JP2000251446A - Device and method for recording data - Google Patents

Device and method for recording data

Info

Publication number
JP2000251446A
JP2000251446A JP11053358A JP5335899A JP2000251446A JP 2000251446 A JP2000251446 A JP 2000251446A JP 11053358 A JP11053358 A JP 11053358A JP 5335899 A JP5335899 A JP 5335899A JP 2000251446 A JP2000251446 A JP 2000251446A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
format
recording medium
recording
management
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11053358A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takaaki Tsurukame
崇昭 鶴亀
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP11053358A priority Critical patent/JP2000251446A/en
Publication of JP2000251446A publication Critical patent/JP2000251446A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce a data amount of data space control information in a UDF format of a recording medium. SOLUTION: A CPU 14 of this data recorder writes the data in the recording medium 12 through an interface I/F 18. The CPU 14 detects the number of total unused extents from the data space control information of the recording medium 12 when it writes the data, and calculates the data amount by a bit map format and a table format. The format of the data space control information of the recording medium 12 is the table format, and when the data amount is less than the table format as the calculation result, the format of the data space control information is switched from the table format to the bit map format to be reformed. Thus, the data amount of control information space are reduced, and capacity of data space is secured.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明はデータ記録装置及び方法、特に光ディスクやハードディスクカード、フラッシュメモリカード等、任意の記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データの管理形式に関する。 The present invention is a data recording apparatus and method BACKGROUND OF THE INVENTION, in particular an optical disc or a hard disk card, a flash memory card or the like, for managing the format of the management data indicating the use status in the data space of any of the recording medium.

【0002】 [0002]

【従来技術】従来より、光ディスクなどの記録媒体にデータを記録するフォーマットとしてUDF(Universal Of the Prior Art Conventionally, UDF (Universal as the format for recording data on a recording medium such as an optical disk
Disk Format)規格が採用されている。 Disk Format) standard has been adopted. このUDF規格では、記録媒体の使用状況をビットマット形式かテーブル形式のいずれかのデータで管理している。 This UDF standard, and manages the usage of the recording medium at one of the data bits mat format or table format.

【0003】図5には、UDFフォーマットによる記録媒体の記録空間が模式的に示されている。 [0003] FIG. 5 is a storage space of a recording medium according UDF format is shown schematically. 記録媒体のエリアは大別して管理情報空間100とデータ空間200 Area of ​​the recording medium is roughly the management information space 100 and data space 200
に分割される。 It is divided into. 管理情報空間100は管理データの集合で、データ空間管理情報300を含む。 Management information space 100 is a set of management data includes data space management information 300. このデータ空間管理情報300は、実際のデータが記録されるデータ空間200における使用状況を示すものであり、使用状況の表現方法としてビットマップ形式とテーブル形式の2 The data space management information 300 is indicative of the usage in the data space 200 where the actual data is recorded, the bit map format and the table format as representations of usage 2
種類がある。 There is a kind. 一般に、ビットマップデータは、UDFにおいては空間ビットマップ記述子内のデータ(後述する図6の400a及び400b)として定義され、テーブルデータは未割付空間エントリ内のデータ(後述する図7の500a及び500b)として定義されている。 In general, the bit map data is defined as data in space bitmap descriptor in UDF (400a and 400b in FIG. 6 to be described later), table data 500a and FIG. 7 in which the data (described later unallocation space entry 500b) is defined as. なお、UDFが定義する空間の単位としては、論理セクタ、論理ブロック、エクステントがあり、エクステントは1つ以上の連続する論理ブロックであり、連続する論理ブロックの数に応じてそのサイズが変化する。 As the unit of the spatial the UDF defined, has a logical sector, logical blocks, extents, the extents are logical contiguous blocks of one or more, its size changes in accordance with the number of logical blocks to be contiguous. 論理ブロックは1つの論理セクタであり、固定長である。 Logical block is a logical sectors, a fixed length. また、論理セクタは、1記録媒体当たり例えば2048バイトの固まりであり、固定長である。 The logical sector is a mass of one recording medium per example 2048 bytes, a fixed length.

【0004】図6には、ビットマップ形式によるデータ空間管理情報が模式的に示されている。 [0004] FIG. 6 is a data space management information is shown schematically by the bit map format. データ空間管理情報300は、ヘッダ部400a及びビットマップデータ部400bから構成され、ビットマップデータ部40 Data space management information 300 is composed of a header section 400a and the bit map data unit 400b, the bit map data 40
0bにおける各ビットデータ400cは1論理ブロックに対応し、この論理ブロックが使用中か空きかを示している。 Each bit data 400c in 0b corresponds to one logical block, the logical block indicates whether busy free. 上述したように、論理ブロックは固定長であるため、ビットマップデータ部400bもこの固定長に対応した固定数となる。 As described above, the logic block is for a fixed length, a fixed number of even bit map data unit 400b corresponding to the fixed length. このビットマップ形式によれば、例えば未使用エクステントは、未使用であることを示すビットデータの連続として表現されることになる(図においては、使用論理ブロックは斜線で示されている)。 According to the bitmap format, for example, unused extents of which are thus represented as a series of bit data indicating the unused (in the figure, using the logic blocks are shown by hatching).

【0005】一方、図7にはテーブル形式によるデータ空間管理情報が模式的に示されている。 On the other hand, data space management information is shown schematically by the table format in FIG. データ空間管理情報300は、ヘッダ部500a及びテーブル部500 Data space management information 300 includes a header portion 500a and a table portion 500
bから構成され、テーブル部500bは複数のテーブルデータから構成されている。 Consists b, table section 500b is made up of a plurality of table data. 各テーブルデータは、1つの未使用エクステント、すなわち1つ以上の連続する未使用論理ブロックに対応しており、各テーブルの内容は未使用エクステントのサイズと位置、すなわち連続する未使用論理ブロックのサイズと位置を示している。 Each table data, one unused extents, that corresponds to the unused logical block one or more consecutive, the contents of each table position and size of the unused extent, i.e. the size of the unused logical blocks consecutive It shows the position. エクステント長はエクステントの長さをバイトで指定し、エクステントの位置は論理ブロック番号を指定することで記述する。 Extent length specifies the length of the extent in bytes, the position of the extent described by specifying the logical block number. テーブルは8バイト長あるいは16バイト長である。 Tables are 8 bytes long, or 16 bytes long. そして、新たに連続する未使用論理ブロックが生じた場合には、この連続した未使用ブロックのサイズと位置を示すための新たなテーブルデータが作成される。 When the unused logical blocks consecutive newly occurs, the new table data to indicate the size and position of the contiguous free blocks is created. 従って、テーブル部500bのデータ量は常に変化し、記録媒体への書き込み回数が増大して未使用論理ブロックのサイズと位置が変化するとテーブル部500b Therefore, the data quantity of the table portion 500b is constantly changing, the size and position of the unused logical block number of writes to the recording medium is increased to change the table portion 500b
のデータ量も増大することになる。 So that the amount of data also increases.

【0006】このように、従来においてはデータ空間管理情報の形式としてビットマップ形式とテーブル形式があり、記録媒体をフォーマットする際にシステム側でいずれかの形式を選択し、データ管理を行っていた。 [0006] Thus, in the conventional has bitmap format and table format as the format of the data space management information, select one of the formats in the system side when formatting the recording medium has been performed data management . 例えば、追記型のCD−Rではフォーマット時にテーブル形式を採用してデータを管理し、書き換え可能なCD−R For example, manages data by employing a table format when the write-once CD-R in formats, rewritable CD-R
Wにおいてはビットマップ形式を採用してデータを管理していた。 In the W was managing the data uses a bit map format.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、例えば記録媒体のフォーマット時にテーブル形式を採用した場合、上述したように記録媒体への書き込み回数が増大するほどテーブル部500bのデータ量が増大し、管理情報空間100aのデータ量が増大することになる。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, for example, when employing a table format when the format of the recording medium, the data amount of about table portion 500b number of writes to the recording medium as described above is increased is increased, the management information so that the data amount of space 100a increases. そして、このような管理情報空間100aのデータ量増大は、データを記録する領域であるデータ空間200の容量減少を招く問題があった。 Then, the data amount increases in such management information space 100a has a problem of causing a volume reduction in the data space 200 is an area for recording data.

