JP2000172903A - 紙幣入出金機 - Google Patents

紙幣入出金機

Info

Publication number
JP2000172903A
JP2000172903A JP34841498A JP34841498A JP2000172903A JP 2000172903 A JP2000172903 A JP 2000172903A JP 34841498 A JP34841498 A JP 34841498A JP 34841498 A JP34841498 A JP 34841498A JP 2000172903 A JP2000172903 A JP 2000172903A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
bill
port
storage
paper money
dispensing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP34841498A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4325886B2 (ja )
Inventor
Riichi Kato
Kuninao Matsuura
Yasunari Niioka
Shinji Shibata
利一 加藤
康也 新岡
邦尚 松浦
伸二 柴田
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 紙幣判別部を含む紙幣搬送路を双方向に搬送
する構成の紙幣入出金機で、該紙幣搬送路を簡素な構成
にした紙幣入出金機、さらに一時保管庫や他の各収納庫
も簡素な構成にできる紙幣入出金機、日本円紙幣だけで
なく、様々なサイズの紙幣に対し紙幣ジャムの少ない高
信頼の紙幣入出金機を提供すること。 【解決手段】 紙幣判別部30を通る紙幣搬送路501bを双
方向に搬送できるように構成するとともに、入金された
紙幣を入金口あるいは入出金口20から紙幣判別部30を通
過し一時保管庫40に搬送する入金計数動作時と、出金紙
幣を紙幣収納庫60,70,80,81,70から紙幣判別部30を通過
し出金口あるいは入出金口20に搬送する出金動作時は、
該紙幣搬送路501bを第一の搬送方向に駆動し、一時保管
庫40に収納された紙幣を取引成立後紙幣収納庫60,70,8
0,81,70に収納する入金収納時は、該紙幣搬送路501bを
第一の搬送方向と反対の第二の搬送方向に駆動する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、一般の利用者がカ
ードや通帳等を使用して、現金を直接入出金する現金自
動取引装置に実装され、紙幣を取り扱う紙幣入出金機に
関する。

【0002】

【従来の技術】従来、例えば金融機関等で使用される現
金自動取引装置に実装される紙幣入出金機は、利用者が
紙幣を投入し、投入した紙幣を繰り出し、また利用者に
放出する紙幣を収納する入出金口と、紙幣を判別する紙
幣判別部と、この紙幣判別部を通過し紙幣を搬送する紙
幣搬送路を備え、さらに、入金した紙幣を一旦収納する
一時保管庫と、入金紙幣を収納する入金庫と、出金用の
紙幣を繰り出す出金庫と、入出金兼用の紙幣を収納し繰
り出すリサイクル庫と、入金庫やリサイクル庫に収納し
ない入金紙幣や、出金庫から繰り出された紙幣のうち出
金しない紙幣を収納するリジェクト庫と、リサイクル庫
に対して補充する紙幣を繰り出し、リサイクル庫から回
収する紙幣を収納する装填・回収庫などの各ユニットを
組み合わせた構成を有しており、これらの各ユニットの
構成、配置、および、各ユニットを接続する紙幣搬送路
のルートとして様々な構成のものが提案されている。特
に、最近では、紙幣搬送路を簡素で、最短のルートにす
るため、紙幣判別部を含む紙幣搬送路を双方向に搬送す
る構成が提案されている。

【0003】例えば、特開平10−188074号公報
「紙幣入出金機」に記載の例では、紙幣鑑別部を双方向
に通過する双方向搬送路を有し、入出金口および一時保
管庫(一時保留収納庫)、リサイクル庫(万円および千
円紙幣収納部)を接続している。また、特開平8−19
4861号公報「紙幣入出金装置」に記載の例では、紙
幣鑑別部を双方向に通過する双方向搬送路を有し、入出
金口および一時保管庫とリサイクル庫(金種別カセッ
ト)が一体になった収納庫を接続している。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】現金自動取引装置の普
及に伴い、紙幣入出金機は、従来の機能や性能を確保し
ながら、より小型、低コスト、使いやすさに対するニー
ズがますます高まっている。一方、取り扱う紙幣は、国
内での外国紙幣の取り扱いの増加や国外での紙幣入出金
機のニーズの高まりに伴い、日本円紙幣だけでなく、外
国紙幣も取り扱える装置が求められている。従来の技術
において、入金した紙幣を出金にリサイクルする還流タ
イプの紙幣入出金機のうち、上述のような紙幣判別部を
含む紙幣搬送路を双方向に搬送する構成、例えば、上記
特開平10−188074号公報記載の例では、紙幣鑑
別部を双方向に通過する双方向搬送路を有し、入出金口
および一時保管庫、リサイクル庫(万円および千円紙幣
収納部)を接続するようにしているが、この場合の双方
向の搬送路は、それぞれ別の駆動源を必要とする3つの
双方向搬送路で構成され、入金(入金の確定前動作、入
金の確定後動作)、出金動作時、それぞれの搬送路の方
向を独立に切り替える必要がある構成となっている。ま
た、紙幣鑑別部では双方向とも紙幣を厳格に判別する必
要があるため、双方向いずれの搬送時の際の判別にも処
理時間を必要とするとともに判定アルゴリズムも複雑に
なり、判別結果に対応して切り替えるために紙幣鑑別部
の両側に設ける切替えゲートの配置位置も制約を受け、
判別処理時間に対応した距離だけ紙幣鑑別部から離れた
位置に設けなければならないため搬送路が長くなるとい
う問題がある。

【0005】また、上記特開平8−194861号公報
記載の例では、紙幣鑑別部を双方向に通過する双方向搬
送路を有し、入出金口および一時保管庫とリサイクル庫
(万円および千円紙幣の金種別カセット)が一体になっ
た収納庫を接続しており、この部分についての搬送路構
成自体は簡素になっているが、その代わり、一時保管庫
は複数のリサイクル庫に個別に設けられている。その結
果、複数の一時保管庫が必要になり、また、リサイクル
庫のない金種(例えば、日本円用の紙幣入出金機の従来
例で見られるような五千円紙幣、あるいは、海外に見ら
れるような5〜6金種の多種の紙幣が流通している場
合)の紙幣が入金された場合には、その紙幣を一時保管
するための専用の一時保管庫を別に設ける必要がある。

【0006】この種の装置は、金融機関の自動機コーナ
ーで終日無人で稼動するのが一般的であり、利用者の現
金の入出金の取引に対し、高信頼な稼動を必要とする。
例えば、入金取引においては、様々な利用者が、折れや
破れのある紙幣や、誤って硬貨や異物を紙幣に混入し
て、入金口に投入する場合がある。このような紙幣を繰
出す際に、大きく傾いたり、破れたりしてして、搬送状
態によっては、紙幣搬送路でジャムが発生する可能性が
少なくない。

【0007】さらには、外国紙幣も取り扱える装置で
は、金種の数が日本円の場合より増えるだけでなく、紙
幣のサイズが金種によって長手、短手方向とも大きく異
なる場合が多く、入金口に投入した多数枚の紙幣は、整
列性が大きく乱れている可能性がある。また、紙幣の折
れや破れの度合いも、各国の紙幣の流通事情から見る
と、日本円よりも悪条件の紙幣がある。したがって、紙
幣搬送路での紙幣ジャムの低減が重要な課題となる。複
雑な駆動方式を採用したり、複数の一時保管庫の実装
や、分岐/合流点が多いと、紙幣搬送路での紙幣ジャム
の可能性が高い。本発明の第一の目的は、紙幣判別部を
含む紙幣搬送路を双方向に搬送する構成の紙幣入出金機
において、該紙幣搬送路を簡素な短縮された構成にする
ことが可能な紙幣入出金機を提供することにある。本発
明の第二の目的は、上記第1の目的に加え、さらに該紙
幣搬送路に接続される一時保管庫や他の各収納庫も簡素
な構成にすることが可能な紙幣入出金機を提供すること
にある。本発明の第三の目的は、日本円紙幣だけでな
く、様々なサイズの紙幣に対し紙幣ジャムの少ない高信
頼の紙幣入出金機を提供することにある。

【0008】

【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達
成するために、入出金口と、紙幣判別部と、1ケの一時
保管庫と、1ケ以上の紙幣収納庫と、紙幣搬送路を有す
る紙幣入出金機において、(A)少なくとも紙幣判別部
を通る紙幣搬送路を、紙幣を双方向に搬送できるように
構成するとともに、入金された紙幣を入金口あるいは入
出金口から紙幣判別部を通過し一時保管庫に搬送する入
金計数動作時と、出金紙幣を紙幣収納庫から紙幣判別部
を通過し出金口あるいは入出金口に搬送する出金動作時
は、該紙幣搬送路を第一の搬送方向に駆動し、一時保管
庫に収納された紙幣を取引成立後紙幣収納庫に収納する
入金収納時は、該紙幣搬送路を第一の搬送方向と反対の
第二の搬送方向に駆動することを特徴としている。

【0009】また、(B)少なくとも、入金口あるいは
入出金口の紙幣繰り出し口と紙幣判別部の第1の紙幣出
入口間の第1の経路と、紙幣判別部を通る第2の経路
と、紙幣判別部の第2の紙幣出入口と一時保管庫間の第
3の経路と、紙幣判別部の第2の紙幣出入口と出金口あ
るいは入出金口の紙幣収納口間の第4の経路と、紙幣判
別部の第1の紙幣出入口と1つ以上の紙幣収納庫間の第
5の経路のうち、少なくとも第2,3,5の経路に対応
する搬送路を紙幣を双方向に搬送できるように構成す
る。さらに、(C)前記紙幣搬送路を、紙幣を双方向に
搬送できるように構成するとともに、一時保管庫は紙幣
繰り出し口と紙幣収納口が同一で、紙幣収納庫のうち、
入出金兼用の紙幣を収納し繰り出すリサイクル庫は紙幣
繰り出し口と紙幣収納口が同一で、入金口および出金口
あるいは入出金口は紙幣繰り出し口と紙幣収納口が別口
の構成にしたことを特徴としている。

【0010】

【発明の実施の形態】<第一の実施例>以下、本発明の
一実施例を図面を参照して詳細に説明する。図1は、本
発明を適用した現金自動取引装置の外観を示す斜視図で
ある。現金自動取引装置101の左部内部には、上部正
面板101aに設けられたカードスロット102aと連
通し利用者のカードを処理し、取引明細票を印字して放
出するカード・明細票処理機構102と、取引の内容を
表示および入力する顧客操作部105とを備えている。
また、現金自動取引装置101の右部内部には、紙幣を
処理する紙幣入出金機1を備えており、上部正面板10
1aに紙幣スロット20aが設けられている。また、紙
幣入出金機1の下部の紙幣収納部は、装置筐体101b
とは別の数十mmの厚い鉄板で構成する金庫筐体106
で囲まれている。装置筐体101bも堅固な筐体構造で
あるが、紙幣収納部を内蔵する金庫筐体106はさらに
堅固な構造でセキュリティを高める。

【0011】図2は、本装置の制御関係を示す制御ブロ
ック図である。前述のように、現金自動取引装置101
に納められたカード・明細票処理機構102、紙幣入出
金機1および顧客操作部105は、バス107aを介し
て本体制御部107と接続されており、本体制御部10
7の制御の下に必要な動作を行う。本体制御部107
は、上記の他に、インタフェース部107b、係員操作
部107c、外部記憶装置107dともバス107aで
接続されており、必要なデータのやりとりを行うが、本
発明の特徴には直接関係がないので詳細な説明は省略す
る。なお、図2に示した101eは、上記各機構、構成
部分に電力を供給する電源部である。

【0012】図3は、図1の現金自動取引装置の中で、
本発明に関わる紙幣入出金機1の構成を示す側面図であ
る。紙幣入出金機1は、利用者が紙幣の投入・取り出し
を行う入出金口20と、紙幣の判別を行う紙幣判別部3
0と、入金した紙幣を取引成立までの間一旦収納する一
時保管庫40と、入金時取引が成立した紙幣を収納する
1ヶの入金庫60と、出金用の紙幣を収納する1ヶの出
金庫70と、入出金兼用の2ヶのリサイクル庫80と、
リサイクル庫8に補充する紙幣や、リサイクル庫から回
収した紙幣を収納する装填・回収庫81と、紙幣判別部
30を通り、入出金口20、一時保管庫40、入金庫6
0、出金庫70、リサイクル庫80、装填・回収庫81
に対し、紙幣を搬送する紙幣搬送路50と、図示せぬ制
御部とから構成される。

【0013】図4に示すように、制御部35は、装置の
本体制御部107とバス107aを介して接続され、本
体制御部107からの指令および紙幣入出金機1の状態
検出に応じて紙幣入出金機1の制御を行い、また、紙幣
入出金機1の状態を、必要に応じて本体制御部107に
送る。紙幣入出金機1の中では、各ユニット(入出金口
20、紙幣判別部30、一時保管庫40、紙幣搬送路5
0、入金庫60、出金庫70、リサイクル庫80、装填
・回収庫81)の駆動モータや電磁ソレノイドやセンサ
と接続され、取引に応じて、センサで状態を監視しなが
ら、アクチュエータを駆動制御する。

【0014】本紙幣入出金機1は、図3に示すように、
入出金口20、紙幣判別部30、一時保管庫40と、紙
幣搬送路50から構成される上部搬送機構1aと、入金
庫60、出金庫70、リサイクル庫80、装填・回収庫
81および、各収納庫の前面に配する、開閉可能な搬送
路90から構成される下部紙幣機構1bから構成され
る。さらに、下部紙幣機構1bは、約50mm程度の厚
い鉄板で構成される金庫筐体106の中に実装されてお
り、上部搬送機構1aと下部紙幣機構1bとの搬送路
は、連結搬送路501hで接続されている。

【0015】連結搬送路501hは、下部紙幣機構1b
を囲う金庫筐体106の上面鉄板の上部搬送機構1aの
搬送路501gと下部紙幣機構1bの搬送路901aの
連結する位置に設けられる。上面鉄板にあけられたスリ
ットは、紙幣が通過するための長さと該スリットに搬送
されてきた紙幣を挟持して繰り出すよう取り付けられた
に搬送ローラの幅の大きさを有する。下部紙幣機構1b
を金庫筐体で囲わない構成を取る場合は下部紙幣機構1
b上に直接上部搬送機構1aが載置されれば必ずしも必
要はない。搬送路の駆動源(モータ)は、上部搬送機構
の搬送路と下部紙幣機構の搬送路で別々に設けてもよい
が、単一の駆動源を用い、駆動力を搬送路501g−5
01h−901a間に設けられたギヤで伝達するように
してもよい。

【0016】以上の構成の紙幣入出金機1は、図1に示
すように、現金自動取引装置101の右側内部に実装さ
れる。装置のタイプによって前面操作型か後面操作型を
とることができ、それによって少し構成が異なる。図5
(a)に示すように、係員が装置前面から操作するタイ
プの前面操作型装置では、装置の前扉101cおよび金
庫筐体106の前面扉106aを開閉できるように構成
し、図示のように、両扉101cおよび106aを開
き、さらに、紙幣入出金機1の開閉搬送路90を開く
と、それぞれに取っ手のついた収納庫が現れる。係員は
この取っ手により各収納庫を引き出し、紙幣の補充や回
収、その他の保守作業などの操作をすることができる。

【0017】一方、図5(b)に示すように、係員が装
置後面から操作するタイプの後面操作型装置では、装置
の後扉101dおよび金庫筐体106の後面扉106b
を開閉できるように構成し、図示のように、両扉101
dおよび106bを開くと、それぞれに取っ手のついた
収納庫が現れる。係員はこの取っ手により各収納庫を引
き出し、操作することができる。以上のように、下部紙
幣機構の前面または後面の扉近傍に開閉搬送路を設ける
構成を採用することにより、紙幣の補充・回収操作、異
常発生時のジャム紙幣の除去操作などがやり易くなり、
操作性が向上する。さらに、扉の開閉を前または後に変
える程度で、係員操作を前面操作型にも後面操作型にも
適合することができる。なお、各収納庫にレールを設け
ておけば収納庫の引き出しをスムーズにすることができ
る。

【0018】また、紙幣搬送路50は、紙幣判別部30
を双方向に通過し、矢印501a〜501h及び901
a〜901eに示す搬送路を経由して、入出金口20、
一時保管庫40、入金庫60、出金庫70、リサイクル
庫80、装填・回収庫81を接続している。各矢印のう
ち片方向矢印は、紙幣がその矢印方向にのみ搬送する一
方向紙幣搬送路で、両方向の矢印は、紙幣が取引動作毎
に双方向のいずれかに切り替えて搬送する双方向搬送路
である。図6に、図5の紙幣搬送路50(501a〜5
01h及び901a〜901e)と各ユニット(20,
30,40,50,60,70,80,81)の関係を
模式的に示す(図を単純化するために図6では50の一
部,70および81は省略してある)。これらの紙幣搬
送路50は、図示せぬ駆動モータで駆動し、図7〜図1
3の模式図に示すような各取引動作毎にモータの回転方
向を切り替える。さらに、紙幣搬送路50の分岐点に
は、切替えゲート502,503,504、および5ヶ
所の902があって、各取引動作毎にそれぞれ記号a,
bのように紙幣搬送方向を切り替える。

【0019】紙幣搬送路50のうち、下部紙幣機構1b
にあって、入金庫60、出金庫70、リサイクル庫8
0、装填・回収庫81の前部にある5ヶ所の紙幣搬送路
901a〜eは、一体となって開閉できるようにされた
開閉搬送路90を構成しており、図5(a)に示す前面
操作型装置では、係員は、開閉搬送路90を開いて入金
庫60、出金庫70、リサイクル庫80、装填・回収庫
81の操作を行うことができる。

【0020】図7〜図13の各取引動作毎の動作を説明
する前に、以下、本実施例の上記各ユニット(20、3
0,40,50,60,70,80,81)の詳細と、
動作を図14から図22を用いて詳細に説明する。入出
金口20は、図14に示すように、シャッタ201を有
し、シャッタ201を矢印217方向にスライドさせて
開閉し、図示201aの状態に移動して開き、図示矢印
202の方向に、利用者が出金時の紙幣を取り出したり
入金時の紙幣を投入できるようにする。紙幣ホッパー2
16は、実線と破線で示す間を回転される。

【0021】入金取引時、図15に示すように、利用者
が紙幣を入金するときは、シャッタ201を開き、紙幣
ホッパ−216に支持された、前板204と、押板20
3、後板205の間に紙幣210が投入されるようにす
る。次に、図16のように、この入金された紙幣を繰り
出し動作時、シャッタ201を閉じ、紙幣ホッパ−21
6を回転させた後、押板203でフィードローラ206
の方向に押し付け、押板203a、前板204aの状態
にして、フィードローラ206の回転動作により送り出
し、繰り出し方向には回転しないゲートローラ207で
2枚送りを防止する。こうして、入出金口2の紙幣21
0は矢印208方向へ繰り出され、紙幣搬送路50に合
流して装置内に取り込まれる。

【0022】また、装置内から出金される紙幣や、入金
時紙幣判別できない等の理由でリジェクトされる紙幣
は、図17のように、装置内から矢印501f方向に搬
送されてきて、回転するスタックローラ211とバック
アップローラ213の間に送り込まれる。ブラシローラ
212は、バックアップローラ213と同一軸上にあっ
て弾性部材212aが図示のように放射状に配置してあ
り、図示せぬ駆動源により、バックアップローラ213
とは独立して回転する。スタックローラ211とバック
アップローラ213の間に送り込まれた紙幣は、停止し
たブラシローラ212の弾性部材212aに接触し、弾
性部材212aの弾性変形力により、スタックガイド2
14との間で、摩擦抵抗力を受けながら通過し、スタッ
クローラ211とバックアップローラ213による挟持
搬送力がなくなる図示破線215で示す紙幣位置で、一
旦停止し、その直後に、ブラシローラ212を回転し、
押板203a、後板205aの間の空間に集積する。こ
れにより、紙幣は、収納空間内で、上方向に飛び出すこ
となく、ブラシローラ212により水平方向に掻き出す
だけで、連続して搬送される紙幣同志が干渉することな
く、上下の不整列が少なく、利用者が容易に取り出すこ
とが可能になる。図18に示すように、紙幣ホッパー2
16を回転後、シャッタ201を開き、紙幣ホッパー2
16に収納された紙幣を利用者に放出する。

【0023】紙幣判別部30(図3)は、詳細は図示し
てないが、1対のローラ間を紙幣が搬送されたときのロ
ーラの変位を検出して、2枚重なりかどうか検出する2
枚検知部と、イメージセンサ等で紙幣の印刷等を検出し
て紙幣の金種、真偽を判別する鑑別部から構成され、各
通過紙幣の判別結果を制御部35に報告する。

【0024】一時保管庫40は、入金取引時、入金口2
0から入金され、紙幣判別部30で金種が確定した紙幣
を、順次収納し、取引が成立するまで一旦保留し、取引
成立後、順次放出する機能を有する。あわせて、詳細は
後述するが、本実施例では、出金取引時、紙幣判別部3
0で金種が確定しないリジェクト紙幣を、収納し、出金
動作が終了するまで一旦保留し、動作終了後、出金リジ
ェクト収納動作時、リジェクト紙幣を放出する機能を有
する。その構成は、図19に示すように、プラスチック
製の誘導テープ403と、誘導テープ403とともに搬
送された紙幣を巻き取る回転ドラム401と、誘導テー
プ403のみを巻き取る巻き取り軸402と、回転ドラ
ム401に紙幣の進入を案内する、誘導テープ403と
ともに回転する入口ローラ405と、対向するバックア
ップローラ404から構成される。誘導テープ403の
両端を支持する回転ドラム401と巻き取り軸402
は、それぞれ別個の駆動源411、412に接続され、
巻き取り軸402側には駆動源412との間にトルクリ
ミッター413を介している。

【0025】また、誘導テープ403の初期位置を検出
するための図示せぬ初期位置センサと、誘導テープ40
3の終了近くを検出するための図示せぬニア満杯センサ
を設け、入口ローラ405には、誘導テープ403の初
期位置を基準として、現在の誘導テープ403の巻取り
量を検出するための図示せぬエンコーダを取り付けてお
き、これらの信号を用いて制御部35でタイミングなど
の制御を行うようにしてもよい。また、入口ローラ40
5より回転ドラム401側の搬送上に一時保管庫通過セ
ンサが取り付けておいてもよい。

【0026】収納動作前には、誘導テープ403は、初
期位置まで巻き取り軸402側に巻き取られている。収
納紙幣を一時保管庫40に収納する場合には、回転ドラ
ム401が誘導テープ403を巻き取る方向に、駆動源
411を駆動し、誘導テープ403の走行速度が紙幣の
進入速度とほぼ同一になるよう回転させ、切り替えゲー
ト503を図示503a方向に切り替え、出入り口ゲー
ト504を図示504aの方向に切り替え、矢印501
c方向に搬送されてきた入金紙幣を、矢印501d、矢
印454を経由して、順次回転ドラム401に巻き取
る。一方、巻き取り軸402は、駆動源412により、
誘導テープ403に張力を架けるように、トルクリミッ
ター413を介して駆動されており、誘導テープ403
はたるむことなく回転ドラム401に紙幣とともに巻き
取られる。

【0027】放出動作時には、巻き取られた紙幣は、出
入り口ゲート504を図示504bの方向に切り替え、
回転ドラム401を逆に回転し、巻き取り軸402を巻
き取り方向にトルクリミッターを介して誘導テープ40
3に張力を架けながら、収納時とは逆の順に、矢印45
5を経由して、紙幣搬送路50に送出される。放出動作
は、後述するように、2種類あって、切替えゲート50
4を図示504aとすると、矢印501d,501c方
向に放出し、図示504bとすると、矢印501e方向
に放出しする。

【0028】再び図3において、入金庫60は、本実施
例では、1ヶ実装しており、図20に示すように、入金
庫外の図示せぬ駆動源からギヤを介して駆動される回転
するスタックローラ601と、スタックローラ601に
対向するバックアップローラ602、603と、バック
アップローラ603と同一軸上にあって、図示せぬ駆動
源により、バックアップローラとは独立して回転し、弾
性部材が図示のように放射状に配置したブラシローラ6
04、および、下スタックガイド605、上スタックガ
イド606によりスタック機構を構成している。また、
紙幣収納空間は、上仕切板611と下仕切板613およ
び押板615で形成される、スタック済み紙幣収納空間
617と、上仕切板611と下仕切板613および上ス
タックガイド606、下スタックガイド605で形成さ
れるスタック中紙幣収納空間616からなる。

【0029】入金庫60に収納する紙幣は、紙幣搬送路
(矢印901a)から、切り替えゲート903が図示9
03bの状態に切り替わり、矢印902aの方向に搬送
され、回転するスタックローラ601とバックアップロ
ーラ602、603間に送り込まれる。スタックローラ
601とバックアップローラ603の間に送り込まれた
紙幣は、停止したブラシローラ604の弾性部材604
aに接触し、弾性部材604aの弾性変形力により、下
スタックガイド605との間で、摩擦抵抗力を受けなが
ら通過し、スタックローラ601とバックアップローラ
603による挟持搬送力がなくなる位置で、一旦停止
し、その直後に、ブラシローラ604を回転させること
により、前記スタック中紙幣収納空間616に連続して
搬送される紙幣同志は干渉することなく集積する。

【0030】次に、図示せぬ駆動源により、駆動ベルト
618を駆動し、駆動ベルト618に連結した押し出し
プレート608、押し出し補助ガイド609、押し出し
支点シャフト610、上スタックガイド606が、矢印
621、622の方向に、図示点線608a、609
a、610a、606aの位置まで移動するとともに、
前記駆動ベルト618に連結した上仕切板611、上仕
切板支点シャフト612が、矢印625の方向に、図示
点線(611a、612a)〜(611b、612b)
〜(611c、612b)の順で移動することにより、
前記スタック中紙幣収納空間616に集積された紙幣
は、スタック済み紙幣収納空間617の紙幣と一体にな
り、押板615を、矢印624の方向に、下スタックガ
イド613を矢印623の方向に押し込まれる。次に、
駆動ベルト618を逆の方向に駆動し、押し出しプレー
ト608、押し出し補助ガイド609、押し出し支点シ
ャフト610、上スタックガイド606、上仕切板61
1、上仕切板支点シャフト612を、初期の位置まで戻
し、前記スタック中紙幣収納空間616を空の状態に
し、次の集積動作を可能にする。

【0031】出金庫70は、本実施例では、1ヶ実装し
ており、図21に示すように、出金庫外の図示せぬ駆動
源からギヤを介して駆動される回転するフィードローラ
701、ピックアップローラ711と、フィードローラ
701に対向して回転するバックアップローラ702
と、フィードローラ701に対向して繰り出し方向には
回転しないゲートローラ704により分離機構を構成し
ている。出金用の紙幣は、底板ガイド709、押板70
6と、分離ガイド705、上面ガイド708で囲まれた
収納空間に、係員により整列してセットされ、最前面の
紙幣は、押板706に連結された図示せぬばねによりピ
ックアップローラ711に押し付けられている。押板7
06は収納空間内を可動し、収納紙幣の減少に伴い、繰
り出し紙幣がピックアップローラ711に所定の押圧力
がかかるように収納紙幣を移動させる。ピックアップロ
ーラ711に押し付けられた紙幣は、回転するフィード
ローラ701とピックアップローラ711の動作により
送り出し、繰り出し方向には回転しないゲートローラ7
03で2枚送りを防止しながら矢印902eの方向に一
枚ずつ搬送され、紙幣搬送路の矢印901eの方向に搬
送される。

【0032】リサイクル庫80は、本実施例では、2ケ
実装しており、図22に構成を示す。リサイクル庫80
は、前述の紙幣を連続して収納する入金庫60と紙幣を
連続して分離繰り出す出金庫70の機能を併せ持って、
収納と分離繰り出しのできる収納庫であり、前述の出金
庫70で説明した分離機構と同一の形状のスタック・フ
ィードローラ801、ピックアップローラ811と、回
転するバックアップローラ802と、スタック方向に回
転し、繰り出し方向には回転しないゲートローラ80
3、ゲートローラ803と同一軸上にあって弾性部材が
放射状に配置したブラシローラ804、および、分離時
とスタック時で可動する分離・スタックガイド805に
よりスタック・分離機構を構成している。底板808、
押板806と、底板808より上面で紙幣下面を支持す
るように懸架された底面平ベルト807と、分離・スタ
ックガイド805で囲まれた収納空間に、紙幣は収納さ
れる。さらに、収納部の上部の分離・スタックガイド8
05の近傍に鋸歯状の外周形状を持つ回転する上部掻き
出しローラ812と、収納部の下部のゲートローラ80
3の近傍に鋸歯状の外周形状を持つ回転する下部掻き出
しローラ809を有し、スタック済み紙幣の上下端部を
鋸歯状の外周部が支持し、押板806側に掻き出しなが
ら、紙幣の立位状態を維持する。

【0033】分離動作時には、分離・スタックガイド8
05は、破線805aで示す位置に移動し、押板806
と底面ベルト807は、一体となって、収納空間内を可
動し、図示せぬばねによりにより、繰り出し紙幣がピッ
クアップローラ811に所定の押圧力がかかるように収
納紙幣を移動させる。ピックアップローラ811に押し
付けられた紙幣は、回転するスタック・フィードローラ
801で送り出し、繰り出し方向には回転しないゲート
ローラ803で2枚送りを防止しながら矢印902bの
方向に一枚ずつ搬送され、紙幣搬送路の切り替えゲート
903は図示903bの方向に切り替わり、矢印901
bの方向に搬送される。

【0034】スタック動作時には、分離・スタックガイ
ド805は、実線で示す位置に移動し、押板806と底
面ベルト807は、一体となって、図示せぬ金庫外の駆
動源により、収納空間内を可動し、収納紙幣の増加に伴
い、矢印902bの方向に搬送された進入紙幣と収納紙
幣が干渉しないよう、収納紙幣を分離・スタックガイド
805から遠ざける方向に移動制御される。この時、上
部掻き出しローラ812は左周りに、下部掻き出しロー
ラ809は右回りに回転し、スタック済み紙幣の上下端
部を鋸歯状の外周部が支持し、押板806側に掻き出し
ながら、紙幣の立位状態を維持する。

【0035】装填・回収庫81は、リサイクル庫80と
同一の構成で、後述のように、入出金取引には用いない
が、リサイクル庫として運用してもよい。

【0036】次に、本実施例の紙幣入出金機の動作につ
いて図7〜図13、図23〜26の模式図を用いて説明
する(詳細な構成および参照符号については図3参
照)。入金取引時は、図7に示す、利用者が入金した紙
幣を計数する入金計数動作と、図8に示す、計数した金
額に対する利用者の確認入力後、金種毎に個別の収納庫
に収納する入金収納動作に別れる。利用者の確認入力の
際、取消を選択した場合には、図9に示す取消返却動作
を行う。入金計数動作時(図7参照)、入出金口20に
投入された紙幣は、一枚ずつに分離され、矢印501
a,501bを通って、紙幣判別部30で、紙幣の金
種、真偽を判定される。判別ができた紙幣は、切替えゲ
ート503を503aに切り替え、矢印501cから5
01dの方向へ搬送され、一時保管庫40に一旦収納さ
れる。紙幣判別部30で、判別できなかった紙幣や、傾
きや紙幣同志の間隔の異常となった入金リジェクト紙幣
は、一時保管庫40には取り込まれず、切り替えゲート
503を503bに切り替え、矢印501fを通過し、
入出金口20に収納され、利用者に返却される。

【0037】入金収納時(図8参照)は、一時保管庫4
0の回転ドラム401を収納時とは逆に回転し、巻き取
られていた紙幣は、収納時とは逆の順に逆の方向に矢印
501dに送出され、501c,501bと搬送され、
紙幣判別部30を通過し、切り替えゲート502を図示
502b方向に切り替え、501g,501h、901
aを経由し、入金庫60、リサイクル庫80、リジェク
ト庫90のいずれかの切替えゲート903を図示903
b方向に切り替え指定の収納庫に収納する。この時、紙
幣判別部30で再度金種、真偽等を判定し、収納庫を指
定してもよいが、入金計数時に一時保管庫40に収納す
る際の全紙幣の判別結果を記憶する手段を持って、その
記憶内容に基づき、収納庫を指定してもよい。後者の方
が、収納庫の指定に要する処理時間を短縮でき、紙幣搬
送路のうち矢印501g,501h,901aの部分を
短縮できる。

【0038】取消返却時(図9参照)は、一時保管庫4
0の回転ドラム401を収納時とは逆に回転し、切替え
ゲート504を図示504b方向に切り替え、巻き取ら
れていた紙幣は、収納時とは逆の順に矢印501e、5
01fに搬送され、入出金口20に収納して、利用者に
返却する。あるいは、切替えゲート504および紙幣搬
送路の矢印501e部を設けず、図10および図11に
示すようにすることもできる。すなわち、第一段階とし
て、図10に示すように、紙幣搬送路の矢印501c、
501b,501g,501h,901a〜e上に一時
保管庫40から送出した段階で停止し、第二段階とし
て、図11に示すように、紙幣搬送路を逆転し、矢印9
01e〜a,501h,501g,501b,501
c,501fを経由して入出金口20に収納する。入金
紙幣が多数枚の時は、第一、第二段階の動作を繰り返し
て、入金紙幣を利用者に返却することもできる。これに
より、紙幣搬送路は、より簡素な構成とできる。

【0039】出金取引時(図12参照)は、出金庫70
(図12では省略)、リサイクル庫80の各金種毎の金
庫から所定の枚数づつ繰り出し、矢印901e、d,
c,b,a、501h,501gと経由して、紙幣判別
部30で、金種を判別し、切替えゲート503で分岐さ
せて、入出金口20に収納し、利用者に支払われる。紙
幣判別部30で判別できない出金リジェクトが発生した
場合には、その紙幣は、切替えゲート503を図示50
3bに切り替え、一時保管庫40に、入金計数時と同様
に一旦収納する。不足分の紙幣は出金庫70やリサイク
ル庫80から追加し繰り出される。

【0040】出金取引時にリジェクトが発生し、一時保
管庫40に収納した場合には、図13に示す出金リジェ
クト収納動作を行う。本実施例では、出金リジェクト紙
幣は、一時保管庫40から、図示のように、すべて入金
庫60に収納する。あるいは、紙幣判別部30を通過す
る際に、再度金種、真偽を判別し、判別可能な紙幣で、
リサイクル庫80に収納できる金種の紙幣はリサイクル
庫80に収納するようにすれば、リジェクト紙幣の枚数
を低減でき、資金効率の向上がはかれる。

【0041】さらに、図示してないが、利用者が入出金
口2の紙幣を取り忘れた場合には、そのまま、入出金口
2に残して装置異常として、取引を中止することもでき
るが、後続の取引を続行するため、本実施例では、取り
忘れ紙幣を、入出金口2から分離して、入金取引と同様
に、判別して、入金庫60に収納すればよい。

【0042】また、図23〜図26の模式図に示すよう
に、本実施例では、装填・回収庫81を用いて、一時保
管庫40を経由して、リサイクル庫80との間で、装
填、回収動作を行うことができる。装填動作は、係員
が、リサイクル庫80に金種毎にセットしたい紙幣を、
個別にセットするのではなく、装填・回収庫81に一括
してセットし、装置内で自動的にリサイクル庫80に収
納する動作である。まず、図23に示すように、装填計
数動作で、装填・回収庫81から繰り出された紙幣は、
901d〜a,501h、501g,501bを経由し
て紙幣判別部3で金種を判別し、切替えゲート503を
切り替え、一旦一時保管庫40に収納する。次に、図2
4に示すように、装填収納動作で、一時保管庫40か
ら、順次放出し、同じ紙幣搬送路を逆に経由して、金種
毎に、指定のリサイクル庫80に収納する。

【0043】装填・回収庫81に一括してセットした紙
幣の枚数が、一時保管庫40に収納できる枚数より多い
場合は、装填計数、装填収納動作を繰り返す。また、装
填計数時、金種が判定できなかった装填リジェクト紙幣
は、切替えゲート503を図示503b方向に切り替
え、501fを経由して入出金口20に収納する。すべ
ての装填紙幣の収納動作が終わった後に、入出金口20
に収納された紙幣を、入金取引時の動作と同様の動作
で、装填・回収庫81に収納する。あるいは、リジェク
ト紙幣として入金庫60に収納してもよい。

【0044】回収動作は、リサイクル庫80が満杯にな
った時等に、係員が、個別にリサイクル庫から紙幣を抜
き取るのでなく、自動的にリサイクル庫80から所定枚
数装填・回収庫81に収納する動作である。装填動作と
逆のルートで移動する動作であり、図25示すように、
リサイクル庫80から一旦一時保管庫40に収納し、次
に図26に示すように、一時保管庫40から装填・回収
庫81に回収する。図25に示す回収計数動作、あるい
は図26に示す回収収納動作で、金種が判定できない等
のリジェクト紙幣は、図26の回収収納動作で、切替え
ゲート903を903b方向に切り替え入金庫60に収
納する。その詳細説明は省略する。

【0045】<第二の実施例>次に、本発明の第二の実
施例を、図27の紙幣入出金機の側面図、図28の現金
自動取引装置の外観を示す図、図29の現金自動取引装
置の操作方法を示す図、図30の紙幣の流れを示す模式
図を用いて説明する。図27において、2は紙幣入出金
機、2aは上部搬送機構、2bは下部紙幣機構、21は
入出金口、65はリジェクト庫、651は仕切板、65
2は上部収納空間、653は下部収納空間、82はリサ
イクル庫、83は装填・回収庫83、91は開閉搬送
路、図28において、111は現金自動取引装置、11
1aは正面板、111bはテーブル面、112はカード
明細票処理機構、112aはカードスロット、113は
通帳処理機構、113aは通帳スロット、114は硬貨
入出金機構、114aは硬貨スロット、115は顧客操
作部、2は紙幣入出金機、21aは紙幣スロット、図2
9において、111cは前扉、111dは後扉である。
なお第一の実施例と同じ機能を有する構成には同一の参
照符号を付してある。

【0046】第二の実施例は、主として(a)入出金口
21を紙幣スロット21aの面がほぼ水平になるように
設置した点、(b)下部紙幣機構2bを、水平方向にな
らべた2ヶのリサイクル庫82と、1ケの装填・回収庫
83と、開閉搬送路91で構成している点、(c)入金
庫の代わりにリジェクト庫65を設けた点などにおいて
上述した第一の実施例と相違している。

【0047】以下に、本実施例の特徴を第一の実施例と
の上記相違点を中心により詳細に説明する(その他の構
成、動作は第一の実施例の説明から容易に理解できるも
のと思われるのでその詳細は説明を省略する)。 (1)本第二の実施例では、入出金口21を紙幣スロッ
ト21aがほぼ水平になるように設置しているが、これ
は、本紙幣入出金機2が、図28に示すようなほぼ水平
面をなす利用者操作面111bを有する現金自動取引装
置111に実装するためである。入出金口21の構成
は、第一の実施例の図14に示す入出金口20と、シャ
ッター部201を構成するシャッター機構の配置角度を
変更した機構にするとともに、紙幣ホッパー216を、
第一の実施例では回転動作により、水平方向に傾ける機
構を実装しているが、本実施例の入出金口21では、紙
幣ホッパー216の回転動作機構をなくし、固定したも
のである。

【0048】(2)第二の実施例は、2a,2bからな
る上下分割構造は第一の実施例と同じであるが、下部紙
幣機構2bは、水平方向にならべた2ヶのリサイクル庫
82と、1ケの装填・回収庫83と、開閉搬送路91か
ら構成され、図28に示す現金自動取引装置111に実
装され、第一の実施例と同様に、装置のタイプによって
前面操作型か後面操作型かをとることができる。図29
(a)に示すように、係員が装置前面から操作するタイ
プの前面操作型装置では、装置の前扉111cを開き、
さらに、紙幣入出金機2の開閉搬送路91を開くと、図
示のように、それぞれに取っ手のついた収納庫が現れ
る。係員はこの取っ手により各収納庫を引き上げて紙幣
のセット等の操作をしたり、開閉搬送路91のジャム紙
幣の除去等の操作を簡単に行うことができる。

【0049】一方、図29(b)に示すように、係員が
装置後面から操作するタイプの後面操作型装置では、装
置の後扉111dを開き、さらに、紙幣入出金機2の開
閉搬送路91を開くと、図示のように、それぞれに取っ
手のついた収納庫が現れる。係員はこの取っ手により各
収納庫を引き上げて操作したり、開閉搬送路91の操作
を簡単に行うことができる。以上のような構成を採用す
ることにより、紙幣の補充・回収操作、異常発生時のジ
ャム紙幣の除去操作などがやり易くなり、操作性が向上
する。なお、上部搬送機構2aと下部紙幣機構2bは水
平面で分割できるので、下部紙幣機構2b全体を独立し
たさらに堅固な金庫に収納しておけば防犯上さらに有効
であることは第一の実施例と同様である。

【0050】(3)上記(2)に伴い、2ヶのリサイク
ル庫82と1ケの装填・回収庫83におけるスタック・
分離機構の構成は図22の第一の実施例のリサイクル庫
80や装填・回収庫81とは同じであるが、収納空間
は、図27のように縦型にしているために、重力作用で
安定して押板806上に積層されるので、第一の実施例
にける底面平ベルト807,上部掻き出しローラ81
2,下部掻き出しローラ809は不要な構造となってい
る。 (4)さらに上記(2)に伴い、開閉搬送路91は、3
つの収納庫にあわせた構成を有し、図29(a)(b)
に示すような開閉構造を持っている。

【0051】(5)第二の実施例では、第一の実施例の
如き入金庫60は持たず、代わりにリジェクト庫65を
持っている。 本実施例のリジェクト庫65は、第一の実施例における
入金庫60より収納空間が小さいが、仕切板651で区
切られた上部収納空間652と下部収納空間653を有
する。図30(a)に示すように、切替えゲート505
を図示505bの状態に切り替えることで、図30
(b)に示すように、一時保管庫40から、入金収納時
のリサイクル庫82に収納できない非還流紙幣や取り忘
れ紙幣をリジェクト庫65に収納することができる(リ
サイクル庫82に収納可能な紙幣は切替えゲート505
を505aの状態にしてリサイクル庫82に収納す
る)。同様に、切替えゲート505を図示505bの状
態に切り替えることで、図30(b)に示すように、一
時保管庫40から出金時のリジェクト紙幣をリジェクト
庫65に収納することができる。リジェクト庫65の仕
切板651は、図示せぬ駆動源で、上下に移動でき、仕
切板の移動制御により、例えば、上部収納空間652に
取り忘れ紙幣を収納し、下部収納空間653に、その他
のリジェクト紙幣、非還流紙幣を収納することにより、
現金の厳格な管理が可能となる。

【0052】次に、以上説明した第一および第二の実施
例の構成の特徴とそれによる効果を述べる。 (1)従来例では、双方向搬送の紙幣判別部に対して、
入出金口の紙幣繰り出し口と紙幣収納口のいずれも紙幣
判別部の一方の側(上流側)に有るために、入金動作と
出金動作とで搬送方向は反対になる。紙幣判別部では入
金動作時、出金動作時双方向とも紙幣を厳格に判別する
必要があり、双方向搬送時共にその判別に相当の処理時
間を必要とするとともに判定アルゴリズムも複雑にな
る。そのため、判別結果に対応して切り替えるために紙
幣判別部の両側に設ける切替えゲートの配置位置も制約
を受け、判別処理時間に対応した距離だけ紙幣判別部か
ら離れた位置に設けなければならないため搬送路が長く
なるという問題があったが、本発明の実施例では、紙幣
判別部を通る紙幣搬送路を紙幣を双方向に搬送できるよ
うに構成するとともに、取引成立前の厳格に紙幣判別を
行う必要のある入金計数動作時(図7)と、出金動作時
(図12)と、装填計数時(図23)は、紙幣判別部3
0を図の右から左に通過する第一の搬送方向に駆動し、
取引成立後で、一旦厳格な紙幣判別を行った後の、入金
収納時(図8)と、出金リジェクト収納時(図13)
と、回収収納時(図26)は、紙幣判別部を図の左から
右に通過する第二の搬送方向に駆動するようにしている
ため、紙幣判別部の厳格な紙幣判別は、第一の方向(第
一の搬送方向)のみ行えばよくなり、第二の方向(第二
の搬送方向)の紙幣搬送時の際の判別の処理時間は少な
くて済み、判定アルゴリズムも簡単になり、結果的に、
紙幣判別部の第二の方向(第二の搬送方向)の下流に設
ける切替えゲートまでの距離は短く、紙幣判別部の近く
に設けることができ、紙幣搬送路の簡素化と短縮化が可
能になる。

【0053】そのために、本発明の実施例では、第一の
搬送方向を基準とすると、上流側に入出金口の紙幣繰り
出し口および紙幣収納庫を、下流側に入出金口の紙幣収
納口および一時保管庫を配置している。さらに具体的に
は、入金口あるいは入出金口の紙幣繰り出し口と前記紙
幣判別部の第1の紙幣出入口間の第1の経路と、前記紙
幣判別部を通る第2の経路と、前記紙幣判別部の第2の
紙幣出入口と一時保管庫間の第3の経路と、前記紙幣判
別部の第2の紙幣出入口と前記出金口あるいは入出金口
の紙幣収納口間の第4の経路と、前記紙幣判別部の第1
の紙幣出入口と前記1つ以上の紙幣収納庫間の第5の経
路を具備するとともに、第2,3,5の経路の箇所に対
応する搬送路を双方向搬送路にしている。

【0054】また、そのための一時保管庫,紙幣収納庫
の繰り出し口と収納口の構成として、一時保管庫は紙幣
繰り出し口と紙幣収納口が同一で、紙幣収納庫のうち、
入出金兼用の紙幣を収納し繰り出すリサイクル庫は紙幣
繰り出し口と紙幣収納口が同一で、入金口および出金口
あるいは入出金口は紙幣繰り出し口と紙幣収納口が別口
の構成にしている。

【0055】また、入出金口を一口にした従来例では、
入金計数動作時(すなわち、繰出し口から紙幣を繰出し
ているとき)、入金リジェクト紙幣を利用者に返却する
ためには、入出金口の収納口と専用の入金リジェクト用
搬送路を別に設ける必要があったが、入出金口を別口に
した本実施例によれば、入金リジェクト紙幣の収納口
と、出金紙幣の収納口を共通にできる簡素な構成を実現
できる。

【0056】また、入出金口を別口にした本実施例によ
れば、入金取引において以下の点で信頼度の高い装置を
実現できる。すなわち、入金取引での折れ、破れや異物
混入を含む様々な状態の紙幣、外国紙幣を含む多様な紙
幣がある。このような紙幣を入出金口から繰出す際に
は、収納口を共通にした複雑な構成よりも、本実施例の
ような繰出し口のみの構成の方が簡素であるゆえ、紙幣
ジャムが発生しにくい入出金口とできる。

【0057】(2)一時保管庫を専用に設け、入金紙幣
の一時保管だけでなく、出金リジェクト紙幣の一時保管
もすることで、各リサイクル庫に一時保管庫を設けた従
来例より簡素なリサイクル庫を実現できる。また、多金
種の入金取引に対応できるだけでなく、一時保管庫を誘
導テープによる巻取り方式を採用することで、従来例よ
り、サイズの大きく異なる海外紙幣の対応が容易とな
る。また、出金リジェクト紙幣の一時保管時、折れ、破
れ紙幣あるいは、傾いて搬送された状態の可能性が高
く、これらについて、ジャムの発生しにくい装置を実現
できる。

【0058】(3)第一、第二の実施例は、共通的な紙
幣入出金機の構造で、様々なタイプの現金自動取引装置
に対応できる。当然、収納庫(入金庫、出金庫、リサイ
クル庫)の構成数、総数の変更可能である。例えば、第
一の実施例は、多金種、多サイズ紙幣を扱う場合に適し
ている。また、第二の実施例は、2個のリサイクル個を
千円札、万円札に割り当て運用でき、紙幣サイズが共通
の日本紙幣用に適している。また、入金のみを扱う入金
機、出金のみを扱う出金機、入出金を扱う入出金機のい
ずれかの選定、各取引の金種数の選定、各金種のリサイ
クルの有無の選定等に容易に対応可能な、汎用性の高い
紙幣入出金機を提供できる。

【0059】(4)従来例では、紙幣搬送路を複数の収
納庫の間を通過するように設けているため、操作性が悪
くジャム除去時などの場合に不便であったが、上記各実
施例では、開閉搬送路を壁面(扉)近傍に設けることに
よって、係員は収納庫を操作する際に、扉を開閉するだ
けで個別の収納庫のみを着脱する操作ができ、またジャ
ム除去時などの場合にも操作性がよくなる。 (5)本実施例によれば、上部搬送機構と下部紙幣機構
を分けて設られており、入金計数時など取引が成立する
までの紙幣は上部搬送機構部だけに存在するため、その
紙幣にジャムが発生した場合でも下部紙幣機構を囲む金
庫を開ける必要がなくなり、安全性が保てる。また、利
用者に所有権がある紙幣(上部搬送機構に存在する紙
幣)と銀行に所有権がある紙幣(下部紙幣機構に存在す
る紙幣)を明確に区別することができるという効果があ
る。 (6)本実施例によれば、双方向搬送路部分と、一方向
搬送路部分を合わせて、単一の駆動源で、回転方向のみ
を切り替えて駆動することができる。すなわち、3つの
双方向搬送路は、入金計数動作時、入金収納動作時、出
金動作時等、各動作で反双方向が異なっても、動作毎に
共通の方向に駆動すればよい。また、2つの一方向搬送
路は、必要な一方向の搬送時に駆動されるだけでなく、
逆方向の搬送時も、搬送路は逆に駆動されていても、紙
幣は通過しないため問題ない。あるいは、一方向の搬送
路部分は、クラッチを付けて、逆方向の駆動時に動作し
ないようにしてもよい。

【0060】なお、次のような変形例も可能である。 (1)上記各実施例では、入出金口の紙幣ホッパーを共
通にしているが、入金口と出金口で別々に分けて設けて
もよい。 (2)上記各実施例では、一時保管庫40として回転ド
ラムを用いた巻き取り型のもの(図17参照)を採用し
ているが、実施例で説明したリサイクル庫(図22参
照)のような積層型のものでもよい。 (3)上記各実施例では開閉搬送路(第一の実施例の9
0、第二の実施例の91)を全ての収納庫に共通に設け
ているが、開閉搬送路は、各収納庫毎に個別に設けるよ
うにしてもよい。 (4)搬送路の駆動源は、本実施例では一個で、搬送路
501g−501h−901aがギヤでつながるように
しているが、上下別々の駆動源(モータ)を設けてもよ
い。これにより、ギヤによる連結不良などの障害がなく
なる。 (5)上記各実施例においては、各収納庫はその前後に
取っ手を設けたり、下部紙幣機構(第一の実施例の1
b、第二の実施例の2b)は前後どちら向きにも着脱で
きるように構成され、共に前面操作型装置と後面操作型
装置共通の構成を持たせているが、前面操作型装置また
は後面操作型装置のいずれか一方に専用化するようにし
てもよい。これにより構造が簡素化されコストダウンが
可能になる。

【0061】

【発明の効果】本発明によれば、紙幣判別部を含む紙幣
搬送路を双方向に搬送する構成の紙幣入出金機で、紙幣
搬送路を簡素化することが可能な紙幣入出金機を提供で
きる。また紙幣搬送路の簡素化に加え、一時保管庫や他
の各収納部が簡素な構成の紙幣入出金機を提供できる。
また、日本円紙幣だけでなく、様々なサイズの紙幣に対
し紙幣ジャムの少ない高信頼な、係員や保守員にとって
操作性のよい紙幣入出金機を提供できる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の第一の実施例を適用した現金自動取引
装置の一実施例の外観を示す斜視図である。

【図2】本発明の実施例に係る現金自動取引装置の制御
関係を示すブロック図である。

【図3】本発明に係る紙幣入出金機の第一の実施例を示
す側面図である。

【図4】本発明の実施例に係る紙幣入出金機の制御関係
を示すブロック図である。

【図5】図1に示す現金自動取引装置の操作方法を示す
図である。

【図6】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成の
模式図である(その1)。

【図7】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成の
模式図である(その2)。

【図8】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成の
模式図である(その3)。

【図9】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成の
模式図である(その4)。

【図10】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成
の模式図である(その5)。

【図11】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成
の模式図である(その6)。

【図12】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成
の模式図である(その7)。

【図13】本発明の第一の実施例に係る紙幣搬送路構成
の模式図である(その8)。

【図14】本発明の実施例に係る入出金口の側面図であ
る(基本構成図)。

【図15】本発明の実施例に係る入出金口の側面図であ
る(入金時)。

【図16】本発明の実施例に係る入出金口の側面図であ
る(繰り出し動作時)。

【図17】本発明の実施例に係る入出金口の側面図であ
る(収納動作時)。

【図18】本発明の実施例に係る入出金口の側面図であ
る(出金時)。

【図19】本発明の実施例に係る一時保管庫の構成例で
ある。

【図20】本発明の実施例に係る入金庫の側面図であ
る。

【図21】本発明の実施例に係る出金庫の側面図であ
る。

【図22】本発明の実施例に係るリサイクル庫の側面図
である。

【図23】本発明の実施例に係る装填計数時の紙幣の流
れを示す模式図である。

【図24】本発明の実施例に係る装填収納時の紙幣の流
れを示す模式図である。

【図25】本発明の実施例に係る回収計数時の紙幣の流
れを示す模式図である。

【図26】本発明の実施例に係る回収収納時の紙幣の流
れを示す模式図である。

【図27】本発明に係る紙幣入出金機の第二の実施例を
示す側面図である。

【図28】本発明の第二の実施例を適用した現金自動取
引装置の一実施例の外観を示す斜視図である。

【図29】図3に示す現金自動取引装置の操作方法を示
す図である。

【図30】本発明の第二の実施例に係る紙幣搬送路構成
および紙幣の流れを示す模式図である。

【符号の説明】

1,2:紙幣入出金機、1a,2a:上部搬送機構、1
b,2b:下部紙幣機構、20,21:入出金口、20
a,21a:紙幣スロット、30:紙幣判別部、35:
制御部、40:一時保管庫、50,51:紙幣搬送路、
60:入金庫、70:出金庫、80,82:リサイクル
庫、65:リジェクト庫、81,83:装填・回収庫、
90,91:開閉搬送路、101,111:現金自動取
引装置本体(筐体)、101a,111a:正面板、1
01b:装置筐体、101c,111c:前扉、101
d,111d:後扉、106:金庫筐体、106a:前
面扉、401:回転ドラム、402:巻き取り軸、40
3:誘導テープ、501a〜501h,901a〜90
1e:紙幣搬送路、502〜504,902:切替えゲ
ート。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 新岡 康也 愛知県尾張旭市晴丘町池上1番地 株式会 社日立製作所情報機器事業部内 (72)発明者 柴田 伸二 愛知県尾張旭市晴丘町池上1番地 株式会 社日立旭エレクトロニクス内 Fターム(参考) 3E040 AA01 BA06 FD08 FG01 FG07 FG11 FG13

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 利用者により投入された紙幣を繰出す入
    金口と、利用者に放出する紙幣を収納する出金口と、あ
    るいは、該入金口と出金口が一体になった入出金口と、
    紙幣を判別する紙幣判別部と、入金され紙幣判別部で判
    別された紙幣を一旦収納保管する一時保管庫と、入金さ
    れた紙幣を収納するおよび/または出金のための紙幣を
    収納する1つ以上の紙幣収納庫と、該紙幣判別部を通過
    し、該入出金口、該一時保管庫、該紙幣収納庫を接続す
    る紙幣搬送路を有する紙幣入出金機であって、 少なくとも前記紙幣判別部を通る紙幣搬送路を、紙幣を
    双方向に搬送できるように構成するとともに、 入金された紙幣を入金口あるいは入出金口から紙幣判別
    部を通過し一時保管庫に搬送する入金計数動作時と、出
    金紙幣を紙幣収納庫から紙幣判別部を通過し出金口ある
    いは入出金口に搬送する出金動作時は、該紙幣搬送路を
    第一の搬送方向に駆動し、 一時保管庫に収納された紙幣を取引成立後紙幣収納庫に
    収納する入金収納時は、該紙幣搬送路を第一の搬送方向
    と反対の第二の搬送方向に駆動することを特徴とする紙
    幣入出金機。
  2. 【請求項2】 利用者により投入された紙幣を繰出す入
    金口と、利用者に放出する紙幣を収納する出金口と、あ
    るいは、該入金口と出金口が一体になった入出金口と、
    紙幣を判別する紙幣判別部と、入金され紙幣判別部で判
    別された紙幣を一旦収納保管する一時保管庫と、入金さ
    れた紙幣を収納するおよび/または出金のための紙幣を
    収納する1つ以上の紙幣収納庫と、該紙幣判別部を通過
    し、該入出金口、該一時保管庫、該紙幣収納庫を接続す
    る紙幣搬送路を有する紙幣入出金機であって、 少なくとも、入金口あるいは入出金口の紙幣繰り出し口
    と前記紙幣判別部の第1の紙幣出入口間の第1の経路
    と、前記紙幣判別部を通る第2の経路と、前記紙幣判別
    部の第2の紙幣出入口と一時保管庫間の第3の経路と、
    前記紙幣判別部の第2の紙幣出入口と前記出金口あるい
    は入出金口の紙幣収納口間の第4の経路と、前記紙幣判
    別部の第1の紙幣出入口と前記1つ以上の紙幣収納庫間
    の第5の経路のうち、少なくとも、前記第2の経路,前
    記第3の経路,および前記第5の経路の箇所に対応する
    搬送路を紙幣を双方向に搬送できるように構成したこと
    を特徴とする紙幣入出金機。
  3. 【請求項3】 請求項1記載の紙幣入出金機において、 前記入出口,出金口あるいは入出金口と、前記紙幣判別
    部と、前記一時保管庫と、および前記第1,第2,第
    3,第4の経路の箇所に対応する搬送路を前記紙幣入出
    金機の上部に配し、 前記紙幣収納庫を前記紙幣入出金機の下部に配し、 前記第5の経路の箇所に対応する搬送路を上部部分と下
    部部分に分割して前記上部と下部に配したことを特徴と
    する紙幣入出金機。
  4. 【請求項4】 利用者により投入された紙幣を繰出す入
    金口と、利用者に放出する紙幣を収納する出金口と、あ
    るいは、該入金口と出金口が一体になった入出金口と、
    紙幣を判別する紙幣判別部と、入金され紙幣判別部で判
    別された紙幣を一旦収納保管する一時保管庫と、入金さ
    れた紙幣を収納するおよび/または出金のための紙幣を
    収納する1つ以上の紙幣収納庫と、該紙幣判別部を通過
    し、該入出金口、該一時保管庫、該紙幣収納庫を接続す
    る紙幣搬送路を有する紙幣入出金機であって、 該紙幣搬送路を、紙幣を双方向に搬送できるように構成
    するとともに、 前記一時保管庫は紙幣繰り出し口と紙幣収納口が同一
    で、 前記紙幣収納庫のうち、入出金兼用の紙幣を収納し繰り
    出すリサイクル庫は紙幣繰り出し口と紙幣収納口が同一
    で、 前記入金口および出金口あるいは入出金口は紙幣繰り出
    し口と紙幣収納口が別口の構成であることを特徴とする
    紙幣入出金機。
JP34841498A 1998-12-08 1998-12-08 紙幣入出金機 Active JP4325886B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34841498A JP4325886B2 (ja) 1998-12-08 1998-12-08 紙幣入出金機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34841498A JP4325886B2 (ja) 1998-12-08 1998-12-08 紙幣入出金機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000172903A true true JP2000172903A (ja) 2000-06-23
JP4325886B2 JP4325886B2 (ja) 2009-09-02

Family

ID=18396860

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34841498A Active JP4325886B2 (ja) 1998-12-08 1998-12-08 紙幣入出金機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4325886B2 (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7140610B2 (en) 2000-10-05 2006-11-28 Hitachi, Ltd. Sheet handling machine
JP2008090616A (ja) * 2006-10-02 2008-04-17 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 現金自動取引装置
KR100852408B1 (ko) * 2001-09-11 2008-08-18 후지쯔 가부시끼가이샤 페이퍼 처리 장치
JP2010061325A (ja) * 2008-09-03 2010-03-18 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 貨幣類取扱装置及び貨幣類入出金機
CN101859450A (zh) * 2009-04-06 2010-10-13 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸张类处理装置
CN101866509A (zh) * 2009-04-16 2010-10-20 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸张类处理装置
CN102034299A (zh) * 2009-10-05 2011-04-27 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸币处理装置
KR101071211B1 (ko) 2008-05-28 2011-10-10 히타치 오므론 터미널 솔루션즈 가부시키가이샤 지폐 입출금 장치
JP2013257914A (ja) * 2013-10-02 2013-12-26 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 紙幣取扱装置
US8678162B2 (en) 2009-11-25 2014-03-25 Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. Bill handling apparatus
JP2014102593A (ja) * 2012-11-16 2014-06-05 Oki Electric Ind Co Ltd 紙葉類搬送装置及び紙葉類取扱装置
WO2015096544A1 (zh) * 2013-12-24 2015-07-02 广州广电汇通金融服务有限公司 纸币收纳装置
US9208630B2 (en) 2012-05-14 2015-12-08 Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. Paper-slip handling device and automated transaction device

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7140610B2 (en) 2000-10-05 2006-11-28 Hitachi, Ltd. Sheet handling machine
KR100852408B1 (ko) * 2001-09-11 2008-08-18 후지쯔 가부시끼가이샤 페이퍼 처리 장치
JP2008090616A (ja) * 2006-10-02 2008-04-17 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 現金自動取引装置
CN102654926B (zh) 2008-05-28 2014-08-13 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸币出入款装置
KR101071211B1 (ko) 2008-05-28 2011-10-10 히타치 오므론 터미널 솔루션즈 가부시키가이샤 지폐 입출금 장치
JP2010061325A (ja) * 2008-09-03 2010-03-18 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 貨幣類取扱装置及び貨幣類入出金機
CN101859450A (zh) * 2009-04-06 2010-10-13 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸张类处理装置
CN101866509A (zh) * 2009-04-16 2010-10-20 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸张类处理装置
CN102034299A (zh) * 2009-10-05 2011-04-27 日立欧姆龙金融系统有限公司 纸币处理装置
US8678162B2 (en) 2009-11-25 2014-03-25 Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. Bill handling apparatus
US8733532B2 (en) 2009-11-25 2014-05-27 Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. Bill handling apparatus
US9208630B2 (en) 2012-05-14 2015-12-08 Hitachi-Omron Terminal Solutions, Corp. Paper-slip handling device and automated transaction device
JP2014102593A (ja) * 2012-11-16 2014-06-05 Oki Electric Ind Co Ltd 紙葉類搬送装置及び紙葉類取扱装置
JP2013257914A (ja) * 2013-10-02 2013-12-26 Hitachi Omron Terminal Solutions Corp 紙幣取扱装置
WO2015096544A1 (zh) * 2013-12-24 2015-07-02 广州广电汇通金融服务有限公司 纸币收纳装置
US9542789B2 (en) 2013-12-24 2017-01-10 Grg Banking Equipment Co., Ltd. Paper currency accommodating device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4325886B2 (ja) 2009-09-02 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6637647B2 (en) Bill deposit/withdrawal machine
US6422458B1 (en) Bill deposit/withdrawal machine for depositing/withdrawing bills
US6533261B2 (en) Bill receiving/dispensing box
JP2000099795A (ja) 紙幣入出金装置および紙葉類分離繰り出し機構
CN1612173A (zh) 纸币处理装置
JP2000020783A (ja) 紙幣入出金機
JP2006209580A (ja) 現金自動取引装置
JP2002163704A (ja) 紙幣取扱装置
CN1214490A (zh) 纸叶类物件处理装置
JP2000331214A (ja) 紙葉類取扱装置および自動取引装置
JPH07249152A (ja) 紙幣入出金装置
JP2007072973A (ja) 紙幣入出金機
JPH09208134A (ja) 紙幣処理装置および取引処理装置
JPH11110607A (ja) 紙幣入出金機
JP2001093019A (ja) 循環式貨幣処理装置
JP2012084065A (ja) 紙幣入出金機
JPH09147193A (ja) 紙幣入出金装置
JP2002236961A (ja) 紙幣入出金機
JP2006120180A (ja) 紙幣入出金機
JPH11224362A (ja) 紙幣取扱装置
JP2000172903A (ja) 紙幣入出金機
JP2002056435A (ja) 自動取引装置
CN1312522A (zh) 纸币吞吐机
KR101250693B1 (ko) 매체 보관함 및 금융기기
JPH0554223A (ja) 循環式紙幣入出金装置

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20050117

RD12 Notification of acceptance of power of sub attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7432

Effective date: 20051130

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20051130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060224

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080630

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080711

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080909

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081010

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081203

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090605

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090605

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120619

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120619

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130619

Year of fee payment: 4