JP2000180320A - 材料試験機 - Google Patents

材料試験機

Info

Publication number
JP2000180320A
JP2000180320A JP10352855A JP35285598A JP2000180320A JP 2000180320 A JP2000180320 A JP 2000180320A JP 10352855 A JP10352855 A JP 10352855A JP 35285598 A JP35285598 A JP 35285598A JP 2000180320 A JP2000180320 A JP 2000180320A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
screw rod
testing machine
load cells
crosshead
test pieces
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10352855A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeshi Kawasaki
健史 川▲崎▼
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Shimadzu Corp
Original Assignee
Shimadzu Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimadzu Corp filed Critical Shimadzu Corp
Priority to JP10352855A priority Critical patent/JP2000180320A/ja
Publication of JP2000180320A publication Critical patent/JP2000180320A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 コンパクトな構成のもとに多くの試験片を一
度に試験することができ、しかも試験片を取り付ける際
のスペースが広く、その作業が容易な材料試験機を提供
する。 【解決手段】 ベッド1に対して旋回自在のテーブル3
の上に1本のねじ棹5を立て、そのねじ棹5に対して、
3本以上の水平のアーム7a〜7dが放射状に突出した
クロスヘッド7を支承し、その各アーム7a〜7dの先
端部近傍にそれぞれロードセル8a〜8dを配置するこ
とにより、試験機を大きくすることなくロードセル8a
〜8d相互の間のスペースを広くするとともに、テーブ
ル3を旋回させることにより各ロードセル8a〜8dの
配設位置を、1箇所に居る作業者の正面に位置させるこ
とを可能とし、試験片の取り付け作業を容易化する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、引張試験、圧縮試
験、あるいはピール試験等を行う際に用いられる材料試
験機に関し、更に詳しくは、品質管理等の用途において
比較的大量に試験を行うのに適した材料試験機に関す
る。
【0002】
【従来の技術】試験片に引張荷重や圧縮荷重を与えてそ
の物性を調査する材料試験機のうち、汎用的なものにお
いては、ベッド上に2本の鉛直のねじ棹を回転自在に支
持し、その各ねじ棹にそれぞれナットを介して水平梁状
のクロスヘッドを支承して、各ねじ棹の回転駆動によっ
てクロスヘッドを上下動させる構造が多用されている。
このような構造の材料試験機においては、通常、クロス
ヘッドの中央部に1個のロードセルが取り付けられ、そ
のロードセルとそれに対向するベッド上面に、一対の掴
み具等の試験片の装着具が設けられる。そして、試験片
は1個ずつ試験機にの装着具に取り付けられて試験され
る。
【0003】一方、材料の品質管理等の分野において
は、比較的大量に材料試験を行う必要があり、このよう
な品質管理等の用途には、上記の汎用的な材料試験機を
ベースにして、試験機の幅を広げるとともに、水平梁状
のクロスヘッドに所定の間隔で1列状に複数のロードセ
ルを取り付け、一度に複数の試験片の試験を実施できる
ようにした材料試験機が実用化されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、水平梁状の
クロスヘッドに複数のロードセルを取り付けて複数の試
験片を一度に試験できるようにした従来の材料試験機に
おいては、試験機の幅を広くしても、実用的にはロード
セルの取り付け個数はせいぜい3個程度であり、しかも
互いの間隔が狭く、結局、試験機の幅を広くして大型化
しても、一度に試験できる試験片個数は3個程度で、か
つ、その試験片を取り付けるための作業スペースが狭
く、作業性に劣るという問題がある。
【0005】本発明はこのような実情に鑑みてなされた
もので、従来のこの種の試験機に比して、コンパクトな
構成のもとに容易により多くの試験片の同時試験が可能
で、しかも試験片を取り付けるためのスペースをより広
くすることのできる材料試験機の提供を目的としてい
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
め、本発明の材料試験機は、テーブル上に支持され、駆
動機構により回転が与えられる1本の鉛直のねじ棹と、
このねじ棹に支承され、かつ、このねじ棹の回転により
上下動するとともに、当該ねじ棹を中心として水平方向
に放射状に伸びる3本以上のアームを備えてなるクロス
ヘッドと、そのアームの先端部近傍にそれぞれ設けられ
た複数のロードセルを有し、上記テーブルは、ねじ棹の
中心軸と略同一の鉛直軸を中心としてベッド上に旋回自
在に支持されていることによって特徴づけられる。
【0007】本発明は、ロードセルの配列を従来の一列
状、つまり1次元状から2次元状とすることによって、
試験機の幅を広くすることなく各ロードセル相互間に広
いスペースを確保すると同時に、その各ロードセルが装
着されるクロスヘッドをねじ棹およびそれを支持するテ
ーブルごと鉛直軸回りに旋回自在とすることにより、各
ロードセルの配設位置への試験片の取り付けに際して作
業者が試験機の回りを移動する必要をなくし、所期の目
的を達成しようとするものである。
【0008】すなわち、クロスヘッドを1本のねじ棹で
支承するとともに、そのねじ棹を中心として3本以上の
水平のアームを放射状に伸ばした形状とし、その各アー
ムの先端部近傍にそれぞれロードセルを設けることによ
り、各ロードセル相互間のスペースは、試験機を大型化
することなく、従来の水平梁状のクロスヘッドに一列状
にロードセルを設ける場合に比して広くなる。また、こ
のようにロードセルを単に2次元状に配置するだけで
は、各ロードセルの配設位置への試験片の装着に際して
は試験機の回りを作業者が回る必要が生じるが、ねじ棹
およびそれを支えるテーブルごとクロスヘッドを旋回自
在とすることにより、作業者は1箇所に居て試験機側を
旋回させることで全てのロードセルの配設位置に対して
試験片を取り付けることが可能となる。
【0009】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照しつつ本発明の
好適な実施の形態について述べる。図1は本発明の実施
の形態の部分断面正面図で、図2はその平面図である。
ベッド1の上面に鉛直方向に軸心を沿わせたピボット軸
2が固着されており、そのピボット軸2を中心としてテ
ーブル3が旋回自在にベッド1上に支持されている。ベ
ッド1とテーブル3、およびピボット軸2とテーブル3
の間には、テーブル3の旋回を容易化するために例えば
ブッシュ4等の潤滑性の良好な材料からなる部材が挿入
されている。
【0010】テーブル3上には、1本の鉛直のねじ棹5
が回動自在に支持されており、このねじ棹5は、テーブ
ル3の下方に配置されてこのテーブル3と一体的に旋回
する駆動機構6により、その軸心を中心とした回転が与
えられる。このねじ棹5の軸心は、ピボット軸2の軸心
と同軸上に位置している。そして、このねじ棹5には、
ナット5aを介してクロスヘッド7がその中心部におい
て支承されており、このナット5aはクロスヘッド7に
固定されている。また、テーブル3上には、ねじ棹5に
近接してこれと平行に伸びる1本のガイド棒5bが固定
されており、このガイド棒5bはクロスヘッド7に設け
られたブッシュ5cを貫通して、クロスヘッド7を鉛直
方向にガイドすると同時に、クロスヘッド7のねじ棹5
の回りへの回転を防止する。以上の構成により、ねじ棹
5を回転駆動することによってクロスヘッド7が上下動
するように構成されている。
【0011】クロスヘッド7は、この例において、ねじ
棹5に対する支承位置である中心部から4本のアーム7
a〜7dが水平方向に放射状に突出してなる十字型の形
状を有している。そして、各アーム7a〜7dの先端部
近傍にそれぞれロードセル8a〜8dが取り付けられて
いる。また、各ロードセル8a〜8dの下面の荷重感応
部には、それぞれ上部掴み具9a〜9dがユニバーサル
ジョイント(図示せず)を介して装着されているととも
に、その各上部掴み具9a〜9dに対向して、テーブル
3の上面にそれぞれ下部掴み具10a〜10dが装着さ
れている。
【0012】以上の構成からなる本発明の実施の形態に
おいては、上部掴み具9a〜9dとそれぞれに対向する
下部掴み具10a〜10dの間にそれぞれ試験片の両端
を取り付け、ねじ棹6を回転させてクロスヘッド7を上
下動させることによって最大4個の試験片を一度に試験
することができる。各試験片の各掴み具9a〜9d,1
0a〜10d間への取り付けに際しては、作業者は例え
ば試験機の正面等の1箇所に居て、各掴み具9a〜9
d,10a〜10dが順次正面に位置するようにテーブ
ル3を適宜に旋回させつつ、各掴み具9a〜9d,10
a〜10d間に試験片を取り付けることができる。そし
て、この試験片の取り付けに際しては、各掴み具9a〜
9d,10a〜10dは十字型に放射状に伸びる各アー
ム7a〜7dの各先端部近傍に位置しているため、例え
ば掴み具9aと10aの間に一つの試験片を取り付ける
べくこれらを正面に位置させた状態では、その両隣の掴
み具9bと10bおよび9dと10dは後方に位置し、
試験片の取り付けを行うための掴み具9aと10aの周
囲には大きなスペースが空き、試験片の取り付け作業を
阻害することがない。
【0013】なお、以上の実施の形態では、クロスヘッ
ド3に4本のアーム7a〜7dを設けた例を示したが、
本発明はこれに限定されることなく、アームの数は3本
以上の任意の数とすることができる。
【0014】また、ベッド1に対してテーブル3を旋回
自在に支持する機構は、上記のようにピボット軸2およ
びブッシュ4を用いる機構に限られることなく、他の任
意の公知の機構を採用し得ることは勿論である。更に、
各ロードセル8a〜8dに対応して設けられて試験片を
装着するための装着部材は、図1に示した掴み具のほ
か、試験に適した適宜の構造のものを用いてよいことは
言うまでもない。
【0015】
【発明の効果】以上のように、本発明によれば、クロス
ヘッドを1本のねじ棹で支承し、そのクロスヘッドはね
じ棹による支承位置を中心として3本以上の放射状のア
ームを備えたものとし、その各アームの先端部近傍にそ
れぞれロードセルを設けるとともに、クロスヘッドはね
じ棹並びにそれを支えるテーブルと一体的にベッドに対
して旋回自在としているから、複数のロードセルを一列
状に並べた従来の試験機に比して、試験機を大型化する
ことなくロードセル相互間のスペースを大きく採ること
が可能となり、各ロードセルの配設位置に対して試験片
を取り付ける際の作業性が大幅に改善され、しかも、テ
ーブルを適宜に旋回させることにより、作業者は1箇所
に居たままで全ての試験片の取付けが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態の構成を示す部分断面正面
図である。
【図2】図1の平面図である。
【符号の説明】
1 ベッド 2 ピボット軸 3 テーブル 4 ブッシュ 5 ねじ棹 5a ナット 5b ガイド棒 6 駆動装置 7 クロスヘッド 7a〜7d アーム 8a〜8d ロードセル 9a〜9d 上部掴み具 10a〜10d 下部掴み具

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 テーブル上に支持され、駆動機構により
    回転が与えられる1本の鉛直のねじ棹と、このねじ棹に
    支承され、かつ、このねじ棹の回転により上下動すると
    ともに、当該ねじ棹を中心として水平方向に放射状に伸
    びる3本以上のアームを備えてなるクロスヘッドと、そ
    のアームの先端部近傍にそれぞれ設けられた複数のロー
    ドセルを有し、上記テーブルは、ねじ棹の中心軸と略同
    一の鉛直軸を中心としてベッド上に旋回自在に支持され
    てなる材料試験機。
JP10352855A 1998-12-11 1998-12-11 材料試験機 Pending JP2000180320A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10352855A JP2000180320A (ja) 1998-12-11 1998-12-11 材料試験機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10352855A JP2000180320A (ja) 1998-12-11 1998-12-11 材料試験機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000180320A true JP2000180320A (ja) 2000-06-30

Family

ID=18426909

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10352855A Pending JP2000180320A (ja) 1998-12-11 1998-12-11 材料試験機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000180320A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104236995A (zh) * 2014-09-30 2014-12-24 江苏出入境检验检疫局轻工产品与儿童用品检测中心 一种奶瓶专用检测装置
CN107741356A (zh) * 2017-10-11 2018-02-27 河南理工大学 可变预紧力作用下不同尺度破碎煤岩压缩承载实验装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104236995A (zh) * 2014-09-30 2014-12-24 江苏出入境检验检疫局轻工产品与儿童用品检测中心 一种奶瓶专用检测装置
CN107741356A (zh) * 2017-10-11 2018-02-27 河南理工大学 可变预紧力作用下不同尺度破碎煤岩压缩承载实验装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5606262A (en) Manipulator for automatic test equipment test head
US4742980A (en) Positioning device for test heads
CN109100595A (zh) 一种电子元件检测装置
JP2000180320A (ja) 材料試験機
JP2000227392A (ja) 捩り・曲げ複合負荷試験機
CN103499489B (zh) 一种跨尺度、多视角原位力学动态捕捉测试平台
KR101993152B1 (ko) 회전 가능형 워크테이블 장치
CN108007384B (zh) 一种齿轮齿廓微观形貌测量装置
CN207287222U (zh) 一种装修涂料搅拌装置
JP2003247923A (ja) 材料試験機
CN213301917U (zh) 一种建材检测装置
JP2000271887A (ja) ロボット地上試験装置
CN105424816B (zh) 一种轴类检测工具的灵敏度校准平台
US4789296A (en) Industrial robot
CN209657157U (zh) 旋转式斜台
JP2775295B2 (ja) ワイヤ回転曲げ疲労試験機及びその試験機による疲労試験方法
CN215833331U (zh) 一种用于锥形件试块的无损检测放置架
JPH0648376Y2 (ja) 振動試験治具
CN206913006U (zh) 一种电器附件可靠性测试用通用夹具
JPH05180743A (ja) 2軸型材料試験機
CN215893564U (zh) 一种铆螺母检测设备
JP2735859B2 (ja) プローバ及びプロービング方法
CN108449476A (zh) 一种测试设备
CN211205993U (zh) 一种疲劳试验机
CN212228846U (zh) 一种超声波探轮试验台