JP2000219147A - ボディマウントブラケット - Google Patents

ボディマウントブラケット

Info

Publication number
JP2000219147A
JP2000219147A JP11022431A JP2243199A JP2000219147A JP 2000219147 A JP2000219147 A JP 2000219147A JP 11022431 A JP11022431 A JP 11022431A JP 2243199 A JP2243199 A JP 2243199A JP 2000219147 A JP2000219147 A JP 2000219147A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mount bracket
body mount
support member
support surface
support
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11022431A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4132346B2 (ja
Inventor
Hiroshi Uchiyama
広 内山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Press Kogyo Co Ltd
Original Assignee
Press Kogyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Press Kogyo Co Ltd filed Critical Press Kogyo Co Ltd
Priority to JP02243199A priority Critical patent/JP4132346B2/ja
Publication of JP2000219147A publication Critical patent/JP2000219147A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4132346B2 publication Critical patent/JP4132346B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D33/00Superstructures for load-carrying vehicles
    • B62D33/077Superstructures for load-carrying vehicles characterised by the connection of the superstructure to the vehicle frame
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D21/00Understructures, i.e. chassis frame on which a vehicle body may be mounted
    • B62D21/09Means for mounting load bearing surfaces
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2204/00Indexing codes related to suspensions per se or to auxiliary parts
    • B60G2204/40Auxiliary suspension parts; Adjustment of suspensions
    • B60G2204/43Fittings, brackets or knuckles
    • B60G2204/4302Fittings, brackets or knuckles for fixing suspension arm on the vehicle body or chassis
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2206/00Indexing codes related to the manufacturing of suspensions: constructional features, the materials used, procedures or tools
    • B60G2206/01Constructional features of suspension elements, e.g. arms, dampers, springs
    • B60G2206/60Subframe construction
    • B60G2206/601Hanger bracket
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60GVEHICLE SUSPENSION ARRANGEMENTS
    • B60G2206/00Indexing codes related to the manufacturing of suspensions: constructional features, the materials used, procedures or tools
    • B60G2206/01Constructional features of suspension elements, e.g. arms, dampers, springs
    • B60G2206/80Manufacturing procedures
    • B60G2206/81Shaping
    • B60G2206/8103Shaping by folding or bending

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Combustion & Propulsion (AREA)
  • Transportation (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Body Structure For Vehicles (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 製作が容易で且つ品質に優れたボディマウン
トブラケットの提供。 【解決手段】 シャーシフレームb上のリアボディaを
支持する略矩形状の支持面2を平断面コ字形をした支持
部材3の上端中央部に連続的に形成すると共に、この支
持面2両端と支持部材3間をそれぞれ略三角形状の連結
面6,6で連結し、これら連結面6,6をそれぞれ二つ
折りにして支持部材3側に重ね合わせてなる。これによ
って、各構成部材の全てが曲げ加工によって形成される
ため、製造が容易となると共に、シワや割れによる品質
悪化を確実に回避することができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、トラック等のリア
ボディをシャーシフレームに支持固定するためのボディ
マウントブラケットに関するものである。
【0002】
【従来の技術】図7に示すように、一般にトラック等の
リアボディa(荷台等)は、シャーシフレームbのサイ
ドメンバc,cに取り付けられた複数のボディマウント
ブラケットd,d…に支持固定されるようになってい
る。
【0003】このボディマウントブラケットdは、図4
に示すように、シャーシフレームbのサイドメンバcの
側面に溶接等によって取り付けられるようになってお
り、リアボディaを載置して取り付ける支持面fと、こ
の支持面fをサイドメンバcの側面から支持する平断面
コ字状の支持部材gとからなっている。
【0004】そして、図示するように、このボディマウ
ントブラケットdの支持面f上に、直接リアボディa側
の図示しない支持部を載せ、取付けボルト等によってそ
の中央に形成された取付孔hを利用して両者を締結する
ことでリアボディaをシャーシフレームb上に支持固定
して取り付けるようになっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、このような
構造をした従来のボディマウントブラケットdは、先
ず、材料となる金属製の平板を用意し、これを型抜き機
によって図5に示すような形態をした板材eを打ち抜き
加工した後、その折曲げ線Sを境にしてプレス機によっ
て平断面コ字状になるように立体的にプレス加工し、そ
の後、溶接機を用いて図4に示すように支持部材gの上
端縁をそれぞれ支持面fの底面側に溶接して製作するよ
うになっている。そのため、多くの手作業に頼わざるを
得ない溶接作業が必要となる上に、最悪の場合、製造後
にこの溶接部yから割れが発生するおそれがあった。
【0006】また、図6(A)に示すように、この支持
面fと支持部材gとを一枚の板材を用いて深絞り加工に
よって一体成形することで上述したような煩わしい溶接
作業を省略すると共に割れの発生を回避することも考え
られている。
【0007】しかしながら、このような深絞り加工で
は、支持面f及び支持部材gのコーナー部付近に極力多
くの平坦部を必要とする場合、すなわち、各コーナー部
ができるだけ鋭角になるように深絞りした場合には、最
終形状に至るまでに他段階に亘って加工を繰り返さなけ
ればならない上に、板材の材質や板厚によっては、図6
(B)に示すように支持面fと支持部材gの境界部分に
余剰の材料によるシワkが発生してしまい、品質を悪化
させてしまうといった問題があった。
【0008】そこで、本発明はこのような課題を有効に
解決するために案出されたものであり、その目的は、製
作が容易で且つ品質に優れた新規なボディマウントブラ
ケットを提供するものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に本発明は、シャーシフレーム上のリアボディを支持す
る略矩形状の支持面と、この支持面を上記シャーシフレ
ームのサイドメンバ側面から支持する平断面コ字状の支
持部材とを有するボディマウントブラケットにおいて、
上記支持面を上記支持部材の上端中央部に連続的に形成
すると共に、この支持面両端と支持部材間をそれぞれ略
三角形状の連結面で連結し、これら連結面をそれぞれ二
つ折りにして上記支持部材側に重ね合わせてなるもので
ある。
【0010】すなわち、このような構成をしたボディマ
ウントブラケットにあっては、これを製作する場合、上
記支持面と支持部材と連結面とが平面上に連続的に形成
された板材を用意し、プレス加工によって支持面と支持
部材とを立体的に加工した後に、これら連結面をそれぞ
れ二つ折りにして上記支持部材側に重ね合わせるといっ
たプレス加工を僅か三段階で製作することが可能とな
る。
【0011】従って、各構成部材が全て曲げ加工によっ
て簡単に形成されるため、従来のような多数の工程を要
する深絞り加工や煩わしい溶接工程が不要となり、ま
た、シワや割れ等の不都合も確実に回避することができ
る。
【0012】
【発明の実施の形態】次に、本発明を実施する好適一形
態を添付図面を参照しながら説明する。
【0013】図1は本発明に係るボディマウントブラケ
ット1の実施の一形態を示す斜視図、図2はその展開
図、図3はその組立工程を示す説明図である。
【0014】図1に示すように、このボディマウントブ
ラケット1は、上述したトラック等のシャーシフレーム
b上のリアボディaを支持する略矩形状の支持面2と、
この支持面2を上記シャーシフレームbのサイドメンバ
c側面から支持する平断面コ字状の支持部材3とから構
成されており、これら支持面2と支持部材3は相互に連
続した一体構造となっている。
【0015】また、支持部材3はサイドメンバcの側面
と平行に位置する背面4と、この背面4の両側からそれ
ぞれサイドメンバc方向へ直角に延びる略逆さL字状を
した一対のフランジ面5,5とから構成されており、こ
のフランジ面5,5の縁部がサイドメンバcの側面に溶
接によって一体的に取り付けられるようになっている。
【0016】また、支持面1の両端部と各フランジ面
5,5の上端部との接合部には、それぞれの端部から延
びる略三角形状の連結面6,6が形成されており、これ
らを連結すると共に、それぞれ二つ折りにして上記フラ
ンジ面5,5側に重ね合わされるようになっている。
尚、図中7は、支持面2上に載置されたリアボディaを
締結ボルト等によって締結固定等するための取付孔であ
る。
【0017】そして、このような構造をした本発明のボ
ディマウントブラケット1を形成するにあたっては、先
ず、材料となる金属製の平板を用意し、打ち抜き機等に
よって図2に示すような形態をした板材8を形成する。
ここでこの板材8は、支持面2となる矩形の一辺に支持
部材3の背面4とフランジ面5,5とを連続的に有する
と共に、各フランジ面5,5の上縁部と支持面2の両縁
部との間を略三角形状の連結面6,6でそれぞれ連続的
に連結したような形状となっている。尚、点線は各部材
を区画する折曲げ線Sであり、後述するようにそれぞれ
の折曲げ線Sを境にしてそれぞれの部材を一定の角度で
谷折り又は山折りして立体的にプレス加工されるように
なっている。
【0018】次に、このような形状をした板材8をプレ
ス機に設置し、第一プレス工程として、各フランジ面
5,5と支持面2とを起立させるように、各折り曲げ線
S1,S2,S2をそれぞれ45°ずつ、また、折り曲
げ線S4,S4をそれぞれ約90°ずつ谷折りすると同
時に、折り曲げ線S3,S3も同じく45°ずつ山折り
するように一気にプレス加工して図3(A)に示すよう
な第一のプレス加工品を形成する。次に、第二プレス工
程として、このプレス加工品に対して、さらに各折り曲
げ線S1,S2,S2をそれぞれ45°ずつ、また、折
り曲げ線S4,S4をそれぞれ約90°ずつ谷折りする
と同時に、折り曲げ線S3,S3も同じく45°ずつ山
折りするように一気にプレス加工して図3(B)に示す
ような第二のプレス加工品を形成する。この状態では図
示するように連結面6,6が折り曲げ線S4,S4を境
として二つ折りとなって支持面2と面一の状態となって
いる。そして、最後に第三のプレス工程として連結面
6,6を折り曲げ線S5,S5を境としてフランジ面
5,5側に90°ずつ折り曲げるようにプレス加工する
ことで、フランジ面5,5の頂部が三枚重ねとなった本
発明のボディマウントブラケット1が得られる。
【0019】そして、このようにして得られた本発明の
ボディマウントブラケット1にあっては、各構成部材が
全て折り曲げ加工によって形成されているため、従来の
深絞り加工のようなシワが発生することなく、高品質の
高信頼性のものが容易に得られる。しかも、僅か3回の
プレス加工のみによって形成される上に、煩わしい溶接
工程が不要となるため、製造工程が簡略化され、製造効
率が大幅に向上することになる。
【0020】また、ボディマウントブラケット本来の機
能の点に関しては、従来と同等以上のものを発揮するこ
とができる。すなわち、仕上げ段階の連結面6,6の折
り曲げ加工によって各連結面6,6がフランジ面5,5
の外側に3枚重ねになるように位置し、各フランジ面
5,5が、荷重の加わる支持面2の下部に必ず位置する
ようになるため、図3に示すような溶接加工によって得
られるものと同様に、支持面2が各フランジ面5,5側
に確実に支持され、その荷重が垂直に支持部材3側に伝
わるようになる。しかも、荷重が集中する支持面2とフ
ランジ面5,5との接合部が各連結面6,6によって補
強されることとなり、その接合部の強度をより向上する
ことも可能となる。
【0021】
【発明の効果】以上要するに本発明によれば、以下に示
すような優れた効果を発揮することができる。
【0022】(1)僅か3回のプレス加工のみによって
得ることができるため、従来のような多数の工程を要す
る深絞り加工や煩わしい溶接工程が不要となる。
【0023】(2)また、各構成部材が全て折り曲げ加
工によって形成されるため、各構成部材の境界部にシワ
や割れ等の発生を確実に回避することができ、品質及び
信頼性の高い製品を提供することができる。
【0024】(3)また、製造が容易となって生産性も
向上するため、生産コストが低減され、製品単価を安く
することができる。
【0025】(4)荷重が集中し易い支持面とフランジ
面との接合部が連結面によって補強されるため、強度が
より向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るボディマウントブラケットの実施
の一形態を示す斜視図である。
【図2】本発明に係るボディマウントブラケットの展開
図である。
【図3】本発明の本発明に係るボディマウントブラケッ
トのプレス工程例を示す説明図である。
【図4】従来のボディマウントブラケットの一例を示す
斜視図である。
【図5】図4に示す従来のボディマウントブラケットの
展開図である。
【図6】従来のボディマウントブラケットの他の例を示
す斜視図である。
【図7】従来のボディキャブマウントブラケットの取り
付け状態を示す概略図である。
【符号の説明】
1 ボディマウントブラケット 2 支持面 3 支持部材 4 背面 5 フランジ面 8 板材 a リアボディ b シャーシフレーム c サイドメンバ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シャーシフレーム上のリアボディを支持
    する略矩形状の支持面と、この支持面を上記シャーシフ
    レームのサイドメンバ側面から支持する平断面コ字状の
    支持部材とを有するボディマウントブラケットにおい
    て、上記支持面を上記支持部材の上端中央部に連続的に
    形成すると共に、この支持面両端と支持部材間をそれぞ
    れ略三角形状の連結面で連結し、これら連結面をそれぞ
    れ二つ折りにして上記支持部材側に重ね合わせてなるこ
    とを特徴とするボディマウントブラケット。
JP02243199A 1999-01-29 1999-01-29 ボディマウントブラケット Expired - Fee Related JP4132346B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP02243199A JP4132346B2 (ja) 1999-01-29 1999-01-29 ボディマウントブラケット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP02243199A JP4132346B2 (ja) 1999-01-29 1999-01-29 ボディマウントブラケット

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000219147A true JP2000219147A (ja) 2000-08-08
JP4132346B2 JP4132346B2 (ja) 2008-08-13

Family

ID=12082517

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP02243199A Expired - Fee Related JP4132346B2 (ja) 1999-01-29 1999-01-29 ボディマウントブラケット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4132346B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2009106276A1 (de) * 2008-02-28 2009-09-03 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Karosserie eines kraftfahrzeugs mit einem längsträger in schalenbauweise und einer tiefgezogenen buchse
WO2014190354A1 (en) * 2013-05-24 2014-11-27 Champion Bus, Inc. Low floor vehicles for transporting passengers
US8936275B2 (en) 2013-05-24 2015-01-20 Champion Bus, Inc. Retractable steps for low floor vehicles for transporting passengers
JP2016078470A (ja) * 2014-10-09 2016-05-16 三菱自動車工業株式会社 車両の荷箱マウントブラケット
US10112541B2 (en) 2015-02-20 2018-10-30 Champion Bus, Inc. Low-floor drop frame for passenger transport vehicle
CN110893882A (zh) * 2018-09-12 2020-03-20 丰田自动车株式会社 悬架支承托架以及悬架支承托架的制造方法
CN111433079A (zh) * 2018-07-04 2020-07-17 金敃成 房屋式箱体组装型房车
EP4008608A1 (fr) * 2020-12-03 2022-06-08 Renault s.a.s Véhicule doté d'un châssis arrière destiné à soutenir un dispositif de chargement

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2009106276A1 (de) * 2008-02-28 2009-09-03 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Karosserie eines kraftfahrzeugs mit einem längsträger in schalenbauweise und einer tiefgezogenen buchse
WO2014190354A1 (en) * 2013-05-24 2014-11-27 Champion Bus, Inc. Low floor vehicles for transporting passengers
US8936275B2 (en) 2013-05-24 2015-01-20 Champion Bus, Inc. Retractable steps for low floor vehicles for transporting passengers
US8967669B2 (en) 2013-05-24 2015-03-03 Champion Bus, Inc. Low floor vehicles for transporting passengers
JP2016078470A (ja) * 2014-10-09 2016-05-16 三菱自動車工業株式会社 車両の荷箱マウントブラケット
US10112541B2 (en) 2015-02-20 2018-10-30 Champion Bus, Inc. Low-floor drop frame for passenger transport vehicle
CN111433079A (zh) * 2018-07-04 2020-07-17 金敃成 房屋式箱体组装型房车
CN110893882A (zh) * 2018-09-12 2020-03-20 丰田自动车株式会社 悬架支承托架以及悬架支承托架的制造方法
US11247732B2 (en) * 2018-09-12 2022-02-15 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Suspension support bracket and method for manufacturing suspension support bracket
EP4008608A1 (fr) * 2020-12-03 2022-06-08 Renault s.a.s Véhicule doté d'un châssis arrière destiné à soutenir un dispositif de chargement
FR3117082A1 (fr) * 2020-12-03 2022-06-10 Renault S.A.S Véhicule doté d’un châssis arrière destiné à soutenir un dispositif de chargement

Also Published As

Publication number Publication date
JP4132346B2 (ja) 2008-08-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000219147A (ja) ボディマウントブラケット
JP2005510408A (ja) 鋼製プレートを含む形材の鋼製プレートを含む連結節部
JPH08103835A (ja) ヘミング加工装置
JPH11140824A (ja) 箱桁の組立方法
JPH041027Y2 (ja)
JP3670502B2 (ja) マウントブラケット
JP2000103369A (ja) キャブマウントブラケット
JP2000108624A (ja) リーフ式サスペンションブラケット
JP4124876B2 (ja) シャーシ用ブラケット
JP4050831B2 (ja) ショックアブソーバーブラケット
KR101942953B1 (ko) 서스펜션 부재 및 그 제조 방법
JP2003072886A (ja) 中大型容器の構成方法及び中大型容器
JP2001121932A (ja) ブラケット
KR960003565Y1 (ko) 유리도어용 프레임
JP2011068230A (ja) パネルの接合部構造
JP2000219148A (ja) 車両用荷台のフレーム構造
JPH08135112A (ja) 金属製とい曲り
JPH11180345A (ja) バックドア開口部の下部コーナー構造
JP2000117358A (ja) 押出し材と板材との機械的結合方法
JP2522674Y2 (ja) ダッシュパネルとフェンダシールドパネルとの結合構造
KR20220091001A (ko) 자동차 카울크로스 부품 및 그 제조방법
JP2000006835A (ja) サスペンションフレーム
JPH01204870A (ja) 自動車の車体構造
JPH0521016U (ja) タイトフレーム
JPH08270215A (ja) 金属製コンクリート型枠

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051108

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080430

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080507

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080602

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110606

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110606

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120606

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130606

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees