JP2000215446A - Information recording and reproducing device - Google Patents

Information recording and reproducing device

Info

Publication number
JP2000215446A
JP2000215446A JP1668099A JP1668099A JP2000215446A JP 2000215446 A JP2000215446 A JP 2000215446A JP 1668099 A JP1668099 A JP 1668099A JP 1668099 A JP1668099 A JP 1668099A JP 2000215446 A JP2000215446 A JP 2000215446A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
packet
recording
information
reproducing
medium
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1668099A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takashi Watabe
剛史 渡部
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the performance of a reproducing of information, which is recorded by a variable length packet writing system, on a recording medium, to clearly indicate the boundary of a packet at the end of a track and to prevent the occurrence of erasing at an abnormal position against an overwritable recording medium. SOLUTION: A driving controller 1 records packets in a variable length packet writing system against a recording medium, to which information is written only once, or an optical disk 12 that is a recording medium, to which an overwrite is possible on the same region. Then, the packet lengths are stored in a nonvolatile memory 7. During a reproducing of the information on the disk 12, a line block and a line out block in each packet are not read, based on the packet lengths of the packets that are the objects of the reproducing stored in the memory 7 and only user data are read.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】この発明は、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する光ディスクドライブ等の情報記録再生装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to a recording and information recording and reproducing apparatus such as an optical disk drive for reproducing tracks of plural packets for rewritable recording medium at a time only recording medium or the same region can write information on.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一度だけ情報の書き込みが可能なCD− Writing of the Prior Art only once information is available CD-
Rディスク(Compact Disc Record R disc (Compact Disc Record
able)や、同じ領域に対して上書きが可能なCD− able) and, that can be overridden for the same area CD-
RWディスク(Compact Disc Rewri RW disc (Compact Disc Rewri
table)を用いて、情報を複数のパケットに分割してディスク上に記録する情報記録再生装置は、パケットライト方式と呼ばれる記録方式をサポートしている(例えば、特開平9−139052号公報参照)。 With table), the information recording and reproducing apparatus by dividing the information into a plurality of packets recorded on the disk, supports recording method called packet writing (for example, see Japanese Patent Laid-Open No. 9-139052) .

【0003】このようなパケットライト方式で記録されるパケットは、トラックに比べてサイズが非常に小さく、トラック内に複数のパケットを記録することができるため、ディスク上に数千個のパケットを記録することができる。 [0003] packets recorded in such a packet write method is recorded, has a very small size compared to the track, it is possible to record a plurality of packets in a track, thousands of packets on the disk can do. また、トラックはプレギャップ部とユーザデータ部とから構成されており、パケットは、ランインブロックとランアウトブロック等に挟まれる形で構成されている。 Also, the track is composed of a pre-gap section and a user data portion, a packet is configured in a manner sandwiched run-in block and run-out blocks or the like.

【0004】パケットライト方式には、パケット長を一定値に揃えて記録する固定長パケットライト方式と、パケット長を任意に変えて記録する可変長パケットライト方式の2種類がある。 [0004] The packet write method, there are two types of variable-length packet write method for arbitrarily changing the recording and fixed-length packet write method, the packet length for recording Align the packet length at a constant value.

【0005】そして、固定長パケットライト方式では、 [0005] In the fixed-length packet write method,
各パケットの長さ(以下、「パケット長」と称する)をプレギャップ内のTDB(Track Descrip The length of each packet (hereinafter, referred to as "packet length") the TDB in the pre-gap (Track descrip
tor Block)内に記録するが、可変長パケットライト方式では記録しない。 Recorded in tor Block) within, but not recorded in the variable-length packet write method.

【0006】また、記録されたパケットを読み込むときには、パケット内のユーザデータ部のデータのみを読み込むために、その他のランインブロックとランアウトブロックを読み飛ばす必要がある。 Further, when reading the recorded packet, to read only data of the user data portion in the packet, it is necessary to skip the other run-in block and run-out blocks.

【0007】固定長パケットライト方式では、TDBからパケットの長さを認識することができるので、ランインブロックやランアウトブロックの位置を計算して読み飛ばすことができる。 [0007] In a fixed-length packet write method, it is possible to recognize the length of the packet from the TDB, it can be skipped by calculating the position of the run-in block and run-out blocks.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の情報記録再生装置では、記録媒体に可変長パケットライト方式で記録された情報を再生するとき、各パケットを実際に読んでランアウトブロックでエラーとなることを用いて長さを決定する必要があるため、再生時のパフォーマンスが落ちるという問題があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the conventional information recording and reproducing apparatus, when reproducing the recorded variable-length packet write method in the recording medium information, an error in the run-out block to read each packet actually it is necessary to determine the length with that, there is a problem that the performance at the time of reproduction is lowered.

【0009】また、トラックの終わりでのパケットの境界が不明確なので、上書き可能な記録媒体上の情報を消去する時に、異常な位置での消去が発生する恐れが有るという問題も有った。 Further, since the boundary of the packet at the end of the track is unclear, when erasing information on overwritable recording medium, erasing at abnormal position there is also a problem that a possibility is there to occur.

【0010】この発明は上記の点に鑑みてなされたものであり、可変長パケットライト方式で記録された記録媒体上の情報を再生するときのパフォーマンスを向上させることを目的とする。 [0010] The present invention has been made in view of the above, and an object thereof is to improve the performance when reproducing the information on the recording medium which is recorded in the variable-length packet write method. また、トラックの終わりでのパケットを境界が明確になるようにし、上書き可能な記録媒体に対する異常な位置での消去の発生を防止することも目的とする。 Further, the packet at the end of the track as the boundary becomes clear, also aims to prevent the occurrence of erasing at abnormal position relative overwritable recording medium.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】この発明は上記の目的を達成するため、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、上記記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録した後、そのパケット長を記憶するパケット長記憶手段と、上記記録媒体の再生時には、上記パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたものである。 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention for achieving the above object, the recording and reproducing tracks of plural packets for rewritable recording medium in the recording medium or the same region can be written only once information in the information recording and reproducing apparatus which, after recording the packet with the variable-length packet write method in the recording medium, a packet length storage means for storing the packet length, when reproduction of said recording medium, stored in the packet length storage means was based on the packet length is provided with a read control means for reading out user data only within each packet.

【0012】また、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、既に可変長パケットライト方式でパケットが記録された記録媒体が挿入されたとき、その記録媒体に記録されている全パケットを読み込み、その各パケット長を求めて記憶するパケット長記憶手段と、上記記録媒体の再生時には、上記パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けるとよい。 [0012] In the information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for recording medium capable overwritten only once write the recording medium or the same area available information, the packet already variable-length packet write method when the recording medium but is recorded is inserted, it reads the entire packet being recorded on the recording medium, a packet length storage means for storing Searching for the respective packet length, upon reproduction of the recording medium, the packet length based on the packet length stored in the storage means may be provided a read control means for reading out only the user data in each packet.

【0013】さらに、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、上記記録媒体に予めパケット長記録用トラックを予約するパケット長記録用トラック予約手段と、上記記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、上記パケット長記録用トラック内にそれぞれのパケット長を記録するパケット長記録手段と、上記記録媒体の再生時には、上記パケット長記録手段によって上記パケット長記録用トラックに記録されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けるとよい。 Furthermore, in the information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for rewritable recording medium at a time only recording medium or the same region can write information, pre-packet length recorded on the recording medium a packet length recording track reservation means for reserving the use tracks, said each time to record the packets in variable-length packet write method on a recording medium, the packet length recording means for recording the respective packet length in the packet length recording track If, in the time of reproducing the recording medium, it may be provided a read control means for reading out only the user data in each packet based on the packet length which is recorded on the track for the packet length recorded by the packet length recording means.

【0014】また、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、上記同じ領域に上書き可能な記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、そのパケットが含まれるトラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、上記トラックの記録が終了した後にそのトラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、上記同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けるとよい。 [0014] In the information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for rewritable recording medium at a time only recording medium or the same region can write information, rewritable recorded in the same area each time to record the packets in variable-length packet write method in the medium, and recording the packet length of each of the pre-gap section packets of tracks included its packet, the pre-gap portion of the track after the recording of the track has been completed a packet length recording means to rewrite said during reproduction of rewritable recording medium in the same area, the read control means for reading out only the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap of the track to be reproduced it may be provided.

【0015】さらに、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、既に可変長パケットライト方式でパケットが記録されているがそのパケット長が記録されていない同じ領域に上書き可能な記録媒体が挿入されたとき、その記録媒体に記録されているトラック内の全パケットを読み込み、その各パケット長を求めて上記トラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、上記トラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、上記同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータの Furthermore, in the information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for recording medium capable overwritten only once write the recording medium or the same area available information, the packet already variable-length packet write method when There have been recorded is inserted rewritable recording medium in the same area in which the packet length is not recorded, read all the packets in the tracks recorded on the recording medium, obtains the respective packet length Te recording a packet length of each packet in the pre-gap portion of the track, a packet length recording means to rewrite the pre-gap portion of the track, the at the time of reproduction of the rewritable recording medium in the same region, the reproduced track the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap section を読み出す読出制御手段を設けるとよい。 It may be provided a read control means for reading out.

【0016】 [0016]

【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図面に基づいて具体的に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail based on the embodiment of the invention with reference to the drawings. 図1は、この発明の一実施形態であるCD−RWドライブの構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a CD-RW drive configuration according to an embodiment of the present invention.

【0017】このCD−RWドライブは、一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置であり、ドライブコントローラ1,モータ2,回転制御部3,光ピックアップ4,アクチュエータ制御部5,信号制御部6,不揮発性メモリ7,バッファ8,レーザ駆動回路9,及び外部インタフェース10からなる。 [0017] The CD-RW drive is an information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for rewritable recording medium in the recording medium or the same region can be written only once information, the drive controller 1, the motor 2, the rotation control unit 3, the optical pickup 4, the actuator control unit 5, the signal control unit 6, a non-volatile memory 7, a buffer 8, the laser drive circuit 9, and an external interface 10.

【0018】ドライブコントローラ1は、CPU,RO [0018] The drive controller 1, CPU, RO
M,及びRAM等からなるマイクロコンピュータによって実現され、このCD−RWドライブの装置全体の制御を行なうと共に、この発明に関わる各種の機能を果たす。 M, and is realized by a microcomputer including a RAM or the like, along with performing apparatus overall control of the CD-RW drive, it performs various functions related to the present invention. モータ2は、光ディスク12を回転させる。 Motor 2 rotates the optical disk 12.

【0019】回転制御部3は、モータ2の制御を行なう。 The rotation controller 3 controls the motor 2. 光ピックアップ4は、データ記録及び再生時に、光ディスク12にレーザ光を照射すると共に、その反射光を受光する。 The optical pickup 4 is, during data recording and reproduction, irradiates a laser beam to the optical disc 12, receives the reflected light. アクチュエータ制御部5は、光ピックアップ4の制御を行なう。 Actuator control unit 5 controls the optical pickup 4. 信号制御部6は、光ピックアップ4からの信号を制御する。 Signal control unit 6 controls the signal from the optical pickup 4.

【0020】不揮発性メモリ7は、光ディスク12のディスクID,データ記録時の記録パワー値,光ディスク12に記録された各パケットのパケット長等の各種データを記憶する記憶領域である。 The nonvolatile memory 7 is a storage area for storing the disc ID of the optical disk 12, data recording when the recording power values, various data packet length of each packet recorded on the optical disk 12. バッファ8は、ドライブコントローラ1がデータ格納等の一時記憶領域として使用するメモリである。 Buffer 8, a memory drive controller 1 is used as a temporary storage area such as a store data.

【0021】レーザ駆動回路9は、光ピックアップ4のレーザ光の照射を駆動する。 The laser driving circuit 9 drives the laser light irradiation of the optical pickup 4. 外部インタフェース10 External interface 10
は、ホストコンピュータ11のコマンド,データ等の送受信を行なうために使用される。 The command of the host computer 11 is used for sending and receiving data. ここでは、ホストコンピュータ11とのインタフェイスはSCSI(Smal Here, the interface with the host computer 11 SCSI (smal
l Computer System)として説明する。 l Computer System) is described as.

【0022】ホストコンピュータ11は、マイクロコンピュータを内蔵したパーソナルコンピュータ等の装置であり、CD−RWドライブを制御する。 [0022] The host computer 11 is a device such as a personal computer with a built-in microcomputer, controls the CD-RW drive. 光ディスク12 Optical disk 12
は、一度だけ書き込みが可能なCD−Rディスク,同じ領域に上書き可能なCD−RWディスク,DVD−R, Is, writable CD-R disc only once, rewritable CD-RW disc in the same area, DVD-R,
及びDVD−RAM等の記録媒体である。 And is a recording medium such as a DVD-RAM.

【0023】すなわち、上記ドライブコントローラ1等が、記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録した後、そのパケット長を記憶するパケット長記憶手段と、記録媒体の再生時には、パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段の機能を果たす。 [0023] That is, the drive controller 1 or the like, after recording the packets with variable-length packet write method on a recording medium, a packet length storage means for storing the packet length, when reproducing the recording medium, the packet length storage means on the basis of the stored packet length serves read control means for reading out only the user data in each packet.

【0024】また、既に可変長パケットライト方式でパケットが記録された記録媒体が挿入されたとき、その記録媒体に記録されている全パケットを読み込み、その各パケット長を求めて記憶するパケット長記憶手段と、記録媒体の再生時には、パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段の機能も果たす。 Further, already when the recording medium the packet is recorded in the variable-length packet write method is inserted, reads the entire packet being recorded on the recording medium, the packet length memory for storing Searching for the respective packet length and means, when reproducing the recording medium also functions of the read control means for reading out only the user data in each packet based on the packet length stored in the packet length storage means.

【0025】さらに、記録媒体に予めパケット長記録用トラックを予約するパケット長記録用トラック予約手段と、記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、パケット長記録用トラック内にそれぞれのパケット長を記録するパケット長記録手段と、記録媒体の再生時には、パケット長記録手段によってパケット長記録用トラックに記録されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段の機能を果たす。 Furthermore, the packet length recording track reservation means for reserving in advance packet length recording track on the recording medium, each of recording packets in variable-length packet write method on a recording medium, respectively a packet length recording track a packet length recording means for recording the packet length, during reproduction of the recording medium, the read control means based on the packet length which is recorded in the track packet length recording by the packet length recording unit reads only the user data in each packet functions.

【0026】また、同じ領域に上書き可能な記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、 Further, each time recording the packets with variable-length packet write method in rewritable recording medium in the same region,
そのパケットが含まれるトラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、トラックの記録が終了した後にそのトラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段の機能も果たす。 Record the packet length of each packet in the pre-gap of the track that contains the packet, the packet length recording means to rewrite the pre-gap portion of the track after the recording of the track is completed, rewritable recording medium in the same region during the reproduction also functions of the read control means for reading out only the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap of the track to be reproduced.

【0027】さらに、既に可変長パケットライト方式でパケットが記録されているがそのパケット長が記録されていない同じ領域に上書き可能な記録媒体が挿入されたとき、その記録媒体に記録されているトラック内の全パケットを読み込み、その各パケット長を求めてトラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、トラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段の機能を果たす。 Furthermore, when the already variable-length packet write method is packet is recorded in a recording medium can be overwritten in the same area in which the packet length is not recorded is inserted, a track recorded on the recording medium read all packets of the inner, seeking its respective packet length records the packet length of each packet in the pre-gap of the track, a packet length recording means to rewrite the pre-gap of the track, rewritable recorded in the same area when reproducing the medium, perform the function of read control means for reading out only the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap of the track to be reproduced.

【0028】図2は、光ディスク12の記録領域のフォーマットを示す図である。 [0028] FIG. 2 is a diagram showing a format of a recording area of ​​the optical disk 12. CD−RWドライブは、図2 CD-RW drive, as shown in FIG. 2
に示すようなフォーマットの光ディスク12に対するデータの記録及び再生が可能である。 You can record and reproduce data to format the optical disk 12, such as shown in.

【0029】この光ディスク12は、内周側から、パワーキャリブレーションエリア(Power Calib [0029] The optical disk 12 is from the inner circumference side, the power calibration area (Power Calib
ration Area:PCA)13,プログラムメモリエリア(Program Memory Are ration Area: PCA) 13, a program memory area (Program Memory Are
a:PMA)14,リードイン領域(Lead−in a: PMA) 14, the lead-in area (Lead-in
Area)17,及びプログラム領域(Program Area) 17, and the program area (Program
Area)15で構成される。 Area) consists of 15.

【0030】PCA13は、記録パワーのキャリブレーションを行なうエリアである。 [0030] PCA13 is an area to perform the calibration of the recording power. PMA14は、トラック情報を記録するエリアである。 PMA14 is an area for recording track information. プログラム領域15は、 The program area 15,
ユーザデータを記録するエリアである。 An area for recording user data. セッション(S Session (S
ession)16は、リードイン領域と、1つもしくは複数のトラックと、リードアウト領域とからなる1つの単位領域である。 ession) 16 includes a lead-in area, and one or more tracks is one unit region comprising the lead-out area.

【0031】リードイン領域17は、セッション16の始めを示すエリアであり、セッション16内のトラック情報(TOC)を記録するエリアである。 The lead-in area 17 is an area indicating the beginning of the session 16 is an area for recording track information in the session 16 (TOC). トラック18 Track 18
は、ユーザファイル,音楽などの各種データを記録するエリアである。 Is an area for recording various data, such as user files, music. リードアウト領域19は、セッション1 Lead-out area 19, Session 1
6の終わりを示すエリアである。 6 the end of an area that shows.

【0032】PCA13には、テストエリア,カウントエリアの各領域がそれぞれ100個づつあり、CD−R [0032] PCA13, the test area, there is one by 100 pieces each of the regions of the count area, CD-R
Wドライブは光ディスク12に対して初めて記録する時、当該領域でレーザパワーのキャリブレーション(O When W drive the first time recording to the optical disk 12, the calibration of the laser power in the region (O
PC)を行ない、光ディスク毎に適切な記録パワーを設定する。 It performs a PC), to set an appropriate recording power for each optical disk.

【0033】プログラム領域15には、トラック18単位でデータ記録され、その各トラック18のアドレス, [0033] The program area 15 is the data recording track 18 units, the address of each track 18,
データモード等の情報がPMA14やリードイン領域1 Information of the data mode, etc. PMA14 and the lead-in area 1
7に記録される。 7 is recorded in.

【0034】リードイン領域17には、目次情報(Ta [0034] in the lead-in area 17, table of contents information (Ta
ble Of Contents:TOC)と呼ばれる内容の情報が記録される。 ble Of Contents: information of what is referred to as TOC) is recorded. そのTOCには、そのセッション16に含まれるトラック18の情報を記録する。 Its TOC, and records the information of the tracks 18 included in the session 16.

【0035】図3は、光ディスクに対してトラックアットワンス(Track at Once)方式で記録したトラックのフォーマットを示す図である。 [0035] FIG. 3 is a diagram showing a format of a track recorded with the track-at-once (Track at Once) manner with respect to the optical disk.

【0036】トラック18内のプレギャップ(Pre− [0036] Pre-gap in the track 18 (Pre-
Gap)部20は、トラックの先頭に位置し、音楽で言えば無音部に相当する部分である(150ブロック,2 Gap,) unit 20 is located at the head of the track, a part that corresponds to the silent section in terms of the music (150 blocks, 2
25ブロック)。 25 blocks).

【0037】リンクブロック(Link Block) The link block (Link Block)
21は、トラックとトラックのつなぎめを意味するブロック(1ブロック)である。 21 is a block (one block), which means seams between tracks. ランインブロック(Run Run-in block (Run
−in Block)22は、トラックの先頭を意味するブロック(4ブロック)である。 -in Block) 22 is a block (4 blocks), which means the beginning of the track.

【0038】ユーザデータ(User Data)部2 The user data (User Data) part 2
3は、ユーザ(ホストコンピュータ11)から転送されたデータを記録する領域である。 3 is an area for recording the data transferred from the user (host computer 11). ランアウトブロック(Run−out Block)24は、トラックの最後を意味するブロック(2ブロック)である。 Run-out blocks (Run-out Block) 24 is a block (2 blocks) to mark the end of the track.

【0039】CD−RWドライブは、トラックアットワンス方式を用いた情報の記録の場合、ユーザデータ部2 The CD-RW drive, for recording the information using the track-at-once method, the user data section 2
3を一気に記録しなければならない。 It must at once recorded a 3. なぜなら、記録動作中に途中で中断すると光ディスク12上のデータの連続性が失われ、その部分を再生出来なくなってしまうからである。 This is because, when interrupted during a recording operation continuity of the data on the optical disk 12 is lost, because it becomes impossible play the part.

【0040】そこで、CD−RWドライブには、バッファ8を設けており、ホストコンピュータ11から送られてきたデータを一時的にバッファ8内に保持し、記録動作が中断しないようにしている。 [0040] Therefore, the CD-RW drive, and provided with a buffer 8, and holds the data sent from the host computer 11 temporarily buffer 8, the recording operation is prevented from being interrupted.

【0041】図4は、光ディスクに対してパケットライト(Packet Writing)方式で記録したときのトラックフォーマットを示す図である。 [0041] FIG. 4 is a diagram showing a track format when recorded in packet writing (Packet Writing) method to the optical disc.

【0042】トラック内のパケット(Packet)2 [0042] packet in the track (Packet) 2
5は、トラックの中に存在するセクタの固まりであり、 5 is a lump of the sector to be present in the track,
最小は1セクタである。 The minimum is one sector. パケットライト方式では、このパケットを1回、もしくは数回のデータ受信を伴って記録する。 The packet write method, the packet once, or with a number of times of the data receiving records.

【0043】リンクブロック(Link Block) The link block (Link Block)
26は、パケットとパケットのつなぎめを意味するブロック(1ブロック)である。 26 is a block (one block), which means seams packets and packets. ランインブロック(Run Run-in block (Run
In Block)27は、パケットの先頭を意味するブロック(4ブロック)である。 An In Block) 27 is a block (4 blocks) which means the head of the packet.

【0044】ユーザデータ(User Data)部2 The user data (User Data) part 2
8は、ユーザから転送されたデータを記録するところである。 8 is where to record the data transferred from the user. ランアウトブロック(Run Out Bloc Run-out block (Run Out Bloc
k)29は、パケットの最後を意味するブロック(2ブロック)である。 k) 29 is a block (2 blocks) to mark the end of the packet.

【0045】パケットライト方式で記録されたトラックは、複数のパケット25から構成されている。 The tracks recorded by the packet write method is composed of a plurality of packets 25. CD−R CD-R
Wドライブは、そのパケット25を1回、もしくは数回のデータ受信を伴って記録する。 W drive, the packet 25 once or recorded with the number of times of data reception. 例えば、ファイル1ヶにパケット25を1個というような形で光ディスク12 For example, the optical disk 12 to a file 1 month packets 25 in a manner that one
に記録する。 It is recorded in the.

【0046】上記のようなパケットライト方式は、トラックアットワンス方式に比べ、1回で記録するセクタ数が少ないので、システムの作業効率の悪さから発生するバッファアンダーラン(Buffer Under R The packet write method as described above, compared to the track-at-once method, since the number of sectors to be recorded in one small, buffer underrun occurring from poor working efficiency of the system (Buffer Under R
un)エラーが発生し難いことや、フロッピディスクのような扱いができることがパケットライト方式の利点である。 un) and that an error is unlikely to occur, it can handle, such as a floppy disk is an advantage of packet write method.

【0047】また、パケットライト方式には、同じパケットサイズで記録していく固定長パケット(Fixed Further, the packet write method, fixed-length packets (Fixed to continue to record the same packet size
Packet)ライト方式と、記録毎にパケットサイズが変わる可変長パケット(Variable Pac Packet) light system and variable-length packets is changed packet size for each recording (Variable Pac
ket)ライト方式の2種類がある。 There are two types of ket) light type.

【0048】一般的に固定長パケット(Fixed P [0048] In general, fixed-length packets (Fixed P
acket)のサイズは、CD−RWドライブのバッファサイズ以下の大きさに設定するが、可変長パケット(Variable Packet)のサイズは、ファイルの大きさに応じて1セクタから数千セクタまで幅広く設定している。 The size of Acket) is set to CD-RW buffer size less the size of the drive, the size of variable-length packets (Variable Packet) is widely set to thousands sectors from one sector depending on the size of the file ing.

【0049】次に、このCD−RWドライブにおける情報の記録及び再生処理について説明する。 Next, a description will be given of a recording and reproducing process of the information in the CD-RW drive. 図5乃至図8 5-8
はこの発明の請求項1と2に関わる情報の記録及び再生処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a recording and reproduction processing of information relating to claim 1 and 2 of the present invention. この発明の請求項1 Claim 1 of the present invention
と2の関わる処理の違いは、図5の処理において請求項2に関わる処理として図8に示す可変長パケット探索処理を実行することである。 When differences between the two which involve processing is to perform a variable-length packet search processing shown in FIG. 8 as processing related to claim 2 in the processing of FIG.

【0050】まず、この発明の請求項1に関わる処理は、図5に示すように、CD−RWドライブは光ディスク12が挿入されたら、ステップ(図中「S」で示す) [0050] First, the process according to claim 1 of the invention, as shown in FIG. 5, when the CD-RW drive disc 12 is inserted (shown in FIG. "S") Step
1で光ディスク12に可変長パケットが記録済みか否かを確認する。 Variable-length packet to confirm whether recorded or in the optical disk 12 at 1.

【0051】もし、可変長パケットが記録済みでなかったら、ステップ4へ進んで可変長パケット記録処理に移り、その処理でパケットが記録されたら、ステップ3へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 [0051] If, when the variable-length packet is not a recorded, the routine goes to a variable-length packet recording processing proceeds to step 4, if the packet is recorded in the process, performs a variable-length packet reproduction process proceeds to Step 3 , the process is terminated.

【0052】ステップ1の判断で挿入された光ディスク12に可変長パケットが記録済みの場合、ステップ2へ進んでそのパケット長が記憶済みか否かを確認する。 The variable length packet in the optical disk 12 inserted in the decision step 1 if recorded, the packet length proceeds to step 2 to check whether the stored or. もし、記憶済みであれば、ステップ3へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 If it already stored in, run the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 3, the process ends.

【0053】ステップ2の判断でパケット長が記憶済みでなかった場合、ステップ5へ進んでこの発明の請求項2に関わる可変長パケット探索処理を実行し、そのパケット長を不揮発性メモリ7に記憶する。 [0053] If the packet length is determined in step 2 is not already stored, it executes the variable-length packet search process according to claim 2 of the present invention proceeds to step 5, stores the packet length in the non-volatile memory 7 to. その後、ステップ3へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 Then, run the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 3, the process ends.

【0054】次に、上記可変長パケット記録処理(ステップ4),可変長パケット再生処理(ステップ3),及び可変長パケット探索処理(ステップ5)についてそれぞれ詳しく説明する。 Next, the variable-length packet recording process (Step 4), a variable-length packet reproducing process (step 3), and each will be described in detail the variable-length packet search (step 5).

【0055】まず、可変長パケット記録処理は、図6のフローチャートに示すように実行する。 Firstly, the variable-length packet recording process is executed as shown in the flowchart of FIG. ステップ11 Step 11
で、ホストコンピュータ11からの可変長パケット記録命令により、可変長パケット記録処理(可変長パケットライト)を開始する。 In, the variable-length packet recording command from the host computer 11 starts the variable-length packet recording process (variable-length packet write).

【0056】そして、ステップ12へ進んでホストコンピュータ11からパケットデータを受信し、ステップ1 [0056] Then, receive the packet data from the host computer 11 proceeds to step 12, step 1
3へ進んでパケットライト処理を実行する。 Performing a packet write process proceeds to 3. パケットライト処理が終了したら、ステップ14へ進んで不揮発性メモリ7に対するパケット長の記憶を実行し、ステップ15へ進んで可変長パケット記録処理を終了する。 When the packet write process is completed, it executes the data storage of the packet length for the non-volatile memory 7 proceeds to step 14, and ends the variable-length packet recording processing proceeds to step 15.

【0057】次に、可変長パケット再生処理は、図7のフローチャートに示すように実行する。 Next, the variable-length packet regeneration process is performed as shown in the flowchart of FIG. ステップ21で記録したパケットを再生する可変長パケット再生処理時には、ステップ22へ進んでホストコンピュータ11からパケット読み込み命令を受信する。 During variable-length packet reproducing process of reproducing the recorded packet in step 21, it receives the packet read instruction from the host computer 11 proceeds to step 22.

【0058】そして、ステップ23へ進んで既に不揮発性メモリ7に記憶されているパケット長の中から再生対象のパケットに対応するパケット長を読み出し、ステップ24へ進んでそのパケット長に対応するパケットのランイン(Run−in)ブロック,ランアウト(Run [0058] Then, read the packet length corresponding to the already reproduced from the packet length stored in the nonvolatile memory 7 packet proceeds to step 23, the packet corresponding to the packet length control proceeds to step 24 The run (Run-in) block, run-out (Run
−out)ブロックを読み飛ばしつつ、ユーザデータ部内のユーザデータのみを読み出し、ステップ25へ進んで可変長パケット再生処理を終了する。 While skip -out) block reads only the user data in the user data section, and ends the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 25.

【0059】次に、可変長パケット探索処理は、図8のフローチャートに示すように実行する。 Next, the variable-length packet search process is executed as shown in the flowchart of FIG. ステップ31で可変長で記録されたパケットを探索する可変長パケット探索処理時には、ステップ32へ進んで光ディスク12 During variable-length packet search process for searching the recorded packet length in step 31, the program proceeds to step 32 the optical disk 12
に既に記録されている可変長パケットを読み込む。 Read a variable-length packet that has already been recorded in.

【0060】そして、ステップ33へ進んでその可変長パケットに対応するパケット長を求めて、ステップ34 [0060] Then, seeking a packet length corresponding to the variable-length packet proceeds to step 33, step 34
へ進んで不揮発性メモリ7にそのパケット長を記憶し、 Proceeds to storing the packet length in the nonvolatile memory 7,
ステップ35へ進んで可変長パケット探索処理を終了する。 The program proceeds to step 35 to end the variable-length packet search process.

【0061】このようにして、光ディスク12に可変長パケット(Variable Pocket)を記録した後に、CD−RWドライブ内の不揮発性メモリ7にそのパケット長を記憶しておくことにより、光ディスク1 [0061] Thus, after recording the variable length packets (Variable Pocket) to the optical disk 12, by storing the packet length in the nonvolatile memory 7 in the CD-RW drive, an optical disk 1
2に記録されたパケットを読み込む時に、既に記憶したパケット長を用いて不要なランインブロック,ランアウトブロック等のデータを読み飛ばして、必要なユーザデータのみを読み出すことができる。 When reading the recorded packets 2, already stored packets unnecessary run-in blocks with length, skip data such as run-out block, you are possible to read only the required user data.

【0062】したがって、CD−RWドライブにおける情報再生時に不要なデータを削除する煩雑な処理を無くし、再生時間を短縮することができ、再生時のパフォーマンスを向上させることができる。 [0062] Thus, eliminating the complicated process of deleting unnecessary data at the time of information reproduction in the CD-RW drive, it is possible to shorten the playback time, it is possible to improve the performance at the time of reproduction.

【0063】また、トラックの終わりでのパケットを境界が明確になるので、同じ領域に上書き可能な光ディスク上の情報を消去する時に、異常な位置での消去の発生を防止することができ、情報の消去時の信頼性を向上させることができる。 [0063] Further, since the boundary packets at the end of the track becomes clear, when erasing information on rewritable optical disks to the same region, it is possible to prevent the occurrence of erasing at abnormal position, information it is possible to improve the reliability at the time of erasing.

【0064】さらに、可変長パケットライト方式によって記録済みの光ディスク12が挿入されたときに、全てのパケットを読み込み、その各パケット長を求めて不揮発性メモリ7に記憶するので、パケット長を記憶していない光ディスク12の再生についても、自動的に不要なランインブロック,ランアウトブロック等のデータを読み飛ばして、必要なユーザデータのみを読み出すことができる。 [0064] Further, when the optical disk 12 is inserted recorded by a variable length packet write method, it reads all packets, so stores the respective packet length in the nonvolatile memory 7 seeking, stores packet length for even playback of the optical disk 12 is not, automatically unnecessary run-in block, skip the data, such as run-out block, it can be read only user data required.

【0065】したがって、可変長パケットライト方式でパケットが記録された通常の光ディスク(上述したパケット長記憶処理を施した光ディスク以外のもの)についても上述と同じように情報再生時に不要なデータを削除する煩雑な処理を無くし、再生時間を短縮するので、再生時のパフォーマンスを向上させることができる。 [0065] Thus, deleting unnecessary data at the same way the information reproduction and above applies variable-length packet write method ordinary optical disk which packet is recorded in the (other than an optical disc having been subjected to the above-mentioned packet length storage process) It eliminates the complicated process, since shortening the regeneration time, it is possible to improve the performance at the time of reproduction.

【0066】次に、不揮発性メモリ7にパケット長を記憶させておいた光ディスクをCD−RWドライブから取り出し、別の光ディスクを入れてしまうと、記憶させた内容が無駄になってしまうし、再び光ディスク上の全ての可変長パケットを読み込んでパケット長を取得しなければならず、パフォーマンスの低下を引き起こす不具合がある。 Next, take out the optical disk which had been stored in the packet length in the non-volatile memory 7 from the CD-RW drive, and will put another optical disk, to content that has been stored is wasted, again must obtain the packet length reads all variable-length packet on an optical disk, there is a problem of causing a decrease in performance.

【0067】また、同じ領域に情報の上書きが可能な光ディスクに対してもパケット長を記録するためのトラックを用意するため、情報の書き換えができるという特性を生かすことができず、容量を無駄遣いしてしまうという不具合もある。 [0067] In order to prepare the track for also recording the packet length against capable optical disk overwriting of information in the same area, it can not take advantage of the characteristics that can rewrite information, wasting the capacity there is also a problem arises in that.

【0068】さらに、既にパケット長が記録されずに可変長パケットライト方式によって記録されている情報の上書きが可能な光ディスクについては、パケット長が未記録であり、実際に読み込んでみないと分からないため、可変長パケット部を読み込む時にランインブロック,ランアウトブロックを読み飛ばすことができず、パフォーマンスの低下になるという不具合がある。 [0068] In addition, the already optical disc capable of overwrite of information recorded by the variable-length packet write method to the packet length is not recorded, the packet length is unrecorded, not known unless I is actually read Therefore, the run-in block when reading the variable-length packet unit, it is not possible to skip a run-out block, there is a problem that becomes poor performance.

【0069】そこで、次に上記の不具合を解消した上記CD−RWドライブにおける情報の記録及び再生処理について説明する。 [0069] Therefore, will now be described recording and reproduction of information in the CD-RW drive that eliminates the above problems. 図9乃至図12はこの発明の請求項3 9 to 12 is claimed in claim 3 of the present invention
〜5に関わる情報の記録及び再生を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a recording and reproduction of information related to 5.

【0070】この発明の請求項3と4,5に関わる処理の違いは、図9の処理において請求項3に関わる処理としてトラックの予約処理(ステップ45)を実行することであり、請求項4と5の違いは、図9の処理において請求項5に関わる処理として図12に示す可変長パケット探索処理を実行することである。 [0070] The difference of the process according to claim 3 and 4, 5 of the present invention is to perform the reservation process of the track (step 45) as processing related to claim 3 in the process of FIG. 9, claim 4 When the difference of 5 is to perform a variable-length packet search processing shown in FIG. 12 as processing related to claim 5 in the process of FIG.

【0071】まず、この発明の請求項3に関わる処理は、図9に示すように、CD−RWドライブは光ディスク12が挿入されたら、ステップ41で光ディスク12 [0071] First, when the process according to claim 3 of the invention, as shown in FIG. 9, CD-RW drives the optical disk 12 is inserted, the optical disk 12 in step 41
に可変長パケットが記録済みか否かを確認する。 Variable-length packet to confirm whether or not recorded or to. もし、 if,
可変長パケットが記録済みでなかったら、ステップ44 When the variable-length packet is not a recorded, step 44
へ進んで同じ領域に情報の上書きが可能な光ディスク1 To proceed in an optical disk capable of overwriting of information in the same area 1
2か否かを確認する。 To check whether 2 or not.

【0072】ステップ44の判断で情報の上書きが可能でなかったら、ステップ45へ進んでトラックの予約処理を実行する。 [0072] If not possible to overwrite information is determined in step 44, to perform the reservation processing of track proceeds to step 45. このトラックの予約処理は、光ディスク12に予めパケット長記録用トラックを予約する処理であり、光ディスク12の所定領域にパケット長記録用トラックを設ける。 Reservation processing of this track is a process to reserve in advance the packet length recording tracks on the optical disk 12 is provided with a packet length recording tracks in a predetermined area of ​​the optical disk 12.

【0073】そして、ステップ46へ進んで可変長パケット記録処理を実行し、その処理によってパケットが記録されたら、ステップ43へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 [0073] Then, perform the variable-length packet recording processing proceeds to step 46, if a packet is recorded by the processing, and executes the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 43, the process ends.

【0074】また、ステップ44の判断で情報の上書きが可能であったら、ステップ46へ進んで可変長パケット記録処理を実行し、その処理によってパケットが記録されたら、ステップ43へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 [0074] In addition, when a possible overwrite of information is determined in step 44, executes the variable-length packet recording processing proceeds to step 46, if a packet is recorded by the processing, variable-length packet proceeds to step 43 run the reproduction process, the process is terminated.

【0075】一方、ステップ41の判断で挿入された光ディスク12に可変長パケットが記録済みの場合、ステップ42へ進んでその可変長パケットに対応するパケット長が光ディスク12に記録済みか否かを確認する。 [0075] On the other hand, if the variable-length packet in the optical disk 12 inserted in the determination in step 41 is recorded, check recorded or not the packet length is an optical disk 12 corresponding to the variable-length packet proceeds to step 42 to. もし、記録済みであれば、ステップ43へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 If it is recorded, and executes the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 43, the process ends.

【0076】また、ステップ42の判断でパケット長が記録済みでなかった場合、ステップ47へ進んでこの発明の請求項5に関わる可変長パケット探索処理を実行し、そのパケット長を光ディスク12の所定領域に記録する。 [0076] Also, when the packet length is determined in step 42 was not recorded, it performs a variable length packet search process according to claim 5 of the present invention proceeds to step 47, a predetermined optical disc 12 and the packet length It is recorded in the area. その後、ステップ43へ進んで可変長パケット再生処理を実行し、この処理を終了する。 Then, run the variable-length packet reproduction processing proceeds to step 43, the process ends.

【0077】次に、上記可変長パケット記録処理(ステップ46),可変長パケット再生処理(ステップ4 Next, the variable-length packet recording process (step 46), variable-length packet reproduction process (Step 4
3),及び可変長パケット探索処理(ステップ47)についてそれぞれ説明する。 3), and each will be described variable-length packet search (step 47).

【0078】まず、可変長パケット記録処理は、図10 [0078] First, the variable-length packet recording process, FIG. 10
のフローチャートに示すように実行する。 Performed as shown in the flowchart of. ステップ51 Step 51
で、ホストコンピュータ11からの可変長パケット記録命令により、可変長パケット記録処理(可変長パケットライト)を開始する。 In, the variable-length packet recording command from the host computer 11 starts the variable-length packet recording process (variable-length packet write).

【0079】そして、ステップ52へ進んでホストコンピュータ11からパケットデータを受信し、ステップ5 [0079] Then, receive the packet data from the host computer 11 proceeds to step 52, Step 5
3へ進んでパケットライト処理を実行する。 Performing a packet write process proceeds to 3. パケットライト処理が終了したら、ステップ54へ進んで光ディスク12へのパケット長の記録を実行する。 When the packet write process is completed, it executes recording of the packet length of the optical disk 12 proceeds to step 54.

【0080】この時、同じ領域に対する情報の上書きが可能でない光ディスク(例えば、CD−Rディスク)なら、パケット長記録用に予め予約されたパケット長記録用トラックにトラック長を記録する。 [0080] At this time, the optical disc is not possible to overwrite information for the same region (e.g., CD-R disc), then records the track length in advance reserved packet length recording track packet length recording.

【0081】また、同じ領域に対する情報の上書きが可能である光ディスク(例えば、CD−RWディスク)なら、対応するパケットの存在するトラックのプレギャップ部にトラック長を記録する。 [0081] The optical disk is capable of overwriting information for the same region (e.g., CD-RW disc), then the track length in the pre-gap of the track that is present in the corresponding packet are recorded. そして、ステップ55へ進んで可変長パケット記録処理を終了する。 Then, it ends the variable-length packet recording processing proceeds to step 55.

【0082】次に、可変長パケット再生処理は、図11 [0082] Next, a variable-length packet regeneration process, FIG. 11
のフローチャートに示すように実行する。 Performed as shown in the flowchart of. ステップ61 Step 61
で記録したパケットを再生する可変長パケット再生処理時には、ステップ62へ進んでホストコンピュータ11 The host computer 11 in the time variable-length packet reproducing process of reproducing the recorded packet, the program proceeds to a step 62
からパケット読み込み命令を受信する。 It receives a packet read instruction from.

【0083】そして、ステップ63へ進んで光ディスク12上に既に記録されているパケット長の中から再生対象のパケットに対するパケット長を読み出す。 [0083] Then, reading the packet length for the reproduced packet from the packet length is already recorded on the optical disc 12 proceeds to step 63. この時、 At this time,
同じ領域に対する情報の上書きが可能な光ディスクならば、対応するパケットが存在するトラックのプレギャップ部からパケット長を読み出す。 If the optical disc overwriting of information for the same region, reads the packet length from the pre-gap portion of the track corresponding packet exists. また、同じ領域に対する情報の上書きが不可能な光ディスクならば、パケット長が記録されたトラックから読み出す。 Also, if overwriting of information for the same region impossible optical disk, read from the track packet length is recorded.

【0084】そして、ステップ64へ進んでそのパケット長に対応するパケットのランイン(Run−in)ブロック,ランアウト(Run−out)ブロックを読み飛ばしつつ、ユーザデータのみを読み出し、ステップ6 [0084] Then, the run of the packet corresponding to the packet length proceeds to step 64 (Run-in) block, while skipping the runout (Run-out) block, read only user data, Step 6
5へ進んで可変長パケット再生処理を終了する。 Proceed to 5 to end the variable-length packet regeneration process.

【0085】次に、可変長パケット探索処理は、図12 [0085] Next, a variable-length packet search process, FIG. 12
のフローチャートに示すように実行する。 Performed as shown in the flowchart of. ステップ71 Step 71
で可変長で記録されたパケットを探索する可変長パケット探索処理時には、ステップ72へ進んで光ディスク1 Optical disc 1 in the time variable-length packet search process for searching the recorded packets of variable length, the program proceeds to step 72
2に既に記録されている可変長パケットを読み込む。 Already read variable-length packet stored in the 2.

【0086】そして、ステップ73へ進んでその可変長パケットに対応するパケット長を求めて、ステップ74 [0086] Then, seeking a packet length corresponding to the variable-length packet proceeds to step 73, step 74
へ進んで光ディスク12の上記可変長パケットの存在するトラックのプレギャップ部へパケット長を記録し、ステップ75へ進んで可変長パケット探索処理を終了する。 Proceeds to record the packet length to the pre-gap of the track in the presence of the variable-length packets of the optical disk 12, and ends the variable-length packet search processing proceeds to step 75.

【0087】このようにして、可変長パケットライト方式で記録された光ディスクに対し、その各パケットのパケット長が記録されたトラックを読み込むことにより、 [0087] In this way, on the optical disc which is recorded in the variable-length packet write method, by reading the track packet length of each packet is recorded,
光ディスク上に記録された各パケットのパケット長さがわかるので、可変長パケット部を読み込む時に不要なランインブロック,ランアウトブロックを読み飛ばして、 Since the packet length of each packet recorded on the optical disk is seen, unnecessary run-in blocks when reading a variable length packet unit, skip run-out block,
必要なユーザデータのみを読み出すことができ、再生のパフォーマンスを向上させることができる。 Can be read only user data required, it is possible to improve the playback performance.

【0088】また、光ディスク上の各パケットのパケット長は同光ディスク上のそれぞれのトラック内に記録するので、光ディスクの交換の度にパケット長を取得する無駄な処理を行なわずに済み、再生時のパフォーマンスをより一層向上させることができる。 [0088] Also, since the packet length of each packet on the optical disc is recorded in each track on the optical disc, requires without useless processing for acquiring the packet length every time the exchange of the optical disc, the playback performance can be further improved. さらに、トラックの終わりでのパケットの境界が明確になるので、上書き可能なディスクを消去する時に、異常な位置での消去が発生する可能性がなくなる。 Furthermore, since the boundaries of the packets at the end of the track becomes clear, when erasing overwritable disk, there is no possibility that the erased at abnormal position is generated.

【0089】また、可変長パケットライト方式で記録された、情報の上書きが可能な光ディスクに対し、パケット長をそのパケットが含まれるトラックのプレギャップ部に記録することにより、パケット長記録用のトラックを用意する必要が無くなり、ディスクの容量を無駄遣いすることを妨げる。 [0089] In addition, recorded in the variable-length packet write method, with respect to the optical disc overwriting of information by recording the pre-gap portion of the tracks included the packet length packet, track packet length recording eliminates the need to prepare, it prevents wasting disk space.

【0090】さらに、既に可変長パケットライト方式によってパケットが記録されているがそのパケット長が記録されていない情報の上書き可能な光ディスクに対し、 [0090] Further, with respect to already but packets by a variable length packet write method is recorded overwritable optical disc information that the packet length is not recorded,
そのパケットのパケット長を求めて該パケットの存在するトラックのプレギャップ部に上書きすることにより、 By overwriting the pre-gap of the track that is present in the packet seeking packet length of the packet,
パケット長が記録されていない光ディスクについても容易に不要なランインブロック,ランアウトブロックを読み飛ばすことができるので、再生時のパフォーマンスをより一層向上させることができる。 Since the packet length can be skipped easily unnecessary run-in blocks, the run-out block is also an optical disc not recorded, it is possible to further improve the performance at the time of reproduction.

【0091】 [0091]

【発明の効果】以上説明してきたように、この発明による情報記録再生装置によれば、可変長パケットライト方式で記録された記録媒体上の情報を再生するときのパフォーマンスを向上させると共に、トラックの終わりでのパケットを境界が明確になるようにし、上書き可能な記録媒体に対する異常な位置での消去の発生を防止することができる。 As it has been described in the foregoing, according to the information recording and reproducing apparatus according to the present invention, improves the performance when reproducing the information on the recording medium which is recorded in the variable-length packet write method, a track packets at the end as the boundary becomes clear, it is possible to prevent the occurrence of erasing at abnormal position relative overwritable recording medium.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一実施形態であるCD−RWドライブの構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the configuration of a CD-RW drive which is an embodiment of the present invention.

【図2】図1に示した光ディスクの記録領域のフォーマットを示す図である。 2 is a diagram showing a format of a recording area of ​​the optical disk shown in FIG.

【図3】図1に示した光ディスクに対してトラックアットワンス方式で記録したトラックのフォーマットを示す図である。 3 is a diagram showing a format of a track recorded in the track-at-once method with respect to the optical disk shown in FIG.

【図4】図1に示した光ディスクに対してパケットライト方式で記録したときのトラックフォーマットを示す図である。 4 is a diagram showing a track format when recorded by the packet write method with respect to the optical disk shown in FIG.

【図5】図1に示したCD−RWドライブにおけるこの発明の請求項1と2に関わる情報の記録及び再生処理を示すフローチャートである。 5 is a flowchart illustrating a recording and reproduction processing of information relating to claim 1 and 2 of this invention in the CD-RW drive shown in FIG.

【図6】図5に示した可変長パケット記録処理を示すフローチャートである。 6 is a flowchart illustrating a variable-length packet recording process shown in FIG.

【図7】図5に示した可変長パケット再生処理を示すフローチャートである。 7 is a flowchart illustrating a variable-length packet reproduction processing shown in FIG.

【図8】図5に示した可変長パケット探索処理を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing a variable length packet search processing shown in FIG.

【図9】図1に示したCD−RWドライブにおけるこの発明の請求項3乃至5に関わる情報の記録及び再生処理を示すフローチャートである。 9 is a flowchart illustrating a recording and reproduction processing of information related to claims 3 to 5 of the invention in the CD-RW drive shown in FIG.

【図10】図9に示した可変長パケット記録処理を示すフローチャートである。 10 is a flowchart illustrating a variable-length packet recording process shown in FIG.

【図11】図9に示した可変長パケット再生処理を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing a variable length packet reproduction processing shown in FIG.

【図12】図9に示した可変長パケット探索処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a variable-length packet search processing shown in FIG. 12 FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1:ドライブコントローラ 2:モータ 3:回転制御部 4:光ピックアップ 5:アクチュエータ制御部 6:信号制御部 7:不揮発性メモリ 8:バッファ 9:レーザ駆動回路 10:外部インタフェース 11:ホストコンピュータ 12:光ディスク 13:パワーキャリブレーションエリア(PCA) 14:プログラムメモリエリア(PMA) 15:プログラム領域 16:セッション 17:リードイン領域 18:トラック 19:リードアウト領域 20:プレギャップ部 21,26:リンクブロック 22,27:ランインブロック 23,28:ユーザデータ部 24,29:ランアウトブロック 25:パケット 1: Drive controller 2: Motor 3: rotation control unit 4: the optical pickup 5: actuator control section 6: the signal control unit 7: the nonvolatile memory 8: Buffer 9: laser drive circuit 10: External interface 11: Host computer 12: optical disk 13: power calibration area (PCA) 14: program memory area (PMA) 15: program area 16: session 17: lead-in area 18: track 19: lead-out area 20: pre-gap portion 21 and 26: the link block 22, 27: run-in blocks 23 and 28: the user data section 24 and 29: run-out block 25: packet

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、 前記記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録した後、そのパケット長を記憶するパケット長記憶手段と、前記記録媒体の再生時には、前記パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたことを特徴とする情報記録再生装置。 1. A recording and information recording and reproducing apparatus for reproducing tracks of plural packets for rewritable recording medium writable recording medium or the same area only once information, variable-length packet write on the recording medium after recording the packets in a manner, a packet length storage means for storing the packet length, the at the time of reproduction of the recording medium, reads only the user data in each packet based on the packet length stored in the packet length storage means information recording and reproducing apparatus characterized in that a read control means.
  2. 【請求項2】 一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、 既に可変長パケットライト方式でパケットが記録された記録媒体が挿入されたとき、該記録媒体に記録されている全パケットを読み込み、その各パケット長を求めて記憶するパケット長記憶手段と、前記記録媒体の再生時には、前記パケット長記憶手段に記憶されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたことを特徴とする情報記録再生装置。 2. A recording and reproducing the information recording and reproducing apparatus for a track composed of a plurality of packets for rewritable recording medium writable recording medium or the same area only once information, the packet already variable-length packet write method when the recording medium but is recorded is inserted, the recording medium reading all packets recorded in the packet length storage means for storing Searching for the respective packet length, during reproduction of the recording medium, the packet length information recording and reproducing apparatus characterized by the provided read control means for reading out only the user data in each based on the packet length stored in the storage means the packet.
  3. 【請求項3】 一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、 前記記録媒体に予めパケット長記録用トラックを予約するパケット長記録用トラック予約手段と、前記記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、前記パケット長記録用トラック内にそれぞれのパケット長を記録するパケット長記録手段と、前記記録媒体の再生時には、前記パケット長記録手段によって前記パケット長記録用トラックに記録されたパケット長に基づいて各パケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたことを特徴とする情報記録再生装置。 3. An information recording and reproducing apparatus for recording and reproducing a track comprising a plurality of packets for rewritable recording medium in the recording medium or the same region can be written only once information, pre-packet length recorded on the recording medium a packet length recording track reservation means for reserving the use tracks, the recording each time to record the packets in variable-length packet write method in the medium, the packet length recording means for recording the respective packet length in the packet length recording track If the the time of reproduction of the recording medium is characterized in that a read control means for reading out only the user data in each packet based on the packet length stored in the packet length recording track by the packet length recording means information recording and reproducing apparatus.
  4. 【請求項4】 一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、 前記同じ領域に上書き可能な記録媒体に可変長パケットライト方式でパケットを記録する毎に、該パケットが含まれるトラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、前記トラックの記録が終了した後に該トラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、前記同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたことを特徴とする情報記録再生装置。 4. A recording and information recording and reproducing apparatus for reproducing tracks of plural packets for rewritable recording medium in the recording medium or the same region can be written only once information, rewritable recorded in the same area each time to record the packets in variable-length packet write method in the medium, and recording the packet length of each packet in the pre-gap of the track that contains the packet, the pre-gap portion of the track after the recording of the track is completed a packet length recording means to rewrite said during reproduction of rewritable recording medium in the same area, the read control means for reading out only the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap of the track to be reproduced information recording and reproducing apparatus characterized by comprising.
  5. 【請求項5】 一度だけ情報の書き込みが可能な記録媒体又は同じ領域に上書き可能な記録媒体に対する複数のパケットからなるトラックを記録及び再生する情報記録再生装置において、 既に可変長パケットライト方式でパケットが記録されているがそのパケット長が記録されていない同じ領域に上書き可能な記録媒体が挿入されたとき、該記録媒体に記録されているトラック内の全パケットを読み込み、その各パケット長を求めて前記トラックのプレギャップ部にそれぞれのパケットのパケット長を記録し、前記トラックのプレギャップ部を書き直すパケット長記録手段と、 5. A recording and information recording and reproducing apparatus for reproducing tracks of plural packets for rewritable recording medium in the recording medium or the same region can be written only once information, the packet already variable-length packet write method when There have been recorded is inserted rewritable recording medium in the same area in which the packet length is not recorded, read all the packets in the tracks recorded on the recording medium, obtains the respective packet length a packet length recording means for recording the packet length of each packet in the pre-gap portion of the track, rewrite the pre-gap portion of the track Te,
    前記同じ領域に上書き可能な記録媒体の再生時には、再生対象のトラックのプレギャップ部に記録されたパケット長に基づいてパケット内のユーザデータのみを読み出す読出制御手段を設けたことを特徴とする情報記録再生装置。 Wherein the reproducing the rewritable recording medium in the same area, information which is characterized in that a read control means for reading out only the user data in the packet based on the packet length which is recorded in the pre-gap of the track to be reproduced recording and reproducing apparatus.
JP1668099A 1999-01-26 1999-01-26 Information recording and reproducing device Pending JP2000215446A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1668099A JP2000215446A (en) 1999-01-26 1999-01-26 Information recording and reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1668099A JP2000215446A (en) 1999-01-26 1999-01-26 Information recording and reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000215446A true true JP2000215446A (en) 2000-08-04

Family

ID=11923040

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1668099A Pending JP2000215446A (en) 1999-01-26 1999-01-26 Information recording and reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000215446A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1139345A2 (en) * 2000-03-30 2001-10-04 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium
US6851035B1 (en) * 2000-07-28 2005-02-01 Marconi Communications, Inc. Method and apparatus for storing data packets with a packet boundary indicator

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1139345A2 (en) * 2000-03-30 2001-10-04 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium
EP1139345A3 (en) * 2000-03-30 2002-04-03 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium
US6876615B2 (en) 2000-03-30 2005-04-05 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium including psuedo-erasing features
US7082089B2 (en) 2000-03-30 2006-07-25 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium including pseudo-erasing features
US7085214B2 (en) 2000-03-30 2006-08-01 Sony Corporation Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium including pseudo-erasing features
KR100746735B1 (en) * 2000-03-30 2007-08-06 소니 가부시끼 가이샤 Data recording apparatus, data recording method and optical recording medium
US6851035B1 (en) * 2000-07-28 2005-02-01 Marconi Communications, Inc. Method and apparatus for storing data packets with a packet boundary indicator

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6606285B1 (en) Method of immediate writing or reading files on a disc like recording medium
US20050030852A1 (en) Information recording method, information recording apparatus, information recording program and recording medium storing information recording program
US5442614A (en) Method of recording data and information regarding defects
US6628602B2 (en) Optical information recording medium
US20040160875A1 (en) Recording method, program, storage medium, and information recording apparatus
US6172955B1 (en) Optical disc recording and reproducing apparatus for performing a formatting process as a background process and a method for formatting an optical disc by a background process
US6405283B1 (en) Method for handling buffer under-run during disc recording
US6272081B1 (en) Optical disk and optical disk reproduction system
US20050030873A1 (en) Information-processing apparatus, information-recording apparatus, information-processing system, information-recording method, program for information recording, and storage medium
EP0653758A2 (en) Disc recording apparatus and file management method
US20050030874A1 (en) Optical information recording method, optical information recording apparatus, information processing apparatus, optical information recording medium, program, and recording medium
US6401169B1 (en) Optical disc buffer under-run handling method
US5623470A (en) Reallocation of defective recording areas on CD-R or CD-E media
WO2004015707A1 (en) High density write-once recording medium allowing defect management, and method and apparatus for managing defects
US6064639A (en) High speed data recording and/or reproducing method and apparatus with increased data sector access speed
US20030231568A1 (en) Information recording apparatus, an information recording method, a program, a recording medium, and an information recording system
JPH07121993A (en) Optical information recorder/reproducer
JP2005093032A (en) Information recording method, information recording device, program for recording information, and storage medium
US6563776B1 (en) Information storage apparatus for monitoring a number of defective sectors included in a zone so as to select a substitutional area from a different zone
JP2005056542A (en) Write-once information recording medium, information recording method, information reproducing method, information recording device, and information reproducing device
JP2001110168A (en) Information recording and reproducing device, information recording and reproducing method, and recording medium readable by computer in which information recording and reproducing program is recorded
JP2002056619A (en) Disk drive device and data storing method
JPH1166751A (en) Information recording and reproducing device
JP2003208779A (en) Information reproducing apparatus, data management information acquisition method, data management information acquisition program, and storage medium
JP2005538491A (en) Defect management method and apparatus