JP2000240077A - 地下構造物の解体方法 - Google Patents

地下構造物の解体方法

Info

Publication number
JP2000240077A
JP2000240077A JP11044180A JP4418099A JP2000240077A JP 2000240077 A JP2000240077 A JP 2000240077A JP 11044180 A JP11044180 A JP 11044180A JP 4418099 A JP4418099 A JP 4418099A JP 2000240077 A JP2000240077 A JP 2000240077A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
underground
soil layer
frozen soil
dismantling
tank
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11044180A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4093670B2 (ja
Inventor
Akinobu Irishio
Hidenori Kato
晃暢 入潮
英徳 加藤
Original Assignee
Ohbayashi Corp
Osaka Gas Co Ltd
大阪瓦斯株式会社
株式会社大林組
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ohbayashi Corp, Osaka Gas Co Ltd, 大阪瓦斯株式会社, 株式会社大林組 filed Critical Ohbayashi Corp
Priority to JP04418099A priority Critical patent/JP4093670B2/ja
Publication of JP2000240077A publication Critical patent/JP2000240077A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4093670B2 publication Critical patent/JP4093670B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 経済的に地下構造物を解体すること。 【解決手段】 地下タンク10の側壁12および底版1
4を解体撤去する際には、側壁12の外周を取り囲むよ
うにして凍土層18が形成される。凍土層18が形成さ
れると、この凍土層18を仮設土留め壁として、底版1
4が解体撤去され、底版14の解体撤去が終了すると、
側壁12と地中連続壁16の上部側とを解体撤去し、撤
去した部分から順次埋め戻し、この工程を複数回繰り返
えす。側壁12の解体撤去が終了すると、凍土層18を
解凍する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、地下構造物の解
体方法に関し、特に、地下タンクなどの内部が中空な地
下構造物を内部側から解体撤去する方法に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】地盤を掘り下げた部分に構築された地下
構造物の撤去は、その構造物の周辺に何らかの仮設土留
め工事を施工し、その後、地下構造物本体の撤去,埋め
戻し,仮設構造物の撤去という手順で行われる。
【0003】図5は、このような地下構造物の撤去方法
を地下タンクに適用した場合を示している。同図に示し
た例では、地下タンクの側壁1と底版2とが地中に構築
されている。
【0004】このような地下タンクの側壁1と底版2と
を解体撤去する際には、側壁1の外周側に、矢板ないし
は鋼管矢板を用いた仮設土留め体3が形成される。この
場合、仮設土留め体3は、地下タンクが平面的に大き
く、かつ深度も深いので、自立式では不可能であり、ま
た、切梁の設置も難しいため、同図に示すように、アー
スアンカー4を設置して、仮設土留め体3を補強する必
要がある。
【0005】しかしながら、このようなアースアンカー
4を仮設土留め体3に打設設置する地下構造物の解体方
法には、以下に説明する技術的な課題があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】すなわち、アースアン
カー4により仮設土留め体3を補強する場合には、アー
スアンカー4は、仮設土留め体3の内部側からしか打設
設置することができないので、側壁1と仮設土留め体3
との間の掘削による盤下げの進行に伴って、順次打設設
置することになる。
【0007】また、側壁1,底版2の解体撤去後には、
アースアンカー4を埋め戻しを行うながら撤去すること
になり、仮設土留め構造物の設置および撤去に、非常に
多くの手間とコストとがかかるという問題があった。
【0008】本発明は、このような従来の問題点に鑑み
てなされたものであって、その目的とするところは、仮
設土留め構造物の設置,撤去が経済的に行える地下構造
物の解体方法を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明は、地下構造物の解体方法において、前記地
下構造物の外周に所定の凍土層を形成し、この凍土層を
仮設土留め壁として利用し、前記地下構造物を内部側か
ら解体撤去した後に、前記凍土層を解凍するようにし
た。このように構成した地下構造物の解体方法によれ
ば、地下構造物の外周に所定の凍土層を形成し、この凍
土層を仮設土留め壁として利用して、地下構造物を内部
側から解体撤去するので、矢板などの仮設土留め構造物
よりも、設置,解体に手間がかからず、施工費用も低減
することができる。前記地下構造物は、地中に構築され
た側壁と底版とを備え、内部に液化天然ガスなどの低温
液体を収容する地下タンクであって、前記低温液体を収
容した際に、前記地下タンクの外周に発達した凍土層
を、前記仮設土留め壁として用い、前記地下タンクを解
体撤去した後に、前記凍土層を解凍することができる。
この構成によれば、低温液体を収容する地下タンクの外
周に発達する凍土層を仮設土留め壁として利用するの
で、設置の手間と工期とが大幅に低減できる。前記凍土
層は、前記地下構造物の外周に凍結管を埋設して形成す
ることができる。この場合、低温液体を収容する地下タ
ンクの外周に凍土層のコントロール用のヒーター管が埋
設されている場合には、このヒーター管を凍結ないしは
解凍管として利用することができる。前記地下タンク
は、前記底版を解体撤去した後に、前記側壁を下端側か
ら解体撤去しつつ埋め戻すことができる。この構成によ
れば、地盤を掘削する必要がないので、より一層施工の
経済性が増す。前記地下タンクは、前記側壁の外周側
に、当該側壁よりも深く構築された地中連続壁を有し、
前記底版を撤去した後に、前記地中壁を取り囲むように
して第2凍土層を形成し、前記底版を撤去した個所の前
記第2凍土層を前記地中連続壁の下端まで掘削した後
に、前記地中連続壁と前記側壁とを下端側から解体撤去
しつつ埋め戻すことができる。この構成によれば、側壁
よりも以深に地中連続壁が構築されていても、これを経
済的に解体撤去することができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の好適な実施の形態
について、添付図面に基づいて詳細に説明する。図1お
よび図2は、本発明にかかる地下構造物の解体方法の第
1実施例を示している。
【0011】同図に示した地下構造物の撤去方法は、本
発明を地下タンク10の解体撤去に適用した場合を例示
しており、地下タンク10は、円筒状の側壁12と、こ
の側壁の下端を閉塞する円板状の底版14とが地下に構
築されていて、円筒状の側壁12の上端に設けられてい
た天井部は、既に解体撤去されている。
【0012】側壁12の外周側には、筒状の地中連続壁
16が一体に形成されていて、この地中連続壁16の下
端は、側壁12の下端よりも深い位置にあって、地中連
続壁16が側壁12以深に設けられている。側壁12,
底版14、地中連続壁16は、それぞれ鉄筋コンクリー
トで造られている。
【0013】このような構造の地下タンク10の側壁1
2および底版14を解体撤去する際には、まず、側壁1
2の外周を円筒状に取り囲むようにして凍土層18が形
成される。
【0014】この凍土層18の形成方法としては、図1
に示すように、地盤中に凍結管20を埋設し、この凍結
管20に低温媒体、例えば、液化低温ガスなどを供給
し、凍結管20の周辺の地盤を凍結することにより、側
壁12に内端側が接触した状態の、所定厚みの凍土層1
8とする。
【0015】このような凍土層18が形成されると、こ
の凍土層18を仮設土留め壁として利用し、まず、図1
に示すように、底版14が内部側から解体撤去される。
この解体撤去には、ブレーカなどの破砕手段を用いるこ
とができる。
【0016】そして、底版14の解体撤去が終了する
と、図2に示すように、側壁12と地中連続壁16の上
部側とを、内部側から部分的に解体撤去し、撤去した部
分から順次埋め戻し、この工程を複数回繰り返して、側
壁12を解体撤去すると、地下タンク10の側壁12と
底版14との解体撤去が終了する。
【0017】このようにして側壁12の解体撤去が終了
すると、凍土層18を解凍する。この解凍を行う際に
は、凍結管20に温水などの高温媒体を供給すればよ
い。
【0018】さて、以上のようにして行われる地下タン
ク10の解体方法によれば、地下タンク10の側壁12
の外周に所定の凍土層18を形成し、この凍土層18を
仮設土留め壁として利用して、地下タンク10の側壁1
2と底版14とを内部側から解体撤去するので、矢板な
どの仮設土留め構造物よりも、設置,解体に手間がかか
らず、しかも、地盤の掘削工程がなくなるので、施工費
用を大幅に低減することができる。
【0019】この場合、側壁12と底版14とを備えた
解体対象地下タンク10が、内部に液化天然ガスなどの
低温液体を収容する地下タンクである場合には、低温液
体を内部に収容した際に、側壁12の外周に発達した凍
土層が形成されているので、この凍土層を仮設土留め壁
として用いことができる。
【0020】このように供用中に形成される凍土層を仮
設土留め壁として利用すると、凍土層18を形成する手
間と時間とが不要になるので、解体をより一層経済的に
行える。
【0021】また、この種の低温液体を収容する地下タ
ンクでは、通常、タンクの外周に発達する凍土層のコン
トロール用のヒーター管が埋設されているので、新たに
凍結管20を埋設することなく、このヒーター管を凍結
および解凍用に利用することができ、例えば、自然発生
した凍土層の厚みが十分でない場合には、凍土範囲の成
長促進にもヒーター管を利用できるので、さらに経済的
な効果を有効に発揮させることができる。
【0022】さらに、凍結管20を地盤中に埋設する場
合でも、埋設に大型機械設備を必要とせず、しかも、周
囲の既存構造物に振動などの影響を及ぼすこともない。
【0023】図3および図4は、本発明にかかる地下構
造物の解体方法の第2実施例を示しており、上記第1実
施例と同一もしくは相当する部分には、同一符号を付し
てその説明を省略するとともに、以下にその特徴点につ
いてのみ説明する。
【0024】図1,2に示した実施例では、側壁12よ
りも以深に存在する地中連続壁16の解体撤去を行わ
ず、これを地盤中に残置させることになり、残置した地
中連続壁16が将来障害物になる可能性がある。
【0025】そこで、本実施例では、地中連続壁16の
全部を解体撤去するようにした。すなわち、図3は、第
1実施例の図2に引き続いて行われる工程であって、第
1実施例では、底版14を解体撤去する図2に示した工
程が終了すると、側壁12の解体に移行するが、この実
施例の場合には、側壁12の解体を行わずに、第2凍土
層22の形成が行われる。
【0026】この第2凍土層22は、例えば、凍土層1
8を形成する際に設置した凍結管20を予めより深く埋
設する方法や、底版14の下方地盤中に凍土コントロー
ル用のヒーター管が埋設されている場合には、このヒー
ター管を利用することなどにより形成される。
【0027】この場合の第2凍土層22は、地中連続壁
16の外周を取り囲むようにして、所定の深度範囲に形
成される。第2凍土層22が形成されると、図4に示す
ように、解体撤去した底版14の直下の凍土地盤が掘削
され、この掘削が地中連続壁16の下端まで行われる
と、その後、地中連続壁16を下端側から解体撤去しな
がら、埋め戻す工程が、繰り返される。
【0028】そして、側壁12も地中連続壁16と同様
にして解体撤去しながら、埋め戻す工程を上端まで繰り
返えすことにより、そのすべてが撤去されると、その後
に凍土層18,22を解凍して、地下タンク10の解体
が完了する。
【0029】このように構成した解体方法によれば、側
壁12よりも以深に地中連続壁16が構築されていて
も、これを経済的に解体撤去することができる。なお、
上記実施例では、解体対象地下構造物として、地下タン
クを例示したが、本発明の実施は、これに限定されるこ
とはなく、内部側から解体するとこができれば、他の地
下構造物であってもよい。
【0030】
【発明の効果】以上、実施例で詳細に説明したように、
本発明にかかる地下構造物の解体方法によれば、凍土層
を仮設土留め壁として利用することにより、地下構造物
を経済的に解体することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明にかかる地下構造物の解体方法の第1実
施例の最初の工程を示す断面説明図である。
【図2】図1の工程に引き続いて行われる工程の断面説
明図である。
【図3】本発明にかかる地下構造物の解体方法の第2実
施例の工程説明図である。
【図4】図3の工程に引き続いて行われる工程の説明図
である。
【図5】従来の地下構造物の解体方法の一例を示す施工
状態の断面説明図である。
【符号の説明】
10 地下タンク 12 側壁 14 底版 16 地中連続壁 18 凍土層 20 凍結管 22 第2凍土層
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 入潮 晃暢 大阪府大阪市中央区平野町4丁目1番2号 大阪瓦斯株式会社内 Fターム(参考) 2D043 CA14 2D047 AB02 2E176 AA02 AA03 AA15 DD54 DD61

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 地下構造物の解体方法において、 前記地下構造物の外周に所定の凍土層を形成し、この凍
    土層を仮設土留め壁として利用し、前記地下構造物を内
    部側から解体撤去した後に、前記凍土層を解凍すること
    を特徴とする地下構造物の解体方法。
  2. 【請求項2】 前記地下構造物は、地中に構築された側
    壁と底版とを備え、内部に液化天然ガスなどの低温液体
    を収容する地下タンクであって、 前記低温液体を収容した際に、前記地下タンクの外周に
    発達した凍土層を、前記仮設土留め壁として用い、前記
    地下タンクを解体撤去した後に、前記凍土層を解凍する
    ことを特徴とする請求項1記載の地下構造物の解体方
    法。
  3. 【請求項3】 前記凍土層は、前記地下構造物の外周に
    凍結管を埋設して形成することを特徴とする請求項1ま
    たは2記載の地下構造物の解体方法。
  4. 【請求項4】 前記地下タンクは、前記底版を解体撤去
    した後に、前記側壁を下端側から解体撤去しつつ埋め戻
    すことを特徴とする請求項2または3記載の地下構造物
    の解体方法。
  5. 【請求項5】 前記地下タンクは、前記側壁の外周側
    に、当該側壁よりも深く構築された地中連続壁を有し、
    前記底版を撤去した後に、前記地中壁を取り囲むように
    して第2凍土層を形成し、前記底版を撤去した個所の前
    記第2凍土層を前記地中連続壁の下端まで掘削した後
    に、前記地中連続壁と前記側壁とを下端側から解体撤去
    しつつ埋め戻すことを特徴とする請求項2または3記載
    の地下構造物の解体方法。
JP04418099A 1999-02-23 1999-02-23 地下構造物の解体方法 Expired - Fee Related JP4093670B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04418099A JP4093670B2 (ja) 1999-02-23 1999-02-23 地下構造物の解体方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04418099A JP4093670B2 (ja) 1999-02-23 1999-02-23 地下構造物の解体方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000240077A true JP2000240077A (ja) 2000-09-05
JP4093670B2 JP4093670B2 (ja) 2008-06-04

Family

ID=12684390

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP04418099A Expired - Fee Related JP4093670B2 (ja) 1999-02-23 1999-02-23 地下構造物の解体方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4093670B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006263557A (ja) * 2005-03-23 2006-10-05 Kajima Corp 不要埋蔵物の掘削方法
CN105040710A (zh) * 2015-07-04 2015-11-11 朱奎 一种污水井施工的支护结构
CN105200995A (zh) * 2015-08-31 2015-12-30 罗海军 地下室支护施工方法
CN106013166A (zh) * 2016-06-27 2016-10-12 中国矿业大学 辐条式冻结向外扩挖式开挖超深基坑的施工方法
JP2016204848A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 大成建設株式会社 立坑の構築方法および地下式貯槽の構築方法
CN107288136A (zh) * 2017-08-17 2017-10-24 中国建筑第八工程局有限公司 建筑物基坑防护的结构及其方法
CN108570999A (zh) * 2018-05-07 2018-09-25 宁波市交通规划设计研究院有限公司 一种城市主干道下地下快速路与地铁盾构区间分建的施工方法
CN109162298A (zh) * 2018-10-30 2019-01-08 桂林理工大学 一种富水区综合管廊的施工方法
CN111173028A (zh) * 2020-01-08 2020-05-19 浙江宏超建设集团有限公司 一种地下室结构及其施工方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108487666B (zh) * 2018-03-14 2020-04-14 重庆钢铁集团建设工程有限公司 一种砼挡墙控制性拆除方法
CN110259182B (zh) * 2019-04-26 2021-03-19 安徽省公路桥梁工程有限公司 挡土墙生态拆除结构的施工方法

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006263557A (ja) * 2005-03-23 2006-10-05 Kajima Corp 不要埋蔵物の掘削方法
JP2016204848A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 大成建設株式会社 立坑の構築方法および地下式貯槽の構築方法
CN105040710A (zh) * 2015-07-04 2015-11-11 朱奎 一种污水井施工的支护结构
CN105200995A (zh) * 2015-08-31 2015-12-30 罗海军 地下室支护施工方法
CN105200995B (zh) * 2015-08-31 2018-01-19 罗海军 地下室支护施工方法
CN106013166A (zh) * 2016-06-27 2016-10-12 中国矿业大学 辐条式冻结向外扩挖式开挖超深基坑的施工方法
CN106013166B (zh) * 2016-06-27 2018-07-03 中国矿业大学 辐条式冻结向外扩挖式开挖超深基坑的施工方法
CN107288136A (zh) * 2017-08-17 2017-10-24 中国建筑第八工程局有限公司 建筑物基坑防护的结构及其方法
CN108570999A (zh) * 2018-05-07 2018-09-25 宁波市交通规划设计研究院有限公司 一种城市主干道下地下快速路与地铁盾构区间分建的施工方法
CN109162298A (zh) * 2018-10-30 2019-01-08 桂林理工大学 一种富水区综合管廊的施工方法
CN109162298B (zh) * 2018-10-30 2020-07-31 桂林理工大学 一种富水区综合管廊的施工方法
CN111173028A (zh) * 2020-01-08 2020-05-19 浙江宏超建设集团有限公司 一种地下室结构及其施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4093670B2 (ja) 2008-06-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6299386B1 (en) Method and apparatus for a shoring wall
CN105464686B (zh) 既有设施下多层地下空间幕架式暗挖施工方法及支护结构
KR101274974B1 (ko) 흙막이 겸용 옹벽 및 이의 시공방법
KR100562158B1 (ko) 지중 구조물을 축조하는 강관루프 공법 및 그 루프구조체, 및 그 강관의 구조
KR100917044B1 (ko) 앵커 일체형 이중 벽체 콘크리트 옹벽 시공방법
KR100813664B1 (ko) 단면 2차 모멘트가 강화된 흙막이 시공 방법
KR101051965B1 (ko) 지하연속벽 시공용 패널 조인트 및 이를 이용한 지하연속벽 시공방법
CN106049530B (zh) 城市综合管廊及施工方法
CN106089243B (zh) 一种基于钢管混凝土连接的管幕支护结构
KR100618597B1 (ko) 인너튜브와 콘크리트 오름방지장치를 사용한 현장타설콘크리트말뚝 및 이의 시공방법
KR100910576B1 (ko) 매입 앵커 및 이를 이용한 지하외벽의 합성옹벽 시공방법
KR20110131549A (ko) 비개착식 지하구조물 시공방법
CN102817372A (zh) 地下深基础混凝土反模施工方法
JP2008013926A (ja) 既存建物の基礎補強工法
CN102660955A (zh) 一种基坑边坡支护的快速施工方法
KR20070075506A (ko) 충전강관 루프와 콘크리트 벽체를 이용한 지하구조물축조방법
CN110004919B (zh) 一种用于管线影响范围内的基坑围护施工方法
CN101126240A (zh) 深基坑开挖过程中利用时差效应控制基坑变形的方法
KR100415809B1 (ko) 흙막이용 프리캐스트 말뚝 및 이를 이용한 흙막이 시공공법
JP2012036720A (ja) 覆工パネルを用いる開削式掘削構造及び開削式掘削施工方法
KR101812265B1 (ko) 띠장 접촉부를 가진 오버랩 원통부재와 이를 이용한 주열식 차수벽 시공방법
KR20070076553A (ko) 충전강관 루프와 콘크리트 벽체를 이용한 지하구조물축조방법
KR101171040B1 (ko) 긴장재를 이용한 조립식 간이 흙막이 시공 방법
JP6762800B2 (ja) 既設杭基礎の補強工法及び補強構造
JP3211673B2 (ja) 簡易仮橋仮桟橋架設工法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051125

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20071026

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080226

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080304

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110314

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110314

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120314

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120314

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130314

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140314

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees