JP2000132855A - 光情報記録再生装置 - Google Patents

光情報記録再生装置

Info

Publication number
JP2000132855A
JP2000132855A JP10304874A JP30487498A JP2000132855A JP 2000132855 A JP2000132855 A JP 2000132855A JP 10304874 A JP10304874 A JP 10304874A JP 30487498 A JP30487498 A JP 30487498A JP 2000132855 A JP2000132855 A JP 2000132855A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
track
information recording
recording medium
optical information
optical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10304874A
Other languages
English (en)
Inventor
Hideki Hayashi
秀樹 林
Yasuo Fujikawa
康夫 藤川
Shinichi Kadowaki
慎一 門脇
Riyuusuke Horibe
隆介 堀邊
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority to JP10304874A priority Critical patent/JP2000132855A/ja
Publication of JP2000132855A publication Critical patent/JP2000132855A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/08Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers
    • G11B7/09Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following
    • G11B7/095Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following specially adapted for discs, e.g. for compensation of eccentricity or wobble
    • G11B7/0956Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following specially adapted for discs, e.g. for compensation of eccentricity or wobble to compensate for tilt, skew, warp or inclination of the disc, i.e. maintain the optical axis at right angles to the disc
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermomagnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/1055Disposition or mounting of transducers relative to record carriers
    • G11B11/10576Disposition or mounting of transducers relative to record carriers with provision for moving the transducers for maintaining alignment or spacing relative to the carrier
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/08Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers
    • G11B7/09Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following
    • G11B7/094Methods and circuits for servo offset compensation

Abstract

(57)【要約】 【課題】 光情報記録再生装置において、光ビームと光
情報記録媒体の傾きによって生じる記録再生信号の品質
劣化を低減させることを目的とする。 【解決手段】 透明保護層を有する光情報記録媒体の記
録再生を行う光情報記録再生装置において、チルト検出
装置15と、オフトラック付加装置12を設け、光ビー
ムと光情報記録媒体の傾きに対して光スポットの中心を
光情報記録媒体の情報トラックの中心からずらす最適方
向の決定手段と、ずらす量を固定値とする手段と、光情
報記録媒体を数カ所のエリアに分割し、記録再生時にエ
リアが変わる毎に傾き検知機能が作動する手段を備え、
光情報記録媒体上の光スポットの中心を光情報記録媒体
の情報トラックの中心からずらして走査することによ
り、光情報記録媒体の記録面の傾きによる記録再生信号
の品質劣化を低減させる作用が得られる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、光ビームを用いて
透明保護層を有する光情報記録媒体の記録再生を行う光
情報記録再生装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の光ビームを用いて、透明保護層を
有する光情報記録媒体の記録再生を行う光情報記録再生
装置であって、光情報記録媒体上の光スポットの中心を
情報トラックの中心からずらして走査し、記録再生する
事を特徴とする光情報記録再生装置は、特開平8−77
583号公報に記載されたものが知られている。以下に
その構成、内容を説明する。
【0003】図7は、書き換え型の光磁気ディスク装置
を示した構成図である。図7において、41は情報記録
媒体であるところの光磁気ディスクであり、ガラスやプ
ラスチックなどの透明基板上に磁性膜42が形成されて
いる。光磁気ディスク41はスピンドルモータ43の回
転軸に装填され、モータ43の駆動によって所定の速度
で回転する。光情報記録媒体41の下面は光学ヘッド4
4が配置され上面には光学ヘッド44と対向してバイア
スマグネット43が配置されている。
【0004】光学ヘッド44内には記録再生光源の半導
体レーザ45が設けられており、情報を記録する場合
は、半導体レーザ45の光ビームは図示しないレーザ駆
動回路により情報信号に応じて変調される。半導体レー
ザ45から射出された光ビームは、コリメータレンズ4
6で平行化された後、偏光ビームスプリッタ47を透過
して対物レンズ48に入射する。そして、入射した光ビ
ームは対物レンズ48で絞られ、微小光スポットとして
光磁気ディスク41の磁性膜42上に集光される。一方
バイアスマグネット43から光磁気ディスク41に一定
方向の磁界が印加されており、この磁界の印加と変調さ
れた光ビームの照射によって一連の情報が記録される。
【0005】また、光磁気ディスク41に照射された光
ビームはその媒体面で反射される。この反射光は再び対
物レンズ48を通って、偏光ビームスプリッタ47に入
射し、その偏光面でビームスプリッタ49側へ反射さ
れ、半導体レーザ45の入射光と分離される。ビームス
プリッタ49では入射光束が2つの光束に分離され、一
方の光束はセンサレンズ50を介して光センサ51で受
光される。光センサ51の受光信号は後述するATオフ
セット回路59を経由し、AT・AF回路(オートトラ
ッキング、オートフォーカス制御回路)52に入力さ
れ、AT・AF回路ではその信号をもとにトラッキング
誤差信号及びフォーカス誤差信号が生成される。そし
て、得られたトラッキング誤差信号及びフォーカス誤差
信号もとに対物レンズアクチュエータ54を駆動し対物
レンズ48をトラッキング方向及びフォーカス方向に変
位させることでトラッキング制御とフォーカス制御が行
われる。
【0006】一方、光磁気ディスク41の記録情報を再
生する場合は、半導体レーザ45の光ビームは記録がで
きない程度の再生パワーに設定され、その再生用光ビー
ムを目的のトラックに走査することで記録情報の再生が
行われる。即ち、再生用光ビームの光情報記録媒体面か
らの反射光は対物レンズ48、偏向ビームスプリッタ4
7、ビームスプリッタ49、センサレンズ55を経由し
て光センサ56で受光される。
【0007】次にオフトラック動作の制御を説明する。
57は光センサ56の受光信号をもとに再生信号の振幅
を検出ための振幅検出回路である。振幅検出回路57は
再生光ビームのオフトラックの方向を決定する場合、及
びオフトラックの量を決定する場合に、クロストークや
再生信号の振幅が検出される。検出された値はCPU5
8内のA/D変換機でCPUに取り込まれる。CPU5
8は装置の各部を制御するためのプロセッサ回路であ
り、光磁気ディスク41が装置にセットされるとCPU
58では各部を制御して再生光ビームのオフトラックの
方向及び量を決定する制御が行われる。59はCPU5
8の指示に基づいてAT.AF回路52にオフセットを
印加して再生光ビームを所望の方向に所望の量だけオフ
トラックさせるためのATオフセット印加回路である。
【0008】ここで、オフトラックの方向を決定する手
段を説明する。図8(a)のように対物レンズ48と光
磁気ディスク41が相対的に外周側に傾いている場合
は、盤面上には外周側に三日月形のサブスポットが生
じ、外周トラックからのクロストークが増大する。ま
た、図8(b)のように対物レンズ48と光磁気ディス
ク41が相対的に内周に傾いている場合は、盤面上には
内周側に三日月形のサブスポットが生じ、内側トラック
からのクロストークが増大する。
【0009】従って、両隣接トラックからのクロストー
ク量を測定することで対物レンズ48と光磁気ディスク
41の相対的な傾きの方向を特定することができ、クロ
ストーク量を減少させるための光スポットのオフトラッ
ク方向を決定することができる。
【0010】以下にオフトラックの方向を決定する実施
例を挙げる。最長パターンの信号を光磁気ディスクに設
けられたテスト領域に記録する。その隣接トラックを再
生し、再生信号の振幅比較を行う。その結果、光情報記
録媒体の相対的な傾きの方向を特定することができ、ク
ロストーク量を減少させるための光スポットのオフトラ
ック方向を決定することができる。
【0011】次に、オフトラックの量を決定する手段を
説明する。前述のテスト領域の最長パターン信号が記録
されたトラックに、オフトラック量を変えながら所定回
数再生ビームを走査する。この時検出される再生信号、
または隣接トラックを再生し、所定のトラックから漏れ
込むクロストーク量からオフトラック量が求められる。
【0012】ただし、再生信号振幅が最大になる時のオ
フトラック量とクロストークが最小になる時のオフトラ
ック量は必ずしも一致しないことがあるので図9のよう
に両者の差が最大となるときのオフトラック量を最適値
として決定することが望ましい。
【0013】以上のように決定されたオフトラックの方
向と量を用いて光磁気ディスク41の情報を再生すると
きの動作について説明する。
【0014】まず、CPU58ではその内部メモリから
オフトラックの方向と量が読み出され、その方向と量に
応じてATオフセット付加回路59が制御される。例え
ば、オフトラックの方向が内周であり、オフトラック量
が所定数μmであればCPU58からそれに応じた制御
信号がATオフセット付加回路59に出力される。AT
オフセット付加回路59ではこれを受けるとAT・AF
回路52にオフトラックの方向と量に応じたオフセット
が印加される。これによりAT・AF回路52から対物
レンズアクチュエータに54にオフセットに応じた駆動
信号が供給され、対物レンズ48はその駆動信号に応じ
て制御される。こうして半導体レーザ45から射出され
た再生ビームは、光情報記録媒体の内周側に所定数μm
だけオフトラックされ、以後このように再生光ビームを
オフトラックさせた状態で記録情報の再生が行われる。
【0015】光情報記録再生装置に限ることなく、例え
ば再生専用の記録媒体を再生する装置や追記型の記録媒
体の再生装置などにも適用することができる。
【0016】
【発明が解決しようとする課題】この光情報記録再生装
置においては、クロストークを測定するための所定の信
号が記録されたテスト領域が必要であり、テスト領域の
ない光情報記録媒体にも対応することが要求される。
【0017】また、クロストークが最小になるように決
定した光情報記録媒体上で光スポットの中心を情報トラ
ックの中心からずらす方向は、必ずしも光情報記録再生
装置の再生信号品質を向上させる方向であるとは限らな
い。光スポットの中心をずらす方向、ずらす量を決定す
るのにより適した方法が要求される。
【0018】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するため
に本発明は、再生信号のジッタが良化するように光情報
記録媒体上で光スポットの中心を情報トラックの中心か
らずらして走査する際のずらす方向、ずらす量を決定す
るように構成したものである。これにより、テスト領域
のない光情報記録媒体にも対応できる。また、光スポッ
トの中心をずらす方向、ずらす量を限定することがで
き、光スポットをずらす最適位置の決定時間を短縮する
作用を有する。
【0019】
【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明
は、光源と、前記光源からの光ビームを透明保護層を有
する光情報記録媒体の記録面上に微小スポットとして収
束する集光光学系と、前記光情報記録媒体の記録面上で
反射または回折した光ビームを受光し電気信号に変換す
る受光素子と、前記電気信号を再生情報信号に変換する
信号回路と、前記電気信号より前記光情報記録媒体の記
録面上の光スポットと情報トラックの位置ずれを表す誤
差信号を生成する信号回路と、前記誤差信号より前記光
情報記録媒体上で光スポットを情報トラックに追従させ
る駆動手段を具備した光情報記録再生装置であって、前
記光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する手段
と、光スポットを前記光情報記録媒体上の情報トラック
に追従させる駆動手段に用いる誤差信号のうち前記光情
報記録媒体に対して平行方向、且つ光スポットの走査方
向に対して垂直方向の誤差信号に電気的なオフセットを
与え、光スポットを情報トラックから前記光情報記録媒
体の記録情報を再生することで得られる再生信号ジッタ
が良化する方向にずらすオフトラック動作回路を備える
ことを特徴とする光情報記録再生装置としたものであ
り、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる記録再生
信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0020】本発明の請求項2に記載の発明は、前記光
情報記録媒体の記録情報を再生することで得られる再生
信号ジッタを検知するジッタ検出装置を備え、前記再生
信号ジッタの劣化量をもって前記光情報記録媒体と集光
光学系の傾きを測定する手段とすることを特徴とする請
求項1記載の光情報記録再生装置としたものであり、安
易に光情報記録媒体と集光光学系の傾きの量を測定する
作用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる記録
再生信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0021】本発明の請求項3に記載の発明は、前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きを測定する手段
が、チルト検出用光源と、チルト検出用光源からの光ビ
ームを収束させるチルト検出用集光光学系と、前記光ビ
ームを前記光情報記録媒体に照射し、前記光情報記録媒
体からの反射光を受光し電気信号に変換するチルト検出
用受光素子を具備したチルト検出装置であることを特徴
とする請求項1記載の光情報記録再生装置としたもので
あり、光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する作
用と、光情報記録媒体の記録面の傾きによる記録再生信
号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0022】本発明の請求項4に記載の発明は、前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きを測定する手段
が、光スポットを情報トラックに追従させる駆動手段の
うち光情報記録媒体に対して垂直方向の駆動量であるフ
ォーカス駆動量を検出するフォーカス駆動量検出装置を
備え、前記フォーカス駆動量と光情報記録媒体の現在測
定位置をもとに傾きを測定する手段であることを特徴と
する請求項1記載の光情報記録再生装置としたものであ
り、安易に光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定す
る作用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる記
録再生信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0023】本発明の請求項5に記載の発明は、前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きを測定する手段
が、光スポットを情報トラックに追従させる駆動手段の
うち光情報記録媒体に対して垂直方向の駆動量であるフ
ォーカス駆動量を検出するフォーカス駆動量検出装置を
備え、前記フォーカス駆動量をもとに傾きを測定する手
段であることを特徴とする請求項1記載の光情報記録再
生装置としたものであり、安易に光情報記録媒体と集光
光学系の傾きを測定する作用と、光情報記録媒体と集光
光学系の傾きによる記録再生信号の品質劣化を低減させ
る作用を有する。
【0024】本発明の請求項6に記載の発明は、前記光
情報記録媒体から記録情報を再生することで得られる再
生信号ジッタを検知するジッタ検出装置を備え、前記再
生信号ジッタが最適化されるように、光スポットをずら
す方向であるオフトラック方向と、光スポットをずらす
量であるオフトラック量を変化させる手段をオフトラッ
ク動作回路に備えることを特徴とする請求項1、請求項
2、請求項3、請求項4、請求項5記載の光情報記録再
生装置としたものであり、オフトラック最適位置を決定
する作用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定
する作用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる
記録再生信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0025】本発明の請求項7に記載の発明は、前記光
情報記録媒体から記録情報を再生することで得られる再
生信号が、前記光情報記録媒体に記された情報信号から
誤って再生された割合を表すエラーレイトを検知するエ
ラーレイト検出装置を備え、前記エラーレイトが最適化
されるように、光スポットをずらす方向であるオフトラ
ック方向と、光スポットをずらす量であるオフトラック
量を変化させる手段をオフトラック動作回路に備えるこ
とを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求項
4、請求項5記載の光情報記録再生装置としたものであ
り、オフトラック最適位置を決定する作用と、光情報記
録媒体と集光光学系の傾きを測定する作用と、光情報記
録媒体と集光光学系の傾きによる記録再生信号の品質劣
化を低減させる作用を有する。
【0026】本発明の請求項8に記載の発明は、前記光
情報記録媒体から記録情報を再生することで得られる再
生信号が前記光情報記録媒体に記された情報信号と比較
して、ある一定量の情報中に誤りがあった場合のフラッ
グを検知するフラッグ検出装置を備え、情報量中のフラ
ッグが最少化されるように、光スポットをずらす方向で
あるオフトラック方向と、光スポットをずらす量である
オフトラック量を変化させる手段をオフトラック動作回
路に備えることを特徴とする請求項1、請求項2、請求
項3、請求項4、請求項5記載の光情報記録再生装置と
したものであり、オフトラック最適位置を決定する作用
と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する作用
と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる記録再生
信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0027】本発明の請求項9に記載の発明は、前記光
情報記録媒体から記録情報を再生することで得られる再
生信号振幅を検出するRF信号検出装置を備え、前記再
生信号振幅が最大になるように光スポットをずらす方向
であるオフトラック方向と、光スポットをずらす量であ
るオフトラック量を変化させる手段をオフトラック動作
回路に備えることを特徴とする請求項1、請求項2、請
求項3、請求項4、請求項5記載の光情報記録再生装置
としたものであり、オフトラック最適位置を決定する作
用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する作
用と、光情報記録媒体と集光光学系の傾きによる記録再
生信号の品質劣化を低減させる作用を有する。
【0028】本発明の請求項10に記載の発明は、光ス
ポットをずらす量であるオフトラック量が、光スポット
の走査方向に垂直方向に、かつ情報トラックを中心に各
向きに一点ずつの固定値とする手段をオフトラック動作
回路に備えることを特徴とする請求項1、請求項2、請
求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7、請
求項8、請求項9記載の光情報記録再生装置としたもの
であり、オフトラック量を決定する時間を短縮する作用
と、オフトラック位置を決定する作用と、光情報記録媒
体と集光光学系の傾きを測定する作用と、光情報記録媒
体と集光光学系の傾きによる記録再生信号の品質劣化を
低減させる作用を有する。
【0029】本発明の請求項11に記載の発明は、光ス
ポットをずらす量であるオフトラック量が、光スポット
の走査方向に垂直方向に、かつ情報トラックを中心に各
向きに複数の固定値とする手段をオフトラック動作回路
に備えることを特徴とする請求項2、請求項3、請求項
4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8、請求項
9記載の光情報記録再生装置としたものであり、オフト
ラック量を決定する時間を短縮する作用と、オフトラッ
ク位置を決定する作用と、光情報記録媒体と集光光学系
の傾きを測定する作用と、光情報記録媒体と集光光学系
の傾きによる記録再生信号の品質劣化を低減させる作用
を有する。
【0030】本発明の請求項12に記載の発明は、光ス
ポットをずらす方向をであるオフトラック方向を前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きのうち前記光情報
記録媒体の情報トラックの走査方向と垂直方向の成分の
傾きが光ビームの入射側に近づく方向と同じ方向とする
手段と、光スポットをずらす量であるオフトラック量を
前記光情報記録媒体と集光光学系の傾きのうち前記光情
報記録媒体の情報トラックの走査方向と垂直方向の成分
の傾きに応じて変化させる手段をオフトラック動作回路
に備えることを特徴とする請求項1、請求項3、請求項
4、請求項5記載の光情報記録再生装置としたものであ
り、オフトラック方向を決定する時間を短縮する作用
と、オフトラック位置を決定する作用と、光情報記録媒
体と集光光学系の傾きを測定する作用と、光情報記録媒
体と集光光学系の傾きによる記録再生信号の品質劣化を
低減させる作用を有する。
【0031】本発明の請求項13に記載の発明は、光ス
ポットをずらす方向をであるオフトラック方向を前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きのうち前記光情報
記録媒体の情報トラックの走査方向と垂直方向の成分の
傾きが光ビームの入射側に近づく方向と同じ方向とする
手段と、光スポットをずらす量であるオフトラック量を
光スポットの走査方向に垂直方向に、かつ情報トラック
を中心に各向きに一点ずつの固定値とする手段をオフト
ラック動作回路に備えることを特徴とする請求項1、請
求項3、請求項4、請求項5記載の光情報記録再生装置
としたものであり、オフトラック量を決定する時間を短
縮する作用と、オフトラック方向を決定する時間を短縮
する作用と、オフトラック位置を決定する作用と、光情
報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する作用と、光情
報記録媒体と集光光学系の傾きによる記録再生信号の品
質劣化を低減させる作用を有する。
【0032】本発明の請求項14に記載の発明は、光ス
ポットをずらす方向をであるオフトラック方向を前記光
情報記録媒体と前記集光光学系の傾きのうち前記光情報
記録媒体の情報トラックの走査方向と垂直方向の成分の
傾きが光ビームの入射側に近づく方向と同じ方向とする
手段と、光スポットをずらす量であるオフトラック量を
光スポットの走査方向に垂直方向に、かつ情報トラック
を中心に各向きに複数の固定値とする手段をオフトラッ
ク動作回路に備えることを特徴とする請求項1、請求項
3、請求項4、請求項5記載の光情報記録再生装置とし
たものであり、オフトラック量を決定する時間を短縮す
る作用と、オフトラック方向を決定する時間を短縮する
作用と、オフトラック位置を決定する作用と、光情報記
録媒体と集光光学系の傾きを測定する作用と、光情報記
録媒体と集光光学系の傾きによる記録再生信号の品質劣
化を低減させる作用を有する。
【0033】本発明の請求項15に記載の発明は、前記
光情報記録媒体を、前記光情報記録媒体の持つ反り量に
よって所定数のエリアに分割し、エリアが変わる毎に光
情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する手段を備え
ることを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請
求項4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8請求
項9、請求項10、請求項11、請求項12、請求項1
3記載の光情報記録再生装置としたものであり、オフト
ラック量を決定する時間を短縮する作用と、オフトラッ
ク方向を決定する時間を短縮する作用と、オフトラック
位置を決定する作用と、光情報記録媒体と集光光学系の
傾きを測定する作用と、光情報記録媒体と集光光学系の
傾きによる記録再生信号の品質劣化を低減させる作用を
有する。
【0034】以下に、本発明の請求項1及び請求項2及
び請求項6及び請求項7及び請求項8及び9及び請求項
10及び請求項11及び請求項15に記載された発明の
実施の形態について図1を用いて説明する。図1は従来
の光情報記録再生装置において、ジッタ検出装置10と
オフトラック付加装置12を加えたものを示し、図1に
おいてジッタ検出装置は、再生信号のジッタを検出する
作用を行うものであり、オフトラック付加装置は、光ス
ポットの中心を光情報記録媒体の情報トラックの中心か
らずらす作用を行うものである。
【0035】以下に、本発明の請求項1及び請求項3及
び請求項6及び請求項7及び請求項8及び9及び請求項
10及び請求項11及び請求項12及び請求項13及び
請求項14及び請求項15に記載された発明の実施の形
態について図1を用いて説明する。図2は従来の光情報
記録再生装置において、チルト検出装置15とオフトラ
ック付加装置12を加えたものを示し、図2においてチ
ルト検出装置は、光情報記録媒体と集光光学系の傾きを
検出する作用を行うものであり、オフトラック付加装置
は、光スポットの中心を光情報記録媒体の情報トラック
の中心からずらす作用を行うものである。
【0036】以下に、本発明の請求項1及び請求項4及
び請求項5及び請求項6及び請求項7及び請求項8及び
9及び請求項10及び請求項11及び請求項12及び請
求項13及び請求項14及び請求項15に記載された発
明の実施の形態について図3を用いて説明する。図3は
従来の光情報記録再生装置において、フォーカス駆動量
検出装置16とオフトラック付加装置12を加えたもの
を示し、図3においてフォーカス駆動量検出装置は、光
情報記録媒体のフォーカス駆動量を測定する作用を行う
ものであり、オフトラック付加装置は、光スポットの中
心を光情報記録媒体の情報トラックの中心からずらす作
用を行うものである。
【0037】次に本発明の具体例を説明する。 (実施の形態1)本実施の形態では、光情報記録媒体に
光ディスク記録媒体を用いた。本文では、光ディスク記
録媒体と集光光学系のうち、光ディスク記録媒体上で光
スポットの走査方向と垂直方向の成分の傾きをRチルト
(ラジアルチルト)と称する。
【0038】まず、光ディスク記録媒体と集光光学系の
Rチルトがあると再生信号のジッタが劣化する原因を、
図4を用いて説明する。図4は、Rチルトがある時の光
スポットの強度分布の変化を表す。図4(a)は光ディ
スク記録媒体のRチルトの向きが、ディスク内周側が光
ビームの入射側に近づく方向の時の、光スポットの強度
分布である。Rチルトがないときは、図中に示すように
メインビームの中心は位相差TE信号から得られる原理
的な中心とほぼ等しくなる。しかし、Rチルトが入ると
メインビームの中心は外周側にシフトする。これが1つ
目のジッタ劣化の原因である。さらに、図中に示すよう
に、Rチルトと光ディスク記録媒体の保護層のために、
コマ収差が発生する。これが、2つ目のジッタ劣化の原
因である。(b)は光ディスク記録媒体のRチルトの向
きがディスク外周側が、光ビームの入射側に近づく方向
の時の光スポットの強度分布であり、光軸に対してメイ
ンビームのシフトする方向、発生するコマ収差の方向が
反転するだけでジッタ劣化の原因は、(a)と同じであ
る。
【0039】1つ目のメインビームのシフトによるジッ
タ劣化に対して、光スポットを光ディスク記録媒体と集
光光学系のRチルトが光ビームの入射側に近づく方向と
同じ方向にずらして再生し、メインビームを位相差TE
信号から得られる原理的な中心に近づけることが、本発
明のRチルトのよるジッタ劣化の改善方法である。この
手段はコマ収差によるジッタ劣化は取り除けないが、R
チルトによるジッタ劣化の改善に大きな効果を発揮す
る。
【0040】次に、Rチルトがある時の位相差TE(ト
ラッキングエラー)信号と光スポットのずれ量の関係を
図5に示す。図5より、位相差TE信号のゼロクロス
点、すなわち位相差TE信号から得られる原理的な中心
は、Rチルトの有無に関わらず、常に光ディスク記録媒
体上の情報トラックの中心付近をさす。またRチルトの
有無により、位相差TE信号と光スポットのずれ量の関
係は変化しない。以上の点で、Rチルトの変化に独立し
た位相差TE信号は、光スポットを正確にずらすための
TE信号に適切であることがわかる。よって、本実施の
形態の光情報記録再生装置におけるTE信号は、位相差
TE信号を使用した。
【0041】次に、実施の形態1における光ディスク記
録媒体を再生するための構成を説明する。図1に実施の
形態1の構成を示す。1は光ディスク記録媒体であり、
透明保護層2が設けられている。光ディスク記録媒体
は、スピンドルモータ3の回転軸に充填され、モータ3
の駆動によって所定の速度で回転する。光ディスク記録
媒体1の下面には光学ヘッド4が配置されている。光学
ヘッド4内の半導体レーザ5は、図示していないレーザ
駆動回路により発光し、射出された光ビームは偏光ビー
ムスプリッタ6を透過して対物レンズ8に入射する。そ
して、光ディスク記録媒体の記録面上に集光される。反
射光は再び対物レンズ8を通って、偏光ビームスプリッ
タ6に入射する。途中λ/4板7で偏光状態が変化した
ため、偏光ビームスプリッタ6の偏光面で反射され、光
センサ9に受光される。受光した光は再生信号、または
サーボ用信号として用いられる。CPU11は、このサ
ーボ用信号を取り込み、光ディスク記録媒体上で光スポ
ットを情報トラックに追従させるようにフォーカス・ト
ラッキングサーボ回路13に指示を出す。その結果、フ
ォーカス・トラッキングサーボ回路13から対物レンズ
アクチュエータ14に駆動電流が送られ、光ディスク記
録媒体上で光スポットを情報トラックに追従し、再生信
号が得られる。
【0042】次に、実施の形態1における再生信号ジッ
タの劣化量をもってRチルト量を検出する手段の構成を
説明する。フォーカス・トラッキングサーボ回路13に
よって、光ディスク記録媒体上で光スポットが情報トラ
ックに追従した状態で、ジッタ検出装置10は、光セン
サ9から得られた再生信号をもとにジッタを検出する。
次に、CPU11は検出されたジッタ値を取り込み、起
動時に光ディスク記録媒体のRチルトが最も少ない最内
周部で検出したジッタ値を基準に、ジッタの劣化許容量
を加算したジッタ比較値と比較する。ジッタ比較値よ
り、検出された再生信号ジッタ値が悪い場合は、オフト
ラック動作を必要とするチルト量であると判断する。
【0043】次に、オフトラック動作を行うための構成
を説明する。ここで、オフトラックとは光スポットの走
査方向に対して垂直の方向に、光スポットをずらすこと
を意味する。CPU11が、検出したジッタ値が比較値
より悪いと判断した時、光スポットをずらすように制御
を行う。オフトラック付加装置12は、CPU11の指
示に基づいてフォーカス・トラッキングサーボ回路13
のトラッキングサーボ側に電気的なオフセットを与え
る。そして、対物レンズアクチュエータ14にはオフセ
ットに応じた駆動電流が供給される。その結果、光スポ
ットの中心はずれる。なお、オフトラック動作を行うた
めのこれらの構成をオフトラック動作回路と称する。
【0044】ここで最適オフトラック位置の決定には、
以下4点の構成を挙げる。まず一つ目はジッタ検出装置
10により、ジッタを検出し、ジッタが最良化されるま
でオフトラック動作を繰り返す手段である。二番目は図
示しないエラーレイト検出装置により、光ディスク記録
媒体に記された情報信号から誤って再生された割合であ
るエラーレイトを検出し、エラーレイトが最適化される
までオフトラック動作を繰り返す手段である。三番目は
図示しないC1フラッグ検出装置により、光ディスク記
録媒体から記録情報を再生することで得られる再生信号
が光ディスク記録媒体に記された情報信号と比較して、
ある一定量の情報中に誤りがあった場合にフラッグを立
てるC1フラッグを検出し、C1フラッグが最適化され
るまでオフトラック動作を繰り返す手段である。四番目
は、図示しないRF信号検出装置により、再生信号振幅
を検出し、再生信号振幅が最大化されるまでオフトラッ
ク動作を繰り返す手段である。
【0045】さらに、最適オフトラック位置決定手段を
単純化することができる。Rチルトがある時の光スポッ
トのずらす量と再生信号ジッタの関係を図6に示す。こ
の時の光ディスク記録媒体は、透明保護層厚み0.6m
m、トラックピッチ0.74μm、最短ピット長0.4
0μmのDVD単層ディスクを使用した。その結果、R
チルトに応じて再生信号ジッタが最良になるように光ス
ポットをずらす量は、Rチルト0.35degで0.0
8μm、0.7degで0.11μmと、0.1μm近
辺に集中する。この結果より、光スポットをずらす量を
固定値にできることが分かる。固定値を用いる手段は、
走査方向に対して内外周に一点ずつ設ける手段と、走査
方向に対して内外周に二点以上設ける手段がある。
【0046】また、図6より固定値を走査方向に対して
内外周に一点ずつ設ける手段で、前述した最適オフトラ
ック位置にずらす手段と同等の効果が得られることがわ
かった。よって、固定値を用いると、光スポットをずら
す量の決定時間が短縮できるため有利である。
【0047】本実施の形態では、DVD単層ディスクの
再生を以下の設定で行った。まず、CPUに設定された
比較値は、最内周部におけるデータクロック間ジッタ
6.8%にジッタ劣化の許容量7.2%を加えた14%
とした。そして、光スポットの中心をずらす所定量は、
0.1μmとした。これはトラックピッチの1/6にあ
たる。その結果、Rチルトが0.7degあるときに、
光スポットの中心を情報トラックの中心からずらすこと
で、データクロック間ジッタが4%弱改善された。
【0048】なお、光ディスク記録媒体を半径方向に数
カ所のエリアに分割し、エリアが変わる毎に再生信号の
ジッタを測定することで、ジッタを検出し、検出された
ジッタに応じて制御を行う過程の時間を削減できた。
【0049】なお、上記の実施の形態は光情報再生装置
を例としたが本発明はこれに限ることなく、記録した情
報、または光ディスク記録媒体の初期的に存在する情報
を再生し、記録する手段で記録装置にも適用することが
できる。
【0050】なお、光ディスク記録媒体だけでなくカー
ド式などの光情報記録媒体にも適用することができる。
【0051】(実施の形態2)実施の形態2の構成を、
図2に示す。光ディスク記録媒体を再生するための構成
は、実施の形態1と同じであるので同符号をつけて、説
明を省略する。
【0052】実施の形態2では、チルト検出装置15を
もってRチルト量とRチルトの向きを検出する手段の構
成を説明する。チルト検出装置15は光源と、集光光学
系と、受光素子を持つ。チルト検出装置から放たれた光
ビームを光ディスク記録媒体に照射し、反射光をチルト
検出装置15の受光素子で検出し、反射光の変化よりR
チルトを検出する。起動時に光ディスク記録媒体のRチ
ルトが最も少ない最内周部で検出したRチルトを基準
に、チルト許容量を加算したチルト比較値と比較する。
チルト比較値より、検出されたチルトが大きい場合は、
オフトラック動作を必要とするチルト量であると判断す
る。
【0053】次に、オフトラック動作を行うための構成
を説明する。実施の形態1と同様に、オフトラック動作
回路によりオフトラック動作を行う。オフトラック最適
位置の決定は、実施の形態1と同様に、再生信号ジッ
タ、エラーレイト、C1フラッグ、RF信号を目安にオ
フトラック動作を繰り返す。また、実施の形態1と同様
に、オフトラック量を走査方向に対して内外周に一点ず
つ又は、二点以上ずつの固定値としてオフトラック位置
の決定手段の簡単化を図ることもできる。
【0054】さらに、実施の形態2ではチルト検出装置
により、Rチルトの向きも分かっているため、オフトラ
ック方向の決定手段の簡単化が可能である。再生信号ジ
ッタが改善されるオフトラック方向は、図4より光ディ
スク記録媒体と集光光学系のRチルトが光ビームの入射
側に近づく方向と同じ方向であることがわかる。よっ
て、CPU11でオフトラック方向をRチルトの向きに
応じて制御する。なお、その際のオフトラック量決定手
段は、実施の形態1と同様に再生信号ジッタ、エラーレ
イト、C1フラッグ、RF信号を目安にオフトラック動作
を行いオフトラック最適位置を得る手段と、Rチルトの
変化量に応じてオフトラック量を変化させる手段と、走
査方向に対して内外周に一点ずつ固定値を設ける手段
と、走査方向に対して内外周に二点以上固定値を設ける
手段が挙げられる。
【0055】次に、本実施の形態の詳細な設定と結果を
述べる。光ディスク記録媒体は、透明保護層厚み0.6
mm、トラックピッチ0.74μm、最短ピット長0.
40μmのDVD単層ディスクである。Rチルトの量の
比較値は、0.5deg、ずらす量は、トラックピッチ
の1/6に設定した。ずらす方向は、図4に示すように
光ディスク記録媒体のRチルトが光ビームの入射側に近
づく方向と同じ方向とした。その結果、0.7degの
Rチルトを検出したとき、光スポットの中心を情報トラ
ックの中心からずらすことで、データクロック間ジッタ
が4%弱改善された。
【0056】なお、光ディスク記録媒体を半径方向に数
カ所のエリアに分割し、エリアが変わる毎にRチルトを
測定することで、Rチルトを検出し、検出されたRチル
トに応じて制御を行う過程の時間を削減できた。
【0057】なお、上記の実施の形態は光情報再生装置
を例としたが本発明はこれに限ることなく、記録装置に
も適用することができる。
【0058】なお、光ディスク記録媒体だけでなくカー
ド式などの光情報記録媒体にも適用することができる。
【0059】また、チルト検出器は上記の方法に限定さ
れず、ディスクの鏡面からの反射光をサンプリングし、
その時のトラッキング信号により検出する方法等によっ
て傾きを検出することで本発明を実施することもでき
る。
【0060】(実施の形態3)実施の形態3の構成を、
図3に示す。光ディスク記録媒体を再生するための構成
は、実施の形態1と同じであるので同符号をつけて、説
明を省略する。
【0061】実施の形態3は、フォーカス駆動量検出装
置16をもってRチルト量とRチルトの向きを検出する
手段の構成を説明する。まず、フォーカス駆動量と再生
半径位置から、光ディスク記録媒体のRチルトを測定す
る動作を説明する。図3において、フォーカス駆動量検
出装置16により、光ディスク記録媒体の一回転分のフ
ォーカス駆動平均値を検出する。本文ではこれをフォー
カス駆動量と呼ぶことにする。検出されたフォーカス駆
動量は対物レンズアクチュエータ14の中立位置からの
変位量に略比例して変化する。よって、この駆動量を検
出すれば光ディスク記録媒体の面ぶれ量を簡単に知るこ
とができる。また、面ぶれ量と再生している半径位置が
分かれば、Rチルトを知ることができる。光ディスク記
録媒体のRチルトは内周部で小さく外周部に行くほど大
きくなる特徴を持つため、内周位置のRチルトを基準と
することができる。よって、起動時に最内周部のフォー
カス駆動量をCPU11に記憶し、再生時にフォーカス
駆動量を検出し、これらのフォーカス駆動量の差と現在
再生半径位置から光ディスク記録媒体のRチルトを算出
する。
【0062】さらに、チルトの検出方法を、フォーカス
駆動量の変化量を検出するだけに簡略化することもでき
る。これは光ディスク記録媒体のジッタ劣化に起因する
Rチルトは、外周部が支配的であるため、再生半径位置
の変化量は最外周付近の値で固定することができるから
である。これは、最内周部と現在再生位置のフォーカス
駆動量の変化量をRチルトに換算する時間を削除できる
ため有利である。起動時に光ディスク記録媒体のRチル
トが最も少ない最内周部で検出したフォーカス駆動量を
基準に、フォーカス駆動量の許容量を加算したフォーカ
ス駆動量比較値と比較する。比較値より、検出されたフ
ォーカス駆動量が大きい場合は、オフトラック動作を必
要とするチルト量であると判断する。
【0063】次にオフトラック動作を行うための構成を
説明する。実施の形態1と同様に、オフトラック動作回
路によりオフトラック動作を行う。オフトラック最適位
置の決定は、実施の形態1と同様に、再生信号ジッタ、
エラーレイト、C1フラッグ、RF信号を目安にオフトラ
ック動作を繰り返す。また、実施の形態1と同様に、オ
フトラック量を走査方向に対して内外周に一点ずつ又
は、二点以上ずつの固定値としてオフトラック位置の決
定手段の簡単化を図ることもできる。
【0064】さらに実施の形態3ではフォーカス駆動量
検出装置により得られるフォーカス駆動量の極性より、
Rチルトの向きが分かっているため、オフトラック方向
の決定手段の簡単化が可能である。再生信号ジッタが改
善されるオフトラック方向は、図4より光ディスク記録
媒体と集光光学系のRチルトが光ビームの入射側に近づ
く方向と同じ方向であることがわかる。CPU11でオ
フトラック方向をRチルトの向きに応じてオフトラック
方向を制御する。なお、その際のオフトラック量決定手
段は、実施の形態1と同様に再生信号ジッタ、エラーレ
イト、C1フラッグ、RF信号を目安にオフトラック動
作を行いオフトラック最適位置を得る手段と、フォーカ
ス駆動量の変化に応じてオフトラック量を変化させる手
段と、走査方向に対して内外周に一点ずつ固定値を設け
る手段でも、走査方向に対して内外周に二点以上固定値
を設ける手段でもかまわない。
【0065】次に、本実施の形態の詳細な設定と結果を
述べる。光ディスク記録媒体は、透明保護層厚み0.6
mm、トラックピッチ0.74μm、最短ピット長0.
40μmのDVD単層ディスクである。フォーカス駆動
量の比較値はRチルトで0.5deg相当、ずらす量は
トラックピッチの1/6に設定した。ずらす方向は、光
ディスク記録媒体のRチルトが光ビームの入射側に近づ
く方向と同じ方向とした。その結果、0.7degのR
チルト相当のフォーカス駆動量を検出したとき、光スポ
ットの中心を情報トラックの中心からずらすことで、デ
ータータクロック間ジッタが4%弱改善された。
【0066】なお、光ディスク記録媒体を半径方向に数
カ所のエリアに分割し、再生時にエリアが変わる毎にフ
ォーカス駆動量の変化量を測定することで、駆動量を検
出し、検出された駆動量に対する制御を行う過程の時間
を削減できる。
【0067】なお、本発明は、記録装置においても同様
の動作で記録信号の品質劣化の改善が可能である。
【0068】なお、光ディスク記録媒体だけでなくカー
ド式などの光情報記録媒体にも適用することができる。
【0069】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、光ビーム
を用いて、透明保護層を有する光情報記録媒体の記録再
生を行う光情報記録再生装置において、光ビームと光情
報記録媒体の傾きによって生じる記録再生信号の品質劣
化を低減させるという有利な効果が得られる。また、光
スポットをずらす最適位置の決定時間を短縮するという
有利な効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】ジッタ検出装置とオフトラック付加装置を加え
た光情報記録再生装置のブロック図
【図2】チルト検出装置とオフトラック付加装置を加え
た光情報記録再生装置のブロック図
【図3】フォーカス駆動量検出装置とオフトラック付加
装置を加えた光情報記録再生装置のブロック図
【図4】Rチルトがある時の光スポットの強度分布の変
化を示す模式図
【図5】Rチルトがある時の位相差TE信号と光スポッ
トのずれ量の関係図
【図6】Rチルトがある時の光スポットのずらす量と再
生信号ジッタの関係図
【図7】従来例の構成を示すブロック図
【図8】対物レンズと記録媒体が相対的に外周側に傾い
ているときと内周側に傾いているときで盤面上のスポッ
トの様子を示した図
【図9】再生光ビームを変えながら再生信号振幅、クロ
ストークを測定したときの測定結果を示した図
【符号の説明】
1 光情報記録媒体 2 透明保護層 3 スピンドルモータ 4 光学ヘッド 5 半導体レーザ 6 偏光ビームスプリッタ 7 λ/4板 8 対物レンズ 9 光センサ 10 ジッタ検出装置 11 CPU 12 オフトラック付加回路 13 フォーカス・Trサーボ回路 14 対物レンズアクチュエータ 15 チルト検出装置 16 フォーカス駆動量検出装置 41 光磁気ディスク 42 磁性膜 43 スピンドルモータ 44 光学ヘッド 45 半導体レーザ 46 コリメータレンズ 47 偏光ビームスプリッタ 48 対物レンズ 49 ビームスプリッタ 50 センサレンズ 51 光センサ 52 AT・AF回路 53 バイアスマグネット 54 対物レンズアクチュエータ 55 センサレンズ 56 光センサ 57 振幅検出回路 58 CPU 59 ATオフセット印加回路
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 門脇 慎一 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 (72)発明者 堀邊 隆介 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電器 産業株式会社内 Fターム(参考) 5D118 AA18 BA01 BB02 CA11 CA14 CC12 CD02 CD03 CD04 CD06 CD11

Claims (15)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】光源と、前記光源からの光ビームを透明保
    護層を有する光情報記録媒体の記録面上に微小スポット
    として収束する集光光学系と、前記光情報記録媒体の記
    録面上で反射または回折した光ビームを受光し電気信号
    に変換する受光素子と、前記電気信号を再生情報信号に
    変換する信号回路と、前記電気信号より前記光情報記録
    媒体の記録面上の光スポットと情報トラックの位置ずれ
    を表す誤差信号を生成する信号回路と、前記誤差信号よ
    り前記光情報記録媒体上で光スポットを情報トラックに
    追従させる駆動手段を具備した光情報記録再生装置であ
    って、前記光情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定す
    る手段と、光スポットを前記光情報記録媒体上の情報ト
    ラックに追従させる駆動手段に用いる誤差信号のうち前
    記光情報記録媒体に対して平行方向、且つ光スポットの
    走査方向に対して垂直方向の誤差信号に電気的なオフセ
    ットを与え、光スポットを情報トラックから前記光情報
    記録媒体の記録情報を再生することで得られる再生信号
    ジッタが良化する方向にずらすオフトラック動作回路を
    備えることを特徴とする光情報記録再生装置。
  2. 【請求項2】前記光情報記録媒体の記録情報を再生する
    ことで得られる再生信号ジッタを検知するジッタ検出装
    置を備え、前記再生信号ジッタの劣化量をもって前記光
    情報記録媒体と集光光学系の傾きを測定する手段とする
    ことを特徴とする請求項1記載の光情報記録再生装置。
  3. 【請求項3】前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きを測定する手段が、チルト検出用光源と、チルト検出
    用光源からの光ビームを収束させるチルト検出用集光光
    学系と、チルト検出用光ビームを前記光情報記録媒体に
    照射し、前記光情報記録媒体からの反射光を受光し電気
    信号に変換するチルト検出用受光素子を具備したチルト
    検出装置であることを特徴とする請求項1記載の光情報
    記録再生装置。
  4. 【請求項4】前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きを測定する手段が、光スポットを情報トラックに追従
    させる駆動手段のうち光情報記録媒体に対して垂直方向
    の駆動量であるフォーカス駆動量を検出するフォーカス
    駆動量検出装置を備え、前記フォーカス駆動量と光情報
    記録媒体の現在測定位置をもとに傾きを測定する手段で
    あることを特徴とする請求項1記載の光情報記録再生装
    置。
  5. 【請求項5】前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きを測定する手段が、光スポットを情報トラックに追従
    させる駆動手段のうち光情報記録媒体に対して垂直方向
    の駆動量であるフォーカス駆動量を検出するフォーカス
    駆動量検出装置を備え、前記フォーカス駆動量をもとに
    傾きを測定する手段であることを特徴とする請求項1記
    載の光情報記録再生装置。
  6. 【請求項6】前記光情報記録媒体から記録情報を再生す
    ることで得られる再生信号ジッタを検知するジッタ検出
    装置を備え、前記再生信号ジッタが最適化されるよう
    に、光スポットをずらす方向であるオフトラック方向
    と、光スポットをずらす量であるオフトラック量を変化
    させる手段をオフトラック動作回路に備えることを特徴
    とする請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の光
    情報記録再生装置。
  7. 【請求項7】前記光情報記録媒体から記録情報を再生す
    ることで得られる再生信号が、前記光情報記録媒体に記
    された情報信号から誤って再生された割合を表すエラー
    レイトを検知するエラーレイト検出装置を備え、前記エ
    ラーレイトが最適化されるように、光スポットをずらす
    方向であるオフトラック方向と、光スポットをずらす量
    であるオフトラック量を変化させる手段をオフトラック
    動作回路に備えることを特徴とする請求項1から請求項
    5のいずれか1項に記載の光情報記録再生装置。
  8. 【請求項8】前記光情報記録媒体から記録情報を再生す
    ることで得られる再生信号が前記光情報記録媒体に記さ
    れた情報信号と比較して、ある一定量の情報中に誤りが
    あった場合のフラッグを検知するフラッグ検出装置を備
    え、情報量中のフラッグが最少化されるように、光スポ
    ットをずらす方向であるオフトラック方向と、光スポッ
    トをずらす量であるオフトラック量を変化させる手段を
    オフトラック動作回路に備えることを特徴とする請求項
    1から請求項5のいずれか1項に記載の光情報記録再生
    装置。
  9. 【請求項9】前記光情報記録媒体から記録情報を再生す
    ることで得られる再生信号振幅を検出するRF信号検出
    装置を備え、前記再生信号振幅が最大になるように光ス
    ポットをずらす方向であるオフトラック方向と、光スポ
    ットをずらす量であるオフトラック量を変化させる手段
    をオフトラック動作回路に備えることを特徴とする請求
    項1から請求項5のいずれか1項に記載の光情報記録再
    生装置。
  10. 【請求項10】光スポットをずらす量であるオフトラッ
    ク量が、光スポットの走査方向に垂直方向に、かつ情報
    トラックを中心に各向きに一点ずつの固定値とする手段
    をオフトラック動作回路に備えることを特徴とする請求
    項1から請求項9のいずれか1項に記載の光情報記録再
    生装置。
  11. 【請求項11】光スポットをずらす量であるオフトラッ
    ク量が、光スポットの走査方向に垂直方向に、かつ情報
    トラックを中心に各向きに複数の固定値とする手段をオ
    フトラック動作回路に備えることを特徴とする請求項2
    から請求項9のいずれか1項に記載の光情報記録再生装
    置。
  12. 【請求項12】光スポットをずらす方向をであるオフト
    ラック方向を前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きのうち前記光情報記録媒体の情報トラックの走査方向
    と垂直方向の成分の傾きが光ビームの入射側に近づく方
    向と同じ方向とする手段と、光スポットをずらす量であ
    るオフトラック量を前記光情報記録媒体と集光光学系の
    傾きのうち前記光情報記録媒体の情報トラックの走査方
    向と垂直方向の成分の傾きに応じて変化させる手段をオ
    フトラック動作回路に備えることを特徴とする請求項
    1、請求項3、請求項4、請求項5のいずれかに記載の
    光情報記録再生装置。
  13. 【請求項13】光スポットをずらす方向をであるオフト
    ラック方向を前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きのうち前記光情報記録媒体の情報トラックの走査方向
    と垂直方向の成分の傾きが光ビームの入射側に近づく方
    向と同じ方向とする手段と、光スポットをずらす量であ
    るオフトラック量を光スポットの走査方向に垂直方向
    に、かつ情報トラックを中心に各向きに一点ずつの固定
    値とする手段をオフトラック動作回路に備えることを特
    徴とする請求項1、請求項3、請求項4、請求項5のい
    ずれかに記載の光情報記録再生装置。
  14. 【請求項14】光スポットをずらす方向をであるオフト
    ラック方向を前記光情報記録媒体と前記集光光学系の傾
    きのうち前記光情報記録媒体の情報トラックの走査方向
    と垂直方向の成分の傾きが光ビームの入射側に近づく方
    向と同じ方向とする手段と、光スポットをずらす量であ
    るオフトラック量を光スポットの走査方向に垂直方向
    に、かつ情報トラックを中心に各向きに複数の固定値と
    する手段をオフトラック動作回路に備えることを特徴と
    する請求項1、請求項3、請求項4、請求項5のいずれ
    かに記載の光情報記録再生装置。
  15. 【請求項15】前記光情報記録媒体を、前記光情報記録
    媒体の持つ反り量によって所定数のエリアに分割し、エ
    リアが変わる毎に光情報記録媒体と集光光学系の傾きを
    測定する手段を備えることを特徴とする請求項1から請
    求項13のいずれか1項に記載の光情報記録再生装置。
JP10304874A 1998-10-27 1998-10-27 光情報記録再生装置 Pending JP2000132855A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10304874A JP2000132855A (ja) 1998-10-27 1998-10-27 光情報記録再生装置

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10304874A JP2000132855A (ja) 1998-10-27 1998-10-27 光情報記録再生装置
CN99123644.0A CN1198270C (zh) 1998-10-27 1999-10-27 光信息记录和重放设备
US09/427,825 US6363039B2 (en) 1998-10-27 1999-10-27 Disk tilting compensation with an offset signal to control the location of a light beam

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000132855A true JP2000132855A (ja) 2000-05-12

Family

ID=17938327

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10304874A Pending JP2000132855A (ja) 1998-10-27 1998-10-27 光情報記録再生装置

Country Status (3)

Country Link
US (1) US6363039B2 (ja)
JP (1) JP2000132855A (ja)
CN (1) CN1198270C (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004233155A (ja) * 2003-01-29 2004-08-19 Fujitsu Ltd プローブカードおよび半導体チップの検査方法
WO2005101389A1 (ja) * 2004-04-12 2005-10-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 光ディスク記録再生装置
US6970404B2 (en) 2000-10-05 2005-11-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information recording/reproducing apparatus
US6985419B2 (en) 2001-05-30 2006-01-10 Fujitsu Limited Tracking control method and storage apparatus
US7142488B2 (en) 2002-06-17 2006-11-28 Funai Electric Co., Ltd. Optical disk recording/reproducing apparatus
JP2008084417A (ja) * 2006-09-27 2008-04-10 Funai Electric Co Ltd 光ディスク装置

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE69900012T2 (de) * 1998-09-14 2001-06-07 Matsushita Electric Ind Co Ltd Neigungserkennungsvorrichtung, optisches Speicher und Wiedergabe-Plattengerät, und Neigungserkennungsverfahren
US6963520B1 (en) * 1999-05-18 2005-11-08 Lg Electronics Inc. Method of recording and reproducing an optical recording medium
KR100606669B1 (ko) * 1999-05-19 2006-07-31 엘지전자 주식회사 광 기록매체의 기록재생 방법
JP3915320B2 (ja) * 1999-06-02 2007-05-16 株式会社日立製作所 情報記録装置及び情報記録方法
GB2369746A (en) * 2000-11-30 2002-06-05 Ridgeway Systems & Software Lt Communications system with network address translation
US6970403B2 (en) * 2001-01-25 2005-11-29 Dphi Acquisition, Inc. Calibration of tracking error signal offset in a tracking servo system
US7522480B2 (en) 2001-01-25 2009-04-21 Dphi Acquisitions, Inc. Digital tracking servo system with multi-track seek with an acceleration clamp
JP3674565B2 (ja) * 2001-09-25 2005-07-20 ティアック株式会社 光ディスク装置
JP2003109232A (ja) * 2001-09-28 2003-04-11 Sanyo Electric Co Ltd 光ディスク再生装置に用いられるサーボ回路及びそのサーボ方法
KR100457518B1 (ko) * 2002-05-07 2004-11-17 삼성전자주식회사 틸트 보정 장치 및 방법
JP2004047043A (ja) * 2002-05-13 2004-02-12 Nec Corp 光ディスク媒体およびドライブ装置
KR20040042253A (ko) * 2002-11-13 2004-05-20 삼성전자주식회사 틸트 디스크 판별 장치, 그 방법과 이를 이용한 데이터재생 장치 및 그 방법
JP3727920B2 (ja) * 2002-11-29 2005-12-21 株式会社東芝 ディスク装置、データ記録方法、及びデータ再生方法
KR100510534B1 (ko) * 2003-06-14 2005-08-26 삼성전자주식회사 디스크의 틸트 검출 장치 및 방법
TWI260013B (en) * 2003-12-04 2006-08-11 Mediatek Inc Optical incidence auto-adjusting system
US7613090B2 (en) 2004-05-19 2009-11-03 Hitachi-Lg Data Storage Korea, Inc. Apparatus and method for controlling tilt in optical disc device
KR100576696B1 (ko) * 2004-05-19 2006-05-03 엘지전자 주식회사 광디스크 장치에서의 틸트 제어방법
KR100613611B1 (ko) * 2004-07-07 2006-08-21 삼성전자주식회사 고주파 신호의 인벨롭을 이용하여 틸트/스큐를 보정하는 광디스크 재생장치 및 방법
DE602005007238D1 (de) * 2004-07-15 2008-07-10 Koninkl Philips Electronics Nv Verfahren und vorrichtung zum scannen von auf einem optischen speichermedium gespeicherten daten
JP2006185482A (ja) * 2004-12-27 2006-07-13 Toshiba Corp 光ピックアップチルト補正制御装置およびチルト補正方法
US20090147638A1 (en) * 2007-12-06 2009-06-11 Yoshikazu Tadokoro Optical disc reproducing apparatus
JP6978852B2 (ja) * 2017-05-10 2021-12-08 キヤノン株式会社 同期信号出力装置、制御方法、及び、プログラム

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL193159C (nl) * 1985-06-19 1998-12-04 Hitachi Ltd Voorgevormde registratiedrager voor het daarin met behulp van een lichtvlek schrijven van informatie.
US4866688A (en) * 1985-12-20 1989-09-12 Hitachi, Ltd. Composite tracking servo system for optical disc apparatus with track offset correction
JP2866160B2 (ja) * 1990-07-19 1999-03-08 パイオニア株式会社 光学式ディスクプレーヤ
EP0569597B1 (en) * 1991-11-20 1998-07-15 Sony Corporation Optical disk apparatus
US5703855A (en) * 1993-04-06 1997-12-30 Hitachi, Ltd. Optical disk apparatus and recording and reading method for an optical disk using the same
JPH0877583A (ja) 1994-09-08 1996-03-22 Canon Inc 情報再生装置
KR100230250B1 (ko) * 1994-12-26 1999-11-15 윤종용 광디스크 기울어짐에 의한 수차를 보정하는 방법과 그 장치
AU714000B2 (en) * 1995-06-12 1999-12-16 Sony Corporation Optical pickup
JP3549301B2 (ja) * 1995-09-08 2004-08-04 三菱電機株式会社 光ヘッドのトラッキング誤差検出装置
MY132591A (en) * 1995-10-26 2007-10-31 Sony Corp Optical disc apparatus.

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6970404B2 (en) 2000-10-05 2005-11-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Information recording/reproducing apparatus
US6985419B2 (en) 2001-05-30 2006-01-10 Fujitsu Limited Tracking control method and storage apparatus
US7142488B2 (en) 2002-06-17 2006-11-28 Funai Electric Co., Ltd. Optical disk recording/reproducing apparatus
JP2004233155A (ja) * 2003-01-29 2004-08-19 Fujitsu Ltd プローブカードおよび半導体チップの検査方法
WO2005101389A1 (ja) * 2004-04-12 2005-10-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 光ディスク記録再生装置
JP2008084417A (ja) * 2006-09-27 2008-04-10 Funai Electric Co Ltd 光ディスク装置
US7499381B2 (en) 2006-09-27 2009-03-03 Funai Electric Co., Ltd. Optical disk apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
US20010043523A1 (en) 2001-11-22
CN1198270C (zh) 2005-04-20
CN1252593A (zh) 2000-05-10
US6363039B2 (en) 2002-03-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000132855A (ja) 光情報記録再生装置
JP3772136B2 (ja) 光ディスク装置と光ディスク装置のアクセス方法
JP2007122815A (ja) 光ディスク装置の球面収差及びフォーカスオフセット調整方法、それを用いた光ディスク装置
US6970405B2 (en) Optical recording/reproducing apparatus
JPH10112043A (ja) 再生装置
US7701813B2 (en) Method for recording to and reproducing from an optical recording medium, optical recording medium, and recording and reproduction apparatus for the same
JPH08297839A (ja) 情報記録媒体
JPH09204674A (ja) 光学的情報記録再生装置
JP2006521646A (ja) 光ディスクのチルトを測定するための方法及び装置
JP3594811B2 (ja) 液晶パネル、光ピックアップ及び情報再生装置
JP2002298382A (ja) オフセット測定方法
JP2005251240A (ja) 光学的記録再生装置
JPH1079126A (ja) 光ディスク装置のアクセス方法
JP2000076679A (ja) 光ピックアップ装置及びそのチルト検出方法
JPH0528507A (ja) 光学式情報記録媒体およびその再生装置
JPH1040549A (ja) 記録再生装置および方法
JPH08161764A (ja) 光記録媒体のチルト検出装置、及びそれを用いた情報記録再生装置
US20080049583A1 (en) Optical pickup device
JP2004145987A (ja) 光ピックアップの球面収差合焦ずれ補償方法および光ピックアップ装置
JP4520906B2 (ja) タンジェンシャルチルト検出装置および光ディスク装置
JP2768985B2 (ja) 光学式情報記録再生装置
JP2000020969A (ja) 情報記録/再生装置
JP2002083438A (ja) 光記録・再生装置、チルト補正方法、プログラム、及び媒体
WO2006088050A1 (ja) 光ディスク装置
JPH0877583A (ja) 情報再生装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050824

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20050913

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070719

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070724

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071120