JP2000190682A - Writing device - Google Patents

Writing device

Info

Publication number
JP2000190682A
JP2000190682A JP10367718A JP36771898A JP2000190682A JP 2000190682 A JP2000190682 A JP 2000190682A JP 10367718 A JP10367718 A JP 10367718A JP 36771898 A JP36771898 A JP 36771898A JP 2000190682 A JP2000190682 A JP 2000190682A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
color
means
ink
writing
registered
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10367718A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kimiyuki Hayashizaki
Kazunobu Sugitani
Sohei Tanaka
和宣 杉谷
公之 林崎
壮平 田中
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP10367718A priority Critical patent/JP2000190682A/en
Publication of JP2000190682A publication Critical patent/JP2000190682A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a writing device for easily providing desired colors and reproducing the same colors. SOLUTION: A three-color ink tank 23 is disposed in a main body of a writing instrument, and respective inks are jetted out of ink nozzles 24 and mixed all together and also jetted by a ball 21 on the end of a writing instrument to draw on a paper. The jet amount of respective colors of ink is controlled based on color codes registered preliminarily to control the ratio of colors to be mixed, and desired colors can be jetted out selectively. Also registered color information is displayed by the color codes and names to select and reproduce desired colors. The desired colors can be registered easily by reading the desired colors in the writing device by using a color pallet or the like.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、複数のインクを用いて筆記する筆記装置に関する。 The present invention relates to relates to a writing device for writing using a plurality of inks.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、例えばボールペン等の筆記具では、複数の色のインクを利用できるものがあった。 Conventionally, for example, in the writing instrument of ballpoint pen or the like, there is what is available a plurality of colors of ink. しかし、このような筆記具は、単色の芯を交互に入れ替えて使用するものであるため、インクを混色させて筆記することはできなかった。 However, such writing instrument, because it is intended to used interchangeably monochromatic core alternately, could not be written by mixing the ink.

【0003】一方、絵筆を用いて油絵や水彩を描く場合、複数色の絵の具を混ぜて使用するのが普通であるが、所望の色をその都度作らなくてはならず、一旦作った色を再度作るのは技術と時間が必要で、簡単かつ迅速に作るのは難しかった。 [0003] On the other hand, if you draw the oil painting and watercolor by using a paintbrush, but it is common to mix and match multiple colors of paint, not only it is not made each time the desired color, once made was the color make again is a need in the art and time, make easily and quickly was difficult.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】上述のように従来の筆記具では、所望の色を得ることが困難であり、また、一旦は所望の色を得たとしても、その後、同じ色を再現することは容易でなかった。 [0005] In the conventional writing instrument as described above, it is difficult to obtain a desired color, also, even once to give the desired color, then to reproduce the same color It was not easy.

【0005】そこで本発明は、所望の色を容易に得ることができ、また同じ色を再現することが容易な筆記装置を提供することを目的とする。 [0005] The present invention can be easily obtained the desired color, also aims to provide a is easy writing apparatus to reproduce the same color.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】本発明の請求項1は、少なくとも2色のインクを格納するインク格納手段と、前記各インクの色を混合させるインク混合手段と、色を登録する色登録手段と、前記色登録手段により登録された色を筆記の際に選択する色選択手段と、前記色選択手段により選択された色に基づいて前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させるインク吐出手段とを有することを特徴とする。 Claims, there is provided a solution for the present invention 1 includes an ink storing means for storing the inks of at least two colors, and the ink mixing means for mixing the color of each ink, the color registration means for registering the color When the color selection means for selecting a color registered by the color registration means during writing, the ink is ejected by mixing by the ink mixing means each of said ink based on the color selected by the color selection means and having a discharge means.

【0007】また本発明の請求項2は、請求項1において、前記色登録手段に登録される色は、前記複数のインクの混合した色、もしくはそれ以外の色であることを特徴とする。 [0007] Claim 2 of the present invention, in claim 1, the color registered in the color registration means, characterized in that it is a mixed color or other colors, the plurality of ink.

【0008】また本発明の請求項3は、少なくとも2色のインクを格納するインク格納手段と、前記各インクの色を混合させるインク混合手段と、前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させるインク吐出手段と、被筆記媒体に摺接して作動し、前記インク吐出手段によって吐出されたインクを前記被筆記媒体上に供給する供給手段と、前記供給手段の作動状態を検知する検知手段と、前記インク吐出手段によって吐出するインクの色を変更する色変更手段と、前記検知手段の検知状態に応じて、前記色変更手段を制御する制御手段とを有することを特徴とする。 [0008] Claim 3 of the present invention includes an ink storage means for storing at least two color inks, the ink mixing means for mixing the color of each ink, the by mixing the respective ink the ink mixing means an ink ejecting means for ejecting, operated in sliding contact with the writing medium, the ink supply means for supplying on the object writing medium discharged by said ink ejection means, detecting means for detecting the operating state of said supply means When a color changing means for changing the color of the ink ejected by said ink ejection means in accordance with the detection state of the detection means, and having a control means for controlling the color changing means.

【0009】また本発明の請求項4は、請求項3において、前記供給手段は、被筆記媒体の摺接部に回転自在に設けられたボールであり、前記検知手段は、前記ボールの回転量を検知する手段であることを特徴とする。 [0009] Claim 4 of the present invention, in claim 3, wherein the supply means is a ball rotatably provided on the sliding contact portion of the writing medium, said detecting means, the rotation amount of the ball characterized in that it is a means for detecting.

【0010】また本発明の請求項5は、請求項3、4において、色を登録する色登録手段と、前記色登録手段により登録された色を筆記の際に選択する色選択手段とを有し、前記インク吐出手段は、前記色選択手段により選択された色に基づいて前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させることを特徴とする。 [0010] Claim 5 of the present invention is used, the number in claim 3, 4, and color registration means for registering the color, and a color selection means for selecting a color registered by the color registration means upon writing and the ink discharge means, characterized in the each ink on the basis of the color selected by the color selection means be ejected by mixing by the ink mixing means.

【0011】また本発明の請求項6は、請求項5において、前記色登録手段で登録された色を補正する色補正手段を有することを特徴とする。 [0011] Claim 6 of the present invention, in claim 5, characterized in that it has a color correction means for correcting the color registered in the color registration unit. また本発明の請求項7 The seventh aspect of the present invention
は、請求項6において、前記補正手段により補正された色を前記登録手段により再登録することを特徴とする。 , In claim 6, characterized in that to re-register corrected color by the correction means by the registering means.

【0012】また本発明の請求項8は、請求項1、2、 [0012] Claim 8 of the present invention is also Claim 1,
5〜7において、前記色登録手段に登録する色の種類は複数であることを特徴とする。 In 5-7, the kind of color to be registered in the color registration means be a plurality. また本発明の請求項9 The ninth aspect of the present invention
は、請求項1、2、5〜8において、前記インク吐出手段と前記色選択手段は互いに独立して動作することを特徴とする。 In that in Claim 1,2,5~8, said color selecting means and said ink ejection means is characterized in that operate independently of each other. また本発明の請求項10は、請求項1、2、 The claim 10 of the present invention, according to claim 1,
5〜9において、前記色登録手段に登録した色を確認するための表示手段を有することを特徴とする。 In 5-9, characterized in that it has a display means for confirming the color registered in the color registration unit.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態および実施例】図1は、本発明の第1実施例による筆記装置の制御系の構成を示すブロック図である。 [Embodiment and Examples of the Invention Fig. 1 is a block diagram showing a configuration of a control system of the writing device according to a first embodiment of the present invention.

【0014】CPU(中央処理装置)1は、以下に示す本筆記装置の各部とバスライン(BL)6を通じて接続され、その制御を行う。 [0014] CPU (Central Processing Unit) 1 is connected via each unit and the bus line (BL) 6 of the writing apparatus described below, performs its control. スイッチ群(SW)2は、電源スイッチ(SW1)2aの他、各種制御を指示し実行させるための制御スイッチ(SW2)2b、および制御スイッチ(SW3)2cを備えている。 Switches (SW) 2 is another power switch (SW1) 2a, and a control switch (SW2) 2b, and a control switch (SW3) 2c, for which instructs various control execution.

【0015】表示器(DISP)3は、制御結果等の文字を後述するフォントパターンから取り出して表示させる。 The display (DISP) 3 displays a character such as a control result by taking out from the font pattern which will be described later. ボールセンサ(BSEN)4は、本筆記装置が紙(被筆記媒体)の上を走っているか否か検知するためのセンサである。 Ball sensor (BSEN) 4 is a sensor for the writing device detects whether running over the paper (the writing medium). ヘッド(HEAD)5は、後述するインクタンクおよびインクノズル等からなり、インクを吐出して筆記を行うものである。 Head (HEAD) 5 is made from the ink tank and the ink nozzle and the like to be described later, and performs writing by discharging ink.

【0016】ROM7は、読み出し専用メモリとして機能するものであり、本筆記装置全体の制御を実行するためのプログラム(PRG)7aと、文字、記号等のフォントパターン(FONT)7bを記憶している。 [0016] ROM7, which functions as a read-only memory, and stores a program (PRG) 7a for performing control of the entire writing apparatus, a character, a font pattern (FONT) 7b of the symbols, .

【0017】RAM8は、書き込み可能メモリとして機能するものであり、文字情報や色情報を記憶したり、プログラム実行時の一時的作業領域および退避領域として使用される。 [0017] RAM8, which functions as a writable memory, and stores the character information and color information is used as a temporary work area and save area during program execution. 内部はいくつかの領域に分割される。 Interior is divided into several areas.

【0018】まず、ワークエリア(WORK)8aは、 [0018] First of all, the work area (WORK) 8a is,
上述したプログラムを動作させるために一時的に使用するためのエリアである。 An area for temporarily used to operate the program described above. また、色格納領域(COL)8 The color storage area (COL) 8
b〜8fは、それぞれ色情報を格納するエリアである。 b~8f is an area for storing the color information, respectively.
各々に番号が付してあり、COL1からCOL5まである。 Each number are denoted, from COL1 to COL5. また、番号領域(N)8gは、登録番号を記憶するためのエリアである。 Also, number area (N) 8 g is an area for storing registration number.

【0019】レシーバ(REC)9は、色情報を取り込むためのものである。 [0019] Receiver (REC) 9 is for capturing color information. 取り込み方法には様々な方法があるが、後に詳述する。 The incorporation method There are a variety of methods, but will be described in detail later.

【0020】図2は、本実施例における筆記装置の用紙との摺接部の構造を示す断面図であり、図3は、本実施例における筆記装置の全体を示す外観斜視図である。 [0020] Figure 2 is a sectional view showing the structure of a sliding contact portion between the paper of the writing device in the present embodiment, FIG. 3 is an external perspective view showing the overall writing apparatus in this embodiment.

【0021】ボール21(インク供給手段)は、筆記装置の先端に設けられる摺接部に回転自在に嵌合保持されており、このボール21が用紙と摺接して回転することにより、インクを外へ流し出し、用紙の面上に供給するものである。 The balls 21 (ink supply unit) is rotatably fitted and held in sliding contact portion provided at the tip of the writing device, by which the ball 21 is rotated in contact paper sliding outside the ink It poured into, and supplies onto the surface of the paper.

【0022】回転センサ22は、前述したボールセンサ(BSEN)4の検出子であり、ボール21とともに回転し、ボール21の回転を検知する。 The rotation sensor 22 is a ball sensor (BSEN) 4 of detectors as described above, rotates together with the ball 21, to detect the rotation of the ball 21.

【0023】インクタンク23およびインクノズル24 [0023] The ink tank 23 and the ink nozzle 24
は、前述したヘッド(HEAD)5に相当する部分であり、インクタンク23は、インクノズル24を通して、 Is a portion corresponding to the head (HEAD) 5 described above, the ink tank 23, through the ink nozzles 24,
インクが吐出される。 Ink is ejected. 25は吐出されたインク滴である。 25 is an ink droplet ejected.

【0024】図3において、ボール装着部31は、前述したボール21を装着した部分を示している。 [0024] In FIG. 3, the ball mounting portion 31 indicates the portion fitted with a ball 21 described above. また、表示画面32は、上述した表示器(DISP)3の表示画面であり、電源ボタン33は、電源スイッチ(SW1) Further, the display screen 32, the above-mentioned display (DISP) is a third display screen, a power button 33, a power switch (SW1)
を操作するボタンであり、受信部34はレシーバ(RE A button for operating the reception unit 34 receiver (RE
C)9の信号入力部であり、例えば赤外線によって無線伝送された信号を受信するものである。 C) 9 is a signal input unit, for example, is to receive a signal wirelessly transmitted by infrared. 回転式摘み35 Rotary knob 35
は、登録番号をセットするためのものであり、目盛り3 It is intended to set the registration number, scale 3
6は、番号選択数字を示し、指標37は、登録番号設定指標を示している。 6, shows the number selected numbers, the index 37 indicates the registration number setting indicators.

【0025】本実施例においては、以下に示すような5 [0025] In the present embodiment, as shown in the following 5
つの処理機能について説明する。 One of the processing function will be described.

【0026】処理1;5つの登録番号のそれぞれに、色パレット(図4)で選択した色を登録し、登録番号と色コードを筆記装置に表示する。 [0026] Process 1: in each of the five registration number to register the color selected in the color palette (Fig. 4), displays the registration number and color code the writing device.

【0027】処理2;筆記装置に色コードを表示する代わりに、近似した色の名前で表示する。 [0027] Process 2: Instead of displaying the color code the writing device, and displays the name of the color that approximates.

【0028】処理3;割り込み処理で、センサからの情報を受け取る。 [0028] Process 3: in the interrupt process, receives information from the sensor.

【0029】処理4;バーコード方式で色情報を受け取る。 Receive color information in the bar code mode; [0029] Process 4.

【0030】処理5;色スキャナで色情報を受け取る。 Receive color information in the color scanner; [0030] process 5.

【0031】次に、本実施例の処理1の動作を図8のフローチャートを中心に説明する。 [0031] Next, the operation of the process 1 of the present embodiment mainly in the flowchart of FIG.

【0032】ここで説明するのは、色パレットから色コードを入力して筆記装置に登録し、その色を筆記装置から出力する過程である。 [0032] The described here is to enter the color code from the color palette registered in the writing device, a process of outputting the color from the writing device.

【0033】図5は、本実施例で使用する色コードの例を示す説明図である。 FIG. 5 is an explanatory diagram showing an example of a color code used in this embodiment. 図示のように、本実施例では、 As shown, in this embodiment,
Y、M、Cを各4ビット、合計12ビットで色コードが構成されている。 Y, M, each 4-bit C, color codes in total 12 bits is constructed.

【0034】本装置は、電源ボタン33(電源スイッチ2a)をオンすることにより、全ての機能が動作可能となる。 The present apparatus, by turning on the power button 33 (Power switch 2a), all functions are operable. 電源スイッチ2aを入れた後、本装置に内蔵されたCPU1がプログラム7aの命令を実行することにより動作する。 After power switch 2a, CPU 1 incorporated in the apparatus is operated by executing a program of instructions 7a.

【0035】図8において、まず、各スイッチおよびセンサの入力待ちの状態を保ち(ステップS801)、スイッチもしくはセンサが動作したら、その内容に従って分岐する(ステップS802)。 [0035] In FIG. 8, first, maintaining a state of waiting for input of the switches and sensors (step S801), the switch or sensor After operation branches in accordance with the contents (step S802).

【0036】ここでスイッチとは2種類あり、回転式摘み35を回転させることによる回転スイッチ(SW2) [0036] Here, there are two types of the switch, rotary switch by rotating the rotary knob 35 (SW2)
2bと回転式摘み35を押し込むクリックスイッチ(S 2b and the click switch to push the rotary knob 35 (S
W3)2cである。 W3) is 2c.

【0037】回転スイッチ2bは、5つの番号を選択することができ、指標37に合わせることで番号をセットする。 The rotary switch 2b can select five numbers, it sets the number by matching the index 37. 内部的には1から5のうちの1つの数字コードを登録番号Nに格納する(ステップS803)。 Internally store one digit code of 1 5 to registration number N (step S803). 次に表示器3に登録番号とその登録番号に格納されている色コードを表示する。 Then displays the color code stored registration number and the registration number on the display 3. まだ色が登録されていない場合は色コードは「000」にする。 The color code If you have not yet registered the color is set to "000". 表示は文字コードに応じたフォントをFONT7bから取り出し、そのパターンを表示器3に表示させる。 Display retrieves the font corresponding to the character code from FONT7b, and displays the pattern on the display 3. 図6(1)は、その表示状況を示している。 6 (1) shows the display status.

【0038】すなわち、図6(1)では「1−000」 [0038] That is, FIG. 6 (1) In the "1-000"
と表示されているが、これは登録番号1番の色コードは000という意味である。 Have been in the display, and this is the color code of the registration number 1 is a sense that the 000. 000というのは色が何も登録されていないことを意味する。 000 because it means that the color is not nothing registered. この色コードの3桁の数字は、16進法数字であり、0からFの値をとる。 3-digit number of the color code is a hexadecimal digit takes a value of F 0. また、既に色が登録されている場合は、その色コードを表示する。 Also, if it is already registered colors, and displays the color code. 図6(2)は、その表示状況を示している(ステップS804)。 6 (2) shows the display status (step S804). すなわち、図6(2)の「2−25 That is, FIG. 6 (2) "2-25
4」は、登録番号2番の色コードが524であることを意味している。 4 "means that the color code of the registered number 2 is 524. その後、再びスイッチ、センサ待ちに戻る。 After that, go back again switch, the sensor waiting.

【0039】次に色コードを取り込む処理を説明する。 [0039] Next, explaining the process to capture the color code.
まず、本実施例では、色情報の取り込みは図4に示す色パレットを用いる。 First, in this embodiment, the color information uptake using color palette shown in FIG. この色パレットは、色パレット本体41に色を示したセル42を配置し、さらに色コードを信号として無線によって筆記装置に送る送信部43を設けたものである。 The color palette is to the cell 42 which shows the color in the color pallet body 41 arranged, provided the transmission unit 43 further sends the writing device by the wireless color code as a signal. この色パレットは、筆記装置で押圧されたセル42のXY位置情報に応じた色信号を送信部4 The color palette, the transmission unit 4 a color signal corresponding to the XY position information of the cell 42 is pressed by the writing device
3より発信する構成になっている。 It has been configured to outgoing than 3. このような圧力パレットの装置は、既に公知の技術であるので詳細は省略する。 Apparatus such pressure pallets already omitted details is a known technique.

【0040】本筆記装置をパレットのある色の位置に置いて押圧すると、送信部43から受信部34に信号が伝わる。 [0040] When the present writing device presses at the position of the color with a pallet, the signal is transmitted to receiver 34 from the transmitter 43. そこで、回転式摘み35を押下して、クリックスイッチ2cを押下すると、この色コード信号を取り込み(ステップS805)、登録番号に応じた色格納領域(8b〜8fのいずれか1つ)に記憶させる(ステップS806)。 Therefore, by pressing the rotary knob 35, and presses the click switch 2c, it captures the color code signal (step S805), and stores the color storage area corresponding to the registration number (any one of 8B~8f) (step S806). この後、色コードをうまく取り込んだことを通知するために、図7に示すように「OK」の表示をする(ステップS807)。 Thereafter, in order to notify that the captured color code successfully, the displayed "OK" as shown in FIG. 7 (step S807). その後再び、スイッチ、センサ待ちに戻る。 Then again, return switch, the sensor waiting.

【0041】そして、ボール21の回転を検知した場合、現在選択されている登録番号Nに応じた色コードを取り出し、その色コードに応じてインクノズル24からY、M、Cのインクを一定量吐出する。 [0041] Then, when detecting rotation of the ball 21, take out the color code corresponding to the registration number N of the currently selected, a certain amount Y, M, and C inks from the ink nozzles 24 in accordance with the color codes to discharge. ただし、吐出するインク量は、色コードのうちの各色の数値と比例しており、値が大きければ吐出量も多い(ステップS80 However, the amount of ink discharged is proportional to the respective color value of one of the color codes, the discharge amount A high value often (step S80
8)。 8). その後、再びスイッチ、センサ待ちに戻る。 After that, go back again switch, the sensor waiting.

【0042】次に、処理2について説明する。 Next, a description will be given of a process 2. 処理1では、色を登録した際に、色コードそのものを表示器3に表示するようにしたが、色コードのままでは具体的にどのような色か容易に想像できない。 In process 1, upon registering the color has been configured to display the color code itself to display 3 can not be specifically easily imagine what colors do not remain in the color code. そこで、色コードを具体的な色の名前に置き換えて表示させるようにする。 Therefore, by replacing the color code to the name of a specific color so as to be displayed.

【0043】ただし、色コードは12ビットから構成されているので、色の種類は4000色を越えるため、この個々に色の名前をつけるのは実際的でないので、色コードに一定の範囲を決め、その範囲を代表して名前を付けるようにする。 [0043] However, the color code is composed of 12 bits, to cross the color types of 4000 colors, so it is not practical to assign a color names to the individual, determines the predetermined range in the color code , so that name on behalf of its range.

【0044】たとえば、色コードが28A(16進3 [0044] For example, the color code 28A (16 hex 3
桁)ならば、Y・M・C(イエロー・マゼンダ・シアン)の各々の色構成が、2、8、10であるから、この色に近い色の名前を付ける。 Digit), then each of the color composition of Y-M-C (yellow, magenta, cyan) is because it is 2, 8, 10, to name a color close to the color.

【0045】そして、色コードの範囲と色の名前を図9 [0045] Then, as shown in FIG. The scope and the name of the color of the color code 9
に示すようなテーブルにしておけば、容易に色コードから色の名前を検知して表示することができる。 If in the table as shown in, it can be easily displayed by detecting the color name from the color code. このテーブルは、例えばプログラム7aの一部に格納しておけばよい。 This table may be stored for example in a part of the program 7a.

【0046】図9において、91は色コードの範囲開始コード、92は終了コードである。 [0046] In FIG. 9, 91 range start code color code, 92 is a termination code. そして、例えば範囲開始コードが001で、終了コードが007に対応する色の名前は、93に示した「薄青」である。 Then, for example in the range start code 001, the name of the color the end code corresponds to 007 are shown in 93 "pale blue". これはシアンだけが1から7もっているだけなので、このような色の名前で代表する。 Because only this is only cyan has from 1 to 7, a representative in the name of such color. もちろん個々コードの違いにより色の濃さは異なるがあくまでも名前は代表して付ける。 Of course individual code is different last name difference the color of the depth of put on behalf of. 同様に次行の008〜00Fは、シアンが濃いので「青」 Similarly 008~00F of the next line is, because the cyan dark "blue"
という名前で代表する。 A representative with the name. 以下、この様な名前の付け方で、全てのコードを網羅する。 Below, in Tsukekata of such a name, to cover all of the code.

【0047】次に処理3について説明する。 [0047] Next, the process 3 will be described. 処理1では、スイッチとボールセンサの動作をプログラムが監視して、スイッチもしくはボールセンサが動作した場合に、それぞれに対応した処理を行なうようにしていたが、ボールが回転してインクの吐出中でも色選択処理ができるようになっている。 In step 1, it monitors the operation of the switch and the ball sensor program, when the switch or the ball sensor is operated, had to perform the processing corresponding to each even ball rotates during ejection of ink colors It has become to allow selection process.

【0048】しかし、頻繁に色選択処理をしていると、 [0048] However, if frequently has a color selection process,
インクの吐出処理が間に合わない場合もある。 Discharge processing of the ink may not meet the deadline. そのような状況に応じて、ボールセンサの検知は割り込み処理にする必要がある。 In response to such a situation, the detection of the ball sensor it is necessary to interrupt processing. すなわち、ボールセンサ4がボール2 In other words, the ball sensor 4 ball 2
1の回転を検知すると、割り込み回路が働き、プログラムに割り込み処理を行なわせるものである。 Upon detecting the rotation of one act interrupt circuit is intended to perform the interrupt processing program. なお、割り込み処理そのものは公知の技術であるので、ここではフローチャートの説明だけに留める。 Note that interrupt processing itself is a known technique, keep only the description of the flowchart here.

【0049】図10は、このボールセンサ4による割り込み処理を行う場合のメイン処理を示すフローチャートであるが、殆どは図8のフローチャートと同じである。 [0049] Figure 10 is a flowchart showing a main processing in the case of performing the interruption process by the ball sensor 4, most is the same as the flow chart of FIG.

【0050】異なるのは、スイッチ入力待ち(ステップS1001)において、センサの入力待ちは含まれておらず、従ってスイッチによる分岐(ステップS100 The difference is, in the switch input wait (step S1001), waiting for input of the sensor is not included, thus branched by the switch (step S100
2)は、スイッチSW2とスイッチSW3だけの分岐である。 2) is a branch of only the switch SW2 and the switch SW3. これら2つのスイッチの処理は、図8と同内容なので省略する。 The processing of these two switches is omitted since the same contents as FIG. メイン処理は以上だけである。 The main treatment is more than just.

【0051】一方、ボールセンサ4がボール21の回転を検知した場合、割り込み処理を行なう。 Meanwhile, when the ball sensor 4 detects the rotation of the ball 21, it performs interrupt processing. 図11にフローチャートを示す。 It shows a flowchart in FIG. 11. ここでは、割り込みの起動により、 Here, by the activation of the interrupt,
ノズル24からインクを吐出させる(ステップS110 Ejecting ink from the nozzle 24 (step S110
1)だけである。 1) only. この処理が終わると、割り込み元に戻る。 When this process is completed, it returns to the interrupt source.

【0052】以上の動作でインク吐出が最優先されるため、インクの供給が途切れることはない。 [0052] Since the above ink discharge in operation is top priority, the supply of ink will not be interrupted.

【0053】次に処理4について説明する。 [0053] Next, the process 4 will be described. 処理1では、色情報の取り込みに、色パレットからの色コード信号の受信を利用したが、色を登録するために色パレットの装置が必要であり、外部に持ち歩くには不便である。 In process 1, the color information fetching, but using the received color code signal from the color palette, a need for an apparatus for color palette to register the color, which is inconvenient to carry around the outside.

【0054】そこで、別の方法として、例えば色情報をバーコードとともにシートにし、このシートからバーコードを読み取る方法がある。 [0054] Therefore, as another method, for example, the color information into a sheet with a bar code, there is a method of reading a bar code from the sheet. 以下、その方法を説明する。 It will now be described that way.

【0055】図12は、色サンプルシートを示している。 [0055] FIG. 12 shows a color sample sheet. このシートにおいて、121は色を示す領域であり、122がその色に応じたバーコードである。 In this sheet, 121 is a region indicating the color, a barcode 122 corresponding to the color. バーコード122は、その色に応じた色コードを予めバーコード形式に変換したものである。 Barcode 122 is obtained by converting the color code corresponding to the color advance in barcode format.

【0056】バーコード122をスキャンする技術は公知であるが、本装置においては、図13に示すように、 [0056] Although techniques for scanning a bar code 122 is known, in this apparatus, as shown in FIG. 13,
バーコード122をスキャンするスキャナ部131を筆記装置の後端部に設け、使いやすいようにしてある。 Provided scanner section 131 to scan the bar code 122 to the rear end portion of the writing device, it is so easy to use.

【0057】図14は、色情報取り込みの過程を示すフローチャートである。 [0057] Figure 14 is a flowchart showing the process of color information capture. まず、スキャナ部131をバーコード122に当ててスキャンする(ステップS140 First, it scans against the scanner unit 131 to the barcode 122 (step S140
1)。 1). この後、読み取ったバーコードを一旦ワークエリア(WORK)8aに記憶させる(ステップS140 Thereafter, the temporarily stored in the work area (WORK) 8a a bar code read (step S140
2)。 2). さらに、バーコードを色コードに変換し(ステップS1403)、色コードを色番号Nに対応した色格納領域COL(N)に記憶させる(ステップS140 Further, to convert the barcode to the color code (step S1403), and stores the color codes in the color storage areas COL corresponding to the color number N (N) (step S140
4)。 4). 以上の方法を実現することで、バーコードを利用した色情報の取り込みが可能である。 By implementing the above method, it is possible to capture color information using a bar code.

【0058】次に処理5について説明する。 [0058] Next, the process 5 will be described. 処理4では、バーコードによる色情報の読取りを説明したが、バーコードを使用しなくても、色そのものの情報から取り込むことも可能である。 In process 4, have been described reading of color information by the barcode without using the bar code, it is also possible to incorporate the information of the color itself. その場合、色は自由に描いたものを使用することができ、利用価値が高い。 In that case, the color can be used which drew freely, high utility value. 色を取り込むにはカラースキャナを利用する。 To capture the color to use color scanner. 図13に示したスキャナ部131から色を取り込む。 Taking a color from the scanner unit 131 shown in FIG. 13.

【0059】カラースキャンそのものは公知の技術であるが、色情報取り込みの過程を図15のフローチャートを用いて説明する。 [0059] Although the color scan itself is a known technique, it will be described with reference to the flowchart of FIG. 15 the process of color information capture. まず、スキャナ部131を色の描いたシートに当てて、スキャンする(ステップS150 First, place the scanner unit 131 on a sheet painted in color, scans (Step S150
1)。 1). スキャンした結果、カラーの色を分析して(ステップS1502)、本装置で使用している色コード12 Scanned result, by analyzing the color of the color (step S1502), the color code 12 are used in this device
ビットに変換し(ステップS1503)、色コードを色番号Nに対応した色格納領域COL(N)に記憶させる(ステップS1504)。 Into a bit (step S1503), and stores the color codes in the color storage areas COL corresponding to the color number N (N) (step S1504). 以上の方法を実現することで、バーコードを利用した色情報の取り込みが可能である。 By implementing the above method, it is possible to capture color information using a bar code.

【0060】次に、本発明の第2実施例について説明する。 Next, a description will be given of a second embodiment of the present invention.

【0061】図16は、本発明の第2実施例による筆記装置の制御系の構成を示すブロック図である。 [0061] Figure 16 is a block diagram showing a configuration of a control system of the writing device according to a second embodiment of the present invention.

【0062】CPU(中央処理装置)201は、以下に示す本筆記装置の各部とバスライン(BL)206を通じて接続され、その制御を行う。 [0062] CPU (Central Processing Unit) 201 is connected through each unit and the bus line (BL) 206 of the writing device shown in the following, the control. スイッチ群(SW)2 Switch group (SW) 2
02は、電源スイッチ(PSW)202aの他、色を初期化状態にするリセットスイッチ(RSW)202b、 02, in addition to a power switch (PSW) 202a, a reset switch (RSW) 202b for the color in the initial state,
色を登録するための登録スイッチ(TSW)202c、 Registration switch (TSW) 202c for registering the color,
色を選択するセレクトスイッチ(SSW)202d、および色を補正する補正スイッチ(HSW)202eを備えている。 It includes a select switch (SSW) 202d, and a compensation switch (HSW) 202e for correcting the color to select a color.

【0063】表示器(DISP)203は、制御結果等の文字を後述するフォントパターンから取り出して表示させる。 [0063] display (DISP) 203 displays the character such as control results removed from the font patterns to be described later. ボールセンサ(BSEN)204は、本筆記装置が紙(被筆記媒体)の上を走っているか否か、およびボールの回転量を検知するためのセンサである。 Ball sensor (BSEN) 204 determines whether or not the writing device is running over the paper (the writing medium), and a sensor for detecting the rotation amount of the ball. ヘッド(HEAD)205は、後述するインクタンクおよびインクノズル等からなり、インクを吐出して筆記を行うものである。 Head (HEAD) 205 is made from the ink tank and the ink nozzle and the like to be described later, and performs writing by discharging ink.

【0064】ROM207は、読み出し専用メモリとして機能するものであり、本筆記装置全体の制御を実行するためのプログラム(PRG)207aと、文字、記号等のフォントパターン(FONT)207bを記憶している。 [0064] ROM207, which functions as a read-only memory, and stores a program (PRG) 207a for performing control of the entire writing apparatus, a character, a font pattern (FONT) 207b of symbols, .

【0065】RAM208は、書き込み可能メモリとして機能するものであり、文字情報や色情報を記憶したり、プログラム実行時の一時的作業領域および退避領域として使用される。 [0065] RAM208, which functions as a writable memory, and stores the character information and color information is used as a temporary work area and save area during program execution. 内部はいくつかの領域に分割される。 Interior is divided into several areas.

【0066】まず、ワークエリア(WORK)208a [0066] First of all, the work area (WORK) 208a
は、上述したプログラムを動作させるために一時的に使用するためのエリアである。 Is an area for temporarily used to operate the program described above. また、色格納領域(CO The color storage area (CO
L)208b〜208fは、それぞれ色情報を格納するエリアである。 L) 208b~208f is an area for storing the color information, respectively. 各々に番号が付してあり、COL1からCOL5まである。 Each number are denoted, from COL1 to COL5.

【0067】また、番号領域(N)208gは、登録番号を記憶するためのエリアである。 [0067] Further, number area (N) 208g is an area for storing registration number. コード(CODE) Code (CODE)
領域208hは、色コードを一時的に記憶するためのエリアである。 Region 208h is an area for temporarily storing color codes. さらに、切り替えモード(MODE)領域208iはサンプル色描画か筆記かのモードを定義するエリアである。 Further, the switching mode (MODE) region 208i is an area that defines the writing of mode or sample color rendering.

【0068】図17は、本実施例における筆記装置の用紙との摺接部の構造を示す断面図であり、図18は、本実施例における筆記装置の全体を示す外観斜視図である。 [0068] Figure 17 is a sectional view showing the structure of a sliding contact portion between the paper of the writing device in the present embodiment, FIG. 18 is an external perspective view showing the overall writing apparatus in this embodiment.

【0069】ボール221(インク供給手段)は、筆記装置の先端に設けられる摺接部に回転自在に嵌合保持されており、このボール221が用紙と摺接して回転することにより、インクを外へ流し出し、用紙の面上に供給するものである。 [0069] Ball 221 (ink supply means) is rotatably fitted and held in sliding contact portion provided at the tip of the writing device, by which the ball 221 is rotated in contact paper sliding outside the ink It poured into, and supplies onto the surface of the paper.

【0070】回転センサ222は、前述したボールセンサ(BSEN)204の検出子であり、ボール221とともに回転し、ボール221の回転および回転量を検知する。 [0070] rotation sensor 222 is a detection element of a ball sensor (BSEN) 204 described above, rotates together with the ball 221, for detecting the rotation and the rotation amount of the ball 221.

【0071】インクタンク223およびインクノズル2 [0071] The ink tank 223 and the ink nozzle 2
24は、前述したヘッド(HEAD)205に相当する部分であり、インクタンク223は、インクノズル22 24 is a portion corresponding to the head (HEAD) 205 described above, the ink tank 223, ink nozzles 22
4を通して、インクが吐出される。 Through 4, the ink is ejected. 225は吐出されたインク滴である。 225 is an ink droplet ejected.

【0072】図18において、ボール装着部231は、 [0072] In FIG. 18, the ball mounting portion 231,
前述したボール221を装着した部分を示している。 Shows a partial fitted with a ball 221 as described above. また、登録ボタン232は、登録スイッチ(TSW)20 In addition, the registration button 232, registration switch (TSW) 20
2cを操作するためのボタンである。 2c is a button for operating the.

【0073】また、リセットボタン233は、リセットスイッチ(RSW)202bを操作するためのボタンである。 [0073] In addition, the reset button 233 is a button for operating the reset switch (RSW) 202b. これはONにするとリセット状態になり、OFF This enters the reset state when the ON, OFF
にするとリセット状態が解除される。 Reset state is canceled When you. 色補正ボタン23 Color correction button 23
4は、色補正スイッチ(HSW)202eを操作するためのボタンであり、+と−を選べるようになっている。 4 is a button for operating the color correction switch (HSW) 202e, + and - is adapted to choose a.

【0074】また、セレクト撮み235は、登録番号を選択するためのセレクトスイッチ(SSW)202dを操作するためのボタンであり、このセレクト撮み235 [0074] In addition, select knob 235 is a button for operating the select switch (SSW) 202d for selecting the registration number, the select knob 235
を回転操作して、その外周に表示された番号選択数字の目盛り236を登録番号設定指標237に合わせることで登録番号を選択できる。 The rotating operation can be selected registration number by matching the scale 236 of the number selection number displayed on the outer periphery to the registration number setting indication 237.

【0075】また、表示画面238は、上述した表示器(DISP)203の表示画面であり、電源ボタン23 [0075] The display screen 238 is a display screen of the display unit (DISP) 203 described above, the power button 23
9は、電源スイッチ(PSW)202aを操作するボタンである。 9 is a button to operate the power switch (PSW) 202a.

【0076】なお、本実施例における色コードと、この色コードを表示器(DISP)103の表示画面138 [0076] The display screen 138 of the color codes in the present embodiment, the display of the color code (DISP) 103
に表示する構成は、上述した第1実施例において、図5 In a first embodiment configuration described above to be displayed, FIG. 5
および図6で説明したものと同様であるため、本実施例では説明は省略する。 And is the same as that described with reference to FIG. 6, described in the present embodiment will be omitted.

【0077】本実施例においては、以下に示すような4 [0077] In the present embodiment, as shown in the following 4
つの処理機能について説明する。 One of the processing function will be described.

【0078】処理1;色を連続的に変更してインクの吐出をし、色のサンプルを作成する。 [0078] Process 1: color was continuously change the ink ejection, to create a color sample. サンプルの色と同じ色を選んで登録する。 To register choose the same color as the color of the sample. 登録した色のコードを表示する。 To display the color of the code that was registered.
なお、登録できるのは複数色である。 Incidentally, it is more colors can register. 登録した色で筆記する。 It is written in the registered color.

【0079】処理2;登録した色を補正スイッチにより補正する。 [0079] Process 2: The color registered corrected by the correction switch.

【0080】処理3;登録した色をコードでなく、色の名前で表示する。 [0080] processing 3; not code the color registered, displayed in the name of the color.

【0081】処理4;色を連続変更してインクを吐出する時、色を出す順番をコードの数値順でなく、予めテーブルに従った色順によって吐出する。 [0081] Process 4: When a continuously changing color to eject ink, rather than numerical order code order issuing colors, for ejecting the color order in accordance with the table in advance.

【0082】次に、本実施例の処理1の動作を図20〜 Next, FIG. 20 the operation of the processing 1 of the embodiment
図24のフローチャートを中心に説明する。 It will be mainly described flowchart of FIG. 24.

【0083】ここで説明するのは、色を連続的に変かさせてインクを吐出させて筆記する過程と、色を登録する過程と、色を選択する過程と、登録した色で筆記する過程である。 [0083] The described here, the steps of the continuously changing color to writing by ejecting ink, a process of registering a color, a process of selecting a color, the process of writing in the color register it is.

【0084】本筆記装置は、電源スイッチ(PSW)2 [0084] The present writing device, power switch (PSW) 2
02aを入れることにより、全ての機能が動作可能となる。 By putting 02a, all of the function is operational. 電源スイッチ202aを入れた後、本装置に内蔵されたCPU201がプログラム(PRG)207aの命令を実行することにより動作する。 After power switch 202a, CPU 201 incorporated in the apparatus is operated by executing the instructions of a program (PRG) 207a. そのプログラムの最初に走る部分のフローチャートが図20に示した内容である。 Flow chart of the first run portion of the program is the content shown in FIG 20. まず、スイッチ、センサの入力待ちの状態を保ち(ステップS1701)、スイッチもしくはセンサが動作したら、その内容に従って分岐する(ステップS17 First, the switch keeps the state waiting for input of the sensor (step S1701), the switch or sensor After operation branches in accordance with the contents (step S17
02)。 02).

【0085】ここでスイッチとは、図16に示したRS [0085] Here in the switch, as shown in FIG. 16 RS
W、TSW、SSW、HSWの4種類である。 W, TSW, SSW, is a four types of HSW. また、センサとは、図16に示したBSEN、すなわち図17に示した回転センサ222である。 The sensor and is a rotation sensor 222 shown in BSEN, i.e. 17 shown in FIG. 16.

【0086】各々のスイッチやセンサに対応した処理は、ステップS1703〜ステップS1707によって処理され、再びスイッチ、センサの入力待ちに戻る。 [0086] The processing corresponding to each of the switches and sensors is processed by step S1703~ step S1707, the flow returns again switch, waits for input of the sensor.

【0087】以下、各処理内容について説明する。 [0087] In the following, a description will be given of each processing content. ただし、補正スイッチHSWに関しては処理2で説明する。 However, with respect to the correction switch HSW described in the processing 2.

【0088】まず、リセットスイッチ(RSW)202 [0088] First, reset switch (RSW) 202
bが操作された場合を図21のフローチャートで説明する。 The case where b is operated will be described with reference to a flowchart of FIG. 21. リセットスイッチ202bを操作するリセットボタン233は、ONかOFFかの選択ができるようになっている。 Reset button 233 to operate the reset switch 202b is adapted to be able to ON or OFF Kano selection. まず、この判別を行なう(ステップS180 First, the determination (step S180
1)。 1).

【0089】そして、ONの場合はモードMODEに1 [0089] and, 1 in the case of ON in mode MODE
を格納し、コードCODEに000を格納する(ステップS1802)。 Stores, stores 000 the code CODE (step S1802). これは、リセットしたことを意味する。 This means that it has reset. 一方、OFFの場合は、モードMODEに0を格納する(ステップS1803)。 On the other hand, in the case of OFF, the zero is placed in the mode MODE (step S1803). これはリセットを解除したことを意味する。 This means that the reset state is released.

【0090】次に、登録スイッチ(TSW)202cが操作された場合を図22のフローチャートで説明する。 [0090] Next, the case where the registration switch (TSW) 202c is operated in the flow chart of FIG. 22.
まず、モードMODEが1か0か判別する(ステップS First, the mode MODE is 1 or 0 or not (step S
1901)。 1901). そして、MODEが0の場合は、筆記モードであるから何もしない。 Then, if MODE is 0, it does not do anything because it is the writing mode.

【0091】また、MODEが1の場合は、サンプル色描画モードであるから現在のコードCODEを現在の色番号Nに対応した色登録領域COLに格納する(ステップS1902)。 [0091] Also, MODE If there is a 1, and stores from a sample color drawing mode the current code CODE in the color registration area COL corresponding to the current color number N (step S1902). 引き続き、色番号Nと色登録のコードを表示器203に表示させる(ステップS1903)。 Subsequently, to display the code of the color number N and the color registration on the display unit 203 (step S1903).
表示方法は文字コードに応じたフォントをFONT20 FONT20 a font display method in accordance with the character code
7bから取り出し、そのパターンを表示器203に表示させる。 Removed from 7b, and displays the pattern on the display 203. 図6(2)はその状況を示している。 6 (2) shows the situation.

【0092】次に、セレクトスイッチ(SSW)202 [0092] Next, a select switch (SSW) 202
dが操作された場合を図23のフローチャートで説明する。 A case where d is operated will be described with reference to a flowchart of FIG. 23. セレクトスイッチ202dは回転式スイッチであり、セレクト撮み235で5つの番号を選択することができる。 Select switch 202d is rotary switch, it is possible to select five numbers in the select knob 235. すなわち、数字の番号を指標237に合わせることで、内部的には1から5のうちの1つの数字コードを登録番号Nに格納する(ステップS2003)。 That is, by matching the number of digits in the index 237, internally store one digit code of 1 5 to registration number N (step S2003).

【0093】次に表示器203に登録番号とその登録番号に格納されている色コードを表示する(ステップS2 [0093] will be displayed next color codes stored registration number and the registration number on the display 203 (step S2
002)。 002). ここで、まだ色が登録されていない場合は、 Here, if it is not already registered in color,
色コードは「000」にする。 The color code to "000". 表示は文字コードに応じたフォントをFONT207bから取り出し、そのパターンを表示器(DISP)203に表示させる。 Display retrieves the font corresponding to the character code from FONT207b, and displays the pattern on the display device (DISP) 203. 図6 Figure 6
(1)にその状況を示している。 It shows the situation in (1).

【0094】また、既に色が登録されている場合は、その色コードを表示する。 [0094] In addition, if you are already registered color and displays the color code. 図6(2)にその状況を示している。 Shows the situation in FIG. 6 (2).

【0095】次に、ボールセンサ(BSEN)204が操作された場合を図24のフローチャートで説明する。 [0095] Next, the case where the ball sensor (BSEN) 204 is operated in the flow chart of FIG. 24.
ボールセンサ204が動作するということは、ボール2 That the ball sensor 204 to operate, the ball 2
21が回転しているわけであるが、モードによって処理が2つに分かれる。 21 but is not rotating, the process by the mode divides into two. ただし、いずれの場合においてもインクが吐出することになる。 However, so that the ink is ejected in any case.

【0096】まず、モードMODEの値を判別し(ステップS2101)、その値が1の場合、コードCODE [0096] First, to determine the value of the mode MODE (step S2101), if its value is 1, the code CODE
に1加算する(ステップS2102)。 1 is added to (step S2102). 続いて、このコードCODEに応じてヘッド224からY・M・Cのインクを一定量吐出する(ステップS2103)。 Then, a certain amount of ejecting ink of Y · M · C from the head 224 in response to the code CODE (step S2103).

【0097】この吐出されたインク滴がボール221を経由して外に押し出され、描画されることになる。 [0097] The ejected ink droplets are forced out through the ball 221, it will be drawn. ただし、吐出するインク量は、色コードのうち各色の数値と比例しており、値が大きければ吐出量も多い。 However, the amount of ink discharged is proportional to the respective color value of one of the color codes, the discharge amount A high value is large. 以上述べたように、ボールセンサ204が起動される度に色コードに1加算されてインクの色が少しずつ違ってくるため、描いた線は色が変化している。 As described above, since the one is added to the color code each time a ball sensor 204 is activated will be different colors of ink gradually drawn line has changed color. すなわち、色のサンプルを示した線を描いたことになる。 That is, the drawn line showing the color of the sample.

【0098】図19は、本例の筆記装置で筆記を行っている状態を示す斜視図である。 [0098] Figure 19 is a perspective view showing a state of performing writing in writing device of the present embodiment. 図示のように、用紙24 As shown, the paper 24
1上にボール221が摺接して、線243を描いている。 1 ball 221 on the sliding contact depicts a line 243.

【0099】この描いた線243は、ボール221が回転する度に違う色のインクを吐出するため、色が変化している線である。 [0099] line 243 drawn this is for ejecting ink of a different color each time the ball 221 is rotated, is the line color is changed. また、コードCODEは、リセット状態では000であるが、加算する度に増えて最後はFF Also, the code CODE is in the reset state is 000, finally increasing the time the addition is FF
Fになる。 It becomes F. その後、さらに1を加算すると、再び1に戻るので、色サンプルの線は繰り返すことになる。 Thereafter, when further adding one, so the flow returns to 1 again, so that the repeated line color samples.

【0100】一方、モードMODEが0の場合は筆記モードであるから、選択されている色番号Nの登録色コードCOL(N)に応じてインクノズル224からY・M [0100] On the other hand, because if the mode MODE is 0 is written mode, Y · from the ink nozzles 224 in accordance with the registered color code COL color number N is selected (N) M
・Cのインクを一定量吐出する(ステップS210 Inc. for a fixed amount discharge of C (step S210
4)。 4). 吐出されたインクがやはりボール221を経由して外に出て描画される。 Ejected ink is also drawn out to the outside via the ball 221.

【0101】以上の過程を操作上から整理すると、まず、モードをONにして一定の長さの線を引く。 [0101] To summarize the above process from the operation, first, the mode to ON draw a certain length of the line. 線はこの場合、様々に色を変えて引かれる。 Line in this case, is drawn by changing various colors. 次に、希望の色を決めてもう一度線を引き、希望の色が出た時点で登録スイッチ202cのボタン232を操作する。 Next, draw a line once again to decide the color of hope, to operate the button 232 of the registration switch 202c at the time of leaving the color of hope. 登録は1から5まで5種類できるので、セレクトスイッチ202d Since the registration can be five from 1 to 5, a select switch 202d
の撮み235を回して希望の番号に希望の色を登録することができる。 It can be of the number of desired by turning the knob 235 register the color of hope. 次にモードをOFFにして、線を引くと、登録した色の線が引けることになる。 Next, with the mode to OFF, and draw a line, so that can be subtracted line of color registered.

【0102】次に処理2について説明する。 [0102] Next, the process 2 will be described. 処理1では、サンプル筆記をして、そのサンプルの色を見て、さらに登録する色を選ぶという一連の流れについて説明したが、一旦登録した色を変更したい場合がある。 In the process 1, and the sample writing, look at the color of the sample, has been described sequential flow of choosing a color for further registration, there is a case in which once you want to change the color registered. そして、再度登録し直すほどでもない場合には、微調整できれば十分である。 Then, if there is no as much as re-register again, it is sufficient if you can fine-tune.

【0103】そこで、処理2では、その微調整の方法について説明する。 [0103] Therefore, in the process 2, it describes a method for the fine adjustment. これは、まず、補正ボタン234を操作すると、図20の流れの中で補正処理(ステップS1 This, first, by operating the correction button 234, the correction processing in the flow of FIG. 20 (step S1
706)に分岐する。 Branches to 706). 図25は、その処理内容を示すフローチャートである。 Figure 25 is a flowchart showing the processing contents.

【0104】まず、モード状態を調べ(ステップS22 [0104] First of all, examine the mode state (step S22
01)、1なら、サンプル描画モードであるため何もせずに戻り、0なら補正スイッチ202eがプラス(+) 01), 1 if, return without doing anything because it is a sample drawing mode, 0 if the correction switch 202e is plus (+)
かマイナス(−)か判別する(ステップS2202)。 Or minus (-) or not (step S2202).

【0105】もしプラスなら、現在セレクトしてある番号Nに対応した登録領域COL(N)の内容に1を加える(ステップS2203)。 [0105] If, if positive, 1 is added to the contents of the registration area COL corresponding to the number N you have currently selected (N) (step S2203). また、マイナスなら同じく1を引く(ステップS2204)。 Also, draw the same 1 if the minus (step S2204). 以上の動作で、一旦登録したデータに対して微調整ができるようになる。 In the above operation, so that it is finely adjusted with respect to once registered data.

【0106】次に処理3について説明する。 [0106] Next, the process 3 will be described. 処理1では、色を登録した際、色コードそのものを表示器(DI In process 1, when the registered color, display colors code itself (DI
SP)203に表示するようにしたが、色コードそのままでは具体的にどのような色か容易に想像できない。 And to display the SP) 203, but the color code as it is not easy to imagine What specific color. そこで、色コードを具体的な色の名前に置き換えて表示させるようにする。 Therefore, by replacing the color code to the name of a specific color so as to be displayed.

【0107】ただし、色コードは12ビットから構成されているので、色の種類は4000色を越えるため、この個々に色の名前をつけるのは実際的でないので、色コードに一定の範囲を決め、その範囲を代表して名前を付けるようにする。 [0107] However, the color code is composed of 12 bits, to cross the color types of 4000 colors, so it is not practical to assign a color names to the individual, determines the predetermined range in the color code , so that name on behalf of its range.

【0108】たとえば、色コードが28A(16進3 [0108] For example, the color code 28A (16 hex 3
桁)ならば、Y・M・C(イエロー・マゼンダ・シアン)の各々の色構成が、2、8、10であるから、この色に近い色の名前を付ける。 Digit), then each of the color composition of Y-M-C (yellow, magenta, cyan) is because it is 2, 8, 10, to name a color close to the color.

【0109】そして、色コードの範囲と色の名前を図9 [0109] Then, as shown in FIG. The scope and the name of the color of the color code 9
に示すようなテーブルにしておけば、容易に色コードから色の名前を検知して表示することができる。 If in the table as shown in, it can be easily displayed by detecting the color name from the color code. このテーブルは、例えばプログラム7aの一部に格納しておけばよい。 This table may be stored for example in a part of the program 7a.

【0110】図9において、91は色コードの範囲開始コード、92は終了コードである。 [0110] In FIG. 9, 91 range start code color code, 92 is a termination code. そして、例えば範囲開始コードが001で、終了コードが007に対応する色の名前は、93に示した「薄青」である。 Then, for example in the range start code 001, the name of the color the end code corresponds to 007 are shown in 93 "pale blue". これはシアンだけが1から7もっているだけなので、このような色の名前で代表する。 Because only this is only cyan has from 1 to 7, a representative in the name of such color. もちろん個々コードの違いにより色の濃さは異なるがあくまでも名前は代表して付ける。 Of course individual code is different last name difference the color of the depth of put on behalf of. 同様に次行の008〜00Fは、シアンが濃いので「青」 Similarly 008~00F of the next line is, because the cyan dark "blue"
という名前で代表する。 A representative with the name. 以下、この様な名前の付け方で、全てのコードを網羅する。 Below, in Tsukekata of such a name, to cover all of the code.

【0111】次に処理4について説明する。 [0111] Next, the process 4 will be described. 処理1では、サンプル色描画時にはコードに1を加算する方法で色を変化させたが、色コードはY(イエロー)、M(マゼンダ)、C(シアン)の3色各々4ビットずつからできているので、1ずつ加算する方式であると、例えば0 In process 1, but at the time of sample color rendering changing the color in a way that adds 1 to the code, the color code Y (yellow), M (magenta), made up of C by three colors each 4 bits of (cyan) because there, if there in a manner that incremented by 1, for example 0
1Fから020に変わるときに大きく色が変化し、色を登録する際に的確に色を把握できない場合がある。 Large color change when the change to 020 from 1F, precisely when registering the color may not be grasped colors.

【0112】そこで、色の変化が滑らかになるようにするため、予め色の順番を演算で求めずにテーブルにして決めておく方法がある。 [0112] Therefore, since the color change is made to be smooth, there is a way to keep determined on the table without requiring advance the order of the colors in the computation. 図26は、そのテーブルの例を示している。 Figure 26 shows an example of the table. ここで、2401は色コードである。 Here, 2401 is the color code. 先頭から002、004、006と2つおきにシアンの色を変化させ、00Eの次はマゼンダ020、040、06 From the beginning 002,004,006 and 2 every change color of cyan, next 00E is magenta 020,040,06
0と変化させるようにしてある。 0 are as varied.

【0113】こうすることにより、単色の薄い色から濃い色へ連続的に変化するので、色を的確に把握しやすい。 [0113] By doing this, because it continuously changes from a single color of light color to a dark color, accurately and easily grasp the color. このようなテーブルをプログラムの一部に配置させておけばよい。 Such table may if so disposed on a portion of the program. 色コードに1を加算する演算の代わりにテーブルの先頭コードから順次取り出してそのコードに従ってインクを吐出させればよい。 Ink may be caused ejected in accordance with the code sequentially taken out from the head code of the table instead of the arithmetic operation of adding 1 to the color codes.

【0114】なお、以上の各実施例では、吐出したインクを外へ出す供給手段としてボールの回転を利用する構成としたが、ボールなしで直接外へエアブラシのように噴出させる構成であってもよい。 [0114] In the embodiments described above, but the ejected ink was configured to use the rotation of the ball as a supply means for issuing to the outside, be configured for ejecting as airbrush outside directly without ball good. また、色の登録は5種類としたが、もっと多くであっても、また少なくしてもよい。 In addition, although the color registration was 5 type, it may be even more, also with less. さらに、色コード構成は12ビットにしたが、もっと多くしてもよい。 Furthermore, although the color code configuration was 12 bits, it may be more. また、色はY・M・Cの3色分解方式であるが、4色もしくはそれ以上でもよい。 Although color is 3-color separation method Y · M · C, or four colors or more.

【0115】 [0115]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
所望の色を容易に得ることができ、また同じ色を容易に再現することができる便利な筆記装置を提供できる効果がある。 A desired color can be easily obtained, also an effect capable of providing a convenient writing device capable of easily reproduce the same color.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1実施例による筆記装置の制御系を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a control system of the writing device according to a first embodiment of the present invention.

【図2】上記第1実施例における筆記装置の用紙との摺接部の構造を示す断面図である。 2 is a sectional view showing the structure of a sliding contact portion between the paper of the writing device in the first embodiment.

【図3】上記第1実施例における筆記装置の全体を示す外観斜視図である。 3 is an external perspective view showing the whole of the writing device in the first embodiment.

【図4】上記第1実施例で用いる色パレットの構成を示す外観斜視図である。 4 is an external perspective view showing the configuration of a color palette used in the first embodiment.

【図5】上記第1実施例で使用する色コードの例を示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing an example of a color code used in the first embodiment.

【図6】上記第1実施例における表示器の表示例を示す説明図である。 6 is an explanatory diagram showing a display example of the display in the first embodiment.

【図7】上記第1実施例における表示器の表示例を示す説明図である。 7 is an explanatory diagram showing a display example of the display in the first embodiment.

【図8】上記第1実施例における処理動作を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing a processing operation in the first embodiment.

【図9】上記第1実施例で使用する色コードの範囲と色の名前の対応テーブルを示す説明図である。 9 is an explanatory diagram showing a correspondence table of the range and color name of the color code used in the first embodiment.

【図10】上記第1実施例においてボールセンサによる割り込み処理を行う場合のメイン処理動作を示すフローチャートである。 10 is a flowchart showing a main processing operation when performing the interruption process by the ball sensor in the first embodiment.

【図11】上記第1実施例におけるボールセンサの割り込み処理動作を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing an interrupt processing operation of the ball sensor in the first embodiment.

【図12】上記第1実施例で使用する色サンプルシートを示す説明図である。 12 is an explanatory diagram showing a color sample sheet used in the first embodiment.

【図13】上記第1実施例における筆記装置にスキャナ部を設けた場合の例を示す外観斜視図である。 13 is an external perspective view showing an example of a case in which the scanner unit to the writing apparatus in the first embodiment.

【図14】上記第1実施例におけるバーコードによる色情報取り込みの過程を示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing the process of color information uptake by the bar code in the first embodiment.

【図15】上記第1実施例における色自体からの色情報取り込みの過程を示すフローチャートである。 15 is a flowchart showing the process of color information fetching from the color itself in the first embodiment.

【図16】本発明の第2実施例による筆記装置の制御系を示すブロック図である。 16 is a block diagram showing a control system of the writing device according to a second embodiment of the present invention.

【図17】上記第2実施例における筆記装置の用紙との摺接部の構造を示す断面図である。 17 is a sectional view showing the structure of a sliding contact portion between the paper of the writing device in the second embodiment.

【図18】上記第2実施例における筆記装置の全体を示す外観斜視図である。 18 is a perspective view showing the whole of the writing device in the second embodiment.

【図19】上記第2実施例の筆記装置で筆記を行っている状態を示す斜視図である。 19 is a perspective view showing a state of performing writing in writing device of the second embodiment.

【図20】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 20 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図21】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 21 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図22】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 22 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図23】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 23 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図24】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 24 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図25】上記第2実施例における処理動作を示すフローチャートである。 25 is a flowchart showing a processing operation in the second embodiment.

【図26】上記第2実施例で使用する色コードテーブルを示す説明図である。 Figure 26 is an explanatory diagram showing a color code table used in the second embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…CPU、 2…スイッチ群(SW)、 3…表示器(DISP)、 4…ボールセンサ(BSEN)、 5…ヘッド(HEAD)、 6…バスライン(BL)、 7…ROM、 8…RAM、 9…レシーバ(REC)。 1 ... CPU, 2 ... switch group (SW), 3 ... display (DISP), 4 ... ball sensor (BSEN), 5 ... head (HEAD), 6 ... bus line (BL), 7 ... ROM, 8 ... RAM , 9 ... receiver (REC).

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 林崎 公之 東京都大田区下丸子3丁目30番2号 キヤ ノン株式会社内 Fターム(参考) 2C350 GA03 GA13 KF01 NA19 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor Ko HAYASHIZAKI Hiroyuki Ota-ku, Tokyo Shimomaruko 3-chome No. 30 No. 2 Canon Co., Ltd. in the F-term (reference) 2C350 GA03 GA13 KF01 NA19

Claims (10)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 少なくとも2色のインクを格納するインク格納手段と、 前記各インクの色を混合させるインク混合手段と、 色を登録する色登録手段と、 前記色登録手段により登録された色を筆記の際に選択する色選択手段と、 前記色選択手段により選択された色に基づいて前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させるインク吐出手段と、 を有することを特徴とする筆記装置。 And 1. A ink storage means for storing at least two color inks, the ink mixing means for mixing the color of each ink, and color registration means for registering the color, the color that is registered by the color registration means writing, characterized in that it comprises a color selection means for selecting the time of writing, and a ink discharge means for discharging by mixing by the ink mixing means each of said ink based on the color selected by the color selection means apparatus.
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記色登録手段に登録される色は、前記複数のインクの混合した色、もしくは それ以外の色であることを特徴とする筆記装置。 2. The method of claim 1, the color registered in the color registration means, writing device which is a mixed color or other colors, the plurality of ink.
  3. 【請求項3】 少なくとも2色のインクを格納するインク格納手段と、 前記各インクの色を混合させるインク混合手段と、 前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させるインク吐出手段と、 被筆記媒体に摺接して作動し、前記インク吐出手段によって吐出されたインクを前記被筆記媒体上に供給する供給手段と、 前記供給手段の作動状態を検知する検知手段と、 前記インク吐出手段によって吐出するインクの色を変更する色変更手段と、 前記検知手段の検知状態に応じて、前記色変更手段を制御する制御手段と、 を有することを特徴とする筆記装置。 3. A ink storage means for storing the inks of at least two colors, and the ink mixing means for mixing the color of each ink, the ink discharge means for discharging the respective inks by mixing with the ink mixing means, operate in sliding contact with the writing medium, and a supply means for supplying on the object writing medium ink ejected by said ink ejection means, detection means for detecting the operating state of said supply means, by the ink ejecting unit color changing means for changing the color of the ink discharged, in response to said detection state of the detection means, the writing apparatus characterized by and a control means for controlling the color changing means.
  4. 【請求項4】 請求項3において、前記供給手段は、被筆記媒体の摺接部に回転自在に設けられたボールであり、前記検知手段は、前記ボールの回転量を検知する手段であることを特徴とする筆記装置。 4. The method of claim 3, said supplying means is a ball rotatably provided on the sliding contact portion of the writing medium, said detecting means is a means for detecting the amount of rotation of the ball writing device according to claim.
  5. 【請求項5】 請求項3または4において、 色を登録する色登録手段と、前記色登録手段により登録された色を筆記の際に選択する色選択手段とを有し、 前記インク吐出手段は、前記色選択手段により選択された色に基づいて前記各インクを前記インク混合手段により混合させて吐出させることを特徴とする筆記装置。 5. A method according to claim 3 or 4, comprising: a color registration means for registering the color, and a color selection means for selecting a color registered by the color registration means during writing, the ink discharge means , writing apparatus characterized by discharging the respective inks on the basis of the color selected by the color selection means by mixing with the ink mixing means.
  6. 【請求項6】 請求項5において、 前記色登録手段で登録された色を補正する色補正手段を有することを特徴とする筆記装置。 6. The method of claim 5, the writing apparatus characterized by having the color correction means for correcting the color registered in the color registration unit.
  7. 【請求項7】 請求項6において、 前記補正手段により補正された色を前記登録手段により再登録することを特徴とする筆記装置。 7. The method of claim 6, writing device, characterized in that the re-registration corrected color by the correction means by the registering means.
  8. 【請求項8】 請求項1、2、5〜7のいずれか1項において、 前記色登録手段に登録する色の種類は複数であることを特徴とする筆記装置。 8. Any one of claims 1,2,5~7, kinds of colors to be registered in the color registration means writing apparatus, wherein a plurality.
  9. 【請求項9】 請求項1、2、5〜8のいずれか1項において、 前記インク吐出手段と前記色選択手段は互いに独立して動作することを特徴とする筆記装置。 9. A any one of claims 1,2,5~8, writing device wherein the ink discharge unit and the color selection means, characterized in that operate independently of each other.
  10. 【請求項10】 請求項1、2、5〜9のいずれか1項において、 前記色登録手段に登録した色を確認するための表示手段を有することを特徴とする筆記装置。 10. Any one of claims 1,2,5~9, writing apparatus characterized by comprising a display means for confirming the color registered in the color registration unit.
JP10367718A 1998-12-24 1998-12-24 Writing device Pending JP2000190682A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10367718A JP2000190682A (en) 1998-12-24 1998-12-24 Writing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10367718A JP2000190682A (en) 1998-12-24 1998-12-24 Writing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000190682A true JP2000190682A (en) 2000-07-11

Family

ID=18490025

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10367718A Pending JP2000190682A (en) 1998-12-24 1998-12-24 Writing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000190682A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006007569A (en) * 2004-06-25 2006-01-12 Fuji Xerox Co Ltd Pen with writing controlling and writing controlling program for pen
JP2009078568A (en) * 2008-12-12 2009-04-16 Fuji Xerox Co Ltd Pen with writing control and writing control program for pen
KR101050054B1 (en) 2009-01-19 2011-07-19 장승룡 Color pen using electroosmotic micropump

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006007569A (en) * 2004-06-25 2006-01-12 Fuji Xerox Co Ltd Pen with writing controlling and writing controlling program for pen
JP2009078568A (en) * 2008-12-12 2009-04-16 Fuji Xerox Co Ltd Pen with writing control and writing control program for pen
KR101050054B1 (en) 2009-01-19 2011-07-19 장승룡 Color pen using electroosmotic micropump

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2321616T3 (en) System for inspection of a printed image.
US20070273917A1 (en) Methods, Apparatus and Software for Printing Location Pattern and Printed Materials
US4829455A (en) Graphics system for video and printed images
AU772145B2 (en) Electronically controllable pen
US5127748A (en) Documentation system having multilingual function
US20030117456A1 (en) Printhead for pen
US7092024B2 (en) Electronic camera having pen input function
US4934852A (en) Variable color display typewriter
US6283647B1 (en) Bar code printer that automatically sets one bar color in response to another bar color
WO1990014231A2 (en) Printer switchable between duplex and simplex mode on a page by page basis
US4992863A (en) Colored image reading apparatus
EP0982146A3 (en) Printer, recording medium for storing print control programs, and printing method
CA2223064A1 (en) Private print
US7445394B2 (en) Pen-like device incorporating a multi-colored printer
EP0942585A3 (en) Image processing method and apparatus and recording apparatus
KR100242151B1 (en) Image drawing apparatus for displaying input image on display means
KR100257638B1 (en) Graphic image generating apparatus
US6367993B2 (en) Printer system
US6502923B2 (en) Method and apparatus for two-color ink jet point of sale (POS) printing
TW424388B (en) Apparatus for converting analog image data into digital image data in cmos image sensor
US8175468B2 (en) Printing apparatus, printing method, and storage medium therefor, for executing a plurality of trail printings
US20040109035A1 (en) Printing apparatus, computer-readable medium, and printing method
RU1809925C (en) Method for partial computer retouching for reproduction of color images represented in digital form
JPH0833326B2 (en) The method of densitometer to identify the printed target portions analysis and densitometer
US6559778B1 (en) Alphanumerical keyboard