JP2000156049A - Audio medium and medium reproducing device - Google Patents

Audio medium and medium reproducing device

Info

Publication number
JP2000156049A
JP2000156049A JP10330805A JP33080598A JP2000156049A JP 2000156049 A JP2000156049 A JP 2000156049A JP 10330805 A JP10330805 A JP 10330805A JP 33080598 A JP33080598 A JP 33080598A JP 2000156049 A JP2000156049 A JP 2000156049A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
audio
data
performance
track
audio signal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10330805A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeshi Kato
剛 加藤
Original Assignee
Yamaha Corp
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yamaha Corp, ヤマハ株式会社 filed Critical Yamaha Corp
Priority to JP10330805A priority Critical patent/JP2000156049A/en
Publication of JP2000156049A publication Critical patent/JP2000156049A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To realize KARAOKE performance of a single CD capable of displaying lyrics, generating a guide melody and changing a pitch. SOLUTION: The data of a standard (MIDI standard) different from a CD standard are embedded beforehand into a KARAOKE track of the single CD. The data are easily discriminated since a beat rate, etc., is different, and when the single CD is played by a regular CD player, the single CD is reproduced as the regular CD. When the single CD is played, and the data of the MIDI standard are separated, the lyrics are displayed, and the guide melody is generated (using a sound source) according to the data. Further, the matter that the KARAOKE performance of PCM sound recording is erased, or a KARAOKE performance sound generated by the sound source is outputted mixing on it becomes possible, and the matter changing the pitch and a musical atmosphere, and obtaining pleasure becomes possible also.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
【0001】[0001]
【発明の属する技術分野】この発明は、PCMなどのオ
ーディオ信号およびMIDIデータなどの演奏データの
両方またはいずれか一方を選択して演奏させることがで
きるオーディオメディアおよびメディア再生装置に関す
る。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to an audio medium and a media reproducing apparatus capable of selecting and / or playing an audio signal such as PCM and / or performance data such as MIDI data.
【0002】[0002]
【従来の技術】現在市販されているシングルCDには、
歌手が歌唱した曲を録音した歌唱トラックと同じ曲で演
奏のみを録音したカラオケトラックが一緒に形成されて
いるものが多い。カラオケトラックに録音されているカ
ラオケ演奏は上記歌手が実際の録音に使用したものであ
るため、シングルCDを購入する者はこのカラオケトラ
ックを使用することにより、オリジナル歌手と同じ条件
でその曲の歌唱を練習することができる。
2. Description of the Related Art Currently available single CDs include:
In many cases, a karaoke track recording only the performance of the same song as the singing track recording the song sung by the singer is formed together. Since the karaoke performance recorded on the karaoke track was used by the singer for the actual recording, the purchaser of the single CD can use the karaoke track to sing the song under the same conditions as the original singer. Can practice.
【0003】[0003]
【発明が解決しようとする課題】しかし、カラオケトラ
ックに記録されているデータはPCM化されたオーディ
オ信号であるため、テンポやキーを変更することができ
ず、オリジナル歌手と大きく声域が異なる者にとっては
巧く練習できないという問題点があった。また、練習の
最初の段階ではテンポを遅くして練習することも適当で
あるが、オーディオデータではこれができない。
However, since the data recorded on the karaoke track is an audio signal converted into PCM, the tempo and key cannot be changed. Had a problem that he could not practice well. It is also appropriate to practice at a slower tempo in the first stage of practice, but this is not possible with audio data.
【0004】この発明は、オリジナルで音質のよいオリ
ジナルオーディオのカラオケ演奏とキーやテンポをチェ
ンジできるのカラオケ演奏データを選択して再生するこ
とができるメディア再生装置を提供することを目的とす
る。
SUMMARY OF THE INVENTION It is an object of the present invention to provide a media reproducing apparatus capable of selecting and reproducing karaoke performance data of original audio having good sound quality and karaoke performance data whose key and tempo can be changed.
【0005】[0005]
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、オー
ディオ信号を記録したオーディオトラックと、音源を駆
動するための演奏データを前記オーディオ信号と同期し
て記録した演奏データトラックとを備えたことを特徴と
する。
According to a first aspect of the present invention, there is provided an audio track on which an audio signal is recorded, and a performance data track on which performance data for driving a sound source are recorded in synchronization with the audio signal. It is characterized by the following.
【0006】請求項2の発明は、請求項1のオーディオ
メディアを読み取る装置であって、前記オーディオ信号
を再生するオーディオ再生部と、前記演奏データに基づ
いて楽音を形成する音源を有する自動演奏部と、前記オ
ーディオ信号または楽音を選択的に出力する手段と、を
備えたことを特徴とする。
According to a second aspect of the present invention, there is provided the apparatus for reading the audio medium according to the first aspect, wherein the automatic reproducing section has an audio reproducing section for reproducing the audio signal and a sound source for forming a musical tone based on the performance data. And means for selectively outputting the audio signal or musical tone.
【0007】請求項3の発明は、請求項2の発明におい
て、前記自動演奏部は、形成する楽音を移調する手段ま
たは演奏のテンポを変更する手段を含むことを特徴とす
る。
According to a third aspect of the present invention, in the second aspect of the present invention, the automatic performance section includes means for transposing musical tones to be formed or means for changing the tempo of the performance.
【0008】請求項4の発明は、請求項1の発明におい
て、前記オーディオ信号はカラオケ曲の演奏音であり、
前記演奏データは該カラオケ曲のガイドメロディデータ
であることを特徴とする。
According to a fourth aspect of the present invention, in the first aspect, the audio signal is a performance sound of a karaoke song,
The performance data is guide melody data of the karaoke song.
【0009】請求項5の発明は、請求項1または請求項
4のオーディオメディアを再生する装置であって、前記
オーディオ信号を再生するオーディオ再生部と、前記演
奏データに基づいて楽音を形成する音源を有する自動演
奏部と、前記オーディオ信号および楽音をミキシングし
て出力する手段と、を備えたことを特徴とする。
According to a fifth aspect of the present invention, there is provided an apparatus for reproducing the audio media according to the first or fourth aspect, wherein the audio reproducing section reproduces the audio signal, and a sound source which forms a musical tone based on the performance data. And an means for mixing and outputting the audio signal and the musical tone.
【0010】請求項6の発明は、請求項1,4の発明に
おいて、歌詞を表示するための歌詞表示データを前記オ
ーディオ信号と同期して記録した歌詞表示データトラッ
クを備えたことを特徴とする。
A sixth aspect of the present invention is characterized in that, in the first and fourth aspects of the present invention, there is provided a lyrics display data track in which lyrics display data for displaying lyrics are recorded in synchronization with the audio signal. .
【0011】請求項7の発明は、請求項2,3,5の発
明において、前記オーディオ信号の再生または楽音の形
成と同期して、前記歌詞表示データに基づいて歌詞を表
示する手段を備えたことを特徴とする。
According to a seventh aspect of the present invention, in the second, third, and fifth aspects, there is provided means for displaying lyrics based on the lyrics display data in synchronization with reproduction of the audio signal or formation of a musical tone. It is characterized by the following.
【0012】請求項8の発明は、請求項1,4,6の発
明において、メディア再生装置がオーディオ信号の再生
または楽音の形成と並行して処理するプログラムを記憶
したプログラムトラックを備えたことを特徴とする。
According to an eighth aspect of the present invention, in the first, fourth and sixth aspects of the present invention, the media reproducing apparatus includes a program track storing a program for processing in parallel with reproduction of an audio signal or formation of a musical tone. Features.
【0013】請求項9の発明は、請求項1,4,6,8
の発明において、前記演奏データトラック、歌詞表示ト
ラックおよびプログラムトラックは、前記オーディオト
ラックに重畳して形成されていることを特徴とする。
According to a ninth aspect of the present invention, there is provided a driving method comprising:
In the invention, the performance data track, the lyrics display track, and the program track are formed so as to overlap the audio track.
【0014】この発明は、たとえばCD(コンパクトデ
ィスク)などのオーディオメディアに適用される。以
下、シングルCDを例にあげてこの発明を説明する。一
般的なシングルCDは、オリジナルの歌手が歌唱した通
常の曲の録音と、その歌唱に用いられたカラオケ演奏の
録音が記録されている。このカラオケ演奏は、PCM録
音されたオーディオ信号であり、オリジナル歌手が録音
に用いたものであるため演奏内容も音質も高品質のもの
である。しかし、演奏のキーチェンジ(移調)やテンポ
チェンジは極めて困難であり、オリジナル歌手の歌唱を
引き立たせるためメロディパートの演奏が殆どないもの
である。したがって、不慣れな者やオリジナル歌手とキ
ーが合わない者にとっては歌いにくいものである。
The present invention is applied to audio media such as a CD (compact disc). Hereinafter, the present invention will be described using a single CD as an example. In a general single CD, a recording of a normal song sung by an original singer and a recording of a karaoke performance used for the singing are recorded. The karaoke performance is an audio signal recorded by PCM and used by the original singer for recording, so that the performance content and the sound quality are high. However, key change (transposition) and tempo change of the performance are extremely difficult, and there is almost no melody part performance to enhance the singing of the original singer. Therefore, it is difficult for an unskilled person or a person who does not match the key with the original singer to sing.
【0015】そこで、この発明では、メディアにこの音
源を用いてこのカラオケ演奏を実行するための演奏デー
タトラックを設け、メディア再生装置で音源によるカラ
オケ演奏を行うようにした。音源で楽音を形成する場合
にはキーチェンジやテンポチェンジが容易である。そし
て、この音源によるカラオケ演奏(楽音)とPCMのカ
ラオケ演奏(オーディオ信号)を切り換えることができ
るようにした。これにより、オリジナルのカラオケ演奏
で歌唱するか自分に合わせて調整できる音源のカラオケ
演奏で歌唱するかを選択できるようになる。
Therefore, in the present invention, a performance data track for executing the karaoke performance using the sound source is provided in the medium, and the karaoke performance by the sound source is performed by the media reproducing device. When a musical sound is formed by a sound source, key changes and tempo changes are easy. It is possible to switch between a karaoke performance (musical sound) using this sound source and a karaoke performance (audio signal) of the PCM. As a result, it is possible to select whether to sing with an original karaoke performance or to sing with a karaoke performance of a sound source that can be adjusted according to oneself.
【0016】また、この発明では、演奏データとしてガ
イドメロディデータを設け、このデータに基づくガイド
メロディ(楽音)を形成してオリジナルのカラオケ演奏
(オーディオ信号)とミキシングして出力するようにし
た。これにより、メロディパートの演奏がないカラオケ
演奏にガイドメロディを付加して歌いやすくすることが
できる。
In the present invention, guide melody data is provided as performance data, and a guide melody (tone) based on the data is formed, mixed with the original karaoke performance (audio signal), and output. As a result, it is possible to add a guide melody to a karaoke performance without a melody part and make it easier to sing.
【0017】また、この発明では、演奏に同期して歌詞
を表示する。一般的に歌詞を表示するのはカラオケ演奏
時であるが、歌手が歌唱している録音を再生していると
きに歌詞を表示してもよく、ガイドメロディのみを演奏
しているときに歌詞を表示してもよい。
According to the present invention, the lyrics are displayed in synchronization with the performance. Generally, lyrics are displayed when performing karaoke, but lyrics may be displayed when a singer is playing a recording that is singing, and lyrics may be displayed when playing only a guide melody. It may be displayed.
【0018】また、オーディオメディアにJavaアプ
レットなどのプログラムを記録しておき、これをオーデ
ィオ装置に読み取らせて上記オーディオ信号の再生や楽
音の形成と並行して所定の処理をさせる。処理は、どの
ようなものでもよいが、たとえば背景映像を表示するな
どである。
Also, a program such as a Java applet is recorded on an audio medium, and the program is read by an audio device to perform predetermined processing in parallel with the reproduction of the audio signal and the formation of a musical tone. The processing may be any processing, such as displaying a background video.
【0019】[0019]
【発明の実施の形態】図面を参照してこの発明の実施形
態について説明する。図1はこの発明に使用されるディ
スクメディアのデータ構成を示す図である。このメディ
アは、直径8cmのいわゆるシングルCDである。複数
の同心円トラックからなるトラック群(以下、単にトラ
ックという)11およびトラック12にはオリジナル歌
手による歌唱のオーディオデータ、すなわち44.1k
HzでサンプリングされたPCMデータが記録されてい
る。そして、トラック13および14には、上記トラッ
ク11,12の曲と同じ曲のカラオケ演奏をPCMデー
タ化したオーディオデータに加えて音源を駆動するため
の演奏データおよび歌詞を表示するための歌詞表示デー
タなどの制御データが重畳して書き込まれている。
Embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. FIG. 1 is a diagram showing a data structure of a disk medium used in the present invention. This medium is a so-called single CD having a diameter of 8 cm. A track group (hereinafter, simply referred to as a track) 11 composed of a plurality of concentric tracks and a track 12 include audio data of singing by the original singer, that is, 44.1k.
The PCM data sampled at Hz is recorded. Tracks 13 and 14 include, in addition to audio data obtained by converting the karaoke performance of the same tune as the tunes of tracks 11 and 12 into PCM data, performance data for driving a sound source and lyrics display data for displaying lyrics. Are written in a superimposed manner.
【0020】上記オーディオデータは、0.9〜3.5
6μm長のピット配列で表されているが、トラック1
3,トラック14の制御データはこれよりも短いピット
で表され、上記オーディオデータとピットに重畳して形
成されている。装置は、ピットレートでオーディオデー
タと制御データを分離し、それぞれのデータに基づいて
所定の処理を行う。
The audio data ranges from 0.9 to 3.5.
Although represented by a 6 μm long pit array, track 1
3. The control data of the track 14 is represented by pits shorter than this, and is formed so as to overlap the audio data and the pits. The device separates audio data and control data at a pit rate, and performs a predetermined process based on each data.
【0021】なお、制御データは、従来のCDプレーヤ
であればローパスフィルタでカットされる範囲のピット
レートにしておけばよい。このようにすることにより、
このシングルCDを従来のCDプレーヤで再生しても、
通常のオーディオCDとして再生することができる。
In the case of a conventional CD player, the control data may have a pit rate in a range cut by a low-pass filter. By doing this,
Even if this single CD is played on a conventional CD player,
It can be reproduced as a normal audio CD.
【0022】図2は同シングルCDを再生するCDプレ
ーヤの外観図、図3は同CDプレーヤのブロック図であ
る。CDプレーヤ2にはCDドライブ30が内蔵されて
おり、このドライブ30にシングルCD1をセットする
ことによってデータが読み取られる。このCDプレーヤ
2にはマイク付のヘッドセット3が接続されている。前
記シングルCD1をオーディオモードで再生すると、D
/Aコンバータ32が、PCMデータであるオーディオ
データをアナログのオーディオデータに変換し、アンプ
33がこれをヘッドホン3から出力する。トラック1
1,12はこのオーディオモードのみ再生可能である。
トラック13,14は、オーディオモード以外に音源モ
ードで再生することができる。トラック13,14を音
源モードで再生すると、自動演奏部36が、演奏データ
に基づいて音源36aを駆動して楽音信号を形成し、ア
ンプ33がこれをヘッドホン3から出力する。
FIG. 2 is an external view of a CD player for reproducing the single CD, and FIG. 3 is a block diagram of the CD player. The CD player 2 has a built-in CD drive 30, and data is read by setting a single CD 1 in the drive 30. A headset 3 with a microphone is connected to the CD player 2. When the single CD 1 is reproduced in the audio mode, D
The / A converter 32 converts audio data, which is PCM data, into analog audio data, and the amplifier 33 outputs this from the headphones 3. Track 1
1 and 12 can reproduce only this audio mode.
Tracks 13 and 14 can be reproduced in a sound source mode in addition to the audio mode. When the tracks 13 and 14 are reproduced in the sound source mode, the automatic performance section 36 drives the sound source 36a based on the performance data to form a tone signal, and the amplifier 33 outputs this from the headphones 3.
【0023】なお、ガイドメロディデータも演奏データ
と同様の構成であり、自動演奏部36がこのデータに基
づいてガイドメロディを形成する。なお、オーディオモ
ードであっても、ガイドメロディを発生するか否かは自
由に切り換え可能である。たま、ガイドメロディのみの
再生も可能である。すなわち、オーディオモードオフ、
音源モードオフでガイドメロディのみを再生することが
可能である。
The guide melody data has the same configuration as the performance data, and the automatic performance section 36 forms a guide melody based on this data. Note that even in the audio mode, whether or not a guide melody is generated can be freely switched. Sometimes, only the guide melody can be reproduced. Audio mode off,
When the sound source mode is off, it is possible to reproduce only the guide melody.
【0024】また、オーディオモード、音源モードいず
れの場合でも、表示部7に歌詞を表示することができ
る。
In both the audio mode and the sound source mode, the lyrics can be displayed on the display unit 7.
【0025】CDプレーヤ2の表面には、オーディオモ
ード/音源モード切換スイッチ、プレイ/ストップスイ
ッチ、歌詞表示/消去スイッチ、ガイドメロディオン/
オフスイッチ、早送りスイッチ、巻き戻しスイッチを含
むキースイッチ群20が設けられている。
On the surface of the CD player 2, an audio mode / sound source mode switch, a play / stop switch, a lyrics display / erase switch, a guide melody /
A key switch group 20 including an off switch, a fast-forward switch, and a rewind switch is provided.
【0026】図3において、前記シングルCDをセット
するドライブ30は信号分離回路31に接続されてい
る。信号分離回路はピットレートの高い制御データとC
D規格のオーディオデータとを分離する回路である。信
号分離回路31にはD/Aコンバータ32,データ復調
部35およびディスク情報合成部38が接続されてい
る。D/Aコンバータ32は、PCMデータであるオー
ディオデータをアナログのオーディオ信号に復調する回
路である。復調されたオーディオ信号はアンプ33に入
力される。
In FIG. 3, a drive 30 for setting the single CD is connected to a signal separating circuit 31. The signal separation circuit uses control data with a high pit rate and C
This is a circuit for separating D-standard audio data. A D / A converter 32, a data demodulation unit 35, and a disk information synthesis unit 38 are connected to the signal separation circuit 31. The D / A converter 32 is a circuit that demodulates audio data that is PCM data into an analog audio signal. The demodulated audio signal is input to the amplifier 33.
【0027】ディスク情報合成部38は、ディスクのコ
ントロールトラックに書き込まれている情報を数字に合
成する回路である。コントロールトラックの情報はこデ
ィスクに記録されている曲数、演奏時間などの情報であ
る。
The disc information synthesizing section 38 is a circuit for synthesizing information written in the control tracks of the disc into numbers. The information of the control track is information such as the number of music pieces recorded on the disc and the playing time.
【0028】データ復調部35はオーディオデータと分
離された制御データから演奏データ、歌詞歌詞表示デー
タを復調する。そして演奏データは自動演奏部36に入
力される。自動演奏部36は、楽音を形成するための音
源36aおよび演奏データをクロックに従って音源回路
に供給するシーケンサからなっている。自動演奏部36
は入力された演奏データを所定のクロックで読み出して
ゆき、これを音源36aに供給することによってカラオ
ケ曲の演奏音(楽音)を形成する。なお、演奏データ
は、同じトラックに記録されているオーディオデータと
正確に同期できるように各イベントデータにタイムコー
ドが付されている。自動演奏部36が形成したカラオケ
演奏音はアンプ33に入力される。
The data demodulating section 35 demodulates performance data and lyrics display data from the control data separated from the audio data. The performance data is input to the automatic performance section 36. The automatic performance section 36 comprises a sound source 36a for forming a musical tone and a sequencer for supplying performance data to a tone generator circuit in accordance with a clock. Automatic performance section 36
Reads out the input performance data at a predetermined clock and supplies it to a sound source 36a to form a performance sound (musical tone) of a karaoke song. In the performance data, a time code is added to each event data so that it can be accurately synchronized with audio data recorded on the same track. The karaoke performance sound formed by the automatic performance section 36 is input to the amplifier 33.
【0029】アンプ33は、オーディオモードのときD
/Aコンバータ32から入力されたオーディオ信号を有
効にしてこのオーディオ信号をヘッドホン3に出力す
る。音源モードのとき自動演奏部36から入力された演
奏音を有効にしてこの演奏音をヘッドホン3に出力す
る。なお、ガイドメロディもカラオケ演奏音と同じ系統
(データ復調部35→自動演奏部36)で発生され、こ
のガイドメロディはガイドメロディオンのときアンプ3
3からヘッドホン3に出力される。
When the amplifier 33 is in the audio mode, D
The audio signal input from the / A converter 32 is made valid and this audio signal is output to the headphones 3. In the sound source mode, the performance sound input from the automatic performance section 36 is made valid and this performance sound is output to the headphones 3. The guide melody is also generated in the same system as the karaoke performance sound (data demodulation section 35 → automatic performance section 36).
3 to the headphones 3.
【0030】この実施形態ではアンプ33がオーディオ
信号、カラオケ演奏音、ガイドメロディをオン/オフす
るようにしているが、利用者が選択したモードに応じて
D/Aコンバータ32、自動演奏部36の動作をオン/
オフすることにより、オーディオ信号、カラオケ演奏
音、ガイドメロディをオン/オフするようにしてもよ
い。
In this embodiment, the amplifier 33 turns on / off the audio signal, the karaoke performance sound, and the guide melody. However, the D / A converter 32 and the automatic performance unit 36 according to the mode selected by the user. Turn operation on /
By turning off, the audio signal, the karaoke performance sound, and the guide melody may be turned on / off.
【0031】また、ヘッドホン3のマイク部からは、利
用者の歌唱音声が入力される。この音声もアンプ33に
入力される。アンプ33は歌唱音声を上記選択された信
号とミキシングして出力する。
The singing voice of the user is input from the microphone section of the headphones 3. This sound is also input to the amplifier 33. The amplifier 33 mixes the singing voice with the selected signal and outputs it.
【0032】データ復調部35が復調した歌詞表示デー
タは歌詞合成部37に入力される。歌詞合成部37は文
字パターンデータを記憶しており、歌詞表示データの歌
詞(文字コード)を文字パターンにして表示部7に出力
する。表示部7はこれを表示する。
The lyrics display data demodulated by the data demodulator 35 is input to the lyrics synthesizer 37. The lyrics composing section 37 stores character pattern data, and outputs the lyrics (character code) of the lyrics display data to the display section 7 as a character pattern. The display unit 7 displays this.
【0033】また、図4に示すように、トラック11〜
14のいずれか(または全て)に対応してプログラムト
ラックを設け、このプログラムトラックにJavaアプ
レットなど装置が読み取って実行できるプログラムを書
き込んでおくこともできる。
Also, as shown in FIG.
It is also possible to provide a program track corresponding to any (or all) of the fourteen, and write a program that can be read and executed by a device such as a Java applet on this program track.
【0034】この実施形態においてこのJavaアプレ
ットは、特定の電話番号に電話を掛けてネットワークに
接続し、特定のURLにアクセスするものである。デー
タ復調部35はこのアプレットをネットワーク制御部4
0に供給して上記処理を実行させる。
In this embodiment, the Java applet calls a specific telephone number, connects to a network, and accesses a specific URL. The data demodulation unit 35 transmits this applet to the network control unit 4.
0 to execute the above processing.
【0035】図2,図3に示すように、このCDプレー
ヤ2には、PHS電話機4およびテレビ受像機5が接続
されている。ネットワーク制御部40は、上記アプレッ
トに従いPHS電話機4を介してネットワークに接続
し、上記URLにアクセスする。上記URLは、このシ
ングルCDのアーティストのホームページやこのシング
ルCDの曲の背景映像のアーカイブサイトなどである。
アーティストのホームページにアクセスした場合、この
曲の詳しい紹介などを見ることができる。これを曲の演
奏と並行して行うことにより、その曲の演奏効果を盛り
上げることができる。また、背景映像のアーカイブサイ
トにアクセスした場合、その背景映像をダウンロードし
てテレビ受像機5や前記表示部7にこれを背景映像とし
て表示し、その上に歌詞をスーパーインポーズで表示す
る。
As shown in FIGS. 2 and 3, a PHS telephone 4 and a television receiver 5 are connected to the CD player 2. The network control unit 40 connects to the network via the PHS telephone 4 according to the applet and accesses the URL. The URL is a homepage of the artist of the single CD, an archive site of a background video of the music of the single CD, and the like.
If you visit the artist's homepage, you can see a detailed introduction to this song. By performing this in parallel with the performance of the song, the performance effect of the song can be enhanced. When the user accesses the archive site of the background image, the background image is downloaded and displayed on the television receiver 5 or the display unit 7 as the background image, and the lyrics are displayed in a superimposed manner thereon.
【0036】なお、背景映像がない場合でも、テレビ受
像機5に歌詞を表示するようにしてもよい。この場合に
は、画面はブルーバックにすればよい。なお、簡略な静
止画であればシングルCD内に記憶しておくことも可能
であるので、これをテレビ画面に背景映像として表示し
て歌詞をスーパーインポーズ表示するようにしてもよ
い。
The lyrics may be displayed on the television receiver 5 even when there is no background image. In this case, the screen may be a blue screen. Since a simple still image can be stored in a single CD, the image may be displayed as a background image on a television screen and the lyrics may be superimposed.
【0037】また、前記キースイッチ群20には、キー
チェンジスイッチやテンポチェンジスイッチが含まれて
おり、音源モードで楽音を形成しているとき、これらの
操作子が操作されると、その操作に応じて演奏キーやテ
ンポを変更する。テンポを変更したときガイドメロディ
や歌詞の表示のテンポもカラオケ演奏のテンポに応じて
変更する。
The key switch group 20 includes a key change switch and a tempo change switch. When a musical tone is formed in the tone generator mode, when these operators are operated, the operation is performed. Change the performance key and tempo accordingly. When the tempo is changed, the tempo for displaying the guide melody and lyrics is also changed according to the tempo of the karaoke performance.
【0038】このようにシングルCDのカラオケトラッ
クに演奏データや歌詞表示データなどの情報を埋め込ん
だことにより、シングルCDの情報量が飛躍的に増大す
るととに、カラオケ演奏の利用方法を多角的にすること
ができる。
By embedding information such as performance data and lyrics display data in the karaoke track of a single CD, the amount of information of the single CD is dramatically increased, and the use method of karaoke performance is diversified. can do.
【0039】また、各種音声や映像の再生が可能なポー
タブルなプレーヤを実現したことにより、多様なシング
ルCDの楽しみ方を実現することができる。
Further, by realizing a portable player capable of reproducing various sounds and images, various ways of enjoying a single CD can be realized.
【0040】なお、演奏データトラックや歌詞表示デー
タトラックはPCM録音のオーディオトラックに対し
て、いわゆる電子透かしの技術で埋め込むようにしても
よい。また、高速読み取りが可能で大容量バッファを有
するCDドライブを用いるのであれば全く別トラックに
これらを記録しておき、順次これらのトラックを読み取
って同期処理を行うようにしてもよい。
Note that the performance data track and the lyrics display data track may be embedded in the audio track of the PCM recording by a so-called digital watermarking technique. If a CD drive capable of high-speed reading and having a large-capacity buffer is used, these may be recorded on completely different tracks, and these tracks may be sequentially read to perform synchronization processing.
【0041】[0041]
【発明の効果】以上のようにこの発明によれば、オーデ
ィオ信号を再生した音声と楽音形成部が形成した楽音を
合成して出力したり、切り換えて出力したりすることが
できるため、従来のオーディオメディアに比べて多様な
再生形態が可能である。
As described above, according to the present invention, the sound reproduced from the audio signal and the musical tone formed by the musical tone generator can be synthesized and output, or can be switched and output. Various playback modes are possible as compared to audio media.
【0042】たとえば、シングルCDのカラオケの場合
PCM録音されたカラオケ演奏を再生するか、楽音形成
部でカラオケ演奏音を合成するかを選択することがで
き、さらに、PCM録音されたカラオケ演奏を再生しな
がら楽音形成部で合成したガイドメロディをミキシング
することも可能になる。また、この場合に、カラオケ演
奏を行いながら歌詞を表示することも可能になる。
For example, in the case of a single CD karaoke, it is possible to select whether to reproduce the karaoke performance recorded in PCM or to synthesize the karaoke performance sound in the tone generator, and to reproduce the karaoke performance recorded in PCM. It is also possible to mix the guide melody synthesized by the tone generator while doing so. In this case, it is also possible to display lyrics while performing a karaoke performance.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
【図1】この発明の実施形態であるシングルCDの記憶
内容を示す図
FIG. 1 is a diagram showing storage contents of a single CD according to an embodiment of the present invention;
【図2】この発明の実施形態であるシングルCDプレー
ヤの外観図
FIG. 2 is an external view of a single CD player according to an embodiment of the present invention.
【図3】同シングルCDプレーヤのブロック図FIG. 3 is a block diagram of the single CD player.
【図4】他のシングルCDの他の実施形態を示す図FIG. 4 is a diagram showing another embodiment of another single CD.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1…シングルCD(オーディオメディア)、11〜14
…トラック、2…CDプレーヤ、3…(マイク付)ヘッ
ドホン、4…PHS電話機、5…テレビ受像機、7…表
示部、20…スイッチ群、21…ネットワークアクセス
ボタン、31…信号分離部、32…D/Aコンバータ、
33…アンプ、35…データ復調部、36…自動演奏
部、36a…音源、37…歌詞合成部、38…ディスク
情報合成部、40…ネットワーク制御部
1: Single CD (audio media), 11-14
... Track, 2 ... CD player, 3 ... Headphone (with microphone), 4 ... PHS telephone, 5 ... TV receiver, 7 ... Display unit, 20 ... Switch group, 21 ... Network access button, 31 ... Signal separation unit, 32 ... D / A converter,
33 amplifier, 35 data demodulation unit, 36 automatic performance unit, 36a sound source, 37 lyrics synthesis unit, 38 disk information synthesis unit, 40 network control unit
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) G11B 27/10 G11B 27/10 Z 27/34 27/34 P Fターム(参考) 5D044 AB05 AB06 AB09 BC03 CC04 DE17 FG18 HL04 5D077 AA26 BB03 HC18 5D080 BA01 BA05 DA08 FA39 HA01 HA07 HA09 JA09 5D108 BA04 BB06 BF06 5D378 FF07 MM38 MM68 MM97 QQ01 TT24 ──────────────────────────────────────────────────の Continued on the front page (51) Int.Cl. 7 Identification symbol FI Theme coat ゛ (Reference) G11B 27/10 G11B 27/10 Z 27/34 27/34 PF term (Reference) 5D044 AB05 AB06 AB09 BC03 CC04 DE17 FG18 HL04 5D077 AA26 BB03 HC18 5D080 BA01 BA05 DA08 FA39 HA01 HA07 HA09 JA09 5D108 BA04 BB06 BF06 5D378 FF07 MM38 MM68 MM97 QQ01 TT24

Claims (9)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 オーディオ信号を記録したオーディオト
    ラックと、音源を駆動するための演奏データを前記オー
    ディオ信号と同期して記録した演奏データトラックとを
    備えたオーディオメディア。
    1. An audio medium comprising: an audio track on which an audio signal is recorded; and a performance data track on which performance data for driving a sound source are recorded in synchronization with the audio signal.
  2. 【請求項2】 請求項1のオーディオメディアを読み取
    る装置であって、 前記オーディオ信号を再生するオーディオ再生部と、 前記演奏データに基づいて楽音を形成する音源を有する
    自動演奏部と、 前記オーディオ信号または楽音を選択的に出力する手段
    と、 を備えたメディア再生装置。
    2. The apparatus for reading audio media according to claim 1, wherein: an audio reproducing unit that reproduces the audio signal; an automatic playing unit that has a sound source that forms a musical tone based on the performance data; Or a means for selectively outputting musical sounds.
  3. 【請求項3】 前記自動演奏部は、形成する楽音を移調
    する手段または演奏のテンポを変更する手段を含む請求
    項2に記載のメディア再生装置。
    3. The media reproducing apparatus according to claim 2, wherein the automatic performance section includes means for transposing a musical tone to be formed or means for changing a tempo of the performance.
  4. 【請求項4】 前記オーディオ信号はカラオケ曲の演奏
    音であり、前記演奏データは該カラオケ曲のガイドメロ
    ディデータである請求項1に記載のオーディオメディ
    ア。
    4. The audio medium according to claim 1, wherein the audio signal is a performance sound of a karaoke song, and the performance data is guide melody data of the karaoke song.
  5. 【請求項5】 請求項1または請求項4のオーディオメ
    ディアを再生する装置であって、 前記オーディオ信号を再生するオーディオ再生部と、 前記演奏データに基づいて楽音を形成する音源を有する
    自動演奏部と、 前記オーディオ信号および楽音をミキシングして出力す
    る手段と、 を備えたメディア再生装置。
    5. An apparatus for playing back audio media according to claim 1 or 4, wherein said audio playing section plays back said audio signal; and an automatic playing section having a sound source which forms a tone based on said performance data. And a means for mixing and outputting the audio signal and the musical sound.
  6. 【請求項6】 歌詞を表示するための歌詞表示データを
    前記オーディオ信号と同期して記録した歌詞表示データ
    トラックを備えた請求項1または請求項4に記載のオー
    ディオメディア。
    6. The audio medium according to claim 1, further comprising a lyrics display data track for recording lyrics display data for displaying lyrics in synchronization with the audio signal.
  7. 【請求項7】 前記オーディオ信号の再生または楽音の
    形成と同期して、前記歌詞表示データに基づいて歌詞を
    表示する手段を備えた請求項2、請求項3または請求項
    5に記載のメディア再生装置。
    7. The media reproduction according to claim 2, further comprising means for displaying lyrics based on the lyrics display data in synchronization with reproduction of the audio signal or formation of a musical tone. apparatus.
  8. 【請求項8】 メディア再生装置が、前記オーディオ信
    号の再生または楽音の形成と並行して処理するプログラ
    ムを記憶したプログラムトラックを備えた請求項1、請
    求項4または請求項6に記載のオーディオメディア。
    8. The audio media according to claim 1, wherein the media playback device comprises a program track storing a program for processing the audio signal in parallel with the reproduction of the audio signal or the formation of a musical tone. .
  9. 【請求項9】 前記演奏データトラック、歌詞表示トラ
    ックおよびプログラムトラックは、前記オーディオトラ
    ックに重畳して形成されている請求項1、請求項4、請
    求項6または請求項8に記載のオーディオメディア。
    9. The audio medium according to claim 1, wherein the performance data track, the lyrics display track, and the program track are formed so as to overlap the audio track.
JP10330805A 1998-11-20 1998-11-20 Audio medium and medium reproducing device Pending JP2000156049A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10330805A JP2000156049A (en) 1998-11-20 1998-11-20 Audio medium and medium reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10330805A JP2000156049A (en) 1998-11-20 1998-11-20 Audio medium and medium reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000156049A true JP2000156049A (en) 2000-06-06

Family

ID=18236763

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10330805A Pending JP2000156049A (en) 1998-11-20 1998-11-20 Audio medium and medium reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000156049A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001307428A (en) * 2000-04-20 2001-11-02 Yamaha Corp Recording method and recording medium for music information digital signal
JP2002333881A (en) * 2001-05-09 2002-11-22 Aiwiru:Kk Recording medium
US7122731B2 (en) 2002-03-06 2006-10-17 Yamaha Corporation Musical information processing terminal, control method therefor, and program for implementing the method
US7161079B2 (en) 2001-05-11 2007-01-09 Yamaha Corporation Audio signal generating apparatus, audio signal generating system, audio system, audio signal generating method, program, and storage medium
WO2007142064A1 (en) * 2006-06-05 2007-12-13 Otodesigners Co., Ltd. Text data reproducing device for reproducing composite sound signal where text data is embedded in music data
US7348482B2 (en) 2001-01-23 2008-03-25 Yamaha Corporation Discriminator for differently modulated signals, method used therein, demodulator equipped therewith, method used therein, sound reproducing apparatus and method for reproducing original music data code
JP2008089848A (en) * 2006-09-29 2008-04-17 Yamaha Corp Lyric display system, karaoke device, and live music karaoke system
JP2008197268A (en) * 2007-02-09 2008-08-28 Yamaha Corp Data reproduction device, data reproduction method, and program
JP2008224707A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Yamaha Corp Electronic music device, broadcast content production device, electronic music device link system, and program used for them
JP2010276950A (en) * 2009-05-29 2010-12-09 Yamaha Corp Audio signal reproduction device and acoustic communication system
US8942388B2 (en) 2008-08-08 2015-01-27 Yamaha Corporation Modulation device and demodulation device

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001307428A (en) * 2000-04-20 2001-11-02 Yamaha Corp Recording method and recording medium for music information digital signal
US7348482B2 (en) 2001-01-23 2008-03-25 Yamaha Corporation Discriminator for differently modulated signals, method used therein, demodulator equipped therewith, method used therein, sound reproducing apparatus and method for reproducing original music data code
JP2002333881A (en) * 2001-05-09 2002-11-22 Aiwiru:Kk Recording medium
US7161079B2 (en) 2001-05-11 2007-01-09 Yamaha Corporation Audio signal generating apparatus, audio signal generating system, audio system, audio signal generating method, program, and storage medium
US7122731B2 (en) 2002-03-06 2006-10-17 Yamaha Corporation Musical information processing terminal, control method therefor, and program for implementing the method
WO2007142064A1 (en) * 2006-06-05 2007-12-13 Otodesigners Co., Ltd. Text data reproducing device for reproducing composite sound signal where text data is embedded in music data
JP4586787B2 (en) * 2006-09-29 2010-11-24 ヤマハ株式会社 Live performance karaoke system
JP2008089848A (en) * 2006-09-29 2008-04-17 Yamaha Corp Lyric display system, karaoke device, and live music karaoke system
JP2008197268A (en) * 2007-02-09 2008-08-28 Yamaha Corp Data reproduction device, data reproduction method, and program
JP4595947B2 (en) * 2007-02-09 2010-12-08 ヤマハ株式会社 Data reproducing apparatus, data reproducing method and program
JP2008224707A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Yamaha Corp Electronic music device, broadcast content production device, electronic music device link system, and program used for them
US8942388B2 (en) 2008-08-08 2015-01-27 Yamaha Corporation Modulation device and demodulation device
JP2010276950A (en) * 2009-05-29 2010-12-09 Yamaha Corp Audio signal reproduction device and acoustic communication system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5247126A (en) Image reproducing apparatus, image information recording medium, and musical accompaniment playing apparatus
US5454723A (en) Karaoke apparatus and method for medley playback
US5827990A (en) Karaoke apparatus applying effect sound to background video
JP2000156049A (en) Audio medium and medium reproducing device
US7525033B2 (en) Karaoke system which displays musical notes and lyrical content
JP3978909B2 (en) Karaoke equipment
JP4182590B2 (en) Mobile karaoke system
JP2000029472A (en) Karaoke machine
JP3010936B2 (en) Music player
JPH1195761A (en) Karaoke machine
JP2000137490A (en) Karaoke sing-along machine
JP3077420B2 (en) Karaoke equipment
JP2504264B2 (en) Audio device with video synthesis function
JPH07281687A (en) Video 'karaoke' singing equipment
JPH09311691A (en) Karaoke apparatus
JP3151353B2 (en) Video karaoke equipment
JP2002055688A (en) Karaoke equipment
JP3324864B2 (en) Video karaoke equipment
JP2548723Y2 (en) Music playback device
JP3000571U (en) Audio device with video synthesis function
JP2713247B2 (en) Sound playback device with video
JPH08160971A (en) Karaoke system
JP3000437U (en) Music playback device
JP3766305B2 (en) Recording medium, reproducing apparatus and reproducing method thereof
JPH0854889A (en) Video storage disk and video reproducing device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060711

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060911

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061024

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061225

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070731