JP2000068884A - 無線装置 - Google Patents

無線装置

Info

Publication number
JP2000068884A
JP2000068884A JP10247737A JP24773798A JP2000068884A JP 2000068884 A JP2000068884 A JP 2000068884A JP 10247737 A JP10247737 A JP 10247737A JP 24773798 A JP24773798 A JP 24773798A JP 2000068884 A JP2000068884 A JP 2000068884A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
station
positioning information
display
wireless device
transmission
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10247737A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3037663B2 (ja
Inventor
Hiroo Ishida
弘生 石田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Marantz Japan Inc
Original Assignee
Marantz Japan Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Marantz Japan Inc filed Critical Marantz Japan Inc
Priority to JP10247737A priority Critical patent/JP3037663B2/ja
Publication of JP2000068884A publication Critical patent/JP2000068884A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3037663B2 publication Critical patent/JP3037663B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 GPS受信機と組み合わせ、表示部に位置情
報の表示を行うことが可能な無線装置を実現する。 【解決手段】 所定の周波数の電波により送信または受
信を行う送受信手段130と、少なくとも送信または受
信に使用する周波数をキャラクタ表示する表示手段17
0と、測位情報のデータを受け、入力手段で受けた測位
情報と、前記送受信手段で受信した他局の測位情報とを
参照し、前記表示手段に自局と他局との位置関係をキャ
ラクタ表示する制御手段110と、を備えたことを特徴
とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明が属する技術分野】本発明は電波を用いて送受信
を行う無線装置に関し、特に、GPS受信機と組み合わ
せて使用することが可能な無線装置に関する。
【0002】
【従来の技術】複数の衛星からの信号を受信することに
より自らの位置を求めるものとして、GPS(グローバ
ル・ポジショニング・システム)が知られている。
【0003】また、このGPSシステムと地図ソフトウ
ェアとを組み合わせてナビゲーションを行うナビゲーシ
ョンシステムも知られている。
【0004】そして、このナビゲーションシステムとア
マチュア無線機などの無線装置とを組み合わせること
で、互いに測位情報を交換して自局の位置表示や相手局
の位置表示を行うシステムが存在している。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】以上のようなナビゲー
ションシステムと無線装置とを組み合わせたシステムで
は、GPS受信機と無線装置のほかに、ナビゲーション
のソフトウェアを実行し地図表示を行うコンピュータ機
器とTNC(ターミナル・ノード・コントローラ)が必
要であった。または、無線装置と組み合わせて使用する
ことが可能なナビゲーションシステムが必要であった。
【0006】このため、モービル用の無線装置やハンデ
ィ型の無線装置を自動車内で使用することは困難であっ
た。また、無線装置の表示部は、十数文字を1〜2行程
度表示できるに過ぎず、自局と他局の相対的な位置表示
を行うことはできなかった。さらに、無線装置の大きさ
からも、十分な画素数を有する2次元のグラフィックデ
ィスプレイを設けることはできず、無線装置のディスプ
レイ部を用いて自局と他局の位置表示を行うことはでき
ない。
【0007】本発明は上述した課題を解決するためにな
されたものであり、その目的は、GPS受信機と組み合
わせ、表示部に位置情報の表示を行うことが可能な無線
装置を実現することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】従って、課題を解決する
手段としての発明は、以下に説明するものである。
【0009】(1)請求項1記載の発明は、所定の周波
数の電波により送信または受信を行う送受信手段と、少
なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラクタ
表示する表示手段と、測位情報のデータを受ける入力手
段と、前記入力手段で受けた測位情報を参照し、前記表
示手段に自局の位置をキャラクタ表示する制御手段と、
を備えたことを特徴とする無線装置である。この無線装
置では、GPS受信機などからの測位情報を参照し、自
局の位置をキャラクタ形式により表示する。このため、
無線装置に特別の表示手段を設けることなく、GPSの
測位情報に基づいた位置表示が可能になる。
【0010】(2)請求項2記載の発明は、所定の周波
数の電波により送信または受信を行う送受信手段と、少
なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラクタ
表示する表示手段と、測位情報のデータを受ける入力手
段と、前記入力手段で受けた測位情報を参照して移動速
度及び移動方向を求め、前記表示手段に自局の位置、移
動速度および移動方向をキャラクタ表示する制御手段
と、を備えたことを特徴とする無線装置である。この無
線装置では、GPS受信機などからの測位情報を参照
し、移動速度と移動方向とを求め、自局の位置、移動速
度および移動方向をキャラクタ形式により表示する。こ
のため、無線装置に特別の表示手段を設けることなく、
GPSの測位情報に基づいた位置表示や移動状態の表示
が可能になる。
【0011】(3)請求項3記載の発明は、所定の周波
数の電波により送信または受信を行う送受信手段と、少
なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラクタ
表示する表示手段と、前記送受信手段で受信した他局の
測位情報を参照し、前記表示手段に他局の位置をキャラ
クタ表示する制御手段と、を備えたことを特徴とする無
線装置である。この無線装置では、送受信手段で受信し
た他局からの測位情報を参照し、他局の位置をキャラク
タ形式により表示する。このため、無線装置に特別の表
示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた
位置表示が可能になる。
【0012】(4)請求項4記載の発明は、所定の周波
数の電波により送信または受信を行う送受信手段と、少
なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラクタ
表示する表示手段と、測位情報のデータを受ける入力手
段と、前記入力手段で受けた測位情報と、前記送受信手
段で受信した他局の測位情報とを参照し、前記表示手段
に自局と他局との位置関係をキャラクタ表示する制御手
段と、を備えたことを特徴とする無線装置である。この
無線装置では、GPS受信機などからの測位情報と送受
信手段で受信した他局からの測位情報とを参照し、自局
と他局との相対的な位置をキャラクタ形式により表示す
る。このため、無線装置に特別の表示手段を設けること
なく、GPSの測位情報に基づいた位置表示が可能にな
る。
【0013】(5)請求項5記載の発明は、(3)また
は(4)の無線装置において、音声発生手段を備え、前
記制御手段は、前記送受信手段が他局からの測位情報を
受信したときに、他局の識別符号に関する情報を参照
し、前記音声発生手段に他局の識別符号に関する情報を
出力する、ことを特徴とするものである。この無線装置
では、他局からの識別符号を伴った測位情報を受信した
際は、音声発生手段により他局の識別符号を所定の形式
(モールス信号や合成音声など)で出力する。この結
果、相手局の確認が容易になる。
【0014】(6)請求項6記載の発明は、(1)〜
(5)の無線装置において、前記制御手段は、緯度及び
経度の測位情報からグリッドロケーター座標を算出する
機能を備え、前記表示手段にグリッドロケーター座標に
よる自局もしくは他局の位置情報を表示する、ことを特
徴とするものである。この無線装置では、GPS受信機
などからの測位情報を参照し、無線装置内でグリッドロ
ケーター座標を算出しているので、コンピュータ機器や
計算などが不要になる。このため、GPSの測位情報に
基づいたグリッドロケーター座標による位置表示が無線
装置内で可能になる。
【0015】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態例につ
いて図面を参照しつつ説明する。図1は本発明の各実施
の形態例における無線装置の構成を示すブロック図であ
る。この図1において、100は本発明の実施の形態例
の特徴部分であって、後述するGPS受信機からの測位
情報を入力することが可能な無線装置、200は無線装
置100に接続して使用されるGPS受信機である。
【0016】また、110は無線装置100の各部の制
