JP2000153973A - エレベ−タ装置 - Google Patents

エレベ−タ装置

Info

Publication number
JP2000153973A
JP2000153973A JP10329179A JP32917998A JP2000153973A JP 2000153973 A JP2000153973 A JP 2000153973A JP 10329179 A JP10329179 A JP 10329179A JP 32917998 A JP32917998 A JP 32917998A JP 2000153973 A JP2000153973 A JP 2000153973A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
elevator
counterweight
elevator car
hoisting machine
suspended
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10329179A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4157631B2 (ja
Inventor
Tatsuo Saka
達雄 坂
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NIPPON ELEVATOR Manufacturing CO Ltd
Original Assignee
NIPPON ELEVATOR Manufacturing CO Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NIPPON ELEVATOR Manufacturing CO Ltd filed Critical NIPPON ELEVATOR Manufacturing CO Ltd
Priority to JP32917998A priority Critical patent/JP4157631B2/ja
Publication of JP2000153973A publication Critical patent/JP2000153973A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4157631B2 publication Critical patent/JP4157631B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)
  • Cage And Drive Apparatuses For Elevators (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 エレベ−タシャフト内の空間を有効利用して
建築空間をさらに節約して省スペ−ス化を図り、防振構
造を容易に実現でき、構成資材をも削減できる経済的な
エレベ−タを提供する。 【解決手段】 エレベ−タカ−1とカウンタウエイト2
の案内レ−ル3、4間の最上部に薄型巻上機械装置6を
吊り下げ支持してなり、該薄型巻上機械装置6に係合さ
れた巻上げロ−プ5の一端5aが前記カウンタウエイト
2を支持する転向プ−リ19に係合させられてその先端
がエレベ−タカ−1とカウンタウエイト2の案内レ−ル
3、4の最上部位置に連結されるとともに、前記巻上げ
ロ−プ5の他端5bがエレベ−タカ−1の底部の両側に
設けた転向プ−リ20、21に係合されてエレベ−タカ
−1の底部を横断してエレベ−タカ−1とカウンタウエ
イト2の案内レ−ル3、4の最上部位置に連結されてな
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、巻上機械室を不要
にしたエレベ−タ装置、特にエレベ−タシャフト内の空
間を有効利用した経済的なエレベ−タ装置に関する。
【0002】
【従来の技術】屋上等に突出させて設けられる巻上機械
室等を不要にしたエレベ−タ装置として、従来、昇降体
の外方に頂部が最上階の昇降体の天井高さより低く配設
されたガイドレ−ルを設けると共に、このガイドレ−ル
の頂部に取付台を固定し、この取付台上に昇降体の駆動
装置を配置した小型エレベ−タ装置(実開昭63−11
9579号)、エレベ−タロ−プを駆動するエレベ−タ
モ−タとトラクションシ−ブを一体にした機械装置をエ
レベ−タシャフトの頂上部であって、エレベ−タカ−が
その通路上に必要とするシャフト空間および(または)
エレベ−タカ−が必要とするシャフト空間の頂上方向の
延長部と該エレベ−タシャフトの壁との間の空間に配置
したトラクションエレベ−タ(特許第2593288号
公報)等が提供されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、エレベ−タ
シャフト内の空間を有効利用して建築空間をさらに節約
して省スペ−ス化を図り、防振構造を容易に実現でき、
構成資材をも削減できる経済的なエレベ−タ装置を提供
することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するた
め、本願請求項1は、エレベ−タカ−とカウンタウエイ
トの案内レ−ル間の最上部に薄型巻上機械装置を吊り下
げ支持した構成としたものである。
【0005】この請求項1によれば、薄型巻上機械装置
が吊り下げ支持されることになるため、前記薄型巻上機
械装置の重心が低くなり、安定性が確保され、しかも構
成資材を削減できる。
【0006】すなわち、例えば、巻上機械装置をエレベ
−タシャフト内等の適位置に設けた取付台上等に配置す
る場合には、前記巻上機械装置の重心は前記取付台の上
方になるため、倒れ防止、その他安定支持のために各種
資材等が必要となるものである。
【0007】請求項2は、前記薄型巻上機械装置を固定
子と磁気的に結合させた回転子の外周面をトラクション
シ−ブに構成したモ−タとするものである。すなわち、
モ−タの回転子即トラクションシ−ブの構成とするもの
である。この請求項2によれば、巻上機械装置を薄型小
型化でき省スペ−ス化が可能であるとともに、本発明の
特徴である吊り下げ支持が極めて容易となる。
【0008】請求項3は、エレベ−タカ−とカウンタウ
エイトの案内レ−ルの上端間に装着ビ−ムを懸架し、該
装着ビ−ムに前記薄型巻上機械装置を吊り下げ支持する
ものである。
【0009】この請求項3によれば、例えば、一本の案
内レ−ル、あるいはエレベ−タシャフトの壁面、あるい
はそれらの間に吊り下げブラケット等を設けて吊り下げ
支持する場合に比べて薄型巻上機械装置の吊り下げ状態
が安定させられ、さらにレ−ル自体も安定させられる。
【0010】請求項4は、エレベ−タカ−とカウンタウ
エイトの案内レ−ル上端と装着ビ−ム間に防振材を介在
させたものである。この請求項4によれば、容易に防
振、防音、防震のための構造とすることができる。
【0011】請求項5は、装着ビ−ムと薄型巻上機械装
置の吊り下げブラケット間に防振材を介在させたもので
ある。この請求項5によれば、前記請求項4と同様に、
容易に防振、防音、防震のための構造とすることができ
る。
【0012】請求項6は、エレベ−タカ−とカウンタウ
エイト案内レ−ル上端と装着ビ−ム間に防振材を介在さ
せた前記請求項5に記載のエレベ−タ装置である。すな
わち、前記請求項4と5に記述の二か所に防振材を介在
させるものであり、さらに防振、防音、防震効果を高め
ることができる。
【0013】請求項7は、吊り下げ支持された薄型巻上
機械装置に係合された巻上げロ−プの一端がカウンタウ
エイトを支持する転向プ−リに係合させられてその先端
がエレベ−タカ−とカウンタウエイトの案内レ−ルの最
上部位置に連結されるとともに、前記巻上げロ−プの他
端がエレベ−タカ−底部の両側に設けた転向プ−リに係
合させられてエレベ−タカ−の底部を横断してエレベ−
タカ−とカウンタウエイトの案内レ−ルの最上部位置に
連結させられてなるエレベ−タ装置である。
【0014】この請求項7によれば、従来の機械装置を
備えたエレベ−タのエレベ−タカ−及び安全装置フレ−
ムをそのまま適用して、いわゆるマシンレスエレベ−タ
を提供することができる
【0015】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の一形態を説
明する。図1は本発明のエレベ−タ装置の要部斜視図、
図2は図1の側面図、図3乃至図5は本発明の他の実施
の一形態を示し、図3は要部斜視図、図4は図3の側面
図、図5は図4の一部拡大図、図6は薄型巻上機械装置
の実施の一形態を示す縦断面図である。
【0016】図1及び図2において、1はエレベ−タカ
−、2はカウンタウエイト、3はそれぞれエレベ−タカ
−1の案内レ−ル、4はそれぞれカウンタウエイトの案
内レ−ル、5は巻上げロ−プである。
【0017】本発明では、前記エレベ−タカ−1とカウ
ンタウエイト2の案内レ−ル3と4の間の最上部に薄型
巻上機械装置6が吊り下げ支持される。図面実施の形態
では、前記エレベ−タカ−1の一方の案内レ−ル3と前
記カウンタウエイト2の一方の案内レ−ル4の上端間に
装着ビ−ム7が懸架され、該装着ビ−ム7に前記薄型巻
上機械装置6が吊り下げブラケット8により支持固定さ
れている。
【0018】さらに、好ましくは、前記はエレベ−タカ
−1とカウンタウエイト2の案内レ−ル4、5の上端と
その間に懸架された前記装着ビ−ム7間に防振材9が介
在させられる。図中、10は扉、11は制御盤、12は
インバ−タである。
【0019】なお、前記薄型巻上機械装置6は、好まし
くは、固定子と磁気的に結合させた回転子の外周面をト
ラクションシ−ブに構成した薄型モ−タが使用される。
【0020】すなわち、前記薄型巻上機械装置6は、例
えば、図6に示すように吊り下げブラケット8を兼ねる
固定子13と磁気的に結合された回転子14からなり、
該回転子14が外周面が前記巻上げロ−プ溝15を有す
るトラクションシ−ブ16に構成されている。図中、1
7は前記固定子13側コア−及び巻線、18は回転子側
励磁装置、22はディスクブレ−キである。
【0021】前記構成において、前記薄型巻上機械装置
6に係合された巻上げロ−プ5の一端がカウンタウエイ
ト2を支持する転向プ−リ19に係合させられてその先
端5aがエレベ−タカ−1とカウンタウエイト2の案内
レ−ル3、4の最上部位置に連結される。
【0022】さらに前記巻上げロ−プ5の他端5bがエ
レベ−タカ−1の底部の両側に設けた転向プ−リ20、
21に係合させられて前記エレベ−タカ−1の底部を横
断してエレベ−タカ−1とカウンタウエイト2の案内レ
−ル3、4の最上部位置に連結される。
【0023】図3乃至4は、他の実施の形態を示し、前
記実施の形態と同部材には同符号を付してある。前記図
1及び図2の実施の形態と異なる点は、防振材9を前記
装着ビ−ム7と前記薄型巻上機械装置6の吊り下げブラ
ケット8間に介在させたものである。
【0024】すなわち、予め、前記薄型巻上機械装置6
の吊り下げブラケット8を略T字形に構成し、装着ビ−
ム7側に該略T字形の吊り下げブラケット8の頭部8a
が係止する係止部7aを設け、該係止部7aと前記略T
字形の吊り下げブラケット8間に前記防振材9を介在さ
せたものである。もっとも、該防振材9とともに前記エ
レベ−タカ−1とカウンタウエイト2の案内レ−ル3、
4上端と装着ビ−ム7間にも防振材9を設けてもよい。
【0025】
【発明の効果】本発明によれば、エレベ−タシャフト内
の空間を有効利用して建築空間を節約して省スペ−ス化
を図り、防振構造を容易に実現でき、構成資材をも削減
でき、経済的である効果を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係るエレベ−タ装置の実施の一形態を
示す要部斜視図である。
【図2】図1の側面図である。
【図3】本発明の他の実施の一形態を示すエレベ−タ装
置の要部斜視図である。
【図4】図3の側面図である。
【図5】図4の一部拡大図である。
【図6】薄型巻上機械装置の一実施の形態を示す縦断面
図である。
【符号の説明】
1 エレベ−タカ− 2 カウンタウエイト 3 (エレベ−タウエイトの)案内レ−ル 4 (カウンタウエイトの)案内レ−ル 5 巻上ロ−プ 6 薄型巻上機械装置 7 装着ビ−ム 8 吊り下げブラケット 9 防振材 19 転向プ−リ 20 転向プ−リ 21 転向プ−リ
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成10年12月1日(1998.12.
1)
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0014
【補正方法】変更
【補正内容】
【0014】この請求項7によれば、従来の機械装置を
備えたエレベ−タのエレベ−タカ−及び安全装置フレ−
ムをそのまま適用して、いわゆるマシンルームレスエレ
ベ−タを提供することができる。 ─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成10年12月24日(1998.12.
24)
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0024
【補正方法】変更
【補正内容】
【0024】すなわち、予め、前記薄型巻上機械装置6
の吊り下げブラケット8を略T字形に構成し、装着ビー
ム7側に該略T字形の吊り下げブラケット8の頭部8a
が係止する係止部7aを設け、該係止部7aと前記略T
字形の吊り下げブラケット8の頭部8a間に前記防振材
9を介在させたものである。もっとも、該防振材9とと
もに前記エレベータカー1とカウンタウエイト2の案内
レール3、4上端と装着ビーム7間にも防振材9を設け
てもよい。
【手続補正2】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】図面の簡単な説明
【補正方法】変更
【補正内容】
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明にかかるエレベータ装置の実施の一形態
を示す要部斜視図である。
【図2】図1の側面図である。
【図3】本発明の他の実施の一形態を示すエレベータ装
置の要部斜視図である。
【図4】図3の側面図である。
【図5】図4の一部拡大図である。
【図6】薄型巻上機械装置の一実施の形態を示す縦断面
図である。
【符号の説明】 1 エレベータカー 2 カウンタウエイト 3 (エレベータカーの)案内レール 4 (カウンタウエイトの)案内レール 5 巻上ロープ 6 薄型巻上機械装置 7 装着ビーム 8 吊り下げブラケット 9 防振材 19 転向プーリ 20 転向プーリ 21 転向プーリ
【手続補正3】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図5
【補正方法】変更
【補正内容】
【図5】

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 エレベ−タカ−とカウンタウエイトの案
    内レ−ル間の最上部に薄型巻上機械装置を吊り下げ支持
    したことを特徴とするエレベ−タ装置。
  2. 【請求項2】 薄型巻上機械装置が固定子と磁気的に結
    合させた回転子の外周面をトラクションシ−ブに構成し
    たモ−タであることを特徴とする請求項1に記載のエレ
    ベ−タ装置。
  3. 【請求項3】 エレベ−タカ−とカウンタウエイトの案
    内レ−ルの上端間に装着ビ−ムが懸架され、該装着ビ−
    ムに薄型巻上機械装置が吊り下げ支持されたことを特徴
    とする請求項1又は2に記載のエレベ−タ装置。
  4. 【請求項4】 エレベ−タカ−とカウンタウエイトの案
    内レ−ル上端と装着ビ−ム間に防振材を介在させたこと
    を特徴とする請求項3に記載のエレベ−タ装置。
  5. 【請求項5】 装着ビ−ムと薄型巻上機械装置の吊り下
    げブラケット間に防振材を介在させたことを特徴とする
    請求項3に記載のエレベ−タ装置。
  6. 【請求項6】 エレベ−タカ−とカウンタウエイトの案
    内レ−ル上端と装着ビ−ム間に防振材を介在させたこと
    を特徴とする請求項5に記載のエレベ−タ装置。
  7. 【請求項7】 吊り下げ支持された薄型巻上機械装置に
    係合された巻上げロ−プの一端がカウンタウエイトを支
    持する転向プ−リに係合させられてその先端がエレベ−
    タカ−とカウンタウエイトの案内レ−ルの最上部位置に
    連結されるとともに、前記巻上げロ−プの他端がエレベ
    −タカ−底部の両側に設けた転向プ−リに係合させられ
    てエレベ−タカ−の底部を横断してエレベ−タカ−とカ
    ウンタウエイトの案内レ−ルの最上部位置に連結されて
    なることを特徴とする請求項1、2、3、4、5又は6
    に記載のエレベ−タ装置。
JP32917998A 1998-11-19 1998-11-19 エレベ−タ装置 Expired - Fee Related JP4157631B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32917998A JP4157631B2 (ja) 1998-11-19 1998-11-19 エレベ−タ装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32917998A JP4157631B2 (ja) 1998-11-19 1998-11-19 エレベ−タ装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000153973A true JP2000153973A (ja) 2000-06-06
JP4157631B2 JP4157631B2 (ja) 2008-10-01

Family

ID=18218543

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32917998A Expired - Fee Related JP4157631B2 (ja) 1998-11-19 1998-11-19 エレベ−タ装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4157631B2 (ja)

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001081227A1 (fr) * 2000-04-24 2001-11-01 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
JP2002145555A (ja) * 2000-11-08 2002-05-22 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
JP2002179355A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
JP2002179356A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
WO2002079068A1 (fr) * 2001-03-29 2002-10-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Mecanisme de fixation pour monte-charge
WO2003008318A1 (fr) * 2001-07-11 2003-01-30 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
WO2003020628A1 (fr) * 2001-08-29 2003-03-13 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
JP3489578B2 (ja) * 1999-12-06 2004-01-19 三菱電機株式会社 エレベーター装置
WO2004037701A1 (ja) * 2002-10-28 2004-05-06 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ装置
EP1422184A2 (en) * 2002-11-19 2004-05-26 Bravo S.r.l. Machine-room-less elevator
WO2004069718A1 (ja) * 2003-02-04 2004-08-19 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ
WO2004108579A1 (ja) * 2003-06-05 2004-12-16 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベーター用巻上機およびモーター
WO2004113218A1 (ja) * 2003-06-18 2004-12-29 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ
WO2005005303A1 (ja) * 2003-07-14 2005-01-20 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha マシンルームレスエレベータ
WO2005012154A1 (ja) * 2003-08-05 2005-02-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベータ用巻上機
WO2005092771A2 (en) * 2004-03-26 2005-10-06 Kone Corporation Elevator
GB2395191B (en) * 2001-11-05 2005-10-19 Otis Elevator Co Traction sheave elevators
KR100764324B1 (ko) * 2006-02-06 2007-10-05 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터용 권상기
JP2007277015A (ja) * 2007-07-31 2007-10-25 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
KR100817664B1 (ko) * 2007-05-25 2008-03-27 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터용 권상기
JP4828084B2 (ja) * 2001-03-29 2011-11-30 三菱電機株式会社 巻上機の据付方法
JP5120260B2 (ja) * 2006-09-29 2013-01-16 三菱電機株式会社 エレベータ装置
WO2013084310A1 (ja) * 2011-12-07 2013-06-13 三菱電機株式会社 エレベータ装置
WO2017141438A1 (ja) * 2016-02-19 2017-08-24 三菱電機株式会社 エレベータ装置
WO2017179119A1 (ja) * 2016-04-12 2017-10-19 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JP2018165219A (ja) * 2018-07-02 2018-10-25 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JPWO2021124389A1 (ja) * 2019-12-16 2021-06-24

Cited By (48)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3489578B2 (ja) * 1999-12-06 2004-01-19 三菱電機株式会社 エレベーター装置
WO2001081227A1 (fr) * 2000-04-24 2001-11-01 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
JP4578753B2 (ja) * 2000-04-24 2010-11-10 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JP2002145555A (ja) * 2000-11-08 2002-05-22 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
JP4726295B2 (ja) * 2000-12-19 2011-07-20 東芝エレベータ株式会社 エレベータ
JP2002179356A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
JP2002179355A (ja) * 2000-12-19 2002-06-26 Toshiba Corp エレベータ
WO2002079068A1 (fr) * 2001-03-29 2002-10-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Mecanisme de fixation pour monte-charge
JP4828084B2 (ja) * 2001-03-29 2011-11-30 三菱電機株式会社 巻上機の据付方法
WO2003008318A1 (fr) * 2001-07-11 2003-01-30 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Dispositif d'ascenseur
WO2003020628A1 (fr) * 2001-08-29 2003-03-13 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Ascenseur
JPWO2003020628A1 (ja) * 2001-08-29 2004-12-16 三菱電機株式会社 エレベータ装置
GB2395191B (en) * 2001-11-05 2005-10-19 Otis Elevator Co Traction sheave elevators
US7383921B2 (en) 2002-10-28 2008-06-10 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha Elevator with a support for a hoisting machine
EP1577251B1 (en) 2002-10-28 2015-03-18 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha Elevator device
WO2004037701A1 (ja) * 2002-10-28 2004-05-06 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ装置
EP1422184A2 (en) * 2002-11-19 2004-05-26 Bravo S.r.l. Machine-room-less elevator
EP1422184A3 (en) * 2002-11-19 2004-07-07 Bravo S.r.l. Machine-room-less elevator
US7413055B2 (en) 2003-02-04 2008-08-19 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha Elevator
CN100402402C (zh) * 2003-02-04 2008-07-16 东芝电梯株式会社 电梯
WO2004069718A1 (ja) * 2003-02-04 2004-08-19 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ
WO2004108579A1 (ja) * 2003-06-05 2004-12-16 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベーター用巻上機およびモーター
US7353913B2 (en) 2003-06-05 2008-04-08 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Elevator hoisting machine and motor
WO2004113218A1 (ja) * 2003-06-18 2004-12-29 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha エレベータ
US7562745B2 (en) 2003-06-18 2009-07-21 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha Elevator with an operation space in a center of a machine room
US7383924B2 (en) 2003-07-14 2008-06-10 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha Machine room-less elevator
WO2005005303A1 (ja) * 2003-07-14 2005-01-20 Toshiba Elevator Kabushiki Kaisha マシンルームレスエレベータ
US7850144B2 (en) 2003-08-05 2010-12-14 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha Hoist for elevator
WO2005012154A1 (ja) * 2003-08-05 2005-02-10 Mitsubishi Denki Kabushiki Kaisha エレベータ用巻上機
WO2005092771A3 (en) * 2004-03-26 2006-04-06 Kone Corp Elevator
WO2005092771A2 (en) * 2004-03-26 2005-10-06 Kone Corporation Elevator
KR100764324B1 (ko) * 2006-02-06 2007-10-05 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터용 권상기
JP5120260B2 (ja) * 2006-09-29 2013-01-16 三菱電機株式会社 エレベータ装置
KR100817664B1 (ko) * 2007-05-25 2008-03-27 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 엘리베이터용 권상기
JP2007277015A (ja) * 2007-07-31 2007-10-25 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ
CN103974891A (zh) * 2011-12-07 2014-08-06 三菱电机株式会社 电梯装置
JPWO2013084310A1 (ja) * 2011-12-07 2015-04-27 三菱電機株式会社 エレベータ装置
US9617119B2 (en) 2011-12-07 2017-04-11 Mitsubishi Electric Corporation Elevator apparatus
WO2013084310A1 (ja) * 2011-12-07 2013-06-13 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JPWO2017141438A1 (ja) * 2016-02-19 2018-05-31 三菱電機株式会社 エレベータ装置
WO2017141438A1 (ja) * 2016-02-19 2017-08-24 三菱電機株式会社 エレベータ装置
WO2017179119A1 (ja) * 2016-04-12 2017-10-19 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JPWO2017179119A1 (ja) * 2016-04-12 2018-06-28 三菱電機株式会社 エレベータ装置
CN108883897A (zh) * 2016-04-12 2018-11-23 三菱电机株式会社 电梯装置
JP2018165219A (ja) * 2018-07-02 2018-10-25 三菱電機株式会社 エレベータ装置
JPWO2021124389A1 (ja) * 2019-12-16 2021-06-24
WO2021124389A1 (ja) * 2019-12-16 2021-06-24 株式会社日立製作所 巻上機及びエレベーター
JP7261320B2 (ja) 2019-12-16 2023-04-19 株式会社日立製作所 巻上機及びエレベーター

Also Published As

Publication number Publication date
JP4157631B2 (ja) 2008-10-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000153973A (ja) エレベ−タ装置
FI98210C (fi) Järjestely hissikoneiston liittämiseksi rakennukseen
JPH10279224A (ja) エレベータつり合いロープの水平振動を最小化するための装置及び方法
JP4882195B2 (ja) エレベータ装置
JPH11106159A (ja) エレベーター
JP4934941B2 (ja) エレベータ装置
JP2007204238A (ja) ロープブレーキを備えるエレベータ
JP4726295B2 (ja) エレベータ
JP3744764B2 (ja) エレベータ装置及びその組立方法
JP4771587B2 (ja) エレベータ
JP2000318946A (ja) エレベーター装置
JP4216252B2 (ja) エレベータ装置
JP4091326B2 (ja) エレベーター装置
JP2003306282A (ja) エレベーター装置
JP2760676B2 (ja) 高速エレベータ
JPH04303380A (ja) エレベータの吊り車取付装置
JP2006282368A (ja) エレベーター装置
JP2001080843A (ja) エレベーター装置
JP2004168518A (ja) エレベーター装置
JP2000327242A (ja) エレベータ
JP4519979B2 (ja) エレベーターの巻上装置
JP2001048443A (ja) エレベータ
JPH047292A (ja) エレベータ装置
JP3726595B2 (ja) エレベータ駆動装置の支持装置
TWI222954B (en) Elevator system without a control room

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041117

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070815

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071204

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080616

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080714

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110718

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120718

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees