JP2000023897A - 長靴洗浄機 - Google Patents

長靴洗浄機

Info

Publication number
JP2000023897A
JP2000023897A JP10191726A JP19172698A JP2000023897A JP 2000023897 A JP2000023897 A JP 2000023897A JP 10191726 A JP10191726 A JP 10191726A JP 19172698 A JP19172698 A JP 19172698A JP 2000023897 A JP2000023897 A JP 2000023897A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shoe
water
washing
shoes
pressure pump
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10191726A
Other languages
English (en)
Inventor
Daizo Hamada
大三 濱田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Adtec Corp
Original Assignee
Adtec Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Adtec Corp filed Critical Adtec Corp
Priority to JP10191726A priority Critical patent/JP2000023897A/ja
Publication of JP2000023897A publication Critical patent/JP2000023897A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】靴の内外部を早く確実に且つ自動的に洗浄と殺
菌ができる効果的かつ効率的な靴洗浄装置を提供する。 【解決手段】洗浄槽10と靴ハンガ20と高圧ポンプ3
0と水噴射ノズル40を備え、洗浄槽内において靴Aを
靴ハンガ20が倒立担持し、靴A内部に高圧ポンプ30
で加圧された洗浄水を、水噴射ノズル40から噴射して
靴を洗浄できる靴洗浄機1において、水噴射ノズル40
は、垂直方向を軸として回動可能な水管50に水管50
の軸と直角な軸に回動可能に取り付けられ、洗浄水を靴
A内部の全ての部位に噴射できる靴洗浄機1。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、靴の内外部を加圧
洗浄水の噴射と回転ブラシによって、洗浄と殺菌を行う
靴洗浄装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の技術としては、洗剤水を充たした
水槽に靴を入れ、揺動を与えて洗浄し、別に清水を充た
した水槽で濯ぎ、殺菌剤を噴霧する方法があった。
【0003】また回転するブラシに洗浄水を含ませ、靴
を着用したままブラシに接触させて洗浄する方法があっ
た。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の技術では、前者のタイプでは、洗浄水の揺動
が靴の内部に充分伝わらず、洗浄効果に不満があり、ま
た後者のタイプでは、靴の内部の洗浄ができないといっ
た問題点があった。
【0005】本発明は、このような従来の技術が有する
問題点に着目してなされたもので、靴の内外部を早く確
実に且つ自動的に洗浄と殺菌ができる靴洗浄装置を提供
することを目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】かかる問題を解決するた
めの本発明の要旨とするところは以下の各項に存する。
【0007】1 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40)を備え、洗
浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担持
し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された洗
浄水を、水噴射ノズル(40)から噴射して靴を洗浄す
る靴洗浄機(1)。
【0008】2 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40)を備え、洗
浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担持
し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された洗
浄水を、水噴射ノズル(40)から噴射して靴を洗浄で
きる靴洗浄機(1)において、水噴射ノズル(40)
は、垂直方向を軸として回動可能な水管(50)に水管
(50)の軸と直角な軸に回動可能に取り付けられ、洗
浄水を靴(A)内部の全ての部位に噴射できる靴洗浄機
(1)。
【0009】3 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40a)を備え、
洗浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担
持し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された
洗浄水を、水噴射ノズル(40a)から噴射して靴を洗
浄できる靴洗浄機(1)において、水噴射ノズル(40
a)は複数個あって、垂直方向を軸として回動可能な水
管(50)に、それぞれ噴射方向と範囲が相互に補完す
るように配置され、洗浄水を靴(A)内部の全ての部位
に噴射できる靴洗浄機(1)。
【0010】4 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40b)を備え、
洗浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担
持し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された
洗浄水を、水噴射ノズル(40b)から噴射して靴を洗
浄できる靴洗浄機(1)において、水噴射ノズル(40
b)は単数または複数個あって、垂直方向を軸として回
動可能で且つ昇降可能な水管(50)に配設され、洗浄
水を靴(A)内部の全ての部位に噴射できる靴洗浄機
(1)。
【0011】5 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40)を備え、洗
浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担持
し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された洗
浄水を、水噴射ノズル(40)から噴射して靴を洗浄で
きる靴洗浄機(1)において、洗剤水貯留タンク(7
0)と殺菌水貯留タンク(80)を備え、洗浄槽(1
0)の底部に排水と循環を選択できる弁(60,61)
と洗剤水を環流させる弁(62)が配設され、高圧ポン
プ(30)には清水と洗剤水と殺菌水と循環水を選択し
て連通できる弁(63,64,65)が配設されている
ことを特徴とする前記1〜4項の靴洗浄機(1)。
【0012】6 洗浄槽(10)と靴ハンガ(20)と
高圧ポンプ(30)と水噴射ノズル(40)を備え、洗
浄槽内において靴(A)を靴ハンガ(20)が倒立担持
し、靴(A)内部に高圧ポンプ(30)で加圧された洗
浄水を、水噴射ノズル(40)から噴射して靴を洗浄で
きる靴洗浄機(1)において、一端を洗浄槽(10)に
回動可能に支持され、洗浄槽(10)の開口部を開閉で
きるハッチカバー(11)と、ハッチカバー(11)に
一端を固定され、ハッチカバーが閉じられると靴ハンガ
(20)に担持されている靴(A)の底部を弾性的に押
圧固定する固定部材(21)と、靴(A)表面に洗浄水
を噴射する表面ノズル(41)と、回転しながら靴表面
に沿って移動できるブラシ(90,91)を備えた前記
1〜5項の靴洗浄機(1)。
【0013】7 高圧水の噴射によって靴を洗浄する装
置(1)において、高圧水に高周波振動を印加する発振
器(100)を備えた前記1〜6項の靴洗浄機(1)。
【0014】8 高圧水の噴射によって靴を洗浄する装
置(1)であって、オゾン水生成装置(80)を配設し
てオゾン水を噴射できる前記1〜7項の靴洗浄機
(1)。
【0015】前記本発明は次のように作用する。
【0016】対象の靴(A)を靴ハンガ(20)に載
せ、ハッチカバー(11)を閉じると固定部材(21)
が靴(A)の底部を押して固定する。清水弁(63)の
み開き高圧ポンプ(30)を起動すると、清水がスイベ
ルジョイント(51)を介して水管(50)に供給さ
れ、水噴射ノズル(40)から高速で噴射される。噴射
の反力で水噴射ノズル(40)は回転し噴射方向が移動
する。同時に水管(50)をモータ(52)で回転させ
ると、噴射は靴(A)内部の全ての方向をカバーするこ
とができる。
【0017】又は水管(50)に水噴射ノズル(40)
を複数個配設して噴射方向と範囲を適宜割り振り、水管
(50)をモータ(52)で回転させると、噴射は靴
(A)内部の全ての方向をカバーすることができる。
【0018】又は水管(50)に水噴射ノズル(40)
を1個又は複数個配設して水管(50)をモータ(5
2)で回転させると共に昇降させると、噴射は靴(A)
内部の全ての方向をカバーすることができ洗浄が行われ
る。
【0019】一方、高圧水の一部を表面ノズル(41)
から靴(A)の表面に噴射すると共に、ブラシ(90,
91)が回転しながら靴表面に沿って移動し、靴表面を
水洗する。
【0020】次に清水弁(63)を閉じ、洗剤タンク
(70)の洗剤水弁(64)を開くと、清水に代って洗
剤水が噴射され、洗浄が行われる。
【0021】排水弁(60)を閉じ、戻り弁(62)を
開くと洗剤水を循環させることができ、洗浄力が残って
いる洗剤を有効に利用することができる。
【0022】次に洗剤水弁(64)を閉じ、殺菌水弁