【0008】本発明は、上記従来技術の有する課題に鑑みなされたものであり、その目的は、管理データ形式を適宜切替え、これにより有限な記録媒体のデータ空間を有効に活用することができるデータ記録装置及び方法を提供することにある。 The present invention has been made in view of the aforesaid problems, and its object is data that can be switched management data format appropriate, thereby to effectively utilize the data space of finite recording medium It is to provide a recording apparatus and method.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、第1の発明は、記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録装置であって、前記記録媒体の未使用エクステント総数を検出する検出手段と、検出された前記未使用エクステント総数に基づき、前記管理データの複数種類の形式のいずれがデータサイズが小さいかを判定する判定手段と、前記判定手段での判定結果に基づき、データサイズの小さい形式に切り替える制御手段とを有することを特徴とする。 To achieve the above object, according to the Invention The first invention is a data recording apparatus for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, wherein detecting means for detecting an unused extents total number of the recording medium, based on the detected the unused extents total was, determining means for determining one of a plurality of types of formats of the management data is smaller data size, the determination based on the determination result of means, and having a control means for switching to a smaller format of the data size. データサイズの小さい形式を選択して切り替えることで、管理データサイズを低減して記録媒体のデータ空間容量を確保することができる。 By switching to select a smaller format of the data size, it is possible to secure the data space capacity of the recording medium by reducing the management data size.

【0010】また、第2の発明は、記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録装置であって、前記記録媒体の管理データ量を検出する検出手段と、検出された前記管理データ量が所定量を超えたか否かを判定する判定手段と、前記判定手段で前記所定量を超えたと判定された場合に、前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える制御手段とを有することを特徴とする。 [0010] The second invention is a data recording apparatus for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, detecting means for detecting the management data of the recording medium , a determination unit configured to determine whether more than a predetermined amount the management data amount detected is, if it is determined to exceed the predetermined amount by said determining means, small format of the management data of the data size format and having a control means for switching the.
この発明によっても、データサイズの小さい形式に切り替えることができ、管理データサイズを最小限に抑えて記録媒体のデータ空間容量を確保できる。 This is also the present invention, it can be switched to a small format of the data size, ensure data space capacity of the recording medium to minimize the management data size.

【0011】また、第3の発明は、第1、第2の発明において、前記制御手段は、前記管理データの形式としてビットマップ形式とテーブル方式を相互に切り替えることを特徴とする。 [0011] A third aspect of the invention, in the first, second invention, the control means may switch the bit map format and table system as a form of the management data with one another. UDFで定義されている2つの方式を固定的に用いるのではなく、管理データのサイズに応じて適応的に切り替えることで、記録媒体のデータ空間容量を確保し、記録媒体を有効活用することができる。 Rather than using a fixed manner two methods defined in the UDF, by adaptively switching it according to the size of the management data, ensure data space capacity of the recording medium, it is possible to effectively utilize the recording medium it can.

【0012】また、第4の発明は、記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録方法であって、前記記録媒体の未使用エクステント総数に基づいて、前記管理データの複数種類の形式のいずれがデータサイズが小さいかを判定する判定ステップと、前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える切替ステップとを有することを特徴とする。 [0012] The fourth invention is a data recording method for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, based on the unused extents total number of the recording medium, the any of a plurality of types of format management data and determination step of determining a small data size, and having a switching step of switching the format of the management data in a small format of the data size.

【0013】また、第5の発明は、記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録方法であって、前記記録媒体の管理データ量が所定値を超えたか否かを判定する判定ステップと、前記管理データ量が所定値を超えた場合に、前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える切替ステップとを有することを特徴とする。 Further, the fifth invention is a data recording method for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, or the management data of the recording medium exceeds a predetermined value a determination step of whether, in the case where the management data amount exceeds a predetermined value, and having a switching step of switching the format of the management data in a small format of the data size.

【0014】また、第6の発明は、第4、第5の発明において、前記切替ステップでは、ビットマップ形式とテーブル形式を相互に切り替えることを特徴とする。 [0014] According to a sixth aspect, in the fourth, fifth invention, in the switching step, and switches the bit map format and table format mutually.

【0015】 [0015]

【発明の実施の形態】以下、図面に基づき本発明の実施形態について説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the invention will be described based on the drawings.

【0016】図1には、本実施形態の構成ブロック図が示されている。 [0016] Figure 1 is a block diagram of the present embodiment. データ記録装置10は、CPU14、メモリ16及びインターフェースI/F18を含んで構成されており、バス20を介してデータのやりとりを行う。 Data recording device 10, CPU 14, is configured to include a memory 16 and an interface I / F18, for exchanging data via the bus 20. 記録媒体12はインターフェースI/F18を介してデータ記録装置10に接続され、CPU14は必要なデータをインターフェースI/F18を介して記録媒体12に書き込む。 Recording medium 12 is connected to the data recording device 10 via the interface I / F18, CPU 14 writes to the recording medium 12 the necessary data via the interface I / F18. 記録媒体12としては、光ディスクの他、デジタルカメラなどに用いられるハードディスクカード、フラッシュメモリカードなど任意の媒体が用いられ、一般にリムーバブルメモリと呼ばれる媒体も含まれる。 As the recording medium 12, other optical disk, hard disk card used such as a digital camera, any medium may be used such as a flash memory card, the medium also contains commonly called removable memory. 以下、データ記録装置10を適宜システムと称する。 Hereinafter referred data recording device 10 as appropriate system.

【0017】このような構成において、システムがデータを記録媒体12に書き込む際には、データ空間管理情報300に基づいてデータを書き込むが、本実施形態においてはデータ空間管理情報の管理形式を固定とするのでなく、CPU14がビットマップ形式とケーブル形式のいずれが最適か、すなわちいずれの形式によればデータ空間管理情報300のデータ量を小さくできるかを判定し、データ量の小さい形式に切替えることを特徴としている。 [0017] In such a configuration, when the system writes data to the recording medium 12 writes the data on the basis of the data space management information 300, but in this embodiment the fixed management format of the data space management information not to, CPU 14 bitmap format and any optimal or cable form, i.e. to determine if it can reduce the amount of data space management information 300 according to any of the formats, to switch the small format data volume It is characterized.

【0018】以下、図2のフローチャートを用いてCP [0018] Hereinafter, CP with reference to the flowchart of FIG. 2
U14の処理を説明する。 The processing of the U14 will be described. 図において、まずCPU14 In the figure, first CPU14
はシステム初期化時(システムの立ち上げ時等)、あるいはエクステントの割付時(すなわち、データの書き込み時)、またはエクステント解放時(すなわち、データ削除時)か否かを判定する(S101)。 At the time of system initialization (time of starting the system, etc.), or when the extent allocation (i.e., when writing data), or when the extent release (i.e., data time delete) determines whether (S101). これらの条件に該当する場合には、次にシステムのメモリ16に記録媒体(メディア)の未使用エクステント総数の情報が格納されているか否かを判定する(S102)。 In the case where these conditions are true, then it determines whether the information of unused extents total number of the recording medium in the memory 16 of the system (media) is stored (S102).

【0019】既にデータ空間管理情報300のデータを読み取っている場合には、メモリ16にその情報が格納されているが、例えばシステム立ち上げ時には未だメモり16にその情報が存在していないので、記録媒体12 [0019] When the already read data in the data space management information 300 is the information in the memory 16 is stored, for example, since the startup of the system not yet exist that information in the memory 16, the recording medium 12
のデータ空間管理情報300にアクセスし、未使用エクステント総数情報を作成してメモリ16に格納する(S Accessing the data space management information 300, and stores the created unused extents total number information in the memory 16 (S
103)。 103). 未使用エクステント総数は、データ空間管理情報がビットマップ形式で作成されていれば未使用であることを示す連続したビットマップの数から作成でき、 Unused extents total can be created from the number of consecutive bit map indicates that the data space management information is not used if it is created in a bitmap format,
テーブル形式の場合にはテーブル数から作成することができる。 When a table format can be created from the number of tables.

【0020】そして、記録媒体12の未使用エクステント総数情報に基づき、記録媒体12のデータ空間を管理するために必要なデータサイズを各データ形式、すなわちビットマップ形式とテーブル形式毎に算出する(S1 [0020] Then, based on the unused extents total number information of the recording medium 12, the data format the data size necessary to manage the data space of the recording medium 12, that is calculated for each bit map format and table format (S1
04)。 04). なお、ビットマップ形式によれば、全論理ブロック数だけあればよいので、論理ブロック数Nに対応した所定値Nとすることができる。 Incidentally, according to the bitmap format, since it is sufficient only the total number of logical blocks, it can be a predetermined value N corresponding to the number of logical blocks N. したがって、仮に記録媒体12の既存データ空間管理情報300がテーブル形式である場合には、改めてデータサイズを算出する必要がない(すなわち、テーブル形式のデータサイズは既に存在しており、一方ビットマップ形式で記録した場合のデータサイズは所定値Nとすることができる)。 Therefore, if when the existing data space management information 300 of the recording medium 12 is a table format, there is no need to calculate again the data size (i.e., the data size of the table format is already present, whereas the bit map format in data size when the recording can be a predetermined value N). 一方、 on the other hand,
仮に記録媒体12の既存データ空間管理情報300がビットマップ形式である場合には、未使用エクステントの総数からテーブル数を算出し、このテーブル数を格納するために必要なデータ量を算出すればよい。 If when the existing data space management information 300 of the recording medium 12 is a bitmap format calculates the number of tables from the total number of unused extents, it may be calculated the amount of data required to store the number of the table .

【0021】各形式についてデータサイズを算出した後、既存のデータ形式がもう一方のデータサイズより小さいか否かを判定する(S105)。 [0021] After calculating the data size for each format, it is determined whether the existing data format is smaller than the other data size (S105). そして、既存のデータ形式がもう一方の形式のデータサイズより大である場合、例えば既存のデータ形式がテーブル形式であり、 When existing data formats is larger than the data size of other formats, for example, existing data format table format,
ビットマップ形式のデータサイズの方が小さい場合には、記録媒体12のデータ空間管理情報の形式をテーブル形式からビットマップ形式に作り直す(S106)。 If towards the data size of the bitmap format is small, remake the bitmap format data space management information of the recording medium 12 from the table format (S106).
一方、既存のデータ形式がもう一方の形式のデータサイズより小さい場合には、データ空間管理情報を作り直す必要がないので、既存のデータ形式を維持する。 On the other hand, if the existing data format is smaller than the other format data size, there is no need to recreate the data space management information, to maintain the existing data formats.

【0022】図3には、記録媒体12の未使用エクステント数とデータ空間管理情報データ量との関係が模式的に示されている。 [0022] FIG. 3 shows the relationship between the number of unused extents and data space management information data size of the recording medium 12 is shown schematically. ビットマップ形式(図中実線)では、 In bitmap format (solid line in the figure),
全論理ブロック数に対応したデータ量を用意すればよいので、時間とともにそのデータサイズは変わることなく一定であるのに対し、テーブル形式(図中一点鎖線)では、一般には書き込み回数とともにその未使用エクステント数が増大していく。 Since it is sufficient to prepare the data amount corresponding to the total number of logical blocks, whereas the constant without the data size varies that with time, the table format (one-dot chain line in the drawing), typically that unused with write count the number of extents is gradually increased. したがって、図に示すように、 Accordingly, as shown in FIG,
記録媒体12の使用開始当初(あるいは未使用エクステント数が少ない時)はテーブル形式の方がビットマップ形式よりもデータ量が小さいが、ある未使用エクステント数A1を境としてデータ量が逆転し、ビットマップ形式の方がテーブル形式よりも小さくなる。 While towards the table format using the beginning (when or the number of unused extents is small) of the recording medium 12 is smaller amount of data than the bit map format, the data amount is reversed as the boundary of unused extents number A1 in bit If the map format is smaller than the table format.

【0023】本実施形態によれば、CPU14が両形式のデータ量を比較し、データ量のより小さい形式に自動的に切り替えるため、未使用エクステント数0〜A1まではテーブル形式とし、未使用エクステント数A1以降は形式を切り替えてビットマップ形式でデータ空間管理情報を作成することになる。 According to the present embodiment, CPU 14 compares the data amount of both types, to switch automatically to a smaller format of the data amount, unused until extents number 0~A1 is a table format, unused extents the number A1 thereafter will create a data space management information in the bitmap format by switching format.

【0024】このように、本実施形態においては、データ量の少ない形式にデータ空間管理情報300を切り替えるため、記録媒体12における管理情報空間100のデータ量が抑えられ、データ空間200の容量を確保することができる。 [0024] Thus, in this embodiment, for switching the data space management information 300 to the small format of the data amount, data amount of the management information space 100 in the recording medium 12 is suppressed, ensuring the capacity of the data space 200 can do.

【0025】なお、上述した実施形態においては未使用エクステント総数を検出し、この未使用エクステント総数を示すために必要な管理データ量を算出しているが、 [0025] Note that in the embodiment described above detects the unused extents total, but calculates the management data amount required to indicate the unused extents total,
図3に示されるように、ビットマップ形式によるデータ空間管理情報のデータ量は一定であるため、管理情報空間100(あるいはデータ空間管理情報300)のデータ量が所定値を超えたか否かを判定し、この判定結果に基づいて両形式を切り替えることも可能である。 As shown in FIG. 3, since the data amount of data space management information by the bit map format it is constant, judging whether or not the data amount of the management information space 100 (or the data space management information 300) exceeds a predetermined value and, it is also possible to switch both formats based on the determination result.

【0026】図4には、このアルゴリズムで管理データの形式を切り替える場合の処理フローチャートが示されている。 [0026] FIG. 4, the process flow is shown in the case of switching the format of the management data in this algorithm. 図において、S201の処理は図2におけるS In the figure, the processing of S201 is S in FIG. 2
101の処理と同様であり、CPU14はシステム初期化時あるいはエクステントの割付時または解放時か否かを判定する。 Is similar to the 101 process, CPU 14 determines whether the time during or releasing the allocation of system initialization or during extents. そして、これらの条件に該当する場合には、次にデータ空間管理情報300のデータ量が所定量を超えたか否かを判定する(S202)。 Then, when these conditions are true, then the amount of data space management information 300 determines whether more than a predetermined amount (S202). この所定量は、例えば図3に示されたビットマップ形式の固定データ量Nとすることができる。 The predetermined amount may be a fixed data amount N of the bit map format shown in FIG. 3, for example. そして、データ空間管理情報300のデータ量が所定量を超えた場合には、図3において両形式のデータ量が逆転した時であると判定し、 When the amount of data space management information 300 exceeds a predetermined amount, it determines that the data amount of both types in FIG. 3 is when reversed,
記録媒体12のデータ空間管理情報をビットマップ形式に切り替えて作り直す(S203)。 Recreate data space management information of the recording medium 12 is switched to a bitmap format (S203). 所定量を超えていない場合には、既存の形式を維持する。 If it does not exceed a predetermined amount, to keep the existing format. この方法によっても、常にデータ量の小さい形式を選択することが可能となり、記録媒体12のデータ空間200の容量低減を防止することができる。 This method also always possible to select a smaller format of the data amount, it is possible to prevent the capacity reduction of the data space 200 of the recording medium 12.

【0027】なお、上述した実施形態においては、結果としてテーブル形式からビットマップ形式への切り替えが行われるが、例えば記録媒体12のイニシャライズ時にビットマップ形式が選択されてデータが記録され、その後新たにデータ記録装置10でデータを記録する場合、記録媒体12の未使用エクステント数が少なければテーブル形式による方がデータ量は小さくて済むので、 [0027] In the embodiment described above, the switching as a result from the table format to bitmap format is performed, for example, it is selected bitmap format when initialization of the recording medium 12 is the data are recorded, then a new when recording data in the data recording apparatus 10, since the person by table format the fewer the number of unused extents of the recording medium 12 is the amount of data can be small,
この場合にはビットマップ形式からテーブル形式に作り直すことになる。 Thus recreate the bit map format in a table format in this case. したがって、本実施形態では、テーブル方式からビットマップ形式への切替及びビットマップ形式からテーブル形式への切替のいずれも含まれることになる。 Accordingly, in this embodiment, it will include both the table system from switching and bitmap format to a bitmap format switching to a table format.

【0028】以上、本発明の実施形態について、データ空間管理情報300の管理形式としてUDFで定義されているビットマップ形式とテーブル形式を用いる場合について説明したが、本発明はこれらの形式に限定されることなく、任意の管理形式に適用することができるのは言うまでもない。 [0028] Although the embodiments of the present invention has been described with respect to the case of using the bitmap and the table format defined in the UDF as the management format of the data space management information 300, the present invention is limited to these forms rather Rukoto, of course can be applied to any managed format.

【0029】 [0029]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば記録媒体の管理情報空間のデータ量を低減し、記録媒体のデータ記録容量を確保し有効活用を図ることができる。 As described above, according to the present invention, to reduce the amount of data of the management information space according Invite recording medium of the present invention, to ensure data recording capacity of the recording medium can be effectively utilized.

【0030】同時に、システムのメモリで持つ管理情報のサイズを抑えることが可能であり、システムの資源であるメモリの有効活用も図れる。 [0030] At the same time, it is possible to reduce the size of the management information with the memory of the system, thereby also effective use of memory, which is a resource of the system.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の実施形態の構成ブロック図である。 1 is a block diagram of an embodiment of the present invention.

【図2】 本発明の実施形態の処理フローチャートである。 2 is a process flow chart of an embodiment of the present invention.

【図3】 本発明の実施形態のビットマップ形式とテーブル形式のデータ量変化を示すグラフ図である。 3 is a graph showing the data amount change in the bitmap format and table format embodiment of the present invention.

【図4】 本発明の他の実施形態の処理フローチャートである。 4 is a flowchart of another embodiment of the present invention.

【図5】 記録媒体のUDFフォーマット説明図である。 5 is a UDF format explanatory view of a recording medium.

【図6】 ビットマップ形式によるデータ空間管理情報フォーマット説明図である。 A data space management information format diagram according to FIG. 6 bitmap.

【図7】 テーブル形式によるデータ空間管理情報フォーマット説明図である。 7 is a data space management information format diagram according to a table format.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 データ記録装置、12 記録媒体、14 CP 10 data recording device, 12 a recording medium, 14 CP
U、16 メモリ、18インターフェースI/F、20 U, 16 memory, 18 an interface I / F, 20
バス。 bus.

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録装置であって、 前記記録媒体の未使用エクステント総数を検出する検出手段と、 検出された前記未使用エクステント総数に基づき、前記管理データの複数種類の形式のいずれがデータサイズが小さいかを判定する判定手段と、 前記判定手段での判定結果に基づき、データサイズの小さい形式に切り替える制御手段と、 を有することを特徴とするデータ記録装置。 1. A data recording apparatus for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, detecting means for detecting an unused extents total number of said recording medium, said detected based on the unused extents total, a determination unit configured to determine one of a plurality of types of formats of the management data is smaller data size on the basis of the determination result of said determination means, and control means for switching to a smaller format of the data size the data recording apparatus characterized by having a.
  2. 【請求項2】 記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録装置であって、 前記記録媒体の管理データ量を検出する検出手段と、 検出された前記管理データ量が所定量を超えたか否かを判定する判定手段と、 前記判定手段で前記所定量を超えたと判定された場合に、前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える制御手段と、 を有することを特徴とするデータ記録装置。 2. A data recording apparatus for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, detecting means for detecting the management data of the recording medium, said detected management and data amount determining means for determining whether more than a predetermined amount, when it is determined to exceed the predetermined amount by said determining means, and control means for switching the format of the management data in a small format of the data size, data recording apparatus characterized by having a.
  3. 【請求項3】 請求項1、2のいずれかに記載の装置において、 前記制御手段は、前記管理データの形式としてビットマップ形式とテーブル方式を相互に切り替えることを特徴とするデータ記録装置。 The apparatus according to any one of claims 3] according to claim 1, wherein the control means is a data recording apparatus characterized by switching the bit map format and table system with each other as a form of the management data.
  4. 【請求項4】 記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録方法であって、 前記記録媒体の未使用エクステント総数に基づいて、前記管理データの複数種類の形式のいずれがデータサイズが小さいかを判定する判定ステップと、 前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える切替ステップと、 を有することを特徴とするデータ記録方法。 4. A data recording method for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, based on the unused extents total number of the recording medium, a plurality of types of the management data data recording method characterized in that any form of having a determination step of determining the data size is small, and a switching step of switching the format of the management data in a small format of the data size.
  5. 【請求項5】 記録媒体のデータ空間における使用状況を示す管理データに基づいてデータを記録するデータ記録方法であって、 前記記録媒体の管理データ量が所定値を超えたか否かを判定する判定ステップと、 前記管理データ量が所定値を超えた場合に、前記管理データの形式をデータサイズの小さい形式に切り替える切替ステップと、 を有することを特徴とするデータ記録方法。 5. A data recording method for recording data on the basis of management data that shows the usage in the data space of the recording medium, determining determines whether the management data of the recording medium exceeds a predetermined value step a data recording method characterized in that the management data amount if it exceeds a predetermined value, having a switching step of switching the format of the management data in a small format of the data size.
  6. 【請求項6】 請求項4、5のいずれかに記載の方法において、 前記切替ステップでは、ビットマップ形式とテーブル形式を相互に切り替えることを特徴とするデータ記録方法。 The method according to any one of claims 6] claims 4 and 5, in the switching step, the data recording method characterized by switching the bit map format and table format mutually.
JP11053358A 1999-03-01 1999-03-01 Device and method for recording data Granted JP2000251446A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11053358A JP2000251446A (en) 1999-03-01 1999-03-01 Device and method for recording data

