JP2000028997A - 液晶素子の駆動方法 - Google Patents

液晶素子の駆動方法

Info

Publication number
JP2000028997A
JP2000028997A JP19535998A JP19535998A JP2000028997A JP 2000028997 A JP2000028997 A JP 2000028997A JP 19535998 A JP19535998 A JP 19535998A JP 19535998 A JP19535998 A JP 19535998A JP 2000028997 A JP2000028997 A JP 2000028997A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid crystal
scanning
signal
period
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP19535998A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Tsuboyama
明 坪山
Katsumi Komiyama
克美 小宮山
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP19535998A priority Critical patent/JP2000028997A/ja
Publication of JP2000028997A publication Critical patent/JP2000028997A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 単純マトリクス構成の反強誘電性液晶素子に
おいて、良好な階調表示を行なう。 【解決手段】 走査選択期間Ts において、選択された
走査電極に選択信号を印加し、該選択信号と同期して、
所定の階調情報を有する情報信号を印加する駆動方法に
おいて、上記情報信号が、1走査選択期間内において、
±Vd のパルスを有し、選択期間Ts 内において+Vd
期間の位相をシフトすることにより、走査選択信号の後
半のΔTにおける+Vd の期間を変調し、液晶層に印加
される合成波形における(Vs +Vd )の期間を変調し
て階調表示を行なう。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パーソナルコンピ
ュータのディスプレイ等表示装置に用いられる液晶素子
の駆動方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】反強誘電性液晶素子は、単純マトリクス
構成であっても、各画素にスイッチング素子を設けたア
クティブマトリクス構成の液晶素子に遜色のない画質が
得られる低価格・高画質のディスプレイとして有望視さ
れている。
【0003】反強誘電性液晶素子としては、「A.
D.L.チャンダニら、Jpn.J.Appl.Phy
s.28(1989)L1261」によって液晶素子へ
の応用可能性が提示され、さらに実用化研究が進められ
ている(例えば、「Y.ヤマダら、Proc.12th
Intl Display Research Con
f.(1992)57」や「Y.ヤマダら、SID
(Society forInformation D
isplay)’95 DIGEST p789」)。
【0004】これまでに提案されている反強誘電性液晶
素子の駆動方法としては、例えば上記に提示された
「電圧変調」によって液晶の光学状態を決定する駆動方
法が挙げられる。この方法は、各走査ライン(走査電
極)に時分割的に走査選択信号を印加し、これに同期し
て所望の表示状態に対応する情報信号を印加する。情報
信号の波形は、走査選択信号を構成するパルスと同じパ
ルス幅で、表示する階調に応じてパルス波高値が異なっ
ており、このような情報信号と走査選択信号によって液
晶層に印加される合成波形のパルス波高値の変調によっ
て液晶の光学状態を決定し、階調表示を実現するもので
ある。
【0005】上記駆動方法を実施する反強誘電性液晶素
子の液晶層に印加された電圧値と液晶の光透過率との関
係(電圧−透過率特性)を図7に示す。図7に示すよう
に、当該液晶素子においては、電圧−透過率特性はダブ
ルヒステリシスカーブを描き、0V印加の状態から所定
の電圧値を印加して所定の透過率状態とした後は、ある
一定の電圧値以下にまで印加電圧を下げなければ上記透
過率状態を保持する特性を有している。従って、選択期
間に電圧変調によって階調表示を行ない、非選択期間に
おいては図中の保持電圧を印加しておくことにより、上
記階調表示を維持することができる。
【0006】図5に具体的な信号波形を示す。図5中、
(a)は走査信号、(b)〜(f)は情報信号、(g)
は走査選択信号と情報信号との合成波形を示す。
【0007】この駆動方法では、(a)に示す走査信号
は、1フレーム(1画面走査)期間において、消去(T
r )・選択(Ts )・保持(Th )の各期間からなり、
消去期間Tr で反強誘電状態(AF)に非選択的に消去
した後、選択期間Ts において走査ラインを選択し、該
走査ラインの走査電極に選択信号が印加される。その選
択信号に同期して、階調表示に応じた波形の情報信号
(a)〜(f)が情報電極に印加される。引き続き保持
期間Th においては、選択期間Ts において決定された
光学状態を保持する保持電圧が与えられる。さらに、液
晶に直流電圧が印加されないように次のフレームでは極
性反転される。情報信号は、1ライン選択期間中に直流
電圧を補償するように、正・負の両極性パルスで形成さ
れ、波高値をVd 〜−Vd 間で変化させることにより所
望の階調光学状態を得る。当該情報信号は走査信号の極
性反転に対応してフレーム毎に極性反転される。図5に
おいては、最暗状態を0%、最明状態を100%とし
て、5階調分の情報信号波形を示している。
【0008】図5(g)に示すように、本駆動方法で
は、選択期間Ts の後半に液晶層に印加される電圧パル
スの波高値を、(Vs +Vd )〜(Vs −Vd )の間で
変調することにより所望の階調表示を行なう。従って、
保持期間Th には、(Vh +Vd )〜(Vh −Vd )の
電圧が液晶層に印加されることになるが、当該範囲の電
圧値が、図7に示したヒステリシスにおいて、透過率の
変化し得る電圧領域に入らないようにVh とVd を設定
しておけば、保持期間Th には、選択期間Ts において
書き込んだ階調状態が維持される。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】上記した反強誘電性液
晶素子の電圧変調による階調表示の駆動方法において
は、以下に挙げる2つの問題点があった。
【0010】(1)例えば液晶のダイナミックレンジが
6Vの場合、情報信号の電圧値を+3Vから−3Vまで
変調して所望の階調状態を得るが、256階調の場合、
6V/256=23mVステップで正確に、固体間ばら
つきなく電圧を出力する高精度の電圧制御が可能なドラ
イバICが不可欠になる。
【0011】(2)0%や100%を表示する波形(例
えば3Vまたは−3V)に対し、50%輝度に対応する
電圧値は0Vになり、情報信号波形が階調状態によって
大きく異なる。情報によって液晶に印加される駆動波形
の差異が大きい場合、着目する画素の光学状態が他の画
素の情報によって変化する現象(クロストーク)による
画質劣化が発生する問題が生じる。
【0012】本発明の目的は、上記問題点に鑑み、反強
誘電性液晶素子を良好に階調表示することにあり、具体
的には、上記したような特別なドライバICを用いるこ
となく、また、クロストークなどの画質劣化を招くこと
なく、高階調表示を行なう駆動方法を提供することにあ
る。
【0013】
【課題を解決するための手段】本発明は、情報電極群を
有する基板と走査電極群を有する基板とを、該電極群が
互いに直交するように対向配置し、該基板間に反強誘電
性液晶を挟持してなる液晶素子の駆動方法であって、選
択された走査電極に印加された走査選択信号と、該走査
選択信号と同期して情報電極に印加される情報信号との
組み合わせによって画素の表示状態が決定され、上記情
報信号のパルス幅を変調することにより階調表示状態を
決定することを特徴とする液晶素子の駆動方法である。
【0014】本発明の駆動方法を実施する反強誘電性液
晶素子は、図7に示したようなダブルヒステリシスの電
圧−透過率特性を有し、単純マトリクス構成によって高
階調表示を行なうものである。
【0015】
【発明の実施の形態】図3に本発明の液晶素子を組み込
んだディスプレイのブロック図を示す。本構成は、デー
タ発生部、コントローラ部、液晶ディスプレイ部からな
る。データ発生部にはグラフィックコントロラ37が、
コントローラ部には走査信号制御回路34、情報信号制
御回路35、駆動電圧生成回路36が、液晶ディスプレ
イ部には液晶素子33、走査ドライバ群32、情報ドラ
イバ群31がそれぞれ設けられている。コンピュータな
どに内蔵されたデータ発生部より、所望の画像情報と、
情報転送に用いられる情報転送クロックがコントローラ
部に供給される。コントローラ部において、駆動電圧生
成回路36が情報ドライバ群31及び走査ドライバ群3
2にそれぞれ駆動電圧を供給し、走査信号制御回路34
及び情報信号制御回路35が上記ドライバ群の制御を司
り、所望の駆動波形を発生させるように走査信号アドレ
スデータ、表示データをそれぞれドライバに供給する。
各データを受けたドライバはそれぞれに駆動波形を出力
し、液晶素子33の各電極に所望の信号を供給する。
【0016】図1に本発明の駆動方法の一実施形態の駆
動波形を示す。図中、(a)〜(c)は連続するn〜n
+2ライン目の走査電極に印加される走査信号であり、
(d)は情報信号、(e)は(a)の走査信号と(d)
の情報信号との合成波形である。また、当該駆動波形
は、(d)の情報信号が印加される情報電極と、上記n
〜n+2ライン目の走査電極との交点に位置する画素
が、0%、50%、100%表示する場合を示してい
る。また、図面の上方に示した消去期間Tr 、選択期間
s 、保持期間Th はnライン目の走査信号(a)に対
応するものである。
【0017】本駆動方法において、走査信号は、消去
(Tr )・ライン選択(Ts )・保持(Th )の各期間
からなり、消去期間Tr で反強誘電状態(AF)に非選
択的に消去した後、選択期間Ts において走査ラインを
選択し、該走査ラインの走査電極に選択信号が印加され
る。走査選択信号に同期して、階調情報に応じた波形の
情報信号が印加され、続く保持期間Th においては、該
選択期間Ts において決定された光学状態を保持する保
持電圧が与えられる。さらに、液晶に直流電圧が印加さ
れないように次のフレームでは極性反転される。情報信
号は、1ライン選択期間中に直流電圧を補償するよう
に、正・負の両極性パルスで形成され、走査信号の極性
反転に対応してフレーム毎に極性反転される。
【0018】図2に、本発明にかかるパルス変調を説明
するための、ライン選択期間Ts における走査選択信号
と、階調情報に対応した0〜100%の5階調分の情報
信号波形と、これらの合成波形を示した。図中、(a)
は走査選択信号、(b)〜(f)は情報信号、(g)
は、紙面左側の走査選択信号と(b)〜(f)の各情報
信号との合成波形である。以下、図1の第1フレームを
例に挙げて説明する。
【0019】本発明においては、走査選択信号は、選択
期間Ts の後半にΔTのパルス幅でVs の波高値を持つ
書き込みパルスを有する。該パルスは次のフレームでは
極性反転される。一方、情報信号波形は、全ての階調情
報について±Vd の波高値を持つ。変化するのは、上記
書き込みパルスに対する位相である。0%から100%
に移行するに従い、書き込みパルス期間ΔTに対する+
d 期間が短くなり、相対的に−Vd 期間が長くなる。
従って、(g)に示されるように、液晶層には、0%で
(Vs −Vd )、100%で(Vs +Vd )の波高値の
パルスが印加され、中間の階調状態の波形は、選択パル
ス期間中に(Vs −Vd )と(Vs +Vd )の波高値が
混在し、透過率が高くなると高電圧の(Vs +Vd )の
期間の比率が増す。即ち、(Vs +Vd )の波高値のパ
ルス幅を変調することによって、所望の透過率状態とす
るものである。また、保持期間Th においては、保持電
圧Vh に±Vd の交流矩形波が重畳された波形が液晶層
に印加される。
【0020】本発明においては、液晶層に印加されるパ
ルスの波高値のレベル数が、電圧変調法に比べて大幅に
少ないため、高精度に電圧制御し得るドライバICを必
要としない。また、情報信号はいずれの階調を表示する
場合であっても同じ波高値のパルスが同じ期間印加され
ることになるため、クロストークによる画質劣化の問題
も生じない。
【0021】本発明の他の実施形態の駆動波形を図4、
図6にそれぞれ示す。図4の駆動波形は、nライン目と
n+1ライン目で各信号の極性を反転するもので、図6
の駆動波形はラインごとの極性反転に加えて、走査選択
信号を単極性パルスではなく両極性パルスとしたもので
ある。このようにライン毎に反転することで、フリッカ
を抑制することができる。特に、反強誘電性液晶素子で
は、2つの異なる状態を明表示に用いるため、ライン反
転はフリッカ抑制に有効である。特に斜めから見た時、
上記2つの状態は識別されるため、1フレーム内でライ
ン極性反転して2つの状態を混存させることは重要であ
る。
【0022】
【実施例】(実施例1)図1の駆動波形を用い、以下の
構成の液晶素子を以下の駆動条件で駆動した。
【0023】液晶素子の構成 画素数:320×240(1/120デューティ) 電極ピッチ:300μm 反強誘電性液晶:チッソ社製「CS4000」(自発分
極:79.8nC/cm2
【0024】但し、上記自発分極は、K.ミヤサト他
「三角波による強誘電性液晶の自発分極の直接測定方
法」(日本応用物理学会誌、22、10号(661)1
983、”Direct Method with T
riangular Wavesfor Measur
ing Spontaneous Polarizat
ion in Ferroelectric Liqu
id Crystal”,as described
by K.Miyasato et al.(Jap.
J.Appl.Phys.22.No.10,L661
(1983)))によって測定した。
【0025】駆動条件 ノーインターレース Vs =28V Vh =12V Vd =3V ΔT=120μs ライン選択期間Ts =240μs 消去期間Tr =ライン選択期間×10=2.4ms 階調数=16階調
【0026】所望の画像データに基づいて描画を行なっ
たところ、階調再現性の良い良好な画質が得られた。ま
た、合成波形は常に±Vd の交流矩形波が走査信号に重
畳した形にあるため、種々の階調情報を含む表示パター
ンを表示した場合においても、クロストークによる画質
劣化のない良好な画質が得られた。
【0027】(実施例2)図4に示すように、1ライン
毎に走査信号を極性反転させて駆動する以外は、実施例
1と同様に駆動したところ、階調再現性の良い良好な画
質が得られた。
【0028】(実施例3)図6に示すように、走査選択
信号を両極性パルス(±Vs )とした以外は、実施例2
と同様に駆動したところ、階調再現性の良い良好な画質
が得られた。
【0029】
【発明の効果】本発明によれば、情報信号電圧を一定に
保ちながら階調表示を行なうことができるため、高精度
な電圧制御を行なうドライバICなどの高価な素子を用
いることなく、またクロストークによる画質低下もな
い。よって、安価な液晶素子において高度な階調表示を
行なうことが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の駆動方法の一実施形態の駆動波形を示
す図である。
【図2】図1の駆動波形による階調表示を説明するため
の波形図である。
【図3】本発明の駆動方法を実施する液晶素子を組み込
んだディスプレイの構成を示すブロック図である。
【図4】本発明の他の実施形態の駆動波形を示す図であ
る。
【図5】従来の駆動方法の駆動波形を示す図である。
【図6】本発明の他の実施形態の駆動波形を示す図であ
る。
【図7】本発明に用いる反強誘電性液晶素子の電圧−透
過率特性を示す図である。
【符号の説明】
31 情報ドライバ群 32 走査ドライバ群 33 液晶素子 34 走査信号制御回路 35 情報信号制御回路 36 駆動電圧生成回路 37 グラフィックコントローラ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 2H093 NA12 NA32 NA33 NA43 NA56 ND06 ND15 NF20 5C006 AA15 AC15 AC24 AC28 BA13 BB12 FA52 FA56

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 情報電極群を有する基板と走査電極群を
    有する基板とを、該電極群が互いに直交するように対向
    配置し、該基板間に反強誘電性液晶を挟持してなる液晶
    素子の駆動方法であって、 選択された走査電極に印加された走査選択信号と、該走
    査選択信号と同期して情報電極に印加される情報信号と
    の組み合わせによって画素の表示状態が決定され、上記
    情報信号のパルス幅を変調することにより階調表示状態
    を決定することを特徴とする液晶素子の駆動方法。
  2. 【請求項2】 上記情報信号が、所定期間で平均された
    電圧値が略0Vであり、1つの走査電極の選択期間にお
    いて、当該情報信号が上記平均電圧値を基準として正と
    負の極性を持つ少なくとも2つのパルス期間を有し、該
    正と負のパルスの位相をシフトする請求項1記載の液晶
    素子の駆動方法。
JP19535998A 1998-07-10 1998-07-10 液晶素子の駆動方法 Withdrawn JP2000028997A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19535998A JP2000028997A (ja) 1998-07-10 1998-07-10 液晶素子の駆動方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19535998A JP2000028997A (ja) 1998-07-10 1998-07-10 液晶素子の駆動方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000028997A true JP2000028997A (ja) 2000-01-28

Family

ID=16339873

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19535998A Withdrawn JP2000028997A (ja) 1998-07-10 1998-07-10 液晶素子の駆動方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000028997A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100712736B1 (ko) * 2002-08-14 2007-05-04 한국기계연구원 마이크로 미러 제조방법

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100712736B1 (ko) * 2002-08-14 2007-05-04 한국기계연구원 마이크로 미러 제조방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5136282A (en) Ferroelectric liquid crystal apparatus having separate display areas and driving method therefor
US5041821A (en) Ferroelectric liquid crystal apparatus with temperature dependent DC offset voltage
EP0545400B1 (en) Liquid crystal display apparatus
US4938574A (en) Method and apparatus for driving ferroelectric liquid crystal optical modulation device for providing a gradiational display
JP2847331B2 (ja) 液晶表示装置
JP3286503B2 (ja) 液晶素子の駆動法、及び該駆動法が用いられる液晶装置
JP2542157B2 (ja) 表示装置の駆動法
JPH10282472A (ja) 強誘電性液晶表示素子の駆動方法および駆動回路
JPH06308459A (ja) 液晶素子の制御方法
US5815130A (en) Chiral smectic liquid crystal display and method of selectively driving the scanning and data electrodes
JP3302752B2 (ja) 反強誘電性液晶パネルの駆動方法
JPH11231287A (ja) 強誘電性液晶表示素子の駆動方法および駆動回路
JP2000028997A (ja) 液晶素子の駆動方法
JP2637517B2 (ja) 液晶装置
JPH07120725A (ja) 液晶表示装置の駆動方法及び液晶表示装置
JP2539210B2 (ja) 液晶表示装置の駆動方法
JP3276417B2 (ja) 強誘電性液晶表示素子の駆動方法
JP2637515B2 (ja) 液晶装置及び液晶素子の駆動法
JPH10142580A (ja) 液晶装置
JP2000111878A (ja) 液晶装置
JP3205766B2 (ja) 強誘電性液晶素子の駆動方法
JP2531683B2 (ja) 液晶装置
JPH11212062A (ja) 反強誘電性液晶表示装置およびその駆動方法
JP2717014B2 (ja) 表示装置の駆動方法
JP3233925B2 (ja) 強誘電液晶素子の駆動方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20051004