(65)を開くとオゾン水生成装置(80)で生成され
たオゾン水が噴射され、殺菌が行われる。
【0023】オゾン水生成装置(80)は、殺菌性のあ
る他の液体の生成装置でも良く、また殺菌剤の貯留タン
クでも良い。
【0024】洗浄後と殺菌後に清水で濯ぐことにより、
必要のない化学反応や素材の劣化を軽減する事ができ
る。
【0025】また噴射する清水または洗剤水等に、高周
波発振器(100)から高周波の振動を印加すると、噴
射液が対象に衝突するとき不連続な衝撃波が加わり、よ
り強い洗浄効果が得られる。また超音波帯の高周波では
洗浄水に微少な気泡を生じせしめ対象に衝突するときに
気泡が弾けて汚れを剥離する効果がある。
【0026】
【発明の実施の形態】以下図面に基づき本発明の各種の
実施の形態を説明する。なお、各実施の形態につき同種
の部位には同一符号を付し、重複した説明を省略する。
【0027】図1は本発明の第1の実施の形態を示す。
【0028】靴洗浄機1は洗浄部と洗浄水加圧部と洗浄
水供給部からなる。
【0029】洗浄部は洗浄槽10とハッチカバー11と
靴ハンガ20と固定部材21と水噴射ノズル40と水管
50と表面ノズル41とブラシ90,91からなる。
【0030】洗浄槽10は上部が開口しており、ハッチ
カバー11が一端を蝶番12を介して開閉可能に連設さ
れている。ハッチカバー11に連動して固定部材21が
靴Aを固定する位置と開放する位置に変位する。靴ハン
ガ20は洗浄槽10に直接か又はスリーブ53を介して
固設されている。靴Aは靴ハンガ20に被せるように倒
立して担持され、ハッチカバー11が閉じられた時、固
定部材21が靴底部を上から押しつけることによりしっ
かりと固定される。
【0031】水管50は洗浄槽10の底部を貫通して固
着されているスリーブ53を介して回動可能に支持さ
れ、モータ52で回転駆動される。回転する水管50に
はスイベルジョイント51を介して配管されている。水
管50の上端部は略直角に向きを変えるように成形さ
れ、その先端部に回動可能に水噴射ノズル40が軸設さ
れている。水噴射ノズル40の噴射中心は回転軸に対し
てオフセットされ、水噴射の反動により水噴射ノズル4
0は回転する。水噴射ノズル40が回転すると共に、水
管50を回転せしめることにより、水噴射の方向は靴A
の内部の全ての部位をカバーすることができる。
【0032】次に靴Aの外側表面に向けて表面ノズル4
1が複数設けられている。また回転ブラシ90,91が
それぞれ靴Aの表面形状に追随するように、移動可能に
配設されている。回転ブラシ90は靴Aを挟むように必
要数設けられ軸C1を中心に旋回し靴Aの両側面を払拭
する。回転ブラシ91は軸C2を中心に旋回すると共に
支持部材92が伸縮して靴Aの表面に追随しながら靴A
の前面を払拭する。
【0033】洗浄水加圧部は高圧ポンプ30と高周波発
振器100からなる。高圧ポンプ30は例えばレシプロ
ポンプである。水噴射ノズル40、41から洗浄に適し
た充分な水量と噴射速度が得られれば構造、形式は何で
も良い。
【0034】高周波発振器100は例えば水管50の後
端部に配設され、洗浄水に高周波を印加する。洗浄水は
噴射後対象に衝突するときに強弱を繰り返すことにより
洗浄効果が強化される。また超音波帯の高周波では洗浄
水に微少な気泡を生じせしめ対象に衝突するときに気泡
が弾けて汚れを剥離する効果がある。
【0035】洗浄水供給部は清水源と洗剤タンク70と
オゾン水生成装置80から成る。それぞれに設けられた
清水弁63洗剤水弁64殺菌水弁65を開閉して選択的
にポンプ30に連通する。排水は排水弁60を開くが、
循環弁61を開き洗浄水を循環させても良い。洗剤は数
回繰り返し使用できるので、洗浄力の残っている間は戻
し弁62を開いて洗剤タンク70に環流させる。またオ
ゾン生成装置80は他の殺菌性水例えば次亜塩素酸水の
生成装置でも良く、単に殺菌剤の貯留タンクでも良い。
【0036】図2は本発明の第2の実施の形態を示す。
【0037】第2の実施の形態は第1の実施の形態と洗
浄水の靴A内部の噴射方法以外は同様である。
【0038】水噴射ノズル40aは水管50に複数設け
られそれぞれ噴射方向と範囲が相互に補完するように配
置されている。水管50を回転せしめることにより、洗
浄水噴射の方向は靴Aの内部の全ての部位をカバーする
ことができる。
【0039】図3は本発明の第3の実施の形態を示す。
【0040】第3の実施の形態は第1の実施の形態と洗
浄水の靴A内部の噴射方法以外は同様である。
【0041】水噴射ノズル40bは水管50に単数又は
複数設けられそれぞれ噴射方向と範囲が相互に補完する
ように配置されている。水管50を回転と共に昇降せし
めることにより、洗浄水噴射の方向は靴Aの内部の全て
の部位をカバーすることができる。
【0042】
【発明の効果】本発明にかかる靴洗浄機によれば、洗浄
水の揺動を靴の内部に充分伝えることができ、靴の内外
部を早く確実に且つ自動的に洗浄と殺菌ができる効果的
かつ効率的な靴洗浄装置となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施の形態に係る靴洗浄機の構
成概念図である。
【図2】本発明の第2の実施の形態に係る靴洗浄機の構
成概念図である。
【図3】本発明の第3の実施の形態に係る靴洗浄機の構
成概念図である。
【符号の説明】
1....靴洗浄機 10....洗浄槽 11....ハッチカバー 12....蝶番 20....靴ハンガ 21....固定部材 30....高圧ポンプ 40....水噴射ノズル 40a...水噴射ノズル 40b...水噴射ノズル 41....表面ノズル 50....水管 51....スイベルジョイント 52....モータ 53....スリーブ 60....排水弁 61....循環弁 62....戻し弁 63....清水弁 64....洗剤水弁 65....殺菌水弁 70....洗剤タンク 80....オゾン水生成装置 90....回転ブラシ 91....回転ブラシ 92....支持部材 100....高周波発振器 A....靴 C1....回転ブラシ90の旋回中心 C2....回転ブラシ91の旋回中心

Claims (8)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄することを特徴とする靴
    洗浄機。
  2. 【請求項2】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄できる靴洗浄機におい
    て、前記水噴射ノズルは、垂直方向を軸として回動可能
    な水管に該水管の軸と直角な軸に回動可能に取り付けら
    れ、洗浄水を靴内部の全ての部位に噴射できることを特
    徴とする靴洗浄機。
  3. 【請求項3】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄できる靴洗浄機におい
    て、前記水噴射ノズルは複数個あって、垂直方向を軸と
    して回動可能な水管に、それぞれ噴射方向と範囲が相互
    に補完するように配置され、高圧ポンプで加圧された洗
    浄水を靴内部の全ての部位に噴射できることを特徴とす
    る靴洗浄機。
  4. 【請求項4】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄できる靴洗浄機におい
    て、前記水噴射ノズルは単数または複数個あって、垂直
    方向を軸として回動可能で且つ昇降可能な高圧水管に配
    設され、高圧ポンプで加圧された洗浄水を靴内部の全て
    の部位に噴射できることを特徴とする靴洗浄機。
  5. 【請求項5】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄できる靴洗浄機におい
    て、洗剤水貯留タンクと殺菌水貯留タンクを備え、前記
    洗浄槽の底部に排水と循環を選択できる弁と洗剤水を環
    流させる弁が配設され、前記高圧ポンプには清水と洗剤
    水と殺菌水と循環水を選択して連通できる弁が配設され
    ていることを特徴とする請求項1〜4の靴洗浄機。
  6. 【請求項6】洗浄槽と靴ハンガと高圧ポンプと水噴射ノ
    ズルを備え、洗浄槽内において靴を靴ハンガが倒立担持
    し、該靴内部に高圧ポンプで加圧された洗浄水を、水噴
    射ノズルから噴射して靴を洗浄できる靴洗浄機におい
    て、一端を洗浄槽に回動可能に支持され、洗浄槽の開口
    部を開閉できるハッチカバーと、該ハッチカバーに一端
    を固定されハッチカバーが閉じられた時に、靴ハンガに
    担持されている靴の底部を弾性的に押圧固定する固定部
    材と、靴表面に洗浄水を噴射する表面ノズルと、回転し
    ながら靴表面に沿って移動できるブラシを備えたことを
    特徴とする請求項1〜5の靴洗浄機。
  7. 【請求項7】高圧水の噴射によって靴を洗浄する装置で
    あって、高圧水に高周波振動を印加する高周波発振器を
    備えたことを特徴とした請求項1〜6の靴洗浄機。
  8. 【請求項8】高圧水の噴射によって靴を洗浄する装置で
    あって、オゾン水生成装置を配設してオゾン水を噴射で
    きることを特徴とした請求項1〜7の靴洗浄機。
JP10191726A 1998-07-07 1998-07-07 長靴洗浄機 Pending JP2000023897A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10191726A JP2000023897A (ja) 1998-07-07 1998-07-07 長靴洗浄機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10191726A JP2000023897A (ja) 1998-07-07 1998-07-07 長靴洗浄機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000023897A true JP2000023897A (ja) 2000-01-25

Family

ID=16279478

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10191726A Pending JP2000023897A (ja) 1998-07-07 1998-07-07 長靴洗浄機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000023897A (ja)

Cited By (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003510150A (ja) * 1999-10-07 2003-03-18 エーデーカー リサーチ アクチェン ゲゼルシャフト 靴清浄機
US6785924B1 (en) * 2000-09-20 2004-09-07 The Procter & Gamble Company Method of orienting shoes in a washing machine and devices for aligning shoes in a washing machine
KR100991307B1 (ko) 2008-03-18 2010-11-01 최영순 신발 세척기
KR101169191B1 (ko) 2011-07-08 2012-07-26 서일영 신발 세척기
CN102670149A (zh) * 2012-05-29 2012-09-19 东华大学 一种洗鞋机
KR101318030B1 (ko) 2012-10-31 2013-10-14 김광석 신발 세척기
CN104958058A (zh) * 2015-04-15 2015-10-07 赵延江 一种洗鞋机
CN105852776A (zh) * 2016-06-01 2016-08-17 丁宝林 一种鞋内层自动清洗设备
CN105877678A (zh) * 2016-06-01 2016-08-24 丁宝林 一种自动洗鞋机
CN106264418A (zh) * 2016-11-07 2017-01-04 河海大学常州校区 一种鞋里清洗装置
CN106264415A (zh) * 2016-08-19 2017-01-04 杨娇仔 一种布鞋快速清洗装置
CN108138418A (zh) * 2015-10-09 2018-06-08 青岛海尔洗衣机有限公司 洗鞋装置
CN108652567A (zh) * 2017-03-28 2018-10-16 青岛海尔洗衣机有限公司 用于洗鞋机的动态清洗组件及洗鞋机
JP2019080599A (ja) * 2017-10-27 2019-05-30 青島海爾洗衣机有限公司QingDao Haier Washing Machine Co.,Ltd. 靴洗浄装置
WO2019200540A1 (zh) * 2018-04-17 2019-10-24 北京净衣派科技有限公司 一种可更换毛刷式超声波多功能洗鞋机
CN110507273A (zh) * 2019-10-10 2019-11-29 濮佳丽 一种具有全面清洗效果的自动洗鞋机
CN110916595A (zh) * 2018-09-19 2020-03-27 青岛海尔洗衣机有限公司 用于洗鞋机的鞋子固定装置
CN110974117A (zh) * 2019-12-19 2020-04-10 海信(山东)冰箱有限公司 洗鞋机及其控制方法
WO2020096176A1 (ko) * 2018-11-06 2020-05-14 주식회사 스마트름뱅이 신발 세척 및 살균건조기
KR102155066B1 (ko) * 2019-05-10 2020-09-11 김태호 운동화 전용 자동 세척기
CN111973775A (zh) * 2020-08-27 2020-11-24 湖州瑞博鞋业有限公司 一种便于对鞋子内外消毒的鞋子加工消毒设备
JP2021023780A (ja) * 2019-08-01 2021-02-22 胡金霞 家庭用高級スポーツシューズの傷害なし洗浄装置

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003510150A (ja) * 1999-10-07 2003-03-18 エーデーカー リサーチ アクチェン ゲゼルシャフト 靴清浄機
US6785924B1 (en) * 2000-09-20 2004-09-07 The Procter & Gamble Company Method of orienting shoes in a washing machine and devices for aligning shoes in a washing machine
KR100991307B1 (ko) 2008-03-18 2010-11-01 최영순 신발 세척기
KR101169191B1 (ko) 2011-07-08 2012-07-26 서일영 신발 세척기
CN102670149A (zh) * 2012-05-29 2012-09-19 东华大学 一种洗鞋机
CN102670149B (zh) * 2012-05-29 2014-01-08 东华大学 一种洗鞋机
KR101318030B1 (ko) 2012-10-31 2013-10-14 김광석 신발 세척기
CN104958058A (zh) * 2015-04-15 2015-10-07 赵延江 一种洗鞋机
CN108138418B (zh) * 2015-10-09 2020-08-25 青岛胶南海尔洗衣机有限公司 洗鞋装置
CN108138418A (zh) * 2015-10-09 2018-06-08 青岛海尔洗衣机有限公司 洗鞋装置
CN105852776A (zh) * 2016-06-01 2016-08-17 丁宝林 一种鞋内层自动清洗设备
CN105852776B (zh) * 2016-06-01 2018-05-29 泉州荼火贸易有限公司 一种鞋内层自动清洗设备
CN105877678A (zh) * 2016-06-01 2016-08-24 丁宝林 一种自动洗鞋机
CN106264415A (zh) * 2016-08-19 2017-01-04 杨娇仔 一种布鞋快速清洗装置
CN106264418A (zh) * 2016-11-07 2017-01-04 河海大学常州校区 一种鞋里清洗装置
CN108652567B (zh) * 2017-03-28 2021-06-11 重庆海尔洗衣机有限公司 用于洗鞋机的动态清洗组件及洗鞋机
CN108652567A (zh) * 2017-03-28 2018-10-16 青岛海尔洗衣机有限公司 用于洗鞋机的动态清洗组件及洗鞋机
JP2019080599A (ja) * 2017-10-27 2019-05-30 青島海爾洗衣机有限公司QingDao Haier Washing Machine Co.,Ltd. 靴洗浄装置
JP6999111B2 (ja) 2017-10-27 2022-02-04 青島海爾洗衣机有限公司 靴洗浄装置
WO2019200540A1 (zh) * 2018-04-17 2019-10-24 北京净衣派科技有限公司 一种可更换毛刷式超声波多功能洗鞋机
CN110916595A (zh) * 2018-09-19 2020-03-27 青岛海尔洗衣机有限公司 用于洗鞋机的鞋子固定装置
WO2020096176A1 (ko) * 2018-11-06 2020-05-14 주식회사 스마트름뱅이 신발 세척 및 살균건조기
KR102155066B1 (ko) * 2019-05-10 2020-09-11 김태호 운동화 전용 자동 세척기
JP2021023780A (ja) * 2019-08-01 2021-02-22 胡金霞 家庭用高級スポーツシューズの傷害なし洗浄装置
CN110507273A (zh) * 2019-10-10 2019-11-29 濮佳丽 一种具有全面清洗效果的自动洗鞋机
CN110974117A (zh) * 2019-12-19 2020-04-10 海信(山东)冰箱有限公司 洗鞋机及其控制方法
CN111973775A (zh) * 2020-08-27 2020-11-24 湖州瑞博鞋业有限公司 一种便于对鞋子内外消毒的鞋子加工消毒设备
CN111973775B (zh) * 2020-08-27 2021-12-24 安仁永成鞋业有限公司 一种便于对鞋子内外消毒的鞋子加工消毒设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000023897A (ja) 長靴洗浄機
US5562114A (en) Produce washer with rotating basket
JPH05184511A (ja) 皿洗い器における液体を送給する方法及びその方法を実施する装置
JP3744049B2 (ja) 食器洗い乾燥機
GB2397227A (en) Method and apparatus for decontaminating a medical instrument
KR200190024Y1 (ko) 자동세척기의 세척 장치
KR20010077130A (ko) 초음파 세척겸용 식기세척기
JPH07163505A (ja) 食器洗浄機
JP3736194B2 (ja) 食器洗浄機
JP3273551B2 (ja) 内視鏡用付属部品洗滌装置および内視鏡洗浄装置
JP6871024B2 (ja) 洗浄装置
JP2003010804A (ja) 洗浄装置
KR950026564A (ko) 도포장치
JP2617405B2 (ja) 洗車方法
JP2000176389A (ja) 医療器具の洗浄方法および医療器具の洗浄装置
JP2002355624A (ja) 医療器具洗浄装置および方法
JP2000325287A (ja) 食器洗い機
JP4023452B2 (ja) 食器洗い機
JP3821181B2 (ja) 内視鏡洗滌装置による内視鏡洗滌方法
JP2016073909A (ja) 洗浄器
JP3236678U (ja) 食器洗浄機
JPH10180214A (ja) 回転浸漬型コンテナ洗浄装置
JP4265078B2 (ja) 食器洗い機
KR102322060B1 (ko) 초음파를 이용한 2단 구조를 갖는 세척기
JPH114797A (ja) 食器洗浄機