JP2000137747A - System and method for managing chemical substances and recording medium - Google Patents

System and method for managing chemical substances and recording medium

Info

Publication number
JP2000137747A
JP2000137747A JP31131498A JP31131498A JP2000137747A JP 2000137747 A JP2000137747 A JP 2000137747A JP 31131498 A JP31131498 A JP 31131498A JP 31131498 A JP31131498 A JP 31131498A JP 2000137747 A JP2000137747 A JP 2000137747A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
chemical
environmental
substance
management
managing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP31131498A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masaru Amano
Takashi Ebitani
Shigeru Machida
Tadahisa Miyazawa
Hiroshi Mizukami
Akinori Motomiya
Hiroki Nakae
Tatsuo Nomaki
Hisanori Otsuka
Yuichi Shoji
Toru Sugiyama
裕樹 中江
尚紀 大塚
勝 天野
忠久 宮澤
隆 戎谷
明典 本宮
亨 杉山
裕一 東海林
浩 水上
茂 町田
辰夫 野牧
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ideal chemical substance managing system capable of speedily and easily investigating influences to be exerted upon natural environments or safety by summing up environmental discharges based on a used quantity for each chemical substance and the environmental discharge ratio of that chemical substance. SOLUTION: Data are inputted from a chemical user himself by a software 12 for user management for managing the used chemical substance and on the side of center, while using a software H for center management, based on these input data, the history management of stock, use, abandonment and movement or the like, summing-up and report preparation or the like are performed. Thus, the environmental discharges generated as a result of contained materials, environmental influence degree latent in contained materials and further the coefficient of the fire laws can be multi-laterally managed/summed up. Namely, since almost all the required parameters are registered and managed, concerning the influences upon natural environments or safety, statistic values can be easily found from various viewpoints.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、薬品、ガスなどの化学物質を管理するための化学物質管理システムおよび同化学物質の管理方法並びに記録媒体に関し、特に自然環境に対する影響や安全性を管理するための機能を有する化学物質管理システムおよび同化学物質の管理方法並びに記録媒体に関する。 The present invention relates to the medicine, relates to the management method and recording medium of a chemical substance management system and the chemicals for managing chemicals such as gas, in particular managing the effects and safety for the environment managing method and recording medium of a chemical substance management system and the chemical has a function of.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、地球環境問題への社会的な高まりにより、薬品、ガスなどのさまざまな化学物質についての安全管理が見直されている。 In recent years, the social rise of global environmental problems, chemicals, have been reviewed safety management of various chemical substances such as gas. そこで、日本においても、環境汚染物質排出・移動登録制度(PRTR:Po Thus, even in Japan, Pollutant Release and Transfer Register System (PRTR: Po
llutant Releaseand Transf llutant Releaseand Transf
er Register)の法制化作業が進められている。 Legislation work of er Register) has been promoted. PRTRは、企業が事業所等で使用している化学物質を自ら調べ、それを行政機関が公表する制度である。 PRTR examines himself a chemical that companies are using in the office, is a system to publish it government agencies.
大気や河川など自然環境に排出する化学物質の量や、廃棄物として事業所外に移動する量などが公表対象となる。 And the amount of the chemical substance to be discharged, such as the natural environment air and rivers, such as the amount to be moved out of the office as the waste is published subject.

【0003】しかし、現状では、企業で用いられている化学物質管理のためのシステムは在庫管理を主目的としたものが多く、例えば、紙によって規制対象物質の在庫量調査を事情所内の部所毎におこない、それらのデータを人手によって収集後、コンピュータに入力するといった簡便なものがほとんどである。 [0003] However, at present, a system for management of chemical substances that are used in the company are often those with the primary purpose of inventory management, for example, of the circumstances house inventory volume survey of regulated substances by the paper duty post performed for each, after collecting their data manually, those simple such inputs to computer is almost. また、化学物質は通常は薬品名等で購入することが多いため、その管理単位も薬品名単位となっており、混合物についてはその成分物質単位での管理は行われていないことが多い。 Moreover, chemicals for normally often buy medicine name, etc., the management unit also has a chemical name basis, for the mixtures are often managed is not performed at that component material units. このため、現状のシステムでは、自然環境に排出する化学物質の量を正確に調べることは実際上困難である。 Therefore, in the current system, it is practically difficult to determine the amount of chemicals to be discharged into the natural environment accurately.

【0004】また、現状では、企業が事業所等で保有している化学物質の安全性や、その保有化学物質による環境負荷などを統計的に調べるための仕組みがないため、 [0004] In addition, at present, because of the safety and of chemical substances to be held in the office, there is no mechanism for investigating such a statistically environmental impact of its holdings chemical companies,
管理者の経験などによる曖昧な指標に基づく安全管理しか行うことができなかった。 It could not only carry out safety management based on vague indicators due to management's experience.

【発明が解決しようとする課題】上述のように、従来のシステムでは、自然環境に及ぼす影響や安全性などを統計的に算出するための機能が設けられておらず、自然環境に排出する化学物質の量や、環境負荷、安全性などを正確に管理することは困難であった。 [0007] As described above, in the conventional system, not provided functions for statistically calculated like effect and safety on the natural environment, chemical discharged to the natural environment and the amount of material, environmental impact, it is difficult to accurately manage and safety. 特に、少量多品種の化学物質を扱う、企業の研究所や大学等の研究機関においては、管理対象のデータの量も膨大となり、その管理には多くの労力が必要となる。 In particular, dealing with chemical substances of high-mix low-volume, in research institutions such as research institutes and universities of the company, the amount of data of the managed also becomes enormous, is a lot of effort is required for its management.

【0005】本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、自然環境に及ぼす影響や安全性を迅速且つ簡易に調べることができる理想的な化学物質管理システムおよび同化学物質の管理方法並びに記録媒体を提供することを目的とする。 [0005] The present invention has been made in view of these points, the management method of an ideal chemical management system and the chemicals can examine the effect and safety on the environment quickly and easily and an object thereof is to provide a recording medium.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上述の課題を解決するため、本発明は、コンピュータのデータベースを用いて、 Means for Solving the Problems] To solve the problems described above, the present invention uses a database of a computer,
化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理システムにおいて、保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合を管理する物質管理手段と、前記各化学物質毎にその使用量を管理する手段と、前記各化学物質毎の使用量とその化学物質の環境排出量割合とに基づいて、環境排出量を集計する集計処理手段とを具備することを特徴とする。 Receipt of chemicals, substance use, movement, to manage the chemical management system for managing at least one of such waste, the environmental emissions rate which is determined beforehand in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held a management unit, and means for managing the amount the each chemical on the basis of the amount of each chemical substance and the environmental emissions rate of the chemical, aggregation processing means for aggregating the environmental emissions characterized by including and.

【0007】本発明は、化学物質毎の環境排出量割合(例えば、大気、水、土壌などへの環境排出量割合)は所定の条件によって予め決定される条件、例えば物質種とその使用用途とによって決定される点に着眼し、環境排出量割合を、物質種とその使用用途とによって決まるパラメタによってモデル化して管理している。 [0007] The present invention, environmental emissions rate for each chemical substance (e.g., environmental emissions rate of air, water, soil the like) condition which is predetermined by a predetermined condition, for example, species and its intended use It focuses on point determined by the environmental emissions rate, and manages modeled by parameters determined by its intended use and species. このように、物質種とその使用用途とによって決定される大気、 Thus, the air which is determined by its intended use and species,
水、土壌などへの環境排出量割合を物質毎に管理しておけば、あとは、各物質の使用量にそれら環境排出量割合を乗算するという簡単な集計処理を行うだけで、大気、 Water, if to manage the environment emissions proportion of the like for each substance soil, rest is, by just performing a simple tabulation process of multiplying their environment emissions proportion to the amount of each substance, the atmosphere,
水、土壌などへの環境排出量を容易に求めることができる。 Water, can be easily obtained environmental emissions into soil.

【0008】また、データベースには、化学物質種と、 [0008] In addition, the database, and the chemical species,
使用用途と、少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合とを管理するためのフィールドが定義された物質管理テーブルと、使用用途毎に各化学物質の少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を示す用途テーブルとを設けておき、前記物質管理テーブルに化学物質種および使用用途が入力されたとき、前記用途テーブルを検索して、前記入力された化学物質種および使用用途に対応する少なくとも大気、 And intended use, at least air, water, and fields defined material management table for managing the environmental emissions proportion to any one of the soil, at least the atmosphere of each chemical for each intended use, water, It may be provided and usage table indicating the environmental emissions proportion to any one of the soil, when the chemical species and intended use is entered in the material management table, by searching the application table, the inputted chemical species and at least the atmosphere corresponding to the intended use,
水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を取得し、 Water, the environmental emissions proportion to any one of soil acquired,
その取得した環境排出量割合を前記物質管理テーブルに登録するように構成することが好ましい。 It is preferable to configure the acquired environmental emissions rate to register in the material management table.

【0009】これにより、物質管理テーブルへの環境排出量割合の入力の自動化を図ることが出来るので、物質種と使用用途を入力するだけで、物質管理テーブル上の必要なパラメータを揃えることが可能となる。 [0009] Thus, it is possible to achieve automation of the input environmental emissions proportion to material management table, simply enter the species and intended use, it can be aligned necessary parameters on material management table to become. よって、 Thus,
少量多品種の化学物質を、様々な用途で扱う研究機関等においても、入力作業、および環境排出量算出のための集計処理を効率良く行うことができる。 Chemicals high-mix low-volume, also in research institutions dealing with various applications, input work, and aggregate processing for environmental emission calculating can be performed efficiently.

【0010】もとろん環境排出量割合は、データベース上でデータ登録時にデフォルト値として決定しても良いし、随時データ入力時に各種状況に応じて修正を行うことができるようにしてもよい。 [0010] Motoron environmental emissions rate may be determined as a default value at the time of data registration on the database may be able to be corrected according to various conditions at any time data input.

【0011】また、本発明は、コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理システムにおいて、化学物質の入庫量、未使用保有量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量をそれぞれ管理する手段と、保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、前記入庫量から前記未使用保有量と前記未使用廃棄量と前記使用済回収廃棄量とをそれぞれ減算した残余とに基づいて、環境排出量を集計する集計処理手段とを具備することを特徴とする。 Further, the present invention uses a computer database, warehousing chemicals used, movement in chemical management system for managing at least one of such waste, incoming quantity of chemicals, unused holdings unused amount of waste, and means for managing respective spent recovering waste quantity, and environmental emission ratio which is predetermined in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held, the unused held from the incoming quantity based amount as the unused amount of waste and with said spent collecting waste amount and a residual obtained by subtracting respectively, characterized by comprising a counting processing unit for counting the environmental emissions.

【0012】化学物質の使用用途が予め定められた工場等においては、大気、水、土壌などへの環境排出量割合が化学物質毎に予め決定できる。 [0012] In a factory or the like that use applications predetermined chemicals, air, water, environmental emissions proportion to such soil can be predetermined for each chemical. このため、化学物質毎にその用途や環境排出量割合をテーブルで管理せずとも、入庫量、未使用保有量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量といった、量の管理が明確に行えるものだけ管理を行えば、あとは入庫量からそれらを減算した量を求め、それに大気、水、土壌などへの環境排出量割合を乗算することで環境排出量を集計することができる。 Therefore, without managing the application and environmental emissions rate for each chemical substance at the table, incoming quantity unused stockpile unused amount of waste, such as spent recovering waste amount, which manage the amount can be performed clearly be carried out only management, rest is to determine the amount obtained by subtracting them from the incoming quantity, it is possible to aggregate the air, water, the environment emissions by multiplying the environmental emissions proportion to the soil.

【0013】この場合、集計処理手段には、前記化学物質の物質種とその使用用途とによって決定される、その化学物質の廃棄物に含まれる不純物係数を用いて、前記使用済回収廃棄量から不純物を除いた実際の廃棄量を算出する手段をさらに設け、この算出した実際の廃棄量を、前記環境排出量の集計に用いることが好ましい。 [0013] In this case, aggregation processing means, the determined chemical species between the its intended use, by using the impurity coefficients contained in waste of the chemical, from the spent collecting waste amount further provided with means for calculating the actual amount of waste, excluding impurities, the actual amount of waste that this calculation, it is preferable to use the summary of the environmental emissions. このように化学物質の廃棄物に含まれている不純物の存在を考慮して環境排出量の計算を行うことにより、より正確な環境排出量を求めることができる。 By performing the calculation of the environmental emissions thus taking into account the presence of impurities contained in the waste chemicals, it can be obtained more accurate environmental emissions.

【0014】また、本発明は、コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、保有している化学物質毎に、成分物質、およびその成分物質の含有量を管理するための物質管理テーブルと、前記物質管理テーブルに対して混合物質に関する情報が入力されたとき、各混合物質毎にその成分物質と含有量とが定義されている成分情報を検索して、前記入力された混合物質に対応する成分物質および含有量を前記物質管理テーブルに登録する手段とを具備し、保有化学物質を純物質単位で管理できるように構成されていることを特徴とする。 Further, the present invention uses a computer database, warehousing chemicals used, movement in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, component materials, and a material management table for managing the content of the component materials, when said information about the substance mixture against materials management table is input, components for each mixture material and its component substances and content are defined searching for information, said component substances and the content corresponding to the inputted mixed material and means for registering the material management table is configured to manage the retention chemicals with pure material units it is characterized in.

【0015】このように、混合物質についてはその成分物質と含有量を物質管理テーブルに自動登録することにより、純物質単位での管理を容易に行うことができるようになり、純物質単位で環境排出量の集計等を行うことが可能となる。 [0015] Thus, by the mixing materials to automatically register the content and its component material substance management table, the management of pure material units can now be easily carried out, environmental pure material units it is possible to perform emission of aggregation, and the like.

【0016】また、本発明は、コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、保有している化学物質毎に、その保有量と、その化学物質の取扱いを規制している法規で規定された最大保有量を管理する手段と、前記法規で規定された最大保有量に対する規制物質の保有量の割合を算出し、その算出結果を安全指数として出力する安全指数算出手段とを具備することを特徴とする。 Further, the present invention uses a computer database, warehousing chemicals used, movement in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, and the holding amount, It means for managing a maximum holdings defined by law that regulates the handling of the chemical, to calculate the percentage of holdings of controlled substances to the maximum holdings defined by the law, the calculation result safety characterized by comprising a safety index calculating means for outputting as an exponent.

【0017】本発明では、安全性の度合いを表す安全指数を、化学物質の取扱いを規制している消防法などの法規で指定された最大保有量に対する保有量の割合によってモデル化しており、これにより、化学物質を保管するための保管庫などの安全指数を計算によって統計的に求めることが可能となる。 In the present invention, the safety index representing the degree of safety, has been modeled by the proportion of the stockpile to the maximum holdings specified in legislation such as Fire Service Act which regulates the handling of chemicals, which Accordingly, it is possible to determine statistically the safety index, such as vault for storing chemicals by calculation.

【0018】また、一般に、法規で規定された最大保有量の値は化学物質毎に異なっているので、安全指数算出手段は、安全指数の調査対象となる保管庫で保管されている化学物質毎に、その化学物質の取扱いを規制している法規で規定された最大保有量に対する保有量の割合をその物質の安全指数として算出する手段と、前記調査対象の保管庫で管理されている化学物質それぞれに対応する安全指数を累積し、その累積結果を前記調査対象の保管庫の安全指数として出力する手段とによって実現することが好ましい。 [0018] In general, the value of the maximum holdings defined by law are different for each chemical, the safety index calculating means, each chemical that is stored in the vault to be surveyed safety index , the means and chemicals that are managed by the vault of the study to calculate the percentage of holdings to the maximum holdings defined by law that regulates the handling of the chemical as a safety index of the material the safety index corresponding to each accumulated, it is preferably realized by means outputs the accumulation result as a safety index for vault of the study. これにより、保管庫に多品種の物質が保有されている場合でも、その保管庫の安全度を的確に把握することが可能となる。 Accordingly, even when the material of various kinds to the depot is held, it is possible to accurately grasp the degree of safety of the depot.

【0019】また、本発明は、コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、保有している化学物質毎に、少なくともその保有量または使用量を管理する手段と、化学物質毎にその化学物質が及ぼす環境に対する影響の度合いに応じて予め決められた重み係数と、前記保有化学物質それぞれの少なくとも保有量または使用量とに基づいて、前記保有化学物質が及ぼす環境への影響度を算出し、その算出結果を前記保有化学物質の環境負荷指数として出力する環境負荷指数算出手段とを具備することを特徴とする。 Further, the present invention uses a computer database, warehousing chemicals used, movement in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, at least a holding amount or and means for managing the amount of use, on the basis of the weighting coefficients determined in advance in accordance with the degree of influence on the chemical has on the environment for each chemical, the at least holdings or amount of each of the held chemical, calculating a degree of influence on the environment in which the held chemical on, characterized by comprising the environmental load index calculation means for outputting the calculation result as the environmental load index of the holdings chemicals.

【0020】本発明では、各化学物質の環境負荷指数を、化学物質の少なくとも保有量または使用量とその化学物質に対応する重み係数とを用いてモデル化しており、環境に対する影響の大きい化学物質ほどその重み係数の値は大きくなる。 [0020] In the present invention, the environmental load index of each chemical, and modeled using at least holdings or usage and the weighting coefficient corresponding to the chemical chemicals, greater chemical influence on the environment As the value of the weighting coefficient increases. このように重み係数を用いたモデル化により、少なくとも保有量または使用量と重み係数との積を物質毎に累積するといった簡単な計算を行うだけで、環境負荷を的確に把握することが可能となる。 Thus by modeling using a weighting factor, only by performing simple calculations, such as accumulating the product of the at least holdings or usage and weighting factors for each material, it is possible to accurately grasp the environmental impact Become.

【0021】 [0021]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施形態を説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings.

【0022】[第1実施形態] (システム構成)図1には、本発明の第1実施形態に係る化学物質管理システムの構成が示されている。 [0022] [First Embodiment (System Configuration) FIG. 1, structure of chemical management system according to a first embodiment of the present invention is shown. この化学物質管理システムはコンピュータのデータベースを用いて化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理するためのものであり、クライアント/サーバモデルのリレーショナルデータベースシステムを基に構築されている。 The chemical management system Receipt of chemicals using a database of a computer, use the movement is for managing the waste, and is built on a relational database system of the client / server model. このシステムには、主管元であるセンターの管理者が使用するセンター管理用のアプリケーションプログラム(センター管理ソフト)11と、各部所の薬品使用者が使用するユーザ管理用のアプリケーション(ユーザ管理用ソフト)12とによって実現されている。 The system includes an application program (center management software) 11 for the center management administrator of the center is a main source used, the application for user management chemicals user of each part plant used (software for user management) It is implemented by a 12. センター管理ソフト11が実行されるセンター側のクライアントピュータと、ユーザ管理用ソフト12が実行される各部所のクライアントコンピュータは、ネットワークを介して接続されており、各部所から得られたデータ(薬品データ)がセンター管理ソフト11にて管理される。 And the client computer at the center side of the center management software 11 is executed, each unit office client computers for user management software 12 is executed is connected via a network, data obtained from each part plant (chemical data ) it is managed by the center management software 11. すなわち、使用した化学物質を管理するためのデータ入力等はユーザ管理用ソフト12によって薬品使用者自らが行い、センター側では、センター管理ソフト11を用いて、それら入力データを元に入庫、使用、廃棄、移動等の履歴管理や、集計、報告書の作成などが行われる。 That is, the data input or the like for managing the chemicals used were done by himself chemicals user by the user management software 12, the center side, with a center management software 11, receipts based on their input data, using, disposal, history management and of the motion, and the like, aggregates, such as the creation of a report is made. なお、集計は別途、サーバコンピュータでバッチプログラムにより行うようにしても良い。 It should be noted that the aggregate separately, may be performed by a batch program on the server computer. また、センター管理ソフト11で管理されるデータベースの内容は、ユーザ管理用ソフト12から参照することができる。 The contents of the database managed by the center management software 11 can be referenced from user management software 12. ユーザ管理用ソフト12は、基本的にはコンピュータネットワークにオンライン接続された状態での使用を前提としているが、データベースの内容の一部を各部所のコンピュータのローカルストレージにキャッシングする機能や、各部所のコンピュータとセンターのサーバコンピュータとの間のデータ同期機能により、ユーザ管理用ソフト12はオフライン状態で使用することもできる。 User management software 12 is basically assumes the use of a state of being connected online to a computer network, function for caching a part of the contents of the database to the local storage of each part office computer, each part plant of the data synchronization between the computer and the center of the server computer, the user management software 12 may also be used off-line state.

【0023】センター管理ソフト11の主な管理機能は、 ・物質コード、保管庫コードなどの管理コードの管理(新規登録、変更、削除) ・化学物質の現在の保有量の把握 ・各ユーザの化学物質の使用、廃棄、移動の履歴管理 ・化学物質の購入履歴管理 ・報告資料の作成 である。 [0023] The main management functions of the center management software 11, and material code, management code management, such as vault code (new registration, change, delete), the current stockpile of understanding and chemistry of each user of the chemical substance use of materials, waste, is the creation of the purchase history management and reporting documentation of the movement of history management and chemical substances.

【0024】ユーザ管理用ソフト12の主な管理機能は、 ・化学物質の使用量、廃棄量の管理 ・化学物質の保管庫間の移動管理(化学物質払い出しを含む) ・購入薬品の保管庫への入庫管理 ・部所管理物質の登録 ・各保管庫の消防法管理 ・保管庫の棚卸し管理(保管庫管理者のみ) ・回収物質一時保管庫の回収管理(回収物質一時保管庫管理者のみ) である。 [0024] The main management functions of the user management software 12, the amount of chemical substances, the mobility management between the storehouse of management and chemical substance of the amount of waste (including chemicals payout) of and purchase chemicals to the vault warehousing management, duty post registration and inventory management of the fire Service Law management and vault of each vault of controlled substances of (vault administrators only) and recovery collection management of substance temporal storage (recovered substance temporal storage administrators only) it is.

【0025】また、本化学物質管理システムは物質購入のために資材管理部所等で管理運営される購買依頼システム13との連携により、 ・未登録化学物質の購入規制(上長の承認が必要) ・化学物質の購入、受入情報の入手 を行うことができる。 [0025] In addition, the chemical management system is necessary to materials management in cooperation with the purchase requisition system 13, which is managed and operated by the duty post, etc., - unregistered chemical purchase regulation of substances (supervisor of approval for material purchase ) of chemical substances purchased, it can be carried out to obtain acceptance information.

【0026】(機能)図2には、本化学物質管理システムの機能構成が概念的に示されている。 [0026] (Function) FIG. 2 is a functional configuration of the chemical management system is shown conceptually.

【0027】(1)入庫処理 入庫を管理するための入庫処理は、手配依頼システム1 [0027] (1) warehousing process for managing receipts processing goods receipt, arrange request system 1
3に対する購入依頼を得て購入された薬品やガス等の化学物質を該当する部所の化学物質保管庫に保管する時に必要となるデータベース操作である。 3 is a database operation that is required when storing chemicals chemical or gas or the like which is purchased to obtain a purchase request to the chemical vault appropriate duty post against. 購入依頼された化学物質が入荷されたことは、入荷データにより手配依頼システム13からユーザ管理用ソフト12に通知される。 The purchase request chemical substances is available is notified from the arrangement request system 13 to the user management software 12 of arrival data. ユーザ管理用ソフト12により、入庫した化学物質名やその入庫量、入庫日、入庫者などの情報をデータベースに入力するための画面(入庫物質登録フォーム)が提供され、その画面上でユーザによる入力処理が行われる。 The user management software 12, receipts chemical substance name and its incoming quantity, warehousing date is provided a screen for inputting information, such as receipts's database (warehousing substance registration form) is input by the user at the screen processing is carried out. この入庫物質登録フォームの画面例を図3に示す。 A screen example of the goods receipt material registration form in FIG.
各フィールドの意味は以下の通りである。 The meaning of each field is as follows.

【0028】 <依頼番号>:手配依頼時の依頼番号 <手配日>:手配した日付 <受入日>:受入した日付 <入庫物質名>:手配依頼した化学物質名 <発注数量>:手配依頼で発注した量 <単位>:手配依頼時に指定した単位 <入庫部所>:入庫する保管庫のある部所を選択 <保管庫>:入庫する保管庫を選択 <管理者>:選択した保管庫の管理者名 <TEL>:選択した保管庫の管理者の内線番号 <入庫日>:物質を保管庫に登録した日付(通常は登録した日) <消防法係数>:選択した保管庫の消防法係数を表示する。 [0028] <request number>: arrange request at the time of the request number <arrange Date>: arrange the date <accepted Date>: acceptance date <warehousing substance name>: arrange request the name of the chemical substance <Quantity>: In the arrangement request ordered amount <unit>: arrange unit was specified at the time of the request <warehousing parts plant>: select the duty post with a storage box for warehousing <depot>: select a storage box for warehousing <administrator>: of the selected vault administrator name <TEL>: select the vault administrator of the extension <warehousing date> of: (day usually registered) Date registered substance to the vault <fire Service Law coefficient>: fire Service Law of the selected vault to display the coefficient. 消防法係数は、選択した保管庫の、消防法で規制される最大保有量に対する割合を示すパラメタであり、その詳細は後述する。 Fire Service Law coefficients are parameters indicating the ratio of the maximum holding amount is restricted vaults selected, in Fire Service Law, which will be described later in detail.

【0029】<物質形状>:固体、液体、ガスなどの物質管理の形態を選択する <容器容量>:容器の容量で物質を管理する必要がある場合はこちらのラジオボタンを選択し、容量を入力する。 [0029] <substance shape>: solid, liquid, selects the form of material management such as gas <container volume>: if a volume of the container it is necessary to manage the material chosen here for radio buttons, the capacity input.

【0030】<単位>:容器容量で管理を行う場合は容量単位を選択する <本数>:容器容量で管理を行う場合は容器の本数を入力する。 [0030] <unit>: Select the volume units If you do manage container capacity <number>: If you do manage container capacity to enter the number of the container. 容器容量×本数が入庫量となる <入庫量>:容器容量で管理しない場合はこちらのラジオボタンを選択し、入庫量を入力する <単位>:入庫量の単位(ml,l,g,kg,N Container volume × number is incoming quantity <incoming quantity>: If not managed by container volume Select this radio button, <unit> to enter the incoming quantity: incoming quantity of units (ml, l, g, kg , N
) <比重>:選択した物質の比重。 m 3) <specific gravity>: specific gravity of the selected material. 表示されている単位に合うように単位変換するために用いられる <管理単位>:個人利用で物質を登録する場合、物質の責任者を明確にする場合はチェックする たとえば、500ml瓶で3本のエタノールを入荷した場合、容器容量=500ml、本数=3という形式で入荷量を入力することもできるが、このような容器容量単位ではなく、入庫量=1.5lという形式で入力したり、入庫量=1.35kgという形式で入力することもできる。 Used to unit conversion to match the displayed unit <Management Unit>: To register a material for personal use, for example to check if to clarify who is responsible for materials, of three in 500ml bottles If stock of ethanol, container volume = 500 ml, but in the format number = 3 can also enter stock quantity, rather than such a container volume units, or entered as incoming quantity = 1.5 l, receipts It may be entered as an amount = 1.35 kg. 本システムには単位の自動変換機能が設けられており、どのような単位で入力されても、その単位量は比重値などを用いて他の単位に自動変換される。 This system is automatic conversion unit is provided, be entered in any unit, that unit amount is automatically converted to other units by using a specific gravity value. これにより、入力された単位の種類によらず、例えばkg,N Thus, regardless of the type of the input units, e.g. kg, N
といったデフォルトの単位量での管理を行うことができる。 such m 3 can be managed in units of default.

【0031】(2)保管庫間移動処理 異なる化学物質保管庫間で化学物質の移動が行われた場合には、移動された物質名や、移動量、移動日時、移動先保管庫名などの情報をデータベースに入力するための画面(移動物質登録フォーム)がユーザ管理用ソフト1 [0031] (2) If the mobile chemical has been performed between the stocker between the mobile processing different chemicals depot, and the moved material name, amount of movement, the movement time, such as the destination depot name screen for inputting the information into the database (transport materials registration form) for user management software 1
2によって提供され、その画面上でユーザによる入力処理が行われる。 Is provided by 2, the input processing is performed by the user at the screen. この移動物質登録フォームの画面例を図4に示す。 A screen example of the moving material registration form in FIG. 各フィールドの意味は以下の通りである。 The meaning of each field is as follows.

【0032】 <移動量>:物質の移動量を入力する <単位>:<移動量>の単位を選択する <移動日>:物質を移動した日付をスピンボタンで決める <入庫部所名>:移動先の入庫する<保管庫>がある部所を選択する <入庫保管庫>:<入庫部所>に登録してある保管庫から入庫する保管庫を選択する <管理者>:選択された保管庫の管理者名 <TEL> :選択された保管庫の管理者の内線番号 <消防法係数>:<入庫保管庫>の消防法係数の合計を表示する (3)使用処理 化学物質保管庫で保有している化学物質を使用した場合には、実際に使用した使用量などの情報を入力する処理がユーザ管理用ソフト12により提供される画面(使用物質登録フォーム)を用いて行われる。 [0032] <amount of movement>: Enter the amount of movement of the material <unit>: to select a unit of <movement amount> <movement Date>: the date on which the material was moved to decide the spin button <warehousing duty post name>: the receipts of the destination to select a duty post that there is <depot> <warehousing depot>: to select a storage box for receipts from the depot, which is registered in the <warehousing parts plant> <administrator>: has been selected administrator name of the vault <TEL>: extension <fire Service Act coefficient> of the administrator of the selected vault: to display the sum of the fire Services Act coefficient of <warehousing depot> (3) use processing chemicals vault in the case of using the chemical to be held is performed using the actual screen process of inputting information such as usage used it is provided by the user management software 12 (using material registration form). この処理により使用履歴が残る。 Use history is left by this process. 保有物質一覧表示画面から使用する物質を選択すると、使用物質登録フォームが画面表示され、その画面上で使用量などの情報の入力が行われる。 When selecting a substance to be used from the bearing material list display screen, using material registration form displayed on the screen, input information such as usage in the screen it is performed.
使用物質登録フォームの画面例を図5に示す。 An example of a screen used substances registration form shown in FIG. 各フィールドの意味は以下の通りである。 The meaning of each field is as follows.

【0033】<使用量>:物質の使用量を入力する。 [0033] <usage>: Enter the amount of the substance.

【0034】 <単位>:<使用量>の単位を選択する <使用日>:物質を使用した日付をスピンボタンで設定する <回収物質一時保管庫管理>:回収物質一時保管庫管理の有無をラジオボタンで選択する “無”…回収物質管理をおこなわない “有”…回収物質管理をおこなう <使用形態>:<回収物質管理>が“有”の場合、物質の使用形態を選択する “全量廃棄”…使用後すぐ指定回収物質一時保管庫へ廃棄(一時保管)する “継続使用”…使用中物質として扱う <回収物質一時保管庫>:<使用形態>が“全量廃棄” [0034] <unit>: to select a unit of <usage> <day of use>: the date that you use the substance be set in the spin button <recovered substance temporal storage management>: the presence or absence of the recovered substance temporal storage management selecting a radio button "no" ... not performed recovered substance management "Yes" ... perform recovery material management <use forms>: for <recovered substance management> is "YES", selects the mode of use of a substance "total amount waste "... immediately designated collection material waste to the temporary storage box (temporary storage) for later use" continued use "... treated as in substance use <recovered substance escrow box>: <use form> is" the total amount of waste "
の場合、廃棄する回 収物質一時保管庫を選択する<消防法係数>:<回収物質一時保管庫>の消防法係数の合計を表示する <廃棄容器>:<使用形態>が“全量廃棄”の場合、廃棄する容器などのコメントを入力する なお、回収物質一時保管庫は、保管庫の一形態、つまり廃棄物質専用の保管庫である。 In the case of, to select a waste to recovered material escrow box <Fire Service Law coefficient>: to display the sum of the Fire Services Act coefficient of <recovering substance escrow box> <waste container>: <use form> is "the total amount of waste" in the case of, it should be noted that to enter comments, such as a container to be discarded, recovered substance temporary depot, which is one form, in other words waste material dedicated vault of the vault.

【0035】(4)回収・廃棄処理 使用後の化学物質は、リサイクルのために回収されるものと、回収物質一時保管庫に移動されて廃棄されるものとがあるが、それぞれその回収量の入力や廃棄量の入力といった処理(回収処理、廃棄処理)がユーザ管理用ソフト12によって提供される画面を用いて行われる。 [0035] (4) chemical after collection and disposal use, to that recovered for recycling, there are as to be discarded is moved to the recovery material temporal storage, the recovery amount, respectively processing (recovery processing, disposal) such input and amount of waste input is performed using the screen provided by the user management software 12. 廃棄処理では、使用中物質の一覧表示画面から廃棄物質が選択されると、図6のような廃棄物質登録フォームの画面が表示され、その画面上で廃棄量などの情報が入力される。 In waste disposal, the waste material from the list display screen in use material is selected, displays the waste material registration form screen as shown in FIG. 6, information such as the amount of waste is entered in the screen. この廃棄物質登録フォームの画面例を図6に示す。 A screen example of the waste material registration form in FIG. 各フィールドの意味は以下の通りである。 The meaning of each field is as follows.

【0036】 <廃棄量>:物質の廃棄量を入力する <単位>:<廃棄量>の単位を選択する <使用日>:物質を使用した日付をスピンボタンで設定する(通常は当日の日付) <回収物質一時保管庫管理>:回収物質一時保管庫管理の有無をラジオボタンで選択する “無”…回収物質管理をおこなわない “有”…回収物質管理をおこなう <使用形態>:<回収物質管理>が“有”の場合、物質の使用形態を選択する “全量廃棄”…使用後すぐ指定回収物質一時保管庫へ廃棄(一時保管)する “継続使用”…使用中物質として扱う <回収物質一時保管庫>:<使用形態>が“全量廃棄” [0036] <amount of waste>: Enter the amount of waste material <unit>: to select a unit of <amount of waste> <day of use>: the date that you use the substance be set in the spin button (usually the day date ) <recovering substance temporal storage management>: recover the presence or absence of a substance temporal storage management to select the radio button "no" ... not carried out recovering substance management "Yes" ... carry out the recovery material management <use form>: <recovery in the case of materials management> is "YES", choose to use the form of the substance "the total amount of waste" ... disposal to immediately designated collection substance temporal storage after use (temporary storage) for "continued use" ... treated as in substance use <recovery substance temporal storage>: <use form> is "the total amount of waste"
の場合、廃棄する回収物質一時保管庫を選択する <消防法係数>:<回収物質一時保管庫>の消防法係数の合計を表示する <廃棄容器>:<使用形態>が“全量廃棄”の場合、廃棄する容器などのコメントを入力する (5)集計処理 集計処理は、データベース上のデータを用いて化学物質の廃棄量、環境排出量、リサイクル量などに関する情報を集計して、その報告書を作成するための処理であり、 In the case of, to select the recovered material temporary storage box for disposal <Fire Service Law coefficient>: to display the sum of the Fire Services Act coefficient of <recovering substance escrow box> <waste container>: <use the form> is "the total amount of waste" If, to enter comments such as containers for disposal (5) aggregation process aggregation process, waste of chemical substances by using the data on the database, environmental emissions, aggregates the information about the recycling amount, the report It is a process for creating,
センター管理ソフト11にて行われる。 It carried out by the center management software 11. 環境排出量は、 Environmental emissions,
化学物質の使用により自然環境へ排出された化学物質量を示すものであり、大気、水、土壌それぞれへの排出量が集計により求められる。 And shows the chemical amount discharged to the natural environment by the use of chemicals, air, water, the amount of emission to each soil obtained by aggregation.

【0037】(管理量の定義)次に、図7を参照して、 [0037] (Management of definition) Next, with reference to FIG. 7,
本化学物質管理システムにおける化学物質の管理量の定義について説明する。 It explained definition of management of chemical substances in the chemical management system.

【0038】・入庫量 納品された化学物質を化学物質保管庫に入庫した量を示す。 [0038] a-incoming quantity delivered chemical substance indicates the amount that has been received into the chemical depot.

【0039】・保有量 化学物質保管庫に保有している化学物質の量を示す。 [0039] indicates the amount of chemicals that are held to and ownership volume chemicals vault.

【0040】・使用量 保有化学物質を使用した量を示す。 [0040] indicates the amount that was used and use the amount held by chemical substances. この使用量は、保管庫で管理されている薬品容器から取り出した量であり、 The amount used is an amount which was taken out from the medicine container that is managed by depot,
廃棄量と環境排出量とリサイクル量と化学変化量と搬出量との和に相当する。 It corresponds to the sum of the amount of waste and environmental emissions and recycling amount and the chemical change the amount of the carry-out amount. 環境排出量は前述したように大気、水、土壌などへ廃棄される量であり、この量は、保有化学物質の使用段階で排出される量がほとんどである。 Environmental emissions is the amount to be discarded to the atmosphere, water, soil, etc. As described above, this amount is the amount that is discharged during the use of the held chemical is mostly. 保有化学物質の使用によって製品が製造された場合にはその製品自体に含有される量も含まれる。 Amount contained in the product itself if the product is manufactured by the use of holders chemicals are also included.

【0041】・搬出量 保有化学物質の使用によって製品が製造された場合に、 [0041] - the use of discharge amount held chemicals when the product is manufactured,
その製品自体に含有されて製造現場から外へ搬出される量を示す。 As contained in the product itself indicates the amount to be transported from the production site to the outside.

【0042】・廃棄量 化学物質を回収物質一時保管庫に廃棄した量。 [0042] and disposal volume chemicals amount that was discarded in the recovery substance temporal storage a. 回収物質一時保管庫の化学物質は、廃溶剤として回収されるもの、排水処理場へ送られるもの、不要薬品(廃薬品)として回収されるものがある。 Chemical recovery agent temporal storage are those recovered as waste solvent, which is sent to the wastewater treatment plant, there is to be recovered as unnecessary chemicals (waste chemicals).

【0043】・移動量 移動量には移動出庫量と移動入庫量とがある。 [0043] is in and transfer of amount of movement there is a movement incoming quantity and mobile outgoing quantity. 移動出庫量は化学物質の保管庫間移動によって移動元から出庫した量を示し、移動入庫量は化学物質の保管庫間移動によって移動先に入庫した量を示す。 Movement outgoing quantity represents a quantity that is left from the movement source by moving between depot chemicals, moving incoming quantity indicates the amount that is received into the destination by moving between depot chemicals.

【0044】(管理種別)図8は本化学物質管理システムにおける化学物質の管理種別を示す図である。 [0044] (Management Type) FIG. 8 is a diagram illustrating a management type of chemicals in the chemical management system.

【0045】図示のように、化学物質は、センター管理物質と、部所管理物質とに分けて管理される。 [0045] As shown, chemicals, and center management agent, is managed separately in the duty post controlled substances.

【0046】・センター管理物質 センターで登録されている化学物質で、センターはこの物質のみの管理をおこなう。 [0046] In the chemical substance that has been registered in the Center controlled substances Center, Center performs the management of this material only.

【0047】・部所管理物質 センター管理物質を精製したり混合したり、またサンプルとして入手した物質など、センター登録されていない化学物質を登録部所独自で管理をおこなう物質。 [0047] - duty post controlled substances Center or mixture manage material was purified or, also like substances obtained as a sample, to register portions plants own management of chemical substances that are not centers registered substance. この物質は登録した部所でのみ管理をおこない、センターでは管理しない。 This material performs only management at duty post that was registered, not managed by the center.

【0048】例えば、化学物質AとBを混合することにより、その混合物として、センター登録されていない中間生成物Cが生成された場合には、その中間生成物Cについては部所管理が行われ、その中間生成物Cの成分物質である化学物質AとBについては、センターで管理される。 [0048] For example, by mixing the chemicals A and B, as a mixture, if the intermediate product C is not being center registered is generated, duty post management is performed for the intermediate product C for the chemicals a and B is a component material of the intermediate product C, it is managed by the center.

【0049】(管理単位)図9は本化学物質管理システムにおける化学物質の管理単位を説明するための図である。 [0049] (Management Unit) FIG. 9 is a diagram for explaining the management unit of chemicals in the chemical management system.

【0050】本化学物質管理システムでは、保有化学物質毎に固有の物質コードが割り当てられ、その物質コード単位で保有化学物質が管理される。 [0050] In the chemical management system is assigned a unique material code for each possess chemical holding chemicals in the substance code unit is managed. 管理対象の化学物質の例を以下に示す。 Examples of managed chemical substances are shown below.

【0051】1)薬品 試薬全般 2)工業薬品、化学材料 蛍光体、蒸留水、半導体薬品、工業用薬品、接着剤、接着液、ダストクリーン、エッチング薬品、その他化成品、メッキ液など 3)ガス ヘリウム、窒素、水素、酸素、アルゴン、半導体ガス、 [0051] 1) chemical reagent General 2) industrial chemicals, chemicals phosphor, distilled water, semiconductor chemicals, industrial chemicals, adhesives, adhesive liquid, dust clean, etch chemistries, and other chemical products, 3 plating solution) Gas helium, nitrogen, hydrogen, oxygen, argon, semiconductor gas,
アセチレン、アンモニア、亜酸化窒素、等各種ガス、液体物 また、保有化学物質については、容器容量単位、入庫者単位での管理も行われる。 Acetylene, ammonia, nitrous oxide, etc. various gases, liquids As to the owned chemicals, container volume units, also management in receipts's units are performed.

【0052】・容器容量単位管理;保管庫に入庫している容器の容量単位で管理する。 [0052]-container capacity unit management; managed by the capacity unit of the container that is received into the depot.

【0053】・入庫者単位管理:保管庫に入庫した入庫者と容器容量の単位で管理する。 [0053]-GR's unit management: Managing in units of GR's and container capacity that was received into the depot.

【0054】これら管理する単位は、前述したように、 [0054] unit to these management, as described above,
化学物質の入庫登録時にいずれかを選択して物質毎に設定することができる。 It can be set for each material by selecting one at goods receipt registration of chemicals.

【0055】(環境排出量管理):第1の例(使用量を基準とした例) 次に、本実施形態の重要な特徴の一つである環境排出量管理のための仕組みについて説明する。 [0055] (environmental emissions management): the first example (example with reference to the usage) will now be described a mechanism for environmental emissions management is an important feature of this embodiment.

【0056】まず、第1の例として化学物質の使用量を基準とした環境排出量管理の基本原理について説明する。 [0056] First, a description will be given of the basic principle of environmental emissions management relative to the use of chemical substances as the first example.

【0057】本実施形態では、化学物質毎の環境排出量割合、例えば、大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量割合は例えば物質種とその使用用途とによって決定される(所定の条件によって予め決定される)という点を利用して、環境排出量割合を、物質種とその使用用途とによって決まるパラメタによってモデル化して管理している。 [0057] In this embodiment, environmental emissions rate for each chemical substance, for example, air, water, environmental emissions proportion to each soil by (predetermined conditions determined by, for example, species and its intended use using the fact that pre-determined), the environmental emissions rate, and manages modeled by parameters determined by its intended use and species. すなわち、データベースを用いて、保有している各化学物質についてその物質種(物質名、物質コード、などの物質そのものを示すパラメタ)、使用用途、 That is, using a database, the species for each chemical to be held (substance name, parameter indicating the material itself of substance code, etc.), use applications,
および大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量割合の管理を行う。 And performing air, water, environmental emissions rate management to each soil.

【0058】このように、物質種とその使用用途とによって決定される大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量割合を管理しておけば、あとは、各化学物質の使用量に対してそれら環境排出量割合を乗算するという簡単な集計処理を行うだけで、大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量を簡単に求めることができる。 [0058] Thus, air that is determined by the species and its intended use, water, if manage environmental emissions proportion to each soil, is followed, with respect to the amount of each chemical only by performing a simple tabulation process of multiplying them environmental emissions ratio can be easily determined air, water, environmental emissions to each soil. 以下、この仕組みを実現するための好適な具体例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of a preferred embodiment for implementing this mechanism.

【0059】(保有物質管理テーブル)図10には、各部所の保管庫にある化学物質の保有状況を管理するための保有物質管理テーブルのフィールド構成が示されている。 [0059] (the bearing material management table) FIG. 10 is a field configuration of a bearing material management table for managing the holdings of chemical substances in the depot of each part plant is shown. この保有物質管理テーブルは、保有している各化学物質についてその物質種(物質名、物質コード、などの物質そのものを示すパラメタ)、使用用途(使用用途としては、洗浄などの純粋用途の他に、例えば使用環境として温度、圧力などの条件も含む)、および大気、水、 The bearing material management table, each chemical for the species to be held (substance name, material code, a parameter indicating the substance itself, etc.), as the intended use (purpose of use, in addition to the pure applications such as cleaning , for example, temperature of use environment, conditions such as pressure containing), and air, water,
土壌などそれぞれへの環境排出量割合等を、時間的(期間)、空間的(部所単位、保管庫単位、全部所、全保管庫など)に管理するために用いられるものであり、リレーショナルデータベースを構成する複数のテーブルの1 Soil environmental emissions rate or the like into each time (period), which is used to manage the spatial (duty post unit, depot units, all at a total vault etc.), a relational database constituting a plurality of tables 1
つである。 One is is. 保有している各化学物質毎に1レコード(1 Each chemical one record for each holds (1
行)が割り当てられ、各レコードには図示のようなフィールドが定義されている。 Line) is assigned, fields such as shown, is defined in each record. ここでは、代表的な幾つかのフィールドについてその説明を行う。 In this case, make that describes the typical several fields.

【0060】<保管庫コード>:該当する化学物質を保有している保管庫の固有コードを示す。 [0060] <vault code>: show the unique code of the vault that holds the corresponding chemical substance. 保管庫コードは、保管庫の所在を示す建屋番号、部屋番号と、保管庫番号などから構成される。 Vault code, building number indicating the location of the vault, and the room number, and the like depot number. この<保管庫コード>フィールドにより、1部所に複数の保管庫が存在する場合にも、その保管庫単位で環境に対する影響や安全性などを管理することが可能となる。 The <depot code> field, 1 even when a plurality of vault is present in duty post, it is possible to manage and the impact on the environment and safety at the depot unit.

【0061】<物質コード>:各化学物質毎に割り当てられた固有の物質コード <サブ番号>:同一物質種で物質名が異なる化学物質を識別するためのコード <成分物質コード>:<物質コード>で指定される物質が混合物の場合にはその成分物質の物質コード、<物質コード>で指定される物質が純物質の場合は<物質コード>と同じコードが設定される。 [0061] <substance code>: specific substance code assigned to each chemical <Sub number>: code for material name of the same species to identify different chemical <component substances Code>: <substance code > substance specified in the substance code of the component substances in the case of a mixture, substances which are specified by the <substance code> is the case of the pure substance are set to the same code as the <substance code>.

【0062】<成分サブ番号>:同一物質種で物質名あるいは商品名が異なる化学物質を識別するためのコード <部所管理フラグ>:センター管理物質であるか、部所管理管理物質であるかを識別するためのフラグ <物質名称>:物質名、成分物質の場合はその物質名 <物質属性>:純物質・化合物/混合物/成分物質を識別する識別子 <法規分類コード>:<物質コード>で指定される物質を規制対象としている法規を示すコード <保管庫管理フラグ>:個人管理であるか、保管庫単位での管理であるかを示すフラグ <入庫者名>:入庫処理を行った人の名前 <入庫日時>:最後に入庫処理を行った日時 <タイプ>:液体、固体等の属性を示す <利用単位>:kg、ml、個数等の使用単位 <保有量>:現時点の保有量を示す。 [0062] <Component Sub number>: code for material name or trade name of the same species to identify different chemicals <duty post management flag>: or a center management agent, whether the duty post management controlled substance flag for identifying <substance name>: material name, the substance name if the component substances <substance attribute>: pure substance, compound / mixture / ingredients material identifier identifies a <laws classification code>: <substance code> in code that the substance that is specified indicate the regulations that are subject to regulation <vault management flag>: what is a personal management, a flag indicating whether the management at the depot unit <GR's name> was carried out the goods receipt processing human name <Receipt date>: last time performing the storage operation <type>: liquid, indicating attributes of a solid, such as <user units>: kg, ml, using the unit number such as <holdings>: held at the present time indicating the amount. この値は入庫処理、使用処理などにより増減する。 This value increases and decreases due to storage operation, use processing.

【0063】<保有量KG>:保有量をkgに変換した値、ガスの場合はNm に変換した値 <含有量>:成分物質の含有量(含有率)を示す。 [0063] <stockpile KG>: value of holdings was converted to kg, the value in the case of gas converted to Nm 3 <content>: shows the content of the component material (content). 成分物質の保有量を求める際に使用される <消防法最大保有KG>:消防法の管理対象物質に対して設定される値であり、特定区域内でその物質を安全に保有できる最大保有量を示す <管理廃棄量割合>:使用量に対して、使用後に回収物質一時保管庫に入れられて管理される割合 <環境排出量割合(大気)>:使用量に対して、使用によって大気に排出される割合 <環境排出量割合(水)>:使用量に対して、使用によって水質に排出される割合 <環境排出量割合(土壌)>:使用量に対して、使用によって土壌に排出される割合 <化学変化量割合>:使用時に化学変化して他の物質に変化する割合 <リサイクル量割合>:使用後にリサイクル物質として再利用できる割合 <搬出量>:保有化学物質の使用によって製品が製造された Used when obtaining the holding amount of component substances <Fire Service Law Maximum held KG>: is a value which is set for controlled substances for Fire Service Law, the maximum holdings that can retain the material securely within a particular area shown <management waste volume ratio>: relative amount of use, ratio <environmental emissions rate (air)> managed taken into collecting material temporal storage after use: for usage in the atmosphere by using ratio <environmental emissions rate (water)> discharged: for use amount, percentage <environmental emissions ratio (soil)> discharged water quality by use: for usage, is discharged into the soil by use that ratio <chemical variation ratio>: rate of change in other substances by chemical change during use <recycled ratio>: percentage <unloaded weight> can be reused as a recycled material after use: product by the use of holders chemicals manufactured 合に、その製品自体に含有されて製造現場から外へ搬出される量 <使い方コード>:<物質コード>で指定される物質の使用用途を示すコード <消防法係数>:消防法で規制されている最大保有量に対する物質保有量の割合を示す。 The case, the amount that is contained in the product itself is unloaded from the production site to the outside <Usage Code>: code indicating the use application of the material to be specified by the <substance code> <Fire Service Law coefficient>: is regulated by the Fire Service Law It shows the percentage of material stockpile to the maximum held amount is. この割合を保管庫単位で物質毎に累積することにより、保管庫としての消防法係数を呈示することができる。 By accumulating the material for each of the proportions as depot units, it can present a fire assay coefficient as depot.

【0064】<重み付け値>:該当する物質の環境に対する影響度の度合いを示す環境負荷指数。 [0064] <weighting value>: the appropriate environmental impact index indicating the degree of impact on the environment of the substance. 環境負荷指数と保有量との積を保管庫単位で物質毎に累積することにより、保管庫単位で環境負荷を調べることができる。 By accumulating the material each in depot unit the product of the environmental load index and stockpile, can be examined environmental impact depot unit.

【0065】この保有物質管理テーブルにおいては、物質名称を入力すると、予め割り当てられた物質コードが保有物質管理テーブルに自動設定される。 [0065] In this bearing material management table, entering the substance name, preassigned substance code is automatically set to the bearing material management table. そして、使い方を入力すると、後述する使い方テーブルが検索され、 When entering the use, it is searched how table described later,
その物質コードと使い方とによって決定される、大気、 Is determined by the use and the material code, the atmosphere,
水、土壌それぞれへの環境排出量割合や、化学変化量割合、リサイクル量割合の値が取得され、それらが保有物質管理テーブルの該当するフィールドにそれぞれ自動設定される。 Water, and environmental emission rate to each soil, chemical variation rate, the value of the recycled amount ratio is acquired, they are each automatically set in the appropriate fields of the bearing material management table.

【0066】また、消防法係数、重み付け値の利用の仕方については、後述する。 [0066] In addition, the Fire Service Law coefficient, on how to use the weighting value will be described later.

【0067】(履歴テーブル)図11には、各部所で保有されている化学物質に対する使用、廃棄、移動などの履歴を管理するための履歴テーブルのフィールド構成が示されている。 [0067] (the history table) 11 is used for the chemical held for each part plant, waste, field structure of the history table for managing a history of such movement is illustrated. この履歴テーブルは、各保有化学物質毎にその使用量、廃棄量、移動量などを、時間的(期間)、空間的(部所単位、保管庫単位、全部所、全保管庫など)に管理するために用いられるものであり、リレーショナルデータベースを構成する複数のテーブルの1 The history table, the management on the usage for each possess chemical, amount of waste, such as movement amount, time (period), spatial (duty post unit, depot units, all at a total vault, etc.) It is those used to, one of the plurality of tables that comprise the relational database
つである。 One is is. 保有している各化学物質毎に1レコード(1 Each chemical one record for each holds (1
行)が割り当てられ、各レコードには図示のようなフィールドが定義されている。 Line) is assigned, fields such as shown, is defined in each record. ここでは、代表的な幾つかのフィールドについてその説明を行う。 In this case, make that describes the typical several fields. なお、保有物質管理テーブルと同一名のフィールドの意味は、保有物質管理テーブルのそれと同じである。 Incidentally, the meaning of the fields of the bearing material management table with the same name is the same as that of the bearing material management table.

【0068】<履歴種別>:入庫、移動、使用、廃棄、 [0068] <history type>: warehousing, movement, use, disposal,
回収等の処理の識別に用いられる <増減量>:保管庫で保有されている保有量の増減量を示す。 Used to identify the process of collecting such <decrease amount>: it shows the amount of increase or decrease holdings that are held by the stocker. <履歴種別>が「使用による減少」を示す場合には、<増減量>の値は使用量に相当する値(マイナス) Value if <history type> indicates "reduction by use" is equivalent to the value amount of <decrease amount> (minus)
となり、<増減量>の値が使用量を示すことになる。 Next, it will exhibit a value is the amount of <decrease amount>.

【0069】(使い方テーブル)図12には、前述の使い方テーブルの構成の一例が示されている。 [0069] (the usage table) 12 has been shown an example of the configuration of the aforementioned usage table. この使い方テーブルは、使用用途毎に各化学物質の大気、水、土壌それぞれへの環境排出量割合や、リサイクル量割合、化学変化量割合を定義したテーブルであり、使い方別に分けられた複数のテーブルから構成されている。 This usage table, air each chemical for each intended use, water, and environmental emission rate to each soil, recycling volume ratio is a table that defines chemical variation ratio, of the plurality of divided by usage table It is constructed from. 各使い方テーブルは、前述の物質管理テーブルの使い方フィールドに設定される使い方コードによって関連づけられる。 Each usage tables are related by use code set in use field of the foregoing materials management table.
各使い方テーブルにおいては、保有している化学物質毎に1レコード(1行)が割り当てられ、各レコードには図示のように、<物質コード>、<管理廃棄量割合>、 In each use table, held to have one record (1 line) for each chemical substance is assigned, as shown in each record, <substance code>, <management waste volume ratio>
<大気排出量割合>、<水質排出量割合>、<土壌排出量割合>、<リサイクル量割合>、<化学変化量割合>、<搬出量割合>のフィールドが定義されている。 <Atmospheric emissions ratio>, are defined field of <water quality emissions rate>, <soil emissions rate>, <recycling volume ratio>, <chemical change amount ratio>, <carry-out amount ratio>.

【0070】前述したように、<大気排出量割合>、< [0070] As described above, <atmospheric emissions rate>, <
水質排出量割合>、<土壌排出量割合>、<リサイクル量割合>、<化学変化量割合>、<搬出量割合>の値は、化学物質とその使い方との関係によって予め決めることができる。 Water emissions ratio> can be predetermined by the relationship of the value of <soil emissions rate>, <recycling volume ratio>, <chemical variation rate>, <unloaded weight ratio>, and chemicals and their use. つまり、大気、水、土壌それぞれにどの程度の割合で排出され、また化学変化、搬出量およびリサイクル量がどの程度の割合で生じるかという係数値は、物質の性質と使い方によって予め予想することができるので、その予測値を使い方テーブルに登録しておけばよい。 In other words, air, water, is discharged at a rate of how each soil, also chemical changes, the coefficient value of one out amount and amount recycled occurs at a ratio of how much is to be expected in advance by the nature and use of the substance it is possible, may be registered the prediction value to use table. また、大気、水、土壌それぞれへの環境排出量割合については、使い方毎に各物質それぞれについての大気、水、土壌それぞれへの環境排出量を実測し、その測定値の統計データを用いて、使い方テーブルに登録する値を決定するようにしてもよい。 Further, air, water, for environmental emissions proportion to each soil was measured air, water, environmental emissions to each soil for each of material for each use, using statistical data of the measured values, it is also possible to determine the value to be registered in the use table.

【0071】図12では、使い方コード=01に対応する使い方テーブルが例示されており、物質コード=01 [0071] In Figure 12, use table corresponding to the usage code = 01 is illustrated, material code = 01
の化学物質を使い方コード=01で示される用途で使用した場合に、 大気排出量割合=0.1 水質排出量割合=0 土壌排出量割合=0 リサイクル量割合=0 化学変化量割合=0 搬出量割合=0 となる例が示されている。 The chemicals when used in applications represented by Using Code = 01, atmospheric emissions ratio = 0.1 water emissions rate = 0 soil emissions rate = 0 recycled amount ratio = 0 chemical variation rate = 0 unloading examples of the proportions = 0 is shown.

【0072】これら割合の合計値を1から引いた残りが回収物質一時保管庫に廃棄される管理廃棄量割合となるので、管理廃棄量割合=0.9となる。 [0072] Since the remainder obtained by subtracting the sum of these proportions from 1 to become the administrator waste quantity ratio to be discarded recovered material temporal storage, the management amount of waste ratio = 0.9.

【0073】また、物質コード=02の化学物質を使い方コード=01で示される用途で使用した場合には、 大気排出量割合=0.2 水質排出量割合=0.1 土壌排出量割合=0 リサイクル量割合=0 化学変化量割合=0.2 搬出量割合=0 となる例が示されている。 [0073] Further, when used in applications where indicated chemicals substance code = 02 In use code = 01, atmospheric emissions ratio = 0.2 water emissions ratio = 0.1 Soil emissions rate = 0 examples of the recycling volume ratio = 0 chemical variation rate = 0.2 unloaded weight ratio = 0 is shown. この場合、管理廃棄量割合= In this case, the management amount of waste ratio =
0.5となる。 0.5.

【0074】(集計表)図13には、集計処理によって得られる集計表の一例が示されている。 [0074] (the spreadsheet) 13, an example of a schedule obtained by aggregation processing is shown. この集計表は環境排出量等を行政機関に開示するための報告書などとして用いられるものであり、前述の保有物質管理テーブルおよび履歴テーブルを用いて計算される。 This schedule is intended to be used as such reports to disclose the environmental emissions such as administrative agency, is calculated using the aforementioned bearing material management table and the history table. 集計表には、 In the summary table,
図示のように、保有化学物質毎に、その物質コード、物質名、単位、前期在庫量、入庫量、当期在庫量、使用量、管理廃棄量、移動量、リサイクル量、大気排出量、 As shown in the figure, for each owned chemical substance, the substance code, material name, unit, the previous year amount of inventory, warehousing amount, net amount of inventory, usage, management amount of waste, the amount of movement, recycling amount, atmospheric emissions,
水質排出量、土壌排出量、化学変化量、搬出量等の値が含まれている。 Water emissions, soil emissions, chemical variation, contains the value of the discharge amount and the like.

【0075】(環境排出量割合の取得)図14には、環境排出量割合を使用テーブルから自動的に取得して保有物質管理テーブルに登録する手順が示されている。 [0075] (the environmental emissions rate of acquisition) 14, the procedure of registering the bearing material management table environmental emissions rate from using the table automatically acquired and is shown.

【0076】まず、物質コードおよび使い方コードが保有物質管理テーブルに入力される(ステップS10 [0076] First, material codes and use code is entered into bearing material management table (step S10
1)。 1). この場合、人手により行う作業は、物質名一覧メニューから物質名を選択する作業と、使い方一覧メニューから使い方を選択する作業である。 In this case, the work carried out by manpower, and the task of selecting a substance name from the substance name list menu, is a work to choose how to use from how to use the list menu. 物質名を選択することにより、自動的に対応する物質コードの入力が行われる。 By selecting the material name, automatically entered in the corresponding substance code is performed.

【0077】次いで、物質コードと使い方コードをキーとする使い方テーブルの検索が行われ、使い方コードキーに対応する使い方テーブルの中で、物質コードキーに該当するレコードから、管理廃棄量割合、大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、リサイクル量割合、化学変化量割合、搬出量割合の値が取得される(ステップS102)。 [0077] then, is carried out a search of how to use the table to key the material code and how to use code, in how to use table that corresponds to the use code key, from the record corresponding to the substance code key, management amount of waste rate, atmospheric emissions proportions, water emissions rate, soil emissions rate, recycle quantity ratio, chemical variation rate, the value of the discharge amount ratio is obtained (step S102).

【0078】この後、その取得された管理廃棄量割合、 [0078] After this, the acquired management amount of waste rate,
大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、リサイクル量割合、化学変化量割合、搬出量割合の値が、 Atmospheric emissions rate, water quality emissions rate, soil emissions rate, recycling amount ratio, chemical change amount ratio, the value of the carry-out amount ratio,
保有物質管理テーブルの該当するフィールド位置に自動登録される(ステップS103)。 It is automatically entered in the corresponding field position of the bearing material management table (step S103).

【0079】(集計表出力)図15には、集計表出力のための集計処理の手順が示されている。 [0079] (the schedule output) 15, the procedure of aggregation processing for the aggregation table output is shown.

【0080】まず、集計対象の化学物質についての時間的・空間的な使用量が履歴テーブルの増減量フィールドから取得される(ステップS111)。 [0080] First, the temporal and spatial use of chemical substances aggregation target is obtained from the decrease amount field history table (step S111). 次いで、該当する物質についての管理排気量割合、大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、リサイクル量割合、搬出量割合、および化学変化量割合の値が、保有物質管理テーブルまたは履歴テーブルから取得される(ステップS112)。 Then, the management emissions rate for the relevant substance, atmospheric emissions rate, water emissions rate, soil emissions rate, recycle quantity ratio, discharge volume ratio, and values ​​of chemical variation ratio, bearing material management table or historical is acquired from the table (step S112). この取得した使用量は、以下のような内訳に分類される。 The obtained amount is classified into breakdown as follows.

【0081】「使用量」=「管理廃棄量」+「環境排出量(大気、水、土壌)」+「リサイクル量」+「化学変化量」+「搬出量」 したがって、集計対象の化学物質毎に、 「使用量」×「管理廃棄量割合」=「管理廃棄量」 「使用量」×「大気排出量割合」=「大気排出量」 「使用量」×「水質排出量割合」=「水質排出量」 「使用量」×「土壌排出量割合」=「土壌排出量」 「使用量」×「リサイクル量割合」=「リサイクル量」 「使用量」×「化学変化量割合」=「化学変化量」 「使用量」×「搬出量割合」=「搬出量」 という計算を行うことにより、集計表に出力すべき、 [0081] "use amount" = "Managing waste amount" + "environmental emissions (air, water, soil)" + "amount of recycling" + "chemical change amount" + "carry-out amount" Therefore, the aggregate target of a chemical substance per to, "use amount" × "managing amount of waste ratio" = "managing amount of waste", "use amount" × "atmospheric emissions rate" = "atmospheric emissions," "use amount" × "water quality emissions rate" = "water quality emissions "," use amount "×" soil emissions rate "=" soil emissions, "" use amount "×" recycling volume ratio "=" recycling amount "" use amount "×" chemical change amount ratio "=" chemical change by performing the calculation of the amount, "" usage "×" unloaded weight ratio "=" unloading amount ", to be output to the schedule,
「管理廃棄量」、「大気排出量」、「水質排出量」、 "Managing waste amount", "Air emissions", "water quality emissions",
「土壌排出量」、「リサイクル量」、「搬出量」、および「化学変化量」の値が算出される(ステップS11 "Soil Emissions", the value of "recycled amount", "out amount", and "chemical change amount" is calculated (step S11
3)。 3).

【0082】(環境排出量管理の第2の例):廃棄量を基準とした管理 次に、環境排出量管理の第2の例について説明する。 [0082] (Second Example of environmental emissions management): Management relative to the amount of waste will be explained a second example of an environment emissions management.

【0083】前述の例では、化学物質毎に、使い方、環境排出量割合(大気、水、土壌)、使用量などを管理したが、これは少量多品種の物質を様々な用途で使用する研究機関等に好適な管理方法である。 [0083] In the example above, for each chemical substance, use, environmental emissions ratio (air, water, soil), was managing the usage, which uses a substance-mix low-volume in a variety of applications research is the preferred management method in institutions.

【0084】これに対し、化学物質の使用用途が予め定められた工場等においては、大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量割合や化学変化量割合、リサイクル量割合、搬出量割合が化学物質毎に予め一義的に決定できる。 [0084] In contrast, in the factory or the like that use applications predetermined chemicals, air, water, environmental emissions rate or chemical change amount ratio of the respective soil, recycling volume ratio, discharge amount ratio chemical It can be pre-determined uniquely for each material. このため、化学物質毎にその使い方や環境排出量割合を個々にテーブルで管理せずとも、入庫量と、未使用使用量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量の管理だけ前述の履歴管理テーブルを用いて行えば、あとは入庫量から未使用使用量、未使用廃棄量、および使用済回収廃棄量を減算した量に、大気、水、土壌などそれぞれへの環境排出量割合を乗算することで環境排出量を集計することができ、同様に化学変化量割合、リサイクル量割合、 Therefore, without managing the use and environmental emissions rate for each chemical individually table, incoming quantity and unused usage, unused waste amount, only management of spent collecting waste amount history management described above be performed using the table, the unused amount from incoming quantity is followed, unused waste amount, and the amount of the spent recovered waste amount obtained by subtracting, multiplying air, water, environmental emissions proportion to each soil environmental emissions can summarize by similarly chemical variation rate, recycle quantity ratio,
搬出量割合を乗算すれば、化学変化量、リサイクル量、 If multiplied by the carry-out amount ratio, chemical variation, recycling amount,
搬出量などを集計できる。 Or the like can aggregate the carry-out amount.

【0085】ただし、この場合には、回収物質一時保管庫に入れられた廃棄物中には、使用処理によって不純物が混入している場合があるので、実測した廃棄量をそのまま使用すると、正しい使用量が算出できなくなることがある。 [0085] However, in this case, during the waste placed in the collection material escrow box, because there are cases in which impurities are introduced by using the process and accept the actually measured amount of waste, the correct use is the amount can not be calculated. したがって、図16に示すような不純物係数テーブルを用いて、実測した廃棄量から不純物を除いた実際の廃棄量を算出することが好ましい。 Thus, by using the impurity coefficient table as shown in FIG. 16, it is possible to calculate the actual amount of waste that remove impurities from the actually measured amount of waste preferred.

【0086】図16に示す不純物係数テーブルは、化学物質のある特定の「使い方」に対応するものであり、ここには、図示のように、物質コード毎に、不純物係数、 [0086] impurity coefficient table shown in FIG. 16, which corresponds to the "Usage" certain of chemicals, here, as shown, for each material code, impurities coefficients,
大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、化学変化量割合の値が登録されている。 Atmospheric emissions rate, water emissions rate, soil emissions rate, the value of the chemical variation rate are registered. (測定した廃棄量)×(1−不純物係数)によって、実際の廃棄量を求めることができる。 By (measured amount of waste) × (1-impurity coefficient), it is possible to determine the actual amount of waste.

【0087】(集計表出力の第2の例)図17には、環境排出量管理の第2の例に対応する集計処理の手順が示されている。 To [0087] (Second Example of summary table output) 17, the procedure of the aggregation process corresponding to the second example of the environmental emissions management is shown.

【0088】まず、図16の不純物係数テーブルを用いて、実際の廃棄量を算出する処理が行われる(ステップS121)。 [0088] First, using the impurity coefficient table of FIG. 16, processing is performed to calculate the actual amount of waste (step S121). この処理では、前述したように、 (測定した廃棄量)×(1−不純物係数) の乗算によって実際の廃棄量Gが求められる。 In this process, as described above, determined actual amount of waste G by multiplication (measured amount of waste) × (1-impurity coefficient).

【0089】次いで、時間的・空間的に集計された入庫量( 入庫量)から時間的・空間的に集計された実際の廃棄量( G)を減算し、その減算結果に、対応する物質の大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、化学変化量割合等の値を乗ずることで、大気排出量、水質排出量、土壌排出量、化学変化量等が求められる(ステップS122)。 [0089] Then, by subtracting the incoming quantity that is temporally and spatially aggregated actual amount of waste from the (incoming quantity) are temporally and spatially aggregate (G), the result of the subtraction of the corresponding substances by multiplying atmospheric emission ratio, water emissions rate, soil emissions rate, the value of the chemical variation rate and the like, atmospheric emissions, water emissions, soil emissions, chemical change amount and the like is determined (step S122) .

【0090】なお、特定の条件下においては、 ( 入庫量)−( G) は基本的に環境排出量と見なしても良い。 [0090] Note that, in certain conditions, (incoming quantity) - (G) may be regarded as essentially environmental emissions.

【0091】[第2実施形態]第1実施形態においても説明したように、環境排出量の管理のためには、純物質単位での物質管理が必要となる。 [0091] As explained in the Second Embodiment In the first embodiment, for the management of environmental emissions, it is necessary to material management in pure substance basis. ここでは、その純物質管理の具体的な仕組みを、第2実施形態として説明することにする。 Here, a specific mechanism of a pure substance management, will be explained as a second embodiment. なお、本第2実施形態の化学物質管理システムの基本構成は第1実施形態と同じであり、第1実施形態で説明した(システム構成)、(機能)、(管理量の定義)、(管理種別)、(管理単位)、(環境排出量管理)、(保有物質管理テーブル)、(履歴テーブル)、(使い方テーブル)、(集計表)、(環境排出量割合の取得)、(集計表出力)、(環境排出量管理の第2の例)、(集計表出力の第2の例)はそのまま第2実施形態に適用される。 The basic structure of the chemical management system of the second embodiment is the same as the first embodiment, described in the first embodiment (System Configuration), (function), (Definitions of Managed weight), (Management type), (management unit), (environmental emissions management), (bearing material management table), (history table), (use table) (spreadsheet), (environmental emissions rate of acquisition) (summary table output ), (second example of an environment emissions management), (second example of a schedule output) is directly applied to the second embodiment.

【0092】(保有物質管理テーブル)図18は、第1 [0092] (bearing material management table) FIG. 18 is a first
実施形態の図10で説明した保有物質管理テーブルの中で、純物質管理に関する部分のみを抽出して示したものである。 Among bearing material management table described with reference to FIG. 10 embodiment, showing by extracting only the part related to the pure substance administration. 図18の各フィールドの意味は第1実施形態で説明した通りである。 The meaning of each field of Figure 18 is as described in the first embodiment. 図18から分かるように、純物質については1物質1レコードの割り当てになっており、 As can be seen from FIG. 18, it serves for the allocation of material 1 record for a pure substance,
混合物質(王水)については、その混合物質と、それを構成する各成分物質に対して個々にレコードが割り当てられている。 For mixed material (aqua regia) is its substance mixture, record individually is assigned to each component material constituting it.

【0093】図18では、純物質であるエチルアルコールについては、物質コード=A1、サブ番号=00、成分物質コード=A1、成分サブ番号=00、含有量=1 [0093] In Figure 18, the ethyl alcohol is pure substances, substance code = A1, sub-number = 00, component substance code = A1, component sub number = 00, content = 1
となっている。 It has become. このように純物質の場合には、物質コードと成分物質コードは同じになり、また含有量=1となる。 Thus in the case of a pure substance, the substance code and component material code will be the same, also the content = 1.

【0094】エタノールは、エチルアルコールと実質的に同一の物質であるが名前の異なる物質である。 [0094] Ethanol is the ethyl alcohol and substantially the same material are different materials named. このエタノールについては、物質コードはエチルアルコールと同じA1となるが、サブ番号はエチルアルコールと異なる値01となる。 This ethanol is substance code is the same A1 as ethyl alcohol, sub number is different from the value 01 and ethyl alcohol. また、含有量は1である。 Also, the content is 1.

【0095】混合物である王水については、物質コード=B1、サブ番号=00、成分物質コード=B1、成分サブ番号=00となる。 [0095] For mixtures in which aqua regia, the substance code = B1, sub-number = 00, component substance code = B1, component sub ID = 00. そして、その下のレコードには、王水の成分物質である硝酸と塩酸のレコードが配置される。 Then, the record of the underlying record of nitric acid and hydrochloric acid which is a component material of the aqua regia are placed.

【0096】成分物質である硝酸については、物質コードは王水と同じB1となり、そしてサブ番号=00、成分物質コード=C1、成分サブ番号=00、含有量= [0096] For component material nitrate, material code identical B1 becomes as aqua regia and sub ID = 00, the component material code = C1, component sub number = 00, content =
0.25となる。 0.25. 含有量=0.25は、王水には硝酸が0.25の割合で含まれていることを意味する。 Content = 0.25, in aqua regia means that nitric acid is contained at a ratio of 0.25. 成分物質の含有量の値は、混合物質の保有量からその成分物質の保有量を計算するために用いられる。 The value of the content of the component substances are used to calculate the holding amount of the component substances from stockpile of mixed material.

【0097】「成分物質の保有量」=「混合物質の保有量」×「成分物質の含有量」 第2の成分物質である塩酸については、物質コードは王水と同じB1となり、そしてサブ番号=00、成分物質コード=D1、成分サブ番号=00、含有量=0.75 [0097] "stockpile of component substances" = the hydrochloride "the content of the component material" which is the second component material "mixed stockpile of material" ×, the substance code identical B1 becomes as aqua regia and sub numbers, = 00, the component material code = D1, component sub number = 00, content = 0.75
となる。 To become.

【0098】このように、混合物質についてはその成分物質と含有量を保有物質管理テーブルで管理することにより、純物質単位での管理を容易に行うことができるようになり、純物質単位で環境排出量の集計等を行うことが可能となる。 [0098] Thus, by the mixing materials to manage the content and its component substances in bearing material management table, the management of pure material units can now be easily carried out, environmental pure material units it is possible to perform emission of aggregation, and the like. この純物質単位の管理は、保有物質管理テーブルのみならず、履歴テーブルについても同様に行われる。 The management of the pure substance units, not bearing material management table only is also performed for the history table.

【0099】また、前述の使い方テーブルには、純物質単位で環境排出量割合(大気、水、土壌)などの情報が登録されているので、混合物質の場合にはその成分物質毎に環境排出量割合(大気、水、土壌)を保有物質管理テーブルに登録すればよい。 [0099] Further, in the above usage table, since environmental emissions percentage pure material units (air, water, soil) information such as registered, environmental emissions for respective component substances in the case of mixed materials proportions (air, water, soil) may be registered in the possessed material management table.

【0100】なお、ここでは、各化学物質を管理するためのレコード内に成分物質に関するフィールドを用意するのではなく、成分物質に関する情報や混合物質に関する情報を他の純物質と同様に全て1レコードとして管理しているが、これは、無駄なフィールドの発生を防止すると共に、環境排出量の計算を容易に行えるようにするためである。 [0100] Here, each chemical instead of providing fields for component materials in the record for managing all the information about the information or substance mixture about component materials as well as other pure substance 1 record Although it managed as, which is adapted to prevent wasteful fields, in order to make easily the calculation of environmental emissions.

【0101】各混合物質とその成分物質および含有量との関係は、物質管理データベースと称されるデータベースに予め定義されている。 [0102] relationship between the mixed substance and its component substances and the content is predefined referred to as material management database database. 全保有化学物質は「物質管理テーブル」で一元的に定義されている。 Fleet chemicals are centrally defined in the "substance management table". なお、このテーブルは保有物質管理テーブルと同じ構造である。 Incidentally, this table has the same structure as bearing material management table. したがって、混合物質名さえ入力すれば、あとは物質管理データベースから成分物質の情報を取り出して自動的に登録することができる。 Thus, if the input even mixed material name, after can be automatically registered retrieving information component material from the material management database. この手順の一例を図19のフローチャートに示す。 An example of this procedure is shown in the flowchart of FIG. 19.

【0102】図19に示されているように、物質登録を行うための画面上でユーザにより混合物質コードまたは混合物質名が入力されると(ステップS131)、その混合物質コードまたは混合物質名をキーとする物質管理データベースの検索が行われ、成分物質と含有量などの情報が物質管理データベースから取得される(ステップS132)。 [0102] As shown in Figure 19, the mixing substance code or a mixed material name by the user on the screen for substances registration is inputted (step S131), the mixture material code or substance mixture name screen materials management database that key is performed, information such as the component material and the content is obtained from the material management database (step S132). そして、それら情報が保有物質管理テーブルに登録される(ステップS133)。 Then, such information is registered in the possessed material management table (step S133).

【0103】なお、物質管理データベースから取得された成分物質および含有量などの情報を前述の物質登録のための画面上に表示し、必要に応じて、成分の選択、追加、変更、あるいは含有量の変更などの操作を行えるようにしても良い。 [0103] Incidentally, display information such as ingredients substances and the content acquired from the material management database on the screen for the foregoing materials registered, as required, the selection of components, add, modify, or content it may be to allow the operation of such a change. 混合物質には、自部所で混合することによって得られた混合物質も存在するので、成分データベースに定義されたデフォルトの成分情報では対応しきれないことも考えられるためである。 The mixed materials, since there mixed material obtained by mixing the own duty post is because it is conceivable that can not be supported by the default component information defined in component database.

【0104】(物質登録画面)図20には、物質登録画面(物質登録フォーム)の一例が示されている。 [0104] (the substance registration screen) FIG. 20 is shown an example of a substance registration screen (substance registration form). 各フィールドの意味は以下の通りである。 The meaning of each field is as follows.

【0105】<部所管理物質名>:部所で登録する物質の名称。 [0105] <duty post Controlled Substances name>: Name of the substance to be registered at the duty post. 既に登録されている名称は登録できない。 Name that is already registered can not be registered.

【0106】 <薬品形状>:薬品の形状を選択 <容器容量>:容器の容量で物質を管理する必要がある場合はこちらのラジオボタンを選択し、容量を入力する <単位>:容器容量で管理を行う場合は容量単位を選択する <本数>:容器容量で管理を行う場合は容器の本数を入力する。 [0106] <medicine shape>: Select the shape of the chemical <container volume>: If you in the capacity of the container it is necessary to manage the material Select this radio button, enter the capacity <unit>: In container capacity to select the volume units when managing <number>: If you do manage container capacity to enter the number of the container. 容器容量×本数が入庫量となる <入庫量>:容器容量で管理しない場合はこちらのラジオボタンを選択し、入庫量を入力する <単位>:入庫量の単位 <比重>:登録物質の比重 <入庫部所>:入庫する保管庫のある部所を選択 <入庫保管庫>:入庫する保管庫を選択 <管理者>:選択した保管庫の管理者名 <TEL>:選択した保管庫の管理者の内線番号 <消防法係数>:選択した保管庫の消防法係数 <入庫日>:物質を保管庫に登録した日付 <成分>:成分の情報が一覧表示される。 Container capacity × number becomes the incoming quantity <incoming quantity>: If you do not want to manage container capacity Select this radio button, enter the incoming quantity <unit>: incoming quantity of units <specific gravity>: specific gravity of registration materials <warehousing parts plant>: select the duty post with a storage box for receipts <warehousing depot>: select a storage box for warehousing <administrator>: the administrator name of the selected vault <TEL>: of the selected vault extension <fire Service Act coefficient> administrator: fire Service Law coefficient for the selected vault <warehousing date>: Date registered substance to the vault <component>: information of the component are displayed in a list. 変更したい成分情報の箇所をダブルクリックすると図21のような情報変更用のダイアログ画面(成分情報変更フォーム)が表示される。 Dialog screen for information change as shown in FIG. 21 (component information change form) is displayed by double-clicking the change position of components desired information. ここで、登録する物質中の成分の含有量、 The content of the component in the substance to be registered,
単位、比重を設定できる。 Units can be set the specific gravity.

【0107】また、図20の「成分追加」ボタンをクリックすると、図22のような成分追加用のダイアログ画面(追加成分登録フォーム)が表示され、そこで成分を追加登録することができる。 [0107] In addition, when you click the "component Add" button in FIG. 20, a dialog screen for the component added, such as shown in FIG. 22 (additional component registration form) is displayed, where it is possible to additionally register the component.

【0108】(成分物質の使用量算出)図23には、成分物質の使用量を算出するための処理手順が示されている。 [0108] FIG. 23 (use amount calculation component material) is shown the processing procedure for calculating the amount of the component substances.

【0109】まず、履歴テーブルの増減量フィールドから混合物質の使用量を取得する(ステップS151)。 [0109] First, to obtain the amount of the mixed material from the decrease amount field history table (step S151).
次いで、その混合物質の各成分物質の含有量を保有物質管理テーブルまたは履歴テーブルから取得する(ステップS152)。 Then, obtained from bearing material management table or the history table the content of each component substance of the substance mixture (step S152). そして、その取得した含有量を混合物質の使用量に乗算することにより、各成分ごとにその使用量を算出し、それを履歴テーブルの該当する増減量フィールドに登録する(ステップS153)。 Then, by multiplying the acquired content to the amount of the mixed material, to calculate the amount for each component, and registers it to the appropriate increment or decrement field history table (step S153).

【0110】(集計表出力)図24には、集計表出力のための集計処理の手順が示されている。 [0110] (the schedule output) Figure 24 is a procedure of aggregation processing for the aggregation table output is shown. この手順は第1 This procedure is the first
実施形態と全く同じである。 It is exactly the same as that of the embodiment.

【0111】すなわち、まず、集計対象の純物質(混合物質の場合にはその成分物質)についての時間的・空間的な使用量が履歴テーブルの増減量フィールドから取得される(ステップS161)。 [0111] That is, first, pure material aggregate object (in the case of mixing substances that component material) temporal and spatial usage for is obtained from increasing or decreasing the amount field of the history table (step S161). 次いで、該当する純物質(混合物質の場合にはその成分物質)についての管理廃棄量割合、大気排出量割合、水質排出量割合、土壌排出量割合、リサイクル量割合、および化学変化量割合の値が、保有物質管理テーブルまたは履歴テーブルから取得される(ステップS162)。 Then, the management disposal amount ratio for the corresponding pure substance (the component material in the case of a substance mixture), atmospheric emissions rate, water emissions rate, soil emissions rate, recycle quantity ratio, and chemical variation rate values There are obtained from the bearing material management table or history table (step S162). この取得した使用量は、 The acquired usage,
以下のような内訳に分類される。 It is classified in the breakdown as follows.

【0112】「使用量」=「管理廃棄量」+「環境排出量(大気、水、土壌)」+「リサイクル量」+「化学変化量」 したがって、集計対象の純物質(混合物質の場合にはその成分物質)毎に、 「使用量」×「管理廃棄量割合」=「管理廃棄量」 「使用量」×「大気排出量割合」=「大気排出量」 「使用量」×「水質排出量割合」=「水質排出量」 「使用量」×「土壌排出量割合」=「土壌排出量」 「使用量」×「リサイクル量割合」=「リサイクル量」 「使用量」×「化学変化量割合」=「化学変化量」 「使用量」×「搬出量割合」=「搬出量」 という計算を行うことにより、集計表に出力すべき、 [0112] "use amount" = "Managing waste amount" + "environmental emissions (air, water, soil)" + "recycling amount" + "chemical change amount" Therefore, in the case of a pure substance (mixed substance of the aggregate target the element comprises material) each "usage" × "managing waste amount ratio" = "management waste amount," "usage" × "atmospheric emissions rate" = "air emissions", "usage" × "water discharge The amount ratio "=" water quality emissions, "" use amount "×" soil emissions rate "=" soil emissions, "" use amount "×" recycling volume ratio "=" the amount of recycling, "" use amount "×" chemical change amount ratio "= by performing the calculation" chemical change amount "" the amount "×" unloaded weight ratio "=" unloading amount ", to be output to the schedule,
「管理廃棄量」、「大気排出量」、「水質排出量」、 "Managing waste amount", "Air emissions", "water quality emissions",
「土壌排出量」、「リサイクル量」、「搬出量」、および「化学変化量」の値が算出される(ステップS16 "Soil Emissions", the value of "recycled amount", "out amount", and "chemical change amount" is calculated (step S16
3)。 3).

【0113】[第3実施形態]次に、前述の消防法係数を用いた安全性管理のための仕組みを、第3実施形態として説明することにする。 [0113] [Third Embodiment] Next, a mechanism for safety management using fire assay coefficients described above, will be explained as a third embodiment. なお、本第3実施形態の化学物質管理システムの基本構成は第1実施形態と同じである。 The basic structure of the chemical management system of the third embodiment is the same as the first embodiment.

【0114】まず、安全性管理の基本原理について説明する。 [0114] First, a description will be given of the basic principle of safety management.

【0115】本実施形態では、安全性の度合いを表す安全指数を、化学物質の取扱いを規制している消防法などの法規で指定された最大保有量(保有が認められる上限値)に対する保有量の割合によってモデル化している。 [0115] In the present embodiment, the safety index representing the degree of safety, stockpile to the maximum holdings specified in legislation such as Fire Service Act which regulates the handling of chemicals (upper limit value held is observed) It is modeled by the proportion of.
すなわち、保有している化学物質毎に、その保有量と、 That is, for each chemical to be held, and the holding amount,
その化学物質の取扱いを規制している法規で規定された最大保有量(消防法最大保有KG)とを前述の保有物質管理テーブルを用いて管理しておき、法規で規定された最大保有量に対する規制物質の保有量の割合(消防法係数)を算出し、その算出結果を安全指数として出力する。 For maximum holdings of its maximum holdings defined by law that regulates the handling of chemicals and (fire assay maximum holdings KG) in advance and managed using the above-mentioned bearing material management table, defined by laws calculating the percentage of holdings of regulated substances (fire Service Law coefficient), and outputs the calculation result as a safety index. この場合、各物質の消防法係数の合計が保管庫の安全指数となる。 In this case, the sum of the Fire Services Act coefficient of each substance is the safety index of the vault. 以下、この仕組みを実現するための好適な具体例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of a preferred embodiment for implementing this mechanism.

【0116】(法規分類コードマスタテーブル)図25 [0116] (legal classification code master table) 25
には、法規分類を管理するための法規分類コードマスタテーブルの例が示されている。 The examples of legal classification code master table for managing the legal classification is shown. 法規分類コードマスタテーブルにおいては、法規分類毎に1レコードが割り当てられており、各レコードには、<法規分類コード>、< In legal classification code master table, one record is assigned for each legal classification, each record <regulations classification code>, <
法規分類名>、<消防法管理区分>、<消防法最大保有KG>、<消防法最大保有l>、<登録日時>、<更新日時>のフィールドが定義されている。 Legal classification name>, <Fire Service Act management division>, <Fire Services Act maximum holdings KG>, <Fire Services Act maximum holdings l>, <registration date and time>, are defined field of <update date and time>. 消防法で定義される最大保有量の単位にはkgとl(リットル)とがある。 The unit of maximum holdings defined in Fire Service Law is the kg and l (liters). 消防法第四類で規定される物質の最大保有量の単位はl(リットル)であるので、消防法第四類で規定される物質については、前述の保有物質管理テーブルの消防法最大保有KGのフィールドには比重(物理量としては無次元だが、便宜上次のように定義される:kg/l) Since the unit of the maximum holdings of materials defined by the Fire Service Law fourth class is l (liter), Fire Service Law for the substance defined in the fourth class, the Fire Service Law maximum holdings KG of the aforementioned bearing material management table the field density (as a physical quantity but dimensionless, is defined for convenience as follows: kg / l)
に、最大保有量(l)を乗算することによって換算された値が登録される。 , The value that has been converted by multiplying the maximum holding amount (l) is registered.

【0117】この法規分類コードマスタテーブルにより、化学物質を規制する各法規毎に消防法最大保有KG [0117] This law classification code master table, maximum fire assay held for each laws regulating the chemical KG
や消防法最大保有l(リットル)が管理される。 And the Fire Service Act largest holdings l (liters) are managed. 法規の種類としては、労働安全衛生法、消防法、廃棄物の処理および清掃に関する法律などがあるが、最大保有量の規定があるのは消防法のみである。 The types of legislation, Industrial Safety and Health Law, Fire Service Law, there are laws relating to processing and cleaning of waste, there is the provision of maximum holdings is only fire assay.

【0118】(消防法一覧)次に、各物質毎にその消防法係数を表示するための消防法一覧表示画面について説明する。 [0118] (Fire Services Act List) Next, the Fire Services Act list display screen for displaying the Fire Service Law coefficient for each substance will be described. ユーザ管理ソフト12によって提供される図2 Figure provided by the user management software 12 2
6の操作画面上で消防法一覧タブを選択すると、図示のように、検索対象として選択された保管庫に保有されている化学物質それぞれについて、その物質コード、物質名、保有量、単位、消防法係数、該当する法規名が一覧表示される。 Selecting Fire Defense Law List tab on 6 operation screen, as shown, for each chemical are held in the selected vault as a search target, the material code, material name, stockpile, units, fire law coefficient, applicable laws and regulations names are displayed in a list.

【0119】ここで、消防法係数とは、前述したようにその化学物質の保有量を、その化学物質を規制する消防法で規定された最大保有量で割った値である。 [0119] Here, the fire assay coefficient, the holding amount of the chemical as described above, divided by the maximum holdings defined in the Fire Service Law to regulate the chemical. 例えば、 For example,
エタノールを0.01192Kg保有している場合には、その消防法係数は0.00004となる。 When the ethanol owns 0.01192Kg, the Fire Service Law coefficient is 0.00004. 消防法係数が1未満の物質については、その物質は比較的安全な状態であることを意味する。 The Fire Defense Law coefficient is less than 1 material, means that the material is relatively secure.

【0120】これら各物質の消防法係数を合計したものが画面下の「消防法係数合計」フィールドに表示される。 [0120] the sum of the Fire Services Act coefficient of each of these substances is displayed in the "Fire Service Law coefficient sum" field at the bottom of the screen. 「消防法係数合計」フィールドの値は、検索対象として選択された保管庫の安全指数として用いられ、「消防法係数合計」=1未満であれば、その保管庫は比較的安全であることを意味する。 The value of the "Fire Service Law coefficient sum" field is used as a safety index of the selected vault as a search target, if "Fire Service Law coefficient sum" = less than 1, that the depot is relatively safe means. 「消防法係数合計」=1以上になる保管庫については、消防法に従った管理を行う必要がある。 For the vault to become a "Fire Service Law coefficient sum" = 1 or more, it is necessary to carry out the management in accordance with the Fire Defense Law.

【0121】(消防法係数算出処理)図27のフローチャートには、消防法係数を算出するための手順が示されている。 [0121] The flow chart of (fire assay coefficient calculation process) FIG. 27, the procedure for calculating the Fire Defense Law coefficients is shown. まず、消防法一覧タブの画面で指定された調査対象の保管庫に保有されている各化学物質毎に、その保有量と消防法最大保有KGの値が保有物質管理テーブルから取得される(ステップS171)。 First, for each chemical are held in stocker surveyed specified in the screen of the Fire Services Act list tab, the value of the holdings and fire assay maximum owned KG is obtained from bearing material management table (step S171). 次いで、保有量を消防法最大保有KGで除算することにより、各物質毎に消防法係数が求められる(ステップS172)。 Then, by dividing the holdings in Fire Service Law Maximum held KG, fire assay coefficient is calculated for each substance (step S172). そして、各物質毎に消防法係数を累積することにより、調査対象の保管庫に保有されている化学物質それぞれの消防法係数の合計値が算出され、それが「消防法係数合計」 By accumulating the Fire Service Law coefficients for each material, the calculated total value of chemicals each Fire Service Law coefficients are held in the storehouse under investigation, it "Fire Service Law coefficient sum"
として表示される(ステップS173)。 It is displayed as (step S173).

【0122】なお、前述したように保有物質管理テーブルに消防法係数フィールドが設けられている場合には、 [0122] In the case where Fire Service Law coefficient field is provided in bearing material management table as described above,
ステップS171,S173の処理によって各物質の消防法係数が予め求められているので、消防法一覧タブが選択された場合に行うのは、ステップS173の処理だけとなる。 Step S171, since the fire assay coefficients of each substance by the process of S173 is obtained in advance, performed when the Fire Service Law List tab is selected, the only processing in step S173. また、消防法最大保有KGの値は法規分類コードマスタテーブルで管理されているので、消防法最大保有KGの値を、保有物質管理テーブルからではなく、 The value of the Fire Service Law Maximum held KG is because they are managed by law classification code master table, the value of the Fire Services Act maximum holdings KG, not from bearing material management table,
法規分類コードマスタテーブルから取得するようにしても良い。 It may be obtained from legal classification code master table.

【0123】[第4実施形態]次に、前述の重み付け値を用いた環境負荷管理のための仕組みを、第4実施形態として説明することにする。 [0123] [Fourth Embodiment] Next, a mechanism for environmental impact management using weighted values ​​described above will be explained as the fourth embodiment. なお、本第4実施形態の化学物質管理システムの基本構成は第1実施形態と同じである。 The basic structure of the chemical management system of the fourth embodiment is the same as the first embodiment.

【0124】まず、環境負荷管理の基本原理について説明する。 [0124] First, a description will be given of the basic principle of environmental impact management.

【0125】本実施形態では、各化学物質の環境に対する影響度を示す環境負荷指数(環境影響度)を、化学物質の保有量とその化学物質に対応する重み係数とを用いてモデル化している。 [0125] In this embodiment, the environmental load index indicating the degree of influence on the environment of each chemical (environmental impact), are modeled using stockpile of chemicals and a weighting coefficient corresponding to the chemical . 重み係数の値は、環境に対する影響の大きい化学物質ほどその重み係数の値は大きくなる。 The value of the weighting factor, the value of large chemical as the weight coefficient of the influence on the environment increases. このように重み係数を用いたモデル化により、保有量と重み係数との積を物質毎に累積するといった簡単な計算を行うだけで、環境負荷を的確に把握することが可能となる。 Thus by modeling using the weighting coefficients, by the product of the stockpile and the weight coefficient just performing a simple computation such accumulated for each material, it is possible to accurately grasp the environmental impact. 以下、この仕組みを実現するための好適な具体例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of a preferred embodiment for implementing this mechanism.

【0126】(物質コードテーブル)保有物質それぞれに付与される固有の物質コードを管理する物質コードテーブルには、図28に示すように、物質コードと対応して、その物質に対応する重み付け値(重み係数)が定義されている。 [0126] The substance code table for managing specific substance code applied to each (substance code table) bearing material, as shown in FIG. 28, in correspondence with the substance code, weighting value corresponding to the material ( weight coefficient) are defined. 重み係数の値は、本システムによって規定された固有の値であり、前述のように、環境に対する影響の大きい化学物質ほどその重み係数の値は大きくなる。 The value of the weighting factor is a unique value that is defined by the system, as described above, a large value of chemicals as the weight coefficient of the influence on the environment increases. 各物質の環境への影響度を示す環境負荷指数(環境影響度)は、物質毎に決めた重み係数の値(トルエン: Environmental load index indicating the degree of influence of each substance environment (environmental impact), the weighting coefficients determined for each material value (toluene:
10000、過酸化水素:10等)にその物質の保有量を乗じて求められる値である。 10000, hydrogen peroxide: a value determined in 10, etc.) by multiplying the holding amount of the substance.

【0127】(環境影響度の算出処理)図29のフローチャートには、環境影響度を算出する手順が示されている。 [0127] The flowchart of FIG. 29 (calculation of environmental impact), which through the steps of calculating the environmental impact.

【0128】まず、調査対象の保管庫に保有されている各化学物質の重み付け値が物質コードテーブルまたは保有物質管理テーブルから取得される(ステップS18 [0128] First, the weighting value of each chemical that is held in the storehouse under investigation is obtained from a substance code table or bearing material management table (step S18
1)。 1). そして、各化学物質の保有量が保有物質管理テーブルから取得され、その保有量と重み付け値とによって各化学物質毎に影響度(環境負荷指数)が算出される(ステップS182)。 The holdings of each chemical is acquired from the bearing material management table, the stockpile and the weighting value and the degree of influence for each chemical (environmental load index) is calculated (step S182). 各化学物質の影響度は、重み付け値×保有量の乗算によって求められる。 Influence of each chemical is obtained by multiplying the weighting value × stockpile. この後、化学物質それぞれの影響度が累積されることにより、化学物質それぞれの影響度の合計値が調査対象保管庫の環境影響度として算出される(ステップS183)。 Thereafter, by chemical each impact is accumulated, the sum of the respective chemicals impact is calculated as environmental impact surveyed vault (step S183).

【0129】なお、1保管庫単位のみならず、例えば隣接して設置されている複数の保管庫を1グループとして、そのグループ単位で環境影響度を算出してもよい。 [0129] Incidentally, not only the 1 depot units such as a group a plurality of vault being adjacent to installation, may calculate the environmental impact in that group.

【0130】(環境影響度の表示)ユーザ管理ソフト1 [0130] (display of environmental impact) user management software 1
2によって提供される図30の操作画面上で保有物質一覧タブを選択すると、図示のように、検索対象の保管庫で保有されている化学物質が一覧表示される。 Selecting bearing material list tab on the operation screen of FIG. 30 provided by 2, as shown, chemicals that are held in the search target vault are listed. この画面上には、「影響度」のフィールドが設けられており、ここには、現在の化学物質保有量を基準に算出された各化学物質の影響度の合計値、つまり検索対象の保管庫の環境影響度が表示される。 On this screen, and the field is provided in "impact", here, the sum of the effects of each chemical was calculated based on the current chemical stockpile, ie the search target vault environmental impact of is displayed. 「影響度」のフィールドの表示色は、影響度により、例えば、9000未満:緑、90 Display color of the field of the "degree of influence" is, due to the effect of, for example, less than 9000: Green, 90
00以上10000未満:黄色、10000以上:赤、 00 or more but less than 10000: yellow, 10,000 or more: red,
に変化する。 Changes. このように保管庫単位で環境に対する影響度を評価しそれを数字で呈示できるようにすることにより、例えば、影響度が10000以上の保管庫を検索し、その保管庫の管理者に対して、ISO14001などの環境保全国際規格に基づく指導を行う、といった運用が可能となる。 By allowing presentation by evaluating numbers it a degree of influence on the environment in this manner depot unit, for example, impact searches more than 10000 depot, the administrator of the depot, provide guidance based on environmental conservation international standards such as ISO14001, such as it is possible to operate.

【0131】[他の機能]次に、前述各実施形態1〜4 [0131] Other features Next, the foregoing embodiments 1-4
のシステムにそれぞれ設けられている他の機能について説明する。 Be described in the system for other functions are provided.

【0132】(容器の期限管理機能)この機能は、ガスボンベなどの容器単位で保有・管理されている化学物質に対して、その容器の安全性を定期的に検査するために用いられる機能である。 [0132] (date management function of the container) This function is to chemicals that are owned and managed by the container units such as gas cylinders, is the function used to periodically check the safety of the vessel . ガスボンベなどのように定期的な検査(メンテナンス)が必要な容器については、図3 The periodic inspections (maintenance) requires containers, such as gas cylinder, 3
1に示すように、それが保管されている保管庫名、容器の種類を示すメンテナンス対象容器情報、何ヶ月に一回の周期でメンテナンスを行うべきかを示すメンテナンスサイクル情報、前回のメンテナンス実行日時を示す情報などが管理される。 As shown in 1, vault name in which it is stored, subject to maintenance container information indicating the type of container, maintenance cycle information indicating whether to perform maintenance in a single cycle in many months, the last of the maintenance execution date and time and information indicating a is managed.

【0133】図32は、容器期限管理の手順である。 [0133] FIG. 32 is a procedure of container deadline management.

【0134】システムは、図31のテーブルを用いて、 [0134] The system, using the table of FIG. 31,
保管庫毎に、メンテナンスが必要な容器の期限管理を行っており(ステップS191)、現在の日時から前回のメンテナンス日時を減算した値がメンテナンスサイクルに達する容器を検出すると(ステップS192)、容器のメンテナンスを行うべき保管庫とその容器種を保管庫管理者等に通知する(ステップS193)。 Each depot maintenance and performs deadline management vessel required (step S191), the value obtained by subtracting the previous maintenance time from the current date and time to detect the container to reach the maintenance cycle (step S192), container the vault and its container species to carry out maintenance to notify the depository administrator or the like (step S193). なお、次にメンテナンスをおこなうべき日時の数日前に該当する容器の一覧を紙などに出力するようにしても良い。 In addition, the next list of the container corresponding to the last few days of the date and time to perform the maintenance may be output on paper or the like.

【0135】(出力テーブル変換機能)一般に、国、 [0135] (output table conversion function) In general, country,
県、市などの行政毎に使用される化学物質コードは異なることが多い。 Prefecture, the chemical code that is used for each administration, such as the city is often different. また、これら行政が使用する化学物質コードと本システムで使用する化学物質コードも異なる。 Also different chemicals code these administrative uses in chemical code and the system to be used.
出力テーブル変換機能は、このように互いに異なるコード体系を相互に変換し、指定されたコード体系を用いて化学物質管理や報告書作成を行うための機能である。 Output table conversion function, thus converting mutually different coding schemes from each other, is a function for performing chemical substance management and reporting using the specified code system. この機能を実現するため、本システムでは、図33に示されているような物質コード対応表が用いられる。 To realize this feature, in the present system, the substance code correspondence table as shown in FIG. 33 is used. この物質コード対応表は、物質毎に、本システムで使用される物質コードと、国、県、市などの行政で使用される物質コードとの対応関係を保持している。 This material code correspondence table, has been held for each substance, and the substance code to be used in the present system, country, prefecture, the correspondence between the material code to be used in the administration of such city. この物質コード対応表を用いた出力テーブル変換処理の手順を図34に示す。 Illustrating the procedure of the output table conversion processing using the material code correspondence table in FIG. 34.

【0136】まず、報告書を提出すべき行政に対応する指定コードが入力される(ステップS201)。 [0136] First, the designation code corresponding to the government should submit a report is input (step S201). そして、保有物質管理テーブルや履歴テーブルなどで管理されている各化学物質の物質コード(本化学物質管理システムの物質コード)を、物質コード対応表を用いて、指定コードで指定された行政等に対応するコード体系に変換する(ステップS202)。 The substance code of each chemical that is managed by such bearing material management table and history table (substance code of the chemical management system), by using a substance code correspondence table, the specified in the designation code administrative etc. It converted to the corresponding code system (step S202). そして、変換された物質コードを用いて各種集計処理が行われ、指定コードで指定されたコード体系を用いた報告書の作成が行われる(ステップS203)。 The various aggregation processing is performed using the converted material code, create a report using a coding scheme that is specified by the code is performed (step S203).

【0137】(単位の自動変換)この機能は、図3の入庫処理で既に説明したように、入庫量の単位(ml, [0137] The function (automatic conversion units), as already explained storage operation in FIG. 3, incoming quantity of units (ml,
l,g,kg,Nm など)を相互に変換するための機能であり、どのような単位で入力が行われても、それを管理に必要な他の単位および量に換算することができる。 l, g, kg, a function for converting Nm 3, etc.) to each other and, even if any input in units is carried out, can be converted to other units and the amount required to manage it . この単位の自動変換の手順を図35に示す。 Showing the procedure of automatic conversion of the unit in Figure 35.

【0138】まず、入力された単位および量と比重など(ガスの場合は圧力なども)を用いて他の単位への換算が行われる(ステップS211)。 [0138] First, the input unit and the like the amount and specific gravity (for gas, etc. also pressure) Conversion to other units using the performed (step S211). そして、入力された単位および量と換算値(単位および量)が保有物質管理テーブル等に登録される(ステップS212)。 Then, the input unit and the amount as converted value (units and amounts) are registered in the possessed material management table or the like (step S212). このように入力された単位および量と換算値の双方を保有物質管理テーブルで管理することにより、様々な集計形式に柔軟に対応することが可能となる。 By managing both the converted value thus input units and amounts bearing material management table, it is possible to flexibly cope with various aggregate forms.

【0139】(保管庫セキュリティー機能)各部所の利用者は、図30の保有物質一覧タブを使用することにより、全保管庫の保有物質を検索することが出来、自分の部所のみならず、他のすべての部所の保管庫についてどのような物質が保有されているかを知ることができる。 [0139] (vault security function) various parts office of the user, by using a bearing material list tab of FIG. 30, it is possible to find the bearing material of the whole cabinet, not only by his duty post, what kind of material for the vault of all the other duty post is able to know are held.
しかし、例えば毒物などの危険な物質が保有されている保管庫についてまで自由な検索を許すと、不正にその物質が持ち出されて使用されるといった危険がある。 However, for example, allowing the free search to the vault of hazardous substances such as toxic are held, there is a danger such is used is taken out maliciously the substance. そこで、本化学物質管理システムにおいては、特定の保管庫については、その保有物質の内容を他部所からは参照できないようにするという保管庫セキュリティー機能が設けられている。 Therefore, in this chemical management system, for certain depot, it is provided depot security features that do not visible to other duty post the contents of the bearing material.

【0140】図36には、各保管庫毎に、有毒物質の保有の有無と、ユーザによる保有物質検索を許すか否かを指定するフラグとの対応関係が示されている。 [0140] Figure 36, for each vault, and the presence or absence of holdings of toxic substances, the correspondence relation between the flag specifying whether allow bearing material search by the user is shown. ここでは、保管庫AとBについては有毒物質は保有されて無いので、通常通り、他部所からの検索が許されており、また保管庫Cについては有毒物質が保有されているため、 Here, since toxic substances are not being held for the depot A and B, since the usual, are allowed to search for the other parts plants, also toxic substances for depot C are held,
他部所からの検索が禁止されている状態を示している。 Shows a state in which search from the other portion stations is prohibited.

【0141】このような保管庫単位の検索許可/禁止の設定は、保管庫管理者によって行われる。 [0141] The setting of the search permission / prohibition of such depository unit is carried out by the vault administrator. 以下、そのためのインターフェイスについて説明する。 The following describes interface for that.

【0142】図37には、保管庫管理のための画面(保管庫管理タブ)の一例が示されている。 [0142] Figure 37 shows an example of a screen for depot administration (depot administration tab) is shown. この保管庫管理タブは保管庫情報(保管庫コード、保管庫名、保管庫管理者)とその保管庫利用者情報(保管庫の利用者ID、 The vault management tab vault information (vault code, vault name, vault administrator) with its vault user information (repository user ID,
利用者名など)を定義するためのものであり、その内容を修正できるのは保管庫管理者である。 Is intended to define, such as a user name), is a repository administrator can modify its contents. この保管庫管理タブの「保管庫情報変更」ボタンをクリックすると、図38の保管庫情報変更ダイアログ画面が表示される。 When you click the "vault information change" button of this vault management tab, vault information Modify dialog screen of FIG. 38 is displayed. この保管庫情報変更ダイアログ画面の各フィールドの意味は以下の通りある。 The meaning of each field of the vault information Modify dialog screen is as follows.

【0143】 <保管庫名>:保管庫名を入力する <管理者名1>:代表の管理者名をプルダウンメニューで選択する <TEL>:代表の管理者の内線番号 <管理者名2>:サブ管理者をプルダウンメニューで選択する <TEL>:サブ管理者の内線番号。 [0143] <vault name>: Enter the vault name <administrator name 1>: Select the administrator name of the representative in the pull-down menu <TEL>: extension number of the administrator of the representative <administrator name 2> : to select the sub-administrator in the pull-down menu <TEL>: the extension of the sub-administrator.

【0144】<他部所公開>:保有物質一覧で他の部所の利用者に当保管庫を公開するか否かを設定する。 [0144] <other parts plants Publishing>: the user of the other duty post in the bearing material list for setting whether or not to publish to our vault. 毒物などの保管庫のみこの設定を行う。 Only the vault, such as poison do this.

【0145】“公開”…他の部所の利用者も保有量状況を見ることができる。 [0145] "published" ... the user of the other duty post also can see the holdings situation.

【0146】“非公開”…自部所の利用者のみ保有状況をする事ができる。 [0146] "private" ... it can be a holding status only the user's own duty post.

【0147】<利用可能者>:該当保管庫の利用者の範囲を設定する。 [0147] <authorized user>: to set the range of users of the relevant vault.

【0148】“保管庫利用者のみ”…該当保管庫の利用者のみ、保管庫への入庫や、薬品の使用が可能。 [0148] "vault user only" ... the appropriate vault user only, warehousing and to the vault, allowing the use of chemicals.

【0149】“システム利用者全員”…他の部所の利用者も該当保管庫の薬品を使用する事が出来る。 [0149] "system users all" ... users of other duty post also be able to use the medicine of the relevant vault.

【0150】<保管庫種別>:保管庫か回収物質一時保管庫かを選択する。 [0150] <vault type>: Select whether the vault or recovered material temporal storage.

【0151】(バーコード入力機能)バーコード入力機能は、入荷された物質毎にバーコードを付与し、そのバーコードから物質管理に必要な情報を自動的に読み取ってデータベースに登録する機能である。 [0151] (bar code input function) bar code input function, a barcode assigned to each is available material is the ability to register in the database is read from the bar code automatically the information required for substance management . このバーコードには、物質名、量などの物質識別のための情報の他、前述の環境排出量割合、使い方、重み付け値(または環境負荷指数)、該当する法規の種類、消防法最大保有量(または消防法係数)などの情報を含めておくことができる。 The bar code, other information for the material identification, such as material name, amount, environmental emissions ratio described above, use the weighting value (or environmental load index), the type of applicable laws, Fire Service Law maximum holding amount it can be kept, including information such as (or fire Service Law coefficient). これにより、人手による入力作業が軽減され、しかも環境排出量管理、安全性管理、環境負荷管理のためのパラメタを自動的にテーブルに登録することが可能となり、それら管理の効率化を図ることができる。 This is mitigated input manual work, moreover environmental emissions management, safety management, it is possible to automatically register the table parameters for the environmental load management, improving the efficiency of their administration it can.

【0152】なお、バーコード装置(バーコード入力装置)は、保管庫単位で設置することも出来るが、設置コストを考慮して化学物質を搬送するための搬送装置(例えば台車など)に設けておき、この搬送装置に設けられたバーコード装置から本発明の化学物質管理システムへワイヤレス入力可能に構築しておくことができる。 [0152] Incidentally, a bar code device (bar code input device), which can also be installed in a depot unit, provided in the transfer apparatus for transferring a chemical in consideration of the installation costs (eg trolley, etc.) Place may have been built wireless input capable to chemical management system of the present invention from the bar code device provided in the conveying device. このようにシステム全体を構築すればバーコード装置の設置を必要最小限にすることができる。 Thus the installation of the bar code device be constructed the whole system can be minimized.

【0153】(非意図的生成物の管理機能)PRTRでは、ダイオキンなどに代表される非意図的生成物も届出対象物質となる可能性がある。 [0153] In PRTR (management of unintentional products), there is a possibility that unintended product typified Daiokin also be notified substance.

【0154】その場合の管理としては、塩素を含む樹脂などを管理対象物質として追加し、前述した化学変化量割合フィールドなどを転用して管理するか、あるいは非意図的生成物フィールドを新たに追加して設け、上記した実施形態の管理手法に沿って非意図的生成物の発生量を管理することができる。 [0154] As the management of the case, to add a resin containing chlorine as controlled substances, newly added or manage diverted chemical variation rate field described above, or the unintentional product field and may be provided to manage the amount of generated along the management technique of the above embodiment unintentional product.

【0155】(各実施形態の効果)以上、本発明の実施形態を実施形態1〜4に分けて説明したが、本発明の化学物質管理システムは、実際には、これら実施形態1〜 [0155] (each of Effect of Embodiment) Although the embodiments of the present invention has been described separately in the first to fourth embodiments, chemical management system of the present invention, in fact, these embodiments 1
4の機能を併せ持つシステムとして構築されていることが理解されよう。 It will be appreciated that is built as a system that combines 4 functions. したがって、本化学物質管理システムは、保有物質の使用の結果生ずる環境排出量や、保有物質に潜在する環境影響度、さらには消防法係数などを多角的に管理・集計することができる。 Accordingly, the chemical management system, and the results caused environmental emissions use of bearing material, environmental impact potentially the bearing material, more can be diversified management and aggregate such as fire assay coefficients. 特に、環境排出量管理、環境影響度管理、消防法係数管理などに必要なほとんど全てのパラメタを保有物質管理テーブル等に登録して管理しているので、自然環境への影響や安全性について様々な観点から統計的な値を容易に求めることができる。 In particular, environmental emissions management, environmental impact management, so to register almost all of the parameters necessary, such as the Fire Services Act coefficient management in-bearing material management table, and the like are managed, various the effects and safety of the natural environment statistical values ​​can be easily obtained from the point of view.

【0156】これは、1)環境排出量については、それを物質種とその使用用途とによって決まるパラメタによってモデル化し、2)安全性の度合いを表す安全指数については、化学物質の取扱いを規制している消防法などの法規で指定された最大保有量に対する保有量の割合によってモデル化し、3)環境負荷については、化学物質の保有量とその化学物質に対応する重み係数とを用いてモデル化する、という化学物質特有の性質とデータベースの特徴を考慮した技術思想により初めて実現されたものである。 [0156] This 1) for environmental emissions, modeled by dependent parameter thereby to the species and its intended use, 2) for the safety index representing the degree of safety to regulate the handling of chemicals modeled by the proportion of the stockpile to the maximum holdings specified in legislation such as the fire Service Law and, 3) the environmental impact, modeled using stockpile of chemicals and a weighting coefficient corresponding to the chemical to, in which for the first time realized by technical ideas considering the characteristics of the chemicals unique properties and database called.

【0157】また、通常は、各部所には薬品の種類別などに応じて複数の保管庫が設定されることが多いため、 [0157] In addition, because usually, it is often more than one vault is set in accordance with the different types of chemicals in various parts plants,
本各実施形態のように、入庫、使用、移動、廃棄などの履歴を初め、環境排出量管理、環境影響度管理、消防法係数管理を、保管庫を単位として行うことで、よりきめ細やかな物質管理が可能となると共に、指導すべき保管庫管理者の特定などを容易に行うことができる。 As in the present embodiments, receipts, use, movement, initially a history of such disposal, environmental emissions management, environmental impact management, the Fire Service Law coefficients management, by performing vault as a unit, more granular it becomes possible substance management, such as a particular vault administrator should guidance can be easily performed. 特に、 Especially,
保管単位での管理と環境影響度管理または消防法係数管理を組み合わせることで、保管庫単位で安全度を調べたり、保管庫単位で環境影響度を調べるといった処理が可能となる。 By combining management and environmental impact management or Fire Service Law coefficient management in the storage unit, or examine the degree of safety in depot unit, it is possible to process such examine the environmental impact in depot unit.

【0158】なお、本化学物質管理システムの各機能は全てソフトウェアによって実現することが出きるので、 [0158] Incidentally, the functions of the chemical management system than as possible out be implemented by all software,
その機能実現のための手順を含むコンピュータプログラムを用意し、それを記録媒体を通じて通常のコンピュータに導入するだけで本各実施形態と同様の効果を得ることができる。 Providing a computer program comprising instructions for its function implementation, it is possible to obtain the same effect as just the embodiments introduced into an ordinary computer through which a recording medium.

【0159】 [0159]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
自然環境に及ぼす影響や安全性を迅速且つ簡易に調べることができる理想的な化学物質管理システムを実現することが出きる。 As possible out it is possible to realize an ideal chemical substance management system that can examine the effect and safety on the natural environment quickly and easily.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1実施形態に係る化学物質管理システムの構成を示すブロック図。 1 is a block diagram showing the structure of a chemical management system according to a first embodiment of the present invention.

【図2】同実施形態の化学物質管理システムの機能構成を示すブロック図。 2 is a block diagram showing a functional structure of a chemical management system of the embodiment.

【図3】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる入庫物質登録画面の一例を示す図。 Figure 3 is a diagram showing an example of a goods receipt substance registration screen to be used in chemical management system of the embodiment.

【図4】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる移動物質登録画面の一例を示す図。 4 is a diagram showing an example of a mobile substance registration screen to be used in chemical management system of the embodiment.

【図5】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる使用物質登録画面の一例を示す図。 Figure 5 is a diagram showing an example of starting materials registration screen to be used in chemical management system of the embodiment.

【図6】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる廃棄物質登録画面の一例を示す図。 6 is a diagram showing an example of waste material registration screen to be used in chemical management system of the embodiment.

【図7】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる管理量の定義と処理の流れを示す図。 7 is a diagram illustrating the definition and processing flow of the management amount used in chemical management system of the embodiment.

【図8】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる物質管理種別を説明するための図。 Figure 8 is a diagram for explaining a substance management type used in chemical management system of the embodiment.

【図9】同実施形態の化学物質管理システムにおける物質の管理単位を説明するための図。 Figure 9 is a diagram for explaining the management unit of material in chemical management system of the embodiment.

【図10】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる保有物質管理テーブルの一例を示す図。 10 is a diagram showing an example of a bearing material management table used in the chemical management system of the embodiment.

【図11】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる履歴テーブルの一例を示す図。 11 is a diagram showing an example of the history table used in chemical management system of the embodiment.

【図12】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる使い方テーブルの一例を示す図。 12 is a diagram showing an example of how table used in chemical management system of the embodiment.

【図13】同実施形態の化学物質管理システムによって作成される集計表の一例を示す図。 13 is a diagram showing an example of a summary table that is created by the chemical management system of the embodiment.

【図14】同実施形態の化学物質管理システムにおいて環境排出量割合を保有物質管理テーブルに登録する手順を示すフローチャート。 14 is a flowchart showing a procedure of registering the environmental emissions proportions bearing material management table in chemical management system of the embodiment.

【図15】同実施形態の化学物質管理システムにおける集計処理の手順を示すフローチャート。 FIG. 15 is a flowchart showing a procedure of a tabulation process in chemical management system of the embodiment.

【図16】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる不純物係数テーブルの一例を示す図。 Figure 16 is a diagram showing an example of impurity coefficient table used in the chemical management system of the embodiment.

【図17】同実施形態の化学物質管理システムにおける集計処理の手順の第2の例を示すフローチャート。 FIG. 17 is a flowchart showing a second example of the procedure of the aggregation process in the chemical management system of the embodiment.

【図18】本発明の第2実施形態に係る化学物質管理システムに設けられた純物質管理機能の実現に必要な保有物質管理テーブルのフィールド構成を説明するための図。 Figure 18 is a diagram illustrating the field configuration of a bearing material management table necessary to implement the pure substance management function provided in chemical management system according to a second embodiment of the present invention.

【図19】同実施形態の化学物質管理システムにおける成分情報登録処理の手順を示すフローチャート。 FIG. 19 is a flowchart showing a procedure of component information registration process in the chemical management system of the embodiment.

【図20】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる物質登録画面の一例を示す図。 Figure 20 is a diagram showing an example of a substance registration screen to be used in chemical management system of the embodiment.

【図21】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる成分情報変更画面の一例を示す図。 Figure 21 is a diagram showing an example of component information change screen used in the chemical management system of the embodiment.

【図22】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる追加成分登録画面の一例を示す図。 Figure 22 is a diagram showing an example of an additional component registration screen used in the chemical management system of the embodiment.

【図23】同実施形態の化学物質管理システムにおける成分物質の使用量算出処理の手順を示すフローチャート。 Figure 23 is a flowchart showing a procedure of use amount calculation processing component materials in chemical management system of the embodiment.

【図24】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる集計処理の手順を示すフローチャート。 Figure 24 is a flowchart showing a procedure of aggregation process used in the chemical management system of the embodiment.

【図25】本発明の第3実施形態に係る化学物質管理システムで使用される法規分類コードマスタテーブルの構成を示す図。 [Figure 25] Figure 3 showing the arrangement of a regulatory classification code master table used in the chemical management system according to an embodiment of the present invention.

【図26】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる消防法一覧画面の一例を示す図。 26 shows an example of a fire assay list screen used in the chemical management system of the embodiment.

【図27】同実施形態の化学物質管理システムにおける消防法係数算出処理の手順を示すフローチャート。 Figure 27 is a flowchart showing a procedure of fire assay coefficient calculation process in the chemical management system of the embodiment.

【図28】本発明の第4実施形態に係る化学物質管理システムで用いられる物質コードテーブルの一例を示す図。 It illustrates an example of a substance code table used in the chemical management system according to the fourth embodiment of FIG. 28 the present invention.

【図29】同実施形態の化学物質管理システムにおける環境影響度算出処理の手順を示すフローチャート。 Figure 29 is a flowchart showing a procedure of environmental impact calculation processing in the chemical management system of the embodiment.

【図30】同実施形態の化学物質管理システムで用いられる保有物質一覧画面の一例を示す図。 Figure 30 is a diagram showing an example of a bearing material list screen used in the chemical management system of the embodiment.

【図31】同各実施形態の化学物質管理システムにおける容器期限管理のためのテーブルを示す図。 Diagram showing a table for Figure 31 container term management of chemical management system of the above embodiments.

【図32】同各実施形態の化学物質管理システムに適用される容器期限管理の手順を示すフローチャート。 Figure 32 is a flowchart showing a procedure of a container date management applied to chemical management system of the above embodiments.

【図33】同各実施形態の化学物質管理システムに設けられる物質コード対応表の一例を示す図。 Figure 33 is a diagram illustrating an example of a substance code correspondence table provided in the chemical management system of the above embodiments.

【図34】同各実施形態の化学物質管理システムに適用される出力テーブル変換処理の手順を示すフローチャート。 Figure 34 is a flowchart showing a procedure of an output table conversion processing applied to chemical management system of the above embodiments.

【図35】同各実施形態の化学物質管理システムに適用される単位自動変換処理の手順を示すフローチャート。 Figure 35 is a flowchart showing a procedure of the applied unit automatic conversion into chemical management system of the above embodiments.

【図36】同各実施形態の化学物質管理システムに適用される保管庫セキュリティー機能の原理を説明するための図。 Figure 36 is a diagram for explaining the principle of depot security features that apply to the chemical management system of the above embodiments.

【図37】図36の保管庫セキュリティー機能で使用される保管庫管理画面の一例を示す図。 Figure 37 is a diagram showing an example of a vault management screen for use in depot security features of Figure 36.

【図38】図36の保管庫セキュリティー機能で使用される保管庫情報変更画面の一例を示す図。 FIG. 38 shows an example of a stocker information change screen used in depot security features of Figure 36.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11…センター管理用ソフト 12…ユーザ管理用ソフト 13…手配依頼システム 11 ... Center Management Software 12 ... user management software 13 ... arrange request system

フロントページの続き (72)発明者 天野 勝 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 宮澤 忠久 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 大塚 尚紀 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 中江 裕樹 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 町田 茂 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 杉山 亨 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 野牧 辰夫 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 (72)発明者 本宮 明典 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8番地 株 式 Following (72) inventor Masaru Amano Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba Research and Development in the Center (72) inventor Tadahisa Miyazawa Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, the first address of the front page Co., Ltd., Toshiba research and development in the Center (72) inventor Naoki Otsuka Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) inventor Hiroki Nakae Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukai Toshiba town address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) inventor Shigeru Machida Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) inventor Toru Sugiyama Kawasaki City, Kanagawa Prefecture Kou District Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) inventor Nomaki Tatsuo Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd. Toshiba research and development in the Center (72) inventor Motomiya Akinori Yokohama, Kanagawa Prefecture Isogo-ku, Shinsugita-cho, address 8 shares 社東芝横浜事業所内 (72)発明者 東海林 裕一 神奈川県川崎市幸区小向東芝町1番地 株 式会社東芝研究開発センター内 Fターム(参考) 5B049 BB07 CC27 EE02 EE43 Company Toshiba Yokohama workplace (72) inventor Yuichi Shoji Kawasaki-shi, Kanagawa-ku, Saiwai Komukaitoshiba-cho, address 1 Co., Ltd., Toshiba Research and Development Center in the F-term (reference) 5B049 BB07 CC27 EE02 EE43

Claims (21)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 コンピュータのデータベースを用いて、 [Claim 1] with a computer database,
    化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理システムにおいて、 保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合を管理する物質管理手段と、 前記各化学物質毎にその使用量を管理する手段と、 前記各化学物質毎の使用量とその化学物質の環境排出量割合とに基づいて、環境排出量を集計する集計処理手段とを具備することを特徴とする化学物質管理システム。 Receipt of chemicals, substance use, movement, to manage the chemical management system for managing at least one of such waste, the environmental emissions rate which is determined beforehand in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held a management unit, and means for managing the amount the each chemical on the basis of the amount of each chemical substance and the environmental emissions rate of the chemical, aggregation processing means for aggregating the environmental emissions chemical management system characterized by comprising and.
  2. 【請求項2】 前記物質管理手段は、 前記化学物質毎に、その化学物質種と、使用用途と、少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合とを管理するためのフィールドが定義された物質管理テーブルと、使用用途毎に各化学物質の少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を示す用途テーブルとを有し、 前記物質管理テーブルに化学物質種および使用用途が入力されたとき、前記用途テーブルを検索して、前記入力された化学物質種および使用用途に対応する少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を取得し、その取得した環境排出量割合を前記物質管理テーブルに登録することを特徴とする請求項1記載の化学物質管理システム。 Wherein said material management means, for each of the chemical substance, and the chemical species, and purpose of use, at least air, water, for managing the environmental emissions proportion to any one of the soil field has a defined material management table, at least the atmosphere of each chemical for each intended use, water, and a usage table indicating the environmental emissions proportion to any one of the soil, chemical to said material management table when species and intended use is input, searches the application table, at least the atmosphere corresponding to the input chemical species and intended use, water, environmental emissions proportion to any one of the soil acquired, chemical management system of claim 1, wherein the registering the acquired environmental emissions proportion to the material management table.
  3. 【請求項3】 コンピュータのデータベースを用いて、 3. Using the computer database,
    化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理システムにおいて、 化学物質の入庫量、未使用保有量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量をそれぞれ管理する手段と、 保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、前記入庫量から前記未使用保有量と前記未使用廃棄量と前記使用済回収廃棄量とをそれぞれ減算した残余とに基づいて、環境排出量を集計する集計処理手段とを具備することを特徴とする化学物質管理システム。 Receipt of chemicals used, movement in chemical management system for managing at least one of such waste, incoming quantity of chemicals, unused stockpile unused amount of waste, means for managing each spent recovering waste amount When the environmental emissions rate which is determined beforehand in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held, and the spent collecting waste amount and the unused amount of waste and the unused stockpile from the incoming quantity based on the residual obtained by subtracting each chemical management system characterized by comprising a counting processing unit for counting the environmental emissions.
  4. 【請求項4】 前記集計処理手段は、 前記化学物質の物質種とその使用用途とによって決定される、その化学物質の廃棄物に含まれる不純物係数を用いて、前記使用済回収廃棄量から不純物を除いた実際の廃棄量を算出する手段をさらに含み、 この算出した実際の廃棄量を、前記環境排出量の集計に用いることを特徴とする請求項3記載の化学物質管理システム。 Wherein said aggregate processing unit, said chemical species of matter to be determined by its intended use, by using the impurity coefficients contained in waste of the chemical impurities from the spent collecting waste amount further comprising means for calculating the actual amount of waste with the exception, chemical management system according to claim 3, wherein the actual amount of waste that this calculation, is characterized by using the aggregate of the environmental emissions.
  5. 【請求項5】 コンピュータのデータベースを用いて、 5. Using a database of a computer,
    化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理方法において、 前記データベースを用いて、保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、 Receipt of chemicals used, movement in chemical management method for managing at least one of such disposal, using the database, environmental emissions which are predetermined in accordance with the held to have chemicals every predetermined condition and the amount ratio,
    その化学物質の使用量とを管理し、 前記各保有化学物質の使用量とその化学物質に対応する環境排出量割合とに基づいて、環境排出量を集計することを特徴とする化学物質管理方法。 Manage and usage of the chemical, on the basis of the usage of each possess chemical and the environmental emissions rate corresponding to the chemical, chemical management method characterized by aggregating the environmental emissions .
  6. 【請求項6】 前記データベースには、前記化学物質毎に、その化学物質種と、使用用途と、少なくとも大気、 The method according to claim 6, wherein the database for each of the chemical substance, and the chemical species, and purpose of use, at least the atmosphere,
    水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合とを管理するためのフィールドが定義された物質管理テーブルと、 Water, a substance management table fields are defined for managing the environmental emissions proportion to any one of the soil,
    使用用途毎に各化学物質の少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を示す用途テーブルとが設けられており、 前記物質管理テーブルに化学物質種および使用用途が入力されたとき、前記用途テーブルを検索して、前記入力された化学物質種および使用用途に対応する少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を取得し、その取得した環境排出量割合を前記物質管理テーブルに登録することを特徴とする請求項5記載の化学物質管理方法。 At least the air of each chemical substance for each intended use, water, and uses a table showing the environmental emissions proportion to any one of the soil is provided, chemical species and intended use is input to the material management table when in, by searching the application table to obtain at least air, water, environmental emissions proportion to any one of the soil corresponding to the inputted chemical species and intended use, the obtained environmental emission chemical management method according to claim 5, wherein the registering the proportions in the material management table.
  7. 【請求項7】 コンピュータのデータベースを用いて、 7. Using a database of a computer,
    化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理する化学物質管理方法において、 前記データベースを用いて、化学物質の入庫量、未使用保有量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量をそれぞれ管理し、 保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、前記入庫量から前記未使用保有量と前記未使用廃棄量と前記使用済回収廃棄量とをそれぞれ減算した残余とに基づいて、環境排出量を集計することを特徴とする化学物質管理方法。 Receipt of chemicals used, movement in chemical management method for managing at least one of such disposal, using said database, incoming quantity of chemicals, unused stockpile unused amount of waste, spent recovering waste the amount of managed respectively, held to the environmental emissions rate which is determined beforehand in accordance with a predetermined condition for each chemical are, the spent recovering said unused waste amount and the unused stockpile from the incoming quantity based on the amount of waste in the residual obtained by subtracting each chemical management method characterized by aggregating the environmental emissions.
  8. 【請求項8】 前記化学物質の物質種とその使用用途とによって決定される、その化学物質の廃棄物に含まれる不純物係数を用いて、前記使用済回収廃棄量から不純物を除いた実際の廃棄量を算出し、 この算出した実際の廃棄量を、前記環境排出量の集計に用いることを特徴とする請求項7記載の化学物質管理方法。 8. is determined by the species of the chemical substance and its intended use, by using the impurity coefficients contained in waste of the chemical, the actual waste that remove impurities from the spent collecting waste amount to calculate the amount, the actual amount of waste that this calculation, chemical management method according to claim 7, characterized by using the aggregate of the environmental emissions.
  9. 【請求項9】 データベースを用いて化学物質の入庫、 9. Receipt of chemicals using a database,
    使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理するコンピュータプログラムが記録された記録媒体において、 前記コンピュータプログラムは、 前記データベースを用いて、保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、 Use, moving, in a recording medium having a computer program recorded for managing at least one of such waste, the computer program, using the database, previously determined in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held environmental emissions rate being,
    その化学物質の使用量とを管理する手順と、 前記各保有化学物質の使用量とその化学物質に対応する環境排出量割合とに基づいて、環境排出量を集計する集計処理手順とを具備することを特徴とする記録媒体。 And procedures to manage the usage of the chemical, based the on usage of each possess chemical and the environmental emissions rate corresponding to the chemical comprises a totalizing procedure to aggregate the environmental emissions recording medium comprising a.
  10. 【請求項10】 前記データベースには、前記化学物質毎に、その化学物質種と、使用用途と、少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合とを管理するためのフィールドが定義された物質管理テーブルと、使用用途毎に各化学物質の少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を示す用途テーブルとが設けられており、 前記コンピュータプログラムは、 前記物質管理テーブルに化学物質種および使用用途が入力されたとき、前記用途テーブルを検索して、前記入力された化学物質種および使用用途に対応する少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合を取得し、その取得した環境排出量割合を前記物質管理テーブルに登録する手順をさらに具備することを特徴とする請求項9記載の記 The method according to claim 10, wherein the database for each of the chemical substance, and the chemical species, and purpose of use, at least air, water, fields for managing the environmental emissions proportion to any one of the soil There a defined material management table, at least the atmosphere of each chemical for each intended use, water is provided with and uses a table showing the environmental emissions proportion to any one of the soil, the computer program, wherein when the chemical species and intended use is input to the material management table, by searching the application table, at least the atmosphere corresponding to the input chemical species and intended use, water, to any one of the soil serial environmental emissions rate acquires, according to claim 9, characterized by further comprising the steps of registering the acquired environmental emissions proportion to the material management table 媒体。 Media.
  11. 【請求項11】 データベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などの少なくともいずれかを管理するコンピュータプログラムが記録された記録媒体において、 前記コンピュータプログラムは、 前記データベースを用いて、化学物質の入庫量、未使用保有量、未使用廃棄量、使用済回収廃棄量をそれぞれ管理する手順と、 保有している化学物質毎に所定の条件に応じて予め決定される環境排出量割合と、前記入庫量から前記未使用保有量と前記未使用廃棄量と前記使用済回収廃棄量とをそれぞれ減算した残余とに基づいて、環境排出量を集計する手順とを具備することを特徴とする記録媒体。 With 11. The database, warehousing of chemicals used, the movement, in a recording medium having a computer program recorded for managing at least one of such waste, the computer program, using the database, chemical incoming quantity of material, unused stockpile, unused waste amounts, and procedures for managing each spent recovering waste quantity, and environmental emission ratio which is predetermined in accordance with a predetermined condition for each chemical to be held based from said incoming quantity and the unused stockpile the unused amount of waste and with said spent collecting waste amount and a residual obtained by subtracting respectively, characterized by comprising the steps of aggregating the environmental emissions recoding media.
  12. 【請求項12】 前記コンピュータプログラムは、 前記化学物質の物質種とその使用用途とによって決定される、その化学物質の廃棄物に含まれる不純物係数を用いて、前記使用済回収廃棄量から不純物を除いた実際の廃棄量を算出する手順をさらに具備し、 この算出した実際の廃棄量を、前記環境排出量の集計に用いることを特徴とする請求項11記載の記録媒体。 12. The computer program, the determined chemical species between the its intended use, by using the impurity coefficients contained in waste of the chemical impurities from the spent collecting waste amount further comprising the steps of calculating the actual amount of waste other than recording medium according to claim 11, wherein the actual amount of waste that this calculation, is characterized by using the aggregate of the environmental emissions.
  13. 【請求項13】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、 保有している化学物質毎に、成分物質、およびその成分物質の含有量を管理するための物質管理テーブルと、 前記物質管理テーブルに対して混合物質に関する情報が入力されたとき、各混合物質毎にその成分物質と含有量とが定義されている成分情報を検索して、前記入力された混合物質に対応する成分物質および含有量を前記物質管理テーブルに登録する手段とを具備し、 保有化学物質を純物質単位で管理できるように構成されていることを特徴とする化学物質管理システム。 With 13. The database computer, receipts chemicals used, movement in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, the content of the component materials, and its component substances a material management table for managing the amount, when the information regarding the mixed material relative to the material management table is input, searches the component information for each substance mixture and its component substances and content are defined Te, and characterized by being configured to the component material and the content corresponding to the inputted mixed material and means for registering the material management table to manage the retention chemicals with pure material units chemical substance management system to.
  14. 【請求項14】 前記各化学物質毎にその使用量を管理する手段と、 前記各化学物質の使用量とその化学物質に含まれる成分物質およびその含有量とに基づいて純物質単位で使用量を算出し、その算出した使用量、および各純物質の種類とその使用用途とによって予め決定される少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量割合に基づいて、少なくとも大気、水、土壌のいずれか一つへの環境排出量を集計する集計処理手段とをさらに具備することを特徴とする請求項13記載の化学物質管理システム。 14. The method of claim 13, wherein the means for managing the amount for each chemical substance, usage and usage with pure substances units based on the component materials and the content contained in the chemical of the each chemical is calculated, the calculated amount, and at least air, water, based on the environmental emissions proportion to any one of the soil is predetermined by the type of the pure substance and its intended use, at least the atmosphere, water, chemical management system according to claim 13, characterized by further comprising a counting processing unit for counting the environmental emissions to any one of the soil.
  15. 【請求項15】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理方法において、 前記データベースの物質管理テーブルを用いて、保有している化学物質毎に、成分物質、およびその成分物質の含有量を管理し、 前記物質管理テーブルに対して混合物質に関する情報が入力されたとき、各混合物質毎にその成分物質と含有量とが定義されている成分情報を検索して、前記入力された混合物質に対応する成分物質および含有量を前記物質管理テーブルに登録し、 前記物質管理テーブルを用いて、前記保有化学物質を純物質単位で管理することを特徴とする化学物質管理方法。 With 15. The database computer, receipts chemicals used, movement in chemical management method for managing the waste, using a substance management table of the database, for each chemical to be held , component materials, and to manage the content of the component substances, when said information about the substance mixture against materials management table is input, components for each mixture material and its component substances and content are defined searching for information, the component materials and content corresponding to the inputted mixed material was registered in the material management table, with reference to the material management table to manage the holdings chemicals with pure material units chemical management method characterized.
  16. 【請求項16】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、 保有している化学物質毎に、その保有量と、その化学物質の取扱いを規制している法規で規定された最大保有量を管理する手段と、 前記法規で規定された最大保有量に対する規制物質の保有量の割合を算出し、その算出結果を安全指数として出力する安全指数算出手段とを具備することを特徴とする化学物質管理システム。 Using a database of 16. Computer, receipts chemicals used, movement in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, and the holding amount of the chemical It means for managing a maximum holdings defined by law that regulates the handling, to calculate the percentage of holdings of controlled substances to the maximum holdings defined in the regulations, and outputs the calculation result as a safety index chemical management system characterized by comprising a safety index calculation means.
  17. 【請求項17】 前記安全指数算出手段は、 安全指数の調査対象となる保管庫で保管されている化学物質毎に、最大保有量に対する保有量の割合をその物質の安全指数として算出する手段と、 前記調査対象の保管庫で管理されている化学物質それぞれに対応する安全指数を累積し、その累積結果を前記調査対象の保管庫の安全指数として出力する手段とを具備することを特徴とする請求項16記載の化学物質管理システム。 17. The safety index calculating means includes means for calculating for each chemical that is stored in the vault to be surveyed safety index, the percentage of holdings to the maximum holding amount as a safety index of the material accumulates the safety index corresponding to each chemical that is managed by depot of the study, characterized by comprising a means for outputting the accumulated result as a safety index for vault of the study chemical management system of claim 16, wherein.
  18. 【請求項18】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理方法において、 前記データベースを用いて、保有している化学物質毎に、その保有量と、その化学物質の取扱いを規制している法規で規定された最大保有量を管理し、 前記法規で規定された最大保有量に対する規制物質の保有量の割合を算出し、その算出結果を安全指数として出力することを特徴とする化学物質管理方法。 With 18. The database computer, receipts chemicals used, movement in chemical management method for managing the waste, by using the database, for each chemical to be held, their holdings If, manages up holdings defined by law that regulates the handling of the chemical, to calculate the percentage of holdings of controlled substances to the maximum holdings defined by the law, the calculation result safety chemical management method and outputs as an exponent.
  19. 【請求項19】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理システムにおいて、 保有している化学物質毎に、少なくともその保有量または使用量を管理する手段と、 化学物質毎にその化学物質が及ぼす環境に対する影響の度合いに応じて予め決められた重み係数と、前記保有化学物質それぞれの少なくとも保有量または使用量とに基づいて、前記保有化学物質が及ぼす環境への影響度を算出し、その算出結果を前記保有化学物質の環境負荷指数として出力する環境負荷指数算出手段とを具備することを特徴とする化学物質管理システム。 Using a database of 19. Computer, receipts chemicals used, mobile, management in chemical management system for managing the waste, each chemical to be held, at least the holding amount or the amount and means for, based on the weight coefficients determined in advance in accordance with the degree of influence on the chemical has on the environment for each chemical, the at least holdings or amount of each of the held chemical said held chemical chemical management system, characterized in that calculates the degree of influence on the environment on, comprising a environmental load index calculation means for outputting the calculation result as the environmental load index of the holdings chemicals.
  20. 【請求項20】 前記環境負荷指数算出手段は、 環境負荷指数の調査対象となる保管庫で保管されている化学物質毎に、少なくとも保有量または使用量と、重み係数との積をその物質の環境負荷指数として算出する手段と、 前記調査対象の保管庫で管理されている化学物質それぞれに対応する環境負荷指数を累積し、その累積結果を前記調査対象の保管庫の環境負荷指数として出力する手段とを具備することを特徴とする請求項19記載の化学物質管理システム。 20. The environmental load index calculation means, for each chemical that is stored in the vault to be surveyed environmental load index, and at least stockpile or usage, of the substance to the product of the weighting factor means for calculating an environmental load index, the environmental load index corresponding to each chemical that is managed by depot of the investigation accumulated, and outputs the accumulation result as environmental load index vaults of the study chemical management system of claim 19, wherein the and means.
  21. 【請求項21】 コンピュータのデータベースを用いて、化学物質の入庫、使用、移動、廃棄などを管理する化学物質管理方法において、 前記データベースを用いて、保有している化学物質毎に、少なくともその保有量または使用量を管理し、 化学物質毎にその化学物質が及ぼす環境に対する影響の度合いに応じて予め決められた重み係数と、前記保有化学物質それぞれの少なくとも保有量または使用量とに基づいて、前記保有化学物質が及ぼす環境への影響度を算出し、その算出結果を前記保有化学物質の環境負荷指数として出力することを特徴とする化学物質管理方法。 Using a database of 21. Computer, receipts chemicals used, movement in chemical management method for managing the waste, by using the database, for each chemical to be held, at least hold to manage the amount or usage, based the weight coefficients determined in advance in accordance with the degree of influence on the chemical has on the environment for each chemical, the at least holdings or amount of each of the held chemical, chemical management method characterized by the possession calculating a degree of influence on the chemicals on the environment, and outputs the calculation result as the environmental load index of the holdings chemicals.
JP31131498A 1998-10-30 1998-10-30 System and method for managing chemical substances and recording medium Pending JP2000137747A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31131498A JP2000137747A (en) 1998-10-30 1998-10-30 System and method for managing chemical substances and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31131498A JP2000137747A (en) 1998-10-30 1998-10-30 System and method for managing chemical substances and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000137747A true true JP2000137747A (en) 2000-05-16

Family

ID=18015651

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31131498A Pending JP2000137747A (en) 1998-10-30 1998-10-30 System and method for managing chemical substances and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000137747A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001325360A (en) * 2000-05-18 2001-11-22 Higashi Nihon Medicom Kk Electronic medicine history management system
EP1160710A2 (en) * 2000-05-26 2001-12-05 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
EP1160711A2 (en) * 2000-05-26 2001-12-05 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
WO2001093135A1 (en) * 2000-05-29 2001-12-06 Kabushiki Kaisha Toshiba Environment management supporting system and environment management supporting method, and storage medium on which the program therefor are recorded
JP2001338027A (en) * 2000-05-26 2001-12-07 Hitachi Ltd Chemical substance integral control system and method for the same
JP2001344380A (en) * 2000-05-31 2001-12-14 Hitachi Ltd General control system for chemical substance, general control method therefor and data control method of general control therefor
EP1172749A2 (en) * 2000-06-09 2002-01-16 Hitachi Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
WO2003009194A1 (en) * 2001-07-17 2003-01-30 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Product check system and product check method
US6741939B2 (en) * 2000-04-14 2004-05-25 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Calculation method of discharge and transfer amount of chemical substances and server and system therefor
US7272465B2 (en) 2000-02-28 2007-09-18 Hitachi, Ltd. Chemical substance total management system, storage medium storing chemical substance management program and chemical substance total management method
JP2008130039A (en) * 2006-11-24 2008-06-05 Hitachi Ltd Environmental load calculation method, environmental load calculation program, and unit conversion method

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7536239B2 (en) 2000-02-28 2009-05-19 Hitachi, Ltd. Chemical substance total management system, storage medium storing chemical substance management program and chemical substance total management method
US7532946B2 (en) 2000-02-28 2009-05-12 Hitachi, Ltd. Chemical substance total management system, storage medium storing chemical substance management program and chemical substance total management method
US7433757B2 (en) 2000-02-28 2008-10-07 Hitachi, Ltd. Chemical substance total management system, storage medium storing chemical substance management program and chemical substance total management method
US7272465B2 (en) 2000-02-28 2007-09-18 Hitachi, Ltd. Chemical substance total management system, storage medium storing chemical substance management program and chemical substance total management method
US6741939B2 (en) * 2000-04-14 2004-05-25 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Calculation method of discharge and transfer amount of chemical substances and server and system therefor
JP2001325360A (en) * 2000-05-18 2001-11-22 Higashi Nihon Medicom Kk Electronic medicine history management system
JP4558142B2 (en) * 2000-05-18 2010-10-06 東日本メディコム株式会社 Electronic medication history management system
US6934640B2 (en) * 2000-05-26 2005-08-23 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
EP1160710A2 (en) * 2000-05-26 2001-12-05 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
EP1160711A3 (en) * 2000-05-26 2004-01-14 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
EP1160711A2 (en) * 2000-05-26 2001-12-05 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
JP2001338027A (en) * 2000-05-26 2001-12-07 Hitachi Ltd Chemical substance integral control system and method for the same
EP1160710A3 (en) * 2000-05-26 2004-01-14 Hitachi, Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
WO2001093135A1 (en) * 2000-05-29 2001-12-06 Kabushiki Kaisha Toshiba Environment management supporting system and environment management supporting method, and storage medium on which the program therefor are recorded
JP2001344380A (en) * 2000-05-31 2001-12-14 Hitachi Ltd General control system for chemical substance, general control method therefor and data control method of general control therefor
JP4517455B2 (en) * 2000-05-31 2010-08-04 株式会社日立製作所 Comprehensive chemical management system, comprehensive chemical management method, and comprehensive chemical management method for managing data
EP1172749A2 (en) * 2000-06-09 2002-01-16 Hitachi Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
EP1172749A3 (en) * 2000-06-09 2004-01-14 Hitachi Ltd. Method and system for comprehensive management of chemical materials
WO2003009194A1 (en) * 2001-07-17 2003-01-30 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Product check system and product check method
JP2008130039A (en) * 2006-11-24 2008-06-05 Hitachi Ltd Environmental load calculation method, environmental load calculation program, and unit conversion method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Koller et al. Assessing safety, health, and environmental impact early during process development
Gerst et al. In-use stocks of metals: status and implications
Hendrickson et al. Environmental life cycle assessment of goods and services: an input-output approach
US20040107123A1 (en) Collection and analysis of trading data in an electronic marketplace
US6862585B2 (en) System and method for managing product development
Liu et al. Optimization in process planning under uncertainty
US6397115B1 (en) Hazardous material classification system
US20030033224A1 (en) Product identity preservation and tracing
Arnot et al. Policies for chemical hazard and risk priority setting: can persistence, bioaccumulation, toxicity, and quantity information be combined?
Lerche et al. A comparison of partial order technique with three methods of multi-criteria analysis for ranking of chemical substances
Chakraborty et al. Plant-wide waste management. 1. Synthesis and multiobjective design
Blume Handbook of methods for acid deposition studies: Laboratory analyses for soil chemistry
US20030085179A1 (en) Methods and systems for reducing waste and emissions from industrial processes
Westrick et al. The groundwater supply survey
Afroz et al. Survey and analysis of public knowledge, awareness and willingness to pay in Kuala Lumpur, Malaysia–a case study on household WEEE management
US20030055669A1 (en) Method, system, and software for handling compliance information
Schock et al. Occurrence of contaminant accumulation in lead pipe scales from domestic drinking-water distribution systems
Jain et al. Resource-constrained scheduling of tests in new product development
Bare et al. Development of the method and US normalization database for life cycle impact assessment and sustainability metrics
US20040204867A1 (en) Pharmaceutical hazardous waste identification and management system
Ahluwalia et al. A life cycle based multi-objective optimization model for the management of computer waste
Obolensky et al. Halogen substitution patterns among disinfection byproducts in the information collection rule database
US20080256133A1 (en) Integrated Change Management Unit
US20060004624A1 (en) Forecast and replenishment analytics
De Sousa Policy performance and brownfield redevelopment in Milwaukee, Wisconsin