JP2000236838A - 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法 - Google Patents

紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法

Info

Publication number
JP2000236838A
JP2000236838A JP11078240A JP7824099A JP2000236838A JP 2000236838 A JP2000236838 A JP 2000236838A JP 11078240 A JP11078240 A JP 11078240A JP 7824099 A JP7824099 A JP 7824099A JP 2000236838 A JP2000236838 A JP 2000236838A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
red bean
sugi
koto
trunk
cedar
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11078240A
Other languages
English (en)
Inventor
Seki Hiyo
碩 馮
Seika En
世華 袁
Original Assignee
Seki Hiyo
碩 馮
Seika En
世華 袁
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Seki Hiyo, 碩 馮, Seika En, 世華 袁 filed Critical Seki Hiyo
Priority to JP11078240A priority Critical patent/JP2000236838A/ja
Publication of JP2000236838A publication Critical patent/JP2000236838A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】本発明は、紅豆杉を主原料とした新規な食品に
関する。 【解決手段】紅豆杉の幹部を20〜60ミクロンに粉砕
したものに、紅花、桂 杉を主原料とした食品。又紅豆杉の幹部を60〜220
kg/cmの真空圧力で20〜60ミクロンの し、更に乾燥し、水分5%の状態で紙袋詰し製品化す
る。又紅豆杉の幹部を60〜220kg/cmの真空
圧力で20〜60ミクロンの 沸し,濃縮液としたものを加え混入撹拌し、ドライフリ
ー製法により粉末状にし、賦形剤を加え錠剤にした食
品。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、紅豆杉を主原料とした
新規な食品に関するもので、更に、詳しくは、紅豆杉を
主原料として、産婦人科疾病に効果が認められている漢
方としての紅花等を加味して成るお茶、錠剤、濃縮液及
びその製造法であり、従前にない新規な食品に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】従来紅豆杉の幹部を利用して成る健康食
品やお茶の存在は発見された。しかし、紅豆杉は材質が
非常に固くその有効成分を水或は熱湯で抽出するには工
夫が必要であった。従来の紅豆杉の幹部を「チップ状」
又は「繊維状」にして「そのまま」或は、それを「他の
漢方と加味」した商品の存在は認められる。しかし、紅
豆杉から生ずる成分が溶液(水又は熱湯)に十分に抽出
しないままで飲食するか或は、加味した他の漢方の成分
が溶液に十分に抽出してしまい「紅豆杉」の持つ有効成
分との相乗効果を期待できずに飲食されていたものであ
った。よって、紅豆杉を加工して食品化するにはその形
状に工夫を要するものである。又紅豆杉のエキスは、以
下説明する通りその効能が多種類に亙り、単独で用いる
効能よりも相互補完する漢方との相乗的な効能を発揮す
る方がより効果が期待できるものである。特に、紅豆杉
には、精力増強と血行改善作用が認められ又アルカロイ
ドや多量のタンニン酸が含有しており、免疫関連疾患や
伝染性・感染性疾患に効能が認められているので、それ
に対応する漢方を加味して補完作用から漢方との相乗効
果を高めて、胃に優しくより飲み易い工夫が可能であれ
ば極めて効用大なものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】先ず、紅豆杉は、紫杉
とも呼ばれ、第4紀である氷河期から現在まで、世界中
に残存した23種の植物中の最も貴重な薬用植物であ
る。多種の薬効成分を含み漢方薬として「中薬大辞典」
「東北植物誌」「吉林中草薬」等に記載されている。紅
豆杉の効能効果は、消炎、利尿、血圧降下、血中脂質減
少作用があるので、「腎臓病」「糖尿病」「高血圧症」
「膀胱炎」「尿道炎」「腎盂炎」等の疾患治療や予防に
用いらている。又精力増強と血行改善の作用が認めら
れ、全身の血行、特に足腰の血行を良くし、酸素と栄養
をもたらし身体を温め、老廃物の分解と水分を排泄する
に有効である。よって、「月経不順」「月経痛」「出産
後の下腹痛」等婦人病に治療の効果が発揮され常用され
ている。婦人病特に「月経痛」は、産婦人科患者の主要
症状の一で、婦人が月経期やその前後数日の間に起こる
下腹部の疼通である。重症の者は日常の活動や仕事にも
影響を与えるものである。紅豆杉の血行改善作用や内分
泌調節作用により新陳代謝機能を促進させて身体を温
め、婦人病に良好な効果を発揮するものと認められてい
る。中国の国家医薬管理局天津薬物研究院の鑑定結果に
よれば、紅豆杉の水浸出物には、大量のタンニン酸が含
まれ、「殺菌」「収劔」「消炎」作用があるから、口腔
中の病原菌及び上気道の炎症に治療作用がある。又「ア
ルカロイド」が含まれているので高血圧や糖尿病の予防
・治療する作用を有する。又紅豆杉は、非常に硬質であ
り温度差により浸出物及びその有効成分の含有量が異な
る事が確認された。即ち、湯温83°C以上になると、
主に紫杉醇が溶出され、湯温50°C前後では、紫杉▲
かん▼が主に溶出される。湯温23°C〜27°C前後
では、主にタンニン酸が溶出される。よって、成分を抽
出するには特殊な湯温を維持できる器具を用いて行う。
又アルコールを用いた場合度数10〜25度で紫杉醇の
溶出量が最も多い事が認められている。
【0004】
【課題を解決するための手段】そこで、発明者は、紅豆
杉を含有する漢方としての前記効能特に、温腎通経作用
があり、婦人病に顕著な効果を発揮される点に注目し、
日常生活で「お茶」を飲むことにより、治療や予防の効
能をより有効に発揮される様に工夫した。更に、加味す
る漢方を従来婦人病に特に効能を発揮する「紅花」「桂
枝」「乾 たものである。本発明は、斯かる効能が認められた紅豆
杉を主原料として、その幹部を20〜60ミクロンに粉
砕し粉状にした形状とし、その他の漢方を加味すること
で相乗効果を発揮させる。更に、漢方の生薬として「紅
花」等の乾燥粉末を加味したものである。
【0005】
【発明の実施の形態】以下本発明の実施の形態を説明す
る。紅豆杉の幹部を60〜220kg/cmの真空圧
力で20〜60ミクロンの粉状にしたもの10gに対し
て、紅花3gと桂枝1gと乾姜3gと大棗5gと小茴 °Cで乾燥し、水分5%の状態で3gずつ紙袋詰し12
0°Cの高温で30秒殺菌製品化する。又紅豆杉の幹部
を60〜220kg/cmの真空圧力で20〜60ミ
クロンの粉状にしたもの10gに紅花3g、桂枝1g、
乾姜3gと大棗5gと小茴香 加え混入撹拌し、ドライフリー製法により粉末状にし、
更に、賦形剤としてオリゴ糖を加え錠剤とする。又紅豆
杉の幹部を60〜220kg/cmの真空圧力で20
〜60ミクロンの たものに、シロップ又は蜂蜜を加えより飲食し易くし
た。 縮液をカプセルに封入して飲食に便ならしめた。以下加
味される漢方について説明する。
【0006】紅花は、血行改善作用・月経調整作用が優
れており、生理痛や無月経、子宮筋腫、内膜症等の婦人
病に欠かせず常用されている漢方である。又血液を冷や
し、解毒、鎮静等の作用も認められ、熱性病にも使用さ
れている。よって、婦人病にはその治療・予防に最適で
その薬効は確認されている。
【0007】桂枝は、楠木科の桂の茎及び同科の植物の
樹皮を乾燥したものである。健胃、駆風、矯味、発汗、
解熱、鎮痛薬として、中枢神経の興奮を鎮静化し、水分
代謝を調整し、血行を良くし体表の毒を取り去り、解毒
する作用が認められているから、頭痛、発熱、のぼせ、
感冒、身体疼痛等に応用される。
【0008】乾姜は、生姜の根茎のコルク皮を除き蒸し
乾燥したものである。寒を散じ、表を発し、錆吐、きょ
痰の効能が認められるから、風邪、頭痛、嘔吐、胃寒腹
痛、咳嗽、痰飲等に用いられる。芳香性健胃薬、矯味、
食欲増進薬として、新陳代謝機能を促進させて、水毒を
取る目的で、嘔吐、咳嗽、腸満、陽実症の発熱、鼻ずま
り等に用いる。身体を温める作用に着目し婦人病特に寒
冷症、生理痛に効果がある。
【0009】大棗は、消化器系の効能を増進し、体力・
低抗力を高め免疫増強作用が認められる。その味が甘味
であるから、味付けとしても効能が認められる。
【0010】小茴香は、芳香性健胃薬として食欲不振等
に用いられるが、鎮痛作用もあるので胃痛、筋肉痛、月
経痛に良く用いられている。特に下腹部を温める効能が
認められるので、冷え症や疼痛に顕著な効果がある。
【0011】 良、食欲不振、胃酸欠乏症に用いられる。又抗菌整腸作
用も認められるから、慢性大腸炎、赤痢、急性胃腸炎等
の症例に使用される。尚血管を拡張し血中脂質を減少さ
せ、うっ血を取り除く作用も認められる。よって、狭心
症による胸痛及び月経痛、産後の腹痛にも有効であると
認められている。
【0012】使用方法としては、予め2〜3g入りのテ
ィーバック1包をコップに入れ200mlの熱湯を注ぎ
暫く置くと(2〜3分)エキスが溶出したら飲み、繰り
返し色が無くなるまで服用が可能となる。又熱湯に替え
酒(日本酒が望ましい)でもエキスが溶出したら服用が
可能となる。
【0013】服用の臨床例が報告されている。
【0014】
【発明の効果】上述のように、本発明に係る食品は、湯
或は水に溶出して飲食するだけで、婦人病の諸症状に対
しての効能が得られる。特に、漢方の有する効用と相ま
って相乗効果が期待され、その効用極めて大である。
【0013】雲南紅豆杉・紅花茶治療した40例 婦人病患者治療効果観察報告(南京医科大学付属病院) 臨床観察の纏め 生理痛、子宮筋腫、付属器炎等は産婦人科の外来部で主
な就診症状である。特に、生埋痛は女性が生理が来る前
後の数日に現れた下腹痛症状の意味をしている。症状酷
い方は鎮痛薬を服用しても無効となり、且つ、仕事と日
常生活にも影響を与えている。そこで、我が医院は中国
江蘇省中益碩康貿易センターの依頼により、1998年
11月20日から12月20日までの1ヶ月の間雲南紅
豆杉・紅花茶で40人の患者に服用し、臨床で観察した
結果を以下の通りです。 1)病例選択:40名患者の中で、最大年齢は46才、
最小16才。結婚者は32例、未婚者8例である。 病歴:生理痛症状は最長23年、最短2年、合併婦人疾
病(子宮筋腫、付属器炎など)24人(60%)。 2)治療効果こか及び評価: 1.生理痛の程度: (1)軽:生理中の腹痛であっても鎮痛薬を服用しな
い。 (2)中:生理中の腹痛であって、鎮痛薬を服用する。
但し、日常生活には影響がない、仕事もできる。 (3)重:生理中の腹痛で鎮痛薬を服用し、或いは鎮痛
注射剤を注射したが、日常生活及び仕事にも影響があ
る。 2.治療効果の評価基準: (1)無改善。 (2)減軽又は鎮痛薬の減少。 (3)著しく減軽又は鎮痛薬を停止しでも、痛みを減軽
する。 (4)消失。何の症状もない/薬を停止しても無症状。 40例の中で、軽度生理痛患者は10人(25%)、中
度生理痛患者は19人(47.5%)、重度生理痛患者
は11人(27.5%)である。 3)使用方法: 1.1ヶ月使用とする。 2.2週間使用とする。 3毎日1袋を続けて服用する。 4)服用後の結果:服用後生理痛の症状を消失したのは
17例(42.5%)、著しく減軽したのは15例(3
7.5%)、減軽したのは6例(15%)、無改善のは
2例(5%)であった。その中に重度生理痛患者の11
人の中で、生理痛症状を消失したのは6人、著しく改善
したのは1人、減軽したのは3人、無改善のは1人。総
有効率としでは92.5%であった。合併婦人疾病(子
宮筋腫、付属器炎など)にいては、14人の子宮筋腫患
者の中で、8人が縮小したことを分かり、残り4人の患
者が2週間で使用することを選択したため、結果として
ははっきり分かっていない。 5)討論:初めて我が医院の産婦人科で雲南紅豆杉・紅
花茶を利用し、生理痛だけではなく、合併婦人疾病にも
一定の治療効果があることを分かった。特に、子宮筋腫
縮小できることによって、酷い患者には手術しなくで、
保守療法としては十分考えられる。又、あらゆる症状の
生理痛にはこのお茶だけで改善されたのは単なる鎮痛作
用ではなく、人体の気、血の調整することによって、全
身経絡を通して症状改善したと思われる。尚、雲南紅豆
杉は常用漢方ではないため、未知している部分は研究、
開発、利用の価値としては十分あると今回の臨床で認識
している。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61P 31/00 A61K 31/00 631 37/00 637 A61K 35/78 35/78 W (72)発明者 袁 世華 神奈川県相模原市古淵2−2−10−2− 202 Fターム(参考) 4B016 LC07 LE03 LG16 LK07 LP01 LP05 LP08 LP10 4B018 LE01 LE02 MD61 ME03 ME04 ME14 4C088 AB03 AB12 AB26 AB33 AB40 AB51 AB81 AB99 AC03 AC04 AC06 AC13 BA07 BA08 CA01 CA02 CA11 CA21 MA07 MA16 MA35 MA37 MA52 NA05 ZA36 ZA42 ZA66 ZA81 ZA83 ZB01 ZB09 ZB11 ZC21 ZC33 ZC35 ZC75

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】紅豆杉の幹部を20〜60ミクロンに粉砕
    したものに、紅花、桂 豆杉を主原料とした食品。
  2. 【請求項2】紅豆杉の幹部を60〜220kg/cm
    の真空圧力で20〜60ミクロンの粉状にしたもの10
    gに対して、紅花3gと桂枝1gと乾姜 し、更に60〜70°Cで乾燥し、水分5%の状態で3
    gずつ紙袋詰し120°Cの高温で30秒殺菌製品化す
    る事を特徴とした紅豆杉を主原料とした食品の製造法。
  3. 【請求項3】紅豆杉の幹部を60〜220kg/cm
    の真空圧力で20〜60ミクロンの粉状にしたもの10
    gに紅花3g、桂枝1g、乾姜3gと大棗5g たものを加え混入撹拌し、ドライフリー製法により粉末
    状にし、更に賦形剤としてオリゴ糖を加え錠剤にしたこ
    とを特徴とした紅豆杉を主原料とした食品。
  4. 【請求項4】紅豆杉の幹部を60〜220kg/cm
    の真空圧力で20〜 の濃縮液を加えたものに、シロップ又は蜂密を加えたこ
    とを特徴とした紅豆杉を主原料とした食品。 粉末、濃縮液をカプセルに封入して形成したことを特徴
    とした請求項1乃至請求項4に記載の紅豆杉を主原料と
    した食品。
JP11078240A 1999-02-17 1999-02-17 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法 Pending JP2000236838A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11078240A JP2000236838A (ja) 1999-02-17 1999-02-17 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11078240A JP2000236838A (ja) 1999-02-17 1999-02-17 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000236838A true JP2000236838A (ja) 2000-09-05

Family

ID=13656514

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11078240A Pending JP2000236838A (ja) 1999-02-17 1999-02-17 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000236838A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103494135A (zh) * 2013-09-09 2014-01-08 广西壮族自治区金秀瑶族自治县科学技术情报研究所 甜茶山楂片
CN103877373A (zh) * 2012-12-22 2014-06-25 李建芳 万寿春茶
CN104026497A (zh) * 2014-05-13 2014-09-10 蚌埠味多多学生营养餐有限公司 一种甲鱼保健山楂片及其制备方法
CN105311318A (zh) * 2014-07-25 2016-02-10 冯亚平 恒通散
JP2017048129A (ja) * 2015-08-31 2017-03-09 小林製薬株式会社 ソフトカプセル剤およびその製造方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103877373A (zh) * 2012-12-22 2014-06-25 李建芳 万寿春茶
CN103494135A (zh) * 2013-09-09 2014-01-08 广西壮族自治区金秀瑶族自治县科学技术情报研究所 甜茶山楂片
CN104026497A (zh) * 2014-05-13 2014-09-10 蚌埠味多多学生营养餐有限公司 一种甲鱼保健山楂片及其制备方法
CN105311318A (zh) * 2014-07-25 2016-02-10 冯亚平 恒通散
JP2017048129A (ja) * 2015-08-31 2017-03-09 小林製薬株式会社 ソフトカプセル剤およびその製造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100569088C (zh) 一种清润型凉茶及其制作方法
CN104173969B (zh) 一种治疗脾胃虚寒型慢性胃炎的中药制剂及其制备方法
CN100594928C (zh) 姜黄提取物及其制备方法、药物组合物和用途
CN105535881A (zh) 一种用于痰湿体质的药食配方
CN104288644A (zh) 一种治疗脾虚的药物组合物及其制备方法
CN105535495A (zh) 一种培元固本治疗食管癌的中药组合物及制备方法
CN103230486B (zh) 一种中药组合物及其制备方法以及在制备治疗脂肪肝药物中的应用
JP2000236838A (ja) 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法
CN103239667A (zh) 一种治疗家畜口蹄疫的中药
CN102526639A (zh) 治疗高血脂症的中药组合物及其制备方法
CN104888132A (zh) 一种治疗慢性胃炎的中药组合物
JP2000236835A (ja) 紅豆杉を主原料とした食品及びその製造法
CN101816708B (zh) 治疗风湿病的中药组合物及其制备方法
CN105617340A (zh) 一种治疗慢性胃炎、胃溃疡的中药
CN103893593B (zh) 具有清热解毒、抗炎和增强免疫力作用的药物组合物
JP3355471B2 (ja) 痛経健康茶及びその製造法
CN105687530A (zh) 一种抗癌药及其制备方法、用途
CN101129997A (zh) 郁金解表口服液
CN101085185A (zh) 白芍栀子饮料
CN104474488A (zh) 散寒养生中药酒及制备方法
CN105707240A (zh) 一种合欢皮安神解郁奶茶及其生产方法
CN101028392B (zh) 一种治疗高脂血症的中成药
CN106138981A (zh) 一种加味烂积丸的制备方法
CN101129998A (zh) 柴黄清胆饮料
CN111419933A (zh) 一种用于健脾开胃的中药组合物及其外用制剂和应用