JP2000211156A - Ink jet recorder - Google Patents

Ink jet recorder

Info

Publication number
JP2000211156A
JP2000211156A JP1904399A JP1904399A JP2000211156A JP 2000211156 A JP2000211156 A JP 2000211156A JP 1904399 A JP1904399 A JP 1904399A JP 1904399 A JP1904399 A JP 1904399A JP 2000211156 A JP2000211156 A JP 2000211156A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
ink
sub
recording head
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP1904399A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Katsuyuki Fujii
Yoshihiko Fujimura
Atsumichi Imazeki
Jun Isozaki
Kazuyuki Oda
Mitsuhide Soga
Junichi Yoshida
敦道 今関
淳一 吉田
和之 小田
光英 曽我
準 磯崎
克幸 藤井
義彦 藤村
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP1904399A priority Critical patent/JP2000211156A/en
Publication of JP2000211156A publication Critical patent/JP2000211156A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an ink jet recorder having a simple arrangement in which the quantity of air in a sub-tank coupled with a main tank through an ink supply tube can be controlled. SOLUTION: An ink jet recorder comprises a main tank 12, a sub-tank 16 coupled to supply ink to a moving recording head, a single ink supply tube 18 coupling between the a main tank 12 and the sub-tank 16, and a valve 24 provided in the ink supply tube 18. In order to control the quantity of air in the sub-tank 16, the valve 24 is closed at first and the sub-tank 16 is sucked for a predetermined time by driving a continuous suction pump 30 before opening the valve 24.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、インクジェット記録装置及び空気量制御方法に係り、より詳しくは、メインタンクとサブタンクとがインク供給管により連結され、サブタンク内の空気量を制御するインクジェット記録装置及び空気量制御方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an ink jet recording apparatus and an air quantity control method, and more particularly, the main tank and the sub tank are connected by an ink supply pipe, an ink jet recording apparatus for controlling the amount of air in the sub tank and an air amount control method.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、ランニングコストの低減化や高速印字のために、キャリッジ外に大容量インクタンクを設け、キャリッジ上に設置された記録ヘッドヘは、チューブを用いてインクを供給する方法が提案されている。 Hitherto, for the running cost reduction and high-speed printing, a large-capacity ink tank is provided outside the carriage, the recording Heddohe installed on the carriage, the method of supplying the ink using the tube Proposed. この際に問題となるのは、キャリッジの走査(記録ヘッドの移動)に伴ってチューブも駆動されるため、チューブの長さと駆動加速度に応じた圧力変動が、記録ヘッドへのインク供給圧力に生じ、印字を不安定にするという問題があった。 The problem in this case, since the tube is also driven with the scanning of the carriage (movement of the recording head), the pressure fluctuation corresponding to the length of the drive acceleration of the tube, resulting in the ink supply pressure to the recording head , there is a problem that to destabilize the printing.

【0003】その対策として下記の先願が存在する。 [0003] The following prior application is present as a countermeasure.

【0004】特許登録第2681350号(特開昭63 [0004] Patent Registration No. 2,681,350 (JP-A-63
−128947号公報)では、ダンパー室をヘッドに設け、このダンパー室にに空気を保持することで、空気の圧縮性を圧力変動のダンパとして機能させる。 In -128947 discloses), it provided a damper chamber in the head, by maintaining the air in the damper chamber, to function compressibility of air as a damper of the pressure variation.

【0005】特開昭60−162654号公報、特開平4−146154公報には、空気の封入量管理を、廃インクポンプに連結した接続管(インク供給管とは別)の接続位置で行っている。 [0005] JP 60-162654 and JP-A Hei 4-146154 publication, an inclusion amount management of air, carried out at a connecting position of the connecting pipe connected to the waste ink pump (separate from the ink supply pipe) there.

【0006】実開昭60−120840号公報、特許登録第2748459号(特開平2−150360)では、圧力ダンパとして、圧力吸収基板壁面に設けた、フレキシブルな(可撓性)ダンパフィルムを用いている。 [0006] Japanese Utility Model 60-120840, JP Patent Registration No. 2748459 (JP-A 2-150360), as a pressure damper provided in the pressure absorbing substrate walls, using a flexible (flexible) damper film there.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、特許登録第2681350号(特開昭63−128947号公報)では、ダンパ機能の性能に関係する空気量の制御については、まったく考慮されていない。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in Patent Registration No. 2681350 (JP-63-128947 JP), the control of the air quantity relating to the performance of the damper function is not at all considered. 空気量が少ないと、ダンパ機能が不足してしまうし、多すぎると、記録ヘッドに空気が流れ込み、印字不良の原因となる。 When the amount of air is small, to the damper function is insufficient, while if too great, the air flows into the recording head, causing defective printing.

【0008】一方、特開昭60−162654号公報等には、空気の封入量管理を、廃インクポンプに連結した接続管(インク供給管とは別)を用いているが、インク供給管とは別の新たな接続管を設ける必要があり、管数が多数となり、装置が大型化、複雑化して、コストが高くなる。 On the other hand, the JP-60-162654 discloses such an enclosed volume management of the air, but by using a connecting tube which is connected to the waste ink pump (separate from the ink supply tube), the ink supply tube it is necessary to provide a separate new connection pipe, the number is a number tubing, large apparatus and complicated, the cost becomes high.

【0009】なお、実開昭60−120840号公報等に記載の、一定以上の面積を有しかつ柔軟なフィルムは、透湿度、気体透過性を必要とするが、これら機能を満たす材料は高価であり、またフィルムを張力バラツキ無く基板に設置することは、大変困難である。 [0009] Incidentally, as described in JP Utility Model 60-120840 Publication, it has a certain level of area and flexible films, moisture permeability, requires a gas permeable, material expensive to satisfy these functions , and the also placing the film in tension variation without the substrate, is very difficult.

【0010】本発明は、上記事実に鑑み成されたもので、メインタンクとインク供給管により連結されたサブタンク内の空気量を制御可能な簡易な構成のインクジェット記録装置及び空気量制御方法を提案することを目的とする。 [0010] The present invention has been made in view of the above facts, we propose a linked inkjet recording apparatus and an air quantity control method of the controllable simple configuration the amount of air in the sub-tank by the main tank and the ink supply tube an object of the present invention is to.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】上記目的達成のため請求項1記載の発明は、インクを収納するメインタンクと、 Means for Solving the Problems The invention of claim 1, wherein for this purpose achieved, the main tank for containing the ink,
移動する記録ヘッドにインクを供給可能なように接続されたサブタンクと、前記メインタンクと前記サブタンクとを連結するインク供給管と、前記サブタンク内の圧力を制御することにより、前記インク供給管を介してインクを移動させて、前記サブタンク内の空気量を制御する制御手段と、を備えている。 And connected to the ink to move the recording head to allow the supply sub tank, an ink supply tube for connecting the sub-tank and the main tank, by controlling the pressure in the sub tank, through the ink supply tube by moving the ink Te, and a control means for controlling the amount of air in the sub tank.

【0012】即ち、メインタンクにはインクが収納され、サブタンクは、移動する記録ヘッドにインクを供給可能なように接続されている。 Namely, the ink is housed in the main tank, sub-tank, the ink is connected so as to be supplied to the moving recording head. ここで、本発明は、メインタンクとサブタンクとをインク供給管で連結している。 Here, the present invention has a main tank and the sub tank are connected by an ink supply tube.

【0013】そして、制御手段は、サブタンク内の圧力を制御することにより、インク供給管を介してインクを移動させて、サブタンク内の空気量を制御する。 [0013] Then, the control means controls the pressure in the sub tank, by moving the ink through the ink supply tube to control the amount of air in the sub tank.

【0014】このように本発明は、メインタンクとサブタンクとをインク供給管で連結し、サブタンク内の圧力を制御することにより、インク供給管を介してインクを移動させて、サブタンク内の空気量を制御するので、インク供給管をインクの供給の他にサブタンク内の空気量の制御のためにも兼用することができ、インクジェット記録装置を簡易な構成にすることができる。 [0014] Thus, the present invention, and a main tank and the sub tank are connected by ink supply tubes, by controlling the pressure in the sub tank, the ink is moved through the ink supply tube, the air amount in the sub-tank and controls, and the ink supply pipe can also be used also for controlling the amount of air in the sub tank to the other ink supply, the ink jet recording apparatus can be made simple configuration. 即ち、インク供給管を1本とすることもできる。 That may be a single ink supply pipe.

【0015】ここで、制御手段は、請求項2のように、 [0015] Here, the control means as claimed in claim 2,
サブタンク内の空気量が、サブタンク及びインク供給管内に圧力変動が生じても記録ヘッドへのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動によりサブタンク内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下となるように、サブタンク内の圧力を制御する。 Air amount in sub tank, the sub tank and the ink supply pipe into the ink supply pressure to be recording head occurs pressure fluctuations predetermined tolerance upper limit value or less and comprising a predetermined lower limit value or more, and, around as the sub-tank by environmental change becomes less than a predetermined upper limit value that does not become an ink empty state, to control the pressure in the sub tank. このように、サブタンク内の空気量を、サブタンク及びインク供給管内に圧力変動が生じても記録ヘッドへのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動によりサブタンク内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下としているので、サブタンク内の空気量を適正な量に安定して維持することができる。 In this manner, the amount of air in the sub tank, the sub tank and the ink supply pipe into the ink supply pressure to be recording head occurs pressure fluctuations predetermined tolerance upper limit value or less and comprising a predetermined lower limit value or more and, since the upper limit value or less that is determined in advance not the sub-tank by the ambient environment change ink empty state can be stably maintained in a proper amount of air volume in the sub tank.

【0016】なお、制御手段は、請求項3のように、インク供給管に設けられた弁と、記録ヘッドを介してサブタンク内を吸引する吸引手段と、を備えている。 [0016] The control means may, as claimed in claim 3, and the valve provided in the ink supply tube, and a suction means for sucking the inside of the sub tank via the recording head. なお、 It should be noted that,
吸引手段は、請求項4のように、記録ヘッドのインク吐出部に密閉空間を形成する密閉空間形成キャップと、この密閉空間に負圧を発生させて、記録ヘッドを介してサブタンク内を吸引する吸引ポンプと、を備えている。 Suction means, as claimed in claim 4, a closed space forming cap for forming a sealed space on the ink ejection portion of the recording head, negative pressure is generated in the enclosed space, for sucking the sub tank via the recording head and it includes a suction pump, a.

【0017】ここで、サブタンク内の負圧を検出する検出手段を備え、吸引手段は、検出手段の検出結果に基づいてサブタンク内を吸引してもよいが、請求項5のように、弁が閉じられた状態で、記録ヘッドを介してサブタンク内を予め定められた時間吸引するようにしてもよい。 [0017] Here, a detection means for detecting the negative pressure in the sub tank, the suction means, the subtank based on the detection result may be aspirated detection means, but as of claim 5, valve in closed state, it may be sucked predetermined time sub tank via the recording head. これにより、サブタンク内を、所定の負圧にしている。 Thus, the sub-tank, and a predetermined negative pressure. 即ち、この所定の負圧は、次に弁を開放して、メインタンクからインクをサブタンクに流入すると、サブタンク内の空気量が、サブタンク及びインク供給管内に圧力変動が生じても記録ヘッドへのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動によりサブタンク内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下となる負圧である。 That is, the negative pressure of the predetermined is then open the valve and flows into the sub tank to the ink from the main tank, the air amount in the subtank, even if the pressure variation is generated in the sub tank and the ink supply pipe to the recording head in the ink supply pressure is predetermined tolerance upper limit value or less and comprising a predetermined lower limit value or more, and a negative pressure equal to or less than a predetermined upper limit value which is not the sub-tank by the ambient environment change ink empty state is there.

【0018】このように、弁が閉じられた状態で、記録ヘッドを介してサブタンク内を予め定められた時間吸引するので、サブタンク内の負圧を検出する検出手段を備えなくても、サブタンク内の空気量を制御することができるので、インクジェット記録装置をより簡易な構成にすることができる。 [0018] Thus, in a state where the valve is closed, since the suction predetermined time sub tank via the recording head, without a detection means for detecting the negative pressure in the sub tank, the sub tank it is possible to control the amount of air can be an ink jet recording apparatus in a simpler configuration.

【0019】以上より、インクを収納するメインタンクと、移動する記録ヘッドにインクを供給可能なように接続されたサブタンクと、前記メインタンクと前記サブタンクとを連結するインク供給管と、前記インク供給管に設けられた弁と、を備えたインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量制御方法としては、次の方法が提案される。 [0019] From the above, the main tank for containing the ink, and the sub-tank which is connected ink so as to be supplied to the recording head moves, the ink supply tube for connecting the sub-tank and the main tank, the ink supply the air amount control method in the sub-tank of an ink jet recording apparatus having a valve provided to the tube, the following method is proposed. 即ち、前記弁を閉じ、前記記録ヘッドを介してサブタンク内を予め定められた時間吸引し、前記弁を開く。 In other words, closing the valve, through said recording head sucks a predetermined time in the sub-tank, opening the valve.

【0020】 [0020]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の実施の形態を詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, with reference to the drawings, an embodiment of the present invention in detail.

【0021】図1に示すように、本実施の形態に係るインクジェット記録装置は、記録ヘッド14を移動させるための図示しないキャリッジ外に配置された大容量の、 As shown in FIG. 1, an ink jet recording apparatus according to this embodiment, a large volume arranged outside the carriage (not shown) for moving the recording head 14,
本発明のメインタンクとしてのメインインクタンク12 Main ink tank 12 as the main tank of the present invention
と、キャリッジ上に配置されかつ記録ヘッド14と流体連通する(記録ヘッド14にインクを供給可能なように接続された)サブタンク16と、を備えている。 When provided with a disposed on the carriage and the recording head 14 in fluid communicating (ink connected so as to be supplied to the recording head 14) sub tank 16. サブタンク16とメインインクタンク12とは、本発明のインク供給管としてのインク供給チューブ18により接続されている。 The sub tank 16 and the main ink tank 12 are connected by ink supply tube 18 as an ink supply tube of the present invention. インク供給チューブ18のメインインクタンク12側には、本発明の弁としての第1の弁24が配置されている。 The main ink tank 12 side of the ink supply tube 18, the first valve 24 as a valve of the present invention is disposed. なお、図1には、単一の記録ヘッド14、 In FIG. 1, a single recording head 14,
サブタンク16、及びインク供給チューブ18等が示されているが、実際は、キャリッジ上に、複数の記録ヘッド14、サブタンク16、及びインク供給チューブ18 Sub tank 16, and the ink supply tube 18 and the like is shown, actually, on the carriage, a plurality of recording heads 14, the sub tank 16, and the ink supply tube 18
等が配置される。 Etc. are located.

【0022】記録ヘッド14には、サブタンク16から供給されるインクに混入するゴミ等を除去するフィルタ22と、ノズルオリフィス20と、が設けられている。 [0022] The recording head 14 includes a filter 22 for removing dust mixed in ink supplied from the sub tank 16, the nozzle orifice 20, is provided.
記録ヘッド14の下方には、ノズルオリフィス20に密閉空間を形成可能なように、本発明の密閉空間形成キャップとしてのキャップ32が配置されている。 Below the recording head 14, as is capable of forming an enclosed space to a nozzle orifice 20, a cap 32 as a sealed space formed cap of the present invention is disposed. キャップ32には、管を介して、本発明の吸引ポンプとしての連続吸引ポンプ30が接続されている。 The cap 32, through the tube, continuous suction pump 30 as a suction pump of the present invention is connected. この管には、第2 The tube, the second
の弁26と、負圧溜め室28と、が配置されている。 A valve 26, a negative 圧溜 Me chamber 28, is arranged.

【0023】図5に示すように、本実施の形態に係る制御系は、コンピュータ40を備えている。 As shown in FIG. 5, the control system according to the present embodiment includes a computer 40. コンピュータ40は、CPU42、後述する空気量調整処理プログラムを記録したROM44、RAM46、及び入出力(I Computer 40, CPU 42, ROM 44 and recorded air control process program to be described later, RAM 46, and an input-output (I
/O)ポート48を備え、これらは、バス50を介して相互に接続されてている。 / O) includes a port 48, it is not connected to each other via a bus 50. 入出力ポート48には、ドライバ52、54を介して、第1の弁24、第2の弁26 The output port 48 via the driver 52, the first valve 24, second valve 26
が接続され、更に連続吸引ポンプ30が接続されている。 There are connected, and further connected continuous suction pump 30.

【0024】第1の弁24から連続吸引ポンプ30までの系全体での気密性は、系内外の差圧が40kPa存在する時に、リーク量1ml/min以下であるように設計されている。 The tightness of the entire system from the first valve 24 to the continuous suction pump 30, when the differential pressure of the system inside and outside are present 40 kPa, and is designed to be less leakage amount 1 ml / min. これは、リーク量を一定以下に管理することで、系内の到達負圧バラツキを抑え、空気量を一定範囲にするためである。 This is to manage the leakage amount below a predetermined level, reducing the ultimate negative pressure variation in the system is to the amount of air in a predetermined range.

【0025】メインインクタンク12は、本実施の形態においては、多層フィルムで構成されるインク袋内にインクを充填し,インク袋を樹脂製の筐体内に設置することで構成している。 The main ink tank 12, in this embodiment, is constituted by the ink filling into the ink bag formed of multilayer film, placing the ink bag in a housing made of resin. 勿論、樹脂ボトル内にインクを充填しただけのメインインクタンク12や、多孔質部材にインクを吸収させたメインインクタンク12で、構成してもよい。 Of course, only the main ink tank 12 and the filled with ink in the resin bottle, the main ink tank 12 is absorbed ink in the porous member may be constructed. 本実施の形態に係るノズルはシリコンのウエハを異方性エッチングして作成し、600dpiの解像度を有している。 Nozzle according to the present embodiment a silicon wafer created by anisotropic etching, and has a 600dpi resolution.

【0026】また、本実施の形態に係る第1の弁24及び第2の弁26は、電磁弁を使用している。 Further, the first valve 24 and second valve 26 according to this embodiment uses a solenoid valve. なお、他のダイヤフラム閉塞型の弁や、チューブ閉塞型の弁など・ Incidentally, or other diaphragm closure type valve, - such as a tube closed type valve
気密が実現でき、耐インク性の部材で構成できる弁であれば、どんな弁でも構わない。 Airtightness can be realized, if a valve can be configured in the ink resistance of members, it may be any valve.

【0027】更に、本実施の形態に係る負圧溜め室28 Furthermore, the negative 圧溜 Me chamber according to the embodiment 28
は、内容量0.7mlのポリエチレン樹脂で作成された小室である。 Is a chamber that was created in a polyethylene resin having a content volume 0.7 ml. 負圧溜め室28も、耐インク性があり、気密度を維持できる部材であれば、どのような部材でも構わない。 Negative 圧溜 Me chamber 28 also has ink resistance, if a member that can maintain the air density, may be any member.

【0028】また、本実施の形態に係る連続吸引ポンプ30は、流量0.15m1/secのローラーポンプを使用している。 Further, continuous suction pump 30 of the present embodiment uses a roller pump flow rate 0.15m1 / sec. 使用しているチューブ材質は、シリコンゴムチューブであるが、他のノープレンゴム. Tube material being used is a silicone rubber tube, the other Nopurengomu. ブチルゴム、タイゴン、バイトンなどのゴムまたは樹脂チューブでも、排気性能を満たし、かつ耐インク性があれば使用できる。 Butyl rubber, Tygon, in rubber or resin tube such as viton, satisfies the exhaust performance, and can be used if there is ink resistance.

【0029】ここで、メインインクタンク12は、記録ヘッド14のノズルオリフィス20面よりも、下方に設置されている。 [0029] Here, the main ink tank 12, than the nozzle orifice 20 side of the recording head 14 is installed downward. これは、可撓性のインク袋内に充填したインクによって、ほぼインク袋内で形成されるインク仮想液面P2と、記録ヘッド14のノズルオリフィス20 This is because the flexible ink filled in the ink bag of an ink virtual liquid surface P2 is formed in almost the ink bag, the nozzle orifices 20 of the recording head 14
面P1と、の高低差分だけのインク水頭圧力を、記録ヘッド14に作用させるためである。 A surface P1, the ink water head pressure of only height differences, in order to act on the recording head 14. 本実施の形態では、 In this embodiment,
メインインクタンク12を記録ヘッド14より、40m The main ink tank 12 from the recording head 14, 40 m
m〜150mm程度下方に設置している。 It is installed in m~150mm about downward. 即ち、上記高低差は、インク仮想液面P2がインク袋の最上部で43 That is, the height difference, the ink virtual liquid level P2 is at the top of the ink bag 43
mm、最下部で127mmとなっている。 mm, and has a 127mm at the bottom. よって、インク比重が1で、インク袋が潰れる時の反力がほぼ0のケースでは、記録ヘッド14に供給されるインクの静圧は、−43〜−127(×9.8Pa )の範囲に制御される。 Therefore, in an ink specific gravity of 1, the reaction force substantially zero cases when the ink bag collapses, the static pressure of the ink supplied to the recording head 14 is in the range of -43~-127 (× 9.8Pa) It is controlled.

【0030】また、インク供給チューブ18のサブタンク16側先端18Sは、サブタンク16の底面16B近くに到達している。 Further, the sub-tank 16 side tip 18S of the ink supply tube 18 has reached near the bottom surface 16B of the sub tank 16. これは周囲の環境変動(周囲気圧の低下、周囲温度の上昇)によって、サブタンク16内に封入されている空気が膨張した際に、サブタンク16内のインクがスムーズに、メインインクタンク12内に還流されることで、記録ヘッド14に作用するインク静圧をほぼ一定に保つためである。 This (reduction in ambient pressure, the ambient temperature rises) surrounding environmental variations by which the air enclosed in the sub-tank 16 is expanded, smooth ink in the sub tank 16, reflux in the main ink tank 12 by being, in order to keep the ink static pressure acting on the recording head 14 substantially constant. サブタンク16の上部で接続を行うと、インクでは無く、サブタンク16内の空気がインクと混じった状態で、インク供給チューブ18 If the connection at the top of the sub-tank 16, rather than ink, in a state in which air is mixed with the ink in the subtank 16, the ink supply tube 18
内に還流する。 To reflux within. これにより、インク膜のメニスカスがチューブ内で生じてしまう。 Thus, the ink meniscus film occurs in the tube. このように、インク膜のメニスカスがチューブ内で生じてしまうと、インク膜を移動させるために差圧が必要となり、うまく還流できなくなる。 Thus, when the meniscus of the ink film is caused by the tube, the pressure difference is required to move the ink film, it can not be refluxed well. 即ち、空気が全インク供給チューブ18内に還流すると、インクの水頭圧力が作用しないために、記録ヘッド14の適度な負圧が維持できず. That is, when the air flows back into the entire ink supply tube 18, in order to hydrocephalus pressure of the ink is not applied, it can not be maintained moderate negative pressure of the recording head 14. 正圧力が生じてしまう。 A positive pressure occurs. 記録ヘッド14に正圧力が作用すると、フェースフラッドと呼ばれる、ノズルからインクが流出する現象が発生し、正常なインク噴射が不可能となってしまう。 When the recording head 14 is positive pressure acts, called face flood, a phenomenon in which the ink from the nozzle flows out occurs, it becomes impossible to normal ink jetting.

【0031】また、本実施の形態では、サブタンク16 Further, in this embodiment, the sub tank 16
内の空気量を、サブタンク16及び前インク供給チューブ18内に圧力変動が生じても記録ヘッド14へのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動によりサブタンク16内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下となるようにしている。 The air quantity of the internal, in the sub-tank 16 and the front ink ink supply pressure of the pressure fluctuations in the supply tube 18 is caused to be the recording head 14 is predetermined tolerance upper limit value or less and comprising a predetermined lower limit value or more and it is set to be equal to or less than a predetermined upper limit value which is not the sub-tank 16 by the ambient environment change ink empty state.

【0032】これは、次の理由からである。 [0032] This is for the following reasons. 即ち、サブタンク16内の空気量が少なすぎると、記録ヘッド14 That is, when the air volume in the sub tank 16 is too small, the recording head 14
のスキャンに伴って、インク供給チューブ18内に発生する圧力変動を緩和させるダンパ性能が低下してしまう。 With the scan, the damper performance to mitigate the pressure fluctuation generated in the ink supply tube 18 is reduced. また、空気量が多すぎるとサブタンク16内のインクがほとんど無くなってしまい、記録ヘッド14のスキャンによって、記録ヘッド14内のフィルタ22上面にインクが無い状態で、インク噴射を行うと、フィルタ2 Also, lost my most ink in the sub tank 16 when the amount of air is too large, the scanning of the recording head 14, ink in the absence filter 22 the upper surface of the recording head 14, when the ink jet, the filter 2
2を通して空気が泡となって,フィルタ22下面に透過しようとして、バブルポイント圧力と呼ばれる差圧が、 2 becomes air bubbles through an attempt to transmission to the lower surface filter 22, a differential pressure called the bubble point pressure,
フィルタ22の両面で発生する。 It occurs in both sides of the filter 22. この圧力は、フィルタ22の濾過径(後述するD)が小さいために非常に大きく、実質的に、空気をフィルタ透過させることはできずに、ノズルのオリフィス22から空気がヘッド内に吸い込まれることになる。 This pressure is very large for filtration diameter (D to be described later) is small filter 22, substantially without possible air to filter transmission, the air is drawn into the head from the orifice 22 of the nozzle become. このような状態では、印字は大きく乱れ、全抜けと呼ばれる印字不可能状態になってしまう。 In such a state, printing greatly disturbed, becomes unprintable state known as total loss.

【0033】本実施の形態では、フィルタ22はステンレスのメッシュフィルタ22である畳綾織5umを使用しており、インクで発生するバブルポイント圧力は、1 [0033] In this embodiment, filter 22 is using the tatami twill 5um a stainless steel mesh filter 22, the bubble point pressure generated ink 1
5kPa 程度である。 It is about 5kPa.

【0034】本実施の形態では、ダンパ性能を満たすための最小の空気量は3mlである。 [0034] In this embodiment, the minimum amount of air to meet the damper performance is 3 ml. これより少ない空気量になると、メインインクタンク12を交換し、使用開始した状態では、記録ヘッド14でのインク静圧は43 Becomes a lesser amount of air, then replace the main ink tank 12, in the state where the start of use, the ink static pressure in the recording head 14 43
(×9.8Pa)の負圧で、インクが供給されるが、この43(×9.8Pa )よりも大きなインクの圧力変動が生じてしまうために、最悪の場合には、記録ヘッド1 In negative pressure (× 9.8 Pa), the ink is supplied, to thereby cause the pressure variation in the large ink than the 43 (× 9.8 Pa), in the worst case, the recording head 1
4に正圧力が作用し、フェースフラッドを発生してしまう。 A positive pressure acts on the 4, occurs the face flood.

【0035】一方、メインインクタンク12を,記録ヘッド14よりさらに下方に設置すれことも考えられるが、そうすると、今度は逆に、インク残量が少なくなった状態で、インク負圧は高まってしまう。 On the other hand, the main ink tank 12, it is conceivable by installing further below the recording head 14, Then, turn Conversely, in a state in which the ink remaining amount is low, the ink negative pressure become increasingly . さらに逆方向のスキャンの際に、負圧側の圧変動が作用し、記録ヘッド14に作用する負圧が巨大になると、ノズルオリフィス22から空気を引き込む全抜けを生じる。 When addition of the reverse scan, acts pressure variations in the negative pressure side, the negative pressure acting on the recording head 14 is huge, resulting in total loss drawing air from the nozzle orifice 22.

【0036】実施の形態の記録ヘッド14のスキャン加速度は2G(19.6m/sec.2)程度であり、インク粘度は2mPa ・sec . The scan acceleration of the recording head 14 of the embodiment is about 2G (19.6m / sec.2), the ink viscosity is 2 mPa · sec. 程度,また、インク供給チューブ18は、内径1.8mm長さ150cmの2層樹脂チューブを用いている。 Extent, also, the ink supply tube 18 is used two layers resin tube with an inner diameter 1.8mm length 150 cm. 内層はポリエチレン、外層はナイロンの樹脂チューブを用いており、二種類の樹脂を使用することで、透湿性および気体透過性の両者を、非常に小さな値に抑制することが可能となっている。 The inner layer of polyethylene, the outer layer is a resin tube nylon, the use of two types of resins, both moisture permeability and gas permeability, it is possible to suppress to a very small value.

【0037】以上のことから、当実施の形態においては、以下の関係を満たす範囲に空気量をコントロールしている。 [0037] From the above, in the embodiment of this embodiment, and controls the amount of air in the range satisfying the following relation. 下限値MIN≦サブタンク16内空気量≦上限値MAX (1) 但し、下限値MINは、サブタンク16及び前インク供給チューブ18内に圧力変動が生じても記録ヘッド14 Lower limit MIN ≦ subtank 16 air amount ≦ the upper limit value MAX (1) provided that a lower limit value MIN is, even if a pressure fluctuation in the sub tank 16 and before the ink supply tube 18 the printhead 14
へのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた値であり、上限値MAXは、周囲環境変動によりサブタンク16内がインク空状態とならない予め定められた値である。 A predetermined value that is more than the upper limit of the allowable range where the ink supply pressure is determined in advance, the upper limit value MAX is a predetermined value which is not the sub-tank 16 by the ambient environment change ink empty state to .

【0038】即ち、本実施の形態では、サブタンク16 [0038] In other words, in the present embodiment, the sub-tank 16
内容積Vsubとしたときに、以下の関係を満たす範囲に空気量をコントロールしている。 When the inner volume Vsub, are controlling the amount of air in the range satisfying the following relation. 3ml(最小空気量 ダンパ性能から規定)≦サブタンク16内空気量≦ 3 ml (prescribed minimum air volume damper performance) ≦ subtank 16 air amount ≦
O. O. 74Vsub(最大空気量 サブタンク16内容積の74%以下) ここで、最大空気量の74%以下というのは、ある安全率をみた数字である。 74Vsub (hereinafter 74% of the maximum amount of air the sub tank 16 internal volume) where because less 74% of the maximum amount of air is a number which for safety factor with. 周囲の環境変動(周囲気圧の低下、周囲温度の上昇)によって、サブタンク16内に封入されている空気が膨張した際にも、サブタンク16内にインクが維持されるように設定されている。 Surrounding environmental variations (reduction in ambient pressure, the ambient temperature rises) by which the air enclosed in the sub-tank 16 is expanded also ink is set to be maintained within the sub-tank 16. 例えば、 For example,
当実施の形態では、気圧変動:約10%(101kPa In those embodiments, pressure variation: about 10% (101 kPa
→91kPa)、気温変動:約10%(23℃→40 → 91kPa), temperature change: about 10% (23 ℃ → 40
℃:空気の膨張十インクの蒸気圧)が同時に生じた場合にも、サブタンク16内のインクが無くならないように、設定されている。 ° C.: When the vapor pressure of the expansion ten ink air) occurs simultaneously, so not eliminated the ink in the subtank 16 is set. 勿論、他の安全率にしても、なんら本発明の趣旨を逸脱するものではない。 Of course, be another safety factor, it does not depart from the any spirit of the present invention.

【0039】次に、本実施の形態の作用を説明する。 Next, the operation of this embodiment.

【0040】図1には、後述する空気量調整処理(図6)を実行しないで、サブタンク16内の空気量が式(1)の範囲外に増大してしまった状態を示している。 [0040] Figure 1 is not run air amount adjustment processing described later (FIG. 6), the air amount in the subtank 16 shows a state in which had increased to outside the range of the formula (1).
図1では、印字を終え、キャリッジの移動により印字範囲外に移動した記録ヘッド14に、キャップに当接された様子を示している。 In Figure 1, after the printing, the recording head 14 moves out of the printing range by the movement of the carriage, illustrates the manner in which is in contact with the cap. 第1の弁24は、印字中、印字待機中、電源OFF時などの状態において、常に開状態に維持されている。 First valve 24 during printing, during printing standby in a state such as when the power is OFF, is always kept open. これは、メインインクタンク12を、 This main ink tank 12,
サブタンク16内空気膨張時のアキュムレーターとして便用しており、サブタンク16内のインクを還流させる必要があるためである。 It has a stool as accumulators during the sub-tank 16 air inflation, is because it is necessary to recirculate the ink in the sub tank 16.

【0041】図1に示すように、サブタンク16内の空気量は内容積の90%程度を占めており、この状態で、 As shown in FIG. 1, the air amount in the sub tank 16 accounts for about 90% of the internal volume, in this state,
周囲気圧の低下や温度上昇が起こると、サブタンク16 When reduction and temperature increase of the ambient pressure takes place, the sub-tank 16
内のインクがインクバッグに還流してしまって、サブタンク16内インクが枯渇するトラブルとなる。 The ink of the inner is accidentally returned to the ink bag, ink in the sub-tank 16 becomes the trouble to be depleted.

【0042】サブタンク16内の空気量は減少することはほとんど無く、サブタンク16壁で規定される気体透過定数と、サブタンク16内の負圧(メインインクタンク12とのインク高低差で発生するインク水頭圧)によって、サブタンク16内部には、周囲から空気が侵入し、空気量は時間の経過にしたがって、徐々に増大する。 The amount of air in the sub tank 16 can hardly be reduced, and the gas permeability constant defined by the sub-tank 16 wall, a negative pressure (ink hydrocephalus generated in ink height difference between the main ink tank 12 in the sub-tank 16 by pressure), inside the sub-tank 16, air entering from the ambient air amount over time, gradually increases.

【0043】実施の形態のサブタンク16は、厚さ1. The sub-tank 16 of the embodiment, a thickness of 1.
5mmのポリプロピレン樹脂によって構成されている。 It is constituted by 5mm polypropylene resin.
内容積は、9ml、表面積40m2程度である。 Internal volume, 9ml, it is about the surface area 40m2. 評価結果から、6ヶ月で1m程度の空気量の増加が発生する。 From the evaluation results, an increase in the air volume of about 1m in 6 months occurs.

【0044】以上のようにサブタンク16内の空気量が式(1)の範囲外に増大してしまわないように、本実施の形態に係るインクジェット記録装置(コンピュータ4 [0044] As the amount of air in the sub tank 16 as described above is not would provide an increased outside the scope of formula (1), the inkjet recording apparatus (a computer 4 according to the embodiment
0)は、所定時間毎に、図6に示したサブタンク16内の空気量調整処理を実行している。 0), every predetermined time, running air amount adjustment process in the sub-tank 16 illustrated in FIG. なお、サブタンク1 In addition, the sub-tank 1
6内にインク液面を検知するセンサを設置し、式(1) A sensor for detecting the ink liquid surface was placed in a 6, Equation (1)
の範囲外に空気量が変化した際に、本処理を実行するようにしてもよい。 Outside the range of when the amount of air changes may be executing this process. 以下、空気量調整処理(図6)を、図2〜図4を参照して説明する。 Hereinafter, the air amount adjustment process (FIG. 6) will be described with reference to FIGS.

【0045】ステップ62で、図2に示すように、第1 [0045] In step 62, as shown in FIG. 2, the first
の弁24を閉状態にし、ステップ64で、第2の弁26 The valve 24 in the closed state, in step 64, the second valve 26
を開状態にし、ステップ66で、連続吸引ポンプ30を駆動させて、記録ヘッド14を介してサブタンク16内を吸引する。 It was opened, at step 66, by driving the continuous suction pump 30 to suck the sub tank 16 via the recording head 14. これにより、まず、サブタンク16底面付近に存在するインクが、連続吸引ポンプ30側に吸引される。 Thus, firstly, the ink present in the vicinity of the sub-tank 16 bottom, is sucked into the continuous suction pump 30 side. この後、サブタンク16内の空気が排出され、記録ヘッド14内のフィルタ22に達すると、フィルタ2 Thereafter, the air in the sub tank 16 is discharged, and reaches the filter 22 in the recording head 14, the filter 2
2界面から気泡を発生させながら、連続吸引ポンプ30 While generating bubbles from the second interface, the continuous suction pump 30
側に吸引される。 It is attracted to the side. この時、フィルタ22の両面では、バブルポイント圧力が発生し、フィルタ22上面の負圧の方が、下面の負圧値よりも、小さくなっている。 At this time, the both sides of the filter 22 to generate bubble point pressure, towards the negative pressure of the filter 22 upper surface, than the negative pressure value of the lower surface is smaller.

【0046】ここで、バブルポイント圧力を説明する(図8参照)。 [0046] Here, explaining the bubble point pressure (see FIG. 8). インク液面とフィルタ22との界面張力によって発生する圧力Pγは、Pγ=4γcosθDπ The pressure generated by the interfacial tension between the ink liquid surface and the filter 22 P? Is, Pγ = 4γcosθDπ
/(πD 2 )=4γcosθ/Dである。 / A (πD 2) = 4γcosθ / D . また、インク液面の水頭圧力Phは、Ph=ρghである。 Also, the water head pressure Ph of the ink liquid surface is Ph = ρgh. 気泡発生時には、気泡発生圧力P、圧力Pγ、及び水頭圧力Ph At the time of bubble generation, the bubble generating pressure P, pressure Pγ, and hydraulic head pressure Ph
が。 But. 均衡する。 Balance to. 即ち、 P=Pγ+Ph であり、Phは略0であるので、P=Pγ=4γcos That is, P = P? + Ph, because Ph is substantially 0, P = Pγ = 4γcos
θ/Dとなる。 The θ / D. 気泡発生圧力Pがバブルポイント圧力である。 The bubble generation pressure P is the bubble point pressure.

【0047】なお、気泡の形で排出された空気は、記録ヘッド14内やキャップ内、負圧溜め室28を満たす。 [0047] The air discharged in the form of bubbles, meet in or in the cap the recording head 14, a negative 圧溜 Me chamber 28.

【0048】ステップ68で、所定時間、本実施の形態では、33秒間連続吸引ポンプ30を駆動したか否かを判断し、所定時間、連続吸引ポンプ30を駆動した場合に、ステップ70で、連続吸引ポンプ30を停止する。 [0048] In step 68, a predetermined time, in this embodiment, a 33 seconds continuous suction pump 30 determines whether or not driven, when a predetermined time, to drive the continuous suction pump 30, in step 70, the continuous to stop the suction pump 30.

【0049】ここで、上記所定時間を説明する。 [0049] Here will be described the predetermined time. この所定時間は、連続吸引ポンプ30を当該所定時間駆動させた後、第2の弁26を閉じ、かつ、第1の弁24を開放して、メインインクタンク12からインク供給チューブ18を介して、サブタンク16にインクを供給して、サブタンク内の空気量が上記(1)式の条件を満足するための負圧(目標負圧)にサブタンク内の圧力がなる時間である。 This predetermined time, after the continuous suction pump 30 is driven the predetermined time, closing the second valve 26, and opens the first valve 24, through the ink supply tube 18 from the main ink tank 12 , and supplies the ink to the sub tank 16, the air amount in the sub-tank is a negative pressure (target negative pressure) the pressure within the sub tank is time to satisfy the condition (1).

【0050】この時間は次のように定まる。 [0050] This time is determined as follows. 図7には、 In FIG. 7,
連続吸引ポンプ30動作時間とサブタンク16内空気量の関係が示されている。 Relationship of the continuous suction pump 30 operation time and the sub-tank 16 in the air quantity are shown. 右縦軸には、サブタンク16の最小空気量を、左縦軸には、サブタンク16最大空気量パーセンテージを示している。 The right vertical axis, the minimum air volume in the sub tank 16, the left vertical axis represents the sub-tank 16 maximum air volume percentage. 図中の右下がりの線20 Line of the right edge of the in FIG. 20
0が、右縦軸のサブタンク16の最小空気量を示し、右上がりの線300が、左縦軸のサブタンク16の最大空気量パーセンテージを示している。 0, the minimum air volume in the sub tank 16 of the right vertical axis, the line 300 of the right-up has the maximum air volume percentage of the sub-tank 16 of the left vertical axis.

【0051】実施の形態の条件は、サブタンク16内容積9ml、フィルタ22のバブルポイント圧力0〜15 The conditions of the embodiment, the bubble point pressure 0-15 of the sub tank 16 an inner volume of 9 ml, filter 22
kPa、ポンプの排気速度O. kPa, pump of pumping speed O. 15m1/sec. 15m1 / sec. ±1 ± 1
5%,系の気密度0〜1ml/min、40000Pa 5%, the system of the gas density 0~1ml / min, 40000Pa
時である。 When it is.

【0052】サブタンク16内充填空気量を左右する誤差因子は、フィルタ22のバブルポイント圧力の発生有無、ポンプの排気速度バラツキ(ポンプ個体差、到達負圧による排気性能の劣化など)、系全体の気密性バラツキの3つである。 [0052] affects the sub-tank 16 within air quantity error factor, occurrence or non-occurrence of the bubble point pressure of the filter 22, the pumping speed variation of the pump (the pump individual differences, such as deterioration of exhaust performance due to reach a negative pressure), the entire system There are three air-tightness variation.

【0053】これらを、上記範囲で可変させた時の最悪値をプロットしたものが、図2内の2本の線200、3 [0053] These and plots the worst value when the variable in the above range, the two lines in Figure 2 200,3
00である。 00 is. 故に、条件の範囲、即ち、図7中の網かけの範囲内の値、例えば、33秒間連続吸引ポンプ30を駆動することで、サブタンク16内の圧力を上記目標負圧にすることができる。 Thus, the range of conditions, i.e., a value in the range of shading in FIG. 7, for example, by driving the 33 consecutive seconds suction pump 30, the pressure in the sub tank 16 can be the target negative pressure. なお、本処理を所定時間毎に繰り返し実行すれば、サブタンク内の空気量を常に(1) Incidentally, if repeatedly executed the processing for each predetermined time, always the amount of air in the sub tank (1)
式を満足する量に制御することができる。 It is possible to control the amount which satisfies the equation.

【0054】図3には、このときの様子が示されている。 [0054] Figure 3 is state at this time. 図3に示すように、サブタンク16内の空気は、記録ヘッド14を経由して、気泡の形で排出され、排出された気泡は互いに結合することで、巨大な塊になっている。 As shown in FIG. 3, the air in the sub tank 16 via the recording head 14, is discharged in the form of bubbles, the discharged bubbles to combine with each other, is a huge mass. この状態では、サブタンク16内の圧力は、インクおよび空気が排出された分だけ、低下している。 In this state, the pressure in the sub tank 16, an amount corresponding to the ink and air is discharged, is reduced.

【0055】ステップ72で、第2の弁26を閉状態とし、ステップ74で、第1の弁24を開状態とすることで. [0055] In step 72, the second valve 26 are closed, at step 74, by the first valve 24 opened. サブタンク16内の上記負圧(目標負圧))に応じた量のインクを、メインインクタンク12からインク供給チューブ18を介してサブタンク16内に充填させる。 The amount of ink in response to the negative pressure in the sub tank 16 (target negative pressure)), is filled into the sub-tank 16 through the ink supply tube 18 from the main ink tank 12. なお、充填に要する時間は数秒程度である。 The time required for the filling is about several seconds. これにより、サブタンク内の空気量が上記(1)式の条件を満足する量となる。 Thus, the air amount in the sub-tank is an amount that satisfies the conditions of the above equation (1).

【0056】なお、サブタンク16内の負圧を検出する検出センサを設け、該検出センサによる検出値に基づいて、サブタンク16内の負圧が上記負圧(目標負圧)になるまで、連続吸引ポンプ30を駆動するようにしてもよいが、検出センサ等の部品点数が多くなるので、本実施の形態のほうがより好ましい。 [0056] Note that a sensor for detecting the negative pressure in the sub tank 16, on the basis of the value detected by the detection sensor, to a negative pressure in the sub tank 16 is the negative pressure (target negative pressure), a continuous suction pump 30 may be driven but, since the number of parts such as the sensor is increased, more of this embodiment is more preferable.

【0057】こうようにしてサブタンク16内へのインクの充填が完了した状態を、図4に示している。 [0057] The state of filling has been completed of the ink into the sub-tank 16 in the Koyo is shown in FIG. 図4に示すように、記録ヘッド14内には、フィルタ22を通過する際に生じた気泡が、完全に排出されずに少量残留している。 As shown in FIG. 4, in the recording head 14, air bubbles generated when passing through the filter 22, remaining small amount without being completely discharged. 印字の際に、この気泡がノズルオリフィス2 During printing, the bubbles nozzle orifice 2
2に流れていくことで、印字ディフェクトを発生する恐れがある。 By flows 2, which may cause printing defects. そこで、ステップ76で、サブタンク16充填後は、連続吸引ポンプ30を一定時間駆動させて、記録ヘッド14内を吸引して、残留気泡を排出する(メンテナンス)。 Therefore, in step 76, the sub tank 16 after filling is continuous suction pump 30 is driven a predetermined time, and sucks the interior of the recording head 14, to discharge the residual bubble (maintenance).

【0058】このように本実施の形態は、メインインクタンク12とサブタンク16とを1本のインク供給管で連結し、サブタンク16内の圧力を制御することにより、1本のインク供給管を介してインクを移動させて、 [0058] Embodiment of the thus present embodiment, the main ink tank 12 and the sub-tank 16 are connected by one ink supply tube, by controlling the pressure in the sub tank 16, via one ink supply tube by moving the ink Te,
サブタンク16内の空気量を制御するので、サブタンク16内の空気量を制御するために1本のインク供給管を備えればよく(インクの供給及び空気量の調整に兼用)、インクジェット記録装置を簡易な構成にすることができる。 And it controls the amount of air in the sub tank 16 may be Sonaere a single ink supply pipe to control the amount of air in the sub tank 16 (also used to supply and adjustment of the air amount of the ink), the ink jet recording apparatus it can be a simple configuration.

【0059】即ち、従来では、サブタンク16内の空気量を管理するために、サブタンク16にメインインクタンク12からのインク供給チューブ18以外に、廃インクポンプに連通させた第2の接続管を接続し、廃インクポンプを駆動して吸引することで、第2の接続管が接続されている位置を、サブタンク16内のインク液面位置としていた。 [0059] That is, conventionally, in order to manage the amount of air in the sub tank 16, in addition to the ink supply tube 18 from the main ink tank 12 to the sub-tank 16, connecting the second connecting tube communicated with the waste ink pump and, by sucking by driving the waste ink pump, a position where the second connecting pipe is connected, it has been the ink surface positions in the sub-tank 16.

【0060】従来の方法の場合では、サブタンク16に接続されかつキャリッジの移動に伴い移動するチューブの本数が2倍になるので、装置が大型化してしまうと共に、チューブがかさばり、引き回しが困難化になり、更に、コストが上昇するなどの問題があった。 [0060] In the case of the conventional method, since the number of tubes to be moved with the movement of the connected and the carriage in the sub-tank 16 is doubled, devices with becomes large, the tube is bulky, the routing difficulties of will, furthermore, there has been a problem such as cost increases.

【0061】しかし、本実施の形態においては、サブタンク16内の圧力を制御することで、空気量を制御するために、チューブはサブタンク16毎に1本で良く、チューブ引き回しをコンパクト化できる。 [0061] However, in the present embodiment, by controlling the pressure in the sub tank 16, in order to control the amount of air, the tube may be the one in each of the sub-tank 16, it can be made compact tube routing. また、サブタンク16は単なる密閉の容器なので、フィルムダンパに比べて、製造コストが安く、個々の製造バラツキがダンパ性能に影響を与えることもない。 Further, since the sub tank 16 is a container just closed, as compared with the film damper, low manufacturing costs, individual manufacturing variations nor affect the damper performance.

【0062】以上の説明から、本実施の形態を採用することで、信頼性が高く、かつ低コストなインク供給方法およびインクジェット記録装置を実現できる。 [0062] From the above description, by adopting the present embodiment, high reliability, and can realize a low-cost ink supplying method and an ink jet recording apparatus.

【0063】なお、サブタンク16内の空気量を、サブタンク16及びインク供給管内に圧力変動が生じても記録ヘッド14へのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動によりサブタンク16内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下としているので、サブタンク16内の空気量を適正な量に安定して維持することができる。 [0063] Incidentally, the amount of air in the sub tank 16, the pressure fluctuation in the sub tank 16 and the ink supply pipe is predetermined becomes more than the upper limit of the allowable range where the ink supply pressure to the recording head 14 is predetermined occurred at least as large as the lower limit, and can be maintained since the upper limit value or less in the sub tank 16 is a predetermined not an ink empty state by ambient environmental change, the amount of air in the sub tank 16 stably to an appropriate amount .

【0064】 [0064]

【発明の効果】以上説明したように本発明は、インク供給管をインクの供給の他にサブタンク内の空気量の制御のためにも兼用することができ、インクジェット記録装置を簡易な構成にすることができる、という効果を有する。 The present invention described above, according to the present invention, the ink supply pipe can also be used also for controlling the amount of air in the sub tank to the other ink supply, the ink jet recording apparatus in a simple configuration It may have the effect that.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置の概略構成図である。 1 is a schematic view of an ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図2】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量の制御方法の1部を説明する図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a portion of a control method of an air amount in the sub-tank of the ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図3】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量の制御方法の残りの1部を説明する図である。 3 is a diagram for explaining a remaining part of the control method of the air volume in the sub tank of the ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図4】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量の制御方法の残りを説明する図である。 It is a diagram for explaining a remaining air quantity control method of FIG. 4 in the sub-tank of the ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図5】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置の制御系のブロック図である。 5 is a block diagram of a control system of the ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図6】 本実施の形態に係るインクインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量を調整する空気量調整処理ルーチンを示したフローチャートである。 6 is a flowchart showing an air amount adjustment routine that adjusts the amount of air in the sub tank of the ink jet recording apparatus according to the present embodiment.

【図7】 連続吸引ポンプの駆動時間を説明する説明図である。 7 is an explanatory diagram for explaining a driving time of continuous suction pump.

【図8】 バブルポイント圧力を説明する説明図である。 FIG. 8 is an explanatory diagram for explaining the bubble point pressure.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

12 メインインクタンク(メインタンク) 16 サブタンク 18 インク供給チューブ(インク供給管) 14 記録ヘッド 32 キャップ(密閉空間形成キャップ) 30 連続吸引ポンプ(吸引ポンプ) 24 第1の弁(弁) 26 第2の弁 12 main ink tank (main tank) 16 sub-tank 18 ink supply tube (ink supply tube) 14 recording heads 32 capped (sealed space formed cap) 30 Continuous suction pump (suction pump) 24 first valve (valve) 26 second valve

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 磯崎 準 神奈川県海老名市本郷2274番地 富士ゼロ ックス株式会社海老名事業所内 (72)発明者 曽我 光英 神奈川県海老名市本郷2274番地 富士ゼロ ックス株式会社海老名事業所内 (72)発明者 吉田 淳一 神奈川県海老名市本郷2274番地 富士ゼロ ックス株式会社海老名事業所内 (72)発明者 藤井 克幸 神奈川県海老名市本郷2274番地 富士ゼロ ックス株式会社海老名事業所内 (72)発明者 今関 敦道 神奈川県海老名市本郷2274番地 富士ゼロ ックス株式会社海老名事業所内 Fターム(参考) 2C056 EA26 EC15 EC18 EC36 FA10 JA13 KB04 KB08 KB25 KB37 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Isozaki quasi Ebina, Kanagawa Prefecture Hongo 2274 address Fuji zero box Co., Ltd. Ebina house (72) inventor Soga Ebina, Kanagawa Prefecture Hongo Mitsuhide 2274 address Fuji zero box Co., Ltd. Ebina house (72) inventor Junichi Yoshida Ebina, Kanagawa Prefecture Hongo 2274 address Fuji zero box Co., Ltd. Ebina house (72) inventor Katsuyuki Fujii Ebina, Kanagawa Prefecture Hongo 2274 address Fuji zero box Co., Ltd. Ebina house (72) inventor Imazeki Atsushimichi Ebina, Kanagawa Prefecture Hongo 2274 address Fuji zero box Co., Ltd. Ebina house F-term (reference) 2C056 EA26 EC15 EC18 EC36 FA10 JA13 KB04 KB08 KB25 KB37

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 インクを収納するメインタンクと、 移動する記録ヘッドにインクを供給可能なように接続されたサブタンクと、 前記メインタンクと前記サブタンクとを連結するインク供給管と、 前記サブタンク内の圧力を制御することにより、前記インク供給管を介してインクを移動させて、前記サブタンク内の空気量を制御する制御手段と、 を備えたインクジェット記録装置。 A main tank for storing a 1. A ink, and the sub-tank which is connected to allow supply of ink to a moving recording head, an ink supply tube for connecting the said main tank subtank, in the sub-tank by controlling the pressure, the ink through the supply tube to move the ink jet recording apparatus provided with a control means for controlling the air amount, the in the sub-tank.
  2. 【請求項2】 前記制御手段は、前記サブタンク内の空気量が、前記サブタンク及び前記インク供給管内に圧力変動が生じても記録ヘッドへのインク供給圧力が予め定めた許容範囲の上限値以下となる予め定められた下限値以上で、かつ、周囲環境変動により前記サブタンク内がインク空状態とならない予め定められた上限値以下となるように、前記サブタンク内の圧力を制御することを特徴とする請求項1記載のインクジェット記録装置。 Wherein said control means, the air amount in the sub tank, and below the upper limit value of the allowable range pressure variations in said sub tank and the ink supply pipe ink supply pressure to be recording head occurs is predetermined at a predetermined lower limit value or more composed and, as a upper limit value or less in the sub-tank is a predetermined not an ink empty state by ambient environmental change, and controlling the pressure in the sub tank an ink jet recording apparatus according to claim 1.
  3. 【請求項3】 前記制御手段は、 インク供給管に設けられた弁と、 前記記録ヘッドを介してサブタンク内を吸引する吸引手段と、 を備えた請求項1又は請求項2記載のインクジェット記録装置。 Wherein said control means includes a valve provided in the ink supply tube, wherein a suction means for sucking the inside of the sub tank via the recording head, the ink jet recording apparatus according to claim 1 or claim 2, wherein with a .
  4. 【請求項4】 前記吸引手段は、 前記記録ヘッドのインク吐出部に密閉空間を形成する密閉空間形成キャップと、 前記密閉空間に負圧を発生させて、前記記録ヘッドを介してサブタンク内を吸引する吸引ポンプと、 を備えた請求項3記載のインクジェット記録装置。 Wherein said suction means comprises suction a closed space forming cap for forming a sealed space on the ink ejection portion of the recording head, negative pressure is generated in the enclosed space, the sub tank via the recording head a suction pump, the ink jet recording apparatus according to claim 3, further comprising a.
  5. 【請求項5】 前記吸引手段は、前記弁が閉じられた状態で、前記記録ヘッドを介してサブタンク内を予め定められた時間吸引することを特徴とする請求項3又は請求項4記載のインクジェット記録装置。 Wherein said suction means is in a state where the valve is closed, the ink jet according to claim 3 or claim 4, wherein the aspirating predetermined time sub tank via the recording head recording device.
  6. 【請求項6】 インクを収納するメインタンクと、 移動する記録ヘッドにインクを供給可能なように接続されたサブタンクと、 前記メインタンクと前記サブタンクとを連結するインク供給管と、 前記インク供給管に設けられた弁と、 を備えたインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量制御方法であって、 前記弁を閉じ、 前記記録ヘッドを介してサブタンク内を予め定められた時間吸引し、 前記弁を開く、 ことを特徴とするインクジェット記録装置のサブタンク内の空気量制御方法。 A main tank for containing the 6. ink, and the sub-tank which is connected to allow supply ink to the recording head moves, the ink supply tube for connecting the sub-tank and the main tank, said ink supply tube a valve provided, an air amount control method in the sub-tank of an ink jet recording apparatus having a by a, closing the valve, with suction predetermined time sub tank via the recording head, the valve open air amount control method in the sub-tank of an ink jet recording apparatus characterized by.
JP1904399A 1999-01-27 1999-01-27 Ink jet recorder Pending JP2000211156A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1904399A JP2000211156A (en) 1999-01-27 1999-01-27 Ink jet recorder

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1904399A JP2000211156A (en) 1999-01-27 1999-01-27 Ink jet recorder

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000211156A true JP2000211156A (en) 2000-08-02

Family

ID=11988407

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1904399A Pending JP2000211156A (en) 1999-01-27 1999-01-27 Ink jet recorder

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000211156A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009528184A (en) * 2006-03-03 2009-08-06 シルバーブルック リサーチ ピーティワイ リミテッド Printer with active fluid architecture

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009528184A (en) * 2006-03-03 2009-08-06 シルバーブルック リサーチ ピーティワイ リミテッド Printer with active fluid architecture

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE69532564T2 (en) An ink tank and ink supply apparatus for use in an ink jet printer
CN101124094B (en) Ink circulation system and inkjet printing apparatus including same
US5367328A (en) Automatic ink refill system for disposable ink jet cartridges
CN1114530C (en) Ink cartridge of ink-jet printer
AU2007219700B2 (en) Printer with active fluidic architecture
US7004574B2 (en) Ink delivery system including a pulsation dampener
CN100341705C (en) Liquid container, liquid supply device and recording device
JP5085249B2 (en) Ink supply mechanism
US6976753B2 (en) Liquid container and ink jet printing apparatus
US6481837B1 (en) Ink delivery system
US6854836B2 (en) Liquid container, liquid supply system, liquid using apparatus, ink tank, ink supply system, inkjet print head and print apparatus
DE60224960T2 (en) System and method for feeding ink into an ink jet printing apparatus
JP2005219483A (en) Device for continuously feeding ink under constant pressure
US5691753A (en) Valving connector and ink handling system for thermal ink-jet printbar
US6267474B1 (en) Ink-jet recording device ink filling method and ink supply method
CN101209623B (en) Ink jet recording apparatus, ink supplying mechanism and ink jet recording method
TWI260273B (en) Liquid supply system, fluid communicating structure, ink supply system, and inkjet recording head utilizing the fluid communicating structure
US6213598B1 (en) Pressure control device
US6652080B2 (en) Re-circulating fluid delivery system
JP2929804B2 (en) The ink supply mechanism of an ink jet printer
CN1281417C (en) Liquid container, liquid using device, recording device and ink-jet box
JP3801003B2 (en) Liquid supply system, ink jet recording head, and liquid filling method
US7172272B2 (en) Systems and methods for vent path leakage prevention
JP3911570B2 (en) Pressure controlled ink transport system
JP4272837B2 (en) Pressure adjusting chamber, ink jet recording head having the same, and ink jet recording apparatus using the same

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20041019

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041026

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050308