JP2000199307A - 軒 樋 - Google Patents

軒 樋

Info

Publication number
JP2000199307A
JP2000199307A JP10377604A JP37760498A JP2000199307A JP 2000199307 A JP2000199307 A JP 2000199307A JP 10377604 A JP10377604 A JP 10377604A JP 37760498 A JP37760498 A JP 37760498A JP 2000199307 A JP2000199307 A JP 2000199307A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
eaves gutter
plate
eaves
joint
face plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10377604A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinichi Shimoyama
真一 下山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tanita Housingware Co Ltd
Original Assignee
Tanita Housingware Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tanita Housingware Co Ltd filed Critical Tanita Housingware Co Ltd
Priority to JP10377604A priority Critical patent/JP2000199307A/ja
Publication of JP2000199307A publication Critical patent/JP2000199307A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】近年住宅の洋風化に伴い建物の外観意匠が重要
視され、従来の受金具や吊金具などを用いた軒樋は鼻隠
し板との間に隙間を生ずるものであった。この隙間が生
ずると外観に問題があり、また金具を使用して軒樋を施
工することは作業にも手間が掛かり、コストも要するも
のであった。 【解決手段】上記課題を解決するために本願に係る軒樋
は、従来の吊金具などを使用しないで軒樋が直接鼻隠し
板に当接するように施工するものである。そのため始め
に軒樋の継手を直接鼻隠し板に固定し、その継手に軒樋
を裁置して施工するものである。このため従来のように
軒樋と鼻隠し板との間に隙間を生ずることもなく、施工
後の外観も良好となるものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は屋根の軒先部分に設置す
る軒樋に関するものである。
【0002】
【従来の技術】本発明の対象である軒樋は、屋根の軒先
に施工する軒樋であり、従来の取付け金具などを必要と
しない新規なものに関する。
【0003】従来より住宅の屋根の軒先には、受金具あ
るいは吊金具などを取り付けて軒樋を施工しており、屋
根の先端下部の雨水が落下する部分に軒樋を施工するも
のであった。このような施工方法は軒先と軒樋との間に
隙間ができるのが普通であり、また軒樋は上部が開口し
ており、上部から落葉やゴミなどが軒樋内部に溜って雨
水の流れを阻害することもあった。
【0004】また近年では都市部を中心とする住宅では
近隣とのスペースがとれないため、室内を広くとるため
に軒先の出が少なくなってきており、場合によっては軒
先の出がほとんどないような形状の建物も建てられてい
る。
【0005】これらの建物は洋風のデザインのものが多
く、従来の金具で施工する軒樋では意匠的にも限定され
十分なものとは言えず、また金具を用いて施工するため
施工に手間が掛かったり、コスト的にも高いものとなっ
ていた。このためには、屋根の軒先端部に直接取付けら
れて容易に施工でき、また軒樋が建物の外観にあまり影
響を与えないような構造のものが必要となる。
【0006】また屋根から雨水と一緒に流下して来る落
葉やゴミは樋の詰まりの原因となり、これを防ぐには落
葉などが容易に軒樋内部に侵入しないことも重要であ
り、そのような条件を満たす軒樋が要望されていた。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】このように従来よりの
軒樋では、軒先に施工した吊金具や受け金具などの取付
け金具に軒樋を施工していたため、鼻隠し板と軒樋との
間に隙間を生じ、この隙間は洋風の建物などの外観にそ
ぐわないことが多かった。この軒樋と鼻隠し板の隙間を
塞ぐように、板状の閉鎖板を取り付ける構造のものも知
られているが、これらは実際の施工に手間が掛かり、コ
ストも上がってしまうものであった。
【0008】また従来は取り付け金具を使用して軒樋を
施工するため、その金具の取付け位置の設定や調整した
りするのは、作業に時間が掛かるものであった。
【0009】
【課題を解決するための手段】このような条件を満たす
ため、本発明に係る軒樋は屋根の軒先の先端部分の鼻隠
し板などに直接軒樋の継手を固定し、その継手に軒樋を
裁置して施工する構造としたものであり、その軒樋の継
手の取り付けも簡単に施工できる構造としたものであ
る。また軒樋上部の開口部分は落水孔を多数窄設した被
閉板にて被閉され、この被閉板に傾斜をつけて配置し、
またその上部には段差部を設けてなるものである。
【0010】すなわち始めに鼻隠し板の所定の位置に軒
樋継手を鼻隠し板に施工固定し、この継手に軒樋を裁置
するようにして施工するものである。また上部の被閉板
に溜った落葉やゴミなどは、小さいものは雨水と共に流
下してしまい、大きなものは風などで飛散し地上に落下
するものである。
【0011】
【作用】このように本発明に係る軒樋は、継手を介して
軒先の鼻隠し板に直接施工され、軒樋の背面は鼻隠し板
などに当接して施工されるため隙間なども発生せず、施
工後の外観が良好で建物の意匠を損なうことがないもの
となる。また施工に際し、継手を鼻隠し板に直接固定す
るため、従来のような取付け金具を必要とせず作業も迅
速に行え、またコスト的にも有利となる。軒樋の上部に
はスリット状の落水孔を有した被閉板が取り付けられて
いるため、雨水と共に流れて来る落葉やゴミなどが軒樋
内部に侵入することも少なく、施工後のメンテナンスが
ほとんど不要となるものである。
【0012】また被閉する傾斜板の上部に段差部分を設
けることにより、流下してくる雨水の流速を弱めるた
め、雨水が傾斜板の上を走って前方に飛び出ることもな
く確実に本体内部に流下できるものとなる。また実験に
よれば落葉等が被閉板の上に溜ったときには、自然の風
によって段差部にぶつかったり乱流を起こして容易に飛
散できるものである。
【0013】
【実施例】以下、本発明を添付図面に示した実施例によ
り詳説する。図1は本発明に係る軒樋Dを屋根Aの先端
に施工した時の斜視図を示し、図2と軒樋Dを正面から
みた時の斜視図であり、図3は継手の斜視図である。
【0014】軒樋Dは0.6mmないし0.8mmの鋼
板あるいは亜鉛アルミメッキ鋼板などを折曲して成形さ
れ、角形の本体1とその上部を被閉する被閉板2より構
成されている。この成形する材料種類、厚さや長さは成
形する軒樋の大きさなどにより決って来るもので、特に
この実施例に限定されるものではない。
【0015】図1において屋根板Aとして一文字葺屋根
材が施工されており、その下面にはルーフィングシート
Hと野地板Bが施工されている。野地板BはタルキFに
固定され、タルキFの軒先側の先端には鼻隠し板Cが取
り付けられている。この鼻隠し板Fは規格品となってお
り、通常は150mmあるいは180mm程度のものが
多く施工されている。
【0016】軒樋Dは雨水を流す本体の背面部分を、継
手4を介して鼻隠し板Cに当接して施工され、軒樋の上
部には屋根の先端が位置して施工されている。
【0017】軒樋Dは本体1と被閉板2より構成され
(図2)、本体1は底板11正面板12および背面板1
3により略角形に折曲して成形され、正面板12の中間
部分には補強と意匠の関係で段差部分が平行して形成さ
れている。また背面板13の上端部は被閉板2の後端に
形成された係合片25により包持して接続されている。
【0018】被閉板2は正面板12の上端を軒先側であ
る後方に折曲して形成したものであるが、正面板12の
上方を後方に折り返して下方に突出した曲成部24を成
形して、次に上方に35度程度の勾配を着けて傾斜板2
1を延設する。この傾斜板24の軒先側の端縁には下方
に向かって開口した係合片25が折曲形成されている。
【0019】また傾斜板21の低くなった曲成部24付
近にはスリット状の落水孔22が一定間隔に多数設けら
れており、スリット状の落水孔22は幅4mm長さ35
mm程度としてあるが、その細長形状が軒樋の長手方向
と平行となっている。この落水孔22の周囲には縁部2
3が周設されており、下方に落水させる雨水の流れをス
ムースにしている。本実施例では落水孔22は軒樋Dと
平行に二列に形成されているが、この数や大きさは特に
限定されるものではない。
【0020】軒樋Dはこのように形成され、施工する際
には図1に示すように本体1の底板11は軒天板Eの下
面側と同一面位置になるように設置され、施工したとき
に軒樋Dと軒天板Eとを連続させて外観の向上を図って
いる。また前述したように鼻隠し板Cの上下方向の幅は
規格で定まっており、軒樋の上下方向の幅はそれに適し
た寸法に合わせればよい。
【0021】この軒樋Dを施工するには継手4に裁置す
るが、継手4は断面が略軒樋D外周に密接する形状に成
形され、底面板43の前方から正面板41が立設され、
後方からは背面板44が立設されている。正面板41の
中間部分には軒樋Dと同様に段差部を有し、上端は軒樋
Dの内方二折曲された折返し42が形成されている。
【0022】また背面板44の上端は内方に略L字状に
折曲した係合板48が形成され、この係合板48は軒樋
Dの係合片25を固定するものである。背面板44の両
側端には鼻隠し板C方向に突出した段差部45を介し
て、固定孔47を二箇所窄設した固定片46が折曲さ
れ、この固定片46を鼻隠し板Cにネジ49を使用して
固着するものである。段差部45は施工した軒樋Dをス
ライドさせるときなどに有効なものであるが、その高さ
は1mmないし3mm程度が良好であるが設計上の適宜
な高さでよい。
【0023】軒樋Dを施工する際には、予め鼻隠し板C
に継手4を所定の位置に施工しておくが、その間隔は通
常900mmないし1200mm間隔などが適当である
が、軒樋Dの長さや、屋根勾配や積雪の状態などによっ
て変え得るものである。
【0024】図4図5において、軒樋本体1と継手4を
接続した上部には屋根板Aを施工するために水切り板3
を施工する。この水切り板3は図5において屋根の野地
板Bにネジ38などによって固着施工し、本体31の棟
側に固定孔37が窄設され上端縁を上面側に折り返して
水切り用の折返し32が折曲されている。
【0025】本体31の軒先側の端縁は、裏面側に折り
返されて突出部33が形成され、更に下方に垂下片34
が設けられ更に前方に固定片36が延設され、この突出
部33は屋根材Aの端部を係合させる。また段差部分の
上部に前方に突出されているため機械的な強度が得ら
れ、積雪の上部からの荷重から軒樋を保護することがで
き、端部の変形を防ぐこともできると共に施工後の外観
も良好なものである。この固定片36の中間部分には段
差部35が形成され、上部から流下して来る雨水の流速
を弱める働きをし、段差部35の下段部分には固定孔3
7が設けられてネジ39aによって軒樋Dの傾斜板21
に固定される。
【0026】施工に際しては図5の断面図に示す如く、
軒先の端部の鼻隠し板Cに継手4をネジ49にて固着す
るが、この継手4の上下方向の位置は継手4の上端が野
地板Bの下端位に合わせればよい。この位置は水切り板
3の垂下片34の長さによっても異なるが、図示例の目
安としては野地板Bの下面側に当接する程度の位置とな
っており、多少のずれがあっても性能に与える影響は少
ない構造である。継手4の施工する間隔は通常は900
mmないし1200mm程度であるが、建物の条件など
に合わせて適宜に施工すればよい。
【0027】このように継手4を鼻隠し板Cに施工した
あと、軒樋Dを上方から乗せるように裁置して施工する
が、この時軒樋4の端縁が継手4の中央に位置するよう
に長さを調整しておく。この軒樋Dの端部を継手4中央
部分に位置させる、軒樋Dの端部の外周面にシリコンな
どのシール材を塗布しておけば継手4部分からの水漏れ
等は防止できるものである。
【0028】このように軒樋の施工が完了した後に、屋
根の野地板Bにネジ38にて水切り板3を施工するが、
この位置は野地板Bの前端縁あるいは係合板48より垂
下片34が前方に位置すれば施工できるものとなる。そ
して水切り板3の固定片36を、ネジ39aにて傾斜板
21に固定すれば軒樋Dの施工は完成する。
【0029】この後屋根材を軒先から順次棟方向に向か
って施工することになるが、一文字葺屋根材の場合には
屋根材Aの先端部分を水切り板3の突出部33に係合
し、通常の吊子等を用いて屋根面に施工すれば完成す
る。(図5)
【0030】
【発明の効果】上記したように本発明に係る軒樋は、継
手を介して屋根の軒先の鼻隠し板などに直接施工され、
軒樋の背面は鼻隠し板などに当接して施工されるため、
従来にない種々の利点を有するものである。
【0031】1.軒先に直接取り付けるため施工後の外
観が良好で、建物の外観意匠を損なうことがない。 2.施工に際し鼻隠し板に直接固定するため、従来よう
に取付け金具を必要とせず、継手を直接鼻隠し板に固定
して施工するため作業も迅速に行え、またコスト的にも
有利である。 3.上部にスリット状の落水孔を有した被閉板が取り付
けられているため、落葉やゴミなどが軒樋内部に侵入す
ることもなく、施工後のメンテナンスがほとんど不要で
あり、この上部に溜った落葉などは乾燥することによ
り、風などで容易に飛散するものである。 4.被閉板に段差部を形成することにより屋根から流下
する雨水の勢いが緩和され、前方に飛び出すこともなく
確実に軒樋内部に排水できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】は本発明に係る実施例である軒樋を屋根先端に
施工したときの一部を切り欠いたときの斜視図、
【図2】は同上の軒樋の正面方向からの斜視図、
【図3】は継手の背面方向からの斜視図、
【図4】は同上の軒樋と継手と水切り板の斜視図、
【図5】は本発明による軒樋を施工したときの側面断面
図、 A・・・屋根板 B・・・野地板 C・・・鼻隠し板 D・・・軒樋 E・・・軒天板 F・・・タルキ G・・・壁板 H・・・シート 1・・・本体 11・・底板 12・・正面板 13・・背面板 2・・・被閉板 21・・傾斜板 22・・落水孔 23・・縁部 24・・曲成部 25・・係合片 3・・・水切板 31・・本体 32・・折返し 33・・突出部 34・・垂下片 35・・段差部 36・・固定片 37・・固定孔 38・・ネジ 39・・固着孔 39a・ネジ 4・・・継手 41・・正面板 42・・折返し 43・・底面板 44・・背面板 45・・段差部 46・・固定片 47・・固定孔 48・・係合板 49・・ネジ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】屋根軒先部の鼻隠し板に施工され、上部に
    落水孔を有する被閉板を設けてなる軒樋において、予め
    軒樋継手の背面を鼻隠し板に当接し、該継手に上記軒樋
    を裁置固定してなる軒樋。
JP10377604A 1998-12-28 1998-12-28 軒 樋 Pending JP2000199307A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10377604A JP2000199307A (ja) 1998-12-28 1998-12-28 軒 樋

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10377604A JP2000199307A (ja) 1998-12-28 1998-12-28 軒 樋

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000199307A true JP2000199307A (ja) 2000-07-18

Family

ID=18509000

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10377604A Pending JP2000199307A (ja) 1998-12-28 1998-12-28 軒 樋

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000199307A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002162164A (ja) * 2000-11-22 2002-06-07 Masami Takagi 乾燥装置
JP2019007253A (ja) * 2017-06-27 2019-01-17 元旦ビューティ工業株式会社 軒先唐草、及びそれを用いた軒先構造

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002162164A (ja) * 2000-11-22 2002-06-07 Masami Takagi 乾燥装置
JP4502348B2 (ja) * 2000-11-22 2010-07-14 正巳 高木 乾燥装置
JP2019007253A (ja) * 2017-06-27 2019-01-17 元旦ビューティ工業株式会社 軒先唐草、及びそれを用いた軒先構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7730672B2 (en) Integrated debris-shielding cover, flashing & mounting system for rain gutter
US5271191A (en) Gutter shield and support
US7117643B2 (en) Covered rain gutter
US7117642B2 (en) End cap for rain gutters
US6584733B2 (en) Internal corner roof gutters
US7007429B2 (en) Vertical downspouts for gutter system
US20140318031A1 (en) Low-profile rain gutter screen
US5332332A (en) Rain gutter
JP2000199307A (ja) 軒 樋
JPH07305463A (ja) 軒先構造
JPH10266476A (ja) 軒先屋根材
US20040083657A1 (en) Gutter and cover system
JP2000064528A (ja) 軒 樋
KR200373039Y1 (ko) 함석지붕용 빗물받이
JPH0996061A (ja) 樋装置
JP3277938B2 (ja) 屋根パネルユニット
JP2003155785A (ja) 軒先水切りカバー板及び軒先の水切り構造
JP2002188252A (ja) 雨 樋
JP2005220560A (ja) 庇構造及び庇部材
JPH05156763A (ja) 二重式軒樋構造
JP2000328735A (ja) 軒樋の被閉板
JP2000310016A (ja) 軒 樋
JPH0842084A (ja) 軒 樋
AU669285B2 (en) A roof gutter
JP2009091798A (ja) 軒先水切り構造