御を行う制御部であって、GPS受信機からの測位情報
や他の無線局(以下、他局という)から測位情報を受け
て、位置情報のキャラクタ形式の表示を行うための制御
を実行する。なお、この制御部110は図示されていな
いコンピュータ機器と接続することも可能である。この
ため、図示されていないが、GPS受信機200からの
入力手段と、コンピュータ機器との入出力手段と、を備
えているものとする。
【0017】120は無線装置100に接続されて送受
信を行うアンテナ、130は送信と受信とを行う送受信
部、140は送受信部130により送信すべき音声信号
を電気信号に変換するマイクロホン、150は送受信部
130で受信した他局からの音声や各種信号音を出力す
るスピーカ、160は無線装置100の各種操作を受け
付けるためのスイッチ群などで構成される操作部、17
0は無線装置100の動作状態や位置などをキャラクタ
形式で表示する表示部である。
【0018】また、GPS受信機200が出力する測位
情報のデータは、たとえば、製造会社名ヘッダの後に、
現在時刻、緯度、経度、高度、速度、方向、測位モー
ド、DMS/DMD表示モード、改行を意味する<CR
><LF>、というようになっており、受信チャネル数
に応じた所定の文字数のデータで構成されている。そし
て、GPS受信機200からは以上の測位情報のデータ
が、伝送速度:9600bpsで無線装置に送られる。
【0019】なお、表示部170は、図3〜図9に示す
ように上下二段で表示が行われ、上段にはトランシーバ
機能に関わるデータ等が表示され、下段にはトランシー
バ機能に関わるデータ等のモードとGPS機能に関わる
データ等が選択的に表示される構成になっている。よっ
て、上段には常にトランシーバ機能に関わるデータ等が
表示されることになる。
【0020】ここで、図2のフローチャートならびに図
3以降の画面表示図を参照して本発明の実施の形態例の
無線装置の動作を説明する。なお、この実施の形態例で
は、アマチュア無線用の車載用トランシーバを具体例に
して説明を行う。まず、無線装置100の電源が投入さ
れると、制御部110は各部を初期化すると共に、図示
されない不揮発性メモリのテーブルに格納された設定値
を参照して各部の状態を所定の状態に制御する。
【0021】そして、制御部110は前記不揮発性メモ
リのテーブルを参照し、GPS機能の設定が有効(オ
ン)か無効(オフ)かを調べる(図2S1)。なお、こ
のGPS機能とは、GPS受信機200からの測位情報
を受けて、無線装置100が送受信に関連して位置表示
を行う機能を意味している。
【0022】GPS機能がオフの設定になっていれば
(図2のS1でOFF)、制御部110は無線装置全体
を通常のトランシーバモードとして動作するように制御
する(図2S2)。この場合、制御部110は、表示部
170にトランシーバモードの表示を行う。たとえば、
図3に示すように、送受信周波数を上段に表示し、下段
のドットマトリクス部に「Amateur UHF」と
表示する。
【0023】なお、ここでは、特に、GPS受信機と組
み合わせて使用するナビゲーション・トランシーバモー
ドに関して詳細に説明を行う。そのため、通常のトラン
シーバの周知の機能については詳細な説明を省略する。
一方、GPS機能がオンになっていれば(図2S1でO
N)、制御部110はGPS受信機200からの測位情
報のデータ(GPSデータ)を待つ(図2S3)。
【0024】そして、GPS受信機200からの測位情
報のデータを受信できた場合には、制御部110は、自
局の位置に関する自局情報表示を行う(図2S4)。こ
の自局情報表示とは、測位情報に含まれる速度と方向と
のデータに基づいて、図4に示すように、自局の移動速
度、自局の移動方向の角度表示(真北を0度として東側
を+、西側を−でそれぞれ180度まで1度単位で表
示)、45度ごとの8方向の矢印による概略方向表示で
ある。図4に示す例では、送受信周波数を上段に表示
し、下段のドットマトリクス部に、自局の「自」、移動
速度として101km/h、移動方向として−135
°、そして概略方向表示として斜め左下を指す矢印の表
示を行っている。
【0025】このように、キャラクタ表示によること
で、走行中でも自局の状態を瞬時に把握することができ
る。また、自局が停止状態であれば、以上の移動速度・
移動方向の代わりに、図5に示すように自局緯度経度表
示を行う。たとえば、図5に示すように、表示部の上段
に送受信周波数を示し、下段のドットマトリクス部に自
局の緯度と経度とをDMS(度/分/秒)で表示する。
この図5の表示例では、北緯32度50分59秒,東経
132度32分32秒の表示を行っている。なお、自局
が移動中であっても、操作部160での選択の操作があ
れば、制御部110は自局緯度経度表示を行う。
【0026】また、位置表示において、以上の緯度経度
表示に代えて、制御部110の演算による、図6に示す
ようなグリッドロケーター座標による表示を行うことが
可能である。このグリッドロケーター座標の計算方法を
示すと、以下のようになる。経度が東経AA度BB分C
C秒,緯度が北緯aa度bb分cc秒である場合には、 K=(AA+BB/60+CC/3600+180)/
20, I=(aa+bb/60+cc/3600+90)/1
0, と計算する。
【0027】つぎに、Kの整数部分について、0=1,
1=B,と変換してG1とする。同様にIの整数部分
を、0=1,1=B,と変換してG2とする。Kの小数
点以下第1桁部分をG3とする。同様にIの小数点以下
第2桁部分をG4とする。また、Kの小数点第2桁以降
を取り出し、第2桁を1の位におき、2.4倍を乗じ、
その整数部分をG1と同様に変換して、G5とする。ま
た、Iの小数点第2桁以降を取り出し、第2桁を1の位
におき、2.4倍を乗じ、その整数部分をG2と同様に
変換して、G6とする。そして、G1からG6までを並
べることでグリッドロケーター座標となる。
【0028】なお、図6の表示例では、GPS受信機2
00からの測位情報に含まれる高度情報の表示を、グリ
ッドロケーター座標とともに表示している場合を示して
いる。以上のようなグリッドロケーター座標の計算と表
示を無線装置100で行うことにより、外部のコンピュ
ータ機器による計算などが不要になる。
【0029】また、無線装置100が他局(無線交信相
手局)と測位情報を交換するような設定になっている場
合には(図2S5でYES)、自局の呼び出し符号(コ
ールサイン),GPS受信機200からの測位情報など
の自局情報を、所定のプロトコルに従って一定間隔で送
信する(図2S6)。すなわち、制御部110の制御に
よって、送受信部130から自局情報を送信する。この
送信をビーコン送信と呼ぶ。
【0030】また、他局からのビーコン送信を受信した
とき(図2S7でYES)には、他局からのビーコン送
信に含まれる測位情報を制御部110が解析し、他局
(相手局)の情報を表示部170に表示する(図2S
8)。
【0031】また、他局からのビーコン送信を受信した
場合、制御部110がビーコン送信に含まれるコールサ
インを抽出し、コールサインをモールス符号としてスピ
ーカから出力することができる。また、合成音声による
コールサインの読み上げを行うことも可能である。この
ように音声出力を用いることで、他局からのビーコン送
信を受信したことと、これから相手局情報表示を行うこ
とをオペレータに知らせることができる。
【0032】また、この相手局情報表示としては、相手
局からの測位情報に基づいて、図7に示すように、相手
局までの距離、自局に対する相手局の方向(相対方向)
の角度表示(自局の進行方向を0度として右側を+、左
側を−でそれぞれ180度まで1度単位で表示)、45
度ごとの8方向の矢印による概略方向表示である。図7
に示す例では、送受信周波数を上段に表示し、下段のド
ットマトリクス部に、相手局を示す「相」、相手局まで
の距離として12.6km、相対方向として−55°、
そして概略方向表示として斜め左上を指す矢印の表示を
行っている。
【0033】ただし、自局が停止状態であったり、たと
えば時速10km/h以下の低速進行状態であったりす
る場合には、その時までの相手局の方向を保持する構成
になっている。このように、キャラクタ表示によること
で、走行中でも相手局の位置を瞬時に把握することがで
きる。
【0034】また、以上の相対距離・相対方向の代わり
に、他局緯度経度表示を行うことも可能である。たとえ
ば、図8に示すように、表示部の上段に送受信周波数を
示し、下段のドットマトリクス部に相手局の緯度と経度
とをDMS(度/分/秒)で表示する。この図8の表示
例では、北緯35度40分59秒,東経135度32分
32秒の表示を行っている。なお、相手局の表示である
ことを明確にするために、度の表示部分に下線の表示を
行ってもよい。
【0035】また、相手局の位置表示において、以上の
緯度経度表示に代えて、制御部110の演算によるグリ
ッドロケーター座標による表示を行うことが可能であ
る。なお、図9のグリッドロケーター座標の表示例で
は、相手局からのビーコン送信に含まれる移動速度情報
の表示を、グリッドロケーター座標とともに表示してい
る場合を示している。
【0036】以上のようなグリッドロケーター座標の計
算と表示を無線装置100で行うことにより、外部のコ
ンピュータ機器による計算などが不要になる。
【0037】そして、以上の自局と他局の測位情報に基
づく表示を繰り返すようにする。また、モード設定によ
って、いずれかの表示を選択し、固定することもでき
る。さらに、測位情報に含まれる日時・時刻情報を参照
して、表示部170に正確な時刻表示を行わせることも
可能である。
【0038】また、以上の無線装置100を車載用無線
機として実現した場合の外観として、図10の正面図と
図11の斜視図を示す。これらの図では、430MHz
帯のアマチュア無線機の場合の具体例を示している。
【0039】なお、以上の無線装置100は車載用無線
機として好適であり、アマチュア無線用だけでなく、業
務用無線機にも使用することができる。また、車載用だ
けでなく、小型船舶用や小型航空機用としても使用可能
である。さらに、小型のGPS受信機を用いることによ
り、ハンディ型無線機や携帯電話装置に使用することも
可能である。
【0040】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、この明細書
に記載の無線装置の発明では、以下のような効果が得ら
れる。
【0041】(1)請求項1記載の発明では、GPS受
信機などからの測位情報を参照し、自局の位置をキャラ
クタ形式により表示するため、無線装置に特別の表示手
段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた位置
表示が可能になる。
【0042】(2)請求項2記載の発明では、GPS受
信機などからの測位情報を参照し、移動速度と移動方向
とを求め、自局の位置、移動速度および移動方向をキャ
ラクタ形式により表示するため、無線装置に特別の表示
手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた位
置表示や移動状態の表示が可能になる。
【0043】(3)請求項3記載の発明では、送受信手
段で受信した他局からの測位情報を参照し、他局の位置
をキャラクタ形式により表示するため、無線装置に特別
の表示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づ
いた位置表示が可能になる。
【0044】(4)請求項4記載の発明では、GPS受
信機などからの測位情報と送受信手段で受信した他局か
らの測位情報とを参照し、自局と他局との相対的な位置
をキャラクタ形式により表示するため、無線装置に特別
の表示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づ
いた位置表示が可能になる。
【0045】(5)請求項5記載の発明では、他局から
の識別符号を伴った測位情報を受信した際は、音声発生
手段により他局の識別符号を所定の形式(モールス信号
や合成音声など)で出力する。この結果、相手局の確認
が容易になる。
【0046】(6)請求項6記載の発明では、GPS受
信機などからの測位情報を参照し、無線装置内でグリッ
ドロケーター座標を算出しているので、コンピュータ機
器や計算などが不要になる。このため、GPSの測位情
報に基づいたグリッドロケーター座標による位置表示が
無線装置内で可能になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態例で用いる無線装置の構成
を示す構成図である。
【図2】本発明の実施の形態例で用いる無線装置の動作
状態を示すフローチャートである。
【図3】本発明の実施の形態例の無線装置のトランシー
バモードの表示例を示す説明図である。
【図4】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図5】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図6】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図7】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図8】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図9】本発明の実施の形態例の無線装置のナビゲーシ
ョン・トランシーバモードの表示例を示す説明図であ
る。
【図10】本発明の実施の形態例の無線装置の正面図で
ある。
【図11】本発明の実施の形態例の無線装置の使用状態
を示す斜視図である。
【符号の説明】
100 無線装置 110 制御部 120 アンテナ 130 送受信部 140 マイクロフォン 150 スピーカ 160 操作部 170 表示部 200 GPS受信機
【手続補正書】
【提出日】平成11年9月13日(1999.9.1
3)
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】特許請求の範囲
【補正方法】変更
【補正内容】
【特許請求の範囲】
【手続補正2】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0009
【補正方法】変更
【補正内容】
【0009】請求項記載の発明は、所定の周波数の電波
により送信または受信を行う送受信手段と、少なくとも
送信または受信に使用する周波数をキャラクタ表示する
表示手段と、測位情報のデータを受ける入力手段と、前
記入力手段で受けた測位情報と、前記送受信手段で受信
した他局の測位情報とを参照し、前記表示手段に自局と
他局との相対位置関係をキャラクタ表示する制御手段
と、を備えたことを特徴とする無線装置である。
【手続補正3】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0010
【補正方法】変更
【補正内容】
【0010】この無線装置では、GPS受信機などから
の測位情報と送受信手段で受信した他局からの測位情報
とを参照し、自局と他局との相対的な位置をキャラクタ
形式により表示する。このため、無線装置に特別の表示
手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた位
置表示が可能になる。
【手続補正4】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0011
【補正方法】変更
【補正内容】
【0011】請求項2記載の発明は、請求項1に記載の
無線装置において、音声発生手段を備え、前記制御手段
は、前記送受信手段が他局からの測位情報を受信したと
きに、他局の識別符号に関する情報を参照し、前記音声
発生手段に他局の識別符号に関する情報を出力する、こ
とを特徴とするものである。
【手続補正5】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0012
【補正方法】変更
【補正内容】
【0012】この無線装置では、他局からの識別符号を
伴った測位情報を受信した際は、音声発生手段により他
局の識別符号を所定の形式(モールス信号や合成音声な
ど)で出力する。この結果、相手局の確認が容易にな
る。
【手続補正6】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0013
【補正方法】変更
【補正内容】
【0013】請求項3記載の発明は、請求項1または請
求項2に記載の無線装置において、前記制御手段は、緯
度及び経度の測位情報からグリッドロケーター座標を算
出する機能を備え、前記表示手段にグリッドロケーター
座標による自局もしくは他局の位置情報を表示する、こ
とを特徴とするものである。
【手続補正7】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0014
【補正方法】変更
【補正内容】
【0014】この無線装置では、GPS受信機などから
の測位情報を参照し、無線装置内でグリッドロケーター
座標を算出しているので、コンピュータ機器や計算など
が不要になる。このため、GPSの測位情報に基づいた
グリッドロケーター座標による位置表示が無線装置内で
可能になる。
【手続補正8】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0019
【補正方法】変更
【補正内容】
【0019】なお、表示部170は、図3〜図9に示す
ように上下二段で表示が行われ、上段にはトランシーバ
機能に関わるデータ等が表示され、下段にはトランシー
バ機能に関わるデータ等のモードとGPS機能に関わる
データ等が選択的に表示される構成になっている。よっ
て、上段には常にトランシーバ機能に関わるデータ等が
表示されることになる。また、自局に対する他局の相対
的な位置関係の表示とは図7に示すように、表示部17
0の下段に、他局との相対位置を示すことを表示する
『相』という漢字表現、アラビア数字による相対距離、
自局の進行方向に対する他局の方位をアラビア数字で示
す相対方向及び自局の進行方向に対する他局の方位を示
す矢印を意味している。
【手続補正9】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0040
【補正方法】変更
【補正内容】
【0040】上記の通り、この実施の形態においては、
GPS受信機などからの測位情報を参照し、自局の位置
をキャラクタ形式により表示するため、無線装置に特別
の表示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づ
いた位置表示が可能になっている。
【手続補正10】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0041
【補正方法】変更
【補正内容】
【0041】また、この実施の形態においては、GPS
受信機などからの測位情報を参照し、移動速度と移動方
向とを求め、自局の位置、移動速度および移動方向をキ
ャラクタ形式により表示するため、無線装置に特別の表
示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた
位置表示や移動状態の表示が可能になっている。
【手続補正11】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0042
【補正方法】変更
【補正内容】
【0042】更に、この実施の形態においては、送受信
手段で受信した他局からの測位情報を参照し、他局の位
置をキャラクタ形式により表示するため、無線装置に特
別の表示手段を設けることなく、GPSの測位情報に基
づいた位置表示が可能になっている。
【手続補正12】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0043
【補正方法】変更
【補正内容】
【0043】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、この明細書
に記載の無線装置の発明では、以下のような効果が得ら
れる。
【手続補正13】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0044
【補正方法】変更
【補正内容】
【0044】請求項1記載の発明では、GPS受信機な
どからの測位情報と送受信手段で受信した他局からの測
位情報とを参照し、自局と他局との相対的な位置をキャ
ラクタ形式により表示するため、無線装置に特別の表示
手段を設けることなく、GPSの測位情報に基づいた位
置表示が可能になる。
【手続補正14】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0045
【補正方法】変更
【補正内容】
【0045】請求項2記載の発明では、他局からの識別
符号を伴った測位情報を受信した際は、音声発生手段に
より他局の識別符号を所定の形式(モールス信号や合成
音声など)で出力する。この結果、相手局の確認が容易
になる。
【手続補正15】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0046
【補正方法】変更
【補正内容】
【0046】請求項3記載の発明では、GPS受信機な
どからの測位情報を参照し、無線装置内でグリッドロケ
ーター座標を算出しているので、コンピュータ機器や計
算などが不要になる。このため、GPSの測位情報に基
づいたグリッドロケーター座標による位置表示が無線装
置内で可能になる。

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 所定の周波数の電波により送信または受
    信を行う送受信手段と、 少なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラク
    タ表示する表示手段と、 測位情報のデータを受ける入力手段と、 前記入力手段で受けた測位情報を参照し、前記表示手段
    に自局の位置をキャラクタ表示する制御手段と、 を備えたことを特徴とする無線装置。
  2. 【請求項2】 所定の周波数の電波により送信または受
    信を行う送受信手段と、 少なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラク
    タ表示する表示手段と、 測位情報のデータを受ける入力手段と、 前記入力手段で受けた測位情報を参照して移動速度及び
    移動方向を求め、前記表示手段に自局の位置、移動速度
    および移動方向をキャラクタ表示する制御手段と、 を備えたことを特徴とする無線装置。
  3. 【請求項3】 所定の周波数の電波により送信または受
    信を行う送受信手段と、 少なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラク
    タ表示する表示手段と、 前記送受信手段で受信した他局の測位情報を参照し、前
    記表示手段に他局の位置をキャラクタ表示する制御手段
    と、 を備えたことを特徴とする無線装置。
  4. 【請求項4】 所定の周波数の電波により送信または受
    信を行う送受信手段と、 少なくとも送信または受信に使用する周波数をキャラク
    タ表示する表示手段と、 測位情報のデータを受ける入力手段と、 前記入力手段で受けた測位情報と、前記送受信手段で受
    信した他局の測位情報とを参照し、前記表示手段に自局
    と他局との位置関係をキャラクタ表示する制御手段と、 を備えたことを特徴とする無線装置。
  5. 【請求項5】 音声発生手段を備え、 前記制御手段は、前記送受信手段が他局からの測位情報
    を受信したときに、他局の識別符号に関する情報を参照
    し、前記音声発生手段に他局の識別符号に関する情報を
    出力する、 ことを特徴とする請求項3または請求項4のいずれかに
    記載の無線装置。
  6. 【請求項6】 前記制御手段は、緯度及び経度の測位情
    報からグリッドロケーター座標を算出する機能を備え、
    前記表示手段にグリッドロケーター座標による自局もし
    くは他局の位置情報を表示する、 ことを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれかに記
    載の無線装置。
JP10247737A 1998-08-19 1998-08-19 無線装置 Expired - Fee Related JP3037663B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10247737A JP3037663B2 (ja) 1998-08-19 1998-08-19 無線装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10247737A JP3037663B2 (ja) 1998-08-19 1998-08-19 無線装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000068884A true JP2000068884A (ja) 2000-03-03
JP3037663B2 JP3037663B2 (ja) 2000-04-24

Family

ID=17167930

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10247737A Expired - Fee Related JP3037663B2 (ja) 1998-08-19 1998-08-19 無線装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3037663B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007022114A (ja) * 2005-07-12 2007-02-01 Nec Corp Gpsソノブイ
JP2010278796A (ja) * 2009-05-29 2010-12-09 Kenwood Corp 受信装置、プログラム、及び受信方法
US9060381B2 (en) 2010-02-08 2015-06-16 Paccar Inc In-vehicle communication device with social networking

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013242294A (ja) * 2012-04-23 2013-12-05 Tokai Rika Co Ltd 電流センサ、ホルダ部材及び電流センサ製造方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007022114A (ja) * 2005-07-12 2007-02-01 Nec Corp Gpsソノブイ
JP4502895B2 (ja) * 2005-07-12 2010-07-14 日本電気株式会社 Gpsソノブイ
JP2010278796A (ja) * 2009-05-29 2010-12-09 Kenwood Corp 受信装置、プログラム、及び受信方法
US9060381B2 (en) 2010-02-08 2015-06-16 Paccar Inc In-vehicle communication device with social networking

Also Published As

Publication number Publication date
JP3037663B2 (ja) 2000-04-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100543308B1 (ko) Gps 서버 또는 gps 무선통신 단말기에서의 위치정보제공 방법
JPH06289118A (ja) 衛星ナビゲーション端末装置
JPWO2005005927A1 (ja) 道案内システムおよび道案内方法
US20080010010A1 (en) Navigation system
JP3037663B2 (ja) 無線装置
JP3056104B2 (ja) カーナビゲーションシステム
JPH0868650A (ja) 車載用ナビゲーション装置
JPH08145705A (ja) 車載用ナビゲーション装置
WO2001013548A1 (en) Radio communications system for cars
JP2002310692A (ja) 位置測定を行う移動端末装置
JPH07294624A (ja) Gpsセンサ
JPH0926968A (ja) Gps内蔵携帯情報端末装置
JPH08115494A (ja) ナビゲーション装置及びナビゲーションシステム
JP2002262337A (ja) 携帯無線機
JP2815458B2 (ja) 車両目的地案内システム
JPH0836044A (ja) 携帯電話システムを利用したgps装置
JP3396968B2 (ja) 通信機能付きナビゲーション装置
US20070167193A1 (en) Portable wireless terminal
JP2874636B2 (ja) 方位表示装置
JPH1062184A (ja) 車載ナビゲーションシステム
KR100620601B1 (ko) 지피에스 단말기 및 그 제어 방법
CN1987362A (zh) 具有实时性规划行车路线功能的卫星导航装置
JPH11275640A (ja) Phs簡易ナビゲーションシステム
JPH05164831A (ja) 航跡表示装置
JP2010078413A (ja) 施設内ナビゲーションシステム

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees