JP2000076487A - Device and method for processing information, and providing medium - Google Patents

Device and method for processing information, and providing medium

Info

Publication number
JP2000076487A
JP2000076487A JP24935398A JP24935398A JP2000076487A JP 2000076487 A JP2000076487 A JP 2000076487A JP 24935398 A JP24935398 A JP 24935398A JP 24935398 A JP24935398 A JP 24935398A JP 2000076487 A JP2000076487 A JP 2000076487A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
window
display
step
avatar
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP24935398A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masayuki Ishikawa
Koichi Matsuda
Tatsuya Takagi
晃一 松田
真之 石川
龍也 高木
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP24935398A priority Critical patent/JP2000076487A/en
Publication of JP2000076487A publication Critical patent/JP2000076487A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/01Input arrangements or combined input and output arrangements for interaction between user and computer
    • G06F3/048Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI]
    • G06F3/0481Interaction techniques based on graphical user interfaces [GUI] based on specific properties of the displayed interaction object or a metaphor-based environment, e.g. interaction with desktop elements like windows or icons, or assisted by a cursor's changing behaviour or appearance
    • G06F3/04815Interaction with three-dimensional environments, e.g. control of viewpoint to navigate in the environment
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
    • G06T17/00Three dimensional [3D] modelling, e.g. data description of 3D objects
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06TIMAGE DATA PROCESSING OR GENERATION, IN GENERAL
    • G06T2210/00Indexing scheme for image generation or computer graphics
    • G06T2210/61Scene description

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To more easily describe a virtual common space. SOLUTION: A user interface part displays the list of avatars (avatar page) which is preserved in a scene graph database in a resource library window in S1. In S2, the user selects an optional avatar among the ones displayed in the avatar page of the resource library window and drags and drops the icon of the selected avatar in the avatar page of a multi-user window from the resource library window. In S3, the user interface part detects the operation of the user in S2 and additionally displays the icon of the dragged and dropped avatar in the avatar page of the multi-user window. Besides, a file input/output part generates an avtimg directory and an avtwrl directory at places where a VRML file is recorded during the editing of the file of the dragged and dropped avatars in accordance with the operation and prescribed avatar data are described in them.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、情報処理装置および方法、並びに提供媒体に関し、特に、VRMLを用いて仮想共有空間を記述する情報処理装置および方法、並びに提供媒体に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an information processing apparatus and method, and a providing medium, in particular, an information processing apparatus and method for describing a virtual shared space using the VRML, and to provide the medium.

【0002】 [0002]

【従来の技術】世界的規模で構築されたコンピュータネットワークであるインターネットにおいて、様々な情報を提供するWWW(World Wide Web)の枠組みを利用して3 BACKGROUND OF THE INVENTION In the Internet is a computer network that has been built on a global scale, 3 using the framework of WWW (World Wide Web) to provide a variety of information
次元的な情報を統一的に扱うことができる記述言語として、VRML(Virtual Reality Modeling Language)が知られている。 As a description language capable of handling dimensional information in a unified manner, VRML (Virtual Reality Modeling Language) is known.

【0003】WWWは、スイスのCERN(European Center f [0003] The WWW, Switzerland CERN (European Center f
or Nuclear Research:欧州核物理学研究所)により開発されたものであり、テキスト、画像、または音声などの情報を、ハイパーテキスト形式で閲覧できるように、 or Nuclear Research: has been developed by the European Institute of Nuclear Physics), text, image or information, such as voice, so that it can be viewed in hypertext format,
HTTP(Hyper Text Transfer Protocol:ハイパーテキスト転送プロトコル)と呼ばれるプロトコルに基づいて、W HTTP: on the basis of a protocol called (Hyper Text Transfer Protocol Hypertext Transfer Protocol), W
WWサーバに格納された情報をパーソナルコンピュータなどの端末に非同期転送するものである。 The information stored in the WW server terminal such as a personal computer is for asynchronous transfer.

【0004】WWWサーバは、HTTP、デーモン(daemon) [0004] WWW server, HTTP, daemon (daemon)
と呼ばれるサーバソフトウエア、および、ハイパーテキスト情報が格納されるHTMLファイルにより構成される。 Server software is called, and, constituted by the HTML file hypertext information is stored.
なお、デーモンとは、UNIX上で作業を行う場合において、バックグラウンドで管理や処理を実行するプログラムである。 Note that the daemon in the case of performing work on UNIX, is a program for executing control and processing in the background. ハイパーテキスト情報は、HTML(HyperTextM Hypertext information, HTML (HyperTextM
arkup Language:ハイパーテキスト記述言語)と呼ばれる記述言語を用いて表現される。 arkup Language: is expressed using a description language called Hypertext Markup Language). HTMLによるハイパーテキストの記述は、「<」と「>」で囲まれたタグと呼ばれる書式指定によって文章の論理的な構造が表現される。 Description of the hyper text by HTML is, "<" and ">" surrounded by the logical structure of the sentence by the format specification called a tag is expressed. 他の情報とのリンクについての記述は、アンカと呼ばれるリンク情報を用いて行われる。 Description of the link to other information is performed using the link information called anchor. このアンカを用いて、情報が存在する場所を指定する際には、URL(Unifor Using this anchor, when you specify the location where the information exists, URL (Unifor
m ResourceLocator)と呼ばれる文字列が用いられる。 Character string called a m ResourceLocator) is used.

【0005】HTMLで記述されたファイルを、ネットワーク上において転送するためのプロトコルがHTTPである。 [0005] files written in HTML, the protocol for transferring on the network is HTTP.
このHTTPは、クライアントからの要求をWWWサーバに伝え、HTMLファイルのハイパーテキスト情報をクライアントに転送する機能をもっている。 This HTTP is, tell the request from the client to the WWW server, have the ability to transfer hypertext information of the HTML file to the client.

【0006】WWWを利用する環境として多く利用されているのが、例えば、Netscape Navigator(米国Netscape [0006] What is often used as an environment that utilizes the WWW is, for example, Netscape Navigator (US Netscape
Communications社の商標)のようなWWWブラウザと呼ばれるクライアントソフトウエアである。 Is a client software, called the Communications Inc. trademark) WWW browser, such as. このWWWブラウザを用いることにより、URLに対応する世界規模で広がるインターネット上のWWWサーバ上のファイル、いわゆるホームページを閲覧することができ、いわゆるネットサーフィンと呼ばれるように、リンクが張られたホームページを次々と辿って、多種多様なWWWの情報ソースにアクセスすることができる。 By using the WWW browser, a file on the WWW server on the Internet to spread on a global scale that corresponds to the URL, it is possible to view the so-called home, as the so-called net surfing, one after another, the link has been stretched Homepage It follows and, it is possible to access a wide variety of WWW information sources.

【0007】近年、このWWWをさらに拡張し、3次元仮想空間の記述や、3次元グラフィックスで描画されたオブジェクトに対してハイパーテキストのリンクの設定を可能とし、これらのリンクをたどりながらWWWサーバを次々とアクセスできるようにした、VRML(Virtual Reality [0007] In recent years, further extend this WWW, descriptions and of three-dimensional virtual space, to allow the setting of hypertext links to the objects that are drawn in three-dimensional graphics, WWW server while tracing these links was so one after another can access, VRML (Virtual Reality
Modeling Langerage) と呼ばれる3次元グラフィックス記述言語の仕様が策定され、このVRMLの仕様に基づいて記述された3次元空間を表示するためのVRMLブラウザが開発されている。 Modeling Langerage) and the three-dimensional graphics description language specification of which is called is developed, VRML browser for displaying a three-dimensional space that has been described based on the specifications of the VRML have been developed.

【0008】このVRMLの詳細は、例えば、「VRMLを知る:3次元電脳空間の構築とブラウジング〔マーク・ペッシ著、松田晃一・蒲地輝尚・竹内彰一・本田康晃・暦本純一・石川真之・宮下健・原和弘訳、1996年3月25日初版発行、プレンティスホール出版ISBN4-931356 [0008] The details of this VRML, for example, know the "VRML: Building and browsing [Mark Pesshi Author of 3-dimensional cyber space, Masayuki Koichi Kabanochi TeruSho, Shoichi Honda KanAkira-Rekihon Junichi Ishikawa Takeuchi Mazda Ken Kazuhiro Hara translation Miyashita, first edition published on March 25, 1996, Prentice Hall publishing ISBN4-931356
-37-0〕(原著;VRML:Browsing & Building Cyberspac -37-0] (Original; VRML: Browsing & Building Cyberspac
e,Mark Pesce, 1995 New Readers Publishing ISBN 1-5 e, Mark Pesce, 1995 New Readers Publishing ISBN 1-5
6205-498-8))」、または「VRMLの最新動向とCyberPas 6205-498-8)) ", or the" latest developments in VRML and CyberPas
sage〔松田晃一・本田康晃著、bit(共立出版)/1996 sage [Koichi Matsuda Honda KanAkira al., bit (Kyoritsu Shuppan) / 1996
Vol.28 No.7 pp29 〜pp36, No.8 pp57 〜pp65, No.9 pp Vol.28 No.7 pp29 ~pp36, No.8 pp57 ~pp65, No.9 pp
29 〜pp36, No.10 pp49〜pp58〕」等の文献に記載されている。 29 ~pp36, are described in the literature such as No.10 Pp49~pp58] ".

【0009】また、 「The Virtual Reality Modeling [0009] In addition, "The Virtual Reality Modeling
Language Version 2.0, ISO/IEC CD 14772」の公式かつ完全な仕様書は、「http://www.vrml.org/Specificat Language Version 2.0, ISO / IEC CD 14772 "official and complete specifications of," http://www.vrml.org/Specificat
ions/VRML2.0/FINAL/spec/index.html」で公開されており、その日本語版は、「http://www.webcity.co.jp/inf ions / VRML2.0 / FINAL / spec / index.html "have been published in, the Japanese version," http://www.webcity.co.jp/inf
o/andoh/VRML/vrml2.0/spec-jp/index.html」で公開されている。 o / andoh / VRML / vrml2.0 / spec-jp / index.html "has been published in.

【0010】さらに、VRML2.0用ブラウザおよび共有サーバ用ソフトウェアとしては、例えば、本出願人であるソニー株式会社が「Community Place(商標) Browser / [0010] Further, as the software for the browser and the shared server for VRML2.0, for example, Sony Corporation "Community Place assignee of the present application (TM) Browser /
Bureau」として開発し、製品化しており、そのβ版(試供版)を、インターネット上のホームページ「http://v Developed as Bureau ", it has been commercialized, the β version of the (trial version), on the Internet website" http: // v
s.sony co.jp」からダウンロードすることが可能とされている。 It has been and can be downloaded from s.sony co.jp ".

【0011】このようなVRML2.0においては、3次元的な仮想空間内におけるオブジェクトの自律的な振る舞いを記述し、表現することが可能とされている。 [0011] In such VRML 2.0, describe the autonomous behavior of objects in three-dimensional virtual space, and is it possible to express. このVRML This VRML
2.0を用いて、3次元的な仮想空間内でオブジェクトが動的に動き回るVRMLコンテンツを作成しようとする場合、以下の様な作業行程を経ることになる。 2.0 with, if the object is to create a VRML contents moving around dynamically, goes through a working stroke, such as the following 3-dimensional virtual space. なお、以下において、1つの仮想空間内で一連のオブジェクトの振る舞いを実現するためのVRMLファイルや、スクリプトファイル等の集合体をVRMLコンテンツと呼ぶことにする。 Incidentally, in the following, will be referred to as one of a series of or VRML file for realizing the behavior of the object in virtual space, the collection and script files and VRML contents.

【0012】以下において、このVRMLコンテンツを作成するための一連の作業について説明する。 [0012] In the following, a description will be given of a series of work to create this VRML content.

【0013】モデル作成作業は、仮想空間内に配置するオブジェクト(モデル)の形状や位置等をVRML2.0に基づいて記述し、基本的なVRMLファイルを作成する作業である。 [0013] modeling work is described on the basis of the shape and position of the object (model) disposed in the virtual space in VRML 2.0, a work of creating a basic VRML file.

【0014】センサノードの記述は、仮想空間内の各オブジェクトに対して、マウスによるクリック操作(ポインティング操作)が行われた場合にイベントを発生する [0014] Description of the sensor node generates an event when for each object in the virtual space, click operation using a mouse (pointing operation) has been performed
TouchSensorや、予め設定された時刻になるとイベントを発生するTimeSensor等のセンサノードの記述をVRMLファイルに追加する作業である。 TouchSensor and a task of adding a description of the sensor nodes TimeSensor like generated the event becomes a preset time to VRML file.

【0015】ルーティングの編集作業は、センサノードが付加されたオブジェクトに対するポインティング操作等に応じて発生したイベントを伝達するためのルーティングの記述をVRMLファイルに追加する作業である。 The editing routing is the task of adding a description of the routing for transmitting the generated event in response to the pointing operation or the like on the object by the sensor node is added to the VRML file.

【0016】スクリプトノードの記述は、ルーティングによって伝達されたイベントを外部スクリプトへ受け渡すためのスクリプトノードに関する記述を、VRMLファイルに追加する作業である。 [0016] Description of the script node, a description of script nodes for passing events transmitted by the routing to an external script is a task of adding to the VRML file.

【0017】スクリプトファイルの作成は、スクリプトノードを介して伝達されたイベントに基づいて、仮想空間内の各オブジェクトに対して予め設定された振る舞いを実現するためのJava言語(Javaは、米国Sun Microsys The creation of the script file, based on the event that is transmitted through the script nodes, Java language (Java for realizing a pre-set behavior for each object in the virtual space, US Sun Microsys
tems社の商標)等によるスクリプトを記述(プログラミング)する作業である。 It is a work to describe the script (programming) by tems's trademark) or the like.

【0018】以上の各種作業を経て、所望のVRMLコンテンツが作成される。 [0018] Through the above-described various operations, a desired VRML content is created.

【0019】VRML2.0に基づいて、仮想空間内でのオブジェクトの自律的な挙動を伴うVRMLコンテンツを作成しようとする場合、既存のモデラと呼ばれるオーサリングソフトウェア(例えば、3D Studio Max(商標)等)を用いて、オブジェクトの形状やアニメーションを作成し、作成したものを、VRML2.0の形式のファイルとして出力する。 [0019] Based on VRML 2.0, when attempting to create a VRML contents with autonomous behavior of the object in the virtual space, the authoring software called existing modeler (e.g., 3D Studio Max (TM), etc.) It was used to create a shape and animation of objects, those created and output as a file format VRML 2.0. 仮に、モデラーがVRML2.0形式をサポートしていない場合、コンバータ等を用いて、作成したファイルをVRML2.0形式に変換する必要がある。 Assuming that modeler does not support VRML2.0 format, using a converter or the like, it is necessary to convert the file created VRML2.0 format.

【0020】次に、VRML2.0によって規定されている各種センサ・ノード等の記述を、テキストエディタを用いてVRMLファイルに追加したり、テキストエディタを用いてJava言語によるスクリプトの作成や、これに対応するスクリプトノードの追加、ルート文の追加等の作業を繰り返す。 [0020] Next, a description of various sensor nodes that are defined by VRML2.0, or add it to VRML file using a text editor, create or scripts in Java language using a text editor, in this Add the corresponding script node, repeating the work such as the addition of the route statement. そして、最後に、実際の動作確認に当たっては、VRML2.0対応のVRMLブラウザを起動し、マウスによるクリック操作等により、オブジェクトの振る舞いを確認する。 And, finally, when the actual operation check, to start the correspondence of the VRML browser VRML2.0, by the click operation or the like using a mouse, to check the behavior of the object.

【0021】ところで、VRML2.0では、ユーザが、新しいノード型を定義し、拡張することができ、また、定義したノードを、あたかも既存の組み込みノードのように使用することができるようになされている。 [0021] Incidentally, in the VRML 2.0, a user defines a new node type, can be extended, also the node defined as if being made so that it can be used like a conventional built-in nodes there. このように、ユーザが新しいノードを定義する方法を、プロトタイプと称する。 Thus, the method for the user to define a new node, referred to as the prototype. このプロトタイプを定義する場合、PROT If you want to define this prototype, PROT
Oと称するキーワードが用いられる。 Keyword, referred to as O is used.

【0022】PROTOを用いて定義される拡張ノードとしては、例えば、本願出願人であるソニー株式会社が発表したSony_WorldInfo等がある。 Examples of the enhanced node is defined with PROTO, for example, there is Sony_WorldInfo like Sony Corporation announced assignee of the present application. 拡張ノードSony_WorldIn Expanded node Sony_WorldIn
foは、上述したCommunity Place Browserを用いて仮想空間を複数のユーザで共有するマルチユーザワールドに関する属性を記述するものである。 fo is for describing attributes about multiuser world sharing the virtual space by a plurality of users using the Community Place Browser described above. なお、拡張ノードSo It should be noted that the expansion node So
ny_WorldInfo等の詳細については、例えば、「JAVA+VRM For more information about such ny_WorldInfo, for example, "JAVA + VRM
L JAVAとVRML2.0で作るインタラクティブ3Dワールド:〔ロジャー・リー著、松田晃一・宮下健著訳、プレンティスホール出版〕(原著;JAVA for 3D VRML world Made with L JAVA and VRML2.0 interactive 3D World: [Roger Lee Author, Koichi Author Ken Miyashita Translated by Matsuda, Prentice Hall Publishing] (Original; JAVA for 3D VRML world
s)」に記載されている。 It has been described in s) ".

【0023】ここで、マルチユーザワールドの作り方について説明する。 [0023] Here, a description will be given of how to make multi-user world. マルチユーザワールドを作成するためには、仮想共有空間をマルチユーザワールドに設定し、 In order to create a multi-user world, it sets the virtual shared space in a multi-user world,
そのVRMLファイルにサーバのアドレスとポート番号を追加する。 To add the server's address and port number to the VRML file. なお、上述した設定は、拡張ノードにより記述するものである。 The setting described above is used to describe the extension node.

【0024】さらに、アバタのVRMLファイル、アバタの画像ファイル、それらのインデックス、アバタの動作ボタン画像、および動作ボタンとアバターの動作との対応を記述したファイルを適切なファイル構成で用意すれば、マルチユーザワールドを作成することができる。 Furthermore, VRML file avatar, avatar image files, their indexes, by preparing the operation button image of the avatar, and a file describing the correspondence between the operation of the operation button and the avatars in the appropriate file structure, a multi it is possible to create a user world.

【0025】 [0025]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、VRML2. The object of the invention is to, however, VRML2.
0のオーサリングシステムには、このプロトタイプの編集をサポートしているものがほとんど存在せず、新しいノードをプロトタイプとして定義する場合、それらの記述を手作業で行わなければならない課題があった。 The 0 authoring system hardly exists which supports editing this prototype, to define a new node as a prototype, there is a problem that must be performed such statements by hand.

【0026】また、従来のオーサリングシステムでは、 [0026] In addition, in the conventional authoring system,
マルチユーザワールド上において、アバタ動作を確認することやアバタの編集を行うことができない課題があった。 In on a multi-user world, there is a problem that can not be edited things and avatar to confirm the avatar action.

【0027】本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、より容易に仮想共有空間を記述することができるようにするものである。 [0027] The present invention has been made in view of such circumstances, it is to be able to write more easily shared virtual space.

【0028】 [0028]

【課題を解決するための手段】請求項1に記載の情報処理装置は、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1 Means for Solving the Problems An information processing apparatus according to claim 1, first to control the display of multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space
の表示制御手段と、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理手段と、管理手段が管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御手段と、第2の表示制御手段が表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御手段が表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知手段と、検知手段が検知したユーザの操作に対応して、管理手段が管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述手段とを備えることを特徴とする。 And display control means, management means for managing the symbols to be displayed on the virtual shared space, the second display control means for controlling the display of the library window that shows a list of symbols management means manages, second display detection means for controlling means for detecting a drag-and-drop operation by the user from the library window with the multiuser window first display control means has displayed, in response to the user operation detection unit detects, management means There characterized in that it comprises the information prescribed describing means for describing a VRML file of a symbol being managed.

【0029】請求項5に記載の情報処理方法は、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御ステップと、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理ステップと、管理ステップで管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2 The information processing method according to claim 5, a first display control step for controlling the display of multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space, the display on the virtual shared space second controlling and managing step of managing a symbol for the display of the library window that shows a list of symbols to be managed by the management step
の表示制御ステップと、第2の表示制御ステップで表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御ステップで表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知ステップと、 A display control step of, a detection step of detecting a drag-and-drop operation by the user from the library window displayed in the second display control step to the multiuser window displayed in the first display control step,
検知ステップで検知したユーザの操作に対応して、管理ステップで管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述ステップとを含むことを特徴とする。 In response to user operation detected by the detecting step, characterized in that it comprises a description describing the information symbols that are managed by the management step to a predetermined VRML file step.

【0030】請求項6に記載の提供媒体は、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御ステップと、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理ステップと、管理ステップで管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御ステップと、第2の表示制御ステップで表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御ステップで表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知ステップと、検知ステップで検知したユーザの操作に対応して、管理ステップで管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述ステップとを含む処理を情報処理装置に実行させるコンピ The distribution medium described in claim 6, a first display control step for controlling the display of multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space, is displayed on the virtual shared space a management step of managing a symbol, and a second display control step for controlling the display of the library window that shows a list of symbols to be managed by the management step, the first display control from the library window displaying a second display control step a detecting step of detecting a drag-and-drop operation by the user to the multi-user window displayed in step, in response to an operation of the user detected by the detection step, information predetermined VRML file symbol managed by the management step competent to execute the processing including a write description step to the information processing apparatus ュータが読み取り可能なプログラムを提供することを特徴とする。 Yuta is characterized by providing a readable program.

【0031】請求項1に記載の情報処理装置においては、第1の表示制御手段が、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御し、管理手段が、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理し、第2の表示制御手段が、管理手段が管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御し、検知手段が、第2の表示制御手段が表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御手段が表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知し、記述手段が、検知手段が検知したユーザの操作に対応して、管理手段が管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する。 [0031] In the information processing apparatus according to claim 1, the first display control means controls the display of the multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space, the management means, manage symbols to be displayed on the virtual shared space, the second display control means controls the display of the library window that shows a list of symbols management means for managing, detecting means, the second display control means displays and first display control means from the library window detects the drag-and-drop operation by the user to the multi-user window with the description means, in response to the user operation detection unit detects, the management means manages and which describes information symbols in a predetermined VRML file.

【0032】請求項5に記載の情報処理方法、および請求項6に記載の提供媒体においては、第1の表示制御ステップで、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御し、管理ステップで、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理し、第2の表示制御ステップで、管理ステップで管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御し、検知ステップで、第2の表示制御ステップで表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御ステップで表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知し、記述ステップで、検知ステップで検知したユーザの操作に対応して、管理ステップで管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述 The information processing method according to claim 5, and the distribution medium described in claim 6, in the first display control step, the multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space in the control the display, management step manages symbols to be displayed on the virtual shared space, a second display control step controls the display of the library window that shows a list of symbols to be managed by the management step, the detection step in a drag-and-drop operation by the user from the library window displayed in the second display control step to the multiuser window displayed in the first display control step is detected, a description step, the operation of the user detected by the detecting step in response to, describing information symbol managed by the management step to a predetermined VRML file する。 To.

【0033】 [0033]

【発明の実施の形態】以下に本発明の実施の形態を説明するが、特許請求の範囲に記載の発明の各手段と以下の実施の形態との対応関係を明らかにするために、各手段の後の括弧内に、対応する実施の形態(但し一例)を付加して本発明の特徴を記述すると、次のようになる。 Describing the embodiments of the present invention in the following DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Although, in order to clarify the correspondence between the following embodiments and the means of the invention described in the appended claims, the respective means in parentheses after the, when describing the features of the corresponding embodiment (but one example) present invention by adding, as follows. 但し勿論この記載は、各手段を記載したものに限定することを意味するものではない。 However, of course this description is not meant to be limited to the recited elements.

【0034】請求項1に記載の情報処理装置は、仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御手段(例えば、図3のユーザインタフェース部51)と、仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理手段(例えば、図3のシーングラフデータベース53)と、 The information processing apparatus according to claim 1, the first display control means for controlling the display of the multi-user window to edit the information needed to describe a virtual shared space (e.g., the user interface of FIG. 3 and unit 51), management means for managing the symbols to be displayed on the virtual shared space (e.g., a scene graph database 53 of FIG. 3),
管理手段が管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御手段(例えば、図10のステップS1)と、第2の表示制御手段が表示したライブラリウィンドウから第1の表示制御手段が表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知手段(例えば、図10のステップS2)と、検知手段が検知したユーザの操作に対応して、管理手段が管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述手段(例えば、図3のファイル入出力部542)とを備えることを特徴とする。 Second display control means for controlling the display of the library window that shows a list of symbols management means for managing (e.g., step S1 in FIG. 10) and, viewed from the library window first to second display control means has displayed and detection means for controlling means for detecting a drag-and-drop operation by the user to the multi-user window with (e.g., step S2 of FIG. 10), in response to the user operation detection unit detects, the management means manages and that the information of the symbols given VRML file to describe describing means (e.g., file input and output module 542 of FIG. 3), characterized in that it comprises a.

【0035】請求項3に記載の情報処理装置は、仮想共有空間にシンボルを重畳表示して、シンボルを編集する編集手段(例えば、図3の編集ツール52)をさらに備えることを特徴とする。 The information processing apparatus according to claim 3, and superimposed on the symbols in the virtual shared space, editing means for editing the symbols (e.g., editing tool 52 in FIG. 3) and further comprising a.

【0036】図1は、本発明の情報処理装置を適用した、3次元仮想空間を統一的に扱うネットワークシステムの構成を示している。 [0036] Figure 1, for the information processing apparatus of the present invention showing the unified handling of a network system constituting the three-dimensional virtual space. このネットワークシステムは、 This network system,
主に、企業内ネットワーク1、インターネット2、プロバイダ3、ISDN(integrated services digital networ Primarily, a corporate network 1, the Internet 2, the provider 3, ISDN (integrated services digital networ
k) 網4、およびクライアント端末5が相互に接続されて構成される。 k) network 4, and the client terminal 5 is formed are connected to each other. この例においては、企業内ネットワーク1のLAN(local area network)13、インターネット2 In this example, the corporate network 1 LAN (local area network) 13, the Internet 2
のデジタル通信回線22、プロバイダ3、およびISDN網4により、企業内ネットワーク1のサーバ12とクライアント端末5との間でデータ通信が実現されるようになされている。 Digital communication line 22, the provider 3, and ISDN network 4, are adapted to the data communication between the server 12 and the client terminal 5 of the corporate network 1 is realized.

【0037】企業内ネットワーク1は、ハードディスク11を有するサーバ12、LAN13およびゲートウェイサーバ14により構成される。 The enterprise network 1 is constituted by the server 12, LAN 13 and gateway server 14 that has a hard disk 11. サーバ12は、例えば、 Server 12 is, for example,
本出願人がインターネット上(http://vs.sony.co.jp The applicant on the Internet (http://vs.sony.co.jp
/)で提供するCommunity Place用のサーバであって、ユーザがコンテンツ作成用ツール50(図3を用いて後述する)により作成したコンテンツ、つまり、ユーザがVR /) A server for Community Place provided in the content created by a user by the content creation tool 50 (described later with reference to FIG. 3), i.e., the user VR
ML2.0で記述した3次元的な物体(モデル)の形状および位置等を示す図形データ(VRMLファイル)、並びにJa Graphic data indicating the shape and position of the three-dimensional object described in ML2.0 (model) (VRML file), and Ja
va言語等のプログラム言語により記述した、モデルに対する操作に対応して起動するスクリプト(ファイル等からなるVRMLコンテンツ)をネットワーク等を介して取得し、それらをハードディスク11に記録し、管理するようになされている。 Described by a program language va language such as a script that starts in response to an operation on model (VRML contents made from the file, etc.) acquired through the network, etc., they were recorded on the hard disc 11, adapted to manage ing.

【0038】また、サーバ12は、クライアント端末5 [0038] In addition, the server 12, the client terminal 5
からの転送要求に応じて、ハードディスク11に記録した3次元的な仮想空間のコンテンツを、LAN13、インターネット2、プロバイダ3、およびISDN網4(以下、 According to the transfer request from the content of the 3-dimensional virtual space which is recorded in the hard disk 11, LAN 13, the Internet 2, the provider 3, and ISDN network 4 (hereinafter,
ネットワークシステム内のこれらの通信ノードを総称して、適宜、単にネットワークと記述する)を介して、要求元のクライアント端末5に転送し、さらにまた、コンテンツ作成用のプログラム(図3を用いて後述するコンテンツ作成用ツール50)を、ネットワークを介して、 Collectively these communication nodes in the network system, as appropriate, simply via the described network), transferred to the requesting client terminal 5, and also later using the program (FIG. 3 for creating content the content creation tool 50), which, via a network,
もしくは、例えばフロッピーディスク等の記録媒体6を介して、クライアント端末5に供給する。 Or, for example via a recording medium 6 such as a floppy disk, and supplies the client terminal 5.

【0039】インターネット2は、ルータ21,23およびディジタル通信回線22により構成される。 The Internet 2 is constituted by the router 21, 23 and digital communication line 22.

【0040】図2は、図1のクライアント端末5の構成例を示している。 [0040] Figure 2 shows a configuration example of the client terminal 5 of FIG. このクライアント端末5において、CP In this client terminal 5, CP
U31は、ROM32に記録されているプログラムに従って各種の処理を実行するようになされている。 U31 is adapted to execute various processes in accordance with programs recorded in ROM 32. RAM33には、CPU31が各種の処理を実行する上において必要なデータまたはプログラム等が適宜転送され、記録されるようになされている。 The RAM 33, CPU 31 is data or programs necessary in the execution of various processes is transferred appropriately, it is adapted to be recorded. 通信装置34は、ISDN網4を介して、データを授受するようになされている。 Communication device 34 via the ISDN network 4 is adapted to exchange data.

【0041】表示装置35は、例えば、CRTやLCD等を備え、CG(コンピュータグラフィック)の3次元画像等を表示することができるようになされている。 The display device 35 includes, for example, comprise a CRT or LCD or the like, are made to be able to display the 3-dimensional image or the like of CG (computer graphics). スピーカ3 Speaker 3
6は、音声信号を出力するようになされている。 6 is adapted to output an audio signal. 入力装置38のキーボード38aは、所定の文字や記号等を入力するとき操作される。 Keyboard 38a of the input device 38 is operated to input predetermined characters and symbols. マウス38bは、所定の位置(例えば、モデル)をポインティングするとき操作されるようになされている。 Mouse 38b is adapted to be operated to pointing a predetermined position (e.g., model). 例えば、ハードディスク、光ディスク、MOディスク、またはフロッピーディスク等よりなる記憶装置39は、コンテンツ作成用ツール50 For example, a hard disk, an optical disk, MO disk, or made of a floppy disk or the like storage device, 39, contents production tool 50
や、各種のデータを記憶するようになされている。 And it is adapted to store various types of data. インタフェース37は、表示装置35、スピーカ36、入力装置38、および記憶装置39に対するデータのインタフェースを構成している。 Interface 37, a display device 35, constitute the interface data to the speaker 36, an input device 38, and a storage device 39.

【0042】クライアント端末5は、図1のサーバ12 [0042] The client terminal 5, the server 12 of FIG. 1
からネットワークを介してダウンロードされてきたVRML From via the network VRML that have been downloaded
コンテンツを、通信装置34を介して受信し、表示装置35に表示させるようになされている。 The content received via the communication device 34 are adapted to be displayed on the display device 35.

【0043】また、クライアント端末5は、サーバ12 [0043] In addition, the client terminal 5, the server 12
からネットワークあるいは記録媒体6を介して供給されるコンテンツ作成用ツール50を記憶装置39にインストールし、また、それをユーザの操作に応じて起動し、 Installed from the content creation tool 50 a storage device 39 which is supplied via a network or a recording medium 6, also, to start it in accordance with a user operation,
3次元仮想空間のコンテンツを作成して、作成したVRML To create the content of the three-dimensional virtual space, VRML created
コンテンツを、ネットワークあるいは記録媒体6を介してサーバ12にアップロードするようになされている。 The content is adapted to upload to the server 12 via the network or the recording medium 6.

【0044】さらに、クライアント端末5は、表示したモデルに対する、ユーザによる入力装置38を用いたポインティング操作等に応じて、例えば、ポインティングされたモデルの色を変更したり、モデルを移動させる等のスクリプトを起動し、3次元仮想空間の表示内容を変更する。 [0044] Further, the client terminal 5, to the display model, according to the pointing operation or the like using the input device 38 by the user, for example, changing the color of the pointing model, scripts such as moving the model start to change the display contents of the three-dimensional virtual space.

【0045】つまり、3次元仮想空間上のモデルに対するユーザの操作に応じてインタラクティブに表示内容を変更することにより、クライアント端末5は、ユーザに、あたかも実際に3次元仮想空間内において、ユーザ自身が移動したり、モデルに触れて操作し、移動させたり音を出したりしているかのような感覚を生じさせる。 [0045] That is, by changing the display contents interactively in response to user operation on the model of the three-dimensional virtual space, the client terminal 5, the user actually in the three-dimensional virtual space as if, the user himself movement or, touching the model operation, causing a feeling as if they were or issue a sound or move.

【0046】図3は、クライアント端末5において動作するコンテンツ作成用ツール50の構成例を示している。 [0046] Figure 3 shows a configuration example of a contents production tool 50 which operates in the client terminal 5. コンテンツ作成用ツール50は、ユーザインタフェース部(GUI:Graphical User Interface)51、編集ツール52、シーングラフデータベース53、作業ツール54、スクリプト作成部56、およびブラウザ57により構成される。 Contents production tool 50, the user interface unit (GUI: Graphical User Interface) 51, the editing tool 52, the scene graph database 53, work tool 54, the script creation unit 56, and constituted by a browser 57.

【0047】編集ツール52は、モデル編集ツール52 The editing tool 52, the model editing tool 52
1、ルーティング編集ツール522、シーングラフ編集ツール523、テキストエディタ524、テンプレート作成ツール525、およびキーフレーム編集ツール52 1, the routing editing tool 522, scene graph editing tool 523, a text editor 524, template creation tool 525 and a key frame editing tool 52,
6により構成され、作業ツール54は、ブラウザエミュレータ541、ファイル入出力部542、ファイルスコープマネジメント部543、およびバックアップレストア部544から構成される。 Is composed of a 6, the working tool 54, and a browser emulator 541, file input and output section 542, file scope management unit 543 and the backup restore section 544,. また、スクリプト作成部5 In addition, the script creation unit 5
6は、Javaコンパイラ561、Javaエミュレータ56 6, Java compiler 561, Java emulator 56
2、およびJavaデバッガ563により構成される。 2, and constituted by Java debugger 563.

【0048】なお、コンテンツ作成用ツール50は、図2のクライアント端末5の記憶装置39にインストールされて用いられるソフトウェアであって、モデル作成作業とインタラクション作成作業を統合的に関連付けて、 [0048] The content creation tool 50 is a software used is installed in the storage device 39 of the client terminal 5 in FIG. 2, in association with modeling work and interaction making work in an integrated manner,
コンテンツの作成を行うようになされている。 It has been made to make the creation of content.

【0049】ユーザインタフェース部51は、3次元仮想空間のコンテンツ作成に用いられる各種データの入力用の画像を、図2の表示装置35にウィンドウ形式を用いて表示するようになされている。 [0049] The user interface unit 51, an image for inputting various kinds of data used for content creation of three-dimensional virtual space, have been made to display by using the window format on the display device 35 of FIG. また、ユーザインタフェース部51は、ユーザが、表示装置35に表示されたウィンドウ内の各種ボタンを入力装置38のマウス3 The user interface unit 51, a user, a mouse 3 of the input device 38 various buttons in displayed on the display device 35 window
8bを用いて操作することにより入力される操作入力データ、または、キーボード38aから入力される操作入力データを受け入れ、必要なデータを編集ツール52の各ツールまたはシーングラフデータベース53に供給する。 Operation input data inputted by operating with 8b or, accepts an operation input data input from the keyboard 38a, and supplies the required data to the respective tool or scene graph database 53 of the editing tool 52. つまり、ユーザインタフェース部51は、ユーザに対して、GUI環境を提供するようになされている。 That is, the user interface unit 51, the user is adapted to provide a GUI environment.

【0050】そして、ユーザインタフェース部51は、 [0050] Then, the user interface unit 51,
編集ツール52またはシーングラフデータベース53から表示出力データを受け、表示装置35の所定のウィンドウ内に表示する。 Receiving display output data from the editing tool 52, or the scene graph database 53, and displays in a predetermined window of the display device 35. なお、編集ツール52、シーングラフデータベース53、および作業ツール54の各構成部分は、ユーザインタフェース部51に入力される操作入力データに応じて起動され、ユーザインタフェース部5 Incidentally, the components of the editing tool 52, the scene graph database 53, and the working tool 54 is started in accordance with the operation input data that is input to the user interface unit 51, the user interface unit 5
1により供給された操作入力データに基づいて処理を行うようになされている。 It is adapted to perform processing based on the operation input data supplied by one.

【0051】編集ツール52は、3次元仮想空間内のモデルの図形データおよびインタラクションプログラムの作成に必要な機能をユーザに提供する。 The editing tool 52, provides the user with functions necessary to create the model graphic data and interaction program in the three-dimensional virtual space. 編集ツール52 Editing tool 52
のモデル編集ツール521は、表示装置35に表示されたモデル編集用ウィンドウに対するユーザの操作により入力されるモデル作成用のデータを用いて、モデルの大きさ、色(形状)、位置、または動作等の属性を示す図形データを作成する。 Model editing tool 521 uses the data for modeling inputted by a user operation on the displayed model editing window on the display device 35, a model of size, color (shape), position, or movement or the like to create a graphic data indicating the attributes. また、モデル編集ツール521 In addition, the model editing tool 521
は、作成した図形データ(モデルの属性)を、シーングラフデータベース53に出力する。 It is a graphic data created (model attributes of), and outputs the scene graph database 53. さらに、モデル編集ツール521は、ユーザインタフェース部51を介して、表示装置35上のモデル編集用ウィンドウの所定の位置に、作成された図形データを3次元的または2次元的に表示する。 Furthermore, the model editing tool 521, via the user interface unit 51, in place of the model editing window on the display device 35, and displays the graphic data created three-dimensionally or two-dimensionally.

【0052】なお、モデル編集ツール521は、記憶装置39に記憶されている図形データ、記録媒体6から読み出された図形データ、または、ネットワークを介して提供されてきた図形データを編集することも可能である。 [0052] Incidentally, the model editing tool 521, graphic data stored in the storage device 39, the graphic data read out from the recording medium 6, or also edit graphic data which has been provided through a network possible it is.

【0053】ルーティング編集ツール522は、スコープ(編集対象となっているVRMLファイル)内で名前が付されたモデルの図形データとスクリプト等の各ノードとを対応付けるルーティング編集を行う。 [0053] routing editing tool 522 performs the routing editing to associate with each node of the graphic data and the script, such as the name is attached model within the scope (VRML file has been edited). なお、ルーティングの際には、ルーティング元とルーティング先のノードの属性(フィールド)の型、例えばSFBool(単一の理論値を含むフィールド)等を合わせる必要がある。 At the time of routing, a type, is necessary to match the example like SFBool (field including a single theory) routing source and routing destination node attributes (fields).

【0054】VRMLにおいては、各ノードを階層的に配置することが可能である。 [0054] In the VRML, it is possible to hierarchically arranged each node. シーングラフ編集ツール523 Scene graph editing tool 523
は、モデルの階層構造、および、目に見えないノード(スクリプトノード等)を編集するようになされている。 Is, the hierarchical structure of the model, and, have been made to edit a node (script node, etc.) which is not visible to the eye. ノードの階層構造としては、例えば、葉を示すVRML The hierarchical structure of nodes, for example, VRML showing a leaf
ファイルF1、枝を示すVRMLファイルF2、幹を示すVR File F1, VRML file F2 indicating the branch, VR indicating the stem
MLファイルF3、および根を示すVRMLファイルF4を、 ML file F3, and the VRML file F4 indicating the root,
木を示すVRMLファイルF5の下の階層として作成する構造を具体例として挙げることができる。 It includes a structure to create a level below VRML file F5 indicating the tree as a specific example.

【0055】ユーザが、現在の編集対象として所定のVR [0055] When the user of a given as the current edited VR
MLファイルを選択すると、シーングラフ編集ツール52 When you select the ML file, scene graph editing tool 52
3は、選択されているVRMLファイルが参照しているノードを、シーングラフウィンドウ76(図4)内に、ツリー形式(シーングラフ)で表示する。 3, the node VRML file being selected references, in a scene graph window 76 (FIG. 4) is displayed in a tree format (scene graph). このように、編集対象のVRMLファイルにより参照されているノードの集合を、ファイルスコープ(またはカレントスコープ)と称する。 Thus, the set of nodes that are referenced by the VRML file to be edited is referred to as file scope (or the current scope). シーングラフ編集ツール523は、ルーティング、キーフレーム、またはスクリプト作成等の編集の対象となるノードを、シーングラフウィンドウ76に表示されているファイルスコープに限定するようになされている。 Scene graph editing tool 523, routing, key frames, or the subject to node editing scripting or the like, have been made to limit the file scope displayed in the scene graph window 76. また、ファイルスコープの内容、および編集対象となるノードは、ユーザによる編集対象のVRMLファイルの変更に対応して、変更後のVRMLが参照しているノードに変更される。 The contents of the file scope, and the edited node, in response to changes in VRML files to be edited by the user, is changed to a node to which reference is VRML after the change.

【0056】テキストエディタ524は、Java言語等のスクリプトの作成に適したプログラミング言語のエディタ機能を有し、スクリプトのソースプログラムの作成を行うとともに、スクリプトノードに対する編集作業に連携して、変数の追加、削除および変更を自動的に行うようになされている。 [0056] text editor 524, has an editor function of the programming language that is suitable for the creation of scripts such as Java language, along with performing the creation of a source program of the script, in conjunction with the editing work on the script node, additional variables , it has been made to automatically delete and change.

【0057】テンプレート作成ツール525は、ユーザの便宜を図るために用いられるツールであって、テキストエディタ524と連携して動作し、表示装置35に表示された「Script Expert」と呼ばれるウィンドウに対するユーザの操作に応じて、スクリプトの原型となるプログラム(テンプレート)を対話形式で作成してテキストエディタ524に対して出力する。 [0057] template creation tool 525 is a tool to be used for the convenience of the user, and works in conjunction with the text editor 524, which is displayed on the display device 35 of the user to the window called the "Script Expert" depending on the operation, and outputs the same to the text editor 524 to create a program (template) as a prototype of scripts interactively. このテンプレート作成ツール525により、ユーザは、テンプレート作成ツール525が提供し、既にある程度でき上がっているソースプログラム(スクリプトのひな型)に、必要に応じて変更を加えることにより、容易にスクリプトを作成することができる。 The template creation tool 525, the user provides the template creation tool 525, already the source program resulting somewhat (template script), by making changes as required, to create a readily script it can.

【0058】キーフレーム編集ツール526は、モデル編集ツール521で編集されたモデルの状態(例えば、 [0058] key frame editing tool 526, the state of the model that has been edited in the model editing tool 521 (for example,
モデルの座標)が、画面上で変化するようなアニメーションを作成するようになされている。 Model coordinates) have been made to create such an animation changes on the screen.

【0059】シーングラフデータベース53は、編集ツール52の各ツールが作成したデータを、記憶して管理し、編集ツール52および作業ツール54の各構成部分からの要求に対応して、記憶したデータを、高速でそれらに提供する。 [0059] scene graph database 53, the data which each tool created editing tools 52, stored and managed, in response to a request from the components of the editing tool 52 and the working tool 54, the stored data and provides it to them at a high speed.

【0060】作業ツール54は、作成したコンテンツの確認、スクリプトの動作確認、および、データの記録並びに再生等のコンテンツ作成作業に必要な機能をユーザに提供する。 [0060] work tool 54, confirmation of the content you have created, check the operation of the script, and, provides the user with functions required for content creation work of recording and playback of data.

【0061】作業ツール54のブラウザエミュレータ5 [0061] browser emulator 5 of the work tool 54
41は、作成したコンテンツの動作をユーザが確認するため等の用途に用いられ、表示装置35に表示される入力用画像に設けられた「Play」ボタン(図5を参照して後述する)が操作されることにより起動され、シーングラフデータベース53に記憶されたコンテンツを、表示装置35の画面内のモデリングウィンドウに表示し、さらに、ユーザの操作に応じて表示内容を変更する。 41 is used in applications such for confirming the user operation of the created content, (described later with reference to FIG. 5) "Play" button provided in the input image displayed on the display device 35 is activated by being operated, the contents stored in the scene graph database 53, and displays the modeling window in the screen of the display device 35, further, changes the display content according to a user operation.

【0062】つまり、ブラウザエミュレータ541は、 [0062] In other words, the browser emulator 541,
ブラウザ57の動作をエミュレートし、ブラウザ57を用いてコンテンツを実行した結果と同じ表示をユーザに示すものである。 The operation of the browser 57 to emulate, illustrates to the user the same display as the result of executing the content using the browser 57. なお、ブラウザエミュレータ541 In addition, the browser emulator 541
は、入力用画像等に設けられた「Stop」ボタン(図5を参照して後述する)が操作されることにより、動作を停止し、これに対応して、ユーザインタフェース部51 , By "Stop" button provided in the input image or the like (to be described later with reference to FIG. 5) is operated to stop the operation, in response to this, the user interface unit 51
は、元の入力用画像を表示するようになされている。 It is adapted to display the original input image.

【0063】また、ブラウザエミュレータ541は、ブラウザエミュレータ541がStopボタンの押下に対応して動作を停止した場合、記憶した各ノードの状態をシーングラフデータベース53に対して出力する。 [0063] Also, the browser emulator 541, if the browser emulator 541 stops the operation in response to depression of the Stop button, and outputs the state of each node that has stored for the scene graph database 53. なお、ユーザインタフェース部51は、シーングラフデータベース53に入力された各ノードの初期状態に基づいて、モデリングウィンドウ内に3次元仮想空間を表示する。 The user interface unit 51, based on the initial state of each node that is input to the scene graph database 53, and displays a three-dimensional virtual space in the modeling window.

【0064】ファイル入出力部542は、シーングラフデータベース53に記憶されたコンテンツの図形データ〔VRMLファイル(拡張子.wrl)〕、スクリプト(拡張子.java)、テクスチャファイル(拡張子.bmp,.jpg,. [0064] The file input and output unit 542, graphic data of the content stored in the scene graph database 53 [VRML file (extension .wrl)], script (extension .java), texture file (extension .bmp,. jpg ,.
gif)、サウンドファイル(拡張子.wav,.mod)、またはアバタデータを記憶装置39に保存する。 gif), to store sound files (extension .wav, .mod), or the avatar data in the storage device 39. また、ファイル入出力部542は、記憶装置39からコンテンツの各種データを読み出してシーングラフデータベース53 The file input-output unit 542, the scene graph database 53 from the storage unit 39 reads various data of contents
に出力する。 And outputs it to.

【0065】VRMLにおいては、図形データのファイル(拡張子.wrl)ごとに1つのスコープ(ノードに付された名前およびルーティングが有効な範囲)が与えられ、 [0065] In VRML, 1 single scope for each of the graphic data file (extension .wrl) (name attached to the node and routing are valid range) is given,
ノード名およびルーティングの管理はスコープを単位として行われる。 Node name and routing management is carried out a scope units. ファイルスコープマネジメント部543 File scope management unit 543
は、シーングラフデータベース53におけるノード名の管理、ノード名の自動作成、および、ノードの検索を行うとともに、ノードが同一の図形データファイルを複数、参照する場合に、図形データファイルに対する変更を、参照するノード全てに伝播させる。 The management node name in the scene graph database 53, automatic creation of node name, and performs a search for nodes, if the node is a plurality of identical graphic data files, references, changes to the graphic data file, see propagating all nodes on.

【0066】バックアップレストア部544は、ブラウザエミュレータ541が、「Play」ボタンの操作に対応して起動された際に、モデリングウィンドウに最初に表示したシーン(VRMLファイルから生成された3次元仮想空間)の各ノードの初期状態を、シーングラフデータベース53から受けて記憶する。 [0066] backup restore section 544, the browser emulator 541, when it was launched in response to the operation of the "Play" button, the first to display the scene in the modeling window (three-dimensional virtual space that has been generated from the VRML file) the initial state of each node, receiving and storing from the scene graph database 53. これにより、ブラウザエミュレータ541がインタラクティブ操作可能なシーンを表示した場合、ユーザによる操作に応じてノードの状態が変化してしまい、元のシーンを表示することができなくなることを防止している。 Thus, if the browser emulator 541 displays the interactive operable scene, will change the state of the node in response to operation by the user, thereby preventing that it becomes impossible to view the original scene.

【0067】スクリプト作成部56は、ユーザがテキストエディタ524を用いて作成したスクリプトに対してコンパイル、動作確認、およびデバッグを行う機能を有する。 [0067] Scripting portion 56 has compiled, an operation check, and the ability to debug the script created by the user using a text editor 524.

【0068】スクリプト作成部56のJavaコンパイラ5 [0068] Java compiler 5 of script creation unit 56
61は、シーングラフデータベース53に記憶されたJa 61, stored in the scene graph database 53 Ja
va言語によるスクリプトのソースプログラムをコンパイルしてオブジェクトプログラムを作成し、シーングラフデータベース53に出力する。 To create an object program to compile the script of the source program by va language, and outputs it to the scene graph database 53.

【0069】Javaエミュレータ562およびJavaデバッガ563は、Java言語で記述されたプログラムのインタプリタとして動作し、ユーザがスクリプトプログラムの動作確認およびデバッグを行うために用いられる。 [0069] Java emulator 562 and Java debugger 563 operates as an interpreter of programs written in the Java language, the user is used to check the operation and debugging the script program. つまり、Javaエミュレータ562は、シーングラフデータベース53に記憶されたスクリプトのオブジェクトプログラムの動作をエミュレートし、Javaデバッガ563は、 That, Java emulator 562, the operation of the object program scripts stored in the scene graph database 53 emulates, Java debugger 563,
Javaエミュレータ562のエミュレート動作時の状態、 Emulate the operation at the time of the state of Java emulator 562,
および、発生したエラーをシーングラフデータベース5 And, the scene graph database 5 the generated error
3に対して出力する。 And outputs it to the 3.

【0070】ブラウザ57は、例えば、通常のWWWを見るために用いられるブラウザを、3次元仮想空間の表示に適するように改良したものであって、記憶装置39から読み出された3次元仮想空間のコンテンツ、あるいは、図1のサーバ12からネットワークを介して送信される3次元仮想空間のコンテンツを、表示装置35に表示させるほか、ユーザインタフェース部51乃至作業ツール54の各構成部分の動作と連動したヘルプファイルの表示を行う。 [0070] browser 57, for example, a browser used to view the normal WWW, there is an improvement to be suitable for the display of three-dimensional virtual space, three-dimensional virtual space, which is read from the storage device 39 content or interlocking the content of 3-dimensional virtual space that is sent over the network from the server 12 in FIG. 1, in addition to be displayed on the display device 35, and operation of the components of the user interface section 51 to the work tool 54 the display of the Help file. なお、ブラウザ57としては、本出願人が提供する「Community Place Browser」を用いることができる。 As the browser 57, it is possible to use a "Community Place Browser" by the present applicant to provide.

【0071】以下、コンテンツ作成用ツール50の特徴的な機能を説明する。 [0071] The following describes the characteristic features of the content creation tool 50. ユーザが、表示装置35の画面内のウィンドウに表示された「Play」ボタンをマウス38 The user, mouse the "Play" button, which is displayed in a window in the screen of the display device 35 38
bで押下すると、ブラウザエミュレータ541は、その時点までに作成されたコンテンツを実行し、表示する(動作確認機能)。 When pressed in b, the browser emulator 541 executes a content created up to that point is displayed (operation check function). この機能により、作成したコンテンツを、一度保存してからブラウザ57を起動して動作確認を行う手間が不要で、しかも、ユーザは、コンテンツ作成作業中の任意のタイミングで、それまでの作業により作成したコンテンツの動作を確認することができる。 This feature created, the content that you created, unnecessary time and effort to perform an operation check by starting the browser 57 from the once saved, moreover, the user, at any time during the content creation work, the work of up to it it is possible to check the operation of the content.

【0072】動作確認のために、ユーザが「Play」ボタンを押下すると、Javaコンパイラ561がスクリプトのソースプログラム(例えば、拡張子として「.java」を有するファイル)を自動的にコンパイルし、オブジェクトプログラムを作成するようになされている(MAKE機能)。 [0072] In order confirming the operation, when the user presses the "Play" button, the source program of the Java compiler 561 scripts (for example, a file having a ".java" as the extension) is automatically compile, object program It has been made to create a (mAKE function).

【0073】動作確認開始時のコンテンツの状態、およびユーザの視点をバックアップレストア部544が保存することにより、ユーザが、表示装置35の画面内のウィンドウに表示された「Stop」ボタンをマウス38bで押下することに対応して、ブラウザエミュレータ541 [0073] operation check at the start of the content state, and by the user's point of view backup restore section 544 saves, the user, the "Stop" button, which is displayed in a window in the screen of the display device 35 with the mouse 38b in response to pressing, the browser emulator 541
がコンテンツの実行を停止した際に、コンテンツを動作確認開始時の状態に戻し、モデルの表示内容、および、 When There you stop the execution of content, return the content of the state of the operation confirmed the start, display the contents of the model, and,
ユーザの視点を、動作確認開始時の状態に戻す(バックアップレストア機能)。 The user's point of view, back to the state at the time of operation check starts (backup restore function).

【0074】ユーザは、テキストエディタ524を用いて、Java言語等のスクリプト作成に適したプログラム言語でスクリプトのソースプログラムを作成し、Javaコンパイラ561を用いて作成したソースプログラムをコンパイルし、オブジェクトプログラムを作成することができる(スクリプトプログラムの作成)。 [0074] The user, using a text editor 524, to create a script of the source program in a programming language that is suitable for scripting such as Java language, compile the source program that was created using the Java compiler 561, the object program it is possible to create (the creation of script program). このオブジェクトプログラムは、ブラウザ57でコンテンツを動作させる場合の他、ブラウザエミュレータ541により動作確認を行う場合にも実行される。 This object program, in addition to a case of operating the content in the browser 57 is also executed in the case of performing operation check the browser emulator 541. さらに、ソースプログラムにデバッグコードを追加し、Javaエミュレータ562 In addition, to add debugging code in the source program, Java emulator 562
で実行すると、Javaデバッガ563がスクリプトの入出力の値等を表示し、スクリプトのデバッグ作業が可能になる(デバッグ機能)。 In when you run, Java debugger 563 to display the value or the like of the input and output of the script, it is possible to debug the work of the script (debug function).

【0075】ユーザが、スクリプトノードの入出力の値を対話形式で設定すると、テンプレート作成ツール52 [0075] When the user sets the value of the input and output of the script node in an interactive format, template creation tool 52
5は、この設定に適合したスクリプトのソースプログラムのひな型(テンプレート)を作成する(テンプレート自動作成機能)。 5, to create a template (template) of the source program of the script, which was adapted to this setting (template automatically created function). ユーザは、テキストエディタ524を用いてテンプレートに必要な変更を加えることにより、 The user can make the necessary changes to the template using a text editor 524,
所望のイベントを実現するスクリプトのソースプログラムを作成することができる。 It is possible to create a source program of the script to achieve the desired event. この機能により、ユーザは、スクリプトのソースプログラムを全てエディタで作成する手間を省くことができ、しかも、単純なコーディングミスの発生を防ぐことができる。 With this feature, the user can save the trouble to create all of the script of the source program in the editor, moreover, it is possible to prevent the occurrence of a simple coding mistake.

【0076】図4は、コンテンツ作成用ツール50のユーザインタフェース部51が表示装置35に表示するメニュー画面を示している。 [0076] Figure 4 shows a menu screen that the user interface unit 51 of the content creation tool 50 is displayed on the display device 35. この表示例においては、コンダクタウィンドウ70乃至スクリプトエディタ79が表示されているが、勿論、必要なウィンドウだけを表示するようにすることもできる。 In this display example, the conductor window 70 to the script editor 79 is displayed, you can of course, also be adapted to display only windows required. また、この表示例に示されている以外のウィンドウとしては、マルチユーザウィンドウ81(図6を参照して後述する)が存在する。 As the window other than those shown in this display example, multi-user window 81 (described later with reference to FIG. 6) is present.

【0077】コンダクタウィンドウ70は、コンテンツ作成用ツール50の全体的な管理を行うウィンドウであり、新規作成、読み込み、保存、作成したコンテンツの確認動作の実行、または確認動作の停止を行うことができる。 [0077] conductor window 70 is a window for the overall management of content creation tool 50, can be carried out to create a new, read, save, the execution of the confirmation operation of the content you have created, or to stop the confirmation operation . また、マウスモードの切り替え、モデルの追加、 In addition, the switching of the mouse mode, additional model,
またはモデルの削除等を行うこともできる。 Or it is also possible to carry out the model deletion of.

【0078】3Dビュウウィンドウ71には、作成された図形データに対応する物体の3次元透視投影図が表示される。 [0078] The 3D Shipping Accessories window 71 is displayed three-dimensional perspective projection of an object corresponding to the graphic data created. この3Dビュウウィンドウ71により、モデルの動作モード(回転、移動、または視点移動)を変更し、あるいは、選択されたモデルを回転あるいは移動させた画像を表示させることができるようになされている。 The 3D Shipping Accessories window 71, the model operation mode (rotation, movement, or the viewpoint movement) to change the, or are made to be able to display an image by rotating or moving the selected model.

【0079】パラレルビュウウィンドウ72には、3D [0079] in parallel Shipping Accessories window 72, 3D
ビュウウィンドウ71に表示されているモデルの側面図、上面図、あるいはワイヤフレームによる図が、2次元表示されるようになされている。 Shipping Accessories window 71 side view of a model displayed in a top view, or FIG due wireframe, is adapted to be two-dimensionally displayed.

【0080】ルートウィンドウ73は、イベントのルーティングを編集するときに用いられる。 [0080] the root window 73 is used when you want to edit the routing of events.

【0081】アトリビュートウィンドウ74は、ルーティングを行うノードの属性と、そのノード名(DEF名) [0081] attribute window 74, and the attributes of the node that performs routing, the node name (DEF name)
を設定するときに用いられる。 It used when setting up. なお、DEF名の設定は、 It should be noted that, of the DEF name settings,
シーングラフウィンドウ76とルートウィンドウ73を用いて設定することも可能とされている。 It is also possible to set by using the scene graph window 76 and the root window 73.

【0082】リソースライブラリウィンドウ75では、 [0082] In the resource library window 75,
テクスチャ(Texture)、サウンド(Sound)、スクリプト(S Texture (Texture), sound (Sound), script (S
cript)、プロト(Proto)、ウィザード(Wizard)、およびアバタ(Avatar)の6個のライブラリの管理を行うようになされている。 cript), proto (Proto), Wizard (Wizard), and avatar (are adapted to manage the six library Avatar). なお、リソースライブラリウィンドウ7 In addition, resource library window 7
5が管理するアバタライブラリについては後述する。 5 will be described later avatar library to manage.

【0083】シーングラフウィンドウ76には、カレントスコープの各ノードが、階層的に配置されて表示されるようになされている。 [0083] The scene graph window 76, each node of the current scope, are adapted to be displayed are hierarchically arranged.

【0084】ワールドインフォメーションウィンドウ7 [0084] World Information window 7
7は、バックグラウンド(Background)ノード、ワールドインフォメーション(WorldInfo)ノード、またはナビゲーションインフォメーション(NavigationInfo)ノードの3つのノードの設定を行うとき用いられる。 7 is used when performing background (Background) node, World Information (WorldInfo) node or a set of three nodes of the navigation information (NavigationInfo) node. ワールドインフォメーションウィンドウ77において、バックグラウンドノードの設定では、背景のテクスチャと背景色を設定することができ、ワールドインフォメーションの設定では、VRMLファイルに、タイトル、作者名、または作成日等を設定することができ、また、ナビゲーションモードの設定では、ナビゲーション時の動作を設定することができる。 In World Information window 77, in the setting of the background node, it is possible to set the texture and the background color of the background, in the setting of the World Information, the VRML file, title, is possible to set the author's name, or creation date, etc. can, also, in the setting of navigation mode, it is possible to set the operation at the time of navigation.

【0085】アピアランスウィンドウ78は、モデルの色、またはモデルに貼付するテクスチャの設定を行うときに用いられる。 [0085] appearance window 78 is used when setting the texture to be attached to a model of color or model.

【0086】スクリプトエディタ79は、VRMLファイルや、Javaファイルを編集するときに用いられ、また、Ja [0086] script editor 79, and VRML files, used when editing a Java file, also, Ja
vaプログラムをコンパイルすることもできるようになされている。 It has been made so as to be also able to compile a va program.

【0087】図5は、図4のコンダクタウィンドウ70 [0087] FIG. 5, conductor window 70 of FIG. 4
の詳細な構成例を示している。 It shows an example detailed configuration. ボタン(Fileボタン)7 Button (File button) 7
01−1は、例えば、記憶装置39にファイルとして記憶されているコンテンツを読み込むとき操作される。 01-1, for example, is operated to read the contents stored in the storage device 39 as a file. ボタン(Playボタン)701−2は、作成したコンテンツの確認動作(シミュレーションモード)を実行するとき操作される。 Button (Play button) 701-2 is operated to perform the confirmation operation of the content that was created (simulation mode). ボタン(Saveボタン)701−3は、コンテンツを、例えば、記憶装置39に保存するとき操作される。 Button (Save button) 701-3 is the content, for example, is operated to store in the storage device 39. ボタン701−4(Pauseボタン)は、実行されている確認動作を一時的に停止させるとき操作される。 Button 701-4 (Pause button) is operated to temporarily stop the confirmation operation being performed.
ボタン(Animeボタン)701−5は、アニメーションを作成するためのキーフレームエディタを起動するとき、または、起動されているキーフレームエディタを終了するとき、操作される。 Button (Anime button) 701-5, when starting the key frame editor for creating animation, or when exiting the keyframe editor is started, is operated. ボタン(ストップボタン)7 Button (stop button) 7
01−6は、実行されている確認動作を停止させるとき操作される。 01-6 is operated when stopping the confirmation operation being performed.

【0088】ボタン702−1乃至702−4は、マウスモードを設定することができる。 [0088] button 702-1 or 702-4, it is possible to set the mouse mode. ボタン(Navigateボタン)702−1は、パラレルビュウウィンドウ72内または3Dビュウウィンドウ71内の視点を移動するモードに設定するとき操作される。 Button (the Navigate button) 702-1 is parallel Shipping Accessories window 72 within or is operated to set a mode for moving the viewpoint of the 3D Shipping Accessories window 71. ボタン(Rotateボタン)702−2は、モデルを回転させるモードに設定するとき操作される。 Button (Rotate button) 702-2 is operated to set a mode for rotating the model. ボタン(Moveボタン)702−3 Button (Move button) 702-3
は、モデルを移動させるモードに設定するとき操作される。 It is operated to set the mode to move the model. ボタン(Scaleボタン)702−4は、モデルのスケールを設定するとき操作される。 Button (Scale button) 702-4 is operated to set the scale of the model.

【0089】プリミティブバー703は、幾何(Geomet [0089] primitive bar 703, geometric (Geomet
ry)ノード、センサ(Sensor)ノード、コモン(Commo ry) node, the sensor (Sensor) node, Common (commo
n)ノード、バインダブル(Bindable)ノード、またはグループ(Group)ノードを選択して追加することができるようになされている。 n) nodes are adapted to be able to select and add Vine Double (Bindable) node or group (Group) node.

【0090】図6は、メニュー画面に含まれる(ただし、図4には図示していない)マルチユーザウィンドウ81の構成例を示している。 [0090] Figure 6 is included in the menu screen (although not shown in FIG. 4) shows a configuration example of a multi-user window 81. マルチユーザウィンドウ8 Multi-user window 8
1には、現在編集中のコンテンツがマルチユーザワールドに設定されていない場合、すなわち、シーングラフウィンドウ76に拡張ノードであるSony_WorldInfoノードが記述されていない場合、図6に示すようなボタン(Cr The 1, if the content currently being edited is not set to the multiuser world, i.e., if the Sony_WorldInfo node is an enhanced node in the scene graph window 76 is not described, the buttons as shown in FIG. 6 (Cr
eate Multi User worldボタン)811が表示される。 eate Multi User world button) 811 is displayed.

【0091】ボタン811は、編集中のコンテンツをマルチユーザワールドに設定するとき操作される。 [0091] button 811 is operated to set the content being edited in a multi-user world. すなわち、ボタン811が押下されると、シーングラフウィンドウ76に表示されている現在編集中のコンテンツにSo That is, when the button 811 is depressed, the content currently being edited are displayed in the scene graph window 76 So.
ny_WorldInfoノードが追加される。 ny_WorldInfo node is added. なお、編集中のコンテンツをシングルユーザワールドに戻すには、シーングラフィックウィンドウ76に表示されているVRMLファイルの中からSony_WorldInfoノードを削除すればよい。 It should be noted that, to return the content being edited in single-user world, it is only necessary to remove the Sony_WorldInfo node from the VRML files that are displayed in the scene graphics window 76.

【0092】また、マルチユーザウィンドウ81には、 [0092] In addition, the multi-user window 81,
編集中のコンテンツがマルチユーザワールドに設定されているときに操作可能なボタン(Serverタブ)812、 Operable button when the content being edited is set to multi-user world (Server tab) 812,
およびボタン(Avatorタブ)813が表示される。 And a button (Avator tab) 813 is displayed.

【0093】ボタン(Serverタブ)812は、図7に示すように、マルチユーザサーバのホスト名とポート番号を設定するサーバページをマルチユーザウィンドウ81 [0093] button (Server tab) 812, as shown in FIG. 7, a multi-server page to set the host name and port number of the multi-user server user window 81
内に表示するとき操作される。 It is operated to display within. サーバページのホスト(H Of server page host (H
ost)欄にはローカルホスト(localhost)が、ポート(por The ost) column is the local host (localhost), the port (por
t)欄には5126(ビューロのデフォルトのポート番号)が初期値として設定されている。 The t) column 5126 (the default port number of the bureau) is set as an initial value. 従って、ホストとポートを初期設定のままにして、クライアント端末5において、サーバ用のアプリケーションであるビューロ(B Thus, the host and port Leave the default bureau in the client terminal 5, which is an application server (B
ureau)を起動すれば、コンテンツの動作確認を容易に行うことができる。 If start ureau), the operation check of contents can be easily performed. なお、このサーバページにおける設定がSony_WorldInfoノードのcpBureauフィールド(サーバのローカルホスト名とポート番号を記述する場所)に反映される。 Incidentally, the configuration in this server page are reflected in cpBureau field Sony_WorldInfo node (location describing the local host name and port number of the server).

【0094】ボタン(Avatorタブ)813は、図8に示すように、編集中のマルチユーザワールドにおいて、ユーザが使用できるアバタを示すアバタページを表示するとき操作される。 [0094] button (Avator tabs) 813, as shown in FIG. 8, in a multi-user world being edited, is operated to display the avatar page showing the avatar to a user. 図9に示すように、マルチユーザウィンドウ81のアバタページに、リソースライブラリウィンドウ75のアバタページに表示されている任意のアバタを示すアイコンをドラッグアンドドロップすることにより、編集中のマルチユーザワールドにおいてユーザが使用できるアバタを追加することができる。 As shown in FIG. 9, the avatar page multiuser window 81, by dragging and dropping an icon indicating any avatar displayed on the avatar page resource library window 75, the user in multiuser World editing but it is possible to add an avatar that can be used.

【0095】このアバタ追加処理について、図10を参照して説明する。 [0095] This avatar additional processing will be described with reference to FIG. 10. 追加するアバタを選択するために、ユーザがリソースライブラリウィンドウ75のアバタタグを操作すると、ステップS1において、ユーザインタフェース部51は、この操作に対応して、リソースライブラリウィンドウ75に、シーングラフデータベース53 To select an avatar to be added, the user operates the Abatatagu resource library window 75, in step S1, the user interface unit 51, in response to this operation, the resource library window 75, the scene graph database 53
に保存されているアバタのリスト(アバタページ)を表示させる。 To display a list (avatar page) of the avatar that is stored in.

【0096】ステップS2において、ユーザが、リソースライブラリウィンドウ75のアバタページに表示されているアバタのうちの任意のアバタを選択し、リソースライブラリウィンドウ75からマルチユーザウィンドウ81のアバタページに、選択したアバタのアイコンをドラッグアンドドロップする。 [0096] In step S2, avatar user to select any of the avatar of the avatar displayed on the avatar page resource library window 75, the avatar page multiuser window 81 from the resource library window 75, the selected drag and drop the icon.

【0097】ステップS3において、ユーザインタフェース部51は、ステップS2におけるユーザの操作を検知して、ドラッグアンドドロップされたアバタのアイコンを、マルチユーザウィンドウ81のアバタページに表示する。 [0097] In step S3, the user interface unit 51 detects the user operation in step S2, the avatar icon is dragged and dropped, and displays the avatar page multiuser window 81. また、このドラッグアンドドロップ操作に対応して、ファイル入出力部542およびファイルスコープマネジメント部543は、ドラッグアンドドロップされたアバタのファイルを編集中のVRMLファイルが記録されている場所に、avtimgディレクトリおよびavtwrlディレクトリを生成し、その中に所定のアバタデータを記述する。 In addition, in response to this drag-and-drop operation, file input and output section 542 and the file scope management unit 543, to the location where VRML file being edited the file drag-and-dropped avatar has been recorded, avtimg directory and It generates avtwrl directory describes the predetermined avatar data therein.

【0098】なお、リソースライブラリウィンドウ75 [0098] In addition, resource library window 75
においては、編集中のコンテンツがマルチユーザワールドであるときだけ、アバタページを表示させることができる。 In, only when the content being edited is a multi-user world, it is possible to display an avatar page.

【0099】反対に、編集中のマルチユーザワールドにおいて使用できるアバタの中から任意のアバタを削除する場合、マルチユーザウィンドウ81のアバタページにおいて、削除したいアバタを選択し、キーボード38a [0099] On the other hand, if you want to delete any of the avatar from the avatar that can be used in multi-user world of editing, in avatar page of multi-user window 81, select the avatar you want to delete, keyboard 38a
のDeleteキーを押下するか、または、マウス38bの右ボタンをクリックすることにより図11に示すように表示されるポップアップメニューから、デリート(Delete) Or pressing the Delete key, or from the pop-up menu that is displayed as shown in FIG. 11 by clicking the right mouse button 38b, delete (Delete)
816を選択することにより、マルチユーザワールドにおいて使用できるアバタのリストから、選択されたアバタが削除される。 By selecting the 816, from the list of the avatar that may be used in a multi-user world, an avatar that has been selected it is deleted.

【0100】マルチユーザワールドにおいて使用できるアバタのリストに含まれる任意のアバタを、3Dビュウウィンドウ71に表示される仮想空間上で確認または編集する場合、マルチユーザウィンドウ81のアバタページにおいて、確認または編集したいアバタを選択し、マウス38bの右ボタンをクリックすることにより図12 [0101] Any of the avatar that is included in the list of avatars that can be used in a multi-user world, if you want to view or edit in a virtual space that is displayed in 3D Shipping Accessories window 71, in avatar page of multi-user window 81, review or edit select the avatar you want to, as shown in FIG. 12 by clicking the right mouse button 38b
に示すように表示されるポップアップメニューから、プレビュウ(Preview)815を選択する。 From the pop-up menu that is displayed as shown in, selecting Purebyuu (Preview) 815. この操作に対応して、3Dビュウウィンドウ71には、図13に示すように、仮想共有空間上に選択されたアバタが重畳表示される。 In response to this operation, the 3D Shipping Accessories window 71, as shown in FIG. 13, the avatar selected in the virtual shared space is superimposed. この状態において、ユーザが、このアバタに対して仮想空間上の図形モデルに対する編集と同様に任意に編集を行うと、その編集操作がユーザインターフェイス部51に検知されて、編集ツール52において適宜処理される。 In this state, when the user edits arbitrarily like the edits to mark model in the virtual space with respect to the avatar, is detected the editing operation to the user interface unit 51 is appropriately processed in the editing tool 52 that.

【0101】なお、このとき、この3Dビュウウィンドウ71に表示されるマルチユーザワールドに対応する、 [0101] It should be noted that, at this time, corresponding to the multi-user world that is displayed in this 3D Shipping Accessories window 71,
シーングラフウィンドウ76に表示されているVRMLファイルには、Inlineノードが生成され、そのInlineノード内においてアバタの編集情報が記述される。 The VRML file displayed in the scene graph window 76, is generated Inline node, editing information of the avatar within the Inline node is described. ここで、In Here, In
lineノードとは、VRMLファイルをメインプログラムとすれば、メインプログラムから読み出されるサブルーチンプログラムに相当するものである。 The line node, if the VRML file and the main program, which corresponds to the subroutine program read from the main program. ただし、このInline However, this Inline
ノード(編集したアバタのデータ)は、仮想共有空間上でアバタを編集するため、一時的に生成されたものであるので、VRMLファイルが保存されるとき、VRMLファイルから削除され、所定の場所に保存される。 Node (data of the avatar edited), in order to edit an avatar in a virtual shared space, since those that are temporarily generated, when the VRML file is saved is removed from VRML file, in place It is saved.

【0102】アバタの編集を終了する場合、マルチユーザウィンドウ81のアバタページにおいて、編集中のアバタを選択し、マウス38bの右ボタンをクリックすることにより表示されるポップアップメニューから、プレビュウ(Preview)815を再度選択することにより、アバタの編集が終了される。 [0102] If you want to finish editing the avatar, in avatar page of multi-user window 81, select the avatar of editing, from the pop-up menu that is displayed by clicking the right button of the mouse 38b, Purebyuu (Preview) 815 by again selecting the edit of the avatar is terminated.

【0103】なお、上記各処理を行うコンピュータプログラムは、磁気ディスク、CD-ROM等の情報記録媒体よりなる提供媒体のほか、インターネット、デジタル衛星などのネットワーク提供媒体を介してユーザに提供することができる。 [0103] Incidentally, the computer program for performing the above process, a magnetic disk, in addition to providing medium consisting of an information recording medium such as a CD-ROM, the Internet, be provided to a user via a network providing medium such as a digital satellite it can.

【0104】 [0104]

【発明の効果】以上のように、請求項1に記載の情報処理装置、請求項5に記載の情報処理方法、および請求項6に記載の提供媒体によれば、検知したユーザの操作に対応して、管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述するようにしたので、より容易に仮想共有空間を記述することが可能となる。 As described above, according to the present invention, an information processing apparatus according to claim 1, information processing method according to claim 5, and according to the providing medium according to claim 6, corresponding to the operation of the user detected to. Thus describes information symbols are managed in a predetermined VRML file, it is possible to write more easily shared virtual space.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】3次元仮想空間を表す情報を統一的に扱うネットワークシステムの構成例を示す図である。 1 is a diagram showing a configuration example of a network system to handle information representing a three-dimensional virtual space in a unified manner.

【図2】図1のクライアント端末5の構成例を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing a configuration example of the client terminal 5 of FIG.

【図3】図2に示したクライアント端末5において動作するコンテンツ作成用ツール50の構成を例示する図である。 3 is a diagram illustrating the configuration of a contents production tool 50 which operates in the client terminal 5 shown in FIG.

【図4】図3に示したコンテンツ作成用ツール50が表示装置35に表示するメニュー画面を示す中間調画像の写真である。 [4] content creation tool 50 shown in FIG. 3 is a photograph of a halftone image showing a menu screen displayed on the display device 35.

【図5】図4のコンダクタウィンドウ70を表示装置3 FIG. 5 is a display device the conductor window 70 of FIG. 4 3
5に表示した例を示す中間調画像の写真である。 Example of displaying 5 is a photograph of a halftone image representing the.

【図6】マルチユーザウィンドウ81を表示装置35に表示した例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of displaying a multi-user windows 81 display device 35 a.

【図7】マルチユーザウィンドウ81のサーバページを表示装置35に表示した例を示す中間調画像の写真である。 7 is a photograph of a halftone image showing an example of displaying the server page on the display device 35 of the multi-user window 81.

【図8】マルチユーザウィンドウ81のアバタページを表示装置35に表示した例を示す中間調画像の写真である。 8 is a photograph of a halftone image showing an example of displaying a multi-user windows 81 display device 35 avatars page of.

【図9】マルチユーザウィンドウ81のアバタページ、 Avatar page of FIG. 9 is a multi-user window 81,
およびリソースライブラリウィンドウ75を表示装置3 And a display device a resource library window 75 3
5に表示した例を示す中間調画像の写真である。 Example of displaying 5 is a photograph of a halftone image representing the.

【図10】アバタ追加処理を説明するフローチャートである。 10 is a flowchart illustrating the avatar additional processing.

【図11】マルチユーザウィンドウ81のアバタページを表示装置35に表示した例を示す中間調画像の写真である。 11 is a photograph of a halftone image showing an example of displaying a multi-user windows 81 display device 35 avatars page of.

【図12】マルチユーザウィンドウ81のアバタページ、および3Dビュウウィンドウ71を表示装置35に表示した例を示す中間調画像の写真である。 12 is a photograph of a multi-user windows 81 avatar pages, and 3D Shipping Accessories halftone image showing an example of displaying a window 71 on the display device 35.

【図13】マルチユーザウィンドウ81のアバタページ、および3Dビュウウィンドウ71を表示装置35に表示した例を示す中間調画像の写真である。 13 is a photograph of a multi-user windows 81 avatar pages, and 3D Shipping Accessories halftone image showing an example of displaying a window 71 on the display device 35.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 企業内ネットワーク, 2 インターネット, 3 1 company in the network, 2 Internet, 3
プロバイダ, 4ISDN網, 5 クライアント端末, Provider, 4ISDN network, 5 client terminal,
31 CPU, 32 ROM, 33 RAM,34 通信装置, 35 表示装置, 36 スピーカ, 37 31 CPU, 32 ROM, 33 RAM, 34 communication device, 35 display device, 36 a speaker, 37
インタフェース, 38 入力装置, 38a キーボード, 38b マウス, 39記憶装置, 51 ユーザインタフェース部, 52 編集ツール, 53 Interface, 38 input device, 38a keyboard, 38b mouse, 39 storage device, 51 user interface unit, 52 editing tool 53
シーングラフデータベース, 54 作業ツール, 5 Scene graph database, 54 work tools, 5
6 スクリプト作成部,57 ブラウザ, 71 3D 6 script creation unit, 57 browser, 71 3D
ビュウウィンドウ, 75 リソースライブラリウィンドウ, 81 マルチユーザウィンドウ, 811 ボタン, 815,816 プルダウンメニュー Shipping Accessories window, 75 resource library window, 81 multi-user window, 811 buttons, 815 and 816 pull-down menu

フロントページの続き (72)発明者 松田 晃一 東京都品川区北品川6丁目7番35号 ソニ ー株式会社内 Fターム(参考) 5B050 BA08 BA09 CA04 CA07 DA10 EA19 EA21 EA28 FA02 FA06 FA12 FA13 FA19 Front page of the continuation (72) inventor Koichi Matsuda Shinagawa-ku, Tokyo Kita 6-chome No. 7 No. 35 Sony over Co., Ltd. in the F-term (reference) 5B050 BA08 BA09 CA04 CA07 DA10 EA19 EA21 EA28 FA02 FA06 FA12 FA13 FA19

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 VRMLを用いて仮想共有空間を記述する情報処理装置において、 前記仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御手段と、 前記仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理手段と、 前記管理手段が管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御手段と、 前記第2の表示制御手段が表示したライブラリウィンドウから前記第1の表示制御手段が表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知手段と、 前記検知手段が検知したユーザの操作に対応して、前記管理手段が管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述手段とを備えることを特徴とす In the information processing apparatus describes the virtual shared space with 1. A VRML, a first display control means for controlling the display of the multi-user window to edit the information needed to describe the virtual shared space the managing means for managing symbols to be displayed in the virtual shared space, the second display control means for controlling the display of the library window that shows a list of symbols said managing means, said second display control means detection means but of detecting the drag-and-drop operation by the user from the library window with multi the user window displaying said first display control means, in response to a user's operation of the detection means detects the management be characterized in that means and a description means for describing the information symbol is managing a predetermined VRML file 情報処理装置。 The information processing apparatus.
  2. 【請求項2】 前記記述手段は、前記第1の表示制御手段が表示したマルチユーザウィンドウに入力された情報を所定のVRMLファイルに記述することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 Wherein said description means, the information processing apparatus according to claim 1, characterized in that describes information that the first display control means is input to the multi-user window with a predetermined VRML file .
  3. 【請求項3】 前記仮想共有空間に前記シンボルを重畳表示して、前記シンボルを編集する編集手段をさらに備えることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。 3. A superimposed display the symbol as the virtual shared space, the information processing apparatus according to claim 1, further comprising an editing means for editing the symbol.
  4. 【請求項4】 前記シンボルは、前記仮想共有空間においてユーザに対応するアバタであることを特徴とする請求項3に記載の情報処理装置。 Wherein said symbol information processing apparatus according to claim 3, wherein a avatar corresponding to the user in the virtual shared space.
  5. 【請求項5】 VRMLを用いて仮想共有空間を記述する情報処理方法において、 前記仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御ステップと、 前記仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理ステップと、 前記管理ステップで管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御ステップと、 前記第2の表示制御ステップで表示したライブラリウィンドウから前記第1の表示制御ステップで表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知ステップと、 前記検知ステップで検知したユーザの操作に対応して、 5. An information processing method describes a virtual shared space using the VRML, a first display control step for controlling the display of multi-user window to edit the information needed to describe the virtual shared space a management step of managing the symbols to be displayed on the virtual shared space, and a second display control step for controlling the display of the library window that shows a list of symbols to be managed by the management step, said second display control step in a detection step of detecting a drag-and-drop operation by the user from the display library window multi the user window displayed in the first display control step, in response to a user's operation detected in the detecting step,
    前記管理ステップで管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述ステップとを含むことを特徴とする情報処理方法。 The information processing method characterized by including the description describing steps symbol information managed by the management step to a predetermined VRML file.
  6. 【請求項6】 VRMLを用いて仮想共有空間を記述する情報処理装置に、 前記仮想共有空間を記述するために必要な情報を編集するマルチユーザウィンドウの表示を制御する第1の表示制御ステップと、 前記仮想共有空間上に表示させるシンボルを管理する管理ステップと、 前記管理ステップで管理するシンボルのリストを示すライブラリウィンドウの表示を制御する第2の表示制御ステップと、 前記第2の表示制御ステップで表示したライブラリウィンドウから前記第1の表示制御ステップで表示したマルチユーザウィンドウへのユーザによるドラッグアンドドロップ操作を検知する検知ステップと、 前記検知ステップで検知したユーザの操作に対応して、 6. The information processing apparatus describes the virtual shared space using the VRML, a first display control step for controlling the display of multi-user window to edit the information needed to describe the virtual shared space a management step of managing the symbols to be displayed on the virtual shared space, and a second display control step for controlling the display of the library window that shows a list of symbols to be managed by the management step, said second display control step in a detection step of detecting a drag-and-drop operation by the user from the display library window multi the user window displayed in the first display control step, in response to a user's operation detected in the detecting step,
    前記管理ステップで管理しているシンボルの情報を所定のVRMLファイルに記述する記述ステップとを含む処理を実行させるコンピュータが読み取り可能なプログラムを提供することを特徴とする提供媒体。 Providing medium characterized by providing the administrative management to have computer readable program for executing the processing including a description steps describing the information symbols in the predetermined VRML file in step.
JP24935398A 1998-09-03 1998-09-03 Device and method for processing information, and providing medium Withdrawn JP2000076487A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24935398A JP2000076487A (en) 1998-09-03 1998-09-03 Device and method for processing information, and providing medium

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24935398A JP2000076487A (en) 1998-09-03 1998-09-03 Device and method for processing information, and providing medium
US09/389,812 US6493001B1 (en) 1998-09-03 1999-09-04 Method, apparatus and medium for describing a virtual shared space using virtual reality modeling language

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000076487A true JP2000076487A (en) 2000-03-14

Family

ID=17191774

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24935398A Withdrawn JP2000076487A (en) 1998-09-03 1998-09-03 Device and method for processing information, and providing medium

Country Status (2)

Country Link
US (1) US6493001B1 (en)
JP (1) JP2000076487A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001325169A (en) * 2000-05-15 2001-11-22 Vasara:Kk Cyberspace system using language with tag
JP2002015333A (en) * 2000-06-30 2002-01-18 Micro Brain:Kk Multimedia authoring tool and recording medium with authoring program recorded on it
US7640757B2 (en) 2003-11-24 2010-01-05 Lg Electronics Inc. Air conditioner having an enhanced user perception
KR101195302B1 (en) 2004-08-05 2012-10-26 엘리트 아바타 엘엘씨 Persistent, immersible and extractable avatars

Families Citing this family (71)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001236525A (en) * 2000-02-23 2001-08-31 Sony Corp Device, method and system for processing information, and recording medium
JP4441979B2 (en) * 2000-04-28 2010-03-31 ソニー株式会社 The information processing apparatus and method, and recording medium
CA2421750A1 (en) * 2000-09-08 2002-03-14 United Virtualities, Inc. Computerized advertising method and system
US7788323B2 (en) * 2000-09-21 2010-08-31 International Business Machines Corporation Method and apparatus for sharing information in a virtual environment
JP2002109361A (en) * 2000-09-28 2002-04-12 Sanyo Electric Co Ltd Method and device for displaying advertisement
US6910186B2 (en) * 2000-12-08 2005-06-21 Kyunam Kim Graphic chatting with organizational avatars
FI20002759A (en) * 2000-12-15 2002-06-16 Nokia Corp A method for transmitting information
US20060129933A1 (en) * 2000-12-19 2006-06-15 Sparkpoint Software, Inc. System and method for multimedia authoring and playback
US20030164827A1 (en) * 2001-05-18 2003-09-04 Asaf Gottesman System and method for displaying search results in a three-dimensional virtual environment
US6795972B2 (en) * 2001-06-29 2004-09-21 Scientific-Atlanta, Inc. Subscriber television system user interface with a virtual reality media space
FR2833101B1 (en) * 2001-12-03 2004-07-02 Dotvision Method for creation and management of virtual world
AU2002950502A0 (en) * 2002-07-31 2002-09-12 E-Clips Intelligent Agent Technologies Pty Ltd Animated messaging
WO2004075169A2 (en) * 2003-02-19 2004-09-02 Koninklijke Philips Electronics, N.V. System for ad hoc sharing of content items between portable devices and interaction methods therefor
CN100514924C (en) * 2003-04-25 2009-07-15 腾讯科技(深圳)有限公司 Method for showing network virtual image on instant communication tool
US7862428B2 (en) * 2003-07-02 2011-01-04 Ganz Interactive action figures for gaming systems
US7444595B2 (en) * 2003-08-13 2008-10-28 National Instruments Corporation Graphical programming system and method for creating and managing a scene graph
US7681114B2 (en) * 2003-11-21 2010-03-16 Bridgeborn, Llc Method of authoring, deploying and using interactive, data-driven two or more dimensional content
KR100626444B1 (en) * 2003-11-24 2006-09-20 엘지전자 주식회사 Indoor unit for air conditioner
US7534157B2 (en) 2003-12-31 2009-05-19 Ganz System and method for toy adoption and marketing
WO2005064502A1 (en) 2003-12-31 2005-07-14 Ganz, An Ontario Partnership Consisting Of S.H. Ganz Holdings Inc. And 816877 Ontario Limited System and method for toy adoption and marketing
US20080214214A1 (en) * 2004-01-30 2008-09-04 Combots Product Gmbh & Co., Kg Method and System for Telecommunication with the Aid of Virtual Control Representatives
CN1303559C (en) * 2004-04-13 2007-03-07 清华大学 VIrtual assembly method based on 3-D VRML model
US7873911B2 (en) * 2004-08-31 2011-01-18 Gopalakrishnan Kumar C Methods for providing information services related to visual imagery
US7707249B2 (en) * 2004-09-03 2010-04-27 Open Text Corporation Systems and methods for collaboration
US7702730B2 (en) * 2004-09-03 2010-04-20 Open Text Corporation Systems and methods for collaboration
US20060080616A1 (en) * 2004-10-13 2006-04-13 Xerox Corporation Systems, methods and user interfaces for document workflow construction
US20060109273A1 (en) * 2004-11-19 2006-05-25 Rams Joaquin S Real-time multi-media information and communications system
US20060294465A1 (en) * 2005-06-22 2006-12-28 Comverse, Inc. Method and system for creating and distributing mobile avatars
CN100395761C (en) 2005-10-14 2008-06-18 清华大学 Simulation method of non-constraint cooperative assembly process planning based on VRML mode
US7607962B2 (en) 2006-05-04 2009-10-27 Mattel, Inc. Electronic toy with alterable features
US9329743B2 (en) * 2006-10-04 2016-05-03 Brian Mark Shuster Computer simulation method with user-defined transportation and layout
NZ564006A (en) 2006-12-06 2009-03-31 2121200 Ontario Inc System and method for product marketing using feature codes
KR101345341B1 (en) 2006-12-13 2013-12-27 삼성전자 주식회사 Apparatus and method for providing a user interface for file transfer
US7973786B2 (en) * 2007-01-16 2011-07-05 Motorola Solutions, Inc. System and method for managing interaction in a virtual environment
US20090049392A1 (en) * 2007-08-17 2009-02-19 Nokia Corporation Visual navigation
US8196050B2 (en) 2007-09-17 2012-06-05 Mp 1, Inc. System and method for embedding a view of a virtual space in a banner ad and enabling user interaction with the virtual space within the banner ad
US20090077475A1 (en) * 2007-09-17 2009-03-19 Areae, Inc. System for providing virtual spaces with separate places and/or acoustic areas
US9968850B2 (en) * 2007-09-17 2018-05-15 Disney Enterprises, Inc. System for providing virtual spaces for access by users
US9069851B2 (en) 2009-01-15 2015-06-30 Social Communications Company Client application integrating web browsing and network data stream processing for realtime communications
US7769806B2 (en) 2007-10-24 2010-08-03 Social Communications Company Automated real-time data stream switching in a shared virtual area communication environment
US9319357B2 (en) 2009-01-15 2016-04-19 Social Communications Company Context based virtual area creation
US7809789B2 (en) * 2007-10-25 2010-10-05 Brian Mark Shuster Multi-user animation coupled to bulletin board
US20090119188A1 (en) * 2007-11-06 2009-05-07 International Business Machines Corporation Management of exchange of virtual goods for online games
US8464166B2 (en) * 2008-02-11 2013-06-11 Ganz Friends list management
US7885951B1 (en) * 2008-02-15 2011-02-08 Lmr Inventions, Llc Method for embedding a media hotspot within a digital media file
US8253728B1 (en) 2008-02-25 2012-08-28 Lucasfilm Entertainment Company Ltd. Reconstituting 3D scenes for retakes
JP5368547B2 (en) * 2008-04-05 2013-12-18 ソーシャル・コミュニケーションズ・カンパニー Shared virtual area communication environment based device and method
WO2013181026A1 (en) 2012-06-02 2013-12-05 Social Communications Company Interfacing with a spatial virtual communications environment
US8397168B2 (en) 2008-04-05 2013-03-12 Social Communications Company Interfacing with a spatial virtual communication environment
US8230441B2 (en) 2008-04-29 2012-07-24 International Business Machines Corporation Virtual world subgroup determination and segmentation for performance scalability
US8676975B2 (en) * 2008-05-15 2014-03-18 International Business Machines Corporation Virtual universe desktop exploration for resource acquisition
US8671198B2 (en) * 2008-06-02 2014-03-11 International Business Machines Corporation Resource acquisition and manipulation from within a virtual universe
US20090306998A1 (en) * 2008-06-06 2009-12-10 Hamilton Ii Rick A Desktop access from within a virtual universe
US9403087B2 (en) * 2008-06-09 2016-08-02 Disney Enterprises, Inc. System and method of providing access to virtual spaces that are associated with physical analogues in the real world
US8066571B2 (en) * 2008-06-09 2011-11-29 Metaplace, Inc. System and method for enabling characters to be manifested within a plurality of different virtual spaces
US20100005480A1 (en) * 2008-07-07 2010-01-07 International Business Machines Corporation Method for virtual world event notification
US20100058235A1 (en) * 2008-09-03 2010-03-04 Ganz Method and system for naming virtual rooms
US9100249B2 (en) * 2008-10-10 2015-08-04 Metaplace, Inc. System and method for providing virtual spaces for access by users via the web
KR20130010911A (en) 2008-12-05 2013-01-29 소우셜 커뮤니케이션즈 컴퍼니 Realtime kernel
US8533596B2 (en) 2008-12-22 2013-09-10 International Business Machines Corporation Sharing virtual space in a virtual universe
US8788943B2 (en) * 2009-05-15 2014-07-22 Ganz Unlocking emoticons using feature codes
US20100293203A1 (en) * 2009-05-18 2010-11-18 Henry Roberts Williams User interface for graph database data
KR101081422B1 (en) * 2009-05-18 2011-11-08 (주)블루홀스튜디오 Method, Maker and Recording Medium for Sharing, Making and Reproducing Game Image
US9403089B2 (en) 2009-08-31 2016-08-02 Ganz System and method for limiting the number of characters displayed in a common area
US8323068B2 (en) 2010-04-23 2012-12-04 Ganz Villagers in a virtual world with upgrading via codes
US9022868B2 (en) 2011-02-10 2015-05-05 Ganz Method and system for creating a virtual world where user-controlled characters interact with non-player characters
CA2768175A1 (en) 2011-02-15 2012-08-15 Ganz Arcade in a virtual world with reward
WO2013119802A1 (en) 2012-02-11 2013-08-15 Social Communications Company Routing virtual area based communications
WO2013124851A1 (en) * 2012-02-23 2013-08-29 Giladi, Ran A system and method of transmitting data between mobile devices
US9853922B2 (en) 2012-02-24 2017-12-26 Sococo, Inc. Virtual area communications
US20160299671A1 (en) * 2015-04-10 2016-10-13 Yu An Opening New Application Window in Response to Remote Resource Sharing

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5491743A (en) * 1994-05-24 1996-02-13 International Business Machines Corporation Virtual conference system and terminal apparatus therefor
CA2180891C (en) * 1995-07-12 2010-01-12 Junichi Rekimoto Notification of updates in a three-dimensional virtual reality space sharing system
US6219045B1 (en) * 1995-11-13 2001-04-17 Worlds, Inc. Scalable virtual world chat client-server system
US5880731A (en) * 1995-12-14 1999-03-09 Microsoft Corporation Use of avatars with automatic gesturing and bounded interaction in on-line chat session
US5999208A (en) * 1998-07-15 1999-12-07 Lucent Technologies Inc. System for implementing multiple simultaneous meetings in a virtual reality mixed media meeting room

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001325169A (en) * 2000-05-15 2001-11-22 Vasara:Kk Cyberspace system using language with tag
JP2002015333A (en) * 2000-06-30 2002-01-18 Micro Brain:Kk Multimedia authoring tool and recording medium with authoring program recorded on it
US7640757B2 (en) 2003-11-24 2010-01-05 Lg Electronics Inc. Air conditioner having an enhanced user perception
KR101195302B1 (en) 2004-08-05 2012-10-26 엘리트 아바타 엘엘씨 Persistent, immersible and extractable avatars

Also Published As

Publication number Publication date
US6493001B1 (en) 2002-12-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Whyte et al. From CAD to virtual reality: modelling approaches, data exchange and interactive 3D building design tools
US7275216B2 (en) System and method for designing electronic forms and hierarchical schemas
US7490292B2 (en) Web-based instruction
Jankun-Kelly et al. Visualization exploration and encapsulation via a spreadsheet-like interface
US8522139B2 (en) Modeling system for graphic user interface
Rohrer et al. Web-based information visualization
Bederson et al. Jazz: an extensible zoomable user interface graphics toolkit in Java
US5956039A (en) System and method for increasing performance by efficient use of limited resources via incremental fetching, loading and unloading of data assets of three-dimensional worlds based on transient asset priorities
US6029180A (en) Information presentation apparatus and method
JP4726386B2 (en) Single-window navigation method and system
US6144381A (en) Systems, methods and computer program products for compass navigation of avatars in three dimensional worlds
US6801229B1 (en) System for creation of visual representation of data
US6363404B1 (en) Three-dimensional models with markup documents as texture
Risden et al. An initial examination of ease of use for 2D and 3D information visualizations of web content
US6510468B1 (en) Adaptively transforming data from a first computer program for use in a second computer program
US20080222514A1 (en) Systems and Methods for Editing XML Documents
CN101300621B (en) System and method for providing three-dimensional graphical user interface
US20030236836A1 (en) System and method for the design and sharing of rich media productions via a computer network
US7496836B2 (en) Method and apparatus for transmitting documents over a network
US5675753A (en) Method and system for presenting an electronic user-interface specification
US6275227B1 (en) Computer system and method for controlling the same utilizing a user interface control integrated with multiple sets of instructional material therefor
US8434027B2 (en) System and method for multi-dimensional organization, management, and manipulation of remote data
CN100538630C (en) User interface automation framework classes and interfaces
CA2402543C (en) A three dimensional spatial user interface
Forney et al. User's Guide for Smokeview Version4: A Tool for Visualizing Fire Dynamics Simulation Data

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060110