JP2000242434A - Storage device system - Google Patents

Storage device system

Info

Publication number
JP2000242434A
JP2000242434A JP11344260A JP34426099A JP2000242434A JP 2000242434 A JP2000242434 A JP 2000242434A JP 11344260 A JP11344260 A JP 11344260A JP 34426099 A JP34426099 A JP 34426099A JP 2000242434 A JP2000242434 A JP 2000242434A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
disk array
storage
node
host
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP11344260A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000242434A5 (en
Inventor
Yasuyuki Ajimatsu
Naoto Matsunami
Takashi Oeda
Masahiko Sato
Akira Yamamoto
雅彦 佐藤
康行 味松
高 大枝
山本  彰
直人 松並
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP36407998 priority Critical
Priority to JP10-364079 priority
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP11344260A priority patent/JP2000242434A/en
Publication of JP2000242434A publication Critical patent/JP2000242434A/en
Publication of JP2000242434A5 publication Critical patent/JP2000242434A5/ja
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To construct a storage device system corresponding to the scale or request of a computer system so that the extension of a storage device system and improvement in reliability in the future are easily realized. SOLUTION: This system 1 has a plurality of subsets 10 having a storage device for holding data and a controller for controlling the storage device and switch devices 20 arranged between the subsets 10 and a host 30. Each switch device 20 has a managing table for holding management information for managing the configuration of the storage device system 1. According to the management information, address information contained in frame information outputted by the host 30 is translated and the frame information is distributed to the subsets 10.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、複数のディスク装置を制御するディスク制御システムの実現方法に関し、 The present invention relates to relates to a method for realizing a disc control system for controlling a plurality of disk devices,
特に、ディスク制御システムの高速化、低コスト化、コストパフォーマンスの向上の方法に関する。 In particular, faster disk control system, cost reduction, to a method for improving the cost performance.

【0002】 [0002]

【従来の技術】計算機システムに用いられる記憶装置システムとして、複数のディスク装置を制御するディスクアレイシステムがある。 As storage system for use in the Prior Art computer system, a disk array system for controlling a plurality of disk devices. ディスクアレイシステムについては、例えば、“A Case for Redundant Arrays of Ine For a disk array system, for example, "A Case for Redundant Arrays of Ine
xpensive Disks (RAID)”; InProc. ACM SIGMOD, June xpensive Disks (RAID) ";. InProc ACM SIGMOD, June
1988(カリフォルニア大学バークレー校発行)に開示されている。 1988 has been disclosed in the (University of California, Berkeley issued). ディスクアレイは、複数のディスク装置を並列に動作させることで、ディスク装置を単体で用いた記憶装置システムに比べ高速化を実現する技術である。 Disk arrays, by operating a plurality of disk devices in parallel, a technology for realizing high speed compared to the storage system using a disk device alone.

【0003】複数のディスクアレイシステムを、複数のホストと相互に接続する方法として、ファイバチャネル(Fibre Channel)のFabricを使用した方法がある。 [0003] The plurality of disk array systems, as a method for interconnecting a plurality of hosts, there is a method using the Fabric of Fiber Channel (Fiber Channel). この方法を適用した計算機システムの例が、日経エレクトロニクス1995.7.3(no.639)「シリアルSCSIがいよいよ市場へ」P.79 図3に示されている。 Examples of a computer system according to this method is shown in Nikkei Electronics 1995.7.3 (no.639) "Serial SCSI is finally to market" P.79 FIG. ここに開示される計算機システムでは、複数のホストコンピュータ(以下では単にホストと呼ぶ)と複数のディスクアレイシステムが、それぞれ、ファイバチャネルを介してファブリック装置に接続される。 The computer system disclosed herein, (simply referred to as a host hereinafter) a plurality of host computers and a plurality of disk array systems, respectively, are connected to the fabric device through the Fiber Channel. ファブリック装置は、ファイバチャネルのスイッチであり、ファブリック装置に接続する任意の装置間の転送路の接続を行う。 Fabric device is a switch Fiber Channel, for connecting transfer path between any device connected to the fabric device. ファブリック装置はファイバチャネルのパケットである「フレーム」の転送に対し透過であり、ホストとディスクアレイシステムは、互いにファブリック装置を意識することなく2点間で通信を行う。 Fabric device is transparent to the transmission of a packet of Fiber Channel "frame", the host and the disk array system communicates between two points without being aware of the fabric device to each other.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】従来のディスクアレイシステムでは、大容量化のためディスク装置の台数を増やし、高性能化のため台数に見合った性能を有するコントローラを実現しようとすると、コントローラの内部バスの性能限界や、転送制御を行うプロセッサの性能限界が顕在化する。 In THE INVENTION Problems to be Solved by conventional disk array system, increasing the number of disk devices for large capacity, in order to realize a controller with a capability commensurate with the number for the high performance, internal controller buses and performance limits of the performance limits of the processor for transferring control becomes apparent. このような問題に対処するために、内部バスを拡張し、プロセッサ数を増加することが行われている。 To address these problems, to extend the internal bus, it has been made to increase the number of processors. しかし、このような対処の仕方は、多数のバス制御によるコントローラ構成の複雑化や、プロセッサ間の共有データの排他制御等による制御ソフトの複雑化とオーバヘッドの増加を招く。 However, how such a deal leads complicated and controller configurations by multiple bus control, an increase in the complexity and overhead of control software by exclusive control of shared data between processors. このため、コストを非常に上昇させるとともに、性能は頭打ちになり、その結果、コストパフォーマンスが悪化する。 Therefore, the causes a very elevated cost, performance becomes plateau, so that cost performance is deteriorated. また、このような装置は、大規模なシステムでは、そのコストに見合った性能が実現できるものの、規模がそれほど大きくないシステムには見合わない、拡張性が制限される、開発期間の増大と開発コストの上昇を招くといった課題がある。 Further, such devices, a large system, although performance can be realized commensurate with its cost, size does not justify the not so large systems, scalability is limited, an increase in development period and development there is a problem causing an increase in cost.

【0005】複数のディスクアレイシステムを並べファブリック装置で相互接続することによって、システム全体としての大容量化、高性能化を行うことが可能である。 [0005] By interconnecting fabric apparatus arranging a plurality of disk array systems, the capacity of the system as a whole, it is possible to carry out performance. しかし、この方法では、ディスクアレイシステム間に関連性は全くなく、特定のディスクアレイシステムにアクセスが集中したとしてもそれを他の装置に分散することができないので、実使用上の高性能化が実現できない。 However, in this method, association between the disk array system without any, can not also be dispersed it to other devices as access to a particular disk array system concentrated, actual use performance of can not be realized. また、ホストから見た論理的なディスク装置(論理ユニットと呼ぶ)の容量は、1台のディスクアレイシステムの容量に制限されるので、論理ユニットの大容量化は実現できない。 Also, the capacity of the logical disk device seen from the host (called logical unit) is so limited to the capacity of one disk array system, high capacity of the logical unit can not be realized.

【0006】ディスクアレイシステム全体を高信頼化しようとした際に、ホストが備えているミラーリング機能を用いて2台のディスクアレイシステムによるミラー構成を実現することができるが、ホストによるミラーリングのための制御オーバヘッドが発生し、システム性能が制限されるという課題がある。 [0006] The entire disk array system while attempting to reliability, it is possible to realize a mirror configuration with two disk array system using a mirroring function that the host comprises, for mirroring by the host control overhead is generated, there is a problem that the system performance is limited. また、多数のディスクアレイシステムがシステム内に個別に存在すると、システム管理者が管理するための負荷が増加する。 Moreover, a large number of disk array system to be present individually in the system, the load for the system administrator to manage increases. このため、 For this reason,
多数の保守人員、複数台分の保守費用が必要になる等、 A large number of maintenance personnel, such as maintenance costs of more than one minute is required,
管理コストが増加する。 Management costs increase. さらに、複数のディスクアレイシステム、ファブリック装置は、それぞれ独立した装置であるので、各種設定は、それぞれの装置毎に異なる方法で実施する必要がある。 Further, a plurality of disk array systems, fabric devices, since it is independent device, various settings need to be implemented in different ways for each device. このため、管理者のトレーニングや、操作時間の増大にともない運用コストが増大する。 For this reason, and administrators of training, operating costs with an increase of the operation time increases.

【0007】本発明の目的は、これら従来技術における課題を解決し、計算機システムの規模、要求などに応じた記憶装置システムを構築でき、将来における記憶装置システムの拡張、信頼性の向上などに容易に対応することのできる記憶装置システムを実現することにある。 An object of the present invention is to solve the problems in these prior art, the scale of the computer system, to build a storage system in response to such request, easily and enhanced, improving the reliability of the storage system in the future It is to realize a storage system capable of corresponding to.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】本発明の記憶装置システムは、データを保持する記憶媒体を有する記憶装置と、 Storage system of the present invention, in order to solve the problems] includes a storage device having a storage medium for storing data,
この記憶装置を制御する制御装置とを有する複数の記憶装置サブシステム、複数の記憶装置サブシステムに保持されるデータを使用する計算機に接続された第1のインタフェースノード、各々が記憶装置サブシステムのいずれかに接続された複数の第2のインタフェースノード、 A plurality of storage subsystems and a control unit for controlling the storage device, a first interface node connected to a computer which uses the data stored in the plurality of storage subsystems, each storage subsystem a plurality of second interface nodes connected to one,
及び第1のインタフェースノード及び複数の第2のインタフェースノードが接続され、第1のインタフェースノードと複数の第2のインタフェースノードとの間でフレームの転送を行う転送手段を有する。 And a first interface node and a plurality of second interface node connected, having a transfer means for transferring frames between the first interface node and a plurality of second interface nodes.

【0009】好ましくは、第1のインタフェースノードは、記憶装置システムの構成情報を格納した構成管理テーブルと、計算機から送られてくるフレームに応答して、該フレームを解析し、構成管理テーブルに保持された構成情報に基づいてそのフレームの転送先に関する情報変換して転送手段に転送する。 [0009] Preferably, the first interface node, and configuration management table storing configuration information of the storage system, in response to the sent from the computer frame, analyzes the frame, held in the configuration table the information converted for the transfer destination of the frame transferred to the transfer means based on the configuration information.

【0010】また、フレームの転送に際して、第1のインタフェースノードは、そのフレームを受け取るべきノードのノードアドレス情報をフレームに付加する。 Further, when the transfer of the frame, the first interface node adds the node address information of the node should receive the frame to frame. 転送手段はフレームに付加されたノードアドレス情報に従ってフレームを転送する。 Transfer means for transferring the frame in accordance with the node address information added to the frame. 第2のインタフェースノードは、転送手段から受け取ったフレームからノードアドレス情報を除いてフレームを再形成し、目的の記憶装置サブシステムに転送する。 Second interface nodes, except the node address information from the frame received from the transfer means and re-form a frame, is transferred to the storage device subsystem of interest.

【0011】本発明のある態様において、記憶装置システムは、転送手段に接続する管理プロセッサを有する。 [0011] In certain embodiments of the present invention, the storage system includes a management processor connected to the transfer means.
管理プロセッサは、オペレータからの指示に従って、構成管理テーブルに構成情報を設定する。 Management processor in accordance with an instruction from the operator, set the configuration information in the configuration management table. 構成情報には、 The configuration information,
計算機からのアクセスを制限する情報が含まれる。 Information to restrict access from the computer include.

【0012】 [0012]

【発明の実施の形態】[第1実施形態]図1は、本発明が適用されたディスクアレイシステムを用いたコンピュータシステムの一実施形態における構成図である。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION [First Embodiment] FIG. 1 is a schematic view of one embodiment of a computer system using a disk array system to which the present invention is applied.

【0013】1はディスクアレイシステム、30はディスクアレイシステムが接続されるホストコンピュータ(ホスト)である。 [0013] 1 disk array system, 30 is a host computer disk array system is connected (the host). ディスクアレイシステム1は、ディスクアレイサブセット10、ディスクアレイスイッチ2 Disk array system 1, the disk array subset 10, the disk array switches 2
0、ディスクアレイシステム全体の設定管理を行うディスクアレイシステム構成管理手段70、ディスクアレイスイッチ20とディスクアレイシステム構成管理手段7 0, the disk array system configuration management unit 70 performs configuration management of the entire disk array system, the disk array switch 20 and the disk array system configuration manager 7
0との間、およびディスクアレイサブセット10ディスクアレイシステム構成管理手段70との間の通信インタフェース(通信I/F)80を有する。 Between 0 and a communication interface (communication I / F) 80 between the disk array subset 10 disk array system configuration management unit 70. ホスト30とディスクアレイシステム1とは、ホストインタフェース(ホストI/F)31で接続されており、ホストI/F The host 30 and the disk array system 1 are connected by the host interface (host I / F) 31, a host I / F
31はディスクアレイシステム1のディスクアレイスイッチ20に接続する。 31 is connected to the disk array switch 20 of the disk array system 1. ディスクアレイシステム1の内部において、ディスクアレイスイッチ20とディスクアレイサブセット10は、ディスクアレイインタフェース(ディスクアレイI/F21)で接続される。 In the interior of the disk array system 1, a disk array switch 20 and the disk array subset 10 is connected in a disk array interface (disk array I / F21).

【0014】ホスト30、ディスクアレイサブセット1 [0014] The host 30, the disk array subset 1
0は、図では、各々4台示されているが、この台数に関しては制限はなく任意である。 0, in the figure, it is shown respectively four, is optional and not limitation with respect to this number. ホスト30とディスクアレイサブセット10の台数が異なっても構わない。 It may be different number of hosts 30 and the disk array subset 10. また、ディスクアレイスイッチ20は、本実施形態では図示の通り二重化されている。 The disk array switch 20 in this embodiment are duplexed as shown. 各ホスト30および各ディスクアレイサブセット10は、それぞれ別々のホストI Each host 30 and the disk array subset 10, each separate host I
/F31、ディスクアレイI/F21で二重化されたディスクアレイスイッチ20の双方に接続されている。 / F 31, and is connected to both of the disk array switches 20 duplexed disk array I / F21. これは、一方のディスクアレイスイッチ20、ホストI/ This is one of the disk array switches 20, host I /
F31、あるいはディスクアレイI/F21が故障しても他方を使用することでホスト30からディスクアレイシステム1へのアクセスを可能とし、高い可用性を実現するためである。 F 31, or to allow access from the host 30 to the disk array system 1 by the disk array I / F21 to use other even if failure is to achieve high availability. しかし、このような二重化は必ずしも必須ではなく、システムに要求される信頼性レベルに応じて選択可能である。 However, such duplication is not necessarily indispensable and can be selected according to the required reliability level system.

【0015】図2は、ディスクアレイサブセット10の一構成例を示す構成図である。 [0015] Figure 2 is a block diagram showing an example of the configuration of a disk array subset 10. 101は上位システム(ホスト10)からのコマンドを解釈してキャッシュヒットミス判定を実施し、上位システムとキャッシュ間のデータ転送を制御する上位アダプタ、102はディスクデータアクセス高速化のためのキャッシュ、および、マルチプロセッサ間の共有データを格納する共有メモリ(以下キャッシュ・共有メモリと呼ぶ)、104はディスクアレイサブセット10内に格納される複数のディスクユニットである。 101 conducted a cache hit miss decision interprets commands from the host system (host 10), the upper adapter for controlling data transfer between the host system and the cache, 102 cache for disk data access speed, and , (hereinafter referred to as cache shared memory) shared memory for storing the shared data among multiple processors, 104 is a plurality of disk units that are stored in the disk array subset 10. 103はディスクユニット104を制御し、ディスクユニット104とキャッシュ間のデータ転送を制御する下位アダプタである。 103 is a lower adapter that controls the disk unit 104 controls data transfer between the disk unit 104 and the cache. 106はディスクアレイサブセット構成管理手段であり、ディスクアレイシステム1全体を管理するディスクアレイシステム構成管理手段70と通信I/F80を介して通信し、構成パラメータの設定や、障害情報の通報等の管理を行う。 106 is a disk array subset configuration manager communicates via the communication I / F80 disk array system configuration management unit 70 for managing the entire disk array system 1, setting or configuration parameters, management of the report such as the failure information I do.

【0016】上位アダプタ101、キャッシュ・共有メモリ102、下位アダプタ103はそれぞれ二重化されている。 The upper adapter 101, a cache shared memory 102, the lower adapter 103 are duplicated respectively. この理由は上記ディスクアレイスイッチ20の二重化と同様、高可用性を実現するためであり必須ではない。 The reason for this is similar to the duplication of the disk array switches 20, is not essential in order to achieve high availability. また、各ディスクユニット104は、二重化された下位アダプタ103のいずれからも制御可能である。 Each disk unit 104 can be controlled from any of duplexed lower adapter 103.
本実施形態では、低コスト化の観点から同一のメモリ手段をキャッシュと共有メモリに共用しているが、これらは勿論分離することも可能である。 In the present embodiment, it is shared in the shared memory from the viewpoint of cost reduction and caches the same memory means, which are also possible of course separated.

【0017】上位アダプタ101は、上位アダプタ10 [0017] The upper adapter 101, the upper adapter 10
1の制御を実行する上位MPU1010、上位システム、すなわちディスクアレイスイッチ20との接続I/ Top MPU1010 to execute one of the control, the host system, or connection between the disk array switch 20 I /
FであるディスクアレイI/F21を制御するディスクアレイI/Fコントローラ1011、キャッシュ・共有メモリ102と上位MPU1010とディスクアレイI Disk array I / F controller 1011 for controlling the disk array I / F21 is F, cache shared memory 102 and the MPU1010 disk array I
/Fコントローラ1011との間の通信、データ転送を行う上位バス1012を含む。 / Communication between F controller 1011, including upper bus 1012 for transferring data.

【0018】図では各上位アダプタ101毎に1台のディスクアレイI/Fコントローラ1011が示されているが、1つの上位アダプタに対し、複数のディスクアレイI/Fコントローラ1011を設けてもよい。 [0018] While one disk array in each upper adapter 101 each in Figure I / F controller 1011 are shown, with respect to one upper adapter may be provided with a plurality of disk array I / F controller 1011.

【0019】下位アダプタ103は、下位アダプタ10 [0019] The lower adapter 103, the lower adapter 10
3の制御を実行する下位MPU1030、ディスク10 Lower MPU1030, disk 10 to perform the control of the 3
4とのインタフェースであるディスクI/Fを制御するディスクI/Fコントローラ1031、キャッシュ・共有メモリ102と下位MPU1030とディスクI/F Disk I / F controller 1031 that controls the disk I / F is an interface between the fourth cache shared memory 102 and the lower MPU1030 and disk I / F
コントローラ1031との間の通信、データ転送を行う下位バス1032を含む。 Communication between the controller 1031 includes a lower bus 1032 for transferring data.

【0020】図では各下位アダプタ103毎に4台のディスクI/Fコントローラ1031が示されているが、 [0020] While the disk I / F controller 1031 of four for each lower adapter 103 in Figure is shown,
その数は任意であり、ディスクアレイの構成や、接続するディスク台数に応じて変更可能である。 The number is arbitrary, the disk array configuration and can be changed according to the number of disks to be connected.

【0021】図3は、ディスクアレイスイッチ20の一構成例を示す構成図である。 [0021] FIG. 3 is a block diagram showing one configuration example of the disk array switches 20. 200はディスクアレイスイッチ全体の制御および管理を行うプロセッサである管理プロセッサ(MP)、201はn×nの相互スイッチ経路を構成するクロスバスイッチ、202はディスクアレイI/F21毎に設けられるディスクアレイI/Fノード、203はホストI/F31毎に設けられるホストI/Fノード、204はディスクアレイシステム構成管理手段70との間の通信を行う通信コントローラである。 200 management processor is a processor for controlling and managing the entire disc array switch (MP), the crossbar switch 201 constituting the mutual switch paths of n × n, 202 is a disk array I provided for each disk array I / F21 / F node 203 host I / F node provided for each host I / F 31, 204 is a communication controller for performing communication between the disk array system configuration management unit 70. 2020はディスクアレイI/Fノード202とクロスバスイッチ201を接続するパス、2030はホストI/Fノード203とクロスバスイッチ201を接続するパス、2040は他のディスクアレイスイッチ20 2020 path connecting the disk array I / F node 202 and the crossbar switch 201, path 2030 connecting the host I / F node 203 and the crossbar switch 201, 2040 other disk array switch 20
と接続し、クラスタを構成するためのクラスタ間I/ Connected to, among clusters to form a cluster I /
F、2050はMP200とクロスバスイッチ201を接続するためのパスである。 F, 2050 is a path for connecting the MP200 and the crossbar switch 201.

【0022】図4はクロスバスイッチ201の構造を示す構成図である。 [0022] FIG. 4 is a block diagram showing the structure of a crossbar switch 201. 2010はクロスバスイッチ201に接続するパス2020、2030、2050、およびクラスタ間I/F2040を接続するポートであるスイッチングポート(SWP)である。 2010 is a switching port is a port for connecting the path 2020,2030,2050, and intercluster I / F2040 to connect to the crossbar switch 201 (SWP). SWP2010はすべて同一の構造を有し、あるSWPから他のSWPへの転送経路のスイッチング制御を行う。 SWP2010 all have the same structure and performs switching control of the transfer path from one SWP to another SWP. 図では1つのSWP In Figure 1 one of the SWP
についてのみ転送経路を示しているが、すべてのSWP Only shows the transfer path for, but all of the SWP
間で同様の転送経路が存在する。 There are similar transfer path between.

【0023】図5は、ホストI/Fノード203の一構成例を示す構成図である。 FIG. 5 is a block diagram showing an example of the configuration of the host I / F node 203. 本実施形態では、具体的に説明をするためにホストI/F31とディスクアレイI/ In the present embodiment, the host to the specifically described I / F 31 and the disk array I /
F21の両方にファイバチャネルを使用するものと仮定する。 Assume using Fiber Channel to both F21. もちろんホストI/F31とディスクアレイI/ Of course, the host I / F31 and the disk array I /
F21として、ファイバチャネル以外のインタフェースを適用することも可能である。 As F21, it is also possible to apply the interface other than Fiber Channel. ホストI/Fノード20 Host I / F node 20
3とディスクアレイI/Fノード202の両方に同一のインタフェースを使用することで、両者を同一構造にできる。 3 and by using the same interface to both the disk array I / F node 202, it can be both in the same structure. 本実施形態においては、ディスクアレイI/Fノード202も図に示すホストI/Fノード203と同様に構成される。 In the present embodiment, the same structure as the host I / F node 203 shown in also FIG disk array I / F node 202. 以下では、ホストI/Fノード203を例に説明を行う。 The following description of the host I / F node 203 as an example.

【0024】2021は受信したファイバチャネルフレーム(以下単にフレームと呼ぶ)をどのノードに転送するかを検索する検索プロセッサ(SP)、2022はホスト30(ディスクアレイI/Fノード202の場合は、ディスクアレイサブセット10)との間でフレームを送受信するインタフェースコントローラ(IC)、2 [0024] 2021 search processor that searches whether to forward a received Fiber Channel frame (hereinafter simply referred to as frame) which node (SP), 2022 in the case of the host 30 (disk array I / F node 202, the disk interface controller for transmitting and receiving frames to and from the array subset 10) (IC), 2
022はIC2023が受信したフレームに対しSP2 022 relative to the frame of IC2023 has received SP2
021が検索した結果に基づいて変換を施すスイッチングコントローラ(SC)、2024はSC2021が変換したフレームを他のノードに転送するためにクロスバスイッチ201を通過できる形式にパケット化するパケット生成部(SPG)、2025は受信したフレームを一時的に格納するフレームバッファ(FB)、2026 Switching controller 021 performs a conversion on the basis of the result of the search (SC), 2024 is a packet generating unit to packetize into a format that can pass through the crossbar switch 201 to forward the frame SC2021 is converted to other nodes (SPG) , the frame buffer 2025 for storing a received frame temporarily (FB), 2026
は一つのホストからのディスクアレイアクセス要求コマンド(以下単にコマンドと呼ぶ)に対応した複数のフレーム列であるエクスチェンジ(Exchange)を識別するためのエクスチェンジ番号を管理するエクスチェンジテーブル(ET)、2027は複数のディスクアレイサブセット10の構成情報を格納するディスクアレイ構成管理テーブル(DCT)である。 Multiple exchange table (ET), 2027 for managing the exchange numbers for identifying a plurality of frame sequence corresponding to the disk array access request command from one host (hereinafter simply referred to as a command) Exchange (Exchange) is a disk array configuration management table that stores configuration information for the disk array subset 10 (DCT).

【0025】ディスクアレイスイッチ20の各構成部は、すべてハードウェアロジックで構成されることが性能上望ましい。 [0025] Each component of the disk array switches 20, it is performance desirably are all implemented by hardware logic. しかし、求められる性能を満足できるならば、汎用プロセッサを用いたプログラム制御によりS However, if performance required can be satisfied, S by program control using the general-purpose processor
P2021やSC2022の機能を実現することも可能である。 It is also possible to realize the function of the P2021 and SC2022.

【0026】各ディスクアレイサブセット10は、各々が有するディスクユニット104を1または複数の論理的なディスクユニットとして管理している。 [0026] Each disk array subset 10 manages the disk unit 104 each of which has as one or more logical disk units. この論理的なディスクユニットを論理ユニット(LU)と呼ぶ。 The logical disk units called logical unit (LU). L
Uは、物理的なディスクユニット104と1対1で対応する必要はなく、1台のディスクユニット104に複数のLUが構成され、あるいは、複数のディスクユニット104で1つのLUが構成されても構わない。 U need not correspond with the physical disk units 104 one to one, it is composed a plurality of LU on a single disk unit 104, or, even if a plurality of disk units 104 one LU is configured I do not care.

【0027】ディスクアレイサブセット10の外部から見た場合、1つのLUは、1台のディスク装置として認識される。 [0027] When viewed from the outside of the disk array subset 10, one LU is recognized as one disk device. 本実施形態では、ディスクアレイスイッチ2 In the present embodiment, the disk array switches 2
0によりさらに論理的なLUが構成され、ホスト30 Consists more logical LU by 0, the host 30
は、このLUに対してアクセスするように動作する。 It is operative to access to this LU. 本明細書では、1つのLUでホスト30から認識される1 In this specification, it is visible to the host 30 at one LU 1
つのLUが構成される場合、ホスト30により認識されるLUを独立LU(ILU)、複数のLUでホスト30 If One of LU is configured, the host 30 LU to be recognized by the host 30 independently LU (ILU), a plurality of LU
から認識される1つのLUが構成される場合、ホスト3 If one LU to be recognized from is configured, the host 3
0により認識されるLUを統合LU(CLU)と呼ぶ。 The LU recognized by 0 is referred to as integrated LU (CLU).

【0028】図12に、4つのディスクアレイサブセットのLUで1つの統合LUが構成される場合における各階層間でのアドレス空間の対応関係を示す。 [0028] FIG. 12 shows the correspondence between the address space in between each layer in the case one integrated LU is composed of LU four disk array subset. 図において、1000は、一例として、ホスト“#2”からみたディスクアレイシステム1の1つの統合LUにおけるアドレス空間、1100は、ディスクアレイサブセット1 In the figure, 1000, as an example, the host "# 2" viewed from one address space in the integrated LU of the disk array system 1, 1100, the disk array subset 1
0のLUのアドレス空間、1200はディスクユニット104(ここでは、ディスクアレイサブセット“#0” LU address space of 0, 1200 disk unit 104 (here, the disk array subset "# 0"
についてのみ図示されている)のアドレス空間を示している。 Only indicates the address space of which is shown) for.

【0029】各ディスクアレイサブセット10のLU The LU of the disk array subset 10
は、ここでは、4台のディスクユニット104によりR Is here, R by four disk units 104
AID5(Redundant Arrays of AID5 (Redundant Arrays of
Inexpensive Disks Level Inexpensive Disks Level
5)型ディスクアレイとして構成されるものとする。 5) type before the process is configured as a disk array. 各ディスクアレイサブセット10は、それぞれn0、n Each disk array subset 10 each n0, n
1、n2、n3の容量を有するLUを持つ。 1, n2, with LU having a capacity of n3. ディスクアレイスイッチ20は、これら4つのLUの持つアドレス空間を(n0+n1+n2+n3)の容量を有するアドレス空間に統合し、ホスト30から認識される統合LU Disk array switch 20 is integrated LU that integrates an address space with a four LU in address space having a capacity of (n0 + n1 + n2 + n3), is recognized by the host 30
を実現する。 To achieve.

【0030】本実施形態では、例えば、ホスト#2が領域A1001をアクセスする場合、領域A1001を指定したアクセス要求は、ディスクアレイスイッチ20によりディスクアレイサブセット#0のLUの領域A′1 [0030] In this embodiment, for example, when the host # 2 to access the area A1001, access request specifying the area A1001 is LU area of ​​the disk array subset # 0 by the disk array switches 20 A'1
101をアクセスするための要求に変換されてディスクアレイサブセット#0に転送される。 It is converted to a request to access the 101 is transferred to the disk array subset # 0. ディスクアレイサブセット#0は、領域A′1101をさらに、ディスクユニット104上の領域A″1201にマッピングしてアクセスを行う。アドレス空間1000とアドレス空間1100との間のマッピングは、ディスクアレイスイッチ20が有するDCT207に保持された構成情報に基づき行われる。この処理の詳細については後述する。なお、ディスクアレイサブセット内におけるマッピングについては、既によく知られた技術であり、本明細書では詳細な説明については省略する。 Disk array subset # 0, the region A'1101 further performs access by mapping to the region A "1201 on the disk unit 104. Mapping between address spaces 1000 and the address space 1100, a disk array switch 20 is performed based on configuration information stored in DCT207 with. details of the processing will be described later. Note that the mapping in the disk array subset, are already well known techniques, for a detailed description herein It omitted.

【0031】本実施形態において、DCT207は、システム構成テーブルとサブセット構成テーブルを含む。 In the present embodiment, DCT207 includes a system configuration table and a subset configuration table.
図6は、システム構成テーブルの構成を、図7は、サブセット構成テーブルの構成を示す。 6, the configuration of the system configuration table, FIG. 7 shows the configuration of a subset configuration table.

【0032】図7に示すように、システム構成テーブル20270は、ホストLUの構成を示す情報を保持するホストLU構成テーブル20271、及びディスクアレイスイッチ20のディスクアレイI/Fノード202とディスクアレイサブセット10との接続関係を示すディスクアレイI/Fノード構成テーブル20272を有する。 As shown in FIG. 7, a system configuration table 20270 includes a disk array I / F node 202 and the disk array subset 10 of host LU configuration table 20271, and the disk array switch 20 holds information indicating the configuration of the host LU having a disk array I / F node configuration table 20272 showing the connection relationship between.

【0033】ホストLU構成テーブル20271は、ホスト30からみたLUごとに、そのLUを識別する番号であるHost-LU No.、LUの属性を示すLU Type、CLU Clas The host LU configuration table 20271, for each LU as viewed from the host 30, Host-LU No. is a number for identifying the LU, LU Type indicating the attribute of the LU, CLU Clas
s、及びCLU Stripe Size、ホストLUの状態を示す情報であるCondition、ホストLUを構成するディスクアレイサブセット10のLUに関する情報であるLU情報(LU Info.)を有する。 s, and CLU Stripe Size, having Condition is information indicating the state of the host LU, LU information is information about LU of the disk array subset 10 constituting the host LU (LU Info.).

【0034】LU Typeは、このホストLUがCLUであるか、ILUであるかといったLUの種類を示す情報である。 [0034] LU Type, either the host LU is a CLU, is information indicating the type of LU, which is told whether the ILU. CLU Classは、LU TypeによりこのホストLUがC CLU Class, the host LU is C by the LU Type
LUであることが示される場合に、そのクラスが“Join If it is an LU is shown, the class is "Join
ed”、“mirrored”、及び“Striped”のいずれであるかを示す情報である。“Joined”は、図11により説明したように、いくつかのLUを連結して1つの大きな記憶空間を持つCLUが構成されていることを示す。“Mi ed "," mirrored ", and" "is information indicating whether the." Striped Joined, "is, as described with reference to FIG. 11, by connecting a number of LU with one large storage space CLU indicates that it is configured. "Mi
rrored”は、第6実施形態として後述するように、2つのLUにより二重化されたLUであることを示す。“St Rrored "indicates that, as described below as a sixth embodiment, a LU that is duplicated by two LU." St
riped”は、第7実施形態として後述するように、複数のLUで構成され、データがこれら複数のLUに分散して格納されたLUであることを示す。CLU Stripe Size Riped ", as will be described below as a seventh embodiment, it is constituted by a plurality of LU, .CLU indicating that the LU data is stored across a plurality of LU Stripe Size
は、CLU Classにより「Striped」であることが示される場合に、ストライピングサイズ(データの分散の単位となるブロックのサイズ)を示す。 , When indicated that the CLU Class is "Striped" indicates striping size (size of a block serving as a unit of the variance of the data).

【0035】Conditionにより示される状態には、“Nor [0035] In the state shown by the Condition, "Nor
mal”、“Warning”、“Fault”、及び“Not Defined” mal "," Warning "," Fault ", and" Not Defined "
の4種類がある。 There are four types of. “Normal”はこのホストLUが正常な状態であることを示す。 "Normal" indicates that the host LU is in a normal state. “Warning”は、このホストL "Warning", the host L
Uを構成するLUに対応するいずれかのディスクユニットに障害が発生している等の理由により縮退運転が行われていることを示す。 It indicates that the degenerate operation is performed by reasons such as to one of the disk units corresponding to the LU constituting the U has failed. “Fault”は、ディスクアレイサブセット10の故障などによりこのホストLUを運転することができないことを示す。 "Fault" indicates that it can not be operated this host LU as a result of a malfunction of the disk array subset 10. “Not Defined”は、対応するHost-LU No.のホストLUが定義されていないことを示す。 "Not Defined" indicates that the corresponding Host-LU No. of host LU is not defined.

【0036】LU Infoは、このホストLUを構成するL [0036] LU Info constitute the host LU L
Uについて、そのLUが属するディスクアレイサブセット10を特定する情報、ディスクアレイサブセット内でのLUN、及びそのサイズを示す情報を含む。 For U, including information specifying the disk array subset 10 to which the LU belongs, LUN within the disk array subsets, and information indicating the size. ホストL Host L
UがILUの場合には、唯一のLUに関する情報が登録される。 If U is ILU is information on only one LU is registered. ホストLUがCLUの場合には、それを構成する全てのLUについて、それぞれのLUに関する情報が登録される。 If the host LU is CLU for all LU constituting it, information about each LU is registered. 例えば、図において、Host-LU No.が“0”であるHost-LUは、ディスクアレイサブセット“#0”のLUN“0”、ディスクアレイサブセット“#1”のLUN“0”、ディスクアレイサブセット“#2”のLUN“0”、ディスクアレイサブセット“#3”のLUN“0”の4つのLUから構成されるC For example, in FIG., Host-LU Host-LU No. is "0", LUN "0", the disk array subset of the disk array subset LUN of "# 0" "0", the disk array subset "# 1" "# 2" LUN "0", consists of four LU of LUN "0" of the disk array subset "# 3" C
LUであり、そのCLUクラスが“Joined”であるCL Is an LU, the CLU class is "Joined" CL
Uであることが分かる。 It is understood that the U.

【0037】ディスクアレイI/Fノード構成テーブル The disk array I / F node configuration table
20272は、ディスクアレイI/F21が接続するディスクアレイサブセット10のポートごとに、どのディスクアレイスイッチ20のディスクアレイI/Fノード20 20272, for each port of the disk array subset 10 by the disk array I / F21 connects the disk array I / F node 20 of which disk array switch 20
2が接続されるかを示す情報を保持する。 2 holds information indicating are connected.

【0038】具体的には、ディスクアレイサブセット1 [0038] Specifically, the disk array subset 1
0を特定するSubset No.、ポートを特定するSubset Por To identify the 0 Subset No., to identify the port Subset Por
t No.、そのポートに接続するディスクアレイスイッチ20を特定するSwitch No.、及びそのディスクアレイスイッチ20のディスクアレイI/Fノード202を特定するI/F Node No.を有する。 t No., Switch No. to identify the disk array switches 20 connected to the port, and an I / F Node No. to identify the disk array I / F node 202 of the disk array switches 20. ディスクアレイサブセット10が複数のポートを備えている場合には、そのポート毎に情報が設定される。 When the disk array subset 10 is provided with a plurality of ports, information for respective ports it is set.

【0039】サブセット構成テーブルは、図7に示すように、各ディスクアレイサブセット10に対応する複数のテーブル202720〜202723を有する。 The subset configuration table, as shown in FIG. 7, has a plurality of tables 202720-202723 for each disk array subset 10. 各テーブルは、ディスクアレイサブセット10内で構築されたRAIDグループの構成を示す情報を保持するRAIDグループ構成テーブル202730と、ディスクアレイサブセット10内に構築されたLUの構成を示す情報を保持するLU構成テーブル202740を含む。 Each table, a RAID group configuration table 202 730 to hold information indicating a configuration of the RAID group built in the disk array subset within 10, LU configuration for holding information indicating a structure of the LU built in the disk array subset 10 including a table 202740.

【0040】RAIDグループ構成テーブル202730は、 The RAID group configuration table 202730 is,
RAIDグループに付加された番号を示すGroup No.、 Group No. indicating the added number in the RAID group,
そのRAIDグループのレベルを示すLevel、そのRA Level indicating the level of the RAID group, the RA
IDグループを構成するディスクの数を示す情報である Is information indicating the number of disks that make up the ID group
Disks、そのRAIDグループがRAIDレベル0,5 Disks, the RAID group RAID levels 0, 5
等のストライピングされた構成の場合、そのストライプサイズを示すStripe Sizeを情報として含む。 For striped configuration etc., including Stripe Size indicating the stripe size as information. 例えば、 For example,
図に示されるテーブルにおいて、RAIDグループ“0”は、4台のディスクユニットにより構成されたR In the table shown in FIG, RAID group "0", constituted by four disk units R
AIDグループであり、RAIDレベルが5、ストライプサイズがS0である。 Is the AID group, RAID level 5, the stripe size is S0.

【0041】LU構成テーブル202740は、LUに付加された番号(LUN)を示すLU No.、このLUがどのRA The LU configuration table 202 740 is, LU No. showing the LU in appended number (LUN), the LU what RA
IDグループに構成されているのかを示すRAID Group、 RAID Group that shows whether they are configured in the ID group,
LUの状態を示すCondition、このLUのサイズ(容量)を示すSize、このLUがディスクアレイサブセット10のどのポートからアクセス可能なのかを示すPort、 Condition indicating the state of the LU, Size indicating the size (capacity) of the LU, Port of the LU indicates whether accessible from the port of the disk array subset 10 throat,
及びその代替となるポートを示すAlt. Portを情報として含む。 And a Alt. Port indicating the alternative to port as information. Conditionで示される状態は、ホストLUについてのConditionと同様、“Normal”、“Warning”、 State indicated by Condition, like Condition for host LU, "Normal", "Warning",
“Fault”、“Not Defined”の4種類がある。 There are four types of "Fault", "Not Defined". Alt. Por Alt. Por
tに設定された情報により特定されるポートは、Portに設定された情報で特定されるポートに障害が発生したときに用いられるが、単に複数のポートから同一のLUをアクセスするために用いることもできる。 Port identified by the information set in t is the port identified by the information set in the Port failure used when generated simply be used to access the same LU from the plurality of ports It can also be.

【0042】図8は、ファイバチャネルにおけるフレームの構成図である。 [0042] Figure 8 is a block diagram of a frame in the fiber channel. ファイバチャネルのフレーム40 Frame of Fiber Channel 40
は、フレームの先頭を示すSOF(Start Of Frame)4 Is, SOF indicating the head of a frame (Start Of Frame) 4
00、フレームヘッダ401、転送の実態データを格納する部位であるフレームペイロード402、32ビットのエラー検出コードであるCRC(Cyclic RedundancyC 00, frame header 401, a frame payload 402,32 error detection code bit is a portion for storing the actual data transfer CRC (Cyclic RedundancyC
heck)403、フレームの最後尾を示すEOF(End Of heck) 403, EOF indicating the tail end of the frame (End Of
Frame)404を含む。 Including the Frame) 404. フレームヘッダ401は、図9 Frame header 401, FIG. 9
に示すような構造になっており、フレーム転送元のID It has a structure as shown in, the frame transfer source ID
(S_ID)、フレーム転送先のID(D_ID)、エクスチェンジの起動元、応答先が指定するそれぞれのエクスチェンジID(OX_ID、RX_ID)、エクスチェンジ中のフレームグループを指定するシーケンスのID(SEQ_ID)等が格納されている。 (S_ID), stores the frame destination ID (D_ID), exchange of the originator, each exchange ID that is the response destination specifying (OX_ID, RX_ID), ID (SEQ_ID) like sequence that specifies the frame group in the exchange is It is.

【0043】本実施形態では、ホスト30により発行されるフレームには、S_IDとしてホスト30に割り当てられたIDが、また、D_IDとしてディスクアレイスイッチ20のポートに割り当てられたIDが使用される。 [0043] In this embodiment, the frame to be issued by the host 30, ID is assigned to the host 30 as S_ID is also, ID assigned to a port of the disk array switches 20 as D_ID is used. 一つのホストコマンドに対し、1ペアのエクスチェンジID For one of the host command, one pair of exchange ID
(OX_ID、RX_ID)が割り当てられる。 (OX_ID, RX_ID) is assigned. 複数のデータフレームを同一のエクスチェンジに対し発行する必要があるときは、その全データフレームに対して同一のSEQ_IDが割り当てられ、おのおのはシーケンスカウント(SEQ_CN When it is necessary to issue a plurality of data frames for the same exchange, the same SEQ_ID is assigned to the entire data frame, each sequence count (SEQ_CN
T)で識別される。 Identified by T). フレームペイロード402の最大長は2110バイトであり、フレーム種毎に格納される内容が異なる。 The maximum length of the frame payload 402 is 2110 bytes, contents stored for each frame type is different. 例えば、後述するFCP_CMDフレームの場合、図10に示すように、SCSIのLogical Unit Num For example, if the FCP_CMD frame to be described later, as shown in FIG. 10, SCSI the Logical Unit Num
ber(LUN)、Command Description Block(CDB) ber (LUN), Command Description Block (CDB)
等が格納される。 Etc. are stored. CDBは、ディスク(ディスクアレイ)アクセスに必要なコマンドバイト、転送開始論理アドレス(LBA)、転送長(LEN)を含む。 CDB includes a disk (disk array) command byte required to access, transfer start logical address (LBA), transfer length (LEN).

【0044】以下、本実施形態のディスクアレイシステムの動作を説明する。 [0044] Hereinafter, the operation of the disk array system of the present embodiment.

【0045】ディスクアレイシステムを使用するのに先立ち、ディスクアレイスイッチ20に対して、ディスクアレイサブセット10の構成情報を設定する必要がある。 [0045] Prior to use the disk array system, the disk array switches 20, it is necessary to set the configuration information of the disk array subset 10. システム管理者は、管理端末5からディスクアレイシステム構成手段70を介して、すべてのディスクアレイサブセット10およびディスクアレイスイッチ20の構成設定情報を獲得する。 The system administrator from the management terminal 5 via the disk array system configuration unit 70 acquires the configuration information for all of the disk array subset 10 and the disk array switches 20. 管理者は、管理端末5から所望のシステム構成になるよう論理ユニットの構成設定、 Administrator configuration of the logical unit to the management terminal 5 becomes a desired system configuration,
RAIDレベルの設定、障害発生時の交代パスの設定等、各種設定に必要な設定情報を入力する。 RAID level settings, setting of the alternate path in the event of a failure, to input setting information necessary for various settings. ディスクアレイシステム構成管理手段70は、その設定情報を受け、各ディスクアレイサブセット10およびディスクアレイスイッチ20に設定情報を転送する。 Disk array system configuration management unit 70 receives the setting information, and transfers the setting information to each disk array subset 10 and the disk array switches 20. なお、管理端末5における設定情報の入力については第5実施形態にて別途説明する。 Incidentally, separately described in the fifth embodiment for the input of the setting information in the management terminal 5.

【0046】ディスクアレイスイッチ20では、通信コントローラ204が設定情報を獲得し、MP200により各ディスクアレイサブセット10のアドレス空間情報等の構成情報が設定される。 [0046] In the disk array switches 20, the communication controller 204 acquires the setting information, configuration information such as the address space information for each disk array subset 10 is set by the MP200. MP200は、クロスバスイッチ201経由で各ホストI/Fノード203およびディスクアレイI/Fノード202に、ディスクアレイサブセット10の構成情報を配信する。 MP200 is each host I / F node 203 and the disk array I / F node 202 via the crossbar switch 201, it distributes the configuration information of the disk array subset 10.

【0047】各ノード203、および202はこの情報を受信すると、SP2021により構成情報をDCT2 [0047] Each node 203, and 202 receives this information, the configuration information by SP2021 DCT2
027に格納する。 And stores it in the 027. ディスクアレイサブセット10では、ディスクアレイサブセット構成管理手段106が、 In the disk array subset 10, the disk array subset configuration manager 106,
設定情報を獲得し、共有メモリ102に格納する。 Acquiring setting information, stored in the shared memory 102. 各上位MPU1010および下位MPU1030は、共有メモリ102上の設定情報を参照し、各々の構成管理を実施する。 Each upper MPU1010 and lower MPU1030 refers to setting information in the shared memory 102, to implement each of the configuration management.

【0048】以下では、ホスト“#2”がディスクアレイシステム1に対し、リードコマンドを発行した場合の動作を説明する。 [0048] In the following, the host "# 2" to the disk array system 1, the operation of issuing the read command. 図11に、ホストからのリード動作時にファイバチャネルを通して転送されるフレームのシーケンスを示す模式図を、図13にこのときのディスクアレイスイッチのホストI/Fノード203における動作のフローチャートを示す。 Figure 11, a schematic diagram showing a sequence of frames to be transferred through the fiber channel when the read operation from the host, shows a flow chart of the operation in the host I / F node 203 of the disk array switches at this time is shown in FIG 13.

【0049】なお、以下の説明では、ホスト“#2” [0049] In the following description, the host "# 2"
が、図12における記憶領域A1001をアクセスすることを仮定する。 But it is assumed to access the storage area A1001 in FIG. 記憶領域A1001に対応する実際の記憶領域A″は、ディスクアレイサブセット“#0”のLUN=0のLUを構成するディスクユニット#2のアドレス空間内に存在するものとする。また、アドレス空間1000を構成するLUを定義しているホストLU構成テーブル20271のLU Typeには「CLU」が、CLU Clas Actual storage area A corresponding to the storage area A 1001 ", the disk array subset" to those present in the disk unit # 2 in the address space constituting the LU of LUN = 0 # 0 ". Further, the address space 1000 constituting the LU Type host LU configuration table 20271 that defines the LU is "CLU", CLU Clas
sには「Joined」が設定されているものとする。 The s is assumed to be set to "Joined".

【0050】データのリード時、ホスト30は、リードコマンドを格納したコマンドフレーム「FCP_CMD」をディスクアレイスイッチ20に発行する(図11矢印(a))。 [0050] When data is read, the host 30 issues a command frame "FCP_CMD" storing the read command to the disk array switch 20 (FIG. 11 arrow (a)). ディスクアレイスイッチ20のホストI/F Host I / F of the disk array switches 20
ノード“#2”は、IC2023によりホストI/F3 Node "# 2", the host I / F3 by IC2023
1経由でコマンドフレーム「FCP_CMD」を受信する(ステップ20001)。 Receiving a command frame "FCP_CMD" over 1 (step 20001). IC2023は、SC2022にコマンドフレームを転送する。 IC2023 transfers the command frame to the SC2022. SC2022は、受け取ったコマンドフレームを一旦FB2025に格納する。 SC2022 stores the command frame received once the FB2025. この際、SC2022は、コマンドフレームのCRCを計算し、受信情報が正しいことを検査する。 At this time, SC2022 calculates the CRC of the command frame, to check that the received information is correct. CRCの検査に誤りがあれば、SC2022は、その旨をIC2023 If there is an error in the inspection of the CRC, SC2022 is, to that effect IC2023
に通知する。 To notify. IC2023は、誤りの通知をSC202 IC2023 is, the notice of error SC202
2から受けると、ホストI/F31を介してホスト30 When receiving the 2, via the host I / F 31 Host 30
にCRCエラーを報告する。 To report a CRC error to. (ステップ20002)。 (Step 20002).

【0051】CRCが正しい場合、SC2022は、F [0051] If the CRC is correct, SC2022 is, F
B2025に保持したフレームをリードし、それがコマンドフレームであることを認識してフレームヘッダ40 Lead frames held in B2025, frame header 40 it recognizes that it is a command frame
1を解析する(ステップ20003)。 Analyzing the 1 (step 20003). そして、SC202 Then, SC202
2は、SP2021に指示し、S_ID、D_ID、OX_ID等のエクスチェンジ情報をET2026に登録する(ステップ20004)。 2 instructs the SP2021, register S_ID, D_ID, an exchange information such as OX_ID the ET2026 (step 20004).

【0052】次に、SC2022は、フレームペイロード402を解析し、ホスト30により指定されたLUN Next, the SC2022, analyzes the frame payload 402, designated by the host 30 LUN
およびCDBを取得する(ステップ20005)。 And obtains the CDB (step 20005). SP20 SP20
21は、SC2022の指示により、DCT2027を検索し、ディスクアレイサブセット10の構成情報を得る。 21, the instruction of SC2022, searches the DCT2027, obtain configuration information of the disk array subset 10. 具体的には、SP2021は、ホストLU構成テーブル20271を検索し、受信したフレームペイロード40 Specifically, SP2021, the frame payload 40 which searches the host LU configuration table 20271, the received
2に格納されたLUNと一致するHost-LU No.を有する情報を見つける。 Find information with Host-LU No. matching the LUN stored in 2. SP2021は、LU Type、CLU Class SP2021 is, LU Type, CLU Class
に設定された情報からホストLUの構成を認識し、LU I From the setting information to recognize the configuration of the host LU to, LU I
nfo.に保持されている情報に基づきアクセスすべきディスクサブセット10とその中のLUのLUN、及びこのLU内でのLBAを判別する。 nfo. LU of LUN and disk subset 10 to be accessed on the basis of the information held therein, and to determine the LBA within the LU. 次に、SP2021は、 Next, the SP2021,
サブセット構成テーブル202720のLU構成テーブル2027 LU configuration table 2027 subset configuration table 202720
40を参照し、目的のディスクアレイサブセット10の接続ポートを確認し、ディスクアレイI/Fノード構成テーブル20272からそのポートに接続するディスクアレイI/Fノード202のノードNo.を得る。 Referring to 40, check the connection port of the disk array subset 10 of interest, to obtain a node of a disk array I / F node 202 connected from the disk array I / F node configuration table 20272 to the port No.. SP2021 SP2021
は、このようにして得たディスクアレイサブセット10 The disk array subset 10 thus obtained
を識別する番号、LUN、LBA等の変換情報をSC2 Number identifying, LUN, the conversion information LBA such SC2
022に報告する。 To report to the 022. (ステップ20006)。 (Step 20006).

【0053】次に、SC2022は、獲得した変換情報を使用しフレームペイロード402のLUNとCDBのなかのLBAを変換する。 Next, SC2022 converts the LBA of among the LUN and CDB of the frame payload 402 using the conversion information acquired. また、フレームヘッダ401 The frame header 401
のD_IDを対応するディスクアレイサブセット10のホストI/Fコントローラ1011のD_IDに変換する。 Converting the D_ID to D_ID host I / F controller 1011 of the corresponding disk array subset 10. なお、この時点ではS_IDは書き換えない(ステップ200 It is not rewritten S_ID at this point (step 200
07)。 07).

【0054】SC2022は、変換後のコマンドフレームと、対象ディスクアレイサブセット10に接続するディスクアレイI/Fノード番号を、SPG2024に転送する。 [0054] SC2022 includes a command frame after the conversion, the disk array I / F node number to connect to the target disk array subset 10, and transfers the SPG2024. SPG2024は、受け取った変換後のコマンドフレームに対し、図14に示すような簡単な拡張ヘッダ601を付加したパケットを生成する。 SPG2024, compared command frame after converted received, generates a packet by adding a simple extension header 601 as shown in FIG. 14. このパケットをスイッチングパケット(S Packet)60と呼ぶ。 This packet is referred to as switching packet (S Packet) 60. S Packet60の拡張ヘッダ601には、転送元(自ノード)番号、転送先ノード番号、及び転送長が付加含まれる。 The extension header 601 of the S Packet60, the transfer source (self node) number, the destination node number, and the transfer length is included additionally. SPG2024は、生成したS Packet60をクロスバスイッチ201に送信する(ステップ20008)。 SPG2024 sends the generated S Packet60 to the crossbar switch 201 (step 20008).

【0055】クロスバスイッチ201は、ホストI/F [0055] crossbar switch 201, the host I / F
ノード“#2”と接続するSWP2010によりS Pack S Pack by SWP2010 connecting the node "# 2"
et60を受信する。 To receive the et60. SWP2010は、S Packet60の拡張ヘッダ601を参照し、転送先のノードが接続するSWPへのスイッチ制御を行って経路を確立し、S Pack SWP2010 refers to the extension header 601 of the S Packet60, destination node establishes a path by performing switching control of the SWP connecting, S Pack
et60を転送先のディスクアレイI/Fノード202 The transfer destination et60 disk array I / F node 202
(ここでは、ディスクアレイI/Fノード“#0”)に転送する。 (Here, the disk array I / F node "# 0") to transfer to. SWP2010は、経路の確立をS Packet6 SWP2010 is, the establishment of a path S Packet6
0の受信の度に実施し、S Packet60の転送が終了したら、その経路を解放する。 Performed on 0 the reception degrees, the transfer of S Packet60 is When finished, releases the path. ディスクアレイI/Fノード“#0”では、SPG2024がS Packet60を受信し、拡張ヘッダ601を外してコマンドフレームの部分をSC2022に渡す。 In the disk array I / F node "# 0", SPG2024 receives the S Packet60, passes the portion of the command frame SC2022 remove the extension header 601.

【0056】SC2022は、受け取ったコマンドフレームのフレームヘッダのS_IDに自分のIDを書き込む。 [0056] SC2022 writes its own ID to S_ID of the frame header of the command frame received.
次にSC2022は、SP2021に対し、コマンドフレームのS_ID、D_ID、OX_ID等のエクスチェンジ情報、 Then SC2022, compared SP2021, the command frame S_ID, D_ID, OX_ID such exchanges information,
及びフレーム転送元ホストI/Fノード番号をET20 And frame transfer source host I / F node number ET20
26に登録するよう指示し、IC2023にコマンドフレームを転送する。 It instructs to register 26, and transfers the command frame to IC2023. IC2023は、フレームヘッダ4 IC2023 is, frame header 4
01の情報に従い、接続するディスクアレイサブセット10(ここでは、ディスクアレイサブセット“#0”) According 01 the information, the disk array subset 10 connected (in this case, the disk array subset "# 0")
にコマンドフレームを転送する(図11矢印(b))。 Transferring a command frame (Fig. 11 arrow (b)).

【0057】ディスクアレイサブセット“#0”は、変換後のコマンドフレーム「FCP_CMD」をディスクアレイI/Fコントローラ1011で受信する。 [0057] Disk array subset "# 0" receives the command frame "FCP_CMD" converted in the disk array I / F controller 1011. 上位MPU1 Higher MPU1
010は、コマンドフレームのフレームペイロード40 010, frame payload 40 of command frame
2に格納されたLUNとCDBを取得し、指定された論理ユニットのLBAからLEN長のデータをリードするコマンドであると認識する。 Get the LUN and CDB stored in 2 recognizes from LBA of the designated logical unit and a command to read the data of the LEN length.

【0058】上位MPU1010は、共有メモリ102 [0058] the upper MPU1010 is, the shared memory 102
に格納されたキャッシュ管理情報を参照し、キャッシュヒットミス/ヒット判定を行う。 Refers to the cache management information stored in, it performs cache hit miss / hit determination. ヒットすればキャッシュ102からデータ転送を実施する。 If a hit to implement the data transfer from the cache 102. ミスの場合、ディスクユニットからデータをリードする必要があるので、 In the case of mistakes, it is necessary to read the data from the disk unit,
RAID5の構成に基づくアドレス変換を実施し、キャッシュ空間を確保する。 Performing address conversion based on the configuration of the RAID5, to ensure cache space. そして、ディスクユニット2からのリード処理に必要な処理情報を生成し、下位MPU Then, generates processing information necessary for the read process from the disk unit 2, the lower MPU
1030に処理を引き継ぐべく、共有メモリ102に処理情報を格納する。 1030 to take over, and stores the processed information in the shared memory 102.

【0059】下位MPU1030は、共有メモリ102 [0059] lower MPU1030 is, the shared memory 102
に処理情報が格納されたことを契機に処理を開始する。 Processing information starts the process in response to that stored in.
下位MPU1030は、適切なディスクI/Fコントローラ1031を特定し、ディスクユニット2へのリードコマンドを生成して、ディスクI/Fコントローラ10 Lower MPU1030 identifies the appropriate disk I / F controller 1031 generates a read command to the disk unit 2, the disk I / F controller 10
31にコマンドを発行する。 31 to issue a command to. ディスクI/Fコントローラ1031は、ディスクユニット2からリードしたデータをキャッシュ102の指定されたアドレスに格納して下位MPU1030に終了報告を通知する。 Disk I / F controller 1031 notifies the end report to the lower MPU1030 stores data read from the disk unit 2 in a designated address of the cache 102. 下位MPU Lower MPU
1030は、処理が正しく終了したことを上位MPU1 1030, higher that the process has been completed correctly MPU1
010に通知すべく共有メモリ102に処理終了情報を格納する。 Storing processing end information in the shared memory 102 to be notified to 010.

【0060】上位MPU1010は、共有メモリ102 [0060] the upper MPU1010 is, the shared memory 102
に処理終了情報が格納されたことを契機に処理を再開し、ディスクアレイI/Fコントローラ1011にリードデータ準備完了を通知する。 Processing completion information to the resume process in response to that stored, and notifies the read data ready to the disk array I / F controller 1011. ディスクアレイI/Fコントローラ1011は、ディスクアレイスイッチ20の当該ディスクアレイI/Fノード“#0”に対し、ファイバチャネルにおけるデータ転送準備完了フレームである「FCP_XFER_RDY」を発行する(図11矢印(c))。 Disk array I / F controller 1011, to the disc array I / F node of the disk array switches 20 "# 0", issues a "FCP_XFER_RDY" is a data transfer ready frame in the fiber channel (FIG. 11 arrow (c )).

【0061】ディスクアレイI/Fノード“#0”では、データ転送準備完了フレーム「FCP_XFER_RDY」を受信すると、SC2022が、ディスクアレイサブセット20から受信した応答先エクスチェンジID(RX_ID) [0061] In the disk array I / F node "# 0", when receiving the data transfer ready frame "FCP_XFER_RDY", SC2022 is, response destination exchange ID received from the disk array subset 20 (RX_ID)
を獲得し、S_ID、D_ID、OX_IDを指定して、SP202 Won, and specify S_ID, D_ID, the OX_ID, SP202
1に指示しET2026の当該エクスチェンジ情報にRX RX the indicated ET2026 the exchange information of the 1
_IDを登録する。 To register the _ID. SC2022は、データ転送準備完了フレームの転送先(コマンドフレームの転送元)のホストI/Fノード番号を獲得する。 SC2022 acquires the host I / F node number of the data transfer ready frame of the transfer destination (transfer source command frame). SC2022は、このフレームのS_IDを無効化し、SPG2024に転送する。 SC2022 is a S_ID of the frame disables, transferred to SPG2024. SPG2024は、先に述べたようにしてS Packet SPG2024 is, as previously mentioned S Packet
を生成し、クロスバスイッチ201経由で対象ホストI Generates a target host I via the crossbar switch 201
/Fノード“#2”に転送する。 / F node is transferred to the "# 2".

【0062】ホストI/Fノード“#2”では、SPG [0062] The host I / F node in the "# 2", SPG
2024がデータ転送準備完了フレームのS Packetを受信すると、S Packetの拡張ヘッダを外し「FCP_XFER_RD 2024 receives the S Packet Ready frame data transfer, disconnect the extension header of S Packet "FCP_XFER_RD
Y」を再生してSC2022に渡す(ステップ20011)。 Play Y "to pass to the SC2022 (step 20011).
SC2022は、SP2021に指示しET2026をサーチして該当するエクスチェンジを特定する(ステップ20012)。 SC2022 identifies the exchange to which the relevant searches the ET2026 instructs the SP2021 (step 20012).

【0063】次に、SC2022は、フレームが「FCP_ Next, SC2022, the frame is "FCP_
XFER_RDY」であるかどうか調べ(ステップ20013)、「F Examine whether it is a XFER_RDY "(step 20013)," F
CP_XFER_EDY」であれば、ET2026の応答先エクスチェンジID(RX_ID)の更新をSP2021に指示する。 If CP_XFER_EDY ", to indicate the update of the response destination exchange ID of the ET2026 (RX_ID) to the SP2021. 応答先エクスチェンジIDとしては、このフレームに付加されていた値が使用される(ステップ20014)。 The response destination exchange ID, the value that is added to the frame is used (step 20014).
そして、SC2022は、フレームヘッダ401のS_I Then, SC2022 is, S_I of the frame header 401
D、D_IDをホストI/Fノード203のIDとホスト3 D, ID and host 3 host I / F node 203 D_ID
0のIDを用いた適切な値に変換する(ステップ2001 It converted to the appropriate value using the ID of 0 (step 2001
5)。 Five). これらの処理によりフレームヘッダ401は、ホスト“#2”に対するフレームに変換される。 The frame header 401 by these processes is converted into the frame to the host "# 2". IC20 IC20
23は、ホスト“#2”に対し、このデータ転送準備完了フレーム「FCP_XFER_RDY」を発行する(図11の矢印(d):ステップ20016)。 23, the host "# 2", and issues the data transfer ready frame "FCP_XFER_RDY" (arrow in FIG. 11 (d): Step 20016).

【0064】ディスクアレイサブセット“#0”のディスクアレイI/Fコントローラ1011は、データ転送を行うため、データフレーム「FCP_DATA」を生成し、ディスクアレイスイッチ20に転送する(図11矢印(e))。 [0064] Disk array subset "# 0" disk array I / F controller 1011 is for performing data transfer, generates the data frame "FCP_DATA" and transfers it to the disk array switch 20 (FIG. 11 arrow (e)) . フレームペイロードの転送長には制限があるため、1フレームで転送できる最大のデータ長は2KB Since the transfer length of the frame payload is limited, the maximum data length that can be transferred in one frame 2KB
である。 It is. データ長がこれを越える場合は、必要数だけデータフレームを生成し発行する。 If the data length exceeds this, issues generates data frames necessary number. すべてのデータフレームには同一のSEQ_IDが割り当てられる。 Same SEQ_ID is assigned to all data frames. データフレームの発行は、同一のSEQ_IDに対し複数のフレームが生成されることを除き(すなわちSEQ_CNTが変化する)、データ転送準備完了フレームの場合と同様である。 Issuance of a data frame, for the same SEQ_ID except that multiple frames are generated (i.e. SEQ_CNT changes), the same as in the data transfer ready frame.

【0065】ディスクアレイスイッチ20は、データ転送準備完了フレームの処理と同様に、データフレーム「FCP_DATA」のフレームヘッダ401の変換を実施する。 [0065] Disk array switch 20, similarly to the processing of the data transfer ready frame, carrying out the conversion of the frame header 401 of the data frame "FCP_DATA". ただし、データフレームの転送の場合、RX_IDが既に確立されているので、データ転送準備完了フレームの処理におけるステップ20014の処理はスキップされる。 However, if the transfer of data frames, since RX_ID is already established, the process of step 20014 in the processing of the data transfer ready frame is skipped.
フレームヘッダ401の変換後、ディスクアレイスイッチ20は、ホスト“#2”にデータフレームを転送する(図11矢印(f))。 After conversion of the frame header 401, the disk array switch 20 transfers the data frame to the host "# 2" (FIG. 11 arrow (f)).

【0066】次に、ディスクアレイサブセット“#0” Next, the disk array subset "# 0"
のディスクアレイI/Fコントローラ1011は、終了ステータス転送を行うため、ステータスフレーム「FCP_ Disk array I / F controller 1011 in order to perform the end status transfer, status frame "FCP_
RSP」を生成し、ディスクアレイスイッチ20に対し発行する(図11矢印(g))。 Generates RSP "is issued to the disk array switch 20 (FIG. 11 arrow (g)). ディスクアレイスイッチ20では、データ転送準備完了フレームの処理と同様に、SPG2024がS Packetから拡張ヘッダを外し「FCP_RSP」ステータスフレームを再現し(ステップ200 In the disk array switch 20, similar to the process of the data transfer ready frame, reproduces the SPG2024 is remove the expansion header from S Packet "FCP_RSP" status frame (step 200
21)、SP2021によりET2026を検索しエクスチェンジ情報を獲得する(ステップ20022)。 21), to acquire the retrieved exchange information ET2026 by SP2021 (step 20022). SC20 SC20
22は、その情報に基づきフレームを変換する(ステップの20023)。 22 converts the frame based on the information (20023 steps). 変換されたフレームは、IC2023によりホスト“#2”に転送される(図11矢印(h): Converted frames is transferred to the host "# 2" by IC2023 (11 arrow (h):
ステップ20024)。 Step 20024). 最後にSP2021は、ET202 Finally SP2021 is, ET202
6からエクスチェンジ情報を削除する(ステップ2002 To remove the exchange information from 6 (step 2002
5)。 Five).

【0067】以上のようにしてディスクアレイからのリード処理が行われる。 [0067] read processing from the disk array as described above is performed. ディスクアレイシステム1に対するライト処理についてもデータフレームの転送方向が逆転するのみで、上述したリード処理と同様の処理が行われる。 Only the direction of the data frame also write process to the disk array system 1 is reversed, the same processing as the above-described read process is performed.

【0068】図3に示したように、ディスクアレイスイッチ20は、クロスバスイッチ201にクラスタ間I/ [0068] As shown in FIG. 3, the disk array switch 20, between cluster to the crossbar switch 201 I /
F2040を備えている。 It has a F2040. 図1に示したシステム構成では、クラスタ間I/F2040は使用されていない。 In the system configuration shown in FIG. 1, I / F2040 is not used between the clusters. 本実施形態のディスクアレイスイッチ20は、クラスタ間I/F2040を利用して図15に示すように、他のディスクアレイスイッチと相互に接続されることができる。 Disk array switch 20 of the present embodiment, as shown in FIG. 15 by using the inter-cluster I / F2040, can be interconnected with other disk array switches.

【0069】本実施形態におけるディスクアレイスイッチ20単独では、ホスト30とディスクアレイサブセット10を合計8台までしか接続できないが、クラスタ間I/F2040を利用して複数のディスクアレイスイッチを相互接続し、接続できるホスト10とディスクアレイの数を増やすことができる。 [0069] In the disk array switch 20 alone in this embodiment, but can only connect up to a total of eight host 30 and the disk array subset 10, by using the inter-cluster I / F2040 interconnect multiple disk array switch, it is possible to increase the number of connections can host 10 and the disk array. 例えば、図15に示すシステムでは、4台のディスクアレイスイッチ20を使ってホスト30とディスクアレイサブセット10を合計3 For example, in the system shown in FIG. 15, a total of the host 30 and the disk array subset 10 using four disk array switch 20 3
2台まで接続でき、これらの間で相互にデータ転送が可能になる。 Up to two can be connected, allowing mutual data transfer between them.

【0070】このように、本実施形態では、ディスク容量や性能の必要性に合わせて、ディスクアレイサブセットやホストの接続台数を増加していくことができる。 [0070] Thus, in the present embodiment, it is possible to fit the needs of the disk space and performance, increases the number of connected disk array subset or host. また、必要な転送帯域分のホストI/Fを用いてホスト− The host using the host I / F transfer bandwidth content necessary -
ディスクアレイシステム間を接続することができるので、容量、性能、接続台数の拡張性を大幅に向上させることができる。 It is possible to connect the disk array system, capacitive, performance can be significantly improved scalability connected units.

【0071】以上説明した実施形態によれば、1台のディスクアレイサブセットの性能が、内部のMPUや内部バスで制限されたとしても、複数のディスクアレイサブセットを用いて、ディスクアレイスイッチによりホストとディスクアレイサブセット間を相互接続することができる。 According to the embodiment [0071] described above, the performance of one disk array subsets, even restricted inside the MPU and the internal bus, using a plurality of disk arrays subset, and the host by the disk array switches It may be interconnected between the disk array subset. これにより、ディスクアレイシステムトータルとして高い性能を実現することができる。 Thus, it is possible to achieve high performance as a disk array system total. ディスクアレイサブセットの性能が比較的低いものであっても、複数のディスクアレイサブセットを用いることで高性能化を実現できる。 Even those relatively low performance of the disk array subset, can be realized high performance by using a plurality of disk array subset. したがって、低コストのディスクアレイサブセットをコンピュータシステムの規模に合わせて必要な台数だけ接続することができ、規模に応じた適切なコストでディスクアレイシステムを構築することが可能となる。 Thus, the disk array subset of low cost can be connected only required number in accordance with the size of the computer system, it is possible to build a disk array system at a reasonable cost in accordance with the scale.

【0072】また、ディスク容量の増大や性能の向上が必要になったときは、ディスクアレイサブセットを必要なだけ追加すればよい。 [0072] Further, when it is necessary to improve the growth and performance of the disk space, it may be added as necessary disk array subset. さらに、複数のディスクアレイスイッチを用いて任意の数のホスト及びディスクアレイサブセットを接続できるので、容量、性能、接続台数のいずれをも大幅に向上させることができ、高い拡張性を有するシステムが実現できる。 Furthermore, it is possible to connect the host and disk array subset of any number of a plurality of disk array switch, capacity, performance, any number of connections can also be greatly improved, a system with high scalability achieved it can.

【0073】さらにまた、本実施形態によれば、ディスクアレイサブセットとして、従来のディスクアレイシステムそのものの縮小機を用いることができるので、既に開発した大規模な制御ソフトウェア資産をそのまま利用でき、開発コストの低減と開発期間の短縮を実現することができる。 [0073] Furthermore, according to this embodiment, as a disk array subset, it is possible to use a reduced machine of a conventional disk array system itself, as it is available a large control software assets already developed, the development cost it can be reduced to achieve the shortening of the development period.

【0074】[第2実施形態]図16は、本発明の第2 [0074] [Second Embodiment] FIG. 16 is a second aspect of the present invention
の実施形態におけるコンピュータシステムの構成図である。 It is a block diagram of a computer system in the embodiment. 本実施形態は、ディスクアレイスイッチのホストI This embodiment, the disk array switches host I
/Fノードにおいて、フレームヘッダ401のみを変換し、フレームペイロード402は操作しない点、及び、 / In F node converts only the frame header 401, a frame payload 402 is that it does not operate, and,
ディスクアレイスイッチ、ホストI/F、ディスクアレイI/Fが二重化されていない点で第1実施形態と構成上相違する。 Disk array switch, the host I / F, the disk array I / F is different on configuration as the first embodiment in that not duplicated. したがって、各部の構成は、第1実施形態と大きく変わるところがなく、その詳細については説明を省略する。 Therefore, each part of the arrangement, there is no much different from the first embodiment, detailed description thereof will be omitted.

【0075】図16において、各ディスクアレイサブセット10は、複数の論理ユニット(LU)110で構成されている。 [0075] In FIG. 16, the disk array subset 10 is composed of a plurality of logical units (LU) 110. 各LU110は、独立LUとして構成される。 Each LU110 is configured as an independent LU. 一般に、各ディスクアレイサブセット10内のLU Generally, LU of each disk array subset 10
110に割り当てられるLUNは、0から始まる連続番号である。 LUN assigned to 110 are sequential number starting from zero. このため、ホスト30に対して、ディスクアレイシステム1内のすべてのLU110のLUNを連続的に見せる場合には、第1実施形態と同様に、フレームペイロード402のLUNフィールドを変換する必要がある。 Therefore, the host 30, in the case to show all LU110 the LUN of the disk array system 1 continuously, as in the first embodiment, it is necessary to convert the LUN field of the frame payload 402. 本実施形態では、各ディスクアレイサブセット1 In this embodiment, each disk array subset 1
0のLUNをそのままホスト30に見せることで、フレームペイロード402の変換を不要とし、ディスクアレイスイッチの制御を簡単なものとしている。 0 of LUN is as to show the host 30, and eliminates the need for conversion of frame payload 402, and the control of the disk array switches and simplified.

【0076】本実施形態のディスクアレイスイッチ20 [0076] Disk array switch 20 of the present embodiment
は、ホストI/Fノード203ごとに特定のディスクアレイサブセット10をアクセスできるものと仮定する。 It is assumed to be able to access a particular disk array subset 10 for each host I / F node 203.
この場合、一つのホストI/F31を使うと、1台のディスクアレイサブセット10にあるLU110のみがアクセス可能である。 In this case, the use of one of the host I / F 31, only LU110 in one disk array subset 10 is accessible. 1台のホストから複数のディスクアレイサブセット10のLU110をアクセスしたい場合には、そのホストを複数のホストI/Fノード203に接続する。 If from one host you want to access the LU110 multiple disk array subset 10 connects the host to the plurality of host I / F node 203. また、複数のホスト30から1台のディスクアレイサブセット10のLU110をアクセスできるようにする場合は、同一のホストI/Fノード203にループトポロジーや、ファブリックトポロジー等を用い、 Further, when to be able to access LU110 from multiple hosts 30 one disk array subset 10 is used and a loop topology, the fabric topology like in the same host I / F node 203,
複数のホスト30を接続する。 Connecting a plurality of hosts 30. このように構成すると、 With this configuration,
1台のホスト30から1つのLU110をアクセスする際に、ホストI/Fノード203のD_ID毎にディスクアレイサブセット10が確定することになるため、各LU From one host 30 when accessing the one LU110, to become the disc array subset 10 per D_ID host I / F node 203 is determined, each LU
のLUNをそのままホスト30に見せることが可能である。 The LUN is as it is possible to show to the host 30.

【0077】本実施形態では、上述した理由により、ホスト30に、各ディスクアレイサブセット10内のLU [0077] In this embodiment, for the reasons described above, the host 30, LU of each disk array subset 10
110のLUNをそのままホスト30に見せているため、ディスクアレイスイッチ20におけるLUNの変換は不要となる。 Since the intact show the host 30 to 110 of the LUN, LUN of conversion in the disk array switch 20 is unnecessary. このため、ディスクアレイスイッチ20 For this reason, the disk array switch 20
は、ホスト30からフレームを受信すると、フレームヘッダ401のみを第1実施例と同様にして変換し、フレームペイロード402は変換せずにディスクアレイサブセット10に転送する。 Receives a frame from the host 30, and converts the only frame header 401 as in the first embodiment, the frame payload 402 be transferred to the disk array subset 10 without conversion. 本実施形態における各部の動作は、フレームペイロード402の変換が行われないことを除くと第1実施形態と同様であるので、ここでは詳細な説明を省略する。 Each part of the operation in this embodiment is the same as excluding the first embodiment that the conversion of the frame payload 402 is not performed, and a detailed description thereof will be omitted. 本実施形態によれば、ディスクアレイスイッチ20の開発を容易にできる。 According to this embodiment, possible development of the disk array switches 20 easily.

【0078】[第3実施形態]第2実施形態では、ディスクアレイスイッチのホストI/Fノードにおいて、フレームヘッダのみを変換しているが、以下に説明する第3実施形態ではフレームヘッダも含め、フレームの変換を行わない形態について説明する。 [0078] [Third Embodiment] In the second embodiment, the host I / F node of the disk array switches, although only convert frame header, including frame header in the third embodiment described below, Morphology is not performed conversion of the frame will be described. 本実施形態のコンピュータシステムは、図1に示す第1実施形態におけるコンピュータシステムと同様に構成される。 The computer system of this embodiment is configured similarly to the computer system of the first embodiment shown in FIG.

【0079】第1、および第2実施形態では、ホスト3 [0079] In the first and second embodiments, the host 3
0に対し、ディスクアレイサブセット10の台数や、L 0 to, and the number of disk array subset 10, L
U110の構成等、ディスクアレイシステム1の内部構成を隠蔽している。 Configuration of U 110, are concealed internal structure of the disk array system 1. このため、ホスト30からはディスクアレイシステム1が全体で1つの記憶装置として見える。 Therefore, it appears as a single storage device in the entire disk array system 1 from the host 30. これに対し、本実施形態では、ディスクアレイサブセット10をそのままホスト30に公開し、ホスト30 In contrast, in the present embodiment, exposes the disk array subset 10 directly to the host 30, the host 30
がフレームヘッダのD_IDとして直接ディスクアレイサブセットのポートのIDを使えるようにする。 There is able to use the ID of the port of the direct disk array subset as D_ID of the frame header. これにより、ディスクアレイスイッチは、フレームヘッダの情報に従ってフレームの転送を制御するだけで済み、従来技術におけるファイバチャネルのファブリック装置と同等のスイッチ装置をディスクアレイスイッチ20に替えて利用することができる。 Thereby, the disk array switches only need to control the transfer of frames according to the information in the frame header, the fabric device equivalent switching device Fiber Channel in the prior art can be utilized in place of the disk array switch 20.

【0080】ディスクアレイシステム構成管理手段70 [0080] Disk array system configuration management unit 70
は、ディスクアレイサブセット10の通信コントローラ106、及びディスクアレイスイッチ20の通信手段2 The communication means 2 of the communication controller 106, and disk array switch 20 of the disk array subset 10
04と通信して各ディスクアレイサブセット10及びディスクアレイスイッチ20の構成情報を獲得し、あるいは、設定する。 04 communicates with the acquired configuration information of each disk array subset 10 and disk array switch 20, or set.

【0081】ディスクアレイスイッチ20は、基本的には図3に示す第1実施形態におけるディスクアレイスイッチと同様の構成を有する。 [0081] Disk array switch 20 basically has the same configuration as the disk array switch of the first embodiment shown in FIG. しかし、本実施形態では、 However, in the present embodiment,
ホスト30が発行するフレームのフレームヘッダの情報をそのまま使ってフレームの転送を制御するため、第1 For controlling transfer of frames uses exactly the information of the frame header of the frame by the host 30 is issued, the first
実施形態、あるいは第2実施形態でディスクアレイスイッチ20のホストI/Fノード203、ディスクアレイI/Fノード202が有するDCT2027や、SC2 Embodiment or DCT2027 and having the host I / F node 203 of the disk array switches 20, a disk array I / F node 202 in the second embodiment,, SC2
022、SPG2024等により実現されるフレームヘッダ等の変換の機能は不要となる。 022, the conversion functions such frame header is realized by such SPG2024 is unnecessary. ディスクアレイスイッチ20が有するクロスバスイッチ201は、フレームヘッダの情報に従ってホストI/Fノード203、及びディスクアレイI/Fノード202の間でファイバチャネルのフレームの転送を行う。 Crossbar switch 201 included in the disk array switches 20 and transfers the frame of a fiber channel between the host I / F node 203 and the disk array I / F node 202, according to the information of the frame header.

【0082】本実施形態では、ディスクアレイシステムの構成をディスクアレイシステム構成管理手段70で一括して管理するために、ディスクアレイ管理用テーブル(以下、このテーブルもDCTと呼ぶ)をディスクアレイシステム構成管理手段70に備える。 [0082] In this embodiment, in order to collectively manage the configuration of a disk array system in the disk array system configuration management unit 70, the disk array management table (hereinafter, this table is also referred to as DCT) disk array system configuration comprising the management unit 70. ディスクアレイシステム構成管理手段70が備えるDCTは、図6、7 DCT provided in the disk array system configuration management means 70, FIGS
に示す、システム構成テーブル20270とサブセット構成テーブル202720〜202723の2つのテーブル群を含む。 Shown in, comprising two tables groups of system configuration table 20270 and a subset configuration table 202720-202723. なお、本実施形態では、ホストLUは全てILUとして構成されるため、ホストLU構成テーブル20271のLU Type In the present embodiment, for constitution all host LU as ILU, LU Type host LU configuration table 20271
は全て「ILU」となり、CLU Class、CLU Stripe Size All "ILU" and, CLU Class, CLU Stripe Size
は意味をなさない。 It does not make sense.

【0083】管理者は、管理端末5を操作してディスクアレイシステム構成管理手段70と通信し、ディスクアレイサブセット10のディスク容量、ディスクユニットの台数等の情報を得て、ディスクアレイサブセット10 [0083] administrator communicates with the disk array system configuration management unit 70 by operating the management terminal 5, a disk capacity of the disk array subsets 10, with the information of the number of the disk unit, the disk array subset 10
のLU110の設定、RAIDレベルの設定等を行う。 Set of LU110, perform the RAID level of the setting, and the like.
次に管理者は、管理端末5によりディスクアレイシステム構成管理手段70と通信し、ディスクアレイスイッチ20を制御して、各ホスト30とディスクアレイサブセット20間の関係情報を設定する。 The administrator then communicates with the disk array system configuration manager 70 via the management terminal 5, and controls the disk array switches 20, sets the relationship information between the host 30 and the disk array subset 20.

【0084】以上の操作により、ディスクアレイシステム1の構成が確立し、ホスト30から管理者が望む通りにLU110が見えるようになる。 [0084] By the above operation, to establish the configuration of the disk array system 1, so LU110 as the administrator desires the host 30 is visible. ディスクアレイ構成管理手段70は以上の設定情報を保存し、管理者からの操作に応じ構成の確認や、構成の変更を行うことができる。 Disk array configuration manager 70 saves the above setting information, check the configuration according to the operation of the administrator, it is possible to change the configuration.

【0085】本実施形態によれば、ひとたびディスクアレイシステム1を構成すれば、管理者からディスクアレイスイッチ20の存在を認識させることが無く、複数のディスクアレイサブシステムを1台のディスクアレイシステムと同様に扱うことができる。 According to [0085] this embodiment, once when constituting the disk array system 1, without thereby recognize the presence of the disk array switch 20 from the administrator, and one of the plurality of disk array subsystem disk array system it can be treated in the same manner. また、本実施形態によれば、ディスクアレイスイッチ20とディスクアレイサブセット10は、同一の操作環境によって統一的に操作することができ、その構成確認や、構成変更も容易になる。 Further, according to this embodiment, the disk array switch 20 and the disk array subset 10 can be operated uniformly by the same operating environment, the configuration check will also facilitate configuration changes. さらに、本実施形態によれば、従来使用していたディスクアレイシステムを本実施形態におけるディスクアレイシステムに置き換える場合に、ホスト30の設定を変更することなく、ディスクアレイシステム1の構成をそれまで使用していたディスクアレイシステムの構成に合わせることができ、互換性を維持できる。 Furthermore, the use according to the present embodiment, when replacing a disk array system which has been conventionally used in the disk array system of the present embodiment, without changing the setting of the host 30, the configuration of the disk array system 1 until it and can be tailored to the structure of the disk array system has been possible to maintain the compatibility.

【0086】[第4実施形態]以上説明した第1から第3の実施形態では、ホストI/Fにファイバチャネルを使用している。 [0086] [Fourth Embodiment] The above-described first to third embodiments, using a Fiber Channel host I / F. 以下に説明する実施形態では、ファイバチャネル以外のインタフェースが混在した形態について説明する。 In the embodiments described below will be described embodiments where interface other than Fiber Channel are mixed.

【0087】図17は、ホストI/FがパラレルSCS [0087] FIG. 17, the host I / F is parallel SCS
Iである場合のホストI/Fノード203内部のIC2 Host I / F node when it is I 203 internal IC2
023の一構成例を示す。 An example of a configuration of 023. 20230はパラレルSCSIのプロトコル制御を行うSCSIプロトコルコントローラ(SPC)、20233はファイバチャネルのプロトコル制御を行うファイバチャネルプロトコルコントローラ(F 20230 The SCSI protocol controller for parallel SCSI protocol control (SPC), 20233 Fiber Channel Protocol controller for performing protocol control Fiber Channel (F
PC)、20231はパラレルSCSIとファイバチャネルのシリアルSCSIをプロトコル変換するプロトコル変換プロセッサ(PEP)、20232はプロトコル変換中データを一時保存するバッファ(BUF)である。 PC), 20231 Parallel SCSI and protocol conversion processor for serial SCSI protocol conversion Fiber Channel (PEP), 20232 is a buffer (BUF) for temporarily storing the protocol conversion data.

【0088】本実施形態において、ホスト30は、ディスクアレイI/Fノード203に対してSCSIコマンドを発行する。 [0088] In this embodiment, the host 30 issues a SCSI command to the disk array I / F node 203. リードコマンドの場合、SPC20230 In the case of a read command, SPC20230
は、これをBUF20232に格納し、PEP20231に割り込みでコマンドの受信を報告する。 Stores it in BUF20232, reports the reception of the command interrupt PEP20231. PEP20231は、BU PEP20231 is, BU
F20232に格納されたコマンドを利用し、FPC20233へのコマンドに変換し、FPC20233に送る。 Using the stored commands F20232, converts the command into FPC20233, send FPC20233. FPC20233 FPC20233
は、このコマンドを受信すると、フレーム形式に変換し、SC2022に引き渡す。 It receives this command, and converts the frame format, delivers the SC2022. この際、エクスチェンジID、シーケンスID、ソースID、デスティネイションIDは、以降の処理が可能なようにPEP20231により付加される。 In this case, exchange ID, sequence ID, a source ID, a destination ID is added by PEP20231 to allow subsequent processing. あとのコマンド処理は、第1実施形態と同様に行われる。 Command processing after is carried out in the same manner as the first embodiment.

【0089】ディスクアレイサブセット10は、データの準備が完了すると、データ転送準備完了フレームの発行、データ転送、正常終了後ステータスフレームの発行を実施する。 [0089] Disk array subset 10, when data is ready, the issuance of the data transfer ready frame, data transfer, to implement the issuance of after a successful status frame. ディスクアレイサブセット10からIC2 From the disk array subset 10 IC 2
023までの間では、フレームヘッダ401やフレームペイロード402が必要に応じ変換されながら、各種フレームの転送が行われる。 In Until 023, while being converted if necessary frame header 401 and frame payload 402, the transfer of the various frame. IC2023のFPC20233 IC2023 of FPC20233
は、データ転送準備完了フレームを受信し、続いてデータを受信してBUF20232に格納し、続けて正常に転送が終わったならば、ステータスフレームを受信し、PT Is, if receiving the data transfer ready frame, followed by receiving and storing data in BUF20232, was finished successfully transferred to continue to receive the status frame, PT
P20231に割り込みをかけてデータの転送完了を報告する。 To report the completion of transfer of data over an interrupt to the P20231. PTP20231は、割り込みを受けると、SPC20230 PTP20231, upon receiving the interrupt, SPC20230
を起動し、ホスト30に対しデータ転送を開始するよう指示する。 Start an instruction to start data transfer to the host 30. SPC20230はホスト30にデータを送信し、正常終了を確認するとPTP20231に対し割り込みで正常終了を報告する。 SPC20230 sends data to the host 30, reports the normal termination in the interrupt to Check success PTP20231.

【0090】ここでは、ファイバチャネル以外のホストI/Fの例としてパラレルSCSIを示したが、他のインタフェース、例えば、メインフレームへのホストI/ [0090] Here, although the parallel SCSI as an example of the host I / F other than Fiber Channel, other interfaces, for example, to the mainframe host I /
FであるESCON等に対しても同様に適用することが可能である。 Even for ESCON like it is F can be applied as well. ディスクアレイスイッチ20のホストI/Fノード203として、例えば、ファイバチャネル、パラレルSCSI、及びESCONに対応したホストI/Fノードを設けることで、1台のディスクアレイシステム1に、 As the host I / F node 203 of the disk array switches 20, for example, Fiber Channel, parallel SCSI, and by providing the host I / F node corresponding to ESCON, in one disk array system 1,
メインフレームと、パーソナルコンピュータ、ワークステーション等のいわゆるオープンシステムの両方を混在させて接続することが可能である。 A main frame, a personal computer, it is possible to connect a mix of both so-called open system such as a workstation. 本実施形態では、ディスクアレイI/Fとしては、第1から第3実施形態と同様、ファイバチャネルを用いているが、ディスクアレイI/Fに対しても任意のI/Fを使用することが可能である。 In the present embodiment, the disk array I / F, it similar to the third embodiment from the first, but using the Fiber Channel, using any of the I / F with respect to the disk array I / F possible it is.

【0091】[第5実施形態]次に、ディスクアレイシステム1の構成管理の方法について、第5実施形態として説明する。 [0091] [Fifth Embodiment] Next, a method for configuration management of the disk array system 1 will be described as a fifth embodiment. 図18は、本実施形態のシステム構成図である。 Figure 18 is a system configuration diagram of this embodiment. 本実施形態では、ホスト30が4台設けられている。 In the present embodiment, the host 30 is provided four. ホスト“#0”、“#1”とディスクアレイシステム1の間のI/F30はファイバチャネル、ホスト“# Host "# 0", I / F30 Fiber Channel between the "# 1" and the disk array system 1, the host "#
2”とディスクアレイシステム1の間は、パラレルSC Between 2 "and the disk array system 1, parallel SC
SI(Ultra SCSI)、ホスト“#3”とディスクアレイシステム1の間は、パラレルSCSI(Ultra2 SCSI)で接続されている。 SI (Ultra SCSI), host "# 3" and between the disk array system 1 is connected by a parallel SCSI (Ultra2 SCSI).

【0092】パラレルSCSIのディスクアレイスイッチ20への接続は第4実施形態と同様に行われる。 [0092] connected to the parallel SCSI disk array switch 20 is performed similarly to the fourth embodiment. ディスクアレイシステム1は、4台のディスクアレイサブセット30を有する。 Disk array system 1 includes a four disk array subset 30. ディスクアレイサブセット“#0” Disk array subset "# 0"
には4つの独立LU、ディスクアレイサブセット“# Four independent LU in the disk array subset "#
1”には2つの独立LUがそれぞれ構成されている。ディスクアレイサブセット“#2”と“#3”で1つの統合LUが構成されている。本実施形態では、第1実施形態と同様、ホスト30に対しディスクアレイサブセット10を隠蔽し、ファイバチャネルのフレームを変換するものとする。各LUに割り当てられるLUNは、ディスクアレイサブセット“#0”のLUから順に、LUN= 1 "into two independent LU is configured respectively. Disk array subset" one integrated LU in # 2 "and" # 3 "is formed. In this embodiment, like the first embodiment, hides the disk array subset 10 to the host 30, and converts the frame of the fiber channel. LUN assigned to each LU, in order from LU of the disk array subset "# 0", LUN =
0、1、2、・・・6までの7つである。 0, 1, 2, is seven to ... 6.

【0093】図19は、管理端末5の表示画面上に表示される画面の一例である。 [0093] Figure 19 is an example of a screen displayed on the display screen of the management terminal 5. 図は、ホストI/F31と各論理ユニット(LU)との対応を示した論理接続構成画面である。 Figure is a logical connection configuration screen showing the correspondence between the host I / F 31 with each logical unit (LU).

【0094】論理接続構成画面50には、各ホストI/ [0094] The logical connections configuration screen 50, each host I /
F31に関する情報3100、各LU110に関する情報11000、ディスクアレイサブセット10とLU110 F31 Information 3100, each LU110 information 11000 relating to a disk array subset 10 LU110
の関係等が表示される。 Of the relationship, and the like are displayed. ホストI/F31に関する情報としては、I/F種類、I/F速度、ステータス等が含まれる。 The information related to the host I / F31, I / F type, I / F rate includes status and the like. LU110に関する情報としては、格納サブセット番号、LUN、容量、RAIDレベル、ステータス、情報、等が表示される。 The information about LU110, storing the subset number, LUN, capacity, RAID level, status, information, and the like are displayed. 管理者はこの画面を参照することで、容易にディスクアレイシステム1の構成を管理することができる。 Administrators By referring to this screen, it is possible to easily manage the configuration of the disk array system 1.

【0095】論理接続構成画面50上で、ホストI/F [0095] over logical connection configuration screen 50, a host I / F
とLUの間に引かれている線は、各ホストI/F31を経由してアクセス可能なLU110を示している。 And drawn to have a line between the LU shows accessible LU110 via each host I / F 31. ホストI/Fから線の引かれていないLU110に対して、 Against LU110 not pulled from the host I / F of linear,
そのホストI/Fに接続するホスト30からはアクセスできない。 It can not be accessed from the host 30 connected to the host I / F. ホスト30によって、扱うデータ形式が異なり、また使用者も異なることから、セキュリティ維持上、適切なアクセス制限を設けることが不可欠である。 By the host 30, different handles data format, and from even different users, security maintenance, it is essential to provide the appropriate access restrictions.
そこで、システムを設定する管理者が、この画面を用いて、各LU110とホストI/Fとの間のアクセス許可をあたえるか否かによって、アクセス制限を実施する。 Therefore, the administrator to configure the system, using this screen, depending on whether or not give permission between each LU110 and the host I / F, to enforce access restrictions.
図において、例えば、LU“#0”は、ホストI/F In the figure, for example, LU "# 0", the host I / F
“#0”および“#1”からアクセス可能であるが、ホストI/F“#2”、“#3”からはアクセスできない。 "# 0" and it is accessible from "# 1", the host I / F "# 2", can not be accessed from the "# 3". LU“#4”は、ホストI/F“#2”からのみアクセス可能である。 LU "# 4" is accessible only from the host I / F "# 2".

【0096】このようなアクセス制限を実現するためアクセス制限情報は、ディスクアレイシステム構成管理手段70からディスクアレイスイッチ20に対して送信される。 [0096] access-control information for realizing such access restriction is transmitted from the disk array system configuration management unit 70 to the disk array switch 20. ディスクアレイスイッチ20に送られたアクセス制限情報は、各ホストI/Fノード203に配信され、 Access restriction information sent to the disk array switch 20 is delivered to the host I / F node 203,
各ホストI/Fノード203のDCT2027に登録される。 It is registered in the DCT2027 each host I / F node 203. ホストにより、アクセスが制限されたLUに対するLU存在有無の検査コマンドが発行された場合、各ホストI/Fノード203は、DCT2027の検査を行い、検査コマンドに対し応答しないか、あるいは、エラーを返すことで、そのLUは、ホストからは認識されなくなる。 By the host, if issued inspection command LU existence for LU with restricted access, the host I / F node 203 inspects the DCT2027, or not respond to test commands, or returns an error it is, the LU is no longer recognized by the host. LU存在有無の検査コマンドとしては、SCS The inspection command of LU existence, SCS
Iプロトコルの場合、Test Unit Readyコマンドや、Inq In the case of I protocol, and Test Unit Ready command, Inq
uiryコマンドが一般に用いられる。 uiry command is generally used. この検査なしに、リード/ライトが実施されることはないため、容易にアクセスの制限をかけることが可能である。 Without this test, since the read / write will not be performed, it is possible to apply easily access restrictions.

【0097】本実施形態ではホストI/F31毎にアクセス制限をかけているが、これを拡張することで、ホスト30毎にアクセス制限をかけることも容易に実現できる。 [0097] In the present embodiment has restricted access for each host I / F 31, by extending it, it can be easily realized by restricting access for each host 30. また、ホストI/F31、ホスト30、あるいは、 The host I / F 31, the host 30 or,
アドレス空間を特定して、リードのみ可、ライトのみ可、リード/ライトとも可、リード/ライトとも不可といった、コマンドの種別に応じたアクセス制限をかけることもできる。 To identify the address space, variable read only, write only variable, the read / write both friendly, such as read / write both disabled, may be restricting access in accordance with the type of the command. この場合、アクセス制限情報としてホストI/F番号、ホストID、アドレス空間、制限コマンド等を指定してディスクアレイスイッチ20に制限を設定する。 In this case, the access restriction information as the host I / F number, host ID, the address space, by specifying the limit command or the like to set a limit to the disk array switch 20.

【0098】次に、新たなディスクアレイサブセット1 [0098] Next, a new disk array subset 1
0の追加について説明する。 Additional 0 will be described. ディスクアレイサブセット10を新規に追加する場合、管理者は、ディスクアレイスイッチ20の空いているディスクアレイI/Fノード202に追加するディスクアレイサブセット10を接続する。 When adding a disk array subset 10 is newly administrator connects the disk array subset 10 to be added to the disk array I / F node 202 vacant disk array switch 20. つづけて、管理者は、管理端末5を操作し、論理接続構成画面50に表示されている「最新状態を反映」 Subsequently, the administrator operates the management terminal 5, are displayed in the logical connection configuration screen 50 "reflect the current state."
ボタン5001を押下する。 The user presses the button 5001. この操作に応答して、未設定のディスクアレイサブセットを表す絵が画面上に表示される(図示せず)。 In response to this operation, a picture representing the disc array subset unconfigured is displayed on the screen (not shown). このディスクアレイサブセットの絵が選択されるすると、ディスクアレイサブセットの設定画面が現れる。 When painting the disk array subset is selected, the setting screen of the disk array subsets appear. 管理者は、表示された設定画面上で、 The administrator, on the setting screen displayed,
新規に追加されたディスクアレイサブセットの各種設定を実施する。 It performs various settings of the disk array subset newly added. ここで設定される項目にはLUの構成、R Configuration of LU to items to be set here, R
AIDレベル等がある。 There is a AID level, etc.. 続けて、図19の論理接続構成図の画面に切り替えると、新規ディスクアレイサブセットとLUが現れる。 Subsequently, when switching on the screen of the logical connection configuration diagram of FIG. 19, it appears a new disk array subset and LU. 以降、ホストI/F31毎に対するアクセス制限を設定し、「設定実行」ボタン5002を押下すると、ディスクアレイスイッチ20に対し、アクセス制限情報、およびディスクアレイサブセット、LU Later, set access restrictions for each host I / F 31, and presses the "Set Run" button 5002, the disk array switch 20, the access restriction information, and the disk array subsets, LU
の情報が転送され、設定が実行される。 Information is transferred, setting is performed.

【0099】各ディスクアレイサブセット10にLU1 [0099] Each disk array subset 10 LU1
10を追加する際の手順も上述した手順で行われる。 Procedure for adding 10 also performed by the procedure described above. また、ディスクアレイサブセット、およびLUの削除についてもほぼ同様の手順で行われる。 Also, performed at substantially the same procedure for deleting the disk array subsets, and LU. 異なる点は、管理者が各削除部位を画面上で選択して「削除」ボタン500 The difference is that the administrator can select each deletion site on the screen "Delete" button 500
3を押下し、適切な確認が行われたのち、実行される点である。 3 by pressing the, after the appropriate check is performed, a point to be executed. 以上のように、管理端末70を用いることで、 As described above, by using the management terminal 70,
管理者はディスクアレイシステム全体を一元的に管理できる。 Administrator can centrally manage the entire disk array system.

【0100】[第6実施形態]次に、ディスクアレイスイッチ20によるミラーリングの処理について、第6実施形態として説明する。 [0100] [Sixth Embodiment] Next, a process of mirroring by the disk array switch 20 will be described as the sixth embodiment. ここで説明するミラーリングとは、2台のディスクアレイサブセットの2つの独立LU The mirroring described here, two independent LU of two disk array subset
により二重書きをサポートする方法であり、ディスクアレイサブセットのコントローラまで含めた二重化である。 By a method for supporting dual writing, a duplex that includes until the controller of the disk array subset. 従って、信頼性は、ディスクのみの二重化とは異なる。 Therefore, the reliability, different from the duplication of the disk only.

【0101】本実施形態におけるシステムの構成は図1 [0102] The configuration of the system in the embodiment 1
に示すものと同じである。 It is the same as that shown in. 図1に示す構成おいて、ディスクアレイサブセット“#0”と“#1”は全く同一のLU構成を備えており、この2つのディスクアレイサブセットがホスト30からは1つのディスクアレイとして見えるものとする。 Keep the configuration shown in FIG. 1, a disk array subset "# 0" and "# 1" has exactly with the same LU configuration, as the two disk array subsets appear as a single disk array from the host 30 to. 便宜上、ミラーリングされたディスクアレイサブセットのペアの番号を“#01”と呼ぶ。 For convenience, referred to as the number of mirrored disk array subset pair "# 01".
また、各ディスクアレイサブセットのLU“#0”とL Further, L and LU "# 0" of each disk array subset
U“#1”によってミラーリングペアが形成され、このLUのペアを便宜上、LU“#01”と呼ぶ。 U mirrored pair by "# 1" is formed, a pair of the LU for convenience, referred to as LU "# 01". DCT2 DCT2
027のホストLU構成テーブル20271上でLU#01 LU # 01 on the host LU configuration table 20271 of 027
を管理するための情報は、CLU Classに「Mirrored」が設定され、LU Info.として、LU#0とLU#1に関する情報が設定される。 Information for managing the "Mirrored" is set to CLU Class, as LU Info., Information about the LU # 0 and LU # 1 is set. その他の各部の構成は第1実施形態と同様である。 Configuration of other units are the same as the first embodiment.

【0102】本実施形態における各部の動作は、第1実施例とほぼ同様である。 [0102] each part of the operation in this embodiment is substantially the same as the first embodiment. 以下、第1実施形態と相違する点について、ディスクアレイスイッチ20のホストI/ Hereinafter, the differences from the first embodiment, the disk array switches 20 host I /
Fノード203の動作を中心に説明する。 It will be mainly described an operation of the F node 203. 図20は、本実施形態におけるライト動作時に転送されるフレームのシーケンスを示す模式図、図21、22は、ライト動作時におけるホストI/Fノード203による処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 20 is a schematic diagram showing the sequence of frames to be transferred during a write operation in the present embodiment, FIG. 21 is a flow chart illustrating a flow of processing by the host I / F node 203 during a write operation.

【0103】ライト動作時、ホスト30が発行したライトコマンドフレーム(FCP_CMD)は、IC2023により受信される(図20の矢印(a):ステップ2100 [0103] During a write operation, the write command frame by the host 30 issued (FCP_CMD) is received by the IC2023 (arrow in FIG. 20 (a): Step 2100
1)。 1). IC2023により受信されたライトコマンドフレームは、第1実施形態で説明したリード動作時におけるステップ20002 20005と同様に処理される(ステップ Has been write command frame is received by the IC2023, it is treated as in steps 20002 20005 during read operation described in the first embodiment (step
21002 - 21005)。 21002 - 21005).

【0104】SC2022は、SP2021を使ってD [0104] The SC2022, D using the SP2021
CT2027を検索し、ミラー化されたディスクアレイサブセット“#01”のLU“#01”へのライトアクセス要求であることを認識する(ステップ21006)。 Find the CT2027, recognizes that a write access request to the LU "# 01" of the mirrored disk array subset "# 01" (step 21006). S
C2022は、FB2025上に、受信したコマンドフレームの複製を作成する(ステップ21007)。 C2022 is on FB2025, to create a duplicate of the received command frame (step 21007). SC20 SC20
22は、DCT2027に設定されている構成情報に基づいてコマンドフレームの変換を行い、LU“#0”とLU“#1”の両者への別々のコマンドフレームを作成する(ステップ21008)。 22 performs conversion of the command frame based on the configuration information set in the DCT2027, create a separate command frame to both the LU "# 0" and LU "# 1" (step 21008). ここで、LU“#0”を主L Here, the LU "# 0" main L
U、LU“#1”を従LUと呼び、コマンドフレームにもそれぞれ主コマンドフレーム、従コマンドフレームと呼ぶ。 U, LU "# 1" is referred to as the slave LU, respectively, also in the command frame main command frame, called a slave command frame. そして、両者別々にET2026にエクスチェンジ情報を格納し、ディスクアレイサブセット“#0”およびディスクアレイサブセット“#1”に対し作成したコマンドフレームを発行する(図20の矢印(b0) Then, both stores exchange information separately ET2026, it issues a command frame created the disk array subset "# 0" and disk array subset "# 1" (arrow in FIG. 20 (b0)
(b1):ステップ21009)。 (B1): step 21009).

【0105】各ディスクアレイサブセット“#0”、 [0105] Each disk array subset "# 0",
“#1”は、コマンドフレームを受信し、それぞれ独立にデータ転送準備完了フレーム(FCP_XFER_RDY)をディスクアレイスイッチ20に送信する(図20の矢印(c "# 1" receives the command frame, each independently in the data transfer ready frame (FCP_XFER_RDY) sends to the disk array switch 20 (arrow in FIG. 20 (c
0)(c1))。 0) (c1)). ディスクアレイスイッチ20では、ホストI/Fノード203が、第1実施形態におけるリード動作のステップ20011 20013と同様の処理により転送されてきたデータ転送準備完了フレームを処理する(ステップ21011 - 21013)。 In the disk array switch 20, the host I / F node 203, the processing at the step 20011 20013 Data Transfer Ready frame transferred by the same processing as the read operation in the first embodiment (step 21011 - 21013).

【0106】各ディスクアレイサブセットからのデータ転送準備完了フレームがそろった段階で(ステップ2101 [0106] In the stage of uniform data transfer ready frame from a subset each disk array (step 2101
4)、SC2022は、主データ転送準備完了フレームに対する変換を実施し(ステップ21015)、IC202 4), SC2022 is to perform transformations on the main data transfer ready frame (step 21015), IC 202
3により変換後のフレームをホスト30に送信する(図20の矢印(d):ステップ21015)。 3 by transmitting a frame after the conversion to the host 30 (arrow in FIG. 20 (d): Step 21015).

【0107】ホスト30は、データ転送準備完了フレームを受信した後、ライトデータ送信のため、データフレーム(FCP_DATA)をディスクアレイスイッチ20に送信する(図20の矢印(e))。 [0107] The host 30, after receiving the data transfer ready frame, since the write data transmission, transmits data frame (FCP_DATA) in the disk array switch 20 (arrow in FIG. 20 (e)). ホスト30からのデータフレームは、IC2023により受信されると(ステップ21031)、リードコマンドフレームやライトコマンドフレームと同様に、FB2025に格納され、CRC検査、フレームヘッダの解析が行われる(ステップ2103 The data frame from the host 30 and received by the IC2023 (step 21031), similarly to the read command frame or a write command frame, stored in the FB2025, CRC checking, analyzing the frame header is performed (step 2103
2、21033)。 2,21033). フレームヘッダの解析結果に基づき、ET Based on the analysis result of the frame header, ET
2026がSP2021により検索され、エクスチェンジ情報が獲得される(ステップ21034)。 2026 is retrieved by the SP2021, exchange information is acquired (Step 21034).

【0108】SC2022は、ライトコマンドフレームのときと同様に複製を作成し(ステップ21035)、その一方をディスクアレイサブセット“#0”内のLU“# [0108] SC2022 creates a duplicate as in the case of a write command frame (step 21035), while the disk array subset LU in the "# 0" "#
0”に、他方をディスクアレイサブセット“#1”内のLU“#1”に向けて送信する(図20の矢印(f0) "In the other disk arrays subset" 0 transmits towards the # 1 "" LU in "# 1 (arrows in Figure 20 (f0)
(f1):ステップ21037)。 (F1): step 21037).

【0109】ディスクアレイサブセット“#0”、“# [0109] disk array subset "# 0", "#
1”は、各々、データフレームを受信し、ディスクユニット104に対しそれぞれライトし、ステータスフレーム(FCP_RSP)をディスクアレイスイッチ20に送信する。 1 ", respectively, the data frame is received, each write to the disk unit 104, and transmits status frame (FCP_RSP) in the disk array switches 20.

【0110】SC2022は、ディスクアレイサブセット“#0”、“#1”それぞれからステータスフレームを受信すると、それらのステータスフレームから拡張ヘッダを外してフレームヘッダを再現し、ET2026からエクスチェンジ情報を獲得する(ステップ21041、210 [0110] SC2022 is a disk array subset "# 0", "# 1" when receiving the status frame from each reproduce the frame header by removing the extension headers from their status frame, acquiring exchange information from ET2026 ( step 21041,210
42)。 42).

【0111】ディスクアレイサブセット“#0”、“# [0111] disk array subset "# 0", "#
1”の両者からのステータスフレームが揃うと(ステップ21043)、ステータスが正常終了であることを確認のうえ、LU“#0”からの主ステータスフレームに対する変換を行い(ステップ21044)、従ステータスフレーム消去する(ステップ21045)。そして、IC2023 1 "status frame from both are aligned in the (step 21043), after confirming that the status is successful, LU" performs the conversion to the main status frame from # 0 "(step 21044), the slave status frame to erase (step 21045). Then, IC2023
は、正常終了を報告するためのコマンドフレームをホストに送信する(図20の矢印(h):ステップ2104 Sends a command frame for reporting the normal end to the host (arrow in FIG. 20 (h): Step 2104
6)。 6). 最後にSP2021は、ET2026のエクスチェンジ情報を消去する(ステップ21047)。 Finally SP2021 erases exchange information ET2026 (step 21047).

【0112】以上でミラーリング構成におけるライト処理が終了する。 [0112] write processing in the mirroring configuration above is completed. ミラーリングされたLU“#01”に対するリード処理は、データの転送方向が異なるだけで、 Read processing for mirrored LU "# 01" is a data transfer direction are different only
上述したライト処理とほぼ同様に行われるが、ライトとは異なり、2台のディスクアレイサブセットにリードコマンドを発行する必要はなく、どちらか一方に対してコマンドフレームを発行すればよい。 Is performed in substantially the same manner as above-described write processing, unlike the light, there is no need to issue a read command to the two disk array subsets, may issue a command frame to either. たとえば、常に主L For example, always the main L
Uに対してコマンドフレームを発行してもよいが、高速化のため、主/従双方のLUに対して、交互にコマンドフレームを発行するなどにより、負荷を分散すると有効である。 It may issue a command frame to U, but for speed, with respect to LU main / 従双 direction, such as by issuing a command frame alternately, it is effective to distribute the load.

【0113】上述した処理では、ステップ21014、及びステップ21043で2台のディスクアレイサブセット“# [0113] In the processing described above, step 21014, and two disk array subset at step 21043 "#
0”、“#1”の応答を待ち、両者の同期をとって処理が進められる。このような制御では、双方のディスクアレイサブセットでの処理の成功が確認されてから処理が進むため、エラー発生時の対応が容易になる。その一方で、全体の処理速度が、どちらか遅いほうの応答に依存してしまうため、性能が低下するという欠点がある。 0 "," waiting for a response # 1 ", the process taking both synchronization proceeds. Since in such control, the process after successful treatment with both disk array subset is verified proceeds Error correspondence is facilitated during development. on the other hand, the overall processing speed, since the result depending on the response of either slower, there is a disadvantage that the performance is degraded.

【0114】この問題を解決するため、ディスクアレイスイッチにおいて、ディスクアレイサブセットの応答を待たずに次の処理に進んだり、ディスクアレイサブセットのどちらか一方からの応答があった時点で次の処理に進む「非同期型」の制御をすることも可能である。 [0114] To solve this problem, in the disk array switches, or forward to the next processing without waiting for a response of the disk array subsets, when there is a response from either one of the disk array subset to the next processing it is also possible to make the advance control of the "asynchronous". 非同期型の制御を行った場合のフレームシーケンスの一例を、図20において破線矢印で示す。 An example of a frame sequence when performing asynchronous control, indicated by a dotted arrow in FIG. 20.

【0115】破線矢印で示されるフレームシーケンスでは、ステップ21016で行われるホストへのデータ転送準備完了フレームの送信が、ステップ21009の処理の後、 [0115] In the frame sequence shown by dashed arrows, the transmission of the data transfer ready frame to the host performed in step 21016 is, after the processing in step 21009,
ディスクアレイサブセット10からのデータ転送準備完了フレームを待たずに実施される。 It is carried out without waiting for the data transfer ready frame from the disk array subset 10. この場合、ホストに送信されるデータ転送準備完了フレームは、ディスクアレイスイッチ20のSC2022により生成される(破線矢印(d′))。 In this case, the data transfer ready frame is the transmission to the host, generated by SC2022 disk array switch 20 (dotted arrow (d ')).

【0116】ホスト30からは、破線矢印(e′)で示されるタイミングでデータフレームがディスクアレイスイッチ20に転送される。 [0116] From the host 30, the data frame at the timing shown by a dotted arrow (e ') is transferred to the disk array switch 20. ディスクアレイスイッチ20 Disk array switch 20
では、このデータフレームが一旦FB2025に格納される。 In this data frame is temporarily stored in the FB2025. SC2022は、ディスクアレイサブセット10 SC2022 is a disk array subset 10
からのデータ転送準備完了フレームの受信に応答して、 In response to a data transfer reception preparation completion frame from,
データ転送準備完了フレームが送られてきたディスクアレイサブセット10に対し、FB2025に保持されたデータフレームを転送する(破線矢印(f0′)、(f The disk array subset 10 in which the data transfer ready frame is sent, and transfers the data frames stored in the FB2025 (dotted arrow (f0 '), (f
1′))。 1 ')).

【0117】ディスクアレイスイッチ20からホスト3 [0117] The host 3 from the disk array switch 20
0への終了報告は、双方のディスクアレイサブシステム10からの報告(破線矢印(g0′)、(g0′))があった時点でおこなわれる(破線矢印(h′))。 End report to 0, reported from both the disk array subsystem 10 (dashed arrow (g0 '), (g0')) is performed at a time point (broken line arrow (h ')). このような処理により、図20に示される時間Taの分だけ処理時間を短縮することが可能である。 By such processing, it is possible to shorten the amount corresponding processing time period Ta shown in FIG. 20.

【0118】ディスクアレイスイッチ20とディスクアレイサブセット10間のフレーム転送の途中でエラーが発生した場合、以下の処理が実施される。 [0118] If the middle error frame transfer between disk array switch 20 and the disk array subset 10 occurs, the following process is performed.

【0119】実行中の処理がライト処理の場合、エラーが発生したLUに対し、リトライ処理が行われる。 [0119] If the current operation is a write process with respect to LU an error occurs, retry processing is performed. リトライが成功すれば、処理はそのまま継続される。 If the retry is successful, the process is continued as it is. あらかじめ設定された規定の回数のリトライが失敗した場合、 If the retry number of provisions that have been pre-set has failed,
ディスクアレイスイッチ20は、このディスクアレイサブセット10(もしくはLU)に対するアクセスを禁止し、そのことを示す情報をDCT2027に登録する。 Disk array switch 20 prohibits access to the disk array subset 10 (or LU), registers information indicating that the DCT2027.
また、ディスクアレイスイッチ20は、MP200、通信コントローラ204を経由して、ディスクシステム構成手段70にそのことを通知する。 The disk array switch 20, MP200, via the communication controller 204, which informs the on disk system configuration unit 70.

【0120】ディスクシステム構成手段70は、この通知に応答して管理端末5にアラームを発行する。 [0120] Disk system configuration unit 70 issues an alarm to the management terminal 5 in response to this notification. これにより管理者は、トラブルが発生したことを認識できる。 This allows the administrator, can recognize that the trouble has occurred.
その後、ディスクアレイスイッチ20は、正常なディスクアレイサブセットを用いて運転を継続する。 Thereafter, the disk array switch 20 continues the operation with a normal disk array subset. ホスト3 Host 3
0は、エラーが発生したことを認識することはなく、処理を継続できる。 0 is not able to recognize that an error has occurred, can continue.

【0121】本実施形態によれば、2台のディスクアレイサブシステムでミラー構成を実現できるので、ディスクの耐障害性を上げることことができる。 According to [0121] this embodiment, it is possible to realize the mirror consists of two disk array subsystem, it can be increased resiliency disk. また、ディスクアレイコントローラ、ディスクアレイI/F、及びディスクアレイI/Fノードの耐障害性を上げることができ、内部バスの二重化等するくとなくディスクアレイシステム全体の信頼性を向上させることができる。 The disk array controller, disk array I / F, and can increase the fault tolerance of the disk array I / F node, to improve the reliability of the entire disk array system without the duplication or the like Suruku internal bus it can.

【0122】[第7実施形態]次に、3台以上のディスクアレイサブセット10を統合し、1台の論理的なディスクアレイサブセットのグループを構成する方法について説明する。 [0122] [Seventh Embodiment] Next, by integrating three or more disk array subset 10, describes a method of forming the group of one logical disk array subset. 本実施形態では、複数のディスクアレイサブセット10にデータを分散して格納する。 In the present embodiment, distributed and stored data to a plurality of disk array subset 10. これにより、ディスクアレイサブセットへのアクセスを分散させ、特定のディスクアレイサブセットへのアクセスの集中を抑止することで、トータルスループットを向上させる。 Thus, access to the disk array subset dispersed, by suppressing the concentration of access to a particular disk array subset, improve total throughput. 本実施形態では、ディスクアレイスイッチによりこのようなストライピング処理を実施する。 In the present embodiment, it is carrying out such a striped processing by the disk array switches.

【0123】図23は、本実施形態におけるディスクアレイシステム1のアドレスマップである。 [0123] Figure 23 is a address map disk array system 1 of this embodiment. ディスクアレイサブセット10のアドレス空間は、ストレイプサイズSでストライピングされている。 Address space of the disk array subset 10 is striped strike rape size S. ホストから見たディスクアレイシステム1のアドレス空間は、ストライプサイズS毎に、ディスクアレイサブセット“#0”、“# Address space of the disk array system 1 as seen from the host, for each stripe size S, the disk array subset "# 0", "#
1”、“#2”、“#3”に分散されている。ストライプサイズSのサイズは任意であるが、あまり小さくない方がよい。ストライプサイズSが小さすぎると、アクセスすべきデータが複数のストライプに属するストライプまたぎが発生したときに、その処理にオーバヘッドが発生するおそれがある。ストライプサイズSを大きくすると、ストライプまたぎが発生する確率が減少するので性能向上のためには好ましい。LUの数は任意に設定することができる。 1 "," # 2 "," the size of # 3 "are distributed. Stripe size S is arbitrary, too small is good. Stripe size S towards not too small, the data to be accessed by multiple when stripe crossover belonging to the stripe occurs, the overhead for the processing may there. larger stripe size S generated, the preferred .LU is to improve the performance since the probability that stripe crossover occurs is reduced the number can be set arbitrarily.

【0124】以下、本実施形態におけるホストI/Fノード203の動作について、図24に示す動作フローチャートを参照しつつ第1実施形態との相違点に着目して説明する説明する。 [0124] Hereinafter, the operation of the host I / F node 203 in this embodiment, by paying attention explain described differences from the first embodiment with reference to the flowchart shown in FIG. 24. なお、本実施形態では、DCT20 In this embodiment, DCT 20
27のホストLU構成テーブル20271上で、ストライピングされたホストLUに関する情報のCLU Classには「S On 27 host LU configuration table 20271, the CLU Class information about striped host LU "S
triped」が、CLU Stripe Sizeにはストライプサイズ「S」が設定される。 It triped "is, in the CLU Stripe Size Stripe Size" S "is set.

【0125】ホスト30がコマンドフレームを発行すると、ディスクアレイスイッチ20は、ホストI/Fノード203のIC2023でこれを受信する(ステップ2 [0125] When the host 30 issues a command frame, the disk array switch 20 receives this with IC2023 host I / F node 203 (Step 2
2001)、SC2022は、IC2023からこのコマンドフレームを受け取り、SP2021を使ってDC 2001), SC2022 receives this command frame from IC2023, DC using the SP2021
T2027を検索し、ストライピングする必要があることを認識する(ステップ22005)。 Find the T2027, aware of the need to stripe (Step 22005).

【0126】次に、SC2022は、SP2021によりDCT2027を検索し、ストライプサイズSを含む構成情報から、アクセスの対象となるデータが属するストライプのストライプ番号を求め、このストライプがどのディスクアレイサブセット10に格納されているか特定する(ステップ22006)。 [0126] Next, SC2022 searches the DCT2027 by SP2021, stores the configuration information including the stripe size S, obtains a stripe number of stripes data to be accessed belongs, the stripe in which disk array subset 10 It is identified either have (step 22006). この際、ストライプまたぎが発生する可能性があるが、この場合の処理については後述する。 At this time, there is a possibility that the stripes crossover occurs will be described later process in this case. ストライプまたぎが発生しない場合、SP2 If the stripe crossover does not occur, SP2
021の計算結果に基づき、SC2022はコマンドフレームに対し変換を施し(ステップ22007)、エクスチェンジ情報をET2026に格納する(ステップ2200 Based on the calculation results of 021, SC2022 is subjected to conversion to command frame (step 22007), stores exchange information in ET2026 (step 2200
8)。 8). 以降は、第1実施形態と同様の処理が行われる。 Thereafter, processing similar to the first embodiment is performed.

【0127】ストライプまたぎが発生した場合、SP2 [0127] If the stripe crossover occurs, SP2
021は、2つのコマンドフレームを生成する。 021 generates two command frames. この生成は、例えば、ホスト30が発行したコマンドフレームを複製することで行われる。 The product is performed, for example, by duplicating the command frame host 30 issued. 生成するコマンドフレームのフレームヘッダ、フレームペイロード等は、新規に設定する。 Frame header generation command frames, frame payload, etc. is newly set. 第6実施形態と同様、SC2022でコマンドフレームの複製を作成した後、変換を実施することも可能であるが、ここでは、SP2021により新規に作成されるものとする。 As in the sixth embodiment, after creating a copy of the command frame with SC2022, it is also possible to carry out the conversion, here, it is assumed that the newly created by SP2021. SC2022は、2つのコマンドフレームが生成されると、これらを各ディスクアレイサブセット10に送信する。 SC2022, when two command frames are generated, and transmits them to the respective disk array subset 10.

【0128】この後、第1実施形態と同様にデータ転送が実施される。 [0128] Thereafter, similarly the data transfer in the first embodiment is performed. ここで、本実施形態では、第1実施形態、あるいは第6実施形態と異なり、データ自体を1台のホスト30と2台のディスクアレイサブセット10間で転送する必要がある。 In the present embodiment, unlike the first embodiment or the sixth embodiment, it is necessary to transfer data itself one host 30 and between two disk array subset 10. たとえば、リード処理の場合、 For example, in the case of the read process,
2台のディスクアレイサブセット10から転送されるデータフレームは、すべてホスト30に転送する必要がある。 Data frame transferred two from the disk array subset 10 should be all transferred to the host 30. この際SC2022は、各ディスクアレイサブセット10から転送されてくるデータフレームに対し、ET Here SC2022, compared data frame transferred from the disk array subset 10, ET
2026に登録されたエクスチェンジ情報に従い、適切な順番で、適切なエクスチェンジ情報を付加してホスト30に送信する。 According exchange information registered in 2026, in the proper order, to the host 30 adds the appropriate exchange information.

【0129】ライト処理の場合は、コマンドフレームの場合と同様、2つのデータフレームに分割して、該当するディスクアレイサブセット10に転送する。 [0129] When the write processing, similarly to the case of the command frame is divided into two data frames are transferred to the corresponding disk array subset 10. なお、データフレームの順序制御は、ホスト、あるいはディスクアレイサブセットがアウトオブオーダー(Out of Orde The order control data frame, the host or disk array subsets out of order (Out of Orde,
r)機能と呼ばれる、順不同処理に対応しているならば必須ではない。 r) is referred to as a function, it is not essential if corresponds to the out-of-order processing.

【0130】最後に、すべてのデータ転送が完了し、ディスクアレイスイッチ20が2つのステータスフレームをディスクアレイサブセット10から受信すると、SP [0130] Finally, all of the data transfer is completed, the disk array switch 20 receives the two status frames from the disk array subset 10, SP
2021(あるいはSC2022)は、ホスト30へのステータスフレームを作成し、これをIC2023によりホスト30に送信する。 2021 (or SC2022) creates a status frame to the host 30, it transmits this by IC2023 the host 30.

【0131】本実施形態によれば、アクセスを複数のディスクアレイサブセットに分散することができるので、 According to [0131] this embodiment, it is possible to distribute the access multiple disk array subsets,
トータルとしてスループットを向上させることができるとともに、アクセスレイテンシも平均的に低減させることが可能である。 It is possible to improve the throughput as a whole, access latency is also possible to reduce average.

【0132】[第8実施形態]次に、2台のディスクアレイシステム(またはディスクアレイサブセット)間における複製の作成について、第8実施形態として説明する。 [0132] Eighth Embodiment Next, create a replication between two disk array system (or disk array subsets) will be described as an eighth embodiment. ここで説明するようなシステムは、2台のディスクアレイシステムの一方を遠隔地に配置し、天災等による他方のディスクアレイシステムの障害に対する耐性を備える。 System as described herein, one of the two disk array system is remotely located, and a resistance to failure of the other disk array system according to a natural disaster or the like. このような災害に対する対策をディザスタリカバリと呼び、遠隔地のディスクアレイシステムとの間で行われる複製の作成のことをリモートコピーと呼ぶ。 Such measures against disasters is referred to as disaster recovery, called a remote copy that the creation of replicas to be performed between the remote disk array system.

【0133】第6実施形態で説明したミラーリングでは、地理的にほぼ同一の場所に設置されたディスクアレイサブセット10でミラーを構成するので、ディスクアレイI/F21はファイバチャネルでよい。 [0133] In the mirror described in the sixth embodiment, since a mirrored geographically disk array subset 10 installed in substantially the same location, the disk array I / F21 may be a Fiber Channel. しかし、リモートコピーを行うディスクアレイ(ディスクアレイサブセット)が10kmを越える遠隔地に設置される場合、中継なしでファイバチャネルによりフレームを転送する事ができない。 However, when the disk array to carry out a remote copy (subset disk array) is installed in a remote location beyond the 10 km, it is impossible to transfer the frame by the fiber channel without relay. ディザスタリカバリに用いられる場合、お互いの間の距離は通常数百km以上となる、このため、ファイバチャネルでディスクアレイ間を接続することは実用上不可能であり、ATM(Asynchronous Tra When used in disaster recovery, the distance between each other is usually several hundred km or more. Therefore, to connect the disk array in a fiber channel is practically impossible, ATM (Asynchronous Tra
nsfer Mode)等による高速公衆回線や衛星通信等が用いられる。 nsfer Mode) High-speed public access and satellite communication, or the like is used by such.

【0134】図25は、本実施形態におけるディザスタリカバリシステムの構成例である。 [0134] Figure 25 shows a configuration example of a disaster recovery system in the present embodiment.

【0135】81はサイトA、82はサイトBであり、 [0135] 81 site A, 82 is a site B,
両サイトは、地理的な遠隔地に設置される。 Both sites are located in geographically remote areas. 9は公衆回線であり、ATMパケットがここを通過する。 9 is a public Access Included, ATM packets passing therethrough. サイトA Site A
81、およびサイトB82は、それぞれディスクアレイシステム1を有する。 81, and site B82 has a disk array system 1, respectively. ここでは、サイトA81が通常使用される常用サイトであり、サイトB82はサイトA8 Here, a common site where A81 is usually used, site B82 site A8
1が災害等でダウンしたときに使用されるリモートディザスタリカバリサイトである。 1 is a remote disaster recovery site used when down disaster.

【0136】サイトA81のディスクアレイシステム1 [0136] disk array system 1 of the site A81
0のディスクアレイサブセット“#0”、“#1”の内容は、サイトB82のディスクアレイシステム10のリモートコピー用ディスクアレイサブセット“#0”、 Disk array subset "# 0" of 0, "# 1" the content of the remote copy disk array subset of the disk array system 10 of site B82 "# 0",
“#1”にコピーされる。 It is copied to the "# 1". ディスクアレイスイッチ20 Disk array switch 20
のI/Fノードのうち、リモートサイトに接続するものはATMを用いて公衆回線9に接続されている。 Of the I / F node, which connects to a remote site is connected to a public line 9 using ATM. このノードをATMノード205と呼ぶ。 This node is called the ATM node 205. ATMノード205 ATM node 205
は、図5に示すホストI/Fノードと同様に構成され、 Is configured similarly to the host I / F node shown in FIG. 5,
IC2023がATM−ファイバチャネルの変換を行う。 IC2023 performs conversion ATM- Fiber Channel. この変換は、第4実施形態におけるSCSI−ファイバチャネルの変換と同様の方法により実現される。 This conversion is achieved by converting the same method as SCSI- Fiber Channel in the fourth embodiment.

【0137】本実施形態におけるリモートコピーの処理は、第6実施形態におけるミラーリングの処理と類似する。 [0137] processing of remote copy in this embodiment is similar to the process of mirroring in the sixth embodiment. 以下、第6実施形態におけるミラーリングの処理と異なる点について説明する。 The following describes differences from the processing of the mirroring in the sixth embodiment.

【0138】ホスト30がライトコマンドフレームを発行すると、サイトA81のディスクアレイシステム10 [0138] When the host 30 issues a write command frame, the disk array system 10 of site A81
は、第6実施形態における場合と同様にフレームの二重化を実施し、その一方を自身のディスクアレイサブセット10に転送する。 Was performed duplexing frame as in the sixth embodiment, it transfers the one on its own disk array subset 10. 他方のフレームは、ATMノード20 The other frame, ATM node 20
5によりファイバチャネルフレームからATMパケットに変換され、公衆回線9を介してサイトB82に送られる。 5 by converted from the fiber channel frame into ATM packet, are sent to the site B82 via the public line 9.

【0139】サイトB82では、ディスクアレイスイッチ20のATMノード205がこのパケットを受信する。 [0139] In site B82, ATM nodes 205 of the disk array switch 20 receives this packet. ATMノード205のIC2023は、ATMパケットからファイバチャネルフレームを再現し、SC20 IC2023 of ATM node 205, reproduces the Fiber Channel frames from the ATM packet, SC20
22に転送する。 And transfers it to the 22. SC2022は、ホスト30からライトコマンドを受信したときと同様にフレーム変換を施し、リモートコピー用のディスクアレイサブセットに転送する。 SC2022 performs similarly to frame conversion and when receiving a write command from the host 30 and transfers it to the disk array subset for remote copy. 以降、データ転送準備完了フレーム、データフレーム、ステータスフレームのすべてにおいて、ATM Later, the data transfer ready frame, data frame, in all of the status frame, ATM
ノード205においてファイバチャネル−ATM変換を行い、同様のフレーム転送処理を実施することにより、 By perform Fiber Channel -ATM conversion at node 205 performs the same frame transfer processing,
リモートコピーが実現できる。 The remote copy can be realized.

【0140】ホスト30がリードコマンドフレームを発行した際には、ディスクアレイスイッチ20は、自サイトのディスクアレイサブセット10に対してのみコマンドフレームを転送し、自サイトのディスクアレイサブセット10からのみデータをリードする。 [0140] When the host 30 issues a read command frame, the disk array switch 20 transfers the command frame only to the disk array subset 10 of its own site, only data from the disk array subset 10 of its own site to lead. このときの動作は、第1実施形態と同一となる。 Operation at this time is the same as the first embodiment.

【0141】本実施形態によれば、ユーザデータをリアルタイムでバックアップし、天災等によるサイト障害、 According to [0141] this embodiment, to back up the user data in real time, site failure by a natural disaster or the like,
ディスクアレイシステム障害に対する耐性を備えることができる。 It may include resistance to a disk array system failure.

【0142】[第9実施形態]次に、一台のディスクアレイサブセット10に包含される複数のLUの統合について説明する。 [0142] Ninth Embodiment Next, a description will be given integration of multiple LU encompassed on a single disk array subset 10. 例えば、メインフレーム用のディスク装置は、過去のシステムとの互換性を維持するために、論理ボリュームのサイズの最大値が2GBに設定されている。 For example, a disk device for the main frame, in order to maintain compatibility with previous systems, the maximum value of the size of the logical volume is set to 2GB. このようなディスクアレイシステムをオープンシステムでも共用する場合、LUは論理ボリュームサイズの制限をそのまま受けることになり、小サイズのLUが多数ホストから見えることになる。 When sharing in such a disk array system open system, LU will be subject as a limitation of the logical volume size, so that the LU of small size is visible from many hosts. このような方法では、 In such a method,
大容量化が進展した場合に運用が困難になるという問題が生じる。 A problem that the operation in case of a large capacity has been progress it is difficult to produce. そこで、ディスクアレイスイッチ20の機能により、この論理ボリューム(すなわちLU)を統合して一つの大きな統合LUを構成することを考える。 Therefore, the function of the disk array switches 20, considering the forming one large integrated LU integrates this logical volume (i.e., LU). 本実施形態では、統合LUの作成をディスクアレイスイッチ20で実施する。 In the present embodiment, implementing the creation of the integrated LU in the disk array switches 20.

【0143】本実施形態におけるLUの統合は、第1実施形態における複数のディスクアレイサブセット10による統合LUの作成と同一である。 [0143] Integration of the LU in this embodiment is the same as creating a combined LU by a plurality of disk array subset 10 in the first embodiment. 相違点は、同一のディスクアレイサブセット10内の複数LUによる統合であることだけである。 The difference is only that it is integrated by a plurality LU of the same disk array subset 10. ディスクアレイシステムとしての動作は、第1実施形態と全く同一となる。 Operation as the disk array system, exactly the same as the first embodiment.

【0144】このように、同一のディスクアレイサブセット10に包含される複数のLUを統合して一つの大きなLUを作成することで、ホストから多数のLUを管理する必要がなくなり、運用性に優れ、管理コストを低減したディスクアレイシステムを構築できる。 [0144] Thus, by creating a one large LU by integrating a plurality of LU encompassed the same disk array subset 10, eliminating the need to manage a large number of LU from the host, excellent operability , it can be constructed disk array system with a reduced management costs.

【0145】[第10実施形態]次に、ディスクアレイスイッチ10による交代パスの設定方法について、図2 [0145] [Tenth Embodiment] Next, a method of setting the alternate path by the disk array switches 10, FIG. 2
6を参照しつつ説明する。 With reference to the 6 will be described.

【0146】図26に示された計算機システムにおける各部の構成は、第1の実施形態と同様である。 [0146] configuration of the components in the computer system shown in FIG. 26 is similar to the first embodiment. ここでは、2台のホスト30が、各々異なるディスクアレイI Here, two hosts 30 are each different disk array I
/F21を用いてディスクアレイサブセット10をアクセスするとように構成していると仮定する。 Suppose to be configured when accessing the disk array subset 10 with / F21. 図では、ディスクアレイサブセット、ディスクアレイスイッチ20 In the figure, the disk array subsets, the disk array switches 20
のホストI/Fノード203およびディスクアレイI/ Host I / F node 203 and the disk array I /
Fノード202は、ここでの説明に必要な数しか示されていない。 F node 202, shows only number required for description here.

【0147】ディスクアレイサブセット10は、図2と同様の構成を有し、2つのディスクアレイI/Fコントローラはそれぞれ1台のディスクアレイスイッチ20に接続している。 [0147] Disk array subset 10 has the same configuration as that of FIG. 2, two disk array I / F controller is connected to one disk array switch 20, respectively. ディスクアレイスイッチ20の各ノードのDCT227には、ディスクアレイI/F21の交代パスが設定される。 The DCT227 of each node of the disk array switches 20, the alternate path of the disk array I / F21 is set. 交代パスとは、ある一つのパスに障害が発生した場合にもアクセス可能になるように設けられる代替のパスのことである。 The alternate path is that the alternate path is provided to also allow access if a failure occurs in one certain path. ここでは、ディスクアレイI/F“#0”の交替パスをディスクアレイI/F Here, the disk array I / F disk arrays alternate path "# 0" I / F
“#1”、ディスクアレイI/F“#1”の交替パスをディスクアレイI/F“#0”として設定しておく。 "# 1", setting the disk array I / F "# 1" alternate path as a disk array I / F "# 0". 同様に、ディスクアレイサブセット10内の上位アダプタ間、キャッシュ・交代メモリ間、下位アダプタ間のそれぞれについても交代パスを設定しておく。 Similarly, between the upper adapter disk array subset 10, between the cache replacement memory, setting the alternate path even for each between the lower adapter.

【0148】次に、図26に示すように、ディスクアレイサブセット1の上位アダプタ“#1”に接続するディスクアレイI/F21が断線し、障害が発生したと仮定して、交替パスの設定動作を説明する。 [0148] Next, as shown in FIG. 26, broken disk array I / F21 is to be connected to the upper adapter "# 1" of the disk array subset 1, assuming that a failure has occurred, the setting operation of the alternate path It will be described. このとき、障害が発生したディスクアレイI/F21を利用しているホスト“#1”は、ディスクアレイサブセット10にアクセスできなくなる。 At this time, the host utilizes disk array I / F21 failed "# 1", can not access the disk array subset 10. ディスクアレイスイッチ20は、ディスクアレイサブセット10との間のフレーム転送の異常を検出し、リトライ処理を実施しても回復しない場合、このパスに障害が発生したと認識する。 Disk array switch 20 detects the abnormality of the frame transfer between the disk array subset 10 recognizes the case where no recovery be carried out retry processing, this path fails.

【0149】パスの障害が発生すると、SP2021 [0149] When the path failure occurs, SP2021
は、DCT2027にディスクアレイI/F“#1”に障害が発生したことを登録し、交代パスとしてディスクアレイI/F“#0”を使用することを登録する。 Registers the use of registers that a failure has occurred in the disk array I / F "# 1" to DCT2027, a disk array I / F as the alternate path "# 0". 以降、ホストI/Fノード203のSC2022は、ホスト“#1”からのフレームをディスクアレイI/F“# Later, SC2022 host I / F node 203, host frame disk array I / F from "# 1" "#
0”に接続するディスクアレイI/Fノード202に転送するように動作する。 Connect to 0 "operates to transfer to the disk array I / F node 202.

【0150】ディスクアレイサブセット10の上位アダプタ101は、ホスト“#1”からのコマンドを引き継いで処理する。 [0150] upper adapter 101 of the disk array subset 10 processes taking over command from the host "# 1". また、ディスクアレイスイッチ20は、 In addition, the disk array switch 20,
ディスクアレイシステム構成管理手段70に障害の発生を通知し、ディスクアレイシステム構成管理手段70により管理者に障害の発生が通報される。 It notifies the occurrence of a failure in the disk array system configuration management unit 70, occurrence of a failure is notified to the administrator by the disk array system configuration management unit 70.

【0151】本実施形態によれば、パスに障害が発生した際の交替パスへの切り替えを、ホスト側に認識させることなく行うことができ、ホスト側の交代処理設定を不要にできる。 According to [0151] this embodiment, the switching to the alternative path when a failure occurs in the path, be recognized by the host side can be performed without, it can be made unnecessary replacement process settings on the host side. これにより、システムの可用性を向上させることができる。 Thus, it is possible to improve the availability of the system.

【0152】以上説明した各実施形態では、記憶メディアとして、すべてディスク装置を用いたディスクアレイシステムについて説明した。 [0152] In each embodiment described above, as the storage medium, it has been described a disk array system using all disk devices. しかし、本発明は、これに限定されるものではなく、記憶メディアとしてディスク装置に限らず、光ディスク装置、テープ装置、DVD装置、半導体記憶装置等を用いた場合にも同様に適用できる。 However, the present invention is not limited to this, not only the disk device as a storage medium, an optical disk device, a tape device, DVD device, also applicable to the case of using the semiconductor memory device or the like.

【0153】 [0153]

【発明の効果】本発明によれば、計算機システムの規模、要求などに応じた記憶装置システムの拡張、信頼性の向上などを容易に実現することのできる記憶装置システムを実現することができる。 According to the present invention, the scale of the computer system, expansion of the storage system in response to such a request, it is possible to realize a storage system which can easily realize such improvement of the reliability.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1実施形態のコンピュータシステムの構成図である。 1 is a configuration diagram of a computer system of the first embodiment.

【図2】第1実施形態のディスクアレイサブセットの構成図である。 2 is a block diagram of a disk array subset of the first embodiment.

【図3】第1実施形態のディスクアレイスイッチの構成図である。 3 is a block diagram of a disk array switches of the first embodiment.

【図4】第1実施形態におけるディスクアレイスイッチのクロスバスイッチの構成図である。 4 is a block diagram of a crossbar switch of the disk array switches in the first embodiment.

【図5】第1実施形態におけるディスクアレイスイッチのホストI/Fノードの構成図である。 5 is a configuration diagram of the host I / F node of the disk array switches in the first embodiment.

【図6】システム構成テーブルの構成図である。 6 is a block diagram of a system configuration table.

【図7】サブセット構成テーブルの構成図である。 7 is a block diagram of a subset configuration table.

【図8】ファイバチャネルのフレームの構成図である。 8 is a block diagram of a frame of a fiber channel.

【図9】ファイバチャネルのフレームヘッダの構成図である。 9 is a block diagram of a frame header of Fiber Channel.

【図10】ファイバチャネルのフレームペイロードの構成図である。 10 is a block diagram of the frame payload of Fiber Channel.

【図11】ホストからのリード動作時にファイバチャネルを通して転送されるフレームのシーケンスを示す模式図である。 11 is a schematic diagram showing a sequence of frames to be transferred through the fiber channel when the read operation from the host.

【図12】ホストLU、各ディスクアレイサブセットのLU、及び各ディスクユニットの対応関係を示す模式図である。 [12] Host LU, which is a schematic diagram showing a correspondence relationship between each disk array subset of LU, and the disk unit.

【図13】ライト処理時のホストI/Fノードにおける処理のフローチャートである。 13 is a flow chart for explaining the operation of the host I / F node during a write process.

【図14】スイッチングパケットの構成図である。 14 is a configuration diagram of a switching packets.

【図15】複数のディスクアレイスイッチをクラスタ接続したディスクアレイシステムの構成図である。 FIG. 15 is a block diagram of a disk array system in which a plurality of disk array switches cluster connection.

【図16】第2実施形態におけるコンピュータシステムの構成図である。 16 is a configuration diagram of a computer system in the second embodiment.

【図17】第4実施形態におけるディスクアレイスイッチのインタフェースコントローラの構成図である。 17 is a configuration diagram of an interface controller of the disk array switches in the fourth embodiment.

【図18】第5実施形態におけるコンピュータシステムの構成図である。 18 is a configuration diagram of a computer system according to the fifth embodiment.

【図19】論理接続構成画面の表示例を示す画面構成図である。 19 is a screen configuration diagram illustrating a display example of a logical connection configuration screen.

【図20】第6実施形態におけるフレームシーケンスを示す模式図である。 Figure 20 is a schematic diagram showing a frame sequence in the sixth embodiment.

【図21】第6実施形態のミラーリングライト処理時のホストI/Fノードにおける処理のフローチャートである。 21 is a flowchart of processing in the host I / F node when mirroring write processing of the sixth embodiment.

【図22】第6実施形態のミラーリングライト処理時のホストI/Fノードにおける処理のフローチャートである。 22 is a flowchart of processing in the host I / F node when mirroring write processing of the sixth embodiment.

【図23】第7実施形態におけるホストLUと各ディスクアレイサブセットのLUとの対応関係を示す模式図である。 23 is a schematic diagram showing the correspondence between the host LU and each disk array subset of the LU in the seventh embodiment.

【図24】第7実施形態におけるホストI/Fノードの処理を示すフローチャートである。 24 is a flowchart showing the processing of the host I / F node in the seventh embodiment.

【図25】第8実施形態におけるディザスタリカバリシステムの構成図である。 FIG. 25 is a block diagram of a disaster recovery system in the eighth embodiment.

【図26】交替パスの設定についての説明図である。 FIG. 26 is an explanatory diagram of the setting of the alternate path.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…ディスクアレイシステム、5…管理端末、10…ディスクアレイサブセット、20…ディスクアレイスイッチ、30…ホストコンピュータ、70…ディスクアレイシステム構成管理手段、200…管理プロセッサ、20 1 ... disk array system, 5 ... control terminal, 10 ... disk array subset, 20 ... disk array switches, 30 ... host computer, 70 ... disk array system configuration management unit, 200 ... management processor, 20
1…クロスバスイッチ、202…ディスクアレイI/F 1 ... crossbar switch, 202 ... disk array I / F
ノード、203…ホストI/Fノード、204…通信コントローラ。 Node 203 ... host I / F node 204 ... communication controller.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 山本 彰 神奈川県川崎市麻生区王禅寺1099番地 株 式会社日立製作所システム開発研究所内 (72)発明者 味松 康行 神奈川県川崎市麻生区王禅寺1099番地 株 式会社日立製作所システム開発研究所内 (72)発明者 佐藤 雅彦 神奈川県小田原市国府津2880番地 株式会 社日立製作所ストレージシステム事業部内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Akira Yamamoto Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Aso District Ozenji 1099 address Co., Ltd., Hitachi systems development Laboratory in (72) inventor Ajimatsu Yasuyuki Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Aso District Ozenji 1099 address Ltd. formula company Hitachi systems development Laboratory in (72) inventor Masahiko Sato, Odawara, Kanagawa Prefecture Kozu 2880 address stock company Hitachi storage system within the business unit

Claims (20)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】データを保持する記憶媒体を有する記憶装置と該記憶装置を制御する制御装置とを有する複数の記憶装置サブシステムと、前記複数の記憶装置サブシステムに保持されるデータを使用する計算機に接続され、記憶装置システムの構成情報を格納した構成管理テーブルと、前記計算機から送られてくるフレームに応答して、 And 1. A plurality of storage subsystems and a control unit for controlling the storage device and the storage device having a storage medium for holding data, uses the data held in the plurality of storage subsystems is connected to a computer, configure the management table storing configuration information of the storage system, in response to a frame sent from said computer,
    該フレームを解析し、前記構成管理テーブルに保持された構成情報に基づいて前記フレームを変換するフレーム変換手段とを有する第1のインタフェースノードと、各々が前記記憶装置サブシステムのいずれか1つに接続された複数の第2のインタフェースノードと、前記第1のインタフェースノード及び前記複数の第2のインタフェースノードが接続され、前記第1のインタフェースノードと前記複数の第2のインタフェースノードとの間で前記フレームの転送を行う転送手段とを有することを特徴とする記憶装置システム。 Analyzes the frame, a first interface node and a frame conversion means for converting the frame based on the configuration information stored in the configuration management table, the each one of the storage device subsystem a plurality of second interface nodes connected, wherein the first interface node and said plurality of second interface nodes are connected, between said first interface node and said plurality of second interface nodes storage system and having a transfer means for transferring said frame.
  2. 【請求項2】前記第1のインタフェースノードは、前記フレームに前記第2のインタフェースノードのノードアドレス情報を付加して出力するパケット生成手段を有し、前記転送手段は、前記ノードアドレス情報に基づいて前記第1のインタフェースノードと前記複数の第2のインタフェースノードとの間で前記フレームの転送を行うことを特徴とする請求項1記載の記憶装置システム。 Wherein said first interface node has a packet generating means for outputting by adding the node address information of the second interface node to said frame, said transfer means, based on the node address information storage system according to claim 1, characterized in that the transfer of the frame between said plurality of second interface nodes and said first interface node Te.
  3. 【請求項3】前記フレームは、転送元及び転送先を指定する識別子を保持するヘッダ部と、転送される実体データを保持するデータ実体部とを有し、前記変換手段は、 Wherein the frame has a header portion for holding an identifier that specifies the transfer source and transfer destination, and a data entity portion for holding the actual data to be transferred, and the converting means,
    前記構成情報に基づき前記ヘッダ部に保持された転送先の識別子を変換することを特徴とする請求項1記載の記憶装置システム。 Storage system according to claim 1, wherein the converting the transfer destination identifier stored in the header portion based on the configuration information.
  4. 【請求項4】前記フレームは、前記データ実体部に、前記計算機により認識されている第1の論理アドレス情報を含み、前記変換手段は、前記構成管理テーブルに保持された前記構成情報に基づいて、前記第1の論理アドレス情報を、該フレームの転送先となる記憶装置サブシステム内で管理される第2の論理アドレスに変換することを特徴とする請求項3記載の記憶装置システム。 Wherein said frame is the data entity portion includes a first logical address information that is recognized by the computer, the converting means, based on the configuration information stored in the configuration management table the first logical address information, the storage system according to claim 3, wherein the conversion to the second logical address managed by the storage subsystem as the transfer destination of the frame.
  5. 【請求項5】前記記憶装置システムは、さらに、前記転送手段に接続し、オペレータから記憶装置システムの構成を定義する構成情報の入力を受け付け、該入力に応答して、各ノードの前記構成管理テーブルに前記構成情報を設定する管理プロセッサを有することを特徴とする請求項1記載の記憶装置システム。 Wherein said storage device system further connected to said transfer means, accepts the input of the configuration information defining the configuration of the storage system from the operator, in response to the input, the configuration management of the nodes storage system according to claim 1, characterized in that it has a management processor for setting the configuration information in the table.
  6. 【請求項6】前記構成情報は、前記計算機から前記複数の記憶装置サブシステムへのアクセスを制限する情報を含むことを特徴とする請求項5記載の記憶装置システム。 Wherein said configuration information storage system according to claim 5, characterized in that it comprises information to restrict access to the plurality of storage subsystem from the computer.
  7. 【請求項7】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータの書き込みを指示するライトコマンドフレームに応答して、該ライトコマンドフレーム及びそれに続くデータフレームについてそれらの複製を生成し、前記ライトコマンドフレーム及びそれに続くデータフレームが少なくとも2つの記憶装置サブシステムに送られるよう、各々のフレームに異なるノードアドレス情報を付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項2記載の記憶装置システム。 Wherein said first interface node, wherein in response to a write command frame for instructing writing of data transferred from the computer to generate their replication for the write command frame and data frames subsequent the so write command frame and data frames following it to be sent to at least two storage subsystems, according to claim 2, characterized in that by adding different node address information in each frame is transferred to the transfer means a storage system.
  8. 【請求項8】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータのリードを指示するリードコマンドフレームに応答して、該リードコマンドフレームの複製を生成し、前記少なくとも2つの記憶装置サブシステムに前記リードコマンドフレームが送られるように、各々のリードコマンドフレームに異なるノードアドレス情報を付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項7記載の記憶装置サブシステム。 Wherein said first interface node, wherein in response to a read command frame for instructing read of the data transferred from the computer to produce a copy of the read command frame, the at least two storage devices wherein the sub-system to the read command frame is transmitted, the storage subsystem according to claim 7, wherein the by adding different node address information to each of the read command frame to transfer to the transfer means.
  9. 【請求項9】前記第1のインタフェースノードは、前記リードコマンドフレームに応答して前記少なくとも2つの記憶装置サブシステムから転送されてくるデータフレームを受信し、その一方を選択して前記計算機に転送することを特徴とする請求項8記載の記憶装置システム。 Wherein said first interface node, transfers the response to the read command frame to receive the at least two storage devices data frames transferred from the subsystem, the computer selects one of them a storage system according to claim 8, wherein that.
  10. 【請求項10】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータのリードを指示するリードコマンドフレームに応答して、前記少なくとも2 Wherein said first interface node, in response to a read command frame for instructing the read data transferred from said computer, at least 2
    つの記憶装置サブシステムのうち予め定められた一の記憶装置サブシステムに接続する第2のインタフェースノードのノードアドレス情報を前記リードコマンドフレームに付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項7記載の記憶装置サブシステム。 Claims, characterized in that the transfer to the transfer means One of the node address information of the second interface node connected to the first storage subsystem to a predetermined one of the storage device subsystem in addition to the read command frame storage subsystem to claim 7, wherein.
  11. 【請求項11】データを保持する記憶媒体を有する記憶装置、及び該記憶装置を制御する制御装置とを有する複数の記憶装置サブシステムと、前記記憶装置に格納されたデータを利用する計算機との間に接続されるスイッチ装置であって、前記計算機に接続され、記憶装置システムの構成情報を格納した構成管理テーブルと、前記計算機から送られてくるフレームに応答して、該フレームを解析し、前記構成管理テーブルに保持された前記構成情報に基づいて前記フレームを変換する変換手段と、各々が前記記憶装置サブシステムのいずれかに接続された複数の第2のインタフェースノードと、前記第1のインタフェースノード及び前記複数の第2のインタフェースノードが接続され、前記第1のインタフェースノードと前記複数の第2のイ 11. A storage device having a storage medium for holding data, and a plurality of storage subsystems and a control unit for controlling the storage device, the computer utilizes the data stored in the storage device a switching device connected between, connected to said computer configuration and management table of the configuration information stored in the storage system, in response to a frame sent from the computer, analyzes the frame, conversion means for converting the frame based on the configuration information stored in the configuration management table, each of a plurality of second interface nodes connected to one of said storage subsystem, said first interface nodes and the plurality of second interface node connected, the first interface node and said plurality of second Lee タフェースノードとの間で前記フレームの転送を行う転送手段とを有すること特徴とするスイッチ装置。 Switch device according to claim further comprising a transfer means for transferring the frames between the interface node.
  12. 【請求項12】前記第1のインタフェースノードが、前記フレームに前記第2のインタフェースノードのノードアドレス情報を付加して出力するパケット生成手段を有し、前記転送手段は、前記ノードアドレス情報に基づいて前記第1のインタフェースノードと前記複数の第2のインタフェースノードとの間で前記フレームの転送を行うことを特徴とする請求項11記載のスイッチ装置。 Wherein said first interface node has a packet generating means for outputting by adding the node address information of the second interface node to said frame, said transfer means, based on the node address information switch device according to claim 11, characterized in that the transfer of the frame between said first interface node and said plurality of second interface nodes Te.
  13. 【請求項13】前記フレームは、転送元及び転送先を指定する識別子を保持するヘッダ部と、転送される実体データを保持するデータ実体部とを有し、前記変換手段は、前記構成情報に基づき前記ヘッダ部に保持された転送先の識別子を変換することを特徴とする請求項11記載のスイッチ装置。 Wherein said frame has a header portion for holding an identifier that specifies the transfer source and transfer destination, and a data entity portion for holding the actual data to be transferred, and the converting means, the configuration information switch device according to claim 11, wherein converting the transfer destination identifier stored in the header portion based.
  14. 【請求項14】前記フレームは、前記データ実体部に、 14. the frame, the data entity portion,
    前記計算機により認識されている前記データの格納先を示す第1の論理アドレス情報を含み、前記変換手段は、 Comprises a first logical address information indicating a storage destination of the data that is recognized by the computer, and the converting means,
    前記構成管理テーブルに保持された前記構成情報に基づいて、前記第1の論理アドレス情報を、該フレームの転送先となる記憶装置サブシステム内で管理される第2の論理アドレスに変換することを特徴とする請求項13記載のスイッチ装置。 Based on the configuration information stored in the configuration management table, the first logical address information, to be converted to a second logical address managed by the storage subsystem to forward the said frame switch device according to claim 13, characterized.
  15. 【請求項15】前記スイッチ装置は、さらに、前記転送手段に接続し、オペレータから該スイッチ装置及び前記複数の記憶装置サブシステムを含んで構成される記憶装置システムの構成を定義する構成情報の入力を受け付け、該入力に応答して、各ノードの構成管理テーブルに前記構成情報を設定する管理プロセッサを有することを特徴とする請求項11記載のスイッチ装置。 15. The switching apparatus further input configuration information to connect to the transfer means, to define the configuration of the storage system including the switching device and the plurality of storage subsystem operator accepting, in response to the input, the switch device according to claim 11, characterized in that it comprises a management processor for setting the configuration information in the configuration management table of each node.
  16. 【請求項16】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータの書き込みを指示するライトコマンドフレームに応答して、該ライトコマンドフレーム及びそれに続くデータフレームについてそれらの複製を生成し、前記ライトコマンドフレーム及びそれに続くデータフレームが少なくとも2つの記憶装置サブシステムに送られるよう、各々のフレームに異なるノードアドレス情報を付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項12記載のスイッチ装置。 16. the first interface node, wherein in response to a write command frame for instructing writing of data transferred from the computer to generate their replication for the write command frame and data frames subsequent the so write command frame and data frames following it to be sent to at least two storage subsystems, according to claim 12, characterized in that by adding different node address information in each frame is transferred to the transfer means of the switch device.
  17. 【請求項17】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータのリードを指示するリードコマンドフレームに応答して、該リードコマンドフレームの複製を生成し、前記少なくとも2つの記憶装置サブシステムに前記リードコマンドフレームが送られるように、各々のリードコマンドフレームに異なるノードアドレス情報を付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項16記載のスイッチ装置。 17. the first interface node, wherein in response to a read command frame for instructing read of the data transferred from the computer to produce a copy of the read command frame, the at least two storage devices as the read command frame to the subsystem is sent, the switch device according to claim 16, wherein the by adding different node address information to each of the read command frame to transfer to the transfer means.
  18. 【請求項18】前記第1のインタフェースノードは、前記リードコマンドフレームに応答して前記少なくとも2 18. The method of claim 17, wherein the first interface node, wherein in response to the read command frame at least 2
    つの記憶装置サブシステムから転送されてくるデータフレームを受信し、その一方を選択して前記計算機に転送することを特徴とする請求項17記載のスイッチ装置。 One of the storage device receives the data frame transferred from the subsystem, switch device according to claim 17, wherein the transfer to said computer to select one of them.
  19. 【請求項19】前記第1のインタフェースノードは、前記計算機から転送されてくるデータのリードを指示するリードコマンドフレームに応答して、前記少なくとも2 19. the first interface node, in response to a read command frame for instructing the read data transferred from said computer, at least 2
    つの記憶装置サブシステムのうち予め定められた一の記憶装置サブシステムに接続する第2のインタフェースノードのノードアドレス情報を前記リードコマンドフレームに付加して前記転送手段に転送することを特徴とする請求項16記載のスイッチ装置。 Claims, characterized in that the transfer to the transfer means One of the node address information of the second interface node connected to the first storage subsystem to a predetermined one of the storage device subsystem in addition to the read command frame switch device according to item 16, wherein.
  20. 【請求項20】データを保持する記憶媒体を有する記憶装置と、該記憶装置を制御する制御装置とを有する複数の記憶装置サブシステムと、前記複数の記憶装置サブシステムに保持されるデータを使用する計算機に接続された第1のインタフェースノードと、各々が前記記憶装置サブシステムのいずれか1つに接続された複数の第2のインタフェースノードと、前記第1のインタフェースノード及び前記複数の第2のインタフェースノードが接続され、前記第1のインタフェースノードと前記複数の第2のインタフェースノードとの間でフレームの転送を行う転送手段と、前記転送手段に接続し、オペレータにより入力された記憶装置システムの構成を定義する構成情報を保持する管理テーブルを備えて前記構成情報に基づいて該記憶装置シ Using a memory device 20. A having a storage medium for holding data, and a plurality of storage subsystems and a control unit for controlling the storage device, the data held in the plurality of storage subsystems a first interface node connected to the computer for a plurality of second interface node connected to one of each of the storage subsystems, the first interface node and the plurality of second the interface node is connected, the first transfer means for transferring frames between the interface node and the plurality of second interface nodes, connected to said transfer means, the storage system that has been input by the operator the storage device is based on the configuration information includes a management table that holds the configuration information defining the configuration テムの構成を管理する管理プロセッサとを有することを特徴とする記憶装置システム。 Storage system, comprising a management processor for managing the configuration systems out.
JP11344260A 1998-12-22 1999-12-03 Storage device system Withdrawn JP2000242434A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP36407998 1998-12-22
JP10-364079 1998-12-22
JP11344260A JP2000242434A (en) 1998-12-22 1999-12-03 Storage device system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11344260A JP2000242434A (en) 1998-12-22 1999-12-03 Storage device system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000242434A true JP2000242434A (en) 2000-09-08
JP2000242434A5 JP2000242434A5 (en) 2004-12-09

Family

ID=26577730

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11344260A Withdrawn JP2000242434A (en) 1998-12-22 1999-12-03 Storage device system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000242434A (en)

Cited By (53)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002065298A1 (en) 2001-02-13 2002-08-22 Candera, Inc. Silicon-based storage virtualization server
WO2003062979A2 (en) * 2002-01-23 2003-07-31 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
JP2004240949A (en) * 2002-11-26 2004-08-26 Hitachi Ltd Cluster-type storage system and management method thereof
WO2005006175A1 (en) * 2003-07-10 2005-01-20 Fujitsu Limited Method for grouping a plurality of logic units, received request processing method, device for grouping a plurality of logic units, and received request processing device
JP2006178811A (en) * 2004-12-24 2006-07-06 Hitachi Ltd Storage system, and path control method for the system
JP2006195977A (en) * 2005-01-14 2006-07-27 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and product for redirecting storage access request
US7120739B2 (en) 2004-04-14 2006-10-10 Hitachi, Ltd. Storage system
JP2007048323A (en) * 2002-11-25 2007-02-22 Hitachi Ltd Virtualization controller and data migration control method
JP2007065751A (en) * 2005-08-29 2007-03-15 Hitachi Ltd Storage system and storage control method
US7203814B2 (en) 2003-10-06 2007-04-10 Hitachi, Ltd. Storage system
US7213124B2 (en) 2003-05-28 2007-05-01 Hitachi, Ltd. Method for allocating storage area to virtual volume
JP2007115264A (en) * 2003-09-17 2007-05-10 Hitachi Ltd Storage system
JP2007149068A (en) * 2005-11-23 2007-06-14 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and product for rebalancing striped disc and data (rebalancing of striped disc and data)
JP2007157089A (en) * 2005-12-09 2007-06-21 Fujitsu Ltd Storage virtualization device and computer system using the same
JP2007524877A (en) * 2003-01-20 2007-08-30 イコールロジック, インク.Equallogic, Inc. Data storage system
US7287116B2 (en) 2002-04-05 2007-10-23 Hitachi, Ltd. Storage virtualization system and method having a virtualization switch
US7299333B2 (en) 2000-12-07 2007-11-20 Hitachi, Ltd. Computer system with storage system having re-configurable logical volumes
JP2008027459A (en) * 2000-12-07 2008-02-07 Hitachi Ltd Computer system
US7337374B2 (en) 2002-04-23 2008-02-26 Hitachi, Ltd. Program, information processing method, information processing apparatus, and storage apparatus
JP2008071005A (en) * 2006-09-13 2008-03-27 Hitachi Ltd Storage system effectively utilizing free port
US7356581B2 (en) 2001-04-18 2008-04-08 Hitachi, Ltd. Storage network switch
US7383385B2 (en) 2001-01-23 2008-06-03 Emc Corporation Remote mirroring in a switched environment
JP2008171420A (en) * 2002-04-26 2008-07-24 Hitachi Ltd Method for controlling storage system, and storage control device
JP2008529167A (en) * 2005-01-27 2008-07-31 ネットワーク・アプライアンス・インコーポレイテッド Coordinated shared storage architecture
WO2008126202A1 (en) * 2007-03-23 2008-10-23 Fujitsu Limited Load distribution program for storage system, load distribution method for storage system, and storage management device
JP2008539531A (en) * 2005-04-29 2008-11-13 ネットワーク・アプライアンス・インコーポレイテッド Data placement techniques for striping the data container across a plurality of volumes of the storage system cluster
US7548975B2 (en) 2002-01-09 2009-06-16 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network through a virtual enclosure
US7571280B2 (en) 2003-04-25 2009-08-04 Hitachi, Ltd. Cluster-type storage system and managing method of the cluster-type storage system
US7609649B1 (en) 2005-04-26 2009-10-27 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for improving network based virtualization performance
JP2009259100A (en) * 2008-04-18 2009-11-05 Nec Corp Disk array system, disk device, casing-to-casing mirroring method, and program
JP2009541854A (en) * 2006-06-20 2009-11-26 ラテゼ・リモート・エム・ジー・エム・テイ・エル・エル・シー Generation for storage system command
US7694104B2 (en) 2002-11-25 2010-04-06 Hitachi, Ltd. Virtualization controller and data transfer control method
US7743211B2 (en) 2003-04-25 2010-06-22 Hitachi Ltd Cluster-type storage system and managing method of the cluster-type storage system
US7747827B2 (en) 2002-03-20 2010-06-29 Hitachi, Ltd. Storage system, disk control cluster, and its increase method
US7761677B2 (en) 2002-04-02 2010-07-20 Hitachi, Ltd. Clustered storage system and its control method
JP2010191989A (en) * 2010-04-26 2010-09-02 Hitachi Ltd Storage control system and method
JP2010211549A (en) * 2009-03-11 2010-09-24 Fujitsu Ltd Management program, management apparatus and management method
US7814270B2 (en) 2004-03-12 2010-10-12 Hitachi, Ltd. Storage systems and methods of controlling cache memory of storage systems
JP2010250813A (en) * 2002-10-31 2010-11-04 Ring Technology Enterprises Llc Method and system for storage system
US7882287B2 (en) 2003-06-27 2011-02-01 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Peripheral device
US7899971B2 (en) 2008-01-22 2011-03-01 Hitachi, Ltd. Mainframe storage controller and mainframe volume virtualization method
US7934023B2 (en) 2003-12-01 2011-04-26 Cisco Technology, Inc. Apparatus and method for performing fast fibre channel write operations over relatively high latency networks
US8006056B2 (en) 2004-01-30 2011-08-23 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Storage system including capability to move a virtual storage device group without moving data
US8782739B2 (en) 2002-12-04 2014-07-15 Cisco Technology, Inc. Access list key compression
US8805918B1 (en) 2002-09-11 2014-08-12 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing exchange management for virtualization of storage within a storage area network
JP2015065507A (en) * 2013-09-24 2015-04-09 日本電気株式会社 Gateway device, communication network and gateway device control method
US9430440B2 (en) 2012-01-06 2016-08-30 Fujitsu Limited Environment construction apparatus and method, environment registration apparatus and method, environment switching apparatus and method
US10140172B2 (en) 2016-05-18 2018-11-27 Cisco Technology, Inc. Network-aware storage repairs
US10222986B2 (en) 2015-05-15 2019-03-05 Cisco Technology, Inc. Tenant-level sharding of disks with tenant-specific storage modules to enable policies per tenant in a distributed storage system
US10243823B1 (en) 2017-02-24 2019-03-26 Cisco Technology, Inc. Techniques for using frame deep loopback capabilities for extended link diagnostics in fibre channel storage area networks
US10243826B2 (en) 2015-01-10 2019-03-26 Cisco Technology, Inc. Diagnosis and throughput measurement of fibre channel ports in a storage area network environment
US10254991B2 (en) 2017-03-06 2019-04-09 Cisco Technology, Inc. Storage area network based extended I/O metrics computation for deep insight into application performance
US10303534B2 (en) 2017-07-20 2019-05-28 Cisco Technology, Inc. System and method for self-healing of application centric infrastructure fabric memory

Cited By (75)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008027459A (en) * 2000-12-07 2008-02-07 Hitachi Ltd Computer system
US7299333B2 (en) 2000-12-07 2007-11-20 Hitachi, Ltd. Computer system with storage system having re-configurable logical volumes
US7383385B2 (en) 2001-01-23 2008-06-03 Emc Corporation Remote mirroring in a switched environment
WO2002065298A1 (en) 2001-02-13 2002-08-22 Candera, Inc. Silicon-based storage virtualization server
EP1370947A1 (en) * 2001-02-13 2003-12-17 Candera, Inc. Silicon-based storage virtualization server
EP1370947A4 (en) * 2001-02-13 2009-05-27 Candera Inc Silicon-based storage virtualization server
US7356581B2 (en) 2001-04-18 2008-04-08 Hitachi, Ltd. Storage network switch
US7548975B2 (en) 2002-01-09 2009-06-16 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network through a virtual enclosure
WO2003062979A2 (en) * 2002-01-23 2003-07-31 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
WO2003062979A3 (en) * 2002-01-23 2005-05-12 Cisco Tech Ind Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
US7433948B2 (en) 2002-01-23 2008-10-07 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
US8725854B2 (en) 2002-01-23 2014-05-13 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
US7747827B2 (en) 2002-03-20 2010-06-29 Hitachi, Ltd. Storage system, disk control cluster, and its increase method
US7761677B2 (en) 2002-04-02 2010-07-20 Hitachi, Ltd. Clustered storage system and its control method
US7287116B2 (en) 2002-04-05 2007-10-23 Hitachi, Ltd. Storage virtualization system and method having a virtualization switch
US7337374B2 (en) 2002-04-23 2008-02-26 Hitachi, Ltd. Program, information processing method, information processing apparatus, and storage apparatus
JP2008171420A (en) * 2002-04-26 2008-07-24 Hitachi Ltd Method for controlling storage system, and storage control device
US8805918B1 (en) 2002-09-11 2014-08-12 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing exchange management for virtualization of storage within a storage area network
US9733868B2 (en) 2002-09-11 2017-08-15 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for implementing exchange management for virtualization of storage within a storage area network
JP2010250813A (en) * 2002-10-31 2010-11-04 Ring Technology Enterprises Llc Method and system for storage system
US7877568B2 (en) 2002-11-25 2011-01-25 Hitachi, Ltd. Virtualization controller and data transfer control method
US8572352B2 (en) 2002-11-25 2013-10-29 Hitachi, Ltd. Virtualization controller and data transfer control method
JP2007048323A (en) * 2002-11-25 2007-02-22 Hitachi Ltd Virtualization controller and data migration control method
US8190852B2 (en) 2002-11-25 2012-05-29 Hitachi, Ltd. Virtualization controller and data transfer control method
US7694104B2 (en) 2002-11-25 2010-04-06 Hitachi, Ltd. Virtualization controller and data transfer control method
JP4509089B2 (en) * 2002-11-25 2010-07-21 株式会社日立製作所 Virtualization controller and a data transfer control method
US7069385B2 (en) 2002-11-26 2006-06-27 Hitachi, Ltd. Cluster-type storage system and managing method of the cluster-type storage system
JP2004240949A (en) * 2002-11-26 2004-08-26 Hitachi Ltd Cluster-type storage system and management method thereof
JP4508612B2 (en) * 2002-11-26 2010-07-21 株式会社日立製作所 Clustered storage system and method management
US8782739B2 (en) 2002-12-04 2014-07-15 Cisco Technology, Inc. Access list key compression
JP2007524877A (en) * 2003-01-20 2007-08-30 イコールロジック, インク.Equallogic, Inc. Data storage system
US7743211B2 (en) 2003-04-25 2010-06-22 Hitachi Ltd Cluster-type storage system and managing method of the cluster-type storage system
US7571280B2 (en) 2003-04-25 2009-08-04 Hitachi, Ltd. Cluster-type storage system and managing method of the cluster-type storage system
US7213124B2 (en) 2003-05-28 2007-05-01 Hitachi, Ltd. Method for allocating storage area to virtual volume
US7484071B2 (en) 2003-05-28 2009-01-27 Hitachi, Ltd. Method for allocating storage area to virtual volume
US7257694B2 (en) 2003-05-28 2007-08-14 Hitachi, Ltd. Method for allocating storage area to virtual volume
US7882287B2 (en) 2003-06-27 2011-02-01 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Peripheral device
WO2005006175A1 (en) * 2003-07-10 2005-01-20 Fujitsu Limited Method for grouping a plurality of logic units, received request processing method, device for grouping a plurality of logic units, and received request processing device
JP2007115264A (en) * 2003-09-17 2007-05-10 Hitachi Ltd Storage system
JP4486632B2 (en) * 2003-09-17 2010-06-23 株式会社日立製作所 Storage system
US7203814B2 (en) 2003-10-06 2007-04-10 Hitachi, Ltd. Storage system
US7334106B2 (en) 2003-10-06 2008-02-19 Hitachi, Ltd. Storage system
US7590818B2 (en) 2003-10-06 2009-09-15 Hitachi, Ltd. Storage system having a plurality of virtualization apparatuses that allocate a storage area, form a plurality of virtual volumes, and process input-output from a host processor
US7934023B2 (en) 2003-12-01 2011-04-26 Cisco Technology, Inc. Apparatus and method for performing fast fibre channel write operations over relatively high latency networks
US8006056B2 (en) 2004-01-30 2011-08-23 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Storage system including capability to move a virtual storage device group without moving data
US7814270B2 (en) 2004-03-12 2010-10-12 Hitachi, Ltd. Storage systems and methods of controlling cache memory of storage systems
US7594074B2 (en) 2004-04-14 2009-09-22 Hitachi, Ltd. Storage system
US7120739B2 (en) 2004-04-14 2006-10-10 Hitachi, Ltd. Storage system
US7249220B2 (en) 2004-04-14 2007-07-24 Hitachi, Ltd. Storage system
JP2006178811A (en) * 2004-12-24 2006-07-06 Hitachi Ltd Storage system, and path control method for the system
JP2006195977A (en) * 2005-01-14 2006-07-27 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and product for redirecting storage access request
JP2008529167A (en) * 2005-01-27 2008-07-31 ネットワーク・アプライアンス・インコーポレイテッド Coordinated shared storage architecture
US8644174B2 (en) 2005-04-26 2014-02-04 Cisco Technology, Inc. Network based virtualization performance
US7609649B1 (en) 2005-04-26 2009-10-27 Cisco Technology, Inc. Methods and apparatus for improving network based virtualization performance
JP2008539531A (en) * 2005-04-29 2008-11-13 ネットワーク・アプライアンス・インコーポレイテッド Data placement techniques for striping the data container across a plurality of volumes of the storage system cluster
JP2007065751A (en) * 2005-08-29 2007-03-15 Hitachi Ltd Storage system and storage control method
JP2007149068A (en) * 2005-11-23 2007-06-14 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method, system, and product for rebalancing striped disc and data (rebalancing of striped disc and data)
JP2007157089A (en) * 2005-12-09 2007-06-21 Fujitsu Ltd Storage virtualization device and computer system using the same
JP4486921B2 (en) * 2005-12-09 2010-06-23 富士通株式会社 Storage virtualization apparatus and a computer system using the same
JP2009541854A (en) * 2006-06-20 2009-11-26 ラテゼ・リモート・エム・ジー・エム・テイ・エル・エル・シー Generation for storage system command
JP2008071005A (en) * 2006-09-13 2008-03-27 Hitachi Ltd Storage system effectively utilizing free port
US8516070B2 (en) 2007-03-23 2013-08-20 Fujitsu Limited Computer program and method for balancing processing load in storage system, and apparatus for managing storage devices
WO2008126202A1 (en) * 2007-03-23 2008-10-23 Fujitsu Limited Load distribution program for storage system, load distribution method for storage system, and storage management device
US7899971B2 (en) 2008-01-22 2011-03-01 Hitachi, Ltd. Mainframe storage controller and mainframe volume virtualization method
JP2009259100A (en) * 2008-04-18 2009-11-05 Nec Corp Disk array system, disk device, casing-to-casing mirroring method, and program
JP2010211549A (en) * 2009-03-11 2010-09-24 Fujitsu Ltd Management program, management apparatus and management method
JP2010191989A (en) * 2010-04-26 2010-09-02 Hitachi Ltd Storage control system and method
US9430440B2 (en) 2012-01-06 2016-08-30 Fujitsu Limited Environment construction apparatus and method, environment registration apparatus and method, environment switching apparatus and method
JP2015065507A (en) * 2013-09-24 2015-04-09 日本電気株式会社 Gateway device, communication network and gateway device control method
US10243826B2 (en) 2015-01-10 2019-03-26 Cisco Technology, Inc. Diagnosis and throughput measurement of fibre channel ports in a storage area network environment
US10222986B2 (en) 2015-05-15 2019-03-05 Cisco Technology, Inc. Tenant-level sharding of disks with tenant-specific storage modules to enable policies per tenant in a distributed storage system
US10140172B2 (en) 2016-05-18 2018-11-27 Cisco Technology, Inc. Network-aware storage repairs
US10243823B1 (en) 2017-02-24 2019-03-26 Cisco Technology, Inc. Techniques for using frame deep loopback capabilities for extended link diagnostics in fibre channel storage area networks
US10254991B2 (en) 2017-03-06 2019-04-09 Cisco Technology, Inc. Storage area network based extended I/O metrics computation for deep insight into application performance
US10303534B2 (en) 2017-07-20 2019-05-28 Cisco Technology, Inc. System and method for self-healing of application centric infrastructure fabric memory

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3714613B2 (en) Storage, recovery method of an information processing apparatus and information storage system including the storage device
US8312233B2 (en) Storage system that is connected to external storage
US7143228B2 (en) Storage control system and method for storing block level data in internal or external storage control system based on control information via networks
US7206863B1 (en) System and method for managing storage networks and providing virtualization of resources in such a network
US7366808B2 (en) System, method and apparatus for multiple-protocol-accessible OSD storage subsystem
US6779064B2 (en) System, method, and computer program product for on-line replacement of a host bus adapter
JP4751117B2 (en) Failover and data migration using data replication
US8990153B2 (en) Pull data replication model
JP4387116B2 (en) Control method for a storage system and storage system,
US6976103B1 (en) Data migration method using storage area network
JP4508612B2 (en) Clustered storage system and method management
US7181578B1 (en) Method and apparatus for efficient scalable storage management
US6880101B2 (en) System and method for providing automatic data restoration after a storage device failure
US20020099914A1 (en) Method of creating a storage area &amp; storage device
US20060143332A1 (en) Storage system and method of storage system path control
JP4412989B2 (en) A data processing system having a plurality of storage systems
EP1562117A2 (en) Data restoration method using a log and corresponding storage subsystem
US7908449B2 (en) Data replication in a storage system
US6990553B2 (en) Method of controlling storage device controlling apparatus, and storage device controlling apparatus
US7149769B2 (en) System and method for multi-destination merge in a storage area network
US20060179343A1 (en) Method and apparatus for replicating volumes between heterogenous storage systems
US7953942B2 (en) Storage system and operation method of storage system
US7185152B2 (en) Storage system, method of controlling storage system, and storage device
JP4438582B2 (en) Data migration method
US20050154937A1 (en) Control method for storage system, storage system, and storage device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060413

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060417

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060516

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060714

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20061219

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070216

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20070316

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20070405