置
JPH08168561A (ja) * 1994-12-20 1996-07-02 Sophia Co Ltd 遊技機
JPH09703A (ja) * 1995-06-19 1997-01-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2000135332A (ja) * 1998-10-31 2000-05-16 Sophia Co Ltd 遊技機

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05309164A (ja) * 1992-05-13 1993-11-22 Heiwa Corp パチンコ機の画像表示装置
JPH08168561A (ja) * 1994-12-20 1996-07-02 Sophia Co Ltd 遊技機
JPH09703A (ja) * 1995-06-19 1997-01-07 Sankyo Kk 遊技機
JP2000135332A (ja) * 1998-10-31 2000-05-16 Sophia Co Ltd 遊技機

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002248224A (ja) * 2001-02-26 2002-09-03 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2003010451A (ja) * 2001-07-04 2003-01-14 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ遊技機
JP2004305303A (ja) * 2003-04-03 2004-11-04 Kyoraku Sangyo パチンコ遊技機
JP2011045496A (ja) * 2009-08-26 2011-03-10 Kyoraku Sangyo Kk パチンコ遊技機
JP2010029725A (ja) * 2009-11-16 2010-02-12 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011212459A (ja) * 2011-06-30 2011-10-27 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011229939A (ja) * 2011-07-11 2011-11-17 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014136107A (ja) * 2013-01-18 2014-07-28 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2014128621A (ja) * 2013-11-27 2014-07-10 Sanyo Product Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4397453B2 (ja) 2010-01-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4397455B2 (ja) 遊技機
US20040147304A1 (en) Gaming machine
JPH09220326A (ja) 遊技機
JP2002292021A (ja) 遊技機
JP2001161907A (ja) 遊技機
JP2000312750A (ja) 遊技機
JP2003024560A (ja) 弾球遊技機
JP2004267483A (ja) 遊技機及び遊技制御方法
JP2000300753A (ja) 遊技機
JP2002126249A (ja) 遊技機
JP2004248846A (ja) 遊技機
JP4030268B2 (ja) パチンコ遊技情報表示制御装置、その表示方法、及びパチンコ遊技情報表示プログラム
JP2000033149A (ja) パチンコ遊技機
JP2002165975A (ja) 遊技機及び複数の背景画像を用いた遊技機の画像表現方法並びに当該方法を制御可能なプログラムを記憶した記憶媒体
JP3933924B2 (ja) 遊技機
JP2000070465A (ja) 遊技機
JP3791623B2 (ja) 遊技機
JP4034444B2 (ja) 遊技機
JP2004248998A (ja) 遊技機
JP2003079886A (ja) 遊技機
JP2004073581A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP2003340048A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP2003340061A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP2003340044A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP2004208910A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081125

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090126

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090526

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090724

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091013

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091021

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121030

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131030

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees