JP2000262972A - Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece - Google Patents

Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece

Info

Publication number
JP2000262972A
JP2000262972A JP11070913A JP7091399A JP2000262972A JP 2000262972 A JP2000262972 A JP 2000262972A JP 11070913 A JP11070913 A JP 11070913A JP 7091399 A JP7091399 A JP 7091399A JP 2000262972 A JP2000262972 A JP 2000262972A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vibration
motor
alarm device
voltage
commutator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP11070913A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Katsutoshi Furuhata
Shigeki Inoue
茂樹 井上
勝利 古畑
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seiko Epson Corp, セイコーエプソン株式会社 filed Critical Seiko Epson Corp
Priority to JP11070913A priority Critical patent/JP2000262972A/en
Publication of JP2000262972A publication Critical patent/JP2000262972A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vibration alarm device which is capable of making announcement without making a user uncomfortable when power supply voltage changes. SOLUTION: This vibration alarm device is so constituted that the voltage subjected to voltage conversion by a voltage converter 22 from a power source 20 to a vibration motor 21 and the vibration motor 21 is vibrated by this voltage. At this time, the voltage converter 22 executes voltage conversion in such a manner as to generate such vibration that the vibration frequency of the vibration motor 21 attains a range of 100 to 300 Hz and the acceleration 0.2 to 2G.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、振動アラーム装置、これを備える携帯機器および時計に関する。 The present invention relates to vibration alarm device, a portable device and watch including the same.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来から使用者に何らかの情報、例えば設定時刻になった等を報知する装置としては、ブザーの発生する音によって使用者に報知するアラーム装置が用いられている。 BACKGROUND OF THE INVENTION some information to the user conventionally, as an apparatus for notifying the like for example reaches a set time, the alarm device to notify the user by sound generated buzzer is used. 近年では、上述した音によるアラーム装置以外にも、振動を発生させて使用者に報知する振動アラーム装置も用いられている。 In recent years, in addition to the alarm device according to the sound described above it is also be used vibration alarm device for notifying the user by generating vibrations. このような振動アラーム装置の振動発生源としては、偏心おもりが取り付けられたDCモータが用いられている。 Such vibration source of the vibration alarm device, DC motor eccentric weight is mounted is used. そして、アラーム報知タイミングになると、DCモータに駆動回路から電圧が印加され、振動を発生させるようになっている。 Then, when the alarm notification timing, the voltage from the driving circuit is applied to the DC motor, and is adapted to generate vibration.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】ところで、上述したような振動アラーム装置では、使用者の体に振動を伝達させて使用者に何らかの情報を報知しているので、振動が小さすぎると、使用者はその振動に気付かないことがある。 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, in vibration alarm device as described above, since the notification of some information to the user by transmitting vibration to the user's body, the vibration is too small, the user sometimes it is not aware of the vibration. 一方、振動アラーム装置の振動が大きすぎる場合には、その振動に使用者が不快感を感じることになる。 On the other hand, if the vibration of the vibration alarm device is too large, its use in vibration who would feel discomfort. 従って、DCモータにより発生させる振動量は、使用者に振動を感じさせることができ、かつ不快感を与えない程度にすることが望ましい。 Therefore, the amount of vibration is generated by the DC motor can feel the vibration to the user, and it is desirable to the extent that inoffensive.

【0004】しかし、小型携帯機器の電源として使用されるリチウムボタン型電池は、放電が進むにつれて、その内部抵抗が増加し、初期の内部抵抗の10〜20倍になることがある。 However, lithium button-type battery used as a power source of small portable devices, as the discharge proceeds, the internal resistance increases thereof may become 10 to 20 times the initial internal resistance. このように放電の進んだ電池を使用してDCモータを駆動させると、DCモータに十分な電圧が印加されず、振動量が減少してしまい、この振動が使用者に気付かれなくなってしまうことがある。 Thus discharge of advanced use batteries to drive the DC motor, DC motor without sufficient voltage is applied, the vibration amounts will decrease, that the vibration is no longer noticed to the user there is. また、このような電池の劣化を考慮し、電池が劣化して電圧が小さくなった時に最適な振動量で振動するようにした場合には、新しい電池など電源電圧が高い場合には、その振動量が大きくなり、使用者に不快感を与えてしまうことがある。 In consideration of such deterioration of the battery, when to oscillate at optimum vibration amount when the reduced voltage deteriorated battery, when the power supply voltage such as a new battery is high, the vibration the amount is increased, it may cause discomfort to the user.

【0005】本発明は、上記の事情を考慮してなされたものであり、電源電圧が変化した場合にも、使用者に不快感を与えることなく、より確実に報知することが可能な振動アラーム装置、これを備える携帯機器および時計を提供することを目的とする。 [0005] The present invention has been made in consideration of the above circumstances, even if the power supply voltage is changed, without causing discomfort to the user, vibration alarm that can be more reliably informed apparatus, and to provide a portable device and watch including the same.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、本発明に係る振動アラーム装置は、偏心おもりを有し、振動を発生させる振動モータと、前記振動モータの発生する振動によって振動する振動伝達部材と、電源と、前記電源から前記振動モータに供給する電力を制御する制御手段とを具備しており、前記制御手段は、前記振動伝達部材に生じる振動の周波数が100〜300H Means for Solving the Problems] To solve the above problems, the vibration alarm device according to the present invention has an eccentric weight to vibrate a vibration motor for generating vibration, the vibration generated in the vibration motor vibrating a transmission member, and a power supply, has a control means for controlling the power supplied to the vibration motor from the power supply, the control means, the frequency of the vibration generated in said vibration transmitting member is 100~300H
zとなり、かつ該振動の加速度が0.2〜2G(重力加速度)となるように前記振動モータに供給する電力を制御することを特徴としている。 z becomes, and the acceleration of this vibration is characterized by controlling the power supplied to the vibration motor such that 0.2 to 2 g (gravitational acceleration).

【0007】また、上記構成において、前記振動伝達部材を、使用者の体に接する位置に取り付け可能にしてもよい。 [0007] In the above structure, the vibration transmission member, may be attachable to a position in contact with the user's body.

【0008】また、上記構成において、前記振動モータの回転状態を検出する回転検出手段をさらに具備するようにし、前記制御手段が、前記回転検出手段によって検出された前記振動モータの回転状態に基づいて、前記振動モータに供給する電力を制御するようにしてもよい。 [0008] In the above structure, the so equipped further rotation detecting means for detecting a rotational state of the vibration motor, said control means, based on the rotational state of the vibration motor detected by said rotation detecting means it may be controlling electric power supplied to the vibration motor.

【0009】また、上記構成において、前記振動モータは、整流子を有する整流子型モータであり、前記回転検出手段は、前記整流子の切り換えにより発生する電流の変化を検出する電流検出手段を有しており、当該電流検出手段の検出結果に基づいて、前記振動モータの回転状態を検出するようにしてもよい。 [0009] In the above structure, the vibration motor is a commutator motor having a commutator, the rotation detecting means, have a current detection means for detecting a change in current generated by the switching of the commutator and are based on the detection result of the current detecting means, it may detect the rotational state of the vibration motor.

【0010】また、上記構成において、前記振動モータは、整流子を有する整流子型モータであり、前記回転検出手段は、前記整流子の切り換えにより発生する磁気を検出する磁気検出手段を有しており、当該磁気検出手段の検出結果に基づいて、前記振動モータの回転状態を検出するようにしてもよい。 [0010] In the above structure, the vibration motor is a commutator motor having a commutator, the rotation detecting means includes a magnetic detector for detecting the magnetism generated by the switching of the commutator cage, on the basis of the detection result of the magnetic detection means may be adapted to detect the rotational state of the vibration motor.

【0011】また、上記構成において、前記振動伝達部材に生じる振動状態を検出する振動検出手段をさらに具備するようにし、前記制御手段が、前記振動検出手段によって検出された前記振動伝達部材の振動状態に基づいて、前記振動モータに供給する電力を供給するようにしてもよい。 [0011] In the above structure, the so as to include a vibration detecting means for detecting a vibration state generated in the vibration transmitting member further said control means, the vibration state of the vibration transmission member detected by said vibration detecting means based on, it may be supplied power supplied to the vibration motor.

【0012】また、本発明に係る携帯機器は、請求項1 [0012] The portable device according to the present invention, according to claim 1
ないし6のいずれかに記載の振動アラーム装置を備えることを特徴としている。 To is characterized in that it comprises a vibration alarm device according to any one of 6.

【0013】また、本発明に係る時計は、請求項1ないし6のいずれかに記載の振動アラーム装置と、時刻を表示する計時部と、前記振動アラーム装置が配置される胴部と、前記胴部に取り付けられ、使用者の手首に書き付けられるバンド部とを具備することを特徴としている。 [0013] timepiece according to the present invention, a vibration alarm device according to any one of claims 1 to 6, a timer unit for displaying the time, and the body of the vibration alarm device is disposed, said cylinder attached to parts, it is characterized by comprising a band portion which is memo to the user's wrist.

【0014】 [0014]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施形態について説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. A. A. 第1実施形態 A−1. First Embodiment A-1. 振動アラーム装置を備えた腕時計 まず、図1は、本発明の第1実施形態に係る振動アラーム装置を備えた時計の概略構成を示す側断面図である。 Watch provided with a vibration alarm device First, FIG. 1 is a side sectional view showing a schematic configuration of a timepiece having a vibration alarm device according to a first embodiment of the present invention.
同図において、符号1は胴を示す。 In the figure, reference numeral 1 denotes a cylinder. 胴1には、使用者の腕に巻き付けられるバンド部7が取り付けられている。 The cylinder 1, the band 7 which is wound around the user's arm is attached.
また、胴1の上部には文字盤2が配置されており、この文字盤2上に時刻を表示する運針3が配置されている。 Further, the upper portion of the cylinder 1 is arranged a dial 2, the hand movement 3 is arranged to display time on the dial 2.
胴1の内部には、運針3を駆動するムーブメント4が配置されている。 Inside the cylinder 1, movement 4 for driving the hand movement 3 is disposed. 胴1の下面(振動伝達部材)6上には、 The lower surface of the cylinder 1 on (the vibration transmitting member) 6,
本実施形態に係る振動アラーム装置5が設置されており、振動アラーム装置5が振動を発生させた場合には、 When vibration alarm device 5 according to this embodiment is installed, the vibration alarm device 5 to generate vibration,
この振動に伴って下面6が振動し、この振動が使用者の腕に伝達されるようになっている。 Lower surface 6 vibrates along with the vibration, so that the vibration is transmitted to the user's arm.

【0015】A−2. [0015] A-2. 振動アラーム装置 次に、振動アラーム装置5について図2を用いて説明する。 Vibration alarm device Next, vibration alarm device 5 will be described with reference to FIG. 同図に示すように、この振動アラーム装置5は、電源20と、振動モータ21と、電圧変換機(制御手段) As shown in the figure, the vibrating alarm unit 5 includes a power source 20, a vibration motor 21, the voltage converter (control means)
22と、回転周波数検出回路(回転検出手段)23と、 22, a rotation frequency detecting circuit (rotation detecting means) 23,
デジタルコンパレータ24,25と、レジスタ26,2 A digital comparator 24 and 25, register 26,2
7とを備えた構成となっている。 And it has a configuration that includes a 7.

【0016】振動モータ21は、電源20から公知の電圧変換機22を介して供給される電圧によって駆動されるDCモータである。 The vibration motor 21 is a DC motor driven by a voltage supplied from the power source 20 via a known voltage converter 22. ここで、図3は振動モータ21の構造を示す斜視図である。 Here, FIG. 3 is a perspective view showing a structure of a vibration motor 21. 同図に示すように、この振動モータ21は、回転軸105を備えており、この回転軸105の先端部に図示せぬ偏心おもりが取り付けられている。 As shown in the figure, the vibration motor 21 has a rotary shaft 105, the eccentric weight is mounted (not shown) to the distal end portion of the rotary shaft 105. 回転軸105は軸受102により回転自在に支持されており、105の周囲には、積層鉄心103および整流子104がそれぞれ配置されている。 Rotating shaft 105 is rotatably supported by bearings 102, around the 105, laminated core 103 and the commutator 104 are disposed respectively. 積層鉄心10 Laminated core 10
3には導体が巻回されており、これによりコイルが構成されている。 3 are wound conductors wound in this coil is composed of. 一方、整流子104は、コイルを構成する導体の端部と導通させられるとともに、ブラシ106, On the other hand, the commutator 104, together are caused to conduct with the end of the conductor constituting the coil, the brush 106,
107とも導通させられている。 It is brought into conduction both 107. これらの回転軸10 These rotary shaft 10
5、積層鉄心103、整流子104およびブラシ10 5, laminated core 103, the commutator 104 and the brush 10
6,107がこのモータの電機子を構成している。 6,107 constitutes the armature of the motor. また、積層鉄心103の周囲には、適当な間隙を隔てて永久磁石からなる界磁101が配置されている。 Around the lamination core 103, the field 101 comprising a permanent magnet at a suitable clearance is arranged. これらの構成要素がモータケース108に収容されており、振動モータ21を構成している。 These components are housed in a motor case 108 constitute a vibration motor 21.

【0017】この構成の下、電機子に電流が供給されると、回転磁界が発生し、この回転磁界と界磁101が発生させる磁界とにより、回転力が発生する。 [0017] Under this construction, when current is supplied to the armature, a rotating magnetic field is generated by a magnetic field which the rotating magnetic field and the field 101 is generated, the rotational force is generated. この回転力により電機子、つまり回転軸105が回転させられるようになっている。 Armature, that is, the rotating shaft 105 is adapted to be rotated by the rotational force. 電機子の回転時には、整流子104とブラシ106,107との間でスイッチングが行われ、 During rotation of the armature, the switching is performed between the commutator 104 and the brushes 106 and 107,
常に電機子を一定方向に回転させる力を発生させるようになっており、これにより回転の連続化を可能としている。 Always adapted to generate a force to rotate the armature in a predetermined direction, thereby making it possible to continuously of rotation.

【0018】図2に戻り、回転周波数検出回路23は、 [0018] Returning to FIG. 2, the rotation frequency detecting circuit 23,
上述した振動モータ21に発生するブラシノイズから振動モータ21の回転周波数を検出している。 It detects the rotation frequency of the vibration motor 21 from the brush noise generated in the vibration motor 21 described above. 以下、回転周波数検出回路23によるブラシノイズの検出について説明するが、それに先立ち、振動モータ21に発生するブラシノイズについて、3スロットの電機子を有する場合を例にとって説明する。 Hereinafter will be described the detection of the brush noise due to the rotation frequency detection circuit 23, before it, the brush noise generated in the vibration motor 21 will be described taking the case with the armature of the three slots. ここで、図4は、整流子10 Here, FIG. 4, the commutator 10
4部分の断面を模式的に示し、回転状態の遷移を示したものである。 The fourth portion of the cross-section schematically shows a diagram illustrating a transition of the rotation state. 図4(a)において、符号104a、10 In FIG. 4 (a), reference numeral 104a, 10
4b、104cは整流子であり、これら3つの整流子1 4b, 104c is commutator, three commutator 1
04a,104b,104cは、絶縁部124を介して配置されている。 04a, 104b, 104c are arranged via an insulating portion 124. これらの整流子104a,104b, These commutator 104a, 104b,
104cが、それぞれコイル125,126,127と導通させられている。 104c has been made conductive with each coil 125, 126, 127.

【0019】図4(a)に示す状態では、ブラシ10 [0019] In the state shown in FIG. 4 (a), the brush 10
6,107を介して矢印aで示す方向に電流が供給され、各コイル125,126,127に図示のような磁極が発生する。 Current is supplied in the direction indicated by the arrow a through a 6,107 poles as shown to the coils 125, 126, and 127 occurs. そして、この磁極と界磁101とが吸引・反発することにより、電機子は図中矢印bに示す方向に回転させられる。 By the magnetic pole and the field 101 is sucked and repelled, the armature is rotated in a direction indicated by an arrow in the figure b. その後は、このような磁界による回転力に加えて慣性力が加わり、図4(b)および図4 Thereafter, the inertial force is applied in addition to the rotational force generated by such magnetic field, FIG. 4 (b) and 4
(c)に示すように電機子が回転し続ける。 Armature continues to rotate, as shown in (c).

【0020】このような原理で回転するモータに発生するブラシノイズについて、このモータの等価回路を用いて説明する。 [0020] The brush noise generated in the motor rotating at such a principle will be described with reference to the equivalent circuit of the motor. 図5(a)は、ある回転位置における10 5 (a) is 10 at a certain rotational position
6,107と整流子104a,104b,104cとの接続状態を示しており、図5(b)は、この状態を等価回路図に置き換えたものを示す。 6,107 and the commutator 104a, 104b, shows a connection state between 104c, FIG. 5 (b) shows those obtained by replacing the state in the equivalent circuit diagram. 図5(b)に示すように、この状態ではコイル126とコイル127とが直列に接続され、これらと並列にコイル125が接続されている。 As shown in FIG. 5 (b), a coil 126 and the coil 127 in this state are connected in series, the coil 125 and parallel thereto is connected.

【0021】この状態からモータが時計方向に約60゜回転した場合、ブラシ106,107と整流子104 [0021] When the motor in this state is rotated about 60 degrees in the clockwise direction, the brush 107 and the commutator 104
a,104b,104cとの接続状態は、図5(c)に示すように、ブラシ107と整流子104bとが接続されている点では変化がないが、ブラシ106には整流子104cが接続された状態となっている。 a, 104b, connection between 104c, as shown in FIG. 5 (c), in terms of the brushes 107 and the commutator 104b is connected but no change, commutator 104c is connected to the brush 106 It has become a state. つまり、ブラシ106に接続される整流子が整流子104aから整流子104cに切り換わっている。 That is, the commutator is connected to the brush 106 is switched from the commutator 104a commutator 104c. このように時計方向に60゜回転した状態での等価回路を図5(d)に示す。 Thus the equivalent circuit in a state of being rotated 60 ° clockwise shown in FIG. 5 (d).
同図に示すように、この状態ではコイル125とコイル127が直列に接続され、これらと並列にコイル126 As shown in the figure, the coil 125 and the coil 127 in this state are connected in series, the coil 126 in parallel thereto
が接続されている。 There has been connected.

【0022】ここで、各コイル125,126,127 [0022] In this case, each coil 125, 126, 127
の直流抵抗成分をRとすると、合成抵抗値は、2R/3 When the DC resistance component is R, the combined resistance value, 2R / 3
となり、電源20の電圧をEとすると、定常的な電流値は3E/2Rとなる。 Next, when the voltage of the power source 20 and E, steady current value becomes 3E / 2R. また、図5(a)に示す状態から図5(c)に示す状態に切り換わる時には、過渡的に各コイル125,126,127の電流配分に変化が生じ、定常電流が変わらなくても、総電流値に変化が発生する。 Further, when switched to the state shown in FIG. 5 (c) from the state shown in FIG. 5 (a), transiently change occurs in the current distribution of the coils 125, 126, 127, without change is steady current, change occurs in the total current value. 具体的には、コイル127が逆方向の電流となり、コイル126の電流は、E/2RからE/Rに倍増し、コイル125の電流はE/RからE/2Rに半減する。 Specifically, it is the coil 127 of the reverse current, the current of the coil 126, doubled from E / 2R in E / R, the current of the coil 125 is reduced by half E / 2R from E / R. このようにコイル127の電流極性が反転する際、 Thus when the current polarity of the coil 127 is reversed,
つまり整流子とブラシとの接続が切り換わる際に、インダクタンス成分で時間遅れが発生し、図6に示すように、総電流として、一瞬、落ち込んだ状態が観測される。 That is, when the switched connection between the commutator and the brushes, the time lag in the inductance component is generated, as shown in FIG. 6, as the total current, momentarily depressed state is observed.

【0023】また、上述したように電流値が過渡的に変化した場合には、この変化に伴って外部に漏れる磁束も変化する。 Further, when the current value as described above is changed transitionally is magnetic flux also changes leaking outside along with this change. 従って、モータの近傍にコイルを配置すれば、このコイルで磁束の変化を電圧変化に変改して、観測することができる。 Thus, by arranging the coils in the vicinity of the motor, and revise the change of the magnetic flux into voltage changes in the coil, it can be observed. 以下、このようなブラシと整流子の切り換わりに伴う過渡的な電流値の変化、および漏れ磁束の変化を「ブラシノイズ」という。 Hereinafter, the change in transient current caused by the switching of such a brush and a commutator, and a change in leakage flux of "brush noise".

【0024】回転周波数検出回路23は、上述したような原理で発生するブラシノイズを検出することにより、 The rotation frequency detection circuit 23, by detecting the brush noise generated in principle as described above,
振動モータ21の回転周波数の検出を行っている。 It is carried out to detect the rotation frequency of the vibration motor 21. ここで、図7は回転周波数検出回路の詳細を示す回路図であり、図8はこの回転周波数検出回路で生成される信号のタイミングチャートを示す図である。 Here, FIG. 7 is a circuit diagram showing the details of a rotation frequency detection circuit, FIG. 8 is a diagram showing a timing chart of the signals generated by the rotational frequency detecting circuit. 以下、図7および図8を参照して、回転周波数検出回路の詳細について説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 7 and 8, it will be described in detail rotational frequency detecting circuit. 図7において、符号501は基準信号を発生する発振回路である。 7, reference numeral 501 is an oscillation circuit for generating a reference signal. タイミング発生回路502は、発振回路501が発生する基準信号を分周/デコードし、各種制御信号521,522を生成する。 Timing generating circuit 502, a reference signal oscillator 501 generates dividing / decoding, generates various control signals 521 and 522. 信号521は振動モータ21を回転させる信号であり、タイミング発生回路502からトランジスタスイッチ503に入力される。 Signal 521 is a signal for rotating the vibration motor 21, is input from the timing generator circuit 502 to the transistor switch 503. これにより信号521がHレベルになると、振動モータ21に通電され、振動モータ21が回転させられる。 Thus when the signal 521 becomes H level, electric power is supplied to the vibration motor 21, the vibration motor 21 is rotated.

【0025】抵抗505は、振動モータ21に直列に接続され、電流波形を電圧波形に変化させて出力信号52 The resistor 505, the vibration motor 21 are connected in series, the output signal 52 by changing the current waveform to the voltage waveform
4を生成する。 4 to generate. 符号506は、直流カットフィルタを示す。 Reference numeral 506 denotes a DC cut filter. 直流カットフィルタ506は、抵抗505からの出力信号524である電圧波形から直流成分を取り除き、 DC cut filter 506 removes the DC component from the output signal 524 at a voltage waveform of the resistor 505,
この波形に重畳されたブラシノイズ成分のみを通過させる。 The brush noise component superposed on the waveform to only pass. 符号507は、電圧コンパレータを示す。 Reference numeral 507 denotes a voltage comparator. 電圧コンパレータ507は、所定の検出電位を有しており、信号524に含まれるブラシノイズが所定のレベル以上になるとHレベルとなる信号525を生成する。 Voltage comparator 507 has a predetermined detection voltage, and generates a signal 525 to brush noise contained in the signal 524 becomes the H level becomes equal to or larger than a predetermined level. ワンショット回路508は、電圧コンパレータ507により生成された信号525を波形整形して信号526を生成する。 One-shot circuit 508, and a waveform shaping signal 525 generated by the voltage comparator 507 generates a signal 526.

【0026】また、タイミング発生回路502から出力される信号522は、リセットパルスであり、振動モータ21への通電開始と同時にカウンタ511に出力され、これによりカウンタ511がリセットされる。 Further, the signal 522 output from the timing generating circuit 502 is a reset pulse is output at the same time the counter 511 energizing start and to the vibration motor 21, thereby the counter 511 is reset. カウンタ511は、タイミング発生回路502からリセットパルス522が供給された後、信号526に含まれるパルス数、つまりブラシノイズの数をカウントしている。 Counter 511, after the reset pulse 522 from the timing generator circuit 502 is supplied, the number of pulses included in the signal 526, that is, by counting the number of brush noise.
このカウント値529により振動モータ21の回転数を判断することができ、このカウント値529と、カウント値を取り込む時間間隔とから回転周波数を容易に得ることもできる。 By this count value 529 can determine the rotational speed of the vibration motor 21, and the count value 529 may be from a time interval for taking a count value obtained rotational frequency easily.

【0027】図2に戻り、回転周波数検出回路23は、 [0027] Returning to FIG. 2, the rotation frequency detecting circuit 23,
上述したように検出した振動モータ21の回転周波数をデジタルコンパレータ24,25に出力している。 And it outputs the rotation frequency of the vibration motor 21 detected as described above to a digital comparator 24. デジタルコンパレータ24,25は、回転周波数検出回路2 Digital comparator 24 and 25, the rotation frequency detecting circuit 2
3からの出力値と、レジスタ26,27に記憶された後述する比較値との大小を比較し、この比較結果に基づいて信号を生成し、電圧変換機22に出力している。 The output value from 3, compares the magnitude of the comparison values ​​to be described later is stored in the register 26, 27 generates a signal based on the comparison result, and outputs the voltage converter 22. このようにデジタルコンパレータ24,25から送出される信号に基づいて、電圧変換機22は電圧変換比を変化させて、振動モータ21に供給する駆動電圧が所定の範囲内に納まる、すなわち振動モータ21の回転周波数が所定の範囲内に納まるようにしている。 Thus on the basis of a signal sent from the digital comparator 24, the voltage converter 22 by changing the voltage conversion ratio, the driving voltage supplied to the vibration motor 21 falls within a predetermined range, i.e., the vibration motor 21 rotation frequency of the is to fall within a predetermined range.

【0028】本実施形態では、電圧変換機22が振動モータ21の回転周波数が100〜300Hzの範囲に納まるように電圧変換を行っている。 [0028] In this embodiment, the voltage converter 22 is performing the voltage conversion to fit range rotational frequency is 100~300Hz of the vibration motor 21. また、振動モータ2 In addition, the vibration motor 2
1は、回転周波数が100〜300Hzの範囲内で振動し、かつ、この振動に伴って振動する胴1の下面6(図1参照)の振動の加速度が0.2〜2G(重力加速度) 1, the rotation frequency to vibrate in the range of 100 to 300 Hz, and the acceleration is 0.2 to 2 g (gravitational acceleration) of the vibration of the lower surface 6 of the cylinder 1 to vibrate with the vibration (see FIG. 1)
の範囲内に納まるように偏心おもりの重量等が設定されている。 Weight, etc. of the eccentric weight is set to fall within the scope of. 本出願人は、以下に説明する文献(シュミット感覚生理学(改訂第2版)、第2章、2・1機械的感覚(株式会社金芳堂、1989年3月1日発行))および実験から、回転周波数が100〜300Hz、かつ加速度が0.2〜2Gの振動を生じさせることで、使用者に不快感を与えることなく、より確実に振動を人体に伝えることができると考えた。 The applicant, the literature, which will be described below (Schmidt sensory physiology (Revised Second Edition), Chapter 2, 2, 1 mechanical sense (Corporation KimuKaorudo, 1989, March 1 issue)) and from the experiment, rotation frequency by causing vibration of 100 to 300 Hz, and the acceleration is 0.2 to 2 g, without causing discomfort to the user, was considered more reliable vibration can be transmitted to the human body.

【0029】上述した文献に記載された内容を要約すると、以下のようになる。 [0029] To summarize the contents described in the above-mentioned document, as follows. 生体には、特殊感覚器官である目や耳などに加え、生体内外の環境から信号をとらえて、中枢神経系に伝える働きを持った受容器(感覚器) In the living body, in addition to such as the eyes and ears is a special sense organs, captures the signal from the living body inside and outside of the environment, receptors with a function to tell the central nervous system (sensory organs)
が、身体の全ての組織に存在する。 But, present in all tissues of the body. これらの感覚系をまとめて体内内臓感覚と呼ばれている。 It has been called the body visceral sense of collectively these sensory systems. この体内内臓感覚の中には、機械的刺激である圧、触、振動、およびくすぐったさを受ける受容器があり、この中で振動を検出しているのは、加速度検出器であるPacini小体である。 Pressure The in vivo visceral sensation is a mechanical stimulation, tactile, vibration, and Kusugutta of have receptors that undergo, Pacini corpuscles are you detecting vibration in this is the acceleration detector it is. Pacini小体は皮下脂肪組織の中にあり、たまねぎのように層状に配列した結合組織によって囲まれた比較的大きなニューロン末端構造である。 The Pacini corpuscles located in the subcutaneous adipose tissue is a relatively large neurons terminal structure surrounded by connective tissue arranged in a layered like an onion. Pacini Pacini
小体は皮下脂肪以外にも、腱および筋膜状、骨髄上、関節包の中に種々の密度で存在する。 Bodies other than subcutaneous fat, tendons and Sujimakujo, on bone marrow, exist in different densities in the joint capsule. この加速度検出器に正弦波状の刺激を加えると正弦波の各周期で活動電位が誘発される。 Action potential in each cycle of the sine wave the addition of sinusoidal stimulus to the acceleration detector is triggered. この活動電位が中枢神経に伝えられるのだが、正弦波振動の各周期ごとに1個の活動電位を誘発させる振幅の最小値は、振動の頻度、つまり振動周波数に依存する。 This action potential he transmitted to the central nervous, the minimum value of the amplitude to induce one of the action potential in each cycle of the sinusoidal oscillation, the frequency of vibration, i.e. dependent on the vibration frequency. ここで、図9は振動の周波数(横軸)と1周期あたり1個の活動電位を誘発させるのに必要な振動の最小振幅(縦軸)との関係を示す。 Here, FIG. 9 shows the relationship between the minimum amplitude of vibration required to induce one action potential per period and the frequency (horizontal axis) of the vibration (vertical axis). 同図から、約100 From the figure, about 100
〜300Hzの振動は生体にとって感じやすく、300 Vibration of ~300Hz is easy to feel for the living body, 300
Hzを越えると生体の感覚が鈍ることが明らかである。 It is clear that exceeds Hz sense of biological dull.

【0030】上述した文献を参照すると、使用者により確実に振動を伝えることができる振動周波数、つまり振動モータ21の回転周波数を100〜300Hz内に設定することが好ましいことが分かる。 Referring to the above-mentioned documents, the vibration frequency that can be transmitted reliably vibrate by the user, it is can be seen preferably set that is the rotational frequency of the vibration motor 21 in the 100 to 300 Hz. 本出願人は、この文献に加えて、実際に人体に様々な周波数および加速度の振動を付与し、被実験者にとって振動を確実に感じることが可能であり、かつ不快感の少ない振動の周波数、 The applicant, in addition to this document, actually applying vibrations of different frequencies and acceleration in the human body, it is possible to feel securely vibration to the experimenter, and the frequency of the low vibration discomfort,
および振動の加速度の範囲を設定することにした。 And we decided to set the range of the acceleration of the vibration. ここで、図10は、上述の振動付与実験の結果を示す。 Here, FIG. 10 shows the results of vibration application experiments described above. 同図に示す実験結果から、周波数が300をHz越える、または加速度が2Gを越えると、振動が強く使用者に不快感を与えると考えられる。 From the experimental results shown in the figure, frequency exceeds Hz to 300, or when the acceleration exceeds 2G, considered offensive to vibration strong user. このような実験結果および上述した文献から、本出願人は、不快感を与えずに、より確実に振動を伝達できる振動として、周波数が100〜 From such experimental results and the above-mentioned document, the applicant is not discomfort, as the vibration can be transmitted more reliably vibrate, 100 frequency
300Hz、加速度が0.2〜2Gの範囲内に納まるような振動を生じさせることにした。 300 Hz, acceleration is to produce a vibration as fall within the scope of 0.2 to 2 g.

【0031】上述したように設定した範囲内に振動の周波数および加速度を納めるため、図2に示す電圧変換機22は、以下のように電圧変換比を設定し、振動モータ21への印加電圧を制御している。 [0031] To fit the frequency and acceleration of the vibration within the range set as described above, the voltage converter 22 shown in FIG. 2 sets the voltage conversion ratio as follows, the voltage applied to the vibration motor 21 and it is controlled. 本実施形態では、電源20は残存容量の低下に伴って徐々に出力電圧が低下する電源(初期電圧4V、終端電圧1.4V)であり、 In this embodiment, power supply 20 is a power supply that gradually the output voltage decreases with a decrease in the remaining capacity (initial voltage 4V, termination voltage 1.4V),
振動モータ21は、図11に示すように、駆動電圧と振動周波数の関係を有しているものとする。 Vibration motor 21, as shown in FIG. 11, it is assumed that a relationship between the driving voltage and the oscillation frequency. 図11に示されるように、振動モータ21の振動周波数を100〜3 As shown in FIG. 11, the vibration frequency of the vibration motor 21 100-3
00Hzの範囲内に納めるためには、1.4〜2.2V In order to fit within the range of 00Hz is, 1.4~2.2V
の範囲内で駆動電圧を印加すればよいことがわかる。 It can be seen that within the scope of may be applied to driving voltage. また、振動の加速度と周波数との関係は、図12に示すように比例関係にあることが知られている。 Also, the relationship between acceleration and frequency of the vibration, it is known that a proportional relation as shown in FIG. 12. また、このときの振動モータ21に取り付けられる偏心おもりの重量によって、その比例定数が変わることが知られている。 Moreover, the weight of the eccentric weight attached to the vibration motor 21 at this time, it is known that the proportional constant is changed.
従って、偏心おもりの重量が大きく、周波数が大きいほど、加速度は大きくなり、偏心おもりの重量が小さく、 Therefore, large mass of the eccentric weight is, the larger the frequency, the acceleration is increased, the weight of the eccentric weight is small,
周波数が小さいほど、加速度は小さくなる。 As the frequency is small, the acceleration is reduced. 本実施形態では、このような関係を考慮して、予め振動モータ21 In the present embodiment, in consideration of such a relationship, pre-vibration motor 21
の回転周波数を100〜300Hzにした時に、この振動に伴って振動する胴1の下面6(図1参照)の振動加速度が0.2〜2Gに納まるような重量の偏心おもり、 Of the rotation frequency when the 100 to 300 Hz, the weight of the eccentric weight, such as vibration acceleration falls 0.2~2G of the lower surface 6 of the cylinder 1 to vibrate with the vibration (see FIG. 1),
例えば図13に示すような周波数と加速度の関係となるような重量の偏心おもりを取り付けるようにしている。 For example, to attach the mass of the eccentric weight such that relationship between the frequency and the acceleration as shown in FIG. 13.
このようにすれば、振動モータ21の回転周波数を10 In this way, the rotational frequency of the vibration motor 21 10
0〜300Hzの範囲に納まるように制御すれば、それに伴って下面6に生じる振動の加速度も0.2〜2Gの範囲に納まることになる(下面6に生じる振動周波数は、振動モータ21の振動周波数と同一、つまり100 By controlling to fit a range of 0~300Hz, vibration frequency acceleration also caused to Become (lower surface 6 to fit a range of 0.2~2G of vibration occurring in the lower surface 6 with it, the vibration of the vibration motor 21 same as the frequency, in other words 100
〜300Hzの範囲内にある)。 Within the scope of the ~300Hz).

【0032】従って、本実施形態において、電圧変換機22は、振動モータ21の振動周波数が100〜300 [0032] Thus, in the present embodiment, the voltage converter 22, the vibration frequency of the vibration motor 21 100-300
Hzの範囲内に納まるように電圧変換比を設定して電圧を印加すればよいことがわかる。 Set the voltage conversion ratio as fall within the scope of Hz it can be seen that the voltage may be applied to. ここで、上述したレジスタ26には、回転周波数が300Hzに相当する比較値が記憶されており、デジタルコンパレータ24において、この比較値と回転周波数検出回路23からの出力値、つまり検出された回転周波数の値とが比較される。 Here, the register 26 as described above, the comparison value rotational frequency corresponds to 300Hz and is stored in a digital comparator 24, the output value from the comparison value and the rotational frequency detecting circuit 23, i.e. the detected rotation frequency and the values ​​are compared.
そして、回転周波数検出回路23からの出力値がレジスタ26に記憶された比較値よりも大きい場合にはHレベルの信号を生成し、比較値よりも小さい場合にはLレベルの信号を生成して電圧変換機22に出力している。 Then, when the output value from the rotation frequency detection circuit 23 is greater than the comparison value stored in the register 26 generates a H level signal, is smaller than the comparison value generates an L-level signal and it outputs the voltage converter 22. 一方、レジスタ27には回転周波数が100Hzに相当する比較値が記憶されており、デジタルコンパレータ25 On the other hand, the register 27 are stored in the comparison value rotational frequency corresponds to 100 Hz, the digital comparator 25
において、この比較値と回転周波数検出回路23からの出力値が比較される。 In, the output value from the comparison value and the rotational frequency detecting circuit 23 is compared. そして、回転周波数検出回路23 The rotation frequency detection circuit 23
からの出力値がレジスタ27に記憶された比較値よりも小さい場合には、Lレベルの信号を生成し、比較値よりも大きい場合には、Hレベルの信号を生成する。 If the output value is smaller than the comparison value stored in the register 27 from generates a L level signal, it is greater than the comparison value, generates a H level signal.

【0033】このようにしてデジタルコンパレータ2 The digital comparator 2 in this way
4,25によって生成される信号に基づいて、電圧変換機22は、電圧変換比を設定している。 4, 25 based on a signal generated by the voltage converter 22 is set to voltage conversion ratio. 具体的には、電圧変換機22は、デジタルコンパレータ24から入力される信号がHレベルの場合、つまり振動モータ21の回転周波数が300Hzを越えている場合には、電圧変換比を低くし、一方、デジタルコンパレータ25から入力される信号がLレベルの場合、つまり振動モータ21の回転周波数が100Hz未満の場合には、電圧変換比を高くするようになっている。 Specifically, the voltage converter 22, if the signal supplied from the digital comparator 24 is at H level, that is, if the rotational frequency of the vibration motor 21 exceeds the 300Hz is to reduce the voltage conversion ratio, whereas , the signal input from the digital comparator 25 is at L level, that is, if the rotational frequency of the vibration motor 21 is less than 100Hz is adapted to increase the voltage conversion ratio. 従って、電源20の電源電圧が変化した場合にも、振動モータ21の回転周波数を検出し、この検出結果に基づいて、振動モータ21の回転周波数が100〜300Hzの範囲内になるように振動モータ21への印加電圧を制御することができる。 Therefore, even when the power supply voltage of the power source 20 is changed, to detect the rotational frequency of the vibration motor 21, on the basis of the detection result, the vibration such that the rotational frequency of the vibration motor 21 falls within the range of 100~300Hz motor it is possible to control the voltage applied to 21.

【0034】このように、本実施形態に係る振動アラーム装置5では、振動モータ21の回転周波数を直接検出して制御することにより、振動モータ21の製造上のばらつき、モータの特性の経年変化、および電源20のインピーダンス変化等により、図11に示した特性が変化した場合にも、常に100〜300Hzの範囲内に納まるように回転周波数を制御することができる。 [0034] Thus, the vibration alarm device 5 according to this embodiment, by controlling by detecting the rotational frequency of the vibration motor 21 directly, manufacturing variations of the vibration motor 21, the aging characteristics of the motor, and by the impedance change of the power source 20, even when the characteristics shown in FIG. 11 has changed, it is possible to always control the rotational frequency to fit within the 100 to 300 Hz. すなわち、電源20の電源電圧が変化したり、モータの特性等が変化した場合にも、腕時計を装着した際に使用者の腕との接触部である下面6(図1参照)を上述した周波数および加速度の範囲内で振動させることができる。 That is, the power supply voltage or changes in the power supply 20, if the characteristics of the motor or the like is changed also, the above-described frequency to the lower surface 6 (see FIG. 1) is a contact portion of the arm of the user when wearing the watch and it can be vibrated in the range of acceleration. 従って、常に不快感を与えず、より確実に使用者に報知できる振動を発生させることができる。 Therefore, always without discomfort, it is possible to generate a vibration that can be notified more reliably user.

【0035】B. [0035] B. 第2実施形態 次に、本発明の第2実施形態に係る振動アラーム装置について図14を用いて説明する。 Second Embodiment Next, a vibration alarm device according to a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 14. 同図に示すように、上述した第1実施形態においては、振動モータ21の整流子とブラシとの接続が切り換わる時に生じる電流の変化により、回転周波数検出回路23が回転周波数を検出するようにしていたが、第2実施形態に係る振動アラーム装置では、整流子とブラシとが切り換わる時に生じる漏れ磁束の変化をコイル(磁気検出手段)71が検出し、 As shown in the figure, in the first embodiment described above, the change in current which occurs when the switched connection between the commutator and brush of the vibration motor 21, so the rotational frequency detecting circuit 23 detects the rotation frequency which was, but the vibration alarm device according to the second embodiment, a coil (magnetic detection unit) a change in leakage flux generated when the commutator and the brushes is switched 71 detects,
この検出結果に基づいて回転周波数検出回路23が振動モータ21の回転周波数を検出している。 Rotation frequency detection circuit 23 detects the rotation frequency of the vibration motor 21 on the basis of the detection result. このように回転周波数検出回路23の検出した回転周波数に基づいて、上述した周波数および加速度の範囲内に納まる振動を生じるような電圧変換を電圧変換機22が行う点は、 Thus based on the detected rotation frequency of the rotation frequency detection circuit 23, the voltage conversion point where the voltage converter 22 performs as occurs vibrations falling within a range of frequencies and accelerations as described above,
第1実施形態と同様である。 Is the same as in the first embodiment.

【0036】ここで、図15は、上述した漏れ磁束から振動モータ21の回転周波数を検出する回路例であり、 [0036] FIG. 15 is a circuit example of detecting the rotation frequency of the vibration motor 21 from leaking magnetic flux as described above,
ここでは、第2実施形態に係る振動アラーム装置が内蔵される時計(図1参照)の運針機構を駆動するステッピングモータのコイルを磁束漏れ検出コイルとして兼用することを可能とする回路を示す。 Here, a circuit making it possible to alternate the coil of the stepping motor for driving the hand movement mechanism of timepiece vibration alarm device according to the second embodiment is incorporated (see FIG. 1) as the magnetic flux leakage sensing coil. なお、このように運針(秒針を有する)駆動用のステッピングモータのコイルを振動モータの検出に利用する場合、運針用の駆動パルスを1秒間隔で出力する必要があるため、振動モータ2 Since in this manner the pointer movement when using the coil of the stepping motor for driving (with a second hand) for the detection of the vibration motor, it is necessary to output a driving pulse for hand movement at intervals of one second, the vibration motor 2
1の駆動は、この運針用の駆動パルス間で行われる、つまり間欠駆動されるようになっている。 1 driving is performed between the driving pulses for the hand movement, i.e. is adapted to be intermittently driven. ここでは、振動モータ21は、1HzのDUTY50%、即ち0.5秒ずつオンとオフが繰り返されるものとする。 Here, the vibration motor 21, DUTY 50% of 1 Hz, i.e. it is assumed that on and off is repeated by 0.5 seconds.

【0037】図15に示すように、ステッピングモータ用コイル71は、PchMOSFET72,73およびNchMOSFET74,75により駆動されている。 As shown in FIG. 15, the stepping motor coil 71 is driven by PchMOSFET72,73 and NchMOSFET74,75.
ここで、ステッピングモータ用コイル71の駆動タイミング信号は、タイミング生成回路77により生成され、 Here, the driving timing signal of the stepping motor coil 71 is generated by the timing generating circuit 77,
PchMOSFET72,73およびNchMOSFE PchMOSFET72,73 and NchMOSFE
T74,75に供給される。 It is supplied to the T74,75. ここで、図16は、これらの信号のタイミングチャートを示す。 Here, FIG. 16 shows a timing chart of these signals. 同図に示すように、まず、aパルス区間において、PchMOSFET As shown in the figure, first, in a pulse section, PchMOSFET
72の制御信号701はとNchMOSFET75の制御信号704がそれぞれオン電位となり、ステッピングモータ用コイル71に電流が供給され、ステッピングモータ用コイル71が駆動される。 Control signal 704 of control signal 701 dove NchMOSFET75 72 is respectively ON potential, current is supplied to the stepping motor coil 71, coil 71 is driven stepping motor. そこから1秒後に、b From there after one second, b
パルス区間において、PchMOSFET73の制御信号702とNchMOSFET74の制御信号703がオン電位となり、同様にステッピングモータ用コイル7 In the pulse interval, the control signal 703 of control signal 702 and NchMOSFET74 of PchMOSFET73 becomes ON potential, similarly stepping motor coil 7
1が駆動される。 1 is driven. 通常の運針は、このように交互にaパルス、bパルスと出力され、駆動される。 Normal hand movement is, a pulse thus alternately outputted and b pulse driven. 一方、振動モータ21には、タイミング生成回路77から駆動信号7 On the other hand, the vibration motor 21, the drive signal from the timing generating circuit 77 7
05が供給されており、上述したように1HzのDUT 05 are supplied, DUT of 1Hz, as described above
Y50%の信号が供給される。 Y50% of the signal is supplied. 図においては、c区間が振動モータ21の駆動期間に相当し、運針パルスa,b In FIG, c interval corresponds to the driving period of the vibration motor 21, movement pulse a, b
を避けるように出力されている。 Is output to avoid. このcパルスに合わせて信号701がオン電位となり、ステッピングモータ用コイル71の片側が接地される。 Signal 701 to reflect this c pulse is turned ON potential, one side of the stepping motor coil 71 is grounded. この状態で上述したブラシノイズ(漏れ磁束)が発生すると、磁気誘導によりステッピングモータ用コイル71の片端にて誘導電位を検出することが可能となる。 When the brush noise described above in this state (leakage flux) is generated, it is possible to detect an induced potential at one end of the stepping motor coil 71 by magnetic induction. 以後、所定の電位をもった電圧コンパレータ76によりブラシノイズが検出される。 Thereafter, the brush noise is detected by a voltage comparator 76 having a predetermined potential. この検出結果が回転周波数検出回路23に出力され、上述した第1実施形態と同様に振動モータ21の回転周波数の検出を行うことができる。 The detection result is output to the rotational frequency detecting circuit 23, it is possible to detect the rotational frequency of the first embodiment similarly to the vibration motor 21 described above.

【0038】なお、第2実施形態では、運針駆動用のステッピングモータ用コイル71をブラシノイズ検出コイルと兼用するようにしていたが、運針駆動用ステッピングモータのコイル以外にも、電磁誘導を利用して充電する充電コイルをブラシノイズ検出用のコイルと兼用するようにしてもよいし、昇圧コイルをブラシノイズ検出用コイルと兼用するようにしてもよい。 [0038] In the second embodiment, the stepping motor coil 71 for driving the hand movement had to be shared with the brush noise detection coils, in addition to the coil of the stepping motor for driving the hand movement, using electromagnetic induction the charging coil for charging Te may be shared with coil brush noise detection, the booster coil may be shared with the brush noise detecting coil. このようにブラシノイズ検出用のコイルを他のコイルと兼用するようにすれば、装置の構成が簡易となり、スペースの制限が多い小型機器などにおける回転周波数検出に好適である。 Thus the coil brush noise detection so as to alternate with the other coils, the structure of the apparatus becomes simple, it is suitable to the rotation frequency detection in such small devices limit many space. また、上述した各種のコイルとブラシノイズ検出用コイルを兼用せず、ブラシノイズ検出用のコイルを個別に設けるようにしてもよい。 Moreover, not shared with various coils and brushes for noise detection coil described above, the coil of the brush noise detection may be provided separately.

【0039】C. [0039] C. 第3実施形態 次に、本発明の第3実施形態に係る振動アラーム装置について図17を用いて説明する。 Third Embodiment Next, a vibration alarm device according to a third embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 17. 同図に示すように、第3実施形態に係る振動アラーム装置は、第1実施形態に係る振動アラーム装置5の回転周波数検出回路23の代わりに、電源電圧検出回路170を備えた構成となっている。 As shown in the figure, the vibration alarm device according to the third embodiment, in place of the rotation frequency detection circuit 23 of the vibration alarm device 5 according to the first embodiment, in a configuration including a power supply voltage detection circuit 170 there.

【0040】上述したように電源20は、残存容量の低下に伴って徐々に出力電圧が低下する電源(初期電圧4 The power supply 20 as described above, power is gradually output voltage decreases with a decrease in the remaining capacity (initial voltage 4
V、終端電圧1.4V)であり、電源電圧検出回路17 V, a terminal voltage 1.4V), power supply voltage detection circuit 17
0はこのように変化する電源電圧を検出する。 0 detects a power supply voltage changes as this. このように検出された実際の電源電圧がデジタルコンパレータ2 Thus detected actual supply voltage digital comparator 2
4,25においてレジスタ26,27に設定された比較値と比較される。 It is compared with the comparison value set in the register 26 and 27 at 4, 25. ここで、レジスタ26には電圧2.2 Here, the voltage in the register 26 2.2
Vに相当する値が設定されており、レジスタ27には電圧1.4Vに相当する値が設定されている。 Value equivalent to V are set, the value corresponding to the voltage 1.4V is set in the register 27. これにより、電源電圧検出回路170により検出された電源電圧が2.2Vを越えている、または1.4V未満であることが検出され、その検出結果が電圧変換機22に出力される。 Thus, the power supply voltage detected by supply voltage detecting circuit 170 detects that exceeds the 2.2V, or less than 1.4V, and the detection result is output to the voltage converter 22. そして、この検出結果に基づいて、電圧変換機2 Then, based on the detection result, the voltage converter 2
2が電圧変換を行って振動モータ21に印加される電圧を制御している。 2 is controlling voltage applied to the vibration motor 21 by performing voltage conversion. 具体的には、電源電圧検出回路170 Specifically, the power supply voltage detection circuit 170
により検出された電圧が2.2Vよりも大きい場合には、電圧変換比を小さくし、電源電圧検出回路170により検出された電圧が1.4Vよりも小さい場合には、 If when the voltage detected is greater than 2.2V is to reduce the voltage conversion ratio, a voltage detected by supply voltage detecting circuit 170 is smaller than 1.4V by,
電圧変換比を高くし、1.4〜2.2Vの範囲内で振動モータ21に電圧が印加されるようにしている。 It increases the voltage conversion ratio, so that a voltage is applied to the vibration motor 21 in the range of 1.4~2.2V.

【0041】ここで、振動モータ21は、図11に示すような周波数と印加電圧との関係を有するモータであり、同図に示されるように振動モータ21に1.4〜 [0041] Here, the vibration motor 21 is a motor having a relationship between the frequency and the applied voltage as shown in FIG. 11, 1.4 to vibration motor 21 as shown in FIG.
2.2Vの範囲内の電圧を印加すれば、第1実施形態と同様に不快感を与えることなくより確実な報知を行える振動を生じさせることができる。 By applying a voltage in the range of 2.2V, it is possible to produce a vibration that allows more reliable notification without discomfort as in the first embodiment. 従って、電圧変換機2 Accordingly, the voltage converter 2
2は、1.4〜2.2Vの範囲内の電圧が振動モータ2 2, a voltage within the 1.4~2.2V vibration motor 2
1に印加されるように電圧変換を行い、不快感を与えることなく、より確実に使用者に報知できる振動を生じさせている。 Performs voltage conversion to be applied to 1, without discomfort, and cause vibrations that can be notified more reliably user.

【0042】D. [0042] D. 第4実施形態 次に、本発明の第4実施形態に係る振動アラーム装置について図18を用いて説明する。 Fourth Embodiment Next, a vibration alarm device according to a fourth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 18. 同図に示すように、第4実施形態に係る振動アラーム装置は、第1実施形態における回転周波数検出回路23の代わりに加速度センサ(振動検出手段)180を備えた構成となっている。 As shown in the figure, the vibration alarm device according to the fourth embodiment has a configuration including an acceleration sensor (vibration detecting means) 180 instead of the rotation frequency detection circuit 23 in the first embodiment.

【0043】加速度センサ180としては、種々の公知の加速度センサが用いられ、この振動アラーム装置が内蔵される時計における胴1の下面6(図1参照)上に配置されている。 [0043] As the acceleration sensor 180, various known acceleration sensor is used, is disposed on the lower surface 6 of the body 1 (see FIG. 1) in the timepiece vibration alarm device is incorporated. これにより、振動モータ21の発生させる振動に伴う下面6の振動の加速度を検出することができるようになっている。 Thus, so that it is possible to detect the acceleration of the vibration of the lower surface 6 due to the vibration generating the vibration motor 21.

【0044】加速度センサ180により検出された下面6の振動の加速度がデジタルコンパレータ24,26においてレジスタ26,27に設定された比較値と比較される。 The acceleration of the vibration of the acceleration sensor 180 lower surface 6 has been detected by is compared with the set comparison value in the register 27 in the digital comparator 24. 例えば、振動モータ21が、図19に示すような周波数と加速度の関係を有するモータである場合、レジスタ26には加速度1.3Gに相当する値が設定され、 For example, the vibration motor 21, when a motor having a relationship between the frequency and the acceleration as shown in FIG. 19, a value corresponding to the acceleration 1.3G is set in the register 26,
レジスタ27には加速度0.4Gに相当する値が設定される。 Value corresponding to the acceleration 0.4G in the register 27 is set. これにより、加速度センサ180により検出された加速度が1.3Gを越えている、または0.4G未満であることが検出され、その検出結果が電圧変換機22 Thus, it is detected that the acceleration detected by the acceleration sensor 180 exceeds the 1.3G, or less than 0.4 G, the detection result voltage converter 22
に出力される。 It is output to. そして、この検出結果に基づいて、電圧変換機22が電圧変換を行って振動モータ21に印加される電圧を制御している。 Then, based on the detection result, and controls the voltage which the voltage converter 22 is applied to the vibration motor 21 by performing voltage conversion.

【0045】ここで、振動モータ21は、図19に示すような特性を有しいてるので、加速度センサ180により検出される加速度が0.4G〜1.3Gの範囲内であれば、その振動周波数も100〜300Hzの範囲内に納まることになる。 [0045] Here, the vibration motor 21, since they have a characteristic as shown in FIG. 19, the acceleration detected by the acceleration sensor 180 is within the range of 0.4G~1.3G, the vibration frequency It will be fit in within the range of 100~300Hz. 従って、電圧変換機22は、加速度センサ180により検出された加速度が1.3Gより大きい場合には、電圧変換比を小さくして振動モータ21 Accordingly, the voltage converter 22, when the acceleration detected by the acceleration sensor 180 is larger than 1.3G, the vibration motor 21 to reduce the voltage conversion ratio
に印加する電圧を小さくする。 The voltage applied to the smaller. 一方、加速度センサ18 On the other hand, the acceleration sensor 18
0により検出された加速度が0.4Gよりも小さい場合には、電圧変換比を大きくして振動モータ21に印可する電圧を大きくする。 When the acceleration detected by the 0 is smaller than 0.4G, the larger the voltage applied to the vibration motor 21 by increasing the voltage conversion ratio. このように電圧変換比を設定することにより、電源20の電源電圧が変化した場合にも、 By thus setting the voltage conversion ratio, even when the power supply voltage of the power source 20 is changed,
振動周波数が100〜300Hzの範囲、かつ振動の加速度が0.4〜1.3G(上述した0.2〜2Gの範囲内)の範囲内の振動を生じさせることができる。 Range of vibration frequencies 100 to 300 Hz, and the acceleration of the vibrations can cause vibrations in the range of 0.4~1.3G (within the 0.2~2G described above). 従って、第4実施形態に係る振動アラーム装置によれば、上述した第1ないし第3実施形態と同様に、不快感を与えることなく、より確実に使用者に報知することができる。 Therefore, according to the vibration alarm device according to the fourth embodiment, similarly to the first to third embodiments described above, without discomfort, it is possible to notify a more reliable user.

【0046】E. [0046] E. 変形例 なお、本発明は、上述した第1ないし第4実施形態に限定されるものではなく、以下のような種々の変形も可能である。 Modification The present invention is not limited to the first to fourth embodiments described above, it is possible variously modified as follows.

【0047】(1)上述した第1ないし第4実施形態においては、振動モータ21に印加する電圧を制御して、 [0047] (1) In the first to fourth embodiments described above, by controlling the voltage applied to the vibration motor 21,
モータの振動周波数等を制御するようにしていたが、これに限らず、モータの振動周波数等を上述した範囲内に制御する方法であればよく、例えば振動モータをチョッパ駆動にしてチョッパDUTYを制御するようにしてもよいし、抵抗を振動モータに直列に挿入して抵抗値を切り換えるようにしてもよい。 Had been to control the oscillation frequency of the motor is not limited thereto, as long the vibration frequency of the motor A method of controlling in the aforementioned range, for example, a vibration motor in the chopper drive control chopper DUTY it may be, may switch the resistance value is inserted in series with a resistor vibration motor.

【0048】(2)また、上述した第1ないし第4実施形態においては、振動アラーム装置が時計に内蔵されている場合について説明したが、本発明に係る振動アラーム装置は、時計以外にも携帯電話などの他の種類の携帯機器に内蔵することもできる。 [0048] The (2), in the first to fourth embodiments described above, the vibration alarm device has been described when it is built into the watch, vibration alarm device according to the present invention, a mobile other than the clock It can also be incorporated into other types of portable devices such as phones.

【0049】 [0049]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
電源電圧が変化した場合にも、振動モータを調整することにより、発生する振動の周波数および加速度を制御し、使用者に不快感を与えることなく、かつ振動をより確実に使用者に報知することができる。 If the power supply voltage is change, by adjusting the vibration motor, controls the frequency and acceleration of the vibration generated, without causing discomfort to the user, and to notify the vibration more securely user can.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の第1実施形態に係る振動アラーム装置を備えた時計の概略構成を示す側断面図である。 1 is a side sectional view showing a schematic configuration of a timepiece having a vibration alarm device according to a first embodiment of the present invention.

【図2】 前記振動アラーム装置の構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing a configuration of the vibration alarm device.

【図3】 前記振動アラーム装置の構成要素である振動モータの構成を説明するための斜視図である。 3 is a perspective view for explaining the structure of the vibrating vibration motor that is a component of an alarm device.

【図4】 前記振動モータの回転原理を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining the rotation principle of the vibrating motor.

【図5】 前記振動モータに生じるブラシノイズについて説明するための図である。 5 is a diagram for explaining a brush noise generated in the vibration motor.

【図6】 前記振動モータに生じるブラシノイズによる電流値の変動を説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a variation of the current value due to brush noise generated in the vibration motor.

【図7】 前記振動アラーム装置の構成要素である回転周波数検出回路を示す回路図である。 7 is a circuit diagram showing a rotation frequency detection circuit is a component of the vibration alarm device.

【図8】 前記回転周波数検出回路によって生成される信号のタイミングチャートである。 8 is a timing chart of signals generated by said rotation frequency detecting circuit.

【図9】 生体の加速度検出器であるPacini小体における振動の周波数と1周期あたり1個の活動電位を誘発させる必要な振動の最小振幅との関係を示すグラフである。 9 is a graph showing the relationship between the minimum amplitude of the frequency and the required vibration to induce one action potentials per cycle of vibration in Pacini corpuscles an acceleration detector of a living body.

【図10】 種々の振動周波数および振動加速度で人体に振動を与えた場合に、その振動に対する人の感じ方を実験した結果を示すグラフである。 When the [10] gave vibration to the human body in a variety of vibration frequency and vibration acceleration is a graph showing the results of experiments how to feel human for the vibration.

【図11】 前記振動モータにおける印加電圧と振動周波数との関係を示すグラフである。 11 is a graph showing the relationship between the applied voltage and the vibration frequency in the vibration motor.

【図12】 偏心おもりを有する振動モータにおける振動周波数と加速度との関係を前記偏心おもりの重量毎に示したグラフである。 12 is a graph showing the relationship between the vibration frequency and the acceleration in the vibration motor having an eccentric weight on each weight of the eccentric weight.

【図13】 前記振動モータにおける振動周波数と加速度との関係を示すグラフである。 13 is a graph showing the relationship between the vibration frequency and the acceleration in the vibration motor.

【図14】 本発明の第2実施形態に係る振動アラーム装置の構成を示すブロック図である。 14 is a block diagram showing a configuration of a vibration alarm device according to a second embodiment of the present invention.

【図15】 第2実施形態に係る振動アラーム装置の構成要素であるコイルを時計運針用のステッピングモータのコイルと兼用した場合の、前記ステッピングモータの駆動回路を示す図である。 [15] in the case where the coil is a component of a vibration alarm device according to the second embodiment also serves as the coil of the stepping motor for a timepiece hand driving is a diagram showing a driving circuit of the stepping motor.

【図16】 前記ステッピングモータ駆動回路により生成される信号のタイミングチャートである。 16 is a timing chart of signals generated by the stepping motor drive circuit.

【図17】 本発明の第3実施形態に係る振動アラーム装置の構成を示すブロック図である。 17 is a block diagram showing a configuration of a vibration alarm device according to a third embodiment of the present invention.

【図18】 本発明の第4実施形態に係る振動アラーム装置の構成を示すブロック図である。 18 is a block diagram showing a configuration of a vibration alarm device according to a fourth embodiment of the present invention.

【図19】 第4実施形態に係る振動アラーム装置の構成要素である振動モータにおける振動周波数と加速度との関係を示すグラフである。 19 is a graph showing the relationship between the vibration frequency and the acceleration in the vibration motor that is a component of a vibration alarm device according to the fourth embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1……胴、3……運針、4……ムーブメント、5……振動アラーム装置、6……下面(振動伝達部材)、7…… 1 ...... cylinder, 3 ...... hand movement, 4 ...... movement, 5 ...... vibration alarm device, 6 ...... lower surface (the vibration transmitting member), 7 ......
バンド部、20……電源、21……振動モータ、22… The band portion, 20 ...... power, 21 ...... vibration motor, 22 ...
…電圧変換機(制御手段)、23……回転周波数検出回路(回転検出手段)、104……整流子、106……ブラシ、107……ブラシ、71……ステッピングモータ用コイル(回転検出手段)、170……電源電圧検出回路、180……加速度センサ(振動検出手段) ... Voltage converter (control means), 23 ...... rotational frequency detecting circuit (rotation detecting means), 104 ...... commutator, 106 ...... brush, 107 ...... brush, 71 ...... stepping motor coil (rotation detection means) , 170 ...... power supply voltage detection circuit, 180 ...... acceleration sensor (vibration detecting means)

Claims (8)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 偏心おもりを有し、振動を発生させる振動モータと、 前記振動モータの発生する振動によって振動する振動伝達部材と、 電源と、 前記電源から前記振動モータに供給する電力を制御する制御手段とを具備しており、 前記制御手段は、前記振動伝達部材に生じる振動の周波数が100〜300Hzとなり、かつ該振動の加速度が0.2〜2G(重力加速度)となるように前記振動モータに供給する電力を制御することを特徴とする振動アラーム装置。 [Claim 1 further comprising an eccentric weight, and controls the vibration motor for generating vibration, and a vibration transmission member which vibrates by vibration generated of the vibration motor, a power supply, the power supplied to the vibration motor from the power supply control means are provided and, wherein, the vibration frequency is 100~300Hz next vibration generated in said vibration transmitting member, and the acceleration of this vibration so that 0.2 to 2 g (gravitational acceleration) vibration alarm apparatus characterized by controlling the power supplied to the motor.
  2. 【請求項2】 前記振動伝達部材は、使用者の体に接する位置に取り付け可能になされていることを特徴とする請求項1に記載の振動アラーム装置。 Wherein said vibration transmission member, the vibration alarm device according to claim 1, characterized in that it is adapted to be attachable to a position in contact with the user's body.
  3. 【請求項3】 前記振動モータの回転状態を検出する回転検出手段をさらに具備し、 前記制御手段は、前記回転検出手段によって検出された前記振動モータの回転状態に基づいて、前記振動モータに供給する電力を制御することを特徴とする請求項1または2に記載の振動アラーム装置。 Wherein further comprising a rotation detecting means for detecting a rotational state of the vibration motor, said control means, based on the rotational state of the vibration motor detected by said rotation detecting means, supplied to the vibration motor vibration alarm device according to claim 1 or 2, characterized by controlling the power to be.
  4. 【請求項4】 前記振動モータは、整流子を有する整流子型モータであり、 前記回転検出手段は、前記整流子の切り換えにより発生する電流の変化を検出する電流検出手段を有しており、 Wherein said vibration motor is a commutator motor having a commutator, the rotation detecting means has a current detecting means for detecting a change in current generated by the switching of the commutator,
    当該電流検出手段の検出結果に基づいて、前記振動モータの回転状態を検出することを特徴とする請求項3に記載の振動アラーム装置。 Based on the detection result of the current detecting means, the vibration alarm according to claim 3, characterized in that for detecting the rotational state of the vibration motor.
  5. 【請求項5】 前記振動モータは、整流子を有する整流子型モータであり、 前記回転検出手段は、前記整流子の切り換えにより発生する磁気を検出する磁気検出手段を有しており、当該磁気検出手段の検出結果に基づいて、前記振動モータの回転状態を検出することを特徴とする請求項3に記載の振動アラーム装置。 Wherein said vibration motor is a commutator motor having a commutator, the rotation detecting means has a magnetic detection means for detecting the magnetism generated by the switching of the commutator, the magnetic based on the detection result of the detecting means, the vibration alarm according to claim 3, characterized in that for detecting the rotational state of the vibration motor.
  6. 【請求項6】 前記振動伝達部材に生じる振動状態を検出する振動検出手段をさらに具備し、 前記制御手段は、前記振動検出手段によって検出された前記振動伝達部材の振動状態に基づいて、前記振動モータに供給する電力を供給することを特徴とする請求項1 Wherein comprising the vibration detecting means for detecting a vibration state generated in the vibration transmitting member further said control means, based on the vibration state of said detected vibration transmission member by said vibration detecting means, the vibration claim and supplying the electric power supplied to the motor 1
    または2に記載の振動アラーム装置。 Or vibration alarm according to 2.
  7. 【請求項7】 請求項1ないし6のいずれかに記載の振動アラーム装置を備えることを特徴とする携帯機器。 7. A portable device characterized in that it comprises a vibration alarm device according to any one of claims 1 to 6.
  8. 【請求項8】 請求項1ないし6のいずれかに記載の振動アラーム装置と、 時刻を表示する計時部と、 前記振動アラーム装置が配置される胴部と、 前記胴部に取り付けられ、使用者の手首に書き付けられるバンド部とを具備することを特徴とする時計。 A vibration alarm device according to any one of claims 8] claims 1 to 6, a timer unit for displaying the time, and the body of the vibration alarm device is arranged, attached to the body portion, the user timepiece characterized by the and a band portion which is memo wrist.
JP11070913A 1999-03-16 1999-03-16 Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece Withdrawn JP2000262972A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11070913A JP2000262972A (en) 1999-03-16 1999-03-16 Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11070913A JP2000262972A (en) 1999-03-16 1999-03-16 Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000262972A true JP2000262972A (en) 2000-09-26

Family

ID=13445239

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11070913A Withdrawn JP2000262972A (en) 1999-03-16 1999-03-16 Vibration alarm device, portable apparatus and timepiece

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000262972A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7253087B2 (en) 2003-05-23 2007-08-07 Seiko Epson Corporation Method of producing thin-film device, electro-optical device, and electronic apparatus
JP2015119488A (en) * 2009-09-30 2015-06-25 アップル インコーポレイテッド Self adapting haptic device
US9299244B2 (en) 2009-09-30 2016-03-29 Apple Inc. Self adapting alert device

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7253087B2 (en) 2003-05-23 2007-08-07 Seiko Epson Corporation Method of producing thin-film device, electro-optical device, and electronic apparatus
JP2015119488A (en) * 2009-09-30 2015-06-25 アップル インコーポレイテッド Self adapting haptic device
US9299244B2 (en) 2009-09-30 2016-03-29 Apple Inc. Self adapting alert device
US9691260B2 (en) 2009-09-30 2017-06-27 Apple Inc. Electronic device with orientation-based alert adjustment
US9984554B2 (en) 2009-09-30 2018-05-29 Apple Inc. Electronic device with orientation-based alert adjustment
US10290202B2 (en) 2009-09-30 2019-05-14 Apple Inc. Self adapting alert device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6963762B2 (en) Mobile phone using tactile icons
US6687537B2 (en) Method and apparatus for skin absorption enhancement and cellulite reduction
US3554199A (en) Heart stimulating device
US9126346B2 (en) Body care device
KR100245379B1 (en) Vibration generating apparatus
US5575809A (en) Electrical stimulator
AU2001290175B2 (en) Apparatus for skin absorption enhancement
US20060015045A1 (en) Method and apparatus for generating a vibrational stimulus
CA1278045C (en) Apparatus and method for generating vital information signals
CN1286249C (en) Vibration alarm device
US20170004685A1 (en) Device for providing alerts via electric stimulation
EP0039206B1 (en) Magnetic treatment device
Shannon A comparison of alternative means of providing sensory feedback on upper limb prostheses
US20020068961A1 (en) Electrical stimulator and method of use
JP4065769B2 (en) Vibration generator
US9564029B2 (en) Haptic notifications
US5436622A (en) Variable frequency vibratory alert method and structure
JP2015531099A (en) Personal wellness management system of
EP0898484B1 (en) Electrotransport drug delivery device having tactile stimulus generator
AU2006214863B2 (en) Standalone system for assisting in a life-saving situation
JP2008503999A (en) Motor for vibrating the body care equipment
CN101977566B (en) electric toothbrush
KR100375657B1 (en) Apparatus and method for eliminating a fat mass in human body
JP2009106725A (en) Method for training user in recognition of user's bodily fluid analyte concentration and concentration trend via user-perceived sensation
US4005703A (en) Vibratory massage therapeutic device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050920

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050927

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20051117