JP2000154127A - Composition for oral cavity - Google Patents

Composition for oral cavity

Info

Publication number
JP2000154127A
JP2000154127A JP32739898A JP32739898A JP2000154127A JP 2000154127 A JP2000154127 A JP 2000154127A JP 32739898 A JP32739898 A JP 32739898A JP 32739898 A JP32739898 A JP 32739898A JP 2000154127 A JP2000154127 A JP 2000154127A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
calcium
trace
sodium
erythritol
fluoride
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32739898A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yasushi Fukuda
Kumiko Ushiogi
久美子 潮木
康 福田
Original Assignee
Lion Corp
ライオン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a composition for oral cavity having an excellent anticarious effect or recalcification-facilitative effect. SOLUTION: This composition is obtained by mixing a substance for providing fluoride ion and a substance for providing calcium ion or a fluoride ion and a substance for providing calcium ion with a polyhydric alcohol selected from erythritol, trehalose and trehalulose.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、う蝕予防・再石灰化効果の高い口腔用組成物に関する。 The present invention relates to relates to oral compositions having high caries prevention, remineralization effect.

【0002】 [0002]

【従来の技術】う蝕予防のために、従来からフッ素が広く活用され、大きな実績を残している。 Because of the Prior Art dental caries prevention, fluorine is widely used in the art, it has left a strong track record. その活用の形態には大きく分類して全身的応用と局所的応用があり、前者には水道水や食卓塩にフッ素を添加する方法やフッ素錠剤などが含まれ、後者にはフッ素を含む塗布剤、歯磨剤、洗口剤、歯間フロスなどが含まれる。 There are roughly classified to systemic applications and local applications to the use of form, the former on the information on how to or fluorine tablets adding fluorine to tap water and table salt, the latter in the coating agent containing fluorine , dentifrices, mouthwashes, and the like interdental floss. それぞれの方法には、有効性、術式の簡便性、コスト、安全性などの面で一長一短があり、様々な場面で使い分けられている。 Each method, efficacy, surgical technique of convenience, cost, there are advantages and disadvantages in terms of safety, it is selectively used in various scenes.

【0003】フッ素製剤の有効性や安定性の向上などに関する公知技術は、歯磨剤、洗口剤、塗布剤、錠剤、歯間フロスなどの剤型の違いごとに数多く報告されており、ある種の技術は複数の剤型で共通に活用できるものが多い。 [0003] known techniques for such efficacy and improved stability of the fluorine preparations, dentifrices, mouthwashes, coating agents, tablets, have been many reports for each difference in dosage forms such as interdental floss, some techniques many of them can be utilized in common by a plurality of dosage forms. 大部分の公知技術は、フッ素の有効性の向上、 Known techniques Most improvement of the effectiveness of fluorine,
或いは歯石や歯周病予防などの他機能と併用する際の両機能を確保する技術である。 Or a technique of ensuring both functions when used in combination with other features, such as tartar or periodontal disease prevention.

【0004】一方、最近では代用甘味剤としてキシリトールやエリスリトールなどが注目され、飴やガム、清涼飲料水などに配合されている。 On the other hand, in recent years, such as xylitol or erythritol is attracting attention as a substitute sweeteners, candy or gum, it is formulated such as soft drinks. このキシリトールを代表とする多価アルコールの機能としては、非発酵性、う蝕原因菌といわれるS. The functions of the polyhydric alcohol to the xylitol as a representative, non-fermentable, is said to UshokuHara jock S. mutansの増殖抑制、再石灰化促進作用などが報告されている。 Growth inhibition of mutans, such as remineralization promoting effect has been reported.

【0005】エリスリトールの非う蝕性効果に関する文献の中で、Kawanabeらの文献[Caries [0005] Among the literature on non-cariogenic effect of erythritol, Kawanabe et al [Caries
Res. Res. ,26,358−362(1992)]には、 , The 26,358-362 (1992)],
基質としてのエリスリトールの非う蝕性が開示されている。 Non-cariogenic erythritol as a substrate is disclosed. そこでは、エリスリトール、ショ糖又はでんぷんを含有する規定食をラットに与えた結果、エリスリトールは歯垢形成のための基質としては用いられなかったと結論された。 There, erythritol, result of diet containing sucrose or starch was given to rats, erythritol as a substrate for plaque formation was concluded that was used. 更に、連鎖球菌は乳酸を生成しなかったとされている。 Further, Streptococcus is the not produce lactic acid.

【0006】また、エリスリトールを用いた抗う蝕に関する公知技術としては、エリスリトールを含有するチューインガム、糖菓、アイスクリーム、炭酸飲料、口腔洗浄液を提供する技術(特開昭55−34098号公報、 [0006] Known technology relating to anti-caries using erythritol, chewing gum containing erythritol, confectionery, ice cream, carbonated beverage, a technique for providing a mouthwash (JP 55-34098, JP-
特開平10−33138号公報)などがあり、エリスリトールの抗う蝕性が、キシリトールのそれとかなり類似していることが示されている。 Include Hei 10-33138 discloses), anti-cariogenic erythritol have been shown to be quite similar to that of xylitol.

【0007】更に、トレハロース及びトレハルロースに関しては、それぞれ特開平7−163386号公報、特開平8−217784号公報及び特開平9−31311 Furthermore, with respect to trehalose and trehalulose, respectively Hei 7-163386, JP-A No. 8-217784 and JP-A No. 9-31311
7号公報において、S. In 7 JP, S. mutansなどのう蝕誘発菌によって発酵されにくく、う蝕誘発菌によるショ糖からの不溶性グルカン合成を阻害することから、抗う蝕性であることが示されている。 Hardly fermented by dental caries causing bacteria, such as mutans, since it inhibits the insoluble glucan synthesis from sucrose by dental caries causing bacteria has been shown to be anti-cariogenic.

【0008】ところで、ヒトの唾液中のカルシウム濃度は1.0〜3.0mM程度といわれ、更に多くのカルシウムイオンが存在すると、ハイドロキシアパタイトに対する飽和度が上昇し、脱灰の抑制、再石灰化が促進されることは以前から知られている。 By the way, the calcium concentration in human saliva is said about 1.0 to 3.0 mm, further the number of calcium ions present, saturation is increased with respect to hydroxyapatite, inhibition of demineralization, remineralization There be promoted have been known for a long time. 口腔内にカルシウムを供給する公知技術としては、歯垢で産生される酸の中和剤としてコロイド性炭酸カルシウムを用い、中和した結果Ca 2+イオンとして口腔内に放出される技術(特開平9−295924号公報)や、リン酸カルシウム系化合物と、卵殻、穀類粉末等を混合・発酵させ、液状化した物質を口腔内に用い、再石灰化の促進、歯の美白効果をもたらす技術(特開平8−319224号公報)等が知られている。 Known techniques for supplying calcium in the oral cavity, using a colloidal calcium carbonate as a neutralizing agent for the acid produced in dental plaque technique is released into the oral cavity as a neutralizing a result Ca 2+ ions (JP-A 9-295924 JP) and a calcium phosphate compound, eggshell, mixed-fermented cereal powder etc., using liquefied material in the oral cavity, promoting remineralization, techniques resulting in whitening effect of the tooth (JP 8-319224 JP), and the like.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】このように、従来からう蝕予防・再石灰化について種々の提案がなされているが、更にう蝕予防・再石灰化促進に対して有効な口腔用組成物が求められている。 THE INVENTION Problems to be Solved] Thus, for preventing dental caries, remineralization conventional Although various proposals have been made, more effective oral composition against dental caries prevention, remineralization there is a demand.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段及び発明の実施の形態】本発明者は、上記要望に応えるため鋭意検討を行った結果、フッ化物イオンを供給する物質とカルシウムイオンを供給する物質、又はフッ化物イオンとカルシウムイオンとを供給する物質と、エリスリトール、トレハロース及びトレハルロースから選ばれる多価アルコールとを併用することが、う蝕予防及び再石灰化促進に対して優れた効果を有することを知見し、本発明をなすに至ったものである。 [Embodiment means and invention to solve the Problems The present inventor has conducted extensive studies in order to meet the above requirements, supplying substances substances and calcium ions supplying fluoride ions, or fluoride ion and a substance supplying calcium ions, erythritol, be used in combination with a polyhydric alcohol selected from trehalose and trehalulose, and finding that it has an excellent effect on preventing dental caries and remineralization, in which the present invention has been accomplished.

【0011】即ち、上記多価アルコールは、カルシウムや特定の多価陽イオンと複合体を形成し、安定化させる性質を持っている。 [0011] That is, the polyhydric alcohol is complexed with calcium and certain polyvalent cations, has a property to stabilize. 歯科的な観点からすれば、多価アルコールの役割は、唾液中のカルシウムやリン酸イオンの安定剤として重要である。 From a dental standpoint, the role of polyhydric alcohol is important as a stabilizer of calcium and phosphate ions in saliva.

【0012】ところで、キシリトールは、ある種の唾液ペプチド(例;スタセリン)と同じように唾液中のカルシウムリン酸システムを安定化させる可能性がある(C By the way, xylitol, certain saliva peptide (Example; Sutaserin) is likely to stabilize the calcium phosphate system just as saliva and (C
alcif Tissue Int. alcif Tissue Int. 1984 36: 1984 36:
64−71)。 64-71). その結果、口腔内のCa−キシリトール複合体は、習慣的にキシリトールを摂取しているヒトにおいては、脱灰したエナメル質や象牙質のう蝕病巣の再石灰化に貢献していると報告されている。 As a result, Ca-xylitol complex in the mouth, in humans who are taking habitually xylitol, is reported to have contributed to the remineralization of carious lesions demineralized enamel and dentin ing.

【0013】しかしながら、カルシウムイオンとフッ化物イオンとエリスリトール、トレハロース又はトレハルロースを併用して、口腔内のカルシウム滞留性を向上し、優れたう蝕予防・再石灰化促進を与えることは知られておらず、本発明者は、う蝕予防・再石灰化の促進にはフッ素を用いること、かつカルシウムをプラークに滞留させ、歯質により一層のカルシウム供給を促すことでより高いう蝕予防効果・再石灰化促進効果を得ることに成功したものである。 [0013] However, calcium ions and fluoride ions and erythritol, trehalose or trehalulose in combination, to improve calcium retention in the oral cavity, he is known to provide excellent caries prevention, remineralization not, the present inventors, it uses fluorine to promote dental caries prevention, remineralization, and calcium to dwell plaque, high caries preventive effect, re than by encouraging more calcium supplied by tooth it is obtained by successfully obtained calcification promoting effect.

【0014】本発明によれば、カルシウムなどの陽イオンと複合体を形成し、安定化させる機能と非発酵性機能を併せて有するエリスリトール、トレハロース又はトレハルロース及び再石灰化を促進するカルシウムイオンを併用することにより、カルシウムのプラークヘの滞留性を向上させ、更に、優れたう蝕予防・再石灰化促進効果を持つフッ化物イオンを併用することにより、従来にない高いう蝕予防・再石灰化促進を達成することができる。 According to the invention, and form cation complexes such as calcium, erythritol having together a function of stabilizing a non-fermentable function, combination of calcium ions to promote trehalose or trehalulose and remineralization by improves the retention of Purakuhe calcium, further, better by a combination of fluoride ions with caries prevention, remineralization promoting effect, unprecedented high caries prevention, remineralization it can be achieved.

【0015】以下、本発明につき更に詳しく説明する。 [0015] In the following, more detailed description of the present invention.

【0016】本発明の口腔用組成物は、上述したように、多価アルコールとしてエリスリトール、トレハロース、トレハルロースの1種又は2種以上を含有する。 The oral compositions of the present invention, as described above, erythritol polyhydric alcohols, trehalose, containing one or more trehalulose.

【0017】ここで、上記多価アルコールは、メカニズムはそれぞれ異なるものの、ほぼ全てが非う蝕誘発性、 [0017] Here, the polyhydric alcohol, although the mechanism is different from each other, almost all non-caries-inducing,
Caなどの金属イオンとの複合体形成(金属イオンの安定化)が報告されている。 Complexation with metal ions, such as Ca (stabilization of metal ions) have been reported. その配合濃度は、組成物全体の0.1〜45%(重量%、以下同じ)が望ましい。 The formulation concentration is from 0.1 to 45% of the total composition (wt%, hereinafter the same) is preferred. なお、多価アルコール一般の性質として、一度に大量に摂取すると一過性の下痢を誘発する。 It should be noted that, as the nature of the polyhydric alcohol in general, to induce a large amount ingested and transient diarrhea at a time. 例えばエリスリトールは、小腸で吸収され、その90%以上は尿中に排出されるため、下痢の心配はないが、その他は一過性の下痢を誘発する。 For example erythritol is absorbed in the small intestine, for more than 90% is excreted in the urine, there is no fear of diarrhea and other induces transient diarrhea. 下痢を指標とした最大無作用量は、体重k The maximum no-effect level, which was used as an index diarrhea, weight k
gあたり0.3g前後であるとされている。 0.3g are said to be around per g. このことからすると、口腔用組成物としてその使用方法、配合量を考慮した場合、下痢の心配は全く無いものである。 From this fact, the method used as an oral composition, when considering the amount, worry diarrhea is quite free. また、これらの多価アルコールの製造方法などは、特に限定されない。 Furthermore, such manufacturing method of these polyhydric alcohols are not particularly limited.

【0018】また、本発明の口腔用組成物は、フッ化物イオンを供給する物質とカルシウムイオンを供給する物質、又はフッ化物イオンとカルシウムイオンとを同時に供給する物質を含有する。 Further, the oral compositions of the present invention, the fluoride ion material supplying material and calcium ions supplied, or at the same time contains a supply material and fluoride ions and calcium ions.

【0019】この場合、フッ化物イオンを供給する物質(フッ素化合物)としては、ナトリウム、カリウム、リチウムのモノフルオロリン酸塩、アルミニウムモノ及びジフルオロリン酸塩、各種イオン性フッ化物、特にナトリウム、リチウム、カリウム及びアンモニウムフッ化物のようなアルカリフッ化物、フッ化第一スズ、フッ化マンガン、フッ化銅、フッ化ジルコニウム、フッ化アルミニウム並びにこれらのフッ素化合物の混合物、アルカリマンガンフッ化物に代表される、付加物のような各種の塩などが挙げられ、これらの1種又は2種以上を使用することができる。 [0019] In this case, the supply fluoride ion material (fluorine compound), sodium, potassium, monofluorophosphate lithium, aluminum mono- and difluorophosphate, various ionic fluorides, particularly sodium, lithium , an alkali fluoride such as potassium and ammonium fluoride, stannous fluoride, manganese fluoride, copper fluoride, zirconium fluoride, a mixture of aluminum fluoride and these fluorine compounds, typified by alkali manganese fluorides , and various salts may be mentioned, such as adducts may be used one or two or more of these. 好ましくは、フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウムがよい。 Preferably, sodium fluoride, good sodium monofluorophosphate is.

【0020】また、カルシウムイオン供給化合物としては、水溶性カルシウム塩ないしはコロイド性カルシウム塩、即ち塩化カルシウム、コロイド性炭酸カルシウム、 Further, as the calcium ion-supplying compound, water-soluble calcium salts or colloidal calcium salts, i.e. calcium chloride, colloidal calcium carbonate,
硫酸カルシウム、硝酸カルシウム、ハイドロキシアパタイト、OCP、DCPD、酢酸カルシウム、クエン酸カルシウム、乳酸カルシウム、酪酸カルシウム、シュウ酸カルシウム、プロピオン酸カルシウム、グルコン酸カルシウム、パルミチン酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、オレイン酸カルシウム、酒石酸カルシウム、こはく酸カルシウム、パントテン酸カルシウム等が挙げられ、これらの1種又は2種以上を使用することができる。 Calcium sulfate, calcium nitrate, hydroxyapatite, OCP, DCPD, calcium acetate, calcium citrate, calcium lactate, calcium butyrate, calcium oxalate, calcium propionate, calcium gluconate, calcium palmitate, calcium stearate, calcium oleate, tartaric calcium, calcium succinate, calcium pantothenate and the like, can be used one or two or more of these. 好ましくは塩化カルシウム、コロイド性炭酸カルシウム、乳酸カルシウムがよい。 Preferably calcium chloride, colloidal calcium carbonate, it is calcium lactate.

【0021】更に、フッ化物イオンとカルシウムイオンを供給する物質としては、コロイド性カルシウム塩としてのフッ化カルシウム、モノフルオロリン酸カルシウム、フルオロアパタイト等があり、これらは1種単独でもしくは2種以上を併用して、又は上記フッ素イオン供給物質及び/又はカルシウムイオン供給物質と組み合わせて使用することができる。 Furthermore, as the material supplying fluoride ions and calcium ions, the calcium fluoride as a colloidal calcium salt, calcium monofluorophosphate, there is fluoroapatite like, which in combination singly or two or more to, or in combination with the fluorine ion supplying material and / or calcium ion supplying materials may be used.

【0022】なお、上記コロイド性カルシウム塩の平均一次粒子径は、50μm以下が好ましく、更に好ましくは、3μm以下がよい。 [0022] The average primary particle diameter of the colloidal calcium salt is preferably 50μm or less, more preferably, it is 3μm or less.

【0023】本発明において、フッ化物イオン濃度は、 [0023] In the present invention, the fluoride ion concentration,
一般的には10,000ppmを超えない濃度が好ましく、特に50〜1,500ppmが適している。 Preferably the concentration not exceeding 10,000ppm generally, especially 50~1,500ppm is suitable. また、 Also,
カルシウムイオン濃度は0.03〜20%、特に0.0 Calcium ion concentration from 0.03 to 20%, in particular 0.0
5〜10%とすることが好ましい。 It is preferable that 5 to 10%.

【0024】更に、上記以外の成分として、リン酸化合物も配合することができる。 Furthermore, as components other than the above can also be formulated phosphate compound. リン酸化合物としては、リン酸、リン酸アルミニウム、リン酸二アンモニウム、リン酸二カリウム、リン酸二水素カリウム、リン酸二水素アンモニウム、リン酸二水素ナトリウム、リン酸二ナトリウム等のリン酸塩、カゼイン、リン酸化デンプン、リン酸化セルロース、リン酸化グアーガム、リン酸化ローカストビーンガム、ミリスチルリン酸等が挙げられる。 Examples of the phosphoric acid compound, phosphoric acid, aluminum phosphate, diammonium phosphate, dipotassium phosphate, potassium dihydrogen phosphate, ammonium dihydrogen phosphate, sodium dihydrogen phosphate, phosphate salts such as disodium phosphate , casein, phosphorylated starch, phosphorylated cellulose, phosphorylated guar gum, phosphorylated locust bean gum, and the like Mirisuchirurin acid.
これらのリン酸化合物の配合量は、組成物全体の0.0 The amount of the phosphoric acid compound, of the total composition 0.0
1〜20%が好ましく、特に0.1〜10%が好ましい。 Preferably 1-20%, in particular 0.1% to 10% are preferred.

【0025】本発明の口腔用組成物は、歯磨剤、洗口剤或いは塗布剤などとして、又はチューインガムやトローチなどの食品の形態でも応用できる。 The oral compositions of the present invention, dentifrices, as such mouthwashes or coating agent, or can be applied in the form of food, such as chewing gums and lozenges. その際、多価アルコールとフッ素化合物、カルシウムイオン供給化合物とがあらかじめ一つの相に配合されて使用される形態、或いは両者がそれぞれ分離され、使用時に混合して使用される形態のいずれでもよい。 At that time, a polyhydric alcohol and a fluorine compound, the form in which the calcium ion supplying compound is used by being incorporated in advance one phase, or both are separated respectively, may be any form that is used by mixing at the time of use.

【0026】これらの口腔用組成物は、その種類、使用目的などに応じた適宜な成分を配合して調製でき、例えば歯磨剤などで使用できる研磨剤としては、従来から使用されている研磨剤用炭酸カルシウム、シリカ、水酸化アルミニウム、アルミナ、ピロリン酸カルシウム、不溶性メタリン酸ナトリウム、プラスチック粒子などがあるが、好ましくはフッ素と反応性の少ないもの、或いは反応性を低下させる処理を施したものがよい。 The compositions for these oral cavity, the type can be prepared by blending the appropriate components in accordance with the intended use, for example, as the polishing agents that may be used in such dentifrice abrasives which have been used conventionally use of calcium carbonate, silica, aluminum hydroxide, alumina, calcium pyrophosphate, insoluble sodium metaphosphate, there are such plastic particles, preferably with less reactivity with fluorine, or a good thing subjected to treatment for reducing the reactivity . これらの研磨剤は1種又は2種以上を併用し、常用量で用いることができる。 These abrasives in combination of one or two or more can be used in conventional amounts.

【0027】更に、上記化合物以外の種々の薬用成分も目的に応じて併用できる。 Furthermore, various medicinal components other than the above compounds may also used in combination depending on the purpose. 例えば、クロルヘキシジン、 For example, chlorhexidine,
トリクロサン、塩化セチルピリジニウム、塩化ベンゼトニウムなどの抗菌・殺菌剤、ピロリン酸塩、ポリリン酸塩、エタンヒドロキシホスフォン酸などの歯石予防剤、 Triclosan, cetylpyridinium chloride, antibacterial and disinfectant, such as benzethonium chloride, pyrophosphates, polyphosphates, anticalculus agents such as ethane hydroxyphosphonic sulfonic acid,
トラネキサム酸、グリチルリチン酸二カリウムなどの抗炎症剤、デキストラナーゼ、ムタナーゼ、リゾチームなどの酵素剤、ビタミンA,C,E,B 6 、パントテン酸塩などのビタミン類、グリシン、ヒスチジン、リジンなどのアミノ酸類、塩化ナトリウム、重曹などの収斂剤、 Tranexamic acid, an anti-inflammatory agent such as dipotassium glycyrrhizinate, dextranase, mutanase, enzymes such as lysozyme, vitamin A, C, E, B 6, vitamins such as pantothenic acid, glycine, histidine, such as lysine amino acids, sodium chloride, astringents, such as baking soda,
乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなどの知覚過敏防止剤、ザルコシネート、タンニン様物質などの抗酵素剤等と併用することもできる。 Aluminum lactate, hyperesthesia preventing agent, such as potassium nitrate, it may be used in combination sarcosinate, an anti-enzyme agent such as tannin-like substances.

【0028】本発明の口腔用組成物を歯磨剤、洗口剤として用いる場合には、上記成分以外にも下記に示した基剤を配合して調製することができる。 [0028] The oral compositions of the present invention dentifrice, when used as a mouthwash can be prepared by blending base shown below in addition to the above components.

【0029】即ち、バインダー又は有機性増粘剤として、カルボキシメチルセルロース、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、グアーガム、アルギン酸ナトリウム、プルロニック(商品名)、ガントレッツ(商品名)、ポリアクリル酸、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、シクロデキストリン、リン酸化デンプン、キチン・キトサン及びその硫酸化/リン酸化誘導体、カゼイン、ゼラチンなどが挙げられる。 [0029] That is, as a binder or organic thickeners, carboxymethylcellulose, xanthan gum, hydroxyethyl cellulose, guar gum, sodium alginate, Pluronic (trade name), GANTREZ (trade name), polyacrylic acid, polyvinyl alcohol, polyvinyl pyrrolidone, cyclo dextrin, phosphorylated starch, chitin-chitosan and its sulfated / phosphorylated derivatives, casein, and gelatin.

【0030】界面活性剤として、陽イオン系、陰イオン系、非イオン系、或いは両性系のいずれの活性剤も使用できる。 [0030] As the surfactant, cationic, anionic, nonionic, or any amphoteric systems can also be used. 例えば、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウロイルジエタノールアミド、ラウロイルザルコシネート、N− For example, sodium lauryl sulfate, lauroyl diethanolamide, lauroyl sarcosinate, N-
アシルグルタミン酸ナトリウム、モノステアリン酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、モノオレイン酸ソルビタンなどが挙げられる。 Sodium acyl glutamate, monostearate, sucrose fatty acid esters, polyoxyethylene hardened castor oil, such as sorbitan monooleate and the like.

【0031】また、保湿剤として、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリン等が挙げられる。 Further, as a humectant, a polyethylene glycol, propylene glycol, glycerin and the like.

【0032】その他の成分として、歯磨剤、洗口剤、塗布剤等には、アルコール、ジメチルシロキサン等のシリコーン性物質、防腐剤、着色剤、香料等も添加することができる。 [0032] Other ingredients, dentifrice, mouthwash, a coating agent or the like, alcohol, silicone material of dimethylsiloxane, preservatives, coloring agents, perfumes and the like can also be added.

【0033】歯磨剤のpHは、配合する原料の種類や配合量により適宜決められるが、口腔粘膜への刺激性から概ねpH6〜10が好ましい。 The pH of the dentifrice is appropriately determined by the type and amount of material to be blended, generally pH6~10 preferably from irritating the oral mucosa. その時用いられるpH調整剤は、塩酸などの鉱酸や、クエン酸などの有機酸、或いは水酸化ナトリウムなどの水酸化物、炭酸ナトリウムなどの可溶性炭酸塩などが使用できる。 pH adjusting agent used at that time, and mineral acids such as hydrochloric acid, organic acids such as citric acid, or hydroxide such as sodium hydroxide, soluble carbonates such as sodium carbonate can be used.

【0034】 [0034]

【発明の効果】本発明の口腔用組成物は、優れたう蝕予防効果、再石灰化促進効果を有する。 The oral composition of the present invention according to the present invention has excellent caries preventive effect, the remineralization promoting effect.

【0035】 [0035]

【実施例】以下、実験例と実施例を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の実施例に制限されるものではない。 EXAMPLES Hereinafter, Examples and Experimental Examples, but the present invention is described in detail, the present invention is not intended to be limited to the following examples. なお、下記例において%は重量%を示す。 Incidentally,% are by weight% in the following example.

【0036】[実験例]Blank(水)、コロイド性炭酸カルシウムのみ、NaF+コロイド性炭酸カルシウム、NaF+コロイド性炭酸カルシウム+エリスリトールの4群を用意し、それらをS. [0036] [Experimental Example] Blank (water), only colloidal calcium carbonate, NaF + colloidal calcium carbonate, prepared four groups of NaF + colloidal calcium carbonate + erythritol, they S. mutans mutans
からなる人工プラークに3分間処置し、生理食塩水で5 Treated artificial plaque 3 minutes consisting of 5 with saline
回すすいだ。 Rinsed times. その後人工プラークをかき集め、プラーク中のCaイオン濃度を測定した。 Then raking artificial plaque was measured Ca ion concentration in the plaque. なお、フッ化ナトリウム(NaF)は、F -として0.5ppm加え、また、 Incidentally, sodium fluoride (NaF) is, F - 0.5 ppm added as, also,
コロイド性炭酸カルシウムは0.1%、エリスリトールは15%を用いた。 Colloidal calcium carbonate 0.1%, erythritol was used 15%. 結果を図1に示す。 The results are shown in Figure 1.

【0037】図1の結果の通り、人工プラークに付着したカルシウム量は、Blank<コロイド性炭酸カルシウム単独<NaF+コロイド性炭酸カルシウム<NaF The results as in FIG. 1, the amount of calcium deposited on the artificial plaque, Blank <colloidal calcium alone <NaF + colloidal calcium carbonate <NaF
+コロイド性炭酸カルシウム+エリスリトールの順で大きくなった。 + Increased in the order of colloidal calcium carbonate + erythritol. 従って、カルシウム滞留性は、NaF+カルシウム+多価アルコールの系が最も優れていることを示している。 Therefore, the calcium retention indicate that NaF + calcium + systems polyhydric alcohol is most excellent. これは、エリスリトールとカルシウムが何らかの形で複合体を形成し、それがプラークに付着し、 This is erythritol and calcium form a complex in some way, it adheres to the plaque,
すすぎの際洗い流されずに残存していたためと考察される。 It is considered to be because remained without being washed away during rinsing.

【0038】また、上記実験例におけるエリスリトールの代わりにトレハロース、トレハルロースを単独で用いた場合、3種類の多価アルコールの中で2種類を混合して用いた場合も、ほぼ同等の結果を表1に示した。 Further, trehalose instead of erythritol in the above experimental example, when a trehalulose alone, even when used in a mixture of two of the three types of polyhydric alcohols, Table 1 almost the same results It was shown to.

【0039】 [0039]

【表1】 [Table 1]

【0040】次に、実施例を示すが、下記実施例において、防腐剤とはメチルパラベンや安息香酸など従来のものを指し、またサッカリンや防腐剤の項目で微量配合と表記した量は、概ね0.5%以下を意味する。 Next, show examples, in the following examples, the amounts and preservatives refers to the conventional, such as methyl paraben or benzoic acid, also it was referred to as trace blended in item saccharin or preservative is generally 0 It means .5% or less.

【0041】 [実施例1]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% シリカ 15.0 アルギン酸ナトリウム 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハロース 10.0 エリスリトール 10.0 塩化カルシウム 5.0 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0041] [Example 1] Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% silica 15.0 Sodium Alginate 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Trehalose 10.0 Erythritol 10.0 Calcium chloride 5.0 Sodium lauryl sulfate 1 .5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0042】 [実施例2]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 水酸化アルミニウム 20.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハルロース 5.0 エリスリトール 10.0 塩化カルシウム 8.0 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0042] [Example 2] Sodium 0.78% aluminum hydroxide dentifrice monofluorophosphate 20.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 trehalulose 5.0 erythritol 10.0 Calcium chloride 8.0 lauryl sulfate sodium 1.5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0043】 [実施例3]歯磨剤 フッ化ナトリウム 0.21% シリカ 15.0 アルギン酸ナトリウム 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 グリセリン 20.0 エリスリトール 15.0 乳酸カルシウム 3.0 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0043] [Example 3] Dentifrice Sodium Fluoride 0.21% silica 15.0 Sodium Alginate 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Glycerin 20.0 Erythritol 15.0 Calcium lactate 3.0 sodium lauryl sulfate 1.5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0044】 [実施例4]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 歯磨用炭酸カルシウム 20.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハロース 10.0 トレハルロース 20.0 グルコン酸カルシウム 1.5 リン酸化デンプン 0.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0044] [Example 4] Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% toothpaste for calcium carbonate 20.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Trehalose 10.0 trehalulose 20.0 Calcium gluconate 1.5 phosphorylated starch 0.5 sodium lauryl sulfate 1.5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0045】 [実施例5]歯磨剤 フッ化ナトリウム 0.21% シリカ 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 エリスリトール 20.0 コロイド性炭酸カルシウム 5.0 フルオロアパタイト 2.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 ムタナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0045] [Example 5] Dentifrice Sodium Fluoride 0.21% silica 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 erythritol 20.0 colloidal calcium carbonate 5.0 fluorapatite 2.5 Sodium lauryl sulfate 1.5 mutanase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0046】 [実施例6]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 歯磨用炭酸カルシウム 20.0 アルギン酸ナトリウム 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハロース 15.0 コロイド性炭酸カルシウム 4.0 ハイドロキシアパタイト 4.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0046] [Example 6] Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% toothpaste for calcium carbonate phosphate 20.0 Sodium alginate 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Trehalose 15.0 colloidal calcium carbonate 4.0 hydroxyapatite 4 .5 sodium lauryl sulfate 1.5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0047】 [実施例7]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 歯磨用リン酸水素カルシウム 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 グリセリン 20.0 トレハルロース 10.0 フッ化カルシウム 2.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 ムタナーゼ 0.4 デキストラナーゼ 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0047] [Example 7] Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% toothpaste for calcium hydrogen phosphate 18.0 carboxymethyl cellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Glycerin 20.0 trehalulose 10.0 Calcium Fluoride 2 .5 sodium lauryl sulfate 1.5 mutanase 0.4 dextranase 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0048】 [実施例8]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 水酸化アルミニウム 20.0 アルギン酸ナトリウム 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 エリスリトール 15.0 キシリトール 15.0 コロイド性炭酸カルシウム 1.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 ムタナーゼ 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0048] [Example 8] Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% aluminum hydroxide 20.0 Sodium alginate 1.5 Polyethylene glycol 3.0 erythritol 15.0 Xylitol 15.0 colloidal calcium carbonate 1.5 sodium lauryl sulfate 1.5 dextranase 0.4 mutanase 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0049】 [実施例9]歯磨剤 フッ化ナトリウム 0.11% モノフルオロリン酸ナトリウム 0.39 シリカ 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 グリセリン 20.0 エリスリトール 9.0 乳酸カルシウム 4.0 リン酸化デンプン 2.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 塩化セチルピリジニウム 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0049] [Example 9] dentifrice fluoride 0.11% sodium monofluorophosphate 0.39 Silica 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Glycerin 20.0 Erythritol 9.0 calcium lactate 4 .0 phosphorylated starch 2.5 sodium lauryl 1.5 cetylpyridinium chloride sulfate 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0050】 [実施例10]歯磨剤 フッ化ナトリウム 0.11% モノフルオロリン酸ナトリウム 0.39 シリカ 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハロース 15.0 キシリトール 5.0 塩化カルシウム 5.0 リン酸化セルロース 3.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 トリクロサン 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0050] [Example 10] Dentifrice Sodium fluoride 0.11% sodium monofluorophosphate 0.39 Silica 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Trehalose 15.0 Xylitol 5.0 Calcium chloride 5 .0 phosphocellulose 3.5 sodium lauryl sulfate 1.5 triclosan 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0051】 [実施例11]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 水酸化アルミニウム 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハルロース 15.0 コロイド性炭酸カルシウム 10.0 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 ムタナーゼ 0.4 塩化セチルピリジニウム 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0051] [Example 11] Sodium 0.78% aluminum hydroxide dentifrice monofluorophosphate 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 trehalulose 15.0 colloidal calcium carbonate 10.0 Sodium lauryl sulfate 1 .5 mutanase 0.4 cetyl pyridinium chloride 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0052】 [実施例12]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 歯磨用リン酸水素カルシウム 20.0 アルギン酸ナトリウム 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 エリスリトール 18.0 グルコン酸カルシウム 5.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 ムタナーゼ 0.3 トリクロサン 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0052] Example 12 Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% toothpaste for calcium hydrogen phosphate 20.0 Sodium Alginate 1.5 Polyethylene glycol 3.0 erythritol 18.0 calcium gluconate 5.5 lauryl sulfate sodium 1.5 dextranase 0.4 mutanase 0.3 triclosan 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0053】 [実施例13]歯磨剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% 軽質炭酸カルシウム 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 エリスリトール 25.0 クエン酸カルシウム 8.0 トレハロース 20.0 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0053] Example 13 Dentifrice monofluorophosphate Sodium 0.78% precipitated calcium carbonate 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Erythritol 25.0 Calcium citrate 8.0 trehalose 20.0 lauryl sodium sulfate 1.5 dextranase 0.3 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0054】 [実施例14]歯磨剤 フッ化ナトリウム 0.21% シリカ 18.0 カルボキシメチルセルロース 1.5 ポリエチレングリコール 3.0 トレハロース 10.0 酒石酸カルシウム 7.0 ミリスチルリン酸 1.5 ラウリル硫酸ナトリウム 1.5 デキストラナーゼ 0.4 香料 1.0 防腐剤 微量 サッカリン 微量精製水 残量計 100.0% [0054] Example 14 Dentifrice Sodium Fluoride 0.21% silica 18.0 carboxymethylcellulose 1.5 Polyethylene glycol 3.0 Trehalose 10.0 calcium tartrate 7.0 Mirisuchirurin acid 1.5 Sodium lauryl sulfate 1 .5 dextranase 0.4 perfume 1.0 preservative trace saccharin trace purified water balance total 100.0%

【0055】 [実施例15]洗口剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 エリスリトール 10.0 トリクロサン 0.03 塩化カルシウム 2.5 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.5 [0055] Example 15 mouthrinse 0.78% sodium monofluorophosphate Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 erythritol 10.0 Triclosan 0.03 Calcium chloride 2.5 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffering agents 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.5

【0056】 [実施例16]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.21% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 エリスリトール 9.0 デキストラナーゼ 0.4 乳酸カルシウム 5.0 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0056] [Example 16] 0.21% mouthwash fluoride Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 Erythritol 9.0 dextranase 0.4 Calcium lactate 5.0 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffering agents 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0057】 [実施例17]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.1% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 ノニオン活性剤 1.0 エリスリトール 20.0 トレハロース 15.0 グルコン酸カルシウム 4.0 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.0 [0057] Example 17 mouthrinse Sodium fluoride 0.1% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 nonionic active agent 1.0 erythritol 20.0 trehalose 15.0 Calcium gluconate 4.0 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffer 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.0

【0058】 [実施例18]洗口剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.39% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 ノニオン活性剤 1.0 トレハルロース 18.0 トレハロース 10.0 コロイド性炭酸カルシウム 5.0 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0058] Example 18 mouthrinse monofluorophosphate Sodium 0.39% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 nonionic active agent 1.0 trehalulose 18.0 Trehalose 10.0 colloidal calcium carbonate 5.0 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffer 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0059】 [実施例19]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.05% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 ノニオン活性剤 1.0 エリスリトール 15.0 コロイド性炭酸カルシウム 7.0 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.0 [0059] Example 19 mouthrinse Sodium Fluoride 0.05% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 nonionic active agent 1.0 erythritol 15.0 colloidal calcium carbonate 7.0 carboxymethylcellulose 0 .1 pH buffering agent 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.0

【0060】 [実施例20]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.05% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 トリクロサン 0.3 トレハロース 10.0 コロイド性炭酸カルシウム 8.0 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0060] Example 20 mouthrinse Sodium Fluoride 0.05% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 Triclosan 0.3 trehalose 10.0 colloidal calcium carbonate 8.0 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffering agents 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0061】 [実施例21]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.05% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 トレハロース 10.0 フッ化カルシウム 3.0 リン酸化デンプン 1.5 デキストラナーゼ 0.3 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.5 [0061] [Example 21] 0.05% mouthwash fluoride Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 Trehalose 10.0 calcium fluoride 3.0 phosphorylated starch 1.5 dextranase 0 .3 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffer 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.5

【0062】 [実施例22]洗口剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.20% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 トレハルロース 9.0 パントテン酸カルシウム 4.5 カゼイン 0.8 デキストラナーゼ 0.4 ムタナーゼ 0.4 カルボキシメチルセルロース 0.1 香料 0.3 pH緩衝剤 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0062] Example 22 mouthrinse monofluorophosphate Sodium 0.20% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 trehalulose 9.0 Calcium pantothenate 4.5 Casein 0.8 dextranase 0 .4 mutanase 0.4 carboxymethylcellulose 0.1 perfume 0.3 pH buffer 0.3 preservatives trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0063】 [実施例23]洗口剤 モノフルオロリン酸ナトリウム 0.10% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 トレハルロース 25.0 クエン酸カルシウム 5.0 デキストラナーゼ 0.3 カルボキシメチルセルロース 0.1 pH緩衝剤 0.3 香料 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.5 [0063] Example 23 mouthrinse monofluorophosphate Sodium 0.10% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 trehalulose 25.0 Calcium citrate 5.0 dextranase 0.3 carboxymethylcellulose 0.1 pH buffer 0.3 perfume 0.3 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.5

【0064】 [実施例24]洗口剤 フッ化ナトリウム 0.05% グリセリン 1.0 エタノール 2.0 サッカリン 0.01 エリスリトール 30.0 コロイド性炭酸カルシウム 6.0 デキストラナーゼ 0.3 ムタナーゼ 0.4 カルボキシメチルセルロース 0.1 香料 0.3 pH緩衝剤 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0064] [Example 24] mouthwash Sodium Fluoride 0.05% Glycerin 1.0 Ethanol 2.0 Saccharin 0.01 erythritol 30.0 colloidal calcium carbonate 6.0 dextranase 0.3 mutanase 0. 4 carboxymethyl cellulose 0.1 perfume 0.3 pH buffer 0.3 preservatives trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0065】 [実施例25]無研磨ゲル フッ化ナトリウム 0.21% グリセリン 25.0 エリスリトール 5.0 サッカリン 0.01 乳酸カルシウム 5.0 ノニオン活性剤 1.0 カルボキシメチルセルロース 3.0 pH緩衝剤 0.3 香料 1.5 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.5 [0065] [Example 25] unpolished gel Sodium fluoride 0.21% Glycerin 25.0 erythritol 5.0 Saccharin 0.01 Calcium lactate 5.0 nonionic active agent 1.0 carboxymethylcellulose 3.0 pH buffer 0 .3 perfume 1.5 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.5

【0066】 [実施例26]無研磨ゲル モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% グリセリン 20.0 エリスリトール 10.0 トレハロース 10.0 塩化カルシウム 6.0 サッカリン 0.01 ノニオン活性剤 1.0 カルボキシメチルセルロース 2.5 香料 1.0 pH緩衝剤 0.3 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0066] [Example 26] unpolished gel 0.78% sodium monofluorophosphate Glycerin 20.0 Erythritol 10.0 trehalose 10.0 Calcium chloride 6.0 Saccharin 0.01 nonionic active agent 1.0 carboxymethylcellulose 2 .5 perfume 1.0 pH buffer 0.3 preservatives trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【0067】 [実施例27]無研磨ゲル フッ化ナトリウム 0.21% グリセリン 25.0 エリスリトール 20.0 トレハルロース 5.0 サッカリン 0.01 コロイド性炭酸カルシウム 6.0 ノニオン活性剤 1.0 カルボキシメチルセルロース 3.0 pH緩衝剤 0.3 香料 1.5 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 8.0 [0067] [Example 27] unpolished gel Sodium fluoride 0.21% Glycerin 25.0 erythritol 20.0 trehalulose 5.0 Saccharin 0.01 colloidal calcium carbonate 6.0 nonionic active agent 1.0 carboxymethylcellulose 3 .0 pH buffering agent 0.3 perfume 1.5 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 8.0

【0068】 [実施例28]無研磨ゲル モノフルオロリン酸ナトリウム 0.78% グリセリン 20.0 トレハロース 5.0 トレハルロース 15.0 サッカリン 0.01 コロイド性炭酸カルシウム 10.0 ノニオン活性剤 1.0 カルボキシメチルセルロース 2.5 pH緩衝剤 0.3 香料 1.0 防腐剤 微量 pH調整剤 微量 色素 微量精製水 残量計 100.0% pH 7.5 [0068] [Example 28] unpolished gel monofluorophosphate Sodium 0.78% Glycerin 20.0 trehalose phosphate 5.0 trehalulose 15.0 Saccharin 0.01 colloidal calcium carbonate 10.0 Nonionic active agent 1.0 carboxy methylcellulose 2.5 pH buffer 0.3 perfume 1.0 preservative trace pH adjusting agent trace dye trace purified water balance total 100.0% pH 7.5

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】ブランク、コロイド性炭酸カルシウム、コロイド性炭酸カルシウムとフッ化ナトリウム、及びコロイド性炭酸カルシウムとフッ化ナトリウムとエリスリトールをそれぞれ用いた系における人工プラーク付着カルシウム量を示すグラフである。 [1] blank is a graph showing colloidal calcium carbonate, sodium fluoride and colloidal calcium carbonate, and the artificial plaque deposition amount of calcium in the colloidal calcium and sodium fluoride carbonate and erythritol system using respectively.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 4C083 AB172 AB222 AB291 AB292 AB321 AB322 AB341 AB342 AB361 AB471 AB472 AC102 AC122 AC131 AC132 AC241 AC242 AC301 AC302 AC642 AC692 AC782 AC812 AC862 AD042 AD242 AD272 AD302 AD422 AD472 CC41 EE32 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of continued F-term (reference) 4C083 AB172 AB222 AB291 AB292 AB321 AB322 AB341 AB342 AB361 AB471 AB472 AC102 AC122 AC131 AC132 AC241 AC242 AC301 AC302 AC642 AC692 AC782 AC812 AC862 AD042 AD242 AD272 AD302 AD422 AD472 CC41 EE32

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 フッ化物イオンを供給する物質とカルシウムイオンを供給する物質、又はフッ化物イオンとカルシウムイオンとを供給する物質と、エリスリトール、トレハロース及びトレハルロースから選ばれる多価アルコールとを含有することを特徴とする口腔用組成物。 1. A contain substances supplying material and calcium ions supplying fluoride ions, or and a material supplying fluoride ions and calcium ions, erythritol, and a polyhydric alcohol selected from trehalose and trehalulose oral composition according to claim.
JP32739898A 1998-11-18 1998-11-18 Composition for oral cavity Pending JP2000154127A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32739898A JP2000154127A (en) 1998-11-18 1998-11-18 Composition for oral cavity

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32739898A JP2000154127A (en) 1998-11-18 1998-11-18 Composition for oral cavity

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000154127A true true JP2000154127A (en) 2000-06-06

Family

ID=18198715

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32739898A Pending JP2000154127A (en) 1998-11-18 1998-11-18 Composition for oral cavity

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000154127A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002080946A1 (en) * 2001-04-02 2002-10-17 Wakamoto Pharmaceutical Co.,Ltd. Compositions for preventing and/or treating oral diseases
JP2005104911A (en) * 2003-09-30 2005-04-21 Sunstar Inc Oral composition
JP2005330269A (en) * 2004-04-21 2005-12-02 Oji Paper Co Ltd Liquid oral cavity composition having recalcification effect
WO2006043621A1 (en) * 2004-10-20 2006-04-27 Kao Corporation Liquid compositions for oral cavity
JP2006117573A (en) * 2004-10-20 2006-05-11 Kao Corp Liquid composition for oral cavity
JP2006306768A (en) * 2005-04-27 2006-11-09 Sunstar Inc Sterilization composition for oral cavity and throat
WO2008010517A1 (en) * 2006-07-20 2008-01-24 National University Corporation Okayama University Oral composition for dental purposes
WO2009091001A1 (en) * 2008-01-17 2009-07-23 Kuraray Medical Inc. Dental oral composition
JP2009179631A (en) * 2001-02-28 2009-08-13 Ezaki Glico Co Ltd Composition having anti-caries function
JP2011225621A (en) * 2011-08-08 2011-11-10 Kao Corp Composition for oral cavity
US8444958B2 (en) 2001-02-28 2013-05-21 Ezaki Glico Co., Ltd. Compositions having anti-dental caries function
JP2014526542A (en) * 2011-09-23 2014-10-06 ツ,クリストファー,ルイス Powder for dental powder blast

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009179631A (en) * 2001-02-28 2009-08-13 Ezaki Glico Co Ltd Composition having anti-caries function
US8444958B2 (en) 2001-02-28 2013-05-21 Ezaki Glico Co., Ltd. Compositions having anti-dental caries function
WO2002080946A1 (en) * 2001-04-02 2002-10-17 Wakamoto Pharmaceutical Co.,Ltd. Compositions for preventing and/or treating oral diseases
JP2005104911A (en) * 2003-09-30 2005-04-21 Sunstar Inc Oral composition
JP4683988B2 (en) * 2004-04-21 2011-05-18 王子コーンスターチ株式会社 Liquid oral composition having remineralizing effect
JP2005330269A (en) * 2004-04-21 2005-12-02 Oji Paper Co Ltd Liquid oral cavity composition having recalcification effect
WO2006043621A1 (en) * 2004-10-20 2006-04-27 Kao Corporation Liquid compositions for oral cavity
JP2006117573A (en) * 2004-10-20 2006-05-11 Kao Corp Liquid composition for oral cavity
US8236286B2 (en) 2004-10-20 2012-08-07 Kao Corporation Liquid compositions for the oral cavity
JP4681269B2 (en) * 2004-10-20 2011-05-11 花王株式会社 Liquid oral compositions
JP2006306768A (en) * 2005-04-27 2006-11-09 Sunstar Inc Sterilization composition for oral cavity and throat
US8147807B2 (en) 2006-07-20 2012-04-03 National University Corporation Okayama University Oral composition for dental purposes
WO2008010517A1 (en) * 2006-07-20 2008-01-24 National University Corporation Okayama University Oral composition for dental purposes
WO2009091001A1 (en) * 2008-01-17 2009-07-23 Kuraray Medical Inc. Dental oral composition
CN101909589B (en) 2008-01-17 2012-12-26 国立大学法人冈山大学 Dental oral composition
JP5382803B2 (en) * 2008-01-17 2014-01-08 国立大学法人 岡山大学 Dental composition for oral use
US8999298B2 (en) 2008-01-17 2015-04-07 National University Corporation Okayama University Dental oral composition
JP2011225621A (en) * 2011-08-08 2011-11-10 Kao Corp Composition for oral cavity
JP2014526542A (en) * 2011-09-23 2014-10-06 ツ,クリストファー,ルイス Powder for dental powder blast

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5833954A (en) Anti-carious chewing gums, candies, gels, toothpastes and dentifrices
US5281412A (en) Oral compositions
US5605676A (en) Oral composition exhibiting improved uptake and retention of antibacterial compounds on dental tissue surfaces
US4415550A (en) Treatment-and-prophylactic tooth paste possessing anticarious effect
US3976765A (en) Antibacterial oral preparations
US4933171A (en) Oral compositions
US4689214A (en) Composition to counter breath odor
US6416745B1 (en) Dental composition for treating hypersensitive teeth
US4902497A (en) Oral compositions
US5089255A (en) Dental remineralization
US5213790A (en) Methods of reducing plaque and gingivitis with reduced staining
US5073363A (en) Foamable fluoride gels and method
US5385727A (en) Dentifrices containing zinc oxide particles and sodium bicarbonate
US4138477A (en) Composition to control mouth odor
US5188820A (en) Method of inhibiting plaque on teeth by applying an oral composition
US5681548A (en) Oral formulations
US4902498A (en) Oral compositions
US5064640A (en) Anticariogenic compositions
US6464963B1 (en) Desensitizing dentifrice containing potassium and tin salts
US6200550B1 (en) Oral care compositions comprising coenzyme Q10
US5094843A (en) Antimicrobial toothpaste
US5693314A (en) Two component dentifrice for the treatment of dentinal hypersensitivity
US5296214A (en) Anticalculus composition
US6207139B1 (en) Anti-tartar dental product and related method
US4183914A (en) Magnesium polycarboxylate complexes and anticalculus agents