JP2000177190A - 画像形成装置 - Google Patents

画像形成装置

Info

Publication number
JP2000177190A
JP2000177190A JP10358620A JP35862098A JP2000177190A JP 2000177190 A JP2000177190 A JP 2000177190A JP 10358620 A JP10358620 A JP 10358620A JP 35862098 A JP35862098 A JP 35862098A JP 2000177190 A JP2000177190 A JP 2000177190A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
sheet
sheet paper
roll paper
roll
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10358620A
Other languages
English (en)
Inventor
Hitomi Suzuki
仁美 鈴木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Copyer Co Ltd
Original Assignee
Copyer Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Copyer Co Ltd filed Critical Copyer Co Ltd
Priority to JP10358620A priority Critical patent/JP2000177190A/ja
Publication of JP2000177190A publication Critical patent/JP2000177190A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】使用する記録媒体をロール紙からシート紙に変
える際に使い勝手の良い画像形成装置を提供する。 【解決手段】共通搬送路に位置するロール紙が共通搬送
路から除去されるまでの間、ピックアップローラ50と
案内板52とでシート紙を挟持するように構成した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ロール紙やシート
紙などの記録媒体に画像を形成する画像形成装置に関す
る。
【0002】
【従来の技術】コンピュータやワークステーションの出
力装置の一つとして、インクを吐出して記録紙などの記
録媒体に画像を形成するインクジェット方式画像形成装
置や、現像剤を使って記録媒体に画像を形成する電子写
真方式の画像形成装置が知られている。これらの画像形
成装置には、記録媒体としてシート紙(カット紙)及び
ロール紙双方を選択的に使えるタイプのものがある。
【0003】このタイプの画像形成装置では、通常、シ
ート紙を挿入するシート紙挿入口とロール紙を挿入する
ロール紙挿入口とが別々に形成されている。また、シー
ト紙挿入口から所定の合流位置までの間には、シート紙
が専用に搬送されるシート紙専用搬送路が形成されてい
る。さらに、ロール紙挿入口から上記の合流位置までの
間には、ロール紙が専用に搬送されるロール紙専用搬送
路が形成されている。さらにまた、上記の合流位置か
ら、記録媒体が排出される排紙口までの間には、シート
紙及びロール紙が選択的に搬送される共通搬送路が形成
されている。この共通搬送路の途中には、記録媒体に画
像を形成する画像形成領域が形成されている。
【0004】シート紙挿入口から挿入されたシート紙
は、上記のシート紙専用搬送路を経て共通搬送路に搬送
される。シート紙が共通搬送路を搬送されている途中
で、画像形成領域においてこのシート紙に画像が形成さ
れ、その後、排紙口から排出される。一方、ロール紙挿
入口から挿入されたロール紙は、上記のロール紙専用搬
送路を経て共通搬送路に搬送され、このロール紙が共通
搬送路を搬送されている途中で画像形成領域においてこ
のロール紙に画像が形成され、その後、排紙口から排出
される。
【0005】シート紙が排紙口から排出された後には、
シート紙挿入口からさらにシート紙を挿入しない限り共
通搬送路にはシート紙が無いこととなる。ところが、ロ
ール紙の場合、ロール紙のうち画像の形成された部分は
排紙口から排出されるが、画像の形成されていない部分
は共通搬送路に残ったままである。このため、ロール紙
に画像を形成した後、引き続いてシート紙に画像を形成
する場合、共通搬送路に残ったロール紙を取り除く必要
がある。
【0006】共通搬送路に残ったロール紙を取り除く技
術として、シート紙挿入口の近傍にシート紙検知センサ
を配置しておき、このシート紙検知センサがシート紙を
検知すると、ロール紙が共通搬送路を逆方向に搬送され
てロール紙専用搬送路にまで戻るようにした技術が知ら
れている。この技術では、ロール紙に画像を形成した後
にシート紙に画像を形成しようとするユーザは、シート
紙をシート紙挿入口に差し込んで手に持ったまま、ロー
ル紙がロール紙専用搬送路に戻るまで待機しておかなけ
ればならない。このように、使用する記録媒体をロール
紙からシート紙に変える際にシート紙を手に持ったまま
で待つ必要がある画像形成装置では、無駄な時間が必要
となり、使い勝手が非常に悪い。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記事情に
鑑み、使用する記録媒体をロール紙からシート紙に変え
る際に使い勝手の良い画像形成装置を提供することを目
的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
の本発明の画像形成装置は、シート紙が挿入されるシー
ト紙挿入口から所定の合流位置まで延びる、シート紙が
専用に搬送されるシート紙専用搬送路と、ロール紙が挿
入されるロール紙挿入口から前記合流位置まで延びる、
ロール紙が専用に搬送されるロール紙専用搬送路と、前
記合流位置から所定の排紙口まで延びる、シート紙及び
ロール紙が選択的に搬送される共通搬送路とを有し、該
共通搬送路の途中に位置する画像形成領域に搬送されて
きたシート紙及びロール紙に画像を形成する画像形成装
置において、(1)前記シート紙挿入口に差し込まれた
シート紙を検知する、該シート紙挿入口の近傍に配置さ
れたシート紙検知手段と、(2)該シート紙検知手段が
シート紙を検知したときに、前記共通搬送路に位置する
ロール紙を前記ロール紙専用搬送路まで退避させる退避
手段と、(3)該退避手段がロール紙を退避させている
間、前記シート紙挿入口に差し込まれているシート紙を
挟持しておくシート紙挟持手段とを備えたことを特徴と
するものである。
【0009】ここで、前記シート紙挟持手段は、(4)
前記シート紙専用搬送路に配置されたローラと、(5)
前記シート紙専用搬送路を構成する案内板とから構成さ
れたものであってもよい。
【0010】また、前記シート紙挟持手段は、(6)前
記シート紙専用搬送路に配置された、シート紙を挟持す
る一対のローラから構成されたものであってもよい。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の画
像形成装置の実施形態を説明する。
【0012】図1は、本発明の画像形成装置の一実施形
態であるプロッタの概略構成を示す斜視図である。
【0013】プロッタ10は、キャスタ12a付きのス
タンド12の上部に固定されている。プロッタ10は、
このプロッタ10を操作するための操作部14を備えて
おり、この操作部14に設置された各種のスイッチ等を
操作することにより、紙サイズ、オンライン/オフライ
ン、コマンドなどが指示される。また、操作部14の下
には、ロール紙が収容されるロール紙収容部18が形成
されている。
【0014】プロッタ10では、記録媒体として、シー
ト状の記録紙(シート紙)及びロール状に巻かれた記録
紙(ロール紙)双方を選択的に使える。シート紙を使う
場合、シート紙を矢印A方向からシート紙挿入口16に
挿入する。挿入されたシート紙は、操作部14からの指
示に基づいてプロッタ10の内部に搬送され、画像が印
字されて排出される。なお、ロール紙20(図2参照)
を使用する場合については後述する。
【0015】図2から図4までを参照して、記録紙の搬
送路と印字(画像形成)工程を説明する。
【0016】図2は、図1のプロッタにおける記録媒体
の挿入から排出までの搬送路を示す模式図である。図3
は、図2の搬送路を拡大して示す模式図であり、ロール
紙が搬送路の途中に停止している状態を示す。図4は、
図2の搬送路を拡大して示す模式図であり、ロール紙が
排紙口の近くにまで搬送されている状態を示す。
【0017】プロッタ10では、上述したようにシート
紙挿入口16から挿入されたシート紙、及びロール紙挿
入口22から挿入されたロール紙20双方に印字でき
る。先ず、シート紙挿入口16から挿入されたシート紙
の搬送路を説明する。
【0018】ロール紙20のカバー24上で、例えば大
判のシート紙を整置して矢印A方向からシート紙挿入口
16に挿入する。このシート紙挿入口16から搬送コロ
28までの間には、シート紙が専用に搬送されるシート
紙専用搬送路が形成されている。搬送コロ28が配置さ
れている位置は、上記のシート紙専用搬送路と後述する
ロール紙専用搬送路が合流する合流位置でもある。な
お、この合流位置から排紙口44までの間には、シート
紙及びロール紙が選択的に搬送される共通搬送路が形成
されている。
【0019】シート紙挿入口16から挿入されたシート
紙は、カバー24と上ガイド26とに挟まれたシート紙
専用搬送路を通り、搬送コロ28、コロ支持板30に回
転自在に固定された下搬送コロ32と上搬送コロ34、
及び駆動ローラ36とに挟持されながら、印字板38の
上方(本発明にいう画像形成領域の一例である)に搬送
される。画像形成領域を通過したシート紙は、その後、
排出ローラ40とその上に位置する拍車42とに挟持さ
れて排紙口44から排出される。
【0020】プロッタ10は、矢印A方向に直交する走
査方向に往復動するキャリッジ(図示せず)を備えてい
る。このキャリッジはヘッドホルダ46を備えており、
このヘッドホルダ46には、4種類のカラーインク(例
えば、シアン、マゼンタ、イエロー、黒)それぞれが収
容された4つの印字ヘッドが装着されている。キャリッ
ジは、駆動モータ(図示せず)に掛設されたベルト(図
示せず)に固定されており、このベルトは、駆動モータ
の正逆回転によって上記の走査方向に往復動する。ベル
トが走査方向に往復動すると、キャリッジも案内レール
(図示せず)に案内されて走査方向に往復動する。
【0021】シート紙は矢印A方向に断続的に搬送され
る。シート紙に画像を形成するに当たっては、シート紙
を一時的に停止させ、キャリッジを走査方向に走査させ
ながら、入力された画像情報に基づいて印字ヘッドから
インクを吐出し、シート紙のうち画像形成領域に位置す
る部分に1バンド分の画像を形成する。その後、所定長
さだけシート紙を搬送して画像形成領域に新たに位置す
る部分に次のバンド分の画像を形成する。この動作をシ
ート紙の全長に亘って繰り返す。これにより、シート紙
にカラー画像が形成される。カラー画像が形成されたシ
ート紙は排出ローラ40と拍車42とに挟持されながら
排紙口44から排出される。
【0022】次に、ロール紙挿入口22から挿入された
ロール紙20が搬送される搬送路を説明する。
【0023】ロール紙挿入口22から搬送コロ28まで
の間には、ロール紙が専用に搬送されるロール紙専用搬
送路が形成されている。ロール紙挿入口22から挿入さ
れたロール紙は、ロール紙専用搬送路を通り、搬送コロ
28と駆動ローラ36とに挟持される。これ以降は、シ
ート紙の搬送経路と同様である。
【0024】上記したシート紙やロール紙の搬送路に
は、これらシート紙やロール紙を検知する複数の検知セ
ンサが配置されている。これら複数の検知センサは、フ
ォトダイオード等を利用した周知の発光素子や受光素子
が用いられている。図3、図4に示すように、シート紙
挿入口16の近傍には、このシート紙挿入口16に挿入
されたシート紙を検知すると共にシート紙の後端も検知
するシート紙後端検知センサS1が配置されている。な
お、シート紙後端検知センサS1よりも搬送方向下流側
には、案内板52との間にシート紙を挟持するピックア
ップローラ50が配置されている。このピックアップロ
ーラ50は、後述するタイミングで回転する。
【0025】また、ロール紙挿入口22の近傍には、こ
のロール紙挿入口22に挿入されたロール紙を検知する
ロール紙給紙センサS2が配置されている。また、搬送
コロ28よりも搬送方向のやや下流側には、シート紙を
検知するシート紙検知センサS3が配置されている。さ
らに、排出ローラ40よりも搬送方向下流側には、排出
されるシート紙の先端を検知する排紙センサS4が配置
されている。さらに、排紙センサS4よりも搬送方向の
やや下流側には、排紙センサS4を通過してきたシート
紙及びロール紙を検知するセンサS5が配置されてい
る。
【0026】上記のシート紙後端検知センサS1がシー
ト紙の後端を検知したタイミングと排紙センサS4がシ
ート紙の後端を検知したタイミングとに基づいてシート
紙の長さやサイズが判断される。また、ロール紙給紙セ
ンサS2がロール紙を検知すると、駆動ローラ36が回
転し始めてロール紙を搬送し始める。
【0027】図5を参照して、パス切替板を説明する。
【0028】図5は、パス切替板を示す斜視図である。
【0029】搬送コロ28よりも搬送方向のやや上流側
には、上記したシート紙専用搬送路及びロール紙専用搬
送路のうちのいずれかを選択するためのパス切替板60
が配置されている。パス切替板60は、ギア62やカム
64を介してパス切替モータ66に接続されている。パ
ス切替板60が上昇したときは、シート紙専用搬送路が
閉じられてロール紙専用搬送路が開放される。一方、パ
ス切替板60が下降したときは、ロール紙専用搬送路が
閉じられてシート紙専用搬送路が開放される。パス切替
板60の側方には、パス切替板60が上昇しているか下
降しているかを検知するシート紙ポジションセンサ66
とロール紙ポジションセンサ68が配置されている。シ
ート紙ポジションセンサ66がONのときはロール紙ポ
ジションセンサ68はOFFである。このときは、パス
切替板60は下降しており、シート紙専用搬送路が開放
されている。一方、ロール紙ポジションセンサ68がO
Nのときはシート紙ポジションセンサ66はOFFであ
る。このときは、パス切替板60は上昇しており、ロー
ル紙専用搬送路が開放されている。なお、パス切替板6
0は、上記したシート紙後端検知センサS1が一定時間
ONになるタイミングか、もしくはシート紙に画像を形
成し終るタイミングでパス切替モータ66が回転するこ
とにより下降する。
【0030】ここで、ロール紙が共通搬送路に位置して
いる状態でシート紙をシート紙挿入口16に挿入した場
合について説明する。
【0031】図4に示すように、ロール紙が共通搬送路
に位置しているときは、パス切替板60が上昇してロー
ル紙専用搬送路が開放されており、シート紙を共通搬送
路で搬送できない。この場合、シート紙をシート紙挿入
口16から挿入するとシート紙後端検知センサS1がO
Nとなり、このONの状態が所定時間(例えば1秒)経
過すると、ピックアップローラ50が少しだけ回転して
停止し、シート紙を案内板52との間に挟持する。その
後、駆動ローラ36が矢印B方向に逆回転し始める。こ
のように駆動ローラ36が矢印B方向に逆回転する場
合、この駆動ローラ36が、本発明にいう退避手段の一
例となる。駆動ローラ36の逆回転は、ロール紙の先端
がシート紙検知センサS3を通過するまで続く。ロール
紙の先端がシート紙検知センサS3を通過してロール紙
が共通搬送路から排除されると、パス切替板60が下降
してロール紙専用搬送路を閉じ、シート紙専用搬送路を
開放する。
【0032】このように共通搬送路に位置するロール紙
が共通搬送路から除去されるまでの間、ピックアップロ
ーラ50と案内板52とにシート紙が挟持されているの
で、ユーザはシート紙を手で持っている必要がない。こ
のため、無駄な時間が無くなり、使い勝手が非常に良
い。なお、ピックアップローラ50と案内板52に代え
て、一対のローラでシート紙を挟持するように構成して
もよい。
【0033】上述したようにパス切替板60が下降して
シート紙専用搬送路が開放されると、ピックアップロー
ラ50が再び回転し始める。この回転によってシート紙
がシート紙専用搬送路を搬送され、シート紙後端検知セ
ンサS1とシート紙検知センサS3とが同時にONにな
ると、数秒後(例えば1.5秒後)に駆動ローラ36が
回転し始め、シート紙が共通搬送路を搬送され始める。
【0034】上述のようにしてシート紙が搬送され始め
て給紙動作が開始すると同時に、キャリッジに搭載され
た用紙センサ(図示せず)がシート紙の幅を測定し、ま
た、斜行の有無を検知する。さらに、搬送路に配置され
た各種センサ(S1〜S5など)によってシート紙の長
さが測定され、給紙エラーの有無が検知される。給紙動
作が終了した後、シート紙の先端は所定のプリント待機
位置で停止し、例えばコンピュータからのデータ転送待
ち状態になる。データが送られてくると、上述したよう
な手順でシート紙に画像が形成される。なお、プリント
待機位置とは、シート紙の先端に形成される余白の長さ
に相当する距離だけ、シート紙先端が印字ヘッドを通過
した位置をいう。
【0035】ロール紙が搬送される場合を説明する。
【0036】ロール紙がロール紙挿入口22に挿入され
てロール紙給紙センサS2がONするか、もしくは、シ
ート紙に画像を形成し終ってパス切替板60が上昇した
ときにロール紙がロール紙挿入口22に挿入されている
と、この数秒後(例えば1.5秒後)にメインモータ
(図示せず)が回転し始めて駆動ローラ36が回転し始
める。ロール紙先端が排紙センサS4を所定長さ(例え
ば300mm)だけ通過するとロール紙が停止し、この
位置でユーザがカバー54を開けて斜行を修正する。こ
の斜行修正後にカバー54が閉じられると、ロール紙は
逆方向に搬送され、その先端が印字板38まで戻る。そ
の後、キャリッジに搭載された用紙センサ(図示せず)
がロール紙の幅を測定し、また、斜行の有無を検知す
る。さらに、ロール紙先端を揃えるためにこの先端が裁
断される。その後、ロール紙の先端が所定のプリント待
機位置で停止し、例えばコンピュータからのデータ転送
待ち状態になる。データが送られてくると、上述したよ
うな手順でロール紙に画像が形成される。
【0037】
【発明の効果】以上説明したように本発明の画像形成装
置によれば、退避手段がロール紙を退避させている間、
シート紙挿入口に差し込まれたシート紙をシート紙挟持
手段が挟持しているので、このシート紙をユーザが持ち
続けておく必要がない。このため、ユーザはシート紙を
シート紙挿入口に差し込んだ後にこのシート紙から手を
離せるので使い勝手の良い画像形成装置が得られる。
【0038】ここで、シート紙挟持手段は、シート紙専
用搬送路に配置されたローラと、シート紙専用搬送路を
構成する案内板とからなるものである場合は、ローラと
案内板とでシート紙挟持手段を構成できるので、簡易な
構造のシート紙挟持手段が得られることとなる。
【0039】また、シート紙挟持手段は、シート紙専用
搬送路に配置された、シート紙を挟持する一対のローラ
からなるものである場合は、一対のローラでシート紙挟
持手段を構成できるので、簡易な構造のシート紙挟持手
段が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の画像形成装置の一実施形態であるプロ
ッタの概略構成を示す斜視図である。
【図2】図1のプロッタにおける記録媒体の挿入から排
出までの搬送路を示す模式図である。
【図3】図2の搬送路を拡大して示す模式図であり、ロ
ール紙が搬送路の途中に停止している状態を示す。
【図4】図2の搬送路を拡大して示す模式図であり、ロ
ール紙が排紙口の近くにまで搬送されている状態を示
す。
【図5】パス切替板を示す斜視図である。
【符号の説明】
10 プロッタ 16 シート紙挿入口 28 搬送コロ 36 駆動ローラ 44 排紙口 20 ロール紙 22 ロール紙挿入口 50 ピックアップローラ 52 案内板 S1 シート紙後端検知センサ S2 ロール紙給紙センサ S3 シート紙検知センサ S4 排紙センサ

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シート紙が挿入されるシート紙挿入口か
    ら所定の合流位置まで延びる、シート紙が専用に搬送さ
    れるシート紙専用搬送路と、 ロール紙が挿入されるロール紙挿入口から前記合流位置
    まで延びる、ロール紙が専用に搬送されるロール紙専用
    搬送路と、 前記合流位置から所定の排紙口まで延びる、シート紙及
    びロール紙が選択的に搬送される共通搬送路とを有し、 該共通搬送路の途中に位置する画像形成領域に搬送され
    てきたシート紙及びロール紙に画像を形成する画像形成
    装置において、 前記シート紙挿入口に差し込まれたシート紙を検知す
    る、該シート紙挿入口の近傍に配置されたシート紙検知
    手段と、 該シート紙検知手段がシート紙を検知したときに、前記
    共通搬送路に位置するロール紙を前記ロール紙専用搬送
    路まで退避させる退避手段と、 該退避手段がロール紙を退避させている間、前記シート
    紙挿入口に差し込まれているシート紙を挟持しておくシ
    ート紙挟持手段とを備えたことを特徴とする画像形成装
    置。
  2. 【請求項2】 前記シート紙挟持手段は、 前記シート紙専用搬送路に配置されたローラと、 前記シート紙専用搬送路を構成する案内板とからなるも
    のであることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装
    置。
  3. 【請求項3】 前記シート紙挟持手段は、 前記シート紙専用搬送路に配置された、シート紙を挟持
    する一対のローラからなるものであることを特徴とする
    請求項1に記載の画像形成装置。
JP10358620A 1998-12-17 1998-12-17 画像形成装置 Pending JP2000177190A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10358620A JP2000177190A (ja) 1998-12-17 1998-12-17 画像形成装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10358620A JP2000177190A (ja) 1998-12-17 1998-12-17 画像形成装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000177190A true JP2000177190A (ja) 2000-06-27

Family

ID=18460264

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10358620A Pending JP2000177190A (ja) 1998-12-17 1998-12-17 画像形成装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000177190A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100428545B1 (ko) * 2001-12-29 2004-04-29 삼성전자주식회사 용지종류 감별기능을 갖는 화상형성장치 및 그 구동제어방법
WO2004094154A1 (ja) * 2003-04-21 2004-11-04 Seiko Epson Corporation プリンタおよびその制御方法
JP2013103413A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Ricoh Co Ltd 画像形成装置、及び画像形成方法
WO2013105901A1 (en) * 2012-01-09 2013-07-18 Venture Corporation Limited An apparatus and methods for dispensing at least one segment of a printed media sheet with a plurality of segments
JP2015199577A (ja) * 2014-04-09 2015-11-12 セイコーエプソン株式会社 記録装置

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100428545B1 (ko) * 2001-12-29 2004-04-29 삼성전자주식회사 용지종류 감별기능을 갖는 화상형성장치 및 그 구동제어방법
WO2004094154A1 (ja) * 2003-04-21 2004-11-04 Seiko Epson Corporation プリンタおよびその制御方法
JP2013103413A (ja) * 2011-11-14 2013-05-30 Ricoh Co Ltd 画像形成装置、及び画像形成方法
WO2013105901A1 (en) * 2012-01-09 2013-07-18 Venture Corporation Limited An apparatus and methods for dispensing at least one segment of a printed media sheet with a plurality of segments
US9589214B2 (en) 2012-01-09 2017-03-07 Venture Corporation Limited Apparatus and methods for dispensing at least one segment of a printed media sheet with a plurality of segments
JP2015199577A (ja) * 2014-04-09 2015-11-12 セイコーエプソン株式会社 記録装置
US9969585B2 (en) 2014-04-09 2018-05-15 Seiko Epson Corporation Recording apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6222972B2 (ja) プリント装置およびプリント方法
US20120051823A1 (en) Recording apparatus and its control method
JP2007145485A (ja) 記録媒体搬送機構及びこれを備えた画像記録装置
JP2001113690A (ja) 印字装置
JP2002059599A (ja) 両面印刷装置
JP2006056655A (ja) プリンタ
JP2011084382A (ja) 画像形成装置
JP2000177190A (ja) 画像形成装置
JP4155010B2 (ja) 記録装置
JP2003205657A (ja) インクジェット記録装置
JP4744388B2 (ja) 画像形成装置
JP4640617B2 (ja) 画像記録装置
JP5316443B2 (ja) インクジェットプリンタ
JP3805174B2 (ja) 記録媒体後端検出方法及び記録装置
JP2001150690A (ja) プリンタヘッドのクリーニング方法及びプリンタヘッド
JP2002332153A (ja) シート材搬送装置および画像形成装置
JP2010069723A (ja) インクジェットプリンタ
JP2006117333A (ja) 情報処理装置の制御方法
JP2006110747A (ja) 画像形成方法および画像形成装置
JP2003175648A (ja) 画像形成装置
JP2005104084A (ja) マルチページカットシートに画像を印刷することができる印刷装置
JP2022028217A (ja) インクジェット記録装置
JP2011084021A (ja) 画像形成装置
JP2001138600A (ja) 記録装置
JP2000225739A (ja) インクジェット記録装置およびその記録方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051031

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070912

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070914

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080124