JP2000051967A - パンチホルダ装置 - Google Patents

パンチホルダ装置

Info

Publication number
JP2000051967A
JP2000051967A JP22078098A JP22078098A JP2000051967A JP 2000051967 A JP2000051967 A JP 2000051967A JP 22078098 A JP22078098 A JP 22078098A JP 22078098 A JP22078098 A JP 22078098A JP 2000051967 A JP2000051967 A JP 2000051967A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
punch
locking piece
punch holder
chip
hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP22078098A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3452491B2 (ja
Inventor
Shigeru Endo
Yasuyuki Otsuka
保之 大塚
茂 遠藤
Original Assignee
Amada Metrecs Co Ltd
株式会社アマダメトレックス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amada Metrecs Co Ltd, 株式会社アマダメトレックス filed Critical Amada Metrecs Co Ltd
Priority to JP22078098A priority Critical patent/JP3452491B2/ja
Publication of JP2000051967A publication Critical patent/JP2000051967A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3452491B2 publication Critical patent/JP3452491B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D28/00Shaping by press-cutting; Perforating
    • B21D28/24Perforating, i.e. punching holes
    • B21D28/34Perforating tools; Die holders
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D19/00Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes
    • B21D19/08Flanging or other edge treatment, e.g. of tubes by single or successive action of pressing tools, e.g. vice jaws
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D45/00Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass
    • B21D45/06Stripping-off devices
    • B21D45/08Stripping-off devices interrelated with motion of tool
    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K3/00Apparatus or processes for manufacturing printed circuits
    • H05K3/0011Working of insulating substrates or insulating layers
    • H05K3/0044Mechanical working of the substrate, e.g. drilling or punching
    • H05K3/005Punching of holes
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/929Tool or tool with support
    • Y10T83/9411Cutting couple type
    • Y10T83/9423Punching tool
    • Y10T83/9428Shear-type male tool
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/929Tool or tool with support
    • Y10T83/9457Joint or connection
    • Y10T83/9461Resiliently biased connection
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/929Tool or tool with support
    • Y10T83/9457Joint or connection
    • Y10T83/9473For rectilinearly reciprocating tool
    • Y10T83/9476Tool is single element with continuous cutting edge [e.g., punch, etc.]

Abstract

(57)【要約】 【課題】 パンチホルダからパンチチップをワンタッチ
で取付け、取外しをできるようにしたパンチホルダ装置
を提供することにある。 【解決手段】 パンチホルダ7に形成したパンチ装着孔
9に対して、このパンチ装着孔9の内周面に対して出没
可能の係止片37を設け、この係止片37の受入れ許容
凹部41を備えたロック片45を前記係止片37の出没
方向に対して直交する方向に移動可能に設け、前記ロッ
ク片45に備えた係止片押出し保持部43が常に前記係
止片37に対応する位置に位置するようにロック片45
を押圧付勢する押圧付勢手段39を備えてなることを特
徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】この発明は、パンチチップを
装着してパンチング加工に使用されるパンチホルダ装置
に関する。

【0002】

【従来の技術】従来、ワークに例えば上向きのバーリン
グ加工を行うバーリング金型101は、図7に示されて
いるように、上金型103と下金型105とを備えてい
る。上金型103は上下方向へ延伸したパンチホルダ1
07を備えており、このパンチホルダ107の先端部
(下端部)にはパンチ装着孔109が形成されている。

【0003】ウレタンゴム111を備えたパンチチップ
113が下方よりパンチ支持部材115に装着された状
態で、パンチチップ113の上部分を前記パンチ装着孔
109に装着すると共に、パンチ支持部材115をパン
チホルダ107の下端部に当接した状態で複数のボルト
117で固定している。

【0004】一方、下金型105はダイベース119を
備えており、このダイベース119に形成された溝12
1にウレタンゴム123が装着された状態で、ダイベー
ス119上にエジェクタ125が設けられ、下方よりス
ルーボルト127で取付けられている。しかも、ダイベ
ース119およびエジェクタ125のほぼ中央部にはエ
ジェクタピン129が上方から装着され、このエジェク
タピン121はボルト131でダイベース119に取付
けられている。

【0005】上記構成により、エジェクタ125上にワ
ークWを載置せしめて、パンチ金型103をダイ金型1
05に対して下降せしめることによって、ウレタンゴム
111がワークWを押圧し、また、ウレタンゴム121
が撓んでエジェクタ125が下降し、エジェクタピン1
29がエジェクタ125より突出して、パンチチップ1
13とエジェクタピン129との協働でワークWに上向
きのバーリング加工が行われることになる。

【0006】

【発明が解決しようとする課題】ところで、上述した従
来のパンチ金型103において、パンチホルダ107に
はパンチチップ113がパンチ支持部材115を介して
複数のボルト117で固定されているため、パンチチッ
プ113をパンチホルダ107から取外したり、取付け
たりするには複数のボルト117をゆるめたり、締め付
けなければならず、非常に面倒であると共に大変であっ
た。

【0007】この発明の目的は、パンチホルダからパン
チチップをワンタッチで取付け、取外しをできるように
したパンチホルダ装置を提供することにある。

【0008】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に請求項1によるこの発明のパンチホルダ装置は、パン
チホルダに形成したパンチ装着孔に対して、このパンチ
装着孔の内周面に対して出没可能の係止片を設け、この
係止片の受入れ許容凹部を備えたロック片を前記係止片
の出没方向に対して直交する方向に移動可能に設け、前
記ロック片に備えた係止片押出し保持部が常に前記係止
片に対応する位置に位置するようにロック片を押圧付勢
する押圧付勢手段を備えてなることを特徴とするもので
ある。

【0009】したがって、パンチホルダに形成したパン
チ装着孔にパンチチップを取付ける際には、ロック片を
例えば下方より押すと押圧付勢手段の付勢力に抗してロ
ック片が例えば上方へ移動して、ロック片に備えた係止
片押出し保持部が前記係止片より外れて、受入れ許容凹
部が係止片に対応する位置にして係止片が受入れ許容凹
部に入り込み、パンチチップがパンチホルダに挿入され
る。挿入後、ロック片を押している状態を解放すると、
押圧付勢手段の付勢力で係止片押出し保持部が係止片に
対応する位置に移動して係止片を押圧し、パンチチップ
がパンチホルダに係止される。

【0010】パンチチップをパンチ装着孔から取外す場
合には、例えば下方よりロック片を押すと、押圧付勢手
段の付勢力に抗してロック片が例えば上方へ移動し、係
止片押出し保持部が係止片から外れる。この状態でパン
チチップを例えば引っ張ることによりパンチチップがパ
ンチホルダから外れる。

【0011】このように、パンチチップがパンチホルダ
のパンチ装着孔からワンタッチ操作で簡単に取付け、取
外しが行われる。

【0012】請求項2によるこの発明のパンチホルダ装
置は、請求項1のパンチホルダ装置において、前記係止
片の状態を確認可能の覗き穴を前記パンチホルダに備え
てなることを特徴とするものである。

【0013】したがって、パンチホルダには覗き穴が備
えられているから、この覗き穴から係止片の状態が容易
に確認される。

【0014】請求項3によるこの発明のパンチホルダ装
置は請求項1又は2のパンチホルダ装置において、前記
ロック片にストッパ部を備えてなることを特徴とするも
のである。

【0015】したがって、ロック片にストッパ部が備え
られているから、このストッパ部が常に一定の位置でス
トップして係止片が受入れ許容凹部に自動的に入り込ま
れる。

【0016】

【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図
面に基いて詳細に説明する。

【0017】図1を参照するに、例えばバーリング用金
型1は、上金型3と下金型5とを備えている。上金型3
は上下方向へ延伸したパンチホルダ7を備えており、こ
のパンチホルダ7の先端部(下端部)にはパンチ装着孔
9が形成されている。このパンチ装着孔9にはパンチチ
ップ11がワンタッチで取付けられたり、取外される。

【0018】一方、下金型5はダイベース13を備えて
おり、このダイベース13には複数の溝15が形成され
ていると共に、この各溝15にウレタンゴム17が上方
へ付勢した状態で嵌り込んでいる。このウレタンゴム1
7上にはエジェクタ19が備えられている。このエジェ
クタ19,ダイベース13のほぼ中央部にはエジェクタ
ピン21が装着され、エジェクタピン21の下端部に設
けられたねじ23でダイベース13に螺合されている。

【0019】上記構成により、エジェクタ19上に例え
ばワークを載置せしめてパンチホルダ7を下降せしめる
ことにより、パンチチップ11とエジェクタピン21と
の協働でワークに上向きバーリング加工が行われること
になる。

【0020】前記パンチチップ11は、図2によく示さ
れているように、外周にR溝25が形成されていると共
に、パンチチップ11の下部分の外周にはカラー27,
ウレタンゴム29が設けられている。

【0021】前記パンチホルダ7には図3および図4に
示されているように、パンチ装着孔9の下部には作業者
の指が入るような孔31が連通して形成されている。前
記パンチホルダ7には図3において右側部には上下方向
へ延伸した孔33が形成されていると共に、この孔33
に直交した方向(図3において左右方向)へ貫通した孔
35が形成されている。この孔35の図3において左端
は前記パンチ装着孔9に連通されている。

【0022】前記孔35には係止片としての一例の鋼球
37が嵌り込んでいる。また、前記孔33内の上部には
押圧付勢手段としての一例のスプリング39が装着され
ていると共に、孔33内には、前記鋼球37の受入れ許
容凹部41と係止片押し出し保持部43を有したロック
片としての一例のピン45が装着されている。しかも、
このピン45の先端(上端)にはストッパ部47を備え
ている。また、前記孔33の下端には中央に孔49を貫
通した止めねじ51が螺合されていて、ピン45が外部
へ飛び出さないようになっている。前記孔35の先端
(右端)は開放されていて覗き孔53となっている。

【0023】上記構成により、図3がパンチチップ取付
前、図5がパンチチップ取付中および図6がパンチチッ
プ取付完了状態を示しており、パンチチップ11をパン
チホルダ7のパンチ装着孔9に取付ける場合には、図5
に示されているように、作業者が棒55を持ち、この棒
55を孔49へ入れてピン45を上方へ押すと、スプリ
ング39の付勢力に孔してピン45が上方へ移動し、ス
トッパ部47が孔33の先端に突き当り、受入れ許容凹
部41が鋼球37に対応したた位置に移動する。このた
め、鋼球37が矢印で示したごとく受入れ許容凹部(逃
げ溝)41へ逃げてパンチチップ11がパンチ装着孔9
に挿入可能となる。

【0024】この状態でパンチチップ11をパンチ装着
孔9に挿入後、棒55を放すと、スプリング39の付勢
力でピン45が下方へ移動し、係止片押出し保持部43
で鋼球37が図6に矢印で示したごとく押されてパンチ
チップ11のR溝25に嵌り込み取付けが完了する。

【0025】パンチチップ11をパンチ装着孔9から取
外す場合には、棒55を止めねじ51の孔49に挿入し
ピン45を押すと、スプリング39の付勢力に抗してピ
ン45が上方へ移動し、係止押し出し保持部43が鋼球
37から外れる。この状態でパンチチップ11を下方へ
引っ張ることによりパンチチップ11がパンチ装着孔9
から外れることになる。

【0026】このように、パンチチップ11がパンチホ
ルダ7のパンチ装着孔9からワンタッチ操作で簡単に取
付け、取外しを行うことができる。

【0027】パンチホルダ7には孔33すなわち覗き穴
53が備えられているから、この覗き穴53から鋼球3
7の状態を容易に確認することができる。また、ピン4
5の先端にはストッパ部47が備えられているから、こ
のストッパ部47が孔33の先端に突き当りストップし
て鋼球37が受入れ許容凹部41に自動的に入り込ませ
ることができる。

【0028】なお、この発明は、前述した発明の実施の
形態に限定されることなく、適宜な変更を行うことによ
り、その他の態様で実施し得るものである。

【0029】

【発明の効果】以上のごとき発明の実施の形態の説明よ
り理解されるように、請求項1の発明によれば、パンチ
ホルダに形成したパンチ装着孔にパンチチップを取付け
る際には、ロック片を例えば下方より押すと押圧付勢手
段の付勢力に抗してロック片が例えば上方へ移動して、
ロック片に備えた係止片押出し保持部が前記係止片より
外れて、受入れ許容凹部が係止片に対応する位置にして
係止片が受入れ許容凹部に入り込み、パンチチップがパ
ンチホルダに挿入される。挿入後、ロック片を押してい
る状態を解放すると、押圧付勢手段の付勢力で係止片押
出し保持部が係止片に対応する位置に移動して係止片を
押圧し、パンチチップがパンチホルダに係止される。

【0030】パンチチップをパンチ装着孔から取外す場
合には、例えば下方よりロック片を押すと、押圧付勢手
段の付勢力に抗してロック片が例えば上方へ移動し、係
止片押出し保持部が係止片から外れる。この状態でパン
チチップを例えば引っ張ることによりパンチチップがパ
ンチホルダから外れる。

【0031】このように、パンチチップがパンチホルダ
のパンチ装着孔からワンタッチ操作で簡単に取付け、取
外しを行うことができる。

【0032】請求項2の発明によれば、パンチホルダに
は覗き穴が備えられているから、この覗き穴から係止片
の状態を容易に確認することができる。

【0033】請求項3の発明によれば、ロック片にスト
ッパ部が備えられているから、このストッパ部が常に一
転の位置でストップして係止片を受入れ許容凹部に自動
的に入り込ませることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】この発明のパンチホルダ装置を備えた上金型と
下金型とを示したパンチ金型の正面断面図である。

【図2】パンチチップの正面断面図である。

【図3】パンチホルダの正面断面図である。

【図4】図3における底面図である。

【図5】動作説明図である。

【図6】動作説明図である。

【図7】従来の上金型と下金型とを示したバーリング金
型の正面断面図である。

【符号の説明】

1 バーリング金型 3 上金型 7 パンチホルダ 9 パンチ装着孔 11 パンチチップ 25 R溝 33,35,49 孔 37 鋼球(係止片) 39 スプリング(押圧付勢手段) 41 受入れ許容凹部 43 係止片押し出し保持部 45 ピン(ロック片) 47 ストッパ部 51 止めねじ 53 覗き穴 55 棒

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 パンチホルダに形成したパンチ装着孔に
    対して、このパンチ装着孔の内周面に対して出没可能の
    係止片を設け、この係止片の受入れ許容凹部を備えたロ
    ック片を前記係止片の出没方向に対して直交する方向に
    移動可能に設け、前記ロック片に備えた係止片押出し保
    持部が常に前記係止片に対応する位置に位置するように
    ロック片を押圧付勢する押圧付勢手段を備えてなること
    を特徴とするパンチホルダ装置。
  2. 【請求項2】 前記係止片の状態を確認可能の覗き穴を
    前記パンチホルダに備えてなることを特徴とする請求項
    1記載のパンチホルダ装置。
  3. 【請求項3】 前記ロック片にストッパ部を備えてなる
    ことを特徴とする請求項1又は2記載のパンチホルダ装
    置。
JP22078098A 1998-08-04 1998-08-04 パンチホルダ装置 Expired - Fee Related JP3452491B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22078098A JP3452491B2 (ja) 1998-08-04 1998-08-04 パンチホルダ装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22078098A JP3452491B2 (ja) 1998-08-04 1998-08-04 パンチホルダ装置
US09/364,063 US6463839B2 (en) 1998-08-04 1999-07-30 Punch holder apparatus
DE1999612694 DE69912694T2 (de) 1998-08-04 1999-08-04 Stanzwerkzeughalter
EP19990401980 EP0978333B1 (en) 1998-08-04 1999-08-04 Punch holder apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000051967A true JP2000051967A (ja) 2000-02-22
JP3452491B2 JP3452491B2 (ja) 2003-09-29

Family

ID=16756461

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22078098A Expired - Fee Related JP3452491B2 (ja) 1998-08-04 1998-08-04 パンチホルダ装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6463839B2 (ja)
EP (1) EP0978333B1 (ja)
JP (1) JP3452491B2 (ja)
DE (1) DE69912694T2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017177224A (ja) * 2011-11-11 2017-10-05 ウィルソン トゥール インターナショナル インコーポレイティド パンチ工具、パンチチップ、およびパンチ本体とパンチチップを固定する方法

Families Citing this family (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7032812B2 (en) * 2000-05-11 2006-04-25 Euromac S.P.A. Quick-extraction punch-holder adapter for converting punching machines from a single-punch to a multiple-punch configuration
US6755110B2 (en) * 2001-06-19 2004-06-29 Wilson Tool International, Inc. Adjustable length punch assembly
DE10261748B4 (de) * 2002-12-30 2011-07-28 Mate Precision Tooling GmbH, 61440 Stanzwerkzeug
US20040200333A1 (en) * 2003-04-14 2004-10-14 Seeley David E. 360 Degree ball lock groove for a tool assembly
US7661288B2 (en) * 2003-07-01 2010-02-16 Wilson Tool International Inc. Press brake tool safety key assemblies
US7004008B2 (en) * 2003-07-01 2006-02-28 Wilson Tool International, Inc. Press brake tool having lockable safety key
JP4332388B2 (ja) * 2003-09-04 2009-09-16 カール事務器株式会社 紙の孔明け装置
US7021116B2 (en) * 2003-12-19 2006-04-04 Wilson Tool International, Inc. Press brake tooling technology
US7204181B2 (en) * 2004-07-02 2007-04-17 Dayton Progress Corporation Reversible floating punch retainer for punch change retainer tool
US7721586B2 (en) * 2005-02-08 2010-05-25 Wilson Tool International Inc. Press brake tool seating technology
US8459161B2 (en) * 2006-03-09 2013-06-11 Moeller Precision Tool, Llc Ball lock punch retainer
US7874194B2 (en) * 2007-03-09 2011-01-25 Wilson Tool International Inc. Die holder technology for metal-fabricating press
JP4909835B2 (ja) * 2007-08-02 2012-04-04 株式会社小松製作所 プレス機械の金型クランプ機構
US20090320550A1 (en) * 2008-06-27 2009-12-31 Lee Brian J Anti-Vibration Die Holder Technology for Fabricating Press
US8327745B2 (en) 2008-11-06 2012-12-11 Wilson Tool International Inc. Punch assemblies and methods for modifying
US20110185874A1 (en) * 2010-01-29 2011-08-04 Jason Blair Punch Press
CN102198470B (zh) * 2010-03-25 2015-07-29 赛恩倍吉科技顾问(深圳)有限公司 冲头组件及应用该冲头组件的模具
US9393711B2 (en) 2011-04-11 2016-07-19 Milwaukee Electric Tool Corporation Hand-held knockout punch driver
US9782818B2 (en) 2011-06-08 2017-10-10 Wilson Tool International Inc. Die shoe assembly with bearing surface mechanism, and die for use therewith
CN203245254U (zh) * 2011-08-22 2013-10-23 密尔沃基电动工具公司 起模螺柱连接器
US9409223B2 (en) * 2011-11-11 2016-08-09 Wilson Tool International Inc. Punch assemblies and universal punch therefor
US10265756B2 (en) 2012-02-06 2019-04-23 Mate Precision Tooling, Inc. Punch assembly with steel punch point insert removably secured therein
US8997617B2 (en) 2012-03-14 2015-04-07 Mate Precision Tooling, Inc. Punch assembly with quick attach punch point and stripper plate removably secure thereon
DE102012014698B4 (de) * 2012-04-03 2014-07-03 Julia Vanderpool Stempeleinheit und System zum Aufbau von Stempeleinheiten
USD742441S1 (en) * 2013-05-21 2015-11-03 Wilson Tool International Inc. Punch holder
US10646913B2 (en) 2015-02-09 2020-05-12 Mate Precision Tooling, Inc. Punch assembly with replaceable punch tip
JP6678309B2 (ja) * 2015-05-08 2020-04-08 パナソニックIpマネジメント株式会社 無線通信装置及び送信電力設定方法
USD822725S1 (en) 2015-12-31 2018-07-10 Mate Precision Tooling, Inc. Punch insert
USD820328S1 (en) 2015-12-31 2018-06-12 Mate Precision Tooling, Inc. Punch insert
US20180281223A1 (en) * 2017-04-04 2018-10-04 Amada Tool America, Inc. Adjustable punch head assembly
US20190337256A1 (en) * 2018-05-04 2019-11-07 Raymond A. Virgen, III Releasable Punch Dampener

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1910296A (en) * 1929-02-11 1933-05-23 Guardian Trust Company Punch retainer mechanism
US2107581A (en) * 1932-10-31 1938-02-08 John H Parsons Tool retainer
US2136190A (en) 1936-04-06 1938-11-08 Gulfelt Lars Tool holder
US2217560A (en) * 1939-08-07 1940-10-08 Joseph H M Michon Adjusting mechanism for piercing punches
US2420146A (en) * 1945-09-21 1947-05-06 Mueller Otto Locking and ejecting device
US3245694A (en) * 1964-08-24 1966-04-12 James E Parker Removable ball retainer block
US3640170A (en) * 1969-12-05 1972-02-08 Arthur D Bennett Retainer for punch and die sets
DE2043855B2 (de) * 1970-09-04 1977-05-18 Werkzeugaufnahme
JPS5522168B2 (ja) 1976-08-27 1980-06-14
US4375774A (en) * 1979-12-26 1983-03-08 Wilson Tool Company Adjustable punch head
US4332179A (en) * 1980-10-08 1982-06-01 Wallis Bernard J Combined punch retainer and fluid-actuated stripper
US4377100A (en) * 1981-02-19 1983-03-22 Wallis Bernard J Punch retainer
US4558620A (en) * 1984-10-05 1985-12-17 Wallis Bernard J Punch retainer
US4604931A (en) * 1985-08-16 1986-08-12 Harris Graphics Corporation Quick change rotary punch
US4726270A (en) * 1987-01-05 1988-02-23 Lucas Rose E Stamping system
US5181438A (en) * 1990-04-10 1993-01-26 Aip Inc. Ball lock punch retainer
US5197368A (en) * 1991-08-28 1993-03-30 Dayton Progress Corporation Punch and die retainer and release mechanism
US5357835A (en) * 1992-07-29 1994-10-25 Moellering David J Ball lock punch retainer
JP2592473Y2 (ja) * 1992-10-09 1999-03-24 富士重工業株式会社 ピアス加工用プレス型
JP2636127B2 (ja) * 1993-02-03 1997-07-30 株式会社アマダメトレックス パンチング金型
US5860315A (en) * 1994-07-29 1999-01-19 Etm Corporation Device for securing tools
US5992285A (en) * 1994-11-21 1999-11-30 Talarico; Joe Floating punch holder
US5839183A (en) * 1996-09-23 1998-11-24 Porter Precision Products Co. Punch retainer
US6276247B1 (en) * 2000-03-03 2001-08-21 Strippit, Inc. Adjustable punch assembly with releasable locking

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017177224A (ja) * 2011-11-11 2017-10-05 ウィルソン トゥール インターナショナル インコーポレイティド パンチ工具、パンチチップ、およびパンチ本体とパンチチップを固定する方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20020007714A1 (en) 2002-01-24
DE69912694D1 (de) 2003-12-18
DE69912694T2 (de) 2004-09-23
EP0978333B1 (en) 2003-11-12
JP3452491B2 (ja) 2003-09-29
EP0978333A2 (en) 2000-02-09
US6463839B2 (en) 2002-10-15
EP0978333A3 (en) 2001-03-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
FI99095C (fi) Revolverilävistyspuristin ja meistinvaihtolaite lävistyspuristinta varten
EP0484588B1 (en) Die including slide cam
US7013783B2 (en) Slide cam die
KR100615547B1 (ko) 금형 장치
JP4097599B2 (ja) プレスブレーキ工具および工具保持具
US5934165A (en) Adjustable punch assembly
JP3037168B2 (ja) クイッククランプ装置
JP2006205209A (ja) プレス金型
JP4271010B2 (ja) プレスブレーキ用ダイホルダ装置
JP4279532B2 (ja) 成形製品の加工方法に使用する金型装置及び下金型
JP5358927B2 (ja) せん断総抜型
JP3072095B1 (ja) プレス装置
CZ285580B6 (cs) Přídržné zařízení pro spojovací součásti
KR100546022B1 (ko) 상형 홀더 장치
CA1127910A (en) Method and apparatus for producing a blank from stock material
JP4663895B2 (ja) 金型装置
US7000446B2 (en) Stamping press having four in one guide pin assembly
JP6185293B2 (ja) チャックのジョー自動交換装置
EP1763413B1 (de) Verfahren und vorrichtung zum herstellen von stanzteilen
JP3964221B2 (ja) 複合加工プレス型
WO2008153824A1 (en) Punch press die holder with hand-operated retaining clamp
US3971275A (en) Nestable die alignment means for punch press machines
JP2010115766A (ja) 孔の打抜き装置及び打抜き方法
JP4133005B2 (ja) パンチプレス用金型
DE602005003366T2 (de) Schnelle Kupplungs- und Unkupplungs-Vorrichtung für das Oberwerkzeug einer Biegepresse

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080718

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080718

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090718

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100718

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100718

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110718

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120718

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130718

Year of fee payment: 10

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees