JP2000172669A - Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program - Google Patents

Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program

Info

Publication number
JP2000172669A
JP2000172669A JP34567598A JP34567598A JP2000172669A JP 2000172669 A JP2000172669 A JP 2000172669A JP 34567598 A JP34567598 A JP 34567598A JP 34567598 A JP34567598 A JP 34567598A JP 2000172669 A JP2000172669 A JP 2000172669A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
workspace
information
rule
means
overview
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34567598A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000172669A5 (en
Inventor
Koichi Hayashi
Yasuhiko Nomura
浩一 林
恭彦 野村
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP34567598A priority Critical patent/JP2000172669A/en
Publication of JP2000172669A5 publication Critical patent/JP2000172669A5/ja
Publication of JP2000172669A publication Critical patent/JP2000172669A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To automatically generate a document which organized the synopsis of work performed on a work space. SOLUTION: A work space history managing means 2 holds the states of the work space at present and in the part together with the history information of operation performed on the work space. A synthetic rule holding means 3 holds synthetic rules determining rules for synthesizing information. With the history information managed by the work space history managing means 2 as a processing object, a synthesizing means 5 synthesizes the information according to the synthetic rules held in the synthetic rule holding means 3 and generates general condition information 6. Thus, it is not necessary for a user to prepare a document which shows the proceeding condition of his own job and the burden of the user is reduced. Furthermore, since the synoptic information 6 is automatically generated, the latest information can be provided at all times.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は情報群から得られる概況情報を生成する概況情報生成装置及び概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体に関し、特に電子的なリソースを操作する環境であるワークスペース上で行われた活動の概況に関する情報を生成する概況情報生成装置及び概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体に関する。 The present invention relates to a computer readable recording medium recording the overview information generating apparatus and overview information generating program generates the overview information obtained from the information group BACKGROUND OF THE INVENTION, especially in environments where operating the electronic resources a computer-readable recording medium recording the overview information generating apparatus and overview information generating program to generate information about overview of activities undertaken on one workspace.

【0002】 [0002]

【従来の技術】ネットワーク技術の発達によって、場所、組織、時差などによって隔てられた人同士で共同で作業を進めることができるようになっている。 With the development of the Prior Art] network technology, location, organization, so that it is possible to proceed with the work in collaboration among people who are separated by such time difference. このときに担当者同士が情報交換を行うツールとして、電子メールが広く用いられている。 As a tool for the person in charge each other to exchange information at this time, e-mail has been widely used. 特に、電子メールシステムの持つ一斉同報の機能は、複数担当者とのコミュニケーションを維持するのに有用な性質である。 In particular, the function of the broadcast with the e-mail system is a useful property to maintain communication with multiple personnel. しかしながら、 However,
実際の共同作業の場面において、電子メールの交換をする場合、各自の作業進捗といったコンテキストを伝えるのが難しいという問題が残る。 In the actual scene of the collaboration, in the case of an exchange of e-mail, a problem that it is difficult to convey the context, such as their work progress remains. 身近で一緒に共同作業をするときには自然に伝わっていた現在の自分の作業状況を、遠隔地にいる共同作業相手に正確に伝わるように電子メールを書くためには、大きな労力が必要になる。 The current of their own work situation that has been transmitted to the nature when you collaborate together a familiar, in order to write an e-mail as transmitted to accurately collaboration partner at a remote location, it is necessary to big effort. さらに、受け取る側にとっても、電子メールが書かれた作業状況を理解するためには、個々の電子メールの背景部分を含めて読むのに加えて、それまでに交換された電子メールの内容も把握しておく必要がある。 In addition, also for the side to receive, in order to understand the work situation in which e-mail was written, in addition to read, including the background portion of the individual e-mail, the contents of the exchange e-mail so far grasp there is a need to. 共同作業を行う人数が多くなると、受け取るメールの量は急激に増加し、その処理にかかる労力もそれにつれて増大する。 Becomes many people collaborate, receive the amount of mail has increased rapidly increases as it also effort required to the processing.

【0003】そこで、離れた場所にいる人の活動状況を把握するための方法として、以下の2つの方法が考えられている。 [0003] Therefore, as a method for the status of activity of a person who is in a remote location, it is believed the following two methods. 第1の方法は、ワークスペースと呼ばれる作業環境を用いた技術によって、情報交換のために余計な労力を費やすことなく、お互いの作業状況を通知し合う方法である。 The first method is a method by techniques using working environment called a workspace, without spending extra effort for information exchange, mutually notifies the working status of each other. ワークスペースはある特定の作業に必要なリソースをまとめ、維持・管理することで、作業を円滑に進めることを支援する環境である。 Workspace summarizes the resources required for a specific task, to maintain and manage, is an environment to help to proceed smoothly the work. 複数の担当者で共有ワークスペースやお互いの個人ワークスペースの状態の変化を見ることによって、作業状況を相互に知ることができる。 By looking at the change in the state of the personal workspace of a shared work space and each other in more than one person in charge, it is possible to know the work situation to another. GMD(ドイツ国立情報処理研究所)で研究されているBSCW(Basic Support for Cooperative W GMD BSCW that have been studied in the (German National Information Processing Institute) (Basic Support for Cooperative W
ork)システムは、共有の作業環境上で行われたオペレーションの記録を提示することで、自分が知らない間に他の担当者が行った作業を知ることができる。 ork) system, to present a record of the operations that were carried out on a shared work environment, it is possible to know the work of other personnel went to while they do not know. また、特開平10−31660号公報に開示されたワークスペースは、ワークスペースの状態、変化の履歴を記録し、時系列的に管理することで、そこで行われた作業を理解することを可能にしている。 Further, the workspace disclosed in JP-A-10-31660, the workspace state, records a history of the change, by time series management makes it possible to understand the work that was done there ing.

【0004】第2の方法は、作業内容をWWW(World W [0004] The second method, your work WWW (World W
ide Web)のページとして公開することによって、組織的、物理的に離れた人の活動内容を把握する方法である。 By publishing as a page of ide Web), it is a method to understand the organization and physically distant human activities. WWWは、外に開かれたインターネット環境で発展してきた技術であるが、企業内などの閉じたネットワーク環境の中でも有効に利用することができる。 WWW is a technology that has been developed in the Internet environment that is open to the outside, can be used effectively even in a closed network environment, such as within a company. 各自、あるいは各部門でそのときの活動状況をWWWのページとして公開することで、電子メールのように他の人に大量の電子メールを送りつけることなく、いつでも活動進捗をメンバー間で相互に把握することが可能になる。 Their own, or the activities of the time in each department by the public as a WWW page, mutual understanding without having to put send large amounts of e-mail to other people as e-mail, at any time activities progress among members it becomes possible to.

【0005】なお、WWWページはHTML(Hyper Tex [0005] In addition, WWW pages are HTML (Hyper Tex
t Markup Language)という文書の記述言語で書かれているが、当初は情報の公開者がこの言語を直接書く必要があったためWWWページの作成は非常に煩雑であった。 Although t Markup Language) is written in the description language of the document that, initially the creation of WWW pages for the public's information had to write this language directly it was very complicated.
そこで、米Adobe杜のPageMill(米Adobe社の商標)や米 Therefore, the US Adobe Mori of PageMill (US Adobe's trademark) and rice
Microsoft杜のFrontPage(米Microsoft社の商標)などのように、ワードプロセッサのような編集操作によって、HTMLを自動生成するHTMLエディタが開発されている。 Such as in the Microsoft Du of FrontPage (Microsoft Corp.'s trademark), by editing operations, such as a word processor, HTML editor to automatically generate have been developed to HTML. HTMLエディタを用いれば、比較的簡単にWWWページの作成や編集が可能となり、作業の進捗状況に応じた内容の更新にかける時間を少なくできる。 By using an HTML editor, a relatively easy it is possible to create and edit WWW pages, it is possible to reduce the time taken to update the content in accordance with the progress of the work.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかし、従来の技術には、それぞれ以下のような問題点があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the prior art, has problems as follows. 上記第1の方法では、互いの作業内容がある程度わかっている場合には有効であるが、組織的に離れた人が見た場合には理解できないという問題がある。 In the first method is effective when the work of each other to some extent known, when the tissue-apart people have seen it is impossible to understand. すなわち、ワークスペース上の状態を共有することは、いわば周りの人の机の上の状態から作業状況を知るのと同様である。 In other words, it is the same as the state of a person's upper desk around know the working situation as it were to share state of the workspace. 従って、日頃からどういう仕事をしているのかといった背景を知っている場合には作業の状況を理解できても、組織的、物理的に離れて仕事をしている人には、何をしているのか理解できないという問題点があった。 Therefore, even if you understand the status of the work in if you know the background, such as how are you what kind of work on a regular basis, organizational, to those who are working in physically separate, What are you there is a problem that the one can not understand are. 例えば、ある人がソフトウェアを開発している場合、同僚のソフトウェア技術者が共有ワークスペースを覗けば、開発の進捗状況を理解できる。 For example, if a person has developed the software, if the software engineer colleagues Nozoke a shared workspace, can understand the progress of the development. ところが、製品の出荷可能時期を知るためにマーケティング部門の人間が共有ワークスペースを見たとしても、プログラミング言語やプログラムの開発手順等を理解していない限り、開発の進捗状況を把握するのは困難である。 However, even as the marketing department in order to know the shipping Availability of products human beings saw a shared work space, as long as they do not understand the development procedures, and the like of the programming language and program, it is difficult to grasp the progress of the development it is.

【0007】上記第2の方法では、WWWページの作成作業が人手によって行われるため、必ずしも適時に更新されるとは限らないという問題点があった。 [0007] In the second method, for creating work of the WWW page it is done by hand, was always there is a problem that it is not necessarily to be updated in a timely manner. すなわち、 That is,
更新作業は、活動進捗を誰にでもわかるように整理してまとめる作業を含むため、大きな労力がかかる。 Update work, to include the work put together to organize, as can be seen by anyone activities progress, a large labor-consuming. しかも、本来行っている活動とは別の補助的なプロセスであるために、しばしば本来の活動が多忙になると、優先度が低くなり、結果として共同で作業するのに十分な情報が相互に行き渡らないという事態につながっていた。 Moreover, since the activities are performed inherently it is another auxiliary process, often the original activity is busy, the priority is lowered, sufficient information to work together as a result of spread from each other It had led to the situation that it is not.

【0008】HTMLエディタの開発によって、WWW [0008] The development of HTML editor, WWW
ページの作成作業自体は容易になったが、WWWページは一度作成すれば済むものではなく、それが常に活動の最新状態を反映するようにするために、適時更新する必要がある。 Although pages of creating the work itself has become easier, WWW pages are not intended to need if you create once, in order to reflect the latest state of it is always active, it is necessary to timely update. 活動内容の変化に応じてWWWページを更新する手間を軽減するための発明として、例えば、特開平9−330360号公報に開示された電子モールシステムがある。 As an invention for reducing the trouble of updating the WWW pages in response to changes in activities, for example, there is an electronic mall system disclosed in JP-A-9-330360. この発明では、電子モールにWWWぺージの形で電子ショップを出店しているクライアントが、あらかじめ決めた帳票に現在の状態を記入しておけば、その内容を反映したWWWページが自動的に生成される。 In the present invention, a client in an electronic mall has opened an electronic shop in the form of a WWW page is, if fill in the current state to the predetermined form, automatically generates the WWW page that reflects the contents of It is. これにより、利用者はWWWぺージの更新という、本来の活動以外に必要な作業に煩わされることなく、電子ショップの運営という本来の活動に専念することができる。 Thus, the user is able to focus on their activities that without, of electronic shop operation to worry about that update of WWW pages, on the work necessary in addition to the original activity.
しかしながら、この方法を適用できるのは、WWWページに公開する情報があらかじめ決められる範囲であるようなケースに限られる。 However, can apply this method is limited to cases, such as in the range of information available to the WWW page is determined in advance.

【0009】以上のように、従来技術によれば、電子メールを用いる方法によっても、WWWぺージを公開する方法によっても、活動状況を相互に知らせるためには労力の大きな作業が必要であった。 [0009] As described above, according to the prior art, by a method using e-mail, by a method to publish WWW page in order to inform the activities to each other was necessary large working effort . しかもこの作業は、本来行っている活動とは別の、補助的なプロセスであるために、しばしば本来の活動が多忙になると、優先度が低くなり、結果として共同で作業するのに十分な情報が相互に行き渡らないという事態につながっていた。 Moreover, this task is for the activities that are performed inherently is another ancillary processes, often the original activity is busy, the priority is lowered, sufficient information to work together as a result There had led to the situation that does not spread to each other. 一方、 on the other hand,
ワークスペースを用いることで作業状況の共有を容易にすることができるが、密接に協調しているメンバーに限られる。 Although the share of the work situation by the use of a work space can be easily limited to members that are closely coordinated. 公開に必要な情報だけを記入できる帳票を準備することで、自動的にWWWページを更新する方法の適用は、あらかじめ何を公開するかが決められるような業務に限られる。 By preparing a form that can be filled only the necessary information to the public, automatically application of the method to update the WWW page is limited to the business, such as whether to publish anything in advance is determined.

【0010】本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、ワークスペース上で行われた作業の概要を整理した文書を自動的に生成することのできる概況情報生成装置を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, to provide overview information generating device capable of automatically generating a document to organize the summary of work done on the workspace With the goal.

【0011】また、本発明の他の目的は、ワークスペース上で行われた作業の概要を整理した文書の自動的生成をコンピュータに行わせることのできる概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供することである。 [0011] It is another object of the present invention, computer readable recording the overview information generating program that can perform the automatic generation of a document to organize the summary of work done on the work space on the computer to provide a recording medium.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】本発明では上記課題を解決するために、電子的なリソースを操作する環境であるワークスペース上で行われた活動の概況に関する情報を生成する概況情報生成装置において、利用者の指示に従ってワークスペース上で電子的なリソースを操作することで、ワークスペースの最新状態に変更を加えるワークスペース編集手段と、前記ワークスペース編集手段によってワークスペース上で行われた操作の内容及び操作対象を、履歴情報として保持するワークスペース履歴管理手段と、履歴情報を合成するための規則を定めた合成ルールを保持する合成ルール保持手段と、前記合成ルール保持手段に保持された合成ルールに従って、前記ワークスペース履歴管理手段によって管理されている履歴情報を合成し、概況情 In order to solve the above object SUMMARY OF THE INVENTION In overview information generating device for generating information about the overview of activities undertaken on the workspace is an environment for manipulating electronic resource by operating the electronic resources on the workspace according to an instruction of the user, and workspace editing means for modifying the current state of the workspace, the operations performed on the workspace by the workspace editing means the contents and the operation target, and workspace history managing means for holding the history information, and combining rule holding means for holding a combining rule that defines the rules for synthesizing history information held in the synthesis rule holding means synthetic according to the rules, and synthesizing the history information managed by the workspace history managing means, overview information を生成する合成手段と、を有することを特徴とする概況情報生成装置が提供される。 Summary information generating apparatus characterized by having a synthesizing means for generating a is provided.

【0013】このような概況情報生成装置によれば、あらかじめ目的に応じた合成ルールを合成ルール保持手段に格納しておき、合成手段によって、ワークスペース履歴管理手段に保持されている履歴情報を処理対象として、合成ルールに従って情報が合成される。 According to this overview information generating device may be stored a combining rule in accordance with the pre-purpose synthetic rule holding means, by synthetic means, processing history information held in the workspace history managing means as the target, the information is synthesized according to the combining rule. その結果、 as a result,
概況情報が生成される。 Summary information is generated.

【0014】また、上記別の課題を解決するために、電子的なリソースを操作する環境であるワークスペース上で行われた活動の概況に関する情報を生成するための概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体において、利用者の指示に従ってワークスペース上で電子的なリソースを操作することで、ワークスペースの最新状態に変更を加えるワークスペース編集手段、前記ワークスペース編集手段によってワークスペース上で行われた操作の内容及び操作対象を、履歴情報として保持するワークスペース履歴管理手段、履歴情報を合成するための規則を定めた合成ルールを保持する合成ルール保持手段、前記合成ルール保持手段に保持された合成ルールに従って、前記ワークスペース履歴管理手段によって管理 [0014] In order to solve the above specific problem, the computer which records overview information generation program for generating information relating overview of activities undertaken on the workspace is an environment for manipulating electronic resource in-readable recording medium, by operating the electronic resources on the workspace according to an instruction of the user, the workspace editing means for modifying the current state of the workspace, the workspace by the workspace editing means holding the contents of an operation performed and the operation target workspace history managing means for holding the history information, the combining rule holding means for holding a combining rule that defines the rules for the synthesis history information, the synthesis rule holding means following a combining rule, managed by the workspace history managing means れている履歴情報を合成し、概況情報を生成する合成手段、としてコンピュータを機能させることを特徴とする概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体が提供される。 Synthesizing history information that is, combining means for generating overview information, computer-readable recording medium recording the overview information generation program for causing a computer to function are provided as.

【0015】このような記録媒体に記録された概況情報生成プログラムをコンピュータに実行させれば、上記本発明に係る概況情報生成装置に必要な機能が、コンピュータ上に構築される。 [0015] caused to execute such a recorded overview information generation program recording medium into a computer, functions required for overview information generating apparatus according to the present invention is constructed on a computer.

【0016】 [0016]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面を参照して説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図1は、本発明の原理構成図である。 Figure 1 is a conceptual view of the present invention. 本発明の概況情報生成装置は、以下の要素で構成される。 Summary information generating apparatus of the present invention is composed of the following elements.

【0017】ワークスペース編集手段1は、利用者の指示に従ってワークスペース上で電子的なリソースを操作し、ワークスペースの最新状態に変更を加える。 [0017] workspace editing unit 1, operates the electronic resources on the work space in accordance with the instruction of the user, make changes to the latest state of the workspace. ワークスペース履歴管理手段2は、現在及び過去のワークスペースの状態を、ワークスペース上で行われた操作の履歴情報とともに保持する。 Workspace history managing unit 2 holds the current and the state of past work space, along with the history information of an operation performed on the workspace. 合成ルール保持手段3は、情報を合成するための規則を定めた合成ルールを保持する。 Combining rule holding means 3 holds the combining rule that defines the rules for synthesizing information.
ワークスペース選択手段4は、合成ルール保持手段3が保持している合成ルールに従って、ワークスペース履歴管理手段2が保持しているワークスペースの中から1つ以上のワークスペースを選択する。 Workspace selection means 4, according to the combining rule that the synthesis rule holding means 3 holds, to select one or more work spaces among workspaces workspace history managing unit 2 holds. 合成手段5は、ワークスペース履歴管理手段2によって管理されている情報の中で、ワークスぺース選択手段4によって選択されたワークスペースに関連する情報を処理対象として、合成ルール保持手段3に保持された合成ルールに従って情報を合成し、概況情報6を生成する。 Combining means 5, in the information managed by the workspace history managing unit 2, the information related to the workspace selected by Workspaces selecting means 4 for processing, is held on the synthesis rule holding means 3 and the information synthesized according to the synthesis rule, generates the overview information 6.

【0018】このような概況情報生成装置では、あらかじめ目的に応じた合成ルールを合成ルール保持手段3に格納しておく。 [0018] In this overview information generating device stores the combining rule in accordance with the pre-purpose synthetic rule holding means 3. すると、ワークスペース選択手段4により、合成ルールに従って、処理対象となるワークスペースが選択される。 Then, the work space selection unit 4, according to the combining rule, the workspace to be processed is selected. そして、選択されたワークスペースに関する情報を処理対象として、合成手段5によって、合成ルールに従って情報が合成される。 Then, as a processing target information about the selected workspace, by synthetic means 5, information is synthesized according to the combining rule. その結果、概況情報6が生成される。 As a result, overview information 6 is generated. 従って、ユーザが自己の業務の進捗状況を示す文書を作成する必要がなくなり、ユーザの負担が軽減される。 Thus, users no longer need to create a document that shows the progress of the self of the business, the user's burden is reduced. しかも、自動で概況情報6が生成されるため、常に最新の情報を得ることができる。 Moreover, since the overview information 6 is automatically is generated, you can always get the latest information.

【0019】次に、ネットワークを介してワークスペースを共有するシステムに本発明を適用した場合を例にとり、本発明の実施の形態を具体的に説明する。 Next, the case of applying the present invention to a system that shares the workspace through the network as an example will be specifically described embodiments of the present invention. 図2は、 Figure 2,
本発明を実施するためのシステム構成を示す図である。 It is a diagram showing a system configuration for implementing the present invention.
本実施の形態のシステムでは、サーバコンピュータ10 In the system of this embodiment, the server computer 10
0と複数のクライアントコンピュータ200,200 0 and the plurality of client computers 200, 200
a,200bとが、ネットワーク10を介して接続されている。 a, 200b and are connected through a network 10.

【0020】図3は、各装置の内部構成を示す図である。 [0020] FIG. 3 is a diagram showing the internal configuration of each device. サーバコンピュータ100には、データの記録蓄積をつかさどる記憶制御部110が設けられている。 The server computer 100, the storage control unit 110 that controls the recording storage data is provided. 一方、クライアントコンピュータ200には、本システムの主たる処理を行うプログラムを実行する制御部210 On the other hand, the client computer 200, control unit 210 that executes a program for performing main processing of the system
とユーザとの対話を行う入出力制御部220とが設けられている。 And output control unit 220 that performs user interaction is provided with. なお、本実施の形態では、記憶制御部110 In this embodiment, the storage control unit 110
をサーバコンピュータ100内に設け、制御部210と入出力制御部220とをクライアントコンピュータ20 The provided to the server computer 100, the client computer 20 and the control unit 210 and input and output control unit 220
0内に設け、ネットワーク10で結合する構成をとっているが、これ以外にも様々な構成が考えられる。 Provided in the 0, but adopts a configuration that bind with the network 10, which can be considered a variety of configurations other than. 例えば、アプレットなどの技術を用いて、制御部もサーバ側に持たせる構成をとってもよいし、また、ネットワークを介することなく、全てを1台のコンピュータ上に構成してもよい。 For example, using techniques such as applets, may take the configuration to have also the server control unit, also without using network may constitute all on one computer. また、それぞれの制御部は、さらにネットワーク上に分散した構成をとることもできる。 Also, each of the control unit may also be configured to further dispersed on the network.

【0021】以下に、各構成要素の有する処理機能について説明する。 [0021] The following describes the processing functions of the respective components. 記憶制御部110は、本発明の実施に必要な文書、ワークスペース履歴、合成ルールなどに関わる情報を記録し、記録した情報を管理する。 The storage control unit 110, the document needed to practice the present invention, records a workspace history, information regarding such a synthesis rule, manages the recorded information. データの実体はハードディスク装置などの二次記憶装置内に記録される。 Actual data is recorded into the secondary storage device such as a hard disk device. 本実施の形態の記憶制御部110では、管理している情報はいずれもネットワークプロトコルによってアクセスできる。 The storage control unit 110 of the present embodiment, can be accessed by the management and none of the information is a network protocol. 記憶制御部110は、文書管理部11 The storage control unit 110, the document management section 11
1、ワークスペース履歴管理部112、及び合成ルール保持部113を有している。 1, and a workspace history managing unit 112 and the synthesis rule holding unit 113,.

【0022】文書管理部111は、ワードプロセッサやHTMLエディタを用いて作成される文書を管理する。 The document management unit 111 manages a document created using a word processor or HTML editor.
本実施の形態では、一般に用いられるWWWサーバを利用する。 In this embodiment, generally utilize WWW server used.

【0023】ワークスペース履歴管理部112は、ワークスペースの更新履歴に関する情報を管理する。 [0023] workspace history management unit 112 manages the information about the update history of the workspace. ワークスペースの履歴は所定の形式で、ワークスペース履歴管理部112が管理するデータベース内に格納される。 History workspace in a predetermined format, are stored in a database workspace history managing unit 112 manages. ワークスペースは、履歴も含めたユーザの作業環境に対応する。 Workspace, corresponding to the user's working environment that history was also included. ワークスペースは、電子リソースとして文書の集合を参照する。 Workspace, refer to the set of documents as electronic resources. 文書を参照するための単位はアンカーと呼ばれる。 Units for referencing documents called anchor. アンカーはワークスペースが定義する平面上に配置され、URL(Uniform Resource Locator)を用いて文書管理部111中の文書を参照する。 Anchor is disposed in a plane workspace defined, refers to the document in the document management unit 111 by using the URL (Uniform Resource Locator).

【0024】図4は、ワークスペース管理部のデータ構造を示す図である。 FIG. 4 is a diagram showing the data structure of the workspace manager. 図中「workspace ID」は、ワークスペースの識別子を示している。 In the figure, "workspace ID" indicates an identifier of the workspace. 「workspace name」は、 "Workspace name" is,
ワークスペースの名前である。 Is the name of the workspace. 「snapshot Ids」は、ワークスペースに含まれる状態(snapshot)の識別子である。 "Snapshot Ids" is an identifier of the state (snapshot) that is included in the workspace. 「derives」は、ワークスペースから派生したワークスペースの識別子である。 "Derives" is an identifier of a work space that is derived from the workspace. 「workspace URL」は、ワークスペースを参照するためのURLである。 "Workspace URL" is a URL used to refer to the workspace. ここに示されたURLを用いてユーザはこのワークスペースを呼び出すことができる。 The user can call this workspace using a URL shown here.

【0025】図5は、ワークスペースの状態を表現するためのデータ構造を示す図である。 FIG. 5 is a diagram illustrating a data structure for representing the state of the workspace. このような構造のデータが、ワークスペースの状態(snapshot)毎に設けられている。 Data of such a structure is provided for each workspace state (snapshot). 図中「snapshot ID」は、ワークスペースの状態(snapshot)の識別子である。 In the figure "snapshot ID" is an identifier of the workspace state (snapshot). 「anchor Ids」は、ワークスペースの状態に含まれるアンカーの識別子である。 "Anchor Ids" is an identifier of the anchor that is included in the state of the workspace.
「snapshot URL」は、ワークスペースの状態を参照するためのURLである。 "Snapshot URL" is a URL used to refer to the state of the workspace. 「creation date」は、ワークスペースの状態が記録された日付である。 "Creation date" is the date on which the workspace state has been recorded. 「regions」 "Regions"
は、ワークスペースの状態の上で定義された領域(regio It was defined on the workspace state region (regio
n)の名前と範囲である。 Is the name and the range of n). ここに示されたURLを用いてユーザはこのワークスペースの状態を呼び出すことができる。 The user can invoke the state of the work space using the URL shown here. 「index」は、このワークスペースの状態を選択するためのキーとして付与するインデックスである。 "Index" is an index to be granted as a key for selecting the state of this workspace.
「state」は、ワークスペースが代表する仕事のプロセス上の状態を示している。 "State", the workspace shows a state on the work of the process to be representative. ここでは、”開始”、”レビュー済み”、”終了”のいずれかの状態をとる。 Here, the "Start", "reviews already", take one of the states of the "Exit". 「comm "Comm
ents」は、ユーザが入力した任意のメモを保持する領域である。 ents "is an area for holding any note entered by the user.

【0026】図6は、アンカーのデータ構造を示す図である。 [0026] FIG. 6 is a diagram showing the data structure of the anchor. 図中「anchor ID」は、アンカーの識別子である。 In the figure "anchor ID" is an identifier of the anchor. 「anchor name」は、アンカーの名前である。 "Anchor name" is the name of the anchor. 「doc "Doc
umentURL」は、アンカーが参照している文書のURLである。 umentURL "is the URL of the document which the anchor is referring to. 文書合成のときに文書を参照するリンクとして取り出されるのはこのURLである。 It is this URL from being taken out as a link that references the document when the document is composed. 「creation date」 "Creation date"
は、アンカーが作成された日付である。 Is the date on which the anchor has been created. 「edit count」 "Edit count"
は、文書の編集オペレーションを実行した回数である。 Is the number of times you run the editing operation of the document.
「size」は、アンカーのワークスペース上でのサイズである。 "Size" is the size of on the anchor of the workspace. ここでは、「SMALL」、「NORMAL」、「LARGE」のいずれかの値をとる。 Here, take one of the values ​​of "SMALL", "NORMAL", "LARGE". 「position」は、アンカーのワークスペース上での位置である。 "Position" is a position on the anchor of the workspace. 「approved」は、承認されたことを示す属性である。 "Approved" is an attribute which indicates that it has been approved. 「comments」は、ユーザが入力した任意のメモを保持する領域である。 "Comments" is an area for holding any note entered by the user.

【0027】図7は、ワークスペース上で行われたオペレーションの履歴を記録する構造を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing a structure for recording a history of the operations performed on the workspace. 図中「snapshot ID」は、ワークスペースの状態(snapshot) In the figure "snapshot ID" is, of workspace state (snapshot)
の識別子である。 Which is the identifier. 「operation NO」は、対応するワークスペースの状態において実行されたオペレーションに対して付与された識別番号である。 "Operation NO" is identification number assigned to is executed in the state of the corresponding workspace operations. 「Executed operatio "Executed operatio
n」は、実行されたオペレーションの内容を示している。 n "shows the contents of the executed operation.

【0028】合成ルール保持部113は、文書合成のメカニズムを制御するためのルールを保持している。 The synthesis rule holding unit 113 holds rules for controlling the mechanism of the document synthesis. 図8 Figure 8
は、合成ルールのデータ構造を示す図である。 Is a diagram showing the data structure of the combining rule. ルールは、「総合属性(generic)」、「ホットリンク(hot link Rules, "General attributes (generic)", "hot links (hot link
s)」、「ヒストリー(history)」、「関連活動(related s) "," History (history) "," related activities (related
activity)」、「近況(what's new)」の5つのカテゴリに分かれた属性(attribute)のリストである。 activity) ", is a list of" recent (what's new), "the five attributes that were divided into categories of (attribute). 「generi "Generi
c」は、合成データ全体に適用する属性である。 c "is an attribute that is applied to the entire combined data. 「hot l "Hot l
inks」は、ワークスペース上の概況を示すために、重要な文書のリンク集を生成するためのルールである。 inks "is, in order to show the overview of the work space, a rule for generating a collection of links to important documents. 「hi "Hi
story」は、重要な出来事のあったワークスペースの状態へのリンク集を生成するためのルールである。 story "is a rule for generating a collection of links to the state of a work space of important events. 「rela "Rela
ted activity」は、指定したワークスペースに関連のあるワークスペースへのリンク集を生成するためのルールである。 ted activity "is a rule for generating a collection of links to the workspace that are relevant to the specified workspace. 「what's new」は、所定の期間に起こった出来事に関する文書、ワークスペース状態、ワークスペースなどへのリンク集を生成するためのルールである。 "What's new", the document related to what happened to the predetermined period of time, work space state, is the rule for generating the links to such as workspace.

【0029】また、この例では、関連するワークスペースを決めるために、派生(derive)と影響(influence)の関係を用いている。 Further, in this example, to determine the relevant workspace, and using the relationship derived (derive) and impact (Influence). 派生関係は、あるワークスペースの特定の状態から分岐して新しいワークスペースを生成した際に発生する。 Derivation relationship occurs when generating a new workspace branches from a specific state of a workspace. 分岐の元となったワークスペースと分岐先のワークスペースとの間の関係を、派生関係と呼ぶ。 The relationship between the workspace a branch source and branch destination workspace, called a derivation relationship. 影響関係は、文書を参照するアンカーを、ワークスペース間をまたがってコピーや移動をすることによってワークスペースの状態が変更した場合に発生する。 Effect relationship anchor for referring to the document, occurs when you change the status of the workspace by copying or moving across between workspaces. コピーや移動されるアンカーが存在していたワークスペースと、コピーや移動後にそのアンカーを有することとなったワークスペースとの関係を、影響関係にあるワークスペースと呼ぶ。 A workspace anchor to be copied or moved is present, the relationship between the work space became to have the anchor after copying or moving is called a workspace in the impact relationship.

【0030】以下に、各合成ルールの意味を示す。 [0030] In the following, indicating the meaning of each synthetic rules. なお、以下の説明において、各ルールを「カテゴリ/属性」で表すものとする。 In the following description, it is assumed that represent each rule in the "Category / Attributes". 合成ルールには、合成した文書の名前などの情報を定義したものと、合成文書へ含めるアンカー等の条件を定めたもの(抽出ルール)とがある。 Synthetic rules, there are those which defines information such as the name of the synthesized document, which establishes a condition anchor such that inclusion in the synthetic document and (extraction rule) is.

【0031】(1)「generic」のカテゴリ 「generic」のカテゴリに属する属性は、合成ルール全体に適用する各種設定項目である。 [0031] (1) "generic" attribute belonging to the category of the category "generic" of is the various setting items that apply to the entire synthesis rules.

【0032】「generic/rule name」は、文書合成ルールの名前を示している。 [0032] "generic / rule name" indicates the name of the document synthesis rules. 文書合成によって生成された文書には、「rule name」で指定された名前が付与される。 The document generated by the document synthesis, the name that is specified in the "rule name" is assigned. 「generic/rule URL」は、文書合成ルールのURL "Generic / rule URL" is, URL of the document synthesis rules
である。 It is. 文書合成を行ったときの文書のアドレスとして使用する。 It is used as the address of the document at the time of performing the document synthesis. デフォルトの格納先を定めておくことができ、「rule URL」が省略された場合には、デフォルトの格納先に「rule name」で指定されたファイル名の文書として格納する。 It can be left set the default storage location, if the "rule URL" is omitted, and stores it in the default location as a document of the specified file name in the "rule name".

【0033】「generic/workspace」は、情報探索の対象となるワークスペース名である。 [0033] "generic / workspace" is a workspace name that is the subject of information search. この属性によって指定されたワークスペース内の文書が、合成の対象となる。 Article in the specified workspace by this attribute, the synthesis of the subject. 「generic/derive」は、派生関係にあるワークスペースを検索対象範囲に含むか否かを示している。 "Generic / derive" indicates whether to include in the search range workspace in the derivation relationship. 値が「0」であれば派生関係にあるワークスペースを検索対象範囲に含まないことを示し、値が「1」であれば検索対象範囲に含むことを示す。 Value indicates that it does not contain in the search range workspace in the derivation relationship if "0", the value indicates that include in the search range if it is "1".

【0034】「generic/influence」は、影響関係にあるワークスペースを検索範囲に含むか否かを示している。 [0034] "generic / influence" indicates whether or not including a work space that is in effect related to the search range. 値が「0」であれば影響関係にあるワークスペースを検索対象範囲に含まないことを示し、値が「1」であれば検索対象範囲に含むことを示す。 Value indicates that it does not contain in the search range workspace in impact relationship if "0", the value indicates that include in the search range if it is "1".

【0035】「generic/update interval」は、合成文書を周期的に最新の状態に更新する際の、更新周期である。 [0035] "generic / update interval" is, at the time of update to the latest state of the synthesis document periodically, is an update cycle. この値は、日数を示す数値を設定する。 This value is, to set a numerical value indicating the number of days. 「generic/ "Generic /
what's new interval」は、進捗情報を抽出する際に基準とする期間を示している。 what's new interval "indicates the period used as a reference when extracting the progress information. この値は、日数を示す数値で設定する。 This value is set by a numerical value indicating the number of days. 例えば、最近更新された文書をリンクする場合に、最近とは何日以内を指すのかがこの属性によって定められる。 For example, if you want to link the recently updated document, or refer to within a few days and recently it is determined by this attribute.

【0036】(2)「hot links」のカテゴリ 「hot links」のカテゴリに属するルールは、指定されたワークスペースが現在及び過去に保持あるいは参照していた文書の中から、所定の条件を満たすものを選択し、それらの文書を参照するリンクを含むハイパードキュメントを合成するための合成ルールである。 [0036] (2) rules that belong to the category of "hot links" in the category "hot links", from among the documents that have been designated work space has been held or reference to the current and past a predetermined condition is satisfied select a combining rule for the synthesis of hyper document that contains a link to refer to those documents.

【0037】「hot links/region」は、特定の領域(reg [0037] "hot links / region" is a specific area (reg
ion)にある文書にリンクする際の、特定の領域を指定するための合成ルールである。 When linking to a document in the ion), a synthetic rule for designating a particular region. この属性の値(value)が空でない文字列であるとき、領域名として設定されている文字列と、以下の条件を満たすアンカーを検索対象のワークスペース内から探し、検出されたアンカーが参照している文書へのリンクを出力する。 When the value of this attribute (value) is a non-empty string, a character string that has been set as an area name, locate the following conditions are satisfied anchor from the search in the workspace, reference is detected anchor and it outputs a link to the document has. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち、最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) out of the anchor with, it is intended to be present in the state of the art of the workspace (snapshot). ・位置(position)が、値(value)として設定された文字列と一致する名前の領域(region)内にあること。 And position (position) is, the value (value) set area whose name matches the character string (region) lying within a.

【0038】「hot links/long life」は、長期にわたって使用されている文書にリンクするための合成ルールである。 [0038] "hot links / long life" is a synthesis rule for linking to documents that are used over a long period of time. これは、長期にわたって使用された文書は、重要な文書であると考えられるために設けられた合成ルールである。 This long-term documents used throughout is a synthetic rules provided in order to be considered to be an important document. 値(value)が0より大きい整数値であるとき、以下の条件を満たすアンカーを検索対象のワークスペース内から探し、検出されたアンカーが参照している文書へのリンクを出力する。 When the value (value) is an integer greater than zero value, locate the following conditions are satisfied anchor from the search in the workspace, the detected anchor outputs a link to a document to which reference is made. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) that is to be present during the most recent of the workspace state (snapshot) of the anchor with. ・現在の日時から、作成日(creation date)を減算した結果が、値(value)として設定された数値よりも大きいこと。 - from the current date, creation date (creation-date) The result of subtracting the value (value) greater than the set number as.

【0039】「hot links/large size」は、アイコンサイズの大きな文書にリンクするための合成ルールである。 [0039] "hot links / large size" is a synthesis rule for linking a large document of the icon size. これは、アイコンサイズの大きな文書は比較的重要な内容を含んでいると考えられるために設けられた合成ルールである。 This is a large document icon size is a synthetic rules provided in order to be considered to contain relatively important content. なお、この例では、大(LARGE)、 It should be noted that, in this example, large (LARGE),
中(NORMAL)、小(SMALL)の3種類のアイコンが使用可能である。 In (NORMAL), 3 types of icons of small (SMALL) can be used. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすアンカーを検索対象のワークスペースから探し、検出されたアンカーが参照している文書へのリンクを出力する。 When the value (value) is ON, locate the following conditions are satisfied anchor from the search of the workspace, the detected anchor outputs a link to a document to which reference is made. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) that is to be present during the most recent of the workspace state (snapshot) of the anchor with. ・大きさ(size)がLARGEであること。 , Size (size) to be a LARGE.

【0040】「hot links/state」は、業務プロセスで規定された状態の値をもつ文書へリンクするための合成ルールである。 [0040] "hot links / state" is a synthesis rule for linking to the document with the value of the state which is defined by the business process. 値(value)が2つの空でない文字列の組であるとき、以下の条件を満たすアンカーが参照する文書へのリンクを出力する。 When the value (value) is a set of strings two non-empty, and outputs a link to the document referenced by the following conditions are satisfied anchor. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち、最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) out of the anchor with, it is intended to be present in the state of the art of the workspace (snapshot). ・値(value)の第1の文字列が示す属性に対して、第2 - value for (value) first attribute of the characters of the second
の文字列が示す値が設定されていること。 The value indicated by the character string is set.

【0041】この合成ルールを用いれば、特定の用件を満たす文書へリンクさせることができる。 [0041] Using this combining rule may be linked to the document to satisfy the specific requirements. 例えば、図8 For example, Figure 8
の例では、(approved,"Hayashi")と設定されているため、「Hayashi」というユーザに認証(approved)された文書へリンクされる。 In this example, (approved, "Hayashi") and because it has been set, it is linked to the user authentication (approved) document called "Hayashi".

【0042】「hot links/comments」は、コメントが付けられている文書へリンクするための合成ルールである。 [0042] "hot links / comments" is a synthesis rule for linking to the document which the comment is attached. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすアンカーが参照する文書へのリンクを、コメントの内容と対応付けて出力する。 When the value (value) is ON, links to documents referenced by the following conditions are satisfied anchor, and outputs in association with the content of the comment. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち、最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) out of the anchor with, it is intended to be present in the state of the art of the workspace (snapshot). ・空でない文字列がコメント(comments)として設定されていること。 · Be non-empty string is set as comments (comments).

【0043】「hot links/frequency」は、編集の回数が多い文書へリンクするための合成ルールである。 [0043] "hot links / frequency" is a synthesis rule for linking to document the number of editing is often. これは、多く編集されている文書はそれだけ重要な文書であると考えられるために設けられた合成ルールである。 This is a synthetic rules provided in order to be considered a document being edited many are correspondingly important documents. value
(value)が0より大きい整数値であるとき、以下の条件を満たすアンカーが参照する文書へのリンクを出力する。 (Value) is when an integer greater than 0, and outputs a link to the document referenced by the following conditions are satisfied anchor. ・同じ名(anchor name)を持つアンカーのうち、最新のワークスペースの状態(snapshot)中に存在するものであること。 - the same name (anchor name) out of the anchor with, it is intended to be present in the state of the art of the workspace (snapshot). ・編集回数(edit count)の値が、値(value)として設定された数値以上であること。 The value of and editing number of times (edit count) is, the value (value) that is set numerical value or more as.

【0044】「hot links/print」は、印刷された文書へリンクするための合成ルールである。 [0044] "hot links / print" is a synthesis rule for linking to the printed document. 印刷が行われるということは、比較的重要な文書であると考えられるために設けられた合成ルールである。 That printing is performed is a synthetic rules provided for that are considered to be relatively important documents. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすアンカーが参照する文書へのリンクを出力する。 When the value (value) is ON, and outputs a link to the document referenced by the following conditions are satisfied anchor. ・オペレーションの履歴の中にある、印刷オペレーション(print)の引数となっていること。 - is in the history of the operation, that is the argument of the printing operation (print).

【0045】(3)「history」のカテゴリ 「history」のカテゴリに属する合成ルールは、指定されたワークスペースの現在及び過去の状態の中から、所定の条件を満たすものを選択し、その状態を参照するリンクを生成するための合成ルールである。 [0045] (3) "history" synthesis rules that belong to the category of the category "history" of the current and from the past of the state of the designated work space, selects a predetermined condition is satisfied, the state a combining rule for generating a reference link.

【0046】「history/operation print」は、印刷が行われたときの状態をリンクするための合成ルールである。 [0046] "history / operation print" is a synthesis rule for linking a state in which printing is carried out. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクをオペレーション名 When the value (value) is ON, the operation name the link to see the state of the following conditions are met workspace
(print)とその引数のアンカー名と対応付けて出力する。 (Print) to be output in association with the anchor name of the argument. ・オペレーションの履歴の中に、印刷オペレーション(p In the operations of history, printing operation (p
rint)を含むこと。 rint) to contain.

【0047】「history/operation send mail」は、メール送信が行われたときの状態をリンクするための合成ルールである。 [0047] "history / operation send mail" is a synthesis rule for linking the state of when the e-mail transmission has been carried out. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクをオペレーション名(send mail)とその引数のアンカー名と対応付けて出力する。 When the value (value) is ON, the following link to reference the state of satisfying workspace the operation name (the send mail) and in association with the anchor name of the argument output. ・オペレーションの履歴の中に、メール送信オペレーション(send mail)を含むこと。 - in the history of the operation, to include e-mail transmission operation (send mail).

【0048】「history/index」は、インデックスが与えられている状態をリンクするための合成ルールである。 [0048] "history / index" is a synthesis rule for linking a state in which the index is given. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを、インデックス名 When the value (value) is ON, the link to see the state of the following conditions are met workspace, the index name
(index)として設定されている文字列と対応付けて出力する。 (Index) is associated and outputs the character string set as. ・インデックス名(index)として空でない文字列が設定されていること。 Index name (index) that a non-empty string is set as.

【0049】「history/comments」は、コメントが与えられている状態をリンクするための合成ルールである。 [0049] "history / comments" is a synthesis rule for linking a state in which the comment is given.
値(value)がONのとき、以下の条件を満たす最初のワークスペースの状態を参照するリンクを、コメント(com When the value (value) is ON, the link to refer to the state of conditions are met first workspace of the following, comments (com
ments)の内容として設定されている文字列と対応付けて出力する。 It is associated and outputs the character string set as the contents of ments). ・コメント(comments)として空でない文字列が設定されていること。 Comment (comments) that the string has been set not empty as.

【0050】「history/state」は、業務プロセスで規定された状態の値を持つ状態をリンクするための合成ルールである。 [0050] "history / state" is a synthesis rule for linking the state with the value of the state which is defined by the business process. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たす最初のワークスペースの状態を参照するリンクを、 When the value (value) is ON, the link to reference the state of satisfying the first workspace below,
状態(states)の内容として設定されている文字列と対応付けて出力する。 State in association with the character string set as the contents of the (states) outputs. ・状態(states)として、あらかじめ定められている空でない文字列が設定されていること。 - as a state (states), the non-empty string that is predetermined it is set.

【0051】「history/break point」は、中断しているワークスペースの最後の状態をリンクするための合成ルールである。 [0051] "history / break point" is a synthesis rule for linking the end of the state of the work space that has been suspended. 値(value)が0より大きい整数値であるとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is an integer greater than zero value, and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・そのワークスペースの状態以降に、値(value)の数値で示される日数よりも長く、新しいオペレーションが記録されなかった期間があること。 - that since the workspace state, value (value) greater than the number of days indicated by the numerical value of, that the new operation there is a time period that has not been recorded.

【0052】「history/revive」は、再開したワークスペースの最初の状態をリンクするための合成ルールである。 [0052] "history / revive" is a synthesis rule for linking the first state of the work space that was resumed. 値(value)が0より大きい整数値であるとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is an integer greater than zero value, and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・そのワークスペースの状態以前に、値(value)の数値で示される日数よりも長く、新しいオペレーションが記録されなかった期間があること。 Part previous workspace state, the value (value) greater than the number of days indicated by the figures, the new operation there is a time period that has not been recorded.

【0053】「history/clean up」は、多くのアンカーがまとめて削除されたときの状態をリンクするための合成ルールである。 [0053] "history / clean up" is a synthesis rule for linking the state it was in when you deleted a number of anchor together. 値(value)が0より大きい整数値であるとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is an integer greater than zero value, and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・オペレーションの履歴の中に、値(value)の数値よりも多くのアンカーが削除(remove)されたオペレーションを含むこと。 - in the history of the operation, the value (value) many of the anchor than the numerical value of the delete (remove) has been to contain the operation.

【0054】「history/document appeared」は、特定の文書が現れたときの状態をリンクするための合成ルールである。 [0054] "history / document appeared" is a synthesis rule for linking the state of when a particular document appeared. 値(value)が空でない文字列であるとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is a non-empty string, and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・値(value)の文字列と一致する名前のアンカーが現れたこと。 - value (value) of the string matching that the anchor of the name appeared with.

【0055】「history/document removed」は、特定の文書が削除されたときの状態をリンクするための合成ルールである。 [0055] "history / document removed" is a synthesis rule for linking the state of when a particular document has been deleted. 値(value)が空でないとき、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is not empty, and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・値(value)の文字列と一致する名前のアンカーが削除されたこと。 - value (value) that the anchor of the names that match the string has been deleted of.

【0056】(4)「related activity」のカテゴリ 「related activity」のカテゴリに属する合成ルールは、指定されたワークスペースと所定の関係を持ったワークスペースをワークスペース履歴管理部112内から選択し、その内容を表示する文書を合成するための合成ルールである。 [0056] (4) "related activity" synthesis rules that belong to the category of the category "related activity" of, select the workspace with a designated work space in a predetermined relationship from the work space history management unit within the 112, is a synthetic rules for the synthesis of a document to display its contents.

【0057】「related activity/derive」は、派生したワークスペースをリンクするための合成ルールである。 [0057] "related activity / derive" is a synthesis rule for linking the derived workspace. 値(value)がONのとき、以下の条件を満たすワークスペースを参照するリンクを出力する。 When the value (value) is ON, and outputs a link that refers to satisfy workspace below. ・派生(derive)の関係があること。 - derivation (derive) the relationship of a certain thing.

【0058】「related activity/influence」は、文書のコピーが行われた先のワークスペースをリンクする値 [0058] "related activity / influence", the value to link the previous workspace a copy of the document has been made
(value)がONのとき、次の条件を満たすワークスペースを参照するリンクを出力する。 (Value) is the time of ON, and outputs a link reference to the following conditions are met workspace. ・影響(influence)の関係がある、すなわちオペレーションの履歴の中でcopyまたはmoveオペレーションの引数になっていること。 - a relationship of influence (influence), ie it is in the argument of the copy or move operation in the operation of history.

【0059】(5)「what's new」のカテゴリ 「what's new」のカテゴリに属する合成ルールは、指定されたワークスペースの指定期間内の電子リソースの増減、電子リソースの属性、電子リソースに対するオペレーション、ワークスペース間の関係についての変化を表現する内容を含む文書を合成するための合成ルールである。 [0059] (5) "what's new" in the category "what's new" synthesis rules that belong to the category of, increase or decrease of the electronic resources within the specified period of the designated work space, electronic resource attributes, operations on electronic resources, work a combining rule for combining a document including the content representing the change in the relationship between space.

【0060】「what's new/"links add/revised"」は、 [0060] "what's new /" links add / revised "" may,
規定の期間内に追加あるいは変更された文書をリンクするための合成ルールである。 A combining rule for linking the added or changed documents within a defined time period. 値(value)がONのとき、 When the value (value) is ON,
現在から規定の期間(generic/what's new interval)の間の状態の中で、以下の条件を満たすアンカーを参照するリンクを出力する。 In the current state of the duration of the specified (generic / what's new interval), and outputs a link reference to the following condition is satisfied anchor. ・オペレーションの履歴の中でcopy、move、create、またはeditオペレーションによって生成または変更されていること。 · Copy in operation history, move, the create or that have been generated or modified by the edit operation.

【0061】「what's new/links removed」は、規定の期間内に削除された文書をリンクするための合成ルールである。 [0061] "what's new / links removed" is a synthesis rule for linking the document that have been deleted within a defined period of time. 値(value)がONのとき、現在から規定の期間 When the value (value) is ON, a defined period of time from the current
(generic/what's new interval)の間の状態の中で、以下の条件を満たすアンカーを参照するリンクを出力する。 Among the state between the (generic / what's new interval), and outputs a link reference to the following condition is satisfied anchor. ・オペレーションの履歴の中でremoveまたはmoveオペレーションによって削除されていること。 - in the operation of the history that has been deleted by the remove or move operations.

【0062】「what's new/operation print」は、規定の期間内に印刷を行った状態をリンクするための合成ルールである。 [0062] "what's new / operation print" is a synthesis rule for linking a state in which the printing is performed within a defined period of time. 値(value)がONのとき、現在から規定の期間(generic/what's new interval)の間の状態の中で、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 When the value (value) is ON, in the state between the period defined from a current (generic / what's new interval), and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・オペレーションの履歴の中で印刷オペレーション(pri Operation of the printing operation in history (pri
nt)を含むこと。 To contain nt).

【0063】「what's new/operation send mail」は、 [0063] "what's new / operation send mail" is,
規定の期間内に電子のメール送信を行った状態をリンクするための合成ルールである。 Is a synthesis rule for linking a state in which carried out the e-mail sent within a defined period of time. 値(value)がONのとき、現在から規定の期間(generic/what's new interva When the value (value) is ON, a specified period of time from the current (generic / what's new interva
l)の間の状態の中で、以下の条件を満たすワークスペースの状態を参照するリンクを出力する。 Among the state between l), and outputs a link to reference the state of the following conditions are satisfied workspace. ・オペレーションの履歴の中で電子メール送信オペレーション(send mail)を含むこと。 Operation of e-mail transmission operation in history (send mail) to contain.

【0064】「what's new/relation derived」は、規定の期間内に派生したワークスペースをリンクするための合成ルールである。 [0064] "what's new / relation derived" is a synthesis rule for linking the derived workspace within a defined period of time. 値(value)がONのとき、現在から規定の期間(generic/what's new interval)の間の状態の中で、以下の条件を満たすワークスペースを参照するリンクを出力する。 When the value (value) is ON, in the state between the period defined from a current (generic / what's new interval), and outputs a link that refers to satisfy workspace below. ・オペレーションの履歴の中で派生オペレーション(der Operations of the derived operation in history (der
ive-ws)の引数になっていること。 ive-ws) it is in the argument of.

【0065】「what's new/relation influenced」は、 [0065] "what's new / relation influenced" is,
規定の期間内に文書のコピー先になったワークスペースをリンクするための合成ルールである。 Is a synthesis rule for linking a work space that has become the destination of the document within a defined period of time. 値(value)がO Value (value) is O
Nのとき、現在から規定の期間(generic/what's new in When the N, a prescribed period of time from the current (generic / what's new in
terval)の間の状態の中で、以下の条件を満たすワークスペースを参照するリンクを出力する。 Among the state between terval), and it outputs a link that refers to satisfy workspace below. ・影響(influence)の関係がある、すなわちオペレーションの履歴の中でcopyまたはmoveオペレーションの引数になっていること。 - a relationship of influence (influence), ie it is in the argument of the copy or move operation in the operation of history.

【0066】以上が、記憶制御部110に関する説明である。 [0066] The above is a description of the storage control unit 110. 図3に戻り、制御部210の機能を説明する。 Returning to FIG. 3, illustrating the function of the control unit 210. 制御部210は、本発明に必要な動作を行うプログラムを実行する部分である。 Control unit 210 is a part that executes a program for performing operations necessary to the present invention. 具体的にはクライアントコンピュータ200のCPUが所定のプログラムを実行することによって実現される。 More specifically realized by the CPU of the client computer 200 executes a predetermined program. 制御部210には、ワークスペース編集部211、ワークスペース選択部212、及び文書合成部213が設けられている。 The control unit 210, the workspace editing unit 211, the workspace selector 212 and the document synthesis unit 213, is provided.

【0067】ワークスペース編集部211は、ワークスペース上で実行する様々なオペレーション機能をユーザに提供している。 [0067] workspace editing unit 211, which provides a variety of operational functions to be executed on the work space to the user. ユーザは、ワークスペース上で、アンカーに関連付けられた文書についての参照、印刷などを行うオペレーション、アンカーについての生成、変更、 The user, in the workspace, references to document associated with the anchor, operations performed printing, etc., generation of the anchor, changes,
配置、コピー、移動を行うオペレーション、ワークスペースについての新規作成などのオペレーションを、ワークスペース編集部211を用いて行うことができる。 Arrangement, copy, operations for moving, operations such New for the workspace can be performed using a workspace editing unit 211. これらのオペレーションによって、ワークスペース上の状態が変更される。 These operations, the state of the workspace is changed. 変更された状態及びその際に行ったオペレーションは、ワークスペース履歴管理部112に格納される。 Operations were carried out in the state and its changed is stored in the workspace history managing unit 112.

【0068】ワークスペース選択部212は、概況を抽出する対象となるワークスペースの選択を行う。 [0068] workspace selecting unit 212 selects a workspace for which to extract the overview. 本実施の形態では、合成ルール中の記述によって選択の範囲が設定される。 In this embodiment, the range of selection is set by the description in the combining rule. ワークスペース選択の動作は、文書合成部213の動作の前段階として実行される。 Operation of the workspace selection is performed as a pre-stage of operation of the document synthesis unit 213.

【0069】文書合成部213は、ワークスペース選択部212で選択されたワークスペースを検索対象とし、 [0069] document combining unit 213, the workspace is selected in the workspace selector 212 and the search target,
合成ルールに従って、ワークスペースや文書を抽出する。 According to the synthesis rules, to extract the workspace or document. そして、抽出したワークスペースや文書へのリンクが設けられた合成文書を生成する。 The link to the extracted workspaces and documents to generate a composite document that is provided.

【0070】図9は、ワークスペース選択及び合成処理の手順を示すフローチャートの前半である。 [0070] Figure 9 is a first half of a flowchart showing the procedure of the workspace selection and combining process. このフローチャートは、入出力制御部220から概況抽出指令が入力されるか、もしくは、合成ルールに設定されている情報更新のためのルールを満たしたときに開始される処理である。 This flow chart is either overview extract command from the input-output control unit 220 is input, or a process that is started when filled with rules for information update is set to the combining rule. なお、概況抽出指令によって実行する場合には、どの合成ルールに従って文書合成を行うのかが指定される。 In the case of executing the overview extraction instruction, or perform document synthesis is specified according to which combining rule. [S1]文書合成部213は、HTML文書を生成し、 [S1] document synthesis unit 213 generates an HTML document,
ページとして表示される内容を示すボディの開始タグを、HTML文書へ出力する。 The start tag of the body showing the contents to be displayed as a page, and outputs it to the HTML document. [S2]文書合成部213は、指定された合成ルールを合成ルール保持部113から読み込む。 [S2] document combining unit 213 reads the specified combining rule from the synthesis rule holding unit 113. [S3]文書合成部213は、読み込んだ合成ルール内の「generic/rule name」に設定されているルールの名前を、HTML文書へ出力する。 [S3] document synthesis unit 213, the name of the rules that are set to "generic / rule name" in the read synthesis rules, and outputs it to the HTML document. [S4]文書合成部213は、読み込んだ合成ルール内の「generic/work space」に設定されているワークスペースの名前を、HTML文書へ出力する。 [S4] document synthesis unit 213, the name of the workspace that is set to "generic / work space" in the read synthesis rules, and outputs it to the HTML document. [S5]ワークスペース選択部212は、選択ワークスペースを示す変数selectionを定義し、変数selectionに対して、読み込んだ合成ルール内の「generic/work spa [S5] workspace selecting unit 212, "generic / work spa selection defines a variable selection indicating the workspace to a variable selection, the read combining rule
ce」に設定されているワークスペースの名前を追加する。 To add the name of the workspace is set to ce ". [S6]ワークスペース選択部212は、読み込んだ合成ルール内の「generic/derive」に設定されている値を確認する。 [S6] workspace selecting unit 212 checks is set to "generic / derive" in the read combining rule value. そして、その値が「0」以外の値であれば、 Then, if a value other than the value "0",
その段数まで、派生しているワークスペースを変数sele Until the number of stages, derived by the workspace variables are sele
ctionに加える。 Add to ction. [S7]ワークスペース選択部212は、読み込んだ合成ルール内の「generic/influence」に設定されている値を確認する。 [S7] workspace selecting unit 212 checks is set to "generic / Influence" in the read combining rule value. そして、その値が「0」以外の値であれば、その段数まで、アンカーの移動対象となったワークスペースを変数selectionに加える。 Then, if a value other than the value "0", to the number of stages, adding a work space that became the moving target of the anchor to the variable selection. [S8]文書合成部213は、見出し”ホットリンク” [S8] document synthesis unit 213, the heading "hot link"
をHTML文書へ出力する。 And outputs to HTML document. [S9]文書合成部213は、selectionに設定されたワークスペースをワークスペース履歴管理部112から検索し、それらのワークスペースの範囲内で「hot lin [S9] document synthesis unit 213 searches the workspace is set to selection from the workspace history managing unit 112, "hot lin within their workspace
k」のカテゴリの抽出ルールを順次適用する。 Sequentially applying the category of extraction rules of k ".

【0071】図10は、ワークスペース選択及び合成処理の手順を示すフローチャートの後半である。 [0071] Figure 10 is a second half of the flowchart showing the procedure of the workspace selection and combining process. [S10]文書合成部213は、見出し”ヒストリー” [S10] document synthesis unit 213, the heading "History"
をHTML文書へ出力する。 And outputs to HTML document. [S11]文書合成部213は、selectionに設定されたワークスペースの範囲内で「history」カテゴリの抽出ルールを順次適用する。 [S11] document combining unit 213 sequentially applies the "history" category of extraction rules within the workspace is set to selection. [S12]文書合成部213は、見出し”関連活動”をHTML文書へ出力する。 [S12] document synthesis unit 213, and outputs the heading "related activities" to HTML document. [S13]文書合成部213は、selectionに設定されたワークスペースの範囲内で「related activity」カテゴリの抽出ルールを順次適用する。 [S13] document combining unit 213 sequentially applies the extraction rules of "related activity" category within the workspace is set to selection. [S14]文書合成部213は、見出し”近況(what's [S14] document synthesis unit 213, the heading "recent (what's
new)”を「generic/what's new interval」で決まる期間と併せて出力する。 The new) "in conjunction with the period determined by the" generic / what's new interval "to output. [S15]文書合成部213は、selectionに設定されたワークスペースをワークスペース履歴管理部112から順次取りだし、以下のステップS16、S17を繰り返し実行する。 [S15] document combining unit 213 sequentially retrieves the workspace is set to selection from the workspace history managing unit 112 repeatedly executes the steps S16, S17 follows. [S16]文書合成部213は、見出しとして取り出されたワークスペース名をHTML文書へ出力する。 [S16] document combining unit 213 outputs the workspace name retrieved as the heading to HTML documents. [S17]文書合成部213は、取り出されたワークスペースに対して「what'snew」のカテゴリの抽出ルールを順次適用する。 [S17] document synthesis unit 213, sequentially applying the category of extraction rules of "what'snew" to the retrieved workspace. [S18]文書合成部213は、まだループを繰り返す必要があるか否かを判断する。 [S18] document combining unit 213 determines whether it is necessary to repeat still loop. すなわち、ステップS1 That is, step S1
5で取り出したワークスペースの中で、まだステップS In the work space taken out in 5, still step S
16,S17の処理を実行していないものがあるか否かを判断する。 16, there is not running the process S17: determines whether the. 未処理のワークスペースがあればステップS16に進み、すべてのワークスペースに対する処理が終了していればステップS19に進む。 If there is an unprocessed workspace proceeds to step S16, processing for all of the work space, the process proceeds to step S19 if it has been completed. [S19]文書合成部213は、ページとして表示される内容を示すボディの終了タグをHTML文書へ出力するとともに、HTMLの残りのタグをHTML文書へ出力し、処理を終了する。 [S19] document combining unit 213 outputs the end tag of the body showing the contents displayed as a page to an HTML document, and outputs the remaining HTML tags to HTML documents, the process ends.

【0072】図3に戻り、入出力制御部220の機能を説明する。 [0072] Returning to FIG 3, illustrating a function of the input-output control unit 220. 入出力制御部220は、ディスプレイ、キーボード、マウス等の入出力機器とそれによる基本的な操作をつかさどるウインドウシステムなどのユーザインタフェイスによって、ワークスペースに関わる様々な情報の入出力を行う。 Output control unit 220 performs display, a keyboard, a user interface, such as a window system which controls the basic operation according to which the input-output device such as a mouse, the input and output of various information related to the workspace.

【0073】ワークスペース表示部221は、ワークスペースの最新あるいは、指定された過去のワークスペースの状態を表示する。 [0073] workspace display unit 221, displays the state of the art, or, past work space that is specified in the workspace. 本実施の形態のワークスペースは、平面内にアイコンを配置する、一般的なデスクトップメタファーを採用している。 Workspace of the present embodiment, to place the icon in a plane, adopts a typical desktop metaphor.

【0074】オペレーション指示部222は、ワークスペースのインタフェイスを介して、アンカー、アンカーの参照する文書、ワークスペース、などに対して加えるオペレーションを指示する。 [0074] Operation instruction unit 222 via the interface of the workspace, and instructs anchor, referenced document, the operations added to the work space, such as. 本実施例では、操作対象となるアイコンの選択、及び、メニューやボタンの選択によってオペレーションが指示される。 In this embodiment, selection of the icon to be operated, and the operation is instructed by the selection of a menu or button.

【0075】合成ルール入力部223は、合成ルールを入力するためのインタフェイスである。 [0075] Synthesis rule input unit 223 is an interface for inputting a combining rule. 合成文書表示部224は、合成された文書の表示を行う。 Synthetic document display unit 224 performs display of the synthesized document. 本実施の形態では、合成ルールに対応するアドレスをHTTPによって指定することによって、合成された文書が標準的なW In this embodiment, by specifying an address corresponding to the combining rule by HTTP, synthesized document standard W
WWブラウザによって表示される。 It is displayed by the WW browser. 合成文書を表示するユーザは、合成ルールを定義したユーザと必ずしも同じである必要はない。 User to view the synthetic document are not necessarily the same as the user who defines a combining rule. 自分の活動内容を公開するという使い方のときには、合成ルールを定義した人が、他の人によるアクセスを待つ構図になる。 At the time of how to use that to publish their activities, the person you have defined a synthesis rule becomes the composition to wait for access by other people.

【0076】以上のような構成のシステムにおいて、クライアントコンピュータ200を利用するユーザがワークスペースを用いた作業を行うと、その履歴がサーバコンピュータ100のワークスペース履歴管理部112によって管理される。 [0076] In the above-described configuration of the system, the user who utilizes the client computer 200 when performing the work using the work space, the history is managed by the workspace history managing unit 112 of the server computer 100.

【0077】以下に、ワークスペース上での作業の実行過程の具体例を説明する。 [0077] Hereinafter, a specific example of the execution process of the work on the workspace. この具体的な実行過程を通じて蓄積されたデータから文書合成が行われる。 Article synthesis is performed from data accumulated through this particular execution process. ここで、 here,
この例で行われる操作はすべてユーザが本来行うべき作業の中で意味を持つものであって、文書の合成を主に意図して行われるものではないことに注意されたい。 All performed operations are in this example be those meaningful user in the work to be done originally should be noted that not to be performed primarily intended synthesis document.

【0078】図11は、「GUI特許」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 [0078] FIG. 11 is a diagram showing the work carried out example of on the work space of the "GUI patent". 「GUI特許」のワークスペース20は、開発中のプロトタイプシステムで用いるGUIに関連してなされた発明に関する特許明細書を執筆するためのワークスペースである。 Workspace "GUI patent" 20 is a work space for writing a patent specification relates invention made in conjunction with the GUI to be used in the prototype system under development. なお、ワークスペース20の左上に示した括弧内の記号は、ワークスペースの状態(snapshot)の識別子である。 Symbols in parentheses shown in the upper left of the workspace 20 is the identifier of the workspace state (snapshot).

【0079】6月1日 (snapshot ID=A001) ユーザは、「GUI特許」ワークスペース20を作成する。 [0079] June 1 (snapshot ID = A001) user, to create a "GUI patent" workspace 20. その上で、「GUI設計」という名前のアンカーで参照する文書を作成する。 On top of that, to create a document that references an anchor named "GUI design". この文書は特許を書くにあたって、開発中のワークスペースシステムのGUIに関する特徴をまとめるための、一時的な覚え書きである。 This document when writing a patent, to summarize the features of the GUI workspace system under development, is a temporary Memorandum. ユーザは、「GUI設計」の文書を編集する。 The user edits the document of "GUI design".

【0080】6月2日 (snapshot ID=A002) ユーザは、「特許明細書」という名前のアンカー22で参照する文書を作成する。 [0080] June 2 (snapshot ID = A002) user, to create a document to be referenced in the anchor 22 with the name "patent specification". この文書は、「GUI設計」 This document, "GUI design"
で整理したアイデアに基づいて特許の明細書を記述するためのものである。 In which for the purpose of describing the specification of patent based on organized ideas. ユーザは、「特許明細書」の文書を編集する。 The user edits the document of "patent specification". さらに、ユーザは、「各種フォーム」という名のワークスペース30に含まれる2つのアンカー3 In addition, the user, two of the anchor that is included in the work space 30 by the name of "various forms" 3
1,32のうち、「出願依頼フォーム」と名付けられたアンカー31で参照される文書をワークスペース20上へコピーする。 Of 1,32 to copy the documents referenced anchor 31 labeled "Application Request Form" to the workspace 20 above. その結果、ワークスペース20には、 As a result, the work space 20,
「出願依頼フォーム」という新たなアンカー23が生成される。 New anchor 23 that "application request form" is generated. この文書は、特許出願をするためのフォームである。 This document is a form for the patent application. ユーザは、「出願依頼フォーム」を編集する。 The user edits the "application request form".

【0081】6月3日(snapshot ID=A003) ユーザは、用済みになった「GUI設計」の文書を削除する。 [0081] June 3 (snapshot ID = A003) user deletes the document has become obsolete "GUI design". これにより、アンカー21が消滅する。 As a result, the anchor 21 is extinguished. ユーザは提出用に「特許明細書」をプリントアウトする。 User to print out the "patent specification" for submission.

【0082】図12は、「ダイアログ特許」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 [0082] FIG. 12 is a diagram showing the work carried out examples on the workspace of "dialog patent". 「ダイアログ特許」のワークスペースは、開発中のプロトタイプシステムで用いるダイアログについての特許を執筆するためのワークスペースである。 Workspace of "dialog patent" is a work space for writing a patent for the dialog to be used in the prototype system under development. GUIについての特許を執筆している途中で、ダイアログについて別立てで特許にすることになったものである。 In the middle who writes a patent for GUI, it is that supposed to be the patent in a different stand for dialog.

【0083】6月3日(snapshot ID=B001) 「GUI特許」は、ワークスペース20の6月2日の時点での状態(A002)から新しいワークスペース40「ダイアログ特許」を、継続するワークスペースとして新規に定義する。 [0083] June 3 (snapshot ID = B001) "GUI patent" is a new work space 40 "dialog patent" from the state (A002) at the time of the June 2, the work space 20, a work space to continue to define a new as. このワークスペース40は初期状態として、 The work space 40 as an initial state,
新規作成の時点での「GUI特許」ワークスペース20 "GUI patent" at the time of the New workspace 20
の状態から始まる。 Starting from the state. 従って、ワークスペース20に含まれていたものと同じアンカー41〜43が含まれている。 Thus, it contains the same anchor 41 to 43 as that contained in the workspace 20. このようにGUIの特許を執筆しているときの文書を継承すれば、作業の立ち上げが容易になる。 If the inheritance documents of the time in this way has written a patent of GUI, it is easy to start-up of work. ユーザは、「特許明細書」のアンカー42が参照する文書に、 User, the document referenced by the anchor 42 of the "patent specification"
新しい特許の内容になるような編集を加える。 Make edits such that the contents of the new patent.

【0084】6月4日(snapshot ID=B002) ユーザは、さらに「特許明細書」のアンカーが参照する文書に編集を加える。 [0084] June 4 (snapshot ID = B002) users, add more editing to document the anchor of the "patent specification" refers to. 次に、アンカー41の名前を「G Then, the name of the anchor 41, "G
UI設計」から「ダイアログ設計」に変更した上で、さらに「ダイアログ設計」のアンカー41の参照する文書を編集する。 On has been changed from the UI design "to" dialog design ", further to edit the reference document of the anchor 41 of the" dialog design ". 名前の変更はリソースプロパティのユーザインタフェイス51を用いて行う。 Renaming is performed using a user interface 51 of the resource properties.

【0085】ユーザインタフェイス51はアンカーのデータ構造を表示、編集するためのユーザインタフェイスである。 [0085] The user interface 51 displays the data structure of the anchor, a user interface for editing. この例では、名前(name)、作成日時(create In this example, the name (name), creation date and time (create
d)、更新回数(edit count)、アイコンサイズ(size)、承認属性(approved)、コメント属性(comments)が表示されている。 d), the number of updates (edit count), icon size (size), approved attribute (approved), comment attribute (comments) are displayed. ユーザは名前を変更するとともに、上司である The user with to change the name, is the boss
Hayashiさんに内容についての承認をもらい、それを反映して、アンカーのプロパティの承認(approved)属性に「Hayashi」のデータを入力する。 Hayashi's got the approval of the contents to, to reflect it, to input the data of "Hayashi" in the approval (approved) attribute the properties of the anchor. さらにその時にもらったコメントを、コメント(comments)属性に記入する。 Further, the comment that I got at that time, to fill in the comments (comments) attribute.
コメント属性は、その時点の状態に関わる情報を任意のテキストの形式で入力し、記録するためのものである。 Comments attribute inputs information relating to the state of the time in the form of any text, is for recording.
この例では「もっと簡潔なメッセージにすること」というコメントを記入している。 In this example, to fill out the comment that "be a more concise message."

【0086】6月5日(snapshot ID=B003) ユーザは、さらに「特許明細書」のアンカー42に編集を加えた後に、プリントアウトする。 [0086] June 5 (snapshot ID = B003) user, after the addition of editing further to the anchor 42 of the "patent specification", to print out.

【0087】図13は、「プロト仕様」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 [0087] FIG. 13 is a diagram showing the work carried out example of on the work space of the "prototype specifications". 「プロト仕様」のワークスペース60は、開発中のプロトタイプシステムの仕様を準備するためのワークスペースである。 Work space 60 of the "proto-specification" is a work space to prepare the specifications of the prototype system under development. この活動は、特許執筆活動の期間中、一時期中断し、後に再開している。 This activity has resumed during the period of patent writing activities, interrupted a period of time, after.

【0088】5月20日(snapshot ID=C001) ユーザは、「プロト仕様」のワークスペース60を生成する。 [0088] May 20 (snapshot ID = C001) user, to generate a work space 60 of the "prototype specifications". このときのワークスペース60の状態を表すいくつかの属性を、WS状態プロパティのユーザインタフェイス52を用いて設定する。 Some attributes representing the state of the workspace 60 at this time is set using the user interface 52 of the WS condition property. ここでは、状態(state)属性とコメント(comments)属性を設定する。 In this case, to set the state (state) attribute and comments (comments) attribute. 状態属性は、 The state attribute,
そのワークスペースの状態が仕事のプロセスの上でどのような状態にあるのかを示すものある。 The workspace state is indicate whether there is in what kind of state on the process of work. この例では、状態の変化を示す、「開始」、「レビュー済み」、「終了」のうち、「開始」を設定している。 In this example, showing a change in the state, "start", "review completed", of the "Exit", is set to "start". コメント属性は、アンカーならびにワークスペースの両方に定義され、いずれもユーザによって入力される任意のテキストを記録するのに用いられる。 Comments attributes are defined for both the anchor and the workspace, both used to record any text entered by the user. この例では、コメント属性に、「要求フォームに従って進めること」というメモを入力している。 In this example, the comment attribute, have entered a note that "to proceed in accordance with the request form".

【0089】次いで、「要求フォーム」文書を作成し編集する。 [0089] Next, edit and create a "request form" document. これにより「要求フォーム」の文書へのアンカー61が生成される。 This anchor 61 to the document of the "request form" is generated by. この文書は満たすべき要求について整理するための文書で、ここで整理した内容に基づいて作業を進める。 Document to organize this document request to be met, proceed on the basis of what has been organized here. 続いて、「DB設計」文書を作成し、 Then, to create a "DB design" document,
編集する。 To edit. これにより「DB設計」の文書へのアンカー62が生成される。 This anchor 62 to the document of "DB design" is generated. この文書は開発中のプロトタイプシステムのデータベースの設計に関わるものである。 This document is intended to involve the design of a database of a prototype system under development. さらに、発行した文書を配置するための「発行済み」という領域(region)63を定義する。 Furthermore, to define a region (region) 63 as "issued" to place the issued document.

【0090】5月21日(snapshot ID=C002) ユーザは、さらに「分析」文書を作成し、編集する。 [0090] May 21 (snapshot ID = C002) user, further create a "analysis" document, to edit. これにより、「分析」の文書へのアンカー64が生成される。 Thus, the anchor 64 to the document of "analysis" is generated. この文書は設計したデータベースについての性能を分析する計算を行うための一時的なものである。 This document is temporarily used to perform calculations to analyze the performance of the database designed. 「分析」文書を参照するアンカー64のアイコンサイズ属性 "Analysis" icon size attribute of the anchor 64 to refer to the document
(size)を”LARGE"に設定しておくことで、大きめのアイコンとして表示する。 By setting to the (size) "LARGE", is displayed as a large icon. 性能の分析結果が確かめられた後に、「DB設計」文書を正式に発行するため、「発行済み」の領域63中に移動する。 After analysis of performance has been confirmed, in order to formally issues a "DB design" document, move to the region 63 of the "published".

【0091】5月22日(snapshot ID=C003) 「DB設計」文書について部内でレビューを行い、承認されると、一時的な文書である「要求フォーム」と「分析」を削除する。 [0091] For May 22 (snapshot ID = C003) "DB design" document done at the reviews section, if it is approved, to delete a temporary document as "request form" and "analysis". その結果、2つのアンカー61,64 As a result, two of the anchors 61 and 64
が消滅する。 But disappear. さらに状態プロパティのユーザインタフェイス53を用いて、プロパティのインデックス属性(ind Further using the user interface 53 of the state property, property index attributes of (ind
ex)、状態属性(state)、コメント属性(comments)に値を入力する。 ex), state attribute (state), enter a value in the comment attribute (comments). インデックス属性は、ワークスペースの状態に対して参照のためのキーとなるインデックスを与えるものである。 Index attributes are those that give the index to be the key for the reference to the state of the workspace. この例では最初のチェックポイントを通過したという意味で、「CP1」というインデックスが入力されている。 In this example in the sense that it has passed through the first checkpoint, the index of "CP1" is input. この値は、この時点の状態にのみ与えられているものであって、継続する次の状態のインデックス属性の値としては継承されない。 This value, be those given only to the state at this point, not inherited as the value of the index attribute of the next state to continue. さらに状態属性を、 Further state attribute,
「レビュー済み」に変更し、コメント属性に「レビューワーはDB設計を承認」というテキストを入力する。 Changed to "review completed", the comment attribute "reviewers approved the DB design" to enter the text.

【0092】6月5日(snapshot ID=C004) ユーザは、特許執筆の間中断していた活動を、「ダイアログ特許」のワークスペース40から、「ダイアログ設計」文書を移動することで再開する。 [0092] June 5 (snapshot ID = C004) user resumes the activity that has been suspended during the patent writing, from the work space 40 of "dialog patent", by moving the "dialog design" document. ユーザは、特許執筆を通じて検討が進んだ「ダイアログ設計」を参照するアンカーを、「ダイアログ特許」のワークスペース40 The user, the anchor to refer to the "dialog design" has advanced study through the patent writing, the workspace of "dialog patent" 40
から「プロト仕様」のワークスペース60上へ移動する。 From moving to the work space 60 above the "prototype specifications". その結果、ワークスペース60には、「ダイアログ設計」のアンカー64が追加される。 As a result, the work space 60, the anchor 64 of the "dialog design" is added. ユーザは、「ダイアログ設計」の文書をさらに編集することで、次の設計活動を続けていく。 The user can further edit the document of the "dialog design", we will continue the following design activities.

【0093】以上のような業務遂行がなされることで、 [0093] By is made as business conduct, such as the above,
図7に示したようなオペレーション履歴がワークスペース履歴管理部112に保持される。 Operation history as shown in FIG. 7 is held in the workspace history managing unit 112. ここで、図11〜図13の作業を行ったユーザの業務の進捗状況を、他のユーザが確認する場合を考える。 Here, the progress of the user of the business that was working on 11 to 13, consider the case where other users to see. その場合、合成ルール入力部223を用いて、目的に応じた合成ルールを指定する。 In that case, by using a combining rule input unit 223, specifies the combining rule according to the purpose. 以下に、合成ルールの指定状況を、具体例を用いて説明する。 Hereinafter, the designation condition of the combining rule will be described with reference to specific examples.

【0094】図14は、合成ルール入力状況を示す第1 [0094] Figure 14 is a first indicating the combining rule input state
の図である。 It is a diagram of. 合成ルール入力の際には、合成ルール入力用ダイアログボックス70を画面に表示させる。 In the synthesis rule input, to display a synthesis rule input dialog box 70 on the screen. 合成ルール入力用ダイアログボックス70には、「Generi The synthesis rule input dialog box 70, "Generi
c」、「Hot Links」、「History」、「Related Activit c "," Hot Links "," History "," Related Activit
y」、及び「What's new」のボックス71〜75が設けられている。 y ", and box 71 to 75 are provided in the" What's new ". 図14は、「Generic」のボックス71が選択されている状態である。 Figure 14 is a state in which the box 71 of the "Generic" is selected. 「Generic」のボックス7 Box of "Generic" 7
1には、「generic」のカテゴリに属する値を入力するために、6つのテキストボックス71a〜71fが設けられている。 On the first, in order to enter a value that belongs to the category of "generic", it is provided with six of the text box 71a~71f. テキストボックス71aに入力された文字列が、合成ルール「generic/rule name」の値として設定される。 String entered in the text box 71a is set as the value of the synthesis rule "generic / rule name". テキストボックス71bに入力された文字列が、合成ルール「generic/workspace」の値として設定される。 String entered in the text box 71b is set as the value of the synthesis rule "generic / workspace". テキストボックス71cに入力された数値が、 Numeric value entered in the text box 71c is,
合成ルール「generic/derive」の値として設定される。 It is set as the value of the synthesis rule "generic / derive".
テキストボックス71dに入力された数値が、合成ルール「generic/influence」の値として設定される。 Numeric value entered in the text box 71d is set as the value of the synthesis rule "generic / influence". テキストボックス71eに入力された数値が、合成ルール「generic/update interval」の値として設定される。 Numeric value entered in the text box 71e is set as the value of the synthesis rule "generic / update interval".
テキストボックス71fに入力された数値が、合成ルール「generic/what's new interval」の値として設定される。 Numeric value entered in the text box 71f is set as the value of the synthesis rule "generic / what's new interval".

【0095】図15は、合成ルール入力状況を示す第2 [0095] Figure 15 is a second indicating the combining rule input state
の図である。 It is a diagram of. この図は、「Hot Links」のボックス72 This figure, box of "Hot Links" 72
が選択されている状態を示している。 There is shown a state of being selected. 「Hot Links」のボックス72には、「hot links」のカテゴリに属する値を入力するために、テキストボックス72a,72 The box 72 of the "Hot Links", in order to enter a value that belongs to the category of "hot links", the text box 72a, 72
b,72d,72e,72gと、「ON」「OFF」選択用のボタン72c,72f,72hが設けられている。 b, 72d, 72e, and 72g, "ON" or "OFF" button 72c for the selection, 72f, 72h are provided.

【0096】テキストボックス72aに入力された文字列が、合成ルール「hot links/region」の値として設定される。 [0096] string entered in the text box 72a is set as the value of the synthesis rule "hot links / region". テキストボックス72bに入力された文字列が、合成ルール「hot links/long life」の値として設定される。 String entered in the text box 72b is set as the value of the synthesis rule "hot links / long life". ボタン72cの選択されている方の値が、合成ルール「hot links/large size」の値として設定される。 The value of the person that is selected for the button 72c is set as the value of the synthesis rule "hot links / large size". テキストボックス72dに入力された文字列が、合成ルール「hot links/state」の第1の文字列として設定される。 String entered in the text box 72d is set as the first of a string of synthesis rule "hot links / state". テキストボックス72eに入力された文字列が、合成ルール「hot links/state」の第2の文字列として設定される。 String entered in the text box 72e is set as the second string of the synthesis rule "hot links / state". ボタン72fの選択されている方の値が、合成ルール「hot links/comments」の値として設定される。 The value of those who are selected button 72f is set as the value of the synthesis rule "hot links / comments". テキストボックス72gに入力された数値が、 Numeric value entered in the text box 72g is,
合成ルール「hot links/frequency」の値として設定される。 It is set as the value of the synthesis rule "hot links / frequency". ボタン72hの選択されている方の値が、合成ルール「hot links/print」の値として設定される。 The value of those who are selected button 72h is set as the value of the synthesis rule "hot links / print".

【0097】図16は、合成ルール入力状況を示す第3 [0097] Figure 16 is a third indicating a combining rule input state
の図である。 It is a diagram of. この図は、「History」のボックス73が選択されている状態を示している。 This figure shows a state in which box 73 of the "History" is selected. 「History」のボックス73には、「history」のカテゴリに属する値を入力するために、テキストボックス73f〜73jと、 In box 73 of the "History", in order to enter a value that belongs to the category of "history", and the text box 73f~73j,
「ON」「OFF」選択用のボタン73a〜73eとが設けられている。 And buttons 73a~73e for selection "ON" or "OFF" are provided.

【0098】ボタン73aの選択されている方の値が、 [0098] the value of the person who has been selected for the button 73a,
合成ルール「history/operation print」の値に設定される。 It is set to the value of the synthesis rule "history / operation print". ボタン73bの選択されている方の値が、合成ルール「history/operation send mail」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 73b is set to the value of the synthesis rule "history / operation send mail". ボタン73cの選択されている方の値が、合成ルール「history/index」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 73c is set to the value of the synthesis rule "history / index". ボタン73d Button 73d
の選択されている方の値が、合成ルール「history/comm The value of those who are of selected, synthesis rule "history / comm
ents」の値に設定される。 It is set to the value of ents ". ボタン73eの選択されている方の値が、合成ルール「history/state」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 73e is set to the value of the synthesis rule "history / state". テキストボックス73fに入力された数値が、 Numeric value entered in the text box 73f is,
合成ルール「history/clean up」の値として設定される。 It is set as the value of the synthesis rule "history / clean up". テキストボックス73gに入力された数値が、合成ルール「history/break point」の値として設定される。 Numeric value entered in the text box 73g is set as the value of the synthesis rule "history / break point". テキストボックス73hに入力された数値が、合成ルール「history/revive」の値として設定される。 Numeric value entered in the text box 73h is set as the value of the synthesis rule "history / revive". テキストボックス73iに入力された文字列が、合成ルール「history/document appeared」の値として設定される。 String entered in the text box 73i is set as the value of the synthesis rule "history / document appeared". テキストボックス73jに入力された文字列が、合成ルール「history/document removed」の値として設定される。 String entered in the text box 73j is set as the value of the synthesis rule "history / document removed".

【0099】図17は、合成ルール入力状況を示す第4 [0099] Figure 17 is a fourth illustrating a combining rule input state
の図である。 It is a diagram of. この図は、「RelatedActivity」のボックス74が選択されている状態を示している。 This figure shows a state in which box 74 of the "RelatedActivity" is selected. 「Related "Related
Activity」のボックス74には、「related activity」 In box 74 of the Activity "is," related activity "
のカテゴリに属する値を入力するために、「ON」「O In order to enter the values ​​that belong to the category, "ON" or "O
FF」選択用のボタン74a,74bが設けられている。 FF "button 74a for the selection, 74b are provided.

【0100】ボタン74aの選択されている方の値が、 [0100] the value of the person who has been selected for the button 74a,
合成ルール「related activity/derive」の値に設定される。 It is set to the value of the synthesis rule "related activity / derive". ボタン74bの選択されている方の値が、合成ルール「related activity/influence」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 74b is set to the value of the synthesis rule "related activity / influence".

【0101】図18は、合成ルール入力状況を示す第5 [0101] FIG. 18 is a fifth that shows the synthesis rule input situation
の図である。 It is a diagram of. この図は、「What's new」のボックス75 This figure, box 75 of the "What's new"
が選択されている状態を示している。 There is shown a state of being selected. 「What's new」のボックス75には、「what's new」のカテゴリに属する値を入力するために、「ON」「OFF」選択用のボタン75a〜75fが設けられている。 In box 75 of the "What's new" is, in order to enter a value that belongs to the category of "what's new", "ON" or "OFF" button 75a~75f for selection is provided.

【0102】ボタン75aの選択されている方の値が、 [0102] the value of the person who has been selected for the button 75a,
合成ルール「what's new/"links add/revised"」の値に設定される。 It is set to the value of the synthesis rule "what's new /" links add / revised "". ボタン75bの選択されている方の値が、 The value of the person that is selected for the button 75b is,
合成ルール「what's new/links removed」の値に設定される。 It is set to the value of the synthesis rule "what's new / links removed". ボタン75cの選択されている方の値が、合成ルール「what's new/operation print」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 75c is set to the value of the synthesis rule "what's new / operation print". ボタン75dの選択されている方の値が、合成ルール「what's new/operation send mail」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 75d is set to the value of the synthesis rule "what's new / operation send mail". ボタン75eの選択されている方の値が、合成ルール「what's new/relation derive」の値に設定される。 The value of the person that is selected for the button 75e is set to the value of the synthesis rule "what's new / relation derive".
ボタン75fの選択されている方の値が、合成ルール「what's new/relation influence」の値に設定される。 The value of those who are selected button 75f is set to the value of the synthesis rule "what's new / relation influence".

【0103】図14〜図18に示したような合成ルールを入力した結果、図8に示した合成ルールが合成ルール保持部113に格納される。 [0103] FIGS. 14 to 18 a result of entering the synthesis rule as shown in, synthetic rule shown in FIG. 8 is stored in the synthesis rule holding unit 113. そして、ユーザが合成文書表示部224を用いて、概況抽出指令を入力する。 Then, the user uses the synthetic document display unit 224, and inputs the overview extraction instruction. そのとき、合成ルールの名前として「WS特許 概況」と指定することで、図8に示した合成ルールに基づいた概況抽出処理が、ワークスペース選択部212と文書合成部213とによって行われる。 Then, by designating as "WS patent Summary" as the name of the combining rule, the overview extraction process based on the synthesis rule shown in FIG. 8, is performed by the workspace selector 212 and the document combining unit 213. その結果、クライアントコンピュータ200の表示装置には、図11〜図13のような作業の概況を示す文書が表示される。 As a result, the display device of the client computer 200, a document showing the overview of the work, such as 11 to 13 are displayed.

【0104】図19は、ホットリンクの概況表示画面を示す図である。 [0104] FIG. 19 is a diagram showing an overview display screen of the hot link. ホットリンクの概況表示画面81は、W Overview of the display screen 81 of the hot link, W
WWブラウザによって表示装置に表示されている。 It is displayed on the display device by WW browser. 画面内には、合成ルールの名前が表示されており、その下に、検索対象として指定されたワークスペースの名前が表示されている。 In the screen, the name of the synthetic rules are displayed, below it, the name of the designated work space is displayed as a search target. ワークスペースの名前は下線付きで表示さている。 The name of the workspace are displayed underlined. 下線は、対象となる情報へのリンクが張られていることを示している。 Underline indicates that the link to the target information is stretched. その下には、「ホットリンク」と表示されおり、「hot link」のカテゴリに関するルールに基づいて抽出された文書の名前が、抽出根拠となったルール毎に表示されている。 Below that, a "hot link" and has been displayed, the name of the document that has been extracted on the basis of the rules relating to the category of "hot link" has been displayed for each became the extraction basis rules. さらに、表示されている文書の名前には、該当する文書へのリンクが設定されている。 In addition, the name of the document being displayed, a link to the relevant document has been set.

【0105】図20は、ヒストリーの概況表示画面を示す図である。 [0105] FIG. 20 is a diagram showing an overview display screen of history. ヒストリーの概況表示画面82には、「ヒストリー」と表示されおり、「history」のカテゴリに関するルールに基づいて抽出された文書の名前が、抽出根拠となったルール毎に表示されている。 The Overview display screen 82 of the history, which is displayed as "history", the name of the document that has been extracted on the basis of the rules relating to the category of "history" are displayed for each became the extraction basis rules. 表示されている文書の名前からは、該当する文書へのリンクが設定されている。 From the name of the document being displayed, a link to the relevant document has been set.

【0106】図21は、関連活動の概況表示画面を示す図である。 [0106] Figure 21 is a diagram showing an overview display screen of related activities. 関連活動の概況表示画面83には、「関連活動」と表示されおり、「related activity」のカテゴリに関するルールに基づいて抽出された文書の名前が、抽出根拠となったルール毎に表示されている。 To overview the display screen 83 of the related activities, which is displayed as "related activities", the name of the document that has been extracted on the basis of the rules relating to the category of "related activity" has been displayed for each became the extraction basis rules . 文書の名前には日付が付記されている。 Date is appended to the name of the document. 表示されている文書の名前からは、付記された日付の時点における該当文書へのリンクが設定されている。 From the name of the document being displayed, link to the document has been set at the time of the appended date.

【0107】図22は、近況の概況表示画面を示す図である。 [0107] Figure 22 is a diagram showing an overview display screen of recent. 近況の概況表示画面84には、「近況(What's ne The Overview display screen 84 of the recent, "recent (What's ne
w)」と表示されおり、その下には、抽出対象となった期間が示されている。 w) "and are displayed, under the, the period that became subject to extraction are shown. そして、「what's new」のカテゴリに関するルールに基づいて抽出された文書の名前が、ワークスペース別に分類され、抽出根拠となったルール名とともに表示されている。 Then, the name of the "what's new" document that has been extracted on the basis of the rules relating to the category of, are classified according to the workspace, are displayed along with the extraction basis By now, the rule name. 表示されている文書の名前からは、該当する文書へのリンクが設定されている。 From the name of the document being displayed, a link to the relevant document has been set.

【0108】なお、上記の説明では、図19〜図22の画面を別々の画面のようにして説明したが、実際には、 [0108] In the above description has been made as a screen separate screens 19 to 22, in fact,
概況を表す文書は1つの文書として生成されており、画面をスクロールさせることによって図19〜図22の画面を切り替えることができる。 The document representing the overview is generated as a single document, it is possible to switch the screen of 19 to 22 by scrolling the screen.

【0109】次に、上記の合成ルールを少しずつ変更していった場合に、概況の表示内容がどのように変化するのかについて説明する。 Next, a description if you began to modify the above synthetic rules little by little, the display contents of the Overview is how the change of. まず、選択するワークスペース First of all, a work space to select
(generic/workspaces)を「GUI特許」のみに設定する場合を考える。 (Generic / workspaces) to consider the case to be set only to "GUI patent".

【0110】図23は、選択するワークスペース変更時の合成ルール入力状況を示す図である。 [0110] FIG. 23 is a diagram showing the synthesis rule input situation at the time of workspace changes that selection. 図14ではテキストボックス71b内に「GUI特許,ダイアログ特許,プロト仕様」と入力されていたが、その内容が「G 14 In the text box 71b "GUI patent, dialog patent, prototype specifications" had been input and, its contents "G
UI特許」に変更されている。 It has been changed to the UI patent ". これにより、検索対象として指定されるワークスペースが「GUI特許」のみとなる。 As a result, the work space that is designated as a search target is the only "GUI patent".

【0111】このような合成ルールで6月5日に概況の抽出を行うと、関連活動に関する概況は以下のように変化する。 [0111] When the extraction of Overview on June 5, in such a synthesis rules, overview about the related activities will change as follows. 図24は、「GUI特許」を選択した場合の関連活動の概況表示画面を示す図である。 Figure 24 is a diagram showing an overview display screen of related activities when the user selects the "GUI patent". この概況表示画面85を図21に示した概況表示画面83と比較すると、合成ルール「related ativity/derive」によって、 Comparing this overview display screen 85 and Overview display screen 83 shown in FIG. 21, the synthesis rule "related ativity / derive"
派生関係にある「ダイアログ特許(6月3日)」のワークスペースが新たに抽出されている。 Workspace in the derivation relationship "dialog patent (June 3)" are newly extracted. すなわち、変更前の合成ルールでは「ダイアログ特許」も検索対象として指定されていたため、派生関係にあるワークスペースとして抽出されることはなかったが、検索対象の指定からはずされたことにより、派生関係のワークスペースとして抽出されることになったのである。 That is, since the synthesis rule before the change has been designated as also searched "dialog patent", by was not to be extracted as a workspace in the derivation relationship, which is removed from the specified search target, a derivation relationship than it was to be extracted as the workspace.

【0112】関連活動以外の概況表示画面では、「ダイアログ特許」と「プロト仕様」とのワークスペースから抽出されていた情報は、抽出されなくなる。 [0112] In the Overview of the display screen of the other related activities, information that has been extracted from the work space of the "dialog patent" and "proto specification" is, it will not be extracted. 例えば、近況の概況表示画面は図25のようになる。 For example, overview display screen of recent is as shown in FIG. 25.

【0113】図25は、「GUI特許」を選択した場合の近況の概況表示画面を示す図である。 [0113] FIG. 25 is a diagram showing an overview display screen of recent when the user selects the "GUI patent". この概況表示画面86を図22に示した概況表示画面84と比較すると、「ダイアログ特許」と「プロト仕様」とのワークスペースに関する表示内容が無くなっている。 Comparing this overview display screen 86 and Overview of the display screen 84 shown in FIG. 22, the display contents on the workspace of the "dialog patent" and "prototype specifications" are missing.

【0114】このように、検索対象として選択するワークスペースを絞り込めば、より厳選した情報を画面表示させることができる。 [0114] In this way, narrow the work space to be selected as the search target, it is possible to screen more carefully selected information. 次に、変化を見るときの指定期間 Next, specify the period of time to see the change
(generic/what's new interval)の値を3にしたときの例を示す。 An example of when the (generic / what's new interval) the value of 3.

【0115】図26は、期間の指定を「3日」にするときの合成ルール入力状況を示す図である。 [0115] FIG. 26 is a diagram showing the synthesis rule input situation at the time of the specified time period to "3 days". 図23ではテキストボックス71f内に「4」と入力されていたが、 Had been entered as "4" in Figure 23 in the text box 71f,
その内容が「3」に変更されている。 Its content has been changed to "3". これにより、過去3日間の変化が概況として表示される。 Thus, changes in the last 3 days is displayed as overview.

【0116】このような合成ルールで概況の抽出を行うと、近況に関する概況は以下のように変化する。 [0116] When the extraction of the overview in such synthesis rules overview about recent changes as follows. 図27 Figure 27
は、期間の指定を「3日」にした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 Is a diagram showing an overview display screen about the recent state of the case where the specified period of time, "three days". この概況表示画面87を図25に示した概況表示画面86と比較すると、「link a Compared to overview display screen 86 showing the overview display screen 87 in FIG. 25, "link a
dd/revise 出願依頼フォーム」と「link add/revise 特許明細書」との記載が消滅している。 Description of dd / revise application request form "and" link add / revise patent specification "has disappeared. これらの文書は6 These documents 6
月2日にワークスペースに追加された内容であるために、指定期間の3日から外れたのである。 To be content that has been added to the workspace to two days a month, it was out of the 3 days of the specified period.

【0117】次に、指定期間を4日のままとし、派生したワークスペース(derive)を2段まで検索対象に含めるように指定にしたときの例を示す。 [0117] Next, an example in which the left 4 days specified period, and the specified derived workspace (derive) to include in the search up to two stages. 図28は、派生したワークスペースを2段まで検索対象とするときの合成ルール入力状況を示す図である。 Figure 28 is a diagram illustrating a combining rule input situation when the search target derived workspaces to 2 stage. 図23ではテキストボックス71c内に「0」と入力されていたが、その値が「2」に変更されている。 It has been entered as "0" in FIG. 23 in the text box 71c, but its value is changed to "2". これにより、2段以内の派生ワークスペースを検索対象に含めた概況表示が行われる。 Accordingly, overview display, including in the search derived workspace within 2-stage is performed.

【0118】このような合成ルールで概況の抽出を行うと、近況に関する概況は以下のように変化する。 [0118] When the extraction of the overview in such synthesis rules overview about recent changes as follows. 図29 Figure 29
は、派生したワークスペースを2段まで検索対象とした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 Is a diagram showing an overview display screen about the recent when you searched derived workspaces to 2 stage. この概況表示画面88を図25に示した概況表示画面86と比較すると、「ダイアログ特許」のワークスペースの変化状況も表示されていることがわかる。 Compared to overview display screen 86 showing the overview display screen 88 in FIG. 25, it can be seen that is displayed changes the status of the workspace of "dialog patent". これは、「ダイアログ特許」のワークスペースが、「GUI特許」のワークスペースから派生したワークスペースだからである。 This is the workspace of "dialog patent" is, is because it is a work space that is derived from the work space of the "GUI patent".

【0119】次に、図28の状態からさらに、コピーや移動によって影響(influence)が生じた先のワークスペースも2段まで含めるように指定にしたときの例を示す。 [0119] Then, further from the state of FIG. 28 shows an example in which the specified to include up to be 2 stages workspaces to which the influence by the copy or move (Influence) occurs. 図30は、影響が生じた先のワークスペースを2段まで検索対象とするときの合成ルール入力状況を示す図である。 Figure 30 is a diagram illustrating a combining rule input situation when the influence is a previous search target workspace to two stages produced. 図28ではテキストボックス71d内に「0」 In FIG. 28 in the text box 71d "0"
と入力されていたが、その値が「2」に変更されている。 It had been input and, its value has been changed to "2". これにより、2段以内の影響関係にあるワークスペースを検索対象に含めた概況表示が行われる。 As a result, the Overview display, including a work space in the influence relationship within the two-stage in the search is performed.

【0120】このような合成ルールで概況の抽出を行うと、近況に関する概況は以下のように変化する。 [0120] When the extraction of the overview in such synthesis rules overview about recent changes as follows. 図31 Figure 31
は、派生したワークスペースを2段まで検索対象とした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 Is a diagram showing an overview display screen about the recent when you searched derived workspaces to 2 stage. この概況表示画面89を図29に示した概況表示画面88と比較すると、「プロト仕様」のワークスペースの変化状況も表示されていることがわかる。 Compared to overview display screen 88 showing the overview display screen 89 in FIG. 29, it can be seen that is displayed changes the status of the workspace of the "proto Specifications". これは、「プロト仕様」のワークスペースが、「ダイアログ特許」のワークスペースから移動された文書を含むワークスペースだからである。 This is the workspace of "proto specification" is, is because it is a work space that contains the document that have been moved from the workspace of "dialog patent".

【0121】ところで、上記の例では、概況表示画面には、抽出された情報が文字列で表示されているが、概況を図によって表示することもできる。 [0121] In the above example, the overview display screen, but the extracted information is displayed in a character string, may be displayed by the figure overview. 図32は、図を用いた概況表示画面の第1の例を示す図である。 Figure 32 is a diagram showing a first example of overview display screen using FIG. この概況表示画面91では、対象となっているそれぞれのワークスペースの縮小イメージを表示し、そこで見つかった重要な文書のアンカーに目印を付けている。 In the overview display screen 91, and mark display the reduced image of each workspace of interest, where the important documents of the anchor found.

【0122】図33は、図を用いた概況表示画面の第2 [0122] Figure 33 is a second overview display screen using FIG
の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example. この概況表示画面92では、ワークスペースの状態へのリンクを文字列で表現するのではなく、そのときのワークスペースの縮小イメージで表示するようにしている。 In the overview display screen 92, rather than representing a link to the workspace state string, the operator displays the reduced image of the workspace that time.

【0123】図34は、図を用いた概況表示画面の第3 [0123] Figure 34 is a third overview display screen using FIG
の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example. この概況表示画面93では、期間内に生じた変化をワークスペースの縮小イメージ上に示している。 In the overview display screen 93 shows the changes that have occurred within the period on the reduced image of the workspace. また、文書に対して行われた処理の内容が、 In addition, the contents of the processing performed on the document,
図形によって示されている。 It is indicated by the figure. 削除された文書は、その文書を示すイメージ上に×印を表示している。 Deleted documents is displaying a × mark on an image showing the document. 内容が更新された文書は、その文書を示すイメージ上に上向きの矢印を示している。 Document content is updated, it shows the up arrow on the image showing the document. さらにこの例では、ワークスペース間の関係(派生関係や影響関係)を、チャートの上にグラフィカルに表している。 Further in this example, the relationship between the work space (derivation relationship and effect relationship) represents graphically on the chart.

【0124】以上にように、本発明によれば、ワークスペースで行われた作業の概況を整理した文書を自動的に生成、公開し、最新の状態に維持することが可能になる。 [0124] As above, according to the present invention, automatically generating a document to organize the overview of work done in the workspace, then publish, it is possible to maintain up to date. 従って、利用者が本来行うべき作業の他に行う、活動進捗を公開するための作業が不要となると共に、常に最新の情報に基づいた進捗状況を参照することができる。 Therefore, it is possible to user other to do the work to be done originally, along with the work for publishing activity progress is not required, to always see the progress that is based on the most up-to-date information. しかも、適用範囲が限定されず、一般的な業務遂行に利用することが可能である。 Moreover, the application range is not limited, and can be used for general business conduct.

【0125】また、本発明は文書作成が副産物的に生成されることと、定点観測的にその文書が維持されることに特徴がある。 [0125] Further, the present invention is characterized and the documentation are byproducts generated in the fixed-point observation to the document is maintained. 副産物的な生成されるとは、文書作成とは異なり、文書に反映されるユーザの操作は、ワークスペース上での作業遂行という意義付けが第一義的なものであって、ユーザが特に文書の生成を意識する必要のないことを意味する。 The byproducts specific are generated, unlike the document creation, operation of the user to be reflected in the document, meaning with that work performed on the workspace be those that primarily, the user is particularly document which means that there is no need to be aware of the generation of. 定点観測的な維持とは、通常の情報検索のように不特定な範囲から情報を収集するのとは異なり、ある特定の活動に関わるワークスペース群の上での作業内容を常に反映した文書が継続的に維持されることを意味する。 The fixed point observational maintenance, unlike collect information from unspecified range as normal information retrieval, document always reflect the work of on the workspace groups involved in a particular activity meaning that they are continuously maintained.

【0126】なお、上記の実施の形態で示した合成ルール以外にも、さまざまな合成ルールが設定可能である。 [0126] Incidentally, in addition to the combining rule described in the above embodiment, a variety of synthetic rules can be set.
総合属性(generic)のカテゴリにおいては、以下のような合成ルールが考えられる。 In the category of overall attribute (generic), it can be considered following such synthesis rules. ・利用者が最後に合成文書を参照した日時から現在までの期間を、指定期間(gener - user is the period from the date and time that you refer to the last in the synthesis document up to now, a specified period of time (gener
ic/what's new interval)とすること。 ic / what's new interval) to be. この場合、文書合成部では、利用者が合成文書を参照した日時を記録しておく必要がある。 In this case, the document combining unit, it is necessary to record the date and time the user browses to synthetic document.

【0127】ホットリンク(hot link)のカテゴリにおいては、以下のような合成ルールが考えられる。 [0127] In the category of hot links (hot link) can be considered the following of such a synthesis rule. ・所定の場所にある文書を抽出し、合成文書へその文書をリンクする。 · Extracting the document in the place, linking the document to synthetic document. ・ある程度以上の大きさを有する文書を抽出し、合成文書へ抽出した文書をリンクする。 · Extracting the documents with certain degree of size, to link documents extracted into synthetic document. ・表示オペレーションによる表示の頻度が所定の回数よりも多い文書を抽出し、合成文書へ抽出した文書をリンクする。 · Frequency of display by the display operation to extract more documents than the predetermined number of times, to link documents extracted into synthetic document.

【0128】ヒストリー(history)のカテゴリにおいては、以下のような合成ルールが考えられる。 [0128] In the category of history (history) is considered the following of such a synthesis rule. ・コメントの有無だけでなく、状態に対して利用者が与えた仕事の進捗に関わるコメント情報が、指定されたものと同じであるような状態を選択し、その状態へリンクする。 - not only the presence or absence of comment, comment information related to the progress of work by the user against the state has been given, to select the state, such as is the same as that specified, to link to the state. なお、指定されたものと同じコメントでなくても、そのコメントを一部に含んでいることを条件としてもよい。 Note that not be the same comments as those specified, it may be set as a condition that it contains the comments part. ・所定の数を上回る数の文書が削除されたときのワークスペースの状態を選択し、その状態へリンクする。 - a predetermined number of documents which exceeds the number to select the state of the workspace when removed, linking to that state. ・一旦、所定の更新頻度を上回る回数で更新がされた後に、更新されなくなったときのワークスペースの状態を選択し、その状態へリンクする。 · Once, after been updated with the number of times exceeding a predetermined update frequency, select the status of the workspace when it is no longer updated and links to that state. ・所定の期間、更新がなされなかった後に、更新されたときのワークスペースの状態を選択し、その状態へリンクする。 - a predetermined period of time, after the update is not performed, and select the status of the workspace when updated, to link to that state. ・所定の条件を満たす文書が最初に現れたときのワークスペースの状態を選択し、その状態へリンクする。 - a predetermined condition is satisfied document select the status of the workspace when the first occurrence, link to that state.

【0129】また、概況を示す合成文書の更新は、「ge [0129] In addition, the update of the synthesis document that shows the overview is, "ge
neric/update interval」によって一定周期で更新する以外に、以下のようなタイミングで更新させるような合成ルールも考えられる。 In addition to updating at a predetermined period by neric / update interval ", also conceivable combining rule that is updated at the following timing. ・利用者が概況を示す合成文書に参照したときに、その都度文書を更新する。 • When the user has reference to the synthesis document that shows the overview, to update each time the document. ・検索対象のワークスペースで所定の操作が行われたときに、合成文書を更新する。 - when a search predetermined operation in the workspace of the subject is performed, it updates the synthetic document. ・検索対象のワークスペースで印刷オペレーションが行われたときに、合成文書を更新する。 • When the search target of the printing operation in the work space has been made, to update the synthesis document. ・検索対象のワークスペースから他のワークスペースが派生したときに、合成文書を更新する。 - when a search from the target workspace other workspace derived updates the synthetic document. ・検索対象のワークスペース上で、利用者によって与えられた仕事の進捗に関わるコメント情報であって、指定されたのと同じコメント情報が付与されたときに、合成文書を更新する。 Of-the search target in the work on the space, a comment information related to the progress of the work that has been given by the user, when the same comment information that was specified has been granted, to update the synthesis document. ・検索対象のワークスペースに所定の文書が生成されたときに、合成文書を更新する。 - when a predetermined document is generated in the search of the workspace to update the synthetic document. ・検索対象のワークスペースから所定の文書が削除されたときに、合成文書を更新する。 - from the search of work space when a predetermined document has been deleted, to update the synthesis document.

【0130】また、利用者が合成結果に対して任意の変更を加えたい場合もある。 [0130] In addition, there is also a case where the user want to make any changes to the combined result. その場合、合成ルールとは別に、文書合成部に対して変更指令を入力する。 In that case, the combining rule separately inputs a change instruction with respect to the document synthesis unit. すると、 Then,
文書合成部は、変更指令に従った変更を加えた後の合成文書を、合成文書表示部に渡す。 Document combining unit, a synthetic document after making changes in accordance with the change instruction, and passes the synthetic document display unit. 変更指示の内容としては、削除したい要素について記述したり、追加したい要素について記述する。 The contents of the change instruction, or to describe the elements that you want to delete, describes you want to add elements.

【0131】なお、上記の処理は、処理内容が記述されたプログラムをコンピュータで実行することによって実現できる。 [0131] The above-described processing can be realized by executing a program processing contents written in a computer. そのプログラムを、コンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録させておくことで、必要なときにコンピュータに実行させることができる。 The program, by leaving is recorded on a computer-readable recording medium can be executed by a computer when needed. コンピュータで読み取り可能な記録媒体としては、磁気記録装置や半導体メモリ等がある。 The computer readable recording medium includes a magnetic recording device, a semiconductor memory or the like. 市場へ流通させる場合には、CD To distribute to the market, CD
−ROM(Compact Disk Read Only Memory)やフロッピーディスク等の可搬型記録媒体にプログラムを格納して流通させたり、ネットワークを介して接続されたコンピュータの記憶装置に格納しておき、ネットワークを通じて他のコンピュータに転送することもできる。 -ROM (Compact Disk Read Only Memory) or or is circulated to store the program in a portable recording medium such as a floppy disk, may be stored in a storage device of a computer connected via a network, the other through a network computer it is also possible to transfer to. コンピュータで実行する際には、コンピュータ内のハードディスク装置等にプログラムを格納しておき、メインメモリにロードして実行する。 When running in a computer, the program may be stored in a hard disk device or the like in the computer, loaded into the main memory and executed.

【0132】 [0132]

【発明の効果】以上説明したように本発明の概況情報生成装置では、ワークスペース上で行われた作業の履歴情報を保存しておき、合成ルールに従って履歴情報を合成し、概況情報を生成するようにしたため、ワークスペースで行われた作業の概況を示す情報を自動的に生成することが可能となる。 In overview information generating apparatus of the present invention described above, according to the present invention is to keep the history information of work done on the work space, the history information is synthesized according to the synthesis rule, generates the overview information because the way, it is possible to automatically generate the information indicating the overview of work done in the workspace.

【0133】また、本発明の概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体では、記録された概況情報生成プログラムをコンピュータで実行させることにより、ワークスペース上で行われた作業の履歴情報を保存しておき、合成ルールに従って履歴情報を合成し、概況情報を生成するような処理をコンピュータに行わせることが可能となる。 [0133] In the computer readable recording medium recording the overview information generation program of the present invention, by executing the recorded overview information generating program on a computer, the history information of the work done on the workspace Save advance, the history information synthesized according to synthesis rule, it becomes possible to perform processing so as to generate an overview information into the computer.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の原理構成図である。 1 is a principle diagram of the present invention.

【図2】 本発明を実施するためのシステム構成を示す図である。 Is a diagram showing a system configuration for implementing the present invention; FIG.

【図3】 各装置の内部構成を示す図である。 3 is a diagram showing the internal configuration of each device.

【図4】 ワークスペース管理部のデータ構造を示す図である。 4 is a diagram showing the data structure of the workspace manager.

【図5】 ワークスペースの状態を表現するためのデータ構造を示す図である。 5 is a diagram illustrating a data structure for representing the state of the workspace.

【図6】 アンカーのデータ構造を示す図である。 6 is a diagram showing the data structure of the anchor.

【図7】 ワークスペース上で行われたオペレーションの履歴を記録する構造を示す図である。 7 is a diagram showing a structure for recording a history of the operations performed on the workspace.

【図8】 合成ルールのデータ構造を示す図である。 8 is a diagram showing the data structure of the combining rule.

【図9】 ワークスペース選択及び合成処理の手順を示すフローチャートの前半である。 9 is a first half of a flowchart showing the procedure of the workspace selection and combining process.

【図10】 ワークスペース選択及び合成処理の手順を示すフローチャートの後半である。 10 is a second half of the flowchart showing the procedure of the workspace selection and combining process.

【図11】 「GUI特許」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 FIG. 11 is a diagram showing the work carried out example of on the work space of the "GUI patent".

【図12】 「ダイアログ特許」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 FIG. 12 is a diagram showing the work carried out examples on the workspace of "dialog patent".

【図13】 「プロト仕様」のワークスペース上での作業遂行例を示す図である。 FIG. 13 is a diagram showing the work carried out example of on the work space of the "prototype specifications".

【図14】 合成ルール入力状況を示す第1の図である。 14 is a first diagram illustrating a combining rule input state.

【図15】 合成ルール入力状況を示す第2の図である。 15 is a second diagram illustrating a combining rule input state.

【図16】 合成ルール入力状況を示す第3の図である。 16 is a third diagram showing a combining rule input state.

【図17】 合成ルール入力状況を示す第4の図である。 17 is a fourth diagram showing a combining rule input state.

【図18】 合成ルール入力状況を示す第5の図である。 18 is a fifth diagram showing a combining rule input state.

【図19】 ホットリンクの概況表示画面を示す図である。 FIG. 19 is a diagram showing an overview display screen of the hot link.

【図20】 ヒストリーの概況表示画面を示す図である。 FIG. 20 is a diagram showing an overview display screen of history.

【図21】 関連活動の概況表示画面を示す図である。 FIG. 21 is a diagram showing an overview display screen of related activities.

【図22】 近況の概況表示画面を示す図である。 FIG. 22 is a diagram showing an overview display screen of recent.

【図23】 選択するワークスペース変更時の合成ルール入力状況を示す図である。 FIG. 23 is a diagram showing the synthesis rule input situation at the time of workspace changes that selection.

【図24】 「GUI特許」を選択した場合の関連活動の概況表示画面を示す図である。 FIG. 24 is a diagram showing an overview display screen of related activities when the user selects the "GUI patent".

【図25】 「GUI特許」を選択した場合の近況の概況表示画面を示す図である。 FIG. 25 is a diagram showing an overview display screen of recent when the user selects the "GUI patent".

【図26】 期間の指定を「3日」にするときの合成ルール入力状況を示す図である。 [26] a specified period of time is a diagram showing the synthesis rule input situation at the time of the "three days".

【図27】 期間の指定を「3日」にした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 FIG. 27 is a diagram showing an overview display screen about the recent state of the case was in the "three days" a specified period of time.

【図28】 派生したワークスペースを2段まで検索対象とするときの合成ルール入力状況を示す図である。 It is a diagram illustrating a combining rule input situation when the Figure 28 and derived searched workspaces to 2 stage.

【図29】 派生したワークスペースを2段まで検索対象とした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 29 is a diagram showing an overview display screen about the recent when was derived searched workspaces to 2 stage.

【図30】 影響が生じた先のワークスペースを2段まで検索対象とするときの合成ルール入力状況を示す図である。 Is a diagram illustrating a combining rule input state when Figure 30 effects a previous search target workspace to two stages produced.

【図31】 派生したワースペースを2段まで検索対象とした場合の近況に関する概況表示画面を示す図である。 31 is a diagram showing an overview display screen about the recent when was derived search target word space to two stages.

【図32】 図を用いた概況表示画面の第1の例を示す図である。 32 is a diagram showing a first example of overview display screen using FIG.

【図33】 図を用いた概況表示画面の第2の例を示す図である。 33 is a diagram showing a second example of the overview display screen using FIG.

【図34】 図を用いた概況表示画面の第3の例を示す図である。 34 is a diagram showing a third example of overview display screen using FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ワークスペース編集手段 2 ワークスペース履歴管理手段 3 合成ルール保持手段 4 ワークスぺース選択手段 5 合成手段 6 概況情報 1 workspace editing means 2 workspace history managing means 3 synthesis rule holding means 4 Workspaces selection means 5 synthesis means 6 Overview of information

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 5B049 AA01 AA02 CC02 CC21 CC32 DD01 EE11 FF03 GG04 5B082 EA00 EA01 FA11 5E501 AA01 AA14 AB16 AC25 AC34 BA05 CC17 DA02 DA06 DA17 EA10 EB05 EB13 FA03 FA06 FA13 FB27 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of continued F-term (reference) 5B049 AA01 AA02 CC02 CC21 CC32 DD01 EE11 FF03 GG04 5B082 EA00 EA01 FA11 5E501 AA01 AA14 AB16 AC25 AC34 BA05 CC17 DA02 DA06 DA17 EA10 EB05 EB13 FA03 FA06 FA13 FB27

Claims (15)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 電子的なリソースを操作する環境であるワークスペース上で行われた活動の概況に関する情報を生成する概況情報生成装置において、 ワークスペース上で電子的なリソースを操作することで、ワークスペースの最新状態に変更を加えるワークスペース編集手段と、 前記ワークスペース編集手段によってワークスペース上で行われた操作の内容及び操作対象を、履歴情報として保持するワークスペース履歴管理手段と、 履歴情報を合成するための規則を定めた合成ルールを保持する合成ルール保持手段と、 前記合成ルール保持手段に保持された合成ルールに従って、前記ワークスペース履歴管理手段によって管理されている履歴情報を合成し、概況情報を生成する合成手段と、 を有することを特徴とする概況情報生成装置。 1. A Summary information generating device for generating information about the overview of activities undertaken on the workspace is an environment for manipulating electronic resource, by operating the electronic resources on the workspace, and workspaces editing means for modifying the current state of the workspace, the by workspace editing means of an operation performed in the workspace contents and the operation target, and workspace history managing means for holding the history information, the history information a combining rule holding means for holding a combining rule that defines the rules for the synthesis, according to the held in the synthesis rule holding means synthesis rule combines the history information managed by the workspace history managing means, Summary information generating apparatus characterized by comprising synthesizing means for generating overview information.
  2. 【請求項2】 前記ワークスペース履歴管理手段が保持している履歴情報の中から、履歴情報の検索対象とすべき対象ワークスペースを選択するワークスペース選択手段をさらに有し、 前記合成手段は、前記ワークスペース選択手段によって選択された対象ワークスペースに関連する履歴情報を合成対象とする、 ことを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 From wherein the history information held by said workspace history managing means further includes a workspace selecting means for selecting a target work space to be searched history information, said combining means, the historical information associated with the selected target workspace is composited by the workspace selecting means, overview information generating apparatus according to claim 1, wherein a.
  3. 【請求項3】 前記合成ルール保持手段は、検索対象とすべきワークスペースの条件を定めた合成ルールを保持しており、 前記ワークスペース選択手段は、前記合成ルール保持手段が保持する合成ルールで定められた条件に合致したワークスペースを、検索対象として選択する、 ことを特徴とする請求項2記載の概況情報生成装置。 Wherein the combining rule holding means holds a combining rule that establishes a condition workspace to be searched, the workspace selection means, a synthetic rule the combining rule holding means for holding a workspace that matches conditions specified, is selected as the search target, overview information generating apparatus according to claim 2, wherein a.
  4. 【請求項4】 前記合成ルール保持手段は、ユーザにより指定された指定ワークスペースと、前記指定ワークスペースとの間に所定の関係を有するワークスペースとを検索対象とすべき旨の合成ルールを保持していることを特徴とする請求項3記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining rule holding means, holding a designated workspace specified by the user, the synthesis rule to the effect that the search target and workspace having a predetermined relationship between the designated workspace Summary information generating apparatus according to claim 3, characterized in that it.
  5. 【請求項5】 前記合成手段は、あらかじめ決められた条件を満たしたことを契機として、履歴情報を更新することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining means, triggered by satisfying the predetermined condition, overview information generating apparatus according to claim 1, wherein the updating history information.
  6. 【請求項6】 前記合成手段は、前記ワークスペース履歴管理手段によって管理されている履歴情報に基づいて合成ルールに適合する電子リソースを特定し、特定した電子リソースに対してリンクにより関連づけたハイパードキュメントとして、概況情報を生成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining means, on the basis of the workspace history history information managed by the management means identifies the electronic resource conforms to the combining rule, hyper document associated by a link to a specific electronic resources as, overview information generating apparatus according to claim 1, wherein the generating the overview information.
  7. 【請求項7】 前記合成ルール保持手段は、ワークスペース上で電子リソースに対応付けられた属性情報が所定の条件を満たした場合には、該当する電子リソースを合成対象とすべき旨の合成ルールを保持していることを特徴とする請求項6記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining rule holding means, when the attribute information associated with the electronic resources on the workspace satisfies a predetermined condition, to the effect that the relevant electronic resources composited combining rule Summary information generating apparatus according to claim 6, wherein the holding the.
  8. 【請求項8】 前記合成ルール保持手段は、選択した電子リソースのうち、最新の状態から所定の時間の幅にある過去の状態に存在していた電子リソースだけを合成対象とすべき旨の合成ルールを保持していることを特徴とする請求項6記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining rule holding means, among the selected e-resources, synthesized to the effect that only the electronic resource that existed in the past in the state with the current state to the width of a predetermined time composited Summary information generating apparatus according to claim 6, wherein the holding rule.
  9. 【請求項9】 前記合成手段は、ワークスペースの現在及び過去の状態の中から、合成ルールに適合する条件を満たす状態を選択し、選択した状態の内容を表示するための概況情報を生成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 Wherein said synthesizing means, from the current and past state of the workspace, select compatible satisfying condition combining rule, generates the overview information for displaying the contents of the selected state Summary information generating apparatus according to claim 1, wherein a.
  10. 【請求項10】 前記合成ルール保持手段は、所定のオペレーションが行われた時点でのワークスペースの状態を選択すべき旨の合成ルールを保持していることを特徴とする請求項9記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining rule holding means, Overview of claim 9, wherein the holding the synthesis rule the state of the workspace that should be selected at the time the predetermined operation has been performed information generating apparatus.
  11. 【請求項11】 前記合成ルール保持手段は、ユーザにより指定された指定ワークスペースとの間に所定の関係を有するワークスペースを選択し、選択したワークスペースの内容を表示するための概況情報を生成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 Wherein said combining rule holding means, generates an overview information for selecting a workspace having a predetermined relationship between the specified designated workspace by a user, to display the contents of the selected workspace Summary information generating apparatus according to claim 1, characterized in that.
  12. 【請求項12】 前記合成手段は、ワークスペースの指定期間内の情報の変化に関する内容を含む概況情報を生成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 12. The method of claim 11, wherein combining means includes overview information generating apparatus according to claim 1, wherein the generating the overview information including the contents of changes of the information in the designated period of the workspace.
  13. 【請求項13】 前記合成手段は、合成根拠となった合成ルールがわかるようにして、履歴情報を合成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 Wherein said synthesizing means, so as seen combining rule became synthetic basis, overview information generating apparatus according to claim 1, wherein the synthesis of the history information.
  14. 【請求項14】 前記合成手段は、ワークスペースの縮小イメージ内に履歴情報が配置されるような表示形態となる概況情報を生成することを特徴とする請求項1記載の概況情報生成装置。 14. The method of claim 13, wherein combining means includes overview information generating apparatus according to claim 1, wherein the generating the overview information as a display form, such as history information is located within the reduced image of the workspace.
  15. 【請求項15】 電子的なリソースを操作する環境であるワークスペース上で行われた活動の概況に関する情報を生成するための概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体において、 ワークスペース上で電子的なリソースを操作することで、ワークスペースの最新状態に変更を加えるワークスペース編集手段、 前記ワークスペース編集手段によってワークスペース上で行われた操作の内容及び操作対象を、履歴情報として保持するワークスペース履歴管理手段、 履歴情報を合成するための規則を定めた合成ルールを保持する合成ルール保持手段、 前記合成ルール保持手段に保持された合成ルールに従って、前記ワークスペース履歴管理手段によって管理されている履歴情報を合成し、概況情報を生成する合成 15. The computer-readable recording medium recording the overview information generation program for generating information relating overview of activities undertaken on the workspace is an environment for manipulating electronic resource on the workspace in by operating the electronic resources held workspace editing means to make changes to the latest state of the workspace, the contents and the operation target of the operation performed in the workspace by the workspace editing means, as history information workspace history managing means for, combining rule holding means for holding a combining rule that defines the rules for the synthesis history information, according retained combining rule in the synthesis rule holding means, it is managed by the workspace history managing means the history information are synthesized, to generate the overview information synthesis 段、 としてコンピュータを機能させることを特徴とする概況情報生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 Stage, overview information generating program and computer readable recording medium for causing a computer to function as a.
JP34567598A 1998-12-04 1998-12-04 Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program Pending JP2000172669A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34567598A JP2000172669A (en) 1998-12-04 1998-12-04 Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34567598A JP2000172669A (en) 1998-12-04 1998-12-04 Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000172669A5 JP2000172669A5 (en) 2000-06-23
JP2000172669A true JP2000172669A (en) 2000-06-23

Family

ID=18378213

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34567598A Pending JP2000172669A (en) 1998-12-04 1998-12-04 Synoptic information generator and computer-readable recording medium recorded with synoptic information generation program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000172669A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005129051A (en) * 2003-10-24 2005-05-19 Microsoft Corp Group shared space
JP2011086023A (en) * 2009-10-14 2011-04-28 Lenovo Singapore Pte Ltd Computer capable of retrieving ambiguous information

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005129051A (en) * 2003-10-24 2005-05-19 Microsoft Corp Group shared space
JP2011086023A (en) * 2009-10-14 2011-04-28 Lenovo Singapore Pte Ltd Computer capable of retrieving ambiguous information
US9009158B2 (en) 2009-10-14 2015-04-14 Lenovo (Singapore) Pte. Ltd. Computer capable of retrieving ambiguous information

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Marcus et al. Static techniques for concept location in object-oriented code
US8464206B2 (en) Method and system for managing enterprise content
US6279006B1 (en) Structured data management system and computer-readable recording medium storing structured data management program
US9342272B2 (en) Custom and customizable components, such as for workflow applications
RU2383918C2 (en) Presentation of user interface elements in simplified form
Little et al. Koala: capture, share, automate, personalize business processes on the web
US7228496B2 (en) Document editing method, document editing system, server apparatus, and document editing program
US7954052B2 (en) Method for processing a web page for display in a wiki environment
US6160552A (en) Method and apparatus for managing multiple hierarchical lists within a browser
Edwards et al. Timewarp: techniques for autonomous collaboration
CA1286414C (en) Apparatus for distributing data processing across plurality of loci of control
US6301592B1 (en) Method of and an apparatus for displaying version information and configuration information and a computer-readable recording medium on which a version and configuration information display program is recorded
EP0937288B1 (en) Method and apparatus for organizing and processing information using a digital computer
CN102239458B (en) Visualizing relationships between data elements
CN101317150B (en) Centralized user interface for displaying contextually driven business content and business related functionality
JP2009543166A (en) Computer-implemented method, computer program, and data processing system for defining page layout by page
US6744447B2 (en) Method and system for compiling and using placebot agents for automatically accessing, processing, and managing the data in a place
US7925985B2 (en) Methods and apparatus for process thumbnail view
EP2426609B1 (en) Context-based user interface, search, and navigation
JP3123025B2 (en) Patching filter in a data processing system
JP5174468B2 (en) Integrated systems, tools and methods for designing automated business process applications
JP4790837B2 (en) Method for supporting user event processing and computer system therefor
JP2009543167A (en) Computer-implemented method, computer program, and data processing system for inheriting page layout for a page
US7222291B2 (en) Method and system for importing HTML forms
US6950981B2 (en) Method and system for providing task information in a place

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060411

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060612

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060704

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060831

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060914

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20061013