JP2000227078A - スクロール圧縮機 - Google Patents

スクロール圧縮機

Info

Publication number
JP2000227078A
JP2000227078A JP11028052A JP2805299A JP2000227078A JP 2000227078 A JP2000227078 A JP 2000227078A JP 11028052 A JP11028052 A JP 11028052A JP 2805299 A JP2805299 A JP 2805299A JP 2000227078 A JP2000227078 A JP 2000227078A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scroll
thrust
thrust ring
ring
discharge chamber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11028052A
Other languages
English (en)
Inventor
Motonobu Furukawa
基信 古川
Makoto Araki
誠 荒木
Masaki Fujino
正樹 藤野
Junya Tanaka
順也 田中
Original Assignee
Fujitsu General Ltd
株式会社富士通ゼネラル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu General Ltd, 株式会社富士通ゼネラル filed Critical Fujitsu General Ltd
Priority to JP11028052A priority Critical patent/JP2000227078A/ja
Publication of JP2000227078A publication Critical patent/JP2000227078A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 旋回スクロールを吐出室の高圧ガスを利用し
て固定スクロールに押圧し、相互間の隙間を減少させて
体積効率を向上させるとともに、旋回スクロールの挙動
を安定させて信頼性を向上し、かつ圧縮部へ適度な潤滑
油を給油することができるようにしたスクロール圧縮機
を提供する。 【解決手段】 スラスト軸受と、同スラスト軸受に対応
する旋回スクロールの鏡板のスラスト受け面との間を少
許離間する一方、同離間部に軸方向に移動自在な筒状の
スラストリング12を設けるとともに、固定スクロールお
よびメインフレーム8を連通し、同メインフレーム8側
に位置するスラストリング12の一端面と吐出室とを結ぶ
連通孔を設け、同連通孔から導いた吐出室の高圧ガスに
より、スラストリング12を介して旋回スクロールを固定
スクロールに押圧するとともに、スラストリング12に圧
縮部へ潤滑油を給油する給油経路14を設けた。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、スクロール圧縮機
に係わり、より詳細には、旋回スクロールを吐出室の高
圧ガスを利用して固定スクロールに押圧するとともに、
圧縮部へ潤滑油を給油する給油経路を備えたスラストリ
ングの構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のスクロール圧縮機は、例えば図6
および図7で示すように、密閉容器1内に電動機2と吐
出室16と圧縮部3とを配置し、同圧縮部3を鏡板4aの内
面に渦巻状のラップ4bを立設させた固定スクロール4
と、同じく鏡板5aの一面に渦巻状のラップ5bを立設させ
るとともに、他面にスクロール軸5cを設けた旋回スクロ
ール5とを互いに偏心させて噛み合わせることにより前
記両ラップ4bおよび5bの間に圧縮室6を形成し、同圧縮
室6と前記吐出室16とを結ぶ吐出孔4cを形成し、前記旋
回スクロール5をその自転を阻止しながら公転旋回運動
をさせるとともに、メインフレーム8との間に介装され
るスラストリング12' により摺動自在に支持し、前記旋
回スクロール5を前記電動機2により駆動するため、前
記スクロール軸5cに連係する偏心軸受9を内側に有し、
前記メインフレーム8に軸支されたクランク軸7aを連続
形成してなるシャフト7に穿設された送油孔13を備えた
構成であった。
【0003】前記クランク軸7aの外側に凹陥部9aを設け
てオルダムリング10を配設し、前記クランク軸7aを軸支
するメインフレーム8にスラスト軸受11を形成し、同ス
ラスト軸受11に対応する前記旋回スクロール5の鏡板5a
のスラスト受け面5dとの間を少許離間する一方、同離間
部に軸方向に移動自在な筒状のスラストリング12' を設
けるとともに、前記固定スクロール4および前記メイン
フレーム8を連通し、同メインフレーム8側に位置する
前記スラストリング12' の一端面12'aと前記吐出室16と
を結ぶ連通孔aを設け、同連通孔aから導いた前記吐出
室16の高圧ガスにより、前記スラストリング12' の他端
面12'bを前記旋回スクロール5のスラスト受け面5dに当
接して押圧させ、前記旋回スクロール5を前記固定スク
ロール4に押圧してなる構成となっている。
【0004】上記構成において、前記旋回スクロール5
前記固定スクロール4の相互間の隙間を減少させて体積
効率を向上させるとともに、前記旋回スクロール5を円
滑に旋回させるようにしている。また、図示しない油溜
の潤滑油は、図示しないポンプから送油孔13を経て前記
偏心軸受9を経由して凹陥部9aに流入し前記スラスト受
け面5dへ供給される。しかしながら、上記の構造ではス
ラストリング12' と旋回スクロール5の鏡板5aが密着す
る構造なので、スラスト受け面5dへ供給された潤滑油が
スラストリング12によって遮られ、オルダムリング10や
圧縮部3への給油ができず、スクロールが焼き付いてし
まう恐れがあった。また、圧縮部3へ給油されない場
合、圧縮機内部でガス漏れが生じ効率が低下してしまう
という問題があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明においては、上
記問題点に鑑み、旋回スクロールを吐出室の高圧ガスま
たは潤滑油を利用して固定スクロールに押圧し、相互間
の隙間を減少させて体積効率を向上させるとともに、旋
回スクロールの挙動を安定させて信頼性を向上し、かつ
圧縮部へ適度な潤滑油を給油することができるようにし
たスクロール圧縮機を提供することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記課題を解
決するため、密閉容器内に電動機と吐出室と圧縮部とを
配置し、同圧縮部を鏡板の内面に渦巻状のラップを立設
させた固定スクロールと旋回スクロールとを互いに噛み
合わせて圧縮室を形成し、同圧縮室と前記吐出室とを結
ぶ吐出孔を形成し、前記旋回スクロールをその自転を阻
止しながら公転旋回運動をさせるとともに、メインフレ
ームに形成されたスラスト軸受に摺動自在に支持し、前
記旋回スクロールを前記電動機により駆動するシャフト
に穿設された送油孔を通して潤滑油を前記スラスト軸受
に供給してなるスクロール圧縮機において、前記スラス
ト軸受と、同スラスト軸受に対応する前記旋回スクロー
ルの鏡板のスラスト受け面との間を少許離間する一方、
同離間部に軸方向に移動自在な筒状のスラストリングを
設けるとともに、前記固定スクロールおよび前記メイン
フレームを連通し、同メインフレーム側に位置する前記
スラストリングの一端面と前記吐出室とを結ぶ連通孔を
設け、同連通孔から導いた前記吐出室の高圧ガスまたは
潤滑油により、前記スラストリングを介して前記旋回ス
クロールを前記固定スクロールに押圧するとともに、前
記スラストリングに前記圧縮部へ前記潤滑油を給油する
給油経路を設けた構成となっている。
【0007】また、前記メインフレームに、前記スラス
トリングの一端を収容する環状の凹溝を設け、同凹溝の
底部に前記連通孔の一端を接続した構成となっている。
【0008】また、前記連通孔を、複数設けた構成とな
っている。
【0009】また、前記給油経路を、前記スラストリン
グの前記鏡板側の端面に切欠きにより形成した構成とな
っている。
【0010】また、前記切欠きを複数設けた構成となっ
ている。
【0011】また、前記給油経路を、前記スラストリン
グを複数個に分割し、その各リング片間に設けた構成と
なっている。
【0012】また、前記給油経路を、前記スラストリン
グの壁面を径方向に貫通する小径孔により形成した構成
となっている。
【0013】また、前記給油経路を、前記スラストリン
グの壁面を軸方向に貫通する小径孔により形成した構成
となっている。
【0014】また、前記小径孔近傍の前記旋回スクロー
ルの鏡板面に、径方向に前記スラストリングの他端面を
横切る凹溝を設けた構成となっている。
【0015】また、前記スラストリングを、鉄系、樹脂
またはカーボン等の材料により形成した構成となってい
る。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、添
付図面に基づいた実施例として説明する。なお、実施例
では上述の従来技術と同一構成要素に同一の符号を付
す。図1および図2(A)、(B)において、密閉容器
1内に電動機2と吐出室16と圧縮部3とを配置し、同圧
縮部3を鏡板4aの内面に渦巻状のラップ4bを立設させた
固定スクロール4と、同じく鏡板5aの一面に渦巻状のラ
ップ5bを立設させるとともに、他面にスクロール軸5cを
設けた旋回スクロール5とを偏心量σsで示すように互
いに偏心させて噛み合わせることにより前記両ラップ4b
および5bの間に圧縮室6を形成し、同圧縮室6と前記吐
出室16とを結ぶ吐出孔4cを形成し、前記旋回スクロール
5をその自転を阻止しながら公転旋回運動をさせるとと
もに、前記メインフレーム8との間に介装される後述す
るスラストリングにより摺動自在に支持し、前記旋回ス
クロール5を前記電動機2により駆動するため、前記ス
クロール軸5cに連係する偏心軸受9を内側に有し、前記
メインフレーム8に軸支されたクランク軸7aを連続形成
してなるシャフト7に穿設された送油孔13を備えた構成
となっている。
【0017】前記スクロール軸5cの外側に凹陥部9aを設
けてオルダムリング10を配設し、前記メインフレーム8
内部の前記シャフト7の外側にスラスト軸受11を形成
し、前記スラスト軸受11と、同スラスト軸受11に対応す
る前記旋回スクロール5の鏡板5aのスラスト受け面5dと
の間を少許離間する一方、同離間部に軸方向に移動自在
な筒状のスラストリング12を設けるとともに、前記固定
スクロール4および前記メインフレーム8を連通し、同
メインフレーム8側に位置する前記スラストリング12の
一端面12a と前記吐出室16とを結ぶ連通孔aを設け、同
連通孔aから導いた前記吐出室16の高圧ガスにより、前
記スラストリング12を介して前記旋回スクロール5を前
記固定スクロール4に押圧してなる構成となっており、
これによって、前記旋回スクロール5を、前記吐出室16
の高圧ガスを利用して前記固定スクロール4に押圧し、
相互間の隙間を減少させて体積効率を向上させるととも
に、前記旋回スクロール5を円滑に旋回させて信頼性を
向上できるようにした構造となる。
【0018】また、前記メインフレーム8に、前記スラ
ストリング12の一端を収容する環状の凹溝11a を設け、
同凹溝11a の底部に前記連通孔aの一端を接続した構成
となっており、これによって、前記旋回スクロール5と
前記メインフレーム8との間に、前記スラストリング12
を容易に、且つ正確に介装できるようになるとともに、
前記連通孔aの一端を、前記スラストリング12の一端面
12a を正確に押圧できる位置に接続できるようにした構
造となる。
【0019】また、前記連通孔aを複数設けたことによ
り、前記スラストリング12の一端面12a をバランスよく
押圧できるとともに、該押圧力の強さを最適化できやす
いようにした構成となっている。
【0020】前記スラストリング12の他端面、即ち前記
旋回スクロール5の鏡板5a側の端面に、複数の切欠き14
により前記圧縮部3へ前記潤滑油を給油する給油経路を
設けた構成となっている。図示しない油溜の潤滑油は、
図示しないポンプから前記送油孔13を経て前記偏心軸受
9に供給され、前記複数の切欠き14を通り前記スラスト
受け面5dに流入し、同スラスト受け面5dから流出した潤
滑油は、前記オルダムリング10に給油するとともに、前
記旋回スクロール5を介して前記圧縮室6内に到り、前
記ラップ5bに給油して前記吐出孔4cより吐出室16に噴出
され、戻り孔を経て図示しない油溜に戻るようにした構
成となっている。
【0021】図3は本発明による第二の実施例を示した
もので、前記スラストリング12を複数個に分割し、その
各リング片間14a により給油経路を設けた構成となって
いる。
【0022】図4(A)は本発明による第三の実施例を
示したもので、給油経路を、前記スラストリング12の壁
面を径方向に貫通する小径孔14b により形成した構成と
なっている。
【0023】図4(B)は本発明による第四の実施例を
示したもので、給油経路を、前記スラストリングの壁面
を軸方向に貫通する小径孔14c により形成した構成とな
っている。
【0024】図5は本発明による第五の実施例を示した
もので、前記小径孔14b または14c近傍の前記旋回スク
ロール5の鏡板5a背面に、径方向に前記スラストリング
12の他端面12b を横切る複数の溝15を設けた構成となっ
ている。
【0025】上記第二〜第五は前記第一の実施例と同様
に、潤滑油は前記送油孔13を経て前記偏心軸受9に供給
され、各給油経路を通り前記スラスト受け面5dに流入
し、同スラスト受け面5dから流出した潤滑油は、前記オ
ルダムリング10に給油するとともに、前記旋回スクロー
ル5を介して前記圧縮室6内に到り、前記ラップ5bに給
油して前記吐出孔4cより吐出室16に噴出され、戻り孔を
経て図示しない油溜に戻るようにした構成となってい
る。
【0026】尚、前記スラストリング12を、鉄系、樹脂
またはカーボン等の材料により形成したことにより、同
スラストリング12に適宜強度をもたせることができて、
コスト的に有利な製作をすることができる構成となって
いる。
【0027】更に、前記固定スクロール4と、旋回スク
ロール5とのラップ間の軸方向の隙間を、前記連通孔a
の数およびその断面積と、前記スラストリング12の一端
面12a の面積の大きさとにより設定してなる構成となっ
ており、これによって、前記スラストリング12を介し
て、前記吐出室16の高圧ガスにより前記旋回スクロール
5を前記固定スクロール4に押圧する押圧力を最適化で
きるようにした構造となる。
【0028】以上の構成により、前記スラスト軸受11
と、同スラスト軸受11に対応する前記旋回スクロール5
の鏡板5aのスラスト受け面5dとの間を少許離間する一
方、同離間部に軸方向に移動自在な筒状の前記スラスト
リング12を設けるとともに、前記固定スクロール4およ
び前記メインフレーム8を連通し、同メインフレーム8
側に位置する前記スラストリング12の一端面と前記吐出
室16とを結ぶ連通孔aを設け、同連通孔aから導いた前
記吐出室16の高圧ガスにより、前記スラストリング12を
介して前記旋回スクロール5を前記固定スクロール4に
押圧してなる構成としたので、前記旋回スクロール5
を、前記吐出室16の高圧ガスを利用して前記固定スクロ
ール4に押圧し、相互間の隙間を減少させて体積効率を
向上させるとともに、前記旋回スクロール5の挙動を安
定させて信頼性を向上できるようになり、かつ圧縮部へ
適度な潤滑油を給油することができるようにしたスクロ
ール圧縮機となる。
【0029】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、旋回スク
ロールを吐出室の高圧ガスを利用して固定スクロールに
押圧し、相互間の隙間を減少させて体積効率を向上させ
るとともに、旋回スクロールを円滑に旋回させて信頼性
を向上でき、かつ圧縮部へ適度な潤滑油を給油すること
ができるようにしたスクロール圧縮機となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明によるスクロール圧縮機の断面図であ
る。
【図2】本発明によるスラストリングの第一の実施例
で、(A)は断面図、(B)は斜視図を示す。
【図3】本発明によるスラストリングの第二の実施例を
示す断面図である。
【図4】本発明によるスラストリングの、(A)は第三
の実施例を示す斜視図、(B)は第四の実施例を示す斜
視図である。
【図5】本発明による第五の実施例を示す旋回スクロー
ルの斜視図である。
【図6】従来例によるスクロール圧縮機の断面図であ
る。
【図7】従来例によるスラストリングの斜視図である。
【符号の説明】
1 密閉容器 2 電動機 3 圧縮部 4 固定スクロール 4a 鏡板 4b ラップ 4c 吐出口 5 旋回スクロール 5a 鏡板 5b ラップ 5c スクロール軸 5d スラスト受け面 6 圧縮室 7 シャフト 8 メインフレーム 9 偏心軸受 9a 凹陥部 10 オルダムリング 11 スラスト軸受 11a 凹溝 12 スラストリング 12a スラストリングの一端面 12b スラストリングの他端面 13 送油孔 14 切欠き(給油経路) 15 溝 16 吐出室
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 田中 順也 川崎市高津区末長1116番地 株式会社富士 通ゼネラル内 Fターム(参考) 3H039 AA02 AA04 AA12 BB11 BB15 BB28 CC02 CC08 CC22 CC27 CC29 CC35

Claims (10)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 密閉容器内に電動機と吐出室と圧縮部と
    を配置し、同圧縮部を鏡板の内面に渦巻状のラップを立
    設させた固定スクロールと旋回スクロールとを互いに噛
    み合わせて圧縮室を形成し、同圧縮室と前記吐出室とを
    結ぶ吐出孔を形成し、前記旋回スクロールをその自転を
    阻止しながら公転旋回運動をさせるとともに、メインフ
    レームに形成されたスラスト軸受に摺動自在に支持し、
    前記旋回スクロールを前記電動機により駆動するシャフ
    トに穿設された送油孔を通して潤滑油を前記スラスト軸
    受に供給してなるスクロール圧縮機において、 前記スラスト軸受と、同スラスト軸受に対応する前記旋
    回スクロールの鏡板のスラスト受け面との間を少許離間
    する一方、同離間部に軸方向に移動自在な筒状のスラス
    トリングを設けるとともに、前記固定スクロールおよび
    前記メインフレームを連通し、同メインフレーム側に位
    置する前記スラストリングの一端面と前記吐出室とを結
    ぶ連通孔を設け、同連通孔から導いた前記吐出室の高圧
    ガスまたは潤滑油により、前記スラストリングを介して
    前記旋回スクロールを前記固定スクロールに押圧すると
    ともに、前記スラストリングに前記圧縮部へ前記潤滑油
    を給油する給油経路を設けてなることを特徴とするスク
    ロール圧縮機。
  2. 【請求項2】 前記メインフレームに、前記スラストリ
    ングの一端を収容する環状の凹溝を設け、同凹溝の底部
    に前記連通孔の一端を接続したことを特徴とする請求項
    1記載のスクロール圧縮機。
  3. 【請求項3】 前記連通孔を、複数設けたことを特徴と
    する請求項1または請求項4記載のスクロール圧縮機。
  4. 【請求項4】 前記給油経路を、前記スラストリングの
    前記鏡板側の端面に切欠きにより形成してなることを特
    徴とする請求項1記載のスクロール圧縮機。
  5. 【請求項5】 前記切欠きを複数設けたことを特徴とす
    る請求項4に記載のスクロール圧縮機。
  6. 【請求項6】 前記給油経路を、前記スラストリングを
    複数個に分割し、その各リング片間に設けたことを特徴
    とする請求項1記載のスクロール圧縮機。
  7. 【請求項7】 前記給油経路を、前記スラストリングの
    壁面を径方向に貫通する小径孔により形成してなること
    を特徴とする請求項1記載のスクロール圧縮機。
  8. 【請求項8】 前記給油経路を、前記スラストリングの
    壁面を軸方向に貫通する小径孔により形成してなること
    を特徴とする請求項1記載のスクロール圧縮機。
  9. 【請求項9】 前記小径孔近傍の前記旋回スクロールの
    鏡板面に、径方向に前記スラストリングの他端面を横切
    る凹溝を設けてなることを特徴とする請求項1、請求項
    7または請求項8記載のスクロール圧縮機。
  10. 【請求項10】前記スラストリングを、鉄系、樹脂また
    はカーボン等の材料により形成してなることを特徴とす
    る請求項1、請求項2または請求項4に記載のスクロー
    ル圧縮機。
JP11028052A 1999-02-05 1999-02-05 スクロール圧縮機 Pending JP2000227078A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11028052A JP2000227078A (ja) 1999-02-05 1999-02-05 スクロール圧縮機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11028052A JP2000227078A (ja) 1999-02-05 1999-02-05 スクロール圧縮機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000227078A true JP2000227078A (ja) 2000-08-15

Family

ID=12237996

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11028052A Pending JP2000227078A (ja) 1999-02-05 1999-02-05 スクロール圧縮機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000227078A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1239157A1 (en) * 2001-02-28 2002-09-11 Fujitsu General Limited Scroll compressor
CN101749234B (zh) * 2008-12-10 2012-09-05 日立空调·家用电器株式会社 涡旋式压缩机

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1239157A1 (en) * 2001-02-28 2002-09-11 Fujitsu General Limited Scroll compressor
CN101749234B (zh) * 2008-12-10 2012-09-05 日立空调·家用电器株式会社 涡旋式压缩机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4514106B2 (ja) スクロール圧縮機
US8740594B2 (en) Scroll compressor including seal member and guide ring
JP5209764B2 (ja) スクロール型流体機械
JP4686593B2 (ja) スクロール圧縮機
DE102005001462B4 (de) Spiralkompressor
US10830237B2 (en) Compressor having integrated flow path structure
US20150322947A1 (en) Scroll-Type Fluid Machine
CN101324232A (zh) 涡旋流体机械
JP2006316677A (ja) スクロール型圧縮機
JP2009030570A (ja) 流体機械
JP2008121481A (ja) スクロール流体機械
JP2000227078A (ja) スクロール圧縮機
JP2008050986A (ja) 密閉型スクロール圧縮機
JP2000064972A (ja) スクロール圧縮機
JP2009127440A (ja) スクロール圧縮機
JP2000145668A (ja) スクロール圧縮機
JP2002310076A (ja) スクロール圧縮機
JP2008002419A (ja) スクロール圧縮機
JP6809582B1 (ja) スクロール圧縮機
JP2020012379A (ja) スクロール圧縮機
EP3431766B1 (en) Scroll compressor
JP2020016179A (ja) ローリングシリンダ式容積型圧縮機
JP2020105909A (ja) スクロール式圧縮機
JP2000249082A (ja) スクロール式流体機械
JP2537839B2 (ja) 圧縮機