JP2000152971A - マッサージ機 - Google Patents

マッサージ機

Info

Publication number
JP2000152971A
JP2000152971A JP10331360A JP33136098A JP2000152971A JP 2000152971 A JP2000152971 A JP 2000152971A JP 10331360 A JP10331360 A JP 10331360A JP 33136098 A JP33136098 A JP 33136098A JP 2000152971 A JP2000152971 A JP 2000152971A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
human body
housing
treatment section
massage
affected part
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10331360A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3633324B2 (ja
Inventor
Koichi Hashimoto
Haruhiko Naruse
晴彦 成瀬
浩一 橋本
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd, 松下電工株式会社 filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP33136098A priority Critical patent/JP3633324B2/ja
Publication of JP2000152971A publication Critical patent/JP2000152971A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3633324B2 publication Critical patent/JP3633324B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H23/00Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms
    • A61H23/02Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms with electric or magnetic drive
    • A61H23/0254Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms with electric or magnetic drive with rotary motor
    • A61H23/0263Percussion or vibration massage, e.g. using supersonic vibration; Suction-vibration massage; Massage with moving diaphragms with electric or magnetic drive with rotary motor using rotating unbalanced masses
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61HPHYSICAL THERAPY APPARATUS, e.g. DEVICES FOR LOCATING OR STIMULATING REFLEX POINTS IN THE BODY; ARTIFICIAL RESPIRATION; MASSAGE; BATHING DEVICES FOR SPECIAL THERAPEUTIC OR HYGIENIC PURPOSES OR SPECIFIC PARTS OF THE BODY
    • A61H2205/00Devices for specific parts of the body
    • A61H2205/08Trunk
    • A61H2205/081Back

Abstract

(57)【要約】 【課題】 肩や首はもちろん、腰や背中に対しても適切
なマッサージを容易に行うことができるものとする。 【解決手段】 マッサージ機構を内蔵して人体患部に刺
激を与える施療部10を備えたヘッド部1と、このヘッ
ド部1から左右に夫々延びた一対のハウジング2と、各
ハウジングに付設された左右方向に伸長自在なアーム
4,4と、弾性を有する上記各アーム4,4先端に設け
られたグリップ部3,3とからなる。左右のグリップ部
3,3とヘッド部1との間が左右で同じとなるために、
ヘッド部1の施療部10を背中や腰といった患部に適切
に当てることができる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明はマッサージ機構を備
えたヘッド部から手で持つためのグリップ部を延出して
いる手持ち型のマッサージ機に関するものである。

【0002】

【従来の技術】図7は振動式のマッサージ機構を内蔵し
たヘッド部1が一端に設けられた棒状ハウジング2の他
端部をグリップ部3としている手持ち型のマッサージ機
を示しており、グリップ部3を保持することで、ヘッド
部1における施療部10(この場合はヘッド部1の外周
面)を患部に当てて人体へのマッサージ刺激を行う。

【0003】このマッサージ機の場合、患部が肩や首で
あれば使い勝手は良いが、腰や背中にマッサージ刺激を
与えようとすると、ヘッド部1の施療部10を患部に当
てた状態を保つことはきわめて困難である。

【0004】図8及び図9は他の従来例を示しており、
ソレノイドを利用した叩打式のマッサージ機構を内蔵し
たヘッド部1が一端に設けられた棒状ハウジング2の他
端部がグリップ部3となっているこのマッサージ機で
は、ハウジング2からヘッド部1にかけて、弾性体から
なるアーム4がスライド自在に納められているととも
に、アーム4の先端にはグリップ部3’が設けられてお
り、アーム4をハウジング2から引き出せば、一方の手
でグリップ部3を、他方の手でグリップ部3’を持つこ
とができるものとなるために、背中や腰にヘッド部1の
施療部10,10を当てた状態を容易に保つことができ
る。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】しかし、上記アーム4
を備えたものにおいては、ハウジング2とアーム4とで
剛性(弾性)が異なるために、背中や腰にヘッド部1の
施療部10,10を適切に当てることが難しくて均一な
マッサージができず、効果的なマッサージを得るという
点において、使い勝手の上で問題を残している。

【0006】本発明はこのような点に鑑みなされたもの
であって、その目的とするところは肩や首はもちろん、
腰や背中に対しても適切なマッサージを容易に行うこと
ができるマッサージ機を提供するにある。

【0007】

【課題を解決するための手段】しかして本発明に係るマ
ッサージ機は、マッサージ機構を内蔵して人体患部に刺
激を与える施療部を備えたヘッド部と、このヘッド部か
ら左右に夫々延びた一対のハウジングと、各ハウジング
に付設された左右方向に伸長自在なアームと、弾性を有
する上記各アーム先端に設けられたグリップ部とからな
ることに特徴を有している。

【0008】左右のグリップ部とヘッド部との間が左右
で同じとなるために、ヘッド部の施療部を背中や腰とい
った患部に適切に当てることができる。

【0009】ここで、上記施療部はその人体患部との接
触面を凹面としておくとよい。半径200〜600mm
の凹面としておけば、施療部を背中や腰、太股等の狙い
の患部部分に合わせることが容易となる。

【0010】マッサージ機構が偏心分銅とこの偏心分銅
を回転させるモータとからなるものである時、モータ及
び偏心分銅の回転軸は施療部の人体患部との接触面と直
交する向きとするとともにモータは弾性体を介して固定
しておけば、ハウジングを介してグリップ部に伝わる振
動を小さくすることができる。

【0011】また、マッサージ機構への給電用の電源コ
ードはハウジングの端部から外部に引き出すとともに、
該引出し方向を施療部の人体患部との接触面と直交する
方向と平行としておくことで、電源コードが使用時に邪
魔になることがない。

【0012】さらにアームのハウジングに対する伸長を
途中段階で固定するロック手段を設けておくと、施療部
を任意の患部に当てることがさらに容易となる。

【0013】

【発明の実施の形態】以下本発明を実施の形態の一例に
基づいて詳述すると、図1及び図2において、図中1は
マッサージ機構を内蔵しているヘッド部であり、ヘッド
部1の一面には人体患部に接触させる施療部10が設け
られている。そして、ヘッド部1の左右に円弧状のハウ
ジング20,20が伸びており、各ハウジング20の端
部にはグリップ部3が配されている。なお、図示例にお
いては、ヘッド部1の外殻と両ハウジング20,20と
を一体のハウジング2によって形成している。

【0014】上記マッサージ機構は弾性体15を介して
固定されたモータ11と、このモータ11の出力軸に固
着された偏心分銅12とからなるもので、施療部10を
人体患部に当接させた状態でモータ11を駆動すれば、
偏心分銅12の回転による振動刺激が人体患部に与えら
れる。なお、モータ11及び偏心分銅12の回転軸は、
施療部10における人体患部に当接させる面と直交する
方向としてあるために、上記振動刺激は、人体に対し、
さすりマッサージの感をなすものとなる。また、モータ
11は上述のように弾性体15を介して取りつけられて
いるために、グリップ部3側に伝わる振動は少なく、長
時間使用してもグリップ部3を持つ手がしびれたり疲れ
たりすることがないようになっている。

【0015】上記弾性体15として、図示例ではコイル
ばねを用いているが、その他、ゴム等のエラストマーで
あってもよく、要はマッサージ機構が発する振動のショ
ックアブソーバーとして機能するものであればよい。

【0016】ハウジング2の両端に配されたグリップ部
3,3は、ハウジング2に固定されたものではなく、各
ハウジング20,20に対して個別にスライド自在に装
着されたアーム4,4の端部に固定されたものであり、
図1に示すハウジング2の両端部に夫々グリップ部3が
被さっている状態のほかに、図3に示すように、いずれ
か一方のアーム4を引き伸ばした状態や両方のアーム4
を共に引き伸ばした状態を得ることができ、この時、グ
リップ部3はアーム4の伸長に応じてその位置が変化す
る。

【0017】背中や腰のマッサージを行いたい場合に
は、図4あるいは図5に示すように、両アーム4,4を
引き出した状態でグリップ部3,3を握り、背側にまわ
したヘッド部1の施療部10を背中や腰の患部に当てれ
ばよい。無理のない姿勢で施療部10を患部に当てるこ
とができる上に、施療部10を患部に適切に当てること
ができる。また、ヘッド部1と左右のグリップ部3,3
との間は左右で同じ構成であるために、施療部10が患
部の片側にだけ強く当たるというようなことがなく、均
一なマッサージを得ることができ、さらにはアーム4,
4を撓ませることにより、背中の幅や腰の幅が異なる人
が使用しても、図からも明らかなように、無理なくマッ
サージを行うことができる。

【0018】加えるに、ここで示した施療部10は、左
右方向において湾曲した凹面となっており、このために
施療部10を背中や腰、太股といった狙いの患部に合わ
せやすく、しかも患部の広い範囲を同時に施療すること
ができるものであり、使用者にとっては見えない部分で
ある背中や腰に対するマッサージを的確に行うことがで
きるほか、人体表面に沿って施療部10を移動させるこ
とも容易である。なお、上記施療部10の凹面は、その
半径Rを200〜600mm程度としておくのが好まし
い。

【0019】ここで、モータ11への給電のための電源
コード9は、一方のハウジング20の端部から外部に引
き出しているのであるが、この引出し方向は、施療部1
0の人体患部との接触面と直交する方向Mと平行とし
て、使用時に電源コード9が人体に当たることがないよ
うにしてある。

【0020】図6に他例を示す。これはハウジング20
に形成された蟻溝型の溝にスライド自在に係合している
アーム4外面に鋸歯状の係止部41を形成するととも
に、ハウジング20側に係止部41と係止するストッパ
ー28を設けて、アーム4の引き出し方向の動きについ
ては、ストッパー28でロックをかけることができるよ
うにしたものであり、摘み部26が一体となっているス
トッパー28はハウジング20に取り付けた保持板25
によって保持されるとともに、ばね27によって係止部
41との係止方向に付勢されたものとなっている。

【0021】ハウジング20からアーム4を引き出した
いときには、摘み部26をつまんでばね27に抗してス
トッパー28を引っ張ることで、ストッパー28と係止
部41との係止を外す。アーム4を戻したいときには、
そのままアーム4を押し込めばよい。図中8はスライド
スイッチ80用のレバー8である。

【0022】グリップ部3、3を両手で握って施療部1
0を患部に当てる場合、グリップ部3には引っ張る方向
の力が加えられるが、この力に対し、アーム4のハウジ
ング20からの引き出し量を任意の状態に固定しておけ
るものであり、このために、使用者の体格や患部の違い
等に対しても、良好な使い勝手を得ることができるもの
である。

【0023】

【発明の効果】以上のように本発明においては、マッサ
ージ機構を内蔵して人体患部に刺激を与える施療部を備
えたヘッド部と、このヘッド部から左右に夫々延びた一
対のハウジングと、各ハウジングに付設された左右方向
に伸長自在なアームと、弾性を有する上記各アーム先端
に設けられたグリップ部とからなるために、左右のグリ
ップ部とヘッド部との間が左右で同じとなっており、し
かもアームが弾性を有して伸長させることができること
から、ヘッド部の施療部を背中や腰といった患部に適切
に当てることができるものであり、効果的なマッサージ
を確実に且つ容易に得ることができるものである。

【0024】また、上記施療部の人体患部との接触面が
凹面となっておれば、施療部を背中や腰、太股等の狙い
の患部部分に合わせることがさらに容易となる。

【0025】マッサージ機構が偏心分銅とこの偏心分銅
を回転させるモータとからなるものである時、モータ及
び偏心分銅の回転軸は施療部の人体患部との接触面と直
交する向きとすることで、さすりマッサージを得ること
ができ、さらにモータは弾性体を介して固定しておけ
ば、ハウジングを介してグリップ部に伝わる振動を小さ
くすることができるために、長時間の使用にも保持に問
題が生じることがない。

【0026】また、マッサージ機構への給電用の電源コ
ードはハウジングの端部から外部に引き出すとともに、
該引出し方向を施療部の人体患部との接触面と直交する
方向と平行としておくことで、電源コードが使用時に邪
魔になることがないものとなる。

【0027】さらにアームのハウジングに対する伸長を
途中段階で固定するロック手段を設けておくと、施療部
を任意の患部に当てることがさらに容易となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施の形態の一例の正面図である。

【図2】同上の断面図である。

【図3】(a)(b)(c)は同上のアームの伸長状態を示す正
面図である。

【図4】同上の使用状態の説明図である。

【図5】同上の使用状態の説明図である。

【図6】他例の部分断面図である。

【図7】従来例の斜視図である。

【図8】他の従来例の正面図である。

【図9】同上の斜視図である。

【符号の説明】

1 ヘッド部 2 ハウジング 3 グリップ部 4 アーム 10 施療部

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 マッサージ機構を内蔵して人体患部に刺
    激を与える施療部を備えたヘッド部と、このヘッド部か
    ら左右に夫々延びた一対のハウジングと、各ハウジング
    に付設された左右方向に伸長自在なアームと、弾性を有
    する上記各アーム先端に設けられたグリップ部とからな
    ることを特徴とするマッサージ機。
  2. 【請求項2】 施療部はその人体患部との接触面が凹面
    となっていることを特徴とする請求項1記載のマッサー
    ジ機。
  3. 【請求項3】 マッサージ機構は偏心分銅とこの偏心分
    銅を回転させるモータとからなり、モータ及び偏心分銅
    の回転軸は施療部の人体患部との接触面と直交する向き
    となっているとともにモータは弾性体を介して固定され
    ていることを特徴とする請求項1または2記載のマッサ
    ージ機。
  4. 【請求項4】 マッサージ機構への給電用の電源コード
    はハウジングの端部から外部に引き出されているととも
    に、該引出し方向が施療部の人体患部との接触面と直交
    する方向と平行となっていることを特徴とする請求項1
    〜3のいずれかの項に記載のマッサージ機。
  5. 【請求項5】 アームのハウジングに対する伸長を途中
    段階で固定するロック手段を備えていることを特徴とす
    る請求項1〜4のいずれかの項に記載のマッサージ機。
JP33136098A 1998-11-20 1998-11-20 マッサージ機 Expired - Fee Related JP3633324B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33136098A JP3633324B2 (ja) 1998-11-20 1998-11-20 マッサージ機

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33136098A JP3633324B2 (ja) 1998-11-20 1998-11-20 マッサージ機
KR1019990043936A KR100357788B1 (ko) 1998-11-20 1999-10-12 마사지기
TW88118918A TW490301B (en) 1998-11-20 1999-10-29 Massager
EP19990122307 EP1002511A1 (en) 1998-11-20 1999-11-09 Hand-held massaging apparatus
CNB991237439A CN1170515C (zh) 1998-11-20 1999-11-18 按摩机
US09/444,386 US6332873B1 (en) 1998-11-20 1999-11-22 Hand-held massaging apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000152971A true JP2000152971A (ja) 2000-06-06
JP3633324B2 JP3633324B2 (ja) 2005-03-30

Family

ID=18242821

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33136098A Expired - Fee Related JP3633324B2 (ja) 1998-11-20 1998-11-20 マッサージ機

Country Status (6)

Country Link
US (1) US6332873B1 (ja)
EP (1) EP1002511A1 (ja)
JP (1) JP3633324B2 (ja)
KR (1) KR100357788B1 (ja)
CN (1) CN1170515C (ja)
TW (1) TW490301B (ja)

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6988997B2 (en) * 2003-06-06 2006-01-24 Stultz Michael O Back massager with interchangeable contact heads
US6929612B2 (en) * 2003-06-26 2005-08-16 Ingenious Designs Llc Battery operated flexible massage tube
US7125390B2 (en) * 2003-09-03 2006-10-24 Homedics, Inc. Wrap around body massager
CN1314376C (zh) * 2004-04-22 2007-05-09 金相奎 预防驼背的装置
US20060235344A1 (en) * 2005-04-19 2006-10-19 Chin-Sheng Tu Portable multi-function exercise apparatus
CN101209223A (zh) * 2007-12-25 2008-07-02 陈涛 一种颈椎按摩器
KR100887704B1 (ko) * 2008-05-29 2009-03-06 (주)세라테크 착용식 벨트 마사지 장치
WO2010014927A1 (en) * 2008-08-01 2010-02-04 Burke Collins Massage apparatus
JP2012500675A (ja) * 2008-08-25 2012-01-12 国▲慶▼ 倪 肩・背部マッサージ器
US20100121235A1 (en) * 2008-11-11 2010-05-13 Nicholas Sasano Massage lever
US7779492B2 (en) * 2008-12-05 2010-08-24 Ingenious Designs Llc Self-storing combination blanket and neck roll assembly
USD620739S1 (en) 2008-12-05 2010-08-03 Ingenious Designs Llc Self-storing combination blanket and neck roll assembly
US8357109B2 (en) * 2009-08-26 2013-01-22 Destefano Robert Louis Muscle treatment device
TWM392658U (en) * 2010-05-05 2010-11-21 Wei-Ting Lin Planar tapping structure of massage belt
US20130245516A1 (en) * 2012-03-16 2013-09-19 Susan B. Davis Self-applicator for an airway clearance device
TWI505823B (ja) * 2013-05-24 2015-11-01
US9616267B2 (en) * 2015-03-10 2017-04-11 Luciano Sassano Back strengthening and therapy device

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4433683A (en) * 1981-06-29 1984-02-28 John Romain Exercise-massaging device
CH671333A5 (en) * 1986-07-29 1989-08-31 Ernst Huber Hand-operated massage instrument - has housing containing freely-turning body with working surface inclined to axis
US4878489A (en) * 1988-07-11 1989-11-07 Tensho Electric Industrial Co., Ltd. Massage unit
WO1990005517A1 (fr) * 1988-11-17 1990-05-31 Nihonkenkozoshinkenkyukai Co., Ltd. Appareil de massage electrique
JP2878362B2 (ja) * 1990-01-13 1999-04-05 松下電工株式会社 伸縮バイブレータ
US5117815A (en) * 1990-10-31 1992-06-02 Associated Mills Inc. Massager
US5123405A (en) * 1991-03-28 1992-06-23 Mcshirley Products, Inc. Handle for high frequency sonic massager
JPH0520730A (ja) 1991-07-09 1993-01-29 Toshiba Corp タイマ予約設定回路
JPH0591676A (ja) 1991-09-25 1993-04-09 Matsushita Electric Works Ltd 充電装置の温度センサ回路
DE4207285A1 (de) * 1992-02-17 1993-08-19 Mag Dr Frenkel Gmbh Medizinisc Steckbarer, verstellbarer handgriff fuer ein handmassagegeraet
JPH0677730A (ja) 1992-08-25 1994-03-18 Sony Corp 可変周波数発振器とそれを使用したfm復調器
JP2636691B2 (ja) 1993-07-12 1997-07-30 日本電気株式会社 マイクロコンピュータ
US5848980A (en) * 1997-04-25 1998-12-15 Demerais; Donald A. Hoop shaped massage apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
KR100357788B1 (ko) 2002-10-19
KR20000034983A (ko) 2000-06-26
US6332873B1 (en) 2001-12-25
JP3633324B2 (ja) 2005-03-30
CN1170515C (zh) 2004-10-13
TW490301B (en) 2002-06-11
EP1002511A1 (en) 2000-05-24
CN1254546A (zh) 2000-05-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9039599B2 (en) Vibratory assembly for articulating members
US5099829A (en) Massage device good for eyes
US5421799A (en) Scalp massager
US3623481A (en) Gum massage implement and method of finger massaging gums
US5843005A (en) Device for deep tissue massage and ionic therapy
KR20190000098U (ko) 진동 마사지 기기
US6758826B2 (en) Vibrating personal massager
CA1108955A (en) Massage apparatus
JP3714208B2 (ja) マッサージ機の制御方法
JP6640719B2 (ja) タッピングフィンガーを装備したマッサージヘッドを持つマッサージ器具
US5730708A (en) Multi directional massager
US6988997B2 (en) Back massager with interchangeable contact heads
US4878489A (en) Massage unit
US4493315A (en) Massage means
JP3969388B2 (ja) 椅子式マッサージ機
US6203509B1 (en) Fingertip massager
US20100222719A1 (en) Deep Acting Topically Working Facial Care Appliance
US5405357A (en) Acupressure glove device
US20070191745A1 (en) Massage device set
US5609566A (en) Apparatus for treatment, physical therapy, rehabilitation, recreation and training of spine and other human body parts
US5601529A (en) Finger massage apparatus
US8337438B2 (en) Method and device for relieving muscle tension
US8142373B1 (en) Temple massaging headband
JP2007537774A6 (ja) マッサージ器具セット
US4841954A (en) Oculofacial massager

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040407

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040427

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040628

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041207

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041220

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080107

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090107

Year of fee payment: 4

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100107

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100107

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110107

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees