JP2000137490A - Karaoke sing-along machine - Google Patents

Karaoke sing-along machine

Info

Publication number
JP2000137490A
JP2000137490A JP10310888A JP31088898A JP2000137490A JP 2000137490 A JP2000137490 A JP 2000137490A JP 10310888 A JP10310888 A JP 10310888A JP 31088898 A JP31088898 A JP 31088898A JP 2000137490 A JP2000137490 A JP 2000137490A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
song
karaoke
information
encore
voice
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10310888A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Noboru Hayakawa
昇 早川
Original Assignee
Victor Co Of Japan Ltd
日本ビクター株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Victor Co Of Japan Ltd, 日本ビクター株式会社 filed Critical Victor Co Of Japan Ltd
Priority to JP10310888A priority Critical patent/JP2000137490A/en
Publication of JP2000137490A publication Critical patent/JP2000137490A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a KARAOKE sing-along machine which enables the user to repeatedly listen to the songs which are sung once. SOLUTION: A musical piece recorded in a musical piece memory section 1 is outputted from a speaker 33 via a bus and a MIDI reproducing section 15. When the user sings the song in compliance with this musical piece, the singing voices are detected by a microphone 19 and while the singing voice are graded by a control section 5, the singing voices are recorded in the musical piece memory section 1 via the bus 3, a buffer memory 7, etc., from the control section 5. If the score is high upon ending of the singing, the recorded song is read out of the musical piece memory section 1 and is encore-reproduced from the speaker 33 via the bus 3, the control section 5, a voice reproducing section 35, etc. The grading thereof is displayed on a monitor 47 as well. The user is able to make training by selecting only the portions of the low grade in respective time zones during the reproduction while repeatedly reproducing these portions.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
【0001】[0001]
【発明の属する技術分野】本発明は、楽曲の伴奏に合わ
せて歌を歌うことができるように歌おうとする歌に対応
した伴奏音楽および歌詞情報を出力するカラオケ装置に
関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyric information corresponding to a song to be sung so that the user can sing along with the accompaniment of the music.
【0002】[0002]
【従来の技術】カラオケ装置は、飲食店、カラオケボッ
クス、家庭等に多く普及しているが、従来のカラオケ装
置は単に伴奏に合わせて歌を歌うだけのものであり、歌
った歌はそのまま流れてしまい、仮に非常に上手に歌っ
た場合でも、その歌を繰り返し聴くことはできない。す
なわち、同じ歌または複数の歌を何回か歌った場合に
は、うまく歌えない場合もあるが、うまく歌えた場合も
あり、このようにうまく歌えた場合には、その歌った歌
を記録しておき、再度繰り返し聴きたいことも多々あ
る。
2. Description of the Related Art Karaoke apparatuses are widely used in restaurants, karaoke boxes, homes, and the like. However, conventional karaoke apparatuses merely sing a song along with accompaniment, and the sung song flows as it is. Even if you sing very well, you can't listen to the song repeatedly. In other words, if you sing the same song or multiple songs several times, you may not be able to sing well, but in some cases, you may be able to sing well. There are a lot of things I want to listen to again.
【0003】また、カラオケ装置は、歌の練習用にも勿
論使用できるが、従来のカラオケ装置は上述したように
伴奏に合わせて歌うだけであり、歌った歌はそのまま流
れてしまうため、歌った歌を再度聴いて、どこが悪いの
かを確認することができない。一度歌った歌を記録して
おいて、繰り返し聴いたり、どこが悪いのかを確認でき
れば、カラオケ装置はとても便利ですばらしい練習用の
装置となる。
The karaoke apparatus can of course be used for practicing a song. However, the conventional karaoke apparatus only sung along with the accompaniment as described above. I can't listen to the song again and see what's wrong. If you can record a song once sung and listen to it repeatedly or find out what is wrong, the karaoke device will be a very convenient and wonderful practice device.
【0004】[0004]
【発明が解決しようとする課題】上述したように、従来
のカラオケ装置は、単に伴奏に合わせて歌を歌うだけで
あり、一度歌った歌を再度または繰り返し聴くことがで
きないという問題がある。特に、素晴らしく上手に歌っ
た場合には、アンコールとして再度聴きたい場合が多々
あるが、従来のカラオケ装置ではこのようなアンコール
を行うことができないという問題がある。
As described above, the conventional karaoke apparatus merely sings a song along with the accompaniment, and there is a problem that a song once sung cannot be heard again or repeatedly. In particular, when a singer is sung wonderfully well, he often wants to listen again as an encore, but there is a problem that such an encore cannot be performed with a conventional karaoke apparatus.
【0005】また、従来のカラオケ装置は、歌った歌を
記録していないため、一度歌った歌を繰り返し聴くこと
ができないし、どこが悪いのかを確認することができな
いという問題がある。一度歌った歌を繰り返し聴くこと
ができ、どこが悪いのかを確認できれば、カラオケ装置
は練習用の便利で素晴らしい装置となり得るが、従来は
このように一度歌った歌を繰り返し聴くことができない
という問題がある。
[0005] Further, the conventional karaoke apparatus does not record the sung song, so that it is not possible to repeatedly listen to the sung song once, and it is not possible to confirm what is wrong. If you can repeatedly listen to the song you sang once and check what is wrong, the karaoke device can be a convenient and wonderful device for practice, but in the past it was impossible to repeatedly listen to the song once sung like this. is there.
【0006】本発明は、上記に鑑みてなされたもので、
その目的とするところは、一度歌った歌を何回でも繰り
返し聴くことができるカラオケ装置を提供することにあ
る。
[0006] The present invention has been made in view of the above,
It is an object of the present invention to provide a karaoke apparatus that can repeatedly listen to a song sung once.
【0007】[0007]
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、請求項1記載の本発明は、歌詞を見ながら伴奏に合
わせて歌を歌うことができるように歌おうとする歌に対
応した伴奏音楽および歌詞情報を出力するカラオケ装置
であって、歌われた歌の音声を検知し、この検知した音
声情報を伴奏情報に同期しながら対応して記録する記録
手段と、この記録された音声をアンコール再生するか否
かを決定するアンコール可否実行手段と、該アンコール
可否実行手段によりアンコール再生すると決定された場
合、前記記録された音声を再生して出力する再生手段と
を有することを要旨とする。
According to one aspect of the present invention, there is provided an accompaniment music corresponding to a song to be sung so that the user can sing the song along with the accompaniment while watching the lyrics. And a karaoke device for outputting lyric information. The karaoke device detects a voice of a sung song, and records the detected voice information in synchronization with the accompaniment information, and encores the recorded voice. The gist of the present invention is to have an encore availability determining means for determining whether or not to play back, and a playback means for playing back and outputting the recorded sound when the encore availability determining means determines to perform the encore playback.
【0008】請求項1記載の本発明にあっては、歌われ
た歌の音声を検知し、この検知した音声情報を伴奏情報
に同期しながら対応して記録し、この記録された音声を
アンコール再生すると決定された場合には、録音された
音声を再生して出力するため、例えば素晴らしく上手に
歌われた歌をアンコール再生して何回も繰り返し聴くこ
とができるし、また繰り返し聴くことにより、どこが悪
いかをチェックでき、歌の練習に有効である。
According to the first aspect of the present invention, the voice of the sung song is detected, and the detected voice information is recorded in synchronization with the accompaniment information, and the recorded voice is encoded. If it is decided to play, to reproduce and output the recorded voice, for example, you can encore play a wonderfully sung song and listen to it many times repeatedly, and by listening repeatedly, You can check what is wrong and it is effective for singing.
【0009】また、請求項2記載の本発明は、請求項1
記載の発明において、前記検知した音声を歌のレベルと
して評価して採点する採点手段を有することを要旨とす
る。
Further, the present invention described in claim 2 is based on claim 1.
In the invention described above, the gist of the invention is to include a scoring unit that evaluates and scores the detected voice as a song level.
【0010】請求項2記載の本発明にあっては、検知し
た音声を歌のレベルとして評価して採点するため、歌っ
た歌がどの程度うまいかを適確にチェックすることがで
き、歌の練習に有効である。
According to the second aspect of the present invention, since the detected voice is evaluated and scored as the level of the song, it is possible to accurately check how good the sung song is, and It is effective for practice.
【0011】また、請求項3記載の本発明は、請求項2
記載の発明において、前記採点手段によって採点した点
数が所定の点数より高い場合、前記記録された音声をア
ンコール再生して出力する高得点アンコール再生手段を
有することを要旨とする。
The present invention according to claim 3 provides the invention according to claim 2.
In the invention described above, the gist of the present invention is to have a high-score encore reproducing means for encore-reproducing and outputting the recorded voice when the score scored by the scoring means is higher than a predetermined score.
【0012】請求項3記載の本発明にあっては、歌った
歌を採点した点数が所定の点数より高い場合、記録され
た音声をアンコール再生して出力するため、非常に上手
に歌われた歌をアンコール再生で何回も繰り返し聴くこ
とができるとともに、音楽の鑑賞用に保存しておくこと
もできる。
According to the third aspect of the present invention, if the score of the sung song is higher than a predetermined score, the recorded voice is encore-played and output, so that the sung song is sung very well. You can listen to the song over and over again by playing the encore, and you can save it for listening to music.
【0013】また、請求項4記載の本発明は、楽曲の伴
奏に合わせて歌を歌うことができるように歌おうとする
歌に対応した伴奏音楽および歌詞情報を出力するカラオ
ケ装置であって、歌われた歌について、アンコール再生
するか否かを決定するアンコール可否実行手段と、該ア
ンコール可否実行手段により当該歌がアンコール再生と
されているときには、当該歌の伴奏音楽を再生して出力
する再生手段とを有することを要旨とする。
According to a fourth aspect of the present invention, there is provided a karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyrics information corresponding to a song to be sung so that the song can be sung along with the accompaniment of the song. Encore enable / disable execution means for deciding whether or not to perform encore playback of the song, and playback means for playing back and outputting accompaniment music of the song when the encore enable / disable execution means has performed the encore playback The gist is to have
【0014】請求項4記載の本発明にあっては、上手く
歌えた等により、再度同じ楽曲を歌いたい(本人あるい
は他の人)という場合に、アンコール再生を設定するこ
とにより楽曲の伴奏が再度演奏され、これにより同じ楽
曲を何度でも歌うことができる。また、採点手段と連動
させて、所定の点数より高い場合に、自動的にアンコー
ル再生が成されるようにしても良い。
According to the present invention, in the case where the user wants to sing the same music again (the person or another person) due to the successful singing or the like, the accompaniment of the music is set again by setting the encore reproduction. Performed, which allows you to sing the same song over and over. Also, in conjunction with the scoring means, the encore reproduction may be automatically performed when the score is higher than a predetermined score.
【0015】つまり、請求項1にあっては、例えば所定
の点数より高い場合に、伴奏と共に記録された音声も再
生されるのに対し、請求項4では伴奏のみ演奏されるの
で、高得点を得た本人が再度、歌っても良く、あるいは
挑戦者が歌うというような、自由な使用が可能となる。
That is, according to the first aspect, for example, when the score is higher than a predetermined score, the recorded voice is reproduced together with the accompaniment, whereas in the fourth aspect, only the accompaniment is played, so that the high score is obtained. Free use is possible, such as the acquired person may sing again or the challenger sings.
【0016】さらに請求項5記載の本発明は、楽曲の伴
奏に合わせて歌を歌うことができるように歌おうとする
歌に対応した伴奏音楽および歌詞情報を出力するカラオ
ケ装置であって、歌われた歌の音声を検知し、この検知
した音声に同期して所定の時間毎に区切られた複数の連
続した時間帯情報を記録する時間情報記録手段と、前記
複数の時間帯の各々毎に前記検知した音声を歌のレベル
として評価して採点する時間帯毎採点手段と、該時間帯
毎採点手段で採点された各時間帯毎の得点を評価し、所
望の値の得点を指定する得点指定手段と、該得点指定手
段で指定された得点を有する時間帯に対応する部分の楽
曲と前記記録された音声の少なくとも一方を再生して出
力する特定部分再生手段とを有することを要旨とする。
According to a fifth aspect of the present invention, there is provided a karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyrics information corresponding to a song to be sung so that the user can sing the song along with the accompaniment of the song. Time information recording means for detecting a voice of the song, and recording a plurality of continuous time zone information divided at predetermined time intervals in synchronization with the detected voice; and Scoring means for each time slot for evaluating and scoring the detected voice as the level of the song, and scoring designation for evaluating a score for each time slot scored by the scoring means for each time slot and designating a score of a desired value The gist of the present invention is to include a specific portion reproducing means for reproducing and outputting at least one of the music piece of the portion corresponding to the time zone having the score specified by the score specifying means and the recorded voice.
【0017】請求項4記載の本発明にあっては、音声に
同期して区切られた複数の時間帯情報の各々毎に歌の音
声を評価して採点し、各時間帯毎に採点された得点のう
ち所望の値の得点を指定し、この指定された得点を有す
る時間帯に対応する部分の楽曲と音声の少なくとも一方
を再生して出力するため、例えば得点が低い部分を指定
して再生でき、これにより得点が低い部分、すなわち歌
の下手な部分をチェック(聴取、確認、再唱歌)するこ
とができ、歌の練習に有効である。
In the present invention, the voice of the song is evaluated and scored for each of a plurality of time zone information divided in synchronization with the voice, and the score is scored for each time zone. To designate a score of a desired value out of the scores, and to reproduce and output at least one of the music and voice of a portion corresponding to the time zone having the designated score, for example, designate and reproduce a portion having a low score It is possible to check (listening, confirming, re-singing) a part with a low score, that is, a part where the song is poor, which is effective for practicing the song.
【0018】[0018]
【発明の実施の形態】以下、図面を用いて本発明の実施
の形態について説明する。
Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings.
【0019】図1は、本発明の一実施形態に係るカラオ
ケ装置の構成を示すブロック図である。同図に示すカラ
オケ装置は、伴奏音楽用の楽曲情報が記録されている数
Gバイトの大容量のハードディスク(HDD)からなる
楽曲記憶部1を有する。この楽曲記憶部1には、カラオ
ケとして歌われる多数の歌の曲名、伴奏情報である楽曲
(MIDI圧縮ファイル)、および該楽曲を識別する楽
曲番号、歌手名、楽曲情報用のMIDI(Musical Inst
rument Digital Interface)情報、カラオケ用の背景画
像情報(静止画、動画)、新譜情報等がそれぞれ対応し
て記録されているとともに、後述するようにカラオケと
して歌われた歌の音声情報もその楽曲情報であるMID
I情報に同期しながら対応して記録されるようになって
いる。なお、MIDIとは、シンセサイザやコンピュー
タ等の間で音楽のデータをやりとりするための規格を意
味し、本実施形態において楽曲記憶部1に記憶されるM
IDI情報とは、このMIDI規格で記載された楽曲情
報を意味している。また、楽曲情報の中には歌詞文字情
報やコーラス情報等も含まれている。楽曲情報を含むM
IDI情報は、例えば図示しない情報センタ等から通信
回線等を介して配信され、楽曲記憶部1に記録されるよ
うになっている。
FIG. 1 is a block diagram showing the configuration of a karaoke apparatus according to one embodiment of the present invention. The karaoke apparatus shown in FIG. 1 has a music storage unit 1 composed of a large-capacity hard disk (HDD) of several gigabytes in which music information for accompaniment music is recorded. The song storage unit 1 stores song names of a large number of songs sung as karaoke, songs (MIDI compressed files) as accompaniment information, song numbers for identifying the songs, singer names, and MIDI (Musical Instrument) for song information.
rument Digital Interface) information, background image information for karaoke (still images, moving images), new music information, etc. are recorded in correspondence with each other, and audio information of the song sung as karaoke is also included in the song information as described later. MID that is
The information is recorded in synchronization with the I information. Note that MIDI means a standard for exchanging music data between a synthesizer, a computer, and the like, and the MIDI data stored in the music storage unit 1 in the present embodiment.
The IDI information means music information described in the MIDI standard. The song information also includes lyrics character information, chorus information, and the like. M including music information
The IDI information is distributed from, for example, an information center (not shown) via a communication line or the like, and is recorded in the music storage unit 1.
【0020】この楽曲記憶部1はバス3を介して制御部
5に接続されている。この制御部5は、本カラオケ装置
の全体の動作を制御するとともに、本カラオケ装置で歌
われた歌の採点を行う採点機能も有している。
The music storage unit 1 is connected to a control unit 5 via a bus 3. The control unit 5 controls the overall operation of the karaoke apparatus and also has a scoring function for scoring songs sung by the karaoke apparatus.
【0021】バス3には、楽曲記憶部1および制御部5
に加えて、楽曲記憶部1への情報の書き込みおよび読み
出し時の一時的メモリであるバッファとして作用するバ
ッファメモリ7、種々の情報を一時的に記憶する高速ア
クセス可能なダイナミックランダムメモリであるDRA
M9、プログラム等の固定情報を記憶するリードオンリ
ーメモリであるROM11、カラオケの歌詞情報を表示
する場合のフォント情報を記憶するフォント記憶部1
3、MIDI(Musical Instrument Digital Interfac
e)情報を再生するMIDI再生部15、カラオケの歌
が歌われた場合に例えばアンコールという音声や拍手な
どを疑似的に発生するための音声を合成する音声合成部
17が接続されている。
The bus 3 has a music storage unit 1 and a control unit 5
In addition, a buffer memory 7 acting as a buffer which is a temporary memory when writing and reading information to and from the music storage unit 1, and a DRA which is a high-speed accessible dynamic random memory for temporarily storing various information
M9, ROM 11, which is a read-only memory for storing fixed information such as programs, and font storage unit 1 for storing font information for displaying karaoke lyrics information
3. MIDI (Musical Instrument Digital Interface)
e) A MIDI reproducing unit 15 for reproducing information and a voice synthesizing unit 17 for synthesizing a sound for simulating, for example, a sound of encore or applause when a karaoke song is sung are connected.
【0022】また、本実施形態のカラオケ装置は、歌わ
れた歌の音声を検知して電気信号に変換するマイクロフ
ォン19を有し、該マイクロフォン19で検知された歌
の音声信号は増幅器21で増幅され、A−D変換器23
でディジタル信号に変換されてから、制御部5に供給さ
れる。制御部5は、このディジタル信号に変換された歌
の音声を受信すると、該音声を評価して採点を開始する
ようになっている。このように採点された音声ディジタ
ル信号は制御部5からバス3を介してバッファメモリ7
に一時的に蓄積され、それから更にバス3を介して楽曲
記憶部1に記録されるようになっている。なお、この場
合の歌の音声信号の記録は、該歌の楽曲情報に同期しな
がら楽曲情報に対応して行われるようになっている。
The karaoke apparatus according to the present embodiment has a microphone 19 for detecting the voice of a sung song and converting the voice into an electric signal. The voice signal of the song detected by the microphone 19 is amplified by an amplifier 21. And the A / D converter 23
The digital signal is supplied to the control unit 5 after being converted into a digital signal by the control unit. When receiving the voice of the song converted into the digital signal, the controller 5 evaluates the voice and starts scoring. The audio digital signal thus scored is sent from the control unit 5 via the bus 3 to the buffer memory 7.
Is temporarily stored in the music storage unit 1 via the bus 3. In this case, the recording of the audio signal of the song is performed in synchronization with the song information of the song and corresponding to the song information.
【0023】楽曲記憶部1に記録されている楽曲情報、
歌詞文字情報等のMIDI情報は、制御部5の制御によ
り楽曲記憶部1から読み出されると、バス3を介してM
IDI再生部15に供給されて再生され、D−A変換器
25を介してミキシング部29に供給され、ミキシング
部29から増幅器31を介してスピーカ33に入力さ
れ、スピーカ33から楽曲情報である伴奏音楽として出
力されるようになっている。また、ミキシング部29に
は、D−A変換器27を介して音声合成部17からの例
えばアンコールという疑似音声や疑似拍手等の疑似信号
も供給され、これらの疑似信号がミキシング部29にお
いてMIDI情報と混合され、増幅器31を介してスピ
ーカ33から出力されるようにもなっている。
Music information recorded in the music storage unit 1;
When MIDI information such as lyric character information is read from the music storage unit 1 under the control of the control unit 5, the MIDI information
It is supplied to the IDI reproducing unit 15 to be reproduced, supplied to the mixing unit 29 via the DA converter 25, input from the mixing unit 29 to the speaker 33 via the amplifier 31, and the accompaniment which is music information from the speaker 33. It is designed to be output as music. The mixing section 29 is also supplied with a pseudo voice such as an encore and a pseudo signal such as a pseudo applause from the voice synthesis section 17 via the DA converter 27, and these pseudo signals are converted into MIDI information by the mixing section 29. And output from the speaker 33 via the amplifier 31.
【0024】また、制御部5にはバス3を介して音声再
生部35が接続され、該音声再生部35からの再生音声
信号はD−A変換器37からミキシング部29、増幅器
31を介してスピーカ33から出力されるようになって
いる。なお、音声再生部35は、上述したようにマイク
ロフォン19からの音声情報が楽曲記憶部1に記録され
た場合に音声情報を音声再生部35で再生するものであ
り、この音声再生部35で再生された音声情報はD−A
変換器37でアナログ情報に変換され、ミキシング部2
9でMIDI再生部15からのMIDI情報である楽曲
情報等と合成された後、増幅器31で増幅され、スピー
カ33から出力されるようになっている。
An audio reproducing unit 35 is connected to the control unit 5 via the bus 3, and a reproduced audio signal from the audio reproducing unit 35 is transmitted from a DA converter 37 to a mixing unit 29 and an amplifier 31. The signal is output from the speaker 33. Note that the audio reproduction unit 35 reproduces the audio information by the audio reproduction unit 35 when the audio information from the microphone 19 is recorded in the music storage unit 1 as described above. The audio information is DA
The information is converted into analog information by the converter 37 and
In 9, after being synthesized with the music information or the like, which is the MIDI information from the MIDI reproducing unit 15, it is amplified by the amplifier 31 and output from the speaker 33.
【0025】更に、制御部5には、背景画ビデオサーバ
41およびVDP(Video Display Processor)43が接
続され、これらはエンコーダ45を介してモニタ47に
接続されている。背景画ビデオサーバ41は、カラオケ
用の背景画像情報を蓄積しているものであるが、この背
景画ビデオサーバ41に蓄積されている背景画像情報は
前記楽曲記憶部1に各楽曲情報に対応して記憶されてい
るもの以外の背景画像情報であり、これにより楽曲記憶
部1に記録されている背景画像情報以外の任意の背景画
像情報を背景画ビデオサーバ41から読み出し、エンコ
ーダ45を介してモニタ47に表示されるようになって
いる。なお、モニタ47は、楽曲記憶部1において各楽
曲情報に対応して記録されている背景画像情報も表示で
きることは勿論であるとともに、またこのモニタ47に
表示された背景画像(静止画像/動画)の上に歌詞文字
情報もカラオケの歌に合わせて表示されることは勿論で
ある。
Further, a background picture video server 41 and a VDP (Video Display Processor) 43 are connected to the control unit 5, and these are connected to a monitor 47 via an encoder 45. The background video server 41 stores background image information for karaoke. The background image information stored in the background video server 41 corresponds to each piece of music information in the music storage unit 1. The background image information other than the background image information stored in the music storage unit 1 is read from the background image video server 41, and the background image information is monitored via the encoder 45. 47 is displayed. The monitor 47 can, of course, also display background image information recorded in the music storage unit 1 corresponding to each piece of music information, and also displays the background image (still image / moving image) displayed on the monitor 47. Of course, the lyric character information is also displayed along with the karaoke song.
【0026】制御部5に接続されている選曲および曲番
表示部39は、歌おうとするカラオケ用の歌を選曲する
ために曲番が表示されるものであり、この選曲は図示し
ない操作パネル部または図2に示す操作用のリモコンに
よって行われ、この選曲された情報が制御部5に入力さ
れるようになっている。
A music selection and music number display section 39 connected to the control section 5 displays a music number for selecting a karaoke song to be sung, and this music selection is performed by an operation panel section (not shown). Alternatively, the operation is performed by an operation remote controller shown in FIG. 2, and the selected information is input to the control unit 5.
【0027】図2は、カラオケ装置を操作させるための
リモコンであり、このリモコンは、ほぼ中央部に「1,
2,3,・・・0」の数字情報を入力するためのテンキ
ー、数字0の左にあるクリアキー「C」、数字2の上に
ある再生終了キー「R」、この再生終了キー「R」の右
隣りにあるスタートキー「S」、一番下側に3つ並んで
設けられているアンコール練習モードキー、アンコール
キー、練習キー、一番上に設けられているディスプレイ
等を有する。
FIG. 2 shows a remote controller for operating the karaoke apparatus.
A numeric keypad for inputting numerical information of 2, 3,... 0, a clear key “C” to the left of the numeral 0, a reproduction end key “R” above the numeral 2, and a reproduction end key “R” , A start key "S" on the right side of ".", An encore practice mode key provided in three rows at the bottom, an encore key, a practice key, a display provided at the top, and the like.
【0028】テンキーは、歌いたい歌の選曲する等のた
めに使用され、このテンキーで所望の歌が選曲される
と、この選曲情報が選曲および曲番表示部39から制御
部5に供給され、この選曲された楽曲情報等が楽曲記憶
部1から読み出されて、DRAM9に一時的に蓄積され
ることになる。それから、ユーザがスタートキー「S」
を操作すると、DRAM9に蓄積された楽曲情報等は制
御部5の制御によりバス3、MIDI再生部15、D−
A変換器25、ミキシング部29、増幅器31を介して
スピーカ33から出力され、カラオケが開始されること
になる。
The numeric keypad is used for selecting a song to be sung, and when a desired song is selected with the numeric keypad, the song selection information is supplied from the song selection and song number display section 39 to the control section 5, The selected music information and the like are read from the music storage unit 1 and temporarily stored in the DRAM 9. Then, the user presses the start key "S"
Is operated, the music information and the like stored in the DRAM 9 are transferred to the bus 3, the MIDI playback unit 15, and the D-
The signal is output from the speaker 33 via the A converter 25, the mixing unit 29, and the amplifier 31, and karaoke is started.
【0029】カラオケが開始して、楽曲情報である伴奏
音楽が上述したようにスピーカ33から出力されると、
ユーザがこの伴奏音楽に合わせてマイクロフォン19に
向かって歌を歌うと、この歌の音声がマイクロフォン1
9で検知され、増幅器21、A−D変換器23を介して
制御部5に供給される。制御部5は、採点機能で音声を
評価して採点を行う。この採点は制御部5からVDP4
3を介してモニタ47に表示されるようになっている。
When the karaoke starts and the accompaniment music as the music information is output from the speaker 33 as described above,
When the user sings a song to the microphone 19 in time with the accompaniment music, the sound of the song is transmitted to the microphone 1.
9 is supplied to the control unit 5 via the amplifier 21 and the AD converter 23. The control unit 5 evaluates the voice by the scoring function and performs scoring. This scoring is performed by the control unit 5 from the VDP4
3 is displayed on the monitor 47.
【0030】なお、この採点は、歌われた歌の全体に対
しても行われるが、所定の時間毎にも細かく行われるよ
うになっている。具体的には、ユーザが歌った歌の音声
はマイクロフォン19で検知されるが、この検知された
音声に同期して所定の時間(または音節)毎に区切られ
た複数の連続した時間帯を定義し、この複数の時間帯情
報は音声の楽曲記憶部1への記録に同期して楽曲記憶部
1に記録されるようになっている。そして、制御部5
は、マイクロフォン19から歌の音声を供給されると、
採点機能により複数の時間帯毎に各音声を採点し、この
採点した得点を制御部5の制御により楽曲記憶部1に記
憶するようになっている。
The scoring is performed for the entire sung song, but is also performed finely at predetermined time intervals. Specifically, the voice of the song sung by the user is detected by the microphone 19, and a plurality of continuous time zones defined at predetermined time intervals (or syllables) are defined in synchronization with the detected voice. The plurality of time zone information is recorded in the music storage unit 1 in synchronization with the recording of the sound in the music storage unit 1. And the control unit 5
Is supplied with the voice of the song from the microphone 19,
Each voice is scored for each of a plurality of time zones by the scoring function, and the score thus scored is stored in the music storage unit 1 under the control of the control unit 5.
【0031】具体的に図3を参照して説明する。図3
(a),(b),(c),(d)は、それぞれ上述した
ようにユーザがスピーカ33から出力される楽曲音楽に
合わせて歌を歌った場合の楽曲音楽の信号波形、ユーザ
が歌った歌の音声信号の波形、複数の時間帯、および各
時間帯における得点を示す図である。
A specific description will be given with reference to FIG. FIG.
(A), (b), (c), and (d) respectively show the signal waveform of the music music when the user sings a song to the music music output from the speaker 33 as described above, and the user sings. It is a figure which shows the waveform of the audio | voice signal of the singing song, several time zones, and the score in each time zone.
【0032】図3(a)に信号波形を示すような楽曲音
楽に合わせて、ユーザが歌を歌うと、その音声信号の波
形が例えば図3(b)に示すように発生する。このよう
に連続的に発生する楽曲音楽および音声信号に対応し
て、図3(c)に示すように複数の時間帯T1 ,T2 ,
T3 ,・・・が定義され、この各時間帯毎の歌の音声に
対して制御部5で採点が行われ、図3(d)に示すよう
に例えば時間帯T1 に対しては50点、時間帯T2 に対
しては60点、時間帯T3 に対しては80点等のように
得点が得られる。この得点および各時間帯T1 ,T2 ,
T3 ,・・・を示す時間帯情報は楽曲情報および歌の音
声に同期して制御部5の制御により楽曲記憶部1に記録
されるようになっている。また、制御部5は、上述した
ようにカラオケで歌われた歌の全体に対しても採点を行
い、その得点も楽曲記憶部1に記録するようになってい
る。
When the user sings a song in tune with the musical composition whose signal waveform is shown in FIG. 3A, the waveform of the audio signal is generated, for example, as shown in FIG. 3B. As shown in FIG. 3C, a plurality of time zones T1, T2,
T3,... Are defined, and the voice of the song in each time zone is scored by the control unit 5, and for example, as shown in FIG. Scores are obtained such as 60 points for the time zone T2 and 80 points for the time zone T3. This score and each time period T1, T2,
The time zone information indicating T3,... Is recorded in the music storage unit 1 under the control of the control unit 5 in synchronization with the music information and the voice of the song. The control unit 5 also scores the entire sung song as described above, and records the score in the music storage unit 1 as well.
【0033】そして、制御部5は、歌の全体に対して採
点された得点が例えば90点以上のように所定の点数以
上の場合には、楽曲記憶部1に記録したカラオケの歌を
自動的にアンコール再生するようにもできる。また、こ
のアンコール再生においては、音声合成部17により疑
似的なアンコールという音声や拍手等も出力され、D−
A変換器27からミキシング部29、増幅器31を介し
てスピーカ33から出力されるようになっている。
When the score scored for the entire song is equal to or more than a predetermined score, for example, 90 or more, the control unit 5 automatically reproduces the karaoke song recorded in the music storage unit 1. You can also play encore. Also, in this encore playback, the voice or applause of pseudo encore is output by the voice synthesizing unit 17 and the D-
The signal is output from the A converter 27 to the speaker 33 via the mixing unit 29 and the amplifier 31.
【0034】さらに、上手く歌え高得点の場合等に、再
度同じ楽曲を歌いたい(本人あるいは他の人)という場
合に、アンコール再生を設定することにより楽曲の伴奏
が再度演奏され、これにより同じ楽曲を何度でも歌うこ
とができる。また所定の点数より高い場合に、自動的に
アンコール再生を行うように設定することもできる。
Furthermore, in the case of singing well and a high score, if the user wants to sing the same song again (the person or another person), the accompaniment of the song is played again by setting encore playback, whereby the same song is played. You can sing as many times as you like. If the score is higher than a predetermined score, it can be set so that the encore playback is automatically performed.
【0035】例えば、所定の点数より高い場合に、伴奏
と共に記録された音声(高得点を得た本人の音声)も再
生されるようにしたり、該楽曲の伴奏のみ演奏して高得
点を得た本人が再度歌えるようにしても良く、あるいは
挑戦者が歌うというようにもできる。
For example, when the score is higher than a predetermined score, the voice recorded together with the accompaniment (the voice of the person who obtained the high score) is reproduced, or only the accompaniment of the music is played to obtain the high score. You can let the person sing again, or you can let the challenger sing.
【0036】また、制御部5は、複数の時間帯毎に採点
された得点を評価し、この得点が例えば70点以下のよ
うに所望の点よりも低い時間帯に対応する部分の歌のみ
を楽曲記憶部1またはDRAM9から抽出し、この得点
の低い部分の歌のみを複数回または任意の回数繰り返し
スピーカ33から再生することができるようにも制御し
ている。これにより歌の練習を容易にしている。なお、
練習用に再生したい得点の指定は、例えば図2に示すリ
モコンから行うことができる。
The control unit 5 evaluates the score scored for each of a plurality of time zones, and only the songs in the portion corresponding to the time zone whose score is lower than the desired score, for example, 70 points or less, are evaluated. The music is extracted from the music storage unit 1 or the DRAM 9, and only the song with the low score is controlled to be reproduced from the speaker 33 a plurality of times or an arbitrary number of times. This facilitates singing practice. In addition,
Designation of a score to be reproduced for practice can be performed using, for example, a remote controller shown in FIG.
【0037】次に、図4に示すフローチャートを参照し
て、図1に示すカラオケ装置の作用を説明する。
Next, the operation of the karaoke apparatus shown in FIG. 1 will be described with reference to the flowchart shown in FIG.
【0038】本カラオケ装置の電源が投入されると、記
録モード、自動モード、手動モード等が自動的に設定さ
れるが、図4の処理では、まず記録モードか否かがチェ
ックされる(ステップS11)。記録モードでない場合
には、カラオケの通常演奏が行われ(ステップS1
3)、演奏が終了すると(ステップS15)、最初のス
テップS11に戻るが、記録モードの場合には、演奏が
開始されるとともに、制御部5の採点機能によるユーザ
が歌った歌の採点も開始し(ステップS17)、録音が
開始する(ステップS19)。この録音の開始では、録
音データ番号がリモコンのテンキーなどにより例えば1
〜8で設定されるとともに、楽曲番号、前記時間帯情報
に対応するタイムデータ、マイクロフォン19で検知さ
れA−D変換器23で変換された歌の音声データ、歌の
全体の得点および各時間帯毎の部分データの得点である
採点データ等が楽曲記憶部1に記録されるが、これらの
情報の記録は制御部5からバス3を介してバッファメモ
リ7に一旦蓄積され(ステップS21)、それからバス
3を介して楽曲記憶部(HDD)1に記録される(ステ
ップS23)。
When the power of the present karaoke apparatus is turned on, a recording mode, an automatic mode, a manual mode, and the like are automatically set. In the processing of FIG. 4, first, it is checked whether or not the recording mode is set (step). S11). If the mode is not the recording mode, a normal performance of karaoke is performed (step S1).
3) When the performance ends (step S15), the process returns to the first step S11. In the case of the recording mode, the performance is started and the grading of the song sung by the user by the grading function of the control unit 5 is also started. Then (step S17), recording starts (step S19). At the start of the recording, the recording data number is set to, for example, 1
And music data, time data corresponding to the time zone information, voice data of the song detected by the microphone 19 and converted by the A / D converter 23, the total score of the song, and each time zone. The scoring data, which is the score of each partial data, is recorded in the music storage unit 1. The recording of such information is temporarily stored in the buffer memory 7 via the bus 3 from the control unit 5 (step S21). The music is stored in the music storage unit (HDD) 1 via the bus 3 (step S23).
【0039】そして、上述したように、カラオケで歌わ
れた歌が完了し、演奏が終了すると(ステップS2
5)、アンコールモードに設定されているか否かがチェ
ックされる(ステップS27)。なお、アンコールモー
ドの設定は、例えばリモコンの「アンコール練習モード
キー」により設定されるが、このキーが操作されると、
アンコール練習モードなる表示がモニタ47に瞬間的に
行われる。また、このアンコール練習モードにおいて、
リモコンの「練習キー」を1回操作すると、ステップS
19で設定した録音データ番号、例えば1〜8に対応し
て記録されている内容がモニタ47に次のように表示さ
れる。
As described above, when the song sung in the karaoke is completed and the performance ends (step S2).
5) It is checked whether the mode is set to the encore mode (step S27). In addition, the setting of the encore mode is set by, for example, an “encore practice mode key” on a remote controller. When this key is operated,
The display indicating the encore practice mode is instantaneously displayed on the monitor 47. In this encore practice mode,
When the "practice key" on the remote control is operated once, step S
The recorded contents corresponding to the recording data numbers set at 19, for example, 1 to 8, are displayed on the monitor 47 as follows.
【0040】 1:東京アンナ 2:長崎エレジー 3: … … … 8:二人の世界 なお、上記例は、個人が歌ったカラオケを練習ですぐに
再生できるように一例として8曲まで一時的に設定して
いることを示しているものであり、この番号をリモコン
の「テンキー」で選曲し、リモコンのスタートキー
「S」を操作することにより、この選曲したものが再生
され、これにより練習を行うことができることになる。
1: Tokyo Anna 2: Nagasaki Elegy 3:……… 8: The World of Two People In the above example, up to eight songs are temporarily stored as an example so that karaoke sung by an individual can be immediately reproduced by practice. This number indicates that the song has been set, and this number is selected using the “numeric keypad” on the remote control, and the selected key is operated by operating the start key “S” on the remote control. Will be able to do that.
【0041】ステップS27の判定において、アンコー
ルモードが設定されていることが識別された場合には、
次のステップS29においてアンコールが自動か手動か
がチェックされる。アンコール自動の場合には、採点が
90点以上か否かがチェックされ(ステップS31)、
90点以上の場合には、音声合成部17または音声再生
部35により疑似的なアンコールの音声および拍手等が
スピーカ33から出力され(ステップS33)、このア
ンコールされた歌が楽曲記憶部1から読み出されて、ア
ンコール再生演奏が開始する(ステップS35)。この
アンコール再生演奏は、楽曲記憶部1に記録された音声
データ、楽曲データ、時間帯情報であるタイムデータ等
に基づいて行われる(ステップS37)。そして、この
アンコール再生演奏が終了すると(ステップS15)、
最初のステップS11に戻る。このとき、例えば「アン
コール練習モードキー」を「2度押す」あるいは「押し
続ける」等の操作により、アンコール再生時に楽曲のみ
(あるいは音声のみ)を再生することにより、もう一
度、歌を歌う(再唱歌)こともできる。なお、音声のみ
再生することにより、より正確に音声を聞き直す(確認
する)ことができ、あるいは異なるパートを歌うことも
できる。
If it is determined in step S27 that the encore mode is set,
In the next step S29, it is checked whether the encore is automatic or manual. In the case of encore automatic, it is checked whether or not the score is 90 points or more (step S31),
If the score is 90 or more, the pseudo-encore voice and applause are output from the speaker 33 by the voice synthesis unit 17 or the voice reproduction unit 35 (step S33), and the encore song is read from the music storage unit 1. Then, the encore playback performance starts (step S35). The encore playback performance is performed based on audio data, music data, time data that is time zone information, and the like recorded in the music storage unit 1 (step S37). When the encore playback performance ends (step S15),
It returns to the first step S11. At this time, for example, by operating the “encore practice mode key” by “pressing twice” or “keeping the key pressed”, only the music (or only the voice) is reproduced at the time of the encore reproduction, thereby singing the song again (repeat song). ) You can also. By playing back only the voice, it is possible to hear (check) the voice more accurately or sing a different part.
【0042】また、ステップS29の判定がアンコール
手動である場合には、アンコールコマンドがあるか否か
がチェックされ(ステップS39)、アンコールコマン
ドがある場合には、ステップS33に進み、上述したス
テップS33以降の処理と同じ処理が行われる。なお、
このアンコールコマンドは、図3に示すリモコンの「ア
ンコールキー」により出力される。このアンコールキー
は、アンコール手動モードの時で次の演奏までの間で機
能することができる。
If it is determined in step S29 that the encore is manual, it is checked whether or not there is an encore command (step S39). If there is an encore command, the flow advances to step S33 to execute the above-described step S33. The same processing as the subsequent processing is performed. In addition,
This encore command is output by an “encore key” of the remote controller shown in FIG. This encore key can function during the encore manual mode until the next performance.
【0043】更に、ステップS31の判定で得点が90
点以上でない場合、またはステップS39の判定でアン
コールコマンドがない場合には、ステップS11に戻
る。
Further, the score is 90 in the judgment in step S31.
If not, or if there is no encore command in the determination of step S39, the process returns to step S11.
【0044】また、ステップS27の判定において、ア
ンコールモードでない場合には、ステップS41以降に
進み、練習モードに入り、まず録音データの再生が行わ
れる(ステップS41)。この再生で選択される曲はス
テップS19に関連して説明したように録音データ番号
1〜8に対応して記録されている曲が該録音データ番号
のいずれかを操作することにより選択される。そして、
このように選曲された曲が再生されている最中にはモニ
タ47の画面に制御部5の採点機能による採点された得
点が各時間帯に合わせて表示され、どの部分の得点が低
いかがわかるようになっている(ステップS43)。そ
して、このように採点された得点をリモコン等から指定
することにより、この指定された得点に対応する部分の
みを検索し、この部分のみを再生することもできる。例
えば、得点が70点よりも低い部分のみを繰り返し再生
したり、または得点が90点よりも高い部分のみを再生
することもできる。
If it is determined in step S27 that the current mode is not the encore mode, the process proceeds to step S41 to enter the practice mode, where the recorded data is reproduced (step S41). As described in connection with step S19, the tune selected in this reproduction is selected from the tunes recorded corresponding to the recording data numbers 1 to 8 by operating any of the recording data numbers. And
While the selected song is being played, the score scored by the scoring function of the control unit 5 is displayed on the screen of the monitor 47 in accordance with each time zone, so that it is possible to know which part has a lower score. (Step S43). Then, by designating the score thus scored from a remote controller or the like, only the portion corresponding to the designated score can be searched and only this portion can be reproduced. For example, it is also possible to repeatedly reproduce only a portion whose score is lower than 70 points, or reproduce only a portion whose score is higher than 90 points.
【0045】上述したように選曲された歌の再生中に図
2に示したリモコンの「▽」「△」印でそれぞれ示す巻
戻しキーおよび早送りキーを操作することにより、同じ
部分または同じ歌を何回でも繰り返し再生することがで
きる(ステップS45)。このようにして再生が終了す
ると(ステップS47)、最初のステップS11に戻る
ことになる。なお、再生の終了時には、リモコンの再生
終了キー「R」を操作する。また、再生中にリモコンの
巻戻しキー「▽」を2回操作することにより早送りの巻
戻しとなる。
By operating the rewind key and the fast-forward key indicated by “▽” and “△” on the remote controller shown in FIG. 2 during reproduction of the song selected as described above, the same portion or the same song is reproduced. Reproduction can be repeated any number of times (step S45). When the reproduction is completed in this way (step S47), the process returns to the first step S11. At the end of the reproduction, the reproduction end key “R” of the remote controller is operated. By operating the rewind key “キ ー” of the remote controller twice during playback, fast-forward rewind is performed.
【0046】[0046]
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
歌われた歌の音声を検知し、この検知した音声情報を伴
奏情報に同期しながら対応して記録し、この記録された
音声をアンコール再生すると決定された場合には、録音
された音声を再生して出力するので、例えば素晴らしく
上手に歌われた歌をアンコール再生して何回も繰り返し
聴くことができるし、また繰り返し聴くことにより、ど
こが悪いかをチェックでき、歌の練習に有効である。
As described above, according to the present invention,
Detects the voice of the sung song, records the detected voice information in synchronization with the accompaniment information, and plays back the recorded voice if it is determined that the recorded voice should be played back by encore. For example, a wonderfully well-sung song can be encore-reproduced and repeatedly listened to many times, and by repeatedly listening, it is possible to check what is wrong and to practice the song.
【0047】また、本発明によれば、検知した音声を歌
のレベルとして評価して採点するので、歌った歌がどの
程度うまいかを適確にチェックすることができ、歌の練
習に有効である。
Further, according to the present invention, the detected voice is evaluated as a song level and scored, so that it is possible to accurately check how good the sung song is, and it is effective for singing practice. is there.
【0048】更に、本発明によれば、歌った歌を採点し
た点数が所定の点数より高い場合、記録された音声をア
ンコール再生して出力するので、非常に上手に歌われた
歌をアンコール再生で何回も繰り返し聴くことができる
とともに、音楽の鑑賞用に保存しておくこともできる。
Further, according to the present invention, if the score of the sung song is higher than a predetermined score, the recorded voice is encore-played and output, so that the very well-sung song is encore-played , You can listen to it many times and save it for listening to music.
【0049】本発明によれば、音声に同期して区切られ
た複数の時間帯情報の各々毎に歌を採点し、各時間帯毎
に採点された得点のうち所望の値の得点を指定し、この
指定された得点を有する時間帯に対応する部分の音声を
再生して出力するので、例えば得点が低い部分を指定し
て再生でき、下手な部分の歌をチェックすることがで
き、歌の練習に有効である。
According to the present invention, a song is scored for each of a plurality of pieces of time zone information synchronized in synchronization with a voice, and a score of a desired value is designated among the scores scored for each time slot. Since the audio of the portion corresponding to the time zone having the designated score is reproduced and output, for example, a portion having a low score can be designated and reproduced, a song in a poor portion can be checked, and the song can be checked. It is effective for practice.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
【図1】本発明の一実施形態に係るカラオケ装置の構成
を示すブロック図である。
FIG. 1 is a block diagram illustrating a configuration of a karaoke apparatus according to an embodiment of the present invention.
【図2】図1に示すカラオケ装置に使用されるリモコン
の構造を示す図である。
FIG. 2 is a diagram showing a structure of a remote controller used in the karaoke apparatus shown in FIG.
【図3】楽曲音楽に合わせて歌を歌った場合の楽曲音楽
の信号波形、ユーザが歌った歌の音声信号の波形、複数
の時間帯および各時間帯における得点を示す図である。
FIG. 3 is a diagram showing a signal waveform of music music when a song is sung along with music music, a waveform of an audio signal of a song sung by a user, a plurality of time zones, and scores in each time zone.
【図4】図1に示すカラオケ装置の作用を示すフローチ
ャートである。
FIG. 4 is a flowchart showing the operation of the karaoke apparatus shown in FIG.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 楽曲記憶部 3 バス 5 制御部 7 バッファメモリ 15 MIDI再生部 17 音声合成部 19 マイクロフォン 33 スピーカ 35 音声再生部 39 選曲および曲番表示部 41 背景画ビデオサーバ 47 モニタ 1 Music storage unit 3 Bus 5 Control unit 7 Buffer memory 15 MIDI playback unit 17 Voice synthesis unit 19 Microphone 33 Speaker 35 Audio playback unit 39 Song selection and song number display unit 41 Background image video server 47 Monitor

Claims (5)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 楽曲の伴奏に合わせて歌を歌うことがで
    きるように歌おうとする歌に対応した伴奏音楽および歌
    詞情報を出力するカラオケ装置であって、 歌われた歌の音声を検知し、この検知した音声情報を伴
    奏情報に同期しながら対応して記録する記録手段と、 この記録された音声をアンコール再生するか否かを決定
    するアンコール可否実行手段と、 該アンコール可否実行手段によりアンコール再生すると
    決定された場合、前記記録された音声を再生して出力す
    る再生手段とを有することを特徴とするカラオケ装置。
    1. A karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyrics information corresponding to a song to be sung so as to be able to sing a song along with the accompaniment of the song, wherein the karaoke device detects the voice of the sung song, Recording means for recording the detected audio information in synchronization with the accompaniment information in synchronization with the accompaniment information; encall enable / disable execution means for deciding whether or not to perform the encore playback of the recorded audio; A karaoke apparatus comprising: a reproducing unit that reproduces and outputs the recorded voice when it is determined that the karaoke sound is recorded.
  2. 【請求項2】 前記検知した音声を歌のレベルとして評
    価して採点する採点手段を有することを特徴とする請求
    項1記載のカラオケ装置。
    2. The karaoke apparatus according to claim 1, further comprising: a scoring unit that evaluates and scores the detected voice as a song level.
  3. 【請求項3】 前記採点手段によって採点した点数が所
    定の点数より高い場合、前記記録された音声をアンコー
    ル再生して出力する高得点アンコール再生手段を有する
    ことを特徴とする請求項2記載のカラオケ装置。
    3. A karaoke system according to claim 2, further comprising a high score encore reproducing means for encore reproducing and outputting said recorded voice when the score scored by said scoring means is higher than a predetermined score. apparatus.
  4. 【請求項4】 楽曲の伴奏に合わせて歌を歌うことがで
    きるように歌おうとする歌に対応した伴奏音楽および歌
    詞情報を出力するカラオケ装置であって、 歌われた歌について、アンコール再生するか否かを決定
    するアンコール可否実行手段と、 該アンコール可否実行手段により当該歌がアンコール再
    生とされているときには、当該歌の伴奏音楽を再生して
    出力する再生手段とを有することを特徴とするカラオケ
    装置。
    4. A karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyric information corresponding to a song to be sung so as to be able to sing the song along with the accompaniment of the music, wherein the sung song is encore-reproduced. A karaoke system comprising: an encore availability determining means for determining whether or not the song is encore-reproduced by the encore availability determining means; and a playback means for playing back and outputting accompaniment music of the song. apparatus.
  5. 【請求項5】 楽曲の伴奏に合わせて歌を歌うことがで
    きるように歌おうとする歌に対応した伴奏音楽および歌
    詞情報を出力するカラオケ装置であって、 歌われた歌の音声を検知し、この検知した音声に同期し
    て所定の時間毎に区切られた複数の連続した時間帯情報
    を記録する時間情報記録手段と、 前記複数の時間帯の各々毎に前記検知した音声を歌のレ
    ベルとして評価して採点する時間帯毎採点手段と、 該時間帯毎採点手段で採点された各時間帯毎の得点を評
    価し、所望の値の得点を指定する得点指定手段と、 該得点指定手段で指定された得点を有する時間帯に対応
    する部分の楽曲と前記記録された音声の少なくとも一方
    を再生して出力する特定部分再生手段とを有することを
    特徴とするカラオケ装置。
    5. A karaoke apparatus for outputting accompaniment music and lyrics information corresponding to a song to be sung so as to be able to sing a song along with the accompaniment of the song, wherein the karaoke device detects the voice of the sung song, Time information recording means for recording a plurality of continuous time zone information divided at predetermined time intervals in synchronization with the detected voice; and the detected voice as a song level for each of the plurality of time zones. Scoring means for each time slot for evaluating and scoring, scoring means for evaluating each time slot scored by the scoring means for each time slot, and specifying a score of a desired value; and A karaoke apparatus comprising: a specific portion reproducing means for reproducing and outputting at least one of a music piece corresponding to a time zone having a designated score and the recorded voice.
JP10310888A 1998-10-30 1998-10-30 Karaoke sing-along machine Pending JP2000137490A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10310888A JP2000137490A (en) 1998-10-30 1998-10-30 Karaoke sing-along machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10310888A JP2000137490A (en) 1998-10-30 1998-10-30 Karaoke sing-along machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000137490A true JP2000137490A (en) 2000-05-16

Family

ID=18010598

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10310888A Pending JP2000137490A (en) 1998-10-30 1998-10-30 Karaoke sing-along machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000137490A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20030024081A (en) * 2001-09-15 2003-03-26 황광선 A song system and its control method
KR100543892B1 (en) * 2002-08-22 2006-01-23 신종표 Multimedia automatic accompaniment system
JP2007025570A (en) * 2005-07-21 2007-02-01 Daiichikosho Co Ltd Karaoke sound-recording and editing device performing cut and paste editing on the basis of lyrics character
JP2008146092A (en) * 2008-01-15 2008-06-26 Yamaha Corp Karaoke device
JP2008209639A (en) * 2007-02-26 2008-09-11 Daiichikosho Co Ltd Karaoke sound effect output system
JP2014194471A (en) * 2013-03-28 2014-10-09 Xing Inc Karaoke device, karaoke program, and recording medium

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20030024081A (en) * 2001-09-15 2003-03-26 황광선 A song system and its control method
KR100543892B1 (en) * 2002-08-22 2006-01-23 신종표 Multimedia automatic accompaniment system
JP2007025570A (en) * 2005-07-21 2007-02-01 Daiichikosho Co Ltd Karaoke sound-recording and editing device performing cut and paste editing on the basis of lyrics character
JP4489650B2 (en) * 2005-07-21 2010-06-23 株式会社第一興商 Karaoke recording and editing device that performs cut and paste editing based on lyric characters
JP2008209639A (en) * 2007-02-26 2008-09-11 Daiichikosho Co Ltd Karaoke sound effect output system
JP2008146092A (en) * 2008-01-15 2008-06-26 Yamaha Corp Karaoke device
JP4553013B2 (en) * 2008-01-15 2010-09-29 ヤマハ株式会社 Karaoke equipment
JP2014194471A (en) * 2013-03-28 2014-10-09 Xing Inc Karaoke device, karaoke program, and recording medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3978909B2 (en) Karaoke equipment
JP2000156049A (en) Audio medium and medium reproducing device
JP2000137490A (en) Karaoke sing-along machine
JP3010936B2 (en) Music player
JP3615378B2 (en) Karaoke system
JPH1195761A (en) Karaoke machine
JP3673385B2 (en) Music performance device
JPH1115481A (en) Karaoke device
JP3077420B2 (en) Karaoke equipment
JP2822591B2 (en) Karaoke equipment
JP3214623B2 (en) Electronic music playback device
JP2554975Y2 (en) Tone generator
JP3433053B2 (en) Karaoke singing scorer, karaoke device and karaoke system
JP3392650B2 (en) Karaoke equipment
JP2000132176A (en) Karaoke singing evaluation device
JP3975528B2 (en) Karaoke equipment
KR100233645B1 (en) A function control method of karaoke
JP2822590B2 (en) Music information playback device with medley performance function
JP2822653B2 (en) Music playback device
JP2548723Y2 (en) Music playback device
KR100565858B1 (en) Apparatus and method for output suitable image data during playing MIDI data in karaoke device
JPH1173191A (en) Music playing device
JP3899595B2 (en) Video playback device
JPH1069286A (en) Karaoke sing-along machine
JPH1055189A (en) 'karaoke' device