JP2000259359A - Raid device and recording medium - Google Patents

Raid device and recording medium

Info

Publication number
JP2000259359A
JP2000259359A JP5688399A JP5688399A JP2000259359A JP 2000259359 A JP2000259359 A JP 2000259359A JP 5688399 A JP5688399 A JP 5688399A JP 5688399 A JP5688399 A JP 5688399A JP 2000259359 A JP2000259359 A JP 2000259359A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
disk
parity
means
redundant
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5688399A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akira Ito
章 伊藤
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F2211/00Indexing scheme relating to details of data-processing equipment not covered by groups G06F3/00 - G06F13/00
    • G06F2211/10Indexing scheme relating to G06F11/10
    • G06F2211/1002Indexing scheme relating to G06F11/1076
    • G06F2211/1057Parity-multiple bits-RAID6, i.e. RAID 6 implementations

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make a data disk calculate a redundant parity and restore data when a disk fault occurs in a data disk. SOLUTION: A RAID device is provided with redundant means which distributedly preserves data in plural data disks 2a-2c and adds redundant parity disks 3a and 3b to the data, a block division means which block-divides data and parity preservation areas into the arbitrary integer number of blocks in a bit unit, and a RAID controller 4 having a parity calculation means calculating the parity of the parity disk added to the data disk at every group unit of the whole disks by using the extended Galois field GE (2n) of '2' and a data restoration means setting data of the disk where a fault occurs as unknown data when the fault occurs in the arbitrary data disk, generating a simultaneous congruence expression in accordance with a rule decided by the extended Galois field GF (2n) and restoring unknown data from the simultaneous congruence expression.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ディスクの障害によって失われるデータを復元するRAID(Redundant BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, RAID to recover data lost by a failure of the disk (Redundant
Arrays of Inexpensive Disks)装置および記録媒体に関する。 On Arrays of Inexpensive Disks) apparatus and a recording medium.

【0002】 [0002]

【従来の技術】RAID装置は、各種のデータを複数の安価なディスクに分散し保存することにより、高性能ディスクと同等の性能を得る装置である。 BACKGROUND ART RAID device, by dispersing various data into a plurality of inexpensive disks storage, a device for obtaining the same performance as high-performance disk.

【0003】しかし、小型のディスクを多数使用すれば、ディスクの故障が増加し、それだけデータが消失する危険性も高くなるので、単にディスクの数を増やすだけでなく、余分なディスクを用意し、冗長性をもたせることにより、安定性および高性能化を図っている。 [0003] However, using a large number of small disk, a disk failure is increased, since much data is also high risk of loss, not only increasing the number of disks, prepared extra disk, by to have redundancy, thereby achieving stability and performance.

【0004】RAID装置は、データ用ディスクの他に、冗長性をもたせるためのパリティ用ディスクが設けられ、データ用ディスクに障害が発生したとき、冗長性をもったパリティデータを用いて、障害によって失われたデータを復元することが行われている。 [0004] RAID device, in addition to the data disk, the parity disk in order to have redundancy is provided, when the data disk fails, using the parity data having redundancy due to a failure it has been performed to restore the lost data.

【0005】ところで、この種のRAID装置は、ディスクの組み合わせないし負荷分散の観点から、大まかには6つのレベルRAID1〜RAID6に分類され、ディスク障害時のデータの復元化を図っている。 Meanwhile, RAID devices of this type, in view of the combination of the disk to load balancing, broadly classified into six levels RAID1~RAID6, thereby achieving restoration of data in the event of a disk failure.

【0006】RAID1は、ミラーリング(mirrorin [0006] RAID1 is, mirroring (mirrorin
g)とも呼ばれる方式であって、この方式は、データ用ディスクが2つのグループに分けられ、同一のデータを2つのグループデータディスクに保存する二重化データ保存方式である。 A method is also referred to as g), this method, the data disk is divided into two groups, a duplex data storage system for storing the same data into two groups the data disk. データの書込みは両グループ同時に行い、データの読み出しは何れかのデータ用ディスクから行う。 Writing of data is performed both groups at the same time, the data read is carried out from one of the data disks. その結果、一方のグループデータ用ディスクの障害時、別のグループに切替えるだけで消失データを簡単に復元できる。 As a result, failure of one of the group data disk, the lost data by simply switching to another group can be easily restored.

【0007】RAID2は、データを複数のディスクにビット単位で分散記録する一方、コンピュータのメモリで利用されているエラー訂正コード(ECC)を付加し、データ用ディスクの障害により失われたデータについて、エラー訂正コードを用いて復元し信頼性を高める方式である。 [0007] RAID2, while distributing recording data on multiple disks in bits, and adds an error correction code (ECC) which is used in the memory of the computer, the lost data due to a failure of the data disk, it is restored scheme to improve the reliability by using the error correction code.

【0008】RAID3は、ディスクごとに障害を検知する仕組みがあることを前提とし、ECCを使わずにデータをビット単位で複数のディスクに分散させ、パリティ用ディスク1台を追加し、データ用ディスクの障害により失われたデータについて、ビット単位の排他的論理和によって障害データ用ディスク1台を復元する方式である。 [0008] RAID3 presupposes that there is a mechanism for detecting a failure in each disk, is dispersed to a plurality of disks in bit units of data without a ECC, and add the one parity disk, data disk the data lost by the fault, a method for restoring a single disk for fault data by bitwise exclusive.

【0009】RAID4は、ディスクごとに障害を検知する仕組みがあることを前提とし、RAID3がデータをビット単位で分散させたのに対し、データをブロック単位で複数のデータ用ディスクに分散させ、パリティ用ディスク1台を追加し、障害により失われたデータについて、ブロック単位の排他的論理和によって障害データ用ディスク1台を復元する方式である。 [0009] RAID4 presupposes that there is a mechanism for detecting a failure in each disk, whereas RAID3 is dispersed data in units of bits, the data is dispersed into a plurality of data disk in the block, the parity Add a single use disk, the data lost due to a fault, a method for restoring a single disk for fault data by an exclusive OR of the blocks.

【0010】RAID5は、同じくディスクごとに障害を検知する仕組みがあることを前提とし、パリティをブロック単位に全てのディスクに分散保持させ、障害により失われたデータは、ブロック単位の排他的論理和によって障害データ用ディスク1台を復元する方式である。 [0010] RAID5, like assumes that there is a mechanism for detecting a failure in each disk, the parity dispersed held in all of the disk blocks, and the data lost due to a fault, the exclusive OR of the blocks by a method for restoring a single disk for fault data.

【0011】RAID6は、RAID5が障害対策に単一パリティを用いたのに対し、パリティを2次元に拡張したり、Reed−Solomonコードを用いてエラー訂正機能を強化することにより、複数台のデータ用ディスク障害を復元し、信頼性を高める方式である。 [0011] RAID6 is whereas RAID5 is using a single parity fault tolerance, or extended parity to 2D, by enhancing error correction capability by using the Reed-Solomon code, a plurality of data restore the use disk failure, a method to increase reliability.

【0012】 [0012]

【発明が解決しようとする課題】従って、以上のようなRAID装置は、RAID1〜RAID6に分類分けし、それぞれデータ用ディスク障害時のデータ復元を図っているが、各RAIDにはそれぞれ以下のような問題が指摘されている。 [SUMMARY OF THE INVENTION Therefore, more RAID devices, such as may be classified into RAID1~RAID6, although each attempt data recovery during data disk failure, the following each of the respective RAID problems have been pointed out such.

【0013】先ず、RAID1は必要な記憶容量の2倍のディスクを用意する必要があること、また当該RAI [0013] First, RAID1 it is necessary to prepare a double disc of the required storage capacity, also the RAI
D1を含めてECCを使用するRAID2やパリティを2次元的に拡張し設定するRAID6は、データ用ディスクとパリティ用ディスクとの台数比率が各方式ごとに固定となり、自由なデータ用ディスクとパリティ用ディスク台数設定ができないばかりか、一般的にはデータ用ディスクに対してパリティ用ディスクの占める割合が大きくなる問題があり、また少ない量のデータ変更がある場合であっても、多くのパリティを変更しなければならない問題がある。 Including D1 is set to extend the RAID2 and parity of using ECC in two dimensions RAID6 are number ratio between the data disk and the parity disk becomes fixed for each system, disks and parity for free data not only can not the disc number setting, generally there is a problem that the proportion of the parity disk for the data disk is increased, also even if there is data changes small amount, changing the number of parity there is a problem that must be.

【0014】さらに、RAID3〜RAID5は、データ容量を増やすためにデータ用ディスクを追加することがあるが、データ用ディスク追加にも拘わらず、パリティを排他的論理和にて計算する方式のものでは、1台のデータ用ディスク容量分である1つのパリティしか設定できない。 Furthermore, RAID3~RAID5, it is possible to add a data disk in order to increase the data capacity, despite the data disk add, intended method of calculating the parity by exclusive OR , only one of parity is a disk capacity of for one of the data can not be set.

【0015】その結果、データ用ディスクが増えたとき、同時に2台以上のデータ用ディスクの故障が発生する確率が高くなるばかりでなく、同時に2台以上のディスクが故障したとき、データが復元できなくなり、RA [0015] As a result, when the data for the disc is increased, not only increases the probability of failure of two or more of the data for the disk occurs at the same time, when the failure of two or more of the disks at the same time, can restore data no, RA
ID装置の信頼性を損なう問題がある。 There is a problem that impair the reliability of the ID device.

【0016】さらに、データ用ディスクを追加してデータ消失時のデータの復元を図る手段として、複数台単位ごとにグループ化し、各グループごとに1つのパリティを付け、信頼性を高めることが考えられる。 Furthermore, as a means for adding the data disk aim to restore the data at the time of data loss, grouped by multiple units, with one parity for each group, it is conceivable to increase the reliability .

【0017】しかし、このような場合でも、同時に2台以上のデータ用ディスクが故障したとき、グループ内の故障ディスクが1台であれば復元可能であるが、同一グループ内において2台以上のデータ用ディスクに障害が発生したとき、失われたデータを復元できない問題がある。 [0017] However, even in such a case, when two or more data disks fail concurrently, but failed disks in the group can be restored if one, two or more data in the same group when the use disk fails, there is a problem that can not be restored the lost data.

【0018】本発明は上記事情にかんがみてなされたもので、データディスクに冗長するパリティを容易に算出し、また同時に複数台のディスクが故障した場合でも、 [0018] The present invention has been made in view of the above circumstances, the parity redundancy to the data disk and easily calculated, also even when a plurality of disks fail concurrently,
そのディスク内容を復元可能なRAID装置を提供することにある。 And to provide a recoverable RAID device the disk contents.

【0019】また、本発明の他の目的は、用途等に応じて冗長するパリティの個数を容易に変更可能なRAID [0019] Another object of the present invention are readily changeable RAID number of parity redundancy in accordance with the application etc.
装置を提供することにある。 To provide an apparatus.

【0020】さらに、本発明の他の目的は、データ誤りディスクを特定し、そのデータの修復を可能とするRA Furthermore, another object of the present invention is to identify data errors disk, to enable restoration of this data RA
ID装置を提供することにある。 It is to provide an ID device.

【0021】本発明の他の目的は、データディスクに冗長するパリティを算出し、また同時に複数台のディスクに故障が発生した場合でも、そのディスク内容を復元可能なプログラムを記録した記録媒体を提供することにある。 Another object of the present invention, provides a recording medium parity is calculated. Even if a failure in the plurality of disks occur simultaneously, recording the recoverable program the disc content to be redundant data disk It is to.

【0022】 [0022]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明は、複数のデータ用ディスクに複数台のパリティ用ディスクを冗長する冗長手段と、前記データ用ディスクのデータ保存領域およびパリティ用ディスクのパリティ保存領域をビット単位に任意整数にブロック分けするブロック分割手段と、拡大ガロア体GF(2 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION The present invention provides a redundant means and the data storage area and the parity of the data disk for redundancy a plurality of parity disk into a plurality of data disk a block dividing means for blocking divided into any integer parity storage area of use disks bits, expanded Galois field GF (2 n)
(nは整数)を用いて、前記全ディスクの所定ブロックどうしで連なるグループ単位ごとに前記データ用ディスクに付加するパリティ用ディスクのパリティを算出するパリティ算出手段および前記任意のデータ用ディスク障害時、障害発生ディスクのデータを未知データとし、前記拡大ガロア体GF(2 )で定める規則に従って連立合同式を作成し、この連立合同式から前記未知データを復元するデータ復元手段を有するRAID制御装置とを設けたRAID装置である。 (N is an integer) using the time parity parity calculating means and said arbitrary data disk failure calculates the parity disk to be added to the data disk for each group unit continuous in a predetermined block each other for all disk, the data on the failed disk is unknown data, the create simultaneous congruences according to the rules stipulated in the enlarged Galois field GF (2 n), and the RAID controller from the simultaneous congruence with data recovery means for restoring said unknown data it is a RAID device provided with.

【0023】なお、上記構成においては、パリティを特定のディスクに固定したが、グループ単位ごとに任意のディスクにパリティを分散する構成でもよい。 [0023] In the above structure, has been fixed parity to a specific disc, it may be configured to distribute parity on any disk per group basis.

【0024】本発明は、以上のような手段を講じたことにより、複数のデータ用ディスクにデータが格納された後、パリティ算出手段にて、これら格納されたデータに基づき、拡大ガロア体GF(2 )(nは整数)を用いて、正確にパリティを算出しパリティ用ディスクに設定できる。 The invention, by took measures as described above, after the data is stored in a plurality of data disk, at a parity calculation unit, based on these stored data, expanded Galois field GF ( 2 n) (n is using an integer) it can be set to the parity disk to accurately calculate the parity.

【0025】また、データ復元手段においては、データ用ディスク障害時、2の拡大ガロア体GF(2 )で定める規則に従い、正常ディスクデータ,パリティと障害発生ディスクのデータを未知データとして連立合同式を組み立て、この連立合同式から未知データを復元するので、複数台のデータディスクに障害が発生しても、迅速、かつ、確実に障害ディスクのデータを復元できる。 Further, in the data recovery means, when data disk failure, in accordance with rules set by the second expansion Galois field GF (2 n), simultaneous congruence normal disk data, the data parity and the failed disk as unknown data assembly, so to restore the unknown data from the simultaneous congruence, even to a plurality of data disk fails, quick, and can reliably recover the data of the failed disk.

【0026】また、別の発明は、上位機器または自身のハードウエアスイッチからRAID制御装置に対して、 Further, to another invention, RAID controller from the hardware switches host device or itself,
冗長するパリティ算出の任意個数を決定し入力するようにすれば、用途、目的に応じて、冗長するパリティの個数を容易に変更可能であり、信頼性の向上およびユーザの要望に応じて柔軟に対処できる。 If to determine any number of parity calculation to redundant input, application, depending on the purpose, it is possible parity easily change the number of the redundant flexibly in response to increased reliability and user needs It can be addressed.

【0027】さらに、別の発明においては、それぞれ複数のディスクを管理する複数のRAID制御装置を連携させ、これらRAID制御装置管理下の全ディスクの所定ブロックをグループ化し、各グループごとにパリティを設定するようにすれば、パリティ用ディスクの台数を減らすことができ、RAID装置全体として冗長するパリティの低減化およびコストの削減に大きく貢献する。 Furthermore, in another aspect, each by linking a plurality of RAID controller that manages a plurality of discs, grouping predetermined block of all disks managed these RAID controller, sets the parity for each group if so that, it is possible to reduce the number of parity disk, greatly contributes to reduction of the reduction and cost parity redundancy as a whole RAID device.

【0028】さらに、別の発明は、複数個のパリティを算出する場合、2個目以降のパリティについて、既に算出されたパリティをデータの一部とみなしてパリティを計算することにより、この計算結果のデータ誤りから容易に障害ディスクを特定しデータ修復することができる。 Furthermore, another invention, when calculating a plurality of parity, the parity of the second and subsequent, by calculating parity considers parity already computed as part of the data, the calculation result You can easily identify the failed disk data recovery from data errors.

【0029】 [0029]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be explained with reference to the drawings, embodiments of the present invention.

【0030】図1は本発明に係わるRAID装置の一実施の形態を説明する構成図である。 FIG. 1 is a block diagram illustrating an embodiment of a RAID device according to the present invention.

【0031】同図において1は例えば3台のデータ用ディスク2a,2b,2cおよび2台のパリティ用ディスク3a,3bを備えたRAID装置であって、これは伝送ライン5を介して上位コンピュータ6と接続されている。 [0031] A RAID device including 1 for example three data disk 2a, 2b, 2c and two parity disk 3a, and 3b in the figure, the host computer 6 which through a transmission line 5 and it is connected to the.

【0032】このコンピュータ6は、例えばRAID装置1においてデータ処理上必要なプログラムなどを当該RAID装置1にダウンロードしたり、さらには当該R [0032] and downloading computer 6, for example, data processing necessary for the program in the RAID device 1 to the RAID device 1, furthermore the R
AID装置1に必要な指示,命令を与える機能をもっている。 Instructions required for AID device 1 has a function of giving instructions.

【0033】前記RAID装置1は、上述したデータ用ディスク2a,2b,2cおよびパリティ用ディスク3 [0033] The RAID device 1, data disk 2a described above, 2b, 2c and parity disk 3
a,3bの他、RAID制御装置4が設けられている。 a, other 3b, RAID controller 4 is provided.

【0034】前記各ディスク2a〜2c,3a,3b [0034] Each of the disc 2 a to 2 c, 3a, 3b
は、4ビット単位でブロック分割され、かつ、1ディスク当たり6ブロックからなっている。 It is divided into blocks in units of 4 bits, and is made up of six blocks per disk.

【0035】これらディスク2a〜2c,3a,3bの各ブロックのうち、先頭(上位)ブロックどうしの5ブロックd11,d12,d13,p14,p15を1番目グループ、上位から2つ目のブロックどうしの5ブロックd21,d22,d23,p24,p25を2番目グループ、…と順次下位ブロックに対してグループ名が付けられている。 [0035] These disks 2 a to 2 c, 3a, among the blocks of 3b, leading (upper) 5 blocks of the block each other d11, d12, d13, p14, p15 a first group, the second block each other from the upper 5 block d21, d22, d23, p24, p25 the second group, ... group name is given to the sequentially lower block with.

【0036】また、各ディスク2a〜2c,3a,3b [0036] In addition, each disk 2a~2c, 3a, 3b
は4ビット単位で分割されて1ブロックとしているので、各ブロック内のデータは0〜15までの16種類のデータが格納される。 Since has one block is divided by 4 bits, the data in each block is stored 16 kinds of data from 0 to 15.

【0037】前記RAID装置4は、外部から直接読み取り或いはコンピュータ6からダウンロードされたプログラムに従って、次のような手段を実行する。 [0037] The RAID device 4 in accordance with a program downloaded from a read or a computer 6 directly from the outside, to execute the following means.

【0038】すなわち、このRAID装置4は、2の拡大ガロア体GF(2 )を用いて、データ用ディスク2 [0038] That is, the RAID apparatus 4 uses the second expansion Galois field GF (2 n), data disk 2
a〜2cに付加されるパリティ用ディスク3a,3bのブロック単位に保存すべきパリティを算出するパリティ算出手段と、任意のディスク障害時、その障害発生ディスクのデータを未知データ(未知数)として2の拡大ガロア体GF(2 )の規則に従って連立合同式を組み立て、この組み立てられた連立合同式を解くことにより、 Parity disk 3a to be added to A~2c, and parity calculating means for calculating the parity to be stored in a block unit 3b, when any disk failure, the two data of the failed disk as unknown data (unknown) assembling the simultaneous congruence according to the rules of the expanded Galois field GF (2 n), by solving the assembled simultaneous congruence,
障害発生ディスクのデータを復元するデータ復元手段を有するものである。 And it has a data restoring means for restoring the data of the failed disk.

【0039】先ず、 RAID装置4によるパリティの算出例について説明する。 [0039] First, describing calculation example of a parity by the RAID device 4.

【0040】各ディスクは4ビット単位でブロック分割されているので、各ブロックには0〜15までの16種類のデータが格納可能である。 [0040] Each disk is divided into blocks in units of 4 bits, each block can store 16 types of data of 0 to 15.

【0041】そこで、パリティの算出は、16種類のデータを扱える拡大ガロア体GF(extension Galois fi [0041] Therefore, the calculation of parity, 16 kinds of expanded Galois field GF to handle data (extension Galois fi
eld)(2 4 )を用いて計算する。 the eld) calculated using (2 4). この拡大ガロア体は、定義された種類のデータ内で加算(減算)、乗算および除算を行うことができる。 The larger Galois field can perform addition (subtraction), multiplication and division within a defined type of data. 加算(減算)は排他的論理和を用いて計算し、乗算は図2に示す拡大ガロア体GF(2 4 )の乗算結果図を用いて計算する。 Addition (subtraction) is calculated using an exclusive OR, multiplication is calculated using the result of the multiplication view large Galois field GF (2 4) shown in FIG. なお、除算は図2の乗算結果図を逆引きすることにより引用する。 Incidentally, division cited by reverse pulling the multiplication result diagram of Fig.

【0042】この図2の乗算結果を表す図は、GF The diagram represents the result of multiplying the Figure 2, GF
(2)上の4次の規約多項式であるX +X+1を用いてGF(2 )を計算した表である。 Is a table of calculation of GF (2 4) with X 4 + X + 1 is the fourth order terms polynomial over (2).

【0043】次に、簡単な拡大ガロア体の説明および図2の乗算結果を表す図の作成例について説明する。 Next, FIG example of creating representing the multiplication result of description and Figure 2 of the Simple expansion Galois field will be described.

【0044】ガロア体GF(2)は、0と1の2種類が元であり、その間で加減乗除を行うことができる。 The Galois field GF (2) is 0 and 1 of the two types of the original, it is possible to perform addition, subtraction, multiplication, and division between them. これに対し、GF(2 m )では2m個の元があり、その間で自由に加減乗除を行うことができる。 In contrast, there is GF (2 m) in the 2m source, it can be carried out freely add, subtract, multiply, and divide between them. は、2のm乗を表している。 2 m represents the power of two m.

【0045】ところで、拡大ガロア体における4次の乗算について定義する。 [0045] By the way, it is defined for the fourth order of multiplication in the enlarged Galois field.

【0046】GF(2)の体となる0,1の2種類の元において、図2の乗算結果であるGF(2)上の4次の規約多項式 X 4 +X+1=0 の根を考えると、0,1の何れの元を代入しても根が存在しない。 [0046] In GF (2) 2 types of the body 0,1 of the original, considering the fourth-order terms roots of the polynomial X 4 + X + 1 = 0 on GF (2) is a multiplication result of FIG. 2, there are no roots by substituting 0,1 any of the original. そこで、このような規約多項式の根の一つをαと定義し体を拡大してみる。 So, try one of the roots of such Terms polynomial to expand the defined body with α.

【0047】その結果、αは、α +α+1=0を満たすので、 α 4 =α+1 の関係式が得られ、αで表わされる4次以上の関係式は全て4次以下に置換することができる。 [0047] As a result, alpha, because meeting the α 4 + α + 1 = 0 , α 4 = α + 1 relationship can be obtained, 4 or higher order equation represented by alpha may be substituted to all fourth order or less .

【0048】そこで、16種類のデータをαのn次で考えると、以下に示すような関係式で表すことができ、1 [0048] Therefore, considering the 16 kinds of data at the n-th alpha, can be expressed by the equation shown below, 1
5種類の関係式以外には現れない。 5 kind of do not appear in the non-relationship.

【0049】 1 α 2 α 3 α 4 α =α+1 5 α =α +α 6 α =α +α 7 α =α +α =α +α+1 8 α =α +α +α=α +1 9 α =α +α 10 α 10 =α +α =α +α+1 11 α 11 =α +α +α 12 α 12 =α +α +α =α +α +α+1 13 α 13 =α +α +α +α=α +α +1 14 α 14 =α +α +α=α +1 15 α 15 =α +α+1 16 α 16 =α 以上の関係式から、当然αのn次どうしを乗算しても、 [0049] 1 α 2 α 2 3 α 3 4 α 4 = α + 1 5 α 5 = α 2 + α 6 α 6 = α 3 + α 2 7 α 7 = α 4 + α 3 = α 3 + α + 1 8 α 8 = α 4 + α 2 + α = α 2 +1 9 α 9 = α 3 + α 10 α 10 = α 4 + α 2 = α 2 + α + 1 11 α 11 = α 3 + α 2 + α 12 α 12 = α 4 + α 3 + α 2 = α 3 + α 2 + α + 1 from 13 α 13 = α 4 + α 3 + α 2 + α = α 3 + α 2 +1 14 α 14 = α 4 + α 3 + α = α 3 +1 15 α 15 = α 4 + α + 1 16 α 16 = α above relationship, of course alpha It is multiplied by the n next to each other,
15種類の何れかの関係式の中に納まることになる。 It would fit within the 15 types either relational expression. 例えば、 α 7 +α 14 =α 21 =α 6 =α 3 +α 2となり、15種類の中の式α6に納まる。 For example, it fits into α 7 + α 14 = α 21 = α 6 = α 3 + α 2 , and the 15 kinds of the formula α6 in. この関係式からデータの種類「1」〜「15」で一巡するので、α Since a round from this relationship type of data "1" to the "15", α
16 =αとなり、「1」にもどる。 16 = α, and the return to "1".

【0050】ここで、上記する15種類の関係式につき、1〜15に対応させることにより、図2に示す乗算結果図を作成できる。 [0050] Here, every 15 kinds of relations that the, by associating to 15, can create a multiplication result diagram shown in FIG. この図2はαの指数を2進数の桁に対応させて数値化する。 FIG 2 is digitized so as to correspond to the digit index number of binary alpha.

【0051】因みに、上記例におけるαのn次の乗算は、以下のような計算として扱える。 [0051] Incidentally, n following multiplication α in the above example can be treated as the following calculation.

【0052】11×9=12 但し、本文中においては、通常の計算と区別する意味から、 11※9≡12 のような記号で表す。 [0052] 11 × 9 = 12 However, in the text, the distinguishing means the normal calculation, represented by symbols such as 11 ※ 9≡12. なお、図2は、1〜15に加えて0を含め、0〜15の乗算結果を表す図となっている。 Incidentally, FIG. 2, including 0, in addition to 1 to 15, and has a drawing showing the result of the multiplication of 0-15.

【0053】従って、図2は、GF(2)上の4次の規約多項式X +X+1を用いて、GF(2 )による乗算結果であるが、以下に述べる合同式についても、特にことわりがない限り、全てGF(2 )で計算しているものとする。 [0053] Thus, Figure 2, by using the fourth-order terms polynomial X 4 + X + 1 on GF (2), is a multiplication result by GF (2 4), for even congruence described below, especially otherwise unless, it is assumed that all are calculated in GF (2 4).

【0054】そこで、各ディスクd11,d12,d1 [0054] Therefore, each disk d11, d12, d1
3の1番目グループに記録するデータに関し、1つ目のパリティp14の計算は、各データに1の係数を乗算した後に加算することにより求める。 Relates 3 data to be recorded in the first group of calculation of first parity p14 is obtained by adding after it has been multiplied by the first coefficient to each data. 係数を1とするパリティの算出は従来のRAIDにおけるパリティ計算の場合と同じである。 Calculation of parity coefficients and 1 is the same as that of the parity calculation in the conventional RAID. 具体的には、 In particular, となる。 To become. 上式において記号⊥は排他的論理和で計算することを意味し、記号※は図2の乗算結果を用いた乗算を意味し、記号≡は合同を意味する。 Symbol ⊥ In the above equation means calculating exclusive OR, the symbol ※ means a multiplication with multiplication results of FIG. 2, the symbol ≡ means congruence.

【0055】次に、各ディスクd11,d12,d13 Next, each disk d11, d12, d13
の1番目グループに記録するデータに関し、2つ目のパリティp15の計算は各データに任意の異なる係数を乗算し、この乗算により得られる値を加算することにより求める。 It relates to a data to be recorded in the first group of calculation of the second parity p15 multiplies the arbitrary different coefficients to each data obtained by adding the value obtained by this multiplication.

【0056】 2※d11⊥3※d12⊥4※d13≡p15 今、具体例として、例えば各データd11,d12,d [0056] 2 ※ d11⊥3 ※ d12⊥4 ※ d13≡p15 now, as a specific example, for example, each data d11, d12, d
13が次のような値と仮定することにより、パリティを算出し、パリティブロックに設定する。 13 by assuming the following values, parity is calculated and set to the parity block.

【0057】 [0057] 以下、同様にして2番目グループ以降についても同様にパリティを算出し、パリティブロックに設定する。 Hereinafter, the same way to calculate the same manner parity also for the second group will hereinafter be set to the parity block.

【0058】次に、RAID制御装置によるデータ復元処理例について説明する。 Next, a description will be given of the data restoration processing example by the RAID controller.

【0059】今、全てのデータ用ディスク2a〜2cが故障していない場合、またはパリティ用ディスク3a, [0059] Now, if all of the data for the disk 2a~2c not failed or parity disk 3a,,
3bが故障している場合、単にデータ用ディスクのデータを読み出すことにより、記録したデータを知ることができる。 If 3b is faulty, simply by reading the data of the data disk, it is possible to know the recorded data. また、1台のみのデータ用ディスクが故障した場合には、従来のRAID方式と同じ排他的論理和により容易に障害ディスクのデータが分かる。 The data disc only one is in the case of failure is easily understood data failed disk by the same exclusive-ORed with the conventional RAID system.

【0060】そこで、以降,2台同時期にデータ用ディスクが故障した場合のデータ復元例について説明する。 [0060] Therefore, since the data for the disc to two concurrent life a description will be given of a data restoration example in the case of failure.

【0061】今、5台のディスク中2番目と3番目のディスクが同時期に故障し、1番目グループのデータd1 [0061] Now, the five of the second and third of the disk in the disk failure at the same time, of the first group data d1
2,d13が失われたとする。 2, the d13 has been lost. この状態において1番目グループのパリティを含むd11,p14,p15は、 In this state including the parity of the first group d11, p14, p15 is
ディスク2a,3a,3bが故障していないので、データの読み出しは可能である。 Since the disk 2a, 3a, 3b is not faulty, the data read is possible.

【0062】そこで、失われたデータd12,d13を未知データとして合同式の左辺に置き、読み出し可能な正常なデータを右辺に置き、合同式を作成すれば次の2 [0062] Therefore, the data d12, d13 lost placed in the left-hand side of the congruence as unknown data, place the readable normal data to the right-hand side, of the following: if you create a joint formula 2
つの合同式を作成することができる。 One of it is possible to create a congruence.

【0063】 [0063] このようにして得られる2つの合同式に対し、ディスクから正常なデータd11,p14,p15を読み出して式に代入し後、これら2つの連立合同式から未知データd12,d13を求める。 For this way, the two congruences obtained, normal data from the disk d11, p14, p15 reads are later substituted into equation to determine the unknown data d12, d13 from the two simultaneous congruences. この未知データを求める手順は、一般の連立方程式の解法と全く同様の手順で行う。 Procedure for obtaining the unknown data is performed by exactly the same procedure as the solution of the general system of equations.
そこで、各式に式番号( )を付加して説明を進めることとする。 Therefore, it is assumed that the description will be made with reference to adding the formula number () in each equation.

【0064】 d12⊥ d13≡ 4⊥ 5≡1 ……(1) 3※d12⊥4※d13≡ 15⊥2※5≡5 ……(2) ここで、4※(1)式を計算し、下記する(3)式を得る。 [0064] d12⊥ d13≡ 4⊥ 5≡1 ...... (1) 3 ※ d12⊥4 ※ d13≡ 15⊥2 ※ 5≡5 ...... (2) here, to calculate the 4 ※ (1) formula, obtain the following to (3) below.

【0065】 4※d12⊥4※d13≡4※1 4※d12⊥4※d13≡4 ……(3) そこで、(3)式⊥(2)式を計算し、未知データd1 [0065] 4 ※ d12⊥4 ※ d13≡4 ※ 1 4 ※ d12⊥4 ※ d13≡4 ...... (3) Therefore, to calculate the equation (3) ⊥ (2) equation, the unknown data d1
3を消去することにより、(4)式を作成する。 By erasing the 3, to create the expression (4).

【0066】 4※d12⊥3※d12⊥4※d13⊥4※d13≡4⊥5 (4⊥3)※d12⊥ (4⊥4)※d13≡4⊥5 7※d12⊥ ≡1 ……(4) ここで、図2の乗算結果から、 7※6≡1 となることが分かるので、6※(4)式を計算し、未知データd12の係数を1とすることにより、d12の値を求める。 [0066] 4 ※ d12⊥3 ※ d12⊥4 ※ d13⊥4 ※ d13≡4⊥5 (4⊥3) ※ d12⊥ (4⊥4) ※ d13≡4⊥5 7 ※ d12⊥ ≡1 ...... ( 4) here, the multiplication result of FIG. 2, since it is understood that the 7 ※ 6≡1, calculate the 6 ※ (4) equation, by one of the coefficients of unknown data d12, the value of d12 Ask.

【0067】 6※7※d12≡6※1 d12≡6 ……(5) さらに、前記(5)式を(1)式或いは(2)式に設定して同様に未知データd13を求める。 [0067] 6 ※ 7 ※ d12≡6 ※ 1 d12≡6 ...... (5) Further, the equation (5) to (1) similarly set to type or (2) determine the unknown data d13. ここでの説明は、(2)式に(5)式を代入する方法により下記する(6)式を作成し、未知データd13を求める。 Here the description of the (2) (5) by a method of substituting the formulas to create a described below (6) to the equation to determine the unknown data d13.

【0068】 3※d12⊥4※d13≡ 5 ……(2) 3※6 ⊥4※d13≡ 5 10⊥4※d13≡ 5 4※d13≡ 5⊥10 4※d13≡15 ……(6) ここで、図2に示す乗算結果から、4※13≡1が分かるので、13※(6)式を計算し、未知データd13の係数を1とすることにより、d13の値を求めることができる。 [0068] 3 ※ d12⊥4 ※ d13≡ 5 ...... (2) 3 ※ 6 ⊥4 ※ d13≡ 5 10⊥4 ※ d13≡ 5 4 ※ d13≡ 5⊥10 4 ※ d13≡15 ...... (6) here, the multiplication result shown in FIG. 2, 4 ※ since 13≡1 be seen, 13 ※ (6) equation was calculated, by one of the coefficients of unknown data d13, it is possible to determine the value of d13 .

【0069】 13※4※d13≡13※15 d13≡7 ……(7) 以上のような解法手順を踏むことにより、(5)式、 [0069] By stepping on the 13 ※ 4 ※ d13≡13 ※ 15 d13≡7 ...... (7) or more of such solution procedure, (5),
(7)式によりそれぞれ未知データd12=6、d13 (7) Each unknown data by equation d12 = 6, d13
=7が求まり、始めに設定した仮定値と一致するので、 = 7 Motomari, so to match the assumed value set in the beginning,
未知データが正しく求められていることが分かり、障害ディスクのデータを復元されたことが分かる。 See that the unknown data is sought correctly, it can be seen reconstructed data failed disk.

【0070】そこで、以下、前述と同様な手順に従って、2番目以降の全てのグループにおける障害ディスクのデータを復元化する。 [0070] Therefore, in the following, according to a procedure similar to the one previously described, to restore the data of the failed disk in all groups of second and subsequent.

【0071】なお、以上述べた具体例は、冗長するパリティの個数が2個の場合を例に上げたが、例えば冗長するパリティの個数がk個の場合、k個の合同式を組み立てることができるので、k個まで未知データを求めることができるので、k個のデータが消失しても復元することができる。 [0071] The specific example described above, although the number of parity redundancy raised if the two as an example, for example if the number of parity redundancy of k, be assembled of k congruences since it makes it possible to determine the unknown data to the k, it is possible to k data is restored even disappeared.

【0072】さらに、上記実施の形態では、拡大ガロア体GF(2 )のnを4として取り扱ったために、合同式のデータに付加する係数が1〜15までの15個までしか扱えなかったので、最大1グループ内のデータ数は、15以内であった。 [0072] Further, in the above embodiment, in order to dealing with n large Galois field GF (2 n) as 4, since the coefficient to be added to the congruence of the data can not only handle up to 15 up to 15 , the maximum number of data in one group, was 15 within. しかし、nをより大きな値とすることにより、より大きな値の係数まで扱うことができ、非常に大きなデータ数を扱うことができる。 However, by the n and higher values, more can handle up to a greater barrier parameter, can handle very large number of data.

【0073】さらに、RAID制御装置4としては、ハードウエアにより構成することもできる。 [0073] Further, the RAID controller 4 may be configured by hardware. すなわち、拡大ガロア体GF(2 )を用いて前述する要領によりデータ用ディスクの各グループごとに付加するパリティデータを算出する論理回路要素(ハードウエア)からなるパリティ算出手段と、任意のディスク障害時、その障害発生ディスクのデータを未知数として拡大ガロア体GF In other words, the parity calculation unit consisting of logic circuitry (hardware) for calculating the parity data to be added to each group of data disk by way of the foregoing using the extended Galois field GF (2 n), any disk failure time, expanding the Galois field GF the data of the failed disk as unknowns
(2 )の規則に従って連立合同式を組み立て、この組み立てられた連立合同式を解くことにより、障害発生ディスクのデータを復元する論理回路要素(ハードウエア)からなるデータ復元手段とにより構成すれば、パリティ算出およびデータ復元の計算を高速度で行うことができる。 Rule assembled simultaneous congruences according to (2 n), by solving the assembled simultaneous congruence, it is constituted by a data restoring means consisting of a logic circuitry (hardware) to recover the data of the failed disk , it is possible to calculate the parity calculation and data recovery at high speed.

【0074】(その他の実施の形態) (1) 図1に示す実施の形態では、データを記録するデータ用ディスクとは別に特定のパリティ用ディスクを設けた構成としたが、図3に示すように例えば5台のディスク7a〜7eをそれぞれ6ブロックに分割し、各ディスク7a〜7eの上位ブロックを1番目グループ、次のブロックを2番目グループ、以下,順次下位のブロックに対してグループ名を付けていく。 [0074] In the embodiment shown in (Other Embodiments) (1) FIG. 1, a configuration provided separately certain parity disk and the data disk for recording data, as shown in FIG. 3 divided into for example the five disk 7 a to 7 e respectively 6 blocks, the first group upper block of each disk 7 a to 7 e, 2-th group the next block, hereinafter, the group name for sequential lower block go with. その他の構成は図1と同様であるので省略する この実施の形態において特に異なるところは、5台のディスク7a〜7eの各グループごとにそれぞれ任意の2 Other configurations are particularly different from in this embodiment is omitted because it is similar to FIG. 1, the each optionally for each group of five disks 7 a to 7 e 2
つのブロックをパリティブロックとして設定することにある。 One of is to set the block as the parity block.

【0075】因みに、図3に示すディスク7a〜7eの1番目グループではディスク7d,7eのブロックにパリティp14,p15を設定し、2番目グループではディスク7c,7dのブロックにパリティp24,p25 [0075] Incidentally, setting the parity p14, p15 into blocks of disk 7d, 7e in the first group of disks 7a~7e shown in FIG. 3, the disk 7c is in the second group, the parity p24 to block 7d, p25
を設定する。 To set. その他のグループでも同様にパリティを設定する。 In other groups to set up in the same manner as in parity.

【0076】その結果、1番目グループのデータd11 [0076] As a result, of the first group data d11
の一部書き換えたとき、それに伴ってパリティp14, When you rewrite part of, parity p14 along with it,
p15を変更する必要がある。 It is necessary to change the p15. 以下、2番目以降グループのデータの一部を変更した場合でも、同様にパリティを変更することになる。 Hereinafter, even when by changing a part of the data of the second and subsequent groups, it will change the same parity.

【0077】しかし、各グループごとに個別に異なるディスクにパリティを設定する構成とすれば、次のようなメリットがある。 [0077] However, with the configuration to set the parity to different disks individually for each group, there are the following advantages. 一般に、データの一部を変更した場合、幾つかのグループに対してまとめてパリティを変更しなければならない場合が多いが、各グループのパリティの格納位置が図3に示すごとく異なるディスクに格納する構成となっていれば、通常,パリティ書き換えのためにディスク要求が集中してディスク要求待ちとなるが、本実施の形態ではディスク要求が集中することがなくなり、ディスク要求待ちを解消できるメリットがある。 In general, if you change the portion of the data, but often must be changed parity together for some groups, the storage position of the parity of each group stored in different disk as shown in FIG. 3 if a structure, usually a disk required for parity rewriting is disk request waiting to concentrate, in the present embodiment prevents the disk requests are concentrated, there is a merit of eliminating the disk request wait .

【0078】(2) 次に、本発明に係わる記録媒体の発明について説明する。 [0078] (2) will be described next invention of the recording medium according to the present invention.

【0079】図4は記録媒体をもったRAID装置の全体構成を示す図である。 [0079] FIG. 4 is a diagram illustrating an overall configuration of a RAID device having a recording medium.

【0080】このRAID装置は、キーボード,マウスなどの入力装置11と、表示装置12と、後記するパリティ算出用およびデータ復元用プログラムを記録する記録媒体13と、この記録媒体13に記録されるパリティ算出用プログラムおよびデータ復元用プログラムの何れかを読み出して所定の機能を実現するCPUで構成されたデータ処理部14と、プログラムデータ,処理途中データ、処理結果のデータその他プログラム処理上必要なデータを一時記憶するデータバッファ15と、データ処理部14から導出されるバスラインに接続される複数のディスク16 〜16nとによって構成されている。 [0080] Parity The RAID system, a keyboard, an input device 11 such as a mouse, a display device 12, a recording medium 13 for recording a parity calculation and data restoring program to be described later, to be recorded on the recording medium 13 reading one of the calculation programs and data restoring program a data processing unit 14 including a CPU for realizing predetermined functions, program data, intermediate processing data, processing results of the data other program processing data required a data buffer 15 for temporarily storing, is constituted by a plurality of disks 16 1 ~16n connected to the bus line that is derived from the data processing unit 14.

【0081】なお、記録媒体としては、一般的には磁気ディスクが用いられるが、それ以外にも例えば磁気テープ、CD−ROM、DVD−ROM、フロッピーディスク、MO、CD−R、メモリカードなどを用いてもよい。 [0081] The recording medium, but in general the magnetic disk is used, even for example, magnetic tape otherwise, CD-ROM, DVD-ROM, a floppy disk, MO, CD-R, such as a memory card it may be used.

【0082】前記データ処理部14は、パリティ算出およびデータ復元に際し、次のような機能を実現する。 [0082] The data processing unit 14, upon the parity calculation and data recovery, realizes the following functions.

【0083】先ず、パリティ算出処理にあっては、各データ用ディスクのグループ内データを順次読み出すデータ読み出し機能と、当該グループ内の各ブロックのデータに対し、拡大ガロア体GF(2 )に従って所定の係数を乗算するとともに、これら乗算値を加算するパリティ取得機能と、このパリティ取得機能によって取得したパリティを該当グループ内の該当ブロックに設定するパリティ設定機能と、上記一連の機能を、パリティ格納用ブロックおよび全グループについて繰り返し実行する機能とを実現するものである。 [0083] First, a predetermined In the parity calculation process, a data reading function for sequentially reading out data within a group of the data disk for the data of each block in the group, according expanded Galois field GF (2 n) with multiplying coefficients, the parity obtaining function for adding these multiplied values, and parity setting function of setting the parity obtained by the parity acquisition function to the corresponding blocks in the corresponding group, the set of features for parity storage and it realizes a function of repeatedly executing the block and all groups.

【0084】一方、データ復元処理にあっては、ディスク故障時に正常なデータ用およびパリティ用ディスクのデータおよびパリティを読み出すデータ読み出し機能と、これら読み出したデータおよびパリティを用いてディスク故障台数に応じた連立合同式を作成し未知データを求めるデータ復元機能と、これら一連の機能についてデータ用ディスクのブロックおよび全グループについて繰り返してデータを復元する機能とを実現するものである。 [0084] On the other hand, in the data restoration process, the data reading function of reading data and parity normal data and parity disk during disk failure, according to the disk failure number using these read data and parity a data recovery function of finding an unknown data to create the simultaneous congruence, and realizes a function to recover data is repeated for block and all groups of data for the disk for these set of features.

【0085】次に、記録媒体13に記録されたプログラムの処理例について、パリティ算出処理およびデータ復元処理を参照して説明する。 Next, a processing example of a recording medium 13 program will be described with reference to the parity calculation process and the data recovery processing.

【0086】(a) パリティ算出処理例について(図5参照)。 [0086] (a) for the parity calculation process example (see FIG. 5).

【0087】データ処理部14は、データディスクの各グループまたは全グループの各ブロックにデータを格納した後、例えば入力装置11からパリティ算出の指示を入力すると、記録媒体13からパリティ算出用プログラムを読み出し、以下のような処理を実行する。 [0087] The data processing unit 14, after storing the data in each block of each group or all groups of data disks, for example, inputs an instruction parity calculated from the input device 11, reads out the parity calculation program from the recording medium 13 , it executes the following processing.

【0088】すなわち、データ処理部14は、データバッファ15などの不要データを消去する初期化処理を行った後、データバッファ15内カウンタメモリにディスクの1番目グループに相当するデータ「i=1」をセットする。 [0088] That is, the data processing unit 14, after the initialization process of erasing the unnecessary data, such as data buffer 15, the data "i = 1" corresponding to the first group of disks in the data buffer 15 counter memory to set. しかる後、各データ用ディスクの1番目グループに属する各ブロックのデータ読み出してデータバッファ15に記憶する(S1〜S3,データ読み出し機能)。 Thereafter, stored in the data buffer 15 reads data of each block belonging to the first group of the data disk (S1 to S3, the data read function).

【0089】さらに、データ処理部14は、拡大ガロア体GF(2 )に従い、読み出した1番目グループ内の各データに予め定める係数を乗算し、各データごとの乗算値データを求める。 [0089] Further, the data processing unit 14 in accordance with expansion Galois field GF (2 n), multiplied by a coefficient predetermined for each data in the first group read, obtains the multiplication value data for each data. そして、これら各乗算値を加算することによりパリティを求める(S4,S5,パリティ取得機能)。 Then, a parity by adding the respective multiplied values ​​(S4, S5, parity acquisition function).

【0090】以上のようにしてパリティを求めたならば、パリティディスクの予め定める1つのブロックに設定する(S6,パリティ設定機能)。 [0090] Once determined parity as described above, is set in advance define a block of the parity disk (S6, the parity setting function).

【0091】しかる後、1番目グループ内の全パリティブロックへのパリティ設定完了かを判断し、未完了の場合にはステップS3に戻って同様の処理を実行する。 [0091] Thereafter, it is determined whether the parity setting completion to all the parity blocks in the first group, in the case of incomplete executes the same processing returns to step S3. 一方、1番目グループ内のパリティ設定完了の場合には、 On the other hand, if the parity setting completion in the first group,
全グループへのパリティ設定完了かを判断し(S8)、 To determine completion parity setting to all groups (S8),
未だ完了していない場合にはカウンタメモリに+1をインクリメントし(S9)、ステップS3に戻り、同様の処理を繰り返し実行する。 It incremented +1 counter memory if not completed (S9), the flow returns to step S3, and the same procedure is repeated.

【0092】(b) データ復元処理例について(図6 [0092] (b) the data restoration processing example (FIG. 6
参照)。 reference).

【0093】データ処理部14は、入力装置11からのデータ復元指示またはディスク故障時に自動的に立ち上がって記録媒体13からデータ復元用プログラムを読み取り、次のような処理を実行する。 [0093] The data processing section 14 reads the data recovery instruction or data restoring program from automatically get up recording medium 13 when disk failure from the input device 11, executes the following processing.

【0094】すなわち、データ処理部14は、データバッファ15などの不要データを消去する初期化処理を行った後、データディスク故障を確認した後、データバッファ15内カウンタメモリにディスクの1番目グループに相当するデータ「i=1」をセットする。 [0094] That is, the data processing unit 14, after the initialization process of erasing the unnecessary data, such as data buffer 15, after checking the data disk failure, in the data buffer 15 counter memory to the first group of disks to set the data "i = 1" equivalent. しかる後、 Thereafter,
各データ用ディスクの1番目グループに属する各ブロックのデータ読み出してデータバッファ15に記憶する(S11〜S14,データ読み出し機能)。 Read data of each block belonging to the first group of the data disk is stored in the data buffer 15 (S11 to S14, data read function).

【0095】しかる後、データ処理部14は、失われたデータを未知データと正常なデータとを用いて、拡大ガロア体GF(2 )の規則に従い、未知データを左辺に置き、正常なデータを右辺に置き、データディスク故障台数に応じた連立合同式を作成し、この連立合同式を解くことにより未知データを求め、データバッファ15に格納する(S15、データ復元機能)。 [0095] Thereafter, the data processing unit 14, the lost data using the unknown data and normal data, in accordance with the rules of expanded Galois field GF (2 n), place the unknown data to the left, normal data It was placed on the right side, to create a simultaneous congruences in accordance with the data disk failure number, determine the unknown data by solving the simultaneous congruence, and stores the data in the data buffer 15 (S15, data restoration function).

【0096】さらに、1番目グループ内の故障データディスクのデータ全部復元かを判断し(S16)、当該グループの故障データ全部復元でないとき、既に求めた未知データを連立合同式に代入し、他の未知データを求める(S15,S16)。 [0096] Further, it is determined whether restoration failure data disk data all within the first group (S16), if not, failure data whole recovery of the group, and assigns the unknown data already calculated in the simultaneous congruence, other obtaining unknown data (S15, S16).

【0097】さらに、ステップS16において当該グループ内故障データを全部復元したと判断したとき、全グループデータ復元完了かを判断し(S17)、未グループがあれば、カウンタメモリに+1をインクリメントした後(S18)、ステップS12に戻り、同様の処理を繰り返し実行し、全部の消失データを復元する。 [0097] Further, when it is determined that restores all the groups in the fault data in step S16, it is determined whether all the group data recovery complete (S17), if there is not yet a group, after incrementing the +1 counter memory ( S18), the process returns to step S12, and repeatedly executes the same processing to restore all the lost data.

【0098】従って、以上のような実施の形態によれば、データ処理部14は、記録媒体13に記録される図5のパリティ算出用プログラム、図6に示すデータ復元用プログラムを読み取って実行すれば、各ディスクにデータを格納後に容易、かつ、自動的にパリティを算出して設定でき、また複数台のデータディスクの故障時に失われたデータを迅速に復元させることができる。 [0098] Therefore, according to the above-described embodiment, the data processing unit 14, FIG. 5 parity calculation program to be recorded on the recording medium 13, by executing read the data restoring program shown in FIG. 6 if, easily after storing the data on each disk, and automatically parity can be calculated and configure, and data lost during the failure of the plurality of data disks can be quickly restored.

【0099】なお、図4に示す記録媒体13のプログラムはアプリケーションソフトとして考えているが、OS [0099] Note that the program of the recording medium 13 shown in FIG. 4 is considered as application software, OS
の一部として使用してもよい。 It may be used as part of the. この場合には、記録媒体13に記録されるプログラムはデータ処理部14または上位コンピュータ6により読み出し可能とするものである。 In this case, the program recorded in the recording medium 13 is to be read out by the data processing unit 14 or the host computer 6.

【0100】(3) さらに、上記実施の形態では、冗長するパリティ算出の個数は各グループごとに2つのブロックと固定されていたが、この冗長するパリティ算出の個数をソフトウエアまたはハードウエア的に決定してもよい。 [0100] (3) Further, in the above embodiment, the number of the parity calculation for redundant had been fixed with two blocks in each group, the number of the parity calculation for the redundant software or hardware manner it may be determined.

【0101】図7はかかる実施の形態例を示す構成図である。 [0102] FIG. 7 is a block diagram showing an embodiment of such an.

【0102】このRAIDシステムは、伝送ライン20 [0102] The RAID system, the transmission line 20
上にコンピュータを含むコントローラ21およびRAI Controller 21 and RAI includes a computer on
D装置22が接続されている。 D device 22 is connected.

【0103】このコンピュータを含むコントローラ21 [0103] controller 21 including this computer
は、データ処理上必要なプログラムをRAID装置22 Is, RAID device on a data processing necessary program 22
にダウンロードしたり、当該RAID装置22に必要な指示,命令を与える機能をもっている。 Have or downloading, necessary instructions to the RAID device 22, a function to give instructions to.

【0104】前記RAID装置22は、図1や図3と同様なデータ配列構成をもつパリティを格納する複数のディスク23 〜23nと、プログラム処理開始,プログラム処理上必要な指示、さらには設定情報を入力するキーボードその他一般的に使用されている入力機器を含むハードウエアスイッチ24と、拡大ガロア体GF [0104] The RAID device 22, FIG. 1 and a plurality of disks 23 1 ~23N for storing parity with similar data array configuration as FIG. 3, the program processing start, program processing necessary for instruction, and further the setting information a hardware switch 24 including an input device being used keyboard or other commonly for inputting, expanded Galois field GF
(2 (2 )を用いて前述する要領によりデータ用ディスクの各グループごとに付加するパリティデータを算出するソフトウエア的またはハードウエア的に構成されるパリティ算出手段および任意のディスク障害時、その障害発生ディスクのデータを未知数として拡大ガロア体GF By way of above with reference to n) time software or hardware configured parity calculating unit and any disk failure calculates the parity data to be added to each group of data disk, the failed disk expansion Galois field GF data as unknowns
(2 )の規則に従って連立合同式を組み立て、この組み立てられた連立合同式を解くことにより、障害発生ディスクのデータを復元するソフトウエア的またはハードウエア的に構成されるデータ復元手段をもつRAID制御装置25とが設けられている。 Rule assembled simultaneous congruences according to (2 n), by solving the assembled simultaneous congruence, RAID with software or hardware configured data restoring means for restoring the data of the failed disk and a control unit 25 is provided.

【0105】ところで、以上のようなシステムにおいて、オペレータがコンピュータを含むコントローラ21 [0105] In the above-described system, the controller 21 the operator include a computer
側から冗長するパリティ算出の個数を入力し、RAID Enter the number of parity calculation to be redundant from the side, RAID
装置22にダウンロードするか、或いはオペレータがR Or downloaded to device 22, or the operator R
AID装置22側のハードウエアスイッチ24からスイッチ操作によって冗長するパリティ算出の個数を入力する。 Enter the number of the parity calculation for redundancy by switching operation from the hardware switch 24 of the AID device 22 side.

【0106】RAID制御装置25は、これら各グループごと或いは全グループに対して入力されたパリティ算出個数に従ってパリティを算出する。 [0106] RAID controller 25 calculates the parity according to the parity calculated number entered for each of these groups each or all groups.

【0107】従って、以上のような実施の形態によれば、オペレータがコントローラ21またはハードウエアスイッチ24から冗長するパリティ算出の個数を入力するようにすれば、用途、目的に応じて自在に冗長するパリティの個数を容易に変更でき、信頼性の向上および柔軟性を確保できる。 [0107] Therefore, according to the above-described embodiment, the operator if to enter the number of the parity calculation for redundant from the controller 21 or a hardware switch 24, applications, freely redundant in accordance with the intended the number of parity can easily be changed, it can be ensured to improve the reliability and flexibility.

【0108】(4) 前述する実施の形態は、1台のR [0108] (4) embodiments to be described above, one R
AID制御装置6,25が複数のディスク(2a〜2 AID controller 6,25 plurality of disks (2A~2
c,3a,3b)、(7a〜7e)または(23 〜2 c, 3a, 3b), ( 7a~7e) or (23 21 to
3n)を管理し、パリティ算出および失われたデータの復元化を実施する構成としたが、例えば図8に示すように複数のRAID制御装置25a,25b,25cがそれぞれ個別にディスクを管理する場合、例えばRAID If 3n) to manage, but the parity calculation and lost restored of data it was configured to implement, manage, for example, a plurality of RAID controller 25a as shown in FIG. 8, 25b, 25c are each disk separately , for example, a RAID
制御装置25aがディスク23a1,23a2、RAI Controller 25a disk 23a1, 23a2, RAI
D制御装置25bがディスク23b1〜23b3、RA D controller 25b is a disk 23b1~23b3, RA
ID制御装置25cがディスク23c1〜23c3を管理するような構成のものがある。 ID control unit 25c is having a structure such as managing disk 23C1~23c3.

【0109】このようなRAID装置22においては、 [0109] In such a RAID device 22,
複数のRAID制御装置25a〜25c相互にデータ授受可能に連携させ、これらRAID制御装置25a〜2 25a~25c mutual multiple RAID control device is data exchange possible cooperation, these RAID controller 25a~2
5c管理下のディスク23a1,23a2,23b1〜 5c under the management of the disk 23a1,23a2,23b1~
23b3,23c1〜23c3全体について、上位ブロックから順次ブロック26化し、これらグループ単位でデータdの書込みおよび読み出しの他、冗長するパリティpの算出やディスク故障により失われたデータの復元化処理を行うものである。 23b3,23c1~23c3 for the entire, sequential block 26 turned into the upper block, other writing and reading data d in these group unit, performs restoration processing of data lost by the calculation or disk failure parity p for redundant it is.

【0110】なお、パリティの算出およびデータの復元化は前述した通りである。 [0110] Incidentally, restoration of calculation and data parity is as described above.

【0111】このような実施の形態によれば、各RAI [0111] According to this embodiment, each RAI
D制御装置ごとに必ずしも冗長するパリティのために1 1 for parity necessarily redundant every D controller
台分以上のパリティディスクを設置しなければならない制限がなくなり、RAID装置全体として冗長するパリティを低減化できる。 There is no restriction that must be installed base component more parity disk, reducing the parity redundancy as a whole RAID device.

【0112】(5) 図1に示すRAID装置においては、各ディスクのデータ例えばd11,d12,d13 [0112] (5) In the RAID system shown in FIG. 1, data for example d11 of each disc, d12, d13
を用いて、それぞれパリティp14,p15を個別に算出したが、例えば以下のような手段によりパリティを算出することにより、障害ディスク位置を把握し、データを修復するようにしてもよい。 Using, it was respectively calculated parity p14, p15 individually, by calculating the parity by means such as, for example, below, to grasp the failed disk position, may be repair data.

【0113】具体的には、パリティp14,p15の算出するに際し、パリティp14を算出した後、パリティp15の算出に当たっては既に算出済みのパリティp1 [0113] Specifically, the parity p14, upon calculating the p15, after calculating the parity p14, parity already calculated already are in calculating parity p15 p1
4もデータの一部とみなして各データに異なる係数をかけて以下のように算出する。 4 even over a part with regards to different coefficients to each data of the data is calculated as follows.

【0114】 d11⊥ d12⊥ d13 ≡p14 d11⊥ d12⊥ d13⊥ p14≡0 ……(8) 2※d11⊥3※d12⊥4※d13⊥5※p14≡p15 ……(9) ここで、d11,d12,d13,p14,p15の何れか1つの情報に誤りe1が発生したとすると、p15 [0114] d11⊥ d12⊥ d13 ≡p14 d11⊥ d12⊥ d13⊥ p14≡0 ...... (8) 2 ※ d11⊥3 ※ d12⊥4 ※ d13⊥5 ※ p14≡p15 ...... (9) here, d11 , the d12, d13, p14, error e1 to any one of information of p15 is to have occurred, p15
に誤りが発生した場合を除き、前記(8)式の右辺に誤りe1が検出される。 Errors unless they occur, the error e1 is detected on the right side of the equation (8) to.

【0115】さらに、前記(9)式においてパリティを計算すると、p15を除いて各データの係数に応じた誤りが検出されるので、データの係数を計算することによりd11,d12,d13,p14の何れかのディスクに誤りが発生している可能性があることを特定できる。 [0115] Further, when calculating the parities in the equation (9), the error corresponding to the coefficients of the data except the p15 is detected by calculating the coefficient data d11, d12, d13, p14 of You can identify that there is a possibility that an error has occurred in any of the disks.

【0116】今、例えば各データd11,d12,d1 [0116] Now, for example, each data d11, d12, d1
3,p14が以下の値のとき、データd13に誤りe1 3, when p14 is of the following values, error e1 to the data d13
が発生したと想定して計算してみる。 There will be calculated on the assumption that have occurred.

【0117】d11≡11 d12≡12 d13≡13 e1 ≡ 8 mは各データに付けた異なる係数値とする。 [0117] d11≡11 d12≡12 d13≡13 e1 ≡ 8 m is different coefficient values ​​attached to each data.

【0118】パリティp14,p15の算出は、 11⊥ 12⊥ 13 ≡p14≡10 2※11⊥3※12⊥4※13⊥5※10 ≡p15≡ 7 ここで、d13にe1≡8のエラーが発生し、d13の値が13から5に変化したとする。 [0118] parity p14, p15 calculation of, 11⊥ 12⊥ 13 ≡p14≡10 2 ※ 11⊥3 ※ 12⊥4 ※ 13⊥5 ※ 10 ≡p15≡ 7 here, an error of e1≡8 to d13 occurs, the value of d13 changes from 5 to 13.

【0119】 11⊥ 12⊥ 5⊥ 10≡8≡ e1……(10) 2※11⊥3※12⊥4※5⊥5※10≡1≡m※e1⊥p15 5⊥ 7⊥ 7⊥ 4≡1≡m※e1⊥ 7…(11) この(10)式の両辺は、データに誤りが発生しなければ、前記(8)式で設定したように0とならなければならないが、誤りが発生した場合には0とならない。 [0119] 11⊥ 12⊥ 5⊥ 10≡8≡ e1 ...... (10) 2 ※ 11⊥3 ※ 12⊥4 ※ 5⊥5 ※ 10≡1≡m ※ e1⊥p15 5⊥ 7⊥ 7⊥ 4≡ 1≡m ※ e1⊥ 7 ... (11) both sides of this equation (10), if an error occurs in the data, the (8) but must become 0 as set by the formula, an error occurs not if you are 0. 前記(11)式はデータに誤りがなければ、前記(9)式で設定したパリティp15と一致しなければならないが、 If the expression (11) there is no error in data, the (9), but must match the parity p15 set in type,
誤りが発生した場合には各データの係数mに応じたm※ m If an error occurs in response to the coefficient m of each data ※
e1の誤りが含まれた状態で出てくる。 Come out in a state in which the error of e1 has been included.

【0120】前記(10)式および(11)式により、 [0120] by the (10) and (11),
mを計算し特定することにより、どのデータに誤りがあったかを把握でき、さらに障害を起こしたディスクを特定することができる。 By identifying calculates a m, which data can be grasped whether an error can be further specified to the failing disk.

【0121】 8≡ e1 ……(10′) 1≡m※e1⊥ 7 ……(11′) この(10′)式を(11′)式に代入し整理すると、 8※m≡ 7⊥ 1≡ 6 ……(12) となる。 [0121] 8≡ e1 ...... (10 ') 1≡m ※ e1⊥ 7 ...... (11') and this (10 ') equation (11') assignment was to organize the equation, 8 ※ m≡ 7⊥ 1 ≡ the 6 ...... (12). 図2の乗算結果図から、 8※15≡ 1 となるように、(12)式の両辺に係数15を乗算するとともに、このmの係数を1とし、mの値を求める。 From the multiplication result of FIG 2, so that 8 ※ 15≡ 1, as well as multiplied by a coefficient 15 to both sides of (12), the coefficients of the m and 1, obtaining the value of m.

【0122】15※8※m≡15※6 m≡4 となり、d13の係数であることが分かる。 [0122] 15 ※ 8 ※ m≡15 ※ 6 m≡4 next, it can be seen that the coefficient of d13. ここで、さらに検算のために、4※(8)式⊥(9)式を用いて、 Here, for further verification, using 4 ※ (8) formula ⊥ (9) formula,
データd13の要因を排除したところの下記(13)式を作成し検証する。 Create the following equation (13) of was to eliminate the cause of the data d13 to verify.

【0123】 4※d11 ⊥ 4※d12 ⊥ 4※d13 ⊥ 4※p14≡ 0 2※d11 ⊥ 3※d12 ⊥ 4※d13 ⊥ 5※p14≡p15 6※d11 ⊥ 7※d12 ⊥ 1※p14≡p15 ……(13) 6※11 ⊥ 7※12 ⊥ 1※ 10≡7 15 ⊥ 2 ⊥ 10≡7 7≡7 前記(13)式において両辺の値が一致しないとき、始めに想定された1個所の誤りが否定されたこととなり、 [0123] 4 ※ d11 ⊥ 4 ※ d12 ⊥ 4 ※ d13 ⊥ 4 ※ p14≡ 0 2 ※ d11 ⊥ 3 ※ d12 ⊥ 4 ※ d13 ⊥ 5 ※ p14≡p15 6 ※ d11 ⊥ 7 ※ d12 ⊥ 1 ※ p14≡p15 ...... (13) 6 ※ 11 when the value of both sides do not match the ⊥ 7 ※ 12 ⊥ 1 ※ 10≡7 15 ⊥ 2 ⊥ 10≡7 7≡7 the equation (13), the one place which is assumed at the beginning will that an error has been denied,
複数箇所のデータに誤りがあることを判断できる。 It can be determined that there is an error in the data of a plurality of locations. 同様の理由により、d13以外のd11,d12,p14についても、誤り箇所を特定できることが分かる。 For the same reason, d11 other than d13, d12, the p14 also seen to be able to identify the error location.

【0124】また、パリティp15に1個所誤りが発生した場合、前記(13)式で作成されたデータd13の要因を排除した方法で各データそれぞれの要因を排除し、誤りがどのデータの要因を排除しても誤りが一定となる場合には、パリティp15自身に誤りがあると判断でき、一方、異なる誤りが算出された場合には2個所以上に誤りがあると判断できる。 [0124] Also, when one position error in the parity p15 occurs, the (13) to eliminate the cause of each of the data in a way that eliminates the factor of data d13 created by expression, a factor which data error If an error be eliminated becomes constant, the parity p15 itself can be determined that there is an error, whereas, it can be determined that there is an error in more than two locations if the different error is calculated.

【0125】誤り箇所が1箇所に特定できた場合、図1 [0125] If the error location can be identified in one place, as shown in FIG. 1
で説明した手順により容易に誤り箇所のデータを復元できる。 In easily restore data error location according to the procedure described.

【0126】以上のようにして、冗長するパリティの個数が2つの場合、1個所のデータの復元が可能となる。 [0126] As described above, if the number of parity redundancy is two, it is possible to restore one position data.
一般に、冗長するパリティの個数が1つ増える毎にデータに付加されたと考えられる誤り要因を1つずつ排除できるので、 冗長するパリティ個数−1 のデータ訂正が可能なソフトウエアのRAID装置を提供できる。 In general, the number of parity redundancy can eliminate one error factors that are believed to have been added to the data for each increased by one, can provide a data correction capable software RAID device parity number -1 redundantly .

【0127】従って、以上のような実施の形態によれば、ディスクに誤り検出機能がない場合でも容易に利用できる他、かかる誤り検出機能をもつことにより、より信頼性の高い装置を実現できる。 [0127] Therefore, according to the above-described embodiments, other readily available even when there is no error detection in the disc, by having such an error detection function, it is possible to realize a more reliable device.

【0128】その他、本発明は、その要旨を逸脱しない範囲で、種々変形して実施することが可能である。 [0128] In addition, the present invention is within a range that does not depart from the spirit thereof, it can be modified in various ways.

【0129】 [0129]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、拡大ガロア体GF(2 )を用いて、複数のディスクにデータを格納した後に迅速にパリティを算出でき、また同時に複数台のディスクが故障した場合でも、そのディスク内容を容易に復元することができる。 According to the present invention as described in the foregoing, using the extended Galois field GF (2 n), it can be calculated quickly parity after storing the data in a plurality of disks, and simultaneously a plurality of disks There even when the failure, it is possible to easily restore the disc contents.

【0130】また、用途,目的に応じて、冗長するパリティの個数を任意に変更可能であり、信頼性の向上および柔軟性に富んだ装置を実現できる。 [0130] Further, applications, depending on the purpose, can be arbitrarily changing the number of parity redundancy, it can be realized rich improved reliability and flexibility device.

【0131】さらに、複数のRAID制御装置管理下にある各ディスク全体をグループ化し、各グループごとに冗長するパリティを設定するので、必ずしも冗長するパリティのために1台分以上のパリティディスクを設置しなければならない制限がなくなり、RAID装置全体として冗長するパリティを低減化できる。 [0131] Furthermore, by grouping together the disks under multiple RAID controller management, since setting the parity redundancy for each group, necessarily installed parity disks over one minute to the parity redundancy eliminated must limit, can reduce the parity redundancy as a whole RAID device.

【0132】さらに、パリティの算出から障害ディスクを容易に見つけ出し、データの修復を行うことができる。 [0132] Further, easily find the failed disk from the calculation of parity, it is possible to perform data repair.

【0133】さらに、本発明の記録媒体においては、パリティの算出および同時に複数台のディスク故障時にそのディスク内容を正確に復元可能なプログラムを記録した記録媒体を提供できる。 [0133] Further, in the recording medium of the present invention, the calculation and at the same time that disk contents when a plurality of disk failures parity can provide a recording medium which records precisely recoverable program.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明に係わるRAID装置の一実施の形態を示す構成図。 Configuration diagram showing an embodiment of a RAID device according to the invention, FIG.

【図2】 拡大ガロア体GF(2 )による乗算結果を説明する図。 Figure 2 is a diagram illustrating a multiplication result by expanding Galois field GF (2 n).

【図3】 本発明に係わるRAID装置の他の実施の形態を説明するものであって、グループ単位ごとに任意のブロックにパリティを設定する図。 [3] be one for explaining another embodiment of a RAID device according to the present invention, FIG setting the parity any block for each group.

【図4】 本発明に係わる記録媒体を説明するコンピュータシステムの構成図。 Configuration diagram of a computer system illustrating a recording medium according to the present invention; FIG.

【図5】 図4に示す記録媒体に記録されるプログラムの処理例を説明するフローチャート。 Figure 5 is a flowchart for explaining a processing example of a program recorded in the recording medium shown in FIG.

【図6】 図4に示す記録媒体に記録されるプログラムの他の処理例を説明するフローチャート。 Figure 6 is a flowchart for explaining another processing example of a program recorded in the recording medium shown in FIG.

【図7】 本発明に係わるRAID装置の他の実施の形態を示す構成図。 Diagram showing another embodiment of a RAID device according to the present invention; FIG.

【図8】 本発明に係わるRAID装置のさらに他の実施の形態を示す構成図。 Configuration view showing still another embodiment of a RAID device according to the present invention; FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1,22…RAID装置 2a,2b,2c…データ用ディスク 3a,3b…パリティ用ディスク 4,25a,25b,25c…RAID制御装置 6…上位コンピュータ 7a〜7e、161〜16n,23a1,23a2、2 1, 22 ... RAID device 2a, 2b, 2c ... data disk 3a, 3b ... parity disk 4,25a, 25b, 25c ... RAID controller 6 ... host computer 7a~7e, 161~16n, 23a1,23a2,2
3b1〜23b3、23c1〜23c3…ディスク 13…記録媒体 21…コンピュータを含むコントローラ 22…記録媒体 26…グループ 3B1~23b3,23c1~23c3 ... controller 22 ... recording medium 26 ... group comprising disc 13 ... recording medium 21 ... Computer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) G11B 19/04 501 G11B 19/04 501G 501D 20/18 570 20/18 570Z ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) G11B 19/04 501 G11B 19/04 501G 501D 20/18 570 20/18 570Z

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 データを複数のデータ用ディスクに分散保存するRAID装置において、 前記複数のデータ用ディスクに複数台のパリティ用ディスクを冗長する冗長手段と、 前記データ用ディスクのデータ保存領域およびパリティ用ディスクのパリティ保存領域をビット単位に任意整数にブロック分けするブロック分割手段と、 拡大ガロア体GF(2 )(nは整数)を用いて、前記全ディスクの所定ブロックどうしで連なるグループ単位ごとに前記データ用ディスクに付加するパリティ用ディスクのパリティを算出するパリティ算出手段および前記任意のデータ用ディスク障害時、障害発生ディスクのデータを未知データとし、前記拡大ガロア体GF(2 1. A RAID device to distribute store data in a plurality of data disk, a redundant means for redundancy a plurality of parity disk to the plurality of data disk, the data storage area and the parity of the data disk using a block dividing means for blocking divided into any integer parity storage area of use disks bits, expanded Galois field GF a (2 n) (n is an integer), each group unit continuous in a predetermined block each other in the entire disc wherein when parity calculating means, and the arbitrary data disk failure calculates the parity of the parity disk to be added to the data disk, and the data of the failed disk and the unknown data, the larger Galois field GF a (2 n)
    で定める規則に従って連立合同式を作成し、この連立合同式から前記未知データを復元するデータ復元手段を有するRAID制御装置とを備えたことを特徴とするRA Create a simultaneous congruences according to the rules stipulated in, characterized in that a RAID controller having a data restoring means for restoring the unknown data from the simultaneous congruence RA
    ID装置。 ID device.
  2. 【請求項2】 請求項1に記載するRAID装置において、 前記パリティを特定のディスクに固定せずに、前記グループ単位ごとに任意のディスクに分散するパリティ分散手段を設けたことを特徴とするRAID装置。 2. A RAID device according to claim 1, RAID, characterized in that said parity without fixing a specific disk, provided with parity dispersion means for dispersing any disk per the group unit apparatus.
  3. 【請求項3】 複数のデータ用ディスクのデータを冗長するパリティを算出するパリティ算出用プログラムを記録する記録媒体であって、コンピュータに、 各データ用ディスクのグループ単位ごとのデータを読み出すデータ読み出し機能と、このグループ単位ごとのデータに対し、拡大ガロア体GF(2 )に従って所定の係数を乗算するとともに、これら乗算値を加算してパリティを算出するパリティ算出機能と、このパリティ算出機能によって算出されるパリティを該当グループ内の所定のブロックに設定するパリティ設定機能と、上記一連の機能を、全グループについて繰り返し実行する機能とを実現させるためにパリティ算出用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 3. A recording medium for recording parity calculation program for calculating the parity redundancy data of a plurality of data disk, data reading function of reading data for each to the computer, each group of the data disk When calculated on the data in each the group unit, as well as multiplied by a predetermined coefficient according expanded Galois field GF (2 n), a parity calculation function for calculating the parity by adding these multiplied values, this parity calculation function and parity setting function of setting the parity to be in a predetermined block in the corresponding group, the set of functions, computer-readable recording the parity calculation program for realizing a function of repeatedly executed for all the groups recorded media.
  4. 【請求項4】 データ用ディスク障害時にデータを復元するデータ復元用プログラムを記録する記録媒体であって、コンピュータに、 ディスク故障時に正常なデータ用ディスクのデータおよびパリティ用ディスクのパリティを読み出すデータ読み出し機能と、これら読み出したデータおよびパリティを用いて、拡大ガロア体GF(2 )の規則に基づいてディスク故障台数に応じた連立合同式を作成し未知データを求めるデータ復元機能と、これら一連の機能について全グループについて繰り返してデータを復元する機能とを実現させるためにデータ復元用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 4. A recording medium for recording data restoring program for restoring data when data disk failure, the computer, the data read out to read the parity of the normal data disk data and parity disk during disk failure features and uses these read data and parity, and data recovery function for obtaining the unknown data to create a simultaneous congruences corresponding to disk failure number based on the rules of the expanded Galois field GF (2 n), the series computer readable recording medium recording a data restoring program in order to realize a function to recover data is repeated for all groups for function.
  5. 【請求項5】 請求項1または請求項2に記載するRA Wherein RA to claim 1 or claim 2
    ID装置において、 上位機器または自身のハードウエアスイッチから前記R In ID device, the R from the hardware switches host device or its
    AID制御装置に対して、冗長するパリティ算出の任意個数を決定し入力する手段を設けたことを特徴とするR Against AID controller, characterized in that a means for inputting to determine any number of parity calculation for redundant R
    AID装置。 AID apparatus.
  6. 【請求項6】 請求項1,請求項2および請求項5の何れか1つに記載のRAID装置において、 それぞれ複数のディスクを管理する複数のRAID制御装置を連携させ、これらRAID制御装置管理下の全ディスクの所定ブロックをグループ化し、各グループごとにパリティを設定する手段を設けたことを特徴とするR 6. The method of claim 1, in the RAID device according to any one of claims 2 and 5, respectively by linking multiple RAID controller that manages a plurality of discs, these RAID controller managed R where the grouping predetermined block of all disks, characterized in that a means for setting the parity for each group
    AID装置。 AID apparatus.
  7. 【請求項7】 請求項1,請求項2,請求項5および請求項6の何れか1つに記載のRAID装置において、 複数個のパリティを算出する場合、2個目以降のパリティについて、既に算出されたパリティをデータの一部とみなしてパリティを計算し、この計算結果のデータ誤りから障害ディスクを特定し、データを修復する手段を設けたことを特徴とするRAID装置。 7. The method of claim 1, claim 2, in RAID apparatus according to any one of claims 5 and 6, when calculating a plurality of parity for the second and subsequent parity, already parity calculated by regarding the calculated parity part of the data, identifies the failed disk from the data error in the calculation result, RAID device being characterized in that a means to repair the data.
JP5688399A 1999-03-04 1999-03-04 Raid device and recording medium Pending JP2000259359A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5688399A JP2000259359A (en) 1999-03-04 1999-03-04 Raid device and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5688399A JP2000259359A (en) 1999-03-04 1999-03-04 Raid device and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000259359A true true JP2000259359A (en) 2000-09-22

Family

ID=13039830

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5688399A Pending JP2000259359A (en) 1999-03-04 1999-03-04 Raid device and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000259359A (en)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006062269A1 (en) * 2004-12-06 2006-06-15 Electronics And Telecommunications Research Institute Data placement method using distributed parity in divided block disk array, and method for controlling block read/write function in divided block distributed parity disk array
KR100701563B1 (en) 2005-03-15 2007-03-30 후지쯔 가부시끼가이샤 Storage control apparatus and method
KR100703016B1 (en) 2004-12-14 2007-04-06 후지쯔 가부시끼가이샤 Storage controller and method for storage control
WO2008027734A1 (en) * 2006-08-31 2008-03-06 Intel Corporation Apparatus and method for generating a galois-field syndrome
JP2008118623A (en) * 2006-09-05 2008-05-22 Thomson Licensing Method for allocating multimedia data to distributed storage device
WO2008079624A1 (en) * 2006-12-19 2008-07-03 Intel Corporation High performance raid-6 system architecture with pattern matching
US7398459B2 (en) 2003-01-20 2008-07-08 Samsung Electronics Co., Ltd. Parity storing method and error block recovering method in external storage subsystem
EP1947771A1 (en) 2007-01-19 2008-07-23 Fujitsu Limited Raid system and galois field product computation method
EP1953920A2 (en) 2007-01-31 2008-08-06 Fujitsu Ltd. Raid system and data recovery apparatus using galois field
US7681111B2 (en) 2003-11-17 2010-03-16 Nec Corporation Disk array device, parity data generating circuit for RAID and Galois field multiplying circuit
US7738657B2 (en) 2006-08-31 2010-06-15 Intel Corporation System and method for multi-precision division
US7797612B2 (en) 2006-12-29 2010-09-14 Intel Corporation Storage accelerator
US8195978B2 (en) 2008-05-16 2012-06-05 Fusion-IO. Inc. Apparatus, system, and method for detecting and replacing failed data storage
US8281227B2 (en) 2009-05-18 2012-10-02 Fusion-10, Inc. Apparatus, system, and method to increase data integrity in a redundant storage system
US8307258B2 (en) 2009-05-18 2012-11-06 Fusion-10, Inc Apparatus, system, and method for reconfiguring an array to operate with less storage elements
JP2013077062A (en) * 2011-09-29 2013-04-25 Nec Corp Disk array device and program for disk array control
US8775733B2 (en) 2011-08-30 2014-07-08 Hitachi, Ltd. Distribution design for fast raid rebuild architecture based on load to limit number of redundant storage devices

Cited By (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7398459B2 (en) 2003-01-20 2008-07-08 Samsung Electronics Co., Ltd. Parity storing method and error block recovering method in external storage subsystem
US7681111B2 (en) 2003-11-17 2010-03-16 Nec Corporation Disk array device, parity data generating circuit for RAID and Galois field multiplying circuit
WO2006062269A1 (en) * 2004-12-06 2006-06-15 Electronics And Telecommunications Research Institute Data placement method using distributed parity in divided block disk array, and method for controlling block read/write function in divided block distributed parity disk array
US7433999B2 (en) 2004-12-14 2008-10-07 Fujitsu Limited Storage controller and method for storage control with non-contiguous stored parities
KR100703016B1 (en) 2004-12-14 2007-04-06 후지쯔 가부시끼가이샤 Storage controller and method for storage control
KR100701563B1 (en) 2005-03-15 2007-03-30 후지쯔 가부시끼가이샤 Storage control apparatus and method
US7809979B2 (en) 2005-03-15 2010-10-05 Fujitsu Limited Storage control apparatus and method
WO2008027734A1 (en) * 2006-08-31 2008-03-06 Intel Corporation Apparatus and method for generating a galois-field syndrome
US7607068B2 (en) 2006-08-31 2009-10-20 Intel Corporation Apparatus and method for generating a Galois-field syndrome
US7738657B2 (en) 2006-08-31 2010-06-15 Intel Corporation System and method for multi-precision division
JP2008118623A (en) * 2006-09-05 2008-05-22 Thomson Licensing Method for allocating multimedia data to distributed storage device
WO2008079624A1 (en) * 2006-12-19 2008-07-03 Intel Corporation High performance raid-6 system architecture with pattern matching
US7664915B2 (en) 2006-12-19 2010-02-16 Intel Corporation High performance raid-6 system architecture with pattern matching
US7797612B2 (en) 2006-12-29 2010-09-14 Intel Corporation Storage accelerator
EP1947771A1 (en) 2007-01-19 2008-07-23 Fujitsu Limited Raid system and galois field product computation method
US8131794B2 (en) 2007-01-19 2012-03-06 Fujitsu Limited RAID system and Galois field product computation method
JP2008186400A (en) * 2007-01-31 2008-08-14 Fujitsu Ltd Raid system and data recovery apparatus using galois field
EP1953920A2 (en) 2007-01-31 2008-08-06 Fujitsu Ltd. Raid system and data recovery apparatus using galois field
US7984361B2 (en) 2007-01-31 2011-07-19 Fujitsu Limited Raid system and data recovery apparatus using galois field
US8195978B2 (en) 2008-05-16 2012-06-05 Fusion-IO. Inc. Apparatus, system, and method for detecting and replacing failed data storage
US8412978B2 (en) 2008-05-16 2013-04-02 Fusion-Io, Inc. Apparatus, system, and method for managing data storage
US8307258B2 (en) 2009-05-18 2012-11-06 Fusion-10, Inc Apparatus, system, and method for reconfiguring an array to operate with less storage elements
US8281227B2 (en) 2009-05-18 2012-10-02 Fusion-10, Inc. Apparatus, system, and method to increase data integrity in a redundant storage system
US9306599B2 (en) 2009-05-18 2016-04-05 Intelligent Intellectual Property Holdings 2 Llc Apparatus, system, and method for reconfiguring an array of storage elements
US8495460B2 (en) 2009-05-18 2013-07-23 Fusion-Io, Inc. Apparatus, system, and method for reconfiguring an array of storage elements
US8738991B2 (en) 2009-05-18 2014-05-27 Fusion-Io, Inc. Apparatus, system, and method for reconfiguring an array of storage elements
US8832528B2 (en) 2009-05-18 2014-09-09 Fusion-Io, Inc. Apparatus, system, and method to increase data integrity in a redundant storage system
US8775733B2 (en) 2011-08-30 2014-07-08 Hitachi, Ltd. Distribution design for fast raid rebuild architecture based on load to limit number of redundant storage devices
US9081738B2 (en) 2011-09-29 2015-07-14 Nec Corporation Disk array device, disk array control method, and recording medium
JP2013077062A (en) * 2011-09-29 2013-04-25 Nec Corp Disk array device and program for disk array control

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5379417A (en) System and method for ensuring write data integrity in a redundant array data storage system
US7328305B2 (en) Dynamic parity distribution technique
Xin et al. Reliability mechanisms for very large storage systems
US5774643A (en) Enhanced raid write hole protection and recovery
US7685171B1 (en) Techniques for performing a restoration operation using device scanning
Blaum et al. EVENODD: An efficient scheme for tolerating double disk failures in RAID architectures
US20060156059A1 (en) Method and apparatus for reconstructing data in object-based storage arrays
US20020035667A1 (en) Apparatus and method for providing very large virtual storage volumes using redundant arrays of disks
Xiang et al. Optimal recovery of single disk failure in RDP code storage systems
US5504858A (en) Method and apparatus for preserving data integrity in a multiple disk raid organized storage system
US5579475A (en) Method and means for encoding and rebuilding the data contents of up to two unavailable DASDS in a DASD array using simple non-recursive diagonal and row parity
US6557123B1 (en) Data redundancy methods and apparatus
US6928578B2 (en) System, method, and computer program for selectable or programmable data consistency checking methodology
Gibson et al. Failure correction techniques for large disk arrays
US7681105B1 (en) Method for lock-free clustered erasure coding and recovery of data across a plurality of data stores in a network
US20100169707A1 (en) Failure handling using overlay objects on a file system using object based storage devices
US20040123032A1 (en) Method for storing integrity metadata in redundant data layouts
US20030196023A1 (en) Data redundancy methods and apparatus
US8370715B2 (en) Error checking addressable blocks in storage
US6851082B1 (en) Concentrated parity technique for handling double failures and enabling storage of more than one parity block per stripe on a storage device of a storage array
US20060123268A1 (en) Method and system for improved buffer utilization for disk array parity updates
US20040024963A1 (en) Method and system for striping data to accommodate integrity metadata
US6742137B1 (en) Object oriented fault tolerance
US20050166083A1 (en) RAID 6 disk array architectures
US5333143A (en) Method and means for b-adjacent coding and rebuilding data from up to two unavailable DASDS in a DASD array

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20040119

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20040119