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11053358A JP2000251446A (en) 1999-03-01 1999-03-01 Device and method for recording data

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000251446A true JP2000251446A (en) 2000-09-14

Family

ID=12940590

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11053358A Granted JP2000251446A (en) 1999-03-01 1999-03-01 Device and method for recording data

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000251446A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004081937A1 (en) * 2003-03-12 2004-09-23 Sony Corporation Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
JP2007250177A (en) * 2007-05-01 2007-09-27 Sony Corp Recording medium, recording apparatus, reproducing apparatus, recording method and reproduction method
WO2010079578A1 (en) * 2009-01-07 2010-07-15 パナソニック株式会社 Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method
WO2010079572A1 (en) * 2009-01-06 2010-07-15 パナソニック株式会社 Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004081937A1 (en) * 2003-03-12 2004-09-23 Sony Corporation Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
US7277371B2 (en) 2003-03-12 2007-10-02 Sony Corporation Recording medium, recording device, reproduction device, recording method and reproduction method
JP2007250177A (en) * 2007-05-01 2007-09-27 Sony Corp Recording medium, recording apparatus, reproducing apparatus, recording method and reproduction method
JP4544261B2 (en) * 2007-05-01 2010-09-15 ソニー株式会社 Recording medium, recording apparatus, reproducing apparatus, recording method, reproducing method
WO2010079572A1 (en) * 2009-01-06 2010-07-15 パナソニック株式会社 Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method
JP4746715B2 (en) * 2009-01-06 2011-08-10 パナソニック株式会社 Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method
US8264927B2 (en) 2009-01-06 2012-09-11 Panasonic Corporation Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus and information reproducing method
WO2010079578A1 (en) * 2009-01-07 2010-07-15 パナソニック株式会社 Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method
US8199621B2 (en) 2009-01-07 2012-06-12 Panasonic Corporation Write-once information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus and information reproducing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100468308C (en) Method for accessing data, apparatus and recording medium for performing that method
EP1024490B1 (en) AV data and computer data recording method and reproduction method, and recording drive and reproduction drive, information recording system and information reproduction system, and information recording medium for such methods
CN1224044C (en) Apparatus for real-time recording and reproducing, and method for operating document
KR100888591B1 (en) Method and apparatus for allotting adaptively spare area and disc thereof
CN101027651B (en) FAT analysis for optimized sequential cluster management
US6542450B1 (en) Method for assigning spare area in optical recording medium
EP0795813B1 (en) Recording area management method and storage apparatus
KR100421845B1 (en) optical recording medium and method for managing a defective area
JP3118189B2 (en) Cd-rom player and a control method thereof
US5987479A (en) Large block allocation for disk-based file systems
US6122685A (en) System for improving the performance of a disk storage device by reconfiguring a logical volume of data in response to the type of operations being performed
JP4647492B2 (en) Semiconductor memory card, access device and access method
JP3315711B2 (en) Writing management system and method of the magneto-optical disk data storage device
US20020091902A1 (en) File system and data caching method thereof
US6823417B2 (en) Memory controller for memory card manages file allocation table
US5537552A (en) Apparatus for selectively comparing pointers to detect full or empty status of a circular buffer area in an input/output (I/O) buffer
BR9917736B1 (en) process for playing data from a disc, process for writing data from a disc.
CN100492519C (en) Method of and device for recording information
US5864655A (en) Managing removable media in raid and rail environments
CN1048462A (en) Combining small records into a single record block for recording on a record media
EP1758115A1 (en) Drive device
JPH07302225A (en) Continuous data recording and reproducing device and cache management method
JP2804115B2 (en) Disk file system
JP2000322841A (en) Data structure for control information concerning rewritable data storage medium
JPWO2005050453A1 (en) File recording device